[植木等] 物語の始まり

「植木等伝 わかっちゃいるけどやめられない」という本を読みました。

日本アバウト党の党首をやらせていただいている私としては
植木等だったり、バカボンのパパは、
人生の師であり目標

♪銭のないやつぁ 俺んとこに来い
俺もないけど 心配すんな
見ろよ 青い空 白い雲
その内なんとか なるだろう

シリーズで、何回かに渡って、植木等という人物を紹介していきましょう。

植木徹之助
大正15年12月25日、名古屋の病院で等は生まれる
明日ですね。クリスマス。
イエスキリストと同じ日に生まれたという事になります。
そして、もうひとつ。
この日に大正天皇が亡くなります。
即ち、植木等と「昭和」は誕生日が同じ、ということになります。

植木等を分かろうとすると、植木徹之助というお父さんをなくしては語れません。
等自身が、「支離滅裂」というのだからよほどおかしな人物

教育を受けたというより
この親だったので、こうならざるを得なかったと言えるかも知れない。

どうしても最初の頃は植木徹之助の物語になってしまいます。

12月25日に生まれているのに、出生届を忘れていて
やっと出したのは、昭和2年2月25日
きれいに2ヵ月。昭和元年は6日しかないから、いきなり昭和2年

お父さんはまだしも、お母さんは気づかなかったのかね
生まれながらにしてテキトー

と言いたいところだけど
ちょっとそのニュアンスは違うかも知れない。

それでは徹之助の若い頃に遡って、支離滅裂ぶりを。

伊勢市に生まれた徹之助
小学校を卒業すると
三重県が生んだ超スーパースター、御木本幸吉の真珠の工場に就職
ミキモト真珠は三重県にとどまらず全国規模なので
ほどなく、東京に出ることになります。

築地で教会に出入りするようになり
キリスト教を信奉
洗礼まで受けちゃいます。

また、元々声が良かった徹之助は、義太夫にはまります。
趣味のレベルを遥かに超え
植木東響という芸名をつけ、熱海を回ったりします。

プロになりたい

親に打ち明けるも大反対されます。
父親を上回り、母親からえらい剣幕で怒られやむ無く断念
おそらくこの時の無念さを持ち続けていて、
等が芸能界に入ると言ったとき、一旦反対はしたものの
結構すぐに応援する側に回ってくれた。

かなりの遊び人
だけど、芸能の道を諦めざるを得なくなったエネルギーが
そのあと思わぬ方向に向かいます。

やんちゃばかりの徹之助を落ち着かせようと
25歳の時、見合いをさせられ、18歳のいさほと結婚

いさほは、三重県の浄土真宗大谷派の寺院西光寺の娘

一方、徹之助はキリスト教の教会
大正デモクラシーの時代。教会内で、労働教会なるものが誕生して
労働運動にのめり込むようになります。

結婚翌年、長男誕生
二年後、大正12年次男誕生
次男誕生の4日後に関東大震災です。
次男は後に若くして病気で亡くなってしまうんですけど。

関東大震災は植木家にも大きな影響を与えます。
真珠でお洒落するような時代ではなくなり
ミキモト真珠の東京工場は閉鎖
食っていけなくなったのに、相変わらず、労働運動は熱心に続けます。

そんな時、三男の等が誕生します。
等は、平等の「等」。徹之助の信念が名前になっている訳です。

いよいよどうにもならなくなり
三重県に戻り、いさほの実家にお世話になります。
お寺に厄介になれば、食べることには困らない。

相変わらずの労働運動は続けているが
さらに、部落差別を目の当たりにする

許せん

ここに、部落解放運動が加わっていく。

時代はどんどんおかしな方向に向かいます。
治安維持法が発令され
危険思想の持ち主はどんどん検挙される

西光寺にはアカがいる
いわゆるアカ狩りの風潮になっていくのだけれど
いさほのお父さん、住職の徳月は動じなかった。

徹之助の考えは親鸞と相通じるところがある

ある時、徳月が徹之助に提案をした

お前も坊主になってみる気はないか

とっても不思議な提案です。
徹之助は洗礼を受けているからキリスト教徒
普通はアカンでしょう

結局、徹之助は僧になり、徹誠(てつじょう)となる

なぜ僧になったか、等は聞いてみたことがある

世の中、弾みだ

一徹の部分と、結構テキトーな部分を両方合わせ持っている
等からすると支離滅裂な訳です。

息子の等も大きく二面性を持った人生になっていくんですけどね

一年の修行後、得度

徳月は徹誠に質問します。

ここに二つの寺がある
一つは檀家が多くて食うには困らない安泰な寺
もう一つは山の中なので檀家回りも大変でとても困難な寺
お前が住職になるとしたらどちらがいい

即座に
困難な方

ところが現実に言ってみると
想像していたのよりはるかに違っていた。

続きはシリーズの次回ね

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植木等] 物語の始まり」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: [植木等]2 小学生が檀家を回ってお経 | でーこんのあちこちコラム

  2. ピンバック: [植木等]3 いたんだねえ。あいつが。 | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です