藤原敦忠、逢ひ見ての~

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば
昔はものを 思はざりけり

藤原敦忠
藤原敦忠(ふじわらのあつただ)
母親はあの超美男子、在原業平(ありわらのなりひら)の孫
敦忠もかなりのイケメン。
父親は藤原時平
菅原道真(すがわらのみちざね)を左遷した張本人
たたりを受けて若く死んでいる

私も若くして死ぬだろうと予言。
その通りになっている。
さらに、自分の妻が死後誰と結婚するかも予言していて
その通りになっている。
お互いに浮気公認で、色々知ってましたよ
って事なのかもね。

相当のプレイボーイなので
色んな女性と浮名を流しています。

忘らるる 身をば思はず 誓いてし
人の命の 惜しくもあるかな

忘れられる私のことはいいのです。
でも神様に愛を誓ったあなたにばちが当たって
命を落としてしまわないかと心配です。

今回のブログでは飛ばしましたけど
百人一首 第38首のこの右近の歌は
藤原敦忠へ向けた歌です。

藤原敦忠が菅原道真のたたりで
若死にするであろうとは、
衆知に知れ渡っていたんでしょうね。

鑑賞
西四条斎宮雅子内親王に宛てた歌です。

逢ひ や 見て は想いを遂げて夜を共にしたという意味です。
「拾遺抄」では、始めての夜の後に送る、後朝(きぬぎぬ)の歌として分類されているんですが、
「敦忠集」では、西四条斎宮雅子内親王とのことが世間に知られてしまい
逢いにくくなった、とされているので
そのあとの歌と考えた方が良さそう
斎宮って一定期間つとめあげる神職でかなりのものらしい
言わば身分が違う。
藤原敦忠は長男でもないし。

とはいえ、
奥さんもいるし、他にも付き合っている女性がいるんですけどね
まあ、その時代はそれ自体であまり非難はされなかったみたいですけど

背景は置いておいて、歌だけ見ると
いつの世の中も通じるところあるなあ

ある女性とお付き合いしたくて悩みに悩んで
告白して楽になろうと勇気を出して
幸いにもオーケーしてくれて、
お付き合いは始まったんだけど
悩みは消えるどころか
細かいことが気になって気になって
ああ、今の一言で嫌われたんじゃないかとか。

こんなことなら
告白しないで悩んでた頃の方がまだ楽だったよ

そういう心境ですよね
あったなあ
そういうとき
若いとき

知らん間に図太くなっちゃうけど。

藤原敦忠、逢ひ見ての~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: [百人一首]89 玉の緒よ | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です