[社労士]科学的一発合格勉強法。横断まとめ

宣言!社会保険労務士に挑戦
[社労士]科学的一発合格勉強法。社労士とは
[社労士]科学的一発合格勉強法。力業。その1
[社労士]科学的一発合格勉強法。力業。その2
[社労士] 涙。過去問まさかの43%。どないしょ
[社労士] なんとも。結果変わらず45%
[社労士]科学的一発合格勉強法。語呂合わせ
の続きです。

1.力業
2.語呂合わせ
3.横断まとめ
4.理屈

の三つ目になります。

3.横断まとめ
これは、社労士の勉強法に特有と言えるかも知れません

実に社労士の勉強はボリュームが多い
そして似たような仕組みがあっちこっちでいっぱいある

ケガした人を助けるために、お金を出しましょう、ってのも
労働基準法、労災、健康保険、国民年金、厚生年金
色んなところに似たようなのがいっぱい

もらえる人の基準や、もらえる金額の計算方法も
同じような仕組みでは、似ている事もあるし、違うところもある

あれ?
これ、前見たよなあ

問題を解いて、自信を持って、はいこう、って思っても
答えを見ると
えっ何でなんで?そんなはずは!
になる

問題出す側は、間違わそうとするんでしょうね
そういう紛らわしくて、ちょこっと変えてある部分がテストに出るわけです。

これがあると、頭の中がゴチャゴチャになり
せっかく覚えた事をご破算にせざるを得ません
岡武史さんの×問式問題集では「記憶阻害要員」と呼ばれています。

こりゃたまらん、ってことで
似たようなのを見たことあるぞ、となると
Excelに怪しいぞって箇所を書き上げておき
再度、問題集で、似たような箇所を発見すると
よっしゃ、ってことで比較して
ここが似ていて、ここが違うのか、というのをまとめていく

もちろん先駆者たちはそんなことは百も承知で
横断テキストなるものも売られています。
すごくありがたいのですが
全然それでは不十分なので
横断テキストを元にしつつ、自分なりのまとめをどんどん追加していく必要があります。

これが大変
無茶苦茶時間かかります。
でも社労士では、これがキモ
私のノウハウもここにぎっちり詰まっています。

だんだん改良してこの形に落ち着きました。
横断まとめというくらいですから
複数の箇所で似たようなのがあったのを分かりやすくまとめたということです

原則と例外
横断のテキストは、分かりやすい表にはしてくれているのですが
覚え方までは書いてくれていません
例えば、こんなのを覚えろと言われても
全部の語呂合わせを考えるのは至難の技

多いのが何かを見極めて、
例外だけ語呂合わせにしたら半分以下ですみます。

そうすると、健康保険と厚生年金については、提出期限は5日が多いと言うことが分かります

それ以外に「パーツに分ける」等のノウハウがあるのですが
続きはシリーズの次回で

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)

残念無念。年金請求差し戻し

カミさんの誕生日が5/27
特別支給が62歳から始まるということで
請求書の用紙が来ました。

よっしゃ、まかさんかいっ
良い勉強になるわい

ここまでは書きましたね
カミさんに年金スタート

この前、葉書も来てひと安心

昨日封書が届きました。
いよいよ実際にスタートか

中を開けると、無情にも「返戻」の二文字
そ、そんなバカな

4つもの不備事項が

1.戸籍謄本を添付してください
2.年金受取口座の金融機関に証明印をいただくか通帳の写しを添付してください
3.雇用保険被保険者証のコピーを添付してください
4.振替加算の生計維持の申し立て欄にご署名をお願いします。

あちゃー

おかしいなあ
勉強のためと、あんなに書類を熟読したのに

カミさんは一言
「ダメね。社労士受からんね」

ごもっとも

書類には確かにこれを添付せよ、あれを添付せよと色々あったけど
ひとつひとつ読んでいくと
これは、マイナンバーカードをお持ちでその番号を記入いただければ省略できます、というものばかり

すごいじゃないか、マイナンバーカード
君のことを誇りに思うよ

と、思っていたのに
マイナンバーカードの嘘つきっ

3.の雇用保険被保険者証はすぐに対応できます。

4.の振替加算の生計維持の申し立て
これが悔しい
散々頑張って考えて、お得にもらうためにはどうすべきか

私とカミさんは同い年であり私が1ヵ月だけ早い
とすると私の方で生計維持の申し立てをして、
1ヵ月だけ、私の年金に加給年金額なるものをつけ
1ヵ月後にはカミさんの方の振替加算の方に入れ替える

詳しくは、今度お得な年金請求のテーマで説明しますね

一旦、請求書の加給年金額と振替加算のそれぞれの生計維持の申し立て欄の署名をしたところを
二重線で消してはんこを押した

なるほど、途中でカミさんの方に振替加算でチェンジするためには
加給年金額の方の署名を消したのは正しいけど
振替加算の方は、最初から署名しておく必要があるのか
勉強になるわあ

2.の年金受取口座の金融機関の云々

普通なら、あっ通帳のコピーを同封すれば良いのね、で済むんでしょうけど
失敗した
年金受け取り口座のためにとカミさんがイオン銀行に口座作った
なんとなんと、イオン銀行って通帳無いんです。

ええっ、
どこ行きゃ、その証明印なるものはもらえるんでしょ

さあ、問題は戸籍謄本
私は本籍は兵庫県の加古川市

実はカミさんのお母さん(東栄のおばあちゃん)が去年の11月に亡くなったんですが
その時、何かの手続きで、戸籍謄本が必要になった
こっちの東久留米の市役所に問い合わせると
マイナンバーカードで何とかいう登録をしてあれば
なんとコンビニで戸籍謄本が印刷できるとのこと
良い時代になったもんです。

で、そのスペシャルな登録をするためにカミさんが市役所に赴きます。
市役所の窓口のひとがとても親切で
手取り足取り、ここに書いてもらって云々

ところが、その素敵なネットワークに兵庫県の加古川市が加盟していないことが判明
結局、電話で色々連絡して大変な思いをして、郵送してもらった

その時使った後の戸籍謄本が手元に残っている
これ使えるかなあ
微妙なのが取った日付
令和3年11月16日

分かった、年金事務所に問い合わせたげるわ

ってことで今日
私が、年金事務所に問い合わせ
勉強勉強

すみません、令和3年11月16日なんですけど

残念です。有効期間は6ヵ月で今は6月ですので取り直していただく必要があります。

ちょっと待ってください
5月中には郵送しているんですけど

分かりました。調べてみます
・・・

はい、5月30日には受付ています

という事は大丈夫ですね

確認してみますね
・・・

すみません
日にち単位で6ヵ月なので、やっぱり切れちゃってますね

オーマイガー
神は我を見捨てたり

さあ、頑張って揃えるとしましょう
多少遅れても無効になることは無いそうです

[家族]シリーズはこちら(少し下げてね)

カミさんに年金スタート

カミさんのところに素敵な封筒が送られてきました。

おおっ。年金の請求書じゃありませんか。
ちょうど、社労士の勉強をしておりますので、なんとタイムリーな

カミさんと私は昭和35年4月生まれと5月生まれ
62歳でおない年
なぜか、カミさんにだけ年金スタートの封筒が届き、私には届きません。

なぜでしょう。
はい、知っています。勉強した通り。
男女で年金のスタート時期に差があるんです。

それって男女差別じゃないの
おかしいわ。許されることじゃないわ。

カミさんはおかんむり

言わないけどね。

でしょうね。
女性に有利な差別です。

社労士の用語で言うと「特別支給の老齢厚生年金」ってやつです。

カミさんは62歳スタートで、私は64歳スタートです。
社労士のテキストだとこれ

厚生年金って昔は60歳スタートだったんだけど
今は、65歳スタート
大ブーイングだったので、段階的に引き上げましょう
ちょうどその端境期って事です

とっても申請がめんどくさそうなので
良いよ、替わりにやったげるよ
勉強になるからね

見ていくと、
はいはい、これ勉強したやつやん
ってのがあちこち
加給年金額だったり振替加算だったり。

実際にどれくらいもらえるのかは、「ねんきんネット」というのにログインすれば見れます。

あらま、すごいよ
62歳からもらえるばかりか
64歳からももらえて
さらに65歳からももらえる

この3段階パターンは珍しく
ちょうど去年の本番テストにも出ました。

カミさんは、今も普通の厚生年金な加入しています。1号女子という言い方をします。
さらに、過去に私学共済の厚生年金に加盟していた事があります。
4号女子でもあります。

1号女子は特別に男性より5歳引いて扱われ、62歳から支給
4号女子の場合は普通の男子と同じ扱いで、64歳から支給
スペシャルですね

さあ、問題は、どういう風に申請すればよりお得に年金をもらえるのか
選択肢はいくつかあります。

シリーズの次回で、
わが家の例によりつつ、お得な年金のもらい方を説明して参りましょう。

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)

ありがとうございます

一日おいて、木曜日
初めての木曜日のブログです。

みなさんありがとうございます。
激励のコメント
想像していたよりはるかに多くいただきました。

勝手なことばかり言っている私に、お叱りのコメントもあるんだろうなと思っておりましたが一つもありませんでした。

幸福者です。
コメント読んでいて、涙が浮かんできて
まともには読めませんでした。

ブログずっと続けてきて良かった。
生きていて良かった。

大袈裟かもしれないけど
これほど強く思ったことはありません。

「生きている証」がブログでありました。
「生きている意味」がいただけたコメントだと思います。

ブログという、名もなき一般市民が情報発信をできる手段
そんな事ができる時代に生きれて良かった。

私は、取り柄もないし、金もないし、地位も身分もない
普通ならば、地道に生きて、それでただ土に返る
そういう存在

でも、ブログとウォーキング同好会のおかげで
家族以外にも「かけがえのない人たち」と繋がりを持てた。

こんな幸せな事があろうか

社労士合格に黄色信号がともっている
自分で決めた事だからやる
その一点

とはいえ、気持ちはモヤモヤしていた

吹き飛んだ
こんなにいっぱいのあたたかい激励を受けて
やらない訳にいかない

もう一度言わせてください。

ありがとうございます。

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)