[社労士]2年目初の力試し。ちょうど合格レベル。挑戦します。

いよいよ、この日がやってきました。
社労士挑戦も、1年目は不合格
2年目に突入し
Excelを使ったかなり合理的な方法を開発したつもり

2年目は過去問を解いてみる「力試し」はまだ一度もやっていない

2年目に入って5ヶ月が経過
本当なら、去年いっぱいで力試しをし
そこで、合格レベルギリギリぐらいに乗せておいて
あとの期間で、余裕をもって受かるレベルにさらにあげていく
2年目は1年目とは挑戦の仕方が違う
1年目は受かってもおかしくない、というレベルのまま挑戦
2年目は受かる、と思えるのでないと挑戦しない
2年目初の力試しには、その判断がかかっている

5ヵ月、キツかった
何度も挫折しそうになった
一番の敵は、「モチベーションの持続」だった

オリジナルの、名付けて「ローラーテキスト問題集」は5500行にまで膨れ上がった
その膨大なものを、今度は覚える段階
やれどもやれども、まだこんなに?

感覚的にはやはり1年目とは、違う
いけるはず

さあ、力試しだ

力試し
1年目で最近の過去問はやっちゃっているから
2年目は10年前のもの
H24年版

選択式と択一式
選択式は40問80分
選択式は、科目別の足切りに引っ掛かったものの
トータル点数は合格ラインを上回った
どちらかというと得意な方

いけた気もするんだけど

答え合わせはせず、そのまま択一式
3時間30分もかかる膨大なもの
年によって違うものの、だいたい60%ちょっと取れれば合格
最高でも51%。本番は40%台に逆戻り

確かにやっていて1年目とは感覚が違う
勉強中は、ここまでやったんだから
力試しではスラスラいけるんじゃない?って思ったけど
そこまでではなかった

逆に社労士試験の奥深さを感じた
ほんとにすごいなあ、この試験

答え合わせ
まずは、選択式

あれっ、思ったほど正解になってないなあ

結果、40問中、25問正解 62%
この年の合格ラインは?
26点

ええええっ
さらに、足切りで2科目引っ掛かった

まあでも、1点足りないだけだし、よしとしよう

さあ、択一式

結果、70問中、46問正解。65%
この年の合格ラインは?
46点

ちょうどピッタリやあ

足切りにも引っ掛からず

うおおお
うおおお

1年半やって来て
合格ラインに達したのはただの一度もなかった

ちょうどなんだけど、良いじゃないか
初めてなんだ
この数字を見たかった

ずっと、成長の実感は感じつつだったけど
一度も成果として現れたことがなかった

ああ、嬉しい
人間、やり続ければ何とかなるんだ

何度も点数を見返し
ニヤニヤしてしまう。

さあ、言っていた2年目どうするかの「判断」

『挑戦します』

試験は8月
あと、7ヵ月ある

今はピッタリの合格レベルだけど
このあと伸ばしていって
多少、自分と波長の合わない問題だろうが
合格にはなる「のりしろ」を作る

合格する

どういうやり方をするか
今のやり方に間違いはなかったと思えるので
これを基調にしながら
深めるのか広げるのか

このあと、細かく分析しながら検討していきます

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)

[社労士2年目合格法]ローラーテキスト問題集完成!

社労士への挑戦の2年目
もう、全部ローラー作戦で覚えるしかない
[社労士2年目合格法] ローラー作戦で究極の挑戦

説明したローラーテキスト問題集なるものを全科目作るべく始めました
あまりのボリュームの多さに
健康保険辺りでは挫折しかかりました。

それでもなんとか頑張って、当初の目標だった3ヵ月、昨日完成

やったー
パチパチパチ

実に長かったあ

ローラーテキスト問題集
例えば、「老齢厚生年金に加給年金額」なる制度があります。
配偶者とか子供とかと一緒に暮らしていれば、年金を増やしてあげますよ、ってもの
どういう場合にとか、どれくらいとかが、元のテキストだと3ページくらいに渡って書いてある



全部覚えなきゃ合格しない訳ですが
自分だけ分かれば良い表現でギュギュっと凝縮
語呂合わせとかも含めてね
——-
[老厚加給年金額]
◆支給要件
【加給は二枚目維持したムコ[65]さん定額】
・二枚目(中高齢特例も。2以上は合算)
・生計維持(受給権発生時か改定時)
・配偶者65歳未満。子[要件具備]1,2級
・特別支給については、定額部分があること
◆年金額
【肋骨箱粉】
夫婦よななし崩し+特別加算
[特別・定額]夫婦よななし崩し
改定率は新規側[名目手取賃金変動率]
さらにS9/4/2生まれ以上なら特別加算が加わる
【食い頃ナンパで(9,15,16,17,18)みるみる増(33.2)えるひろ子ちゃん(165.8)】
◆改定
1.胎児の出生
2.配偶者が65歳⇒振替加算へ(配偶者が大正15年4月1日以前生まれならそのままで振替加算へ行かない)
3.配偶者または子がしこり燃焼よ[配偶者以外への養子]
◆支給停止
・配偶者が二枚目の老厚[全額停止除かず]か障害年金受給なら支給停止[全額停止除く]
・障基と併給で障基側で子の加算
——-
一般的にいうと
教科書を自分なりにノートにまとめながら覚える
それをExcel上でやる

これをさらに重要なキーワードを穴埋めにします。
Aってなっているところが穴
[老厚加給年金額]
◆支給要件
【加給は二枚目維持したムコ[65]さん定額】
・A目(A特例も。2以上はA)
・A維持(受給権A時かA時)
・配偶者A歳未満。子[要件具備]A級
・特別支給については、A部分があること
◆年金額
【A】
:
:
それをExcelで右左に配置
実際には解答側がちょうど隠れるくらいの倍率で表示します。

Excelなので、2回目3回目は、覚えれてなかったものしか表示しないように絞り込め
どんどん減っていく

このテキスト的表示の下に同じテーマの問題集からの問題が表示されるため
記憶がさらにチェック後押しされていく

やっていて実感として感じるのは
問題集の方って答え1つなので記憶が「点」なんですよ
面的な記憶は徹底的なテキスト読み込みとしてやっていたんだけど
テキスト読み込みがどうにも効率が悪い
ちゃんとチェックが出来ないから、分かった気になるだけで
実際に力試ししたときの点数に繋がらない

ボリュームがありすぎるから
最初の頃のがどんどん忘れていく
ここまで凝縮してあれば、通していくのがかなり楽になるはず
そもそも、テキスト読み込み→問題集による記憶→テキスト読み込み→問題集による記憶
と行ったり来たりせず、テキスト読み込みと問題集による記憶が同じExcelで
上から順に、どおっと行ける

目次をかなり充実した
Excelの関数を色々仕込んであるから
問題集シートの方でExcelのソート機能で並べ替えてやるだけで
この目次シートからピッとリンクで飛べる

さらにそれぞれの行に元のテキストのページ数が書いてあるから
元のテキストにもピッと飛べる

紙にしても電子書籍にしても、こうやってExcelでピッと飛ぶ機能が作れてないと
ええっと、これってどの辺に書いてあったっけという探す時間が
無茶苦茶かかると思う。なんせボリュームがはんぱなく多いので

さらに、Excelの良さ、検索機能
ノートまとめした行だけを違うシートにリンクして別表示してある
このシートだけで、全部の膨大なテキストの凝縮版が全部見れることになる
目次の方でうまく特定できなかったら、ここをキーワードで検索
ええっと「加給年金額」ってどの辺りの話だっけ

もちろんここからもピッと元のシートに飛べる

うーん、いたれりつくせり

去年の4月くらいには、Excelの行は2000行くらいだったのが
今や5500行まで増えた
テキスト的な行だと1行に盛り込まれている情報量が無茶苦茶多い

さあ、あとはこいつをひたすら覚えよう
目標は1ヵ月で一通りなんとか覚える
ノートまとめする作業の中でかなり頭に入っているはず

そして今年中に2年目初の力試しで過去問実施
想定ではギリギリでも合格ラインには行く
そうすると、そのあと本番までの8ヵ月で何をすべきか計画が立てられる
もし、ここで1年目とたいして変わらない結果だったら
ここまでやってもダメってことでなすすべなし
挑戦はスッパリやめる

さあ、今日から新たなステージへ

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)

[社労士2年目合格法] ローラー作戦で究極の挑戦

[社労士2年目合格法] 分析すると不思議なことが
の続きです。

結局は、選択肢レベルで80%を超える必要があると判断。
さあ、どうする

今やっているのが、題して「ローラー作戦」

ローラー作戦
1年目は、いくらなんでもこんな細かいところまでは出ないだろうというのは外しつつ
過去問とかから、重要度の高そうなところを中心に覚えていった。
力試し
うーん、要求されるのはもっと広くて深かったのか

ならばと、重要度をグッと下げたところまでを範疇に
テキストの読み込み、そこからの自分なりのまとめ、問題集
まとめは自作で、問題集は色んなところからかき集めたExcelで自分で入力したものね
ヨシッと力試し
ええーっもっと広くて深かったのか
とさらに範疇を広げて、テキスト、まとめ、問題集

テキストは途中から私が知りうる範囲で最も詳しいテキストに途中で変えました。

で、今。2年目
分かったよ、結局全部なのね

最も詳しいこのテキストを全て丸々ベターッと全部覚えきる
選択肢レベル80%を超えるためには、それしかないのではなかろうか
どの辺が重要だとか、いらんこと考えず、全部
点を線に、線を面に作戦

これは、1年目の蓄積があるから取れる作戦
1年目ではやりたくてもできなかった

ローラーテキスト問題集
今までは、テキスト、問題集、をローテーションしながら繰り返していっていたんだけど
もっと効率の良い方法を発見した。

この2つを一体化させてしまう。
題して「ローラーテキスト問題集」

この発見は、1年目にやった数々の工夫の発展形としてたどり着いた
究極の方法

あらゆる「受験」ノウハウの中で最高の究極版なのではないかと自負している

テキストにはテキストの良さがあり
問題集には問題集の良さがある

問題集は網羅性が低いが、
テキストの最大のデメリットは「覚えた気になる」だけということ

「同じ場所」(正確にいうと近い場所)に両方を置く

1年目に作った、4000問にも及ぶExcelに入力された問題集がある
Excel なので並べ替えが出来る。
その各問題の行に、対応するテキストのページ数を入力
テキストからは、同一テーマのある程度のかたまりごとに文をコピー
(使っているテキストはPDF形式なので文をコピーできます)
右の欄に入れる
左にも同じものを入れるんだけど
問題にしたいので穴開けにする
「A」としたのが穴開け問題の穴の部分

正解は右の欄ね

作り終えたら、並べ替えポン
はい同じ場所に同じテーマの問題集も並びました。

上から問題を解いていく
正解だと1とか2とか、何回目で正解したかの番号
不正解だと0を入力
0だけをフィルターかけて(Excelなので楽チン)
繰り返し、0がなくなるまで。

ものすごいボリュームになるんだけど
Excelで絞り込み(フィルター)がかかることで
ここは覚えているので、表示しない、ってことが出来る

現実的に読み進めていけるボリュームのものが
テキスト問題集合体版であり、かつテキストも
ちゃんと覚えたことが確認できつつ読み進めていける

もし思い付いても実際にやるひとはいないでしょうね
私も1年目に蓄積された資産があるので
これくらい追加すれば出来るなとイメージできて、やるわけで。

今のペースでいくと、12月中には、一旦全科目分出来るはず
1万問までは増えない予定
そのあと、全問0を消し
そのあといよいよ、過去問で力試しをする予定

そこで判断しようと思っています。
今年再挑戦するかいなか

自分で考えられる最高の方法なので
それでも点数の結果として現れないならば
根本的に私には向かないことなんだと諦められる
行けるはずなんだけど、どうでしょう。

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)

[社労士2年目合格法] 分析すると不思議なことが

社労士結果が10/5に確定し、不合格

1年目に何度か行った力試し

正解率40%で始まった
60%ちょっと必要なのに、一番高いときでも50%ちょっと止まり
本番ではまた最初の40%ちょっとに戻っちゃったという情けない結果

力試しのたびに成長は実感しているものの、点数の結果として出てこないというもどかしい状態がずっと続いた。

確定したのは10/5だが、結果は分かっていたので既に分析をしていた。

本番の分析
選択式と択一式があって、選択式は足切りを除けば、合格ラインに達したのでよしとして
問題は択一式

問題形式はABCDEでそれぞれ選択肢にそこそこ長文があり
はい、正しいのはどれでしょう、とか、誤っているのはどれでしょう、みたいな感じ
それが7科目10問ずつの70問

理屈的にいって「誤っているのはどれでしょう」パターンだとして
Aは〇だよなあ、と進めていってA〇B〇C?D〇E?
と思ったとします。
3つは分かったけど、2つは分からなかったというケース

ええいっ分からん、C と回答した
ブブー Eでした、みたいな

もし、自信のあったABDはそのままであっていました、ってことなら
あてずっぽうの正解率は50%ということになります。2者択一ですから。

すなわち、選択肢のレベルで60%取れるなら、最終結果は50%

もし、選択肢のレベルで80%正解のところまで持っていければ、理屈的には最終結果100%

60%から80%までの狭い範囲で、最終結果は50%から100%までグイーッと上がっていく
これ理屈ね

ところが、力試しで選択肢レベルも集計してみると
3回目の力試しで選択肢レベルは62%、最終結果は42%
一番良かったときが選択肢レベルで65%、最終結果は52%
理屈とはずれているにしても、なるほど、選択肢レベルの正解率が少し上がれば、
グイーッと最終結果は上がるもんなんだな、と納得していた。

ところがです。
本番の分析をしてみて驚いた。

何と、選択肢レベルでは72%正解
ええっ、そんなに合ってたんだ

なのに、最終結果は、44%
今年で言うと、合格ラインは62%

どうにもこうにも訳が分からなくなっちゃった。
どうなってんだ、この試験
不思議すぎる

いずれにしても、一度も最終結果で60数%に乗ったことがないので
一度は乗せないと、合格するってこれくらいね、って感覚がつかめない

という事で、選択肢レベルで80%を超える必要があると判断。
そこまで行けば、理屈では最終結果100%になるわけだから
いくらなんでも結果はでるはず

よし、この方法をやってみよう、というのを考えついた
次回、詳しくそのやり方を説明しますね

実は、もうそのやり方を始めています。

まず、ターゲットは年内。
そのやり方で一旦仕上げる
そして、2年目初の力試し

結果が出る(出るはず)

そこで、判断
挑戦するのかしないのか

2年目は1年目とは違う

1年目は、受かってもおかしくないレベル、というところで挑戦。
実際に、選択肢レベルで72%にいっていたのだから
受かってもおかしくないレベル、だったことに間違いはないと思う

2年目は、ほぼ確実に受かるだろう、というレベルに持っていけるか

年内の力試しで、合格ラインギリギリぐらいまで持っていって
そのあと上乗せし、70%を越す
当日調子悪くて思ったより伸びなくても、それでも受かるだろうというところ

そこに持っていけそうになければ
「挑戦しない」を選択する

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)