雪舟。ねずみがチュウ

名僧シリーズ

雪舟
臨済宗 1420~1506年

あれ?
雪舟って水墨画の画家じゃなかったっけ
名前は、確かに坊さんぽいなあ

鎌倉時代って、新しい宗派がどんどん生まれて、
変化の時代だったけど
室町時代になると、仏教自体の発展や変化というより
落ち着いた感じで、文化全体のリード役みたいなそんなイメージです。

夢窓疎石だったり、吉田兼好だったり、一休さんだって、芸術的分野で名を残している。

その代表が、雪舟ということになります。

中国というのがベースにあります。
文化の先進国は中国なので、芸術家たちは中国に目が向いている
仏教の経典は中国語なので、一定以上の僧は、中国語に長けている。

生い立ち
備中国赤浜の生まれ

子供の頃、仏教の経典をあまり読まず、絵ばっかり書いていた。
師匠が怒って、お堂の柱に縛り付けてしまう。

えーんえーん

夕方になって
ちょっとやり過ぎたかな、と様子を見に行くと
足元にネズミ

ん?何だろう
動かない
動きそうなのに動かない。

ということは?
絵に書いたネズミ
雪舟なら可能かも知れないが
縛られているしなあ

涙を絵の具替わりに、僅かに動く足の指で書いたネズミ

わしは
間違っていた

それ以来、絵を書いていても咎めなくなった。

1430(永享2)年には上洛して相国寺に入っており、
1454(享徳3)年まではここで修行をしていた
画の師匠は天章周文

相国寺を離れた雪舟は中国地方の大名、大内氏を頼って
周防国山口へ流れた。

パトロンとして助けてもらえるからだが
もうひとつ、大内氏は、日明貿易をしていて、明への強力なパイプを持っていたから。

明へ
機は熟した。
本格的に絵を学ぶために、明へ

水墨画といえば、中国って感じしますね
ただ、雪舟の水墨画は、周文から学んだものに、
中国明王朝に留学して学んだ唐絵(からえ)の技術を融合させた
雪舟オリジナルのものです。

北京の礼部院で壁画を描き
皇帝が彼の絵を褒めたということもあって
明でも評判になったようです。

帰国後は、やはり大内氏に助けてもらいつつ
諸国を回って風景画を書いたようです。

弟子も多数集い、雪舟派が形成されます。
国宝が6点もあり、画家の中では破格の評価を受けていると言えます。

結局、京都には余り行かなかった。
この時代、京都というのが、廃れていき
文化の中心地ということでも無くなっていった。

その後応仁の乱で荒廃し
京都より、地方の有力大名のもとへ、芸術家が流れていくという傾向が加速します。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

すきすきすき すきすきっすき、一休さん

名僧シリーズです。

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)
臨済宗大徳寺派 1394~1481年

とんちの一休さんです。
ただ、昔話だったり、アニメの一休さんで定着したこのイメージは
後に加わったもので、とんちとは関係がない

じゃあなぜとんちの一休さんになったかというと、「変な人だった」から
そこからの連想です。

お父さんは後小松天皇
いきなりです。すごい人だったんですね
ただ、正式な子ではないので皇子や親王と呼ばれない
色々あったようで、宮中では産めなかった。

6歳の時、安国寺に入りますが、政府の庇護の元というのは性に合わなかったようで
幕府の庇護を受けない山林派の謙翁宗為のもとへ移る

「変な人」に近づいて来ましたね

でも、このまま「変な人」道をまっしぐら、って訳ではなく
「変な人」も一回挫折します。

謙翁宗為が亡くなっちゃうんです。
折角頼って行ったのに、私はもうこの先生きていく術がない

瀬田大橋から投身自殺を試みます。

うちの子最近変だわ。危ないかも
と思っていたんでしょう。
お母さんが尾行を使わしていて、
すんでのところで取り押さえられる。

翌年、近江堅田の祥瑞庵にいた大徳寺派の僧侶、華叟宗曇(かぞうそうどん)の弟子になる
彼の元で、一休宗純と改名します。
琵琶湖の上を渡るカラスの声を聞いて、悟りを拓く

おお、悟りを拓いたか
それでは印可を与えよう。

悟りを拓いた証明書みたいなもんです。

うーん。やっぱり印可はいただかなくて結構です。

確かに、師匠とのやり取りの中で悟りを拓いた訳じゃないですからね
貰うなら、カラスからです

(イン)カァーッ

だんだん「変な人」度が増してきました。

華叟宗曇が亡くなると
兄弟子、養叟宗頤(ようそうそうい)との関係がうまくいかなくなります。
そんなこともあって、このあと、ひとつところに止まらず、あっちこっちへお引っ越し

今までの名僧シリーズにあった、清貧の中で諸国を回るというパターンとはちょっと違い
内職をしながら食いつないでいく

大徳寺派内で内部対立が激しくなると
抗議の意味で絶食し、自殺しようとします。
後花園天皇が手紙をよこして、やめるよう説得
やっぱり交遊関係はすごいものがありますね

文明6(1474)年には強く求められて大徳寺の住持を引き受けたものの、
入寺の法語を書いて渡すだけで、実際に寺には入らず即出てしまった

風狂の人
酒も女性も、遠慮なし。
晩年には、盲目の女性を愛したり

堺の町を、ぼろぼろの着物を着て、木刀を持ちながら歩いたり。

芸術面で優れていて
詩文だったり、書だったりはかなりの腕前
当時の一流の芸術家達、連歌師、水墨画師、猿楽師が彼の元に集った。
侘び茶の成立に大きな影響を与えた村田珠光も、一休から禅を学んでいる

東山文化は一休に寄るところが大きい。

死後
死後、一休の風狂ぶりが語り継がれ
様々な書物に登場するようになる

江戸時代の寛文8(1668)年に出された「一休咄」で、どーんと有名になる
この中では、橋の話も書かれている。

「このはし渡るべからず」
とあったので、はしっこじゃなく、真ん中を堂々と歩いていったという、一番有名なとんちです。

この中にあるのが
ある正月、墓場に行って骸骨を拾い、杖の上につけて
「ご用心、ご用心」と言いながら、京の町を歩いた。

骸骨はめでたいぞ
目の穴が大きく開いて、これをめでたいと言うのだ
昨日は良くても今日は何が起きるか分からんから、ご用心

先程の木刀の話からの連想でしょう

このあとの、一休ものでは、このあとに歌を詠むパターンが追加される

門松は、冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

夢窓疎石。敵を弔いませんか。

名僧シリーズ

日本庭園でいうと神様みたいな人
そうか、夢窓疎石(むそうそせき)は僧だった

夢窓疎石(むそうそせき)
1275~1351 臨済宗

後醍醐天皇の招きで、鎌倉から上京し、臨川寺、南禅寺等に住します。
後醍醐天皇によほど信頼されていたんですね

足利尊氏や直義に、安国寺、利生塔を進言しています。
安国寺や利生塔については、こちらを見てね
室町時代の仏教

そしてさらに、後醍醐天皇の冥福を祈るために天龍寺を建立
出ました、天龍寺。

この流れだけ見ても、夢窓疎石の「気持ち」が伝わってきます。

自分は、後醍醐天皇に引き上げられて、一流の僧になることが出来た。

後醍醐天皇は一旦は、足利尊氏等の助けを受けて、建武の新政という成功者になる
この時点では、後醍醐天皇と足利尊氏は同じ方向を向いていた筈。
夢窓疎石も、その同じ方向を向いていたのでしょう。

その後、後醍醐天皇の残念な政治、のため、足利尊氏が反乱を起こして、後醍醐天皇を討つ
後醍醐天皇はしぶとく生き残り、南朝を起こすわけですが、そっちに行くのは難しいですね
足利尊氏につく訳ですが
恩人の後醍醐天皇の事を思い続けていたんでしょうね

足利尊氏にもよほど信頼されていたと思われます。
尊氏にある提案をします。
後醍醐天皇の冥福を祈りませんか

敵ですよ、敵
お互いに殺そうとした相手。
夢窓疎石でないと絶対に言い出せなかったでしょう。

その提案を受け入れ、尊氏は
大覚寺統(亀山天皇の系統)の離宮であった亀山殿を寺に改め
天龍寺を建立します。

芸術
仏教って宗教でありながら、哲学とかの色んな側面を持っていると思いますが
仏教の「芸術」の側面を庭園の観点から大きく発展させたのは、夢窓疎石です。
庭園の神様。

天龍寺の他

苔寺とも呼ばれる西芳寺

枯山水に関して言うと、元々あったもので、夢窓疎石が開発したものではありません
ただ、枯山水を大きく発展させたのは夢窓疎石です。
もともと浄土式の寺院であった西芳寺に呼ばれ、
禅宗寺院として復興していきました。
禅宗寺院の形をつくるため、庭も含めた大きな改革を行います。
その中で、枯山水を禅の修行をする場としてつくりました。

石で表現された大自然と対峙し、見えないもの聴こえないものを感じること
それを、禅の修行と考えたのです。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

吉田兼好が好きです。

名僧シリーズです。

兼好
1283?~1352? 天台宗?

卜部兼好(うらべかねよし)
身分はそう高くないが、卜部家は、天皇に仕える家
兼好も天皇に仕えるようになる

亀山系は大覚寺統(だいかくじとう)、後深草系は持明院統(じみょういんとう)という
天皇家が二系統に分かれて勢力争いを繰り広げた異常な時代
そのあとの南北朝時代に繋がっていきます。

兼好は、大覚寺統系
仕えている間にも、ころっころ、浮き沈みがあります。
元々、家的に大出世が見込めそうにもありませんし
元々出家志向が強かったので
30代そこそこで、出家してしまいます。

元々兼好(かねよし)だったので、そのまま音読みにして、けんこうと名乗ります。
吉田、っていうのは全くの嘘です。
卜部家が、後々吉田家に変わるんですが
その後、江戸時代に、それまで全く注目されたことのなかった徒然草が急に人気が出て
誰かが、吉田兼好と言い出しただけです。

徒然草
私にとって、兼好は特別な人です。
大好きです。

古文で、最初から最後まで全部読んだのは
後にも先にも徒然草だけです。
高校の時だったと思います。
古文の勉強のための参考書
現代語訳との対比で、文法とかの解説もあって。

どうせだったら、ひとつ何か丸々読んでみようと
おそらく、ボリューム的にちょうど良かったんじゃないかな
読み始めると、これがまた面白い。
物事の見方のひねくれ度合いが、私とぴったり合ってたんですね。

つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、
心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、
あやしうこそ物狂ほしけれ。

残念ながら、ひとつを除いて、全く思い出せませんが。

その一つは
ふたつもじ 牛のつのもじ すぐなもじ 曲がりもじとぞ 君はおぼゆる

子供が習字でひらがなを覚えるときに、
興味を持てるように、そのかたちを楽しく言い表したもの。

ふたつもじとは、横に二つの棒、すなわち「こ」
牛のつのもじとは、牛の角のように縦にふたつで「い」
すぐなもじとは、まっすぐなもじなので「し」
習字だと、途中で曲げないんでしょうね
曲がりもじとは、途中でくっと曲がるから「く」

ということは、「こいしく」
君の事を恋しく思っています、という恋の歌。

これだけをなぜ覚えているかというと
告白のラブレターとして使った文章だから。

高校から、大学に行って、東京へ。
中学の時のクラスメートで、片想いしている彼女
すごく仲の良い友達だったから
中学卒業で、別々の高校へ行くとなったときに
勇気を出して

文通せえへん?

ええよ

でも、文通の中で思いを伝えることが出来ないまま、3年が経過
4年目に突入。

思いを伝えたい
でも伝わっちゃまずい
うぶな男心ですなあ

で、徒然草のこの歌を見つけて
これ、このまま解説書かずに送ったら、絶対言っている意味解らんで。
むっちゃラッキーやん

ということで、この歌を文通の中で書きました。

君に贈る歌です。
ふたつもじ 牛のつのもじ すぐなもじ 曲がりもじとぞ 君はおぼゆる

案の定、何の反応もなし
良かった良かった。

結局、そのあと、会ってちゃんと告白して、振られちゃったんですけどね

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)