[巫女さん入門] 五色布って何?

巫女さん入門シリーズです。

五色布
暦のところでお話しましたが
昔の人は、お日様、お月様、お星様に特別な思いを抱き、神を感じました。
その中の星で言うと、多くの星の動きとは違う動きをする五つの星を見つけます。
迷っているのかなということで惑星。
「木・火・土・金・水」です。

世の中は全てこの5つで成り立っています。
さらに、それぞれが陰と陽に掛け算されて10個

良かった
古今東西、人間は指が10本なのでどうやったって10進数

うまく合いました。
陰陽五行説と言います。

一方で、世の中のいろんな現象は半分の半分
4というのもおさまりが良い
春夏秋冬
東西南北
朝、昼、夕方、深夜

例えば色で言うと
一番明るい白、
一番暗い黒、
明度ってやつです。
色相の内の一番代表的な二つ
一番赤っぽい赤と
一番青っぽい青

大昔は、色の名前はこの4つしか無かった
名字で色は黒白赤青だけ
という話もしましたね

この四つの色が東西南北と結びつきます。
東=青、南=赤、西=白、北=黒
これが発展して、四神になります。
「東=青龍」「南=朱雀」「西=白虎」「北=玄武(亀)」
四つの神様が4つの方向を守ってくれています。

五つ
待て待て待ていっ

5で話が始まったのに
いつの間にか4かいっ

割って入ったのが黄色

もうひとつ足しましょうよ
5にしましょうよ

黄色は黄色でプライドを持っています。

色の三原色は赤と青と、そして黄色

ねえねえ、中央というのが余ってません?

ええこと言う

一番良いとこ取りました。
中央は黄色

ちなみにわが母校中央大学のカラーは赤と白
関係無かったですね。失礼しました。

さあ、五行
「木火土金水」を色で表すと「青赤黄白黒」

火は赤。良いね
木は緑だから青ね
そうそう、言うの忘れていました。
昔は、緑と青は一緒です。
あとの三つがねえ
まあ、文句言うのはやめときましょう。

五色布
いよいよ五色布

五色布の場合、黒は紫で表して
青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)になります。

仏教でも一緒ね
よく五色幕がかかっています

陰陽五行説は神道も仏教もどちらものもとになっている訳ですね

索引はこちら
[巫女さん入門]シリーズはこちら(少し下げてね)

[仏像の見分け方] 八部衆

仏像の見分け方シリーズ

長く続けて来ましたけど
今日を持ちまして、一旦終了に致します。

最後は八部衆(はちぶしゅう)と参ります

八部衆
八部衆は、元々、古代インドでの悪者たち
お釈迦様に諭されて
お守りする側で頑張りますっ

鬼子母神もそうでしたね

こういう人たちが頑張っているのが仏教の良いところですね。
プロレスラーでいうと、最初悪役で始まって
全日本に所属してテレビタレントとして活躍した
ザ・デストロイヤーみたいな感じでしょうか。

天(五部浄)
いきなりビックリです。
天、ってあなた

仏像には4種類あって、如来、菩薩、明王、そして、天
言わばその他大勢のグループが天

梵天、帝釈天、大黒天、毘沙門天、弁財天とかが所属する
芸能界でいうと、ジャニーズみたいなもの

総称されて天なんですと。

それが、八部衆の一員とは
ひっくり返りそうです。
じゃあ、八部衆はどこに所属するの?
天だと思うけど

それがまた、総称されてえっとえっと

わがIT業界ではこれを無限ループと呼んでおります。

十二神将同様、名前自体色んな説に分かれています。
例えば、興福寺では、天を五部浄としています

象の冠を被った少年です。


「竜」、「竜王」などと称される種族の総称。
これも総称なので、竜関連は全部入ります。

坂本龍馬も、わが中日ドラゴンズも
もちろん、松坂大輔もね
ダチョウ倶楽部の上島竜兵だってここです。

敵にすると恐いけど、味方になると頼もしいです。

熱々おでんもお手のもの

興福寺では、沙羯羅(さから)としています

夜叉
夜叉(やしゃ)。
良く色んなところで聞きますね

鬼の総称としても使われるようです。

空中も飛べるそうです。

ということは
うる星やつらのラムちゃんもテンちゃんもここですね
テンちゃんがじたばたしながら空を飛ぶのがとても可愛かったですね。

乾闥婆
乾闥婆(けんだつば)は音楽の神様
インド神話におけるガンダルヴァであり、
ギリシア神話におけるケンタウロスと同源であると推定されます

なかなか起源が古そうです。

神々の酒ソーマの守り神をしています。
ところが自分では、お酒も飲まなければお肉も口にせず
香を食べます。
匂いだけでお腹いっぱい。

便利です。
ペットにすれば経済的ですね

阿修羅
阿修羅(あしゅら)が最近人気急上昇らしいです。

阿修羅は元々、帝釈天とご近所さんで
自分の娘を帝釈天が力づくで奪ってしまったので、怒り心頭
その後、とても長きにわたり、帝釈天と戦いを繰り広げます。

大体は、四天王も含んだ帝釈天軍が有利だったんだけど
帝釈天軍が形勢不利になったことがあって
一旦退却
でも、ある場所で、ピタッと止まっちゃった

追いかけてきた阿修羅軍も
おっとっと
どないしてん
こら、なんかあるぞ
策略かも
こっちも、撤退ー

実は、その場所に蟻の行列がいた。
踏んだら悪いし。

仏教で、六道とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道
修羅道は阿修羅ばかりの世界なので
これは大物ですね

迦楼羅
迦楼羅(かるら)
竜を好んで常食するという伝説上の鳥である。
鷲のような獰猛な鳥類の一類を神格化したもの。

ええっ
竜食べちゃうの
一緒に八部衆にいて
竜も気が気じゃないですね

わが中日ドラゴンズも、ソフトバンクホークスには食べられちゃうんですね
分かる気がします
かろうじてツバメよりは強いですけど

緊那羅
緊那羅(きんなら)
音楽神であり、また半身半獣の人非人ともいう。
人でも畜生でも鳥でもないんですって。
仏教では乾闥婆と同様に帝釈天の眷属とされ、美しい声で歌うという。

鳥じゃないのか
ってことは、うちの歌うシャケちゃんとも違うんですね

摩睺羅伽
摩睺羅伽(まこらが)
緊那羅とともに帝釈天の眷属の音楽神ともいう。
身体は人間であるが首は蛇である。
龍種に属す。大蛇(ニシキヘビとも)を神格化したもの

おっと、忙しいぞ
音楽で竜で蛇
いろんなのと一緒です。
音楽がいっぱいっていうのは良いですね
華やかです。
美女軍団のようです。

仏像の見分け方
仏像の見分け方シリーズ
いっぱいありました。
感慨深いものがあります。

如来、菩薩、明王、天
それぞれスターもいれば、いぶし銀のような脇役も

お気に入りの仏像は見つかりましたでしょうか

もし、どこかのお寺で仏像を見つけたら
そして、もしスマホとかをお持ちなら
ちょちょいと検索して見てくださいね

索引はこちら
[仏像の見分け方]シリーズはこちら

[仏像の見分け方] 十二神将その2

[仏像の見分け方] 十二神将その1
続きになります

頞儞羅大将
頞儞羅大将(あにらたいしょう、あるいは、まにらたいしょう)

十二支では辰(たつ)になります。

神経質です。

一番有名な新薬師寺の頞儞羅大将は
矢を持っているのに、弓を持っておらず
じっと矢を見ているだけ

これ、ちょっと曲がっているんじゃないかな

色んな武器を持って闘う集団の中にあって
こういう人はほっとしますね

えっ、みんなこれから闘いに?
悪いけど、僕どうしてもこれが気になるから
家帰って、これ直してきてからで良い?

そもそも、〇〇ら、って何の名前かなんだけど
薬師如来を中心にして、12の方向を守る神なので方角の名前になっている
インド北部の仏教発祥の地において、サンスクリット語で方角の名前

例えば、このあにら、ないしはまにらは
辰の方角なので真北の子から始まって子・丑・寅・卯・辰なので南東
インド北部からみて、南東に何があるのか
世界地図が手元にある方はご覧ください

はい
フィリピンのマニラですね

珊底羅大将
珊底羅大将(さんてらたいしょう)

十二支では巳(み=へび)になります。

戟(げき)を持つことが多いですが、たまにほら貝を持つこともあります

因達羅大将
因達羅大将(いんだらたいしょう)

十二支では午(うま)になります。


よっぽど怒っておられるのか
顔が真っ赤です。
インフルエンザ?

波夷羅大将
波夷羅大将(はいらたいしょう)

十二支では未(ひつじ)になります。

新薬師寺の十二神将は国宝指定を受けていますが
実は11体だけで
残念! この波夷羅大将だけは国宝指定されていないんです。
江戸末期の安政の大地震で破損しちゃったのね
他の十一体は、天平時代作なので国宝。

見た目には違いは全然分からないです
言わなきゃ判らなかったんじゃないかな。

摩虎羅大将
摩虎羅大将(まこらたいしょう)

十二支では申(さる)になります。

まこ
甘えてばかりでごめんね
(古っ)

真達羅大将
真達羅大将(しんだらたいしょう)

十二支では酉(とり)になります。

死んだらあかん

唯一武器を持たない形で描かれることも多い
良いんじゃないでしょうか。平和で

招杜羅大将
招杜羅大将(しょうとらたいしょう)

十二支では戌(いぬ)になります。

軽トラじゃなくて、しょうとら

顔は真っ青
血の気が引いています
怖い夢でも見たのかな

毘羯羅大将
毘羯羅大将(びからたいしょう)

十二支では亥(い)になります。

最後ですね

三鈷杵(さんこしょ)持ってます

これを持っていると邪気が出たり入ったり、自由自在
便利ですね。おひとついかが?

索引はこちら
[仏像の見分け方]シリーズはこちら(少し下げてね)

[巫女さん入門] 神社最大の謎、狛犬に迫る

巫女さん入門シリーズで神社について書いてきましたが
いよいよ、私が個人的に最大の謎と考えている狛犬(こまいぬ)について書こうと思います。

なぜ「神社」で、あからさまな違和感アイテム「狛犬」を採用したのでしょう

狛犬
お寺なら分かるんです。
ごく自然です。

でも、狛犬ってお寺じゃなく、「神社」

狛犬って、外国色丸出しだからです。

お寺は誰もが知っている外国からもたらされたもの
インドで生まれた仏教が、中国経由で仏教伝来
はい、外国

でも、日本古来のものとして、神道がありましたよ
その場所として「神社」

そのあと、神仏習合でぐちゃぐちゃに混ざり合うのは良いとして
神社を象徴するものとして、鳥居と共に狛犬
そこは日本古来色を出していないといけないんじゃないの?

狛犬って、何の動物かというと、犬じゃなくてライオン。
獅子頭みたいな顔しています。


日本古来には生息しない動物

名前がそもそも宣言しちゃっています。

日本にはいなかったものですよ
犬みたいだけと、犬じゃない「外国犬」

日本にとって、外国文化は全て朝鮮半島を最終的に経由して入ってくるから
外国の、と言いたいときは、朝鮮半島の、と言います。
朝鮮半島=高麗(こうらい)、別の読み方で、高麗(こま)です。

こんなにも堂々と、宣言して良いんでしょうか

阿吽
決定づけるのが、阿吽(あうん)
阿吽の呼吸とか言いますね。
右の狛犬が口を開けて「あ」
左の狛犬が口を閉じて「ん」

実は日本古来には「ん」という発音がなかった
以前、「ん」の話の時に言いました。
「ん」がなかった。続きの続きの続き。「ん」が生まれる
「ん」がなかった
あまてらすおおみかみ
おおくにぬしのみこと
ん、は無い

じゃあ、どこにあったのか
「ん」がなかった。続きの続き。空海のチャレンジ
ん、はサンスクリット語なんです。
インドの仏教が生まれた地域の言葉です。
サンスクリット語は、「あ」の発音で始まり「ん」の発音で終わるので
最初から最後まで全て、という仏教の宇宙観をあらわす言葉となる

中国には「ん」という漢字が無かったので
仏教の宇宙観をあらわす阿吽を言うときのためだけに「吽」という漢字を作った。
牛が口を閉じて鳴く「んーーーーん」という音ね

たまたま偶然、日本の五十音表も、あで始まり、んで終わるけど
日本に「ん」の文字が加わるのは随分後の事

仁王様の阿吽はとても自然です。
お寺を守る入り口で敵を追い払う。
仏教の世界観、阿吽は当然です。

仏教そのものの阿吽を、神社の狛犬が表しちゃいかんでしょう。

形も名前も発音も、全てが全て外国色丸出しの、狛犬を
こともあろうに、神社を象徴するものとして採用しますかね

不思議です。
不思議過ぎます。

謎解き
色々調べると、
狛犬は、仏教伝来以降に作られたもののようです。

位置づけが
神社に特有というより
神社にもお寺にもという事らしい。

日本古来、にはそもそも全然こだわっていないんですね。

最初は、右が獅子で、左は狛犬。
形も違っていたそうで、
だんだん似かよってきて
両方狛犬で良いかってことになり
口の形だけが変わるようになったそう。

なんだか、きっぱり納得、って答じゃないけど

あらま、でーこんは、そんなところにこだわってたの?
元々、神社はファジーなの

そうでした。
神社はそういうところが良いところでした。