[仏像の見分け方]四天王のそれぞれ

仏像の見分け方シリーズです。

前回、四天王について書きました
[仏像の見分け方]四天王の全般

今日は一人ずつ

持国天(東)
鎮護国家を司る
仏教により内政の安定をはかろうということ

となると、日本が仏教を取り入れた目的でもあるから
持国天が単独で祀られても良さそうなもんだけど
そういう例はない

見分け方がとても難しい
特に決まりごとがないんです。
剣や金剛杵(こんごうしょ)を持つことが多い
特に次の増長天との違いが明確でないんです

仏像を作った人の好き好きということになります。

増長天
増長(成長)したものという意味

日本では、常に四天王の一人になりますが
中国では、持国天とのペアということもあります。

持ち物は戟(げき)と金剛杵を持つことが多いというだけで
なんともバラバラ

広目天
様々な目、特殊な目を持つという意味
広くみんなを見てくれるということで
比較の問題ではありますが
前の二つ、持国天と増長天が動だとすると
広目天と多聞天は静だとも言えます。

これも決まりはなく
戟と羂索(けんじゃく)を持つことが多い

ただ
この広目天に関しては、見分けられる事があります。
巻物と筆を持つことがあるんです。

助かった
これなら分かります。
広い目で見たことをスケッチするんでしょうね。

これでどう戦うのかとの疑問もありますが
ペンは剣より強し、ってことでしょうか

多聞天
釈迦の説法をよく聞くもの
みんなの意見をよく聞くということにもなるんでしょう。

広目天が広く見て、多聞天が多く聞く
良いじゃないですか

これも見分けられるかも
宝塔と宝棒、または戟を持つことが多いってことで
戟だけ持たれちゃ諦めざるを得ませんが
けっこう宝塔持っています。
ちっちゃい家です。
セキセイインコぐらいだったら住めるかな。

多聞天はソロ活動する時には
毘沙門天と名前を変えるわけですが
そうなると、静というより
むちゃくちゃ動になりますね。
一気に攻撃的になります。

持ち物も変わってきます。

[巫女さん入門]巫女さんの衣装

「巫女さん入門」シリーズです

今日も、東京大神宮で、巫女さんを見てきました。
すばらしいっ

巫女装束
巫女さんと言えば、巫女装束。
巫女装束に憧れて、巫女さんになろうという人も多いでしょう。

まずは、普段着から
イベントとかのない、通常の日は
白衣(はくい or はくえ)と緋袴(ひばかま)になります。

緋袴は、その名の通り、緋色の袴
緋色は赤色の中でも明るい赤色です。

祭祀等のイベントの時は、さらにこの上に千早(ちはや)というものを羽織ります

以下、「巫女さん入門、初級編」からの引用です。

着つけ
着付けもしっかり勉強しましょう

千早の着付けもね

小物も良いですね

巫女舞いの時は必須です。

巫女装束は、神様と同じ
丁寧に扱いましょう
3原則があります。
「投げるな」(脱ぎ捨てない)
「置くな」(着脱後にすぐに畳む)
「跨ぐな」(跨ぐ行為は神への非礼にあたる)

髪型
巫女さんは長髪にして、後ろでくくらないといけません。

本の最後に、現在の神田明神の巫女さんのリーダーの人へのQ&Aが出ていました。
その中に、こんなのがありました。

Q. 髪は染めてはいけませんよね
A. そうですね。あと、髪の毛が短すぎても結わけません

Q. ボーイッシュな髪型はダメですか?
A. そういう方には、伸ばしてくださいとお願いします。

うおおっ
そ そんなぁ


はげてますけど

ここへ来て
こんな些細なことで
私は巫女さんになることを断念しないといけないのでしょうか

そこを何とかっ

紙垂(しで)、四手(して)、四股(しこ)、ん?

紙垂の作り方の話をしました。

いっぱいコメントいただいて面白かった。

関連して、書いてみようかなと

流行るかも
面白かったのが、流行るかもとの意見

ほんまや!
これ流行るんと違う?

ネクタイじゃつまらんと
ねじねじ付けてる中尾彬さんがいるくらいですから

今度はネクタイの変わりに
紙垂つけるってどう?

紙ではいくらなんでも、なので
絹の布で作りましょう

すっごい流行る気がするんだけどダメかなあ

相撲

相撲の土俵入りの時にヒラヒラしてるやつ
あれですよね
というコメント

そうそうそうですね
と返したんだけど

その後別の人から
相撲のは「四手」(して)なんですってね
同じ格好ですよね
というコメント

ゲゲゲっ
同じって返しちゃったのに
えらいこっちゃ。
違うんか

調べました
一緒と言えば一緒
違うと言えば違う

元々は、しだれ柳とかの垂れる(しだれる)から来た言葉
どっちかっていうと四手の方が当て字かな

何で「四手」って漢字当てたんだろう。

東西南北それぞれに「して」を置いて囲む
四の字のひとつの理由だろう

気になりませんか
私が一番気になったのが「四股」(しこ)
相撲で、四つの手と四つの股(=足)となると当然関係ある筈。

四股
元々は「醜(しこ)」と書かれていて、今のような「四股(しこ)」は後からついた当て字だと言われています。

醜って何かと言うと、地中にいる鬼
出てきちゃダメよと踏み固める

ということは、四の字は四手と四股で両方とも当て字なので、偶然の一致ということになります。

スッキリしませんね
継続課題といたしましょう。


ギザギザのあの形、予想通り、稲妻だそうです。
横に渡った太い綱が雲で
細く垂れた藁が雨
そして紙垂は稲妻です。

要するに雨乞いです。

信仰というのは
基本的に怖いものから始まる事が多い
自分には手に追えない、大きな存在に怖れ、委ね、有り難いと思う。

最たるものが雷様
怖いんだけど、雨を降らせてくれる有難い存在。

山だって暗くて怖いから神様。

ユダヤ
この紙垂、ユダヤ(イスラエル)に同じものがあるらしい。

ユダヤの宗教と、日本神道の類似性をウェブでかなり詳しく展開している人がいる。
いわゆる極論ものとは言え、逆に自然な展開である気がする。

シルクロードの出発点であるイスラエル。
三大文明で栄えた地域。
一方の終着点は、海路まで含めると日本になる。
長期に渡って次第に影響が伝わっていくのは、ごく自然なことだと思う。

渡来人が大量に日本にやって来る。
元々日本に住んでいた人達はそう多くもなく
三大文明に遅れを取っていた。

特に鉄を作り加工する技術を持っている渡来人
どちらがどちらを支配するのか、少し考えれば答は出る。

天皇を中心にした、支配層が、我々は元からここにいたんですよ、と言いたかった
自分達の宗教はそのまま使わず、大きくアレンジして、神話を作って「古事記」とする
はい、天皇家は神様であって、そもそも日本を作ったんですよ。

でも、意図した事はそれだけで
元々八百万(やおよろず)の神を信じ、宗教というより文化であった日本においては
何の違和感もなく浸透する

これだけを信じなさい、じゃなかったからね。

仏教伝来後も、
神道と仏教、同じものってことで良いんじゃない。

紙垂を見て、何か心が引き締まる気がする
そう
おそらくそれだけで良いんだ。

[仏像の見分け方]四天王の全般

仏像の見分け方
四天王です。

帝釈天の時に、須弥山(しゅみせん)の話をしました。
[仏像の見分け方]帝釈天

その須弥山の中腹で、東西南北に分かれて守ってくれているのが四天王。

四天王
東を守っているのが持国天(じこくてん)
時計回りに、増長天(ぞうちょうてん)、広目天(こうもくてん)、多聞天(たもんてん)になります。

覚えました?

地蔵買うた、と覚えると覚えやすいですよ
覚えたら、友達に自慢しましょうね

四天王知っとるか?

須弥壇
須弥山(しゅみせん)になぞらえて、須弥壇(しゅみだん)というのがあります。
仏像を置く少し高くなった台です。

例えば、お寺で須弥壇に主役級の仏像=本尊を置くとして、四方を四天王に守ってもらおうと思ったとします
本尊が真南を向くように配置したら、東西南北に四天王置いちゃうと主役が見えません。

こらこら、真ん前で踊るなよそこのスクールメイツ
みたいな感じ。

で、45度ずつずらす。
スタートの持国天は東南に置いて、地蔵買うた
そうすると、多聞天が東北を守ることになります。

なるほど、そういうことだったのか。
いつも不思議に思っていたんです。
何で、北を守る多聞天が一番人気なのか
ここ、もう一回後でね。

聖徳太子
四天王と言えば、聖徳太子です。
仏教伝来の時、仏教受入派の聖徳太子(及び蘇我氏)と、仏教拒絶派の物部氏が激しく対立。
壮絶な戦に発展する。

白膠(ぬるで)の木で自ら四天王像を彫刻し髪の毛に縛り付けた
四天王さん、四天王さん
もしこの戦いに勝てたなら、お礼にお寺を建てさせてもらうので
お守り頂けないでしょうか。

ええよ

実はこの頃は、四天王の王というぐらいなので、主役級の扱いだったんです。

四天王が守ってくれたお陰で、見事勝利。
建てたのが四天王寺です。

見分け方
ほとんどの天部の仏像は、一番最初にインドで祀られていた頃は怒った表情。
大黒天だってそうだし、弁才天だってそう。
でも、日本に来て、時代を経ると穏やかでにこやかな表情に変わっていく。

唯一の例外が、この四天王。
最初は、穏やかな表情なのに、途中から怒り出します
何があったんでしょうね

早めに謝っておきましょう
ごめんなさい。

長くなりそうなので、
お一人ずつの話は次回回しにします。

毘沙門天
詳しい話は次回として、ひとつだけさっき言いかけたこと。

四天王って基本グループ活動なんだけど
唯一ひとりだけソロ活動もしています。

多聞天です。

ソロ活動の時は、別名を使っていて
毘沙門天

ピンキーとキラーズと今陽子みたいなもんです。

七福神にも参入して、大人気。
鬼門と言われる、東北方面を多聞天が守るというのはうなづけます。

圧倒的に毘沙門天の方が通りが言い訳だから
グループ活動の時も毘沙門天にしちゃえば分かりやすいのに。

あくまでもグループ活動の時には多聞天。
理由は明確です。

地蔵こうび、じゃちょっとね

おっと失礼。