法然は、悪党の息子。

名僧シリーズ

鎌倉時代に入っていきます。

今までのところをまとめておきましょう。

仏教は、十三宗と言われています。
奈良時代から続いている宗派に華厳宗・法相宗・律宗。
法相宗は、孫悟空の友達の道昭
律宗は、中国からわざわざ来てくれた鑑真です。

平安時代は、出たっ 天台宗・真言宗、そして融通念仏宗がある。
天台宗は最澄、真言宗は空海でしたね。
融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう)については、良忍という人が始めるんですが
念仏というのをどうとらえるかなんで、このあとの浄土宗での説明に譲ります。

そして、鎌倉時代です。
浄土宗・浄土真宗・日蓮宗、時宗・臨済宗・曹洞宗

最後の江戸時代には黄檗宗(おうばくしゅう)が開かれる。

こうしてみると、十三宗のうち六宗が鎌倉時代ですから
いかに大きく華開いたが分かります。
まずは、その筆頭、浄土宗を作った法然から。

法然
梅原猛さんの「法然、親鸞、一遍」という本を読みました。
ものすごい数の古文書に当たっていて
通り一辺の解釈ではない独自の解釈をされていました。

一般的にはこう
法然上人の父親は美作国久米南条稲岡庄(現在の岡山県久米郡久米南町)の押領使・漆間時国(うるまのときくに)という人ですが、
上人が九歳の時に夜討ちにあって殺されてしまいます
その時、勇敢に立ち向かった法然少年は、犯人の目玉を射抜きます。
親を失った法然少年は出家し、数々の奇跡を呼んでいく。
四十八巻伝という本を元にしているとこうなります。

宗教の特定の宗派の開祖なわけですから、多少の奇跡話は付き物です。
ただ、もう少し事実に近いであろう書物も残されていて
それによると、親が夜討ちにあって殺されてしまうのは一緒でも
時期の前後関係が違う。

10歳で親が存命のうちに出家
その才能を見出だされ、当時の仏教界でのエリート集団、比叡山に推挙される。
15歳の時
比叡山に行くことを報告に行ったとき、父親に言われる

私には敵がいる
もうすぐ殺されるかも知れないので
その時は比叡山のどこかに葬って欲しい

予言のような遺言のような。
そして、その通りになってしまう。

実は、両親は、悪党と呼ばれていた集団に所属していた。
反政府勢力
今、我々が受ける言葉のイメージとは違うでしょう。
所属していた悪党が、テロリスト的なのかとか、犯罪的な事を行っていたかとかは
資料がなくて分からないのだけど
命が狙われていて、その通り殺されてしまった事は確か。

おそらく、真相は法然少年自体にも分からなかっただろう
資料からは分からないが、おそらく母親も一緒に殺された筈

人生観が変わるほどのショック
そりゃそうでしょう。
両親が殺されて、
ひょっとして、殺されてしかるべきような事をしていたのかも知れない。

私はこのまま比叡山にいることはできない。
父母の菩提を弔いながら
遁世の人(乞食僧。托鉢をしながら各地を巡り歩く)として人生を送ろう

師である叡空(えいくう)の言葉で思い止まります。

例え遁世の道に出ることが必要だとしても
まだその年齢であれば学問を身に付けるべき
そうすると、本当に自分が何をすべきか判断できる能力が身に付くから
それからになさい。

そこから、猛勉強が始まります。
誰も不可能なほどの書物やお経を読み
考え続けます。

両親は救われるべきなのだろうか
阿弥陀様は救ってくれるのだろうか
両親が救ってもらえるとしたら
どうすれば良いのだろうか

生涯自分に問い続け
それを形にしていく
それが、生きる意味だったのでしょう。

出された結論

悪人でも救われる筈
弟子の親鸞(しんらん)とともに作り上げた悪人正機説
親鸞も背負っているのがありましたので。

エリートにしか出来そうもない観念念仏(かんねんねんぶつ)という方法論ではなく
南無阿弥陀仏と唱えるだけの、口称念仏(くしょうねんぶつ)という方法を全面的に押し出した事

口称念仏自体は、空也も源信も言っているし
観念念仏の補助的な方法論としては古くから用いられている。

でも、法然は悩み苦しみ
自分自身が答えを求める過程で出てきたものだから
庶民の心を打ちました。

お偉いお坊さんが、上から目線で行う説教とは訳が違う。
心底、どんな人でも救われなきゃ困る
誰でも出来る方法でなきゃ、ああそうですか、で終わっちゃう
一緒にやりましょう

世の中が変わりました。
庶民が目覚めたのです。

暇なんてあるわけない
そんなに良いことばかりしているわけでもなく
姑に「死んじまえ」とか心のなかで叫んでいる自分にだって
阿弥陀様は救いの手を差しのべてくれるらしい。

難しいことは一切分からないけれど
あの法然さんの言うことなら信じられる。

庶民の心の中に、仏教が広がり
それをきっかけとして、庶民のための鎌倉新仏教が様々な形を取りながら生まれていく。

始まりは、法然の、気持ち、でした。

次回、法然の作った浄土宗のもう少し内容的な事もお話ししますね。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

源信は、地獄の案内人

名僧シリーズです。

源信
げんしん 天台宗 942-1017

源信は、元三大師良源の弟子になります。
[名僧] おみくじは、良源が発案

源の字をもらったんでしょう

源信を一気に有名にしたのは、「往生要集(おうじょうようしゅう)」という本を書いたからです。

末法思想
釈迦が亡くなってから、1000年は、正法と言って、正しい教えが継続される
その次の1000年は、像法と言って、とても怪しくなってくる
そして、その次からは、末法と言ってぐちゃぐちゃの時代がやってくる
1052年がその始まりの年
源信の生存の時期あたりは、間近に迫っております。
平安時代です。

えらいこっちゃ
何とかせねば

唯一救われる方法は、極楽浄土へ行くこと
ファイト!

色んな人が極楽浄土へ行く方法を導き、人気を博する

その中でも、源信の書いた往生要集は大ヒット作

第二章が、欣求浄土(ごんぐじょうど)と言って、極楽浄土への手引き

往生要集が大ヒットした要因は、第一章の、厭離穢土(おんりえど)の方にある
この中では、詳しく地獄の事が解説してある。

みんなは二つ三つ心当たりがあって、自分は地獄行きだろう。
今から、悔い改めて、欣求浄土やっても間に合わないんじゃないか

地獄を詳しく勉強して抜け道を探ろう

かくして、往生要集は地獄の手引き書として親しまれることになります。

地獄
地獄にはこんな種類があります
等活(とうかつ)地獄
黒縄(こくじょう)地獄
衆合(しゅごう)地獄
叫喚(きょうかん)地獄
大叫喚(だいきょうかん)地獄
焦熱(しょうねつ)地獄
大焦熱(だいしょうねつ)地獄
阿鼻(あび)地獄

一番ましなのが、等活地獄

ましと言っても
1.煮え立ったうんこや尿を無理やりのまされ
がんばって食べたら、その中には特殊なギョウ虫がいてはらわたから食われる
2.刃になった葉が生い茂った山を駆け上らないといけない
3.皮をはぎとられたあとに熱してとけた鉄のかまで煮られる
どういう風にましなんでございましょう。

黒縄(こくじょう)地獄

体中に、何千本も線を引かれる
何のための線かというと、その線に沿ってノコギリで切られる
薄切りスライスハム状態

書くこと自体耐えられないので、どっと飛ばして一番キツい
阿鼻地獄

それ以外の地獄の全てを含む、オールバージョン
そもそも、地獄に着くまでが長い。
阿鼻地獄行きが決まると、穴にほおり込まれるんだけど
地獄につくまで落ち続け、2000年もかかる

84,000のくちばしを持つ虫が5億匹も飛んでいる
というから、もう何がなんだか分からん状態

ああ、書いていて気持ち悪くなって来た

でも大丈夫。
このあとの法然が、
どんなに悪いことした人でも
地獄に行かなくて済む方法を発見してくれました。

南無阿弥陀仏と言いさえすればOK

空也の口から出ていたあれですね。

空也の南無阿弥陀仏、
源信の往生要集は、
次の鎌倉時代の、法然の大きなヒントとなります。

極楽浄土への方法、念仏の革命的変化に繋がり
浄土宗へと発展していくのです。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら

[名僧] おみくじは、良源が発案

名僧シリーズです。

くうちゃんの状況は、かなり良い方向に向かっているようです。
明日病院に行ったあと再度報告します。
一旦別の話題ね

良源(りょうげん)
天台宗 18代座主 912~985

最澄が作った天台宗
押しも押されもせぬ最大宗派には違いないんですが
だんだん衰退していきます。
さらに、火災によって、比叡山の諸堂が焼失してしまいます。
そんな危機を救った中興の祖が良源です

摂政を務めた藤原忠平の支持を得、忠平の息子の師輔も師壇関係を結びます。
良源は摂関家(摂政・関白に任じられる家柄)守護である観音の化身であるとうわさされ、
あがめられるように。
圧倒的な政治力と資金により、延暦寺はほかの教団を圧し、
世俗的にも強大な存在となった

981年(天元4年)には円融天皇の病気平癒を祈り、
その甲斐あってか病気が治った
こうなると恐いもんなし

元三大師
良源が贈られた諡号(おくりな)は慈恵(じえ)、
とても優れた僧にだけ贈られる大師号は慈恵大師
空海は弘法大師、最澄は伝教大師でしたね
国民栄誉賞みたいなもんです。
行基以来の大僧正にも任じられます。

先日行った上野の開山堂 両大師は、
慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)と、
天海が尊崇していた慈恵大師を祀ってあります。

なんだかお偉いさんに取り入って、大儲けした嫌なやつと思いきや
慈恵大師は庶民に人気。
普通のお偉いさんの僧とは違った展開を見せていきます。

慈恵大師という名前ではあきたらず
僕らの大師様との意味をこめ
命日が正月三日なので、元三大師というニックネーム
元三大師様と言った方が通りが良い。
マチャアキみたいなもんでしょうか

人気者には、尾ひれがつきます。
元三大師は夜叉(やしゃ)となり疫病神と戦った
見事勝利

どうだ、参ったか

良源にあやかれば、疫病神なんて恐くない。
良源大僧正のお姿を護符にした
「角大師(つのだいし)」「豆大師(まめだいし)」「厄除け大師(やくよけだいし)」
基本は元三大師なんだけど、色んなものに変身
これは夜叉に変身して「角大師」と呼ばれているときの姿
気持ち悪いような、可愛いような

そしてこれがお札になった角大師

左の元三大師の眉毛がすごい

そういうとこういうのが古い家に貼ってあったような

厄除けという事の広がりは、良源からだったんですね

そしてなんと言っても
おみくじ

おみくじの発案は良源です。
良源がいなかったら神社仏閣のおみくじはなかった訳で
そりゃ盛り上がりにかけますね

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


横浜緋桜

花カレンダー始めました

[名僧] 空也。口から変なものが!

名僧シリーズ

空也(くうや)
903~972年

平安時代って、最澄と空海の印象があまりに強いので
鎌倉時代までは何かあったっけ的感覚があるけれど
どっこい、鎌倉仏教全盛期の種は、平安時代に始まっています。

空也
なんか聞いたことあるなあ、何宗だっけ、と思いますが
この人が宗派を開いてはいませんし
どこかの宗派に所属している訳でもない。

一応天台宗ということにはなりますが
超宗派という要素の方が強いでしょう。

念仏というものの印象を大きく変えた人なので
後の鎌倉仏教の浄土系宗派(浄土宗、浄土真宗、時宗等)のベースを作ったと言えるでしょう。

庶民にとって、それまでは、念仏(南無阿弥陀仏)って縁起が悪いというイメージがあり
嫌われていたんだけど
空也以降は、積極的に念仏が唱えられるようになります。

飛鳥時代から、平安時代、鎌倉時代という大きな流れの中で
大きなイメージでいうと、飛鳥時代は国家のための仏教
平安時代は貴族のための仏教
鎌倉時代で初めて、庶民のための仏教になったと言える

もちろん、最澄も空海もそれで良いと思っていたわけではないけれど
現実的には、そこまでしか広がらなかったという意味

やるからには出来るだけ広めたいのは人情でもあるので
色んな人が庶民にも広まるよう様々な工夫を重ねます。

空也は念仏に着目しました。
長いお経を唱えるより
「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」(阿弥陀仏を信じます、の意味)

たった6文字
お手軽です。

彫像
空也と言えば、この彫像ですね

子供の時、教科書で見てとても奇妙に感じた

口から何か出ているぞ
気持ち悪っ
げっぷかなあ
病気なのかなあ

なななんと、阿弥陀仏だったんですね
ちっちゃな阿弥陀仏が6つ
病気より怖い気もしますが
6つというのは、南・無・阿・弥・陀・仏
の6文字を表しています。

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)にある「木造空也上人立像」
他にも荘厳寺、月輪寺、浄土寺にあって、全部、国の重要文化財

一様に首から鉦(かね)を下げ、
鉦を叩くための撞木(しゅもく)と鹿の角のついた杖をもち、
草鞋履きで歩く姿を表す。
6体の阿弥陀仏もね

阿弥陀聖(あみだひじり)と呼ばれたり
市聖(いちのひじり)と呼ばれたり

彫像を見る限り、貧乏な格好をしているので
金には目もくれず、庶民のためだけに一生を捧げたイメージですね

でも、別の側面も持っています。
仏教を広めるためには、お寺も必要だし、仏像もいっぱい作りたい。
貴族に働きかけて、お金をいっぱい出してもらっています。

天暦4(950)年には大般若経600巻の書写を発願。
応和3(963)年には金ぴかで水晶が合計1200個という超デラックスなお経も作り
600人の僧を呼んで盛大な法会を行っています。

これらのお経と十一面観音像を納めたのが
今の六波羅蜜寺です。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


ローズマリー

花カレンダー始めました