[仏像の見分け方]愛染明王

仏像の見分け方シリーズ
如来、菩薩、明王と来ましたが、今日で明王はおしまい。
次回からは、最後のグループ、天に入っていきます。

明王の最後は、愛染明王

固定観念をぶち破る魅力的な明王です。

愛染明王
あの愛染かつらの愛染です。
♪花も嵐も~踏み越えて~

愛染はサンスクリット語で「ラーガ・ラージャ」
赤、愛情、情欲、を意味します。

何がすごいって、
煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)という考え方をとること

仏教って、修行をして、悟りを拓こうとすると
全ての欲を捨て去るというイメージがありますよね

もちろん愛欲もしかり

歴史的にも、
夢破れて出家し、一生独身で暮らす、って話はよくあります。

でも、結婚したっていいんじゃないってお坊さんがいたりもします。

ところが、まあいいんじゃないとか、そういうレベルではなく
全く逆に、積極的に、愛欲こそが悟りとイコールなんだという
極めて斬新な考えが、煩悩即菩提

そして、その象徴が愛染明王。

とても良いと思います。
よくぞ言った。
愛染明王に一票!

思えば、愛情ほど崇高なものが他に有りますかって

それをわざわざ押さえるなんて訳分かりません。
それじゃロボットと人間の違いが分からなくなります。

而二不二
もうちょっと仏教的な言葉で補足すると
而二不二(ににふに)と言います。

二つのようで二つでない。
色即是空、ってそうですね。
色と空って、別物、だから二つ?
いえ色は即空だから、一つ。

同じく、煩悩は即菩醍。表と裏だから一つ。
風呂敷だって裏があって表があって一つ。

元々、私の考えはこれそのもの

欲を悪者にするのは、「〇〇過ぎて押さえられなくなる」ケースがあるからで
コントロールできさえすれば振り幅は大きい方が良い。
喜怒哀楽や欲は、コントロールできればあった方が良い

恋せよ乙女。

見分け方
恋してる訳だから
ニコニコ笑っているかと思いきや
そこは明王。

怒ってるんですね。

ある意味、すごいですね
どうやったら、怒りながら愛せるんだろう。

顔は真っ赤です。
私が小学校の時、女の子の前でついつい真っ赤になっちゃったのと一緒ですね
ここは怒っているからではなく、恥ずかしがりやさんだからですね。

頭には獅子が乗っています。

ご利益
当然ご利益としては恋愛成就です。

ということは、あの東京大神宮のように
愛染明王の要るところ、若くて綺麗な女の子だらけですね
良いじゃないですか。
とても良い。
顔が真っ赤なのも分かります。

恋する娘を持つ父としては
愛染明王様、何とか見守ってやって下さい。

[仏像の見分け方]孔雀明王

仏像の見分け方シリーズ

今日は、明王の中でも異色な、孔雀明王(くじゃくみょうおう)です。

孔雀明王
明王ですよ
明王って、全て怒っていて
強さの象徴で

のはずが
急に、孔雀?

綺麗やん

孔雀って、あんなかっこして
実は、毒虫が得意なんですって。

あら、美味しそうな毒虫さんだこと
このピリッときて、クラッとくるのが良いのよねぇ

人々の煩悩をムシャムシャ食べちゃいます。

毒蛇、コブラだって食べちゃいます。
インドでは一番怖い動物はコブラ。
対策は、笛を吹いて飼い慣らすか(レッドスネークカモン)
孔雀にお願いする以外に方法がない。

インドでは、孔雀が国鳥らしいです

あと、雨を降らすのも得意。
雨乞い担当です。

見分け方
こんな簡単なのはなかなかないでしょうね

何の基礎知識がなくても
仏像の写真いっぱい並べて
さあ、どれが孔雀明王でしょう

絶対当たりますね

これです。

孔雀に乗ってます。

顔は、明王の中で唯一、怒っていません。

顔はひとつ、手は4本。
武器も持っていません。
4つの手で持っているのは、蓮華、果物2つ、孔雀の羽根

平和ですね。

今では仏像の色も落ちちゃってますが
作られてすぐは、極彩色で金ぴかでえらい綺麗かったそうです。
その当時、見てみたかったですね。

[仏像の見分け方]大威徳明王

仏像の見分け方シリーズ。
不動明王の取り巻き(五大明王)の3人目、大威徳明王(だいいとくみょうおう)です。

span style=”font-size: 18pt;”>大威徳明王
大威徳明王は西を守ります。

サンスクリットの「ヤマーンタカ」の訳になります。
「ヤマ」即ち閻魔を倒すもの、という意味です
降閻魔尊ともよばれます。

意外です。
閻魔様をやっつけちゃって良いんでしょうか。
地獄へ行くかどうかは「自主判断に任せる!」ってことになります。

五大明王ってやることが大胆ですね。
降三世明王はヒンズー教の最高神シヴァをやっつける。
ヤマ(閻魔)もヒンドゥー教の神様

強いものへの憧れ、っていう事の象徴なんでしょうね
強いものを倒してもっと強くなる。

意外にこういった感じは現代でも人気が復活しています。
ゲームのキャラクターとしてもってこい。
一番強い筈の神をやっつけられるワイルドカードですね。

必然的にご利益は、戦勝祈願
そのためか不動明王以外の五大明王のなかでは珍しく単独で作られることもあります。
大分·真木大堂(まきおうどう)には、単独像が安置されています。

見分け方

手が6本、顔が6個です。
3つの顔の上に乗っかっている、ちっちゃな3つの顔
こんなちっちゃいのに怒っているのよね。
可愛いっ

足6本
面白いのが、足が6本
手が多いのは仏像の得意技ですが
足が6本というのは初めてです。

手足を合わせれば、イカさんにだって勝てますね。
(何の戦いや)

二人三脚をするときは、えらい騒ぎになります。

タップダンスをすると、すご技連発です。

大威徳明王チームでシンクロスイミングやると
高得点間違いなし。
秘技、イソギンチャク!

水牛
そして、水牛に乗っています。

これだけいっぱい特徴があれば
見分け方はバッチリですね。

ちょっとちょっと、
それだけ足があるんだから、
自分で歩いてよ(水牛談)

[仏像の見分け方]軍荼利明王

不動明王の取り巻きたち
一番バッター、の話はしましたね

今日はその続き

軍荼利明王
軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)は南に位置します。
軍荼利はサンスクリットの「クンダリニー」から来てます。
クンダリニーは「巻きつくもの」を意味しますので
蛇が体に巻きついています。

ほら見て 蛇よ
にょろにょろ巻き付いて
気持ち良いわぁ

なるか!そんなもん
ああ、おぞましい。

本来、煩悩の象徴である蛇を装飾品に変えちゃった。
役にたたないものでも、考えようで、役にたちますよと。
うーん、そう来たか。

甘露
「グンダリニー」はもうひとつ意味があって「甘露をいれる壺」

甘露(かんろ)信仰と結び付きます。

甘露って甘い水で空から降ってくる。

ベタベタしそう。

不老不死の妙薬です。

どこかに行ったらあるという類いのものではなく
空から降ってくるというのがすごいと思いませんか。

軒並みみんな不老不死になっちゃいます。
虫だって鳥だって蛙だって。
植物もおそらく。

生態系もへったくれもありませんね。
ガンガン増えていきますね。

可愛いなあ、と思った人は
自分のひいおばあちゃんだった
みたいなことにもなっちゃいます。

ある意味平和ですね。
殺人犯そうが、戦争起こそうが、どうやっても殺せない。

肉は永遠に食べれませんね。
おおっ、まだ動いとる。

見分け方
もちろん蛇ですね

手は8本。
その内、2本は胸の前で交差させる大瞋印(だいしんいん)を結びます。
あなたと私はお友達、というときの腕の格好ですね。
あるいは、夢見る乙女。

目は3つです。

単独で祀られることは数少なく、京都東寺や大覚寺像のように
五大明王の一員です。