鎌倉時代の名僧。ただ微笑む蘭渓道隆。

鎌倉時代の名僧、今回は、中国から日本にやって来た僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)

蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)
1213~1278 臨済宗大覚派

中国で産まれた中国の僧です。
13歳で臨済宗で出家
次々に修得を重ね、
ついには無明慧性(むみょうえしょう)の禅法を継ぐというところまで上り詰めます。

一方、日本からは、日本の僧が留学し、蘭渓道隆のもとへやって来ました。
交流を深めていく中で、日本の国柄を好きになり
さらに、日本では禅宗(含む、臨済宗)は始まったばかりと聞きます。

ああ、日本に行きたいってみたい。

博多に降り立ち、京都、鎌倉へと移動

当時、禅宗で最も有名なのは曹洞宗の道元
時の権力者、北条時頼(ときより)
時頼は禅宗に深く帰依していたので
道元に鎌倉に来て、色んな事をしてくれと頼む

道元は、一応鎌倉には行くのだけれど
はいはいと心ない返事をしただけで
すぐに永平寺に帰っちゃいます。
体制におもねるのが嫌だったんでしょう。

蘭渓道隆は道元に、鎌倉でお会いしたいと手紙を送っていたんですが
会っていません。

道元につれなくされた時頼。
中国から禅宗の偉い僧が来ていると耳にし
すぐに会いに行きます。

時頼は、すぐに蘭渓の人柄に惚れ込んでしまいます。

蘭渓は、ただニコニコと微笑んでいるタイプ
特に権力者だからといって遠ざける必要もない。

請われれば応える。
ただそれだけの事。

鎌倉で最も大きい、建長寺(けんちょうじ)が建てられ、蘭渓を招きます。
元々は道元の為にと建てられたものだったらしいんですけど。

その後、京都に移って、建仁寺(けんにんじ)
後嵯峨(ごさが)上皇から帰依をうけ

また鎌倉に戻ると
時頼亡きあと執権となった北条時宗(ときむね)が再興した禅興寺ぜんこうじの開山となり、
後にまた建長寺に戻ります。

嫌がおうにも名声は高まり、高僧がその元を訪れます。

当時、日蓮が竜ノ口で斬首されようとした時、幕府に働きかけて日蓮を救ったのは蘭渓

日蓮は、禅宗が大嫌いなので「禅天魔」と罵りますが
ただニコニコ

ただ、そこまでになってしまうと、やっかみを受けることになります。

時、ちょうど、元から日本に、従わなければ攻め入るぞ、脅されているとき。
蘭渓は、中国人ですから
中国のスパイだとかいう、根も葉もない中傷を受けます。

山梨へ流されることに

弟子たちは憤懣やるかたなし
無実の罪を晴らして、仕返ししてやりましょう。

蘭渓は微笑むばかり。
山梨というこの新しい場所の民衆に禅宗を広める
その事だけで頭がいっぱいなんです。

その後、赦免され、鎌倉に戻りますが
再度、甲府に流されます。

鎌倉や京都で禅宗を広めることは出来たけれども
結局は、高貴な身分の人ばかり。
こっちこそが私の本当の人生です。

その後、東北も回り、一般庶民に普及活動。

無実の罪は晴れて、大覚禅師(だいがくぜんし)、という禅師号が始めて贈られます。

[名僧] 叡尊。厳しく戒律を守りつつ貧民救済

鎌倉時代の名僧です。

叡尊(えいぞん)
1201~1290 真言律宗

何とも愛嬌のあるお顔ですね

叡尊(えいぞん)は幼くして母を亡くしたため、出家
奈良興福寺の学僧の慶玄(けいげん)の子です。
ただ、母親が早く亡くなり、兄弟が多かったため、口減らしでしょうか
他家に出されます。

11歳のとき、醍醐寺(だいごじ)の叡賢(えいけん)に引き取られて、仏の道に。
仏教を色々学んでいくうちに一番心引かれたのが弘法大師空海

高野山で修行を重ね、奥義を極めます。

そんな中で、叡尊が最も重要視したことは戒律を守ること
元々弘法大師は厳しく戒律を守っていたし、その弟子もそうだったのに
長いときが経つにつれて、有名無実化していました。

当時の真言宗は、廃れていて、見る影もありません。

この状況になったのは、戒律を守っていないからだ。
戒律を守るところから始めよう。

東大寺で受戒を受けました。
受戒とは、10人ほどのお偉いお坊さんの前で、戒律を守ります、と誓い
一人前の僧として認めてもらうんです。

ただ、その10人を見て
こりゃダメだ。

その場では受戒を受けましたが
自分なりの受戒の制度を勝手に作り、自分がその1号に
「自誓授戒」と言って、
人間の前で誓う訳でなく、仏の前で誓う。
「おてんとう様が見てますよ」の感覚ですね。

当時、どれくらいの時代かというとこんな感じ

親鸞より50年ほどあとの位なので
巷では、一般市民の中で念仏信仰が熱病のように広まっている。

どちらかというと、南無阿弥陀仏さえ唱えれば、あとは何かを厳しく守る必要がないというもの

あまりにも広がっていくのは幕府としては怖くて仕方がない。
法然や親鸞に対する弾圧を繰り返す訳ですが
そんな中で注目したのが、叡尊の存在。

自分達の決めたことを庶民達に守ってほしい幕府としては
守るという方向に舵を切った、叡尊は有難い存在。

西大寺は、東の東大寺、西の西大寺と言われ
一時は興福寺とも並び称せられるほどの大伽藍(だいがらん)だったのですが
今は、荒廃しきっていました。
その再興を、叡尊に任せます。

ここまで見てくると、
自分に厳しい人だったのね
体制に気に入られたのね
まあ、良かったじゃない。
というくらいの印象

叡尊は、ここからが違っていた。

文殊菩薩
叡尊は、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)が大好き。

文殊というのは、姿を変えてその信仰者の前に現れます。
「貧窮」、「孤独」、「苦悩」
そういう人を見たならば文殊の化身なんだから供養しなきゃ、となる

ことごとく救済の手を差し伸べました。
助けてやるぜ、みたいな高飛車な感じじゃなく
文殊菩薩様の供養なんです。

布施屋(ふせや)という、療養所のようなものを多く建てて、
怪我人や病人に薬を与えたり、風呂に入れたりしました。

罪人や、非人や、ハンセン病患者や、極貧の人達

それは、単純な福祉ではなく、布教活動の一環です。
となると、叡尊の信条、戒律というものが強く出てきます。

一番主張したのは
生き物を殺さないこと

叡尊の信者が社会的に弱者を中心的に増えていきました。

平安時代までは、ほぼ貴族のみに広がっていた仏教

鎌倉時代になって、法然や親鸞の出現で
庶民に急激に広まった。
そう思っていました。

もちろん、それは間違いじゃないんだけど
「法然や親鸞」だけではなかったんですね
叡尊というもうひとつの広がり方があった

法然や親鸞は、方法を念仏だけというとても簡単なものにして
誰でもできますよ
念仏さえ唱えれば、死後、極楽浄土(ごくらくじょうど)に行けますよ
と言うことで心の救済を行った。

叡尊は全く違う。
あくまでも現世利益
死後、どうなるかなんて、それどころじゃない人がいっぱいいる
今日明日の事を解決することの方が大切なんじゃないか

でも、ものを与えるだけでは
受けとる事を待っているだけの人間になってしまう。
念仏だけじゃなく、仏教としてもっと必要なこと、を広めなきゃ

私が生まれ変わることができるなら、
極楽浄土というところに生まれたくはありません。
五濁悪世(ごじょくあくせ)に生まれたい。
五濁悪世には今苦しんでいる人がいっぱいいる。

いわゆる福祉活動には資金がいっぱいいる
叡尊にそんなものがあるわけはないので
地域の有力者に積極的に会い
自分の考え方を語って、協力者になってもらう。

幕府等の体制側に気に入られたと言うことも
その延長なのであって
自分の地位や私腹なんてものには全く興味がない。
体制に迎合しないってことは、格好いい事だけど
自分の優先順位と照して、現実的に物事を考える。

元寇(げんこう)
中国の元が日本を攻めますからねと予告
日本は上へ下への大騒ぎ
冷静に考えて、国の規模は段違いなので
コテンパンにやられるでしょう。

幕府は、こんな時こそ頼み時
いつも目をかけている訳だし。

祈祷で追い払っておくれ

よろしおす

いつもの弟子たち総出で石清水八幡宮に繰り出すこと300人
一斉に声を揃えての祈祷は大迫力

八幡神にも仏様にも通じたのでしょう。

奇蹟でしょうか、ちょうど大風がおこり、元軍はほうほうのていで逃げ出します。

やったぁ
叡尊はまさしく救世主だ

一躍時の人になり、超人気者に

でも、今まで通りで、名声におごる事は有りませんでした。
弟子の忍性に引き継がれて行きます。

ちょっとは、資金集めが楽になったかな

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

[神社] 八幡神社が一番多い理由、その4

[神社]八幡神社はこうして出来た。
[神社] 八幡神社が一番多い理由、その1
[神社] 八幡神社が一番多い理由、その2
[神社] 八幡神社が一番多い理由、その3
の続きで、八幡神社シリーズとしては最終回

稲荷とか、他の神社も考えておりますが。

時代の変化
結局、八幡神社って、最も積極的で、
仏教を始めとした色んな要素を含んでいたので大きく発展。

一旦力を持ってしまえば、その力は大きな意味を持つ
どちらかというと天皇家の方から積極的に近づいて
八幡神社を離すまいぞと

でももし、この状況に満足し切ってしまえば
今の八幡は無かったかも知れない。

時代は変わる

平安時代から鎌倉時代へ
貴族の世の中から、武士の世の中へ

天皇は、相対的に役割を低くしていくから
それに伴って、となったかも知れない。

ここで、元々の八幡神の要素が役に立った。

八幡の「幡」は旗、軍旗のこと
お上品な神様ではなく
イケイケドンドンの神様

源氏
永承元(1046)年、源頼信が
わが氏族の氏神様は八幡神だと宣言
戦いの勝利を祈願する神様だと位置付けた。

うまくチェンジ出来ましたね

そしてその子供、頼義が石清水八幡宮に参拝した夜
社殿で三寸の霊剣を賜わった夢をみた
起きるとなんと、枕元に小剣がおいてあるではありませんか
感激!

ほどなくして奥さんが懐妊
産まれた子が7歳の時、石清水八幡宮の前で元服させ
八幡太郎義家と命名

すごいですね
名前が八幡になっちゃいました。

頼義は前九年の役で東北に赴く際
石清水八幡宮に参拝して出かけ、おかげをもって平定

ありがとうございました、ということで
拠点鎌倉は由比郷に石清水八幡宮から、八幡宮を勧請(=お裾分け)

その後、八幡太郎義家が修理

時を経て、源頼朝
八幡太郎義家のひ孫です。

本格的に鎌倉に幕府樹立
良い国作ろう鎌倉幕府

良い神社も作ろう八幡神社
由比郷に作った八幡宮をお引っ越し

火事で全焼したりと色々あって
結局、後山(大臣山)中腹にどどどーんと
鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)完成!

大事件
そして、鶴岡八幡宮と言えばこの大事件

3代将軍、源実朝の時代
鶴岡八幡宮の一番偉いさんは、別当と呼ばれるお坊さん
さすがは神仏習合、神社なのにね
その時の別当は、公暁(くぎょう)
2代将軍頼家の二男です。
3代将軍、源実朝は頼家の弟なので、公暁からみると、実朝は叔父さん。

将軍の二男を鶴岡八幡宮の総責任者に当てるぐらいだから
どれだけ、重要視していたかと言うことですね

ところが、この公暁、
ちょっとおかしい

自分のお父さん、頼家は、実朝に殺されたと勘違いし、思い込んでいる

建保7(1219)年1月27日、
雪が降っておりました。
実朝が右大臣になれたため、鶴岡八幡宮に参詣する。

参拝を終えて石段を下り、公卿が立ち並ぶ前に差し掛かった

突然、公暁が襲いかかる
「親の敵はかく討つぞ」と叫んで頭を斬りつけ、首をはねる

は?
何なの?
という間もございません。

即死

逃げる公暁はあっという間に捕まり、すぐに近くで殺される

何とも訳の分からない事件ですが
この影響は無茶苦茶大きかった。

この時点で、実朝には子供がおらず
源の血を引いた公卿だってすぐ殺されたと言うことは
急に源氏の血が途絶えちゃった。

せっかく良い国作ったのに、たった3代
それ以降は、北条氏が実権を握るという、大事件中の大事件。

それが、八幡宮が絡んでいる訳ですから
何かと歴史の中心に顔を出す、八幡宮ということになります。

その後
源氏の氏神になったことは、
源氏のみならず、その後ずっと、武士の神様と言うことになります。

宇佐八幡宮、石清水八幡宮、鶴岡八幡宮と3つ揃ったことは、
とても大きく、どこの八幡様を選ぶかよりどりみどり

このあと、八幡神社が一番多い理由として
3つの鎮守(ちんじゅ)広がり方を見せます。
鎮守というのは、特別に重要なものを守る神様

ひとつは、寺院の鎮守と言われるもの
宗派に限らず、八幡様を鎮守として、近くに作るのが大流行
お寺の数だけとは言い過ぎですが、かなりの数、ぼこぼこ出来ます。

ふたつは、国府の鎮守
国府は諸国に置かれた国司の役所(国衙)の所在地
ここを守る
当然、全国に及びます。

みっつは、荘園の鎮守
荘園、教科書で出てきましたね
有力者の私有地です
これも当然あちこちにありますから、
ものすごい数に及びます。

もちろん、他の神社でも良いわけですが
鎮守と言えば八幡様、みたいに流行りになっちゃいました。

これだけ重要な歴史の中心に常にいて
流行にまでなっちゃったら
そりゃ、全国で一番多いはずですね

索引はこちら
[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)

鎌倉時代の名僧あれこれ。重源と貞慶

鎌倉時代で宗派を興した開祖達を一通り紹介しました。

法然(浄土宗)親鸞(浄土真宗)一遍(時宗)栄西(臨済宗)道元(曹洞宗)日蓮(日蓮宗)

今回以降、鎌倉時代でそれ以外の名僧を何人かずつ、紹介いたしましょう。

重源(ちょうげん)
1121~1206年

源平合戦で、平家により奈良の大仏殿が焼かれちゃった。
何とか再建したい朝廷だが、聖武天皇の時とはだいぶ違い、全く金が無い

そこで、重源に
東大寺勧進職(とうだいじかんじんしょく)を命ず。
あとはよろしく。

今であれば、東大寺復興担当大臣。

その時、重源は既に、61歳。

えええっ。
あとはよろしくと言われましても。

仕方ありません。
方々のお金持ちに頭を下げまくって、寄付を募る。

それでも遥かに足らず
一輪車を作って、全国を寄付を募る旅に出る。

再建が始まっても
お坊さんたちは、自分達が住む僧房を先に再建してくれだのと言いたい放題
まあまあ、と調整役に奔走。

建築様式も、当時の中国で最新だった方法をアレンジし
大仏様と呼ばれます。

とても長くやってますので、木材の運搬で新たな方法を開発したりと
建築全般の専門家とも言えるほど。

見事に東大寺が再建なったのが、83歳

生きている間に、東大寺の再建完成を見れて良かったね

貞慶(じょうけい)
1155~1213年 法相宗
当時の法相宗がかなりいまいちになっていたのを立て直す。

法然とかと同じように、諸国を回る、聖(ひじり)という生き方だった。

一番有名なのは、
興福寺の衆徒が法然らの提唱した専修念仏の禁止を求めて朝廷に奏上した
『興福寺奏状』の起草者だということ

折角法然が頑張っているのに、いわゆる抵抗勢力的な事をして、嫌な奴
とも思える。

でも、調べていくと、疑わしいとの文章があった。

興福寺奏状って、2つの訴状から成り立っている。
その1とその2、って感じ

ところが、その1とその2があまりに違いすぎるんじゃないの?と
法然を批判しているのは、その2にしか存在せず
その1は、むしろ法然を讃えている。

その1は法然の事を敬称である「上人」と呼んでいるんだけど
その2は法然の本名である「源空」と呼び捨て

とても怪しいです

考え方は違うかも知れないけど、貞慶だって、足で諸国を回る苦労人
同じスタイルの法然をボロのチョンに言うだろうか

歴史における真相って、とても難しいですね

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)