[名僧] 隆光。なぜそんなにイメージが悪いのか

名僧シリーズですが、名僧と言って良いかは微妙

隆光
1649~1724年 新義真言宗

イメージ悪いですね。よくこんなふうに言われている
綱吉やそのお母さん桂昌院に取り入って、生類憐れみの令を提案
お世継ぎができないのを解決するためには生き物を大切にしなけりゃいけない
特に綱吉は戌年生まれだから、犬を大切にしましょうと

この根拠になっているのは、江戸時代中期の事情、俗説をまとめた「三王外記」に書いてあったから
ただ、時期的に合わないんです。

隆光の生い立ちは、慶安2(1649)年、大和国に生まれた。
大和唐招提寺で出家
もろもろあって、筑波山知足院の住職になった。
江戸に知足院の別院があり、そこに入った
徳川家の祈祷寺だったので将軍に会う機会ができ
信仰に厚く、勉強熱心な綱吉に気に入られた。

知足院の別院に入ったのは貞享3(1686)年で、それ以前に将軍との接点はない
一方の生類憐れみの令の始まりは貞享元(1684)年だから
隆光が提案したというのは違うんです。

じゃあなぜ隆光が悪者にされちゃったかというと
あまりに急激に出世したから
妬みでしょう

綱吉は四男だったので、舘林藩に養子に出される。
お兄さんの家綱にお世継ぎが出来なかったため、急遽将軍になるわけだけど
言わばよそ者
老中たちに牛耳られないよう、側用人という自分が舘林藩からつれてきたものに権限を与える
柳沢吉保です。
使える者を大抜擢しながら、強力に政治を押し進めていく

隆光のその中の一人という事です。
綱吉は儒学の講義をできるほど博識なので
それに付いていけるほどの見識が必要
隆光はお眼鏡にかなったということです。

そもそも、生類憐れみの令を「天下の悪法」だという方が違っていると思います
詳しいことはこちら

隆光は、数々の寺院を再興していきます。
その功績は大きいのですが
過ぎたるは、というのでしょうか
幕府の財政悪化を招いてしまいます。

隆光がイメージ悪いのはどちらかというとこっちの方かなとも思いますが

僧なんだから、仏教寺院の再興に頑張るというのは
良いことに決まっています。

そのために財政悪化と言われ、隆光のせいにされてもねえ

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

[名僧]隠元。黄檗宗の開祖

名僧シリーズ
前回、売茶翁の話をして黄檗宗(おうばくしゅう)だと言いました。
そもそも黄檗宗についてはまだお話していませんでした。
順番が逆になっちゃいましたね

隠元(いんげん)
1592~1673年 黄檗宗

仏教は、十三宗と言われています。
奈良時代から続いている宗派に華厳宗・法相宗・律宗。
平安時代は、天台宗・真言宗、融通念仏宗。
鎌倉時代に一気に増えて、浄土宗・浄土真宗・日蓮宗、時宗・臨済宗・曹洞宗
そして江戸時代に、最後にやって来た黄檗宗です。

その黄檗宗を開いたのが隠元です。

隠元は中国の人、福建省の生まれです。
6歳の時、父に死に別れ、母を助けて一生懸命働きます。
29歳で出家。
禅を学び、黄檗山萬福寺の住持となります。

そのまま中国の萬福寺の住持としての一生を終えるはずでした。
ところが江戸幕府が再三に渡って

日本に来てもらえませんか。
宇治に黄檗山萬福寺を建てますから

そこまで言うならと、63歳であるにもかかわらず、20人の弟子を連れてやって来ます。

萬福寺って何宗だったかというと、臨済宗。
やっぱり幕府が好きなのは臨済宗なんだなあ
ただ、臨済宗は日本に入ってきたのが鎌倉時代ですから、本家の中国でも大きく変化を遂げています。

その変化した臨済宗に学んだ隠元が日本に来て
自分の考えもプラスしますので
臨済宗を名乗らずに、黄檗宗という新たな宗派を立ち上げた訳です。

最後にやって来た黄檗宗。
かっこいいです

隠元さん
何だかお豆さんみたいだなあと思っていたら
なんとほんとにインゲン豆は隠元さんが中国から持ってきたものらしい。
他にも、レンコンや孟宗竹なんかも

黄檗宗
元は臨済宗なので、何に一番近いかというと臨済宗
禅宗のひとつです。
明治7年に、禅宗は臨済宗と曹洞宗しか認めないと言われ
一旦臨済宗と合併したんだけど
やっぱりずいぶん違うし、ってすぐ2年後には独立を認められた。

何が違うかというと
最後に中国からやって来たために、かなり中国的
般若心経を唱えるのは他の宗派と同じなんだけど
他の宗派は
はんにゃあはーらーみーたー
黄檗宗は、ポゼポロミトシンキン
中国読みです。
ドラとか太鼓を鳴らしながらメロディのある歌のようにお経を詠むボンバイ(梵唄)というのもあります

一番面白いのが、禅と念仏の融合
南無阿弥陀仏と頭の中で唱え、仏の事を描きつつ座禅を組む
禅問答の答えを導きだそうと座禅を組む臨済宗や
ひたすら無心になる曹洞宗とは、
確かに座禅の組み方が違いますね

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

[名僧]教如、東本願寺と西本願寺の対立

名僧シリーズ
浄土真宗本願寺派です。
蓮如の話はしました
顕如の話もね

今回は、その続きです

長い長い織田信長との大戦争
最終決戦の、石山合戦

粘る粘る顕如
ほぼ負けが見えても11年もの間

さすがに力尽きました

降参します

ところが内部から異論が出ました。

せっかくここまで頑張ったんだから徹底抗戦だ

教如
1558~1614 浄土真宗本願寺派

顕如の息子、教如です

何だとぉ
父親の言うことが聞けんのか

親子全面対決

なるほど、タイトルの東本願寺と西本願寺の対立、ってこれなのね
いえいえ、まだ先があります。

この親子喧嘩、ちょっと怪しい

色んな説があるので真実は分からないんですが
ひとつの説では、以下の通り

おい教如。
ひと芝居打ってみないか

どういう事?お父さん

親子喧嘩をしたことにするのさ

俺は、降参してここを出る
ただ、あの信長って男はどうにも信用ならん

伊勢の時も、降参って言って出たら皆殺しにあった

お前は喧嘩して残る振りして、
信長がちゃんと約束を守るか見極めてくれ

分かったよ、父さん

徹底抗戦と言っておきながら
思ったよりはあっさり本願寺を出た。

信長が死んだら、
天皇のとりなしで、あっさり親子が仲直り

何だか怪しい

信長の死後、秀吉
一転、本願寺が厚遇される

顕如は死んじゃうので、教如が継ぐ

秀吉も
良いですよ。教如さん頑張ってね

待ったぁ

えっ
異を唱える者が

顕如の奥さん、如春尼です

教如は長男なんですが
三男に、准如というのがいます。

顕如は准如に継がせると言ってましたよ
ほらここに譲状

怪しいのが出てきました。

長男より三男を溺愛していたお母さん

思っても見ませんでしたが
今度はお母さんとの大喧嘩

仲を取り持った秀吉

じゃあ、一旦教如で、10年後に准如に譲りなさい

納得いかないお母さん

秀吉さん、もう一回考え直してちょうだい

秀吉もめんどくさくなってきた

うるさいわ
そんなにもめるんだったら、
今、譲りなさい

うるさい女性には敵いません
分かるよ、秀吉さん

せっかくこれからやりたいようにと思っていた教如
残念無念
若くして隠居させられてしまいました。

復活作戦
教如を慕うものも多数いて
それなりに影響力を持ち続けます。

そして、復活大作戦
ダメでもともと
一発勝負の賭けに出ます。

関が原の戦いの前に
石田三成の制止を振り切って、徳川家康側につきます。

実は准如も家康につこうとするのですが
石田三成に制止されます。

結果はご存じの通り

家康が
天晴れ教如
京都烏丸三条に、東本願寺という寺を建ててよし

もとの本願寺は、西本願寺という名前になります。

おそらく家康の思惑としては
天海の時にも話したように
巨大すぎる宗派はコントロール出来ないので恐い
分裂させた方が良い

教如は、本願寺の住持に正式にはなっていないのですが
教如の死後、東本願寺が大きく発展し
正式に独立して
東本願寺(浄土真宗大谷派)と西本願寺(浄土真宗本願寺派)は並立することになります。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

[名僧]金地院崇伝。武家諸法度を作った副総理

名僧シリーズ
出ました、超大物
江戸時代のお坊さんと言えば、天海と並ぶビッグ2

天海は、家光にも慕われということがありますが
やったこと、でいうと政治的に大活躍した金地院崇伝(こんちいんすうでん)が断トツ

金地院崇伝
1569~1633年 臨済宗

南禅寺金地院に住んでいたので、金地院崇伝(こんちいんすうでん)と言われますが
以心崇伝がより正しい。
このあとは、崇伝と呼ぶことにしましょう

崇伝は足利一族で、その中でも超エリートの家柄
お父さんも将軍足利義輝のもとで働きますが、残念
崇伝が4歳のとき、室町幕府が滅び、足利義輝も亡くなってしまいます。

そういうときは出家です。
崇伝はよほど頭が良かったのでしょう
めきめき頭角を表し、どんどん出世

建長寺の住職になりました。
この前、建長寺行った時、その認識がなかったなあ
ああ悔しい
鎌倉の五山第一
建長寺に行ったときの様子はこちら

それだけでもすごいのに
そのもうひとつ上、臨済宗のトップ、京都の五山第一、南禅寺の住職になっちゃいました。

それまでで良さそうなもんですが
さらにそこから、崇伝の大活躍が始まります。

そんな、仏教界の一番のお偉いさんを呼びつけたのが徳川家康
さすがです
天下人しか、そんな恐れ多いことできません。

書き物を頼むわ

もちろん、一番のお偉いさんに書かせる書き物ですから
とても重要な書類

諸外国との交渉のための
教養のにじみ出るような文章で相手より精神的に優位に立とうという作戦

作っときましたけど

ありがとう
じゃあ、それもって、外国回り、交渉してきてもらって良い?

えっ私がですか?

よろしくね。助かるわぁ

朝鮮、中国はもちろんのこと
ベトナムやタイも巡ります
西洋諸国は、行きはしませんでしたが、要人と会って交渉

もともと切れ者でしたが、諸国へ行っての経験は
考え方に大きく深みを持たせ
もう国内に比べる者がなくなりました。

ただいま

おお、待ってたよ
聞いてるよ、そなたの働き。さすが思っていた通りだ
ところで、早速で悪いんだけど
また頼みたいことがあってね

もうこうなったら乗りかかった船
何なりと

国を作りたいんじゃ
長く長く続く、平和な国
みんな一人一人の笑顔がずっと続く国じゃ
相談相手になって欲しい

初めて有ったときから分かっていました
あなたはそういうお人じゃ
さあ、何から手を付けますかな

二人で激論を交わし
崇伝が文書にまとめあげて
形として仕組みにする

出来上がったのが
「武家諸法度(ぶけしょはっと)」「禁中並びに公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)」「寺院法度」
法度三部作

武家諸法度は将軍の代が変わる度に作り替えられますが
基本線は、崇伝の作ったものと変わっていません。

一国一城令のように、戦国時代に戻ってしまわないような事を仕組みにした

ところで、武家諸法度と言えば思い出すのが、ボールペンの試し書き
以前、大好きなTBSラジオ、安住紳一郎の日曜天国に出ていた「ボールペンの試し書きフェチ」
文房具屋さんのボールペンがいっぱい売っている売り場に必ず置いてあるのが白い紙
書き味を試すために、くりくりくりっとただ線を書くだけの人もいれば
自分の名前や住所の一部等、良く書くであろう文字を書く人も
「永」という字も定番
そんな試し書きに何が書いてあるのか見て回るのが三度の飯より好きという変人さん。
訳分かりませんが、何となく自分と似たような血が流れている気がして、愛着が沸きます。
ベストテンには入らないものの、意外に多い言葉が「武家諸法度」だと言うのです。
大笑いしました。
試し書きの紙に、武家諸法度と、どーんと書かれていればインパクト強いです

禁中並びに公家諸法度は、朝廷や公家さんを規定したもの
これはものすごく大きな意味を持ちます。

日本って面白い国だなあと思うんですが
太古の昔から、政権を色んな身分の人が取り変わってとっていった
なのに、将軍になったりはしても
天皇に自分がなっちゃおうという人はいなかった
敢えて言うと、道鏡くらいかな

家康も本気で自分が天皇になります、と言えばなれないことはなかったと思うが
そうはしなかった。
藤原氏も平家も源頼朝も足利尊氏も

将軍って、天皇に任命された征夷大将軍です
なのに
それは崩していないはずなのに
天皇や公家は、何をするにも将軍にお伺いを立てて、
許可をもらわないといけないと「決めた」
初めての文書です。

キリスト教禁教令
家康は最初キリスト教に寛容でした
それが、いくつかの事件で心変わりした

キリスト教を制限する方向で行きたいんだが

仏教の親玉にそんなこと相談してはいけません

書き上げるのは一日だけ
翌日崇伝は、キリスト教禁教令を作って持ってきました。

おかげでキリスト教の人たちは大変な事になるわけですが。

ライバル
家康にして崇伝あり
家康の頭脳であり
今で言えば、副総理というところでしょうか

ずっとそのままで行くと思われました。

でも、途中から、何だか気にさわる人物が。
天海です。

先程話した、天皇との関係を仕組みにするため
紫衣(しえ)というものも規定します。
紫衣とは、仏教各宗派の頂点となる本山の住職に与えられるもの
それを認めるのは天皇の専任事項でした。
認めてもらうため天皇へ、袖の下のようなものが渡され
重要な資金源になっていました。

恣意的な任命を禁止
基準を明確にしました。
天皇としては、基準なんて決めてもらったら営業妨害も甚だしい。

基準を無視して、天皇が勝手に紫衣を与えたのが紫衣事件
もらったのは沢庵和尚

詳しくは沢庵和尚の時に書きますね

ここは、見せしめの為にも島流し
ところが、天海がしゃしゃりでて
まあまあ、そんな目くじら立てなさんな

そして、天海との立場が決定的になったのが、権現と明神で権現の勝ち
詳しくは、天海を読んでね

どうしても、この時の負け、の印象が強いもので
天海一番、崇伝二番的にイメージしがちですが
崇伝のやったことは
江戸時代に260年の平和をもたらした、大きな大きな業績でしょう

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)