[名僧]聖武天皇と行基

名僧シリーズ

仏教を語るにおいて、この人を素通りするわけにはいきません

聖武天皇
しょうむてんのう 701~756

仏教視点でこの人を説明すると
ひとつには、「仏教を国の制度として」作り上げた人
ふたつめには、あの奈良の大仏を作った人
この二つ、一連の流れのようで微妙な関連性
この後、説明しますね

お父さんの文武天皇が亡くなったとき、まだ幼かったので
二人の女帝がつないでつないで、成長を待つ

派閥争いもあったけど、
あの藤原不比等(ふひと)の娘、光明皇后(こうみょうこうごう)を嫁にもらったため
全面バックアップを受ける

萬を持しての登板だったけど
とても難しい時期だった
天災、疫病、大飢饉

追い打ちをかけるように、
藤原広嗣の乱というクーデター

こんな筈じゃなかった。

戦争の最中に難を逃れるため、都の平城京を離れる
すぐに戻ってくると思いきや

プッツン来ちゃった。
職務放棄

流浪の生活で、いったいどこに行ったやら
一国の天皇陛下がどこにいるか分からんって、どんな時代でしょう。

不在の間、国政を切り盛りしたのは、光明皇后
この奥さん、良く言えばキレモン
もちろんバックに藤原不比等という後ろ楯があるからですけど

約5年後、ようやく帰ってきたんですが
平城京には戻りません。

この国難は全て、平城京に問題があります。
都を変えましょう

平城京から恭仁京に都を変えちゃった

みんな引っ越ししないといけないから大不評

分かったよ
平城京に戻すよ
と、言うかと思うと

そんなに恭仁京が嫌か
じゃあ、難波京にしよう

その後、さらに、紫香楽京に都を移します。

もう完全に、とっちらかっています。
最終的には、平城京に戻すんですがね

そんな中で
横から、光明皇后が囁き教育

あなた
災難が続くのは都が悪い訳じゃないわ
こういうときは、仏教の力を借りましょう

ほんまか

言われるがままに
全国をいくつかのエリアに分け
それぞれに、県庁みたいなのを置く
それらは、全てお寺で、五重の塔を作るべし

僧は国家公務員として組織し
試験制度も確立

仏教を通じた国作りを急速に進めていくことになります。

そんな中で、官僚機構としての僧に疑問を持つ人もいました。
草の根的な活動を繰り返します。

中心的だったのは、「行基」というお坊さん

あなた
あの、行基というのは危険人物ね
早めに芽を摘み取っておかないと、何をしでかすか分からないわよ

あくまでも、僧は、国家のためにあるべし
というスタンス

そうだね、
と弾圧したんだけど
この頃から
少しずつ操り人形になっていることに疑問を持ってきた。

仏教自体はすばらしいものだし
今やっていることで結果として
国中に仏教が広まっていっている

後世から、よくぞやってくれた聖武天皇、と言ってくれるだろう

でも
何かが引っ掛かる

こっそりと、行基に会いに言ってみた

そこで見たのは
政府批判を繰り広げて人々をあおっている訳でもなく
かといって、高邁な説話をしている姿でもなかった

予想をはるかに上回った人々をまとめあげ
やっていることは
橋を作ったり、道を直したり

頭の中で、スイッチが入った

私も何かせねば

帰って、奥さんに

大きな大きな仏像を作りたい

良いんじゃない
その事で僧たちの気持ちがひとつになるわ
グッドアイデアかも知れないわよ
さあ、全国の僧たちに召集をかけて

でも、出したお触れは

大きな仏像を作ります
見たこともない大きな仏様
そのためにボランティアを募集します。
みんなの力で、大仏を作りましょう
何でも結構です。持ち寄ってください。
そして、体を動かしてください。
そうすると、みんなの大仏になります。

行基が全面協力したのは言うまでもありません。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


アブチロン

花カレンダー始めました

[名僧]道昭は孫悟空の友達

名僧シリーズ

道昭
道昭は河内に生まれます。
ということは、どうしょう?ではなく、
どないすんねんワレ
ですね

一生懸命修行したのが認められ、
遣唐使とともに中国に行きます。

そこで弟子入りしたのが、なんと玄奘(げんじょう)
またの名を三蔵法師
孫悟空たちの親分ですね

とても気に入られ、一緒の部屋に寝泊まりすることも。

弟子たちに

この日本から来た人を、外国人だからと行って差別してはいけませんよ
なぜなら
昔、とても体調が悪いときがありましてね
外国人が来て、梨をくれた。
それからすこぶる体調が良くなったんです。
外国人はみんな良い人。
分かりましたか?

はーい

なかなか理由づけがシュールです。

そもそも、孫悟空たちは、国籍の問題以前に
人間じゃない気がしますが

とっても気に入られたので、玄奘から鍋をもらいます。

ありがたき幸せ。

その鍋で作った料理をみんなに食べてもらうと、病気もたちどころに治ります。
ただの鍋じゃなかったんですね。

帰国
お経をいっぱい入手し
禅の修行もして、さあ帰国だ

ところが、帰りの海上は大荒れ
強風に引き戻されて、全く前に進みません

乗組員たちは、
これは海の神が、その鍋を欲しがっているからに違いない

ちょっとちょっと、変な話を作らないでくれます?
鍋と海の神と繋がるとは思えないんですけど

みんなは納得しません。

泣く泣く、師匠のくれた大事な鍋を海にザブーン

日本の人々には、鍋での病気治療は出来なかったものの
積極的に全国を行脚して回ります。
数多くのお経を持って帰りましたので
仏教の教えを説いて回るとともに
橋をかけたり、井戸を掘ったりということまで。

お経って、インド北部から、サンスクリット語で書かれたものを
玄奘が持ち帰って、長い間かけて中国語に翻訳
それを今度は日本人が輸入して、日本語に翻訳
とばかり思い込んでおりましたが

道昭がサンスクリット語のお経を、直接日本語訳していたんですね。

日本では、南都六宗と言われる宗派のうち、法相宗(ほっそうしゅう)を興します。
法興寺で広め、隆盛を極めます。
有名な寺としては、薬師寺・興福寺などがあります
薬師寺

興福寺

火葬
道昭が初めて日本にもたらした慣習があります。
ジャーペティ(荼毘(だび))、つまり火葬です

熱心に座禅を行っており、ある時は3日に一度だけ立ち上がり
ある時は、7日に一度だけ食べる

ある日、道昭の居間から香気が流れ出る

弟子達がどうしたどうしたと居間へ行くと、
座禅したまま、息絶えていた。

遺言に従って、日本初の火葬。

親族と弟子達が争って骨をかき集めようとすると
あら不思議

つむじ風が起こって、灰と骨がどこかに飛んでいってしまいました。
そんな訳で、骨は残っていないんです。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


シロヨメナ

花カレンダー始めました

[名僧]役小角は超能力者

名僧シリーズ

役小角(えんのおづの)
飛鳥時代です。
名僧シリーズというには、僧と言いづらい人です。ごめんなさい。
役小角(えんのおづの)は正式の手続きで出家した官僧ではありません。
優婆塞(うばそく)というんですが、もとは在家の仏教信者です。

仏教と言えますが
位置付けとしては、日本独自の宗教をこの人が作ったという方が近いでしょうね
修験道、という宗教

白い服着て、山の中でほら貝吹いている、山伏。
あれです。
とっても、細々なんですが、絶えることなくずうっと後の世まで続いていって
江戸時代に、急に大きく花開くといういきさつは、こっちを読んでね
富士講。なぜ日の出を背にして拝むのか

実在はしたようですが、なにせ飛鳥時代。
伝わることはほぼ、お話の世界。

役小角は超能力者
職業的には、呪術師

怪しげですね。

困り事があると、なんとかしてと呼ばれます。
要請を受けると、呪術を施します。
すると、あら不思議。
病気もたちどころに治ってしまいます。

超能力者ですから、色んな事が出来るんでしょうが
鬼神を自在に操ってしまいます。

ある時、ここに橋をかけてほしいとの要請を受けます。

おやすい御用で

鬼神たちに声をかけて

橋よ橋。分かる?
木切ってきて、ここで工事してね

やる事は結構地道です

ところが、一言主(ひとことぬし)という神様は
顔がとっても醜い。

恥ずかしいよぉ

昼間は工事せず、夜だけ行動

こらあ
役小角は怒鳴り付けます。

頭に来た一言主は、天皇陛下に告げ口します。

あの人とっても怪しげですけど。

政治も医療も怪しげな事ばかりで成り立っている時代なのに
びっくりするような法律があります。

「怪しげなことをしてはいけません」

法律違反です。

一言主さん、あなたも怪しげですけど。

伊豆に流罪

最初は逃げ回っていましたが
母親を人質にとられたので、素直に出頭。

流罪となったことで、かえって人々の評判を集めます。
よほどすごいらしい。

当の本人、全然大丈夫です。
昼間は伊豆にいて
夜は富士山に行って修行

さすがは超能力者ですね
屁の河童

修験道自体は、それ以降細々ではありますが
平安時代初頭には天台・真言の密教的側面が広まると
呪術は「怪しげ」でもなくなっていくのです。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


甘夏みかん

花カレンダー始めました

[名僧]聖徳太子

新しいシリーズを始めます

仏像の見分け方シリーズで、仏様の観点で仏教を見てきました。

今度はお坊さんの観点から見ていくとどうなるかな

一旦、日本の仏教に限定しようと思います。

でーこん流坊主めくりというところでしょうか。

いくつか仏教の本は読んでいますので
例によってぐちゃぐちゃっとでーこん的にいきましょう。

最初は聖徳太子

名僧シリーズにしたいので、最初のタイトルが[名僧]聖徳太子、になっちゃいました。
僧ではありませんね
はいそうですけど
歴史を追っていく観点で言うと、初期の日本の仏教でこの人抜きには語れないので
ちょっとご勘弁

聖徳太子
日本に仏教が伝来したときの天皇は欽明(きんめい)天皇

こんなん来たけど、みんなどう思う?

物部氏(もののべし)は
日本には立派な神道というものがありますので
そんなの邪魔です。

蘇我氏(そがし)は
私は良いと思うなあ
要は内容次第じゃないですか?

それじゃあ、仏教のいろんなものを
蘇我さんに預けるから
研究してみてよ

はーい

面白くないのは物部氏

欽明天皇の次の用明(ようめい)天皇の代になりました。
用明天皇は聖徳太子のお父さんね
在位は短く、天然痘で死んじゃうんですが
それまで立場をはっきりしていなかったんですが
死の床で
仏教にすがりたいなあと行っちゃった。

勢い付いたのが蘇我氏
反物部氏で連合軍を結成し
一気に物部氏を滅ぼしてしまおうと戦争を起こします。

聖徳太子は
2歳のとき、お母さんに抱かれた聖徳太子が
「南無仏」と2回称えて、合掌
ってくらいだから仏教マニア
蘇我氏の親戚でもあるので、蘇我氏側

物部氏は元々戦争が得意なので
一筋縄ではいきません。

連合軍って言ったって寄せ集め
仏教うんぬん言っているけど
結局は単なる主導権争いなんじゃないの?
とみんなが疑問を持ち始めたとき

当時14歳だった聖徳太子
木でささっと仏像めいたものを作り

四天王よ、我に力を与えたまえ
この戦いに勝ったあかつきには
四天王寺を建立することにいたしますので何卒

みんなが、そうそう仏教だったと思い直し見事勝利
若くして人心掌握術に長けていたということです。

約束通り、四天王寺を建てました。

ちゃんと守るのね、と
人気が高まり
みんなの気持ちは、蘇我氏より聖徳太子に向いていくのでした。

四天王寺
四天王寺と言えば、面白いものがあります。

寛弘4(1004)年、聖徳太子没後、400年ほど経って
『四天王寺縁起』と呼ばれるものが見つかった。

なんと、聖徳太子の直筆で、手形まで押されていた。

内容がまた、衝撃的。

この四天王寺のある場所は、かつて釈迦が説法をして人びとの迷いを解いた地である。
だから私は、四天王寺を建立したのである。
この寺の金堂と塔は、極楽浄土の東門の中心にあたる。

金堂に安置されている救世観音像は、私が死んだ後、
百済の王が私を恋慕してつくった像である。

私は物部守屋を倒したが、その後もずっとあいつは転生をくり返し、
私につきまとい、仏教を興隆しようというときに、必ずそれを邪魔するであろう

はぁ?
笑えますね
聖徳太子直筆の書にして
「私が死んだあと」ってあなた

もちろん、偽物に決まってますが
これが発見されてからというもの
聖徳太子人気が大沸騰

四天王寺は極楽浄土の東門なのか
ここにお参りしたら極楽浄土に行ったも同然
聖徳太子おん自らそう言っているんだから間違いない
と、四天王寺も大人気

予言書もあって
いついつ戦争が起きるであろう
聖徳太子が生きていた時に、
そんな事まで分かっていたのか!

これもぴったり当たっていたから
みんな信じちゃった

あとから書いたら絶対当たりますけど

法隆寺
聖徳太子と言えばもうひとつ、法隆寺

聖徳太子が作ったと言うことになっています。

聖徳太子の死後、慕う人達が
救世観音像を聖徳太子の背格好と全く一緒に作った。

ところが、何を思ったか
白い布でぐるぐる巻

何度か、ほどこうと試みた人がいるんだけど
その都度不吉なことが起き、そのままに

とうとう明治10年になっちゃった

苦労して、長い布を取り除くと
まだ金箔の残る木像が現れた。
千数百年の時を経て、このような保存状態を保っているのは奇跡に近い

聖徳太子が守ってくれたんだね

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


カントウカンアオイ

花カレンダー始めました