[寺社建築] 寺の建物の名前

お寺には色んな建物があります。
それぞれ何のためのものでしょうか

本尊(ほんぞん)
本尊を安置する建物を、金堂(こんどう)・仏殿・大雄宝殿・本堂などと呼びます。
仏、大雄、はお釈迦様の尊称なので
全て、お釈迦様のいる場所、という事です。

金堂と本堂ってどう違うのかなとずっと疑問に思っていました。
日本史の本には必ず寺院の配置の移り変わりみたいな図があって、金堂となっているのに
実際に歩き回ってみると、金堂という表現を目にすることがなく、本堂ばかり

唯一、国分寺で金堂跡地、だけ
謎が解けました。
時代が違うんですね
金堂は奈良時代以前の呼び名
中国にも朝鮮にもその呼び方はないので、起源は分からない
仏像が金色だからなんでしょうね

この頃は、金堂には基本的に人は入らず
法要や儀式は金堂の南面に舞台を仮設して行っていました。
堂内には、華や供物をそなえる時のみに入った。

平安時代以降は、本堂と呼び方が変わりました。
役割も変わった。
金堂の頃は建物内部は仏様のものだったけど
本堂になると、
仏様と衆生(一般の信者)、そして間を取り持つ僧が全て同じ屋根の下
雨の多い日本ではとてもありがたい。

僧が議論するところが、講堂や法堂

唐招提寺の講堂

座禅の修業をするところが、僧堂や禅堂

東福寺の禅堂

僧の師弟が同居して法を伝える場所が僧房
小さな部屋が連なった建物でした

法隆寺の旧僧房

そこから独立して住まいを持つようになると
子院とか塔頭(たっちゅう)とか呼ばれます。

南禅寺の塔頭

お経を納めておくのが、経堂や経楼
堂や殿は最高級の建物
殿の方が若干格上のイメージ。
楼は2階建て

中世末期に出来た金閣寺や銀閣寺は本格的な楼閣建築ですが
それまでは楼と言っても単に二階に登れるだけで、一階は使われていない。

鐘楼(しょうろう)は時を告げるための鐘があり
太鼓で時を告げる場合は、鼓楼

東大寺の鐘楼

塔はお釈迦様の遺骨(仏舎利)を納めてあるよという標識
塔婆(とうば)の略です。

五重の塔、三重の塔、多宝塔など色々あります。

法隆寺の五重の塔

塔は木造の建物以外にも石塔もあります。
宝篋印塔や五輪塔など

瀧法寺の宝篋印塔

聖域を区切るのが門
囲って回廊になったりします。

法隆寺の中門

生活のための空間として、食堂、湯屋、また倉庫などもあります。

伽藍(がらん)
こういった各種建物を伽藍(がらん)と言います

大規模寺院は
本堂、講堂、塔、僧房、経楼、鐘楼、中門を含む回廊が揃っています。
厳密にこの種類じゃなくても良いんですが
7つも揃って大きいよねと、大規模寺院の事を七堂伽藍(しちどうがらん)と呼びます。

永平寺の七堂伽藍

鎌倉時代以降の寺院には、さらに違った種類の建物があったりします。
開祖が信仰の対象になりますので
開祖の遺影や像を安置する祖師堂や御影堂(みえどう)が作られ
本堂と同格、ないしはそれ以上に重視されます。

身延山久遠寺の祖師堂

[寺院]シリーズはこちら(少し下げてね)

[寺社建築]屋根材の話

[寺社建築] 斗栱はアートか
で、屋根を支える話はしましたので、今度は、屋根を葺く材料の話

茅葺
屋根を葺く材料の最初は草
草の種類が、だんだん、限定されていきます。

ひとつには稲藁
藁は稲を作る上で大量に排出されるゴミなので
何とか有効利用したい。
大量に使える物としては屋根が一番
でも、耐久性がいまいちでした。

「かや40年、麦わら15年、稲わら7年」と言われます。
茅には適度な油分があり、雨を弾きますが、
藁は水を吸う特性があって、耐久性に大きな差があるのです。

稲藁は、わらじやしめ縄、馬の餌などになっていきます。

茅(かや)とはススキの事です。
屋根材となるときだけ「かや」と呼び、生えている間はススキです。

桧皮(ひわだ)葺き、杮(こけら)葺き
桧皮葺きや杮葺きが開発されます。
桧皮(ひわだ)は桧(ひのき、檜とも)の皮を剥いだもの
形を整えて、ずらしながら、竹の釘で固定していきます。

神社の屋根に使われます。

杮(こけら)は、椹(さわら)や杉、栗の原木を板状にしたもの
桧皮に比べるとすっきりした見た目になるが、耐久性は劣る
桧皮葺きが35年に対して杮葺きは25年

書院、客殿、高級武家屋敷、数寄屋造などに貴族趣味的に用いられた
今は、指定文化財など、現状を変えてはならない建物にしか使われていない。

ちなみに杮(こけら)という漢字は柿(かき)とは似ていますが違います。
柿(かき)のつくりは、なべぶたに巾ですが
杮は上からしたまで突き抜けています。
左が杮(こけら)右が柿(かき)


仏教伝来とともに、中国から寺院が導入され
瓦が入ってきます。

何あれ、かっこいいっ

人々は魅了され、次々と寺院が建てられていきます

神社としては、内心「負けた」と思っているわけですが
認めるのは悔しい。
そこで、寺院の事を「瓦もん」と言って馬鹿にします。
瓦礫(がれき)とか瓦解(がかい)というように
マイナスイメージの言葉が残っているのはその影響でしょう。

ただ、神社には、教義も教えも哲学もお経のように紙に書かれた物もありません。
勝負にはなりません。
そこで、もともと別ジャンルのものと位置付け、共存共栄を図ろうとします。
神仏習合です。

そうなると、もともと内心かっこいいと思っている瓦も解禁です。
神社にも瓦葺きが登場していきます。

ウォーキングしていると、やっぱり半分以上、神社に瓦は使われていません。
桧皮葺きではないにしても、銅板なのか何らかの金属板で、桧皮葺き風にしてあります。

瓦以上に、すぐに取り入れられたのが屋根の反りだと思います。
それまでは、神社の屋根はまっすぐだったんですが
カーブするようになります。
今、神社の屋根は、流造りと言われる前側が長めの屋根が主流です。

神社や寺院以外の建物で瓦がどうだったかというと
ほとんど普及しませんでした。
そもそも、寺院以外で瓦が禁止されていたというのがあります。

とはいえ、瓦の有用性は明らかなので、宮殿や大規模な屋敷とかには使われます。
むしろ、寺院側が、瓦職人を抱え込み
実質的に他では作れないようにしたという面が強いかと思います。

なぜなら、寺は武力を持っていたからです。
一大武力勢力だった。

時の権力者たちは、しばしば寺の勢力に手を焼き
潰そうとしますが、瓦で頑丈に守られた寺は、防衛に優れていた訳です。

本瓦
江戸時代より前の瓦は本瓦と言われるものでした。

江戸時代が始まって、3分の1くらいが経った
延宝2(1674)年、近江大津の三井寺の用を勤めていた西村半兵衛が
桟瓦(さんがわら)という今のタイプの瓦を発明します。

大発明、大革命です。

基本的に一種類の瓦ですむようになりました。

大幅コストダウン

作り方も簡単で歩留まりは良く
木枠で大量生産が可能になった。
葺く時も、職人が高度な技術を必要としません。
重さも軽いので、建物に必要とされる強度も全然違います。
良いことづくめ
一気に瓦が一般住宅にまで普及していきます。

きのう、かねやすの話でも言いましたが
江戸時代の最初は一般住宅において瓦葺きが禁止されていた。
火事の時、壊すのに危ないという理由

8代将軍吉宗の時、方針の大転換
瓦屋根の耐火性により
瓦屋根も「苦しゅうない」とされた
本郷辺りを焼き尽くした享保の大火で復旧する家屋は
むしろ瓦葺きが推奨された。

その前に桟瓦が発明されたというのが大きい。

その効果が実証されたのでしょう。

11代将軍家斉の時は、逆に瓦葺き以外の建物の建築が禁止されています。

明治10(1877)年に、更なる技術革新が行われます。
引っ掛け桟瓦の開発です。
それまでは、屋根の上に土を塗って、瓦を固定していました。
葺土なしの乾葺が可能となり、瓦の下に棒を渡し、釘留めか銅線で結ぶ工法が確立する
さらに爆発的な普及。

日本の屋根は瓦屋根と言えるほどになります。
♪いらかの波と雲の波~

[神社仏閣]シリーズはこちら(少し下げてね)

[寺社建築]寺社建築の基礎と建具

白金台の瑞聖寺で寺社建築のお勉強
の続きです。

基本用語
「東京の寺社建築」の本の中で、瑞聖寺は建具(たてぐ)に関わるところ

でも、最初の辺に、建築に関わる基本的な用語を解説してくれています。
こりゃ有難い。基本用語が分かっていると理解がしやすい、ってことで
まずはごくごく基本的な用語から

柱は一本だけで屋根の重さを支える訳でなく
何本もで均等に支えるため、通す横の木材が、桁(けた)と梁(はり)
建物は長方形が多いけど長い方が桁

柱と柱の間の感覚は1間(けん)
桁の方向に4本柱があったら、長さは3間って事です。
桁行(けたゆき)3間という言い方をします。

1間は6尺、1.8mちょっと
畳の長い方。人の背丈よりちょっと長い。
1尺は30cmちょっとね
ちなみに10寸が1尺

これ無茶苦茶便利
桁行3間、梁行2間の薬師堂とか言うだけで大きさを伝えられちゃう。
今まで、でっかい山門とかを写真で伝えようとしても、写真の枠いっぱいにしかならないし
と思っていたけど、何の事はない。
柱の数を数えるだけで良かったのね

過去撮り貯めた神社仏閣の写真を見ると、一番多いのは桁行3間ですね
増上寺の三解脱門はさすがで、桁行5間

建具(たてぐ)
それでは、基本を踏まえ、建具の話に入っていきましょう。
戸や襖や障子や、それを支える枠などを総称して、建具と言います。
建具の開き方は、大きく分けると、横にスライドするのと前や後ろに開くもの
横にスライドするのが引き戸とか、単に戸
前や後ろに開くものは扉

どちらも一長一短あります。
引き戸は、ギリギリまで家具が置けるけど、半分しか開かない
扉はガバッと全部開く

扉は、法隆寺金堂や伊勢神宮では一枚板
これはなかなか厳しいので、
枠を作って、扉全体の大きさより小さい板を枠に釘で打ち付けるようになりました。
その時、釘の頭を隠すために乳金物(ちちかなもの)というのを使いました

とても良いです

実用を考えると、頑丈より軽量の方が重視されるようになり
扉の構造がより軽量化の方向で工夫されていきます。
桟唐戸(さんからど)という扉の登場です。

框(かまち)と呼ばれる大枠を作ります
中に桟(さん)と呼ばれる縦横の木を渡し
間に薄い板をはめこんで行きます。

大仏様やら禅宗様になってからの特色です。

瑞聖寺の桟唐戸

扉が軽量化されると開閉のための部品も簡単にすることができます。
藁座(わらざ)という部品を上下につけるだけで良くなりました。

黄檗宗の寺院の特徴として、半扉というのがあります。
下側半分だけの扉

その上にある白いのは、ひょっとして蔀戸(しとみど)?と思って
ひっかける金具を探したんだけど、良く分からなかった
蔀戸とは、こういうふうに上にはねあげる戸

おそらく上半分を開けておくことで
奥の本尊釈迦如来を、月台にいるみんなからも拝めるようにということ

それ以外に特徴のある戸では、両折戸というのがあります

開いた状態じゃ無かったので分からなかったけど
ひょっとしたらさっきの瑞聖寺の桟唐戸も両折戸かも

部屋の中の障子(しょうじ)や襖(ふすま)を支えるのは、下が敷居で上が鴨居です。

鴨居の上が長押(なげし)
長押は、最初、柱と柱の間を繋ぐ構造材で柱に打ち付けていましたが、
柱に穴を空けて突き貫けさせていく貫(ぬき)の登場で、より丈夫になり
長押の役割は終えました。
今は、装飾とか、ハンガーをかけるためのフックをつけるものとして、生き残っています。

床から天井までの高さは、8尺
建具の高さは、6尺すなわち1間。畳と同じ大きさに合わせます。
ということは2尺の余分が出ます。
長押のさらに上が、欄間というスペースになり
ここが装飾の見せ処です。


窓で言うと、中から外が見渡せるように工夫したものに、連子窓(れんじまど)があります

連子子(れんじし)という角材を45度回した感じで並べます。

時代が進むにつれて連子子の間が狭くなっていくのが特徴です。

窓枠は最初は、四角ですが、次第に曲線になって装飾性を帯びていきます。
瑞聖寺の丸窓はとても特徴的です。

禅宗の花頭窓は、極めてかっこいい
華頭、火頭、花灯、華灯、火灯、瓦灯、架灯など、いろんな漢字で書かれます。

また、建築の話はシリーズ的にやっていこうと思います。

[寺院]シリーズはこちら(少し下げてね)

白金台の瑞聖寺で寺社建築のお勉強

東京の寺社建築という本を読みました。

神社仏閣のウォーキングをしていて、それなりに楽しみ方が分かってきた。
仏像の見分け方シリーズで仏像について大分分かるようになったし
名僧シリーズで、各宗派も分かってきた
神社シリーズも、八幡に始まり、断続的に主たる神社の歴史が分かってきている

次は、細かなアイテム
寺院で言うと、建築の細部が分かればかなり面白くなってくる
それは前から分かっているんだけど、
かなり覚えるのに時間がかかっている
何せ漢字が難しい
チャレンジしては時間が開いて、ということを繰り返している。

今回のこの本、何が良いって、例が東京に限定してくれている
浅草寺、武蔵国分寺、寛永寺、正福寺、増上寺、瑞聖寺、湯島聖堂、根津神社
瑞聖寺以外は全て行ったことあるので、
本に書いてある細かいことは分からないながらも
何とか門の、とあれば、頭の中に画像が浮かぶ

なかなか無いんですよ
例が上がるのは全国の寺社で
やっぱり多いのは京都奈良

ウォーキングで楽しむ事が目的なので
本に書いてある事を、行って確認して
うおおお、ほんまや
となりたいわけです。

今日は祝日。あいにくの雨
だいたい雨の日用に、屋内ものをとってあるんですが
今、屋内ものはごとごとく休館中
仕方ない。一ヶ所だけなら、傘さしてでも何とかなるっしょ

瑞聖寺で、寺社建築のお勉強だ

瑞聖寺
瑞聖寺は江戸で初めての黄檗宗(おうばくしゅう)の寺
黄檗宗は、隠元が江戸時代に中国から取り入れた最後の宗派

日本の寺院建築は元は全て中国から渡ってきたものだけど
長く時が経つにつれ、日本独自の特色を持つようになっていく
まず、「和様(わよう)」と言われる、もともとの日本の建築様式だった
奈良時代に大仏殿を作ったとき、どどっと中国流が導入される
これが「大仏様(だいぶつよう)」
また、徐々に日本独自らなっていき、中国は中国でまた改善が図られていく
鎌倉時代に、栄西と道元により、中国から禅宗を取り入れ
この時、また、どどっと中国流が導入される
これが「禅宗様(ぜんしゅうよう)」
その後いいとこ取りで混じり会って、「折衷様(せっちゅうよう)」

黄檗宗が入って来たときは、なんとか様と言うほどまでには全体に影響は出なかったものの
黄檗宗の寺院に限定すれば、当時の中国色が強い

■宝瓶(ほうびん)
まず、あれ何だろう、と思うのが、屋根の上。
写真を拡大してみました。

■基壇(きだん)

土を固めて盛り上げ、その上に建物を立てる

ずいぶん昔は一般的だった
床が木の板になるより前は
生活は土間の上だったと考えられ
雨の侵入や、湿気を避けるため高くしたと思われます
土の上に塼(せん)という瓦状のものを敷く

これが塼(せん)なのかは不明
今はタイルなのかな

なぜこの考え方が黄檗宗で残っているかというと
黄檗宗は立って法要を行うので、
他の宗派のように、畳や板敷の上に座ることが不要

平安時代になり、床が板敷になり
建築物の周囲に廻り縁を巡らすようになると、基壇は不要となります。
基壇の代わりに、「亀腹(かめばら)」というものを床下に設けるようになりました

■月台(つきだい)


これは、私も色々お寺を回りましたが初めてかも
礼拝する人がここに集まって中の仏像を拝む

■礎石(そせき)
柱って昔は柱の先を地面に埋め込んで立てていました。
掘っ立て柱(ほったてばしら)と言います
そうすると、地面に含まれる水分で柱が腐ってくるというデメリットがありました。
それで作られたのが礎石

瑞聖寺では基壇があり、その上に礎石があるので、とても分かりやすい

亀腹の場合は、亀腹の上に作られるので、床の下で良く見えません

続きは建て具の話に入っていきますが、
長くなるので明日ね

[寺院]シリーズはこちら(少し下げてね)