[出雲大社] 大和との独自のスタンス

[出雲大社]現人神である国造
[出雲大社]大国主命。どういう神様なんだろう
[出雲大社]天への架け橋か
[出雲大社]文明王国、出雲国は本当にあったのか
の続きです。

大和と
出雲文明の謎を前回話しましたが、大和と出雲って独自のスタンスを持っていたと思われる。

女帝元明天皇の時、各地に風土記を作るようにとの命が下る。

各国の風土記は、国司という中央から派遣された人が担当
ところが、出雲風土記は、出雲国造(くにのみやつこ)が担当
シリーズの一番最初にお話しした、出雲大社の神主にして、神そのもの
出雲の地を治めてきた郷族

内容的にもかなり独自性が強く、最も詳しい。

今でいう行政の自治区のような存在だろうか

国譲り神話って、大和と出雲が争って出雲が屈服したのを象徴的に書いたのかと思いきや
それならば、他の郷族にもそういう例はいっぱいあるだろうに、国譲り神話は出雲だけ

出雲には、戦争で使われる武器が出土されていない
前回お話しした銅剣も重すぎて、戦争の武器として使ったとは思いがたい。

大和の傘下に入った時のそのやり方が、よほど平和的だったので
それを表現するために「国譲り」という表現方法をとったのではあるまいか

どう
うちの傘下に入らない?
今なら、おたくを特別扱いさせていただくわよ

古墳の規模からして
出雲は大和と匹敵するほどだったとは思いがたい

とすれば、大和にとって、出雲は特別に仲良くしたい存在だったのだろう

ひとつには、勾玉(まがたま)

勾玉を作る技術は、他の地域に比べ、ダントツを誇っていた。

あと製鉄技術が重要なのですが
それはシリーズの次回にお話して参ります

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)

[出雲大社] 文明王国、出雲国は本当にあったのか

[出雲大社]現人神である国造
[出雲大社] 大国主命。どういう神様なんだろう
[出雲大社]天への架け橋か
の続きです。

文明
国譲りの神話
天照大御神(アマテラスオオミカミ)が大国主命(オオクニヌシノミコト)に
国を譲るよう要請
大国主命が従う。

天照大御神は大和。大国主命は出雲。
出雲に大和に匹敵するほどの文明があったのではないか

長い間それは謎とされてきた。

でも昭和から平成という比較的最近
高度な文明を裏付けるものが見つかった。

銅剣、銅鐸
昭和59(1984)年
出雲大社の東南の方角の、斐川(ひかわ)町の荒神谷(こうじんだに)遺跡

大量の銅剣が見つかった。

それまでに日本で見つかっていた銅剣は約300本
なんとここでは、358本の銅剣が見つかった。
あっさり追い抜いちゃった。
時代は弥生時代

上下を互い違いにしてできるだけコンパクトになるようにして埋められていた。

国宝に指定され
古代出雲歴史博物館に展示されている

一体何のためのもので、何のために埋めたのか

普通に考えれば、戦争目的だし
伝来元の中国では、そのために使われている。

ところが、日本に来てから、大きさが大きくなっていった。
特に、ここで発見されたものは大きくて重すぎ
とても振り回せるものではない

さらに、木の持ち手に差し込んで固定するための穴がない
武器として使っていたとは思いがたい。

祭事のような別の用途があったのではないか。

さらに、銅鐸6個、銅矛16本

そして、平成8(1996)年、荒神谷遺跡の東南にある加茂岩倉遺跡から
銅鐸が39個も見つかった。
一ヶ所から見つかった銅鐸では過去最高

伝来元の中国では、銅鐸は、牛や馬の首にかけるベルのような役割で、小さなもの
それが、日本に伝わって巨大化していく
それと同時に、装飾も加わっていく

ここで発見された銅鐸は、大きい銅鐸の中に小さい銅鐸がすっぽりおさまって
コンパクトな形になって埋められていた。

これらの銅鐸は、鋳型に銅を流し込んで作られるんだけど
同じ模様、すなわち同じ鋳型から作ったのではないかと思われる銅鐸が
関西や九州でも見つかっている
さらに作られた年代もかなり長きに渡っている

何を意味するんだろう
単純に銅鐸好きのコレクターが集めたのか
出雲国が広い範囲、長い時代に渡っていたのか

銅鐸や銅剣はある時期以降では、ピタッと出土されなくなる
鉄に取って替わられたとも考えられる。

四隅突出型墳丘墓
そして、銅剣、銅鐸がなくなった時代
出雲地域に不思議な形の墓が出現する


こりゃまた不思議な形

この形は、出雲にしか見られない。
それ以外の地域には、大和に象徴される、前方後円墳が全国的に広がっていく。

やはり出雲には出雲王国があり
大和によって征服され
古事記や日本書紀の国譲り神話として、象徴的に書かれたのか

ただ、両者間に、大戦争があったとすると、あるであろう
戦争に関わる出土品が出雲には今のところ全く見つかっていない。

とすると、出雲は大和に平和裏に傘下に入ったのだろうか

出雲はかなり独特なスタンスで大和との関係を保っていたのかも知れない

その辺の話をまた、次回話していきたいと思います。

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)

[出雲大社]天への架け橋か

神社シリーズのうち、出雲大社の3回目
[出雲大社]現人神である国造
[出雲大社] 大国主命。どういう神様なんだろう
の続きです。

今回は最も謎多き、建物の話

拝殿と本殿
出雲大社と言えば、拝殿にある大しめ縄


かっこ良すぎます。

そして本殿は、高さ24m(8丈)もあるどでかい国宝

ところが、昔はその倍の16丈(48m)もあったとの言い伝えがある
そのさらに倍の32丈という説もあるほど
これだっ

16丈(48m)説の根拠が平安時代の中期に書かれた「口遊(くちずさみ)」という児童向けの本
掛け算の九九が最初に書かれた本でもある
そこに「雲太、和二、京三」とある
建物の高さ比べ。
和は大仏殿、京は平安京の大極殿
雲は出雲大社だと思われるが
大仏殿が15丈なので、16丈は十分あり得る事になる

にわかに信じがたい事なので、議論を呼んでいたのだが
平成12年というから、まあまあ最近
新たな証拠が見つかった。

どでかい柱を3本をくくりつけて1本にした柱の跡が見つかった。

時代測定すると鎌倉時代のものだったことが判明
少なくとも、鎌倉時代には、高層出雲大社があった確率が高い

本当だったのか
国造の千家家に残る古代の出雲大社を描いた、「金輪造営図」という図面とぴったり一緒

俄然、議論が盛り上がり

色んな建築の専門家が、こんな風だったんじゃないかと、10分の1模型を作った
それが島根県立古代出雲歴史博物館にあります。

ただ、そんな高層建築は、当然不安定。
百練抄という本に、長元5()年に出雲大社が倒れたと書かれている
国造の千家家に残っている資料には
平安中期から鎌倉時代までの200年で7回も倒れたと書いてあった。
これはひょっとして、高層建築があった事の裏付けのような気がする

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)

[出雲大社] 大国主命。どういう神様なんだろう

[出雲大社]現人神である国造
の続きです。

大国主命
出雲大社の祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)

偉大なる国の王の意味で、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の高天原(たかまがはら)
に対して
地上を意味する葦原中津国(あしわらのなかつくに)の支配者

大国主命には色んな異名がある
ざっと20ほどもあるんだけど
私が耳にしたことがあるのは、以下の3つ
大己貴命(おおなむちのみこと)
大国魂神(おおくにたまのかみ)
大物主神(おおものぬしのかみ)

神田明神の、祭神の一人は大己貴命の名前だし
府中の大国魂神社の祭神は大国魂神

問題は大物主神

国造りと国譲り
ここで、国造りがどんな風だったかを見てみましょう。

世界の始まりは、天地開闢(てんちかいびゃく)と言います。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)
性別のない、造化三神という三柱の神が生まれます。
(神様は何人という数え方をせず単位は柱です。)
そのあと色々あって、イザナキ・イザナミが生まれます。

造化三神の神産巣日神(かみむすひのかみ)の子供の
少名毘古那神(すくなびこな)が大国主命に

協力するから、一緒に葦原中津国を造りましょう。

嬉しいっ。助かるぅ

ところが、途中で常世の国に行ってしまいます

そんなぁ

で、次に現れたのが、大物主神(おおものぬしのかみ)
海の彼方から、光りながらやって来ます。

私は、あなたの幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)です。
私を祀ってくれるなら、協力しましょう。

祀りますとも。

幸魂奇魂って要するに魂。
それ以降、大国主命は自分の魂と一緒に国造りをしたわけです。

そして、それを祀った場所が大和(奈良県)の三輪山
日本最古の神社、奈良の大神神社(おおみわ)は本殿がなく三輪山が本殿であり
大物主神が祭神です

折角作った国ですが、高天原を治めていた天照大御神が葦原中津国も欲しくなり
孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を送り
葦原中津国も天照大御神のものになります。

その時、大国主命が条件に出したのが
出雲大社に自分を祀ってくれること。

意図
俄然分からなくなってきました。

古代において、大和族と、出雲族がいた
出雲族も大和族と勝るとも劣らない強大な勢力
でも結局は大和族が勝利をおさめた。

先ほどの神話は大和族が作成した、古事記と日本書紀に書いてあるもの

国譲りは、大和族と出雲族の抗争をイメージしたものと考えると分かりやすい。

でも、国造りはどうだ。
大国主命と大物主神がイコールだとすれば
なぜ、大和と出雲の両方に祀るように配置したのか

神話を作るのは、いくらかの事実を元にして、意図をもって作られた筈

大神神社は、特別の神社
ある意味、伊勢神宮よりもっと特別。

なぜ天照大御神じゃないのだろう。

大国主命とは、どういう意味を持っている神様なのだろう

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)