梵字で組合せ探し

以前、五輪塔や宝篋印塔などの石塔の本を読みました。
その中に板碑等に書いてある梵字について書いてありました。

梵字一文字で、仏様を表す。
例えば、大日如来だとこれ

種子(しゅじ)というそうです。

この一文字だけ書いておけば、仏像をわざわざ作らずとも、
釈迦如来、阿弥陀如来等々何でもOK

それ以来、ウォーキングでお寺とかに行って、墓地の方に回ると
この梵字、石碑とかにかなり多い
こりゃ良いぞ
これを覚えておけば、お寺での楽しみがまた増える
おおーっ、なんとなんと薬師如来じゃありませんか、みたいにね

かっこいいですよね。
これはね、この一文字で、釈迦如来だよ
こっちは文殊菩薩で、こっちは普賢菩薩
ええっ、すごぉい
ってね

ところが、これを覚えるのが至難の技
ええっと、阿弥陀如来は、キリークでここの辺に点々があって
ええい、分からん

梵字入門
そんな事があったもので
今日図書館に行ったときに、梵字入門という本に目が行った
これも、借りていくかな

ふむふむ

梵字は、サンスクリット語の文字
インド北部です。
お釈迦様の生まれ育った地域。

最澄や空海の持ち帰った経典では、サンスクリット語と
それを訳した中国語の対比があったので大研究がなされます。

面白いのが、その後遣唐使が廃止されて、
中国経由の梵字の経典が入ってこなくなると
日本独自の梵字、和様梵字と言われる日本独自の梵字が発達していく。

ええっ
外国語の文字を日本独自に発達させちゃまずいんじゃないの?

梵字の成り立ち
梵字には、字母表というのがあるのか
よしよし、こいつを覚えれば、役立ちそうだぞ



数も51個なので、日本の50音表みたいなものかと思うと違っていました。

梵字は、表音文字
日本のかなやアルファベットみたいです。
ただ、先程言った種子(しゅじ)と言われるものは
一文字で仏様一人に対応するので、一部表意文字的要素もあるのかも

アルファベットのように、子音と母音があり組み合わせて表現する
でも例えばkaのように、合わせて二文字になるかと思えばそうではない
合わせて一文字になるんです。

字母表はその組み合わせる部品の表ということ

母音が16文字(摩多と言います)
日本語は5つだから、ずいぶん多いですね
子音が33文字(体文と言います)
あともう2個重字というのがあるんだけど
どうにも理解できなかったので、省略

例えば、日本のかなでも「゛」をつけると一文字で発音が違うようになりますが
梵字の場合は、子音と母音を合わせて一文字
16×33の文字があると思いきや
子音も母音も複数ずつがあり得ます。

例えば、先程の大日如来の「バン」であれば
子音はバ。字母表の45番。次の図の青く囲んだところ
母音はアン。字母表の11番。次の図の赤く囲んだところ

お釈迦様は「バク」
子音はバ。字母表の40番(青)。母音はアク。字母表の12番(赤)

阿弥陀如来が面白い
キリーク

まず、子音がカ49番(青)さらに、43番のラが組み合わさる(緑)
次に母音で、4番のイー(ピンク)さらにお釈迦様と同じ点々のアク(赤)
何と4つが組み合わさるんですね。
面白ーい。

お誕生月ごとの守ってくれる仏様を一覧にしますので
自分の誕生月の仏様は何と何が組み合わさっているか考えると楽しいですよ

[名僧] 顕如。織田信長を徹底的に苦しめる

名僧シリーズ
蓮如(れんにょ)の話はしましたね
一向一揆というグループ
巨大勢力になって、一つの国を持つまでに、ということでした。

本を読んでいると、この一向一揆という巨大勢力
まだまだ後半戦がある
その後半戦の中心にいたのは、顕如(けんにょ)です

顕如
浄土真宗本願寺派(一向宗) 1543~1592年

8代蓮如の息子が9代実如(じつにょ)
その孫が10代証如(しょうにょ)
その子が11代顕如(けんにょ)になります。
にょろにょろです。
蓮如実如証如顕如、と3回言えたら100万円ですね

証如にしても、顕如にしても、先代が急死したことにより
幼くして本願寺の跡を継ぎます。

証如は10歳、顕如は12歳
2代続けて、若くして、であれば勢力も弱まりそうなもんですが
どっこい、どんどん拡大していきます。

戦国時代に突入していき
その中で巨大な勢力というのは、武装化が進み
大名との関係が強くなっていきます。

基本的にその力をあてにしたのは、室町幕府側の重臣たち
まずは、細川家
細川春元の時には、証如に依頼があり、兵を率いています。

そして、最盛期で顕如となります

一番この力を恐れたのが、室町幕府を倒そうとしている新勢力
織田信長です。

まずは、ジャブを打ちます。
5千貫の金を寄越せ

はあ?
そりゃまたなんで

ずいぶん考えましたが、ここは一旦折れて時間稼ぎ
また何か言ってくるに違いありませんから
いつでも戦えるだけの戦力を蓄えておこう作戦

石山合戦
2年後
よしっ、いよいよか
こっちから仕掛けよう

信長が三好一族と戦い、摂津の野田・福島に兵を向けたのだが
そこへいきなりどどっと

ビックリした信長は大慌てで退散

このあと長く続く「石山合戦」の始まりです。
実に11年にも渡って戦闘を繰り返します。

ただずっと戦っていた訳ではなく
戦いを仕掛けて、威圧し、交渉を有利にして和睦
みたいなのを、こっちから、そっちから

そうこうしているうちに
信長を面白く思わないもの達が本願寺に味方するようになります。
信長包囲網です。

将軍義昭であり、甲斐の武田信玄です。

もちろん本願寺側には、各地に一揆と呼ばれる一向宗の強力な部隊がいます。

さあ、天下分け目の戦いが始まるのか

ところが一番強力な、武田信玄が急死してしまいます。

結局はお互いに決め手を欠き、ずるずると

ところが事態は急展開します。

信長が、将軍義昭を京都から追い落とし
浅井朝倉の両氏を攻め滅ぼす

包囲網を一気に切り崩すのです

勢いに乗った信長
伊勢長島の一向一揆を攻め立てた
追い詰められて降伏したが
信長は許さなかった
男女含めて二万人を皆殺しにします。
「伊勢長島の皆殺し」と言われています。

さらに越前。
加賀に続いて「百姓の持ちたる国」が実現したところです。
信長の総攻撃を受けて壊滅

強力な拠点二つを失ったことは顕如としても痛かった。
一旦和睦

ただ、これは仮のもの

信長はいよいよ本丸、石山総攻撃をかける
一気にかたがつくと思われた。

ところが顕如は強かった
籠城し、それから5年もの間戦い続けた。

でも次第に、味方の毛利がやられる等して、いよいよ衰弱していく

ついに顕如は、最終的な和睦を決意
本願寺及び、それに所属する寺を保証することを条件に
石山から完全撤退した。

とはいえ
本能寺の変のあと
今度は、豊臣秀吉がその勢力を利用しようとし
一向宗という名前は失われたものの
浄土真宗本願寺派は、仏教界で大きな影響力を持ち続けるのです。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

[名僧] 蓮如。勢力拡大はこうしましょう。一向一揆の作り方

蓮如(れんにょ)
浄土真宗本願寺派(一向宗) 1415~1499年

蓮如は浄土真宗の本願寺派を巨大勢力にまで築き上げた、中興の祖です。

蓮如は、本願寺の七世、存如の子として産まれます。
本願寺は、浄土真宗の開祖・親鸞の遺骨が埋葬された場所に立てられた堂を起源とする。
親鸞の末娘である覚信尼(かくしんに)の末裔が代々これを継承する、とっても由緒正しいもの

でも、由緒正しさとは裏腹に
浄土真宗他派に比べて、衰退しきっていた。

明日の飯にも困る状態を、蓮如も経験する。

さらに、あとを継ぐこと自体大変だった。
庶子でしたので、後妻に来た人が、自分の子にあとを継がせようとする。
すったもんだのあげく継いだ時は既に43歳。

必ず変えてみせる
その時、心に誓う。

拡大作戦
次から次へ手を打っていく。

1.信者を増やすため、まずは分かりやすくすること。
御文という手紙の形式で、漢字かな混じり文で
簡単な表現で教えを書く

2.信者の組織化
信者を数人のグループに分け
そのリーダーに、字の読める人を据える

いくら分かりやすい手紙形式にしたところで
当時はまだまだ字が読める人は少なかったんです。

小さなグループだとしても、リーダーに任命されたら嬉しいもの
頑張っちゃいます。

3.合併戦略
ある程度力を持ってくると
地方の有力寺院と合併して大きくなっていく。

うちと一緒になったら、悪いようにはしませんで。

ソフトバンクグループみたいですね。

ただ、拠点としていたのが近江
近江と言えば、御大、比叡山延暦寺があります。

小さいうちは相手にもされませんでしたが
それなりの規模になってきました。

なんや、あいつら気にさわるなあ。
比叡山延暦寺を本気にさせるとえらいことになります。

弾圧を受け、関西から逃げ出します

三河へ、そして北陸へ

でも、仕方なく、って感じよりは、計画的に準備して
乗り込んで行っています。

ここと決めた場所に予め自分の子供たちを派遣し
下慣らしをさせている。

4.子沢山戦略
普通は坊さんは奥さんを持っちゃいけませんが
そもそも開祖の親鸞が結婚しています。

まあ、良いんじゃないの、と

良いんじゃないの、どころではありません。
そちら方面で、かなりの頑張り屋さん

いっぱい奥さんがいます。
お妾さんではなくて、奥さんがいっぱい。
結婚と死別を5回に渡って繰り返す。
しかも、そのうち何回かは期間がダブっています。

なんと、13男14女、計27人
よくもまあそんなに

男の子は、地域を割り当てて、面作戦
女の子は、有力寺院のところに嫁がせて、関係強化
まるで戦国大名のやり方そのものです。

彼らは、とても熱心に念仏を唱えるので、ひたすらという意味の「一向」と呼ばれます。
そして、その団体のことを、「一向一揆」(いっこういっき)と呼びます。

後に、団体が反乱したりもしたので
一揆を、反乱の意味でも使うようになりますが
本来の一揆の意味は、単純にグループとか、団体とかいうことです。

一向一揆
この一向一揆。
あまりに巨大になって、軍事的な力さえ持つようになる。

時は、応仁の乱の真っ最中
中央の武士たちの戦乱は、地方にまで影響し
一向一揆も巻き込まれる。
武士内部の争いだったはずが
一向一揆がいずれにも討ち勝ち、とうとう加賀に一向一揆の国を持つまでに至る

「百姓の持ちたる国」の出現

方法論としてはいかがなものかと思うが
この時点の結果としては、革命的歴史的な出来事だ

百姓たちが、何者の支配も受けない
年貢を徴収されることもなく
合議制で事を決めていく。

今まで、言葉には出ても、実現できる筈はないと諦められていた理想社会

ただ、蓮如自体は、それを目指していた訳ではない。
食っていけなかった時代の辛さがあったので広げたかったし
純粋に自分の信じる信仰を一人でも多くの人に分かってもらいたい一心だったろう。
途中から、コントロール不能になってしまった。

武士の側からすると体制の根幹を揺るがす一大事
全力をあげて潰すべき相手となる

全国統一を目指す、織田信長に打倒される。
最終的には和解という形になり
勢力は削がれる。

この件は信長にも暗い影を落とし
比叡山延暦寺の焼き討ちという暴挙にも出る

家康にしても、三大危機の第一は一向一揆との戦い。

一向一揆は、内部分裂とかもあって
勢力を弱めはするが
何といっても巨大勢力
この一向一揆の影響で、仏教十三宗の内、トップの勢力は今でも続いている。

ちなみに一向宗という言い方は禁止され
浄土真宗本願寺派ということになります。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

雪舟。ねずみがチュウ

名僧シリーズ

雪舟
臨済宗 1420~1506年

あれ?
雪舟って水墨画の画家じゃなかったっけ
名前は、確かに坊さんぽいなあ

鎌倉時代って、新しい宗派がどんどん生まれて、
変化の時代だったけど
室町時代になると、仏教自体の発展や変化というより
落ち着いた感じで、文化全体のリード役みたいなそんなイメージです。

夢窓疎石だったり、吉田兼好だったり、一休さんだって、芸術的分野で名を残している。

その代表が、雪舟ということになります。

中国というのがベースにあります。
文化の先進国は中国なので、芸術家たちは中国に目が向いている
仏教の経典は中国語なので、一定以上の僧は、中国語に長けている。

生い立ち
備中国赤浜の生まれ

子供の頃、仏教の経典をあまり読まず、絵ばっかり書いていた。
師匠が怒って、お堂の柱に縛り付けてしまう。

えーんえーん

夕方になって
ちょっとやり過ぎたかな、と様子を見に行くと
足元にネズミ

ん?何だろう
動かない
動きそうなのに動かない。

ということは?
絵に書いたネズミ
雪舟なら可能かも知れないが
縛られているしなあ

涙を絵の具替わりに、僅かに動く足の指で書いたネズミ

わしは
間違っていた

それ以来、絵を書いていても咎めなくなった。

1430(永享2)年には上洛して相国寺に入っており、
1454(享徳3)年まではここで修行をしていた
画の師匠は天章周文

相国寺を離れた雪舟は中国地方の大名、大内氏を頼って
周防国山口へ流れた。

パトロンとして助けてもらえるからだが
もうひとつ、大内氏は、日明貿易をしていて、明への強力なパイプを持っていたから。

明へ
機は熟した。
本格的に絵を学ぶために、明へ

水墨画といえば、中国って感じしますね
ただ、雪舟の水墨画は、周文から学んだものに、
中国明王朝に留学して学んだ唐絵(からえ)の技術を融合させた
雪舟オリジナルのものです。

北京の礼部院で壁画を描き
皇帝が彼の絵を褒めたということもあって
明でも評判になったようです。

帰国後は、やはり大内氏に助けてもらいつつ
諸国を回って風景画を書いたようです。

弟子も多数集い、雪舟派が形成されます。
国宝が6点もあり、画家の中では破格の評価を受けていると言えます。

結局、京都には余り行かなかった。
この時代、京都というのが、廃れていき
文化の中心地ということでも無くなっていった。

その後応仁の乱で荒廃し
京都より、地方の有力大名のもとへ、芸術家が流れていくという傾向が加速します。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)