不思議行動 むぎちゃん

新入りむぎちゃんのいくつかの話題を書いてきました。

おこめちゃんの新しいお友達がやって来ました。
名前はむぎちゃんに決定
おこめちゃんむぎちゃん別居解禁、意外な反応
むぎちゃん迷子大事件
おこめちゃんむぎちゃん仲良くなったよ

4月でした。
うまく飛べないし、ほとんど鳴かない、という話でしたね
あれから2ヵ月ちょっと

こんなふうに、羽根の先が全く無かったのが

少しずつ伸びて来て(先っちょの黒いところ)

はい、今日はここまで

もう飛ぶことは問題ありません。

ところが

今までの歴代の鳥さんたちは、休日にゲージを開けてあげるや否や
はいっ、とばかりに飛び出して
お気に入りの、脱衣所の上の棒と物干し枝を行ったり来たりしながら一日を過ごし
お腹が空いて初めて巣っこに戻っておりましたのに

なかなか出ようとしません。

おこめちゃんひとりで出かけてお留守番

おこめちゃんがピヨピヨ鳴いて、はよこいはよこい、と言っても
なかなか腰をあげようとしません

まだ飛ぶことに自信が持てないのでしょうか

ずいぶん経って、気づくと
おおっ
出てたんかい
って感じ

人もそれぞれ個性があるので
超インドア派なのでしょうか

歴代鳥さんたちは色々個性が違っておりましたが
むぎちゃんは群を抜いて、個性派

こんなのって初めてだね、って事がいっぱい

今までの鳥さんも、豆苗が好きで買ってきて入れてやるとパクパク

でも不思議と、初日だけ
2日目以降はあまり感心を示さなくなります。
新鮮なうちでないと、味が変わるのかなと思っておりました。

むぎちゃんは何日目になろうが、大好きで
いつまで経っても食べています。

超インドア派なので
巣っこの中で楽しむ方法を色々身に付けています。
歴代の鳥さんたちは、おもちゃも好きでしたが
おもちゃに対する向き合い方はやっぱり、一番頑張り屋さん

開けてあげて外に出ても、
巣っこの周りをうろちょろ、って事がしばしば
気がつくと、巣っこの角っこを一心不乱にかじっております

ええっ、まさか
これあなたが外したの?

動きは何だかぎこちなくて滑稽
まだ幼いからかも知れませんが
おいおい、何がしたいのよ、って感じ

飲み水のところに頭を突っ込んだり、肩を突っ込んだり

ひょっとして水浴びがしたいんだろうか

水浴びに関しては、今までの鳥さんは完全に二つに分かれました。
水浴びが好きな鳥さんは顔を洗うところでチョロチョロ水を出してやると
水を被って水浸し

嫌いな場合は生涯一度も水浴びしませんでした。
おこめちゃんも水浴びはほとんどしません

チョロチョロだしてやっても
むぎちゃんはそこには来ないし
無理に来させようとしても、逃げてしまいます。

でもなあ、水浴びしたいんじゃないかなあ

となると、家風呂設置作戦

ネットで検索して、
中に取り付けられる水浴び場を買ってみました。

で、
それが今日届きました。

さあ反応やいかに

鳥さんって警戒心が旺盛なので
例えば新しいおもちゃをつけてあげても、
怖がって近づこうとしません
下手すれば近づくのに一日近くかかることも

設置のため、放鳥し、さあつけてあげましょう
お風呂だよーっ


あれれっ

あんなに、インドア派だったのに
今日は見事なまでのアウトドア派

朝からとうとう午後の4時くらいまで
まったく、巣っこに近づこうともしません
ここまで長く外にいるのは初めて

おこめちゃんもようやく一番お気に入りの場所で二人横並び
良かったね

さすがにお腹が空いたのでしょう
巣っこの真ん中まで戻ってきました

すかさず、渡り廊下を被せます

とはいえ、お風呂側には近づきません

おっ
近づいた

ほんの一瞬でした

それ以来、逆側の巣っこから、真ん中までしか出てきません

今日はここまでにしますか
お休みです。
明日以降、はたして、水浴びに至りますでしょうか

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

おこめちゃんむぎちゃん仲良くなったよ

4/2にやって来たむぎちゃん

おこめちゃんむぎちゃん別居解禁、意外な反応
では、おこめちゃんのそっけない素振りをお話ししました。
どうなのかなあ

あれから半月

はい
めでたくも、大の仲良しになれました。

もう、どこへ行くのも一緒

うまく飛べない
むぎちゃん、まだ幼いので、うまく飛べません
あまり高いところまでは飛び上がれない

放鳥すると、おこめちゃんがさっと飛び出し、いつものお気に入りの場所
ピヨ

おいで、のお誘いにも、飛び立つ勇気の出ないむぎちゃん

しゃあないなあ
戻ってあげるおこめちゃん

すみませんねえ、兄さん

そんな事を繰り返すうち、
おこめちゃんは、お気に入りの場所へはほとんど行かなくなっちゃった

飛び立っても、むぎちゃんが見える範囲内

そうそう兄さんに迷惑もかけられない
意を決して飛び立つむぎちゃん
さあ、果たして

全く飛べない訳ではないので、どこかには止まるのですが
その「どこか」が毎回違う場所

問題はその次の行動
あの迷子事件の教訓からか
最初の場所から動こうとしない

ほらこうやって
何度も旋回し、教えようとするおこめちゃん

怖いよう

何だかんだで、元の場所に一回は戻れたのですが
経験を積むには時間がかかりそう

高く飛べなくても巣っこに帰れるよう、夢の階段も作って上げました

これ、通常は、巣っこ同士を繋げる愛の渡り廊下の屋根部分
一人二役

下の方に止めてあげると、ホジホジ上がっていって無事生還
二回ほど体験させてあげたのですが
これが巣っこに戻る有効な手段だと分かっているのかどうなのか

この前の「どこか」はこんなとこ

今日の「どこか」はお風呂のドアの取っ手
ここなら、おこめちゃんも一緒に止まれます。
ずっとお付き合い

鳴かないなあ
むぎちゃんほとんど鳴かない、って話はしました。
今もほとんど変わらない

面白いのがおこめちゃん
まあうるさく、ピヨピヨチュツチュチュツチュギャギャギャギャギャ

なんと、鳴かないパートナーにお付き合いなのか
おこめちゃんも鳴かなくなっちゃった

ピヨ
はいおしまい

不思議なもんです
パートナーが変わると性格も変わっちゃうのでしょうか

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

むぎちゃん迷子大事件

連続になってしまいますが、また鳥さんの話題

昨日は、カミさんがお休みの日
帰るとカミさんが
大変だったのよー

カミさんの話を元に再現することにいたしましょう。

えっ


まだ、むぎちゃんは羽根が伸びていないので、高くは飛べません
床から1mくらいのところを、スーッと飛んでドスン

放鳥しても、おこめちゃんまでの歴代の鳥さんは、
お気に入りの場所が引き継がれていて
2箇所だけ
脱衣所の上の突っ張り棒。これが第一
リビングの物干しの枝。これが第二
もっと、いろんなところに行けば良いのにと思うけど
この二ヶ所を行ったり来たりするだけ

鳥さんって、より高いところに行きたいという本能があるらしく
確かに、その2箇所は、休める一番高い場所

当然、むぎちゃんはそこへは到達できません。

かごを開けてあげると、おこめちゃんはいつものようにお気に入りの場所へ

むぎちゃんは、
えっ、どうすれば良いのでしょう
飛び立たず、かごの中

カミさんが様子を見ていて
まあ大丈夫かなと
5分ほど、パソコンの部屋に行って、パソコンパシャパシャ

戻って
はーい、お待たせーっ

えっ

かごは、もぬけのから

おこめちゃんはいつもの場所
むぎちゃんは、当然ながら、そこにはいない

部屋の下の方のどこかにいるでしょ

あれれ
あれれ
どこにもいないんですけど

ちょっとちょっと、おこめちゃん
むぎちゃんどこ?

ピヨ

いやいや、ピヨじゃなくて、どこなのよ
案内してよ

ピヨ

もうっ、役立たずっ

静かにして鳴き声の方向を聞き分けようとするも
昨日お話ししたように、むぎちゃん、ほとんど鳴かない

むぎちゃんやーい
むぎちゃんやーい
出てきておくれ

完全に舌切り雀のおばあさん状態

以前にも迷子になった鳥さんはいますが
5分もすれば、見つかった
例えばカーテンの裏に紛れちゃっていたり。

ゴミ箱ひっくり返したり、
何をしてもどうにも見つからない

とうとう1時間が経過

いたーーっ
いたのは風呂場の中の洗面器のふち

不安げにカミさんの方をじっと見つめていた

おいで

手を差し出すとさっと乗ってきた

お腹すいたろう

かごに戻してやると
反省したのか怖かったのか
そのあと、ピクリともせず、しばらく動かなかったらしい。

仲良しへ

昨日、おこめちゃんがむぎちゃんを避けちゃうという話をしましたが
少しずつ改善されてきました。

迷子事件以降は
お兄さんとして、自分が守ってやらねばと思ったのでしょうか

今朝、今まであり得なかった、おこめちゃん側から近づいていった

軽くくちばしでチュンチュンつつく
キャベちゃんとの時は、のべつまくなしずっとやっていた

なんとかなりそうですね

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

おこめちゃんむぎちゃん別居解禁、意外な反応

むぎちゃんがやって来て1週間近く
おこめちゃんの新しいお友達がやって来ました。
名前はむぎちゃんに決定

最初は先住民が新入りをいじめて攻撃しまくる、っていうのがありがちなので
別居させて1週間様子をみる

おこめちゃんは、攻撃的な性格ではないので1週間かけずとも同居にできるのではないかなと思っておりました。

うちは、ゲージが2つありますが、狭いと可哀想なので
2つを行き来できるように、私が工作して繋げられるようになっています。

ちょこっと繋げてみて、攻撃しないかをみてみます

うん、大丈夫そう、とまた別居に戻すを繰返し
よし、やっぱり大丈夫そうだと
いよいよ繋げることにしました。

むぎちゃんから
意外な反応

キャベちゃんが亡くなって1週間
おこめちゃんは最愛の人を亡くし、寂しそう
これは、早めに次なるお相手を飼ってあげなきゃ、と思ったんですが

近づいて行くのはむしろむぎちゃんから

おおっ、怖いもの知らず

おこめちゃん、攻撃こそしないのですが
コミュニケーション取ろうとしない

さっと、別の場所に移動しちゃう

また、むぎちゃんが近づいていくと、また避ける
その繰返し

俺が生涯愛する女は、キャベお前ひとり
ということなのでしょうか

むぎちゃんはまだ赤ちゃんで性別すら分からない
ただ、人間に分からないだけで、本人たちは分かっていて
ひょっとして男の子なんだろうか

俺は男にゃ興味ねえ、ってそんな感じ

ねえねえ、かまってよ
むぎちゃんはまた近づきます

大丈夫だよ、むぎちゃん
キャベちゃんショックが癒えさえすれば、
おこめちゃんだって仲良くしてくれる筈

鳴き声
あと、あれれ、と思ったのが、むぎちゃんの鳴き声

赤ちゃんの時ってこうだったっけ
ほとんど鳴かない

おこめちゃんやキャベちゃんは、まあうるさかった
ピヨピヨ、ギャアギャア

むぎちゃんはピヨのピ、もいかない
チ ぐらい
単に無口な性格なのか
まだ声帯が発達していないのか

何だかんだ言っているうちに
ああうるさい、って思うようになるかもね

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)