くうちゃん、治ったの?ほんと?

負けるな、くうちゃん
くうちゃん
くうちゃんの命と向き合って。
で経緯はお話ししました。

セキセイインコのくうちゃんが、瀕死の重症
それでも何とか持ちこたえた

治った
ぜひ動画を見ていただきたいんですけど
チック症状が全く出ません。

これ
完治じゃなかろうか

こんなことあるのかな

お医者さんは、様々な対策を打ってくれ
その上で、もう治療方法はありませんと言われた。
このまま悪くなる一方でしょうと。

食事は自力で取れなかったから
どろどろの、ひな用の食事を数時間おきに強制的に流し込み
顔中、深緑になっちゃった。

お墓はどこに埋めるかとか
次買ったセキセイインコと、キャベちゃんはうまくやれるかなあとか

いつまで持つか
我々はその日までに何をしてやれるのか

亡くなる前提での話題だったもんなあ。

そりゃ、あの時のくうちゃんの症状をみて
大丈夫だよ、こんなに頑張っているんだから治るよなんて
とても言える状況じゃなかった。

でも、次第に、あれ?と思うようになった。

「くうちゃんの命と向き合って」の5/5の時点では
ピクッピクッというチック症状も一番ひどい時よりはましになった。
治る事はないにしても、この症状を抱えつつも生きれる気がしますと
そういう報告をしたと思います。

でも、この時点でも
症状を抱えたままでも「生きれる」であって
「治る」なんて全く思わなかった

長女が話しかけてくる

この話大好きなんで何度もするんだけどさあ
まさか、治るとは思わなかったよね

しばらくして

この話大好きなんで何度もするんだけどさあ
まさか、治るとは思わなかったよね

今、あげている薬は、現象としての痙攣(チック症状)を押さえるための薬。
原因は脳の異常であって、何らかの原因で神経に間違った指令を出しちゃっている
だから、ピクッピクッ
原因に対しては、小鳥において対処方法はない、ため対策は打てていない。
痛み止めをずっと打っているようなイメージ

お医者さんに連れていくと
開口一番、あら、ずいぶん良くなったわねえ

現象を押さえる薬をあげているわけだから
原因が解消されてチック症状が出ないのか
ただ、その薬のために一時的に現象が出ないだけなのか分からない。

今まで、日に3回あげていた薬を1回にしてみましょう
それを2週間続けてみて、大丈夫そうならやめてみましょう
ということになった。

なので、「完治」は時期尚早ではあります。

でもね
あれからずっと観察していて
無茶苦茶元気なんですけど。
全く、発病前と一緒としか思えない

完治でしょう、これ

2週間は薬はあげようと思いますけどね

脳腫瘍か何か、結局原因は分からないんだけど
本人の免疫だけで、治るの?
しかもこんな短期間に。
ほんと?

お別れに抱き締めてあげて、なでなでして、チューしてあげて
もう、頑張らなくて良いよって
次から次から溢れ出た、あの涙は何だったの?

すごいよ
すごいよ、くうちゃん

この話大好きなんで何度もするんだけどさあ
まさか、治るとは思わなかったよね

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

くうちゃんの命と向き合って。

くうちゃん、かなり良いです。

一時は強制給餌以外には全く食べれなくなって
もう、今日か明日かという状況になった。

でも、今は、1日の必要量にかなり近く、自分で餌を食べられます。
痙攣は完全には治っていませんが、生きれそうな気がしてきました。

以前は手を入れると噛みついて痛いのなんの、だったのが
噛むこともせず、噛んでも全く痛く無かったのに
今日はあの噛む力が戻っていました。

完全回復は無理でしょうけど。
本人が、痙攣の状態に慣れるというか
その状況で食べるということを身に付け
その状況で寝るということが出来るようになれば
いけそうじゃないでしょうか。

障がいを抱えつつ、生きている人だっていっぱいいる

この数日
とてもいっぱい色んな事を考えました。

海ちゃんとシャケちゃんは亡くしたけど
原因不明の急死だったので
何かを考えている余裕が無かった。

今回、3/28に発病
一回回復
4/26、発病。痙攣が始まる
その後、治療法のある方の原因の可能性が消え
おそらく、脳の中の腫瘍
神経に間違った指令を出し、ピクッピクッを繰り返してしまう。
悪化の一途を辿る
という経緯

その間、色んな事を考えたというか
色んな感情に陥った。

思えば、介護というものをしたことがない
弱っていって亡くなった人を身近に見たこともない
命に数日間向き合うという経験をしたのは初めてかも。

もう、あと何時間というレベルだろうと自分で判断した時
涙が止まらなくなった。
可哀想で見ていられなくて
安らかに、としか考えられなかった。

その後、お医者さんに行って
諦めないんだ、と驚いて
そのあとのくうちゃんの、生きようとしている姿を見て
気持ちが動いていく。

お医者さんの痛くはないと思います、という言葉に救われたが
それでも、見ていられない、という気持ちは変わらなかった。

安らかに、という考えは減っていったが
見ていると辛すぎた。
その場を離れたかった。

数時間ではなさそうだと思えてきたので
自分の気持ちを守ろうと思った。
数日後にやって来るだろう、その日は付きっきりになるだろうから
今は、この場から離れたいと思い
ウォーキングに出た。
現実逃避です。

次の日は介護に明け暮れた。
強制的な給餌と薬も飲ませた
少しでも楽なようにゲージ内のレイアウトを色々変えた。

さらに次の日も見てられなくて
短い時間で帰ってこれるウォーキングに行った。

でも、そんな情けない私とは裏腹に
くうちゃんの、生きたいという思いと生命力は
ずっと踏ん張り続けていた。

良くなった気がする
最初に思ったのはその日の夕方

予定では、10連休後半は兵庫県の実家に帰るつもりが
一日延期していた
帰っても良いかも

病院に預けて、実家に帰る事にした。
入院です。
すると、病院から長女に連絡があり
強制給餌をしなくても良いくらいに回復しています、との連絡

翌日、長女が病院から引き取ってくれて
かなり良いので、強制給餌をしていませんとのライン

そして、私が戻ってきた今日
お土産に買ってきた、551のぶたまんの皮まで食べました。

動画を見てやってください。
良い感じと思いませんか
顔が一部黒くて変なのは
強制給餌のどろどろの餌がこびりついた跡です。

飛ぶなんてとんでも無かったですから。

命の期限
ある意味親思いと言いますか
10連休の最初に倒れて
なんかかんか予定はありつつ、家族の誰かが入れ替わり誰か居る状態。

でも、期限が迫ってくる。
7日になったらみんな仕事。どうしよう。

嫌らしい話だし、人間としてどうなのよと思いつつ
費用的な面が頭をもたげる。
治療法があるならまだしも
治療法がないとお医者さんが断言しちゃっている以上
入院したとしても、病院で出来ることは強制給餌のみ
いわゆる延命治療かも知れない。
入院費用、5000円
10日なら、5万円
その先は?

そういう事を考えている自分も悲しかった。

全て、今回は、くうちゃんに教えられ
くうちゃんに救われたと思う。

こんな風に思ってるんでしょうね

あんたねえ
何ぐちゃぐちゃ言ってんの
私ゃ生きたいのよ。生きるの。
7日だって?
分かったわよ、それまでに何とかすりゃ良いんでしょ。

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

くうちゃん

負けるな、くうちゃん
の続きです。

どんどん悪くなってきました。
チック症状も
ピクッ ピクッ
だったのが
ピクッピクッピクッピクッ

これでは、おそらく昨日は寝れていないと思います。

それでも、何とか餌を食べようとするのですが
体が揺れちゃうので食べること自体が重労働です。

バランスを崩して、下に落ちちゃったとき
そのまま地べたにいた方が楽だろうにと思うけど
少しずつ力を振り絞って色んなところをつたって元の止まり木の所に戻ろうとします。

可哀想で見ていられません。

おそらく最後になるでしょうからと
キャベちゃんを同じゲージに入れてあげました。

いつものようにつつくことはしないんですが
足でちょんちょん、大丈夫?と押します。
くうちゃんはつついて返事しようとするのですが
もうその体力も残っていません。

何をすれば良いのか分からずに回りで右往左往

だっこしてあげました。
いっぱい撫でてあげて、チュー

よく頑張ったね
涙があとからあとから出てきて止まりません。

病院
病院に行きました。

悪化している症状を見て
前回、2.と3.と言った、病原菌の原因と血栓の原因というのが消えました。
その原因が真の原因なら、対策は打ったので改善される筈ですから。

治療法のない脳に腫瘍のようなものが出来ているという原因か
さらに別の原因
いずれにしても、もう対策を打ちようがありません。

作戦変更です。

痙攣自体を止める薬を注入する
原因を特定してその原因に対策を打つのをあきらめ
現象のみを押さえる。

治る訳ではありません。
痙攣がひどいので、
このままだと餌も食べられないし、寝ることだってできない。
痛み止めに近い発想です。

私も、もう可哀想で見ていられないので

はい、その考え方でお願いします。

人間であればてんかんの時に使う薬
もちろんそれが効くかどうかも分かりません。

原因は別にあるわけですから
病気の進行を止めることは出来ないでしょう。

でも、痙攣さえとまれば
餌を食べることが出来、寝ることが出来るでしょう
本来くうちゃんが持っている免疫力が頑張ってくれるかも知れません。
いずれにしても、今考えられる方法はそれしかありません。

言葉は適切ではないと思いますが
安らかに送り出すことも出来るかもしれない。


餌は食べれてますか?

食べてはいますが
この状態なので、あまり食べれていないと思います。

分かりました。

ということで、強制給餌をしてくれました。
喉の奥に、強制的にどろどろの養分を注射器のようなもので押し込む

この方法は素人では難しいのですが
近いことは可能です。

この粉を溶いて、注射器で、くちばしのそばで垂らしてあげる。

環境改善
止まり木が高いところにあるので、落ちた時に
登るのが大変。

地面での方が良いかもしれません。

やってみました。
地面に餌と水を配置

ダメですね
よじ登ろうとします。
高いところに行きたいという鳥としての本能。

こうしました。

地面にも置きつつ、止まり木は低いところに1本だけ
餌箱も改良して、それほど首を突っ込まなくても良いようにした。
そうすると結構食べてくれました。

痛い
痛いんですか

一番救われたのが、先生のこの言葉

痛くないと思います。
脳から変な信号が行って変な動きをしているだけ。
本人は、何で私はこんな動きをしているんだろうと思っていると思います。
痛くてそうなるわけではない。

助かった。
可哀想で見ていられなくて
もう頑張らなくて良いよくうちゃん
って思っていた。
頑張れくうちゃんって思えなくなっていた。
安らかに
としか思っていなかった。

さすがはお医者さんですね
絶対に諦めない
入院まで提案してくれた。

何でしたらお預かりすることも出来ます。
強制給餌を繰り返すことは出来ます。

治療法がない以上、それで治る訳では無いんですけどね

不思議
不思議な事が起きました。
低い止まり木で餌を食べ終えたら
羽根をバタバタバタバタ動かして
上へとよじ登ろうとする
上の止まり木はもうないんですけど

上の止まり木に止まりたいんだろうか

止まり木をセットしようと戸を開けたら
よたよたしながら戸の方に来る

えっ、何?
何がしたいの?

見守っていると
横のゲージの上によじ登った
屋根の上をうろちょろ

飛びたいのかなとも思ったけど、そこまでは無理みたい
疲れたのか、そこで静かになった。

くうちゃんは生きようとしている。

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

負けるな、くうちゃん

ほぼ1ヶ月前、緊急入院したセキセイインコのくうちゃんの話をしました。
くうちゃん、緊急入院。頑張れ!

そのあと、元気になったよとも言いました。
くうちゃん元気になったよ

そのあと、ちょっとだけ具合が悪くなって
それはすぐ治りました。

具合が
3日前から、また具合が悪くなってきました。
あんまり動かなくなって、よたよたします。
餌にもあんまり興味を示さない。
ピクッピクッとします。
震えているんだろうか。

緊急入院の時は、全く餌を食べれなくなったから
今は食べない訳じゃないので
その時よりは良いのかな

長女がまた、鳥の病院に電話してくれました。
今度は、長女は用事があるので
私だけで行きました。

診察
これは、神経の病気ですね
いわゆるチック、というやつです。
ピクッピクッと痙攣が繰り返される。

何らかの原因で
神経が圧迫されているのか
神経が刺激を受けているのか

人間であれば、CTスキャンとかをしなければ
原因の特定は難しいんですが
小鳥ではそれが出来ない。

残念ながら正確な原因の特定は難しいということになります。

原因の可能性として教えてくれたのが3つ

1.脳の中に腫瘍のようなものが出来て、それが神経を圧迫している。
2.何らかの病原菌が、神経に刺激を与えている
3.血栓のようなものが、神経に刺激を与えている

一番可能性が高いのが1.ですが
そうだとすると、今のところ、小鳥には治療法がない
だんだん悪化していって、止まり木にも止まれなくなります。

原因が特定出来ない以上
2と3の治療法を並行して行う必要があります。

糞の検査をしてくれたんだけど
病原菌らしきものは見つからなかった。
2.の可能性が低くなりました。

ただ消えたわけではないので
治療はしましょう。

3.の治療もそうですが
薬を飲ませるというスタイルではなく
注射を打ちます。

2用と3用の2本の注射を打ってくれました。

確率はあくまでも確率でしかありません。
くうちゃんはくうちゃんです。

くうちゃんの力を信じましょう。
そして、専門家である先生の事も信じます。

対策
原因が分からないとなれば、
注射を打つという対策以外には
くうちゃん自信の免疫力を高めるしかありません。

餌を食べやすい位置に置く
暖かくする

餌を食べやすい位置に置くために
お気に入りの場所の横にも急場こしらえではありますが
餌入れを針金でくっつけました。

そうすると頑張って食べてくれました。

暖かくするために、横でペット用のヒーターをつけ
熱が逃げないよう、ビニールのカバーで囲みます。

がんばれくうちゃん
負けるなくうちゃん

キャベちゃん
もう一匹のセキセイインコ、キャベちゃん。
くうちゃんのお友達としては、
海ちゃん、シャケちゃん、に続く三代目です。

くうちゃんもキャベちゃんもメスです。

キャベちゃんは、くうちゃんの事が大好き
くうちゃんからキャベちゃんはそれほどでも無いんですが。

いつもは、二つのゲージを繋げてお互いに行き来出来るようにしているんですが
くうちゃんが具合悪くなってからは、
薬をくうちゃんにだけ飲ませないといけなかったから、別居

キャベちゃんは、得意の首振りダンスで気を引こうとします。
我が家では高速移動と呼んでいます。
(動画を見てね)
くうちゃんが本格的に具合が悪くなってからというもの、
朝から晩までずっとやってる。
頭フラフラになるんじゃないかなあ

キャベちゃんだけでも部屋の中に放鳥してあげる。
いつもなら、お風呂の脱衣所のところがお気に入りで、すぐ飛んでいき
一番高いところで二匹並んで、ゆっくりまったりとしている。

今日は、一切そっちに飛んで行かない。
一人で行ってもつまらないんだろう。
くうちゃんが見えるところでくうちゃんを眺め
また、戻ってきてはダンス。

奥の方で動けないくうちゃんになんとか近づこうと、回り込む技を覚えた。

シャケちゃんの時はオスとメスだったこともあって
ラブラブ
喉の奥に貯めている餌をお互いにあげあいっこしてチュッチュチュッチュ

今日、キャベちゃんが今まで一度もしたことが無かったのに、餌をあげる素振りを見せた。
やったことがないので、結局は出来なかったんだけど
元気のないくうちゃんを何とかしたいという気持ち。

[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)