くうちゃん元気になったよ

くうちゃん、緊急入院。頑張れ!
のその後の報告です。

経緯
経緯をもう一度。
鳴き声がおかしいと長女が気づき
病院に連れていこうとなった。

長女と一緒に病院に行って
甲状腺がどうのこうなので、薬を出しておきますね
2週間後にまた来てくださいね。
いずれにしても太りすぎているので
食事は毎日6gだけにして食事制限して下さい

その2週間後が今日で
その2日前の木曜日に、事件は起きた訳です。
動けなくなり、緊急入院。

私は会社を休めず、長女が会社を休んでくれて
いつもの病院より近い
鳥専門ではない動物病院に連れていった訳です。

餌を24時間食べないと鳥は確実に死んでしまうらしく
強制的にチューブで餌を食べさせる。

結果、だんだん持ち直してきた
長女が連れていかなければ死んでいたと思うので
大手柄。くうちゃんからすると命の恩人です。

前の急死した2匹とあまりに感じが似ていたので
カミさんも私も完全に諦めていましたからね。
病院に連れていったところで
死にそうな鳥さんを生き返らせるところまでは無理だろうと。

動き自体は昨日の段階から、だいぶ動けるようになってきた。
そして、今日は、一昨日地べたに這いつくばっていただけのくうちゃんが
飛べるところまで回復した。

ただ、いつもは朝、餌をあげるとすぐに食べに来るのに食べようとしない。
10時くらいにようやく食べた。

病院で言われたのは
原因は良く分からない。
糞(尿)が黄色いので
肝臓が弱っているかもしれないので、血液検査をしましょうと。

検査してみると、肝臓が悪いときに高く出る数値が高い。
肝臓の薬を出しましょう。

今日
今日は、いつもの病院
経緯を長女がしっかり説明

体を調べてくれて
しっかり食べてますよ、大丈夫です。

一昨日の原因はやっぱり良く分からないとのこと
たまたま寒くて、風邪をひいたのかも知れない。

肝臓に関わる数字の悪化については
それが原因で動けなくなった訳ではなく
何らかの原因で食べれなくなって
具合が悪くなった時期にはどうしても悪く出る数字だとのこと。
要は、原因ではなく、結果。

肝臓が悪くて動けなくなるなら
そんなにすぐに食欲が戻る筈ないらしい。

結論的には、「直った」にだいぶ近くなってきている。
元々通院していたそのレベルに戻り
その状況も薬を減らして良い状況

今は、元気になるための体力をつけさせるために
やれ食べろそれ食べろだったけど
また、食事制限に戻した方が良いとのこと。

人間だと太りすぎていると肝臓は悪くなりますから、鳥も同じ。

帰ってきてからは
さらに元気な感じになってきて
噛む力もだいぶ戻ってきた。

目一杯暖めるというのはやった方が良いらしく
頑張って暖めています。

おっとりはしていたけど
体は丈夫で
健康診断でもあまり悪い数字は出ない方。

今まではあの状態になったら大体その日に亡くなっていたので
回復したというのは我々としても、初めての体験。
それもこれも長女のお陰です。
結構感動しちゃいました。
頭は良いんだけど、頼もしい感じはなかった長女
今回の事で、かなり見直しちゃいました。

索引はこちら
[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)


オオシマザクラ

花カレンダー始めました

くうちゃん、緊急入院。頑張れ!

今朝、空(くう)ちゃんとキャベちゃんを起こしたら
空ちゃんの様子がおかしい。
うちのセキセイインコです。

空ちゃん
今ダイエット中で食事制限をやっているから
朝、餌をあげたとたんに、むさぼりつく。

あれ?
餌に興味を示さない。

キャベちゃんがいつにも増して激しくつつき落っこちた。

慌ててゲージを分けた

体が斜めになっちゃっていかにも辛そう
とうとう止まり木に止まっていられなくなって
地べたへ

これはまずい。
急いで娘たちを起こす。

くうちゃんが!

娘たちもなんとか餌を食べさせようとするんだけど
どうにも興味を示さない。

実は、先々週鳥専門の病院に行った。
長女がくうちゃんの鳴き方がおかしいと異変に気付く。
私は言われた後も良く分からなかったんですが。

長女は鳥たちに一番愛情を注いでいて
いつも遊んであげている。
帰って来たときは「ぴよ」と言いながら帰ってくるから良く分かる。

ハッキリした原因は分からないけど
甲状腺がどうのこうの
その薬をもらって様子を見ましょうと。

元気になった気がしていたんですが。

次に病院に行く日は、この土曜日
明後日まで持つかなあ。

空ちゃんは、一番最初にうちに来たセキセイインコ
2015年の8月だから、3年半とちょっと
そのあと海ちゃんが来て、
原因不明で突然死
そのあと、シャケちゃんが来て
また、原因不明で突然死
そのあと、今のキャベちゃん

パートナーが3人目なのに空ちゃんは元気に生き続けて来た。
人間でいうと40歳くらい。

見ているうちにどんどん悪くなっていった。
ほとんど動けない。
海ちゃんは、最後は見ていないんだけど
シャケちゃんの最後の時と似ている。
カミさんと私はあきらめムード
海ちゃんの時もシャケちゃんの時も、
こうなっちゃってから一時間くらいで亡くなった。

もうっ、諦めないでよ

長女が会社を休んで病院に連れていってくれるという。

悪いね、そうしてくれる?
空ちゃん頑張ってね

病院で
診てもらって、ハッキリした原因は分からないんだけど
いずれにしても、自力で全く食事を取れないので
それを何とかすべく、チューブで養分を飲ませる。
空ちゃん、そんなこと初体験なのでびっくり

病院が預かってくれて、そのあとも食事を与えてくれることになった。
緊急入院です。

長女が、夕方また引き取りに来ます、と行って一旦引き上げ
何とか頑張っておくれ

そして夕方
自分で餌を食べられるところまで回復したらしい。
かごの中をうろつけるくらいまで。
獣医さんの手も噛んだらしい。
よしっ。何とかなるかも

なぜ回復してきたかは分からないんだけど
多分温めたからじゃないかということで
とっても暖かくしています。

色々検査をして、尿が黄色かったので尿の検査をしたら
数字が悪かった。
肝臓が悪いかもということで
肝臓の薬をもらって来た。

これでこのまま回復したら、長女の大手柄です。
我々はあきらめてたからね。

頑張れ!空ちゃん。

索引はこちら
[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)


ミモザ

花カレンダー始めました

仲が良いんだか悪いんだか

セキセイインコのキャベちゃん(本名、芽キャベツ)が来て1ヶ月近く

さあ、くうちゃんとキャベちゃんは仲良くなれたでしょうか

今まで
ペットショップの人の話では、先住の鳥さんにいじめられてはいけないので
最初の1ヶ月は別々にして、仲良くなれそうなら徐々に一緒にしてあげてください

でも、そんなにかかるわけない
最初の海ちゃん(メス)は社交的で活発
先住の筈のくうちゃんはずっと後を付いて回っていた

次のシャケちゃん(オス)は逆に極端にシャイ
くうちゃんは嫌われないよう、下手にちょっかいを出さずに
ただただ横に寄り添っている作戦をかなり長く続け
お陰でくうちゃんにだけ心許したシャケちゃん

最後まで、ほとんど人にはなつかなかったけど
くうちゃん命
ラブラブべたべた
朝から晩までチュッチュチュッチュ

シャケちゃんが片足でくうちゃんをちょんとつつく
おそらくこれが、楽しいことしようよ、の合図
愛の結晶の卵がボコボコ産まれます。
結局は孵らなかったけどね

このあたりまでは、今まで書きましたね

さあ、今回は?

今まで、全く予想外の展開を見せております。

つつく
先住の鳥さんが新しい鳥さんへのありがちな行動
つついて攻撃する

ここは私の場所だからね
主導権は渡さないわ

特に、シャケちゃんとの間があまりにラブラブだったもので

あんたなんかに愛する旦那の替わりがつとまるとお思い?

キャベちゃんは、人間の年齢に換算すれば8歳
まだ性別は判明していません
くうちゃんは30代

ちょっと太めのおばさんと、小学校低学年の子供、という図式です。

最初は攻撃されて落っこちたりということもあったので
一旦隔離し

そろそろ良いかなと思っては一緒にしてみたり

ところが、いつまでたってもつつくことをやめないんです。
えらい勢いでつつきます。

不思議だなあ
両極端の性格に合わせられたくうちゃん
今回はどうしちゃったんだろう

そして事件が

キャベちゃんがかごの上を歩いていて、下からくうちゃんが足を攻撃
キャベちゃん、足から、血がポタポタ

こりゃまずい
また隔離

不思議
ここまで聞かれると、残念ながら仲が悪いんだなと思われますよね

ところがです。
不思議な現象があるんです。

ずっとかごの中だと可哀想なので週末とかは放鳥
部屋の中を自由に飛び回ります

くうちゃんはお気に入りの場所がいくつかあって
いずれもそれぞれの部屋で高いところ
鳥って本能的に高いところが大好き

キャベちゃんは、まだうまく飛べません

ペットショップって幼い小鳥さんは管理の都合なのか知れませんが
羽根を短く切っちゃいます。
そのうち伸びてくるんで問題ないんですけどね

バタバタッ バタバタッ バタッ バタ ドン

くうちゃんのお気に入りの場所には到達できません。
床から、テーブルの上のかごに戻るのがやっと

ということは、お互いに視界に入らない場所に別れることになる

ピョ
ピョ

お互いに鳴き合って存在確認

これって、海ちゃんやシャケちゃんとでもありました。
お互いが確認し合えないと、ひどく不安になるようです。

あれ?
まんざら嫌いって訳でもないのかな

最初っからずっとそう。

最初はやられっぱなしだったキャベちゃん
全然負けていないようになって来ました。
つつかれたらほぼ互角につつき返す

シャケちゃんとの場合は
顔を近づければ、チュッチュチュッチュか
餌のあげ合いっこ
喉の奥のそのうってところに貯めておいた餌を相手にあげる
巣で待つ雛を育てるための知恵なんでしょう。

最高の愛情表現らしく
相手にあげるときボトボトッとこぼしちゃうから
餌の消費量の多いこと

ひょっとして、くうちゃん
キャベちゃんにも、そうしたいんじゃないだろうか

最初は確かに攻撃しようと思ってつついたけど
途中から、方針転換

でも、顔を近づけた途端、
キャベちゃんは攻撃されると思うから全力で反撃
そっちがそう出るんならとくうちゃんもつつき返す

首を上下に揺らすのは楽しい時らしいんだけど
キャベちゃんが来てから、くうちゃんそれほど揺らさなくなっていたんだけど
最近、ふと見ると揺らしてたりする

激しくつつき合った後ですらそう

キャベちゃんも、
激しくつつき合った後は距離を取りそうなもんだけど
むしろ、後ろを付いて回る

ひょっとして遊んでるのかなあ

普通に見ると、喧嘩しているようにしか見えないんだけどね

隔離したら、繋げろと言わんばかりに
入り口のところに張り付いて離れない。

カミさんが言うには
あんた達と一緒よ

うちの二人の娘も小さい頃、喧嘩ばっかりしてたけど
喧嘩のあと、ふと見ると一緒にいたりした。

手乗り
人間に対しても、結構良い感じになってきました
キャベちゃんは、まあまあスッと手に乗る

両手の人差し指に互い違いに乗っていく、階段も結構出きるようになってきましたよ




索引はこちら
[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)

ブラシノキ

花カレンダー始めました

くうちゃんの心の叫びは?

5/4に新しいセキセイインコをお迎えした話はしましたね
くうちゃんの新しいお友達。メイちゃん来たよ

その後、どうなったかの中間報告です。

名前
まず名前ですが
前回、本名が「芽キャベツ」で
まあ、「芽キャベツちゃん」と呼ぶのもなんだし
呼び名を「メイちゃん」と呼ぶことに決まりました、と言いました。
でも、不安材料として、長女が「私は本名で呼ぶからね」と宣言したところまででした。

ところが、です。

次女まで「芽キャベツ」ないしは「キャベちゃん」と呼んでいるじゃないですか

話が違う。

私とカミさんは、決まったことは守らないといけない昭和世代なので、
その後も、メイちゃんと呼んでおりました。

すると、今日、カミさんから

もうメイちゃんと呼んじゃいけないらしいよ。

な、何で?

キャベツの方が可愛いから。

まさかの、次女からの、メイちゃん禁止令です。

わが家で一番の権力者は、実は次女だったりするので
仕方ありません。

このブログでも、今後、キャベちゃんと呼ばせていただきます。

確かに、
キャベちゃんの写真を、鳥だと告げずに誰かに見せたら
何人に一人かは
これは、新種のキャベツですか?
と言われそうです。

くうちゃんとの仲
くうちゃんは、極端に人なつこかった海ちゃんと
極端にシャイだったシャケちゃんのどちらとも合わせることの出来た人格者

新しいお友達と仲良くなることなんて朝飯前と思われました。

1ヶ月くらい、ケージを隣に置くだけにして様子を見て
仲良くなれそうなら、徐々に一緒にしてあげてくださいと言われたけど
1ヶ月もいる筈ないよねと

ところが、別の意味合いが出てきました。

手乗りにしたい

手乗り
キャベちゃんを買うとき、階段という技を既に身に付けていることを知った。

まず右手の人差し指に乗せて
その前に左手の人差し指を胸の前に差し出す
そうすると、そちらに乗っかり直す。
今度また、右手の人差し指に乗っけてを順々に繰り返していく。
(どんな感じかは動画を見てね)

手乗りやん

衝撃でした。

今までの3匹の時は、そういうしつけ的な知識を一切持っていなかったから
鳥さんの純粋な性格にただただ、人なつこいなあとかシャイだなあとか思っているだけだった。

そうやってしつければそうなるのか

うちの娘たちは嬉しくなってしまった訳です。

元々、二匹で鳥を飼う場合は、鳥さん同士が仲良くなっちゃうので
人にはあまりなつかなくなりますよ、という話だった

隔離大作戦

1ヶ月の間、別々にしているときに
キャベちゃんを手乗りにしてしまおう
そうすると、そのあと一緒にしても大丈夫。

そうなのかなあ

私的にはあくまでもくうちゃんが寂しそうだからお迎えしたわけで
手乗りになってもならなくてもとは思うのですが
一度階段を見ちゃいますと
まあやっぱり可愛いですよね。

ということで、くうちゃんにはストレスが貯まっております。

今まで二つのケージをくっつけて自由に使えたのに
あいつが来てから、いつも一つだけで何とも狭い。
あいつは何なんだよという気持ちもあるかも知れません。

ということだからなんでしょうか
海ちゃんの時、シャケちゃんの時に比べると
いまいち感があります。

多少は慣らそうとしたときも、
キャベちゃんの事を、ついついつついちゃう

ごめんね
心の奥底では、仲良くなりたいと思ってるんだけど、ついついね

キャベちゃんも興味はあるものの
つつかれて怖いから、一定の距離をずっと保ったまま行動する

あっ、でも

シャケちゃんの時にくうちゃんの取った作戦
「何もせずただ横に寄り添う作戦」やってる
キャベちゃんも逃げようとしないぞ

さあ、どうなりますでしょう
そして、手乗りにはなるのでしょうか。

索引はこちら
[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)


マロニエ

花カレンダー始めました