小さな富士山が担った役割。

富士講。なぜ日の出を背にして拝むのか
の続きです。

富士塚
高田富士の話はしました
富士山が好きすぎて、自分で作っちゃいました。

富士講で代表者が富士登山するにしても
代表者以外の人は富士講に入る面白味に欠ける。

ほら、この富士山に登ると本当の富士山に登ったのと同じご利益があるよ
ええっ、そりゃ便利

高田富士が評判を呼び
我も我もと違う富士講が自分達の富士塚を作り出す。

面白いのは、実際の富士山が見える地域でのみ、富士塚が作られていること。
富士登山の疑似体験に加え、富士山を良く見えるようにビューポイント。

(※以下、資料は、「富士講からみた聖地富士山の風景」からの引用)
また、富士山に近い地域でも作られない。

特に、富士山に登れない人にとってみれば、富士塚は必須。
お年寄りだったり、特に女性。
当時、富士山は女人禁制で、女性は登れなかったんです。

こんな風に、どんどん富士塚が作られていきます。

鳩の森神社の富士塚

護国寺の富士塚(音羽富士)

明治の富士講と富士塚
富士塚って、江戸時代に作られたとばかり思っていたんだけど
表を見る限り、明治になってからも、さらにどんどん作られている。
こりゃ、予想外

品川神社の富士塚

成子天神の富士塚

清瀬の富士塚

こんな資料もある

1868年が明治維新なので、むしろ富士講の人達の登山回数は、明治になってから飛躍的に伸びている

実は、明治になってからの富士講と富士塚は変質していくんです。

富士登山は、阿弥陀如来の御来迎(ごらいごう)で人気を博したと書きましたが
何と明治政府はそれを変えちゃった。

富士山に祀られているのは、阿弥陀如来ではなく、木花咲夜姫(このはなさくやのひめ)です。
廃仏毀釈。仏教を否定して、神道こそ唯一にした。

そんなこと、急に言われても。
阿弥陀如来は西にいるけど、木花咲夜姫は西にいるって訳でもないので、御来迎の意味付けが薄れちゃった。
西に向かって拝むのをやめて、東の太陽そのものを拝みましょ。
御来光(ごらいこう)です。

これこそ、180度の転換

明治政府の思惑は見事に外れ
木花咲夜姫ありがたや、とはならなかった。

これは、明治政府にとって痛手だっただけではない。
富士講にとって、嫌な予感。
富士山の宗教的意味合いが薄れていく訳ですから。

あれ?変ですね
富士塚はむしろ明治になってから多く作られている。

先ほどのグラフをどう見れば良いんでしょう。

明治になると
大月まで電車が開通

江戸末期に、江戸から富士山への往復で10日かかっていたのが
3~4日で出来るようになる。

また、明治5年に、富士山の女人禁制は解除されます。

女性は実際の富士山には登れないから、という
富士塚の存在理由の大きなひとつはもう失われている。

資料の見方の難しさを物語っていますね。
量的に増えた、イコール大流行と考えて良いのかって事

富士講の焦りとは考えられないでしょうか。

確かに誰でも登れるようになったから
登山回数という量的な面は飛躍的に伸びる
その一方で、希望者全員登れるとなると
代表者のために金を出し合ってという、講の存在意義、質的な面は同時に低下していた。
信仰ではなく、単純な旅行
互助会ではなく、旅行積立て

富士講の焦りは、富士塚を作ることによって
富士講員を繋ぎ止める方法として現れている気もします。

富士塚に、石碑がやたらに増えていったのもこの時期
江戸時代に出来ている富士神社の富士塚も
明治の時期に多くの石碑が据え付けられています。

富士神社の富士塚

富士講の行事の中で
富士塚の頂上から綱を張って、そこから色とりどりのタオルを垂らす、万国旗のようにしていたということもあるようです。
富士塚を利用して何とか盛り上げていこうとあの手この手です。

戦後
グッと時代は過ぎて、とうとう、富士塚と富士講は衰退期を迎えます。

交通網の更なる発展で、3~4日すら必要ない。

富士講で積立て?
そんなの入らなくてもいつでも行けますけど。

富士塚は、6mに満たない高さのものはことごとく壊されていく。

今、大規模書店以外の小さな本屋さんがつぶれているのと一緒

そう。
富士講は、厳しくても
富士塚の大きいのは残り得る

東京をくまなくウォーキングをして、
なんと富士塚の多い事かとビックリしたのが、調べ出した始まりですから。

衰退はすれども消滅はしない
どっこい生き続けている

なぜかって?
登ってもらえれば分かります

存在意義なんて理屈抜き

高いところは楽しいっ

索引はこちら

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


ヒガンバナ

花カレンダー始めました

富士講。なぜ日の出を背にして拝むのか

東京をウォーキングしていると富士山に出会う

富士山を模して出来た、ミニチュア富士山
富士塚と言う

あっここにも

おそらく今まで出会った富士塚は10ではきかないと思う。

ブログでも書いてきました。
富士講でありがたや
[大暑] 7/23 富士山の山開き、嘉祥の儀

この前、素盞雄(すさのお)神社の時、ちょっと調べて、食行身禄(じきぎょうみろく)という人の事を知った

あれ
ちょっと今まで思っていたイメージとちょっと違うかも
気になって、
もうちょっと調べたいな、と思っていた。

そして、今回、駒込の富士神社をきっかけに、さらに調べてみると
これは、今まで思っていたのと結構違う部分があるなあ

ということで
ここでまとめて、富士行者、富士講、富士塚というものについて
研究成果の発表といたしましょう。

富士行者
順番的には、富士行者、富士講、富士塚という順番になります。
この事がそもそもイメージと違っていたんですけどね
その辺はまた後で。

富士信仰自体は、あれだけの特別な山ですから
元々自然自体を神と考える日本の宗教にあって
自然発生的に出てくるのはうなづけます。

一方で、修験道(しゅげんどう)というのがあります。
山にこもってとてもハードな修行をするというもので
神道とも仏教とも違う、純粋に日本独自の宗教。

一番イメージしやすいのは山伏(やまぶし)
白い服着てほら貝吹く人

富士信仰は、コアな部分は、修験道の行者と言われる人たちでずっと続いていく訳だけど
明確な形や教義的なものは存在しなかったから
それが宗教と言えるほどのものかはちょっと微妙。

それを、宗教に近づけた人が「角行」(かくぎょう)
富士山西麓の人穴にこもります。ここで四寸五分の角材の上に一千日間爪先立ちします。
ふくらはぎパンパン。

角材の上で爪先立ちしたから「角行」という名前をもらいます。

その後、宗教の布教活動的な事をし
祈祷をして病気を治したりする
そして、教えというか、教義を作る。
家業を大切にすべし。等々

これ以降、富士行者というものが明確に意識できるようになる
その後、その弟子たちが、代々繋がっていきます。

大きく広がりを見せたのが、6代目、食行身禄(じきぎょうみろく)の時
享保、即ち吉宗の時だから、既に江戸時代も半ばになっています。

吉宗。良いこといっぱいしたんだけど
運悪く冷夏やウンカの大発生で、全国的大飢饉
幕府への不満が爆発寸前。

そんな時、食行身禄が立ち上がる
私が救世主となろう。
56億7千万年後に救世主となってこの世に降り立つ筈の弥勒菩薩(みろくぼさつ)とは私の事だ!

大人気者になります。
新たな教義も追加。男女同格。
加持祈祷の廃止。親孝行とか、真面目に働きましょうとか
分かりやすいもの。

そして、富士山の七合五勺目にある鳥帽子岩で断食行をし、そのまま仏となります。
享保18年(1733年)
空海みたいです。

号外の瓦版も出たというから、かなりの関心事だったようです。

一気に人気が高まります。
その弟子たちが頑張って
富士講という互助会組織が作られていくことになります。

富士講
もう一度おさらいしますと
富士講とは、講の構成員達がお金を出し合う
50人くらいの一般的ケースであれば、代表者3~7が選ばれ
富士山に登る。

ここも、ちょっとイメージと違っていましたね
一人だと思っていた。
寂しいだろうに、と
3~7だったら寂しくないね

通算8回以上登ると、先逹になる
指導者的役割。
33回以上になると、大先逹

でも、神道や仏教のように
神職や僧のような専任職ではない

あくまでも、職業を持っている
消防団みたいな感じかな

行事は大きく二つ
夏に行う富士登山と、毎月の集会です。

富士登山
富士講による富士登山は、大きく3つの時期で異なります。
まずは、江戸後期

富士吉田市にある御師(おし)と言われる世話役のところに行って
よろしくお願いしまーす。

富士講は江戸及びその周辺で流行ったもの

半分は 江戸のものなり 富士の山
ってくらいですから、江戸の人達は富士山は自分達のシンボルだと思っています。

その地域から見ると、富士山は西にある
この、西と言うのは特別な意味があり
仏教で阿弥陀如来の極楽浄土のある場所なんです。

富士行者は神道でも仏教でもない独自の宗教だと言いつつも
その辺は仏教の力を借りたりします。

富士山に登ると、極楽浄土の特別な体験が出来ますよ
その特別な体験を8回も経験した先逹は、特別な力を持つのです。

おおっ、そんなすごいことが
それなら、私も富士講に入ろう

そんなすごいこと、とは何なのか

富士山の頂上で日の出を待ちます。
すると、西の方の朝もやの中に現れたのは
おおお、阿弥陀如来様ーっ

分かります?この正体
実は自分の影
西って言うのがポイントです
科学的には、ブロッケン現象と言うらしいです。

御来光じゃなく「御来迎(ごらいごう)」と言います。

私も見た
私も見た

何か言われた?

ちゃんと親孝行していると、極楽浄土に連れていってくれるって。

こういうことは、だいたい尾ひれが付いていきます。

高田富士
1779(安永8)年、身禄の弟子の高田藤四郎という人が
今の早稲田大学の構内に、高田富士という富士塚を作ります。
食行身禄の入定後、40年もあとの事なんですね

ようやく富士塚ですね
おっとこんなに紙面取っちゃった。
続きは明日

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


フジバカマ

花カレンダー始めました

お祭りだっ。盆と正月が一緒に来たようなお祭りだっ。

駒込から白山へ。有名人のオンパレード
の続きです。

あっ
あああっ

だ、山車(だし)ではなかろうか

なんと、根津神社の神幸祭

根津神社のお祭りがどれだけすごいことか
天下祭り、即ち将軍がご覧になるお祭りは山王祭と神田祭りのみ
それ以外では、一回だけ、天下祭りになったことのあるお祭りがあって
それが何あろう、この根津神社
根津神社から小石川後楽園まで歩いてみました

二つの山車があって、ひとつは上に人形の乗っているもの
もうひとつは人形こそ乗っていませんが、でかくて金ピカ

回りに神主さんとか関係者の人が大勢います。

私は偉そうな事を言っておりますが
お神輿は見たことあっても、山車って実物見るの産まれて初めて。

涙出そう。

あっ、何か儀式が始まるぞ

ありゃりゃこんなとこにいても良いんだろうか
何と、最前列のすぐ横

神主さんの一番偉そうな人が金ぴかの山車の前に出てきて
祝詞をあげ、榊でお祓い

ということはこういうこと?
今まさに、神様が、この山車に乗り移った。

うわあ、そんな瞬間を、最前列で見ちゃった訳ですね。
一生の宝物です。

一番偉そうな神主さんが
「ちょっと遅れているから早めに出発するようにしましょうね」

いかんいかん、
このあとの予定どうしよう。

とはいえ、周りのみんなの準備万端感があまりないので
ホントにすぐってことでもない気がする

とりあえず、緒方洪庵の墓は見ませんと。
関西人としては、大阪のスーパースターの墓を見ないとバチ当たります。


緒方洪庵の適塾出身者は、私のブログで名前をあげた人に限定しても
大村益次郎、佐野常民、高松凌雲、橋本左内、福沢諭吉
スター揃いでございます。
先生ーっ

楢林宗建で天然痘撲滅だ
でも、お話ししました。緒方洪庵のお陰で天然痘が撲滅出来たのです。

急いで戻りましたが、まだ大丈夫そう。

最上徳内まで行っちゃう?

蓮光寺
北海道と言えば、最上徳内と近藤重蔵

近藤重蔵の墓も近くの寺にあったかも
今回は断念

神幸祭
よっしゃ、間に合った。

結構待ちましたが

始まった!
ここからは動画でね

山車すごい
馬かっこいい
女の子可愛い

地元の人同士の会話が聞こえてきた。

いつもこんなのあったっけ
これだけすごいのは4年に一回だけだよ

ええっ

後で調べると
通常の年は、例大祭
4年に一回、本祭りと言われる年は、神幸祭って言うんだって。

ということはですよ
たまたま歩いていて、神幸祭に出くわす確率と言うのは
たまたま歩いていて、オリンピックの開会式に出くわしちゃった、というのと同じ確率

ちょっと違うか

いやあ、一生分の運を使いきったんじゃないだろうか

ああ良かった
じゃあ、八百屋お七の墓に行ってから
今日の目的の、白山神社に行くとするか

そう思っていると
今度は、小さな男の子とそのお父さんとの会話が聞こえてきた。

わっしょい、わっしょいじゃなかったね
うん。今のはそうだね
わっしょい、わっしょいは向こうの方だよ

指指された先を見ると、お神輿がいた。
いずれにしても、行こうとしている白山神社の方向だから、歩みを進めた。
ふと気づくと、先ほどの交差点を越えてから
のぼり旗の色が変わった。

さっきまでは紺色
根津神社御祭礼
今度は白
書いてある文字は

白山神社例大祭

ん?
冷静に冷静に頭を整理しよう。

今日の一番の目的は白山神社に行くこと。
たまたま、根津神社の神幸祭に出くわした。
あそこの神輿はひょっとして

行こうとしている、白山神社もお祭りだってこと?
行こうとしている神社がたまたまお祭りって
すごい確率だと思うけど。
なんと、すごい確率の根津神社神幸祭と同時開催という事でしょうか

ただでさえ、運を使い果たしているのに
ひっくり返ってこれどうなんの

よく、盆と正月が一緒に来たような、って表現するけど
盆と正月って同時開催出来るものなのか

急げ
目指すは白山神社

八百屋お七のお墓
どうしよう。
八百屋お七のお墓
白山神社、もうちょっと大丈夫だろうか

いかん、お七の墓のある円乗寺
この辺の筈なんだけど
どこに入口があるんだろう

迷っている場合じゃないけど
でも、そうしているとまた前からお神輿
あら、良かったのかな

お神輿見学の住民の方に

すみません、円乗寺ってどこでしょうか

この下ですよ
今工事中ですけど。

えーっとこの辺かなあ

あったあ

こりゃ、工事中だって聞いてなきゃ、永遠に分からないわ

白山神社
来ました

これで、東京十社もコンプリート成りましたぁ

予想外

白山神社そのものは、静かなもんでございました。

出店は出ていて準備万端
さっきのポスターによると、夜の部があるらしいので
夜の部は、本体も賑やかになるのでしょう。

ああ、今日は、
今日も、だけど、興奮したなあ。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


ハマナデシコ

花カレンダー始めました

駒込から白山へ。有名人のオンパレード

シルバーウィークその1の二日目(9/16の事)

いよいよあそこか

王子に行った時、神社の東京十社が残り一つだと分かったその神社
白山神社だ

あとひとつ
あとひとつ

白山神社だけっていうのも寂しいから
色々調べて、組み合わせてっと

よしっ。まずは駒込から出発し
白山神社に向かって行く事にしよう

あっ、お神輿だ。ラッキー
良いのに出会えました。

これが、このあと起きるあることの予兆だったとは。

富士神社
江戸の富士講、富士信仰の中心的役割を担っていた場所。

東京でウォーキングしているとミニチュア富士である富士塚が、あまりに多いことに驚かされます。
最近分かってきたのが仕掛人がいたということ
富士講と富士塚は、これを契機にかなり調べました。
今までの富士講に関する私の認識は結構違っていて
すごく面白いことがいっぱい分かったので
回を改めて書きますね

富士神社は独特の雰囲気のある神社でした。
今までいっぱい見てきた、神社のどれにも属さないかも知れない。

特に巨木がすごかった。
神社に巨木は付き物ですが
だいたい、いちょうか楠かスダジイあたり
ここには、いろんな種類の巨木がありました。

巨木ファン集まれ!

ここは、近くに吉宗の鷹場があります。
そしてこの辺り駒込はナスの産地で有名です。

江戸時代の川柳に
駒込の 富士は二三も ひとつとこ
というのがあります。
一富士 二鷹 三茄子を凝縮しちゃった、めでた過ぎる場所です

吉祥寺
吉祥寺は、以前から、素晴らしいから一度行って見なよ、と勧められていたところ

ここか、行ってみよう。

ちなみに中央線の吉祥寺はどういう関係かと言うと
もともと、吉祥寺って太田道灌の時に、お城の中にあったとてもとても由緒のあるお寺
その前一体に門前町が開けていた。

明暦の大火の時に、移転させられるんだけど
お寺がこの場所
門前町の人たちはごそっと中央線の吉祥寺の場所に移転させられた。
自分達の拠り所となっている吉祥寺は遠く離れようとも
ここは、吉祥寺の門前町だと、町の名前を吉祥寺としたんです。

グーグルマップには、八百屋お七と吉三郎の比翼塚とあります。
八百屋お七のお墓にはこのあと行くつもりですが、これも見ましょう

すごく広いお寺
綺麗に整備してあるし、大きな釈迦如来像はあるし
お勧めされたの分かるなあ

あれっ、これは、二宮尊徳(金次郎)の墓
こんなものまであるとは予想していなかったので超ラッキー
こういうことがあるから、ウォーキングはやめられません。

ちゃんと横にこれも置いてあります。

今なら、こんな風に言われるんでしょうね

これこれ、ながら歩きはいけませんよ。

一通り見学して
さあ、そろそろ次に行くかな

今日は、観光ではない、お墓参りの一般の人達がいっぱいいました。
その中のご夫婦の会話がふと耳に入りました。

私いつも向こうの入口から入るから、こっちから入ると勝手が分からないわ
ああ、榎本武揚の墓のある方ね

ちょちょちょっと
今、何とーーっ

私が榎本武揚の大ファンであることを知ってのご発言かっ

向こうの辺、っちゅうことですね
いざっ、待たれよ

ところが結構広いので
どうにもこうにもどこにあるんだか

そもそも、吉祥寺に来るまでにちゃんと調べとけって話ですね
分かりました。反省しました。今調べましょう。

ネットで、「吉祥寺 榎本武揚 墓」と
出た出た、やっぱり吉祥寺に榎本武揚の墓があるぞ。
でも吉祥寺の中の配置までは書いていない。


ちょっと待てーーっ
と、鳥居耀蔵(とりいようぞう)の墓もあると
怖い怖い鳥居耀蔵

これは、ちゃんと腰を据えて探さねば
お寺の人に聞くしかない。

すみません。榎本武揚の墓は、どちらでしょうか
はい、これこれこうで
看板も出ているので、すぐ分かると思います。

鳥居耀蔵はどこでしょう
鳥居耀蔵ですか
こちらをこういってこういって
分かりにくいと思うので、分からなければもう一度いらしてください。

最初に鳥居耀蔵から行ったんですが
あれぇ、鳥居家の墓ってあるけど、明らかに現代のお墓

その横にあるこれかなあ

お寺の人のところに戻って、これでしょうかと写真を見せた。

はい、そうです。

次は、榎本武揚
若干迷ったものの
看板が出ていた

鳥居耀蔵は看板立ててくれなかったのね
嫌われ者でしたからねえ。

目赤不動
次は目赤不動、南谷寺

五色不動のうち、目黒不動、龍泉寺はとっても有名で
目白不動は、住所や駅名で残ったので有名。
五色不動全て将軍直々のご指示ですから、目赤不動だって話題にしてあげませんとね

高林寺
高林寺には、あの緒方洪庵(おがたこうあん)の墓があります。
その横の蓮光時にはあの最上徳内の墓
有名人、お墓シリーズですね。
このあと、八百屋お七の墓もあるし。

さあ参りましょう。

高林寺は駒込小学校の横
ということで、駒込小学生を横に見て、通りすぎようとしたとき

あっ
あああっ

続きは明日ね

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


タニウツギ

花カレンダー始めました