無学祖元。気骨の人

名僧シリーズ
前回の鎌倉時代の名僧。ただ微笑む蘭渓道隆。
の続き的話になります。

無学祖元(むがくそげん)
1226~1286年 臨済宗仏光派

無学祖元は中国の僧
蘭渓道隆と同じ感じですね

13歳の時に出家
みるみる習得していきます。

当時、元(蒙古)が圧倒的な武力を背景に、南下して
無学の寺にも攻め入ってきた

元兵が無学に切りかかってきたとき
詩を朗々ろうろうと唱えました。

乾坤孤筇(けんこんこきょう)を卓(たく)するに地なし
喜びえたり、人空(ひとくう)にして、法もまた空なりと
珍重(ちんちょう)す、大元三尺(だいげんさんじゃく)の剣
電光影裏(でんこうえいり)、春風(しゅんぷう)を斬る

(天地も私も一切が「空くう」である。
だから、元兵が三尺の剣で私を斬ろうというのなら、喜んで受けてやろう。
そんなものは電光一閃、春風を斬るようなものだ。
一切が「空」であるから、斬っても「空」である)

元兵の中にも学識のある人がいて

止めろっ
と制し
深々と礼をして、去っていきました。

僧探し
時代は少し経ち、日本です。
幕府や朝廷にも、庶民にも信頼された中国の僧、
蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が亡くなってしまいました。

本場の中国から、一流の僧に来てもらうとやっぱり違うなあ
と実感した、鎌倉幕府の執権となる北条時宗(ときむね)

中国へ僧探しのスカウト要員を派遣します。

野球で言うと大リーグからの助っ人ですね。

景徳寺の環渓は、時宗の手紙を読むと
迷うことなく一番弟子の無学を推薦しました。

私ですか、分かりました。
私も祖国を元に奪われました。
聞けば日本も、侵略される危機にあると。
何とか私が、日本をお守りできる一助になれるのなら。

日本へ
弘安2年(1279)6月
無学が、日本にやって来ました。

時宗は早速、蘭渓がいた建長寺の住持として迎え入れます。

国存亡の危機
国を預かる総責任者としての時宗の
考え方や行動が大きく影響します。

建長寺に日参し
座禅を組んで、心を鍛えます。
無学も持てるもの全てを時宗に与えます。

いよいよ、弘安の役(第二回目の蒙古襲来)です
円覚寺を建立し、無学を開山に迎えます。

戦争で傷ついた人を敵味方関係無く、治療するためです。
大きく言うと元だって中国
元の兵士が敵国の地で、寺に運び込まれ
そこには中国人の僧が温かく迎え入れてくれる
そんなこと考えられないでしょう

いよいよ、時宗出陣

どう進みまする

時宗は
目の前に広がる敵兵をイメージ

カーーツッ

よろしい
行ってなさいませ
決して後ろを振り返ってはなりませぬ。

大軍が押し寄せましたので、壮絶を極めましたが
少なくとも日本軍は気迫と士気において大きく上回り
侵略はされず、元軍は退散していきます。

当初の考え通り
多くの怪我人を治療し
多く出た死者も、敵味方関係無く円覚寺で弔うことになりました。

その時の疲労心労がたたり
時宗は34歳の若さで亡くなります。

一定の役割を果たせたし、
時宗が亡くなった事でひとつの区切りかと、中国へ帰国することにします。

でも、時宗の跡を継いだ北条貞時(さだとき)も、時宗以上に無学に惹かれていました

多くの弟子達、信者達に懇願されます。

もう少し私にもやれることがあるのかも知れない。

その後、大干魃があったりと大変な時代は続きますが
無学とその弟子達は、乗り越えていきます。

61歳、日本で天寿を全うすることになります
ひとつの詩を残します。

来たるも、また前(すす)まず、去るも、また後(しりぞ)かず。
百億毛頭(ひゃくおくもうとう)に獅子現(ししげん)じ、百億毛頭に獅子吼(ほ)ゆ
(生も死もない。全身を勇者の獅子と化して、吼えつづけるだけだ)

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

おばけ煙突を見に行きました。

週末です。お出掛けです。
と行きたいところが、歯が痛い

下の奥歯は全く無く、上の両方の奥歯は随分前からもう限界
次痛んだら抜かざるを得ませんと言われている。

とうとう、その時がやって来た
今日は、応急処置ですが、次回は抜いて
入れ歯も作りましょう。

出たっ。入れ歯、下の奥歯で作ったけど、はめると痛くて痛くて
結局全然着けなくなっちゃった
今度は上下だから倍痛いのかなあ。

抜くのは9/15結構先になります。

帰ってきて、カミさんが、今日はどこでも行ってきて良いよ
カミさんは家での仕事です。

やったぁ

とは言え、薬はもらったものの歯が本調子じゃないので
イベントのお昼予約探しだけにしよう。

北千住
イタリアン
若干お高めではありますが
パスタランチは前菜、デザートとワンドリンクまでついて1500円(税別)
前菜だけでもこんな豪華

失敗失敗
メインのパスタを撮すの忘れた。
デザートは、パンナコッタ。
そないなもん、はじめて食べた。

一番ビックリしたのがドリンク
普通、ランチにドリンクと言えば、コーヒーですか、紅茶ですか
何とここは、ビールとかリキュールを含めた、40種類くらいから選び放題

そりゃビール飲まない訳にはいきますまい。
カシスビールって飲んだことない甘いビール
美味しかったなあ

イベントの場所をいくつかおさらいして

ひとつだけ行っていなかった所に行った
ラジオ体操発祥の地
腕を前から上にあげて、背伸びの運動から

ラジオ体操始まりの時の面白エピソードはこちらを見てね
ラジオ体操っ。だいいちーっ

このまま、帰るというのも何だし
一ヶ所位どこか行くかな

グーグルマップで見てみるとおばけ煙突モニュメントというのがあった
そこまでちょっと距離がある

どういうルートで行くかな

あっ荒川があるじゃない、折角だから荒川を歩こう

荒川


スコーンと広くてああ気持ち良い

それにしても、こんな暑い中良くスポーツできるよなあ
スポーツする人って尊敬する

その中で初めて見たスポーツ
ラグビーに似ているんだけど、ボールがフリスビー
見ていてとても面白いスポーツだった
見ていて面白いって言うのは良いですね
オリンピックに採用したら良いんじゃないかなあ
ネットで調べてみたら、おそらく「アルティメット」っていう競技

おばけ煙突
あったー
おばけ煙突モニュメント

大正15年から、昭和38年まで、千住火力発電所で40年間親しまれた煙突

こち亀の漫画とかでも良く出てきていた。

4本の煙突なんだけど
見る角度によってお互いが重なって、1本、2本、3本、4本と4通りに見える
だからおばけ煙突

私は関西人なので分からないけど
昔から東京に住んでいる人は
昔懐かしい東京の風景となると
真っ先にあがって来るものでしょう

一回、どうしても見たかった。

これが解体した煙突の一部を使ったモニュメント

モニュメント越しのスカイツリー

その横に、20分の1スケールの煙突が作ってありましたのでやってみました。
4本

3本

あるいはこれ

2本

1本

煙突の位置を示す図面はこれ

モニュメントがあるのは、帝京科学大学なんですが
その隣の発電所の敷地が実際にあった場所

隅田川のすぐ横です

隅田川大好き
隅田川テラスを多少散策し
尾竹橋(おたけばし)を渡って

結構距離はありましたが、町屋駅まで歩いて、帰ってきました。

おでかけマップ

[大奥]14 和宮2。こんなもの、こんなもの

[大奥]14 和宮。恋文を書いては破り。
の続きです。

愛する婚約者と無理矢理別れさせられ
京都の人からすると、ど田舎と思い込んでいる江戸なる場所に嫁に行く

惜しまじな 君と民のためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも

私は、犠牲になるんだ。
どう考えても、心を開くはずがありません。

そんなあり得ない奇跡を起こしたのが
家茂(いえもち)の優しさでした。

俺は男だ、の、将軍だ、のを一切出さず
天皇の妹を、天皇の妹として丁重に迎え、優しく見守り、暖かく包み、そして愛した。

ひょっとして、私の勝手なイメージが先行していただけなの?
戸惑い、どうして良いか分からなくなった
それから、その目の前の男性を心の底から愛するようになるのに、それほど時間を要しなかった。

いつも一緒
典型的なおしどり夫婦

今までも正室と中の良い将軍はいなかったわけではありません。
でも、側室を置かなかった将軍は、後にも先にも、家茂ひとりです。

天璋院や勝海舟も伴って、浜御殿に行ったとき
建物から出るときに、和宮が真っ先に裸足のままさっと下に降り
家茂の履き物を揃えたと言います。

あり得ないことです。
おそらく、和宮も生まれて初めてそのような行動を取ったんじゃないでしょうか。

何度か、家茂は京都、大阪に向かいます。
長州征伐のため、そして攘夷実行のため
戦地に向かう訳です。
江戸はそれまで200年以上も平和が続いている。
戦争があったって遥か昔すぎて、教科書で習うような歴史上の出来事。
イメージ出来なさすぎて、不安で不安で仕方ありません。

さみしゅうございます。
恐くて恐くて、どうすれば良いんでしょう。

すぐ帰ってくるさ
お土産は何が良いかな

西陣が良いかしら
でも、そんなことより、くれぐれもご無事で

お見送り後すぐに増上寺
無事の帰還を願って、お百度参り
これこそ生まれて初めてでしょう

今までなら、お付きのものに
お百度踏んで来なさい、と言えば済んでいたでしょう。

ふと頭をよぎるのが
自分が丙午生まれだと言うこと
丙午生まれの女性は、相手の男性をダメにするという迷信。

予感が当たってしまいました。
戦争でというわけじゃないのですが
大阪で準備中に、脚気(かっけ)であっけなく死んでしまいました。
昔は、脚気は死に至る恐ろしい病気だったんです。

和宮の元に、約束の西陣が届けられました。
子供の頃から親しんだとても懐かしいもの

でも、本当ならそれを持って微笑んでくれているはずの人がいない

空蝉の 唐織ごろも なにかせむ 綾も錦も 君ありてこそ

こんなもの
こんなもの

江戸
和宮は正直、天璋院篤姫が苦手
京風を通す事が条件で来て、家茂もそれを尊重してくれていた
天璋院は、嫁いだからには全て嫁ぎ先の流儀に合わせるのが嫁の勤めだと強く思っている。

合うわけがありません。

でも、自分が夫を亡くして初めて、天璋院の気持ちが分かった。

京都の言葉で「お弱さん」だった家定
夫婦の契りが一度もないままに、1年半で夫を亡くした。

そうなのか

家定が亡くなった時、再三薩摩に戻るように促されても
断固拒否した気持ちが分かる気がした。

宮さん、京都に帰らはったら?

いいえ
天璋院様と共に江戸にいて
一緒に徳川を守りたいと思います。

時代は急展開に急展開を重ねます。
徳川幕府は、新政府に

負けた

大軍団を形成して、京都から江戸にやって来る
江戸城を攻め落とすために

皮肉な事にその総指令官におしたてられたのが
和宮のかつての婚約者、有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)

天璋院とともに徳川を守るんだと決意して
何ができたかというと何ができた訳でもない。

和宮として出来ることと言ったらひとつだけ
熾仁親王へ向けた、徳川慶喜(よしのぶ)の助命嘆願書

好きだった
恋文が届くたびにどぎまぎして
返信を、書いては破り、書いては破った

甦る
全く内容は違うんだけど。

追伸
好きでした
江戸へ発つ時は自分の運命を恨みもしました。
でも、今は後悔していません。
そう思える方と、巡り会えました。

書いて
やっぱり破った。

手紙が効を奏し、江戸城は無血開城
江戸は火の海にならず、100万人の命が救われた。
徳川慶喜は切腹を免れ、家達(いえさと)を当主として徳川家は存続。

明治になって、和宮は京都に帰った
でも5年後、東京に舞い戻っている
天璋院篤姫のところへ出向き、一緒に食事をし、観劇を楽しむ

1877年(明治10年)、家茂と同じ脚気で
わずか32歳で亡くなります

遺言により、墓は増上寺にある家茂の墓の隣につくられました。
ずっと後に、掘り出したのですが
和宮は家茂のガラス写真を抱いていました。

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]19 允恭天皇。衣通姫の愛

天皇シリーズ、19代の允恭(いんぎょう)天皇です。

允恭(いんぎょう)天皇
雄朝津間稚子宿尊(おさづまあづまつくねのみこと)412~453

允恭(いんぎょう)天皇は、履中天皇や、反正(はんぜい)天皇の弟。

反正天皇が亡くなり、次は、弟さんでしょうね
三種の神器が、允恭(いんぎょう)天皇の元へ。

ここで初めて、文献として、三種の神器が皇位継承の証として登場します。
それより前も行われていた筈ですが。

允恭(いんぎょう)天皇は、性格が控え目
私はそんな器ではない。と固辞

そんな事言われても、他に候補者がいない。
いつまでも天皇が空位のまま。

皇后は、忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)
見かねて、承けるよう促す。

その時、三種の神器を受け取るにおいて手を清める水を捧げ持っていた。
允恭天皇は押し黙ったままで時が流れる
12月、凍える寒さで、水が凍り、手にもかかった。
手も凍り付き、蒼白になった。

さすがにそれを見て
分かりました。

衣通姫(そとおりひめ)
衣通姫(そとおりひめ)伝説というのが、日本書紀と古事記、両方に書かれています。
ただ、不思議なことに内容が違う。

まずは、日本書紀に書かれている方の衣通姫から
古事記に書かれている衣通姫は、次の安康(あんこう)天皇の時にお話しすることにいたしましょう。

皇后には妹がいた。
衣通姫(そとおりひめ)と呼ばれていた。
絶世の美女で、肌の美しさが、衣を通して輝いて見えたから。

ピカピカー。
寝るときは、まぶしくてひと工夫いりますね。

噂を聞いた、允恭天皇は、宮中へ来るようにと使いを出す。
当時は一夫多妻制

お姉さんが皇后なのに・・

なりませぬ

允恭天皇は、ちょっとしつこい。
7回も使いを遣わす。

駄目なものはだめでございます。

でも諦めない天皇
姫を連れてくれば、褒美をたんと取らせる
中臣烏賊津(なかとみのいかつ)を向かわせた。

糒(ほしいい=乾かしたご飯の塊)を持って姫の元へ

今日こそは、来ていただきますぞ。
来ていただけるまでは、私はここを動きません。

と座り込む

いずれにしても、連れて帰らねば私は殺されます。
であれば、同じこと。
私はここで死にまする。

姫が用意した食事には一切手をつけない。

姫が離れると、隠し持っていた糒をパクリ

七日目
こんなところで死なれては、寝起きが悪うございます。

ようやく承諾
作戦勝ちですね。

でも、さすがに宮中へはちょっと、なので
近くの別の場所に住まわせる。

足繁く通う天皇。
誠実な人柄に、次第に心を開き、二人は愛し合うようになります。

一方で皇后も子(後の雄略天皇)を宿します。
いよいよ産まれるという日まで、衣通姫の元へ向かう夫
心底絶望し
産殿を焼いて、お腹の子供ともども死のうとします。

これには参った天皇
反省し、誠心誠意謝ります。

衣通姫はもう少し遠い所にお引っ越し。

可哀想なのが衣通姫
その時は、天皇を愛するようになってしまっていました。

そうそう来れなくなったのは分かります。
姉の気持ちだって分かります。
分かりはしますが、

やっぱり会いたい。

頭ではなく、心がそう言います。

ただ待つ日々

今日こそは
今日こそは来てくれるんじゃ無いかしら。

あっ
間違い無いわ
今日よ
だって

我がせこが 来べき宵なり 笹が根の蜘蛛のふるまい 兼てしるしも
「わがせこが くべきよいなり ささがねの くものふるまい かねてしるしも」

中国の故事で、笹の根元にクモが巣を張ったら、愛しい人が来てくれるって。
ほら

和歌三神
和歌三神というのがあります。
和歌の守り神。玉津島明神(たまつしまみょうじん)と住吉明神、柿本人麻呂の三柱の神
玉津島明神とは、和歌山県の和歌浦(わかのうら)にある神社

祀られている神様が、衣通姫です。

実は、衣通姫が残したとされる和歌はもうひとつだけ

とこしへに 君も偶(あ)へやも 漁(いさな)取り 海の浜藻の 寄る時々は

(いつも、しょっちゅうあなたに逢いたいけれど、そんなことができるでしょうか。海の浜辺に藻が寄せるように、時々しかあなたは寄ってくれないのに)

この2首だけで堂々の和歌三神です。

衣通姫に魅せられた人は、第58代光孝(こうこう)天皇
夢枕に衣通姫が立って、和歌を詠んだと言います。

立ちかえり またもこの世に 跡垂れむ その名うれしき 和歌の浦波

ということで、和歌の浦の玉津島明神に神様として、衣通姫を合祀しちゃいました。

そしてもうひとり、徳川5代将軍綱吉の側用人、事実上の大老、柳沢吉保です。
柳沢吉保は、拝領した駒込の広大な土地に庭園を作ります。
六義園(りくぎえん)です。
その池に水を引くため、玉川上水から延々と用水を引いたのが千川上水です。

和歌が大好き、和歌山大好き、衣通姫大好きな柳沢吉保は
和歌山の名勝を再現し、それぞれの地で詠われた和歌の景色を再現します。
何と言っても「和歌」山というくらいですから、和歌の国です。

当然、中には和歌の浦と玉津島明神を作り
衣通姫を祀ります。
衣通姫の「我がせこが」の歌も再現します。
ここがささがにの道
(古今和歌集では笹が根は「ささがに」と変わっています。細いとか小さいとかいう意味で、蜘蛛にかかる枕詞)

シリーズの次回は、安康天皇にからめて、古事記に書かれた方の衣通姫を紹介します。
随分違いますよ。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)