[歳時記]5/16 旅の日

「おもしろ歳時記」という本からのシリーズ
一年間続けてまいりましたが、今回の5/16で、1年ちょうど一回りですので
このシリーズとしては最終回になります。

「おもしろ歳時記」というだけあって、けっこう面白い話題がありました

5/16
江戸時代の俳人、松尾芭蕉は、1689(元禄2)年3月27日(旧暦)に奥の細道の旅スタート。

この日が新暦の5月16日にあたることから、
「日本旅のペンクラブ」は、 1988(昭和63)年にこの日を「旅の日」に制定した。

奥の細道は、約2400キロに及ぶ徒歩の旅。
江戸深川を門人曾良とともに出発し、奥州各地を行脚。
越後、加賀をめぐったのち、美濃の大垣に着いたところで旅を終えている。

その後、この歌枕を訪ねた旅の体験を素材に、
5年の歳月をかけて『おくのほそ道』にまとめられた。

日本旅のペンクラブは、旅を愛する作家やカメラマン、学者、ジャーナリストなどが、
交流を深めながら、研修や提言を通して旅の文化向上に寄与しようと、
1962(昭和3)年に発足させた組織。

毎年、旅の文化に貢献した団体や地域などに、「日本旅のペンクラブ賞」を贈っている。
例えば、1999(平成11)年は、京都府の「丹後半島」が選ばれている。

松尾芭蕉
松尾芭蕉は、東京ウォーカーとしてはありがたい存在
ウォーキングイベントでもゆかりの地にいっぱい行きました。
深川だったり、千住だったり

銅像だけでも5つはあります。



深川でも千住でもウォーキングイベントで俳句バラバラゲームで盛り上がりました。
みんなにカードを3枚配り、
俳句を作ってもらって、上の句中の句下の句を別々の紙に。
受け取ったそれぞれをシャッフルしてバラバラに繋げて読み上げる

奇妙きてれつな句になることもあれば
おおっ、こりゃ偶然良い句になったじゃない、って事も
大笑いできるゲームです。

[歳時記]シリーズはこちら(少し下げてね)

[歳時記]5/13 カクテルの日

5/13

今ではおなじみの「カクテル」という言葉が、アメリカの雑誌に初登場したのは1806年のこの日。
「バランス」という雑誌に、
「酒に砂糖と水とビターを混ぜた興奮飲料で・・選挙運動用の妙薬」と紹介されている。

カクテルの由来には諸説あるが、一説には、1776年頃にニューヨークの酒場で、
酔っぱらった男が酒場に飾られていたオンドリの尾羽根を見て、
「あのコックテイルを1杯くれ」 とオーダー。
バーテンダーが気をきかせて、数種類の酒を混ぜたものをつくって、
尾羽根を添えて出したことからといわれている。

日本では、何度かカクテルブームが訪れている。
第1次ブームは1950年代、アメリカ文化の流入とともにハードなカクテルが人気になった。
第2次は60年代後半から学生コンパの流行とともにフィズドリンクが、
第3次は70年代末から90年代にかけてトロピカルカクテルがよく飲まれた。

そして、現在の第4次は、気軽に楽しむ若い世代に加え、
本格的なカクテルづくりを楽しむ人が増えてきたのが特徴だ。

残念ながら、私はお洒落なバーなんぞに行った事がありませんので
どこからどこまでが「カクテル」なのか分かっておりません。
角砂糖なら分かりますが。

安い缶入りのお酒「ほろよい」っていうのがありますが
あれも広い意味ではカクテルみたいですね
単にチューハイかも知れませんが。

だとするとカクテル大好きです。
良いネーミングだなあと思います。
ちゃんと酔うほどじゃなく、ちょっと良い気分になるくらい

昨日も、駅前のオーケーストアでほろよいのレモみかんと
あられアソートを買ってきて、押入れに隠しておき
カミさんが寝たあと
社労士の勉強しながら、ちびちびやっておりました。

[歳時記]シリーズはこちら(少し下げてね)

ありがとうございます

一日おいて、木曜日
初めての木曜日のブログです。

みなさんありがとうございます。
激励のコメント
想像していたよりはるかに多くいただきました。

勝手なことばかり言っている私に、お叱りのコメントもあるんだろうなと思っておりましたが一つもありませんでした。

幸福者です。
コメント読んでいて、涙が浮かんできて
まともには読めませんでした。

ブログずっと続けてきて良かった。
生きていて良かった。

大袈裟かもしれないけど
これほど強く思ったことはありません。

「生きている証」がブログでありました。
「生きている意味」がいただけたコメントだと思います。

ブログという、名もなき一般市民が情報発信をできる手段
そんな事ができる時代に生きれて良かった。

私は、取り柄もないし、金もないし、地位も身分もない
普通ならば、地道に生きて、それでただ土に返る
そういう存在

でも、ブログとウォーキング同好会のおかげで
家族以外にも「かけがえのない人たち」と繋がりを持てた。

こんな幸せな事があろうか

社労士合格に黄色信号がともっている
自分で決めた事だからやる
その一点

とはいえ、気持ちはモヤモヤしていた

吹き飛んだ
こんなにいっぱいのあたたかい激励を受けて
やらない訳にいかない

もう一度言わせてください。

ありがとうございます。

[社労士]シリーズはこちら(少し下げてね)

ごめんなさい

8月末まで、日記(ブログ)をあげるのは、毎日ではなく
週に3日、火曜日、木曜日、土曜日にします。
8月末に社労士のテストです。

2014年9月にブログを始めました。
8年半にもなったのですね
それ以来、毎日書いてきました。
毎日です。
一日たりとも欠かした事がありません。

ずいぶん考えました。
私、本名佐々木正純は、でーこんです。
この8年半は意識的には、半分以上をでーこんとして生きてきています。

でーこんは、ブログであり
ウォーキング同好会です。

迷いました。

長女からは最初から言われていました。
そんな難しい資格にチャレンジするんだったら
ブログは休むべきだと
中間テストや期末テストの前は、部活休むでしょ

なかなか的確なたとえです。

毎日ブログを書くって、一度も宣言した訳でもないし
自分に対して課したルールでもない
でもね
8年半ずっと続けてきた事なんです。
明日は、課の飲み会だから書けないって時は
事前に書いておいたりして

何をしても飽きっぽくて、
3日坊主を絵に書いたような性格だったのに

中断できません。
こういうのを断腸の思いというのでしょうか
腸がねじれるようです。

出した結論が、半分。火木土
何とも中途半端

ごめんなさい
本当にごめんなさい

8年半のほぼ最初の方から
ずっとコメントをいただけている方もいます。

コメントいただける度に嬉しくて。
でーこんやっていて良かったなあ

書いていても、こみあげて来ちゃいます。

8月末には戻します。
そのためには社労士に合格しなきゃね

ごめんなさい。
本当にごめんなさい。

[ブログ]シリーズはこちら(少し下げてね)