[昭和歌謡]53 恋の町札幌

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

恋の町札幌
石原裕次郎
作詞、作曲 浜口蔵之介
1972年

♪時計台の 下で逢って
私の恋は 始まりました
だまってあなたに ついてくだけで
私はとても しあわせだった
夢のような 恋の始め
忘れはしない 恋の町札幌

だまってあなたについてくだけで幸せって
そもそも黙っている女性を見たこと無いんですけど

あの、女性の喋る能力とエネルギーは
どこから来るんでしょう。

これ、相手の男性はどんな人?
って思うと、なんとなんと
このお相手、町なんですって
札幌

町に恋をした女性の物語

うん
それなら分かる

うちの次女もそれです。

札幌に行きたくて
大学は札幌でひとり暮らし
さらに札幌が好きになって
札幌市役所に就職応募したんだけど
結局落ちちゃったので、今は東京。
親としては、結果オーライなんだけど。

何がそんなに良いのかって聞いたら
「何でもあるところ」

地方都市に住んでいる人に
東京にはこんなんあるけど、そっちにある?
って、嫌味な事を聞くけど
札幌にはそれが通じない
本当に何でも揃っている
東京のようにだだっ広いんじゃなく
実にコンパクトに何でもある

ただ、次女が言うには
札幌時計台は
日本三大残念観光地のひとつ

札幌時計台と高知はりまや橋は、不動のワンツーなんだけど
三つ目は言う人によって違う。

時計台行きましたけど
ビックリしましたね

えっ、嘘、ほんま?
確かにこれやわ、写真で見るやつ
それにしても、いつも見る写真撮った人
無茶苦茶写真のスキル高いなあ

もう一回行っちゃいましたからね
ほんまやろか、と確認しに

石原裕次郎
もう何も言うこと無いですね

カラオケでも良くいます。
裕次郎しか歌いません、って人

昭和の大スターと言えば、美空ひばりと石原裕次郎
不動のワンツーです。
桁が違います。

私は一番のピークをリアルタイムで知らないので
ブラインド下げて外を見ているおじさん、
のイメージですが
それでも、カッコイイなあと思いましたもん

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムクゲ

花カレンダー始めました

高田屋嘉兵衛は日本を救った男

江戸の理系力シリーズの派生です。

理系ではありませんが、北海道開拓の、最上徳内や近藤重蔵が出ましたので
北海道と言えば、最上徳内と近藤重蔵
そうなると、この人は忘れちゃいけません

高田屋嘉兵衛
高田屋嘉兵衛(かへえ)は船乗りで商人

淡路島で産まれます
私と同じ兵庫県民ですね

農業だけでは食べていけなかったので、奉公に出ます。
色んな事をしますが
ある時に樽廻船(たるかいせん)の水主(かこ)になる
どんどん出世していって、自分でも船を持てるように

運賃や手数料をもらうだけでなく
自分で商品を安く仕入れ、都市に船で運んで高く売る

危険は大きいですが、当たると大きい。

商才に長けていた嘉兵衛は、どんどん商売の範囲を広げていきます。

誰も商売をしていない場所で商売してみたい。
北の外れ、択捉島に目を付けます。

この船があれば行けないことはあるまい。

まずは蝦夷(えぞ=北海道)に行き、近藤重蔵と出会います。

お前も択捉に行きたいと申すか

へえ、さようで

物好きな奴もいたもんだ。
実はわしも、択捉に渡り、測量をしたいと思っているのだが
渡ろうにも、船が準備出来ない

そんなことでしたら、お易い御用でございます。

二人は意気投合し、共に択捉へ向かおうとするのだが
案内をお願いしているアイヌの人達は揃って反対
特に、国後島と択捉島の間が狭くなっているので
三つの海流が合わさって難所中の難所の大激流

なあに、危険なところなら、大きく遠回りして避ければ良いだけの事
急がば回れ、
昔の人は良いことを言っとります。

無事成功

それ以降、この航路を開発した嘉兵衛は
何度も訪れ、豊富で貴重な資源をほぼ独占的に獲得できるのです。

ロシア
前回も多少触れましたが
この頃、ロシアが頻繁に海上に現れるようになります。

1792年、エカテリーナ号で、通商を求めて根室に来航したのが、ラクスマン

幕府は、その場しのぎで、長崎への入港許可証を渡して帰らせる

当然、これで通商出来ると思いますよね

それを持って、1804年、レザノフが長崎に来ます。

オネガイシマース

ところが、ぐだぐだ半年も待たせたあげく
通商拒否

それなら最初からそう言わなきゃね

レザノフはカンカン
ニホンジン、ワケワカリマセーン

部下達が数ヵ所で乱暴を働きます。

今度は、幕府が報復に、1811年
測量のためにやって来たディアナ号のゴローニン艦長を捕まえちゃいます。

そっちがその気なら

ロシアだって人質取っちゃいますからね

ちょうど船で通りかかった人を捕まえちゃいます。

そんなところを船で通りかかるって、もうお分かりですね
高田屋嘉兵衛、捕まっちゃいました。

カムチャッカ
嘉兵衛はカムチャッカまで連行されます。

ディアナ号の副艦長リコルド
拷問にかけるのかと思いきや
なんとも丁寧に扱ってくれます
リコルド自身の部屋で一緒に寝泊まり。

拍子抜けです。

長い間過ごすうちに、息子とも仲良くなっちゃいます。
息子から、ロシア語も習い、それなりにコミュニケーションもとれるようになってきました。

ある日、意を決して、リコルドにフランクに話しかけてみます。

話してみれば、人と人
もともと御互い様だった訳だし
ロシアは日本に攻め入ろうとしている訳じゃ無いことも分かった。

やっぱり、あの乱暴したのは良くないよ
どうでしょう
そちらから先に謝ってくれるっていうのは。
日本人って面白いんだけど
先に謝られちゃうと
いえいえ、こちらの方こそって、100%言うから。

ロシアが弁明書を提出
案の定、日本は、いえいえこちらこそ

ゴローニンも釈放で、人質は交換

ゴローニンが捉えられてから、実に2年3ヵ月後の事でした。
ディアナ号のゴローニン達は
船上で
「ウラー、ウラー(ばんざい)」

嘉兵衛も嬉しくなっちゃって
「ウラー、ウラー」と声が枯れる程叫んだ

そして、リコルドとの別れの時
辛くて辛くて、どうしようも無かった。

政治家でも役人でも無い
ただの商人

危うく戦争に突入、
って危機を救ったのは
そんな、ただの、良識ある日本人らしい日本人だったんです。

索引はこちら
[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


オオバンソウ

花カレンダー始めました

葉っぱはなぜ平たいか

「植物の形には意味がある」から

植物の葉っぱって
ごくごく一部を除いて、平べったいんです。

何を今さら、ですね。

じゃあ、なぜ平たいか
考えてみましょう。

葉っぱはなぜ平たいか
植物は光合成をして、生きている

従って、より光合成を有利に行えるように考える訳です。

光合成に必要なのは何でしょう

光と、二酸化炭素と、水

正解!

日本の教育は素晴らしい。
大体の人は知っています。

さあ、この3つをどう手に入れるか

あくまでも、「主に」ですが
光は、葉の表から
二酸化炭素は、葉の裏から
水は、根から

になります。

根の話は、改めてしたいと思います。

葉っぱの役割として、
まずは、光の獲得から参りましょう。

感覚的にはすぐ分かりますね。

光を多く集めるには広く広がった方が良いからですね。

膨大な量の太陽の光
でも、単位面積あたりで言うとさほどの量ではないんです。

例えば、人間の体全部に太陽電池を張り付けたとします。
でも、生きていくのに必要なエネルギーは得られない。
太陽光発電が次世代エネルギーの主役であるのは誰もわかっているのに
まだ今だに苦労しているのは「思ったほどじゃないから」です

思ったほどじゃなくても、植物はそこに命がかかってますから
必死で集めるために、広く広がるんです。

最初に、ごくごく一部を除いて平べったいと言いました。
そのごくごく一部の例。
丸っこい葉っぱを持つのはサボテンです。

サボテンの生える砂漠では、
光?
そんなもん、なんぼでもありますわ、状態です。
広がる必要がありません。
逆に、「水」という要素こそが重要です。
水を貯めておく必要がある。
表面積を出来るだけ小さくして
水が蒸発してしまわないようにする必要がある
球体であるのが一番効率が良いわけです。

「平べったい」は「広い」に加えて「薄い」も含んでいます。

なぜ、薄いのか

分厚いといっぱい材料がいるから、です。

光合成で出来るのは?

ブドウ糖です。

ブドウ糖は、生きるエネルギーになり
また、一部はさらに変化し、植物の体を作る組織になる

少なくて、即ち薄くて済むのならその方が良いですね

でも、薄くても、やるべきことをちゃんと出来ないと意味がないですから

葉の表裏
さっき、チラッと言った葉っぱの役割をもう一度

光は、葉の表から
二酸化炭素は、葉の裏から

葉の断面を見てみましょう

ごちゃごちゃしているので、機能的に良く分かるように簡素化しますと、こんな感じ

表側はリレーのバトンをいっぱい立ててぎゅっとまとめた感じ
裏側はスポンジみたいにほわほわ
表裏とも、皮で覆われているけど
表にはポツポツと穴が
裏にはボコボコッと穴が空いています。

葉の表から入った光はバトンを縦に進みスポンジ領域に
あちこちぶつかりながら行ったり来たり
葉の表側から逃げようとするとはねかえされるためにバトン状にしてある
入ったが最後逃すもんか、地獄です。
裏からは逃げられるんですけどね

裏には、穴がいっぱい空いているので
二酸化炭素を吸いやすくなっています。
これは、裏だけね
表もスポンジ状だと雨吸っちゃって、重くて仕方ない
葉は根と違って、水を吸う機能は無いのではじいた方が良い

要するに、表の機能と裏の機能を貼り合わせた程の分厚さは必要、ということです。

その先
その先は個性の話になってきます。
常緑樹の場合、
冬の寒さに耐えなきゃいけないので
落葉樹や、一年草なんかはギリギリの薄さでも良い

でも、これは大きな傾向
実際に個別の植物でどれくらいの分厚さかってことになると個性の問題。

さらに、細かな形の話になると、
前回もお話ししましたが
大して変わらない。

ここ、重要だと思うんです。

葉っぱの形は、今まで話したところまでしか理由が無い。

最も重要な、光合成に関すれば
イロハモミジのような形だろうが
サクラのような形だろうが
プラタナスのような形だろうが
回りにギザギザがあろうがなかろうが
大して変わらない。

ということは、
ダーウィン先生の言った自然淘汰による進化で考えて
何かが何かを駆逐するような事は起きない。

いつまでたっても、イロハモミジはあの形

人間
無理矢理かも知れないけど
人間だって同じなんじゃ無いだろうか

たまたま、その時々で考えて、
金持ちと貧乏人
お偉いさんと平民はいるけど

人間の優劣、みたいなことになると
大して変わらない
んじゃないだろうか

周りに「凄い人」がいたりすると
とてもあんな風には出来ないや、って思っちゃうけど

そんなときは、葉っぱの事を思い出せば良い

うん
大して変わらん

索引はこちら
[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)


ペンタス

花カレンダー始めました

ジョサイアコンドルのひととなり

外国人から見た日本シリーズ
一旦、各国の公使から離れます。

ジョサイアコンドル

東京をウォーキングしていて
名のある西洋建築に出会ったとき
必ず出てくるのが、ジョサイアコンドル
ジョサイアコンドルないしは、その弟子が作ったものですと

巨匠中の巨匠
どんなすごいひとなんだろう
絶対髭生やしているなあ
パイプくわえているんじゃないかな
どんどんイメージが広がっておりました。

ジョサイアコンドルは、いわゆる「お雇い外国人」
文明開花において、外国からお金を出して来てもらい
技術提供と指導をしてもらう

明治10(1877)年
若いイギリス人が日本に到着
まだ24歳
とてもビックリしたんだけど
さぞや実績十分の
以前ヤクルトに来た、赤鬼ボブホーナーみたいな人を連れてきたんだとばかり思っていましたが
そもそも、全く建てたことない
英国建築界の登竜門、ソーン賞を受賞したばかりで
将来は約束されたようなもんだったけど
実績としてはやっぱり無かった。

ということなんで
今に換算して月給300万くらいは
破格中の破格

まあまあこちらへ
と、上げ膳据え膳

そして、いきなり3年後
日本の国益を左右する、あの鹿鳴館の設計をしちゃう訳です。

当然です。
西洋建築のいろはが分かっている人間は彼一人
払っている金に見合った仕事をしてもらう必要があります。

結果として、人選は全く間違っていなかった。
そこから「日本の洋館」がスタートするのですから。

実は、ジョサイアコンドルは、イギリスで不満を持っていた
ロンドンの万国博覧会で日本の美術を見て以来
建築にオリエンタルなテイストを盛り込みたかった
でも、当時のイギリスでは全くそれは許されないこと。

ただ、日本の美術が西洋より優れているという片寄った異国趣味を持っていた訳ではない
程よいバランス感覚を持っていた

鹿鳴館の設計で、
よっしゃ、いよいよ私の表現したいものが出来るぞ

でも、要求されているのは、「洋館らしい洋館」

やり直しっ

結果出来上がったのがこれ

正直、私は洋館らしい洋館がどんなものか分かっていません
でも、間違いなく、ここをスタートとして
絶賛される数々の建築を完成させるという事は
それが、日本人にとって、しっくりくる洋館だったからじゃないでしょうか

残念ながら、外国人には受けが悪かったようで
「奇妙な建築」だと言われてしまったようです。

良いじゃないですか
言いたい奴には言わしとけ

三菱一号館

旧岩崎邸

旧古河邸

ニコライ堂

あっという間に、誰にも文句を言わせない実績を作りあげちゃったあとは
俺の作るものこそが日本の建築なり
と威張って良いですね

特筆すべきはその弟子達です

■辰野金吾

日本銀行

東京駅

■片山東熊

迎賓館

ただ威張っているだけじゃこれだけの弟子は育たないでしょう。
おそらく、弟子の気持ちが分かる人だったんじゃないかな

というのも
今回本を読んでとてもビックリしたエピソード

河鍋暁斎
当時の日本画で、押しも押されもせぬ最高峰が河鍋暁斎(かわなべきょうさい)
なんとコンドルさん
河鍋暁斎に弟子入りしちゃうんです。

建築だけやってれば、みんなひれ伏すのに
敢えて「弟子」になろうという訳です。

できないと思うなあ、そんなこと
一気にコンドルさんの事が大好きになりました。

絵もそうだけど
考え方を学ぶ
写生をさせてもらう自然の対象に、敬愛の心を持って接する

めきめき腕をあげ
ついには「暁英」という号まで頂いちゃいます。

これ何だか分かります?

暁斎絵日記という筆休めに書いた絵
真ん中にいるのは、ジョサイアコンドル
最初の頃、正座が出来ず、腹這いになって絵を書いています。

河鍋暁斎が胃ガンでこの世を去ったとき
最後に手を握っていたのは、ジョサイアコンドルだったそうです。

さらに

日本画にあきたらず
日本舞踊まで習っちゃいます。

今度の先生は誰でしょう。

前波くめ、という一流のお師匠さん。
この人がまた、踊りだけでなく
人間的な魅力に溢れる人

コンドルさんは、日本女性と結婚し
生涯を日本で暮らすことになります。

その日本女性の名は?

「前波くめ」さんです。

索引はこちら
[幕末・維新の外国人]シリーズはこちら(少し下げてね)


ランタナ

花カレンダー始めました