[仏像の見分け方]普賢菩薩は女性が大好き

仏像の見分け方シリーズ
今日は、普賢菩薩(ふげんぼさつ)です。

普賢菩薩
文殊菩薩はの智慧の象徴でしたね
普賢菩薩は、慈悲を象徴します。

普賢とは「仏法の普遍の教え」の意味で、
仏の理を示し、慈悲をつかさどる重要な菩薩です。

あらゆる世界に現れて人々を教化し救済することから、
「行の菩薩」ともよばれます。

どこでも行くよ
行動力はピカイチ。

長寿っていうご利益もあります。

文殊菩薩と同様に、普賢菩薩も多くの経典に説かれます

『華厳経』では、十種の広大な誓願が説かれ、
この菩薩が讚嘆されています。
『法華経』では、六牙の白象に乗って現れ、
行者を守護すると説かれ、
騎象する普賢菩薩の由来となりました

女人往生
その、法華経
最初は文殊菩薩、真ん中辺は弥勒菩薩、
最後の辺は普賢菩薩が主役になっています。

そこで、重要な事が書かれている。
普賢菩薩が、女人往生の証人になったと。

昔は、女性はそもそもけがれていて
5つのものにはなれない。
その5つの中に、仏が入っている

女性はけがれている論は、おそらく、インド中国に限らず
日本を含めた全世界のあちこちでありました。

とても不思議ですね。
けがれている訳ありません。
崇高です。
全人類は女性から産まれてます。
私は男性から産まれたんです、という人に
いまだに会ったことがない。

でも、昔はそう言われていた。
そうなると大乗仏教の
万人が仏になれるという根本的な考え方と矛盾が生じる

さあ困った。
変成男子(へんじょうなんし)という
成仏するときには、男に変わってから仏になるとか
色々苦労して辻褄合わせようとします。

普賢菩薩が、法華経の中で
大丈夫。
女性も成仏できるし
成仏した女性を知っています。

はい、解決。

以来、普賢菩薩は、女性に大人気となります。

実際、歴史的に仏教の歴史の中で女性は大活躍しています
仏像には性別はないんですが
観音さんを代表として
女性的に作られている仏像もいっぱいあります。
もちろん普賢菩薩も。

一方の神道は、もともと大ボスはアマテラスオオミカミ=女性なので
女性の方が優位にたってるんですけどね。

ここまで人生を長くやって来て
実感として思うのは
たいがい女性の方が優れてますね。
認めます。

そもそも女性にたてつこうもんなら
小遣い減らされます。

見分け方
簡単です。

文殊菩薩は獅子に乗っていました。
普賢菩薩は象に乗っています。
6本の牙がある、すごい象。

さらに何匹もの象に乗っている豪華版もあります。

文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍となる釈迦3尊の方が多いですね。
その時は、向かって左。
レッツゴー三匹でいうと、じゅんの方です。

手は2本だったり、20本だったり。
合掌して結跏趺坐(けっかふざ)する姿が多いです。
例の難しめのあぐらですね。

江戸の娯楽と言えば、祭でしょ(山王祭)

江戸の娯楽をいくつか紹介してきました。

ちょっとちょっと祭はいつ出てくるの?
はい、おっしゃる通りです


江戸に限らず、祭は庶民の娯楽の筆頭ですね。

「全国の祭り番付」というのが江戸後期に発行され、
日本の東西各地170もの祭りを格付けしています。
国の名と当時の開催日も記入され、
まさに全国お祭りガイドといえます。

伊勢を境に、諸国の祭りを東と西に分け、
伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)など、真ん中の欄には別格の祭り

西の大関の位置には八坂神社の祇園(ぎおん)祭、関脇には大坂の天満(てんま)祭

ところで、以前、関西の三大祭は、神戸祭が入るよね、と言ったら
大ブーイングを受けました。
我々兵庫県民としては、神戸祭は超有名。
地元の小学生の鼓笛隊みたいなのがパレードして
ほのぼのしてる
神戸新聞じゃ、神戸祭は一面トップよ

とはいえ、行ったことはないんですけどね
(ないんかいっ!)

江戸の天下祭
東の大関、関脇はというと、山王(さんのう)祭(大関)と神田祭(関脇)がランクイン。

この二つは、江戸の都で数ある祭りの中でも「天下祭」と呼ばれています。
江戸を代表する祭りとして将軍がご覧になる、
幕府公認の祭り。

ふだんは町人が入れない江戸城内に祭りの列ごと入れ、
費用も幕府が負担しました。

では、なぜ山王祭と神田祭が天下祭に選ばれたんでしょう。

山王祭
今日はまず、山王祭から

山王祭の舞台は、鎌倉時代に創建された、いまの千代田区永田町にある日枝神社。
ウォーキングで行きましたよ。
どでかい鳥居。
さすがは天下祭って感じ

都となる前の江戸を治めていた武将·太田道灌が、
大きな城を築くにあたり,山王権現(ごんげん)をまつったこの神社を建てたことで、
神事としての祭りもはじまりました。
当初は細々としたものだったはずですが、
豊臣秀吉の命を受け、江戸を領地とした徳川家康が、
関ケ原の戦いで天下を取ると、状況は一変します。

江戸を新たな都とするための大規模な町づくり

こんな大事業。
象徴が欲しいなあ

家康は日枝神社を徳川家の城の守護神と定め、
江戸繁栄のための象徴にした

ちなみに権現って何かというと
仏と神の合体版ということね
お寺と神社の融合
山王とは、比叡山の山の神信仰から来てます。
比叡山だから日枝(ひえ)神社ね

権現シリーズは、根津権現もそうだけど
明治政権の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)政策で、
仏の方を潰され
神社にさせられちゃいます。

話を戻して、山王祭

山王権現に感謝する祭りも、
幕府が費用·人材などの面でバックアップ。
江戸が都として大きくなるに従い、
参加する各町も競い合うようになり、
山王祭は2年に1度の大行事に。
日本中から見物客が大勢集まるようになります

平安時代の王朝絵巻などを題材にした大きな山車が
何十基も繰り出すようになり、
その行列は特別に、田安門から江戸城内へ
入ることが許されます。

最初に山王祭を見て楽しんだのは
3代家光だそうです。
以後、将軍の上覧は江戸時代を通じて恒例となり、
神輿の城内渡御は106回を数える

天下祭としての地位を不動のものとします。

どんな祭?
そんな山王祭の特徴は、しずしずと掛け声なく進むこと。
現代でも、担ぎ手は,はっぴやはちまき姿ではありません

2年に1度、初夏の訪れを感じる6月、
古式ゆかしい伝統衣装で日枝神社-坂下門-銀座-新橋と回って日枝神社へと戻るルートを、
総勢500人、300メートルにもおよぶ大行列で歩きます

東京のど真ん中、東京駅周辺を練り歩くなんて壮観ですが、
江戸の昔はもっとすごい規模だったらしい

たとえば山車。
一番手の山車に載っかっているのは諫鼓鶏(かんこどり)と言って
中国に伝わる天下泰平のシンボル
いまのものは高さ約3.5メートルほど。
しかし、当時の山車は高さ10メートルを超えていたんですって。

さあ、ここでクイズです。
なんでちっちゃくなっちゃったんでしょう。





















◆◆◆答◆◆◆
電線

江戸時代には電線なんかなかったけど
明治になったら、電線なるものがあちこちに
大きいと引っ掛かっちゃうのよね

シリーズの次回は神田祭行きます。

料理のレシピをEvernoteでまとめてみた(続き)

Evernoteで料理のレシピを整理して
という話でした
Evernoteで料理のレシピをまとめてみた
今日はその続き

さらなる工夫
やりはじめると、いろいろ改善点が見えてきました。

発想の原点としては
レシピの元ネタを使っているだけじゃ進歩がないということ

Evernoteだと、注意点、改善点を追記できます。
本来なら、文の途中に入れたいところですが
写真の後ろに書き足すだけでも十分分かります。
例えば、先日長女に大絶賛をもらった照り焼きハンバーググラタンでいうと
「ホワイトソースは、普通にフライパンで作った
コンソメは2倍量で2個使ったけど1個で良い
ホワイトソースは緩めの段階で止めないと
待っている間に固まっていく。」
みたいな感じ。

一番欲しい情報は、評価だということが分かってきた。

早い話が、美味しかったものを早い段階でもう一回作れば良い。
いまいちだったものは、次作るのはずいぶん後でも良い

そうすると、お父さんは料理がうまくなったと絶賛のお言葉
物事、結構単純。
でも、それが覚えておけないのよ
毎回本から作っていると。
えーっと、これ、美味しかったんだっけどうだっけ

この一番重要な情報を一番分かりやすくした。

タイトルの一番前に入れる。
例えば
1えびとほうれん草のクリームスパゲティ
1から5までを頭につける
そうすると、
Evernoteはレシピがあいうえお順に並ぶから
1ばっかりが最初に並ぶ。
だから、1の方が美味しい方ね。
5は元ネタで美味しそうだったから入れたけど
まだ作ってないやつ
従って、実質4段階評価ね。
何度か作って
評価を上げたり下げたりして精度を上げていく予定。

自分としては、むちゃくちゃ美味しいやん、と思っても
家族に受けが良くなかったら、2止まりね。
そうすると、長女って好みが狭くて
グラタンとかのクリーム系なので
そのあたりが上位を占めちゃうんだけど。

そうこうしているうちに、さらなる改善点を思い付いた。
メインの料理と、副菜を一緒にしていると分かり辛い

主菜は1から5にするけど
それに合う副菜はABCにする
副菜ってそこまで評価は重要じゃないと考え
和洋中で分けた。
Aが和、Bが洋、Cが中
レシピが増えてきて、やっぱり評価で分けたいとなったら
A1 A2みたいに後ろに数字を足そうかなと
そうすると、和の中で評価で固まる。

以前、お父さんはバカじゃないの?
と非難ごうごうだったのが
主菜が和、副菜が洋みたいな混在型で作ったとき

自分的には美味しそうだと思うものから順番に作っていくと
そうなった。
別に良いんじゃない?
って思ってたんだけど
世の中的には、そうじゃないらしい。
世の中に合わましょう。
主菜を決めた後、副菜を選びやすくしました。

スープとサラダ
そうなってくるとだんだん欲が出てきます。
良く言われるカミさんからの指令は
一汁三菜
主菜、副菜、スープ、サラダ
主菜以外は副菜で引っくるめるんじゃなくて
スープとサラダを分けようか

ということで
スープも和洋中に分けて
E=和、F=洋、G=中
だしを使うやつ、コンソメを使うやつ、とりがらスープの素を使うやつ、って感じでしょうか。

サラダは和洋中も何もないかな、ってことでSにしました。
SはサラダのSね
あれ
スープもSですけど。
まあ、固いこと言いっこなし、ってことで。

進め方
今後どんな風に進めていこうかと思っているかというと
今、メジャーな材料なら
検索すると複数ヒットするようになってきています。

登録が楽になったので、どんどん増やして
と言いたいところですが
グッと我慢。

まずは、1のメニューを確実なものにしたい
あれ、前回は美味しかったんだけどなぁ
というのが、現状。
何度やってもこりゃ間違いなし
味付けの、大さじ何杯的なところ以外は
見ないでも大丈夫さ
にしたい。
改善点の追記もどんどん充実させていってね。

今、味付けまで含めて
何も見ないで作って
評判が良いのが、オムライスかな。
長女のお気に入り。

そのレベルの1が20個位できたら楽になるよね
基本、私の担当は土日なので
それだけでも回していける。

今日何しようかなって考えるのも楽になるだろうなあ。

大体のイメージで
7が作ったことあるやつ
3が新しい挑戦

見えてくるもの
大体、そんなペースで増やしていきつつ、レシピが300位になるまでには
その先に行きたい。

主婦のみなさんには当たり前の事
味付けを自分で調整

酒とみりんと砂糖はどうちがうのか
ネットで調べて理屈は分かったけど
実際のレシピで何をどれくらい使うべきなのか
皆目わからん。

旨みが出るだのコクが出るだのスッキリした甘さだの
今食べた味のどの辺の事をゆうてんのよ

いつまでも、レシピを見ないと料理を作れません
という入門状態を早く解消しませんとね。

毎回レシピ通りに作るからダメなんでしょうね

例えば、レシピより少な目の分量入れて
みりん足したりして
むむ?変わった?
ひょっとしてこれ?
みたいな舌でのお勉強をしていけば良いんでしょうね

ようし
チャレンジするぞ

掛け算に
もし、ある程度味付けが舌で分かるようになったら
次は素材

今はレシピを足していっているけど
掛け算にできるとぐんと広がるなぁ

例えば、昨日
次女に何食べたいって聞いたら
パスタ

1にあった、なんとかとほうれん草のクリームスパゲティを思い出して
ほうれん草のクリームスパゲティでいい?

いいよ
鮭でお願いね

はーい

見てみたらえびだった。

よっしゃ
Evernoteでやっている意味が出てきたぞ。

結果

美味しかったよ

ようし
掛け算になったぞ

鮭でもOKと一行追加

主たる材料と味付けと大体の作り方を
組み合わせを変えながらの掛け算にしながら
これはOKだけどこれはNG

ここまでできるとすごいよね
でーこんのなんちゃら風なんちゃら
ってタイトルつけれるよね

レシピブログみたいに
このブログでレシピ紹介できる日が来れば良いなあ

料理のレシピをEvernoteでまとめてみた

以前、料理のレシピを検索しやすいようにまとめています、とお話ししました。
料理、もうちょっとちゃんとやってみるか

その後の経過報告です。

挫折
その時の発想は、本とかクックパッドとかブログとか電子書籍とか
色んなところにある料理のレシピを検索しやすいように同じ形式でまとめようという事でした。
テキスト形式(写真とか色とかもない単純な文字)で保存しましょうという事でした。

結論から言います。
20件越えた辺りからなんともめんどくさくなってきて、挫折。
ある程度の期間、そのまま放っておきました。

次女にその話をしたら
そこはEvernote(エバーノート)でしょ

さすがは次女です。

Evernote
Evernoteというのは、色んな情報を同じ形式で保存でき、検索しやすくするためのアプリ
基本的な機能だけで良いなら無料で使えます。
仕事に関わる色んな情報をまとめようと、以前使ったことはありましたが
何年もそのまま放っていました。

次女の言うことは正しいに決まってます
よし、そっちに移してみよう。

20件ほどのレシピをそっちに移行。

そして、新たに、レシピブログで探したレシピを追加。

今、一番作る率の高いのは、山本ゆりさんのレシピ

山本ゆりさんは本だけじゃなく
ブログもやっているから
本で見ておいしかったやつは
ブログにも出ているはず

ブログを同じレシピの名前で検索して、
ブログのページから
共有で、Evernoteに追加、ってすれば、Evernoteにごそっと入ります。

やったー
こりゃ楽だ。

とはいえ、
あれえ、今度はうまく入らなかったぞ
今度は本にあるのと同じレシピがブログにないぞ

それぞれ、うまくいかない原因はあるんでしょうけど
その辺引っくるめると
劇的に便利とまでは行かないか

ちゅうことで
残念ながら、ちょっと後回し。

続きはまた、日を改めて、再挑戦しよう

また、ある程度の期間放っておきました。

結局、やっぱり、ネットで検索したり、
クックパッドや楽天レシピで検索したりしたレシピより
自分の気に入った料理研究家の出している本が一番家族の評判が良い。

本だと、書き移さなきゃいけないから
結局挫折しちゃうんだなあ
とか思いながら、時が過ぎていった。

とはいえ、もともと思っていた、本読んで作って、
美味しかった、いまいちを繰り返しているだけで
進歩している感がない

そうだ!
そんなとき、ふとひらめいた。
この方法で行けるんじゃない?

写真を撮る。

書き移そうとするからめんどくさい。
写真を撮って、そのままEvernoteに送れば良いんじゃない?

Evernoteのタグという機能で、検索したいキーワードは登録できる。
テキストで打ち込もうとしていたのは
レシピの中の全ての情報を検索対象にしたいと思っていたからだけど

よくよく考えると
中火とか
レンジとか
フライパンとか
大さじとか
醤油とか
砂糖とか
そんなもので検索したら
いっぱい出て来すぎる。

検索したいのは
豚バラとか
じゃがいもとか
ブロッコリーとかの
主たる材料だけ

だったら
本を、タブレットから写真写して
電子書籍だったら、スクリーンショット撮って
後は、主たる材料をタグに入力しておくだけならそれほど手間じゃない。

やっていけるかも。

何とか
結論的に言うと何とかやっていけそうです。

Evernoteのノートブック(フォルダみたいなもん)にレシピというのを作って
写真撮ったのを入れていく。

タイトルは自分で打ち込みます。
で、主たる材料をタグに入力。

今のところ、54レシピ
かなりサクサク追加していけます。

さらなる工夫
ここまでだったら、
Evernoteでまとめるようにしたのね
はい、ごくろうさん

特に面白くもないでしょうけど
でーこんオリジナルの更なる工夫をしていきました。

まずは評価。
ちゅうところで
長くなりますので、2回に分けます。

続きは明日ね。

ちなみにこれはハンバーググラタンです