[歳時記]9/29 クリーニングの日。べちゃべちゃにならないの?

おもしろ歳時記シリーズ、9/29は2つネタがあるので、1つは前倒しで今日。

9/29
9月29日は「クリーニングの日」

全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が、
消費者にもっとクリーニングを利用してもらい、
みずからもクリーニング技術の向上をめざそうと設けた日

ご察しの通り、語呂合わせです。

クリーニングは、古くはローマ時代に行なわれていた。
職業洗濯人がクリーニングを行なっていたが、
税金が高かったため、お金持ちしか利用できなかった。

日本では、1860年代、
横浜のフランス海兵が洗濯するところを見ていた日本人によって、
西洋式の洗濯業が始められた。

同じころに、横浜に外国人が洗濯屋を開いていたという話もある。

さらに、「明治大年表」には、
1868(明治元)年に、横浜で洗濯屋をしていた与兵衛という人が、
東京に出店して西洋式洗濯業を始めたという記録が残っている。

どうやら、横浜は日本のクリーニングの先進地区だったらしい。

ドライ・クリーニング
ドライ・クリーニングは明治40年に五十嵐健治という人が、
西洋式の無水洗濯を研究し、開発したといわれている。

ドライってどういうこと?
乾いたままで、どうやって汚れを落とすのよ、
風で吹き飛ばすの?そんなのゴミだけでしょ
とずっと思っておりました。

調べると、水を使わないと言う意味で
油で洗うんですと。

油ぁ?
べちゃべちゃのぬるぬるになるやん。
大丈夫。
天ぷら油とはちょっと違う。

揮発性有機溶剤というくらいだから、すぐ乾くんでしょうね。
ほっとしました。

クリーニング屋さん
おそらく私だけの超個人的なお話ですが
クリーニング屋さんって、唯一、対面で話の出来るお店

今、スーパーを始めとして、ほとんどのお店は、店の人と話をせずに購入
煩わしくないので、それはそれで悪くはないのですが
いくらなんでもほぼ100%その類いになってしまうと寂しい気もする。

たまたま、行っているクリーニング屋さんが
気の良いおしゃべりなおばさんだった、というだけの話なんですけどね。

引っ越し前の練馬区の時のクリーニング屋さんは特にそうで
色々話しかけて来てくれる。

出す洗濯物で、娘の成長が分かるので
娘さんずいぶん大きくなられたわね、とか
もうすぐ卒業式ね、とか

やっぱり人間って、コミュニケーションが必要な動物なんだなって気がする。

[歳時記]シリーズはこちら(少し下げてね)

[首相]27-3 東条英機。生きて虜囚の辱を受けず

[首相]27 東条英機。南無阿弥陀仏を20回唱えて寝ているよ
[首相]27-2 東条英機。辞表はどうしましょう。
の続きです。

陸軍次官
出世はゆっくりだったし、何度か失敗しているけど
ここへ来て、急に大出世。
この時53歳。
何と言っても、東京へ戻れる事が有難い。

陸軍で大臣に次ぐナンバーツー
ただ、大臣は大嫌いな石原莞爾に近しい板垣征四郎

石原莞爾ほどではないにしても、いまいち合わない。

統制派は、東条を担ぎ上げようとしていたので勢いづく。
東条は、ハイテンションで、演説とかをどんどんしていった。
そうなるとついつい口が滑ってしまうこともある

いかにもすぐにでもソ連と戦争するかのごときニュアンスの演説で
大問題になってしまった。

その前に、板垣大臣がソ連に強行姿勢を取ろうとして
天皇に大目玉を喰らったばかり

自分の保身のためにも、東条を切らざるを得なくなった。

東条としてもやりにくかったのでせいせいした。
一度次官になれば、統制派が盛り上ってくれるので、十分。

辞めたあとは、航空総監部
まだ、空軍というのはないから
陸軍からも海軍からも飛行機の分野に進出しようとして競争状態

ゼロ戦は海軍なので、海軍優位なんですが。

近衛文麿内閣総辞職後、平沼騏一郎内閣8ヵ月

その次の阿部信行内閣は4.5ヵ月
この時、とうとうドイツがポーランドに侵攻
第二次世界大戦が始まってしまう。

陸軍の動きを押さえねば、日本も参戦となってしまう。
天皇は、海軍の米内光政を次の首相に指名した。
米内光政は親米英派。ドイツが嫌い。
半年後の廃棄を通告されていた日米通商航海条約が失効
決定的にまずい状態
親米派だったのに結局は有効な手立てが打てず、皮肉な結果となる。

一方で近衛文麿がまた動き出す。
新体制運動を開始
国民世論をどんどん戦争へと導いていく。

盛り上がってきたところで、近衛文麿再登板
陸軍大臣は東条英機となる
外務大臣もドイツ大好きな松岡洋佑

日独伊三国同盟締結のための布陣が整った

ベルリンで条約締結。

これで日本は安泰だ。
東条は本気でそう思った。
ドイツの強大な軍事力は、対ソ政策にも優位に働き
日中戦争も終結するだろう。
アメリカも手出ししないはず。

憧れのヒトラーに対する過大評価だった。

大政翼賛会が発足
日本全体が、戦争へ戦争へと

本当にアメリカとの戦争になってしまうのだろうか
さすがに、だんだん不安になってきた東条は
佐藤賢了に、国力の分析をさせた。
佐藤はかつて、反対議員の野次を受けるなり、「黙れ」と怒鳴った人物

鉄鋼・石油の生産量をはじめ戦備の面ではことごとくアメリカに分がありますが
精神力では日本軍が上です。

そうか!良く言った。

悲しい。
何なんだろうかこの人たち。
精神論しかない
鉄と空気を比べる話。

運命的な昭和16(1941)年が明けた。
太平洋戦争開戦の年。

精神論は少しでも不安になるといたたまれなくなるから
形にしようと躍起になる

1月8日の陸軍始めには、「戦陣訓」が発表された。

軍人勅諭に基づくものとしているが、多分に精神主義的な内容であり、
美文調の文章はどことなく軍人には違和感があった。
案の定、末端の兵士に至るほど悪評だった。

ただでさえ「軍人勅諭」を丸暗記しなければならないというのに、
「戦陣訓」まで頭に叩きこまなくてはならず、
暗唱できなければ上官や古参の鉄拳を浴びる

恥を知る者は強し。常に郷党家門の面目を思ひ、
愈々奮励して其の期待に答ふべし。
生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ

続きはシリーズの次回ね
[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)

[三十六歌仙]10 壬生忠岑。最高峰はこれだ

壬生忠岑(みぶのただみね)

はるたつと いふばかりにや み吉野の 山もかすみて けさは見ゆらん
(ただ暦の上で立春になったと言うだけで、今朝見る吉野山は春霞で霞んで見えるようだ。)

壬生忠岑も『古今和歌集』の撰者です。
醍醐天皇に認められた訳で、大変名誉なこと

さらにこの、はるたつと~の歌は三番目の勅撰集『拾遺和歌集』で
巻頭歌に選ばれています。
トップバッターです

藤原公任(きんとう)は、和歌九品(くほん)の中で、
和歌を上の上から下の下まで9ランクに分けているのですが
この歌を上の上にランキングしています。

今日は立春
単に暦の上だけなんだけど
そう自分の中で思っただけで
吉野の山に春の霞がかかったような気がするよ
気のせいなんだろうけどね

って歌
霞がかかっているさまを風情があると読むのは普通
かかっていないのにかかっているように見える、という歌は
上の上でないと読めません。
さすがです。

百人一首はこちら
有明の つれなく見えし 別れより 暁(あかつき)ばかり 憂(う)きものはなし

こちらの歌も、古今集の中ではナンバーワンと言われている。

この前、逢ってもらえた時
なんだか明け方の別れ際に、つれないそぶり。
何か気に障ること言っちゃったのかなあ。
気持ちが離れちゃったのかなあ。
これっきりにしたほうがいいのかなあ。
それ以降、明け方がどうにも苦手になっちゃったんですよ
っていう歌

いずれも表現が直接的でないから
ぼわっと、読んだあとに残るものがあるんですよね

それでは、今度は秋の歌

久方の 月の桂も 秋くれば 紅葉すればや 照りまさるらむ

月に生えているという桂の木も
秋が来ると紅葉するのかもしれないな
月の光がいつにも増して明るいから

中国の伝説で、月に桂の木が生えているというのがある
そこから、インスピレーションして
なるほど、秋になって月の光が冴えて来るのは
桂が紅葉しているからなのね、って歌

和歌には本歌取りという手法があります
以前に歌われている歌に似た歌にし
本歌の世界観を読む人にイメージさせ、その上で自分なりの味わいをさらに足す。

後のそうそうたる和歌の達人が
この「久方の月の桂」を本歌取りするわするわ

本歌取りは、みんなが知っている歌で、
とても優れたイメージを沸かせてくれないと意味がないので
言わばパロディの嵐でございます。

ざっとこんな感じでしょうか

夏の夜の月の桂の下紅葉かつがつ秋の光をぞ待つ(二条院讃岐[新続古今])
よひの間の月のかつらのうす紅葉照るとしもなき初秋の空(鴨長明)
久方の月の桂のしたもみぢ宿借る袖ぞ色にいでゆく(藤原定家)
紅葉する月のかつらにさそはれて下のなげきも色ぞうつろふ(〃)
ことわりの秋にはあへぬ涙かな月の桂もかはる光に(俊成女[新古今])
秋の色を払ひはててや久かたの月の桂に木枯しの風(雅経[新古今])
見るままに色かはりゆく久方の月の桂の秋のもみぢ葉(藤原資季[新勅撰])
ながめつつ月の桂の紅葉葉は時雨せぬにぞ秋まさりける(順徳院)
照りまさる月の桂のもみぢばはちらぬ高根に秋風ぞふく(正徹)

[短歌]シリーズはこちら(少し下げてね)

[北条]8 時宗。元がやって来た。ぶえーっ

[北条]3 北条泰時。激動から安定へ。御成敗式目でどうだ
[北条]4,5 経時そして時頼
の続きです。

長時と政村
北条執権5代の時宗は、独裁体制を確立。
ところが、それに満足しちゃったんだろうか
元々健康には不安があったということもあり
息子の時宗に執権を譲り、自分は出家
まだ30歳なんだけど。

そして、時宗はまだ幼児。
天皇ならまだしも、実際に政治を司るのが執権だから
いくらなんでも無理があると思い直して、
叔父さんの長時(6代)に時宗が成人するまでの中継ぎを依頼

ええよ

そのあと、時頼は37歳で亡くなる。
やっぱり、健康上の問題だったんですね

「中継ぎ」だとの約束は
えっ、何の事でしょう と言っちゃって、
自分の子供に執権を譲っても良さそうなもんですが
良い人なんですね。そうはしなかった。

なんと時頼が亡くなった1年後、35歳と若かったんですが
自分も病に倒れ、亡くなっちゃいます。

まだ、時宗、成人しておりません。

北条家の人たちは寄ってたかって良い人なんでしょうか
今度は、政村(7代)が中継ぎ承知でかって出ます

政村は元々60歳のおじいちゃん。

ようやく時宗成人
はいどうぞ

時宗(ときむね)
北条執権は8代の、時宗に移ります。
出ました、時宗。
時宗と言えば、蒙古襲来です。

外国軍が侵略のために、日本にやって来たのは
長い日本の歴史の中でも、蒙古襲来と太平洋戦争のみ。
我々の世代は、元寇(げんこう)って言っていたけどなあと思って調べてみると
どっちでも、良いらしい。

金がモンゴルに滅ぼされた。
そのまま南下して南宋も風前の灯

へえ

この時点ではまだ対岸の火事

南宋が何とか踏ん張って持ちこたえたので
矛先を朝鮮の高麗に変えた。
1258年、高麗が降伏

そうなるともう目と鼻の先

1260年、モンゴル皇帝が第5代のフビライハンに変わる
フビライハンはイケイケ

もう一回、南宋へ向かう。

その一方で、日本の太宰府に使者を送る

貿易しませんか。

ほんまに? なんかとても高圧的に文章ですけど。

分かりました? 実は降伏しなさいという意味です。

あらま。そういうことなら、一大事。
鎌倉に聞いてみますんで、少々お待ち。

この時、正確に言うと、まだ時宗になっておらず、執権は7代政村
緊急幹部会議

どうしましょう

どうもこうも、はい、降参します、って言うわけないよね

おっしゃる通り

じゃあ、降参しません、来るなら来い、と返事しましょうか

ちょっと待ってよ。
それもダメでしょう
こうしましょう。
返事しない、って事で。

賛成ーっ

怒らせちゃいました。
でも、フビライハンは南宋で忙しいので
日本には再三の使者

日本は一貫して、「返事しない作戦」

1273年、南宋の襄陽(じょうよう)と樊城(はんじょう)が陥落
完全には落とせていませんが、
フビライハンはほぼ大丈夫と考えたのでしょう。
とうとう、矛先が、日本に向いてしまいます。

文永の役
1274年。ぶえーっ。文永の役

高麗に将軍の洪茶丘(こうちゃきゅう)を派遣して、戦艦を作らせる。
約900隻が、朝鮮半島の合浦に集められた。
その船に乗り込む兵力は、元軍と高麗軍合わせて3万人。
総司令官はモンゴル人の都元帥クドゥン(忽敦)、
副官は、漢人の劉復亨(りゅうふくこう)と高麗人の洪茶丘である

10月に出港した元軍は、瞬く間に、対馬、壱岐を制圧する

さあ、どうする

このあとは、シリーズの次回ね

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)