江戸の数学はすごいんです。

江戸の理系力シリーズ。

前回まで、天文学でしたね
今度は、全ての理系の学問の基礎となる、数学にまいりましょう。

数学
具体的な人の話に入る前に、江戸の数学ってこんな感じって話をしましょう。

読み書きそろばんってよく言うから
そろばんはみんなやってたんだろうなと。
計算はそこそこ早かったのかもね
程度に考えていたんですが
とんでもありませんでした。

和算って言うんですが
すごいレベルの高等数学。

だから、天文、測量、医学、機械等々
江戸の理系が華開いたんですね

それでは、日本の数学の始まりの話から。

始まり
日本に数学が入ってきたのは奈良時代以前ととても古い。

ご多分に漏れず、中国から。

計算のための道具としては、算木というものが使われた。

これ、この前ウォーキングの時、近代科学資料館で実物見ましたよ
近代科学資料館。あの乾電池。

13世紀になると、中国でそろばんが普及
日本にも伝わり、日本でもそろばんが普及

計算だけを考えると、算木よりそろばんの方が圧倒的に便利なので
中国では算木がすたれてしまい、過去の遺物となる
日本でもそろばんが普及していくにつれて算木はすたれるかと思いきや
新たな役割を担うことになる。

今度お話しする関孝和が高次の代数方程式を解けるように算木を改良しちゃうんです。
xとかyとかは、甲とか乙

恐るべし日本の数学

それを皮切りに、どんどん高度な世界へ

考え方
日本における数学って、いわゆる学問とはちょっと違った要素を持っていく。

遊びというかゲームというか

ある人が問題を作って相手に出す。
相手は問題を解いたら、自分も問題を考える。
こんなんでどう?
ずっと続く。

これは良いぞと自信の持てる問題を作ったら

何とかこれを発表して、みんなに解いてもらいたいなあ

ネットもブログもない時代なのでどうしたか

絵馬にして、神社に奉納するんです。

数学って「楽しいこと」だったんですね。

めがね屋善兵衛の名が星になる

江戸の理系力シリーズです。

岩橋善兵衛
いわはしぜんべえ 天文学 1756~1811

今まで、渋川春海、麻田剛立、高橋至時、間重富と天文学者をみてきましたが
今回の岩橋善兵衛は天文学者とはちょっと違う

道具の面でサポートした、上方の望遠鏡職人です。

でも職人と言い切るにはこれまた難しく
学者と言っても良いほど

大阪の魚屋の次男坊として産まれる
眼鏡のレンズ磨きの職につきます。
は?
すいません。ここの経緯が分かりません。
まあ、次男なので何やっても良いのかも

眼鏡を日本に伝えたのはフランシスコザビエルで1549年
それから200年ほど経っていますので
日本でも眼鏡を作れるようにはなっています。

でも、超高級品。
レンズはガラスや水晶を使っています。

一方、望遠鏡は、ジョンセーリスという人が徳川家康に献上した1613年が最初。
日本でも多少作った記録があるようですが、特筆すべきものはない

レンズを常に扱っている善兵衛が望遠鏡に興味を持つようになるのは自然の成り行き
よっしゃ、作ってみよか

望遠鏡って凹面鏡を使った反射式とレンズを使った屈折式があるらしいんだけど
レンズですから、当然屈折式

オランダ製の望遠鏡を参考に試作を重ね、38歳の時
でけましたで

京都の天文学者がこれで天文観察
自分も、太陽の黒点や太陽系の各惑星を観察した。

同じ頃、江戸では
高橋至時や間重富が寛政暦を作ろうとしていた
間重富から注文が入って、望遠鏡を納める

良いね良いね
と評判を呼び

幕府のみならず、諸藩からも注文が殺到

用途は天文学のみならず
測量用、航海用、軍事用等様々。

この辺いつも思うんだけど
テレビも電話もメールも無い時代なのに、何かが流行ると
日本全国に広まる速度が早いのなんの
参勤交代という江戸の特殊制度によるものです。

江戸で、すごい望遠鏡なるものがあるぞ
ってなると
どれどれ?
実際に目で見て、国に帰って
良いの見てきましたで

江戸は全国の人がいる日本の縮図
上方の望遠鏡はすぐに全国に広まる。

伊能忠敬が全国測量で使っていた、善兵衛の望遠鏡は
千葉の伊能忠敬記念館に今も残っています。

天文学者
善兵衛のすごいのは、その望遠鏡に端を発し
天文学の研究を進めていっているところ

平天儀というものを作っている

五層の円盤で出来ていて
これを回すと
月や星の位置
大阪湾の潮の満ち引きまで分かっちゃう

さらに、平天儀図解という本を出した。
平天儀の使い方、ではあるんだけど
天文学について、初心者にも分かりやすい入門書になっている。

こりゃやっぱり、単なる職人さんじゃなく学者さん。

Zenbei
火星と木星の間にある小惑星帯の中の星に「Zenbei」という名の星がある
アマチュア天文家の小林隆男さんが1996年に発見した星。

この話すごいなあと思う。
自分が発見したんだから「Takao」でも良かったんでしょう。

渋川春海とかの有名な憧れの天文学者の名前をつけました、というなら
それはそれで話は分かる。

望遠鏡職人です

私は、小林隆男さんに「天晴れ」です。

江戸の肉食

江戸検定で間違っちゃった問題シリーズです。

【24】江戸時代には、獣肉をまったく食べなかったわけではなく、
牛肉の味噌漬けを将軍家に献上していた大名家もありました。
それは、次のどの家でしょう?
い)宇和島藩伊達家
ろ)加賀藩前田家
は)彦根藩井伊家
に)米沢藩上杉家

答は最後です。

牛肉
昔の日本人が牛肉を食べていたかという事に関して言うと
非常に微妙。

太古の昔は、狩猟をしていたのだから肉全般は食べていた。

ところがある時期から公式には食べなくなった。
仏教伝来です。

肉は食べちゃいけません

ただ、公式には、と言ったのには意味があって

そういうことにはなってはいますが
本当は食べています
という資料は残っている。

江戸時代
公式には牛は労働力でしかないんですが
特別にある藩だけに許されたことがあります。

彦根藩にだけ、牛の屠殺が許された。
元々武士にとって牛の皮は鎧や鞍などを作る材料だったんです。

ただねえ
皮だけ取って、肉を捨てちゃうというのもどうなんでしょう。

花木伝右衛門(はなきでんえもん)という彦根藩士が
本草網目(ほんぞうこうもく)という本の中にある一節を発見する。

牛肉は体によろしい

おおっ
じゃあ、余った肉は捨てずに薬を作れる。
作ったのが「反本丸(へんぽんがん)」

良薬口にうまし

この反本丸が、即牛肉の味噌漬けなのかは分かっていませんが

牛肉は薬
という公式見解となり
それならばということで
彦根藩から幕府や主要大名に牛肉の味噌漬けが贈られるということが始まります。

幕末
幕末になって彦根藩の大物が大老になります。
井伊直弼ですね。

井伊直弼はかなり信心深い仏教徒

何と、牛肉の味噌漬けを贈るという習慣をやめてしまいます。

牛肉の味噌漬けが大好物で、毎年楽しみにしていた人がいます。
水戸藩のこれまた大物、徳川斉昭(なりあき)

ちょっとちょっとそれはないんじゃないの
薬ですよ薬。

そこをなんとかうちだけにでも、とお願いしたが
ダメなものはダメ
しつこいなあ


安政の大獄

こっちも頭に来た

桜田門外の変。

えっ? 牛肉の味噌漬けが原因なの?

もちろん原因の中のひとつではありますが
意外に「食べ物の怨み」みたいなのが歴史を変えるのかも知れませんね。

皮肉にも、井伊直弼の行った開国で
外国人からのオファーが殺到し
彦根藩の近江牛はそのあとバンバン儲かることになります。

◆◆◆答◆◆◆
は)彦根藩井伊家

これ難しかったなあ。
全く初耳。

肉はほとんど食べていなかったという話題は、牛乳の話の時にやりましたが
逆に時々は食べていた訳で
そっちまでは分からなかった。

そういう場合は、どうせ1/4なのだから
馴染みのある藩にしちゃうおうかなと。
上杉鷹山で、米沢藩上杉家はやったので
米沢牛は有名だし、と米沢藩上杉家と回答しちゃいました。

シドッチ。鎖国を知りつつやって来た日本オタク

江戸検定で間違っちゃった問題。
二度と間違えないように、シリーズにして、記事にしておこうと思います。

【86】 18世紀初頭、キリスト教布教のため日本に密入国したイタリア人宣教師シドッ
チは、捕らえられて江戸に送られました。では、江戸でシドッチを審問し、
その記録として『西洋紀聞」を著わした人物は誰でしょう?

い)新井白石(あらいはくせき)
ろ)桂川甫周(かつらがわほしゅう)
は)志筑忠雄(しづきただお)
に)林子平(はやししへい)

このあと、読み進めていくと答はすぐ分かりますが
一応、答は一番最後でね。

シドッチ
宝永五年(1708)8月、イタリア人宣教師ジョバンニ・バプチスタ・シドッチが鎖国を知りつつ、
日本へやってくるという事件があった。

国禁を犯した者として、長崎で死刑にされるところだったが、家宣はそれをやめさせている。

なぜ、家宣はシドッチに寛大な処置をしたのだろうか。

シドッチはこの年41歳だけど、彼がイタリア北西部のジェノヴァを出発したのは、元禄16年(1703)のこと
屋久島に到着するまで、なんと六年もかかっています。

宣教師なので、日本にキリスト教を布教すべしという指令を受けての事

まずは、マニラに行った。
イタリアよりは日本の情報がある程度あったので、日本の事を勉強。
おそらく、この人の努力は尋常ではないので
自分も日本の事を調べていく過程で、どっぷり日本ファンになっちゃったんだと思う。

マニラでみんなに言われたのが、
悪いこと言わないからやめとき
日本は鎖国しているから
ましてや、キリスト教は禁じられているので
入国しただけで即刻打ち首。

そんなこと言われても、もう日本オタクになっちゃってます。

考えた作戦が
日本人になっちゃおう作戦。

日本語も勉強し、姿形も日本人になりきって入国すれば
誰も気づかないだろう。

彼は頭の月代を剃り、着物を着て、腰には刀を差すという侍の格好で屋久島に上陸しました。

最初に人に出会った。
さあ、ここが正念場。

〇+×÷≦∞

こいつ何言っとるんだ?

訳分からん奴がいると役人に通報された。

せっかく日本語勉強したのにね
見事に全く通じなかったらしい。

シドッチは捕らえられ、長崎に送られたが、報告を受けた幕府は事態を重視した。

取調べの結果、シドッチはローマ教皇クレメンス十一世の命によって、布教のために来日したことがわかった。

今までの例だと、即刻死刑。

でも何だか笑えるくらい熱心。
どうしようか。

そこで、新井白石登場。
将軍家宣に3つの案を提案。

1案 本国送還 これは難しく見えるが、一番易しい。
2案 囚人として幽閉 これは簡単なようで実は難しい。
3案 処刑 これは簡単なようで実際、簡単。

将軍家宣は新井白石に、
あなたはどうしたいですか

新井白石の性格は分かっています。

当然、一番難しい2案ですね。

シドッチは江戸に送られ、切支丹屋敷に入れられた。
場所はここ
切支丹屋敷は以前、不法入国して布教活動したイタリアの宣教師
ジュゼッペ・キアラ、ペトロ・マルクエズら10人を収容するために作られたけど
長い間、使われていなかった。

分かっているね。
布教は絶対ダメだからね。

その条件で、拷問を受けないことはもちろん、
囚人としての扱いを受けることもなく、
二十両五人扶持という破格の待遇で軟禁されていた。

尋問したのは新井白石が直接。
合計、4回行ったんだけど
新井白石もさすがです。

4回目には通訳を通さなくても、イタリア語で会話。

シドッチの情熱に最大限の敬意を払い、外国の事情やら技術やらを教えてもらう。
それをまとめたのが『西洋紀聞』なんです。

屋敷でシドッチの監視役で世話係を任されたのは長助・はるという老夫婦。
彼らはキリシタンの親を持ち、親が処刑されたため、子供のころから切支丹屋敷で生涯をすごしていた。

宣教師は処刑のきっかけを作った憎き敵。
でも、なぜ親は処刑されると知りつつ、キリスト教を信じたのか
一体、キリスト教なるものは何なのか
目の前にいるシドッチさん
お世話をして、少しずつ人柄が分かってくるにつれ
どうしても悪人とは思えない。
本当に親は間違った事をしたんだろうか

シドッチさん、キリスト教とはどのようなものなんでしょう。

ごめんなさい、新井さんとの固い約束がございます。
キリスト教について口に出すことは出来ないのです。

・・・

ある日、2人が木の十字架をつけていることを役人により発見された。
シドッティと2人はともに屋敷内の地下牢に移され、戻ってくることはなかった。

2014年に切支丹屋敷跡地を発掘したところ3体の人骨が発掘された。
国立科学博物館などの調査により、1体はシドッチ、残りの1人は日本人、もう1人は不明
まあ、老夫婦なんでしょうね。
国立科学博物館では発掘された遺骨をもとにシドッティの頭部の復元像を制作し、
2016年11月8日に公開されました。

これがシドッチの顔です。

◆◆◆答◆◆◆
い)新井白石(あらいはくせき)

私は、林子平と回答しちゃいました。
直前に読んでいたテキストで、林子平が書いた日本の記述がうんぬんかんぬんというのがあって
やたらに林子平の名前が頭に残っていましたので。

娘に言うと
お父さん、これ間違えているようではダメ
日本史の受験では定番の問題
そもそも、問題文に「審問」とあるんだから
「審問」できる権限を持っているのは新井白石だけでしょう
日本史の受験をするつもりで、基礎をやった方が良いよ

うーむ
娘の言うことは常に間違いありません。
娘がおすすめの日本史の受験用テキストからやっていこうと思います。