白虎隊の生き残り、電線を張る

「幕末維新あの人のその後」という本から、白虎隊の話題です。

白虎隊
白虎隊は有名なので、ご存知の方が多いと思いますが
最後のところをおさらい。

6つの隊に分けられていたうちの、二番隊
兵糧をもたずに出発してしまった。

隊長の日向内記が
ちょっと待っててね

でもなかなか帰ってこない

何かあったんだね
仕方ない、進もう。

隊長のいない彼らに対して
敵の一斉射撃
二手に分かれて逃げる

一方のグループ十九人の眼下に
会津城や町が炎と黒煙に包まれている光景が広がっていた。

実は勘違いだったんだけど
てっきり会津城が炎上したと思い込んでしまった。

もうだめだね
どうしようか

顔を見合わせて
最も哀しい結論

自刃

飯沼貞吉
うちでただ一人、
最年少で数え十五歳の飯沼貞吉だけは一命を取りとめた。
脇差でのどを突いて気を失ったところ

息子を捜しにきた別の隊士の母親に発見される

貞吉ぃーー

生き残り
自分だけ、生き残ってしまった。

つらい。

生きているということが
大切なのに
おそらくそれは彼も分かっているけど

毎日がつらい。

それから四年間ほどの彼の足跡はわかっていない

時間が必要

仕事
明治5(1872)年8/26日に名を貞雄と改め、
新たな出発をする。
工部省からの辞令を受け取って、
赤間関(現・山口県下関)局に勤務することになった。

このときから、飯沼は工部省(のちの逓信省)の電線技師の仕事に
生涯を捧げることになる。

文明開化によって日本じゅうに電線が張り巡らされていった時代に
その先駆けとして活躍し、明治20(1886)年には
逓信省工務局第一課長に昇進している

明治27(1894)年に日清戦争がはじまると、
彼は京城(現・ソウル)―釜山間の電線架設を担当した。
日本軍が征服した土地での仕事だから、
きわめて危険である。

ピストル持っておいた方が良いよ

いえ
わたしは白虎隊で死んでいるはずの人間です

自ら、白虎隊の名前を口にし
穏やかにニコニコと笑っている

あれから、26年という歳月が流れた時の話です。

[徳川名参謀]9 家重→大岡忠光。助かったぁ

徳川名参謀シリーズ、9代家重です。
出たっ出た出た、家重
気になる将軍ランキング、堂々の一位ですね
言語障害、9代家重は女性?

大岡忠光
家重と言えば、大岡忠光
まあ、そうなりますよね。

今までの名参謀とは、全く意味を異にしますけど。

正直、名参謀シリーズをやろうと思ったのも、大岡忠光の事を調べたくなったから。
どんな人なのよ、この人。

通訳です。
老中とかにはなっていなくて、若年寄から側用人になった。
何をしたかと言われても
通訳。

なんでじゃあ名参謀シリーズに入ってくるかというと
家重の特殊性にあります。

通訳っていったいなんなのよ
家重って外人さん?

言語障害なんです。
言っていることが全く聞き取れない。

唯一聞き取れるのが、大岡忠光。
だから、通訳。

ということはですよ
大岡忠光が言っていることが正しいかどうか自体、誰にも分からない。
上様はこう言っておられます。
と、自分が言いたいこと言えば良いわけですよね。

神の言葉が分かると言い張る、教祖様に近いところがあるから
やりたい放題。

大岡忠光が、もしよこしまな心を持ったおかしな人だったら
ここで、江戸時代が終わっちゃっていたかも。
絶体絶命のピンチ

今までの名参謀って
仕事が出来る人ばかりだったから
大絶賛される一方、
妬みから、悪くいう人も少なからずいた。

でもなんと
大岡忠光に対してはただのひとつもそういう資料が残っていない。
心底、いい人だったんですね。

助かったぁ

最初
最初は吉宗に見出だされ小姓になる
10代前半。
その後、家重のお世話をするようになる。

どんどん出世はしていって
最終的には2万石の岩槻藩の藩主

出世の仕方というか
人生の考え方生き方というものが
他の名参謀さんたちとはちょっと違う

目立たず、でしゃばらず。

ひとの気持ちの分かる人なんでしょうね。
仕事が出来るというニュアンスも
ちょっと違っていて
みんなに好かれて、誰かが引き上げてくれる。

大岡忠相との関係
あれ 間違えてんじゃない
と思いませんでした?
名前が似ているから、大岡越前守忠相と間違われやすい。
忠相は超有名人ですからね。

家族なの?
いえいえ
兄弟でも親子でもない。
遠い親戚。
ただ、同じ時代を生きた遠い親戚だから
親しくはしていた。
大岡忠相は大岡忠光にいろんな一身上の相談をしていたらしい。

よっぽど好い人だったんですね。

藩主として
中央では、でしゃばらずで通した、忠光も
岩槻藩の藩主としては
色んな事をしたようです。

農業政策や福祉。
木綿や砂糖、梅といった色んな産業を奨励、推進。
70歳以上の方にはもれなく交付金。

自分としてのやりたいことも
ちゃんと持ってたんですね

何故聞き取れるの?
家重の言葉が一人だけ分かるということも
声を聞き取る技術というよりは
ひとの気持ちを理解できる、という事なのかな

こんなエピソードがあるんです。

お出掛け
ある時、家重がお出掛けしなければならない用事が出来た。
逆に忠光はお出掛けできない用事が出来た。

家来の何人かと出かける訳ですが
えらいこっちゃ、どないしょ

コミュニケーションの取れないトップと、出掛けないといけない
気まづさが延々と続くに決まってます。
地獄絵図ですね。

案の定、家重が何かを訴えかけるんですが
何を言いたいのか、誰ひとり分かりません。

こうですか、ああですか
色々問いかけるんだけど
全て首を横に振る

家重のイライラが頂点に
うんうん唸ります。

忠光忠光と言っているとしか思えません。
もう限界、耐えられない。

忠光のところに使いをやらします。

これこれこうで、ああでこうで

あっそれならね
寒いから上着を着せてくれと言っているんだよ

えっ、そうなの?ホント?
聞いてないのに分かるの

大丈夫、間違いないと思うよ。

ホントかなあ。

半信半疑で家重のところに戻り
上着を着せてあげる

うんうんうなづき
上機嫌でご満悦。

助かったぁ

離れていても以心伝心。

まだしゃべれない赤ちゃんの気持ちが
お母さんなら分かる、ってのと同じかも

webで大岡忠光の事を調べていると
こんな風に書いている記事があった。

障がい者にある程度の期間以上
真剣に関わった事のある人なら
ピンとくる筈
最初は全く何をして欲しいか分からないんだけど
分かるようになるんだって。

家重の事をどうみるかですね
吉宗の長男だというだけで、将軍になっちゃった
暗愚な厄介者

大岡忠光だけは違っていた
真剣に向き合い、愛すべき友だった

ひょっとするとそれだけのこと。
真剣に向き合ったのが、忠光だけだったということ。

イサーク・チチングが、著書『将軍列伝』の中で書いている。

家重は大岡出雲守(大岡忠光)という真実の友を持っていた。


家重より忠光の方が先に死んでしまいます。

家重はどうしたか

将軍を引退
息子の家治に譲る

家重としてはどうしようもなかったんでしょう。

いっぱいは無理なので、
ひとつだけ、家治に申し送り。
自分が抜擢した、 田沼意次を使うように。
なかなかどうして暗愚ではなくて、物事の本質がわかっていたようです

その一年後には後を追うように、自分もこの世を去ります。

幸せ
障がいを持って産まれてしまった将軍

癇癪持ちだったとは言われているけど
忠光といるときだけは、笑顔で居られたんじゃないかな

「将軍としての扱い」としてしかしてもらわれず
終始顔色を見られ、おべんちゃらを言われる
普通の将軍より

人間として真剣に向き合ってくれる親友を得た家重
幸せな生涯だったのかも知れません

他の名参謀とは
あまりにも意味合いが違うけど

出来そうで出来ない
人間として当たり前の事をやり遂げた

大岡忠光ここにあり

[明治]お相撲さん頑張れ!裸で何が悪い

明治の日本シリーズです。

相撲のピンチ
明治維新でみんなが浮かれたその裏で
ピンチに陥ったものがある。

江戸時代にあんなに人気だった相撲

日本に入ってきたきらびやかな外国人
外国人が相撲を嫌った。

えっ?
相撲、嫌ですか
そんなに
ですよね
私も実は嫌いです。

長いものには巻かれろ
日本人は抵抗しません。
穏やかに穏やかに

なんで嫌われたかというと
裸だから
裸は野蛮。

裸禁止令
明治になって衝撃的な法律が出来るんです
裸禁止令
屋外で裸になってはいけません。
正確には「違式詿違条例」(いしきかいいじょうれい)

それ
そうでしょう

でも
庶民は猛反発
やってられるかい

どういうことか

裸の定義です。

一心太助をイメージしてもらえると分かりますが
下半身はステテコ一丁
あれ、外国人から見ると裸

大工とかの職人達は
夏場、上半身裸って結構当たり前

要は全裸でなくて、顔や手以外で一部肌が見えていると、裸

女性にしたって
赤ん坊が産まれると
母乳をあげないといけない
哺乳瓶なんてありませんから

人前で、乳房を出すなんて
ハレンチ極まりない
オーマイガー
な訳です。
外国人はどうしてたんでしょうね。

夏暑いときは
外で行水って
男女関わらず
普通だった風土ですから
大ブーイング

違式詿違条例って今で言う軽犯罪法ですけど
裸に関しては、かなり厳しく取り締まる。
年間、2091人が処罰された年がある。

お相撲さん
人前で裸になるのが仕事のお相撲さん
商売あがったりです。

裸禁止令への賛否両論渦巻くなかで
お相撲さんとしては、浮動票を取り込む必要があります。

残念ながら
相撲はこの時点では国技にはなっていない。
数ある娯楽の中のひとつにしか過ぎない

力士が集まって、大作戦会議。

みんなに愛される力士になろう。

考えたのが、力士による、消防団を作ろう

ところが、勢い込んで出動しても
火消しのプロからすると
じゃまじゃま

庶民にも
何モタモタしてんの?
図体でかいだけで、何の役にもたちゃしない

その後、有力力士の分派騒動とかがあって
危機的状況に陥る

V字回復
ここでなくなっちゃっていたら
今の国技はないわけです

何があったんでしょう。

庶民が大盛り上がりの一大イベントがあり
V字回復したのです

自分でも相撲をとって楽しんでいたほどのファン
明治天皇
そして、伊藤博文の努力により
明治17年に、浜離宮で「天覧相撲」が実現

そして、長嶋のホームランにも匹敵する名勝負が行われる。
2度の水入り後に引き分け裁定となった結びの一番。

後々まで語り継がれる。

火消しの後に火がついた!

そしていよいよ、1909年(明治42年)
両国に、相撲の常設場、国技館が完成

実は、相撲は国技って決まっているわけではない
国技館っていうくらいだから、国技なんでしょうと
みんなが思っているだけ。
まあ、いいんじゃないでしょうか。国技で。

稀勢の里、頑張れ!

[徳川名参謀]8 吉宗→松平乗邑。イエスマンでは終わらない

徳川名参謀シリーズです

8代将軍吉宗については
8代吉宗は、あれれ、なんで三段跳び?
8代吉宗は、ぶさいくが好き?
も見てね

吉宗
吉宗が将軍になれたいきさつは、過去のブログを見ていただくとして
名参謀シリーズで言うと
今までの大きな流れがどうなったか

将軍は、人事で大きく自分のカラーを出す、大原則から
前の間部詮房、新井白石コンビが採用されないのは分かるとして
側用人という仕組みをどうしたか

側用人は綱吉が自分のカラーを出すために
老中の政治を実質的にないがしろにする制度
綱吉は館林藩から来て、アウェーの中でやっていくための
苦肉の策。

でも、今までの慣習にとらわれずに、好きなように人材を登用できるから
自分のカラーを出したい将軍としてはとてもやりやすい仕組み
続く、6代7代も、間部詮房、新井白石という家柄アウトな人材を登用するため
仕組みとしては踏襲したことになる。

アウェーということで言うとこれ以上ないという吉宗
側用人の仕組みだけは踏襲?

吉宗は、
人事ではカラーを出すけどあとはお任せという従来タイプの将軍ではない。
ご存じの通りの暴れん坊

より自由にしやすい、側用人を使いそうなものですが

当時、側用人政治が続いたものだから
老中は逆に長期政権になっていた。
敢えて変える必要もないって感じ?

でも、長くやっているとそれなりに力も持ってくる。
土井政直、5代綱吉の時代から老中やってます。

吉宗は、土井政直を味方に取り込んで
将軍争いに勝ち抜こうと考えた。

土井政直は、条件を出す。
側用人を廃止してくれるなら

晴れて将軍になった吉宗
約束は守りましょう

側用人廃止!

さあ、老中の時代到来か

老中に大抜擢されたのが、松平乗邑(のりさと)
38歳。一般的には、老中になるのは50を越えてからだから
異例に近い

側用人を廃止して
装いも新たに新登場した役職がある。

御側御用取次(おそばごようとりつぎ)
役目は老中と将軍の取り次ぎ
紀州藩の時以来の側近が任ぜられた。

あれえ?
側ってついてますよ
バレバレなんですけど。

松平乗邑
松平乗邑って知ってます?
のりさとって読むんですね
私は今回、初めて知りました。

8代の名参謀は、大岡越前守忠相が出てくるものとばかり思っておりました。
あるいは、象

知名度ダントツで低いんじゃない?

でも、老中に就任前から、優秀さは知れ渡っていて
御三家は御家存続のため
それぞれ乗邑を養子にしようと目論んでいたのを
吉宗が根回しして、中央に持ってきた

大岡越前守忠相は、優秀なのは分かるけど
今で言うと
政府と東京都の関係で、東京都の方
将軍の参謀というのとはちょっと違う

乗邑の何が偉かったって
イエスマンじゃなかったってこと

吉宗は卑怯な手を使って、
側用人同等の仕組みでイエスマンを集め
自分のやりたいように政治を進める?

いえいえ、そこが吉宗の偉いとこ
老中 も 活かすんですね
乗邑という、しっかり自分の考え方を持った人を認め
仕事をさせていく

何をしたか
有名な享保の改革
後半は、乗邑が力を発揮している
特に経済に関わるものはそう。

足高の制、大阪米相場会所の設置、新田検地条目

関東の直轄領には、代官を通じて農民に菜種のの栽培を促している
享保の大飢饉を対策では、かなりきめ細かい指示をしている。
「イナゴの巣のありか」や「食中毒に効く食べ物」等が書かれた小冊子も配っている

あるとき、御側御取次が中心となって進められていた公共事業。
「そのような話など聞いていない」と受け取り拒否。
男の子っ

お役人がこんな風なのどう?
ってプランを出すとき
乗邑のところに持っていく。

乗邑が良いと言えば、吉宗はほぼ間違いなくOKだから

性格
超真面目で几帳面
気難しい反面、笑い方が良い
でっかい声でガッハガッハと笑う。

部下がプランを通したい時は
部屋の近くに偵察を出す。

笑ってたか
よし、今だ

茶の湯が大好き

順阿弥って茶坊主が、彼の茶会に招かれた時、
会席にて柚子味噌が出された事があった

柚子味噌、お庭の柚子で取れ立てで美味しかったです。

なんで分かったの

帰るとき見たら庭の柚子が減ってましたんで

おお、すごいな君は

誉められた順阿弥は有頂天

後日、幕府の集まりがあった際に、みんなの前でその話をする

急に乗邑が激怒
みんなの前でする話かっ

順阿弥くん、怒られたーと
今度は落ち込んじゃって、仕事に来なくなっちゃった

4~5日経って、乗邑

最近、順阿弥の姿を見ないね

病気で休んでるみたいです

早く良くなるように言っといて

はい、翌日から元気に仕事場に

趣味の一環として彼が残した茶器図録『三冊名物記』
その緻密さでは今までのものとは比べ物にならないほどだった

決定的なこと
吉宗と意見が違っても
いつも尊重してくれていた。

でも、決定的な事があった。

後継者問題。

長男は家重
その下に宗武(むねたけ)宗尹(むねただ)

今はやりの退位で、生前次に譲ろうとするんだけど
長男家重は
何ともはや、いかにもどうにも

吉宗も弱り果てる

宗武にしましょう。
正論言っちゃった。

お前に言われんでも分かっとる。

でもね
ここで、長男以外に譲っちゃうと
全国に範たる将軍家が、原則を崩しちゃったという事で
同様の問題を抱える諸範で
兄弟同士の骨肉の争いが起こっちゃう。

ここだけは、吉宗、頑として譲らなかった

そんなことがあっても、
今回は意見は違ったけど、乗邑のことは認めているからね
となるはずだった。

でも、良く良く考えると
その吉宗が引退して
家重になっちゃうということ

忘れてた。

家重からすると、乗邑は
自分を外そうとした憎き奴

吉宗が死ぬのを待って
はい、お払い箱

読み間違えちゃいましたね。