[大奥]7 家継→最も哀しい正室、八十宮

大奥シリーズ
6代7代を通じて、天英院と月光院をお届けしてまいりましたが
7代家継に対しては、この人抜きでは語れません。
八十宮(やそのみや)です。
可哀想過ぎます。

ここまでの経緯はこれを読んでね
[大奥]6 家宣→天英院と月光院。壮絶なる女のバトル
[大奥]7 家継。天英院と月光院のバトルが決着。

天英院の京都派が一発逆転の大勝利に終わりました。
ただ、江島は追いやることができても
御大、月光院は残っています。
間部詮房との疑惑は証明出来なかった。

何といっても将軍のお母さんです。
気まずいですね

仲直りとかは無理にしても
お互いに今後うまくやっていくために何らかの手を打ちたい
極めて日本人的です。

考えに考えて妙案が浮かびました。
真ん中をとる、絶妙な案です。

公武合体
江戸時代も7代ともなると、色んな良くない部分が目立ってきます。
特に財政面はかなりまずい。
5代綱吉は、お母さん桂昌院が仏教に湯水のように金を使い、ガタガタ
6代家宣は勢い込んで立て直そうとしたはずが、京都かぶれになりすぎて
色々華美にしちゃって、輪をかけちゃった。

さらに危ないのが、7代家継の健康問題
4歳の家継は元々病弱
お父さんが亡くなって仕方なく継ぎましたが
無事に成人してくれそうにない。

5代も6代もお世継ぎがなかったがゆえに、弟、甥という関係から養子にもらいましたが
家継には弟も甥もいません。

幕府と朝廷との関係を見てみると、あまり良好とは言えません。
幕府が実質的支配者の立場を強固にすべく諸策を施した結果です。
ただ、京都派大勝利の今は、再考の余地があります。

言い出したのは月光院の江戸派側

公武合体

幕府の先行き不安な今
この際、朝廷の力を借りよう。

今まで、天英院のように、天皇の親戚から正室を迎えていたが
天皇の娘そのものを正室を迎えよう。

公武合体って、14代家茂の時に皇女和宮の降嫁が有名ですが
実はそのずっと前に、同じ発想が現実に移されている

歴史的大転換

月光院としては
京都派に全面敗北です
とのていを取りつつ
天英院のお父さん近衛基熙(このえもとひろ)と
勢力争いをしている、霊元法皇の娘を、息子の嫁にもらう
自分は皇族のお母さんになり、天英院より格上になれます。

天英院としても、京都派な訳ですから
京都と関係が強化されるのは悪い話ではない。
あまりに強烈に喧嘩を仕掛けちゃった手前
落とし処を提示してくれたのは有難い。

この時、7歳になっていたとはいえ、
結婚というのは驚きです。

家継ちゃん、結婚したい?

うん!

もっと驚きなのはお相手の八十宮
なんと2歳です。

やそちゃん、結婚したい?

バブー

実は、真の目的はその次にある
年齢はどうあれ
結婚したという形さえ取ってしまえば
その息子として跡取りを養子に迎える事が出来る

子供が大人を息子に迎えるってどういうこと?
と指摘を受ければ
あら、気づきませんでした
と、しらばっくれれば良い

その跡取りは皇族
皇族将軍の誕生です。
完全なる公武合体。

それだけ、家継の健康状態は不安視されていた

急げっ

慌ただしくも超豪華な結納式
あんまり急いでいたので、すっかり忘れていました。
本人たちは対面していません。

あとは、結婚式の日取りを決めましょう。
もうすぐ小さな花嫁がやって来ると江戸中が沸き立ちます。

ところが、将軍側からちょっと待って、の声

家継が夜桜見物で風邪をひいちゃった
風邪をひいただけでも一大事なんです。

そして、そのまま帰らぬ人になります。
将軍在位4年の哀し過ぎる一生でした。

もう少しだったのに間に合いませんでした。

この話は無かった事に
になるはずが
結納の時に約束を交わしちゃっています。

これ以降は徳川ね
その代わり五百石ずつ毎年差し上げます。

哀れ、たった2歳の八十宮
それ以降の長い長い人生はずっと未亡人として
再婚も許されませんでした。

全く会ったこともない、7歳の旦那様の事を想いつつ?
無理でしょう、そんなの

48歳で孤独な一生を終えました。

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)

[赤穂浪士]6 大高源吾は有名芸能人

赤穂浪士シリーズ6人目です

大高源吾
表門組 玄関固め 膳番元方・腰物方・金奉行 32歳

有名人という意味では、特に当時は、堀部安兵衛に次ぐ有名人。
俳句で有名なんです。

「子葉(しよう)」という俳号で、本を2冊を出しています。

何と言っても、元禄文化の頃ですから
芭蕉を中心にして、俳句が大フィーバー。

四十七士にも、俳諧三羽がらすといって
「子葉」「涓泉(けんせん)」萱野三平、「竹平(ちくへい)」神崎与五郎

でもやっぱり子葉が有名かな

茶道でも有名で、そんなこんなで人脈が広い。

12月14日に吉良上野介(きらこうずけのすけ)の屋敷でお茶会がある、
という貴重な情報を入手した一人
お茶会の情報なら任せとけ

平安時代から続く名門である大高家に生まれます。
さすが文化人。
おなじ赤穂義士である小野寺幸右衛門とは兄弟で
小野寺十内、岡野金右衛門とは親戚。

神文返し
人間として一味違うので、大石内蔵助からの信頼はとても厚かった。

貝賀弥左衛門とともに、神文返しという重要な役目をおおせつかります。

一旦、赤穂の武士たちは、大石内蔵助の指示に全て従いますという誓約書(神文)を提出しています。

御家再興の道が絶たれた時点で、討ち入りに一本化
となると、完全に自分達は切腹決定になるので、
空気に流されるのではなく本当にやる気のあるものにだけ限定したい。

ひとつ芝居を打ってくれ

内蔵助殿が申すには、御家再興を願っていたけれど完全にその望みは絶たれた。
そこで、計画は取り止める。
それぞれも、勝手次第に致してください。
このため、この神文はお返しします。

その時、なんだとおっ、内蔵助の腑抜けがっ
と怒り出した人にだけ

実はさっきの嘘!
と本当の計画を切り出す。

宝井其角(たからい きかく)という俳句では超有名人と、
討ち入り前日に街で偶然に出会った。

宝井其角
年の瀬や 水の流れと 人の身は

さすがですね。
このクラスになりますと、こんにちは、というかわりに
俳句で話しかけます。

子葉
あしたまたるる その宝船

すかさず大高源吾も下の句で返します。

あれれ、あしたまたるるはまずいんじゃないの?

大高源吾ってそんな繊細な人ではあるんだけど、体は四十七士で一番でかい

吉良上野介の屋敷へ一番乗りしたのは大高源吾です。
塀を乗り越えた。
薙刀(なぎなた)のような長太刀で戦いました。

辞世の句
梅で香む茶屋もあるべし死出の山

索引はこちら
[赤穂浪士]シリーズはこちら(少し下げてね)

家康14(一旦最終回) 秀吉の秘策とは

本題に入る前に
いやあ、新しいお札の発表がありましたね

嬉しい!
渋沢栄一ファンといたしましては
興奮の日々でございます。
こっちも読んでね
渋沢栄一 その1 クーデター計画
渋沢栄一 その2 パリ万博から諸外国へ
渋沢栄一 その3 日本に帰って見たもの。そして何をしたのか
渋沢栄一 その4 明治新政府はあれもこれも
渋沢栄一 その5 渋沢栄一は魔法使い
渋沢栄一 その6 産業造り、国造り、人造り
渋沢栄一資料館に行ってきました。

そもそも、今のタイプのお札を作ったのは渋沢栄一なので
お札の顔に今までなっていない事自体おかしかったと思います。

さあ、本題
家康13 信雄、何すんねん
の続きになります。

屈せず
織田信雄が秀吉の傘下に入り、勝負あり
勝ち目のなくなった家康は、息子於義丸(おぎまる)を秀吉の養子として人質に出す。

世間的には、秀吉の傘下に入ることを意味するが
大阪へ上洛せず拝謁もしない。
となると、傘下に入ったとは言えない。

手を変え品を変え、上洛を促されるが
ただただ無視。

そうこうしているうちにさらに秀吉の支配地域は広がるばかり。
そんな状態が2年も続きます。

一方、九州では島津が九州を統一しようかという勢い
秀吉としては、島津を討ちに行かねばなりません。
その為には、背後の東海中部五か国の家康に、手を打っておく必要がある。

客観的には、攻め落とす事は可能でしょう
小牧長久手の戦いの時より、さらに大きく差がついちゃっています。

どうする

浜松評定
家康側も、決めないといけません。
何度もそういう状況になりながら、ずっと先送りにしてきた。

家康は、武田信玄や織田信長や豊臣秀吉のように突出したリーダータイプではない。
今までも、自分の独断で決めると言うことをほとんどしていない。

みんなの総意に従う
ずるいと言えばずるいが
生死の問題。
もし、秀吉と戦おうとなれば、今度こそ結果は見えている
玉砕。

家康は、俺のために死んでくれ、とは言えなかった。

浜松評定
方針決定会議
家康はその場で何も言わず黙って聞いていて、出た結論に従う。

今までも、バカヤロウと途中で怒り出して結論をひっくり返す事がなかったので
みんなも安心感がある

とても面白いのが、この最も重要な身内の会議に
関東一円を治める超大国の北条氏に
オブザーバーとして参加してもらったこと。

北条氏は徳川の倍の領地を持ちつつ
隆盛を極めたのは随分前で
今は、老大国と化している

戦をするつもりがあるとは思えないが
秀吉の傘下に入られてしまうと、
その時点で全てが終わってしまうだろう。

さあ、出た結論は?

傘下には入らず

あい分かった。

使者
織田長益、滝川雄利、土方雄久
織田信雄(のぶかつ)の家臣のこの3人が使命を受けて家康説得にあたる

最初こそ歓待したが、
結論を変えるつもりはない

一月のうちに3回も来たもので
わざと鷹狩りに出掛けてしまい、不在とする
でも、鷹狩りの場所にまで追いかけてくる。

この3人は、小牧長久手の戦いまでは同志であり
共に戦った仲間。
家康の事は理解している。
一方で、寝返ったあとは、秀吉に触れることになるが
その人物に惚れ込んでしまっている。

確かに計算して演技するところはあるが
底知れぬ人間的魅力を持っているのだろう。
心の底から二人を結び付けたいと思っている。

何度言われても、行かぬものは行かん

ついつい、言葉をあらげ
言わずとも良いことまで言ってしまう
後で、多少言い過ぎたと後悔はするが
総意は徹底抗戦なのだから仕方ない。

報告
これ以上は無理だろう。

信雄が3人を連れて秀吉のもとに報告に行くが、時間は既に寝る時間
ダメならダメで翌日また来る前提で訪ねる。

案の定なかなか現れないので
やっぱり無理か

でも実は、起きていた
なかなか出ていかなかったのは、考えていたから
取り次ぎの者から聞いたので、駄目だったことは分かっていた。

良い方法が無いものか。

あっ
ひらめいた。
ひらめいたぞ

秀吉でしか思いつかないだろう。

あわてて寝間着のまま、出ていった

信雄殿、良い方法が思い付いたぞ

朝日じゃ

それでも不足というのなら
大政所(おおまんどころ)までつけてもいい

秀吉の氏素姓は厳密には水呑百姓ですらなく、
流浪して縫針を売りあるいたり、
野盗の走りつかいをしたこともあった。
これ以下の階層はあるまいとおもわれるような
最下層の泥の中から這い上がっている

共に苦労した家族に対する思い入れは
通常のそれとは全く異次元のもの

朝日は、秀吉の妹
百姓に嫁いだが
秀吉の義理の弟が百姓という訳にもいかないので侍にしたが
生来臆病なので、どう取り立てようにも何ともならない。

何とこの旦那と離婚させて
朝日姫を、家康に嫁がせるという案

無茶苦茶というか、奇想天外というか、常軌を逸しているというか
秀吉でなければ絶対に思いつかないだろう。

要するに人質なわけですが
人質って、格下が格上に対して、裏切りませんよという意思表示のために差し出すもの
息子於義丸(おぎまる)はその為に差し出したし
家康本人だって、徳川(松平)が弱小であったが故に、人質生活を余儀なくされた。

秀吉はほぼ天下人です。
家康は一地方の覇者でしかない
全くの逆で、こんな話聞いたこともない

確かに家康は、築山殿で懲りたのか、
築山殿亡き後は正室を置いていない。
朝日姫は44歳。
お顔はというと、う~んなんとも

仕方なく受け入れた家康。
これで、秀吉と家康は義理の兄弟ということになります。
秀吉お兄様

それでも、上洛せず。
お兄様への挨拶もいたしません。

さあ、「大政所(おおまんどころ)までつけてもいい」になります。
大政所とは、秀吉のお母さん。
秀吉は世に知れた親孝行
マザコンと言っても良い。
自分が一番大切なもの

朝日姫のお見舞いと称し、人質としてやって来る。

いくら総意があっても、これで上洛しなきゃ人間じゃないでしょう。

結局秀吉にとって、家康って何だったのかなあと思う。
そこまでする相手。
そこまでしたかったんでしょう。
性格は全く逆だったけど
家康の事が好きだったんでしょうね

最後まで、何をしても家康より秀吉の方が少しずつ上を行っていた気がする。
人の命は有限だから、秀吉が死ぬことで、歴史が動いていく訳だけど
二人で一緒に天下を治めることがあったら面白かったろうな、と思う。

司馬遼太郎の「覇王の家」はここから一気に飛んで、家康の最期の時になります。
あれっ、関ヶ原は? 大阪冬の陣、夏の陣は?
司馬遼太郎は、それぞれ別にそのテーマで小説を書いていますので
そちらを読んで、ということなんでしょう。

私も長く書いてきたこのシリーズ、一旦最終回にします。
関ヶ原等の続きは、またの機会に改めまして。

索引はこちら
[徳川十五代将軍]シリーズはこちら(少し下げてね)

[大奥]7 家継。天英院と月光院のバトルが決着。

[大奥]6 家宣→天英院と月光院。壮絶なる女のバトル
の続きになります。

家継
6代将軍、家宣が風邪ひいたと思ったら亡くなっちゃった。
残されたのは、弱冠4歳の、家継

家宣が京都大好きだったが故に、
正妻熙子は京都派として、大奥内で隆盛を極める
完全制覇かと思う時期もあったんですが、
これで後ろ楯を失う。

一方、家継の母、側室お喜世、俄然勢いをつける

家宣死去に伴い、二人は落飾し
熙子は天英院、お喜世は月光院と名乗ります。

これで終わってなるものか
天英院は作戦を巡らせます。

間部詮房(なまべあきふさ)
側用人、間部詮房はすごく頭が良くて、バリバリ仕事が出来る
家宣に気に入られ、どんどん出世

老中は、家康が今後これでやりなさいと強く言い残した制度。
譜代大名の人しかなれず
数人いて担当分野を持つ
重要分野は合議制
家康らしい安定重視の考え方で、ある意味、バカ殿でもやっていける。

側用人は、5代将軍綱吉が開発した制度
綱吉は、館林藩から乗り込んだので、江戸城内には何ら人脈がない
老中に政治をやらせると、自分は全くお飾りになってしまう。
仕事の出来る柳沢吉保を、本来単なる身の回りの世話役でしかない「側用人」という地位につけ
全て側用人に仕事をやらせた。

家宣は、綱吉が大嫌いなので、ことごとく綱吉の政策を否定するんだけど
この側用人制度だけは踏襲
自分も、甲府藩という外から来た将軍ですから。

側用人、間部詮房に全て任せる。

面白くないのが老中たち
2代続けてないがしろにされています。

老中が、正室の京都派につき
側用人の間部詮房が江戸派につくという構図。
大奥の対立は、政治的対立にも直結します。

4歳の7代将軍、家継はもちろんお母さん派

間部詮房は家継が生まれた時から教育係
とても厳しく育てます。

家継が泣いてぐずるときは
えち様に言いつけますわよ、と言えばピタッと泣き止む。

えち、っていうのは、間部詮房が越前の守だからその略称。

でも、基本的に深い愛情をもって育てたんでしょうね
家継は不思議に、えち様が大好き

少しでも間部詮房の姿が見えなければ
えちは・・えちはどこじゃ

通常将軍は、中奥にいるんだけど
家継はお母さん、月光院のいる大奥に朝から晩まで
4歳だから自然ですね。

すぐに、えちはどこじゃが始まるから
間部詮房も自然と大奥に

家継は問題ないです。
子供は男でも大奥にいて良いし
そもそも将軍ですから、何ら問題ない。

問題は間部詮房
大問題。

月光院は超美人でまだまだ女盛り
間部詮房とこたつで、さしつさされつ
そこに入ってきた家継が
えちは将軍のようじゃ
これじゃ、噂がたつのは当然。

天英院の考えた作戦はここです。

間部詮房のお陰でと言えば良いのか
大奥に、男性が出入りするのが、それほど不思議ではなくなってきた。
風紀の乱れです。

天英院は敢えて絶対に注意させない。
一発逆転を狙ってますから。

江島生島事件
そして、正徳4年(1714)1月12日。
世にも名高い、あの事件の日がやってまいります。

江島は、月光院付きの最高実力者、お年寄り
月光院の代理で、家宣の墓参り。
月光院の代理ともなれば大行列。

帰りに、芝居見物をした。
ルール的にはアウトなのだが、たまの外出
大奥の女中たちには、待ちに待った息抜き
監視役には十分な口止め料を握らせています。

受け入れる山村座も慣れたもの
二階の桟敷席五十間を絵島一行のために用意し、
弁当も百人分あつらえていた

主役は当然当時江戸で一番人気の色男、生島新五郎

そのままは帰らせません
こちらへどうぞ

ついつい長居になり
江戸城についた時には、門限の時間を過ぎていた。

門番と押し問答

いくら江島様でも、私も役割でございます。
お通しするわけには参りません。

聞きつけた月光院が手を回し通してもらい
事なきを得たかに思われました。

天英院様。お耳に入れたい話がございます。

三ヶ月後天英院に知られることになります。

来たっ。待ちに待ったこの時が。

江戸派一斉摘発
調べる権限は、老中側にあります。

なんと1500人にも及ぶ、江戸時代最大の疑獄事件に発展します。

生島新五郎は石抱きの拷問にあい、江島との情事という、用意された筋書き通りに自白

そんな短時間で何が出来る訳でもないと思いますが
話には尾ひれがつくもので
生島を長持ちに入れて、大奥に運び入れたとか
そんなむちゃくちゃな。
仮に首尾よく侵入できたとしても、どこで何が出来ると言うのか。

ただ、その噂のために、出入口で長持ちの中身チェックが制度化される。

すると、長持ちに入った大奥女中が見つかった。
残念だったね。

一方の江島、三日三晩一睡もさせずに尋問する「現(うつつ)責め」にかけられるが
とうとう最後まで否認し続けた。

尋問の本当の目的は、本丸
月光院と間部詮房の関係

もちろんこちらも口を割らない。

この江島、無いものをあるとは、いかようにされとても言えませぬ。

にもかかわらず、出された判決は死罪

いくらなんでもと、月光院が詫びを入れて、死罪は免れた。
信州高遠藩へと遠流

こんな厳重に逃げられないようにし

朝夕の一汁二菜のみ。本も読めず、書くための筆も与えられない。
暗唱してあった法華経を毎日唱える日々

再三にわたり赦免を申し出たが、ついに一度も認められず
33歳で遠流になってから、28年間、囲み屋敷の中にいてそのまま生涯を閉じる。

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)