西郷隆盛。薩摩藩へ

西郷隆盛について書きました
西郷隆盛。なぜ江戸城総攻撃を中止したか

その続きです。

日当山温泉
新政府内でも何となく居場所がなくなり
自分でももういいや、ってことで、日当山温泉(ひなたやまおんせん)でゆっくり保養する

実は西南戦争で死ぬまでずっと、健康問題で悩まされる

二つあって、ひとつは太りすぎから来るもの
もうひとつは、島流しにされたときにかかった病気で
金のお玉さんが異常にでかい
馬とか全然乗れません。

ゆっくり保養と言っても、本人にすればかなり切実な健康回復です。

大久保利道は、どちらかというとやりたがりの方なので
西郷が出てくると厄介だなあという本音はある
まあ、そのままで

凱旋兵
元々、薩摩藩内で大勢を占めていた上級藩士たちの穏健派
西郷が中心になって盛り上げて行った下級武士を中心にした武力討幕派
西郷自身は、江戸総攻撃を中止した訳だけど
そのままの流れで、東北、北海道の戦いを彼らが勝利する

はっきり言って、藩の意向を無視して大きな成果をあげちゃった訳で
藩って何なの状態になります。
軍功を要求する凱旋兵たちの突き上げが日に日に強くなっていきます。

ちょっと、西郷さん
温泉浸かっている場合ですか
何か言ってくださいよ

藩側としても、西郷さんを
みんなを黙らせるために使いたい訳だけど
実質藩主、島津久光としては、西郷さんに頼みごとはしたくない。

仲が悪いんです。

実質藩主ってどういう意味かですが
久光は、大河で渡辺謙がやっている斉彬(なりあきら)の弟なんです。
斉彬は自分のあとを子供の忠義に継がせる

久光は後継者争いに負けるんだけど
忠義はまだ若く、かつとても人間が出来ていたので
久光を後見人にして
色々お願いしますね

すごく色んな事をやります。
その辺の事はこっちも読んでね
[徳川名参謀]15 慶喜→島津久光
[徳川名参謀]15 慶喜→島津久光2

中央集権化
新明治政府は急ピッチで中央集権化を進めていく

藩をなきものにしたい訳ですが
まずは版籍奉還

まだ廃藩置県ではなくその前段階

藩主が自ら、私はもう良いから
中央政府さんに権利を差し上げます。
その代わり私の身分は保証してね、っていうもの

抵抗すると思いきや
驚くほどみんなあっさり応じてしまいます。

唯一抵抗したのが
最実力者、久光
新政府は、ずっと、この久光対策で頭を悩ませることになります。

久光は、実質藩主なのですが
正式な藩主ではないというのが辛いところ

忠義が、良いよ、って言えば
これは仕方がないわけです。

藩の中の勢力争いと
中央政府との主導権争いで、ぐっちゃぐっちゃになっていきます。

大久保利道は中央に取られちゃってますから
もう、西郷を呼び戻すしかありません。

でも、仲悪いので
自分からは言えない。

で、かつぎだしたのが、正式な藩主、島津忠義な訳です。

忠義(ただよし)は大河で渡辺謙がやっている斉彬(なりあきら)の息子ね
忠義は、藩主の時の名前が茂久で明治になってすぐ改名します。
ややこしいので、今回、忠義で統一しますね。

忠義が自ら西郷のところに出向いて

戻ってきて力を貸してもらえんだろうか
(ごめんなさい、鹿児島弁分からん)

久光は大嫌いでも、忠義の事は大好き
わざわざ出向かれると、断る訳にはいかなくなります。

久光と西郷がなぜ仲悪いかを説明しようとすると
あまりにも時間がかかるので
とにかく仲悪いとだけご理解ください

藩に戻って良いことがないのは分かっています
久光とうまくやっていける訳がない。

最高責任者へ
それでも、任せられると何とかせねばと
仕事をしてしまうのが西郷

禄制改革を断行します。
お給料の大幅見直し
上級藩士のお給料をどどーんと下げ
下級藩士のお給料をどどーんと上げる

ああ、やっちゃった

当然、久光の取り巻きは上級藩士ですからね

中央政府の大久保としても
久光には散々苦しめられたので
西郷を薩摩藩の最高責任者に任命しちゃうんです。

少なくともこの頃はまだ、盟友ですから

な、なんだとおっ

ただ、気持ち的には、西郷は新政府をあんまりこころよく思っていない。
権力をかさにきての横暴な振る舞い
贅沢三昧の生活が目についていた頃でしたので

西郷は、清廉の人であります。

ここでは、まだ、藩政のみですが
次回、西郷も中央へ、というお話をしますね。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

和算のターニングポイント。中根元圭

江戸の理系力シリーズ
前回は、関孝和についてお話ししました。
和算の関孝和、世界的数学者

今日は、その続きで
関孝和が創設した流派、関流がどう推移していくか

中根元圭
なかねげんけい 数学者 1662~1733

中根元圭は、関孝和の直接の弟子ではなく、孫弟子
建部賢弘(たてべたかひろ)の弟子です。

数学に限らず、江戸の理系技術に関しては大きく発展したターニングポイントがある

8代将軍吉宗、その人
江戸の理系力に関わるさまざまな分野で、何かというと出てくるのが吉宗
「吉宗に指示され」的な文があっちでもこっちでも

吉宗が、単純に理系的な事が好きだったということが大きいのだけれど
基本的な考え方が優れていたとも言える

その吉宗に意見具申したのが、中根元圭
江戸中期において、日本の理系技術は独自の発展を遂げ
関孝和のように西洋の技術を上回るものも出てきた。

ただ、だからといって
日本の技術が西洋を上回っていたかと言うと
そうは言えないと思う。

関孝和の行列式や代数等で西洋を上回っていたものはあるにせよ
それは一部分であって、全体レベルから言うと
やはり、西洋にはかなわない
これは素直に認めた方が良いと思う。

どうしても、部分的に優れたものがあると
ほらほら、日本は実は西洋を圧倒していたんだよ、と思いたい気持ちになるけどね

上様
これこれこうで、こうゆえに
やはり今、西洋の技術を取り入れるべきでございます。

ほんまか、元圭
良いこと言うな
そうしよう

キリスト教に関係しない科学の書物は解禁

現実的には
外国語が理解できる人がいないため
中国が西洋の書物を輸入して、漢字に翻訳したものがほとんどだったんだけどね

中根元圭で言えば
中国の数学者、梅文鼎(ばいぶんてい)の書いた「暦算全書」を輸入し
翻訳しています。

「鎖国」ということが一人歩きし
全くの井の中の蛙だったと言われることもあるけれど
実は科学に関する限り
この時の大きな方針転換で
厳密には鎖国じゃないんですね。

やっぱり日本は良いわ
程よい
もともと控え目で、外国さんたちにはかないませんわ
と言って良いところを素直に取り入れる
かといって卑屈になるわけでもなく
独自性を持てる力と気概もプライドも持っている

この程よさで、この後も行くわけです

中根元圭面白いなあと思うのは
音楽の理論も発展させている

音楽って、あの魔法の数字12が使われている
いつかテレビで外国の偉い先生が、素人にも分かるように
音楽の理論を解説してくれていた。
音って振動、すなわち波なんだけど
ある人が、二つの別の高さの音を綺麗に共鳴し合う音とそうじゃない音があるのを発見した
後に周波数を測ってみると共鳴が一番うまくいくのは丁度倍だったんだけどね
お互いの音の間の幅をオクターブと命名
その二つの音って、低いドと高いドだったってこと
そのオクターブを、3でも4でも割れる魔法の数字、12で割ると
その中にもそこそこ綺麗に共鳴出来る音があるのを発見
ほらね

で、その12個の音が出る楽器を作ってポロロンってやると、何とも心地いい
音楽の始まりですね

その中でも、より心地いいレギュラー選手がドレミファソラシド
補欠選手がピアノで言うと黒鍵たち

レギュラー選手の決め方が西洋と東洋で違うだけで、12で割るのは世界共通

おそらくこういったことをちゃんと理論付けていったという事だと思う。

音楽って理論は数学なんですね
心地よさを計算しちゃうなんてすごいです。

偉いぞ元圭
どみそっ ジャーン

久留島義太
くるしまよしひろ 数学者 1690~1758

久留島義太についても触れておきましょう

まだ、関流にくみしていない頃
古本屋で「新編塵劫記」を入手
和算はここから始まった。吉田光由
要は塵劫記のまがい物

数学の塾を開いて、分かりやすく説明し大人気
こういうことで食っていけるんだから
やっぱり良い時代です

通りかかった中根元圭、
「数学」の看板に引かれ、ぶらっと中に

いらっしゃい

数学の話でしばし盛り上がる
でもだんだん久留島の方が寡黙になっていく

中根さん
私、今日を限りに、数学塾の看板を降ろします。

ええっ
な、何てことを

中根さんとお話させていただいて
今まで自分がやって来たことが恥ずかしくなりました。
情けない

でも、元圭が受けた印象は全く逆だった
こんな人がいたんだと愕然とした。

久しぶりなんです。この感覚
関先生のお話を伺った時以来
情けないなんてとんでもない。

以来、二人は切磋琢磨しながら、同じ道を歩むことになります。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)

渋沢栄一 その4 明治新政府はあれもこれも

渋沢栄一シリーズの4回目

今までのはこれら
渋沢栄一 その1 クーデター計画
渋沢栄一 その2 パリ万博から諸外国
渋沢栄一 その3。日本に帰って見たもの。そして何をしたのか

呼び出し
新政府から呼び出された栄一に
一枚の紙が渡される

租税頭に任ずる

そのまま面会したのは大隈重信
いきなり超大物
ここは挨拶程度だったんだけど

やっぱりどうしても意味が分からない
新政府にただの一人も知り合いはいないし
何かの間違いとしか思えない
賊軍に声をかけるなんて
第一、租税って何?
畑違いも甚だしい
合本組織が軌道に乗り始めたというのに迷惑千万

再度出向いて、お断りします
すると、大隈重信が出てきて、今忙しいから
日を改めて、もう一回来て

ええい、ややこしい

もう一度行くと、今度は大隈重信の大熱弁が始まった

今日本は何をなすべきか
新政府内はどういう状況か
優秀な人材がどうしても必要だということ
そのためには特に外国に行って見聞きしてきた人がどうしても欲しい
慶喜公の恩に報いたいと言うが、その慶喜公を含めた日本全体のために働くのはより良い選択ではないのか
駿府で合本組織を成功させるより、桁の違う仕事がここでは出来る

日本はやおよろずの神の国、どうだ、その神の一人になってみないか

分かりました。

渋沢栄一の一番良いところです。
クーデターを思い止まった時もそうだけど
強い信念を持ちつつも
人の意見を素直に聞く柔軟性がある

しばらく門外漢の仕事に懸命に取り組み
ひとつだけ分かった事がある

大隈に面会を申し入れる

このままじゃダメだと思います。
大きな声で怒鳴りあっているだけ
核になる少数精鋭部隊を作り
全ての改正ごとはそこの調査を経てから行うべきです。

大隈も大隈でやはり大したもんです。
漠然と近い事は考えていたけど
そうか
って事で即座に改正局改正掛(かいせいかかり)というのを作ります。

省内の横断的組織
色んな部署から精鋭が集まり
租税司からは、渋沢栄一
掛長は渋沢栄一です。
明治2年11月

仕事
合点がいきました。
ずっと不思議だったんです。

以前、大久保利道の本を読んで
まあすごい人で、あれもこれもすごいスピードで
進めていく訳だけど
廃藩置県以外の明治三大改革って留守中に留守組により実現する
岩倉具視使節団で、岩倉具視、大久保利道、木戸孝允、伊藤博文がいない間

西郷隆盛はいるにしても
不思議だなあとは思っていた。

そうか
中堅の実際に仕事をバリバリ進めていくところに
核がいたのか

本を読むと、それはそれは八面六臂
ええっ、それも?
またこれも?

あらゆることが、渋沢栄一を経由していく。

三大改革でいうと、渋沢は大蔵省なので
税制改革
年貢での徴収をやめ、一定割合の貨幣で徴収する。

ただ、扱う範疇は
経済活動全般にあたる

貨幣や会社、産業
関わらないことを探す方が難しい

鉄道を引く
度量衡の基準
郵便
富岡製糸場
簿記の導入

そして、廃藩置県にも関わる

井上馨(かおる)が上司としてやって来た
井上馨とはとてもウマが合い
よく守り、力にもなってくれた。
以降、井上渋沢コンビでガンガン仕事を進めていく

やりたいこと
日本にも産業を根付かせたい
その一念でありとあらゆることに取り組めば取り組むほど
もどかしさがつのる

ああ、自分でやってしまいたい。

これ、痛いほど分かります。
経営コンサルタントをやっていた時、同じ経験をしました。
忙しい、という理由で新たにやるべき事がいつまでたっても動かない
結局私も、経営コンサルタントをやめて、クライアントの会社に就職しちゃった。

井上に相談

全くもって言っていることは良く分かるけど
あなたに今抜けられるとどうにもこうにも何も進まなくなる
もう少し目処がつくまで続けてもらえんだろうか

亀裂
そうこうしている内に
大蔵省と各省の関係が悪化していく。

各省も一からあらゆることを作りあげないといけない状況は変わらない
これにこれだけ、あれにもこれだけかかります。
ガンガン削っていくのが大蔵省の仕事

世界二位じゃダメなんでしょうか、みたいに

特に司法省との関係が決定的に悪化した。
大久保利道等の主要メンバーは岩倉具視使節団で海外
留守組は西郷隆盛が取り仕切っているはずが
島津久光がゴネにゴネて
鹿児島に行ったっきり

西郷さんは人望があるから
調整ごとは得意なんだけどね

ようやく東京に戻ってこれた時は、もうほぼ手遅れ

半分に削った筈の司法省の予算
満額に戻す閣議が通っちゃった

やっとれん

井上が激怒して、辞表を提出

ちょっとちょっと
引き留めたあなたが先に辞めてどうすんの

あなただけは残って
と言われても
説得力ないよね

ありとあらゆる近代化の基礎を作り上げた
明治2年12月から明治6年5月まででした。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

西郷隆盛。なぜ江戸城総攻撃を中止したか

西郷どん、面白いですね
大河ドラマは見る気が起きるのは幕末だけなのですが
篤姫、龍馬伝、に続き、今回も気合いを入れて見る事にいたしましょう。

知っている時代はむちゃくちゃ楽しいです。
おおっ、お由羅騒動や
みたいに
調所広郷良い芝居してたなあ

西郷隆盛は、極めて魅力的な人物ですよね
特に私がどうしても気になって仕方がないのが
なぜあんな最後を迎えねばならなかったのか

今度の大河ドラマはどういう描き方をするんでしょう

ということで、明治になってからに重きをおいた
「西郷隆盛の明治」という本を読みました。
文藝春秋臨時増刊号「西郷隆盛を知る」もね。
このあと、数回で、でーこん的西郷隆盛を書ければ良いなと思っています。

最初は、悲劇への始まり
隆盛のピーク、江戸城無血開城への勝海舟との会談から

強硬論
薩摩藩の中では幕府を武力で倒そうという強硬派(討幕)と
武力によらずに政権を覆そうという穏健派(倒幕)に分かれていた
実は、多くは穏健派だった。

最も強硬論を唱えていたのが、西郷隆盛
一般的イメージからすると逆かも知れませんね

少数派ではあっても強いリーダーシップを持っている西郷は
ぐいぐい仕事を進めていく。

鳥羽伏見の戦いに勝利した、新政府軍(東征大総督府)は
江戸へ向け、有栖川宮熾仁親王を先頭に進軍
その参謀として代表は、西郷
総攻撃の日を3/15と決定

その前の2日間、幕府側の代表、勝海舟と三田の薩摩藩邸で会談することとなった。

事前に山岡鉄舟が駿府の西郷の元へ来て
この案でお願いしたいとの提示は受けている

基本的には戦争する気満々の西郷にひとつ計算違いが起きた

バックアップしてもらっているイギリスの公使パークスが激怒しているという

事前に話聞いとらん
相手が恭順の意を示しているのに総攻撃とは
理屈が通らん

頭の中に、ちょっとまずいかも、という気持ちがよぎる

新政府側からの総攻撃中止の条件の一番主なものは、全面武装解除
全ての武器や軍艦等を引き渡せ

飲めないことが分かっていての条件提示

勝海舟個人として承諾したくとも
フランス軍の教えを受けて、近代戦法を学んだ幕府の陸軍海軍は
やってやろうじゃないの
の主戦論が圧倒的

勝海舟としては、総攻撃を受けたときの作戦も準備
自ら江戸中に火を放つというとんでもない作戦
その時に江戸市民を救うべく、フランスに船を出してくれるよう要請したが
こちらも断られている

13日は挨拶程度の儀礼的なものだけで
いよいよ総攻撃前日の14日

勝は、再度、案を提出
全部は無理なんですけど
これぐらいでなんとか

勝としても幕府内での意見をまとめたわけではなく
えいやあっ

条件は「全部」なので
西郷は、はい分かりました、となるわけがない

どうしたか

判断できません
持ち帰ります

この瞬間、翌日15日としては「中止」が決定された事になる

その後
新政府内では大騒動
どうした、西郷
お前が一番主張していたのではなかったか

西郷は、有栖川宮熾仁親王の待つ駿府へ出向いて協議
結論出ず。

引き続いて京都まで戻り
新政府の会議を開く

出た結論は
一旦全部没収
そのあと、幕府側で必要な分だけ返す。

4/5に江戸に戻り、幕府に提示する
4/10までに一旦全部引き渡してください。

小栗上野介を始めとした主戦論者たちは罷免
江戸城は約束通り引き渡せたんですがね

榎本武揚が、思い入れの強い軍艦を持って逃げるという
実力行使に出た。

約束違反です。
総攻撃になるはず。

ところが、総攻撃をしなかった。

もちろん、日本のためにはとても良かった訳です。
でも、理屈には合わない。

血気はやった面々から、西郷は猛烈な突き上げを喰らう。
出陣の号令をかけろっ

心の内
結局、なぜかって西郷の心の内にしか答はない

理由は分からない

それまで言い続けて来た事とは全く逆の態度
一番肝心な時に「動かない」を選択した。

パークスの件や
勝海舟への個人的な尊敬の念はあるにして
やっぱり分からない。

ただ、ここで一番重要なのは
現象としての結果じゃなかろうか
結果として、江戸は火の海にならなかった。

理屈とか、大義名分とか
そんなことで破滅に導く指導者でなくて良かったと思う。

でも、その代償はあって
次の彰義隊への総攻撃では外されてしまい
大村益次郎が指揮を取る

さらに次の戊辰戦争では新潟に駆け付けたときはもう終わりかけていたし
函館戦争に向かっても大勢は決していた。

まあいいや
本人も燃え尽きた感があって
薩摩藩に戻ると、温泉で療養
そのまま政治の世界からは引退するつもりだった

もし、それが出来ていれば
悲劇は起きなかったのに

続きはまた

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)