川本幸民。日本で初めて作ったのは、ビールとマッチとカメラ

江戸の理系力シリーズ、長くやってまいりましたが、一旦最終回とします。

川本幸民
かわもとこうみん 化学者 

わが兵庫県、三田藩の藩医として生まれた幸民
早いうちから抜きん出た才能をあわらし
参勤交代に伴って江戸に入府します。

江戸では蘭学者・坪井信道の塾に入門し、緒方洪庵らとともに蘭学を学びます。

大きく花開くかと思いましたが、大事件。
1836(天保7)年、刃傷事件を起こしてしまいます。
事の詳細は分かりませんが、殺しちゃったか、巻き込まれたか

数年間の謹慎蟄居を余儀なくされます。

1841(天保12)年に謹慎が解けると、
その数年後にのちの薩摩藩主・島津斉彬と知り合います。
出たっ。科学大好き斉彬
1853(嘉永6)年に薩摩藩に転籍します。
さあ、そうなると薩長です。新政府側です。
あれもこれもやらせてもらえる斉彬で、色んな事できて
そのまま明治維新になだれ込みます。

超ラッキーではありますが
反面、先程の謹慎もあり、
生涯で三度も大火に会い、その都度家を焼け出されているので
順風満帆な人生とは言いがたいかも。

マッチ
嘉永元年、幸民がある裕福な商家に往診に出かけた

その主人が
西洋にマッチというものがあって、擦っただけで火がつくらしい

ほう、そりゃまた素晴らしい。

どうじゃ、先生なら作れるんじゃないか
もし作れたら、五十両差し上げますぞ

幸民の実験の日々が始まります。
当時のマッチは材料に発火点の低い黄燐を使っていたため、製作は爆発の危険と隣り合わせでした。

負けるもんか

いよいよ完成。

見ていただけますかな

商人の前でマッチで着火
ぼわっ

おおおっ

ということで五十両

あっ、あれか
あれは冗談じゃ

いいえ、払っていただきます。

なんとか逃れようとする商人でしたが
この話がどんどん広まっていき
引っ込みがつかなくなって、泣く泣く五十両を支払いました。

化学新書
化学新書という本を、1861年に出版
宇田川榕菴の舎密開宗と並び江戸時代末期の代表的な化学書です。

ビール
この『化学新書』に、ビールの醸造方法が書かれています。
それも、とても詳しく。

幸民がビールを作ったということが、明確にどこかに書いてある訳ではないので
100%ではないんだけど
基本的に実験しながら書いているので
まず、日本で初めてビールを作ったことは確実です。

たとえば「上泡醸法」と「下泡醸法」では、発酵温度や仕込時間、貯蔵期間などが異なる事が書いてある
上泡醸法は今、イギリスのエールなどで行われている製法と同じで
下泡醸法は、ドイツ風ビール。こっちは当時まだ確立したばかりなのになんで分かったんだろう。

1853年のペリー来航で、ペリーがおみやげで持ってきたビールを真似た、とも思われるけど
それだけで、「上泡醸法」と「下泡醸法」の違いなんてところまで行くだろうか
謎です。

カメラ
カメラもおそらく最初。
多才過ぎてクラックラ来ますね。

1830年代フランスで発明されたとされるカメラをためしに作り、
日本で最初に撮影に成功した。
このことは、遠西奇器述(えんせいききじゅつ)に書かれています。

初期のカメラは、色んな方式があり
それぞれ一長一短あった。

自分が最初に開発してから10年後
咸臨丸の使節団の中に滞米中に写した複製写真を持ち帰った者がいた。
おっ、これは違う方式、湿板写真だな、とすぐに分かり
その湿板写真式カメラも作っちゃった。

その湿板で幸民が取った写真が2枚残っている。
一枚は自分を撮ったものだけど
もう一枚は、これ

川本秀子さん。
奥さんです。

苦労かけたね、って事でしょう。
奥さん、嬉しかったろうなあ。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


サルビアレウカンサ

花カレンダー始めました

木村屋のアンパン。ぶん婆ちゃん頑張れ!

明日、吉原のウォーキングイベント。
2回に渡って下見もして準備万端
吉原ウォーキング
吉原の寿司屋の親父さんと話し込んで

そう言えば、六地蔵のあった東禅寺に老夫婦の銅像あったな
いったいあれは誰だったんだろう

調べとこう

東禅寺 浅草 検索

木村屋総本店
「左隣には、銀座木村屋総本店の開業者・木村安兵衛と妻ブンの夫婦像があります。」
なるほど

そりゃあ、銅像いります
日本が誇る世界の大発明
アンパンを作った人ですね

木村安兵衛がいなければ、
あの世代を超えた大ヒーロー、アンパンマンも誕生しなかった訳です。

木村安兵衛ってどんな人だったんだろう

木村安兵衛
今の牛久で、武士だったんだけど、明治維新で失業
江戸の木村家の本家を頼って一家が上京
本家の重義が東京府職業授産所長をやっていたので、そこで事務の仕事をやらせてもらいます。
ハローワークみたいなもんでしょうか。

重義が
これからは西洋の文化を取り入れなきゃならん
どうだ、パンを作ってみては

パン?

家に帰って家族会議

次男で新しいもの好きの英三郎が
父ちゃん
パンなら俺知ってるよ。食ったことある。
美味しかったよ。やろうやろう。

ってことで、パン屋を開業
息子の英三郎、その弟の儀四郎、が中心になって頑張るんだけど
せっかく、軌道にのりかけた店が、火災で全焼

仕方なく新しい地にお引っ越し
それがあの、銀座の場所なんです。

安兵衛と英三郎が知恵を絞る

今一つパッとせんなあ
これって、何だかんだ言うとるけど
饅頭なんじゃないか

父ちゃん良いこと言う
まさしく、西洋まんじゅう

饅頭なのに、なんであんこが入っとらんのじゃろう

(二人顔を見合わせて)
それだ!

試行錯誤を繰り返す日々

そして、出来上がった自信作。
安兵衛がかねてから知り合いの山岡鉄舟に食べてもらう

うわっ
こいつぁうまい。
これぞ、ニッポンの文明開化だ

この木村屋の看板の字は山岡鉄舟です

感激した、山岡鉄舟
なんとか天皇陛下に食べてもらおうと画策

天皇陛下が小石川後楽園に来られたとき
茶菓子として出してみた。

陛下も大喜び
特に皇后陛下が殊の外気に入られて
今後も継続して納品するように。

皇后陛下が気に入られた、アンパンってのはとても美味しいらしいよ

評判が評判を呼び、一気に火がつきます。

存続の危機
大成功物語ですね

銅像なら、安兵衛夫婦というより
安兵衛と英三郎の親子の方が良いんじゃない?って思うでしょう
このあと、理由が分かりますよ。

さあ、順風満帆の筈でした。

ところが12年後、
考えても見なかったことがおきます
英三郎が急死したんです。
まだ36歳と言う若さ。

そして、あろうことか、その2年後にお父さん、安兵衛も死去

存続の危機に陥ります。

大丈夫。まだ弟の儀四郎がいると思うでしょう

ところがなんとなんと
随分前から、儀四郎は家をぷいと出たまま、行方知れず。
英三郎と安兵衛が死んだこともおそらく知らない。

残ったのは、安兵衛の妻ぶんと、儀四郎の妻ゆうのみ

あの、バカ息子、どうしてるんだか

二人だけの家族会議

分かりました、お母様
私も精一杯やらせていただきます。

ぶん婆ちゃん、当主として木村屋を切り盛りすると覚悟を決めます。

それから大奮闘
女性当主なんて考えられもしなかった時代です。

気の荒い職人達を時には叱りつけ
時には細やかな心遣い
ぶん婆ちゃんの木村屋は更なる発展を遂げていきます。

儀四郎
そんなある日でした。

ただいまー

はあ?
はああああ?

儀四郎がひょっこり帰ってきます。

どれだけ心配したと思ってんだ。このバカ息子がっ

ところが、儀四郎
不在期間中に、考えられないような事をしていた。

全国を行脚しつつ
その、土地土地に、木村屋アンパンの支店を出して回っていたんです。
なんと、台湾や中国にまで。

あらまあ

それならそれで、連絡ぐらい寄越せば良いのに。

ようやくバトンタッチ
母ちゃん疲れたよ。もう限界。

ここまでのぶん婆ちゃんの頑張りがなかったら
確実に今の木村屋は無かった訳です。

さあ、儀四郎の代
儀四郎が築きあげた全国のネットワークが有機的に機能し
木村屋のアンパンは、全国に轟き渡ります。

そして、あの日がやって来ます。
儀四郎が開発した、第二の大ヒット商品
ジャムパンです。

儀四郎がいなければ
ジャムおじさんだっていなかった訳です。

索引はこちら
[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


シコンノボタン

花カレンダー始めました

女性だって仇討ち。すみとたか(宮城野・信夫)

江戸のヒロインシリーズ

すみとたか
四郎左衛門という百姓は、貧しくても働き者。
すみとたかという娘二人の子宝に恵まれて、幸せに暮らしていました。

享保3年(1718年)のある日、四郎左衛門は、娘二人と田の草をとっていました。

1000石取りの田辺志摩という武士が通りかかります。

四郎左衛門は、うっかりその前を横切ってしまいます。

無礼者!
四郎左衛門は無礼打ちに合います。

助けようとした、娘二人にも刀を抜いたので、
命からがら逃げ帰りました。

待っていたのは病気の母親
娘たちは顛末を話しますが
母親はショックで、追うように亡くなってしまいます。

娘二人が話し合って選んだのは、
親の仇を討つという道。

この時残された娘二人は姉11歳、妹8歳
百姓の娘が敵う相手ではありません。

領内を退居して陸奥守様の剣術師範である瀧本伝八郎へ奉公することになりました。

練習風景をじーっと見て、
こんなふうにしていたなあと
みんなが居なくなったところで棒を振ってみる。

それで敵が討てるようになるのかは分からないけど
幼い二人に思い付くことはそれくらい。

ある時、素振りしているところを見られ

何をしているのじゃ

申し訳ございません。
実は、父の仇を討ちたいとは思っておりますが
私たちに出来ることが何なのか
それすら分からない状態です。

どういうことだ
詳しく話してみい

(云々)

そなたたちの決意、尋常ではないと
先程の素振りを見てしかと理解した。
明日から、本格的に伝授いたそう
じゃが、並大抵の事では無いぞ。心せよ。

猛特訓が始まります。
特にセンスがあるという訳でもないので
メキメキと上達、とはなりません。
ひたすらに同じことを続けて、体に覚えさせる事しかない。
ただ熱意しかない。

予定を越えて、6年の歳月を要したが
いよいよ、その時が近付いたとして
事の次第を陸奥守様へ伝えてくれた。
普通はダメなんだけど、特別措置として
白鳥大明神の宮の前へ矢来を組んで、勝負が実現することになる

仙台御家中衆が警固検分を務める中、
姉妹は大健闘
替る替る戦って、いよいよ志摩を袈裟切りに斬り付けた。

「いまこそ父母の無念を晴らしたまえ」

最後は姉が走り寄って止めをさした。

陸奥守様も、その結果に感激
姉妹を家中の者へ養女に迎えるよう申し付けたところ、二人は共に辞退した。

「仇とは言え人殺しの罪は逃れられず、願わくば如何ようとも御仕置きを仰せ付けられ下されますよう」

そう言うな

伝八郎がやってきて説得

姉は当年16歳で御家老3万石の伊達安房殿(伊達村成)へ、
妹は同13歳で大小路権九郎殿へ引き取られた。

宮城野・信夫
以上が史実になります。
でーこんの若干の演出追加はありますけどね。

これをもとに、
江戸時代の浄瑠璃「碁太平記白石噺」や
歌舞伎「姉妹達大礎」などが作られました。

幼い姉妹が親の仇を討った訳です。
それだけで、極上のお芝居の題材ですね。

当然大ヒット。

名前は、お姉さんが宮城野、妹が信夫
と、故郷にちなむ名前に途中で改名しますので
一般的には「宮城野・信夫の仇討ち」として広まります。

これらのお芝居で、面白いのが
剣を教えた、瀧本伝八郎役が、由井正雪
あの、幕府の転覆を企てたクーデター未遂事件の犯人です。

通常は逆なんですけどね。

実際の事件を芝居にするのは御法度。
忠臣蔵なんかは、時代も配役も変えているんだけど
あの事件ってみんなが分かる。

政府の対応に対する批判的な内容になった方が一般受けするので
どうしてもそういうストーリーにしちゃいますから。

現実のクーデター犯、言わばテロリストを
ヒーロー側に置いちゃいかんでしょう。
よくまあ、幕府がこれに目をつぶりましたね。
庶民には大受けに受けるでしょうけど。

索引はこちら

[江戸のヒロイン]シリーズはこちら(少し下げてね)


パンダスミレ

花カレンダー始めました

宇田川榕庵。江戸時代に化学を究める

江戸の理系力シリーズ。
天文学、数学、医学、遺伝学、機械工学、博物学、本草学と進めてまいりました。
そういうと、化学って出てませんでしたね

江戸時代に、試験管とかフラスコとか無さそうだし、
いくらなんでも無理なのかな

いえいえ、どっこい

宇田川榕庵
うだがわようあん 化学者 1798-1846

江戸時代後期の津山藩(岡山県津山市)の藩医です。

元々は、大垣藩の藩医の息子
参勤交代制度のメリットだと思うんだけど
江戸に住んでいる、江戸詰め、と言います。
お父さんは、同じく江戸詰の藩医、宇田川玄随が師匠です。

息子さん、優秀ですね。養子にちょうだい。
はい、どうぞ。

ってことで、14歳で養子になったので、宇田川姓
岐阜から、あっという間に岡山です。

哥非乙(こうひい)説
化学者と言いつつ、他の事から話し始めるのは気が引けるのですが
色んなことやっています。

いっぱい本も出しているんですが、まずは19歳の時に出した本。
「哥非乙(こうひい)説」という本です。
コーヒーの産地、効用を説いたものです。
ハイカラですね
Coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕庵が最初。

喫茶店の珈琲館は宇田川榕庵を恩人と崇めないといけません

『西説菩多尼訶経』と『植物啓原』
ショメルの百科事典を読んだ宇田川榕庵はびっくり。

日本では、植物と言えば、観賞のための園芸として、より奇異なものを作り出すための品種改良
あるいは、本草学、すなわち薬草として有用なものを探す。

西洋には全く視点の違った植物の学問があるじゃないか

植物自体の構造や生理を探求する

物事には、それが形作られ、働きを持つさらに元となる仕組みがあったのか

分類や効用や改良は散々行ってきたけど
「植物学」と呼べるものに体系立てていくのは、榕庵からだと言って良い。

西説菩多尼訶経(ぼたにかきょう)って変な名前でしょう。
本が、お経のように折り本形式になっているから。
「菩多尼訶(ぼたにか)」というのは、ラテン語で植物学を意味するbotanicaからとっています。
何ともハイカラなお経があったものです。

その後、もっと本格的な植物学の『植学啓原』を出版しています。

榕庵の特色として、さっきの珈琲もそうだけど
現在の学問で使われている言葉を思いっきりいっぱい産み出している。
雌花、雄花、花柱、葯、柱頭などの訳語は全部、榕庵です。

舎密開宗
さあ、いよいよ化学ですよ。

物事のもう一つ元の研究という視点をおそらく日本人で初めて持った榕庵
化学に興味が向いていくのは当然の流れでしょう。

イギリスの化学者ウィリアム・ヘンリーが1799年に出版した Elements of Experimental Chemistry を
J・B・トロムスドルフ(de:Johann Bartholomäus Trommsdorff)がドイツ語に翻訳、増補した
Chemie für Dilettanten を、
さらにオランダの Adolf IJpeij がオランダ語に翻訳、増補した
Leidraad der Chemie voor Beginnennde Liefhebbers

うーんややこしい。
「それ」を読んで訳したのが「舎密開宗」(せいみかいそう)

日本の化学の夜明けでございます。
やりました。
イッヒリーベボクノフネですね

単純な翻訳ではなく、その他のあっちこっちの化学書から
あれやこれやを追記しているから
新たなオリジナルの化学書といっても良いくらいのもの

「舎密」とはオランダ語の「セーミ」に当て字をしたもので、開宗とは開くという意味。


さあ、ここで作り出した言葉は?

酸素、水素、窒素、炭素、白金といった元素名
元素、酸化、還元、溶解、分析といった化学用語
細胞、属といった生物学用語

すごいです。
何から何まで。

何と日本ではじめて、現在の化粧せっけんに近い石鹸を製造しています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


トラディスカンタナ シラモンタナ(白絹姫)

花カレンダー始めました