家康2、感動の里帰り

前回の続きです。
家康1、人質時代。我慢我慢ひたすら我慢

普通なら、まだ成人していない14歳
結婚もできないんですが
そこはアバウトな時代
無理矢理元服しちゃえ

1月15日、元服と結婚式を同時にしちゃいます。
相手は10歳年上の強烈キャラ築山殿

築山殿についてはあまりに色んな話があるのですが
実は、また新シリーズ「大奥」っていうのを考えておりますので
そちらに譲ろうかなと思います
築山殿に関わる話はガサッと割愛。

14歳で女性を知ってしまった竹千代改め元康、後の家康
(ここでは今後、家康と表現しますね)
しかも相手が築山殿
その後の異常なまでの女好きが形成されてしまいます。

里帰り
初夏に、築山殿のお父さん、関口親永に頼みます。

一度、岡崎に里帰りし、
元服を終えた自分のすがたを郎党たちに見せてやりたいんですが。

まあ、それぐらいだったら良かろう。

人質の家康は大人になって初めて、岡崎に里帰りすることになります。

もう、岡崎では、ひっくり返っての大騒ぎ。
三河衆にとって、家康は生きる支え。

若が、若が帰ってくる

野良仕事が忙しい時期ですので、仕事をほっぽらかす訳にはいかないんですが
若が通る道端に集まり、飛び上がらんばかり。

立派になられて・・・

そんな中、急に家康に尻をむけ、こそこそと隠れたものが。
でも、家康が顔を見ちゃった。

「近藤登之助ではないか」

松平家における身分でいえば堂々たる物頭
外出の時には十数人の供に諸道具をもたせ、
戦場でも尾張衆にまで名のひびいた男

いまでは知行を駿河衆にとられ、
命をつなぐために自分が食べるため米をつくっている。

こんな姿、若に見せられる筈がない。

瞬時にその意味を察した家康は、そこに止まり出てくるのを待った

田の水で手と顔をあらい、笠をとって家康の前にまかり出た登之助に、

「憂き目を見させることよ」

このひとことで近藤登之助は声をあげ、号泣した

岡崎城へ
さあ、いよいよ岡崎城
6歳の時、あとにして以来です。

本丸には、駿河今川家から派遣されている城代で、山田新右衛門という男がいます。
とはいえ、本来の城主が里帰りしてきた訳です。

家康のほうからさきに、
「貴殿が城をまもってくれていればこそ、岡崎も安泰なのです。
私はまだ年若であり、古老たちの話もききたいゆえ、
二ノ丸をもって宿所とします」

ある夜、古くからの年老いた家臣、鳥居伊賀がやってきて、
「こちらへ候え」 と、家康の手をひくようにして外へ。
わざと灯をつけなかったから、真っ暗。

自分の城内屋敷に入り、奥の蔵の前にまで来た。
音を立てないようにして、錠を外す。
蔵の中ではじめて灯をつけた

ぱあっと、光が照らしたもの、それは。

天井にとどくばかりに米俵が積まれている
さらに、山積みにされたぼう大な青銭

今川家に絞り取られ、もはや何もない。はず

いったい

「それがしが、かようにつかまつった」と、小声で言った。
今川の城代の目をぬすんで旧領内からあがる年貢や運上金をくすね、
こつこつと貯めに貯めたのがこれでござる

「すべて殿のものでござる」
鳥居伊賀は、すでに泣き出していた。

殿が将来、帰られたあと、これをすべて軍用におつかいなされよ
これだけあればよい侍を多く召しかかえることができましょう
いつまでもこのような三河であってはなりませぬ
なりませぬ。

家康を蔵から連れ出し、静かに錠をかけた。

この年、家康が駿府へ帰ってほどなく、
鳥居伊賀は安堵したように生涯を閉じた。

索引はこちら
[徳川十五代将軍]シリーズはこちら(少し下げてね)


ヒメジョオン

花カレンダー始めました

岡崎なう、続き。家康館の充実度

昨日、岡崎城まで話しましたね
岡崎なう。家康ーっ、築山殿ーっ

岡崎への理解が深まったところで、いよいよ今回の主目的、家康へゴー

三河武士のやかた家康館
家康の全てが分かる家康館

博物館は数々行きましたが
結論から言うと特A、二重丸を超えた花丸じゃないでしょうか

まあ、素材が家康ですから
どれだけ控え目に展示しても、ネタはいくらでもあります。
残念ながらこちらもほぼ写真NGなので
文字でお伝えしますね

付け焼き刃でも家康のこと勉強してから行って、つくづく良かった
予習なしで行ったら
あまりの充実ぶりに全く付いていけなくなったでしょう

まだ、覇王の家は下巻が2割程度しか読めていないので
小牧長久手の戦い辺りはついていけませんでした。

時間が遡りまして、岡崎城の時、音声ガイドがあることに気づきました。
だいたい、音声ガイドがあるときは借りる事にしています。
気づいたのが遅かったので
よし、次こそは。

家康館で
音声ガイドをお借りしたいんですが

たまに、音声ガイドは、
えっ、展示のところに書いてあることと一緒じゃん
そんなの自分で読むよ
って事があるんですが
この音声ガイドは程よく違うことも喋ってくれる

30箇所全部聞きました。

本での予習が
実際に、関連するものや写真の展示物で強くイメージできます。

これ、うちの近くに作ってくれないかなあ
定期券買って、毎月通いたいなあ。

やっぱりここに来る人は猛者揃いですね
子供に詳しく解説している人や
おじさん同士で、その時の心持ちを議論している人

ここで、なぜか引き返したっていうのがポイントだよね
いや、そこは計算だと思うよ。なぜかと言うとね

みんなとても楽しそう。

関が原の戦い
やはり圧巻は、関が原の戦い
関が原の戦いについては、
その背景から紐解いての「関が原の戦い」というムック本を以前読んだので
多少はついていけます。

ボタンを押して
さあ、始まるぞ

広大な場所に模型が配置されています。
こっちに石田三成
こっちに徳川家康

井伊が宇喜多秀家に発砲して始まり始まり
前に進むときは、くるっとひっくり返って、もう一個前でまたくるっ
結構見ている方も、白熱してきます。

小早川なぜ動かん!

ボーオオー
ワー
ドドンドドン

前へ前へ

もはやこれまでぇ

続けて2回見ちゃいました。

遺訓
じんと来たのが遺訓
音声ガイドでも、おそらく後年、水戸の遺訓を参考にして作られたものだと思われますが
と言いつつ、
書いてあることが、家康の生き方そのものなので胸を打ちます。

同じものが、岡崎城の前にも書かれていて
現代語訳がのっていました。
音声ガイドではもうちょっと、現代語に噛み砕いていましたので
思い出し思い出し、でーこん流にぐっと意訳してみます。

人の一生は、重い荷物を背負っていくようなものです。
急いではなりません。
不自由が当たり前だと思えば不足を感じることはありません。
望みが起きたときは、辛かった頃を思い出しましょう。
辛抱は無事の源です。
怒りは敵と思いましょう。
勝つことばかりを思いすぎてはなりません。
自分を責めて、人を責めないようにしましょう。
少し足りないくらいが、やり過ぎるよりうまくいきます。

岡崎公園
時間が多少前後するものもありますが
岡崎公園では色んな家康関連のものがありました。

二の丸能楽堂

おそらく、この辺りのどこかに住んでいたので、この近くで生まれたと思われます。

何だか声が聞こえるぞ

何かやっているんですか

武将のイベントになります。
有料なので、今、門を閉めさせていただいています。

おいくらなんですか

400円になります。
15分くらいなんですが

じゃあお願いします。
中は撮影は出来るんですか

ショーはご勘弁いただいているんですが
そのあとの演舞は大丈夫です。

えっと、すみません
やっぱりやめときます。

家康像
これこれ、こういうのがなきゃね

いかん、ちょうど逆光だ
真っ黒
5回撮り直して、これが一番ましでした。

竹千代と家康
可愛いっ。竹千代
竹千代は家康の幼名です
このすぐあとくらいに人質に出されちゃいます。

横には、大人になった家康

こちらは若き日の家康。
若いときは、家康は痩せてます。

家康館でたっぷり二時間近く見たあと、出てくると
ひょっとして、さっきの400円の人たち?

グレート家康公「葵」武将隊って言うそうです。
人気者で、地元のメディアに引っ張りだこ
若い女の子たちがパチパチ写真撮っていました。
400円得したかも。

東照公産湯の井戸
この井戸の水が、家康の産湯でした。
竹千代ーっ

東照公えな塚
家康のえな(胞衣)がここに埋まっています
胎盤のようなものでしょうか

考えてみれば、竹千代は、お父さんは気がおかしくなった家臣に殺されて、母親にもすぐに引き離され
ずっと親なし子だったんですものね。
竹千代頑張ったね。

思えば、江戸時代の260年って
遺訓を守った260年だった気がします。
「過ぎるな。ゆっくりだ」
西洋は過ぎていると感じて基本的にシャットアウトし
オランダとだけちびちび

大きく技術革新するものは、むしろ禁止されていきます。
大きな船はダメだし、馬車だってダメ
ちびちび行きましょう
びっくりするけど、あれだけ自慢だった水道すら
吉宗の時に半分廃止しちゃいます。
理由は色々言われていますけど
「良すぎるから」という気がします。
あんまり良すぎると江戸の人口が増えすぎる
それ以降、江戸の人口増加はピタッと止まりますから。

身の丈だけの仕事をして
それ以上の稼ぎが入りそうになると仕事をやめちゃって、残りの日は遊びに回す。
みんながそうしているから、不思議に思わない世の中

三河の派手嫌いが
ベースの考え方として
全国に広まった260年だった気がする。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


アメジストセージ(オオイヌタデ)

花カレンダー始めました

家康1、人質時代。我慢我慢ひたすら我慢

以前にやった15代将軍シリーズ

シリーズあれこれ


私の中では原点に近くて、何かにつけて読み返しています。

でも、その中で、一人だけ扱っていない将軍がいる
家康です。

あまりに大物過ぎること
戦国時代は苦手であること

一旦パスして、2代目秀忠から始めますね、と。

ふとした事で、その事を思い出しました。

忘れ物を取りに帰ろう

覇王の家
色々ある家康の読み物の中で何読もうかな
山岡荘八、徳川家康全26巻?
うーん、ご勘弁
やっぱり、迷ったときは、司馬遼太郎大先生
覇王の家、上下巻
2巻で良いの?
先生ありがとう。

今、上巻を読み終えたところです。
家康、ほんとにすごいですね
司馬遼太郎先生も最高

さあ、何回に分かれるか分かりませんが
進めてまいりましょう

まずは、その1

幼少期と言えば、人質
カミさんの田舎、三河でございます。

はじまりはじまり

奥三河
カミさんの田舎東栄町の奥三河
ここで、松平家が興ります。(今の愛知県西部)
(徳川は、松平家の家康が松平では征夷大将軍になれないために勅許を得て自分で作った姓です)

偉大ですね
カミさんは天下取りです。

西には尾張(おわり)の織田、
東には駿河(するが)の今川
大国に挟まれ、怖い怖い

尾張、三河、駿河は性格的に全く違います
尾張は、商売人気質
常に一旗上げてやろうという派手なイケイケ
経済的にもかなり進んでいる大都会。

駿河は、雅
元、室町の守護大名で
特に今川義元は、雅好き
土地的にも、海はあるわ、富士山あるわ
とっても雅

間の三河は、ど田舎
この平成に至ってもど田舎なので
当時はいかほどのものか。
そもそも、ど田舎であることに誇りを持っています。

三河人の性格はと言えば
まあなんちゅうか
30年一緒に生活してみてください。
これ以上の事は、とても私の口からは。

この気質の違いが、ことごとく武将の行動を決定付けることになります。

家康のおじいさんがとても優秀で、領地をどどっと広げる
なのに、お父さんがね
ちょっと残念な感じ。
結局半独立国となってしまいます。
今川に助けてもらわないと何ともなりません。

絶対に今川様には逆らいませんから
何とぞお守り下さいませ。
その証拠と言っては何ですが
この跡取り息子を、人質としてお渡し致しましょう。

家康、幼名、竹千代は、哀れ6歳にして駿河へ

三河岡崎衆と言われる三河の武士たちは竹千代が大好き

可哀想な若殿はどうしておわすであろう
心配でたまりません。

ところが、さらに竹千代を不幸が襲います。
何と、駿河に到着しなかった。

道の途中の豪族、戸田氏に誘拐されてしまうんです。

こいつぁ良いのをひっつかまえたぞ
織田に売ったらえらく高く売れるぞ

そんな無茶苦茶な
運命を司る神様はどこまで意地悪なんでしょう

大喜びの織田氏の元へ

2年の月日が流れます。

そこで、不思議なことが起こります。
小豆坂合戦

駿河の今川勢が、尾張の織田信秀を小豆坂というところで
大いに破った

実は頑張ったのは、三河岡崎衆なんですけどね

織田は信長のお兄さん、信広が捕まっちゃった

何とか信広の命だけは

分かった、じゃあこうしよう
お宅のところにいる竹千代と信広を交換

えっ、それで良いんですか
はいはい。どうぞどうぞ。

ということで、晴れて(?)竹千代は、駿河へ

ちゅうても、やっぱり人質です。

人質ってどういう生活なんでしょうね
いざという時に役立てないといけませんから
拷問とかはしないでしょうけど
そもそもが駿河者は、三河者を徹底的に馬鹿にしています。

そしてまた、哀しいことに
三河者は、それが当たり前だと思っている。
どんなに戦の最前線で使い捨てされようとも
今川に守ってもらえなければ
あっという間に織田の餌食という認識がある

岡崎城は、城主として今川方の大名がやって来て
三河者は何と給料ゼロ
仕方なく、木を切ったり、魚を取ったりして食いつなぐ
それでも、どんな仕事を言いつけられても
はいはいと一生懸命に働く

彼らの共通認識は
そうやっているといつか今川も同情して、竹千代様を返してくれるんじゃないか
それほどまでに、竹千代の事が大好きなんです。

竹千代がああしたこうしたという噂が流れてくる度に
おお、立派になられて、と涙する日々

当の竹千代は、元々の三河気質に加えて
この人質時代に培われた人格が
善きにつけ悪しきにつけ行動規範に繋がっていきます。

竹千代14歳になったときでした。

今川義元は
竹千代に施しを与えてやろうと思い付きます。

なかなかわしも、良いことするじゃないか
という自己満足

今川家の家来、関口親永というおじいちゃんの娘を嫁にくれてやろう

関口親永は大不服
なんで人質ごときに、わしの娘を。

この娘、24歳
竹千代より10歳も年上です。

ちょうど良いじゃないか

今でこそ、24歳はまだまだピチピチギャルですが
当時は、行き遅れた大年増

ご存知、築山殿です。

このあと、歴史は大きく転回していきます。

続きは次回。

索引はこちら
[徳川十五代将軍]シリーズはこちら(少し下げてね)


マユミ

花カレンダー始めました

修飾詞の付かない、塙保己一

塙保己一(はなわほきいち)というひと

実は、前から知っていて、ブログに書こうと思っていました。
渋沢栄一を書いたとき、
次は埼玉三偉人の、塙保己一、渋沢栄一、荻野吟子
その中で、塙保己一をよろしく、とのコメントもいただきました。
その時、「はい、近いうちに」、と言って今までかかっちゃいました。

塙保己一
はなわほきいち 国学者 1746-1821

国学って何かというと
江戸時代に、それより前の昔の事を研究する学問
歴史というよりは、文化的な事が多い
源氏物語の研究とか、そういうの

「はい、近いうちに」から、今までの間に、江戸検定の勉強とかしていると、
塙保己一の名はちょくちょく出てきます。

おお、また塙保己一かい

その度にとても驚くことがあるんです。
不思議だなあ
あの、塙保己一だよなあ

塙保己一なんて独特な名前、二人といるわけないので、間違いはありません。

修飾詞がついていないんです。

どういう修飾詞かというと

「盲目の」

そうなんです。塙保己一は目が見えないんです。

とうとうこの間、一度もこの修飾詞を目にしなかった。

私が最初に塙保己一の名前に触れたのは
塙保己一が盲目でありながら、人一倍苦労して、国学における第一人者になったというエピソード

衝撃的なものでした。

どうしても、障害者となると
障害を抱えつつ、よくがんばって、というところに目がいってしまう。

おそらく本人は、そこじゃなくって、と言いたいだろうと思いつつ。

江戸時代の画家というと葛飾北斎、安藤広重、ぐらいの位置付けで

国学という方から見ると
賀茂真淵、本居宣長、塙保己一。

目?そう言えばそうでしたね、
そんなことより、
ぐらいのもの

大したもんです。

生い立ち
「敢えて触れない」が塙保己一に対する正当な評価だと思いつつ
それはそれでおいておいた上でも
やっぱり気になりますね。

どれだけ大変だったんだろう、って

だって、国学ですよ。
山ほど古文書を読み込んで成り立つ学問じゃないかと。
私なんかは素人なんで、不思議で不思議で。

幼い頃から体が弱かった保己一は、数え年七歳の時に病により失明。
十五歳の時に江戸に出て、按摩や鍼、三味線の、雨富須賀一(あめとみすがいち)に弟子入りします。

ところが、元々不器用な保己一は、全く上達しない。

人生これまでか

悲観して自殺を図ります。

直前で助けられ、師匠のもとに戻ります。

ばかもん!
どれだけ心配したか

すみません。
師匠に迷惑かけてばかりで。

そんなことあるわけなかろう
ただ、何をするにも熱が入らないように見えて
どうしたもんかとは思っていたのだ。
何でも良い、申してみよ

泣きじゃくりながら、師匠に初めて気持ちを打ち明けた。

実は、江戸に来てやりたいことがあったんです。
学問です。
田舎にいるとき
太平記を、全て暗記して、話し聞かせることで生計を立てている盲人がいると聞きました。
四十巻の本を暗記することで妻子を養えるなら、と思っておりました。

でも、やっぱり師匠には言い出せなくて。

学問がしたいんです。

そういう事なら、早く言うて欲しかった。
わしには、学問の事は分からんので、手伝ってやることは出来ん
少しばかりそのための時間は作ってやれる。
やってみるがいい

3年は面倒見よう
それで目が出なかったら
すっぱりあきらめ、田舎に帰ってもらう
それでも良いか?

もちろんでございます。

多目に作ってくれる空き時間、本を貸してくれる人を探す。
本を貸してもらえると
今度は、それを読み聞かせてくれる人を探す
その繰り返し

あまりの熱心さに、少しずつ評判がたちました

雨富さんとこに、えらく学問好きなあんまがいるらしいよ

学問かい
そりゃまた、どんな奴か、一度顔を見てみたいもんじゃ

下手くそなあんまだと知りつつ、ひいきにしてくれる御得意様が現れてきます。
心を込めて一生懸命マッサージ

じゃあまた、続きを読んであげようかの

いつも前回の内容を完璧に覚えているので
面白がって、本読みを買って出てくれます。

そういうお客様からは、お代はいただきません。

隣に松平乗尹(のりただ)という旗本が住んでいたのですが
噂を聞いて感動
多忙を極める人だったので

一日おきに寅の刻(朝四時)から卯の刻(六時)までなら読んでやろう

朝の本読みが始まりました。

余りにも記憶力が良いことに感動し
ある提案をします。

わしの家で、毎月、萩原宗固(はぎわらそうこ)という先生が『源氏物語』や和歌の講義をしてくれる。
お前も一緒に講義を聞いてみてはどうだろうか

えええっ、良いんですか?
ありがとうございます。
ありがとうございます。

萩原宗固も余りの真剣さと
驚くべき吸収の速さに感動

感動の輪がどんどん広がっていきます。

いつも一緒に聞いている松平乗尹は
これは、もうレベルが違うと感じ入り
雨富のところに向かいます。

どうだろう
保己一を、萩原宗固の門人にしてあげては。

その頃はもう雨富も保己一に惚れ込んじゃっていて、大賛成

保己一は国の宝
私はどんな事でも協力する。

国学との本格的な出会いです。

長くなりましたね
まだまだ続きますので
続きはまた明日。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)




花カレンダー始めました