毒味をさせた毒味役

磯田道史先生の「日本史の内幕」から

毒味
時代劇とかを見ていると良く出てくるのが「毒味」という言葉

確かに権力者になればなるほど不審な死を遂げたものは多い
毒殺されたんじゃ、と疑いたくなるケースもある

ただ、磯田先生は、不思議だなあとの感覚を持っていたらしい

山ほどの古文書を読んだけど
毒味役が「私が毒味役です」と書いた文書を見たことがない

毒味役の存在は全く疑っている訳じゃないけど
これは一体何故なんだろうと

例えば「定本 江戸城大奥」という本では
将軍夫人の食事は「御広敷番頭 及び中年寄の御毒味」を経て提供されていたと出ている

毒殺を避けるため、10人前も用意されていた
毒殺しようとすると、10個全部に毒を盛らないといけないから
かなり大変な筈だ

その内、二膳が毒味役に回される

残りの3膳が、将軍夫人の前に出される
そのなかの二つにランダムに箸を付ける

残りはというと、捨てる訳じゃなく
お付きのものが当番で食べる
この仕組みのために、お付きのものは、美味しい食事にありつけるんです

長い期間を経て、先生はようやく毒味役が自分で書いた文書にゆき当たった

東京目白台の旧熊本藩細川家の永青文庫

ちょっと前に椿山荘の前に行ったらお休みだったところです

細川忠興、絶世の美女細川ガラシャの旦那様
激しい性格
孫の細川光尚は、当主になったとき、忠興に毒殺されかねないと思ったらしい

茶坊主や料理人から、誓約書を取った

「私は、忠興様に主君を変えるつもりは毛頭ございません
御食物にはいよいよ念を入れ
少しでも怪しいものは出さないようにします」

そして、毒味役、坂井七郎右衛門の誓約書

「私は毒味の役を命じられました
殿にあげるものを良く吟味し
それぞれ調理する者に毒味をさせた上で、上げます
調理人のみならず、上げる食事に近づいた者には良く良く毒味をさせます」

毒味役とは、毒味をする人間ではなかった
調理したり運んだりしたものに毒味をさせるための責任者だったのだ

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

[徳川将軍の演出力] 将軍の御成の意味するところ

「徳川将軍の演出力」から

御成(おなり)
御成(おなり)とは、将軍が大名のところに出向いていくこと
大騒動になります

初代家康は、3回の御成
浅野幸長(よしなが)、池田輝政、結城秀康の3人
息子や親戚
豊臣方との間をどうしていくかという戦略的な行動

2代秀忠に移ります
まだ戦国時代を引きずっていますが
大なたをふるいつつ徳川の基盤を固めていきます。
大なたは改易(かいえき)。藩の取り潰しです。
あっちで改易、こっちで改易という報せを聞く度に恐怖に陥れられます。
ほとんどがいわゆる「いちゃもん」
関が原で西軍についた外様大名たちは気が気ではありません
もうひとつ改易で目立つのは、兄弟親戚の類い
これは、徳川の基盤というより、秀忠の基盤
ライバルとなりそうなのは、いちゃもんをつけて潰したい

謀反を起こす気なんてさらさらございませんと態度で示す必要がある
戦国時代なら、武士たるもの、いくさで功をあげることがアピールだったけど
「機嫌を取る」事しか思いつかない

何とか江戸に行ってお目通りさせてもらって、というお願いが殺到
それが参勤交代という制度になります。
幕府が大名に参勤交代させて金を使わせて、みたいなイジメの図式で説明されるけど、とんでもない
参勤交代は大名たちの死活問題の切なる願い

そこに、幕府が土地を貸してやって武家屋敷を作って良いよ。
一年交代で住んでも良いよと、とっても親切

江戸に来させてもらったら、今度は大名同士の競争が始まります。
御成の誘致合戦

どうか私どもの屋敷に来ていただけますよう
心を込めて精一杯のおもてなしをさせていただきます。

御成門という将軍のためだけの門を金ぴかに作ってアピール
御成門の建設ラッシュになります。

越前福井藩の御成門の模型

将軍秀忠としても、徳川の基盤を固めるため
御成で大名たちがひれ伏す様を世間に知らしめたい
特に、大規模外様を中心に御成していきます。

例えば、御成誘致に成功した加賀藩百万石で言えば
屋敷は今の東大の駒場の場所なんだけど
大々的に庭園を作り、その中の池が三四郎池

大行列の御成に、全員分の超豪華な食事
加賀藩本郷では何と7000人分用意した。

その時に使った食器は、一回使っただけで全て廃棄
使い回しにはしませんよというアピール
本郷で発掘調査をすると大量の食器が出るわ出るわ。

3代将軍家光の時代になると
基盤確立も進み、今日明日改易させられるんじゃないかという緊迫感も薄らいでいく
政治的な意味合いより、趣味的な意味合いの御成が増えていく
気の合う大名のところに足しげく通うようになる
神楽坂の酒井忠勝のところには100回以上通います。

5代綱吉も御成好き
明暦の大火の後だから、大名屋敷も金ぴかの御成門を作り直すほどの余裕がない
企画力で勝負

尾張藩
ライバルの紀州藩がなかなかの庭園を作った(今の赤坂御所の場所)ので負けてられない
戸山荘という今の新宿区の場所に広大な屋敷
その中に、箱根山を作っちゃった
今も東京23区内で一番高い山です。
そして、小田原宿とそっくりな宿場町まで作っちゃった
普段は建物があるだけだけど、御成の時は、のれんをかけ、色んなお店に早変わり

お団子いかがですかぁ

滝があるんだけど、板をはめてわざとちょろちょろしか水を流さない
近づいてきたタイミングで板を外してドバッ

はめおったな
ひっかかったわい
愉快愉快

日本人のおもてなしって良いですね
金がないならないで、わびさびとか、企画とかで何とかする

8代吉宗は、御成より、鷹狩りが大好き
郊外で鷹狩りして、帰りに寄るくらい

11代家斉も遊び好き
出掛けるのが好きなので、大々的に御成って言っちゃうと、相手の負担が大き過ぎる
御成と言わず、通り抜け
散財ばかりしたイメージだけど、それなりに配慮してるのね

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

江戸時代に新宿に落ちた隕石を探して

(1/19の事です)

朝一番で、センター試験を済ませ
よし、まだ少し時間があるぞ
あそこ行ってみよう

磯田道史先生の「日本史の内幕」という本を読みました。
私の好きなTBSラジオ安住紳一郎の日曜天国で年に一回ずつ出演してくれるんですが
その時の話がとても面白い

書かれたものも読んでみた訳ですが
面白いのなんの
歴史は江戸時代を中心に色々読みましたが
この本のようなアプローチは始めてです。

この時代のこの時にこういう事があって、という歴史を説明した本というよりは
随筆と言うか、裏話と言うか。

子供の頃から古文書オタク
普通の歴史家とは興味の向き先がちょっと違っている

例えば戊辰戦争であれば、個々の事件の年号だったり関係する人物なんてのは
磯田先生だととうに分かっている
実は先生の先祖が関わっていたんだけど
その先祖が、どこからどういうルートで戦場に着き
いくら新政府にご褒美をもらったのかということ

古文書を徹底的に集め、読み込んで解明していく

この本はそんな過程でワクワクしたこと
あまりの発見に息が止まった、というようなことが書いてある

何度か話している、ウォーキングの醍醐味
その場に行って、大好きで話したくて仕方ない人の幸せそうに話すのを聞くのが一番好き

同じ体験がこの本で味わえる
よほど好きなんだなあとこちらも笑顔になる

今後、いくつかの話をしていきたいんですが
今日はまず、その中で象徴的な話

隕石
江戸時代に、東京の都心に隕石が落ちてきたことがある

いきなりすごい事書いてあります。
江戸がらみの本はある程度読んだつもりでおりましたが
そんな話始めて聞きました。

磯田先生の中では、そこまでは当たり前に分かっていること。
ロシアに隕石が落ちたニュースを見て
そういうと、あの江戸に落ちた隕石って、もっとピンポイントにどこに落ちたんだろうと気になった。

ここからが、磯田先生の磯田先生たるゆえん
徹底的に古文書に当たる

私だったら、ちょこっとグーグルで検索してみて、出てこなきゃ、まあいっか、だけど

で、探し当てちゃうのがすごいところ

まず、松浦静山(まつらせいざん)の甲子夜話(かっしやわ)
江戸検定で常連さん
肥前国平戸藩の第9代藩主でありながら、引退後に書いた随筆集が面白いとバカ売れ

その甲子夜話の中に

戌の刻下り(夜8時頃)に西の空から大砲のような音が響き・・・
(中略)
早稲田に微禄の御家人の住居があり、その玄関の様なところに石が落ちて
屋根を打ち破り、破片が散乱した

よし、早稲田だな

もっと狭く特定すべし

ようやく見つけた、今度は鈴木桃野(とうや)という学者の「反古(ほご)のうらがき」という随筆

早稲田と榎町との間に「とどめき」という場所に町医者がいて
その玄関前に二尺に一尺ばかりの玄蕃石(げんばいし)のような切石が落ちて二つに割れていた
焼き石と見えて余程暖かかった

とどめきか
それはどこだ

古地図をあたる
そのあたりに、宗参寺という寺があって、傍らに轟(とどろき)橋という橋がある
とどめき とどろき

さらに、江戸名所図絵で宗参寺を見ると
弁天町にあり。この地をどどめきという

どんぴしゃ
特定した

行けっ

当時浜松に住んでいた先生は新幹線に飛び乗り、宗参寺へ
神社やお寺でご神体や寺宝として祀られているかも知れない

黒くこげた30cmの石
ない

住職さんに声をかけた

口ポカン

へえ、そんなことがあったんですか

結局見つからず、それっきり

宗参寺
磯田先生が無かったと言っているので隕石はありません

それがどうしたっ

ここは、行くしかなかろう
行かずして、何のでーこんぞ

これか

はたまた、これか

これなのか

意外にこれだったりして

この空。ここから飛んで来ました

この辺り一帯の地名「牛込」の由来の牛込氏や、山鹿素行(やまがそこう)の墓もあります。

牛込氏の墓までは分かったんですが

山鹿素行の墓までは分かりませんでした。

まあ良いか
隕石も見れたし

(見てない見てない)

よし、ここで古地図アプリを立ち上げてみよう
あっ、あるじゃないですか「轟橋」

轟橋の方にも行ってみましょう

このあたり

こっちの空

この横は済松寺


こっちにはそれらしき石はありませんでした。

実はこの隕石の前に若干のウォーキングをしています
その様子は明日ね

おでかけマップ

センター試験で大躍進。67点

去年も同じ日に挑戦
新聞に出た、センター試験の日本史Bの問題を解いてみようじゃありませんか

去年はぴったり50点
去年よりは、江戸時代以外も、古代とか多少は分かるし
ちょっとでも点数アップすれば嬉しいなあ

開始
解答用紙は、相馬屋の原稿用紙を使いましょう

始めて、うーむ
去年も思ったけど、こんなの分かるって日本の大学生はどんだけ賢いねん

分からないけど、去年よりは「馬が星を見ている状態」度合いが少ないかも

答合わせ

えっ
ここ、たまたま有ってたんだ
当てずっぽうが当たったところが続出

67点

飛躍的じゃないですか

去年ちょうど1/2の正解率だったのが
2/3になったと

やったやった
正直、これは自信あると答えたのは一つだけだけど
去年は全く鉛筆転がし状態だったのが
選択肢のいくつかが消えるのが去年より増えたと思う

いくつかの例
例えば、一番最初の問題

識字率、足利学校、ヤンヨーステン、はいはいはい
ヤンヨーステンは丸の内のウォーキングイベントでもやって、一人にだけ大受けしたヤンヨーステンの歌
(大阪で生まれた女の節で)
♪大阪の町を~(ヤン)ヨーステン

かすってるんだよなあ
足利学校について書いてあった場所にも
ヤンヨーステンの中にも坂東の大学の話はなかった

結論、4の教育令とヤンヨーステンの組み合わせにしたけど
1の学制とフランシスコザビエルだった

後で考えると、16世紀なかばというところがポイント
ヤンヨーステンはもう江戸時代になっているから、なかばではない

学制と教育令の順番くらいは分かっていないとね
反省。
明治維新4大改革のひとつですからね
学制、教育令、という順番です。

唯一完全に分かったのがこれ

江戸の貨幣は任しとけぃ
1,2は逆なのですぐ消えて、4は松平定信じゃなくて、田沼意次
3の改鋳は、元禄時代だけじゃなくその後もたびたび行われますが
少なくとも元禄時代は間違いではないので3番です。

よし
この調子で行くと、来年は、3/4の75点を狙っちゃうぞ

次女に
今日な センター試験受けたんやで 67点

えっ? 言っている意味分からん

日本史Bだけやけどな 解いてみてん

へえ
でも、あんなに毎日勉強してるのに、低くない?

えっ 嘘ぉ
無茶苦茶難しかったで。
67点は大満足なんですけど。

センター試験はほぼ100点くらいの勢いで行かないと
問題はその次だから

えっ、ほんまか、それ
社会は何選択したん?

倫理。点数までは覚えてないけど、少なくとも90点は超えてるよ

ちょっとちょっと

いけません
聞かなかった事にしましょう
思えば去年長女も似たような事を言っておりました。
許せない発言です
処罰する必要があります。

トンビは鷹を2匹も生んではいけません。

でもなあ
そんなに賢い必要があるか?
お父さん、幸せに生きて来れたで
そこそこやったら、何やっても
ほんまかぁ 知らんかったなぁ 面白いなぁ
って毎日感動で生きていけるで
そうしい

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)