[平将門]7 俺はそんな事がしたかったのか

[平将門]1 父の死。頼んだぞ。
[平将門]2 桔梗どのにございましょう。
[平将門]3 合戦が始まる
[平将門]4 京の都で裁判。その結果は
[平将門]5 桔梗、無事でいてくれ
[平将門]6 めでたしめでたし、になるはずが。
の続きです。

常陸(ひたち)へ
貞盛が京都で盛んに動き回り、平将門を極悪人だという評価にしていった。
機は熟したと、関東に戻り、兵をあげる準備を進めていく。
まずは常陸国の国司、藤原惟成を味方につける

そして、下野(しもつけ)藤原秀郷にも味方になってもらう約束を取り付ける。

そんな情報が、平将門のもとにも、どんどん送られるようになる

ここは、先手を打つ必要がありますぞ

平将門の取り巻きたちは浮き足だってくる

せっつかれて、将門もいよいよ腹を決めた。

将兵1000人を従え、常陸へ向かう。

思えばこの時が大きく一線を越えてしまった時だと言える。

それまでは、あくまで、一族内部での争いに過ぎなかった。
ところが、常陸の国の国司である、藤原惟成に向けて兵をあげた事になる
朝廷が派遣した国司を敵とした時点で
国への反逆者ということになってしまう。

しかも、間の悪いことに
藤原惟成の元へ、弾正忠(だんじょうのちゅう)藤原定遠(さだとお)がお客様として来ていた。
中央政府のお偉いさんが招かれて接待を受ける、まさしくその日だった。
接待する方には、もちろん貞盛もいる

一通りの宴が終わり
歓談しているところだった

大変です。
下総の将門が兵を連れて、常陸の国に、国境を越えてきました。

何っ
あの、あの将門か!
討て
向かい討てぇ

そして、朝廷からのお客様、弾正忠藤原定遠を京へ
守りながら送り届けなければならない。

万全の囲いをもって、進んでいった筈だった。

大変です。
定遠様が、捕虜として敵の手に奪われました。

ここで、決定的に「謀反」になる

貞盛ももともと戦の準備をしていたので迎え討ち
半日以上激戦が続くのだけど
まずいのは、その戦場が国庁だということ
朝廷の機関への謀反行動以外の何物でもない。

国庁に火の手が上がり焼け落ちる。

肝心の貞盛は、国庁の火の中から抜け出し
山を越えて、下野の藤原秀郷の元へ向かった。

藤原秀郷
おいでなさいましたな。

待ってました、との内心は隠し、じらし作戦。

ほお、将門がそのような
して、私に兵を貸せと?
こんな明確な謀反ならば
あなたは中央に顔がきくので、追討軍を出してもらえればよろしかろう
私のようなものの出番はなかろうに

散々もったいをつけた上でどっこいしょ、と動き出した。

ただ、老練な秀郷はすぐには動かない
将門の動きをまずは情報収集
どのタイミングでどう動くか

常陸制圧
将門は勝った
部下たちは、狂喜乱舞して勝ちどきをあげる

しかし、本当の敵だったはずの貞盛はそこにはいない
常陸という国を制圧したという事実がそこにあった。

将門自身、謀反人になったという認識と恐怖が
体を駆け巡った。

今までのように、誤解から謀反人と扱われた訳ではない
明らかに自分の意思で動いた
常陸という国を欲しかった訳ではないが
結果として常陸という国を奪ってしまった。

本拠地の下総にしても、将門が国司という訳ではない。
中央から送られた国司は別にいて、実質支配している将門とは
持ちつ持たれつでうまくやっていた。

まさか隣の常陸で、朝廷から国を奪ってしまうような
そんなつもりじゃなかったなんて
今更遅いし、途中このまま行けばどうなるか明白だった

自分でもこのあとどうすれば良いか分からない
ただ、周りは異常な興奮状態にある

このあと、「破れかぶれ」的な行動に出てしまう。

続きは、シリーズの次回ね

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

[首相]11 高橋是清。経済はだるまさんに任せましょう。

首相シリーズ

超大物、原敬(はらたかし)が東京駅で暗殺されました。

できればそのままの方針で行きたい
でも、政友会色が強くない人の方が良いだろう。

ということで、少し前に政友会に入ったばかりの、あの人でどうだっ

高橋是清

だるま宰相
まさしくだるまですね。

だるまのごとき七転び八起きの人生。

まずは前半生から

奴隷
生後まもなく、仙台藩の足軽、高橋覚治の養子となる。

10歳。時代は幕末に差し掛かります。
頭角を表した是清は藩に認められ、
これからの時代は英国の事を勉強すべし、と
横浜へ派遣される。
ヘボン式ローマ字で有名なヘボンさんのヘボン塾に入って勉強。

ここまで見ると、苦労しながらも一生懸命真摯に学んで社会に貢献した
偉人たちのイメージになりそうでしょ。

違うんだなあ。
このあと数々の失敗を繰り返しながらも復活するのですが
はっきり言って半分くらいは自分が悪い。
でも、それらの失敗があったからこそ
日本史史上最高の経済のスペシャリストになり得た気がします。

経済って生き物で、理屈じゃ何ともならない。
その時々の野生の勘で舵取りすべき。その勘が働くようになったんじゃないかと。

10何歳かという若さで酒と博打を覚えてしまう。
おかげて何度か失敗をおかし、すこぶる仲間うちで評判が悪い。
真面目な仲間たちは、アメリカに留学したりするが
行かせてもらえない。

悔しいっ
ゴリ押しして何とかアメリカ留学させてもらえるようになったんだけど
無理したのが悪かったんでしょう
留学話は全くの詐欺だった。
学費や渡航費用等だまし取られていた。
13歳で渡米

さらに
プリーズ サイン ヒヤア

言われるがままにサインしたのは奴隷契約書
奴隷労働を強いられる

なんかとってもキツいなあ

本人は奴隷だと気づいていない。
あまりのキツさにストライキをしたりもして、何とかかんとか
おかげで、やっと帰れるようになった時には英語はペラペラ

帰国してまだ14歳。明治元年。
森有礼の書生になります。

翌年、神田に開成学校(後の帝国大学)が出来ると森の薦めで入学。
ところが、明治2年に英語がペラペラな人はとても貴重。

生徒じゃく、先生ということでお願いできませんか。

えっ、良いんですか?それじゃあ。
まだ15歳なのに英語の先生って

そこで真面目にやってればねえ。

芸者遊びを覚えて放蕩生活
15歳のやることか
こらあっ

17歳ではとんでもない貧乏生活。
ようやくちょこっと反省。
心を入れ換えて頑張るぞ。

また、森有礼の紹介で、開成高校の教員
さっきは開成学校。今度は開成高校ね
この時の生徒に正岡子規やバルチック艦隊を打ち破る秋山真之がいます。

心は入れ換えたんですがね
根っから騙されやすい性格
乳牛事業に誘われ手を出して失敗
銀相場にも手を出して失敗
損失を取り戻そうと、米相場に手を出して失敗

何してんのよ。勘弁して。

でも、相次ぐ失敗が経済の怖さを身を持って知ることに繋がるんです

その後、農商務省に入り
頑張って、新設された工務局登録商標所長に就任
30歳です。
ああ、良かった。

原敬とも出会います。
専売特許局長
東京農林学校長も兼務し
いよいよ波に乗ってまいりました。

農商務省の先輩から
ペルーでの銀山事業に誘われる。

えっ、悪い予感

特許局の仕事をやめ、ペルーへ渡ります。

はい。お察しの通り。

ペルーの銀山はもうすでに掘り尽くして廃山になっていました。

農商務省の先輩は悪いと思って、かけずりまわり
北海道庁の役人の職を紹介。
でも断る。
食うに困ったと職に就くのでは言いたいことも言えなくなる。

それでも、はいそうですか、って訳には行かない
責任を感じちゃっているので、今度は日本銀行の仕事。

日銀総裁川田氏は、是清の能力を知っていたので、何とかしたい。
でも、あいつは山師だ、との評判が立ってしまっていた。

正社員は無理だけど、建設中の建築所事務主任として試用採用。
上司は何と辰野金吾
かつて先生だったときの生徒だった。

それがどうした。
ひたすらに働く。

認められて数ヶ月後正社員に
そしてさらに、山口県の西部支店長になる
ここから、金融の、そして経済のスペシャリストとして
数々の伝説的な仕事を成し遂げていくのです。

そんじょそこいらの頭でっかちさんとは失敗の数が違わい!という自信。
「欲」って判断を狂わし何の良いことももたらさない、という学び
それが、引くと押すの動物的勘をもたらし

生涯変わらなかった、人から頼まれると嫌とは言えない性格の良さが
今まではマイナスにしか働かなかったのが
全てプラスへと逆転していく。

後半の人生はシリーズの次回ね

[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]66-2 一条天皇。彰子、理由はただひとつ。

[天皇]66 一条天皇。幸せな天皇(枕草子)と哀しい天皇(源氏物語)
の続きです。

前回は、幸せな頃の一条天皇でした。
ただ、愛する妻、定子のお兄さん、伊周(これちか)とはどうしてもうまく行かなかった。

兄が流罪になったのに、自分だけ幸せでいる訳にはいかないと、定子は出家してしまいます。

関白は、10日間だけの道兼を経て、道長ヘ
正式には関白とはせず、内覧の宣旨というのを出しただけ。
出ましたね、道長。
藤原氏で最高に権勢を振るった道長

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば
お月さん真ん丸の道長です。

藤原氏が権勢を振るえるのは、天皇の外戚だから
道長も娘を送り込みます。
彰子、この時13歳。

8歳年上で21歳だったのが、一条天皇。
出家しちゃったとはいえ、やっぱり大好きなのは定子。
彰子としてもどうしたもんやら。

道長は、定子がなんだとばかり
彰子に、最高の教養を身に付けた、女房たちを仕えさせる。

定子の方の有名人は清少納言
夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ

彰子の方は、紫式部
めぐりあいて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜半(よわ)の月かな
和泉式部
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの あふこともがな
大弐三位(だいにのさんみ=紫式部の娘)
有馬山 ゐなの笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
小式部内侍(こしきぶのないし=和泉式部の娘)
大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
伊勢大輔(いせのたいふ)
いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな
豪華豪華、超豪華

これだけ見ると、定子がんばれって気持ちが起きますが
彰子は性格がとても控え目

定子に気持ちが行っている一条天皇の事を目一杯愛します。
一条天皇の気持ちを大切にしたい

定子は一条天皇との間に子供をもうけるも、若くして亡くなってしまいます。
普通ならば、やったあ今度は私の番ね、ってところでしょうが
なんとその子供、敦康親王(あつやすしんのう)を引き取って自分の子供同然で育てるのです。

理由はひとつ。一条天皇が敦康親王を可愛く思っているから。

一条天皇の憂鬱
そんな彰子とは裏腹に
道長の横暴は度を増していきます。

京都から、奈良の春日大社へ参拝
春日大社は藤原氏の氏神様ですから。

一人で行けば良いものの
いっぱい引き連れての大行列。

貴族たちは、その行列に参加することで、忠誠を示す。
天皇の側近についてもそうなります。

天皇って、大床子(だいじょうし)という巨大な椅子に深く座らなければならない。
どうなるかというと、自分で手を伸ばしても、料理に手が届かない
台盤(たいばん)という天皇に食事を食べさせる係がいなければ
天皇は食事することができません。

その食事係が、行列に参加するため、お休みを取っちゃった。
とうとう一人を除いて全員が、行列に参加するため、食事係をサボって出勤しなかった。

彰子
再び、彰子に話を戻しましょう。

彰子と一条天皇の間にも男の子が二人生まれます。
道長は大喜び

それでも彰子は、定子の遺児、敦康親王を変わらずに可愛がり
皇太子につけようとさえします。
結果としては、道長に阻止されて、実現できませんでしたが。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[平将門]6 めでたしめでたし、になるはずが。

[平将門]1 父の死。頼んだぞ。
[平将門]2 桔梗どのにございましょう。
[平将門]3 合戦が始まる
[平将門]4 京の都で裁判。その結果は
[平将門]5 桔梗、無事でいてくれ
の続きです。

桔梗逝く
良兼がとうとう将門の妻桔梗の居所を突き止めた。

あれへ射込め

一斉に矢が放たれた。
桔梗の守りについていた十数名の郎党は、切り込んでいったが
多くは矢に当たって水中に落ちた。

桔梗をからめろ。引きずりあげて、縄をかけろ

ただ、それはならなかった。

桔梗は、この春産んだばかりの、将門との間の宝を
眼を閉じて、母の手で刺した
そして、その刃で、自分も自害して果てた。

将門は、泣き、おめき、怒号を続けて暴れ狂った
形相や性格や行動が変わった。
誰が見てもおかしくなった

今まで、受け身に回って戦っていたが、これからは、俺から戦いを布告してやる。

将門追補の令
朝廷から、官符をもって、「将門追補の令」が関東諸国に発せられる。

ところが、諸国の郡司や押領使は、いっこうに朝命に従わない。

その年、富士山が噴火した。
国香の息子、平貞盛は関東と京を行き来し、説いて回っていた

中央から関東へ赴任してきた、新人の役人、興世王(おきよおう)と経基(つねもと)に対し
将門追補の正当性を主張した
ところが、武芝という、元々武蔵の国を牛耳っていた郡司が動こうとしない。

貞盛は、興世王と経基をけしかけ
今、力を背景に武芝を従わせねば、武蔵の国は武芝の良いようにされてしまいますぞ。
抵抗すれば、討ち棄てるべし

貞盛に言われるがままに、興世王と経基は、二千ほどの兵をあげて
武芝の家を襲撃した。

武芝は全く準備が出来ていなかったので惨敗
ただ、武芝本人はからくも逃げ出すことが出来、
とどめを刺すことが出来なかった。

それ以降、武芝は、興世王や経基相手にゲリラ的活動を繰り返す。
ほとほと苦しめられた興世王や経基は、とても不思議な行動に出る。

将門に仲裁を依頼してきたのだ。

元々、貞盛にけしかけられて、
将門を射つ準備として、武芝を襲撃したという経緯は
将門も知っていた。

なんで俺に
とは思ったが
おかしくてたまらなかった。
貞盛ではなく、俺に頼ってくるとは、痛快痛快。面白い奴等じゃ

元々の面倒見の良い性格がこの場では出てきた。

武芝に会って見るか

お互いに呑みやすい案を双方に提示した

しからば、将門殿にご一任申そう

休戦の合意に達した。

手打ち式として、府中の六所明神が設定された。

誰より歓喜したのは住民たち
やれやれ、これで商売も出来、夜も寝られる。

神前で、将門立ち会いの元に、神酒を酌み交わし、和睦が進んだ

めでたしめでたし

になるはずだった。
互いに泥酔状態

そこに、主人がなかなか帰ってこないため、武芝の家臣たちが武装してやって来た

ちょっとした勘違いから、喧嘩が始まる
そして、それが、戦闘にまで発展してしまった。

何が起きたのか、訳が分からず、経基が逃げ返った。

将門は
せっかくの和睦がなったのにバカな奴等よ
と笑い話にしていた。

でも、それが、笑い話では済まなくなった。

経基が、将門に騙されたと思い込んでしまった。
京に行くや
将門が極悪人であると吹聴して回り
元々追補の令が出ていた将門は
完全なる謀反人とされてしまった。

これが、後に承平天慶の乱と呼ばれる大乱に発展していこうとは。

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)