[大奥]14 和宮2。こんなもの、こんなもの

[大奥]14 和宮。恋文を書いては破り。
の続きです。

愛する婚約者と無理矢理別れさせられ
京都の人からすると、ど田舎と思い込んでいる江戸なる場所に嫁に行く

惜しまじな 君と民のためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも

私は、犠牲になるんだ。
どう考えても、心を開くはずがありません。

そんなあり得ない奇跡を起こしたのが
家茂(いえもち)の優しさでした。

俺は男だ、の、将軍だ、のを一切出さず
天皇の妹を、天皇の妹として丁重に迎え、優しく見守り、暖かく包み、そして愛した。

ひょっとして、私の勝手なイメージが先行していただけなの?
戸惑い、どうして良いか分からなくなった
それから、その目の前の男性を心の底から愛するようになるのに、それほど時間を要しなかった。

いつも一緒
典型的なおしどり夫婦

今までも正室と中の良い将軍はいなかったわけではありません。
でも、側室を置かなかった将軍は、後にも先にも、家茂ひとりです。

天璋院や勝海舟も伴って、浜御殿に行ったとき
建物から出るときに、和宮が真っ先に裸足のままさっと下に降り
家茂の履き物を揃えたと言います。

あり得ないことです。
おそらく、和宮も生まれて初めてそのような行動を取ったんじゃないでしょうか。

何度か、家茂は京都、大阪に向かいます。
長州征伐のため、そして攘夷実行のため
戦地に向かう訳です。
江戸はそれまで200年以上も平和が続いている。
戦争があったって遥か昔すぎて、教科書で習うような歴史上の出来事。
イメージ出来なさすぎて、不安で不安で仕方ありません。

さみしゅうございます。
恐くて恐くて、どうすれば良いんでしょう。

すぐ帰ってくるさ
お土産は何が良いかな

西陣が良いかしら
でも、そんなことより、くれぐれもご無事で

お見送り後すぐに増上寺
無事の帰還を願って、お百度参り
これこそ生まれて初めてでしょう

今までなら、お付きのものに
お百度踏んで来なさい、と言えば済んでいたでしょう。

ふと頭をよぎるのが
自分が丙午生まれだと言うこと
丙午生まれの女性は、相手の男性をダメにするという迷信。

予感が当たってしまいました。
戦争でというわけじゃないのですが
大阪で準備中に、脚気(かっけ)であっけなく死んでしまいました。
昔は、脚気は死に至る恐ろしい病気だったんです。

和宮の元に、約束の西陣が届けられました。
子供の頃から親しんだとても懐かしいもの

でも、本当ならそれを持って微笑んでくれているはずの人がいない

空蝉の 唐織ごろも なにかせむ 綾も錦も 君ありてこそ

こんなもの
こんなもの

江戸
和宮は正直、天璋院篤姫が苦手
京風を通す事が条件で来て、家茂もそれを尊重してくれていた
天璋院は、嫁いだからには全て嫁ぎ先の流儀に合わせるのが嫁の勤めだと強く思っている。

合うわけがありません。

でも、自分が夫を亡くして初めて、天璋院の気持ちが分かった。

京都の言葉で「お弱さん」だった家定
夫婦の契りが一度もないままに、1年半で夫を亡くした。

そうなのか

家定が亡くなった時、再三薩摩に戻るように促されても
断固拒否した気持ちが分かる気がした。

宮さん、京都に帰らはったら?

いいえ
天璋院様と共に江戸にいて
一緒に徳川を守りたいと思います。

時代は急展開に急展開を重ねます。
徳川幕府は、新政府に

負けた

大軍団を形成して、京都から江戸にやって来る
江戸城を攻め落とすために

皮肉な事にその総指令官におしたてられたのが
和宮のかつての婚約者、有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)

天璋院とともに徳川を守るんだと決意して
何ができたかというと何ができた訳でもない。

和宮として出来ることと言ったらひとつだけ
熾仁親王へ向けた、徳川慶喜(よしのぶ)の助命嘆願書

好きだった
恋文が届くたびにどぎまぎして
返信を、書いては破り、書いては破った

甦る
全く内容は違うんだけど。

追伸
好きでした
江戸へ発つ時は自分の運命を恨みもしました。
でも、今は後悔していません。
そう思える方と、巡り会えました。

書いて
やっぱり破った。

手紙が効を奏し、江戸城は無血開城
江戸は火の海にならず、100万人の命が救われた。
徳川慶喜は切腹を免れ、家達(いえさと)を当主として徳川家は存続。

明治になって、和宮は京都に帰った
でも5年後、東京に舞い戻っている
天璋院篤姫のところへ出向き、一緒に食事をし、観劇を楽しむ

1877年(明治10年)、家茂と同じ脚気で
わずか32歳で亡くなります

遺言により、墓は増上寺にある家茂の墓の隣につくられました。
ずっと後に、掘り出したのですが
和宮は家茂のガラス写真を抱いていました。

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]19 允恭天皇。衣通姫の愛

天皇シリーズ、19代の允恭(いんぎょう)天皇です。

允恭(いんぎょう)天皇
雄朝津間稚子宿尊(おさづまあづまつくねのみこと)412~453

允恭(いんぎょう)天皇は、履中天皇や、反正(はんぜい)天皇の弟。

反正天皇が亡くなり、次は、弟さんでしょうね
三種の神器が、允恭(いんぎょう)天皇の元へ。

ここで初めて、文献として、三種の神器が皇位継承の証として登場します。
それより前も行われていた筈ですが。

允恭(いんぎょう)天皇は、性格が控え目
私はそんな器ではない。と固辞

そんな事言われても、他に候補者がいない。
いつまでも天皇が空位のまま。

皇后は、忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)
見かねて、承けるよう促す。

その時、三種の神器を受け取るにおいて手を清める水を捧げ持っていた。
允恭天皇は押し黙ったままで時が流れる
12月、凍える寒さで、水が凍り、手にもかかった。
手も凍り付き、蒼白になった。

さすがにそれを見て
分かりました。

衣通姫(そとおりひめ)
衣通姫(そとおりひめ)伝説というのが、日本書紀と古事記、両方に書かれています。
ただ、不思議なことに内容が違う。

まずは、日本書紀に書かれている方の衣通姫から
古事記に書かれている衣通姫は、次の安康(あんこう)天皇の時にお話しすることにいたしましょう。

皇后には妹がいた。
衣通姫(そとおりひめ)と呼ばれていた。
絶世の美女で、肌の美しさが、衣を通して輝いて見えたから。

ピカピカー。
寝るときは、まぶしくてひと工夫いりますね。

噂を聞いた、允恭天皇は、宮中へ来るようにと使いを出す。
当時は一夫多妻制

お姉さんが皇后なのに・・

なりませぬ

允恭天皇は、ちょっとしつこい。
7回も使いを遣わす。

駄目なものはだめでございます。

でも諦めない天皇
姫を連れてくれば、褒美をたんと取らせる
中臣烏賊津(なかとみのいかつ)を向かわせた。

糒(ほしいい=乾かしたご飯の塊)を持って姫の元へ

今日こそは、来ていただきますぞ。
来ていただけるまでは、私はここを動きません。

と座り込む

いずれにしても、連れて帰らねば私は殺されます。
であれば、同じこと。
私はここで死にまする。

姫が用意した食事には一切手をつけない。

姫が離れると、隠し持っていた糒をパクリ

七日目
こんなところで死なれては、寝起きが悪うございます。

ようやく承諾
作戦勝ちですね。

でも、さすがに宮中へはちょっと、なので
近くの別の場所に住まわせる。

足繁く通う天皇。
誠実な人柄に、次第に心を開き、二人は愛し合うようになります。

一方で皇后も子(後の雄略天皇)を宿します。
いよいよ産まれるという日まで、衣通姫の元へ向かう夫
心底絶望し
産殿を焼いて、お腹の子供ともども死のうとします。

これには参った天皇
反省し、誠心誠意謝ります。

衣通姫はもう少し遠い所にお引っ越し。

可哀想なのが衣通姫
その時は、天皇を愛するようになってしまっていました。

そうそう来れなくなったのは分かります。
姉の気持ちだって分かります。
分かりはしますが、

やっぱり会いたい。

頭ではなく、心がそう言います。

ただ待つ日々

今日こそは
今日こそは来てくれるんじゃ無いかしら。

あっ
間違い無いわ
今日よ
だって

我がせこが 来べき宵なり 笹が根の蜘蛛のふるまい 兼てしるしも
「わがせこが くべきよいなり ささがねの くものふるまい かねてしるしも」

中国の故事で、笹の根元にクモが巣を張ったら、愛しい人が来てくれるって。
ほら

和歌三神
和歌三神というのがあります。
和歌の守り神。玉津島明神(たまつしまみょうじん)と住吉明神、柿本人麻呂の三柱の神
玉津島明神とは、和歌山県の和歌浦(わかのうら)にある神社

祀られている神様が、衣通姫です。

実は、衣通姫が残したとされる和歌はもうひとつだけ

とこしへに 君も偶(あ)へやも 漁(いさな)取り 海の浜藻の 寄る時々は

(いつも、しょっちゅうあなたに逢いたいけれど、そんなことができるでしょうか。海の浜辺に藻が寄せるように、時々しかあなたは寄ってくれないのに)

この2首だけで堂々の和歌三神です。

衣通姫に魅せられた人は、第58代光孝(こうこう)天皇
夢枕に衣通姫が立って、和歌を詠んだと言います。

立ちかえり またもこの世に 跡垂れむ その名うれしき 和歌の浦波

ということで、和歌の浦の玉津島明神に神様として、衣通姫を合祀しちゃいました。

そしてもうひとり、徳川5代将軍綱吉の側用人、事実上の大老、柳沢吉保です。
柳沢吉保は、拝領した駒込の広大な土地に庭園を作ります。
六義園(りくぎえん)です。
その池に水を引くため、玉川上水から延々と用水を引いたのが千川上水です。

和歌が大好き、和歌山大好き、衣通姫大好きな柳沢吉保は
和歌山の名勝を再現し、それぞれの地で詠われた和歌の景色を再現します。
何と言っても「和歌」山というくらいですから、和歌の国です。

当然、中には和歌の浦と玉津島明神を作り
衣通姫を祀ります。
衣通姫の「我がせこが」の歌も再現します。
ここがささがにの道
(古今和歌集では笹が根は「ささがに」と変わっています。細いとか小さいとかいう意味で、蜘蛛にかかる枕詞)

シリーズの次回は、安康天皇にからめて、古事記に書かれた方の衣通姫を紹介します。
随分違いますよ。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

鎌倉時代の名僧。ただ微笑む蘭渓道隆。

鎌倉時代の名僧、今回は、中国から日本にやって来た僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)

蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)
1213~1278 臨済宗大覚派

中国で産まれた中国の僧です。
13歳で臨済宗で出家
次々に修得を重ね、
ついには無明慧性(むみょうえしょう)の禅法を継ぐというところまで上り詰めます。

一方、日本からは、日本の僧が留学し、蘭渓道隆のもとへやって来ました。
交流を深めていく中で、日本の国柄を好きになり
さらに、日本では禅宗(含む、臨済宗)は始まったばかりと聞きます。

ああ、日本に行きたいってみたい。

博多に降り立ち、京都、鎌倉へと移動

当時、禅宗で最も有名なのは曹洞宗の道元
時の権力者、北条時頼(ときより)
時頼は禅宗に深く帰依していたので
道元に鎌倉に来て、色んな事をしてくれと頼む

道元は、一応鎌倉には行くのだけれど
はいはいと心ない返事をしただけで
すぐに永平寺に帰っちゃいます。
体制におもねるのが嫌だったんでしょう。

蘭渓道隆は道元に、鎌倉でお会いしたいと手紙を送っていたんですが
会っていません。

道元につれなくされた時頼。
中国から禅宗の偉い僧が来ていると耳にし
すぐに会いに行きます。

時頼は、すぐに蘭渓の人柄に惚れ込んでしまいます。

蘭渓は、ただニコニコと微笑んでいるタイプ
特に権力者だからといって遠ざける必要もない。

請われれば応える。
ただそれだけの事。

鎌倉で最も大きい、建長寺(けんちょうじ)が建てられ、蘭渓を招きます。
元々は道元の為にと建てられたものだったらしいんですけど。

その後、京都に移って、建仁寺(けんにんじ)
後嵯峨(ごさが)上皇から帰依をうけ

また鎌倉に戻ると
時頼亡きあと執権となった北条時宗(ときむね)が再興した禅興寺ぜんこうじの開山となり、
後にまた建長寺に戻ります。

嫌がおうにも名声は高まり、高僧がその元を訪れます。

当時、日蓮が竜ノ口で斬首されようとした時、幕府に働きかけて日蓮を救ったのは蘭渓

日蓮は、禅宗が大嫌いなので「禅天魔」と罵りますが
ただニコニコ

ただ、そこまでになってしまうと、やっかみを受けることになります。

時、ちょうど、元から日本に、従わなければ攻め入るぞ、脅されているとき。
蘭渓は、中国人ですから
中国のスパイだとかいう、根も葉もない中傷を受けます。

山梨へ流されることに

弟子たちは憤懣やるかたなし
無実の罪を晴らして、仕返ししてやりましょう。

蘭渓は微笑むばかり。
山梨というこの新しい場所の民衆に禅宗を広める
その事だけで頭がいっぱいなんです。

その後、赦免され、鎌倉に戻りますが
再度、甲府に流されます。

鎌倉や京都で禅宗を広めることは出来たけれども
結局は、高貴な身分の人ばかり。
こっちこそが私の本当の人生です。

その後、東北も回り、一般庶民に普及活動。

無実の罪は晴れて、大覚禅師(だいがくぜんし)、という禅師号が始めて贈られます。

[大奥]14 和宮。恋文を書いては破り。

大奥シリーズ、とうとうこの人。
スーパーアイドル、皇女和宮(かずのみや)でございます。
待ってましたっ

和宮(かずのみや)
14代将軍、家茂の正室です。

3代以降、全て将軍の正室は宮家(天皇家の親戚)
ないしは五摂家(藤原氏のうち、摂政関白になる事のできる、近衛、一条、二条、九条、鷹司)からのみ正室を迎えています。
子供のうちに死んじゃった7代家継は例外。
島津家からもらった、11代広大院茂姫と13代天璋院篤姫も最終的には近衛家に養子に入ってから輿入れ

初めて歴史が変わります。
和宮は天皇家そのもの

最初から、時間を追って参りましょう。

誕生
弘化3年(1846年)仁孝天皇の第八皇女として産まれます。

ところが、産まれるまでにお父さん、仁孝天皇は亡くなってしまいます。
その時点で、御所の奥の禁裏(きんり)はお兄さんの孝明天皇のものになります。
側室であった、お母さんの観行院は実家に帰り、橋本家で出産します。
従って、お父さんの顔は見たことがありません。

お父さんが亡くなっている上に、この1846年という年は特別な年
丙午(ひのえうま)なんです。

丙午産まれの女性は、相手の男性を不幸にする。

そんなん迷信や
えらいべっぴんさんの宮さんやないか
きっと幸せにならはる

とは言うものの、本人には
丙午のいわれをひた隠しにし
本人が知るのはずっとあと

二歳が過ぎても、つかまり立ちも出来なかった。
生まれつき片足が不自由。
やっと歩けるようになっても、片足は引きずった。

大丈夫や
高貴な生まれの宮さんなんやで
そないに歩かれへんでも
なぁんも不自由はあらへん

やはり不憫には思い、出来るだけ早めに縁談話
6歳の時、11歳歳上の有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)
何もかも承知です。

熾仁親王と同年代の男の子が橋本家にいたこともあって
橋本家に頻繁にやって来る。
和宮もいっぱい遊んでもらう。
親切なお兄ちゃん。

次第に、婚約と言うことの意味も分かってくる。
熾仁親王としても、年頃になって変化を遂げていく和宮を
恋愛の対象としてとらえるようになってくる。

歌の手紙が届くようになる。
もちろん恋の歌。

いやあ、どないしょう。

届いた途端に顔が真っ赤になる
どうやって返事を書いたら良いか
書いては破り書いては破り

そんなに大変なんやったら
もう送らんといてください、って言わはったら?

もうぉ
いけず

そして、いよいよ婚礼の時期が1年半後の具体的な日に決まる。

ああ、あのお方のお嫁さんになれるのね。

皇武合体
ペリー来航以来、世の中はしっちゃかめっちゃか

積極的な各藩は、どんどん発言するようになり
世の中の風潮は、幕府に厳しくなっていく。

てんでバラバラでは力にならないので
統一的なベクトルを持つようになってくる。
幕府より朝廷じゃないのか

江戸幕府が始まって、隅に追いやられ
見る影もなかった天皇という存在。
孝明天皇がもの言う天皇だったという事もあって、俄然注目を浴びる。

そうなると、幕府の中でも、朝廷と一緒になって難局に当たるべし
という皇武合体論
武士の世の中になってからの根幹部分に関わる歴史的大転換

そのために、次の天皇の正室を、天皇家そのものから迎えよう。

候補は3人。
一人は赤ん坊、一人はおばあちゃん、もう一人は1年半後に具体的な式の日取りまで決まっている婚約者がいる

和宮様でいかがでしょう。
幕府としても必死です。

お兄様、私は絶対嫌です。
そんなことになるくらいなら尼になります。
丙午だってことも言ってくださいね。

孝明天皇は断固拒否
もう一回言いますよ。和宮には婚約者がいるんです。

幕府は諦めません。
お許しをいただけるまで、ここを動きません。
ここがどこなのかは知りませんが。

孝明天皇は外国人が大嫌い。
世間では攘夷の嵐が吹き荒れている。
でも、幕府は及び腰。
外国に勝てるわけないのは十分分かっていますので。

よし、断る良い口実を思い付いたぞ
これを言ったら諦めるはず。

即刻攘夷を成し遂げること。
さすれば、許可しよう。

えっ、ありがとうございます。
即刻慎んで。

ちょっとちょっと
即刻攘夷だよ

はい

お兄様ぁ

渋々、和宮も了承。

熾仁親王は
婚約解消はいたしません。
婚礼の延期。
いつまでもお待ちしています。

和宮、吹っ切れてはいないから
無理難題の条件を和宮からも出して断ってもらおう作戦

大奥に行っても、京風を通すとか
御台所(みだいどころ)とは呼ばず和宮様と呼ぶようにとか
一ヶ月後ぐらいに京都に里帰りでお墓参りさせろとか

確かに大奥の評判はひどく落とすのですが
じゃあ、来なくて良いですとは言いたくても言えない。

反対派が襲撃するとの噂が出て、東海道は避け
中山道を大行列。

おトイレや、お風呂は
特別に部屋ごと作って、何十人もで担いで移動式

江戸到着
何度もごねつつ、江戸に到着。

家光の時の孝子のように、一生ブスッとして過ごすのだろうと思われました。

ところが、旦那様の家茂が信じられないような人だった。

この後は、シリーズの次回ね

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)