八田與一。台湾に捧げた生涯

「感動する!日本史」から

八田與一
八田與一(はったよいち)は東京帝国大学を卒業後台湾総督府土木部の技師として
台湾に赴任しました。

日本は日清戦争後の講和条約で、台湾の統治を始めます。
與一が赴任したのはその16年後

台湾総督府が力を入れたのは、教育とインフラの整備

嘉南大圳
インフラの整備で象徴とされるのが、「嘉南大圳(かなんたいしゅう)」
嘉南地区は最も貧しい地域。
香川県ほどの広さで、台湾の14%を占める広大な土地ながら農作物が全く育たない
気候が極端なんです。

六月から九月の雨季に年間降水量の約九割が集中する
その時はどどっと雨はあるんだけど、
平坦な土地で排水も悪いので、水害に悩まされる。
それ以外の乾季はカラッカラ。
サトウキビも育たない。

よし、この地域を台湾一の穀倉地域に変えてやろう。

烏山頭(うさんとう)ダムを作り、そこからの水を嘉南地区全体に用水路を縦横無尽に張り巡らせて行き渡らせる。
気が遠くなるほどの膨大なプロジェクト。
プロジェクト全体を嘉南大圳と呼んでいます。

與一は、最初に何をしたと思います?

ダム作ったんでしょう?

いいえ、街を作った。
このプロジェクトに携わる膨大な数の人達を、家族ごと受け入れるため
家を作り、商店を作り、娯楽施設を作り、学校を作り、病院を作った。

人が好きなんですね。

でも工事は困難を極めた。
そしてあるとき
トンネル工事の中でガスの大爆発。

死者が50人を超え、けが人まで含めると100名以上
與一は全ての被害者の家庭を涙を流しながら謝って回る

でも
工事は続けさせてほしいんです。
嘉南地区にとって
台湾にとって
それでも、必要なことなんです。

何故、続けさせてもらえたんだろう
どんな大義名分言われたところで
かけがえのない家族を亡くしてしまった。

でも
目の前で、涙をいっぱい浮かべて
辛そうで、悲しそうで、悔しそうな
この男も
家族なんだと思えたら

苦難
また、どでかい苦難がやって来た。

関東大震災。

日本は、台湾総督府に予算を回せられる状況になくなった。
当面は、大幅にプロジェクトをスリム化して
回復の時を待つしかない。

現実に目の前の問題として
みんなをそのまま雇い続けていられなくなった。

一人一人がかけがえのない家族だったのに。

誰かには、ごめんなさい、と言わざるを得ない
身を切られるような人選。

取った方法は

優秀な者にやめてもらう。

彼だったら、次の就職先もすぐ見つかるだろう。

就職先探しに奔走。

日本が驚異的な回復を見せ
プロジェクト規模が戻ってきたら
再度、やめてもらったひとに声をかけ
希望者には戻ってもらっている

完成
着工から10年、昭和5(1930)年
紆余曲折を経て
ようやく、完成しました。

烏山頭ダムに二つの川から水を引き
満水になるまで
実に2ヶ月を要したそうです。

5/15日に通水式。
勢いよく水が吹き出した。

どんなに嬉しかったろう。

そして、全ての田畑に水が行き渡るのに、2日かかった
その水を見て
60万人が涙した。

ここから
実は、私が一番すごいなと感じたのは、この後です。
ここまでなら
もちろんすごいことなんだけど
ダム作った人ね、で終わっているかもしれない。

そうじゃなかった。

與一には
あらかじめ分かっていることがあった。

それでも、必要な水の量の1/3にしかならない。

農民たちにある提案をした。

嘉南地区を3つに分けようと思います。
A B C だとして
ある年はAにしか、水を流しません。
次の年は、今度はBにだけ
そしてその次の年は、Cにだけ。

ある地域には、3年に一度しか、水は流れないのです。

こうして欲しいんです。
水が流れる年には
多くの水を必要とする、稲作をする
次の年は、水をあまり必要としないサトウキビ。
その次の年は、芋や雑穀。
三年輪作と言います。

最初から全員が賛成した訳ではありません。
明らかに、稲作が収益性が高い。
でも、結局は、全農民が足並みを揃えて
このルールでスタートした。

朝5時から、夜の11時まで働き続けた
みんなのことを思い、涙を流した
そんな與一の提案だから、反対なんてできなかったんですね。

この三年輪作が根付き
7年後には米が、それ以前の11倍、サトウキビが4倍と
飛躍的に収穫量が増えている。

気持ち
ほとんど物が手に入らない極貧の時代。
貧しさから抜け出すのはみんなの夢で
それさえあれば幸せの筈。

でも

少し手に入るようになると
もっと
さらにもっと

争いが絶えなくなって
こんなことなら、何もなかったあの頃の方が・・・

與一にはそれが見えていたのかも知れない。

そして嘉南地区の人達には、宝物が手に入った
水よりも、もっと大切な、「人のことを思う気持ち」
みんなが一様に貧しさから抜け出すため
自分は1/3に押さえて
さあ、あとはどうぞ
そんなルールを守っているという、心の豊かさ。

ダム?
箱物じゃないですよ
與一は、みんなに芽生えた「心」を作った人。

最期
與一はその後も台湾に残り、
今でも、與一の命日には台湾の発展に生涯を捧げた。

最期は突然にやって来た
太平洋戦争の最中、
與一が一市民として乗っていた客船が、アメリカ軍の魚雷を受けて沈没。
帰らぬ人となった。

やがて、終戦を迎え
日本の台湾統治は終わる。

日本人は日本へと帰っていく。

でも、「帰りたくない人」がいた。
與一の妻・外代樹(とよき)

外代樹は台北の空襲がひどくなり
烏山頭に疎開していた。

いよいよ、日本へとなったとき
黒の喪服に白足袋といういでたちで
烏山頭ダムの放水口に身を投げた。

鹿鳴館のヒロイン、大山捨松。続き

大山捨松の続きになります。
前回はこちら

永井繁子が
そうこうしているうちに転機が訪れます。
言わば戦友のひとり永井繁子が結婚。
その結婚披露宴で、ある人が捨松に一目惚れしたんです。

大山巌(おおやまいわお)
西郷隆盛、西郷従道(つぐみち)兄弟のいとこ
後の元帥陸軍大将です。
よりにもよって、薩摩藩
焼玉押さえで押さえたあの大砲の砲兵隊長
何という歴史のいたずらでしょう。

大山巌(41歳)には3人の娘がいましたが
先の妻に先立たれていました。
バツイチ、3人の子持ちという事です。

山川家は即刻断りました。

諦められない巌。
今度は西郷従道に説得に出向いてもらいます。
時の政府高官です。

まずいっ
えらいひと来ちゃったよ。

断る理由に窮して
「私どもは賊軍ですから」

そうすると西郷従道
そうおっしゃるなら私どもも逆賊の身内です。

西南戦争が終わって5年ほど。
西郷隆盛は「逆賊」だったのです。

こりゃもうあかん、と山川家
捨松よ
こんなふうになっちゃったんだけどどうする?

そうだったの?
でも、そもそもどんな方かしら。
お付き合いさせてもらってから決めるわ。

今ならごく普通の考え方だけど
当時は結婚は家が判断するもので
本人はイエスかノーかしかなかった。

これには一堂驚いた。

デートしましょうってことになったんだけど
一方は、こてこての薩摩弁
一方は、日本語がそもそも覚束ない。
意思疎通が全く図れないまま。

ええい、まどろっこしいと
ついつい捨松が英語で喋っちゃったら
なんとそっちの方が話が弾んだ。
実は巌もヨーロッパへの留学経験があった。

デートを重ねて3か月後、捨松は結婚を決意します。

親友アリスベーコンへの手紙でこう書いています。

「ある人の幸せが、私の手にかかっているということは、なんて素晴らしい事なのでしょう。」

良いですね。
男性に幸せにしてもらおうと思っていないところがすごいです。

鹿鳴館
明治16年あの鹿鳴館が完成します。
その完成したばかりの鹿鳴館で二人の結婚披露宴が行われます。

外交上必要だった鹿鳴館
でも器は作ったものの、
外国の要人をおもてなし出来る人材がいなかった。

はい、そこは得意分野です。
ようやく捨松に活躍出来る場が出来上がった訳です。
3か国語堪能な語学
ジョークを織り混ぜながら会話する機転
ドレスの着こなし、社交ダンス。
何と言っても、美しい顔立ちと気品のある振る舞い。

でも、大山夫人になっていなかったら捨松にその役割が回ってきたかは分かりません。
逆に捨松の大活躍で、巌も出世の階段を昇っていったのかも知れない。
助け合いの理想的な夫婦像。

看護婦学校
鹿鳴館で大活躍。

でもそれだけで終わらないのが、捨松のすごいところ。

有志共立東京病院(後の東京慈恵会医科大学附属病院)を見学した捨松は
看護婦のいないことに驚く。

看護学校を作りませんか。
高木院長に、アメリカでの経験を踏まえ、その必要性を熱っぽく語る。

この人一生懸命だな
変にはぐらかさず、ちゃんと向き合って返答しよう。

全くの同感です。
でも、恥ずかしいかな、それを実現するためのお金が全くありません。

なるほどそういうことですか
正直に言っていただいてありがとうございます。
それでしたら、私も一生懸命知恵を絞らせていただきます。

捨松が思いついたのは、日本初のチャリティーバザー。

品揃え、告知、販売、全て、捨松自らが陣頭に立ち、政府高官の妻たちを指揮しました。
バザーは、鹿鳴館で三日間にわたって行われ、大盛況。
来場者は一万二千人にのぼり、収益金も、八千円。
大学教師の月給が約三十円という時代ですから、八千円という収益金は莫大です。

高木院長は大感激。
日本初の看護学校が設立されます。

日露戦争
明治37年、日露戦争がおきます。
大山巌は、その陸軍の最高責任者である満州軍総司令官になりました。
捨松は、看護師の技術を活かして、日本赤十字社で戦傷者を看護。
政府高官夫人たちを動員して、募金活動や包帯作りの活動なども行いました。
鹿鳴館バザーを皮切りに、日本の上流社会に、アメリカ流のボランティア精神を定着させていったのです。

世界中の予想を裏切り、日本優位に進んでいきます。
もしそこで終結させられれば、日本の勝利という形になります。

アメリカに間に入ってもらおう。
留学で築いた人脈に加え、鹿鳴館で培った全てを通じて
アメリカに働きかけていきます。

もちろん捨松だけの力ではありませんが、大きな影響を及ぼします。
結果、アメリカが動いてくれて、日本勝利の形になります。

津田梅子
いよいよ、津田梅子の登場ですよ。

津田梅子は、捨松や永井繁子と生き方を異にします。
徹底的に縁談を断った。

二度と結婚の話はしないでください。話を聞くだけでもうんざりです

華族女学校で英語の教師として活躍。
ただ、捨松と違い、上流階級の人達は苦手だったらしい。
来日したアリスベーコンの勧めで、再度留学
帰国して、また英語教師

その一方で教育の熱意が大きく膨らみ、津田塾大学の前身、女子英学塾を開くこととなる。
そこで、良妻賢母教育が主であった、女子教育のあり方を大きく変えていく。
社会からの圧力も大きかったため、自分の考えを貫くため
資金援助はほとんど受けていない。

捨松としても、親友の挑戦をずっと手伝い続ける。
でも、その趣旨から、資金援助はしていないし
捨松こそ教師に向いていると思うが、そういった手伝い方もしていない。
あくまでも裏方で、手足を動かす、無償でのお手伝い。

おそらくお互いに、自分が出来ないことをやっている親友が羨ましく
差し出がましくない、相手を尊重したお手伝いをしたのだろう。

思えば、捨松の人生。
有り余る発想力、行動力、リーダーシップを持ちつつも
常に誰かを応援する人生だった気がする。
そうしながら輝き続けた、不思議で面白い、魅力的な人生。

ところで明日、今回の大山捨松さんのブログに関するちょこっとしたこぼれ話を書きますね

鹿鳴館のヒロイン大山捨松

明治維新です。

アメリカ留学
明治4年、新政府が広く募集したこと
男女若干名のアメリカ留学です。

あの岩倉使節団に随行していき
留学生はそのまま残って10年間。

応募したのは、新政府からすると敵方
名誉挽回のチャンスだ!

幕臣だったり会津だったりの賊軍の士族の娘。

渡米した女子留学生は5人。
うち、年長者だった2人はやっぱり無理、ってすぐに帰国。
残った3人はまだ少女でした。

山川捨松(すてまつ)、永井繁子、そしてあの津田梅子(津田塾大学の創始者)です。
山川捨松は11歳。永井繁子9歳。
津田梅子に至っては何と6歳です。
山川捨松は、会津藩の家老の娘。
津田梅子は幕臣の娘です。

それにしてもすごいです。
企画した、黒田清高
女性も募集。敵方の娘も受け入れる。

捨松
捨松って変な名前
おそ松くんじゃないんだから。
女性で捨松はないんじゃないの?
実は「さき」ちゃんだった。

当時欧米に行った事ある人なんているわけない。
勝海舟とかジョン万次郎とか命からがら。
命の保証があるはずがありません。

賊軍の家老の娘として汚名を晴らすって言ったって
11歳の少女よ。
親はどれだけの思いだったか。

もうこの子、「さき」は捨てたものと考えよう。
じゃあ、「ステ」とか「捨子」かというと、ここからが親心

でも、やっぱり生きて戻って来れるんなら
ずっと待っているからね
待つ(松)

矛盾する二つの言葉が組合わさっているんですね

「さき」を「捨松」に改名して、いざ渡米。

アメリカで
サムライの娘・スティマツはすぐに人気者になります。

(アリスベーコンというお友達)
ねえねえ
戊辰戦争っていうのがあったんでしょう
どうしてたの

あのね
会津若松城っていうのがあるのね
分かる?キャッスルね
そこに武士は家族の私とかも含めてみんなで籠城するの
でね。
私の役割は
大砲が撃ち込まれるでしょ
たまに爆発せずに不発弾がくすぶってるのよ。
そこに「せーの」で濡れた布団を被せるの
焼き玉押さえ
ya・ki・ta・ma・o・sa・e
ベッドカバーね

ヴァッサー大学に進学した捨松はなんと成績超優秀。
卒業生総代に選ばれる程でした。
国の費用で留学し、国の代表なんだという使命感を持っているので
日本の政治、世界情勢も猛勉強。
卒業論文「英国の対日外交政策」を元にした彼女の公園が、地元の新聞に取り上げられる。

帰国
約束の10年が過ぎ、帰国。
のはずが
赤十字社の活動に共感した彼女は、帰国を1年延期してもらい
看護婦養成学校に入り直し
上級看護婦の資格を取ってから帰国します。

明治15年
良かった。無事帰れたんですね。

さあ、最新の知識と技術を身に付け
引く手あまたの大活躍
本人もやる気満々

ところが日本社会は容易に捨松を受け入れませんでした。

男尊女卑の世の中では
出来すぎる女性は誰も使ってくれようとしません。

当時ほとんどが10代で嫁に行く
単に婚期を逃した女性としてしか扱ってもらえませんでした。

黒田清高の思いはどうなのよ
それだったら留学必要ないやん。

若干分からんでもないなぁと思うのが
捨松は11歳からずっとアメリカなので
そもそも日本語が苦手になっちゃっていた。
漢字はかなり怪しい。
考え方から物腰から、アメリカ人。
オーマイガー。ホワィ。
「アメリカ娘」と陰口を叩かれる

でも、もちろんこれじゃあ終わりません。
どうなっていったか。

長くなりそうなので、2回に分けて、続きは明日に回しますね。

水戸藩。水戸黄門は何人いる?

尾張藩、紀州藩ときて
最後の御三家、水戸藩。

水戸藩って余りにも話題が多いんでどうしたもんか
すでにかなりお話ししたことも多いので
リンクを貼りつつ進めていこうと思います。

上屋敷は小石川後楽園
中屋敷は東京大学本郷キャンパス内。
下屋敷は浅草近くの隅田公園です。

水戸光圀
水戸家と言えば一般的には、さっと思い浮かぶのは、水戸光圀(みつくに)です
チャンチャカチャチャンチャカチャ
人生楽ありゃ苦もあるさ

この紋どころが目に入らぬか!

残念ながら、諸国漫遊はしていなかったというのは有名な話だが
じゃあなぜ、水戸黄門の俗説が生まれたんでしょう。

やっぱり、光圀は人気があったという事でしょう。

若いときは、完全に不良少年。
荒れ狂って、辻切りとかもやった。

ところがあるとき、中国の史記を読んで、突然、学問に目覚める。

学問、おもろぅ。
今後は心を改めよう。

その後、ありとあらゆる文化事業に思いっきり金をかける
その中心になるのが「大日本史」
神武天皇以降の日本の歴史を明らかにしましょうという
壮大なもの

光圀の代だけでは終わらず、
その後の代々の水戸藩に受け継がれ
200年以上かけてようやく完成

そこまで気合い入れば、どうしたって天皇のことが好きになるでしょうね
水戸学の意味が分かります。

新しい文化、特に中国の文化を色々取り入れたので
日本で初めてラーメンを食べたのは光圀
いくつかの「はじめて物語」があります。

水戸学
「もし徳川宗家と朝廷との間に戦が起きたならば躊躇うことなく帝を奉ぜよ」
水戸藩に代々伝わる秘密の教えです。

この事は、幕末、水戸藩がかなり中心的役割を担うことに通じていくんですね。

光圀が史記を読んでなければ、大日本史もなかったでしょうし、
水戸学という考え方も生まれなかった。
慶喜が朝敵になりたくなくて、大阪から逃げ帰る事もなかったかも知れません。

明治維新がならなかったとは言いませんが
かなり違ったものになっていたかも知れません。

水戸黄門
水戸家って御三家の中では若干格下。
他の2家の藩主は大納言なのに
水戸家の藩主は中納言なんですよね。
大納言、中納言は朝廷での役職名

ところで水戸黄門って何人いるか分かります?

えっ、一人じゃないの?

違うんだなぁこれが。

実は「黄門」とは中納言のことを中国でこういう

頼房(初)・光圀(2)・綱篠(3)・治保(6)・斉脩(8)・斉昭(9)・慶篤(10)
と全部で7人「水戸の中納言」がいるので、
7人の「水戸黄門」がいることになります。

石高
領国の石高は実収が28万石程度なんだけど
御三家なんだからという理由で
35万石ということにしよう

これは水戸藩の財政を厳しくする一因になります。

定府
水戸藩の特殊性としては、定府(じょうふ)ということがあげられます。
参勤交代しなくていい。
ということで、江戸中期以降の藩主はそもそも水戸に行ったことがなく
江戸の小石川等でずっと暮らしていた。

藩内でも、ずっと江戸にいる人達は水戸を田舎もん扱いし
逆に水戸の人達は、江戸の人達に反感を持っている。

桜田門外の変で、藩士が暴走し、松戸辺りで江戸組水戸組の双方がにらみあいしたのも
ここに遠因があります。

幕末
もろもろの背景を踏まえ、幕末には、中心的役割を果たします。

まずは、徳川斉昭(なりあき)
幕府に多大なる影響力を及ぼします。
[徳川名参謀]13 家定→徳川斉昭

そしてそのあと
あの、桜田門外の変を起こした
[徳川名参謀]14 家茂→井伊直弼。桜田門外の変1
[徳川名参謀]14 家茂→井伊直弼。桜田門外の変2

この流れでいくと、幕末の主役にいそうですが
幕末の中盤以降は、薩摩、長州に主役を取られ表には立っていない。
幕府側に回っちゃったからですね。

徳川斉昭の息子、慶喜が将軍になっちゃった。
倒される側になっちゃったんですね。

不思議なもんです。

光圀が作り上げた、ことがあれば幕府より、朝廷につくべし。の気風。
それがあったので、幕末の序盤は水戸藩が中心になって事を起こした。
幕府にたてついた。

でも斉昭は自分の子供を将軍にしたくて画策して。
結果としては功を奏して、幕府側に回っちゃう。

でも、慶喜には水戸学が染み付いているので
幕府より朝廷の気持ちをベースとして持っている。

大政奉還って慶喜にしてみれば「待ってました」
私が幕引きしましょう。

水戸藩の慶喜だからこそのこの幕末の歴史なんだと思います。

慶喜の話についてはいっぱい書いていますので、よろしければ。
15代慶喜、天才過ぎて
以降6回シリーズです。