[足利将軍]1-4 足利尊氏。第三幕は決定的

[足利将軍]1 足利尊氏。悪い奴にされちゃうの?
[足利将軍]1-2 足利尊氏。とらえどころの難しい人物像
[足利将軍]1-3 足利尊氏。第二幕で大敗北
の続きです。

足利尊氏としては、すったもんだはあったものの、ひょっとすると「思惑通り」に事が進み
高師直を排除し
優秀な弟直義(ただよし)に基盤を固めてもらった上で、息子の義詮(よしあきら)にバトンタッチ

うまい具合に行ったぞ
あともう少し、直義にサポートしてもらえれば
義詮も強力な体制を築ける事だろう

ところが、残念な事にそうはいかなかった。

尊氏と直義の本格的な対立が起きてしまう。
悲しむべき第三幕の始まりです。

おそらく子供可愛さ

義詮は当初は右も左も分からないので、おじさんの直義に頼りっきり
超優秀なおじさんなので学ぶべき事はいっぱいあります。

でも、成長につれ、慣れてもくるし
自信も湧いてくる
そろそろ一本立ち出来るんじゃないか
自分なりの考え方ややり方が芽生えてくる

おじさん邪魔

目一杯お世話になったんだからそれはないでしょ、と思うんだけど
お父さんの尊氏にあることないことチクります

ここで、尊氏も頑として
それは違うよ、あきちゃん。って諭すべきなんだけど
尊氏はそういうところがちと弱い

そうか、それはけしからん

家臣団も、高師直と直義の対立の頃に派閥が出来ちゃっているので
反直義の派閥は、よし今度は義詮を担ぎ、それそれとけしかける

今度は今までとは訳が違う
ツートップの決裂
プロレスでいうと、ジャイアント馬場とアントニオ猪木の対立

空気を察した直義
また先回りして、政務を辞した

なのに
尊氏は南朝に通じた佐々木道誉を討つと称して、近江に出陣する。
同じ日、義詮も播磨平定のためという名目で、軍勢を京都の南の関門の東寺に集めた。
要するに彼らは、京都にとり残された直義を東西から挟撃し、その息の根をとめようとはかった

えっ、せっかく誠意を見せたつもりなのにそう出るのね
それなら、こっちも考え方を変えさせてもらおうか
京都を脱した直義は、元々地盤の強い北陸に向かう
金が崎城
そう、十数年前に新田義貞が立てこもり、死闘を繰り広げた地
金が崎城を中心にどんどん勢力拡大

まずいと認識した尊氏は使者の細川顕氏を送って
戻っておいで

その手には乗りません

なんと、細川顕氏はそのまま、直義陣営に寝返ってしまいます。

尊氏の面目丸潰れ
よっしゃ、そうくるなら
コテンパンに叩きのめしてやろう

尊氏がとった丸パクリ作戦
かつての直義の奇策、南朝との和睦です

南朝としても、またかいな、なので強気に出る
前回の和睦の時よりかなり南朝がわに有利なもの
それでも和睦が成立

準備万端の尊氏は戦闘開始
初戦は尊氏の勝利
和睦の機運が高まるも
条件が合わず不成立

直義は鎌倉へ逃れる事になる

追う尊氏と鎌倉で戦い、直義軍大敗

やはり直接戦うとなると、尊氏は一枚も二枚も上手だった
直義降伏

ほぼ牢屋のような屋敷に閉じ込められて二月ほど
その中で直義は原因不明の死を遂げる
黄疸ということにはなっているのだが・・
2月26日。その日は高師直兄弟が死んだちょうど1年後だった。

色々な犠牲は払ったが
これでようやく、尊氏義詮の体制

ところが、ちょうどその頃
すでに別のとんでもない誤算に見舞われていた

[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

[ことば日本史] 判官びいき

源義経は、法華経を読みおえると、北の方(妻)の親である兼房にいった。
「どうやら、自害すべきときがきたようだ。自害とは、どのようにすべきものなのか」

「都で佐藤兵衛が自害したときには、評判が高く後々までめられておりましたな」

「ああ、それなら、わけはない。きず口が広いのがよいということだな」

義経は、幼い頃から守り刀として差してきた名刀を握り、
左の乳の下から、背中までも
突き通れとばかりに突きたて、
刀をまわして口を掻き破り、存分にはらわたを抉り出してから、
刀を服の袖でぬぐい、膝の下にかくして、脇息にもたれた。

それから北の方を呼んで、故郷へ帰るように告げた。
だが北の方は、自害を望み、養父としての情に断る兼房に無理やり、刀を立てさせた。

そこへ五つになった若君がやってきて、両親が死出の山を越えて黄泉へ行ったと聞くと、
わけもわからぬまま、自分も死出の山へ連れてゆけとせがむ。

いかんともしがたく兼房は、刺した。

そして、まだ生後七日の姫君も、刺した。

若君の亡骸を義経の衣の下に。
姫君の亡骸を母の衣の下に。

このとき義経には、まだ息があり意識が戻った。

「北の方はどうした」

「自害されました。お側におられます」

「これは誰だ」
手探りして尋ねた。

「若君でございます」

義経は、北の方へと手をのばし、すがりついた。
これが最期の言葉だった。

「はやく屋敷に火をかける。敵が近づくぞ」

皆を見送った兼房は、走り回って屋敷に火をかけた。
ごうごうと燃え上がる火炎にむせびながら、兼房は最期のひと暴れとばかり、
油断していた敵を一人、馬からひきずり下ろし、脇にはさみこんだ。

「一人で越えねばならぬ死出の山だが、供をしてくれ」

道連れを抱えたまま、炎のなかへと飛び込んでいった。

平家との戦いでは大活躍したにもかかわらず、
頼朝に追われて衣川に非業の死をとげた義経は、
同情を誘う悲劇のヒーローである。

義経は、検非違使の時、すなわち「判官(ほうがん はんがん)」と
呼ばれる位にあったことから、義経に対する同情、

ひいては立場の弱い者に味方する心情は、
「判官びいき」と呼ばれるようになった。

このような弱さに対する偏愛は、日本人の一種の美意識。
あるなあ。

弱いものに対して、頑張れ、っていうのは自然に生まれてくる感情なので
実は世界共通のものらしいけど
ことばの影響って大きいですね

「判官びいき」ということばが存在するがゆえ
そしてそれが日本人に共通しているのだというイメージは
やはり、自分の感情を納得させやすいので
結果として、日本人にその傾向が強くなっていると思う。

[言葉]シリーズはこちら(少し下げてね)

[足利将軍]1-3 足利尊氏。第二幕で大敗北

[足利将軍]1 足利尊氏。悪い奴にされちゃうの?
[足利将軍]1-2 足利尊氏。とらえどころの難しい人物像
の続きです。

直冬(ただふゆ)
高師直(こうのもろなお)としては、養子とはいえ直義(ただよし)の息子を放って置くわけにはいきません
そんな空気に押され、直冬は中国地方から九州へと逃れていきます。

ただ逃れただけだと良かったのかも知れませんが
直冬はとても能力があった
尊氏の血でしょうか
九州で勢力を急拡大していきます

そうなると、高師直だけではなく、足利尊氏自身としても、中央政権を脅かす勢力とみる
高師直と尊氏は、協同して九州へと征伐に
本当は実の息子なのにね

さあ、出発ってときに、またまた大事件が勃発
幽閉されていた直義(ただなお)(尊氏の弟)が脱出に成功

高師直、九州に行っている場合ではなくなりましたので
尊氏に、作戦変更いたしましょう。

いやいや、決めたことですから

高師直と尊氏が九州に行っている間
直義は態勢を立て直し
そして、誰もが予想しなかった行動に出ます。
「敵の敵は味方だ作戦」
なんと、南朝のところに行って、
「手を結びませんか」

今までは北朝内での内輪揉めですんでいたものの
こうなると完全に話は変わります。
ここへきてようやく尊氏も
まずい。引き換えそう

観応2年1月7日、直義は八幡に進出して陣を構える。
その三日後、尊氏・師直陣営も山崎まで戻って気勢をあげた

直義軍、地滑り的勝利
1月15日、尊氏・師直陣営はやっとのことで京都に帰り着いたが、
直義党の桃井直常らに攻撃され、
翌16日には京都の留守を託しておいた義詮とともに丹波へと敗走せざるを得なくなった

大決戦は2月17日、打出浜において行われた。
戦いは夜に入って始まり、両軍は激しく揉みあったが、夜半にいたって勝負は決した
直義軍大勝利

大敗北の尊氏・高師直軍、講和を申し入れます。
講和条件は?
高師直・師泰兄弟を出家させるという一点のみ

元々直義は兄の尊氏には恨みはなく、憎いのは高師直
とはいえ、ここまで大勝利と大敗北の明暗にしては、講和条件がどうにも

「足利尊氏 乱世の行動学」の百瀬明治さんによると
元々決められていた筋書きなのではないかという
尊氏と直義の二人が共同謀議を謀ったのではないか
直義が脱出したとき、計画を変えなかったのは不思議すぎる
しかも、九州に向かっても、中国地方で、時化だの山路の雪だのを理由に
1ヵ月余りも滞在している

尊氏は講和後、直義と対面したとき、
驚くべきことに自分に従ってきた将士の恩賞を堂々と要求する。
直義も、その要求を飲んだ
負けたもののすることではない

いわゆるはしご外しをしたかったのではないか
高師直と直義二人のパワーバランスをはかりつつ
うまくコントロールするはずだった
ところが高師直があまりに力を持ちすぎた
高師直を誰しもが納得する形で潰そう
そのために一番良いのは「負ける」こと

もうひとつは、南朝の取り込み
とてもイレギュラーな方法ではありますが
尊氏イコール直義と考えると南朝とのひとつの繋がりはできた

代償があまりに大きい演技だと思いますがね

2月26日
高師直・師泰兄弟は顔を隠すようにして、出家の地へ向かうため
馬に乗ります
師直兄弟は武庫川の土堤にさしかかったとき、
かつて師直が殺害させた上杉重能の家中の者に取りかこまれ、
なぶり殺しのような無残な最期を迎えます

筋書き通り(?)のこの抗争
これで一件落着
うーん、そうはいかなかった
このあと第三幕が始まります。

続きはシリーズの次回ね

[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

[首相]32-11 吉田茂。バカヤロー解散

[首相]32 吉田茂。嫌になったらいつでも投げ出す。
[首相]32-2 吉田茂。分かった。ひとりの日本人も、餓死させない
[首相]32-3 吉田茂。耕さないもの認めない
[首相]32-4 吉田茂。初めての選挙
[首相]32-5 吉田茂。あの人とあの人とあの人
[首相]32-6 吉田茂。吉田学校の始まり。
[首相]32-7 吉田茂。誰にも知られてはならない。
[首相]32-8 日本にやってもらうこと。それは
[首相]32-9 マッカーサー元帥、万歳
[首相]32-10 吉田茂 いよいよ独立の日
の続きです。

鳩山派、三木武吉
公職追放されていた鳩山一郎が戻って来ていた
元々、鳩山が首相になるべきところ公職追放でしかたなく、吉田茂に頼み込んだ
嫌がる吉田は、鳩山が戻ってき来しだい返す、との条件で渋々引き受けた

鳩山派の超実力者、三木武吉
その時、党内をかけずりまわってまとめあげた
吉田内閣発足の恩人とも言える人

譲ってもらおうじゃないか

吉田はそのつもりはない
知りませんなあ
文書も残っているんですけどね

三木武吉と吉田茂のバトルが続く

バカヤロー解散
吉田茂といえば、サンフランシスコ講話会議
とともに、これですよね

衆議院の予算委員会、右派社会党の西村栄一が質問に立った
外交関係の質問に入る前提として、吉田首相に

国際問題について・・ 日本の総理大臣として、答弁してもらいたい

この質問自体は、前置きなので特に意味を持たないが
吉田は、そのあと対米追随だ来るのだろう、とムカッと来た

無礼な事を言うな

本来温厚な西村もかっときた

なにが無礼だ

吉田は反射的に

馬鹿野郎

これを見事にマイクが拾った

野党は総立ちになり大紛糾

さあ、三木武吉
右派社会党の浅沼と極秘裏に会う

君、倒閣のチャンス到来だ

内閣不信任案ですか

いや、バカヤロー発言で内閣不信任では飛躍しすぎる
吉田の懲罰動議を出すのだ

それは、前例がありませんが。

バカヤローという発言は一国の首相としてあるまじき発言
これならば世論も納得する
吉田も解散には打って出れんだろう。

ただ、通りますか

大丈夫だ。自由党から我々60名が欠席する

ん?
鳩山派は30名のはず

奇策に吉田は驚いた
内閣不信任案が出される前提で身構えていた
三木だな
だが、通りはせん

ところが、当日、広川派30名が現れなかった

勢いづいて、いよいよ内閣不信任案へと空気が出来上がっていく

三木の野郎
ただ、差し引きゼロかもしらん
あいつには恩があるからな

三木の読み。
内閣不信任案を出せば解散はできず、内閣総辞職だろう

ただ、その前にやるべきことがある
吉田とサシで会い、提案をする

その会合を阻止したのは佐藤栄作だった
会わせん
提案とやらは私が聞こうじゃないか

首相は吉田がそのまま継続
ただし、自由党総裁は鳩山に譲ってもらう

佐藤はその案を取り次ぎすらしなかった

待てど暮らせど回答がない
時間切れだな

鳩山派は自由党を割って出た
広川派も脱党

内閣不信任案は賛成229票、反対218票で成立

吉田はおおかたの予想を裏切り、衆議院を解散した
バカヤロー解散

総選挙で、自由党は議席を減らすものの第一党の地位を保持
第五次吉田内閣が発足

佐藤が動く
鳩山派の取り崩し
次々と自由党に復党させていった

[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)