[名僧] 本因坊算砂。囲碁界で知らぬ者なし

名僧シリーズ
今回は囲碁です。

10秒 20秒 5 6 7 白 12の13 なんちゃらかんちゃら
日曜日の度にNHKでやっていた囲碁の対局
父さんが毎週欠かさず見ていた。

この 10秒 という係員の声が全くの無感情でとても面白かった。
もっと場を盛り上げるような楽しそうな言い方は出来んのだろうか、と

父さんに教えてもらって、ルールだけは知っていて、ちょこっとだけやったことがある
石の取り合いなのかと思っていたら、陣地の取り合いだった事にびっくり
局地戦ってあんまり関係無くて、全体を見渡す必要があるっていうのが、世の中を示唆しているようですごいなあと。
でも、そこまで
それなりに強くなると面白いんだろうなあ、とは思いましたが

毎週ぼおっと横で見ていて、いつも同じ質問

これ、見てて面白いん?

面白いよ

今、どっちが優勢なん?

うーん、白かなあ

大体、思っているのと逆

前置きが長くなりましたが、今日は、囲碁で有名なお坊さんのお話です。

本因坊算砂(ほんいんぼうさんさ)
1559~1623年 日蓮宗

本因坊って耳にします
誰それが、本因坊にも勝利し、どうたらこうたら

お坊さんの名前だったんですね

元々は、本因坊算砂が初代となる本因坊家という囲碁の家元のこと
それにちなんだタイトルを作ろうよ、となったんでしょう

九歳のときに日蓮宗の僧・日淵の弟子として出家

日淵は「安土宗論」の参加者の一人
「安土宗論」とは、日蓮宗が過激な言動を繰り返し、他の宗派と仲が悪くなっちゃったもので
織田信長が乗り出して、議論大会を催したもの
勝利したのは、浄土宗
最初から、勝敗は決まっていたんじゃないかという感じがする

あんまり過激なのはどうかと思いますよ、と

織田信長が言うのも
お前が言うか、って気がしますが。

本因坊算砂は、若い時から、囲碁将棋の達人。
噂を聞いた織田信長
安土宗論の件で、気まずかったので
囲碁の対局を見たいと言う名目で
算砂と、同じく日蓮宗の僧の利玄を呼んだ。

利玄もたいそうな囲碁の達人で、
江戸時代に大きな権勢を誇った碁の家元、林家の始祖となったひと

あまりに見事な対戦に、信長大感激
勝者算砂を「名人」と呼んだ

本因坊戦と並ぶ、7大棋戦、名人戦もこの時の名称に因みます。
一人で二つのタイトルの元になったなんて恐るべし。

最後に信長の前で碁を打ったのが、1582年6月1日
場所は本能寺です

その時、
三劫(さんこう)(将棋でいう千日手のような、どちらかが意図的に避けない限り永遠に同じ流れが続く状況のこと)
が出現したといいます。
滅多にあることではありません。

翌日のことがあるので、不吉の前兆だと言われるようになりました。

帰り道、明智光秀とすれちがいます。

こんにちはーっ

どうもーっ

1588年には、豊臣秀吉の前で碁を打っています。
秀吉も多いに感服
土地を与えられ、そこに寂光寺を再建している

さらに、徳川家康も碁が大好き
五十石五人扶持の俸禄を与えられている

そして、碁所(ごどころ)という囲碁の最高権威者の初代となっている。

囲碁打ちと言えば、私の中では、すぐに渋川春海が思い浮かびます。
江戸時代に中国からの借り物でなく、貞享暦(じょうきょうれき)という初めての日本製の暦を作った人
碁打ちの大家、安井算哲の息子で、二代目安井算哲となる
算が付くから、算砂の流れを組むんだろうと調べたら
算砂の流れの本因坊道策とはライバルだったようです。

算は、あやかって付けたんでしょうか

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

日本列島の歴史。東日本ここにあり。

日本列島の歴史
の続きです。

東日本ここにあり
都はずっと西日本だったけど、統制力が弱まってきた、というところでしたね
そして、起こるべくして起きたというのが、平将門(たいらのまさかど)の乱

日本国の朝廷に反逆し
武蔵、相模、上総、下総、安房、常陸、上野、下野という関東8か国の全域と伊豆を基盤に
下総国猿島(さしま)に都をおいた自立した新国家を打ち立てる

平将門は、この地域の事を坂東と呼んでいます。

大体こういうときは八幡神
八幡神のお告げでもって

新国家誕生!
私が新皇。新しい天皇にござい。

はい、あなたが新しい天皇。証明します。
という証明書を発行したのが菅原道真

この裏切り者め!と太宰府に流されちゃいます。

後にも先にも、日本の中で新国家独立宣言が行われたのはこの時と
明治維新の戊辰戦争の幕府側が、函館で新国家宣言したときくらいかな

もちろん取って変わるというのはあるけどね
南北朝は微妙かな

関東が国になっちゃった訳だから関東人は大喜び。
今でも平将門は関東ではウルトラマンと同じくらい大人気で
あっちこっちにゆかりのものが奉られています。

さあ、国作り
でも出来立てのほやほやですから
まだ、国の単位はそのまま
新たな行政単位を作るところまで、時間がありませんでした。
従来の国に、自分が任命した役人を派遣しただけ

国の名前も決めてません。

新しい暦を作ることもせず、元号も変えてません。
ゆっくり考えようと思ってたんでしょうね

残念!
そんな時間がありませんでした。

朝廷から平定部隊が送られ
僅か、3ヵ月足らず

余りにもあっさりやられちゃったもので
一旦、こういった動きはなりを潜めますが
3ヵ月とはいえ、関東に国が出来たという事実は残り
関東の人たちの心の奥底に深く浸透していきます。

東北
その精神を受け継いだのが東北
東北全部が朝廷の支配下に入らなかった話は前回しましたが
平将門に刺激され、動きが活発になってきます。

俘囚(ふしゅう)と呼ばれる、形だけ朝廷の支配下になったものの内
安倍氏が力をつけていきます。

そして、さらに受け継いだ清原氏

いよいよ奥州藤原氏
津軽・下北を含む奥羽全体に初めて自立した政権が出来上がりました。

鎌倉
とうとう、本格的に、関東こそが日本の中心になる時代がやってまいりました。
鎌倉幕府の誕生です。

奥州藤原氏を倒したのも
朝廷ではなく、鎌倉幕府でした。

鎌倉幕府は自分達が直轄で治める地域の事を、関東と呼ぶようになります。

ここから、地域の呼び方が変わっていきます。

次回、そのあたりから話を続けていきましょう。

[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

将軍の顔は見ちゃダメ。茶壺に追われてトッピンシャン

徳川将軍家の演出力、という本を読みました。

今考えるとなんじゃそれ、的な面白い話が満載
このあと数回に渡って紹介します。

威光
将軍はとってもエライ人、というのを意識的に作り上げました。
はるか遠い人ですよ、と

松平健が、暴れん坊将軍で
余の顔を見忘れたか
なんて、もってのほか

武士は将軍に拝謁(御目見得)出来るかどうかでランクづけされる
大名や旗本は御目見得できるけど、御家人は出来ない。

その大名や旗本も拝謁する機会は年に数える程度

いざ拝謁という時に「しー」という声がかかる
シーンとなり、息を殺す感じ

おもてを上げよ、と言われても、顔を上げちゃダメ
当然顔は分からない。
時代劇とかでは顔をあげてますが
顔を上げなきゃお芝居になりませんからね。

ちこう、とか、これへ、とか言われても微動だにしません。
そういう事を言っていただいても、私のようなものは畏れ多くて動けません
というのが「正しい」態度

セレモニーの時に将軍がかける言葉は決まっていて、「御意の振」(ぎょいのふり)という文書になっています。

何か役職を命じる時は「念を入れて勤めい」
大名が国元に戻る時には「在所への暇をやる、休息するように」

ワンフレーズ以上の事は言いません。

将軍が、江戸城外に出る事は、御成(おなり)と言います。
上様のおなーりー、って奴ですね

通過する道筋は厳重な規制が敷かれる。
道沿いの家の窓や雨戸の隙間には紙で厳重に目張りされる。
当日は火が一切使えないなど、生活は大きく規制される。

大名屋敷を訪問したりするともう大変
おもてなしで膨大な費用がかかる

大名が将軍の娘をお嫁にもらうとなるとこれまたえらいこと
東京大学の赤門は、加賀百万石の前田家が、11代将軍の娘を迎えるために作った門です

将軍に献上される品物はあたかも将軍であるかのごとく扱われる
将軍への献上茶を入れたお茶壺の道中に会えば、大名と言えども道を譲って籠から降りないといけない

ましてや庶民は、災難が振りかからないよう、家の戸をピシャッと閉め、通過するのをひたすら待つ

ずいずいずっころばしは、そんな歌です。

ずいずいずっころばし ごまみそずい
茶壺に追われてトッピンシャン
抜けたらドンドコショ

ただ、そんな将軍の存在は迷惑がられていたかと思うとそうではない。
江戸庶民は、自分達が上様のお膝元に住んでいるということが自慢で仕方ない。

例えば、どこかに将軍が立ち寄ったというと、同じ空気を吸いたいと
わんさか人が集まる
川崎大師は、11代将軍家斉が訪れた後、大ブームになる

山王権現や神田明神のお祭りは、山車が江戸城に入り、将軍にも見ていただけるということで大騒ぎ
町人の代表が江戸城内に招かれて、能を見せてもらえるというイベントがあるのだけど
それはそれは名誉なこと

そんな演出をしながら、
将軍は庶民にも大人気となっていきます。

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]34 舒明天皇

天皇シリーズ

舒明(じょめい)天皇
629~641年 息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)

次期天皇と明確に位置付けられていた聖徳太子が、推古天皇より先に亡くなり
その5年後に蘇我馬子が亡くなる
そして、その2年後に推古天皇が亡くなる

という事は7年あった訳で
次は誰って推古天皇が指名しておけば、事はスムーズに運んだでしょうに。

推古天皇は、亡くなる前、病床に別々に二人の皇子を呼んだ
一人は、敏達天皇の孫で、押坂彦人大兄皇子(おしさかのひとひとのおおえのおうじ)の子である田村皇子(たむらおうじ)。
もう一人は聖徳太子の子である山背大兄王(やましろのおおえのみこ)

そこまですれば、どっちって指名するでしょうがどちらとも言わなかった。
残念!

当時、原則は次期天皇は有力者が集まって会議で決める。
もちろん、先帝が指名しておけば、結構すんなりの筈。

最高実力者は、蘇我馬子の跡を継いだ蘇我蝦夷(えみし)
田村皇子を推します。

山背大兄王にしても、聖徳太子と蘇我馬子の娘の間に産まれた長男なので
こっちも蘇我氏関連なんですけどね

反対派の実力者は、境部摩理勢(さかいべのまりせ)
蝦夷の叔父さんです。

結局この頃は、蘇我氏かそれ以外かの戦いではなく
蘇我氏内での主導権争い

蝦夷は、境部摩理勢に兵を差し向け、殺してしまう。
これだけを見れば、蝦夷は馬子に似て、血の気が多い気がするが
実は、気が弱い
気の強い、父馬子と息子の入鹿に挟まれ、押され気味

一番決め手になったのは候補者たちのお母さん
田村王子のお母さんは王家の女性だったけど、山背大兄王は蘇我馬子の娘だというだけ
さらに田村皇子は既に結婚していて子供もいた。
その奥さんというのが、押坂彦人大兄皇子の子の娘
叔父さんと姪っ子の間柄
早い話が、奥さんも王家の女性
となると、次に天皇になるであろう息子も立派な血筋ということになります。

この奥さんというのが、次期天皇の皇極天皇で
この息子というのが、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)=天智天皇で
その弟が天武天皇

そうです。
この田村皇子が舒明天皇です。
大物揃いですね

もちろん、舒明天皇が勝ち抜けたのでそうなった訳ですが。

遣唐使
舒明天皇と言えば、遣唐使。
その後、最澄・空海がメンバーとなるあの遣唐使の第一回目

朝鮮半島の、新羅、高麗、百済とも仲良く付き合い
盛んに交流を行った。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)