出雲阿国はダンシングクイーン

江戸のヒロインシリーズ

ちょっとちょっと
江戸のヒロインって言うんだったら、まずは出雲阿国(いずものおくに)からじゃないの?
はい、仰る通りでございます。

出雲阿国

世の中にすごい人は数々あれど
今まで無かった大きなジャンルを、世の中に誕生させたっていうのは尋常じゃないですね

慶長8(1603)年、京都の町は、新しい芸能の話題で持ちきり

ある女性が派手派手な男装をして茶屋の女性とちょっと戯れる
それを基本的には、踊りで表現
ミュージカルって事なんでしょうか

かぶき者といわれていた男を演じるわけだけど
傾くと書いてかぶく
アンチ体制みたいな、やんちゃな感じの困り者の男達

関が原の戦いの3年後だから
色んな事が江戸の方に移りつつあって
京都はどうなっちゃうんだろうと不安な時期

今までの「踊り」は正式には、雅楽、能、狂言といった男性のみのゆったり動く世界。
一方では、庶民の間には人に見せる芸能ではなく、自分達が踊って楽しむ
お盆の行事の念仏踊りとか、風流踊りとかいうものが流行っていた。

びっくりしたでしょうね
女性が踊る?
しかも男装
題材は、いるいるああいう人、って物真似の要素も入って大爆笑だったんでしょう
踊りはリズミカルで、本音で言うと自分達にはこっちの方が馴染みがあるのよね、ってもの

そりゃ大受けでしょう
新しい時代の到来、って感じですね

出雲阿国というのは
出雲大社の巫女さんとは言っているものの、ちょっとあやしい
出雲大社から、名前を使うことのお許しは得ているようですが
京都の人かも知れません。
顔は、それほど美人って訳じゃなかったようです。

爆発的に流行したので
真似をする劇団が多数出たので
うちが一番ですよ、と天下一と名乗る

徳川家康の次男秀康が、阿国を招く
首にかけていた、水晶の数珠
いまいちやなあ
これあげるわ

珊瑚の数珠をプレゼント

我は天下一の男となること叶わず
あの女に劣りたるは無念なり
と涙を流した。

長男なき後、当然時期将軍の座は自分に来る筈がするりと素通りして
弟、秀忠のもとに行きましたからね

さあ、後発の者たちを突き放しにかかる必要があります。
かぶき者だけの一発屋ではなく、次なる人気者を演じましょう。

名古屋山三郎
とっても美男子で人気者だったんだけど
刃傷沙汰で死んじゃったばかり

その亡霊が舞台じゃなく
客席の方から登場する
この大受けの演出は
後の歌舞伎の花道に繋がっていきます。

それでも続々と人気劇団が出てきます。
一番人気は「遊女かぶき」
元々人気の六条三筋町の遊郭から
大勢の遊女が出張興業

客席も一緒に踊って
高揚と陶酔に浸る

この遊女かぶきは、各地方都市の
遊郭のあるところに飛び火して、全国的ブームになっていきます。

そうなってくると、かなりセクシー路線のものが登場し
行き過ぎってことで、とうとう女性のかぶきが禁止になってしまいます。

寛永6(1629)年、阿国がはじめてから
26年後のことになります。

その後
一度ついた火は、止まりません
女性がダメなら男性で

前髪をつけた美少年たちによる「若衆かぶき」
まだ元服していないので、前髪を剃っていないんですね

これなら良いと思いますよね

もっとダメ。
この辺が現代人には理解しがたいところなんだけど
少年を相手にした同性愛が当時横行していたんです。

これも禁止

結局、もっと落ち着いた内容の
成人男子による「野郎かぶき」とすることで
許可を得ます。

以降、芸術性を高めていき
今の歌舞伎のスタイルになっていくんです。

人気が出すぎたが故に、
紆余曲折を経て、女性が踊るというスタイルとは違ってはしまいますが
どっこい、歌舞伎という名前は脈々と受け継がれている訳ですから
歌舞伎を始めたのが出雲阿国ということは、全員異論なしでございます。

索引はこちら
[江戸のヒロイン]シリーズはこちら


キバナコスモス

花カレンダー始めました

ハワイ国王が日本におこなった驚くべき提案

外国人から見た幕末・明治の日本シリーズ

史上初めて、日本を訪れた外国の元首はどこの国の人物でしょう

チッチッチッチッチッ

ハワイ国!

そんなの知りませんよね

デイヴィッド・カラカウア一世
ハワイ国7代目の国王

明治14(1881)年、彼はお忍びで日本にやって来る
横浜港に降り立った時、驚きの光景を目にする

「ハワイ・ポノイ」というハワイ国の国家が爆発したように鳴り響いたのだ
軍の楽隊

なぜ、知らせてもいないのに分かったんだろう。
この歓迎ぶりは・・

あまりの感激に目に涙が滲んだと、後に旅行期に書いている。

実は、サンフランシスコにいた日本の領事が
情報をつかんですぐ、日本政府に電報を打っていたのだ

ハワイ国
安永7(1778)年、キャプテンクックがハワイに上陸
それ以降、ポリネシア人のこの土地は
次々と欧米にかき乱されていく

そんな中で、ヒーロー誕生
カメハメハ一世

彼が王となり、寛政7(1795)年にハワイ王国誕生

♪南の島の大王は その名も偉大なカメハメハ

ハワイ国7代目の国王が、デイヴィッド・カラカウア一世なんだけど
名前がカメハメハじゃないことからも分かるように
ハワイ国王は直系の息子で引き継いでは来れなかった
カラカウア一世も選挙で選ばれた国王

ハワイ国には大きな問題があって
疫病が大流行して、かつて30万人いたポリネシア人の人口は
この7代目の時点で4万5000人。

欧米に入り込まれても頑張っている、日本に
何とか学びたかった。

明治天皇に謁見
その時にも、日本のみんなの丁寧な接遇に、感極まって涙

普通に考えれば、そんな大げさな、なんでしょうけど
それには理由があったんです。

具体的な提案を持って訪れていた。

数日後、突然国王がいなくなった
国家の一大事とみんなが手分けして探すが
どこにもいない。

そんな時、ひょっこり帰ってきた。

どこに行かれてたんですか

ごめんごめん、心配かけたみたいだね
気づいてたんだ

気づきますっ!

提案
行っていた先は、
再び、個人的に陛下の所

具体的な提案をしにね

一つは、移民
日本の人達に、ハワイに移住してもらうわけにはいくまいか

不思議な提案ですね

そして、もうひとつ

結婚

カラカウア一世には、子供はいなかったんだけど
姪であるカイウラニ王女を実の娘のように可愛がっていた。

後の東伏見宮依仁親王(ひがしふしみのみや よりひとしんのう)
当時、山階宮定麿王(やましなのみや さだまろおう)
に、嫁にもらってもらえないだろうか

皇位継承権をも持つプリンスです。

答を保留しています。

全くもって奇想天外なこの提案
普通であれば

まあ、面白いお話ですなあ
で終わりなんでしょうけど

あまりの真剣な眼差しに
日本としても真剣に検討した。

もう後が無かった。
国王としては
考えに考え
考え抜いた上での提案だったろう

「ハワイ王国がアメリカになってしまう」のは時間の問題だった
自分の代で、ハワイ王国が終わる
それも確実だろう

それは覚悟したのだけれど
それでも、このままでは
カメハメハ一世以来の、代々の国王に
申し訳が立たない

思い付く、全ての悪あがきをしなければいけなかった。

日本について良く分かっている訳じゃないけど
それでも、どこかに国を売らねばならないとしたら
日本を選びたかった。

もらってください

悲壮な叫びだった。

日本だってそれどころじゃない
無我夢中
がむしゃら

人の国の事なんて考えていられる状況じゃない
次は我が身かも知れない

でも、嬉しいじゃないですか
考え抜いたその相手に日本を選んでくれた。

日本としても真剣に検討した

でも、やっぱり
ごめんなさい

文書で丁寧に謝った。

万事休す

カラカウア王はそれ以上なすすべがなく
酒に溺れるようになり
健康を害して、7年後、54歳の生涯を閉じる

そして、その僅か3年後の1893年(明治26年)
ハワイ王国は完全に消滅する。

索引はこちら
[外国人から見た日本]シリーズはこちら(少し下げてね)


ホザキナナカマド

花カレンダー始めました

江戸を土地にした男

何年前だろう、その事実を知ったのは
新幹線の中で無料で置いてある小冊子だった。

利根川東遷(とねがわとうせん)

利根川ってこんな川ですよね
関東を西から東へ流れ、銚子で海に注ぐ

ところが、以前はそうじゃなくってこうでした
東京湾に注いでいました

今の形に変えたのは、人の力で
それをやったのは、徳川家康ですと
利根川東遷って言うんですよと

はあ?
冗談も休み休みにしていただきたい。

利根川と言えば、長さで日本2位、流域面積で日本1位の川

そんなどでかい川を人の力で作り変えましたってあなた
もし、そんな前代未聞の大事業を家康がやったというのなら

家康といえば?

利根川東遷!

と日本全国老若男女、誰もが即答する筈です。

知らん
そんな話

答からすると本当にそうなんですが
なんでまた、ここまですごい事がほとんど語られないのでしょう。

その時の衝撃が強すぎて
今、江戸を色々調べている元々のきっかけだったりもします。

ところが、江戸の本はかなりいっぱい読んだつもりなんだけど
利根川東遷が1ページでも割かれていた事がただの一度もない。

江戸検定の教科書にだって書かれていないから
江戸検定の問題に出された事は一度もない

玉川上水は何度も何度も出てきますがね

その内、あれは嘘だったんじゃないかと思い出しました。
江戸をテーマにブログ書くなら
まずは利根川東遷でしょ、ってずっと思ってきたのに
今まで利根川東遷を扱ってこなかったのは
今まで読んだどんな本にも書いていなかったからです。

とうとう見つけました。

「江戸東京まちづくり物語」
約500ページもある分厚い本で、4000円もするので
図書館で借りるだけ

その中の10ページ程度なんですけどね

ああ、やっと利根川東遷書けるよ
スッキリした。

以前の江戸
江戸時代以前の政治文化の中心は西日本ですね
唯一東日本に来た鎌倉時代にしても、鎌倉まで

不思議だと思いませんか

日本地図バッと広げて
真ん中にあるどでかい関東平野
中心にならない筈がない。

実は、以前からそれなりに発達しています。
本では、ドーナツ状と表現されていますが
江戸の周りは開けている
鎌倉はその一つ

ドーナツの穴が江戸です。

理由があります。

一言で言うと、人が住めるような場所じゃなかった。

東京湾に注ぐ利根川が大きすぎて
下流地域は、川というより広大な湿地帯
本では利根川デルタ、と表現されています。

どろどろのズブズブ
とても歩けるような状態ではないし
その状況は、川の状態で日一日変わっていく。
舟を使おうにも、川というより沼に近いのでなかなか進まないし
背の高い葦が一面繁っているから目の前が全く見えない
この辺なら高台でしょっていうところで、所々集落はあるけど
本当に所々だったようです。

太田道灌が江戸城を築いて、というのは嘘ではないけど
ほんの一部の土地しか使えていません。

良く出てくる話で
家康が江戸に入るときに、家を数えたら100軒くらいしかなかった、というのがあり
極端な表現をしたんだろうとずっと思っていましたが
ひょっと、「多少大げさ」くらいの表現なのかも知れません。

利根川東遷
秀吉からの嫌がらせ、かつ、最も恐い家康を封じ込めるため
江戸への国替えを言われたときに
了承した家康には、強い意欲があったろう

そっちがそのつもりなら
受けて立とうじゃないか
ドーナツの穴を埋めて
人の住める「土地」にしてやる

暴れん坊の利根川をてなづけてやる

そんな大事業が一朝一夕で出来よう筈がない
何段階にも分けて考え
自分の代ではまず応急処置
なんとかかんとか住める土地にする

何代かかるか分からないけど
徳川がそれを成し遂げるんだ

この時点で、徳川が何代も続くという事を前提にしている訳ですね
自分が良けりゃ良いということなら
出費ばかりで、成果がずっと先の大事業をやろうなんて思いません。

どうしたか
全部書くと頭がぐっちゃぐちゃになって訳が分かりません
大分割愛しますが、それでも分かりにくいと、最初から申し上げておきましょう。

1.隣の川に繋げます。
隣の川とは後に江戸川と名前を変える太日川
溝を掘ってそっちに流れるようにするわけです。

これで、利根川流域のズブズブは一旦解消されます。

でもそんなことすると、江戸川はえらい迷惑ですね
水量が倍になりますから、ちょっと大雨が降ると溢れるのは明らかです。

2.逆川を作る
江戸川から北に上がる支流を堀り、常陸川に繋げる
常陸川は銚子に注ぎます。
北に上がるのはさすがに無理がありますので
あくまでも応急処置。
水かさが増えた時にしかそっちには流れません。

でも、一部とはいえ、利根川の水が銚子に注がれるようになったと言えます。
利根川東遷のスタートです。

家康の代ではここまでです。

3.本格対応
大阪夏の陣の6年後、元和7(1621)年、本格対応工事が始まります。
赤堀川という、言わば運河を掘り、利根川の本流を、常陸川、鬼怒川に繋げ
銚子に注ぐようにします。

二代秀忠の時代です。

イケイケっ

そして、開通したのが、4代将軍家綱の時、承応3(1654)年
繋がったぞー

まだ、それで終わった訳ではありません。
この時点では川幅5m
さらに引き続いて、川幅を広げてこれぞ本流。
江戸川は支流っていうように広げていく。

これが、メインの流れだけど
こっちをこっちに付け替えると、こっちに無理が出るから、みたいなのが色々あるから
とてもいっぱい関連工事をしました。

江戸の洪水被害は、三大被害として
寛保二年(1742),天明六年(1786),弘化三年 (1846)の洪水があるけど
どちらかというと、大火の被害の方が大きいイメージ
利根川東遷をやってなかったら、それどころじゃなかったでしょうね

索引はこちら
[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


ゼフィランサス(サフランモドキ)

花カレンダー始めました

[江戸のヒロイン] 京都の吉野太夫、大阪の夕霧太夫

江戸のヒロインシリーズ
今回の、江戸の、は江戸時代の、の意味

前回、江戸の高尾太夫の話をしましたね
やっぱり、遊廓と言えば、京都に決まってます

吉野太夫
吉野太夫(よしのだゆう)の名は徳子(とくこ)

両親が死んじゃったので廓に入った

初めは「浮舟」と名乗っていたんだけど
桜見物の時に

ここにさえ さぞや吉野は 花ざかり

と詠んだので、いつのまにやら、吉野と呼ばれるようになった
素晴らしいですね

ささっと詠めちゃうんですね

その頃、中国まで名の知れた日本人は?
と問われると

あずまに林羅山、京都に徳子吉野

ええっ
林羅山と同格なのね

井原西鶴も、好色一代男で
前代未聞の遊女なり。いづれをひとつ、あしと申すべきところなし。情け第一深し

完璧です。

そんな吉野を身請けしたのは、お金持ちのお坊っちゃん、灰屋紹益(はいやじょうえき)
灰屋っていうのは、家業の紺染めに灰を使うことからきた屋号。
大富豪の先代、灰屋紹由(じょうゆう)に見込まれて養子に入ったのに、
風雅の世界、和歌、茶道、書などに凝りまくった
それぞれ、当時の第一人者に弟子入りし、本格派

挙げ句の果てに、関白・近衛信尋(後水尾天皇の実弟)と争って吉野太夫を身請けしたと知って
お父さん紹由はカンカン
勘当されちゃいました。

大金持ちに身請けされたはずの吉野太夫
それでも文句ひとつ言わず、二人で貧乏暮らし

ある時、急な雨で、紹由が雨宿りしたことが有った。

あらあら、お濡れになったんじゃありませんか
粗末な家の中から出てきた女性がとても親切にしてくれた。

感激した紹由、あとで調べてみたら
その人こそが吉野太夫だったと判明

ビックリした
息子があんなにも貧乏暮らしをしていたこと
吉野太夫の人柄はまさに、情け第一深しだった。

職業の貴賎でのみ考え、
息子の人を見る目を信じてやれなかった自分を悔いた。

すぐに戻ってきてくれ。

でも、悲しいですね
吉野太夫は36歳くらいで死んでしまいます。

都をば花なき里になしにけり 吉野は死出の山にうつして

紹益は、吉野太夫の遺骨の灰を杯の酒にパラパラっと浮かべ飲み干す。
毎日それを続け、ついには全て飲んじゃった

分かりました?
灰屋だからですね

真田丸の時の吉野太夫

夕霧太夫
京都に行ったら、大阪もね

好色一代男に、廓の女性を品定めする場面がある

素顔のままでも美しく、しとやかで、肉付きが豊かで、
眼差しはきりっとして、声も良く、
琴の名手で、三味線もうまい

おいおい、そんな女性いるわけない

ん?
一人だけ

おう
いようとも

お前も思い付いたか

じゃあ、せーの、で

「夕霧」

夕霧太夫の名は照、と言い、京都嵯峨の産まれ
京都の老舗遊女屋、扇屋四郎兵衛の抱妓(かかえこ)となった
扇屋が寛文12(1672)年に大阪の新町廓に移ることとなり
夕霧太夫も一緒に大阪へ下ることになった。

大阪の廓は京都に比べると全てにおいて劣ると言われていたので
京都でダントツトップの夕霧太夫が大阪へ、とは
大阪人は上へ下への大騒ぎ

今日来るんじゃないか

ここを通るって、何の根拠もないのに
淀川べりには多くの人が詰めかける

特に最も評判の良かったのは
分け隔てのない客への対応
心優しき遊女だった

残念ながら27歳という若さで病にかかり、帰らぬ人に

近松門左衛門は、死を悼み「夕霧名残正月」(ゆうぎりなごりのしょうがつ)を書き下ろす。
その後も色々続編を出し
三十五年忌に集大成して「夕霧阿波鳴門」(ゆうぎりあわのなると)

浄瑠璃の「吉田屋の段」を歌舞伎用に書き換えた「廓文章」(くるわぶんしょう)は
初代、坂田藤十郎の当たり役となります

索引はこちら
[江戸のヒロイン]シリーズはこちら(少し下げてね)


ルドベキア プレーリーサン

花カレンダー始めました