[天皇]54 仁明天皇。藤原摂関政治への布石

嵯峨天皇と淳和天皇の間で、ジグザグ作戦の合意が出来ていました。
弟(淳和天皇)に譲る替わりに、その次は息子(嵯峨天皇)に譲ってね
さらにその次は、淳和天皇の息子に譲るから

仁明(にんみょう)天皇
833~850年

約束を守るべく、皇太子に淳和天皇の息子、恒貞(つねさだ)親王を立てた。

その後、承和7(840)年に淳和太政天皇が亡くなった。
さらに、承和9(842)年、今度は嵯峨太政天皇が亡くなった。

あれ?
約束の当事者二人とも亡くなったのね。
約束をもし守らないとしても、誰も分からないんじゃない?

仁明天皇にも息子がいる
人情として、本当は自分の息子に譲りたい。

そんな心の奥底を見抜き、自分の利害と一致させる者がいた。
藤原良房

承和(じょうわ)の変
仁明天皇の次を恒貞親王ではなく良房の妹と仁明天皇の間に生まれた道康(みちやす)親王にすれば
良房にとって都合が良い

嵯峨太政天皇が没した実にその2日後
伴健岑と橘逸勢の謀叛が発覚
二人は、恒貞親王を担いで、クーデターを起こそうとした、という
承和(じょうわ)の変です。

不思議ですね。
もうちょっと待っていれば、皇太子なんだから次期天皇

ここでクーデターを起こす必要があるとは思えない。

事件の処理は速やかで、健岑は隠岐、逸勢が伊豆に配流、
恒貞親王は皇太子の地位を廃された

結果として、良房の視点で見ると、色んな事を一気に解決できたことになる。
藤原氏のライバル、伴氏と橘氏を追い落とし
関連で、藤原氏内での一番のライバル式家を数多く失脚させた。
良房は北家です。
唯一、式家で左大臣という最高権力者、緒嗣(おつぐ)だけは残ったものの、おじいちゃん
時間の問題と思っていたらやっぱり翌年亡くなった。
これで、完全に北家一人勝ちになります。
かつては、北家、式家、京家、南家の四家が並び立っておりましたが
以降全て摂関家は北家ということになります。

そして、道康親王が皇太子となって、天皇との親戚関係が密になり
影響力が強大になったのです。

仁明天皇としては、ジグザグの約束が反故になり、自分の息子に譲れることになり一安心
お父さんとおじさんが政治もそこそこにお金もがっぽりで、文化的に楽しんでいるのを目の当たりにしている。

羨ましいなあ
譲位はしなかったものの、政治は良房に任せ
自分は文化にいそしんだ。
お父さんとおじさんは、漢詩が大好きだったけど
仁明天皇は和歌
ここから、ぐぐっと和歌が重要視される時代に入っていくのです。

藤原氏の栄華の時代はもうまもなくですが
一般的には、藤原氏がわがまま放題で、天皇をないがしろにして、ってイメージですが
実は持ちつ持たれつ。

政治より文化が大好きな天皇がこれから続いていくので
厄介な政治を引き受けてくれる藤原氏は有難い存在。

悪いねえ、押し付けちゃって
変わりに好きなようにしていいからね、って感じです。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[明治] 総理大臣は元老が選んでいた。

明治シリーズ兼歴代首相シリーズは、第三代山県有朋まで話しました。

この辺で、今の我々からするととても理解に苦しむ、元老(げんろう)という制度についてお話ししましょう。

明治維新になって最初は、岩倉具視や大久保利通等の、戊辰戦争で功績のあったものたちによる政治。
太政官政治時代です。

大久保利通、岩倉具視が死んだ事で、時代はその次の時代へ。
伊藤博文が内閣制度を作り、
太政官というシステムから、内閣というシステムに転換

内閣のトップとして内閣総理大臣というものができます。

初代に選ばれたのが伊藤博文

国会も出来たので、
我々の感覚からすると、
内閣総理大臣は国会で投票し、首班指名を受けてなるもんだと思いますよね。

違うんです。

国会で多数派を占めたかとはまた別に
元老と言われている人たちが決める

次の総理大臣誰が良いかねえ

うーん、〇〇さんでどう?

いやあ、良いじゃない
そろそろ感あるよねえ

まじっすか。そうしますか。

って感じで決めていく。

元老
元老のメンバーは、のべ8人
伊藤博文(長州出身)
山県有朋(長州出身)
黒田清隆(薩摩出身)
井上馨(長州出身)
松方正義(薩摩出身)
西郷従道(薩摩出身、西郷隆盛の弟)
大山巌(薩摩出身)
西園寺公望(公家出身)

自ら、総理大臣経験したものも5人
8人全て揃った事はなく
伊藤・山県・黒田・井上・松方らに、
元老集団を強化するため、あるいは元老が死去した場合に、
西郷・大山・西園寺が補充されていった

形式的に正しく言うと
元老が決めた訳ではなく
元老が推薦する人を決め
明治天皇に上奏。明治天皇が決定
ただ、推薦をたがえた事はない

明治14年の政変
数年歴史を戻しましょう。

明治14(1881)年
もっと急進的な、現在と同等な
議会で多数を占める政党の党首が天皇から組閣を命じられることを考え
天皇に秘密で上奏しようとした人物がいた。

大隈重信

当時のトップ、伊藤博文に対するクーデター計画と言っても良い

それが、事前に伊藤博文の耳に入り
伊藤博文は周到に根回し。

大隈重信を追放した。
明治14年の政変である

元老は、この直後の、明治14年の参議のメンバーとなっている
薩摩長州の藩閥色がより強くなっていく。

その後、今と同様な各省の代表としての大臣による内閣が
明治18(1885)年発足
その初代総理大臣が伊藤博文ということです。
この時の内閣の各大臣もかなり元老とダブっています。

初期の元老制度はこういう風に始まるのですが
その後どうなっていくかは、明治シリーズの次回

[明治]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]53 淳和天皇。ジグザグ作戦、それならエエよ。

天皇シリーズ
嵯峨天皇の次です。

嵯峨天皇はその前のお兄さん、平城天皇の息子を次期天皇=皇太子としていた。
ところが、薬子の変で母子共々失脚

あら困った。
その時、自分には子供がいなかった。

じゃあ、弟に譲るとするか
弟を皇太弟にします。

淳和(じゅんな)天皇
823~833年

ただ、皇太弟に指名したあと、嵯峨天皇に子供が出来た。
やっぱり取消し、ってなるとまたゴタゴタになるだろう。

そのままにしておこう
でも、弟と掛け合って、ある約束を取り付けた。

早めに譲位するから、あなたのあと、うちの息子に譲位してもらえない?
その代わり、そのあとは、あなたの息子に譲るから。
題してジグザグ作戦。
どう?

まあ、そういう事なら良いよ

ということで、即位したのが、淳和天皇です。
皇太子は、嵯峨天皇の息子、後の仁明天皇です。

太政天皇
淳和天皇は、10年天皇として職務をとった後、
まだ30代と若いのに、約束通り譲位します。
太政天皇となります。

これによって、仁明天皇に対し、嵯峨太政天皇と淳和太政天皇という
一天皇二太政天皇制
ただ、後に訪れる院制時代のように、政治に口出すわけではありません。
平城太政天皇の時の反省に基づき、全く政治にはタッチしない。

皇后も政治にタッチしなくなっているので
政治は天皇に集中することになります。
女性が政治にタッチしなくなることで
祭事と政治の役割分担がなされる訳でもありません。

当然、天皇の負担は大きなものに。
ああ、大変、勘弁してぇ

これが、このあとの、藤原氏の摂関政治に繋がっていく事にもなります。

それでは太政天皇は政治にタッチせず何をしていたか
文化と経済です。
憧れの、悠々自適の隠居生活。

淳和太政天皇は嵯峨太政天皇と同い年ということもあって仲が良い
嵯峨太政天皇が漢詩に長けていたのと同様
淳和太政天皇も漢詩等の唐風文化が大好き
教養抜群です。
こんなに楽しいのに、面倒な政治なんてやってられませんっ

この悠々自適をやっていけたのは
もうひとつの「経済」面が充実していたからです。

律令時代の最初に天智天皇が決めた、日本の土地は全て国のものという決め事が崩れ
墾田永年私財法で私有地が認められます。
自分で土地を開墾したら私有地としてもらって良いですよ。

この「自分で」というところがミソなんですが
手足を動かした自分、である必要はありません。
「お金を出して人を雇い、開墾させた」も自分です。
さらに言うと、人に私有地をプレゼントさせれば、それも私有地です。

私有地になると、そこから上がった収穫で、国に税金を納めるという義務がなくなります。
全部自分のもの
この法逃れ的にも見える私有地を、この次期一番多く保有したのが、太政天皇なのです。

今で言うと、総理大臣を経験すれば、隠居後税金を免除されますよ、って感じ。

そりゃあ、早く譲位して太政天皇になりたがるはずです。
お公家さんたちも、政治より文化経済に魅力を感じる人たちは
天皇に取り入るより、太政天皇に取り入ろうとします。
積極的に自分の私有地をプレゼント。
おそらく、それでもそのあとの見返りの方が大きいんでしょう。
この傾向がどんどん加速していきます。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[明治]3山県有朋。不完全燃焼では終らない

明治シリーズ兼歴代首相シリーズ
第三代首相です。

山県有朋(やまがたありとも)
長州藩出身です。

武士にも色々
上級武士もいるけれど、例えば福澤諭吉は20石取りの下級武士
さらにその下に足軽がいて、普通、足軽は武士とは呼ばない。
ただもうひとつ下がいる。
中間(ちゅうげん)と言って、武家屋敷の使用人。
大きな範疇で言うと、これも武士。

山県有朋はこの中間の家に生まれた。
藩校の明倫館では学ばせてもらえなかった。
学問では無理だと悟り、武芸で身を立てようとする
槍の修行に頑張っていると、志士たちと会うことが出来るようになった。
その縁で吉田松陰の
門下に入れた。
さらにその縁で、奇兵隊に
奇兵隊は身分を問わず誰でも入れる事がウリですので。

ただ、出遅れ感は否めず
幕末の重要な局面では「それなり」の活躍しか出来なかった。

明治になると、その不完全燃焼を解消すべく積極的に動く。
欧米視察
そこで、調査テーマにしたのは徴兵制だった。

奇兵隊の経験、武士のような武士じゃないような自らの境遇

武士を中心に軍隊を組織しようとする主だったメンバーに対し、
広く一般から徴兵する事を主張。

廃刀令も山県の建議
山県ならでは、と言えるだろう

ただ、元武士たちの大きな反感を買うようになる。

徴兵制による軍隊の実効性が証明できたのは
同志であった前原一誠の反乱弾圧であり
最も世話になった西郷隆盛相手の西南戦争になろうとは、思ってもいなかった

その功により、陸軍のトップへと上り詰めていく。

それだけでは終わらなかった
今度は、西南戦争の功を巡って、陸軍内で反乱が起きた。
竹橋事件。
せっかくの陸軍トップの座も責任を取って退かざるを得なくなった。

でも、逆にこれは良かったかもしれない
「陸軍の山県」から政治全般へ首尾範囲を広げていくことになる

伊藤博文が憲法調査のため欧米へ旅立つと
参事院議長を任せられる。

そしていよいよ、内務卿へ
内務省は、大久保利通の作った、権限が極めて広範囲なナンバーワン省

大久保利通のあとは伊藤博文が引き継ぎ
伊藤博文が首相になると、山県に順番が回ってきた。

議会の開設の期限が迫ってきている。

全力をあげて真剣に取り組まねば
そう考え、実施したのは、またもや欧州の視察だった。
今度は政治全般がテーマ

10ヵ月もの長きに渡って、十分に研究し
欧州の議会を見学すると
整然と議論している様に驚かされた。

日本はまだ時期尚早だ
日本は民党がまだ成熟しているとは言い難い

いわゆる超然主義。民党に左右されず、内閣はより高い視点で政治を行うべし。
この思いがより強くなった。

戻って、地方制度の改革などに積極的に取り組んでいく。
同じ長州の伊藤博文との密月時代、伊藤の中央政府の改革とバッティングしないように
地方に焦点を当てる形だった。

黒田清隆が首相を辞任し
いよいよ、山県が首相となった。

最初の議会
民党とも粘り強く交渉し、妥協を計り
良く耐え抜いたと言えるだろう

その後、内閣総辞職

松方内閣を経て、第二次伊藤博文内閣
そこでは、法相をつとめ、司法行政にまで守備範囲を広げた。

日清戦争の開始
ここでは、軍へと戻り、連戦連勝

本人はこの辺りが絶頂期と考えているようだ。

伊藤博文との密月時代が終わりを向かえつつあった。
同じく、超然主義であったはずの伊藤が変質した
民党に近づくようになり、さらには自ら政党を作った。

両者とも、大きな方向性は一致している
政党が成熟した暁には、政党政治へ移行すべし
問題は現状認識の差。

民党の大隈重信と、板垣退助が内閣を樹立
初めての政党内閣です。

ところが4ヵ月で瓦解

再度山県有朋が内閣を組織する

税財政においては議会(政党)と提携し
それ以外については、内閣が必要な政策を打っていくという新しいスタイルに変わっていった。

庭園
ガラッと変わって庭園の話
山県有朋と言えばやっぱり庭園の話

山県は庭園界にも革命を残した。
欧州視察で見てきた西洋庭園
その中で日本庭園に融合出来るもの

例えば芝生

新しい庭園の考え方を名匠・小川治兵衛に伝授
京都別邸である無鄰庵(むりんあん)は名園

そして東京では椿山荘です。

[明治]シリーズはこちら(少し下げてね)