加賀百万石

板橋の加賀藩下屋敷跡に行ってきました。

良い機会なので前から気になっていた、加賀藩について調べてみました。

前田利家
何といっても藩祖、前田利家ですね
五大老の一人
毛利輝元
宇喜多秀家
上杉景勝
徳川家康
前田利家

もう雨季田植え家の前、です。

超大物
徳川家康とは完全に同格です。

家康天下統一のためには、豊臣五大老の自分以外の4人全てを征伐する必要があります。
何らかのいちゃもんを付けて兵を出そうと。

そこに、加賀前田が謀反を企てているとの噂
よし、まずは前田から。

加賀征伐に立ち上がろうとしますが
重臣・横山長知(ながちか)が弁明し、芳春院(ほうしゅんいん)
人質として江戸に下ることで何とか和解にこぎつけます。

芳春院とは利家の奥さん、まつ、の事です。

利家病死後
関が原の戦いです。
東軍家康は、残りの三大老を西軍として一挙に征伐。

前田家は?
利家の息子、利長が東軍、利政が西軍に分かれて戦います。
真田兄弟みたいです。

勝った利長は利政の分の領地や他の西軍の領地ももらって、なな何と120万石
その後、のちに第三代利常(利長の弟)が隠居するとき、
次男・三男を取り立てて支藩として分けたので
残りが、102万5千石となる。
加賀百万石の出来上がり。
ちゅうことは、実質120万石ということですね

百万石
百万石がどれだけすごいかと申しますと
江戸時代は約300藩もあるんですが、ダントツの一位
1. 加賀 前田家 102万石 金沢城
2. 薩摩 島津家 77万石 鹿児島城
3. 陸奥 伊達家 63万石 仙台城
4. 肥後 細川家 54万石 熊本城
5. 筑前 黒田家 52万石 福岡城
50万石以上はこれだけしかいません。

徳川型前田家へ
ここまで強大だと徳川としては怖くて仕方ない
加賀藩をどうすべきか最大の感心事となります。

前田家としてもそれは分かっていて
何とか、おかしな気持ちを持ってませんよ、と示し続ける必要があります。

一番良いのが、姻戚作戦。
徳川としても、最も怖い加賀藩とは良好な関係を築いておかないとなりませんから
持ちつ持たれつ。
三代藩主利常の奥方に二代将軍徳川秀忠の娘、珠姫を迎えたのをはじめ、
代々の藩主は徳川将軍家との結びつきを深めます。

おかげで加賀藩は徳川家の親戚のようになり
松平姓を使う事すら許されます。
として、代々将軍の名前を一字もらうんです。

参勤交代
三代藩主利常は、珠姫を迎えましたので
秀忠にお礼を言いに江戸まで行く必要があります。
大行列を従えて、江戸に向かいます。

これだけ、徳川に忠誠を尽くしておりますよという
言わばデモンストレーション。

これが、全国に広まって、制度としての参勤交代になるわけです。

参勤交代は幕府が諸藩の力を弱めるために行ったと教科書で習いますが
加賀藩にすれば死活問題。
来るなと言われても、何が何でも行く必要があります。

仕方ないので、幕府が家光の時に武家諸法度で決まりを決めます。
決まり的には、20万石以上の藩の場合は一律450人
ところが、その450人の人の着物を持っていく人がいるだの
宿を手配する人がいるだの
何だかんだ理由を付けて3000人
あまりの事に幕府も、そういった取り巻きの人も含めた総勢でも2000人と制限をつけます。

綱紀
5代綱紀が偉かった

強大過ぎるので、要らぬ腹を探られがち
お金を貯めちゃいけません
お金を使っていますよ
という感じにしないといけないんだけど
お金を使いすぎて藩の財政が悪化したという例が
諸藩でいっぱいあります。

綱紀は使い方が良かった。
文化とか学問とか伝統工芸とか
良い使い方で金を使った。
そのおかげで、藩は後の発展に繋がり、伝統工芸も根付きます。
最後まで100万石を維持することができました。
新井白石から「加賀は天下の書府」と礼賛されました。
考えさせられますね。今更ながら
金ってどう使うかなんですね

加賀騒動
とはいえ、一回は危機に陥ります。
加賀騒動というお家騒動
これは、じっくり調べたいので後回しね
何とかしのいで、乗りきります。

幕末
いまいち、幕末で存在感を発揮していませんね
でも、何もやらなかったわけではありません
西洋式砲術を初版に先駆けて学び
成功させています。
鳥羽伏見の戦い以前は、幕府側
鳥羽伏見の戦いの惨敗を見て、方針を変え
新政府側につくことになります。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

楠本イネ、壮絶なる人生

江戸の理系力シリーズです。

割り込みいっぱい入っちゃいましたけど
医学に戻りましょう。

医学での前の回はシーボルトでしたね
今日は、その娘さん

楠本イネ
くすもといね 医学者 1827~1903

日本初の産婦人科女医です。

イネはお滝さんとシーボルトの娘
イネが2歳の時、あの悲劇がおきます。

日本地図持ち出しが発覚し、国外永久追放
お父さんとの思い出ってほとんど覚えていないでしょうね。

シーボルトは弟子の二宮敬作に、イネの事をくれぐれも頼んだよ、と言い残して行った。

二宮敬作については多少説明が必要です。
二宮敬作はシーボルトの塾、鳴滝塾の数多い有名な弟子たちの中でも
かなり早い時期に弟子入りした一人。

極めて熱心で、シーボルトもその才能を認めていた。
でも、ある日

すみません先生
塾をやめて、田舎に帰りたいと思います。

そりゃまたどうして

お恥ずかしい話ですが
もう長崎に滞在していられるお金がありません

そうなのか
それが理由とは、あまりにつらい
どうだろう、私の身の回りの世話をするという、仕事をしてくれないか
そうすれば、お給料を出してあげる事だって出来る

以降、二宮敬作はシーボルトの元で働きながら勉強する

二宮敬作はシーボルト事件で連座で逮捕されるが
やがて釈放

頼まれた通り、イネの面倒を見る
新しいお父さんのよう

2年後
お滝さんは、年下の楠本新兵衛
好人物でイネの事をとても可愛がります。

三人目のお父さんだね

だから楠本イネなんですね

当時、混血児っているわけないので
かなり奇異な目で見られたでしょうが
周りのみんなに愛されながら
育つことが出来たんですね

19歳
イネが19歳になって、ずっと考えていたことを実行するため
宇和島に行きます。

宇和島では、二人目のお父さん、二宮敬作が
開業医となっていました。

お父さん
私、お父さんのように医者になりたい

それは私としても嬉しいし
シーボルト先生もさぞやお喜びになることだろうが
女性で医者とは
全く考えたこともなかった。

それから、イネは二宮敬作の元で、医学を学びます。

しばらくして

色々考えたんだけど
私の専門、外科医となってくれると嬉しいんだけど
女性で医者というのは、世間に無いだけになかなか難しいこともあるだろう。
一つ
むしろ女性であることをメリットとして活かせる分野がある気がする
産婦人科はどうだろう

なるほど言われる通り

石井宗謙
シーボルトの弟子であり、岡山で産婦人科医を開業している
石井宗謙のもとを訪ね、弟子入りする。

勿論、石井宗謙も大歓迎

これでシーボルト先生に恩返し出来る。

宗謙は持てる知識の全てを伝授し
イネもそれに答えた。

6年と8ヶ月に及ぶ

ところが
途中から、宗謙にとって苦痛の日々に変わる

イネが美しすぎた。
ハーフですし。

残念ながら、若いときの写真が残っていないんですが
後で、その娘さんの写真を乗せますんで、そこから察してください。

恩師の娘、恩師の娘
自分に言い聞かせ続けるのだけれど
どうしようもなくなってしまった。
ある日、犯してしまう。

それならそれで、方法があったでしょうに。

尊敬して止まない大先生が突然の豹変

やがて妊娠したことが分かる

ただ、当時堕胎の出来る医師は石井宗謙しかいない。
宗謙に頼む訳にはいかない

産もう

身重の身で長旅も出来ないので岡山にとどまり
岡山で出産
タダと名付けた女の子

天からタダで授かった子だからという理由だそうです。
何だかすごいです。

タダちゃんが何とか歩けるようになって
郷里の長崎を目指す。

長崎で
長崎で、さらに深めるため
ポンペ、ボードマン、マンスフェルトからも学びます。
オランダ語は、あの大村益次郎から学んで
話せるようになっています。

その後、日蘭修好通商条約の締結を期に、
永久追放を解かれ
来日したシーボルトとも再開

時代は明治に変わります。

東京へ
イネは東京へ行きます。
そして築地で産科医を開業するのです。
この開業には、シーボルトの息子たち(シーボルトも向こうで再婚しています)
の支援を受けたようです。

日本の産婦人科の発展に大きく貢献しています。

明治6年には、明治天皇の権典侍・葉室光子さんが天皇の子を懐妊したというので
イネが召し出されています。
福澤諭吉の推薦らしいです。
宮中の医師として、出産を見届けています。
残念ながら、死産だったようなんですけど。

楠本高子
タダちゃん
ちょっといくらなんでも、その名前は可哀想なんじゃないの
と、伊達宗城に言われ
高子に改名しています。

さすがにシーボルトの娘ですね
有名な名前がバンバン出てきます。

高子ちゃん
クォーターになりますので
これまた可愛い。

松本零士が銀河鉄道999のメーテルのモデルにしたと言っているくらいです。
これが、高子ちゃんです。

次回は、またシーボルトの弟子の楢林宗建を紹介しますね

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)

幕末の公使館跡を歩く(高輪)

春だ
週末だ
お出かけだ

祝日に雪だったので行けなかった、芝公園からね

芝公園から
勝海舟と西郷隆盛、江戸城無血開城会見の地
札の辻
高輪大木戸門
泉岳寺

という大物はもう行ったことがあって
それに新ネタをどう盛り込んでいくか

東京街かどタイムトリップ
普通のガイド本ではなく、ちょっとマニアックな感じの東京歩き本があったので
昨日買いました。
そこから、今日の地域で二つほどあったので、盛り込もう。

スタート
NECビルの横に、薩摩藩屋敷跡
あれっ
2組4人もいる

これがあるだけなんですけど
これをバックに記念撮影していました。

今まさにこの場所での話を中心に西郷どんなので
いやあ、大河ドラマの影響力は大きいなあ

すると女の子の方が、
西郷吉之助って書いてある!

あれれっ
西郷どん見てきたんじゃなかったのか

西郷どん、連続で行きましょう

この、ど定番の話は今日は省略
西郷隆盛。なぜ江戸城総攻撃を中止したか
を読んでね

GoogleMapに
港区立港郷土資料館ってあるぞ

よし、行ってみよう

エレベーター降りたら、いきなり、鯨の骨がお出迎え

なかなかのインパクトです。

勝海舟の書いた陸蒸気の掛軸とか
むさしあぶみとか
家光を探しましょう屏風とか
当時の台場の配置図や設計図とか
家康の書状とか
貝塚や、この前行った丸山古墳の出土品とか
色々楽しめます。

全体的印象は、いかにも公立って感じで
それはそれで好感が持てる

さあ、次行くか

出入り口で、資料の本に目が止まった
大体、博物館って、その分野で専門的な本や資料を置いてあったりするコーナーがある
気合い入っているところだと、その博物館が出版したりしている

いつもパラパラっとは見るようにして
へえ、面白いね、と

今回、強烈に気になるものがあった

丁度、今読んでいる本で
「外国人が見た 幕末・明治の日本」というのがあって
オールコック、ハリス、パークス、ロッシュ、ヒュースケン、アーネストサトウなんかが書いてある
とても面白い本。

その繋がりで、今日、英初代公使オールコックが滞在した、東禅寺には、今日行くつもりでいた。

ズバリやん

必死で立読み
こんなのがあった

えっ、ちょっと
東禅寺は知ってたけど
フランスもオランダも高輪に集中してるの?

幕末の公使館跡を歩く、高輪コース
行く行く、絶対行く

良く良く辺りを見ると、この博物館自体が販売している
1500円
事務所を探して

すみません
これはここで買えるんでしょうか

はい、販売しております。

大幅に、予定追加です。

このでっかい本を小脇に抱え
タブレットのGoogleMapも見ながら
そうそうマニアックポイントも行かなきゃね

うわあ、忙しいぞ

定番ものも含めいっぱい行ったんですが
写真をスライドショーで見ていただくとして
解説はバッサリ割愛させてください。

よし、公使館跡巡りへゴー

フランス
まずは一番近いフランスからだな
済海寺になります。

フランスは幕府側につきました。

初代、ド・ベルクール、二代目ロッシュ
ロッシュはすごく面白いので、また近いうちに、改めて書きますね

これ、外国人側で、済海寺を描いた珍しい資料

うーん、かなり近代的になっちゃってます。

マニアックポイント
次、オランダなんですが
その前にマニアックポイントだけはさらっとご紹介
昔、広大な土岐家下屋敷だったのが
途中の民家を挟んで亀塚公園と、三田台公園に別れるんですが
元が同じお屋敷だったので塀の形が同じだというもの
亀塚公園

三田台公園

参拝の人が置いてあるベーキングパウダーをパタパタやって、いつも顔が真っ白な
玉鳳寺の御化粧地蔵(おしろいじぞうと読む)

朝顔につるべとられてもらい水、の井戸とかはスライドショーでね

オランダ
オランダは長応寺

ないなあ
いくら探してもありません。

良く良く見ると
長応寺跡。
今、長応寺はないんですね

頑張って探して、ここ

オランダ公使館跡との看板すらございません。

ここは、スイス、ベルギー、デンマークも使っています。
この絵面白いですよ

写真家ベアトの撮影した以下の写真を元にスイス人、ド・ヌービルが絵を描いています。

何故そんなことしたかというと、オランダ国旗の横に、スイス国旗も入れたかったから。

イギリス
イギリスはこのあとお話しする、東禅寺なんですが
第一次東禅寺事件、第二次東禅寺事件と攘夷の襲撃に逢い、
御殿山に公使館を建設したのに、伊藤博文、高杉晋作、井上馨の長州3人組に焼き打ちされてしまいます。
で、次に目をつけたのが、高輪接遇所
泉岳寺のすぐ横に建設します。
今、泉岳寺前児童公園になっているところはその一部

ごめんなさい
今回泉岳寺そのものは赤穂義士記念館や木像館も行ったし、
四十七士の内、細川家預かりになった17人の自刃の場も行き
赤穂義士関連も気合い入ってますが
バッサリ割愛ね

イギリス2
いよいよ、東禅寺です。



初代オールコックは、
本国に戻った後、「大君の都」という本を書き
東禅寺を絶賛している
完璧な寺だと。

第一次東禅寺事件では、護衛の武士が勇猛果敢に戦ってくれたので
勲章送ったんだけど、第二次東禅寺事件では
護衛の武士が襲撃しちゃった。
複雑ね

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

シーボルトの続き。あの事件とその後

シーボルトの激烈日本愛。でも何かある?
の続きです。

江戸へ
江戸で一通りの仕事を終えたシーボルト一行

予想通り、色んな人が先生にぜひお会いしたいと訪ねて来ます。
そのために、外国紹介グッズを持ってきた訳ですから
待ってました!

高橋景保(かげやす)がやってきました。

ひょっとして?
そう
天文方の高橋景保
高橋至時(よしとき)の息子です。
高橋至時は伊能忠敬(ただたか)の師匠ですね

本や地図で外国の状況を説明

やっぱり高橋至時の息子
いてもたってもいられません。

先程見せていただいた本と地図
大変貴重なものだとは存じますが
何とかお譲りいただくわけにはいきませんでしょうか
おいくら程、お支払すれば

お分かりいただけるとは思いますが
値段のつけられるようなものではございません。
ただ、先程からお話させていただいて
あなた様の熱意には感服いたしました。
あなた様にならという気持ちも一方ではございます。
どうでしょうか
交換条件をつけさせてください。
私としては、日本のことが深く知りたい
その目的に合い、この価値に見合うもの
それと交換させていただきたい。

一つしかないですね

地図には地図
伊能忠敬のあの日本地図

でも
ことが重大すぎます。
半生を費やした伊能忠敬の苦労
コピーがある時代ではないから
複製を作るのに年単位の時間がかかる
国家の重大機密として門外不出で大切に保管されている。
今、国宝に指定されているほどのものです。
そもそも、天文方で保管しているが高橋景保の所有物ではない。
まして、相手は外国人

でも、この男、シーボルトなら、という気持ちもある
そちらの国の地図は下さい、でもこっちの地図は渡せません
というのも、筋としてどうなのか

渡してしまうんです。

長崎で
長崎に帰ったシーボルト一行
持ち帰った植物の苗をもとに、出島に植物園を作り
1400種もの植物を最終

例えばシーボルトの栽培したお茶はオランダ経由だかでジャワに渡り
それをもとにジャワでお茶(紅茶)の栽培が始まったりしています。

ある時

お滝さん
ちょっと里が恋しくなったから
帰ってきて良い?
大丈夫、すぐ戻ってくるから。

早く戻ってね。
愛してるわ、チュッ

シーボルト事件
帰る筈だった船が、出発前に台風で壊れてしまいます。
その中に、何と日本地図が

何だ何だ、これは何だ

即刻、地図を返還せよ

断固拒否します。
素直に返せば良かったのにね

一方で、
全ての責任は私にあります。
私は一生人質になっても構いませんから
高橋さんや弟子たちに罪が及ぶことは何卒お許しいただきたい。

このシーボルトの申し出は拒否されます。

高橋景保は厳しい取り調べ中に病死してしまいます。

家族は遠島
関わったと思われる弟子たちにも処分が及びます。

幕府としても、シーボルトの人柄や仕事ぶりに信用し
ことごとく決まり事に異例措置を施してきたのに
裏切られた感は強烈に持っていたと思います。

結果として、国外永久追放、再入国禁止。
娘イネが2歳の時です。

日本学
面白いですね
犯罪者になった筈のシーボルトなのに
オランダをはじめとし、欧米諸国で大歓迎されます。

日本研究の成果が発揮され
いくつかの本も出版され

日本学と名付けられる程の一大ブームを巻き起こします。

日本は外国から正しく理解されていなかったと思われがちですが
そのお陰で、かなり正確に理解されています。

既に、シーボルトが集めた「日本学」の資料は
ジャワティーの例から分かるようになった
ずいぶん持ち出されていました。

各地名をオランダ表記に直した日本地図さえ出回っています。

実は先程の難破船のくだりは
後に話を面白くするために、小説で書き加えられたフィクションのようです
本当は単純に誰かの密告
間宮林蔵の密告という説もありますが
これはまたこれで話を面白くするためかなと

とすると
地図の返還拒否は
実はもう持ち出されていて手元になかった、とも考えられます。

いずれにしても、シーボルトの日本愛には嘘偽りはなかったと思います。
シーボルトのお陰で、大きく日本の医学が進歩したのも紛れもない事実です。

シーボルトは再婚し、二人の子供をもうけます

一方の滝は、泣き暮らし、と思いきや
こちらも再婚
良いじゃないですか
お滝さんだって幸せにならなきゃ。
楠本さんと結婚したので、楠本イネです。

ペリー来航
シーボルト事件から24年後、ペリー来航です。

実はその前から、
ペリーが大船団率いて、日本に行くぞというのは
世界に知れ渡っています。

その乗組員を広く公募もしています。

その話を聞き付けたシーボルト

はい私も!

鬼に金棒ですよね
こんなに日本について詳しい人はいません

これが実現していれば、かなり面白い歴史になっていたと思いますけど
ペリーさん、断固拒否

ロシアのスパイだと疑われた。

少なくともロシアはあり得ないと思うけど
一度スパイに疑われちゃうと、難しいんでしょうね

そんなペリーのお陰で、日本は開国。
ここも、シーボルトの日本学はかなり役に立っている。

ペリー来航は近くまた書く予定ですが
ペリーの強行姿勢は、結構演じているところがあって
実は、日本に好印象を持っている
日本学のお陰で、日本人の気質や能力も理解していて
植民地化は不可能だと始めから思っています。

再来日
開国した日本。
オランダとも修好通商条約を結びます。

その経緯を持って、シーボルトの罪が解かれることになります。

シーボルト再来日。

将軍家茂からも大歓迎の接待を受けます。
結構あっさり手のひら返しますね

滝さん、イネさんとも再会を果たします。
めでたしめでたし。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)