江戸の娯楽と言えば、祭でしょ(山王祭)

江戸の娯楽をいくつか紹介してきました。

ちょっとちょっと祭はいつ出てくるの?
はい、おっしゃる通りです


江戸に限らず、祭は庶民の娯楽の筆頭ですね。

「全国の祭り番付」というのが江戸後期に発行され、
日本の東西各地170もの祭りを格付けしています。
国の名と当時の開催日も記入され、
まさに全国お祭りガイドといえます。

伊勢を境に、諸国の祭りを東と西に分け、
伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)など、真ん中の欄には別格の祭り

西の大関の位置には八坂神社の祇園(ぎおん)祭、関脇には大坂の天満(てんま)祭

ところで、以前、関西の三大祭は、神戸祭が入るよね、と言ったら
大ブーイングを受けました。
我々兵庫県民としては、神戸祭は超有名。
地元の小学生の鼓笛隊みたいなのがパレードして
ほのぼのしてる
神戸新聞じゃ、神戸祭は一面トップよ

とはいえ、行ったことはないんですけどね
(ないんかいっ!)

江戸の天下祭
東の大関、関脇はというと、山王(さんのう)祭(大関)と神田祭(関脇)がランクイン。

この二つは、江戸の都で数ある祭りの中でも「天下祭」と呼ばれています。
江戸を代表する祭りとして将軍がご覧になる、
幕府公認の祭り。

ふだんは町人が入れない江戸城内に祭りの列ごと入れ、
費用も幕府が負担しました。

では、なぜ山王祭と神田祭が天下祭に選ばれたんでしょう。

山王祭
今日はまず、山王祭から

山王祭の舞台は、鎌倉時代に創建された、いまの千代田区永田町にある日枝神社。
ウォーキングで行きましたよ。
どでかい鳥居。
さすがは天下祭って感じ

都となる前の江戸を治めていた武将·太田道灌が、
大きな城を築くにあたり,山王権現(ごんげん)をまつったこの神社を建てたことで、
神事としての祭りもはじまりました。
当初は細々としたものだったはずですが、
豊臣秀吉の命を受け、江戸を領地とした徳川家康が、
関ケ原の戦いで天下を取ると、状況は一変します。

江戸を新たな都とするための大規模な町づくり

こんな大事業。
象徴が欲しいなあ

家康は日枝神社を徳川家の城の守護神と定め、
江戸繁栄のための象徴にした

ちなみに権現って何かというと
仏と神の合体版ということね
お寺と神社の融合
山王とは、比叡山の山の神信仰から来てます。
比叡山だから日枝(ひえ)神社ね

権現シリーズは、根津権現もそうだけど
明治政権の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)政策で、
仏の方を潰され
神社にさせられちゃいます。

話を戻して、山王祭

山王権現に感謝する祭りも、
幕府が費用·人材などの面でバックアップ。
江戸が都として大きくなるに従い、
参加する各町も競い合うようになり、
山王祭は2年に1度の大行事に。
日本中から見物客が大勢集まるようになります

平安時代の王朝絵巻などを題材にした大きな山車が
何十基も繰り出すようになり、
その行列は特別に、田安門から江戸城内へ
入ることが許されます。

最初に山王祭を見て楽しんだのは
3代家光だそうです。
以後、将軍の上覧は江戸時代を通じて恒例となり、
神輿の城内渡御は106回を数える

天下祭としての地位を不動のものとします。

どんな祭?
そんな山王祭の特徴は、しずしずと掛け声なく進むこと。
現代でも、担ぎ手は,はっぴやはちまき姿ではありません

2年に1度、初夏の訪れを感じる6月、
古式ゆかしい伝統衣装で日枝神社-坂下門-銀座-新橋と回って日枝神社へと戻るルートを、
総勢500人、300メートルにもおよぶ大行列で歩きます

東京のど真ん中、東京駅周辺を練り歩くなんて壮観ですが、
江戸の昔はもっとすごい規模だったらしい

たとえば山車。
一番手の山車に載っかっているのは諫鼓鶏(かんこどり)と言って
中国に伝わる天下泰平のシンボル
いまのものは高さ約3.5メートルほど。
しかし、当時の山車は高さ10メートルを超えていたんですって。

さあ、ここでクイズです。
なんでちっちゃくなっちゃったんでしょう。





















◆◆◆答◆◆◆
電線

江戸時代には電線なんかなかったけど
明治になったら、電線なるものがあちこちに
大きいと引っ掛かっちゃうのよね

シリーズの次回は神田祭行きます。

御三家と御三卿

将軍及び名参謀シリーズをやっていると
大きく関わってくるのが御三家、御三卿

この視点で調べ直してみるか

御三家はどこで何のため?
今さら何て質問するの?
尾張、紀州、水戸に決まってるじゃない。
徳川宗家の血が途絶えたときに、御三家から将軍を出して補完するため。
将軍のスペアって事ですね。

基本の基本のようだけど
本当にそうだろうか。

15代の将軍。
次は誰にしようという時に、最後まで完全に守り抜かれたルールがある。
「血が一番濃い人」
前将軍、の息子で生きているもののうち、一番年長者
当時、大人まで生きていることがかなり難しかったので
何男かは別にして生きているものだけで考えて
実質長男という言い方をさせてください。
そこに候補がいなければ、もうひとつ前にさかのぼって。

徳川宗家の血が途絶えた事が何度かありました。
その都度、後継者争いが活発化するんだけど
「血が一番濃い人」ルールは、
結局一度も破られたことが無かった。

とすると、御三家って、意味あるの?
ってことになる。

どういうことか。

将軍に何人か息子が産まれたとする。
実質長男だけ残して、実質次男以降はどこかの藩に養子に出さされ
そこの藩の藩主になる。

その時点で、御三家にちゃんと跡取りがいれば
御三家に出される訳ではない。
例えば、 館林藩だったり甲府藩だったり

とすると、血が濃いのは、御三家より
館林藩だったり甲府藩になる。

御三家は
家康の、子や孫くらいまでは意味を持っていても
代が重なっていく度に、血が薄くなっていく。

最初に徳川宗家の血が途絶えたのが4代家綱の後。
実質次男だったので館林藩に養子に出さされていた綱吉が
徳川宗家に養子に入って、5代将軍となる。
綱吉にも、息子ができず

甲府藩に養子に出されていた
先に死んじゃっていたお兄さんの息子
即ち、甥っ子が徳川家宣(いえのぶ)として徳川宗家に養子に入って6代将軍となる。

もし、将軍のスペアを御三家と呼ぶとするならば
御三家は、館林藩や甲府藩ということになる。

じゃあ、もう御三家、尾張、紀州、水戸は解散?

いえ、奇跡的に復活します。
甲府藩から来た6代家宣には息子はできたが
その息子7代家継には子供が出来ないうちに死んでしまう。
ああ、また途切れた。

もう、甲府藩からも、館林藩からも養子にもらいなおしてますから
血の濃い人は残っていません。

さかのぼってさかのぼって
随分さかのぼって、とうとう家康のところまでさかのぼりました。

ここまでさかのぼると、尾張、紀州、水戸が意味を持ってきます。
家康の実質次男が起こした尾張家
実質三男の紀州家、実質四男の水戸家

そこから今度下っていって、御三家の候補者のうち
現在生きているものの中で、誰が一番家康からの血が濃い?

それが吉宗だった。
吉宗は、紀州徳川家から徳川宗家に養子に入った。

ようやく御三家の出番。

御三卿
吉宗は当事者なので
このシステムの危うさが分かった。

さらに、御三家の尾張家が自分に反抗的なのも気になった。

さらに、気になったのが、実質長男、家重のこと
とても将軍がつとまる人物ではない。
この後すんなり行くイメージがわかない。

システム変えちゃおう。

実質次男以降は、他藩に養子に出す
このルール変えちゃおう。

実質長男が継ぐ
このルールを変えたら大混乱になる。
今までの日本の歴史の中で繰り広げられた
兄弟同士の殺し合いが再発するやもしれん。

実質次男以降は、分家はしよう。
でも、他藩に養子に出すのはやめて
キープしとこう。

御三家が、〇〇藩というのに対し、
御三卿は、〇〇家というのはそういう意味

田安家 宗武(むねたけ) 吉宗の実質次男
一橋家 宗尹(むねただ) 吉宗の実質三男

あれあれ?
御三卿なのに2つなの?

御三卿は、後の呼び方。
吉宗としてはこの二人に家を立ち上げさせた。

じゃあ、私もってことで
長男の9代家重が、真似する
清水家 重好(しげよし) 家重の実質次男

これで御三卿

何するの
藩の経営はせずに、使命としては将軍のスペアに徹する。

住んでるのも江戸城の中。
彼らの子孫も、ただ家を継いで、将軍のスペアとなることだけ。

最初は給料制だったんだけど
それもなんだし、ということで
幕府直轄領の中で、ここは〇〇家の分ね
藩、って扱いではない。

吉宗のやりたかったこと
要は、自分の子孫だけで、将軍を回していこうと。

藩って、合衆国みたいなもんだから
意識としては、徳川宗家とは別の国
何かと反発する尾張藩を見て、そう思ったんでしょうね。

とは言え、あんまり増えすぎてもね。
3つ以上に増えちゃうようであれば
藩に養子に出てます。

ひとつの例が松平定信。
白河藩に出されて、将軍になりそこなった。

もうひとりの例が、清水家から紀州藩へ養子に出た徳川斉順(なりゆき)
この孫が、あの14代将軍、家茂(いえもち)

結論から言うと、吉宗の思惑は成功し
最後まで、吉宗直系と御三卿だけで回ることになります。

このあと、シリーズで
御三家と御三卿をひとつづつ取り上げていきますね

[徳川名参謀]13 家定→徳川斉昭

徳川名参謀シリーズ、いよいよ13代まで来ました。

家定はこちら
13代家定、ガチョウ追っかけてる場合じゃないよ

「徳川十五代闇将軍」の本では、徳川斉昭をチョイスしました。
ほう、そう来ましたか。

老中でもなく、四賢侯でもなく、水戸なんですね。
なかなかです。

徳川斉昭
徳川斉昭(なりあき)は、水戸藩9代藩主
同時期の薩摩の島津は斉彬(なりあきら)なので、紛らわしいですね

15代将軍慶喜(よしのぶ)のお父さんです。

時代背景としては
ペリー来航で、てんやわんや

12代将軍、家慶は風邪で寝込んでいたので
心配かけまいと、知らせなかったんだけど
いつまでもそうもいくまい、と知らせた。

すると、「斉昭に相談せい」の一言。
それだけ?

なんと、そのまま死んじゃった。
「斉昭に相談せい」が遺言になっちゃった。

13代家定は、9代家重に続きふたりめの
なんとも無理でしょ将軍。
なった途端、次の将軍争いが活発化するという何とも失礼な情況。

そういう訳だから
斉昭さん何とかしてよ

こっちに振ってくんなよ
と言いそうですが
そこは、やりたがり斉昭
よし来たっ

御三家御三卿シリーズをやろうと思っているので
そこで詳しく書きますが
水戸藩って極めて特殊な藩。

一言でいうと
幕府が嫌いで、朝廷が好き。
水戸学という言い方をします。

御三家でありながら、ずっと幕府とは距離をおいてきた。
ここへきて、斉昭の個人的な性格から、一転
水戸学は、ベースとして持ちながら、距離は置かずにグッと踏み込む。

尊皇攘夷
水戸学なので元々尊皇
開国派と攘夷派では、強烈な攘夷派

そして、もうひとつの軸
後継者争いでは、当然一橋派

野心満々なので
切れ者の自分の息子、慶喜を
水戸にいるより将軍になりやすい、御三卿の一橋家に養子に出した訳です。

その後、南紀派の井伊直弼に負け
安政の大獄で永蟄居(えいちっきょ)という外出禁止の刑を受ける
その後実力行使で巻き返しを図るのが、水戸藩有志による、桜田門外の変
そんな流れになっていく

もちろん、最後の将軍は息子の慶喜が勤めるわけだから
水戸藩が幕末でかなりの重要な役回りを担っていくのは間違いない。

それもこれも、斉昭からということ。

後継者争い
実は元々、斉昭も水戸藩内での藩主の後継者争いに勝ち抜いた人物
藩改革で、自分を推してくれた藤田東湖(とうこ)等の下級藩士をどんどん登用し
広くみんなの意見を聞いていく。
独裁者的ではない。

家慶の時代から、長文の意見書を幕府に提出している。
老中とかは、位的には徳川の斉昭よりは下だから
無視する訳にも行かない。

めんどくさかったでしょうね。

ただ、無責任な評論家ではない。

幕府は、海防参与という新しい役職を作って
斉昭をその職に就ける

水戸藩として反射炉を作り、鉄を製造(これはちょっと失敗)
大砲を74個も作る
禁止されていた大型船が解禁されるや
水戸藩は大型船を作っちゃって
幕府に献上する

老中、阿部正弘としては
表裏を使い分け
斉昭をうまく使おうと考える。

ご存じの通り、表向きは攘夷論を言いつつ
本音は開国という人たちが次々台頭してきて
気がつくと、あれあれ開国なんだ
って展開になりますよね。

斉昭は、表裏なく攘夷なので
突っ走りすぎるとヤバいぞと。

こっそり呼んで
幕府の懐事情を数字でちゃんと説明する。

数字を見せられると
うーむ、思っていた以上だ
確かにこれで外国を打ち払うのは厳しいな。

その場では納得。

でも、実際に日米和親条約が締結されちゃうと
どうにも我慢ならない
海防参与をやめる。

将軍継嗣問題
こうなったら、何としても、自分の息子を将軍にしよう

猛烈な工作を繰り広げる。
四賢侯(薩摩、土佐、宇和島、福井藩)を味方につけ
阿部正弘も。
薩摩から密命を受けた篤姫を家定に嫁入りさせて
将軍も取り込む作戦。

対する、南紀派の井伊直弼は、譜代大名を味方につけ
紀州と尾張
忘れちゃならない大奥。
大奥を味方につけると強いよ

そして、最終的には、家定が慶喜を嫌っちゃって、南紀派の勝ち
慶喜ってすごく頭は切れるんだけど
変な人ですからね。

続きは、14代への参謀、井伊直弼に譲ります。

吉田松陰、獄中で学校作ろうか

「感動する!日本史」から

吉田松陰
なんじゃこりゃあ

黒船で日本国中大騒ぎ

実はペリー来航以前も、各国からいっぱい船がやってきていて
開国要求が、日に日に増してきていた。

とは言え、ペリーの黒船は今まで来ていた船とまるっきり規模が違っていた。
しかも、蒸気で動く

そもそも、それまで日本では大きな船って作っちゃいけなかった。
大量に、日本から逃げ出されちゃ困っちゃいますからね。

当時許されていた最大の大きさの船と比べると
黒船は19倍。

見たことないとんでもないものを見たら
人々の反応は色々です。
ほとんどが、ただ兎に角見てみたいというだけの人で黒山の人だかり。

中には、あそこには珍しいものがいっぱいあるはずと
小舟をこぎだして
物々にトライするものも。

そして、あれに乗って外国に行ってみたいと思うものがいた
吉田松陰(しょういん)、その弟子の金子重之輔(しげのすけ)
小舟に乗って

はうどぅゆどぅ
ぷりーず つれてって

ペリーたちも、日本の法律を勉強してきていた。

それ、無理。
えらいことになりますよ。

でも、後にペリーはこの時のことを「ペリー提督日本遠征記」の中で書いています。

日本人の研究熱心さには驚いた。
ふたりの若者が船で連れていって欲しいと頼みに来たけど
実に熱心で日本人の勤勉さを象徴する出来事だった。
必ずや、日本は良い国になるだろう。

自首
失敗となると潔く自首
逃げ隠れはいたしません。

「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」

護送中、泉岳寺の前を通ったとき、赤穂義士になぞらえて詠んだ歌
いてもたってもおられなかったんだから、しゃあないね

獄中で意気消沈と思いきや

ラッキー!
これで、朝から晩までずっと本が読めるぞ

1年2ヶ月の間に600冊の本を読破していきます。

終身刑なので、出られる見込みは皆無です。

周りも終身刑。
バカじゃなかろうか。

でも、周りの目が少しずつ変わってきます。
良かったのは、松陰が、相手の良いところを見出だす天才だったと言うこと

書だったり、俳句だったり
冗談でも皮肉でもなく、その話題については、先生と呼んだ。

俺も本を読んでみるかな。

今度、みんなの前で話してみてよ

本当か
まあ、俺は先生だしな。

今度は〇兵衛、次は〇之助

よし、今度は俺が「女の口説き方」てのはどうだ

自然発生的に学校が始まった。

松陰が、教えてあげます、聞きなさい、じゃなかった。

でも、やっぱり松陰の時が一番心を打った。
「孟子」や「論語」の講義
みんな、正座で聞き入ったという。
涙を浮かべるものも。

次第に評判になり
野山獄の責任者や牢の番人たちまでも
聞きに来るようになる

恩赦
1年2か月後に恩赦で出ることが出来た。

実家の杉家で謹慎の身となったが、近親者相手に途中になっていた講義の続き。

評判を聞きつけて、人が集まってくる
それがあの、松下村塾に繋がる訳です。

松陰は安政の大獄で刑死しますから、松陰が松下村塾で子弟の教育にあたった期間は、長く見積もっても二年十ヵ月。
なんと、その間の生徒の中に
のちの内閣総理大臣二名、国務大臣七名、大学の創立者二名
明治日本を背負って立つ人材が多数輩出される訳です。

〇兵衛
つうことはなんだ。
俺が松陰に教えてやったあの講義が、明治の日本を作ったってことだな