[首相]17 浜口雄幸。名前がひっくり返っちゃった。

首相シリーズ17人目

浜口雄幸(おさち)
立憲民政党(元憲政会)

土佐藩の足軽の子として生まれる。
名前を届けるときに、父親が泥酔し「幸雄」と書くところ、雄幸と書いちゃった。
そんなことあるかなあ
あったとしても訂正したり、通称は幸雄で良いと思うんだけど
雄幸でもいっか

とっても真面目で勉強家
官僚となっても最初のうちはエリート街道を進んでいた。
ところが、頑固で上司とぶつかることが多くなり
地方を転々とする不遇の時代を過ごす

目をかけてくれたのが後藤新平
後藤が桂太郎内閣で逓信大臣となったとき、逓信次官に
桂太郎が中心になって結党した立憲同志会に入党し
政党政治家へと転身する。
その後、立憲同志会は憲政会に名前を変える
長く野党であったが、ようやく加藤高明内閣で与党となり
浜口は大蔵大臣となる

首相に
政友会の田中義一内閣となると、憲政会は政友本党と大接近
合併して、立憲民政党となる
総裁には全会一致で浜口が推され
健康上の理由で固辞したものの
みんなに説得され受ける事になる

風貌や真面目な性格で人気が出て「ライオン」とあだ名される
強硬外交を進める田中義一を激しく非難
結局、張作林爆殺事件の対応を誤った田中義一は退陣
いよいよ、立憲民政党の浜口に組閣の大命が下る
「ライオン宰相」の誕生です。

井上準之助蔵相のもと、大幅緊縮財政と金本位制への復活を実現する
浜口首相は「ともに痛みに耐えよう」とラジオで国民に呼び掛ける

さらに海軍軍縮条約を成立させる
軍が拡大していく流れの中で、抵抗すると、過去の例でも嫌な予感。

東京駅
昭和5(1930)年、11月14日朝
東京駅から、特急つばめに乗ろうとしていた。
突然銃声がし、浜口の腹部を直撃。

このあと、5.15事件、2.26事件と
軍拡に反対するものは殺してしまえ、という
恐い世の中への前兆でした。

重症ではあるが、意識ははっきりしていた。

男子の本懐だ
予算の閣議も片付いたあとだから良かった。

その場では一命をとりとめる

回復しないうちにも、国会に出る

これは国民との約束だ
これを守らなければ、国民は何を信じれば良いのか
自分は死んでも良いから国会に出る

無理がたたって、そのあと亡くなってしまう。
加藤高明首相急死のあと、同じ憲政会の若槻礼次郎がピンチヒッターで首相を勤めたが
今回のピンチヒッターもやっぱり若槻礼次郎

[源平]4 保元の乱(源平編)

[源平]1 武士の始まり
[源平]2 八幡太郎義家ここにあり
[源平]3 どっちにつこうかプレゼント大作戦
の続きです。

保元の乱

崇徳上皇が追い詰められ、どうしようもなくなって兵をあげる。

崇徳上皇と後白河天皇の対決の構図となります
お公家さんたちや武士たちはどっちにつくかの選択を迫られます。

源平シリーズなので源氏と平家を見ていきましょう。

源氏

せっかく源義家が地位を築いたのに、その子義親が謀反を起こして、全てが台無し
息子為義は何とか持ちこたえる。
一時は白河法皇に気に入られて、復活かと思いきや、
色々やらかして、白河法皇からも解官される

同世代の平忠盛とは大きく差をつけられた形。

次に頼みの綱としたのが摂関家
藤原忠実と頼長の親子に取り入って、用心棒として頑張る。

為義の子の義朝(頼朝のお父さん)は、こんなお父さん話にならんと見限った。
京を離れ、東国で地盤を築いていこう。
元々、八幡太郎義家の地盤でもあるので、地侍たちは総じて好意的
着々と勢力を広げていく。
ただ、武家の棟梁となるためには、中央とのパイプが期待される。

分かったよ。
再度京都で人間関係作りをしよう。

お父さんの為義を頼りにするつもりはさらさらないので
敢えて逆の派閥に近づこう
天皇家としては、白河ではなく鳥羽
崇徳天皇、近衛天皇のあと、後白河天皇になると、
後白河天皇とも良好な関係を築いた。

摂関家は為義に押さえられちゃっているし。
そうだ!
藤原忠実と頼長の親子ととても仲の悪い忠通がいた
本来、忠実の長男なのにお父さんが弟ばかりを可愛がるので心底頭に来ている
わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波

あれ、義朝君って為義の息子だよね

いえいえ、あんな親父話になりませんわ
いつでも縁を切れますよ

はい、一丁上がり

でもこの時点では実際に戦で敵味方に別れるとは思っていなかったんですがね

平家
仁平3(1153)年、平忠盛が没する。
平家の棟梁が清盛に移るのが保元の乱の3年前。

その前にもとんとん拍子で出世している
だいたい急激な出世があると
やっかみから色んな噂が立つもんだけど
清盛は白河法皇の息子ではないかという噂が立った。

いくつか根拠らしいものが述べられているが
もし本当だとすると、崇徳天皇と情況的に一緒ということになる。
白河法皇が大嫌いな鳥羽上皇は崇徳天皇を徹底的にいじめたのに
清盛の方は可愛がったというのは、ちょっとバランスが悪い気がする。

保元の乱の時、清盛は後白河天皇から召集がかかっていない。

まだ清盛に移って3年しかたっていないということもあるけど
清盛の継母、池禅尼(いけのぜんに)が崇徳上皇の息子の乳母だったため、警戒されたということがある

清盛としても、源氏とかに比べ、特に危険を侵さなくても、順調に行っている
できれば静観し、さわらぬ神に祟りなし、と行きたい。
とはいえ、どちらにもつかないって訳には行かなくなってきた。

鳥羽上皇が亡くなり、一気に戦が現実味を増してくる。
叔父さんの平忠正は、崇徳側についた。
正直、疎遠な親戚。あんまり関係無いけどどうしたもんか。

迷いを断ち切ったのは、池禅尼の一言
今回の戦は、崇徳側が必ず負ける。

いざ
崇徳側が白河北殿に集結。
ただ、ここにいたっても崇徳側の面々には踏ん切りがついていない。
やるぞ!って感じを見せれば、相手も本当に殺し合いをしたい訳じゃないだろうから
落としどころの提案をしてくるんじゃないか

ぐずぐず

一方、特に義朝はやる気まんまん
平家ってどちらかというと貴族に憧れているところがあるけど
源氏の方は、基本的に田舎もんなので、武力でアピールするしかない。

やったるで

後白河側から先制攻撃。
やっぱり、先手の方が有利。

ただ、ひとつ計算外。
為義の息子で義朝の弟、為朝の弓がすごかった。
義朝はタジタジ

そのあと、応援部隊が駆け付け、火をつけたので
一気に形勢が決まり、崇徳側は逃げるのに精一杯

清盛はほとんど見せ場なし

結局、たったの4時間だった

でも、京都の地での戦は何百年ぶり
時代が変わったことは実感を持ってとらえられた。

武士はことごとく死刑
平安初期の薬子の変以来、350年ぶりの死刑の復活だった。

清盛は自ら、叔父の忠正を処刑
自分から実施すると、義朝も、自ら実の父や弟を処刑せざるを得なくなる

勝つには勝ったが、父殺しの汚名を背負う苦い勝利だった。

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]75 崇徳天皇。不幸の前半戦

来ましたよ、崇徳天皇

崇徳天皇
1123~1141年

ひとりの人間の、しかも天皇の人生とはとても思えない
元はと言えば、崇徳天皇は何も悪くない
ひいおじいちゃんの白河法皇がお父さん鳥羽上皇の奥さんを孕ませて産まれた子供という
全くもって信じられない構図

鳥羽上皇に徹底的にいじめられる

崇徳天皇の願いはひとつ
自分の子を天皇にしたい

鳥羽上皇としては、何としてもそれを阻止してやろう。

鳥羽上皇は不思議な提案をします。
自分の息子、崇徳天皇からすると腹違いの弟、後の近衛天皇を養子にしませんか

崇徳天皇としては、なるほど、次を自分の子、すなわち皇太子とすれば
自分が院政を執る事が出来る
自由にやりたいことが出来るので
さらに、次の皇太子に自分の本当の子を指名して譲位しよう

はーい。それでいきましょう。

ところが蓋を開けてみれば、文書には「皇太子」となっているところが「皇太弟」に
弟に譲位したということだと、院政は執れない
じゃあ何のために弟を養子にしたのか。

騙された!

ちょっと抜けているのか、お人好しなのか
約束が違いますよね、と強く出れないんでしょうね

相変わらず、院政は鳥羽上皇

ここまでが不幸の前半戦

ただ、和歌の世界に没頭し
仏教にも帰依していくので、ここまでならば何とか

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
百人一首の解説も読んでね

このあと、一度挽回のチャンスはあったもののやっぱりダメ
不幸の後半戦が続き

追い詰められて
保元の乱という乱を起こす
そして負ける

後半戦は時期的には近衛天皇や後白河天皇の時期なので
続きはシリーズの次回といたしましょう。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[首相]16 田中義一。政治家としては4年。天皇陛下に怒られちゃった。

田中義一
政友会 昭和2(1927)年~昭和4(1929)年

田中義一は、長州出身
陸軍に入り、基本ずっと陸軍の人
軍功を重ねていっての出世
山県有朋にも気に入られます。

日露戦争の前には、ロシアの内情を探るべく潜入
ギイチ・ノブスケビッチ・タナカと名乗り、溶け込みます。
ロシア正教に入信までし、社交ダンスも習い、ロシアの貴族たちとも交流を深めます。
陸軍一のロシア通になります。

原敬内閣では陸軍大臣にまで上り詰めます。

飾らない人柄で、「おらが大将」と人気が出ます。

大正14年、政友会の前総裁高橋是清の推薦で、政友会の総裁となります。
軍人が急に政治家に。
以前から、自分の理想を実現するためには政治が必要と語っていたので
本人としても、いよいよ、っていう感じかもしれない。

若槻礼次郎内閣が、大蔵大臣の失言で金融恐慌を起こしてしまい辞任
政友会の内閣に切り替わります。

首相は政友会の総裁、田中義一という事になります。
金融恐慌の後始末は、大蔵大臣に高橋是清を起用し、ちょちょいのちょいで解決。

軍事的には、ずっと陸軍の人だったため、拡大路線。
山東半島への出兵をはじめとする、対中積極外交

ところがさらに大きく脱線する形で、関東軍(満州に駐屯していた陸軍)が勝手なことをする

張作霖爆殺事件
張作霖(ちょうさくりん)は日露戦争の時、日本軍を支援して以来、親日路線だった
満州王とまで呼ばれます。

ところが次第に、欧米に近づき、親日路線を転換していく。
田中義一はまだまだ張作霖とは連携可能だと思っていたが
関東軍は見限っていた。

張作霖の乗った列車が爆破されるという事件が起きた。

犯人は、関東軍の誰かではないか。
そう思いつつも、天皇陛下には、まだ分かりませんと報告。

それ以降、陛下への報告が二転三転する

結局、犯人が関東軍の一員だと分かったとき
陛下からは、厳重に処分するように、との指示。

誓って仰せの通りに致します。
と、言ったくせに、陸軍から反対意見が出るや
軽微な処分で済ませてしまった。

カンカンに怒った陛下に強く叱責された。

責任をとって辞任。
よっぽどこの事がこたえたのか、数ヵ月後には亡くなってしまう。
在位2年。結局、政治家としては4年間のみだった。

[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)