愛ある紀行家、E・R・シドモア

外国人から見た幕末・明治の日本シリーズ

色々、日本の事を気に入ってくれた外国人を紹介してきましたが
この人の書いた文章が一番気持ち良い

私は誉められるのが大好きですから

E・R・シドモア

アメリカのシドモアが日本を初めて訪れたのは1884(明治17)年
そこから、実に45年間、日本と深く関わり続けることになる。

1891(明治24)年に原題「ジンリキシャ・デイズ・イン・ジャパン」を著します。
邦題は「シドモア日本紀行」
人力車をその音のまま使ってくれたところが
異文化への敬意を表しています。

前書きにはこう書かれています。

これまで、科学者、学者、教授、詩人、政治記者が溢れるほど日本を紹介してきましたが
気分を明るくしたり、心地よい印象を残す配慮に欠けていました。

良いですね
紹介すりゃ良いってもんじゃないでしょ、と言わんばかり。

例えば、人力車については

彼らには、不文律の道路ルールがあり、車はお互いきちんと単縦列に並べます。
隊列の先頭に乗るのは、最長老や格式の高い人物に決まっていますが
この秩序を乱すのは、私達田舎者だけです。

びっくり仰天です。この文章。
欧米の指導のもとに近代化を進めていっているわけで
外国人さんたちは先生、すなわち目上の人として接していたと想像できますが
シドモアからみると、欧米人を田舎者呼ばわりしています。
おそらく当たり前のように前を走らせたんでしょう。

横浜の杉田梅林についての文章

あふれ返る群衆にもかかわらず、万事礼儀正しく穏やかで、しかも秩序立っています。
花の咲く木の下、夢想と恍惚に没我して座り、梅の歌を書き、
短冊を枝に結ぶこの洗練された人々にとって、これ以上の歓喜はありません。
理想郷の中で春の詩歌は無視されることなく、テーマを冗談半分に扱うこともありません。
そよ風は短冊を優しくあおぎ、吊り下がっている状態を際立たせ
行き交う人に読まれていきます。
しかし、それは不滅ではありません。
最初の猛烈な雨が紙片を濡らし、萎びさせ、すぐ残骸となって大地に落下し、消えていきます。

表現の言い回しとかは、欧米人特有のオーバー目の表現ではありますが
言いたいこと、は、この人日本人なんじゃないの?と思わせます。
諸行無常まで言っちゃってますね

この頃日本に来た外国人の書いた文章に最も多く共通するのが、混浴への批判。
当時の銭湯は混浴でした。
江戸を通じて、混浴は松平定信等、何度か禁止されては
その人が失脚すると同時にあっという間に元通り、と言うことを繰り返してきていました。

どんなに日本に好意的な人も混浴だけは批判しています。

シドモアにも、混浴に関わる記述があります。

ある日突然、変な外人が風呂場に侵入したため、
子供以外全員、深く湯船につかったままになりました。
その時、自然で当たり前の事を観察する異人の気取った理解しがたいやり方は、はっきりと軽蔑されました。
無着衣の裸体に関し、欧米人があれこれ妙な不快感を示し誤解している点を
日本人は「あまりにもくだらない話だ」と笑っています。

確かに今の我々が考えても、混浴が一般的だというのは異様な気がします。
ただ、それは批判に値すること、なんでしょうか

湯船につかっているシドモアに

お姉さんどこのお国から来なすった
ほう、メリケンで
遠いところからご苦労で
ぜひゆっくりしていっておくんなさい

とフランクに話しかけたかも知れませんね

これで良いんじゃないか、ってそう思ったのかも知れません。

富士山についての記述は

わが母国のレーニア山も万年雪に覆われ、斜面の森林がピュージェット湾内に濃い緑の影を落とし、
昔も今も変わらぬ愛すべき山です。
しかし、私たち米国人がこのような壮麗な山、雪、岩、森を持っていても
日本のように詩歌を好み自然を愛する国民を持ち合わせていません。
夢と伝説の輝きに包まれ、あらゆる人に親しまれ心を和ませ
もうひとつの富士を創造してきた日本民族の教養と伝統を、残念ながら
私どもは育んで来ませんでした。

「もうひとつの富士」か
我々の心の中にある誇るべきもの

彼女は、紀行作家にとどまらず
日本に関わるいろんな事に活動の幅を広げていく。

ワシントンのポトマック河畔に、日本の桜が立ち並んでいるのは
彼女の運動によるもの

赤十字活動や、国際連盟への協力

排日移民の動きが起きると、それに反対し
ついには母国を捨てて、スイスに亡命する

受け継がれているもの
赤面するほどのお褒めの言葉は
それに比べて、などという他者批判に使いたくない。

母国を捨てたとは言え、シドモアはやはりアメリカ人だし
このシリーズをやってみて、多くの外国人が
日本と通じ合う共有できるものを持ち合わせていることを知った。

使うべきは、繰り返しての再認識だろう。

震災後の整然とした行動だったり
ワールドカップでのゴミ集めを率先して行った事だったり。

おてんと様が見てるから
誰が見てなくってもちゃんとやりましょ
って、
我々の中に受け継がれているもの

繰り返し、日本人の良いところを再認識し
考えずとも、行動に移っているようにしなきゃね

スケートの羽生結弦は
自分がメインゲストとして呼ばれた記者会見が終わったあと
毎回、他の人の分の椅子まできっちり片付けてから会場をあとにするらしい

驚いた外国人記者たちが
素晴らしいですね、と言ったら

日本人ですから当たり前なんですよ

索引はこちら
[外国人から見た幕末・明治の日本]シリーズはこちら(少し下げてね)


メランポジウム

花カレンダー始めました

キャベツは闘う遊び人

うちにセキセイインコのキャベツが来たのが、5月4日
くうちゃんの新しいお友達。メイちゃん来たよ
くうちゃんの心の叫びは?

最初は先住のくうちゃんが攻撃して大変で
だんだん慣れてきて、「仲良いんだか悪いんだか」というところまでお話ししました。
仲が良いんだか悪いんだか

それからかなり経ちますね

仲良し
はい、仲良しになりました。

キャベちゃんはほぼメスであることが判明

その前のシャケちゃんはオスだったので
餌のあげあいっこをして、朝から晩までチュッチュチッチュ

メス同士だと、仲良しの仕方が違うんですね
チュッチュチッチュはするんです
でも、餌のあげあいっこはしない

そして、チュッチュチッチュするうちに気持ちが高ぶってくるのか
たまに以前のようにつついて攻撃しあう事に発展する場合があるけど
おそらくあれは、憎くてやっている訳じゃなく
仲良しの範囲内でのスポーツ。
スパーリングってやつかな

くうちゃんが来たのが2015/8/9
あれから丸三年なんですね
新しい家族(くうちゃん)

そのあと、海ちゃん(メス)が来て(2015/11/14)
うみちゃんがやって来た

海ちゃんが原因不明の急死で
次にシャケちゃん(オス)が来て(2016/8/14)
新しいセキセイインコ。名前はシャケ

そして今度のキャベちゃん

面白いのが、お相手が変わるとくうちゃんも変わるのね

最初の海ちゃんは、とにかく活発で人懐っこくて
飛び回って飛び回って大変。
くうちゃんは先住の筈なのに
海ちゃんに振り回される感じで
海ちゃんのあとをどこへ行くのも付いて回る

シャケちゃんは全く逆で内向的
特に人には最後まで慣れなかった
オスとメスでつがいになったから
この関係は特別でしたね
シャケちゃんはくうちゃん命
くうちゃんの行くところにはどこでも付いていくんだけど
海ちゃんの時より、とにかくベッタリ
朝から晩までずっとチュッチュチッチュ

さあ、そしてキャベちゃんは

キャベちゃん
かなり慣れてきたんでしょう
成長してきたのかも知れません
性格が大分出てきました。

海ちゃん、シャケちゃんはアウトドア派
休日に放鳥すると一目散に飛び出していった

ところが不思議なことに、キャベちゃんはあまり外に出ません
最初の頃は敢えて羽根を切っていたからうまく飛べなかったんだけど
いくらなんでも、きれいに羽根は伸びている筈

飛ぶのは得意じゃないかも知れません。
外に飛んで出ても
ふと気づくと巣っこに戻っちゃっている

そうなると、くうちゃんもひとりで外にいてもあんまり面白くないんでしょう。
くうちゃんも、ふと気付くと戻ってます。

というと、大人しい性格だと思いますよね
それがどうも、本性が出てきたというのか

意外に活発かも

くうちゃんをはじめとして
今までの鳥さんたちは、
思ったほど、巣っこの中に入れてあげたおもちゃに興味を示さなかった。

くうちゃんはそれよりは、ひたすらに木をかじる

キャベちゃんは遊び人
おもちゃで遊ぶの大好き

さらに最近、格闘家としての能力が開花したかも知れません。

プラスチックのスプーンで遊んでいたので
上から紐で吊るしてあげると
目覚めましたねえ

動画で上げたのは全然序の口
今はスプーンの真ん中辺で吊るしているんだけど
そうすると
おそらく完全に親の敵だと思い込んでます。
徹底的に叩きのめさないと気が済まないようです。

あんまり必死なので、動画に取ろうと思ったら
取り出すとカメラの方に興味が移るのか止めちゃうのよね
残念!

今日娘たちが試しに鈴を吊下げてみたら
これがまた凄かった。

相手の攻撃を見事にかわしつつ
確実にくちばしパンチをヒットさせていく。
惚れ惚れする動きです。

世界チャンピオンも夢では無さそうです。

索引はこちら
[]シリーズはこちら(少し下げてね)


ゴーヤ

花カレンダー始めました

花カレンダー始めました。

花の名前
かねてからずっと課題だったのが花の名前

ウォーキングしていて、名所を巡っていますと
そのポイントポイントは良いわけですが
そこへ行く道中も楽しみたい
そんな欲が出てきます。

ウォーキング同好会のメンバーと歩いていると
その答えは最初から見つかっていたんです。
みんな、実に良く花の名前を知っている
咲いている花に足を止めて
あら、こんなところに〇〇、綺麗!

へえ、この花そういう名前なんだ

何度も何度もそういう場面に出くわす度に
花の名前が分かったら楽しいだろうなという思いが日に日に強くなってきます。

でも、自分には到底出来っこないことだとずっと後回しにしてきました。

変わりに、路上観察
送水口やマンホールや郵便ポスト等々
さらに加えて、雲

どんどん加わって道中もどんどん楽しくなってきました。

じゃあ、もうそっちで楽しめるから花はいいや
にならなくて

逆に、だからこそ
いよいよ、この本丸に踏み込むべき時が来たぞと。

二十四節気
そんなときに、このブログで二十四節気シリーズを始めました。
一年を二十四節気に合わせて、その時々の江戸での季節感を表現しようと

あっ、そうだ
花だ!

シリーズ2回目で思い付いたグッドアイデア
二十四節気だから半月に一回
その期間に花の写真を取って、記事に乗せよう。
そうしたら、最低、一年で24個は花の名前を覚えられるぞ

えっ、24個なの
と思われました?

すみません。
ど素人もど素人
そういうレベルでございます。

問題は写真をとるだけじゃ済まなくて
花の名前をどう調べるかだったんだけど
ごちゃごちゃ考えるより、始めちゃえ


4/5の清明の時にスタートした訳です。

調べ方
見切り発車でスタートしましたが、
花の名前の調べ方は暗中模索、五里霧中

花の名前を調べるWebサイトも覗いてみましたが
使い方がいまいち

ごちゃごちゃやっているうちに
これひょっとして

Green Snap という花の名前を調べるアプリ
スマホやタブレットで動きます

無料ですから、ダウンロードしてみてくださいね

アプリを立ち上げて
名前を調べる、を押します。

こんな画面になるから
この時点でスマホとかで写真も撮れるし
既に撮った写真を選んでも良い

できれば一言添えた方が教えてもらいやすいです
調べる、ってところを押して待ちます。

するとびっくり
一時間もしないさきに
例えば、この例だとたった5分くらいで
親切な人から回答が寄せられます。

「シクラメン」かも

あちゃー恥ずかしい
あの有名なシクラメンも知らずに質問してたのね
パンジーの一種じゃないですね

写真のところを押すと
ババババッと何百とシクラメンで投稿された写真が並んで見えます。
こりゃシクラメンに間違いないなと思えば
これだ、のボタンを押します。

礼儀として、感謝のコメント

晴れて、名無しの花に名前がつくのです。

この間、早いと5分くらいで終わってしまいます。
早い早い

逆にすぐに回答が得られない場合は後ろに回っちゃうから
いつまで待っていても回答は得られません。
そういう時は、角度を変えて写真を撮り直してあげても良いんでしょうけど
私は諦めてます。

まだ始めたばかりですが、14個中11個分かりました。

素晴らしいですね
なんて親切な人が多いんでしょうか
菓子折りを持ってお礼に伺いたい気持ちです。

こんな手があったんですね
今まで本をめくったり、検索条件を変えながら何度もググッたあの苦労を思うと
なんて良い世の中になったんでしょう。

現代は愛で満ち溢れていますね
文字もないのにこんな方法で検索出来るなんて
このアプリを考えた人は素晴らしいです。
世の中には親切な人が山ほどいる筈だという前提で、アプリを作った訳です。
そして本当に成り立った。

またまた、私の持論「世の中は確実に良い方向に向かっている」
が証明された気がします。

花カレンダー
気持ちが高揚してしまった私は、
花の、ど素人のくせして
身の程知らずの企画を思い付いてしまいました。

花カレンダー

365日、その日に咲いている花を写真におさめて
名前を調べてアップしよう。
1年で、24個のはずだったのに、365個に格上げです。

人の親切に頼っているくせして何とも強気な。

とはいえ
毎日、写真撮るのはちょっときついかな
雨の日だってあるでしょうし。
ここをストイックに考える必要もないでしょう
花はもっとぼわっとした感じでそれなりの期間、継続的に咲いてくれています。

ルールを決めましょう。
どうせ、自分で決めて自分で守る企画
誰に遠慮がありましょうぞ

もともと、日本アバウト党の党首です。
ゆるーいルールにしちゃお

1.自分で撮った写真であること(ネットから取ったりしたら、全く意味をなしませんからね)
2.アップする日は、だいたいその頃なら咲いているだろう時なら、写真を撮った日と一週間ぐらいずれてもOK
3.名前が分かったものだけ(ストイックですね)
4.花以外にも木や実等の植物ならOK。(今から冬の事も考えておかないとね)

今まで出来たところまでの花カレンダーはこれだ!
花カレンダー

渋沢栄一 その5 渋沢栄一は魔法使い

渋沢栄一シリーズその5

渋沢栄一 その1 クーデター計画
渋沢栄一 その2 パリ万博から諸外国
渋沢栄一 その3。日本に帰って見たもの。そして何をしたのか
渋沢栄一 その4 明治新政府はあれもこれも

みんながすぐイメージ出来る渋沢栄一は財界人としての渋沢栄一ですよね
ようやく、その5で、財界人としての渋沢栄一になる訳で
まあ、すごい人生ですねえ

官庁を去って
あれもこれも、あらゆる仕事をやってのけて
実質中心人物だったのに
さっと辞めちゃった。

でも、やりたいことがあっての辞職だから
さあ、いよいよこれからだ!

やりたいことは何か
日本の近代的産業全てを立ち上げる
全てです全て

ある意味、今までの延長
官僚としての財界を全てリードしてきて
今度は、財界側に入り込んで、中側から全てをリードする
あれとこれ、ではなく全てなんです。

実際に
全て、ではないにしても
ほぼ全ての産業をリードする企業の立ち上げに関わった。

第一国立銀行ほか、東京瓦斯、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上

可能ですか?
あり得ないですよね

これだけ並べられると
実際に携わっている訳がない
金だけ出して
後はよろしく、なんでしょう
と言いたくなります。

でも、考えても見てください。
当時の日本に、
後はよろしく、って言われて
はい、任しといて下さい、って言える人材がいる筈ありません。
全員、未経験者です。

「金だけ出して」も無理です。
渋沢栄一は大金持ちのお坊っちゃまではありません。
元は百姓、直近は公務員です。

金を作りながら、になります。

金を作りながら
人材を作りながら
手探りで
試行錯誤で
人の意見を聞き
ダメだと思うとすぐにやり方を変えて
ありとあらゆる事を同時並行で進めていく。

魔法使いです。
そうとしか思えません。

当時、渋沢批判も多数あったようです。
会社経営ってものはそんな簡単なものじゃない
ひとつの会社にじっくり腰を落ち着けないと
どれもが中途半端になるに決まっている

もっともですね

でも、大体そういう人たちは本人に会ったことがなく
まあ、そう言わずに一度本人に会って、話をしてみなさいな
と言われて会ってみて
批判を撤回していったようです。

魔法使いとしてのオーラなんでしょうか

では、その魔法使いの仕業を
もう少しだけ詳しく見ていきましょう。

第一国立銀行
教科書で習うのはこれでしょうか
渋沢栄一と言えば、銀行の父

渋沢が外国で見て、最も衝撃を受け
帰ってきて、静岡でやりかけて
官僚として、具体的な仕組み造りを行った

やりたいことの中核です。
「金を作りながら」の必須です。
銀行あってこその「全ての産業」造りです。

第一国立銀行創立総会があったのが明治6年6月11日

辞表提出が5月4日なのでほぼ1か月後

当然銀行関係者としては
最大のビッグニュースとして伝わっている。

創立の道筋をつけてくれた恩人なので
当然招待されていて
出席すると
駆け寄ってきた。

聞きました。
誠にお気の毒ではありますが
手前どもとしては、これ以上の吉報はございません。

ぜひ、私どもに来ていただきご尽力いただけませんでしょうか

良かったですね
やりたいことはそれなんだけど
お宅に入りたいから辞めたんです。
入れさせてください、というのもちょっとね。

井上馨、大隈重信にも
お伺いを立て
関係者全員大賛成で事が進んだ

というのも、ちょっと困り事があった。
第一国立銀行創立メンバーは
三井組と小野組に分かれるんだけど
ほぼ同格の規模であるために
同じくらいの人数構成になっている
そのままでは、程なくして分裂の危機があるだろう。

どうしても、その上に立つ人が欲しい。
でもそんな人いる訳ない
一人を除いては。

頭取は三井組、小野組からの二人体制
でも、更にその上に総監役という新設の役職を設けて
渋沢はそこに位置した。

ちなみに、第一国立銀行
国立と付いていますから
今の日本銀行の様に日本国に所属する銀行だと思いがちです。
私もそう思っていました。

実は、民間の銀行なんです。
でも、今の民間の銀行ともちょっと違っていて
紙幣を発行する権利まで持っています。
まだ、日本銀行はありませんので。

さあ、この三井組と小野組の主導権争い
翌7年に思わぬ形で決着します。

小野組が潰れてしまうんです。
まさかの、最悪の決着
当然、第一国立銀行としても連鎖倒産の危機に見舞われます

渋沢が先手先手を打ったこともあるけど
小野組の、小野善右衛門と並ぶツートップ
古河市兵衛の潔い振る舞いあっての事でしょう。
「迷惑をかけぬよう」
最後の渋沢との会談では無念の思いで男泣きに泣き
全ての要求を受け入れます。

全く古いタイプの人間で読み書きも不得意
新しい世の中には着いていけなかったんでしょうが
渋沢の事が大好きで、「殿、殿」と慕った。

こういう人が捨て石になっての明治なのかも知れません。

長くなりました。
このあとのそれぞれの産業については、また次回。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)