野中婉。40年間監禁された女医さんは、不思議な触診

江戸のヒロインシリーズです

想像を遥かに絶する、あり得ない人生。

野中婉(のなかえん)
父は野中兼山
土佐藩の家老として、数々の大改革を成し遂げた。
唯一の失敗はあまりに素晴らしすぎた事。

政敵の謀略にはまってしまった。
謀反の罪を着せられたまま、49歳の若さで急逝。自殺か毒殺か。

この時、婉(えん)はまだ3歳
領地没収。お家断絶。
残された野中一族は追罰として、四国の西の果て、宿毛へ流されます。

母、兄弟姉妹、乳母たちとともに、高々と鋭い切っ先を空に向けた竹矢来が周りに巡らされ、
番士たちが厳重に見張る屋敷に幽閉される
報復が怖かったんでしょうね。

外に出ることは一切出来ない監獄生活
ずっとずっと、ひたすらにずっと続きます。

多感な頃、テレビもラジオもインターネットも何もない

外の世界ってどんななの?

婉、26歳になっていました。
後に本人が奇跡の一日と振り返る、夏の一日がやって来ます。

亡き父兼山を敬慕する若者が、高知の城下から遥々と30里を踏破して
遺児たちに会いにきたんです。
ここまでの23年間で、人が訪ねてくるなんて初めての事でした。

その願いは許可されず、会うことなく、空しく帰っていきました。
婉より2歳年下の谷秦山

ただ、ひとつの事が、これをきっかけに許されるようになる。
谷との文通。

「わたくしは知っている。このときから、わたくしはそのひとのなかで生きはじめたのだ、と。
谷丹三郎(秦山)という一人の男のなかに。貧しい、痩せた青年儒学者のなかに・・・」

これを、恋愛感情というには短絡的過ぎるだろう
兄弟以外の異性を見たことがない。
谷の顔だって知らない。

谷は儒学者なんだけど、医学や本草学にも詳しい。
質問の文を出す。
返信の手紙が来るや、一字一句、完全に記憶できるほどに何度も何度も読み返す。

その中で医学や本草学を習得していく。

文通が続きつつ、さらに17年が経過します。
3歳から幽閉され、実に40年、
ようやく外に出ることが許されます。

理由はひとつ。
最後に残った男性の兄弟である、弟が死んだこと。
兄弟が死んでいくのをずっと見てきました。
残ったのは、姉一人妹一人の3人姉妹。

これで、野中家は途絶える。
それが理由。

婉達を救うために、弟は自殺したのではないかとも言われています。

人生の始まり
43歳の婉は、そこから人生を始めようとします。
失われた40年間を取り戻すために

かつて父に仕えていた家臣を頼って朝倉村に戻ります。
ただ、彼らにしてみても、婉を支援すると何をされるか分かりません。

そんな中で「安履亭」を建て、医業を始めます。
朝倉の山野を歩きながら薬草を摘み、本草学の知識を深めていきました。

極貧生活が続くんですが
野中兼山の娘であるというプライドは持ち続けます。

やつれた自分の姿を見られたくなかったようです。
出歩くときは暗くなってから
常に腰に刀を差していた。

ひょっとすると、そもそも人との関わり方が分からなかったのかも知れません。

お医者さんだから、患者さんを見ないと始まりませんが
直接は対面せず、隣の部屋から問診。
ところが、婉が処方する薬は常に的確で
たちとごろに治ったとの噂があちこちで沸き起こり
評判の医師となります。

問題は脈です。
手首に手を当てて、脈を取らないと始まりません。
さあ、どうしよう

手首に糸を巻いてもらって一方の端を持つ。
微妙なとくんとくん、の振動

そんなばかな

そう思いますよね
お婉様の糸脈と大評判。

でも、怪しいぞと思う人が
糸を自分の腕ではなく
猫の足にくくりつける。

いつものように、薬が処方される

そらみろ、このペテン師がっ

包みを開けてみると
入っていたのは
細かく刻まれた鰹節でした。

索引はこちら
[江戸のヒロイン]シリーズはこちら(少し下げてね)


チョウセンハギ

花カレンダー始めました

泪橋から小塚原刑場

吉原ウォーキング
の続きです。

泪橋
玉姫稲荷は昨日書きましたが、そのとなりは、玉姫公園
かなりショックを受けます。

泪橋の交差点を中心にビジネスホテルがものすごい数連なる
言い方を変えると、どや街
住所的にはその名前は残っていませんが、山谷です。
岡林信康の山谷ブルースにもありました。
一泊2200円位

元々は、小塚原刑場に向かう罪人が、家族と別れる橋

明日のジョーの丹下段平の丹下ジムがあったところ

段平は、ジョーを橋の上に呼び、泪橋の由来を話します。
この橋は、人生に敗れた者達が涙で渡る橋だと。
そして、ジョーに言うのです。

二人で苦しみ二人で歯をくいしばって
この泪橋を逆に渡っていこう

ジョー、明日はどっちだ

夢中で読んだなぁ

小塚原刑場跡
江戸時代、江戸の罪人の処刑場は二つ

鈴が森と小塚原
こづかはら、ではなく、こづかっぱら、と読むのが通っぽいです。

江戸にはなぜか懲役刑というものがなく
死刑、その次は追放
罪の重さにより、町からとか江戸からとか
自分達の回りにいなきゃ良いですよ、っていうのが面白い考え方ですね
で、その次が百叩きとか、五十叩きとか
一番軽いのはお説教されておしまい。

ということなので
逆に我々の感覚よりは、死刑は多いかも

その処刑場の二つに一つだから結構大変

延命寺
延命寺に首切り地蔵というのがあります

霊を弔うための地蔵菩薩です

東日本大震災の時に、左腕が落っこちちゃったらしいです。

今は直りました。良かったね

南千住回向院
お墓とかがあるのが、南千住回向院

安政の大獄で死刑になった
橋本左内や吉田松陰の墓もありました。
橋本左内

吉田松陰

吉田松陰についてはこっちも読んでね
吉田松陰、獄中で学校作ろうか
安政の大獄はこちら
[徳川名参謀]14 家茂→井伊直弼。安政の大獄1
[徳川名参謀]14 家茂→井伊直弼。安政の大獄2
あとは
鼠小僧次郎吉

高橋お伝

なぜか、名プロレスラー、カールゴッチの墓もあったりします。

死刑執行
死刑執行するのは
山田朝右衛門という人が代々行います。

綱吉が平和宣言し
武士と言えども人は切っちゃいけないと決めてから
武士は刀は持っていても、人は切っていません。

切ったら死刑。
だから四十七士は切腹なのね

ということは
山田朝右衛門のみが人を切れる。

殺到するのが、刀剣の鑑定

あっこれね
いかにも切れそうだけど、実際には全然駄目ね

それから、死体であっても解剖禁止だから
人の臓器を取り出す特権を持っているのは、山田朝右衛門だけ

腎臓だの肝臓だのを薬として売り出して大儲け
後に禁止されるんですけど

ということで、小塚原と言えば、解体新書
こっちも読んでね
解体新書、ターヘルアナトミア その1
解体新書、ターヘルアナトミア その2

記念碑もありました。

素盞雄神社
もうちょっと足を伸ばしてみました
素盞雄(すさのお)神社
スサノオノミコトを祭っているくらいですから、無茶苦茶由緒正しいです。

795年。
奇岩を、これは神様だ、スサノオノミコトに違いないと祀った。
同じ石なのか不明ですが、瑞光石(ずいこうせき)を元に江戸時代に富士塚が作られます。
富士講の話は何度か書いていますが
最近分かってきたのは、食行身禄(じきじょうみろく)という人が大きく関わっているということ
長くなりますので、食行身禄については、回を改めますね

江戸風鈴
良い音色をしていました。

荒川ふるさと文化館
荒川区がやっている、区の紹介の博物館
入館100円です。
残念ながら、内部の撮影NG

やはり、小塚原の話とか、芭蕉が奥の細道をスタートした場所なのでその話とか
荒川区で起きた産業の話とか

ずいぶん充実した一日になりました。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


オカトラノオ

花カレンダー始めました

愛ある紀行家、E・R・シドモア

外国人から見た幕末・明治の日本シリーズ

色々、日本の事を気に入ってくれた外国人を紹介してきましたが
この人の書いた文章が一番気持ち良い

私は誉められるのが大好きですから

E・R・シドモア

アメリカのシドモアが日本を初めて訪れたのは1884(明治17)年
そこから、実に45年間、日本と深く関わり続けることになる。

1891(明治24)年に原題「ジンリキシャ・デイズ・イン・ジャパン」を著します。
邦題は「シドモア日本紀行」
人力車をその音のまま使ってくれたところが
異文化への敬意を表しています。

前書きにはこう書かれています。

これまで、科学者、学者、教授、詩人、政治記者が溢れるほど日本を紹介してきましたが
気分を明るくしたり、心地よい印象を残す配慮に欠けていました。

良いですね
紹介すりゃ良いってもんじゃないでしょ、と言わんばかり。

例えば、人力車については

彼らには、不文律の道路ルールがあり、車はお互いきちんと単縦列に並べます。
隊列の先頭に乗るのは、最長老や格式の高い人物に決まっていますが
この秩序を乱すのは、私達田舎者だけです。

びっくり仰天です。この文章。
欧米の指導のもとに近代化を進めていっているわけで
外国人さんたちは先生、すなわち目上の人として接していたと想像できますが
シドモアからみると、欧米人を田舎者呼ばわりしています。
おそらく当たり前のように前を走らせたんでしょう。

横浜の杉田梅林についての文章

あふれ返る群衆にもかかわらず、万事礼儀正しく穏やかで、しかも秩序立っています。
花の咲く木の下、夢想と恍惚に没我して座り、梅の歌を書き、
短冊を枝に結ぶこの洗練された人々にとって、これ以上の歓喜はありません。
理想郷の中で春の詩歌は無視されることなく、テーマを冗談半分に扱うこともありません。
そよ風は短冊を優しくあおぎ、吊り下がっている状態を際立たせ
行き交う人に読まれていきます。
しかし、それは不滅ではありません。
最初の猛烈な雨が紙片を濡らし、萎びさせ、すぐ残骸となって大地に落下し、消えていきます。

表現の言い回しとかは、欧米人特有のオーバー目の表現ではありますが
言いたいこと、は、この人日本人なんじゃないの?と思わせます。
諸行無常まで言っちゃってますね

この頃日本に来た外国人の書いた文章に最も多く共通するのが、混浴への批判。
当時の銭湯は混浴でした。
江戸を通じて、混浴は松平定信等、何度か禁止されては
その人が失脚すると同時にあっという間に元通り、と言うことを繰り返してきていました。

どんなに日本に好意的な人も混浴だけは批判しています。

シドモアにも、混浴に関わる記述があります。

ある日突然、変な外人が風呂場に侵入したため、
子供以外全員、深く湯船につかったままになりました。
その時、自然で当たり前の事を観察する異人の気取った理解しがたいやり方は、はっきりと軽蔑されました。
無着衣の裸体に関し、欧米人があれこれ妙な不快感を示し誤解している点を
日本人は「あまりにもくだらない話だ」と笑っています。

確かに今の我々が考えても、混浴が一般的だというのは異様な気がします。
ただ、それは批判に値すること、なんでしょうか

湯船につかっているシドモアに

お姉さんどこのお国から来なすった
ほう、メリケンで
遠いところからご苦労で
ぜひゆっくりしていっておくんなさい

とフランクに話しかけたかも知れませんね

これで良いんじゃないか、ってそう思ったのかも知れません。

富士山についての記述は

わが母国のレーニア山も万年雪に覆われ、斜面の森林がピュージェット湾内に濃い緑の影を落とし、
昔も今も変わらぬ愛すべき山です。
しかし、私たち米国人がこのような壮麗な山、雪、岩、森を持っていても
日本のように詩歌を好み自然を愛する国民を持ち合わせていません。
夢と伝説の輝きに包まれ、あらゆる人に親しまれ心を和ませ
もうひとつの富士を創造してきた日本民族の教養と伝統を、残念ながら
私どもは育んで来ませんでした。

「もうひとつの富士」か
我々の心の中にある誇るべきもの

彼女は、紀行作家にとどまらず
日本に関わるいろんな事に活動の幅を広げていく。

ワシントンのポトマック河畔に、日本の桜が立ち並んでいるのは
彼女の運動によるもの

赤十字活動や、国際連盟への協力

排日移民の動きが起きると、それに反対し
ついには母国を捨てて、スイスに亡命する

受け継がれているもの
赤面するほどのお褒めの言葉は
それに比べて、などという他者批判に使いたくない。

母国を捨てたとは言え、シドモアはやはりアメリカ人だし
このシリーズをやってみて、多くの外国人が
日本と通じ合う共有できるものを持ち合わせていることを知った。

使うべきは、繰り返しての再認識だろう。

震災後の整然とした行動だったり
ワールドカップでのゴミ集めを率先して行った事だったり。

おてんと様が見てるから
誰が見てなくってもちゃんとやりましょ
って、
我々の中に受け継がれているもの

繰り返し、日本人の良いところを再認識し
考えずとも、行動に移っているようにしなきゃね

スケートの羽生結弦は
自分がメインゲストとして呼ばれた記者会見が終わったあと
毎回、他の人の分の椅子まできっちり片付けてから会場をあとにするらしい

驚いた外国人記者たちが
素晴らしいですね、と言ったら

日本人ですから当たり前なんですよ

索引はこちら
[外国人から見た幕末・明治の日本]シリーズはこちら(少し下げてね)


メランポジウム

花カレンダー始めました

キャベツは闘う遊び人

うちにセキセイインコのキャベツが来たのが、5月4日
くうちゃんの新しいお友達。メイちゃん来たよ
くうちゃんの心の叫びは?

最初は先住のくうちゃんが攻撃して大変で
だんだん慣れてきて、「仲良いんだか悪いんだか」というところまでお話ししました。
仲が良いんだか悪いんだか

それからかなり経ちますね

仲良し
はい、仲良しになりました。

キャベちゃんはほぼメスであることが判明

その前のシャケちゃんはオスだったので
餌のあげあいっこをして、朝から晩までチュッチュチッチュ

メス同士だと、仲良しの仕方が違うんですね
チュッチュチッチュはするんです
でも、餌のあげあいっこはしない

そして、チュッチュチッチュするうちに気持ちが高ぶってくるのか
たまに以前のようにつついて攻撃しあう事に発展する場合があるけど
おそらくあれは、憎くてやっている訳じゃなく
仲良しの範囲内でのスポーツ。
スパーリングってやつかな

くうちゃんが来たのが2015/8/9
あれから丸三年なんですね
新しい家族(くうちゃん)

そのあと、海ちゃん(メス)が来て(2015/11/14)
うみちゃんがやって来た

海ちゃんが原因不明の急死で
次にシャケちゃん(オス)が来て(2016/8/14)
新しいセキセイインコ。名前はシャケ

そして今度のキャベちゃん

面白いのが、お相手が変わるとくうちゃんも変わるのね

最初の海ちゃんは、とにかく活発で人懐っこくて
飛び回って飛び回って大変。
くうちゃんは先住の筈なのに
海ちゃんに振り回される感じで
海ちゃんのあとをどこへ行くのも付いて回る

シャケちゃんは全く逆で内向的
特に人には最後まで慣れなかった
オスとメスでつがいになったから
この関係は特別でしたね
シャケちゃんはくうちゃん命
くうちゃんの行くところにはどこでも付いていくんだけど
海ちゃんの時より、とにかくベッタリ
朝から晩までずっとチュッチュチッチュ

さあ、そしてキャベちゃんは

キャベちゃん
かなり慣れてきたんでしょう
成長してきたのかも知れません
性格が大分出てきました。

海ちゃん、シャケちゃんはアウトドア派
休日に放鳥すると一目散に飛び出していった

ところが不思議なことに、キャベちゃんはあまり外に出ません
最初の頃は敢えて羽根を切っていたからうまく飛べなかったんだけど
いくらなんでも、きれいに羽根は伸びている筈

飛ぶのは得意じゃないかも知れません。
外に飛んで出ても
ふと気づくと巣っこに戻っちゃっている

そうなると、くうちゃんもひとりで外にいてもあんまり面白くないんでしょう。
くうちゃんも、ふと気付くと戻ってます。

というと、大人しい性格だと思いますよね
それがどうも、本性が出てきたというのか

意外に活発かも

くうちゃんをはじめとして
今までの鳥さんたちは、
思ったほど、巣っこの中に入れてあげたおもちゃに興味を示さなかった。

くうちゃんはそれよりは、ひたすらに木をかじる

キャベちゃんは遊び人
おもちゃで遊ぶの大好き

さらに最近、格闘家としての能力が開花したかも知れません。

プラスチックのスプーンで遊んでいたので
上から紐で吊るしてあげると
目覚めましたねえ

動画で上げたのは全然序の口
今はスプーンの真ん中辺で吊るしているんだけど
そうすると
おそらく完全に親の敵だと思い込んでます。
徹底的に叩きのめさないと気が済まないようです。

あんまり必死なので、動画に取ろうと思ったら
取り出すとカメラの方に興味が移るのか止めちゃうのよね
残念!

今日娘たちが試しに鈴を吊下げてみたら
これがまた凄かった。

相手の攻撃を見事にかわしつつ
確実にくちばしパンチをヒットさせていく。
惚れ惚れする動きです。

世界チャンピオンも夢では無さそうです。

索引はこちら
[]シリーズはこちら(少し下げてね)


ゴーヤ

花カレンダー始めました