[天皇]35-2。乙巳の変(虫も殺さぬ大化の改新)

皇極天皇
の続きになります。

中臣鎌足と中大兄皇子が仲良くなって、ミーティングを重ね
ある計画を練っていたというところでしたね

蘇我入鹿殺人計画、即ち乙巳の変(いっしのへん)です。

ところで、乙巳の変(いっしのへん)って知ってました?
我々の世代は、大化の改新って言っていたような。

645年の虫も殺さぬ大化の改新

どうも途中から教科書が変わったっぽい

蘇我入鹿を殺したという殺人事件(政変)=乙巳の変と
政治的大改革の大化の改新を一旦別物と考えましょう

大化の改新って乙巳の変と連動して起きたものか怪しくて
ひょっとしてもう少しあとだったんじゃないかと。
今後何らかの資料が発見されて、明らかになったら
別々に扱っておいた方が都合が良いね、と言うことのようです。

改新の詔を中心とした大化の改新は、
ここから中央集権国家としての「日本」が始まったと言える画期的なもの

ちょっと大化の改新は後回しにして、乙巳の変から

乙巳の変
乙巳の変は間違いなく645年
乙巳と言っているので絶対です。
乙巳は60年で一回りの干支と言われるもの
当然西暦なんかないので、干支しかありません
元号すらない
もう少しあとに日本で初めての元号「大化」が決まります。
乙の方は十干(じゅっかん)といって、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(コウ・オツ・ヘイ・テイ・ボ・キ・コウ・シン・ジン・キ)
の順。
巳の方は十二支ね
十干が10で巡ると言うことはとても便利
西暦の下一桁が分かるんです。
甲は4から始まります。
だから乙は5年
虫も殺さぬ645年ですね

壬申の乱は67[2]年
戊辰戦争は186[8]年ね

さあ、Xデーに参りましょう
蘇我入鹿を確実に呼び出す必要があります。

嘘のイベントを開催
朝鮮半島の3国が貢ぎ物を持ってくるので、そのセレモニー

当時の半島情勢からして、あり得る話なので、入鹿も行かざるを得ません

さらに、セレモニーなので、持ってきた刀は入口に預けて入ることになります。

打ち合わせでは関係者4人
中大兄皇子と中臣鎌足
さらに、蘇我氏の分家、蘇我倉山田石川麻呂がまず、「三韓の上表文」という贋の文書を読み上げます。

怖いよぅ
石川麻呂はこれから起きようとしていることが恐ろしくて
ブルブル声が震えちゃいました。

入鹿が
どうしたの?

こんなに天皇のお側に近づくことがなかったので
恐れ多くて震えちゃいました。

実際に突入するのは、石川麻呂の部下

の筈だった

あれ?

突入の合図、「三韓の上表文」が終わっちゃうよ

怖じ気づいて出てこれない

ええいっ

中大兄皇子自らが刀をふりおろした。

この事、中大兄皇子自身が実行犯となったことが
後々、大きな意味を持ってきます。

な、何
何なんだ
私が何をしたと

血だらけの体で、何とか皇極天皇のところににじり寄る

どうしたって言うの?

蘇我入鹿が天皇の座を奪うべく謀反を計画しておりました。

ん?
という顔をしたあと、皇極天皇はその場を退席

息子に、あとは任せた
という意思表示と言えるでしょう。

遺体は、親、即ち蘇我蝦夷のところに運ばれました
蝦夷は自決
かくして、蘇我氏の宗家は断絶となりました。

中臣鎌足は、藤原鎌足と名乗ることになり
歴史上ずっと中心でありつづけた、藤原家が誕生することになります。

皇極天皇は、公の場で息子が殺人を犯してしまったこと
自分がそうと知りつつ退席した事の責任を取って天皇を退く事になります。
これが歴史上初めての天皇の譲位です

藤原氏の始まり
譲位が初めて
元号、大化が初めて

それ以外にも初めて尽くしの大化の改新
次回お話することに致しましょう

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]99 星降る街角。

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

星降る街角
敏いとうとハッピー&ブルー
作詞・作曲、日高仁
1977年

♪星の降る夜は あなたと二人で 踊ろうよ
 流れるボサノバ 触れ合う指先 ああ恋の夜

敏いとうとハッピー&ブルー
出ました。敏いとうとハッピー&ブルー
売れましたよね
星降る街角もそうだけど
わたし祈ってます とか よせばいいのに とか

わたし祈ってます は大好きで
気がつくと口ずさんでます。

♪かーらだにじゅうぶん 注意をするのよー

はい、分かりました。そうします。

こういうムード歌謡は何でなくなっちゃったんでしょうか
今でも意外に出せば受ける気がしますけどねえ

星降る街角
♪チャンチャ チャンチャ チャラララララララ
ウォンチュー

これ、最初、ワンツーだった
そうすると、お客さん数人が、スリー、って叫んで、がくがくっと

仕方なくウォンチューに変えたらしい

間にも、合いの手が入る、いわゆる合いの手もの
カラオケで盛り上げるには欠かせませんね

ああ、恋の夜(夜 夜 夜 夜 長い夜)

イルミネーション
星降る街角っていうのは、イルミネーションの事です
そういう事にしましょう

どんどんイルミネーション名物スポットが増えてきました
LEDの開発が大きいんでしょう
何万個付けてもそんなに電気代がかからない

ほっこりするというかうっとりするというか
独特です。あの感覚
とても大好きです。



以前、ウォーキングイベントでイルミネーション巡りに連れていってもらったとき思いました。

ああ、幸せ

そういう大規模なイルミネーションも好きですが
住宅街の中の普通の家が、イルミネーションで家を飾っているの
すごいです
見る度どれだけ癒されるか

何の得もなく、みんなを癒してあげようというそれだけでしょう
立派です。
電気だって、電飾代だっているわけで
絶対いい人です。
成仏します。極楽浄土間違いなし

ウォンチュー

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

野火止用水を辿って

週末です。
午前中、下水パイプの掃除をするとかで、家にいないといけませんでした。
お出掛けは午後からでも行けるとこ

歩いて行けるところにしよう。

江戸の人達の上水道として活躍した、玉川上水
42km全てを何回かに分けて完歩しました。

その前に神田上水も歩いています。

実は、家のすぐ近くを野火止(のびどめ)用水が流れています。
うちの住所も野火止
野火止用水は玉川上水からの分水で一番長く24kmもあります。

江戸時代の水道を訪ねて第三弾
野火止用水と参りましょう。

実は玉川上水から分水した最初の辺はウォーキングイベントで歩いているし
最後の志木市のところもウォーキングイベントで歩いています
間を埋めることにいたしましょう。
赤いところは既に歩いています。

真ん中辺の青い丸は自宅です。

スタート
自宅から5分位のところから歩き始め。

玉川上水と比べると、幅も狭く、横に遊歩道も充実していて、すぐ隣をずっと流れてくれます。

案内版もあちこちにあって、力入っているなあって感じ

玉川上水は松平信綱が老中の時に企画し、実際に工事を指揮したのは玉川兄弟。
玉川上水の見事な出来栄えに、松平信綱が将軍から
褒美をとらすぞ。何が良い
と聞かれ

私どもの所領、野火止地域は荒れ果てており、開発したいのですが
水に大変困っております。
玉川上水から、分水を引かせていただいてよろしいでしょうか。

エエよ

ってことで引いたのが野火止用水です。

現在の埼玉県志木市まで24kmの、
玉川上水の分水の中では最も長い用水です。
飲用、灌漑用水、両方の用途に使われました。

鯉もいて

紅葉も見事でした

一部、下に降りて子供が水遊びできるところもありました

四阿(あずまや)もありました

その横の地図にコミュニティセンターがあると書いてありました。

あったあった。中に入ってみましょう。

要するに公民館です。
誰もいないのかな

部屋の中のテーブルの上に、いっぱい、囲碁や将棋の盤がおいてありました。
これから、囲碁や将棋の大会があるのかな

おっと、野火止用水の古地図だ。
ちょっと失礼して。

じっくり見ていると、女性が入ってきました。

あっ

あっ

すみません。
野火止用水の地図を見せていただいていました。

そういう事だったんですか

囲碁や将棋の参加者だと思われたようです。

どうですか。囲碁とか将棋とか、このあと、初心者向けの教室をやるんですが
やっていかれません?

すみません。もう少し歩きたいんで。

そのあと、講師の叔父さんも入ってこられ
昔の野火止用水の話。

私が小さい頃は完全に生活用水で、きれいな水がいっぱい流れていたんですよ。

いろんな用水の話に花が咲き
パンフレットもいただきました。

ありがとうございます。
このあと、この地図で歩いていきます。

いつも言いますが
こういうのが楽しくて、ウォーキングはやめられません。

あっ、アオサギ

分流地点
分流地点に来ました。
本流と、平林寺堀に分かれます

本流

平林寺堀

平林寺については明日説明しますね
分流地点は公園になっています

その中に、清流復活の碑

昭和39年に、水質悪化で、水がストップしたんだけど
やはり復活させようと、昭和48年に東村山の浄水場で浄水処理された水が流されることになり、復活したんです。

先程のおじさんの話は、水質悪化より前の話ですね

本多緑道

桜の名所らしいです。

でっかい体育館

その横の木の名前版がとても可愛かった

一番見たかったのが、野火止用水が関越自動車道を横切るための橋
これが本流の方

平林寺堀の方は、人間が渡る橋の横を沿うように流れます

このあと、平林寺に入っていくんですが
続きは明日ね

おでかけマップ