[明治] 元老のその後

[明治] 総理大臣は元老が選んでいた。
の続きです

元老
明治14年の政変後、
長州、薩摩の藩閥政治家たちは、次の首相を選ぶという重要事項を
伊藤博文、山県有朋、黒田清隆、松方正義、井上馨という5人が集まって協議して決める仕組みを作った。

最初の頃は自分達で持ち回りになる

5人の力関係は
どーんと伊藤博文
ちょっと離れて山県有朋と黒田清隆
もう少し離れて、井上馨
さらに離れて松方正義、って感じでしょうか

この力関係はだんだん変わっていくんですけどね。

結局のところ、そんな不思議なインフォーマルな会議がなぜ幅をきかせていたかというと
天皇です。

天皇が5人に声をかける
考えてね

明治って立憲君主制だから
それなら仕方ないね、となる

伊藤博文は海外を回って君主も個人的な気分で統治するのではなく
国の中の一機関として存在するのだということを学んでくる。

大日本帝国憲法を制定するにあたり
明治天皇にその考え方を伝授

まだ若かった明治天皇は、素直に感銘
教えてくれた伊藤博文の事も大好きになる

ただ、だんだん明治天皇も歳を重ね、
色んな事が分かるようになってくると
多少は自分の意見も言いたくなってくる

絶対的に信頼されている伊藤は、
その辺の事も理解している

たまに、5人全部じゃなくて、一人だけに声をかけて意見を聞いたりすると
まずいってことで
二人増やす。
西郷従道と大山巌
どうしても、伊藤と山県と井上が長州で
強くなりすぎるので、薩摩を補充って意味もあるんですけどね

やんわりと
一人とかはダメですからね
こっちで決めた人に声をかけてくださいよ

どうしても天皇としても好き嫌いが出る
圧倒的に好きなのが伊藤で
正直好きじゃないっていうのが、黒田と大山

松方って財政に滅法強く
大蔵相としてはとても力を発揮し、元老に選んでもらえたりした
でも、どうにも次がいなくて、首相になったとき
とても今いちで、すぐに退陣になった。
ところが経験って面白いもので
2回目、3回目と首相をやる機会が出てくると
慣れてきたというのか、どんどん力を発揮していく。

最初は薩摩の筆頭は黒田だったのに
天皇に嫌われちゃったということもあって
松方に取って変わられていく。

元々、政党に対抗して伊藤が考えた仕組みな訳だけど
どうしても、政党の力が強くなってくるとそうもしていられなくなってくる。

部分的に、自由党や進歩党の力を少し借りて、大臣になってもらったりしながら

時には、一回やらせてみようって事で大隈重信を次期首相として指名したこともある

残念ながら内部分裂を起こして、大隈内閣はたった4ヵ月で破綻してしまうんですけどね。

そんな中で、政党に対する考え方で元老の中で考え方が分かれていく。
大隈内閣が失敗したこともあって
山県有朋は政党による内閣はまだまだ早いと思っているんだけど

伊藤は、だんだんそろそろ良いんじゃない?って方に傾いていく。
で、自分で政友会って政党を作っちゃった。

当然藩閥を守ろうと思っている藩閥政治家たちからは嫌われてしまう。

山県有朋の方につくようになっていって、
力的には、伊藤に山県が並ぶようになってくる

でも結局は天皇の影響力はすごくて
ダントツで信頼されている伊藤は
暗殺されるまで、山県に抜かれることはなかった。

どんどん元老たちが歳を取ってくると
マスコミとかは元老を批判するようになっていく。

伊藤が暗殺されたころになると
黒田も西郷も亡くなってしまった。

残された山県は元老制度を守るべく頑張る頑張る

山県の後継者、桂太郎と
伊藤の後継者、西園寺公望
の時代に突入

山県と伊藤は何かと張り合っていたが
この二人は立場は違えど個人的には仲が良い

お互いに次は君ね、さらに次はまたこっちみたいに密約を交わす。
元老の審議は形式だけ

最後まで知らされていなかった山県は大ショック
今までずっと桂太郎を可愛がって来たのになぜ言わん。

さらに桂が政党を作ろうとしたので大激怒
この裏切り者が。

で、元老制度を守るべく
追加した元老がなんと政友会の西園寺公望

政党ですやん

案の定
初めて、元老会議に参加した西園寺は

私は多数党が政権を取るという考え方が良いと思うんですよ

そりゃそう言うわね

その後、おじいちゃんたちの元老は、次々亡くなっていきます。

気づいてみれば、元老は、西園寺ただ一人

でも最後まで、西園寺が頑張るんです。

結局、普通に考えていかにも闇の組織のような元老が
そこそこ適切な首相を選び続けられたというのは
たまたまこのメンバーが優秀だったからでしょう。

伊藤が飛び抜けて私利私欲を考えない人だったからというのもあるんでしょうが
誰一人私利私欲を考えていなかった。
普通に考えて、次の首相を決める人がいたら
首相になりたい人は思いきり賄賂贈るでしょう。

そうならなかったんです。

[明治]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植物]フクジュソウ。あったかいんだからぁ

植物のかしこい生き方、第二章「あらがわない」から

自分にないものを手に入れて好かれようとするのではなく
自分の中にあるもので魅力を伝える

フクジュソウ

お正月の飾り物
ナンテンとフクジュソウ


ナンテンは難を転じる

難を転じてどうなるの
福となす

福寿草の出番です。

福でもって長寿
これひとつで七福神のようです。

旧暦のお正月、二月頃に黄色い花を咲かせるので
元日草や朔日(ついたち)草というおめでたい名前も持っています。

新春に地上につぼみが出てきて、葉っぱが出るより先に花が咲きます。

花が根から直接咲いているように見えますが
短い茎は存在し
栽培を続けると茎も長く伸び、葉っぱも大きく成長します。

まだ寒い冬に花を咲かせるのは
花粉を運んでくれるハチやチョウチョウ等の虫を誘う競争を避けるためです。

この植物シリーズでお馴染みですね。

ところが、このフクジュソウ
虫を誘うために良い香りを出すことも
甘い蜜を出すこともしません。

そりゃ競争を避けたとしても無理なんじゃないの?

季節と色と形にヒントがあります。

冬の寒い時期
明るい日の光が当たると
光沢のある黄色い花びらがパラボナアンテナのような形に広がります。
そして、ヒマワリのごとく、太陽の動きに合わせて花の向きを変えます。

するとどうでしょう。
花が温かくなるんです。

寒いよう
ブルブル震えていたハチたちは
フクジュソウでひとやすみ

♪あったかいんだからぁ

これぞ幸せの提供者
福寿草の名を持つだけの事はありますね

人と同じような武器も能力も持っていないんなら
勝ち負けなんかじゃなく
あったかさを提供すれば良い

にっこり笑えば
それだけで良いんじゃないかなあ

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[伊勢] 伊勢神宮と仏教。

伊勢神宮にとって、仏教とは何で
仏教にとって、伊勢神宮とは何だろう。

神仏習合
江戸時代以前は、神道と仏教は友達だった。
神仏習合。

四文字元号時代の天平神護2(766)年
「伊勢の大神宮寺」についての記述がある

神仏習合の時代には、神社には神宮寺というものが作られていた。
神宮寺とは、神社に付随するお寺の施設
その中で、特に神社を管理統轄する権限を持っているのを別当寺という。

今の伊勢神宮には、どこを探しても仏教の施設はないけど
昔はあったんですね。

ただ、伊勢神宮では、少し仏教的なものを別にしようという意識も働いていた。

宝亀3(772)年には、西に離れた飯高郡度瀬山(現在の松坂市)に移され
その8年後にはさらに遠くに移される。

平安時代になると、伊勢神宮内の仏教用語も別の言葉に変えたりしている

僧侶などは神前に参る事が出来なくなり
二の鳥居までしか行けなくなった。

ただ、伊勢神宮が全面的に仏教色を排除した訳ではない
南北町時代には、真言宗の祈祷所が境内内にあった。

伊勢神宮に仕える神官も個人的には仏教を信仰していた。

伊勢神宮の東北には、朝熊ヶ岳(あさまがたけ)という山がある
そこには、金剛證寺(こんごうしょうじ)というお寺がある
「伊勢を参らば朝熊を駆けよ。朝熊駆けねば片参り」とまで言われている。

この金剛證寺の経筒で、伊勢神宮の内宮の神官荒木田氏と外宮の神官度会氏の
奉納したものが見つかっている。

天照大御神
神仏習合では、本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)というのがあります。
神道の神様は、仏教の仏様が、姿を替えて日本に現れたものだと。
現れた神様を権現(ごんげん)と呼んだりします。

神様の親玉、伊勢神宮の天照大御神(アマテラスオオミカミ)は誰なのかなあ
当然一番偉い人(?)なので、釈迦如来だと思いましたら
観音菩薩だと。
えっ。菩薩はないでしょ。せめて如来。

そんな私の声が届いたのか
途中から変わってきたりします。

大日如来

なるほど真言宗ね

仏教って面白いというか不思議というか
他の一神教のように、唯一絶対的なものを作らない。
釈迦如来がドーンといて、って感じじゃない。

お釈迦様自体が、そんなふうな扱いをしちゃだめよ、って言ったこともあるんだけど。

各派色々分かれる中で、空海の真言宗は
釈迦如来より大日如来の方が偉い、ってことにしちゃう。

それもどうなの?とは思いますが。

浄土宗、浄土真宗では、どちらかというと、釈迦如来より阿弥陀如来ですしね。

伊勢神宮では、空海の真言宗がかなり強く影響していたということが分かります。
さっきの金剛證寺も、今は臨済宗に改宗しているんだけど、元は真言宗でした。

さらに、両部神道(りょうぶしんとう)という考え方が出てくる。
内宮の天照大御神と外宮の豊受大御神は両方とも大日如来
胎蔵界(たいぞうかい)と金剛界(こんごうかい)の違い。

胎蔵界は「胎」ってくらいだから、優しく受け入れる感じ。
金剛界の金剛とはダイヤモンドの事だから、最強のガチガチ
胎蔵界は女性的なので、天照大御神
金剛界は男性的なので、豊受大御神

明治になって廃仏毀釈になると、こういう考え方も全部なくなっちゃうんですけどね。

復興
前回の伊勢神宮の式年遷宮の話で、コメントをいただきました。
内宮の近くの慶光院の尼さんたちが、100年近くも式年遷宮がなされず
荒れ果てていた伊勢神宮を何とかすべく立ち上がった。

それはすごい話だ
調べてみました。

慶光院の尼僧、清順が中心になって再興運動を行い
ついには実現した

そもそも、伊勢神宮内宮は荒れ果てて焼失していたという事なので
慶光院の尼僧は伊勢神宮にとって命の恩人
仏教の力なくして伊勢神宮なし、と言えます。

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)

下谷でお寺巡り

(6/20(土)の事です)

下谷、入谷のウォーキングイベントを来週末やりますので
再度下見です。

前回の下谷や入谷の様子はこちら
ダブっている場所は、こちらを読んでね
下谷
入谷

どうせいつもしゃべり切れずに終わるので
2回も下見しなきゃ良いものを、ついついね
しゃべるのが趣味なので仕方内です

広徳寺
恐れ入り谷の鬼子母神
びっくり下谷の広徳寺
そうで有馬の水天宮

今回のイベントで、入谷の鬼子母神(真源寺)に行きますので
バランス上、広徳寺には行かない訳には行きません。

ところが実は、下谷の広徳寺は練馬区に移転しちゃっています。
びっくり練馬の広徳寺、じゃおさまりが悪い
跡地でも良いから見に行かなきゃね

はいここ

広徳寺は警察署になっていたんですね
こりゃまた
びっくり下谷の広徳寺

下谷神社と永昌寺は、前回とダブるので割愛

誓教寺
大物でございます。
葛飾北斎の墓

お墓を見つけるのにかなり苦労したけど、結局墓地に入ってすぐの所にありました

帰り際に見ると、銅像もありました。

坂東報恩寺

俎(まないた)開き、という儀式を毎年行っていて有名
一切手を触れずに、鯛やら鯉を捌く

えっ、どんなの?
気になりますね

えいっ、とか言うと、気でもって、魚がひっくり返ったりするんでしょうか
さすがにそれはね

ネットで調べてみました。


長い菜箸みたいなので押さえつけながらさばいて行く

動画も見たけど
雅楽の鳴り響くなか
ひとつひとつ気合いが入っていて、えいやあって感じ
生で見ると面白いだろうなあ。

聖徳寺
前回、これ見逃したなあ
超大物
玉川庄右衛門・清右衛門の玉川兄弟の墓がある

おおおっ。あの玉川上水を作った。
玉川兄弟あっての今の東京でございます。
途中、資金が尽きて、追加予算を申請するも認められず
仕方なしに自分達の資財を投げ売り、個人的に借金してまで工事を完成させた。
完成後は、目一杯の報酬で、倍返し出来たんだけどね。

こっちがお兄さんの庄右衛門
長男で、玉川家を起こしたので玉川家代々の墓

こっちは清右衛門

どう?兄貴
ゆっくり眠れているかい

ああ、清右衛門
俺たち頑張ったよなあ
こうやって、ずっと先まで、墓参りに来てくれる人たちがいる
嬉しいじゃないか
やった甲斐があるってもんだぜ。

共に一番上に梵字のキリークが彫ってある
この一字で阿弥陀如来
墓の見方もだいぶ分かってきましたよ。

法善寺
ここは、江戸検定とかやっているとお馴染み。
斎藤月岑(げっしん)の墓がある

江戸名所図会(えどめいしょずえ)っていう
江戸時代の、地球の歩き方。
斎藤家3代に渡って、江戸の名所を調べあげ
7巻20冊にも及ぶ膨大なもの

今のインターネットで言うと、wikipediaみたいなもんで
江戸でどこかの場所を調べるってなると、まずは江戸名所図会ってくらいのもの

墓、墓、墓
無いなあ

一般の墓参りに来ていた方に

すいません、斎藤三代の墓はどこでしょう

斎藤さんですか?

斎藤月岑とかなんです。とっても有名な人なんですよ。

お寺の人が不在だったので結局分からなかったんですが
親切にお寺の人を探してくれた

地上にいれば犬ほどの、どでかい鯉もいた

あっ、アマビエ

これ妖怪だけど
疫病を退治してくれるらしい。

その後、いろいろ行きましたが、この前とダブっているのでこれまた割愛ね。