[足利将軍]6-2 義教。恐怖政治の果てに

[足利将軍]6 義教。くじ引きで選ばれた将軍
の続きです

義教(よしのり)
将軍になってそうそう、正長の一揆というのが起きる
さらに、播磨の土一揆
求心力が低下していく

元々、大名たちに支えられての室町幕府
その中で、政治に無関係だった義教が、何とか地盤を築こうと試行錯誤

前半は、それなりに味方も作り、バランスを保ちつつ進んでいっていたのだが
関東の持氏との戦いあたりから変わってくる
本来、強気なのでバランスを保ちつつ、というのは性に合わない

大名たちに対して、圧倒的に優位に立ちたくて、大名たちの勢力を削ごうとする
大名内での家督争い等に積極的に介入し、内輪揉めの火に油を注ぐ
これが、後の応仁の乱に繋がっていく

さらに「恐怖政治」が始まる
何だかだと因縁をつけ、要職から外したり、殺したり

元々くじ引きでなった将軍
引け目があるなかで、何とか大名たちに溶け込もうとしていたのに
糸が切れちゃったのかも知れない

義教が主導する幕府政治に直接的にもっとも関与できたのは管領細川持之
そして侍所赤松満祐(あかまつみつすけ)

重臣は、管領(かんれい)と呼ばれる副総理的な役割の細川氏を中心とし
畠山、山名、斯波(しば)
次あたりに赤松氏

赤松満祐は侍所という重要な役職についていたので、義教を良く支えた
少なくとも前半は義教の最も頼りになる人物だったと言える

前回お話しした富士旅行の時は、不在の間京都を守るために京都に残る
その少し前、赤松満祐の領地である播磨に旅行し、手厚い饗応を受けている
正直、富士旅行のお供をするには大名の経済的負担は大きく
京都に残る赤松満祐に対しては、同様に経済的負担を負わなければ、他の大名とバランスが取れないということがあったのだろう

その対応もして、義教を支えてきた赤松満祐なのに
義教が満祐ではない赤松氏(赤松貞村等)に近づく動きを見せた

まさか、私にもか
裏切られた

永享13年2月17日、改元定が行われ、「嘉吉」と改元された
改元されて間もない、嘉吉元年6月24日
満祐の子息の赤松教康の屋敷で諸敵平定の賀宴が催されるということで、
室町殿義教は午後二時すぎ、教康のもとを訪れた

御相伴として管領細川持之、畠山持永、山名持豊、細川持常、大内持世、京極高数らの大名が在席した。
余興として猿楽三番が演じられ、盃酌も五献に進んだところで、義教の座席の後障子が開く

覚悟っ

甲冑を着た武者数十人が乱入し、義教を殺害
義教の近習である細川持春・山名熙貴はともに激しく渡り合ったが、持春は負傷し、熙貴は落命

赤松教康は屋敷に火をかけ、義教と熙貴の頸を剣にさして本拠の播磨へと下国
満祐は現場にこそいなかったが、赤松教康にすぐに合流した

家臣が将軍を殺害。嘉吉の乱と呼ばれる前代未聞の大事件
本能寺の変を連想するが
本能寺の変と違うのは、その後の大名たちの動き
当然即刻対応すべき、赤松征討に迅速に動く大名がいなかった

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

紙でパンプキン爆弾を作りました

(12/23[土]~24[日]の事です)

パンプキン爆弾ついては何回か書いています
西東京市を巡るために
ちょこちょこっと名所巡り
西東京市のイベントの下見
西東京市のイベントの下見の続き

最初に西東京市の郷土資料室でその存在を知ってから、頭を離れません

原子爆弾投下の予行演習のために長崎の原爆と同じ大きさ重さのものを作って
全国49箇所に落とした

そのうちの一つが1/27にウォーキングイベントで行く西東京市のしじゅうから第二公園の場所に落とされた

何に一番驚いたかと言うと、その大きさ

ネットで写真を見ると
全国49ヶ所のうちのいくつかの場所で
大きさを実感してもらうため実物大の模型や絵を再現している
人の大きさと比較して、なんてでかいんだ

本やテレビなどで、原爆の写真とかを見ると
きのこ雲の写真とかが主で、爆弾そのものの大きさを実感出来ていなかった

自分でもその大きさを実感してみたい
ウォーキングイベントでも、みんなにその大きさを実感してほしい

そのためには、実物大の何らかのものを自分で作ってみること
模型までは難しいから、紙を張り合わせて
この大きさだ、ってのを作ってみよう

コピー用紙を張り合わせるのは気が遠くなるほどの作業の気がする
新聞紙を繋げるとしよう

色々調べて、縦が1.5m長さが3.5mであることまでは分かった

すごく大変な作業だったけどなんとか張り合わす事が出来た
部屋では到底広げられる大きさではなく
二つに折ってなんとか入るくらい。これは二つ折なので大きさはこの倍。

枠の線を書こうかな
マジックで書き初めて、ふと
パンプキン爆弾だからなあ
せめて枠線くらいは黄色く描きたい

100円ショップでポスターカラーを売っているかも、と
近くの一番大きなダイソーに出かけた

ポスターカラーは無かったので、次なる候補は、黄色いマスキングテープ
これでいけるかな
と、あれこれ見ていると
黄色の色模造紙を発見
2本入りが2つで必要量の半分だったけど
買ったらまた補充してくれるだろうと、とりあえず2本購入

一旦作業は中断し、あと二本の入荷待ち

次の週末見るが入荷なし
その次の週末も入荷なし
そして昨日
入荷なし
ありゃりゃ、まいったなあ

すみません、この色模造紙、黄色を二本欲しいんですけど
リクエストすれば仕入れてもらえるのでしょうか

お調べしますね
ああ、メーカーの方でも在庫なしですね

あちゃあ、そりゃ入荷ないはず
仕方ない。半分白でもよしとしよう

模造紙を張り合わせ、
目盛が付いているから図面の各線の長さをそれぞれ同じ倍率で計算し線を書いていく

今度は下半分
上半分に合わせ、裏からボールペンでなぞってから裏返し
今度は表をマーカーでなぞっていく
よっしゃ上下対象

表にしたり裏に返したりしながら上下を張り合わせていく

こんなに大きいのか
作業が進むにつれ、つくづく実感していく
確かに、誰かが作った模型でも、横に人が写っていれば大きさは分かるんだけど
分かるというのと、実感するというのはやっぱり違う

ほんとかよ
ほんとにこんなどでかいものをアメリカは作ったのか

大きな問題
イベントで持っていって、と考えたけど
これ、持っていけると思えない

見ていた次女が
持っていけないんじゃないの?なんで続けてんの?

今さらやめられないしな

完成

部屋では広げられない
ある程度だけ広げて、娘に写真を撮ってもらう

娘にも手伝ってもらって折り畳み
なんとか、リュックにおさまるサイズになった

武蔵野公園
あくる日の日曜日
娘が免許の書き換えということで、府中の運転免許試験場まで送迎
書き換えが終わったので、娘と試験場の隣の武蔵野公園に行きましょう

目的は、パンプキン爆弾を広げて、いよいよ大きさを本当に実感したい

公園に爆弾を持ち込んだとあっては、通報されます
人がいないところに行きましょう

まずは地面に広げました

これでは大きさは分かりません

片方を木の枝から洗濯ばさみではさんで
さあ、広げたぞ
娘が撮影

大成功

改めて、やっぱりでかいなあ

追加情報
パンプキン爆弾で前回の説明以降に調べて分かった事を書きます

先ほど、長崎の原爆と同じ大きさ重さと書きました
初めて知ったのですが、
広島の原爆と長崎の原爆って同じものじゃない
広島はウラン型で長崎はプルトニウム型
どちらもウランを元にしているけどプルトニウムの方は、中性子をどのこうのと書いてありました
プルトニウムの方は、比較的安価に作れるが大きさとしては大きくなるらしい
広島の方は、リトルボーイと呼ばれ、長崎の方はファットマン(太っちょ)と呼ばれていた

パンプキン爆弾が長崎型と同じ大きさ重さで作られ49個も落とされたということは
広島型、長崎型両方落とすが、3つ目以降は長崎型を落とすつもりだったと思われます

実は、原子爆弾の原理は日本でも研究されていた
実際に作ろうとしたのだが、原料も資金も足りなかった
アメリカも原理は理解していることも分かっていたが
どうせ作れっこないだろうと、日本は製造をしなかった

途中で、アメリカは作るのではとの情報があり
どれくらい作れそうか調査を依頼
上がって来た調査報告書には500個作れるだろうとあり
あまりの数に驚愕
上に報告できないと揉み消した

西東京市に落とされたパンプキン爆弾は7/29だが
もう少し前の7/20に郡山に落とすつもりで出発
郡山に行くと、曇っていたので、機長が独断で計画を変更
東京に向かい、皇居に投下
天皇の殺害を目論んだ
結果、それて現東京駅の八重洲口のすぐ隣、外堀の中に落下
一人が死亡している
その時は日本に降伏を迫っている時期なので、アメリカは皇居への爆撃を禁止している
機長は命令違反をした訳なので、その後任務を外されている

ポツダム宣言提示が7/20
パンプキン爆弾は7/20以降。例えば西東京市は7/29
広島の原爆が8/6
長崎の原爆が8/9
ポツダム宣言受諾が8/15

もう少し受諾の判断が早ければ、と返す返すも思う

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

浮間公園から謎解きの続きの続き、と悲しいお知らせ

浮間公園から謎解きの続き
の続きです。

岩淵リバーステーション
船着き場

赤門
バーベキュー場から旧岩淵水門(赤門)に行く道のりに
川沿いを歩ける桟橋がありました。

過去の台風でどこまで水位が上がったかを示す標識
昭和22年のカスリーン台風が一番

岩淵水門(青門)

ここでクイズです
3つの門それぞれにつけられた、横縞の赤白赤マークと、縦縞の緑白緑マーク
3つとも開いているので、門が開いている閉まっているではありません
さあ、何のマークでしょう

このあと答えを書くので考えてね

岩淵水門までで、時間が遅くなり、かつ、タブレットの電池残量が無くなって中断しました
ここからが、謎解きの前回の続きってことになります

次のリバーステーション(船着き場)でのぼりが出ていました
何だろう。行ってみましょう

足立区のやっている無料のイベントで、
ボートに乗って、荒川をぐるっと回れるんですよ

ええっ
それは、今から私も参加できるんでしょうか

ごめんなさい、事前予約制なんです

残念!
こんなのらしいです

謎12個中7つまでクリアしておりました
■謎8
この並木の名前を6文字で


荒川と言えば五色桜
昔からこの辺りでは有名だった多くの種類の桜の荒川堤桜は色合いがさまざまで楽しめるから
五色桜と呼ばれて親しまれていた
明治45(1912)年2月19日、尾崎行雄東京市長からワシントンへ寄贈され、
ポトマック河畔に植樹されました。
ところが、荒川放水路の大工事
ほとんどの桜がなくなり、枯れちゃった

それを知った、ワシントン
ポトマック河畔で見事に育った五色桜の苗をお裾分けしたくれた
五色桜はワシントンの好意で里帰りを果たしたのです

■謎9
このオブジェは7文字で何?

全部ネタバレはまずいので、ここは答えを伏せておきましょう

■謎10
ここの渡船場は何と呼ばれていた?
仏様の名前です
〇〇〇如来

■謎11
この橋の名前は?

〇〇〇大橋です
荒川で有名な花と言えば?
もうお分かりですね

■謎12
ラストの謎です
ここのバス停の名前は?
これも伏せておきましょう
絶対行かないと分からないと思います

クリアーー
やったぜ、全問正解

ひたすら歩きました。
2日に渡って。
でも楽しかったなあ

【答え】
船が通って良いのが緑で、ダメなのは赤
真ん中は水深が深いけど、両端は浅いのかも

悲しいお知らせ
長女の出産を機に、カミさんが来年1月から職場を変えるというお話をしたかと思います。

その事に関連し
悲しいお知らせがございます
私にとっては、死刑宣告に等しい

今度の職場は土日が休みなのよ
土曜の掃除は一緒に出来るからね
今まで、手抜きしてたでしょ。知ってるんだから
来年からは許されないからね

ええっ。えええええっ
嘘。それはあかん。絶対あかん
そんなところは断ってしまいなさい

何言ってんの
もう決定なの

————–
カミさんは私が手抜き掃除をできなくなるから残念がっていると思っております
今まで、カミさんはシフト制で、土日にはほとんど仕事で平日が休みの事が多かった
たまに土曜に休みだと、大変なのなんのって
ちゃんと掃除をしないといけないから、疲れる疲れる

それはそうなんですが
実はそういう問題ではない

お出かけできなくなる

ウォーキング同好会のイベントはカミさんに阻止されると困るので
その本番だけは予め日程を伝えてあってOK

でも、それ以外のお出かけは、一切カミさんには内緒にしてあります
カミさんを職場まで車で送って行ったあと、大急ぎで掃除
そしてそそくさとお出かけ
ばれると性格が最悪な(もとい。ちょっとだけ良くない)カミさんなので、
いっぱい用事を言いつけて阻止しにかかります
お出かけから帰るとばれないよう大急ぎで料理を作り、
怪しまれそうな証拠は全て隠滅
何とか今までバレずに来ています

あかん
何ともならん
どうやったってばれる
来年から、お出かけが最低限しかできなくなる
まさかの受験期間中に逆戻り

色々考えてみたのですが、全く解決策が見出だせません

そもそも、今まで隠していた事がおかしい?
はい。おっしゃるとおり
身から出たさびでございます

年内の命かあ

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)

氷川渓谷を歩いて

今日は月に一度のウォーキングイベント

例によって早めに行って散策しよう

氷川渓谷
イベントは日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)
東京都に鍾乳洞があるんだもんね。信じられない

駅で言うと奥多摩駅
奥多摩駅と言えば、渓谷ファンにはたまらない氷川渓谷
2時間前には奥多摩駅に着き、
さあ行きましょう

以前にも日原鍾乳洞でイベントやって
やっぱりその時もイベント前に氷川渓谷を散歩しました

まずは河原に降りてから


吊り橋

吊り橋からの渓谷

遊歩道はどっちから回るかな
左だ


次なる吊り橋

そしてその上からの渓谷
ああ、たまらん





日原街道に戻ってまいりました
ここ、愛宕山への登山道の入口か
昔登ったなあ。
懐かしい

大きな橋の上からの渓谷
おおっ、すごい

駅に戻ってまいりました
この間、20分ほど
全然余裕

昼食用の、食堂を見つけておかなきゃ
駅の上のおしゃれなカフェ
ゲゲっ11:00オープンなの?
あらまいった

向こうの方も探してみよう
食堂はないものの
ん?
こっちにも橋か
橋の上からの渓谷


うーん、幸せ

遊歩道
さっき最初の吊り橋から左に行ったけど、右に行くとこっちに出れる訳ね
行ってみましょう

こっちはさっきの遊歩道と違い、水面への距離が近い
これはこれで趣が違ってナイス







ああ、癒された

さあ、メンバーが着く頃
戻りましょう

メンバーと共に食堂を探すも、どこも11:00開始
キッチンカーでのわさび食堂でわさび丼を食べましょう

うーん、こりゃうまい

メンバーに、ちょこっと吊り橋の辺りに氷川渓谷を案内

おじさんが軽トラに獣の檻を乗せていた
タヌキなんですか

いや、アライグマ

へえ、すごい
野生のなんですか

そうだよ、駆除しているの

最後のメンバーとも合流
駅上でのおしゃれなカフェも11:00になってオープンしたので
一緒にお茶

11:25発のバスで、さあ日原鍾乳洞へ

このあとの様子は次回ね

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)