[明治]三条実美。のらりくらりの最高権力者

「歴代総理の通信簿」という本を読みました。
明治以降の全ての総理大臣に10段階評価をつけるという本です。
評価自体は、著者八幡和郎さんの主観なので、賛否両論あるでしょうがその分析がとても面白い

三条実美(さんじょうさねとみ)
そのスタートが三条実美です。

総理大臣という名称が始まったのは伊藤博文から
従って、初代総理大臣が伊藤博文であることは間違いないのですが
名称が総理大臣ではないにしても、同じ役目をした位があった。

ということで「序章」です

分かりやすくまとめてある図があるので、見ていきましょう。

①幕藩体制(慶應3/10/14)
大政奉還から王政復古の大号令までは、従来通り。
結局は徳川慶喜に委託せざるを得ない状況でした。

②総裁、議定、参与制(慶應3/12/9)
総裁に有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)
副総裁に三条実美と岩倉具視(いわくらともみ)
ということは、一番最初の宰相は有栖川宮熾仁親王だと言えなくもない

③輔相制(慶應4/閏4/9)
総裁制は長くは続きませんでした。
副総裁だった三条実美と岩倉具視が公職の最高位である輔相になります

④太政官制(明治2/7/8)
翌明治二年七月には太政官制が成立し、右大臣に三条、大納言に岩倉と徳大寺実則が就任
明治四年になって三条実美は太政大臣となり、内閣制度の発足までの14年間続けて任務に当たります。

通じて言うと、三条実美は18年間トップにいたことになります。
かなりの長期政権だと言えるでしょう。

三条実美は藤原氏の中の清華家(せいがけ)
近衛家、鷹司家、九条家、二条家、一条家、という摂関家の次の名門です。
一方の岩倉具視は中流の公家ですから
常に岩倉具視の上に三条実美がいて、お公家さんコンビは、二人三脚で物事を進めていきます。

俺が俺がの岩倉具視に比べると、印象が薄いことは否めません
岩倉具視は500円札にもなってますしね

征韓論の時、岩倉具視と西郷隆盛が大喧嘩
間に入って三条実美はノイローゼになって入院

そんなだから、ぼんくらなんだという意見もあります
ただ、ぼんくらで18年間もトップには立てない

特に、首都をどこにするかについてはかなりリーダーシップを発揮しています。
大阪を主張する大久保利通に対し、東京を主張

「東国はこれまで皇室の恵みを受けることが少なく、いつ人心が離れるか分からない。
京都や大阪の人々に少々恨まれても、古来からの関係もあるので皇室に刃向かうことはあるまい。
朝廷を江戸に置いて初めてこの国は安定する」

結局は大久保利通も、前島密に手紙もらったりして、東京論者に変わるんですけどね。

太政官制以降、内閣制までを整理すると
明治6年の征韓論で敗れて西郷隆盛が下野するまでは、三条実美を中心とした合議制
明治11年の大久保利通暗殺までは、三条実美、岩倉具視、大久保利通という縦のラインの独裁制
大久保利通暗殺後、岩倉具視のもとに、大隈重信、伊藤博文、井上馨が並列的に並び
明治14年の政変以降は、岩倉具視のもとに、伊藤博文が力を持ち
明治16年に岩倉具視が亡くなって、
明治18年に、内閣制に移行したという流れです。

伊藤博文が下級武士の出身だったので
三条実美の代わりとなって太政官になれなかった事が大きい。

であれば内閣の上に太政官を置くという制度より
内閣の同列的な地位の中の代表者的な意味で首相を置こうという発想
たまたま名家で、実力を伴った三条実美の代わりを見つけられなかったということです。

のらりくらりの性格ではありますが
激動のこの時代に、一癖も二癖もある猛者たちの上にたち
うまくコントロールするためには
そういった性格の方が良かったのかも知れません

[明治]シリーズはこちら(少し下げてね)

[名僧]明治の廃仏毀釈で寺が絶滅?

名僧シリーズ
明治に入りますが、状況は一変します。

明治新政府が取った宗教に関わる政策
廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)
仏を廃し、お釈迦様の教えを捨てる

5年前、ウォーキングをして神社仏閣によく立ち寄るようになるまでは、
そもそも廃仏毀釈自体を知らなかった
もっというと、その前の神仏習合(しんぶつしゅうごう)自体を意識して考えたことがなかった
神社仏閣なんて辛気くさいところ、積極的に行く人の気持ちが分かりませんでしたから
自分でも、変われば変わるもんだなあと思います。

神社仏閣を歩いて、より楽しみたいと思い、若干のお勉強
確かめるために歩いてみると
うわあ、ほんまや、鳥居って色んな種類あるんや、とか
ほんまや、寺は瓦やけど、神社は違うんか
寺は紐は下がっているけどその上にあるのは鈴じゃない
これ鰐口(わにぐち)っちゅうんか
みたいに

そうなると、逆に例外も目につきだす。
神社なのに瓦ぶきとか、寺なのにこけら葺きとか
寺の中に鳥居があるなんてしょっちゅうだし
かなりの寺にお稲荷さんが祀ってあったりする。

神仏習合という神社とお寺の一体化を目の当たりにするわけです。
ただ、さらに分かってくるのは、見ているのは、以前の姿が崩れたあとの世界

神社とお寺が隣り合っているところが良くある
ああ、一緒だったんだろうなあ、って思う
両方合わせた広大な敷地に、両方の機能を合わせ持った建物がドンドンドン

明治新政府が、幕府に討ち勝てたのは、尊皇という旗頭で団結出来たから。
天皇を中心にした世の中にするぞと。

天皇と言えば神道でしょう、と勘違い
勘違いだと思いますよ
私は、天皇と言えば「仏教と神社」だと思う。
聖徳太子や聖武天皇以降、仏教を中心にまとまって来ました。
神道という宗教があったわけではなく
天皇からすると、儀式を行う場所として「神社」があり
庶民からすると、自然や先祖に感謝して、手を合わせる場所としての「神社」があっただけ

神社って教義も経典も教えも哲学もなーんもなく
法然や親鸞みたいに名前をあげられる有名人も一人もいない
仏教と勝負しようという方が間違っていると思いますが
それでも神社はなくならなかった。

八幡神社がリードして、仏教と仲良くする方針をとった事も大きい。
現実的には、神社は寺院の配下に入り、従属する形

明治政府は、仏教をぶっつぶせ、と言ったわけではないのに
神社の人達は、今までの鬱憤が貯まっていたんじゃないかと思う
地域によってかなり反応が違う

薩長の一方、薩摩では我々がリードしてって気持ちが働いたんでしょうか
なんと、その時期、お寺が完全にゼロになった

富山とかでは、お寺が焼き討ちにあったり

仏像が壊されたりした例も多い
お地蔵さんの顔がつぶれているのを見ると
廃仏毀釈だったんだろうなと思う

東京は、ぶっつぶせというような過激な地域ではなく
神社と寺院を分けましょ、というところぐらいで収まった
敷地を二つに分けて、こっちはお寺、こっちは神社

それまでは寺院の方が優位に立っていたから
新たに建物を作るのは神社側というケースが多い

神社ってさぞや歴史があって、古くからあったんだろうなと思うけど
昔からあったとしても、建物としては明治に作られたというのがかなり多い
そう言われると、比較論だけど、寺院よりは神社の方が新しめが多いかな

廃仏毀釈の強風は結構早めに下火になり
ほとんどの地域で、寺院がなくなるというところまでは至らなかった

この試みは失敗だったと言っていいだろう
なぜ、そんな早くに失敗してしまったのかを含め
次回、もう少し具体的な経緯をお話していきましょう。

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]43 元明天皇。奈良時代の始まりです。

天皇シリーズ

文武天皇は大きな時代の到来を予感させましたが
残念!
25歳にして亡くなってしまいました。

元明天皇
707~715年

元明天皇については、以前にも書いたので、よろしければ
元明天皇、母に逆戻り。一緒に繋ごうね

持統天皇の意図した、直系で繋いでいくこと
せっかくうまく行きそうだったのにね
でも大丈夫。
既に、文武天皇には男の子が生まれておりました。

その時、七歳
うーん、どうしたものか

分かったわ
私が繋いでおくわ

文武天皇のお母さんの出番です。
女帝としては、推古天皇、皇極(斉明)天皇、持統天皇に続く4人目です。

中継ぎ天皇とはいえ
どっこい、でかい仕事をやりとげました。

今までは、天皇の代替わりごとに宮を変え、あっちへ行ったりこっちへ行ったり

もっと本格的な首都機能を作ろうと、藤原京というのを作ろうとしたんだけど
一番中心となる大通りが短かすぎていまいちなのよね

分かったわ
私に任せなさい
どーんと立派なのを作ろうじゃないの

平城京です
なんと(710)見事な平城京

鳴くよ(794)うぐいす平安京までの84年間、奈良時代ということになります。
めでたいっ

平城京は憧れの中国長安の都をそっくりそのまま、完全コピー
長さにしてきれいに半分
面積にすると四分の一です。

面白いのが長安と緯度が全く一緒
長安から、すうーっと東に線を引くと平城京になります。

きれいに碁盤の目に道路を作って、分かりやすぅ

こんな本格的な首都機能なら
ころころ変えるのは止めてずっとここを使うことにしたので奈良時代って訳です。

あをによし 奈良の都は 咲く花の 
にほうがごとく 今盛りなり

小野妹子の孫の小野老(おののおゆ)が歌った歌です

いよいよ遷都の時、振り返り振り返りしながら
元明天皇が歌った歌

飛ぶ鳥の 明日香の里を 置きて往なば
君があたりは 見ずかもあらむ

(飛ぶ鳥の明日香の里を後にしていったなら、
君のいるあたりを目にすることが出来なくなってしまうかも)

元号
元号についても書いておきましょう

最初の元号、大化のあと、飛び飛びであったりなかったり
白雉(はくち)朱鳥(しゅちょう)
大宝律令の大宝(701年)からはずっと続くことになります。
大宝4年に西の空に縁起の良い雲が出た
こりゃめでたいと、慶雲(けいうん)704年

慶雲4年に、武蔵の国で銅が産出された
プレゼントされた元明天皇は大喜び
和銅(わどう)

この時はまだ天皇の代替わりで改元という発想がなかったのでちょっとずれる訳です。

譲位
孫(後の聖武天皇)が15歳まで8年間は頑張ったんですがね

もう限界だわ
おばあちゃんだもの

次の中継ぎ天皇、自分の娘にして、文武天皇のお姉さん
聖武天皇からするとおばさんの、元正天皇に譲位します。

ここからは、天皇の代替わりで改元
霊亀(れいき)です。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]108 おもいで酒

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

おもいで酒
小林幸子
作詞・高田直和、作曲・梅谷忠洋
1979年

♪無理して飲んじゃいけないと
肩をやさしく抱き寄せた
あの人どうしているかしら
噂を聞けば会いたくて
おもいで酒に酔うばかり

小林幸子
10歳でデビューして長くヒットに恵まれなかった
私も、美空ひばりの再来と言われた天才キッズをうっすらと覚えている

演歌歌手は大変ですね
下積み何年って当たり前
歌がうまいのも全員そうだし
はっきり言って似たような歌だし
売れるのって偶然が積み重ならないと無理かも

一旦一曲でも売れたら、一生喰っていけるというメリットはありますが。

おもいで酒
ようやく売れたおもいで酒は、実はB面
A面は、「六時、七時、八時あなたは」、という曲
検索すると、はじめのところにあげたジャケット以外にもあったので
最初はこちらだったのかな

なかなかB面にする曲が決まらなくて
B面だし良いかってことで、持ち込まれた曲にしたらしい
ところがその曲に有線放送でリクエストがじわじわと増えていった
良かったね、さっちゃん

うちは、カミさんが飲めない事もあって、晩酌する習慣がない
例えばワインとかもらっても、料理酒としてしか使わないからなかなか減っていかない
新聞屋さんがビール6本とか持ってきたら「迷惑だねえ」

ところが、気づいたら次女が飲めるようになっていた。
しかも、日本酒の味が分かるらしく、どの銘柄はどうのと言っている。

男の子がいないから、テレビドラマとかで、屋台で親子で
さしつさされつ「どうだ、最近仕事のほうは」みたいな事を言っているのが羨ましく思っていた
まさか、娘と家で飲めるとは思わなかった。

まあまあまあ、いっぱい
ってなことを言って注いでくれる
長生きはするもんです。

聞くと、赤提灯の一杯飲み屋みたいなところに一人で行って、
そこの親父さんと話したりしたこともあるらしい
豪傑ですね
私もそんなことしたことない

玄関に日本酒の一升瓶が置いてあって
あれ?何だろこれ、っていうと
次女が
友達にもらったの

どんな友達よ

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)