渋沢栄一 その5 渋沢栄一は魔法使い

渋沢栄一シリーズその5

渋沢栄一 その1 クーデター計画
渋沢栄一 その2 パリ万博から諸外国
渋沢栄一 その3。日本に帰って見たもの。そして何をしたのか
渋沢栄一 その4 明治新政府はあれもこれも

みんながすぐイメージ出来る渋沢栄一は財界人としての渋沢栄一ですよね
ようやく、その5で、財界人としての渋沢栄一になる訳で
まあ、すごい人生ですねえ

官庁を去って
あれもこれも、あらゆる仕事をやってのけて
実質中心人物だったのに
さっと辞めちゃった。

でも、やりたいことがあっての辞職だから
さあ、いよいよこれからだ!

やりたいことは何か
日本の近代的産業全てを立ち上げる
全てです全て

ある意味、今までの延長
官僚としての財界を全てリードしてきて
今度は、財界側に入り込んで、中側から全てをリードする
あれとこれ、ではなく全てなんです。

実際に
全て、ではないにしても
ほぼ全ての産業をリードする企業の立ち上げに関わった。

第一国立銀行ほか、東京瓦斯、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上

可能ですか?
あり得ないですよね

これだけ並べられると
実際に携わっている訳がない
金だけ出して
後はよろしく、なんでしょう
と言いたくなります。

でも、考えても見てください。
当時の日本に、
後はよろしく、って言われて
はい、任しといて下さい、って言える人材がいる筈ありません。
全員、未経験者です。

「金だけ出して」も無理です。
渋沢栄一は大金持ちのお坊っちゃまではありません。
元は百姓、直近は公務員です。

金を作りながら、になります。

金を作りながら
人材を作りながら
手探りで
試行錯誤で
人の意見を聞き
ダメだと思うとすぐにやり方を変えて
ありとあらゆる事を同時並行で進めていく。

魔法使いです。
そうとしか思えません。

当時、渋沢批判も多数あったようです。
会社経営ってものはそんな簡単なものじゃない
ひとつの会社にじっくり腰を落ち着けないと
どれもが中途半端になるに決まっている

もっともですね

でも、大体そういう人たちは本人に会ったことがなく
まあ、そう言わずに一度本人に会って、話をしてみなさいな
と言われて会ってみて
批判を撤回していったようです。

魔法使いとしてのオーラなんでしょうか

では、その魔法使いの仕業を
もう少しだけ詳しく見ていきましょう。

第一国立銀行
教科書で習うのはこれでしょうか
渋沢栄一と言えば、銀行の父

渋沢が外国で見て、最も衝撃を受け
帰ってきて、静岡でやりかけて
官僚として、具体的な仕組み造りを行った

やりたいことの中核です。
「金を作りながら」の必須です。
銀行あってこその「全ての産業」造りです。

第一国立銀行創立総会があったのが明治6年6月11日

辞表提出が5月4日なのでほぼ1か月後

当然銀行関係者としては
最大のビッグニュースとして伝わっている。

創立の道筋をつけてくれた恩人なので
当然招待されていて
出席すると
駆け寄ってきた。

聞きました。
誠にお気の毒ではありますが
手前どもとしては、これ以上の吉報はございません。

ぜひ、私どもに来ていただきご尽力いただけませんでしょうか

良かったですね
やりたいことはそれなんだけど
お宅に入りたいから辞めたんです。
入れさせてください、というのもちょっとね。

井上馨、大隈重信にも
お伺いを立て
関係者全員大賛成で事が進んだ

というのも、ちょっと困り事があった。
第一国立銀行創立メンバーは
三井組と小野組に分かれるんだけど
ほぼ同格の規模であるために
同じくらいの人数構成になっている
そのままでは、程なくして分裂の危機があるだろう。

どうしても、その上に立つ人が欲しい。
でもそんな人いる訳ない
一人を除いては。

頭取は三井組、小野組からの二人体制
でも、更にその上に総監役という新設の役職を設けて
渋沢はそこに位置した。

ちなみに、第一国立銀行
国立と付いていますから
今の日本銀行の様に日本国に所属する銀行だと思いがちです。
私もそう思っていました。

実は、民間の銀行なんです。
でも、今の民間の銀行ともちょっと違っていて
紙幣を発行する権利まで持っています。
まだ、日本銀行はありませんので。

さあ、この三井組と小野組の主導権争い
翌7年に思わぬ形で決着します。

小野組が潰れてしまうんです。
まさかの、最悪の決着
当然、第一国立銀行としても連鎖倒産の危機に見舞われます

渋沢が先手先手を打ったこともあるけど
小野組の、小野善右衛門と並ぶツートップ
古河市兵衛の潔い振る舞いあっての事でしょう。
「迷惑をかけぬよう」
最後の渋沢との会談では無念の思いで男泣きに泣き
全ての要求を受け入れます。

全く古いタイプの人間で読み書きも不得意
新しい世の中には着いていけなかったんでしょうが
渋沢の事が大好きで、「殿、殿」と慕った。

こういう人が捨て石になっての明治なのかも知れません。

長くなりました。
このあとのそれぞれの産業については、また次回。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

羽村に行ってきた

今日もおでかけどこ行こう

東京23区は制覇したから、今度は東京市部
ガイド本で、
よし、これ行こう
地図
羽村
東京都羽村市。おそらく生まれて初めて
まずは、っと

まいまいず井戸
名前だけで、参った!ですね
素晴らしい
羽村駅からすぐの、五の神社(ごのかみしゃ)という
601年、推古天皇の時に創建というので
由緒なんてなもんじゃない神社の中にあります。
井戸ができたのは鎌倉時代

かたつむりのように螺旋状になっているからまいまいず
意味分からないでしょう
始めて見て叫んじゃいました

まいまいやあ

降りていくと
何とも今まで経験したことの無い感覚を味わえます。
こういうのをパワースポットと言うのかも知れません。

下の井戸がまた、底が見えず
地球の奥底まで続いているんじゃないかという気がしてくる

羽村動物園
ガイド本には、次は羽村動物園になっています。

随分迷いました。
この歳になって動物園

迷ったときは行くべし
の大原則があります。
迷ったということは答は出たわけです。

わわわわわあ
レッサーパンダってこんなに可愛いんかい
ぐっすり寝てはる

関西人はレッサーパンダにも敬語を使ってしまいます。

猿山
せっかくやから
100円で餌買ってあげてみよう
自分で横のお金入れにお金を入れて餌を勝手に取るシステム

ええっと餌はこの中だな

ダメですよ

幼稚園くらいの可愛い男の子

気づかず財布を取り出したら

あっ

勝手に持っていこうとしたと勘違いしたんでしょう

ごめんなさい

可愛い

あんまり可愛いんで餌一個あげちゃいました。

えっ、猪に猿が乗っかってる!

いやあ、プレーリードッグ大笑い
丸々太ってコロッコロ
この鳥格好ええ
アルマジロ、生まれて初めてみたわ
なんでこんなに可愛い動きすんのん?
手長ザル、手ながぁ
ミーアキャット、あっ立った立った
フラミンゴや、フラミンゴやで
ヤマアラシて、可愛いもんやったんかい

大興奮が怒濤のように連続で押し寄せる

この歳になっても、動物園ってこんなに楽しめるとは
いやあ、私も捨てたもんじゃありません

キリンやキリンやキリンやで
寄ってきた、寄ってきた
でかーっ

ふれあいコーナーでは、ヤギが寄ってきました
おじさん、おいしそうやろ

メーー

しかし、こうもしておられません
今日はもともと出るのが遅くて昼近くにスタート
メインの羽村堰に日が高いうちに行かねば

十分楽しかったので
大丈夫、次行こう

のぼり
出口を出たところにあるのぼりに、ふと目が行った

マンホールカード

えっ、どういうこと?

マンホールカードについては以前から存在は知っていて
数ヵ月前に新聞でも多摩地区の自治体が力入れているという記事を読んだ

でも、その記事にあった配付場所は全て下水道局
下水道局って土日は開いてないのよ

ああ、私は仕事を引退するまで
マンホールカードは一枚も手に入れられないんだろうな
と、卑屈になって畳の目をむしっておりました。

見渡して、それっぽい事務所的なものは閉まっております。

とりあえず、動物園の入口のおばさん(お姉さん)に聞いてみよう

すみません
そこに、マンホールカードと書いてあったんですけど

はい
どうぞ

えっ
これが
あのマンホーラーの間で話題沸騰の
マンホールカードなのか
今私は、この宝物を現実に手にしているのか

すみません
これって、このデザインのマンホールがどこかにあるという事なんですか

はい
動物園内にございます。

ええっ
そんな
もう出ちゃいました。

良いですよ
芝生広場の方にございます。

分かりました
ありがとうございます
非常にありがとうございます。

うーん
分からん
芝生の中にあるわけないから
その周りの通路の部分か

いくら探してもどうしてもない

ここで諦めては、末代まで祟られる

こうなったら
再度聞きに行くしかなかろう

すみません
どうしても見つからないんですけど

そうですか
この梅の辺りだと聞いています

梅ですね
分かりました

ないなあ
あきらめかけたその時

あったあ!

この喜びを誰に伝えよう

写真をお姉さんに見せて
ありましたっ

良かったですね
ちなみに
これ以外にも、羽村市では、3種類のデザインマンホールがあります。
よろしければ、この地図を差し上げます。

天使かっ

ありがとうございます。
他も探してきます。

いやあ
来て良かった

迷ったら行くべし
は、完全に100%正しいと、証明されました

続きはまた明日

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

マンホール等の街角商品のシリーズはこちら

芦が久保の氷柱。氷の世界

さあ、お出かけ

西武線の風物詩と言えば、
春は羊山丘陵の芝桜
秋は巾着田の曼珠沙華
そして、冬は
芦が久保の氷柱

大々的に宣伝しますので
いつも気になっておりましたが
いよいよ行ってみましょう。
地図
氷の世界と言えば
我々の世代であれば、井上陽水の最高傑作のアルバム
「氷の世界」

♪誰か指切りしようよ
僕と指切りしようよ
軽い嘘でもいいから
今日は一日張り詰めた気持ちでいたい

そして、今はアナと雪の女王ですね

♪ありのままの姿見せるの

道の駅果樹公園あしがくぼ
駅のすぐ横が、道の駅果樹公園あしがくぼ
寄ってみました。
地元の野菜がいっぱい売られています。
かなり新しい感じです。
ビックリしたのは超満員だという事
何があるんでしょう
よっぽど安いのか

ねぎ味噌饅頭っての美味しそうだなあ
買って見ようかな
と思って横を見ると
みそぽてと

埼玉B級グルメ王決定戦優勝
ちょっとちょっと
早く言ってよ

氷柱までの間頬張りながら
お行儀悪いですね。すみません

うまいっ
これ、優勝!
そうですね。優勝でした。
分かります。おすすめです。

氷柱
遠目には見えておりましたが
ちっちゃなトンネル潜ると、そこに

おおおおっ

これは予想以上です。
こんなに大規模だとは。

これは、見ないと死んじゃいけないレベルです

夜行くとライトアップもされるそうですよ

上の広場では甘酒ないしは紅茶を無料でいただけます。
ドラム缶のストーブもあってあったかーい。

ああ良かった

さあ、どうしようか
もうちょっと時間がありそうだぞ

ではこの続きは明日。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

それでも頑張るくうちゃん

くうちゃんが卵を温めている話をしましたね
くうちゃん偉いぞ。今度こそ

結論から言いますと、1/10現在でまだ卵は孵っていません。

ネットで調べると、18日くらいということでしたので
12/22からなのでもう過ぎました。

途中経過
あの後、娘が
もう一個産んでいたよ

そして、そのあと、さらにもう一個産んで、3個になりました

孵る確率は3倍になった訳です。

くうちゃんは?

以前は、すぐに飽きちゃったんですが
すごいです。

ちょっと飽きちゃったかな、と思ったら
やっぱり巣箱へ、というのを繰り返し
外にいる時間がむしろだんだん少なくなっています。

まだ、頑張っているの?

シャケちゃん
一方のシャケちゃん
一日全くやることがなくて、ずうっとボーッと。
ボケ老人になってしまいそう。

たまに、愛するくうちゃんに会いに巣箱に入っていきます。

あんなに外を飛び回るのが好きだったのに

あまりに可哀想なので、たまらず、シャケちゃんだけ放鳥してあげる

前回は、そうすると、外から鳴いて鳴いてくうちゃんを呼んで
結果、くうちゃんも外で遊んじゃったんだけど
今回は、鳴かないんです。

一通りお気に入りの場所を飛び回ったら、巣っこ(ゲージ)の上に止まり
入れてくれアピール
やっぱり自分だけ遊ぶ訳にいかないと思うのか

中に入って、止まり木のところで一日中ぼーっとしている

くうちゃん
水浴びがとっても好きで、いつも放鳥すると洗面台のところへ行って水を出してくれるまで
歯磨きを落っことしてアピール
全身ビシャビシャになっていた。
あれから一回も水浴びをしていない。

痒いだろうなあ
ストレスたまるだろうなあ

何より、いつも寄り添って同一行動を取っていたシャケちゃんと離れているのは
辛いだろうなあ

同じ姿勢とっているとキツいだろうなあ
エコノミー症候群になっちゃいますよね

卵が!
あっ 卵が

一昨日
卵が割れて下に落ちていました。
中の黄身は干からびてカラッカラ

あんなに頑張ったのにね

そしてその翌日、要するに昨日

その前の日のように、パカッと割れている訳ではない。
ようく観察
なんだか小さい穴が開いているような
勇気を出してほじってみると
やっぱり中の黄身は干からびてカラッカラ

判ったんで自分で落としたのかも知れないね

残るはあと一個
この一個はまだ大事に温めています。

孵らないとき
いつどういう判断で諦めるんでしょうね
本能で、もうダメって判るもんなんでしょうか

ここまで頑張ったんだから
孵らせてあげたいけど
もしダメなんだったら

良く頑張ったよ
くうちゃんもシャケちゃんも
次は絶対うまくいくよ
って、言ってあげたい

行水もさせてあげて
二人で思いっきり外を遊び回らせてあげたい