渋谷から原宿。おしゃれで荘厳な一日。永遠の森

昨日は、渋谷から原宿まで。
渋谷から原宿。おしゃれで荘厳な一日

腹ごしらえ
風呂敷屋さんには行けなかったけれど
さあ、気持ちを切り替えてメインイベントだ

と思ったら、先ほどから腹の虫が
難しいですね
こういうおしゃれな町

どこでお昼?
そもそも普通の店がない。
スイーツなのか、食事なのかの見分け方も分からない。

でもせっかくおしゃれな街に来てるんですよ。
チェーン店とかじゃもったいなさすぎます。
ないんですけどね、チェーン店

やっぱり並んでいるところがいいけど
並びすぎているのはね
ああ、わがまま

そこのラーメン屋さん、良い具合に並んでる。
ラーメンなら察しがつくし
決まり


柚子醤油ラーメンを頼んだ
これがなんとも
本当を言うと期待はしてなくて、まあ、ラーメンだよね、程度かと思っていたんだけど
ビックリしました。
みんな、分かって並んでるのか。
細い麺と、柚子の香り、あぶりチャーシュー
うまいがな

明治神宮
前から来たかった。
森が見たかった。

元々は熊本加藤家の下屋敷。
加藤清正は賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)の一人、
朝鮮出兵の時、虎退治をしたのでも有名ですね。

徳川としては、秀吉の時の大大名をぶっ潰したくて仕方がない。
まんまと罠にはまり、改易(お取り潰し)させられる。

その後は熊本藩は細川家に
この明治神宮の土地は、井伊藩の下屋敷になります。

明治維新で朝廷のものになる

森作り
明治天皇崩御後、明治天皇を祀る神社を作ろうとの機運が高まる
いくつかの候補地のうち、決定されたのがこの土地

ただ、この土地は荒れ果てた広野。
そこにあるプランが示されます。

森を作ろう。

森林の専門家、三人の学者が召集されます。
本多静六とその弟子の本郷高徳と上原敬二。

時代は数千年前にまで遡ります。
人の手が全く加わらない頃のこの土地には、一年中葉を落とすことのない
椎や樫などの常緑広葉樹の森が広がっていました。

その時の森に戻そう。

今の森は、そのままほっておくと荒れてしまう。
人の手を正しく定期的に加えていく森。

彼らのプランは、もうひとつ前の
そもそも人の手を加えようのなかった時代の、
「永遠の森」

ところが思わぬ反対者
時の総理大臣、大隈重信

「明治神宮に藪のような森を作るのはまことによろしくない。
 ふさわしいのは、伊勢や日光のような、杉林であろう。杉にしたまえ。」

大喧嘩。
最終的に本多が大隈をねじ伏せます。
すごいですね。
一学者が総理大臣をねじ伏せるって。

プロジェクトスタート
緻密にどんな木が何本ずつ要るか、計算。

どこから用意する?

その方法がすごい。

こんな木がこれくらいずつ必要なんだけど
誰かくれません?

ハイハイハイ。

全国から、原木献上希望者が殺到。
たちまち、10万本の原木が決まります。

作業者が要るなぁ

ハイハイハイ。

たちまち11万人の作業希望者が集まります。

広葉樹の植樹が始まった?

いえなんと
植えていったのは、松などの針葉樹。

ええっ、それなら喧嘩しなくても。
違うんです。
これも緻密な計算。

最初に松などの痩せた土地に強い針葉樹で仮の森を先に作り
広葉樹が追いかけていって競争原理で駆逐する

100年でほぼ
150年で理想の形に。

100年
丁度100年経った2015年。
結果測定の大プロジェクト。

見事な成果を納めていた。
予想で150年後の姿にほぼ近い。

面白いなぁと思ったのは
ミナミメダカ、カントウタンポポなど、日本古来の固有種しかなかったこと

以下、NHKスペシャルの画面の画像からの引用です。









明治神宮
話を戻して、明治神宮
うっそうと繁る森
これが見たかった。
蝉の声、鳥の声
池の中に咲く蓮の花

ああっ
あの池の中にいるのは!
アオサギ
分かるもんね、水鳥の名前。
バードウォッチングしていて良かった。

加藤清正の井戸
一番奥にあるんだけど
その手前から大行列。
綺麗な清水の井戸なんだけど
パワースポットとして有名になっちゃって
井戸と一緒に写真に収まると、運気がぐんとアップ

守衛のおじさんみたいな人がいて
それぞれのグループのスマホとかのボタンを押してくれる。

私の順番になって

すいません
井戸の写真だけ撮っても良いでしょうか

本殿は、工事中だった。
でもすごいわ、これ考えた人
垂れ幕が下がっていて、そこに実物大の本殿の写真がプリント。
写真写したあとで気づいた

[仏像の見分け方]金剛夜叉明王

仏像の見分け方シリーズ。

五大明王の最後です。

金剛夜叉明王
金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)は五大明王の中では北を守っています。

サンスクリットの「ヴァジュラヤクシャ」の訳で、
「金剛杵(こんごうしょ)の威力をもつ夜叉(やしゃ)」の意味です。
金剛杵とは、古代インドの武器をかたどった密教法具です。
稲妻が出ます。
こりゃまた強そうですね。

インド神話において、夜叉とは
人を襲う魔人あるいは空を飛ぶ鬼神のこと

でも密教の最高仏である大日如来に教化されて、
悪人だけを打ち倒す金剛夜叉明王になりました。

昔はやんちゃしてたけど、ってやつですね。

あらゆる悪を取り除く功徳があるということになります。

見分け方
持ち物ですね。
顔が3つ、手が6本ですが
メインの2本の手では、金剛杵と金剛鈴(こんごうれい)を持っています。

面白いのが目ですね。
顔が3つは珍しくありませんが
正面の顔には、何と目が5つもあります。
3つまではあるけど、5つは初めてです。

両サイドの顔には目は3つずつ
合計11個ということになります。

こりゃ便利

私は今、老眼なので
近いところ用と遠いところ用の眼鏡をかけかえないといけません。
とてもめんどくさい。

色んなところ用の眼鏡をそのままかけておける訳ですよね
無茶苦茶色んなところに焦点合いまくります。

横の顔にも3つも目があるわけでしょう。
運転するとき、すっごい安全運転できますね。
高速道路への合流なんてらっくらく。

常にパノラマで景色見てる訳ですよね
金剛夜叉明王になって、陣馬山の山頂に登ってみたいわぁ。

鹿鳴館のヒロイン、大山捨松。続きの続きのこぼれ話

昨日一昨日と、大山捨松さんに関するブログを書きました。

その後、感動しちゃったことがありまして
今日は、それを書きますね。

写真
大山捨松の生涯を「感動する日本史」をもとに書きました。

この人の生き方、実に魅力的だなぁ。
ひょっとして美人かも。

実は、私でーこんは美人が好きです。
ググってみよう。
グーグル先生に「大山捨松」と入れて、「画像」ボタンをポチッ。

おおっ。上品。
よし、ブログに顔も載せましょう。
どれが良いかな

ん?
この写真の顔、見覚えある

確か友達から借りた明治維新100人みたいな本。
もう返しちゃったから手元に無いけど。

極端に美人だったから覚えています。

実は、私でーこんは美人が好きなんです。

そうか、大山捨松ってこの人やったんか。

でも、ちょっと怪しいぞ。

グーグルの画像の一覧って、そのキーワードに関連するものは全部出ちゃうので
全てが捨松とは限らない。
例えば、八重の桜で大山捨松を演じた、水原希子の写真も出てきます。

これは一目で、大山捨松じゃない。

さっきの美人をクリックして、詳細を見ようとしても出てこなかった。
同じ人のような、違う人のような

まあでも、どれ載せるっていったら、これだわなぁ。

コメント
ブログをあげると、コメントをいただけたりします。

特に私のブログにいただけるコメントはあたたかいものばかり。
内容もとても楽しい。
そうきましたか、みたいに、ぷっと吹き出すものもあったりします。
コメントあってのでーこんです。
これは間違いない。
すごく自慢です。

捨松のコメントは
美人ですね
みたいなのもあったりして
ですよね、ですよね
とコメント返し。

その中にこんな一行コメントが。
「陸奥宗光夫人は現代でも通じる佳人でしたね」
ん?
こりゃまた、美人情報ですね。
ググらん訳にはいきますまい。

「陸奥宗光夫人」で画像、っと

わちゃー
やってもうた。

もうお分かりですね。
アップした美人の写真は陸奥宗光夫人だったんです。

大慌てで修正。

素晴らしいと思いません?
このコメント。

もちろん、私としては「間違ってますよ」で全然構わない訳ですけど。
美しいですよね。この日本語。

以前、金田一先生の書かれた「美しい日本語」
他の人の前にある醤油「醤油を取ってください」と言いたいときに
「それはお醤油でしょうか」

これに近いと思います。

日本人なら醤油を取って欲しいと気付くに違いない、という前提での気遣い。

何が嬉しかったって、私でーこんに対する気心というか信頼のようなものを感じたんです。
常連でコメントをいただけるSさんなので
でーこんなら、当然この一行だけで、「陸奥宗光夫人」をググるに決まっとる。
ならば、すぐに気づくから、わざわざ「間違ってますよ」と言う必要がない。

Sさんに限らず
支えられているんです。
通じ合っていると言っても良い。

あんまり嬉しかったもんで
ご本人に承諾を得て、書かせていただきました。

まさかの2週連続バードウォッチング

いてーっ

昨日の土曜日、掃除をしていたら折り畳み椅子が倒れてきて、
足の小指を直撃。
いつもなら2~3分うずくまって
ああ痛かったぁ、死ぬかと思った。
で済むんだけど
今回はいつまでたっても痛い。

歩く度に、いててっ、いててっ

ということで、隙あらばお出掛けは断念。
午後雨降ってきたしね。

そして今日
いつもなら、カミさんは日曜日休みの事が多いんだけど
今日は珍しく日曜も仕事。

これはひょっとして出掛けなさいという神からの啓示か?
まだかなり痛いんだけど
加えて、雨降ってるんだけど
神に言われちゃ仕方ない。

天気をググると、昼から曇り。
よっしゃ

やっぱりあんまり歩かないとこにしよう。
ってことは何か
あの時間の流れがゆっくりってやつかい?

バードウォッチング
バードウォッチングは詳しくないので
自分の記憶の中を手がかりにすると
カミさんとまだ結婚前にデートで行った、葛西臨海公園。

やたらに広いね
バードウォッチングが趣味の人はたまらないんだろうね
って言った覚えがある
もう30年位前
鳥を見た記憶は無い。

あの頃はカミさんも可愛かったのになぁ。
あああ

葛西臨海公園
葛西臨海公園の駅に降りたって、すぐ前が葛西臨海公園。
まあそうでしょうね。

地図を見ると
左側に鳥類園、真ん中辺にあの有名な水族館、右奥にこれまた有名な大観覧車。
水族館と、大観覧車は行くつもりないので良いんだけど
あれれ?
日本庭園?なぎさ?
そんなこと言われたら行かない訳にはいかないじゃないですか。
どうしてくれるんですか
足が痛いっちゅうてんねん。

日本庭園はちょこっと行ってみて
良いじゃないですか
芝生なんてすっばらしい。
今度やっぱりじっくり時間かけて来ることにいたしましょう。

葛西渚橋を渡ると西なぎさ
海水浴だって出来ちゃいます。

目の前を背の高い綺麗なお姉さん二人組が
バーベキューセット持って橋を渡っていきます。
良いじゃないですか
こっち来て良かった。

海やーっ
海は良いです。
大好きです。
無条件に気持ちが晴れます。

先週と同じこと言ってますね。

ただ、心配なのが海水浴。
昔、海水浴場と言えば芋の子洗い、のイメージでした。
この前、テレビでやってました。
今は海水浴場離れが進んでいるんだと。

さっきまで雨でしたからね
それが理由と思いたい。
子供がちょろちょろっと泳いでいるだけ。

えっと
ここ、海水浴場でいいんですよね
って感じ。

綺麗なビキニのお姉さんはひとりもいません。
ホテルのナイトプール、なんぞというところに行っちゃうんですと。

お願いです。
綺麗なビキニのお姉さん達。
海水浴場に来てください。
このとおりです。

クリスタルビュー
クリスタルビューっていう綺麗でかっこいい展望台がありました。
斬新なデザイン。
これ、記憶にあります。
30年前にも有ったんじゃないでしょうか。
ずっと斬新なままなんですね。
すごいと思います。

なんとか足ももっています。

鳥類園
いよいよ来ました鳥類園。
どんなかなあ。
ワクワク。

今日は秘密兵器持ってきています。
カミさんのお父さん。東栄のおじいちゃんの形見の双眼鏡。
かなり良い奴です。

ウォッチングセンター?
来たねえ
東京港野鳥公園で言うところのネイチャーセンターやね

でも、ちょっと違っていました。
冷房がきいていないこと。
説明してくれるお姉さんがいないこと。
設置されている望遠鏡は一個だけなこと。

東京港野鳥公園は観察小屋に
それぞれ望遠鏡が配置されていますが
葛西臨海公園は基本的に望遠鏡の設置はされていませんので
自分で持っていくか
双眼鏡を借りる必要があります。
(どこかで借りれるという表示がされていた気がします)

あれ?いないなぁ

いたっ、いたよいたよ
あれは、オオサギやね
こっちは、コサギ。
黄色い靴下はいてるから分かりやすい。

今日はコサギが大活躍でした。
かなり活発に動き回って、羽根広げたり
私綺麗でしょう、って

いたぞっ、アオサギ
相変わらず、アオサギはかっこいいです。

カモの種類がかなり多いなぁ
初心者には、お姉さんいないのはかなりキツいですね

観察小屋にも行ってみましょう。

おおっ
ここの観察小屋混んでる!

素人的にはかなり分かりやすい探し方があります。
混んでいる観察小屋の前には鳥がいる

中野浩一の太股くらいの、どでかい望遠レンズをつけた
プロでーす、って感じの常連さん同志で
あの鳥がどっか言っちゃったって話しています。
断りもなしに行っちゃったよー

あっあの白い鳥
オオサギ、チュウサギ、コサギとれでもないぞ
かなり鶴に近い。
プロのおじさんに聞いたら教えてくれるんだろうけどなぁ

ちょっと話しかけづらかった

今度は観察小屋じゃなく
通路のところに4~5人固まって
同じ方向を見上げています。
中にはプロの望遠レンズをつけた人も。

新しいパターンだぞ。
上見ていると言うことは水鳥じゃないのかな。
ここは勇気を出して聞いて見よう。

なんかいるんですか?
ん?
すみません、なんかいるんですか?

いや、来るの待ってるの

あ、そうなんですか

〇〇〇

はい?

〇〇〇

聞き取れなかったけど
なんかすごいもんなんでしょうね。
5人ほどでまだいないうちから見てるんですから
かなり確率の高い情報に基づいているんでしょうね。

こっちの観察小屋は一番でっかい
人も多くて、鳥も多い。
ここでゆっくり観察することにしましょう。
さっきのオオサギ、コサギ、アオサギを
別方向から見ています。

ずいぶん頑張ってちっちゃいのも見つけました。
名前が正確じゃないんですけど
コチドリかなあ

干潟をチョコチョコ動いてとても可愛い。
そのあと、けっこういっぱい見つけました。

そのコチドリと同じ大きさで白黒の2色のがいたんだけど
名前がどうしてもわからないのよね
ネットで探したこのミヤコドリっていうのに羽根の色は似ているんだけど
くちばしがこんな鮮やかじゃなかった。

今日もやっぱり水鳥以外は見れませんでした。
鳴いているのも分かるし、2回くらいは、目でなんかいるって目撃したけど
双眼鏡を合わせる前に飛んで行っちゃいます。
こりゃ大変だ。

双眼鏡はずっと見ていると頭が痛くなってくるということが分かりました。
なんかコツがあるのかも知れませんが
気持ち悪ーくなってきちゃう。

バードウォッチングを本格的にやるには色々ハードルがあるなぁということも分かってきました。
あの望遠レンズをつけた一眼レフは買う金無いなあ
望遠レンズどころか一眼レフが無理。

でも、今日は楽しかった。
まあ、今後もたまにそんな感じで、鳥を見に行くってことで良いのかもね。