[建武]7 足利新田、そのままにしておけ

[建武]1 後醍醐動く。役者が揃いました
[建武]2 私だって、考えちゃいますよ
[建武]3 新田義貞、いざ鎌倉へ
[建武]4 新田義貞。行け行けーっ
[建武]5 鎌倉幕府陥落。不思議といふも類なし
[建武]6 足利尊氏と新田義貞。えっ私?なんでまた
の続きです。

足利尊氏追討軍
新田義貞が後醍醐天皇から足利尊氏の追討を任せられます。

しかし、新田義貞の地位は、まだせいぜい従四位上。
そのような低い身分の者が上に立つと、なかなか人々を率いるのが難しい。

そこで名目上、総大将である上将軍には、
後醍醐天皇の皇子の一人である尊良親王(たかよししんのう)が置かれました。

新田義貞としても、
そうしてもらえると助かりますっ

ところが、この編成が、後に大きな悲劇を生むことになります。
上将軍を尊良親王とし、新田義貞を事実上の総大将とする官軍の足利尊氏追討軍は、
6万以上の軍勢で東へと進軍しました。

迎え撃つ足利尊氏
この人、面白いというか何というか
ものすごい野心家のようでいて
メンタル面がビックリするほど弱い

今さらですが、自分が朝敵になってしまった事をひどく悔います
もはや立つ瀬がない
発狂寸前で出家しようとします。

この先々もカリスマ性がすごくあるにも関わらず
メンタルのジェットコースターに周りは振り回される事になります

ここは弟の直義が采配を振るいます。
新田義貞はその優れた軍略で、
三河国まで出てきた足利直義軍を矢作川(愛知県岡崎市)にて打ち破ります。

さあ、この勢いで、鎌倉を一気に落とせっ

鎌倉は、新田義貞が以前とっても苦労した自然の要塞
難しいのは分かっていますが、
やってやれないことはない

ところが、懸念していたことが現実になります。
尊良親王をはじめとして、その取り巻きの公家たちが要らんことを言い出します。

今はまだ攻め入る時じゃない

はあ?
そりゃまたどういう根拠で

結局足利直義が勢いを取り戻す余裕を与えてしまいます。

戻ってきた足利直義と箱根で大激突
ここでも足利直義はコテンパン

もう一息って時に、あらら
どこぞに行っていた足利尊氏がひょっこり現れます

不思議なんですよねえ
この人が現れただけで軍の士気は一気に盛り上がる
なんと、一発逆転大勝利

退却ーっ
新田軍は逃げ出し、天竜川へ

いかん、橋がない

新田義貞はテキパキと指示し
あっという間に橋をかけてしまいます。

よし渡れたぞ

普通は、また橋を壊して、時間を稼ぎ
その間に逃げるもの

ところが新田義貞は
そのままにしておけ

追って来た足利軍
あれ、ここは橋がなかったはず
ということは、新田軍が架けたんだな
なぜそのままにしてある
何かの罠に違いない
渡るな

後に新田義貞は、なぜ橋を壊さなかったか聞かれてこう答えた

我々は、天皇の命を受け、官費をもらっている官軍
その官費で架けた橋は言わば公共事業だから、壊しちゃいけない

このあとも両軍一進一退を繰り返します
どちらも実に強かった
絶対絶命になっても何度も復活するんです。

[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)

[首相]芦田均。前項の目的を達するため

芦田均

戦後で5人目の首相です
覚え方は、「投資で良かった明日でよしよし」
東久邇宮稔彦・幣原喜重郎・吉田茂Ⅰ・片山哲・芦田均・吉田茂Ⅱ~Ⅴ

芦田均は、1887年(明治20)11月15日、京都府で
に3男3女の次男として生まれた。
5歳のときジフテリアにかかり、家族の献身的な看病で全快するが、
実母のしげ、姉のはる・よしの3人が感染して命を落としてしまった。

のちに「一番に悔いの多い時代」と書き記したように、
このことは芦田の心に深い傷跡を残した。

子供の頃は文学少年。
文学は生涯大きく関わっていく。

東京帝国大学法科大学仏法科に入学した芦田は、文芸同人雑誌の第2次『新思潮』に寄稿し、
夏目漱石の門下生たちとともに新しい文学運動に参加していた。
『新思潮』での経験は芦田の文筆の才にみがきをかけ、
一高以来の弁論部での活動は、日本の政治家のなかでも数少ない雄弁家へと成長させた。

外交官
東大在学中の1911年(明治44)9月、外交官試験に合格した芦田は、
外交官としての一歩を踏み出す。

1919年(大正8)1月に行なわれたパリ講和会議には、
西園寺公望・牧野伸顕両全権の随員として参加した。
60余名の随員のなかには吉田茂や外務省同期の重光葵もいた。

政治家に
1925年(大正14)9月に1等書記官としてトルコ大使館に赴任するまでの間に、
芦田は省内で月刊広報誌『海外事情』を発刊し、
みずからもロシア革命を題材にした『怪傑レーニン』を、
白雲楼学人のペンネームで出版した

小説も書ける外交官です
外交官として華々しい活躍を見せるものの
「外交官の手では、到底、難破船を救うことができない」
と政治家へ転身する
小説も書ける政治家です

帰国した直後の1932年2月20日に行なわれた総選挙に立憲政友会から出馬、
衆議院議員となった
東京報知新聞の客員論説委員を委嘱され、
翌年1月には、ジャパン・タイムズ社の社長にも就任した

物書きにはずっと携わっています

戦後は、1945年(昭和20)10月、親欧米リベラル派として幣原喜重郎内閣の厚生大臣に就任。

11月には、鳩山一郎らと日本自由党創立に参加した。
1946年(昭和21)5月に発足した第1次吉田内閣で検討された憲法改正草案に対して、
芦田を委員長とする帝国憲法改正案委員小委員会で、
草案9条の文言に修正が加えられた。

第2項「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」の冒頭に、
芦田が新たに挿入したのが「前項の目的を達するため」という一文が、
今日においても9条の解釈をめぐる重要な争点のひとつとなっている。
自衛のための戦力保持はOKと考える人の根拠ともなっている

芦田は、吉田政権の「官僚内閣」を民主主義的政権とは異質なものとして、自由党を脱党
民主党を結成する

首相へ
総選挙で社会党が第一党となるも、過半数に及ばず
社会・民主・国民協同3党からなる連立政権ができる

芦田は片山内閣の副総理兼外務大臣として入閣

総辞職した片山内閣の後継として、
いよいよ順番が回ってくる

首班指名では、投票総数421票のうち、芦田均216票、吉田茂180票で、芦田が指名された。
ところが、参議院では、逆転した。
投票総数218票中、吉田茂101票、芦田均99票。僅差で吉田が勝利。
ふたりとも過半数に達しないので。決選投票が、おこなわれ
そこで216票のうち、吉田茂104票、芦田均102票で、吉田が指名された。

衆議院と参議院で指名が分かれた場合
両院協議会が開かれるが
それでも決まらなかったため、衆議院の指名が優先された。

マッカーサーとの関係も良好だったが、国内はインフレが加速し、
官公労の労働争議が激化していた。
マッカーサーは芦田にスト禁止の書簡を送り、
これにより公務員のストライキを禁止する政令201号が公布された。

副総理の西尾末広に土建業者からの政治献金授受が発覚、7月に西尾は辞任する。
さらに、復興金融金庫の融資に絡からむ昭和電工の贈収賄事件が政界・官界に飛び火し、
10月7日、道義的責任を理由に芦田内閣は総辞職した。

12月7日に芦田も逮捕されたが、
翌年の総選挙に獄中から立候補して当選。

以後、改進党・日本民主党・自由民主党の結成に参加するなど、
政界の重鎮として活躍し続けた。

芦田の無罪が確定したのは、1958年(昭和33)2月11日である。

[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)

[歳時記] 2/9 マンガの日。手塚治虫、永遠なれ

2/9
♪空を超えて、ラララ星の彼方
 ゆくぞ アトム
 ジェットのかぎり

お馴染み鉄腕アトムは、国産アニメ第1号として1963(昭和38)年1月1日からテレビ放送され、
たちまち大人気を獲得。

「アストロボーイ」という名前でアメリカで放送されるなど
海外にも輸出され、日本のマンガの代名詞のような存在になった。

その作者であるマンガ家の手塚治虫氏は、
1989(平成元)年2月9日に亡くなった

趣味はマンガというほどの仕事好きで、
平気で徹夜を重ねるような生活がたたったのだろうか。
胃ガンのため60歳の若さで逝ってしまった。
最後の日記には「素晴らしいアイデアが浮かんだ」 と書かれていたという。

その命日は、手塚氏の功績を記念して、「マンガの日」に制定されている。

東京・高田馬場の手塚プロダクションの前には、
御影石製のアトム像が置かれている。
また、マンガ古書専門店の「まんだらけ」では、
この日を国民の祝日にする運動も展開するなど、死後も手塚作品への支持は変わらない

トキワ荘
以前トキワ荘メンバーについて色々書きました。
寺田ヒロオのトキワ荘

トキワ荘メンバーは全て「手塚治虫先生が住んでいた」トキワ荘で青春を過ごした。
特別な存在

マンガを文学の範疇に入れるとしても
その文学の中で、あれだけ質の高い作品をいくつもいくつも世に送り出した人はいないと思う

私の中では「ブラックジャック」や「どろろ」は人生の師とも言える

手塚作品の面白いのは
違う作品なのに同じ脇役たちが登場するところ
アセチレンランプ

ヒゲオヤジ

スパイダー

何と言っても、頻出するのが、ヒョウタンツギ

そして本人

東久留米市
わが東久留米市は、手塚治虫ゆかりの地

ということで、最近駅前に銅像が立ちました

そして、デザインマンホール

どういうゆかりかというと、住んでおられた
場所はここですと公表されていないので、写真をアップするのは控えますが
どこかは分かりまして、わが家のすぐ近く
ケンケンでも行けるくらい
今もご家族が住んでおられ
「手塚」の表札がかかっています。
門から家は見えなくて、森のようになっている。
その森にウグイスが住み着いていて
毎年春になると、
ホー ホケキョ

[歳時記]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]12 妊婦が火事を見物すると赤あざのある子供が産まれる

かつては、「妊婦が火事を見物すると、赤いあざのある子供が産まれてくる」と言われていた。
もちろん、科学的に考えれば、そんなことは起こらない
しかし、妊婦の行動が赤ん坊に何らかの悪影響を及ぼすという言い伝えはほかにもある。

「妊婦が式を見ると、黒いあざのある赤ん坊が産まれる」
「妊婦が転ぶと赤ん坊にあざができる」
「妊婦に心配ごとが多いと産まれてくる赤ん坊に黒子が多い」などである。

これらは、一見すると妊婦の行動を恐怖によって制限する言い伝えのようにも見える。
しかし じつはその逆で、
妊婦を大切にしようとする周囲の気づかいから生まれたと考えられるのだ。

出産は命がけの大仕事
先史時代には、ひとりの女性が4人から5人の女性を出産したと考えられているが、
当時の人口は約26万人と推定される。
つまり、たとえ産まれても、無事に成長する子供は今よりはるかに少なかった
子供だけでなく、妊娠も出産によって命を落とす確率が高かった。
女性の寿命は平均して20代だったと考えられている。

また古代から江戸時代に至るまで、妊婦は部屋に隔離され、
天井から下げられた「産綱(うみづな)」 とよばれる縄をつかんで出産することが多かった

しかも、出産後も頭に血が上らないように立ったままの姿勢を保たなければならず、
7日間は眠ることができなかったという。

今も昔も出産は女性にとって命がけの大仕事だが、昔は
現在よりもはるかに大変だったのである。

そんな時代に、もし妊婦が火事を間近で見たりすれば、
興奮して体に障るおそれがある。
もしそれが自分の家や知り合いの家の火災であれば、
急性ストレス反応などの精神的な負担がかかり、身重の体には大きなダメージになる。
こうしたダメージは、胎児へも悪影響を与えることがある。

母子にとってストレスになるような事態からは遠ざけておきたいという願いから、
「火事を見ると赤いあざのある子供が産まれる」という話が生まれたのである。

現代 妊婦が受けるストレスは詳しく解明されている。
妊娠の初期には、自分が妊娠したこと自体が大きなストレスになり、
少しずつお腹が大きくなって行動などが制限されると、
それが理由で新たなストレスが生まれる。

そして出産が近づくと、子供を産むことへの不安が大きくなり、
また新たなストレスになる。

ストレスによって母体の筋肉には硬直が起こり、
血流が悪くなることで、胎児に栄養が届きにくくなることがある。

また、ホルモンにも影響を及ぼして、
最悪の場合には流産・早産のリスクにつながることもある。
さらに、母親が力んでしまうと、子宮が狭くなることも知られている。

医学的な知識の広がりや周囲の人々の理解などにより、
近年ではこれらの妊婦のストレスは軽減されている部分もあるが、
それでも妊婦の負担は大きい。

火事のような大きな心理的負担となるものには近づけないということが、
それだけ重要だったのである。

いやあ、書きながら思いました
女性はやっぱりすごいわ
男どもは足元にも及びません

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)