マクファーレンの日本1852がペリーに与えた影響

「外国人が見た幕末・明治の日本」という本を読みました。

外国人は、「フジヤマゲイシャ」で極めて日本について不正確な知識しか持っていなかったと
どこかで読んだ記憶がありました。

もちろんそういう人はいたんでしょうが
少なくとも、この本に紹介されている人たちは
詳細で、着眼点が面白く
総じて好意的に日本を描いてくれている。

外国人が書く文章って実に独特ですね
それを感じるだけでも面白い本です。

今後、それぞれの外国人のひととなりをできるだけ描けるようにしつつ
いくつか紹介していきたいと思います。

最初はペリーからとも思ったんですが
その前にどうしても、この人だけは。

マクファーレン
ペリー来航が1853年
出発したのはその前の年で、1852年の7月
その4ヵ月前に、イギリスの学者、チャールズ・マクファーレンによって
一冊の本が出版されている。
「日本 ー 地理と歴史、この列島の帝国が西洋人に知られてから現在まで、及びアメリカが準備する遠征計画について」
長い名前だこと
あんまり長いので、通称「日本1852」と言われています。

歴史、地理、民族、宗教、政体、自然環境に至るまで
実に詳しく、しかも制度が極めて高い。

シーボルトで、いわば日本学が世界の有識者の中でブームになり
その集大成とでも言うべき内容

本の題名の後半にあるように
もう出発4ヶ月前にペリー来航が明確に書かれている

アメリカが開国交渉を始めようとしている。
それがうまくいくかどうかは、アメリカの交渉のやり方にかかっているようだ。
アメリカは軍事力を見せつける方法を選んだようだ。
決して侮られないようにするという決意の表明だ。

あらま、完璧に分かっちゃってます。

まあ、ペリーは隠そうとしていなかったし
そもそも、列強各国に、一緒に行きたい人、この指止まれって
公募しちゃってますからね

そこに、シーボルトも応募している。

ただ、どういう戦略で望むかと言うことまで、
完全に断定しているのは、よほどの取材力だと思う。

そもそも、この人、日本に一度も行ったことがない。
シーボルトの本を皮切りに、長崎に行ってきた人などに徹底取材
特に、日本人の特性や気質みたいな部分は実に的確。

軍事力を比較すれば、当然ながらアメリカが日本を圧倒している
そう分析した上で
万が一、アメリカが戦いを仕掛けた場合、アメリカが勝つことは間違いないけれど
その過程でどれだけの死者が出るかは想像さえつかない

うちてしやまん、的日本人気質をこの時点で既に指摘している

もちろん、ペリーはこの本を精読したと思われます。
ペリー来航については、次回詳しく話しますが
戦争を仕掛ける気はない
ひょっとしたらこの本を読んで、やっぱりやめとこうと思ったかも知れません。

政体
天皇と将軍の関係についても書かれています。

帝は政治的な重みを持っていない
帝に向けられる尊崇の念は神々に対するそれと、遜色のないほど強いものがある
そうでありながら、帝の暮らしは牢に入れられたようなものである。
帝は宮廷に生まれ、ほとんどの人生を宮廷の周りの限られたところで過ごすのである
公方様は序列ではその下にあっても実質の王権を保持していて、政治的権威の中心である。

総じて、マクファーレンは日本を随分高く評価している
「日本人は、我々が軽蔑する他のアジア人とは全く異質である」とまで言っている

でも、それでも、「半文明国」と断じている
キリスト教を信じている国とそうじゃない国
やはり欧米諸国は、明確にそこに線を引くようです。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)
花カレンダー始めました

島秋人の手紙その2

島秋人の手紙その1の続きになります

前坂和子
当時高校生の前坂和子は
次に掲載される島秋人の短歌を心待ちにするようになります。

自分で、島秋人の歌集を作り、「いあいしゅう」と名付けます。
自分だけの歌集です。

そんなある日、新聞である報道があります。
島秋人の死刑が確定

前坂はいてもたってもいられず島秋人に手紙を書きます。

島からはとても素直な、ありがとう、の返信

何度かやり取りして
一度会いたいですね、ということになる

前坂は「いあいしゅう」を持っていきます。

その後、二人の文通は続き、
実に6年の長きに渡ります。

千葉てる子
次に、島の短歌に強烈に心を突き動かされた人がいます。
千葉てる子さん
島秋人より十歳年上。
熱心なクリスチャンです。

手紙を書いて面談もして
でも、あまり神様がどうのという話をする気になれなくて
友達のように接したら
島も心を開いて、神様の事もたずねるようになり
「信仰の姉さんになって下さい」
昨日書いた手紙の文面にあった、洗礼のくだりは
そういった経緯を経ています。

島は、次第に死刑になってかつ人のためになることができないかを考え
遺体と角膜を捧げようと考えます。
でも、肉親の同意書が必要です。
島は戸籍から外されてしまっています。

千葉てる子さんにあるお願いをします。

養母になってくれませんか

千葉さん快諾
10歳年上なだけなんだけどね。

島秋人、本名、中村覚は千葉覚になります。

その日
昭和四十二年十一月一日朝、処刑の日が明日であると告げられます。
この日、予め呼ばれていた五人との最後の特別面会が許されました。
お父さん、養母の千葉さん、前坂さん、教誨師(きょうかいし)の泉田精一さん、
そして彼の信仰の導きをした小川久兵衛牧師です。

千葉:明るいね、どこまでも明るくてね、ニコニコして、ほんとに明るい顔していました。どこにも曇りのない。とにかくみんなで会うのが嬉しかったんじゃない。いつも金網越しで会っていたもの。「このまま私が許されたら、いいことするんだけどもな」なんて、ポツッと言ったのね。ほんとだなあ、と思ってね。私は、涙ボロボロ出て・・・

手紙
被害者の鈴木さんへ、
長い間お詫びも申し上げず過ごしていました。申し訳ありません。本日処刑を受けることになり、ここに深く罪をお詫び致します。最後まで犯した罪を悔いておりました。亡き奥様にご報告して下さい。私は、詫びても詫びたらず、ひたすらに悔いを深めるのみでございます。死によっていくらかでもお心の癒されますことをお願い申し上げます。申し訳ないことでありました。ここに記し、お詫びのことに代えます。皆様のご幸福をお祈り申し上げます。
昭和四十二年十一月二日朝、千葉覚
 
吉田さんへ
吉田絢子様
奥様、とうとうお別れです。僕との最後の面会は、前坂君も来てくれるので、前坂君から聞いて下さいね。思い残すことは、歌集出版がやはり死後になることですね。被害者の鈴木様への詫び状を同封致しますから、お届けして下さいね。僕の父や弟などのことはなるべく知れないように守って下さいね。父たちも可哀想な被害者なのです。短歌を知って僕は良かったと思って感謝しています。僕のことは、自分で刑に服して償いとするほかに道のないものと諦めています。覚悟は静かに深くもっています。長い間のご厚情を感謝致します。有り難うございます。
 
前坂さんへ
前坂和子様
色紙と空穂先生の序文と住所をひかえたノートと年賀状と万年筆を差し上げます。年賀状の方々に、歌集刊行の節はお知らせ下さい。万年筆は私の使用していたものです。
十一月二日朝
惜しいようなのにとうとう朝です
和子さん、さようなら。
秋人

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら

島秋人の手紙その1

心にひびく日本語の手紙シリーズとしては最終回になります。

とても一回じゃ無理なので2回に分けます。

手紙
前坂和子様
十一月十四日
昨日の朝日新聞に村田めぐみちゃんの詩のことが「天声人語」にのっていた。
「手足の不自由な子供を育てる運動」月間のための記事ですが。
君の眼力?には感心したり、驚いたりです。
六百の詩と三年十一カ月の生命。
ベストセラーづくものは何となくキライな僕は
読んでいてもだまされているみたいになってしまう。
読まずギライだなあ。僕がいいたいのは上手なものはきらいなんだ。
少し欠点のあるものの方が親しみを感じる。
絵葉書、美しいなあと思った。
草の色と水の色とが美しくとけあっていて気に入った。
来週か、その次の週に洗礼を受ける事になります。
本当は川の中に入れられるのだそうですが頭を濡らすだけですむそうです。
冬もやのこもった空を見て来たら何となくものうくなってしまって、
さっきまで活力のあった体がもさーっとしている。
いちおくの人間の中のひとりの僕がひそうな思いで過ごす、いちにち。
ちっぽけなもの。100000000の中の1。
考えてみれば虫けらみたいなもんだ。
蟻がいっぴき踏まれて死んだよりなんでもないことだろう。
僕のひとつのいのちはひとつしかない。
いちにちがいとしいと思う。死刑囚だから。
  秋人

島秋人
島秋人は、本名中村覚
強盗殺人の罪を犯し逮捕され
最高裁にて死刑を言い渡される。
その時、27歳になります。

獄中で一冊の本と出会います。
開高健の「裸の王様」

絵を書くことによって、暗い孤独感の少年が少しずつ開かれていくという筋がありました。

絵を書きたい

自分の心の中にある童心を呼び覚ましたい
子供の書いた絵を見たい

中学の恩師、吉田好道先生に手紙を書きます。
思いに至った経緯と、子供の書いた絵をおくってもらえないかという内容

彼は子どもの頃から病弱で、さまざまな障害を持っていました。
家も貧しく、他人からバカにされて少年時代を過ごします。

新聞配達の仕事につきますが、集金の金を盗んで、家出し、東京で放浪の生活を始め、
窃盗・強盗未遂で少年院に入ります。
以降、出所しては犯罪を犯し、の繰り返し
少年院と強制入院させられる精神病院を行ったり来たり
そして、とうとう強盗殺人を犯してしまいます。

送られた手紙は、吉田先生のみならず、その奥さんの目にも止まります。

(以下、島秋人を特集したテレビ番組をまとめたWebサイトからの引用)

吉田:それは彼岸のお中日でしたの、秋の。
そして、主人が部屋で手紙を広げて読んでおりましたけれど、だんだん、だんだんこう下を向きまして、
ほんとにジッと下を向いて動かないんですね。
私もちょっとどんな手紙がきたんだろうと心配になりまして、そして主人に、「何の手紙ですか?」と訊きましたの。
そうしたら、黙って、私に寄越しましたのでね、
私、読まして頂きましたら、
「私は、中村覚と言って、昔、先生に教えて頂いた生徒だ。今、死刑囚になって、東京の拘置所にいる」と書いてありましてね。
そして、開高健の『裸の王様』という本を読みまして、そして非常に先生の絵が見たくなった」と言うんですね。
で、「自分のことを振り返りますと、人の誉められたとかということは全然なくって、いつも底能だ、バカだ、と言われて、過ごしてきたんですけど、先生にたった一度だけ誉められた思い出がある」というんですね。
それは、「自分の一生のうちに、その一度だけだった」というんです、「誉められた」ということ、「先生の絵が是非みたい」という手紙でしたの。
主人はそれを読みましてね、ほんとにその生徒のことをちょっと忘れていたんです、十何年も経ちましたし。
でも、胸に応えたらしいんですね。
私もそれを読まして頂いて、ほんとに胸がつぶれる思いがしましてね。

その後、吉田先生は急いで海に行き、海の絵を自分で書き
奥さんは自分の子供の絵を選ぶ
吉田先生の丁寧な手紙、絵、さらに奥さんも手紙を書いて同封する。

まさか、奥さんからまで手紙をもらえると思っていなかったので大感激
すぐに返信

その返信の中で、最後に俳句を書いたのが
奥さんの心に強く届きます。
奥さんは、短歌をやられているんです。

短歌をやってみられたらどうかしら

自分の人生で考えて
短歌を詠っているということで
随分救われた事があったそうです。

短歌を作って奥さんに送る

こんな風に変えてみれば、より良くなるわよ
って送り返す

短歌を詠う時の名前は
「島秋人」ってどうかしら

素敵ですね

秋人はしゅうじんとも読めますから

そういう日々を経て
世間様に発表出来るレベルに達したと
今度は毎日新聞の歌壇に投稿することを勧める

採用される事もちらほら出てきて
少しずつ、死刑囚の詠んだ歌は世の中の知るところとなります。

その読者の中に、高校生がいました。
名前は前坂和子

特段短歌に興味もなかった前坂が、最初に島秋人の短歌を目にしたのは
本当にたまたまだったようです
それから、とても気になる短歌となります。

後に、文通が始まることになり
その手紙の一つを先程紹介させていただきました。

なぜ文通が始まることになったのか、
明日、続きをお話しすることにします。

握手さへはばむ金網(あみ)目に師が妻の
手のひら添へばわれも押し添ふ
 
うす赤き夕日が壁をはふ
死刑に耐へて一日生きたり

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら

伊藤博文が反対しなかったら、最後に大久保と西郷は何を語ったろう

西郷さんの最終回になります。
西郷隆盛。なぜ江戸城総攻撃を中止したか
西郷隆盛。薩摩藩へ
西郷隆盛。中央政界で大親分。
西郷隆盛。不思議で複雑で不可解な征韓論

西南戦争という不幸がなぜ起きてしまったのか
複数の原因が積み重なって
やっぱり一番大きかったのは征韓論

これも、本当の真意はどこにあったのか
不思議だらけだけど

そういう歴史の視点もさることながら
私が気になって仕方がないのは
人間大久保と人間西郷の関係。

なぜ
大久保利道はなぜ西郷隆盛を討ったのか

直接手を下した訳ではないし
致し方ない事情が幾重にも重なったとも思う。

でも最終的に、西郷を討つ、と判断したのは大久保

小さい頃から目と鼻の先のご近所に住み
常にお互いの家を行ったり来たりして
よくも男同士でそんなに話す事があるなあと
みんなに言われるほど、話し込んでいた。

そんな相手を殺せるだろうか

少しずつ進む道が変わって行ったんだろう
だとしても、そんなことくらいで
亀裂が入るような仲でもなかろう

本当は途中から仲が悪くなったのかと思ってみた

でも、そうじゃなかったんです。

大久保の息子さんの証言によると
明治になってからも子供の頃からの関係は続いていた。

西郷が東京に来ると
何かっちゅうと大久保の家を訪ねて、そのまま泊まっていく
少年の頃のようによくもそこまで話があるなあと思ったらしい。

会議で
政府での会議で、大久保がある事を言った。

自分が出向いていって、西郷と直面で話をしたい

その場の全員が暫し沈黙

伊藤博文が口を開いた。

あとはどうなさるおつもりですか

ここでいう「あと」とは大久保がトップとして務めている、内務卿のこと

あとはあなたにおまかせするつもりだ

それはご辞退します。この際私がたつ事は出来ない

このやりとり、不思議かつ壮絶ですね
出向いていって直面で話をしたい、と言っただけで
大久保は帰ってこない、ないしは帰ってこれないと、その場の全員が判断したことになります。
並々ならぬ決意を感じたという事でしょう。

伊藤の意見を皮切りに、われもわれもと全員が反対論
否決されてしまいます。

この時の事を後に、伊藤博文が回顧しています。

平生の二人の関係やら性格から考えると、幸い了解ができるかもしれないが、
何しろ周囲の勢いというものができておるのだから、
形勢を一変することが出来るか分からない

その場になると、二人のことだから
差し違えるやもしらん

今思うと、行かれた方が良かった気もするが
どうしても心配で止めた。

歴史でもしもを考え出すとキリはないわけです
直接会談が実現したとしても、結果は変わらなかったような気もします。

でも、歴史の問題ではなく
二人の人間の問題として
最後にひとことなければ
二人の間は終わりを迎えられないんじゃなかろうか

実現していれば

何しに来た

馬鹿野郎

帰れ。
お前の来るところじゃない。

俺の言うことは
何にも聞かん奴だった
一回ぐらい聞いてみたらどうだ

無かった事には出来んのか

・・・・

最後にお前とあえて良かった

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)