鈴木牧之の思い。雪国ってこんなです。

江戸の理系力シリーズ

博物学に参りましょう
この学問、以前、割り込みで土井利位(としつら)やっちゃいました。
雪と言えば、老中土井利位
雪の降った日に、雪の研究でね

あれから半年なんですね
今は猛暑

土井利位に関連のある、鈴木牧之(すずきぼくし)を取り上げて
少しでも涼しい気分になりましょう

鈴木牧之
すずきぼくし 博物学、民俗学 1770~1842

明和7年(1770年)雪深い、越後国魚沼郡の塩沢で生まれる
越後縮(えちごちぢみ)という麻布を扱う商家だった

雪晒しという工程まで、実に多くの手間がかかる、とても上質な布

裕福な家で、両親が勤勉
その影響を受けて、子供の頃から絵画や俳句や漢詩などの手解きを受ける

そして、その興味の幅がどんどん広がっていく。

家業を手伝うようになって、行商で、近隣の仲間と一緒に江戸を訪れるようになるんだけど
仲間たちは、吉原等で遊び回っている間
書家沢田東江の元に通い、書を学んだり
各名所旧跡を回るなどして見聞を広めていく。

とにかく商売熱心で、働き詰め
やるべきことを帳面に書き留め、昼やれる事と夜でも出来ることを色分け
傾きかけていた商売を持ち直させる

性格は几帳面で、家の中の掃除、蔵の整理整頓なんかも完璧に自分でやらないと気が済まない

一体、どうやって時間を作っているんでしょう
商売や家事の時間を昼夜使った上で尚且つ、さらに芸術

そしてなんと、さらにこの人の意欲はそれでは足らず
科学の分野に入って行きます。

周り雪だらけの雪、これを研究対象と考えた。

雪はなぜ降るんだろう
雪には結晶があって、結晶には色んな種類があること
どういう時に雪深くなって
吹雪とは何か

そんな研究の中で、土井利位の「雪花図説」とも出会うわけです。
温冷熱三際の大気循環論から、雪の形成を考察
おおっ、何だかすごい

さらにさらに、民俗学
雪国とはどういうところか

江戸に行って思うのは
ほとんどの人が雪国についての知識が皆無だということ
雪国の人がどれだけ苦労しているかなんて全く分かっていないし
雪国特有の風習、暮らしぶり等々

研究成果
コツコツと研究成果を書き留めていくなかで、
世の中に発表したくなってくる。

分かるなあ、その気持ち

「北越雪譜」という本にまとめて、出版しようと
山東京伝に話を持ち込む

田舎の布屋の若造(この時、まだ20代)が
山東京伝という超売れっ子作家に会えるんだから
江戸での地道な活動がかなり充実していたということですね

その弟子、曲亭馬琴も尽力してくれるんだけど
出版までは至らなかった。

こんな有名な先生方も動いてくれたなんて
結果は駄目だったけど、幸福者だよ
で終わりそうなもんだけど
そこで諦めなかった。

雪への愛
そして郷土への愛なんでしょう

精力的に動き周り
有名な文人たちとの交流を深めていきます。

実は、彼には時間がなかったんです。

小さい頃から耳が聞こえづらく
少しずつ聴力が悪化していきます。

ほら貝を使って補聴器的なものを作成して
何とか聞き取れる程度
おそらく全く聞こえなくなるのだろう

時間がない

でも、これといった進展がないまま
時間は過ぎ、耳も悪化の一途
研究成果はより充実したものにはなっていくのだけれど。

そして、約40年が過ぎた時
40年ですよ、40年

ようやく、山東京伝の弟、山東京山が動いてくれて
ようやく出版に至ったのです。

こんな人は、やっぱり報われなきゃ駄目ですよね

正直、内容的には難しい本
でも、私は江戸の人達すごいなとつくづく思うんだけど
こんな難しい本が、ベストセラーになるんです。

土井利位の時にも書いたけど、「北越雪譜」がベストセラーになり
その中で、土井利位の雪の結晶が紹介されていたもので
なんと、雪の結晶の図柄が人気になり
着物の柄として、大ブームを起こします。

良かったね

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ワルナスビ

花カレンダー始めました

唐人お吉の悲しすぎる運命

前回、初代アメリカ公使、ハリスの話をしましたね
アメリカ、初代公使ハリス

次はその流れで、その通訳ヒュースケン、と思っていたんですが
ハリスの時のコメントで、唐人お吉(とうじんおきち)の話が出ました。

これはやっぱり、ヒュースケンの前に唐人お吉を挟まざるを得ませんね

斎藤きち
後に唐人お吉とあだ名されるのは、斎藤きち
伊豆下田の船大工の娘でした。

幼い頃から近所でも評判の器量よし
琴や三味線も習い
下田で芸者をすると一躍人気者となり、下田一と噂されるようになります。

船大工の鶴松とも婚約し、この先の人生に想いをはせながら過ごしておりました。

ハリス
そんな時期、ハリスが日本にやって来ました。

前回お話ししたように、ハリスは慣れない日本の地で病気になってしまいます

困った通訳のヒュースケンは
幕府にお願いをします。

看護師を一人お願いできませんか。

ナース ワン プリーズ
でしょうか

英語がオランダ語に翻訳され、さらに日本語に

はあ?ナース?
何ですのんそれ
日本には看護師なる概念がないので、オランダ通訳としても翻訳しようがなかった

何て説明しましょう、
女性で・・

といったところで

はいはいはい。
分かりました、皆まで言うな
いやあ、ハリスさんもお好きですなあ。

完全に勘違い。

大事な異国からの客人
最高のおもてなしをせねば

下田一の芸者、お吉に白羽の矢が立ちます。

絶対嫌です。私には婚約者がございます。

まあ、そう言わずに
月給10両と、支度金25両でどうだ
(1両10万円と考えれば、月給100万円の支度金250万円)

嫌と言ったら嫌です。

ところで、鶴松だが苗字帯刀が許される身分になりたいと常々言っているそうじゃないか
考えてみても良いのだが。

泣く泣く向かったハリスの元
お吉、弱冠17歳の時。

完全に勘違いだったことが分かります。

となったら、日本のために、誠心誠意お仕えせねば

一生懸命看病
ハリスもその態度にすぐに心を打ち解けます。

アイ ウォント ミルク
牛乳が飲みたいです。

当時、牛乳を飲む習慣が日本には全くありませんでしたが
ハリスのために、お吉は奔走します。

そのまま、献身的な看護で回復に向かい・・
となりそうですが
なんとなんと、たった3日でハリスから解雇されてしまいます。
(3ヵ月という説もあります)

理由はお吉に、おできが出来たから

納得いきません

お吉はヒュースケンに詰め寄りますが
解雇です。もう来ないで下さい、の一点張り

まあ、そんな理由はおかしいので推測するに
おそらくハリスも勘違いの経緯がわかり
かつ、お吉に婚約者がいることを知ったからなんじゃないでしょうか

ストレートに言うのが取り柄の外人さんなんだから
ちゃんと言えば良かったのにね

唐人お吉
帰ってきたお吉に周りの人たちは好き勝手な噂を流します。

唐人お吉!

唐って中国ですのにね
人々は、中国とオランダ以外の外国を良く分かっていません。

お吉としても、理不尽な解雇を腹立たしく思い
気持ちが荒れていきます。
まとまったお金が手に入りましたので、お酒に溺れるようになります。

そもそもが、外国人に対して攘夷の風が最も強く吹き荒れていた時期

悪い方向へ悪い方向へ

転々と
下田にいられなくなったお吉は、逃げるように住まいを変えます。

髪結いの技術も習得。
そこでは、それなりに順調に行きそうだったのですが
どこからか、噂が立ち
また偏見の目で見られるようになります。

転々と

横浜で、偶然に元の婚約者、鶴松と出会います。

習得した髪結いの技術で鶴松と一緒に、髪結い床を始めます。

今度は「唐人」を逆手にとり
外国で流行っていると銘打って、新しい髪型を流行らせたりします。
外国で日本髪を結っている筈ないですけどね。

若干はブームになるんですが
やっぱり、唐人偏見は根強く、
毛が抜けるとかの噂で、元の木阿弥

また、酒に溺れるようになり、鶴松とも分かれてしまいます。

そしてやはりと、下田に戻ります。

小料理屋「安直楼」を開きます。

最初はうまく行っていたんですが・・。

朝から酒を飲んでいると評判が立ちます。

2年で店を締め、物乞いの生活。

身も心もボロボロになっていきます。

1890年(明治23年)3月27日、
豪雨の日でした。

稲生沢川門栗ヶ淵に入水自殺
50歳。

結局は、帰された後に飲み始めたお酒
このお酒がことごとく彼女の人生を邪魔します。
嫌な事があると、お酒に逃げてしまう。
酔って失敗して、評判を悪くする
その繰り返し。

おそらく今で言うアルコール依存症になってしまったんだと思います。

途中、前向きになっていた時期もあるので、
悔しい思いでいっぱいになります。

遺体の引き取り手はなく、どこの寺からも引き取り拒否
二日間放置されたあと、宝福寺住職に無縁仏として引き取られます。

人気
哀しすぎる人生ですが
せめてもの救いで言うと

その後、芝居や小説で取り上げられ
人気者になったこと

稲生沢川門栗ヶ淵は、お吉が淵と名を変え
お吉記念館も出来
下田では知らない人はいません。
毎年お吉を忍ぶ年中行事は大盛況

あの5000円札の新渡戸稲造が特にお吉に思い入れを強く持ったようで
色んな研究を進めています。

お吉
100年以上もたったあと、あなたのことは忘れていないからね

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムラサキゴテン

花カレンダー始めました

マクファーレンの日本1852がペリーに与えた影響

「外国人が見た幕末・明治の日本」という本を読みました。

外国人は、「フジヤマゲイシャ」で極めて日本について不正確な知識しか持っていなかったと
どこかで読んだ記憶がありました。

もちろんそういう人はいたんでしょうが
少なくとも、この本に紹介されている人たちは
詳細で、着眼点が面白く
総じて好意的に日本を描いてくれている。

外国人が書く文章って実に独特ですね
それを感じるだけでも面白い本です。

今後、それぞれの外国人のひととなりをできるだけ描けるようにしつつ
いくつか紹介していきたいと思います。

最初はペリーからとも思ったんですが
その前にどうしても、この人だけは。

マクファーレン
ペリー来航が1853年
出発したのはその前の年で、1852年の7月
その4ヵ月前に、イギリスの学者、チャールズ・マクファーレンによって
一冊の本が出版されている。
「日本 ー 地理と歴史、この列島の帝国が西洋人に知られてから現在まで、及びアメリカが準備する遠征計画について」
長い名前だこと
あんまり長いので、通称「日本1852」と言われています。

歴史、地理、民族、宗教、政体、自然環境に至るまで
実に詳しく、しかも制度が極めて高い。

シーボルトで、いわば日本学が世界の有識者の中でブームになり
その集大成とでも言うべき内容

本の題名の後半にあるように
もう出発4ヶ月前にペリー来航が明確に書かれている

アメリカが開国交渉を始めようとしている。
それがうまくいくかどうかは、アメリカの交渉のやり方にかかっているようだ。
アメリカは軍事力を見せつける方法を選んだようだ。
決して侮られないようにするという決意の表明だ。

あらま、完璧に分かっちゃってます。

まあ、ペリーは隠そうとしていなかったし
そもそも、列強各国に、一緒に行きたい人、この指止まれって
公募しちゃってますからね

そこに、シーボルトも応募している。

ただ、どういう戦略で望むかと言うことまで、
完全に断定しているのは、よほどの取材力だと思う。

そもそも、この人、日本に一度も行ったことがない。
シーボルトの本を皮切りに、長崎に行ってきた人などに徹底取材
特に、日本人の特性や気質みたいな部分は実に的確。

軍事力を比較すれば、当然ながらアメリカが日本を圧倒している
そう分析した上で
万が一、アメリカが戦いを仕掛けた場合、アメリカが勝つことは間違いないけれど
その過程でどれだけの死者が出るかは想像さえつかない

うちてしやまん、的日本人気質をこの時点で既に指摘している

もちろん、ペリーはこの本を精読したと思われます。
ペリー来航については、次回詳しく話しますが
戦争を仕掛ける気はない
ひょっとしたらこの本を読んで、やっぱりやめとこうと思ったかも知れません。

政体
天皇と将軍の関係についても書かれています。

帝は政治的な重みを持っていない
帝に向けられる尊崇の念は神々に対するそれと、遜色のないほど強いものがある
そうでありながら、帝の暮らしは牢に入れられたようなものである。
帝は宮廷に生まれ、ほとんどの人生を宮廷の周りの限られたところで過ごすのである
公方様は序列ではその下にあっても実質の王権を保持していて、政治的権威の中心である。

総じて、マクファーレンは日本を随分高く評価している
「日本人は、我々が軽蔑する他のアジア人とは全く異質である」とまで言っている

でも、それでも、「半文明国」と断じている
キリスト教を信じている国とそうじゃない国
やはり欧米諸国は、明確にそこに線を引くようです。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)
花カレンダー始めました

島秋人の手紙その2

島秋人の手紙その1の続きになります

前坂和子
当時高校生の前坂和子は
次に掲載される島秋人の短歌を心待ちにするようになります。

自分で、島秋人の歌集を作り、「いあいしゅう」と名付けます。
自分だけの歌集です。

そんなある日、新聞である報道があります。
島秋人の死刑が確定

前坂はいてもたってもいられず島秋人に手紙を書きます。

島からはとても素直な、ありがとう、の返信

何度かやり取りして
一度会いたいですね、ということになる

前坂は「いあいしゅう」を持っていきます。

その後、二人の文通は続き、
実に6年の長きに渡ります。

千葉てる子
次に、島の短歌に強烈に心を突き動かされた人がいます。
千葉てる子さん
島秋人より十歳年上。
熱心なクリスチャンです。

手紙を書いて面談もして
でも、あまり神様がどうのという話をする気になれなくて
友達のように接したら
島も心を開いて、神様の事もたずねるようになり
「信仰の姉さんになって下さい」
昨日書いた手紙の文面にあった、洗礼のくだりは
そういった経緯を経ています。

島は、次第に死刑になってかつ人のためになることができないかを考え
遺体と角膜を捧げようと考えます。
でも、肉親の同意書が必要です。
島は戸籍から外されてしまっています。

千葉てる子さんにあるお願いをします。

養母になってくれませんか

千葉さん快諾
10歳年上なだけなんだけどね。

島秋人、本名、中村覚は千葉覚になります。

その日
昭和四十二年十一月一日朝、処刑の日が明日であると告げられます。
この日、予め呼ばれていた五人との最後の特別面会が許されました。
お父さん、養母の千葉さん、前坂さん、教誨師(きょうかいし)の泉田精一さん、
そして彼の信仰の導きをした小川久兵衛牧師です。

千葉:明るいね、どこまでも明るくてね、ニコニコして、ほんとに明るい顔していました。どこにも曇りのない。とにかくみんなで会うのが嬉しかったんじゃない。いつも金網越しで会っていたもの。「このまま私が許されたら、いいことするんだけどもな」なんて、ポツッと言ったのね。ほんとだなあ、と思ってね。私は、涙ボロボロ出て・・・

手紙
被害者の鈴木さんへ、
長い間お詫びも申し上げず過ごしていました。申し訳ありません。本日処刑を受けることになり、ここに深く罪をお詫び致します。最後まで犯した罪を悔いておりました。亡き奥様にご報告して下さい。私は、詫びても詫びたらず、ひたすらに悔いを深めるのみでございます。死によっていくらかでもお心の癒されますことをお願い申し上げます。申し訳ないことでありました。ここに記し、お詫びのことに代えます。皆様のご幸福をお祈り申し上げます。
昭和四十二年十一月二日朝、千葉覚
 
吉田さんへ
吉田絢子様
奥様、とうとうお別れです。僕との最後の面会は、前坂君も来てくれるので、前坂君から聞いて下さいね。思い残すことは、歌集出版がやはり死後になることですね。被害者の鈴木様への詫び状を同封致しますから、お届けして下さいね。僕の父や弟などのことはなるべく知れないように守って下さいね。父たちも可哀想な被害者なのです。短歌を知って僕は良かったと思って感謝しています。僕のことは、自分で刑に服して償いとするほかに道のないものと諦めています。覚悟は静かに深くもっています。長い間のご厚情を感謝致します。有り難うございます。
 
前坂さんへ
前坂和子様
色紙と空穂先生の序文と住所をひかえたノートと年賀状と万年筆を差し上げます。年賀状の方々に、歌集刊行の節はお知らせ下さい。万年筆は私の使用していたものです。
十一月二日朝
惜しいようなのにとうとう朝です
和子さん、さようなら。
秋人

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら