[大岡越前] 通貨政策。両替商とのバトル。

[大岡越前] 産業振興などの本格対応
の続きになります。

江戸時代って、日本の中に二つの国があるが如し。
江戸と大阪
通貨が違うんです。

江戸は金が通貨で、大阪は銀が通貨
その二つが貿易している感じで、為替レートが存在し
日々相場で変わる。

両替屋が相場によって、手数料を取りつつ、金と銀を交換する。
びっくりぽんの世界です。
ずっと不思議だったんですよ
今の両替って1000円札を100円玉10個に換えるだけですよね
両替屋ってどこで儲かっているんだろう、って

ずっと、商品は大阪にだけ溢れていたから
手に入れるため、銀が欲しい、銀が欲しい。
構造的に、金安状態が続いていました。

以前は金1両で銀60匁(もんめ)
でも金1両で銀40匁にまでなっちゃっていた。

大岡越前は、金と銀の交換レートに介入しようとします

両替商に対して、金1両を銀60匁にしなさい。

両替商は猛反発
抗議の意味を込めて、一斉休業
両替商は大阪に本店がある店が多いので、大阪の銀が強いままの方が良いという事情もある

全部の銀行がお休みになったのと同じなので、経済は大混乱

大岡越前は、
分かったよ。じゃあ、55匁でどう?

アホか
そういう問題じゃないの
相場に任せなきゃダメなの
と、休業を続けます。

参りました。降参します。
大岡越前が大きく挫折した場面です。

貨幣改鋳
時代は少し遡り、5代将軍綱吉の頃
幕府の財政が悪化していった。

取った対策が、お金を作り替えよう作戦

本来は、例えば金貨を溶かして金にした場合、1両分の価値があるとすると、1両
でも、金の量を半分にすると
材料代は半分なのに、1両って書いてあれば1両
大儲けです。

卑怯な手ではありますが
財政は一旦回復

代が変わって第六代の家宣
参謀は新井白石
卑怯な事が大嫌いな白石
ダメでしょ、と元に戻した。

吉宗はその路線を踏襲します。

一枚岩だった筈の吉宗と大岡越前
この件に関しては、意見が分かれます。

上様、現実を見てください
正しいことだけで、やっていける状態にありません。

お金を作り替えよう作戦第二弾
今度は、別の意図も加味します。

金貨と銀貨、両方作り替えるんですが
金貨内の金を60%に、銀貨内の銀を58%にする
要は落とし具合を銀の方が大きくする

理屈で行くと、これで銀は弱くなる。

ところがこれもうまく行かず、結果、銀の方が強くなった。
おそらく、意図が分かった両替商たちが、一致団結して操作した可能性が高い。

再び敗北の大岡越前
ただ今回は強く出た

交換レートは相場に任せるべきっていうのが
君たちの主張だった筈
言っていることとやっていることが違うんじゃないのかい?

説明せよと呼び出したが、出頭拒否

両替商の手代たちを牢に入れてしまう。

まさかそこまでするとは思わなかった両替商たちはうろたえるが
こっちもあとには引けない
またまた、一斉休業作戦で対抗

今度は大岡越前も一歩も引かない。

膠着状態が2ヶ月も続く
さあ、どっちがおれたか

何と、大岡越前が寺社奉行に栄転になってしまう。
町奉行は交替
新しい町奉行と両替商たちが和解
手代たちは解放
一斉休業も復活。

大岡越前としても栄転な訳だから
両者WinWinなのかも知れません。

おそらく、両替商たちは、やりにくい大岡越前を外すべく働きかけたでしょうが
栄転という方向に持っていったのは、
仕事としては嫌な相手であっても
人間対人間として、一目置いていたのかとも思う。

肝心の交換レートですが
次第に落ち着いて、60匁で安定する

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

修飾詞の付かない、塙保己一、その2

修飾詞の付かない、塙保己一
の続きです。

学者としての道を進み始めた塙保己一(はなわ ほきいち)
萩原宗固の紹介で川島貴林、山岡浚明といった当代一流の学者たちに師事し、
文学・医学・律令・神道など、幅広く学んでいくことになります。

そして運命の出会いが訪れます。

国学者の最高峰、賀茂真淵(かものまぶち)に入門するのです。
その時、賀茂真淵は既に最晩年

六ヶ月後には帰らぬ人となるので
長い時間ではありませんでしたが
少しでも「その世界で最高の人」の弟子になれるなんて
何物にも変えがたい
超一流同士で通じ合えるもの

賀茂真淵が亡くなるとなると
もう、塙保己一の上には誰をも存在しない。

既に弟子も何人もいます。

その時期その学問で最高の学者として生きていくための
振る舞いと心構え

そんなことを学んだんでしょうね。

あとはお前に託すぞ

あらゆる事が保己一に集中していくことになります

大名家から秘蔵の書籍の真贋を鑑定してもらえるようにとの依頼
加速度がついてきて
貴重な書物がどんどん、保己一とその弟子たちの元へと集まってきます。

その状況下で、考えます。

ずっと助けられてきた人生
後の人生で
どうしたら恩返しが出来るのか

人に恩返しをしたい
本に恩返しをしたい

あらゆる事を与えてくれる「本」という存在も
特別の手立てを取らなければ
すぐに朽ち果て、無くなっていく。

残そう
「本を残す」ということに
残りの人生を注ぎ込もう

江戸の理系力シリーズをやって来て分かったのは
それぞれの学問分野で
百科事典的なものを作る人が現れ
その完成を持って、その学問が飛躍的に発展する転機となる

保己一が作ったのは、本の百科事典

貴重な本の内容を版木に彫る
何枚でも刷れる形になって、
その本は永遠の命を授かる
分類し、検索しやすくし
形も統一
増やして流布させることで
その本の内容は一般化する

群書類従
本の百科事典「群書類従」(ぐんしょるいじゅう)
収録文献数は、1270種以上
二十五部に分類

分かりやすいところの例をあげますと

物語部
『伊勢物語』『竹とりの翁の物語』
日記部
『和泉式部日記』『紫式部日記』
紀行部
『土佐日記』『さらしな日記』
雑部
『枕草子』『方丈記』から聖徳太子の『十七箇条憲法』まで

あらゆる古書は、群書類従の中に入ることで
命を吹き込まれる

例えば「日本後紀」
日本書紀に始まる六国史のひとつですが
それまで行方知れずだった

保己一の弟子、稲山行教(ゆきのり)が、
苦労に苦労を重ね
少しずつ三条西家の人に書き写させてもらう

保己一たちがいなかったらと思うとゾッとします。

古書は、何でも群書類従に始まり、群書類従に終わる、という存在でしたから。

和学講談所
ついには、幕府をも動かします。

群書類従はライフワークで、最終的には40年もかかっているんですが
せっかくの本の百科事典があっても、ページを開く人がいなければ何の役にもたちません。

教育して広げていかなければ。

当時の老中は松平定信
和学講談所および文庫を建設するための用地三百坪が無償で提供
建物の建設資金三百五十両の貸し付けも行われ
毎年五十両の資金援助も受けられることとなったのです

初めて生徒たちを前に講義するとき
こんな風に言ったんじゃないかな

皆さんの中には何がありますか
そうです。心です。

心は生まれ落ちたその時に、授かったものでしょうか

私には、もっと前から繋がっているように思えるんです

自分が何者であるのか
分からなくなったら
ぜひ、日本の古い読み物を読んで下さい。

あなたの心と同じものが、そこにあります。

驚き
自分自身興奮気味に、この「その2」を書きました。
もう一度、自分の文章を読み返してみて
驚いた事があります

だからか!

「その2」の最初からここまで、「盲」の字を使っていない。

日本の書物には恩人がいた
掘り起こして、繋げてくれた人

それまで誰も発想したことのなかった
あらゆる書物をひとつにまとめちゃおう、ということを
現実にやってのけた人

その人は、たまたま、目が見えなかっただけ

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)


ガウラ

花カレンダー始めました

鈴木牧之の思い。雪国ってこんなです。

江戸の理系力シリーズ

博物学に参りましょう
この学問、以前、割り込みで土井利位(としつら)やっちゃいました。
雪と言えば、老中土井利位
雪の降った日に、雪の研究でね

あれから半年なんですね
今は猛暑

土井利位に関連のある、鈴木牧之(すずきぼくし)を取り上げて
少しでも涼しい気分になりましょう

鈴木牧之
すずきぼくし 博物学、民俗学 1770~1842

明和7年(1770年)雪深い、越後国魚沼郡の塩沢で生まれる
越後縮(えちごちぢみ)という麻布を扱う商家だった

雪晒しという工程まで、実に多くの手間がかかる、とても上質な布

裕福な家で、両親が勤勉
その影響を受けて、子供の頃から絵画や俳句や漢詩などの手解きを受ける

そして、その興味の幅がどんどん広がっていく。

家業を手伝うようになって、行商で、近隣の仲間と一緒に江戸を訪れるようになるんだけど
仲間たちは、吉原等で遊び回っている間
書家沢田東江の元に通い、書を学んだり
各名所旧跡を回るなどして見聞を広めていく。

とにかく商売熱心で、働き詰め
やるべきことを帳面に書き留め、昼やれる事と夜でも出来ることを色分け
傾きかけていた商売を持ち直させる

性格は几帳面で、家の中の掃除、蔵の整理整頓なんかも完璧に自分でやらないと気が済まない

一体、どうやって時間を作っているんでしょう
商売や家事の時間を昼夜使った上で尚且つ、さらに芸術

そしてなんと、さらにこの人の意欲はそれでは足らず
科学の分野に入って行きます。

周り雪だらけの雪、これを研究対象と考えた。

雪はなぜ降るんだろう
雪には結晶があって、結晶には色んな種類があること
どういう時に雪深くなって
吹雪とは何か

そんな研究の中で、土井利位の「雪花図説」とも出会うわけです。
温冷熱三際の大気循環論から、雪の形成を考察
おおっ、何だかすごい

さらにさらに、民俗学
雪国とはどういうところか

江戸に行って思うのは
ほとんどの人が雪国についての知識が皆無だということ
雪国の人がどれだけ苦労しているかなんて全く分かっていないし
雪国特有の風習、暮らしぶり等々

研究成果
コツコツと研究成果を書き留めていくなかで、
世の中に発表したくなってくる。

分かるなあ、その気持ち

「北越雪譜」という本にまとめて、出版しようと
山東京伝に話を持ち込む

田舎の布屋の若造(この時、まだ20代)が
山東京伝という超売れっ子作家に会えるんだから
江戸での地道な活動がかなり充実していたということですね

その弟子、曲亭馬琴も尽力してくれるんだけど
出版までは至らなかった。

こんな有名な先生方も動いてくれたなんて
結果は駄目だったけど、幸福者だよ
で終わりそうなもんだけど
そこで諦めなかった。

雪への愛
そして郷土への愛なんでしょう

精力的に動き周り
有名な文人たちとの交流を深めていきます。

実は、彼には時間がなかったんです。

小さい頃から耳が聞こえづらく
少しずつ聴力が悪化していきます。

ほら貝を使って補聴器的なものを作成して
何とか聞き取れる程度
おそらく全く聞こえなくなるのだろう

時間がない

でも、これといった進展がないまま
時間は過ぎ、耳も悪化の一途
研究成果はより充実したものにはなっていくのだけれど。

そして、約40年が過ぎた時
40年ですよ、40年

ようやく、山東京伝の弟、山東京山が動いてくれて
ようやく出版に至ったのです。

こんな人は、やっぱり報われなきゃ駄目ですよね

正直、内容的には難しい本
でも、私は江戸の人達すごいなとつくづく思うんだけど
こんな難しい本が、ベストセラーになるんです。

土井利位の時にも書いたけど、「北越雪譜」がベストセラーになり
その中で、土井利位の雪の結晶が紹介されていたもので
なんと、雪の結晶の図柄が人気になり
着物の柄として、大ブームを起こします。

良かったね

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ワルナスビ

花カレンダー始めました

唐人お吉の悲しすぎる運命

前回、初代アメリカ公使、ハリスの話をしましたね
アメリカ、初代公使ハリス

次はその流れで、その通訳ヒュースケン、と思っていたんですが
ハリスの時のコメントで、唐人お吉(とうじんおきち)の話が出ました。

これはやっぱり、ヒュースケンの前に唐人お吉を挟まざるを得ませんね

斎藤きち
後に唐人お吉とあだ名されるのは、斎藤きち
伊豆下田の船大工の娘でした。

幼い頃から近所でも評判の器量よし
琴や三味線も習い
下田で芸者をすると一躍人気者となり、下田一と噂されるようになります。

船大工の鶴松とも婚約し、この先の人生に想いをはせながら過ごしておりました。

ハリス
そんな時期、ハリスが日本にやって来ました。

前回お話ししたように、ハリスは慣れない日本の地で病気になってしまいます

困った通訳のヒュースケンは
幕府にお願いをします。

看護師を一人お願いできませんか。

ナース ワン プリーズ
でしょうか

英語がオランダ語に翻訳され、さらに日本語に

はあ?ナース?
何ですのんそれ
日本には看護師なる概念がないので、オランダ通訳としても翻訳しようがなかった

何て説明しましょう、
女性で・・

といったところで

はいはいはい。
分かりました、皆まで言うな
いやあ、ハリスさんもお好きですなあ。

完全に勘違い。

大事な異国からの客人
最高のおもてなしをせねば

下田一の芸者、お吉に白羽の矢が立ちます。

絶対嫌です。私には婚約者がございます。

まあ、そう言わずに
月給10両と、支度金25両でどうだ
(1両10万円と考えれば、月給100万円の支度金250万円)

嫌と言ったら嫌です。

ところで、鶴松だが苗字帯刀が許される身分になりたいと常々言っているそうじゃないか
考えてみても良いのだが。

泣く泣く向かったハリスの元
お吉、弱冠17歳の時。

完全に勘違いだったことが分かります。

となったら、日本のために、誠心誠意お仕えせねば

一生懸命看病
ハリスもその態度にすぐに心を打ち解けます。

アイ ウォント ミルク
牛乳が飲みたいです。

当時、牛乳を飲む習慣が日本には全くありませんでしたが
ハリスのために、お吉は奔走します。

そのまま、献身的な看護で回復に向かい・・
となりそうですが
なんとなんと、たった3日でハリスから解雇されてしまいます。
(3ヵ月という説もあります)

理由はお吉に、おできが出来たから

納得いきません

お吉はヒュースケンに詰め寄りますが
解雇です。もう来ないで下さい、の一点張り

まあ、そんな理由はおかしいので推測するに
おそらくハリスも勘違いの経緯がわかり
かつ、お吉に婚約者がいることを知ったからなんじゃないでしょうか

ストレートに言うのが取り柄の外人さんなんだから
ちゃんと言えば良かったのにね

唐人お吉
帰ってきたお吉に周りの人たちは好き勝手な噂を流します。

唐人お吉!

唐って中国ですのにね
人々は、中国とオランダ以外の外国を良く分かっていません。

お吉としても、理不尽な解雇を腹立たしく思い
気持ちが荒れていきます。
まとまったお金が手に入りましたので、お酒に溺れるようになります。

そもそもが、外国人に対して攘夷の風が最も強く吹き荒れていた時期

悪い方向へ悪い方向へ

転々と
下田にいられなくなったお吉は、逃げるように住まいを変えます。

髪結いの技術も習得。
そこでは、それなりに順調に行きそうだったのですが
どこからか、噂が立ち
また偏見の目で見られるようになります。

転々と

横浜で、偶然に元の婚約者、鶴松と出会います。

習得した髪結いの技術で鶴松と一緒に、髪結い床を始めます。

今度は「唐人」を逆手にとり
外国で流行っていると銘打って、新しい髪型を流行らせたりします。
外国で日本髪を結っている筈ないですけどね。

若干はブームになるんですが
やっぱり、唐人偏見は根強く、
毛が抜けるとかの噂で、元の木阿弥

また、酒に溺れるようになり、鶴松とも分かれてしまいます。

そしてやはりと、下田に戻ります。

小料理屋「安直楼」を開きます。

最初はうまく行っていたんですが・・。

朝から酒を飲んでいると評判が立ちます。

2年で店を締め、物乞いの生活。

身も心もボロボロになっていきます。

1890年(明治23年)3月27日、
豪雨の日でした。

稲生沢川門栗ヶ淵に入水自殺
50歳。

結局は、帰された後に飲み始めたお酒
このお酒がことごとく彼女の人生を邪魔します。
嫌な事があると、お酒に逃げてしまう。
酔って失敗して、評判を悪くする
その繰り返し。

おそらく今で言うアルコール依存症になってしまったんだと思います。

途中、前向きになっていた時期もあるので、
悔しい思いでいっぱいになります。

遺体の引き取り手はなく、どこの寺からも引き取り拒否
二日間放置されたあと、宝福寺住職に無縁仏として引き取られます。

人気
哀しすぎる人生ですが
せめてもの救いで言うと

その後、芝居や小説で取り上げられ
人気者になったこと

稲生沢川門栗ヶ淵は、お吉が淵と名を変え
お吉記念館も出来
下田では知らない人はいません。
毎年お吉を忍ぶ年中行事は大盛況

あの5000円札の新渡戸稲造が特にお吉に思い入れを強く持ったようで
色んな研究を進めています。

お吉
100年以上もたったあと、あなたのことは忘れていないからね

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムラサキゴテン

花カレンダー始めました