[植木等]10 全部一生懸命やって来たけどね

[植木等] 物語の始まり
[植木等]2 小学生が檀家を回ってお経
[植木等]3 いたんだねえ。あいつが
[植木等]4 コミックバンド?へえ、そう
[植木等]5 クレージーな猫たち完成
[植木等]6 青島幸男と言います。
[植木等]7 こりゃまた失礼致しました。
[植木等]8 スイスイスーダララッタ スラスラスイスイスイ
[植木等]9 てなこと言われてその気になって
の続きです
植木等シリーズとしては最終回になります。

ダウン
あまりの忙しさに体が悲鳴をあげる
植木個人の仕事は断ることもできたが、クレージーキャッツとしての仕事は断れなかった

緊急入院
当然仕事は出来ない

律儀な植木は、それでも給料がもらえるということに納得がいかない

渡辺プロの社長、渡辺晋に言う
給料をもらいたくない

渡辺晋は、芸能プロダクションとして初めて給料制を採用して
安定的にタレントの面倒をみるというのがポリシーだったが
結局は折れて、植木については一回いくら方式に変えた

結果として、一時期大金持ちとはなるが、
本人は不思議なくらい、金には無頓着
子供の頃から若いときにかけて金で苦労したのに

芸能界のスタートしては、豪遊とか女性問題がつきものだけど
全く皆無
どこへ行っても、高級な店には全く興味がなく
そのへんの蕎麦屋とか定食屋とかで一般人と同じ食事をとるだけ

目黒から経堂に引っ越ししたとき、渡辺晋に1200万お金を借りる
4年ほどして奥さんに、
そう言えば、あの借金どうした?

何言ってんの
あんなのとっくに返したわよ

かげり
ブームには終わりがやって来る
8年ほど続いたが
ドリフターズや、コント55号に移っていく

東宝のシリーズが終わると聞いたときは正直ホッとしたね
あのての映画にもう出なくて良いんだって
でも、シャボン玉ホリデーが終わり
クレージーキャッツの人気が落ちてきた事は淋しかったね
生きる張り合いみたいなものがなくなっちゃってね

王将
5年後の昭和51年

マネージャーが
王将の坂田三吉役の依頼が来ましたよ

冗談じゃないよ
坂田三吉なんてものは、50を越えてからやるもんだよ

おやっさん、もう50越えてますけど

えっ、俺もう50越えてるの?って本気で驚いたの
スーダラ節だの無責任男だの、明るくお調子者の青年を演じ続けていて
自分でも無意識にそうならなきゃって思ってたんだろうね

僕、怖い人って嫌いなんです。
演出の北条先生は、怖くてしつこくて
この時の心情が表れていないとか、何度も何度も
嫌で仕方なかったけど
それでもこの役はやりたかったんです。

新境地への第一歩となった。

8年後の昭和59年
自分の息子より若い石井聰亙監督の「逆噴射家族」に出演

素直で良い監督だなあと思った
昔、一生懸命だった自分を思い出す

翌年、黒澤監督の「乱」に呼ばれる

あなたの明るさと高笑いが欲しい

毎日、ホテルに帰って食事するでしょ
長ーいテーブルの真ん中に、黒澤さんが座って、その向かいはいつも僕
名札がそうなっているから
主役は仲代達矢なんだけど、彼の席はずーっと離れている
ある日、仲代に聞いたの
何で僕がいつも前なの?って
すると、先輩だから、っていうの
年齢はそうかも知れないけど、役者としてのキャリアや実力は全然違うのにね

ある日、黒澤さんが「どうも我々っていうのはさみしいもんだね」ってしみじみ言うの
どんなところが淋しいんですか、って聞いたら
時間もなにも無茶苦茶で朝から夜中まで
その上スタッフに気を使わなきゃいけない

黒澤さん、何を甘ったれた事を言っているんですか
好きなメンバーを集めて、好きな仕事をしているのに、何でそんな事を言うんですか

そしたら、何も言い返さないで、自分の部屋に戻っちゃった。

仲代達矢がきて
さすがですね植木さん。やっぱり植木さんに前に座ってもらって良かった
黒澤さんにあんな事を言えるの、誰もいませんから

さらに翌年、木下恵介監督の「新 喜びも悲しみも幾年月」
老人役を軽妙に演じて、アカデミー賞の助演男優賞等の賞を総なめ

ハナ肇
ハナ肇が63歳で亡くなる

亡くなる前、桜井センリとふたりで行ったの
ハナがぜえぜえと何か言いたい様子だった

何?

ああ カツ

とぎれとぎれに言うの

カツ?カツって何なの?

ああ カツ丼

カツ丼が食べたいのね
カツ丼好きだったもんね

ああ カツ

分かった、カツ丼すぐに用意するからね

ああ カツ カツカレーも

ここで大爆笑
カツ丼にカツカレーじゃ食べすぎでしょ!

あのとき、ハナ、笑ってたなあ

イメージ
無責任男のイメージが強くてねえ
色んな役をやったら消えるかなと思ったら消えなかった
でも、やっぱり消えちゃいけないんだと思うようになったの
植木等の存在価値だってね
笑顔と明るさね。
それがなくなったら、存在価値なし。

もし、生き直せるとしたら?

申し訳ないから坊主になるかなあ
親父は、ならなくて良いって言ってくれたけど
お袋には泣かれたからなあ
坊主になることが一番の親孝行だと思っている

わがままな人生だったなあ
全部一生懸命やって来たけどね

戸井十月が一年に渡ってインタビューした
「植木等伝 わかっちゃいるけどやめられない」
インタビューでこの言葉が最後だった。

本の完成に間に合わなかった。

平成19年3月27日 80歳 永眠

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植木等]9 てなこと言われてその気になって

[植木等] 物語の始まり
[植木等]2 小学生が檀家を回ってお経
[植木等]3 いたんだねえ。あいつが
[植木等]4 コミックバンド?へえ、そう
[植木等]5 クレージーな猫たち完成
[植木等]6 青島幸男と言います。
[植木等]7 こりゃまた失礼致しました。
[植木等]8 スイスイスーダララッタ スラスラスイスイスイ
の続きです。

映画
スーダラ節が流行ったあと、東宝に呼ばれる

君を主役に映画を録りたいと思っているんだ。

映画の主役って誰しもが憧れる
そりゃすごい、と思って聞いた

どういった映画なんでしょう

ニッポン無責任時代、って言うんだよ。

はぁ??

監督の古澤憲吾はまさに奇才と呼ぶにふさわしい人だった
台本なんてたびたび無視する

思いきり走ってこい
ここでズドーンと転ぶ
カメラが録ったな、と思ったら
スッと立ち上がって、ガーッと向こうに走っていけ

全速力で走っているトラックからトラックに乗り移るとか
前から来た電車に逃げ場をなくして鉄橋の下にぶら下がる
はい、そこから飛び落ちる
そんなことをスタントマンなくやらせる。

毎回毎回、全開で取り組まないと怪我しちゃう
共演者一同くったくた

無茶苦茶なシーンの連続だったけど
監督本人が自分でテストして絶対大丈夫だからと、100%の自信を持って言ってくる
自分が体張っているのを見ると嫌とは言えません。
ただ、監督もトラックから振り落とされたりしているから説得力はないんですけどね

大ヒットして、無責任シリーズは一世を風靡する

一方で、ハナ肇も松竹で「馬鹿が戦車でやって来る」等の馬鹿シリーズ
谷啓は、東映で「図々しい奴」

あるとき、正月に、植木の東宝映画と松竹の松竹映画がかち合った

記者がハナ肇にインタビュー
今度の正月映画、東宝の植木さんとかち合いますが勝ち目はありますか

この野郎、ふざけた事言うな
今の植木に勝てる奴なんて、日本にいるわけないだろう

舞台
それと並行して舞台もやった
例えば菊田一夫演出の「太閤記」

むしろを敷いて植木が寝ているところから始まる
幕があくと、三階から
おーい、見えないぞー

植木はむしろを持って前の方に移動して
おーい、見えるかー

大ウケ

でも、菊田は怒ったねえ
勝手なことすんじゃねえ、って

C調路線
ニッポン無責任男の主題歌も大ヒット
やはり青島幸男と萩原哲晶のコンビ
最後の歌詞は

コツコツやる奴ぁ ごくろうさん

要領と運だけで社長になったC調サラリーマン

ハイ、それまでヨ
始めね、この歌を貰った時は嬉しかったの。
♪あなただけが 生きがいなの~、ってね、やっと歌らしい歌が歌えると思ったわけ。
ところが
♪テナコト言われてソノ気になって、でガラリ変わっちゃう。
どうして、せっかくいいメロディを、こんなふうにしちゃうのかと思ったよ

チョイト一杯のつもりで飲んで、から
サラリーマンは、気楽な稼業と来たもんだ、と来て
俺はこの世で一番無責任と言われた男、だもんね

みんな頑張っている
でも、みんな頑張っているから
もっともっと頑張らないと
一握りの成功者になれない

ほとんどのその他大勢に「救い」がいる
もう頑張らなくて良い
無責任でいい
植木のように成功するかはわからないけど
そうなりゃ儲けもんで良いじゃない
植木のように笑うこと、は出来るはずだから

憧れ
ああなりたいなあ
「良く生きる」なんて事に背を向ける
そんなことが続けられたら

結局、ずっとは難しくて
頑張ることもしちゃうから
植木等の存在は、永遠の憧れなんだろう

植木等自身はいたって真面目な人間だから
作られたヒーローと自分のギャップに悩む

こんなんで良いんだろうかという思い半分
救われました、明日から頑張ります、って声をかけられると
続けなきゃ、って思い半分

でも、あの笑い声を聞くと
決して、作られたキャラクターではないと思う
あのC調植木「も」本当の植木等なんだ

少しずつ、このC調路線が変わっていく
映画で、お話にならないお調子者の出世男が
実は、裏で人知れず努力していたというオチをつけるようになった

そこブレちゃうと、ダメなんじゃないだろうか
本当はそうかも知れないけど
言っちゃダメなんだと思う

次第に人気に陰りが見え始める。

続きはシリーズの次回ね

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植木等]8 スイスイスーダララッタ スラスラスイスイスイ

[植木等] 物語の始まり
[植木等]2 小学生が檀家を回ってお経
[植木等]3 いたんだねえ。あいつが
[植木等]4 コミックバンド?へえ、そう
[植木等]5 クレージーな猫たち完成
[植木等]6 青島幸男と言います。
[植木等]7 こりゃまた失礼致しました。
の続きです。

シャボン玉ホリデーに人気が出て
渡辺プロは黄金期を迎える

ザピーナッツ、中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり
次に、梓みちよが売れて、沢田研二、布施明と続いていく。

よく集まってたね
そういう時、決まっていいアイディアを出すのは谷啓と青島幸男だった。
ハナはね、アイディアの方は全然駄目。
〝トイレで見る月、ウンの月〟とか、そういう馬鹿なことばっか言って茶々入れるだけなの

当時のマネージャーも言う
打ち合わせでは、ずっと腹抱えて笑っていただけです。
そんな楽しい打ち合わせだけなので、良い会社だなあ、と思っていました。

スーダラ節
昭和36(1961)年の初夏。渡辺家の居間で晋が植木に言った

あれを歌にしよう
お前がいつもやっている、スイスイスーダララッタ、つてやつ

植木は、ネクタイを新調すると、誉めてもらいたくて仕方ない。
たいがい誰かが、良いねって言ってくれるんだけど
誰も気づいてくれないときは
ネクタイを人の前でヒラヒラさせながら
スイスイスーダララッタってやっていた

作曲のデクさんが
スイスイスーダララッタ スラスラスイスイスイ↑
と、最後あげて良いかって聞くのよ
どうぞご勝手に、って言ったら
次はスイスイスーダララッタ スラスラスイスイスイ↓
と下げて良いかと
どうとでもせいって

本当に曲として出来上がって来たときは複雑な気持ちだった。

聞くと心が洗われるとか、勇気がわくとか、何か良い景色が浮かんで来るとか
そんなのが歌だと思ってましたからね。

あらかじめ、親父には言っておかないといけないだろう、って思って
怒られること覚悟で歌ってみたんです。

良いじゃないか。
わかっちゃいるけどやめられない。
これぞ、親鸞の教えだ。

空前の大ヒット。
本人は、何が受けているんだかさっぱり分からなかった。

本人の違和感をよそに、青島幸男と萩原哲晶のコンビで、次々ヒットが生まれていく。

やっぱり私は、日本アバウト党の党首をやっているもので
党のテーマソング、「だまって俺についてこい」

♪かねのないやつぁ 俺んとこへ来い
俺もないけど 心配すんな
見ろよ 青い空 白い雲
その内なんとか なるだろう

植木はプライベートはいたって真面目で
作られたイメージとのギャップに悩んだと言うが
もともと、二面性を持っていたということだと思う
作ったキャラクターで、あんな笑い方出来る訳がない。

さらに、その「イメージ」をさらに大きくする企画が持ち上がる

今度、君を主役に映画を撮ろうと思っているんだ

ほう、どういった

タイトルはね

続きはシリーズの次回

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植木等]7 こりゃまた失礼致しました。

[植木等] 物語の始まり
[植木等]2 小学生が檀家を回ってお経
[植木等]3 いたんだねえ。あいつが
[植木等]4 コミックバンド?へえ、そう
[植木等]5 クレージーな猫たち完成
[植木等]6 青島幸男と言います。
の続きです。

シャボン玉ホリデー
昭和36年6月4日、その夜から11年間592回続くことになるバラエティ番組の金字塔
シャボン玉ホリデーが始まった。

当時登り調子だったザ・ピーナッツとクレージーキャッツ
勢いが違っていた。

スポンサーは牛乳石鹸
タイトルは
石鹸のイメージを出したいスポンサー側が「シャボン玉ホリデー」
製作側は「ピーナッツホリデー」を主張
結局、シャボン玉ホリデーで毎回サブタイトルとして「〇〇だよピーナッツ」を入れる事で折り合いがついた。
正式スタート前のパイロット版はピーナッツホリデーだったらしい。

練りに練られた番組で
録音1日振付1日、本番3日
今は7~8時間で一番組録っちゃうらしく、考えられない。
生ではなく録画なんだけど、テープが異常に高い時代でテープの切り貼りが出来ないから
ひとコーナーのスタートからエンドまで編集する余裕がない
結局意気込みとしては生番組くらいのつもりでかかり、準備もしないといけない。
スタッフの笑い声も入っちゃいけないので必死で笑いをこらえる。

このブログを書くに当たって、何本か植木等へのインタビュー番組とかを見たんだけど
例えば「波瀾万丈」という番組で
真面目な話をしていても、急に顔が崩れて
思いっきりの笑顔になるんですね

色んなゲストに来てもらったんだけど
中には真面目な人がいましてね。
モーーッって牛の鳴き声になると、ドドッと崩れていただいて、と言うと
それは一体何の意味があるんですかって。
何の意味って言われてもねえ
特に意味はないんですよ、って言ったら
とすると何ですか。あなたたちは、毎週毎週意味のないことをやってるんですか

ここで、ガーッハッハッって笑う。

見ている私も、つられて吹き出して
幸せ感がいっぱいに溢れた。

お呼びでない
その番組でも植木等が「お呼びでない」ができたきっかけを話していた。

小松政夫が、付き人で付いてくれていたんだけど
ある時
オヤジさん、急いでください、もう出番のシーンが始まっちゃっています、って言われてね
急いで、扉を開けたら、
小松が勘違いしていて、まだ前のコントやっていてね

キョトン、とみんなで顔を見合わせて

お呼びでない?

みんなコックリ

お呼びでない

こりゃまた失礼しました。

これが、なぜか面白いってことでオンエア
反響が大きくて、毎週やろうってことになっちゃった。


実はこれは作り話

なぜ植木が作り話をしたかには理由がある

小松が付人についたとき、ほぼ同時期にもうひとり付人についた
小松は車のトップセールスマンだったという異色の経歴
もうひとりは、とてもいい加減な性格だったんだけど
小松はやたらと律儀で真面目な性格。

言わば、もうひとりは植木の表の顔で
小松は植木のプライベートな顔。

長い間、笑いに真剣に向き合っている姿をみて
何とかしてやろうと考える

渡辺晋に、うちのところにいる小松政夫って男を独立させてやろうと思うんですが
お願いできませんか、って言ったんです。
モノになるか?って聞くから
なります!って

小松の運転する車の中でその話をした

嬉しさに感極まった小松は車を止め、ハンドルを握ったまま号泣した
それを、植木は無言で見ていた。
ひとくさり泣いて涙が涸れるのを待って、ボソリと
「別に急いじゃいないけど、そろそろ行くか」

「お呼びでない」エピソードについて、小松は言う

僕が植木についた時は、もう『シャボン玉ホリデー』をやっていて、
あのギャグも目玉になっていたはずです。
なのに、どうしてああいう風に言うのかと色々考えたんですが、
結局、わざと僕の早トチリのせいにしてくれたんじゃないかと。
そうやって、折りに触れて僕のことを会う人たちにアピールしてくれたんじゃないかと思うんです
本当に、どうしてそこまでやってくれるんだろうと思うくらい、
陰に日なたに僕のことを応援してくれたんです

そして、このあと
一連のヒット曲が生まれていきます。

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)