祝!ブログ3年

この2017/9/14をもちまして
ブログ開始から丸3年となります。

自分でもビックリです。

クリックしたつもりがしてなかったみたいな単純ミスを除き
毎日続けました。

よく続いたよなあ

そして、よく読んでいただけたと感謝です。
コメントも、いっぱいいただけました。

改めまして

ありがとうございます。

変遷
FC2ブログで始めたんですが
かなり早い段階で
自分でサーバー借りて、wordpressでブログ運用するように変更しました。
それは、どこかのSNSに所属しているわけではないので、完全に自由に好きなようにできます。
私はこれをオリジナルと読んでいます。

その後、趣味人倶楽部で、ウォーキング同好会を始めます。
その経緯で、オリジナルと同じ記事を形式の加工をするだけで
趣味人倶楽部の日記にアップしています。

さらに、アメーバブログにあげています。

今、3つ合わせると、アクセス数が、一日平均250アクセスくらいでしょうか
ありがたいことです。

3つそれぞれ特徴があるのが面白い。

オリジナルの方は、SNSではないので、
Googleとかで、たまたま検索でヒットしたから、というような読まれ方が多い。
アクセスの中心は、随分前の記事。
Googleの検索で何番目に表示されるか、が大きく影響するんでしょうね
急に、えっ忘れてたこの記事に?

まあ、人気ブロガーさんの何万とかいうアクセスと比べれば
塵のような、10とか20とかのアクセスなんですけどね。

趣味人倶楽部は会員のみが見れるから
もともとブログ(日記)を楽しもうという目的で見ていただける
コメントをいっぱいいただけるのも趣味人倶楽部
コメントのお馴染みさんもいっぱいいて
気心の知れたご近所さんみたい。
残念ながら、記事の中に直接写真を入れ込めない。

趣味人倶楽部で見ていただいている方は
写真の多い記事のような場合は
オリジナルの方が読みやすいので
こっちも覗いてみてね
http://sskmszm.com/
キーワード検索とかカテゴリとか使い勝手が良いですよ

アメーバの場合は、両方の要素を兼ね備えているから
とっても面白い

人生の使い方
目一杯の生き方になったかな

いっぱい本も読んだなあ
この3年間に読んだ本は、それまでの人生で読んだ本より多い。

「毎日」って誰かに言われた訳じゃない
実は、自分でも決めたことは一度もない
なぜか毎日書いている。

でも、その事は自分に大きなひとつのことをもたらした。

「興味を持つ」

色んな事に興味を持つようになった。

ネタに困って色んな本を読むうちに
興味の持てる範囲がどんどん広がっていった。

三年間変わらずにベースにあるのは、ウォーキング
そこから色んなものが派生した。

ウォーキング同好会でウォーキングイベントをやる
そうすると、東京にはこんなにも名所が多かったのかと気づいた

そこから、歴史へ
江戸へ
神社、仏閣へ
仏教仏像へ
また、ウォーキングへ戻って、路上観察の街角商品へ

そこから、つかず離れずの距離感で
もう一個興味の持てる柱が欲しいなあ

それが「日本語」

歴史や日本語の発想から、本屋で目に止まった、百人一首の本
天智天皇と持統天皇が作者としているのに驚いて、
歴史上ある程度有名な人の分だけをかいつまんでいく予定が
一つ一つの歌にドラマがいっぱいあって
どんどん面白いと思えてきた。

こむつかしいネタばかりは性に合わないので
内容のうすーい、笑っていただけるしょうもないネタも入れていって。

ヒマっていうことが皆無。
常に忙しくてたまらない。

あんなにテレビばかりダラダラ見てたのに
テレビなんか見てる場合じゃない。

昔は、巨泉さんとか永さんとか、多趣味の人を見ると羨ましかった
あんなに色んな事に興味を持てたら、人生楽しいんだろうなって

人生楽しいです。
毎日楽しすぎて困っちゃうくらい。

決めごとではない「毎日ブログを書く」を
なんかしらんけど毎日やっちゃったら
結構最近まで、無理矢理で大変だったけど
3年たつとこんなに人生が楽しくなっちゃうなんて

何かに悩んでいる人がいたら
自分も昔どちらかと言うとそっちの人間だったくせして
「ごめん、意味わからん、人生楽しすぎてそれどころじゃないんだけど」
毎日ブログ書いてみたら、たちどころに解決するよ

コツ
後ろ向きの事は一切書かないこと。

世の中を憂える、みたいなのは、文化人みたいでかっこいいですよね
ニュース番組なんかは、スポーツコーナー以外は全部それ

このままじゃ日本はダメになる
世界は滅びる

良いよ、そういうのは、そういう人たちに任しとこ。

ちょっと批判的で刺激的な方が、アクセス数は増えるのは分かっている。
でも、ホントにそうなら、アクセス数を求めることは捨てる。

あの人、ノー天気でいつもはしゃいでて、なんかしゃくにさわる

むしろ、そういう人になりたい

長い間やってると
「でーこんさんはそういうけど、世の中そんな良いことばかりじゃないです。」
というタイプの人はだんだんアクセスしなくなる
のれんに腕押しなんで、面白くないんでしょうね。

確かに良いことばかりじゃなく、身近には「腹立つカミさん」
そのカミさんの話を書くとき
一回書いたあと、見返すときに、こんな書き方も何だしなと表現を変えたりする
すると、良い奥様ですね、とか、仲良いですね、とか
えっ、そんなつもりで書いたんじゃないのに。

でも、もう一度見返してみると
まあ、嘘は書いていない。
真実とは言えるかな

そういうもんなんじゃないかな、真実なんて。

祝!1000回。あいうえおでお話

ブログを始めて、2年半
えっ、送信ボタン押せてなかったの?
みたいな単純ミスを除けば、毎日アップしてきました。
そして、1000回に到達しました。

ありがとうございます。
読んでいただける、みなさんあっての1000回です。

始めた当初はとても1000回になるなんて考えてもしませんでした。
気の遠くなるような数字。
18kgダイエットした後だったから
ダイエットネタで始めたけど
ネタ切れしちゃったから
今は全然違う方向ですね

ネタがなくてキツくてキツくて
おかげで随分本を読みました。

飲み会で
この前、ごく仲間うちの飲み会で
ひょんなことから
七福神の話とか仏像の見分け方とかの話になりした
思いの外大受けして

もう一回、続きお願いって言われて
社交辞令を真に受けています。

アジェンダ作っといて、って言われて。

よく、1から15までの数字言ってみて
その徳川将軍のエピソード話すから
っていうのをやってるんだけど
今度は、将軍、参謀、どっちが良い?
って出来るなあって。

待てよ
って頭に浮かんだのが、あいうえお

あいうえお
あいうえおのどれか言ってみて
関連したエピソード喋れるよ。

ふ!
ふと言えば、不定時法
江戸時代の時間って、今と違って季節によって、長さが違っててね・・・

そんな感じ

まとめてみました。
む ず ぷ がどうしてもない。

もし、それ言われたら
参りました。

ぴ なんて、卑怯な手を使っとります。
ぴと言えばピッチャー
野球は明治に日本に入ってきたんだけどね・・・

ぬ、は盗人から〇〇小僧の話に持っていき
る、は留守居から参勤交代の話に持っていき
ぐ、は軍旗から乃木希典の話に持っていく
ああ、卑怯。

みなさん、ご記憶にある話はありますでしょうか
あ、でーこん、あの話しようとしてるな、みたいに
お気に入りの話とかあったら嬉しいな

街中で私風の人を見かけたら
お!とかいきなり声をかけてください。
お と言えば、陸蒸気と話出したら、それは私です。

それにしても、1000回続けてると
こんなことまでできるようになるんですね

索引
あ 新井白石 赤穂浪士 阿弥陀如来 
い いろは歌 粋 伊能忠敬 伊勢参り 井伊直弼
う ウミガメ うなぎ ウォーキング
え ええじゃないか 越後屋 江島生島事件 恵比寿
お 大岡忠光 大久保利道 陸蒸気 おかげまいり 大阪弁
か 仮名手本忠臣蔵 観音様 和宮 笠森おせん 歌舞伎 漢字の音読み
き 鬼子母神 木賃宿 鬼門
く 黒船 下り物
け 桂昌院 刑場
こ 混浴 恐い話 恋川春町
さ 西郷隆盛 桜田門外の変 参勤交代 
し 消防団 生類憐れみの令 白木屋
す 相撲 水道 崇徳上皇 菅原道真 助六
せ 銭湯 征露丸
そ そば 側用人
た 田沼意次 宝船
ち 提灯屋 忠臣蔵 
つ ツキジホテル 綱吉
て 天海 天英院 天守閣 手習い
と 徳川十五代将軍 東栄町 とがなくて死す
な 南州神社 那珂与次郎 なまけもの
に 二月が短い訳 如来 
ぬ 盗人
ね 根津神社 ねずみ小僧
の 乃木希典 農民の暮らし
は 早川徳次 はの話 般若心経 
ひ 百人一首 末広ヒロ子 飛脚
ふ 不定時法 振袖火事 富士講 福禄寿
へ への話 
ほ 布袋 保科正之
ま 間部詮房 正岡子規  
み ミスコン 弥勒菩薩 名字
む 
め 明歴の大火 
も モース貝塚
や 柳沢吉保 野球 八百屋お七 八木アンテナ 薬師如来
ゆ 夢(初夢)郵便ポスト 由比正雪の乱
よ 慶喜 吉宗
ら 雷電 落語 蘭学
り 龍馬 リサイクル 
る 留守居
れ レンガ街 
ろ 六観音 六地蔵 老中
わ ワトソン君 渡し船
を をの話 
ん んがなかった
が ガス灯 
ぎ 銀座 
ぐ 軍旗
げ 月光院 
ご 極楽浄土 50音表 御三家
ざ ざくろ口 
じ 人力車 寿老人
ず 
ぜ 銭座
ぞ 象 増上寺
だ 大黒天 大日如来 ダイエット
ぢ (じと同じ)
づ (ずと同じ)
で 電子式テレビ 伝馬制
ど 土俵
ば 馬車 幕府 芭蕉
び 毘沙門天 白虎隊 美人コンテスト
ぶ 仏像の見分け方 ブータン
べ 弁財天 
ぼ 菩薩 戊辰戦争 棒手振
ぱ パリ万博 
ぴ ピッチャー
ぷ 
ぺ ペンギン ペリー来航 
ぽ ポスト

kindle unlimited で本がなんぼでも読み放題

ブログを書く
ブログを毎日書くってかなり大変です。

毎日会社行って仕事して
帰ってきたらブログを書く時間はあまり取れない
そもそも、完全オリジナルの話題って難しいので
本を読んで、その内容をグチャグチャに、でーこん流に書き直しつつ
感想や自分の事を入れ込みつつ紹介する。
基本的にそのスタイルがほとんどなので
本を読む時間がいっぱい必要です。

いつブログを入力しているかっていうと
タブレットで電車の中で入力する
もちろんそれだけで完結しない
何回かに分かれる。

土日にある程度下地を作っておいて
行きの電車の中でちょこっと、帰りの電車の中でちょこっと
書き足しながら仕上げていきます。

何とか効率あげたいな
今日はその奮戦記です。

音声入力
OCR入力
電子書籍からの入力

になります。

音声入力
私が尊敬している人気ブロガーメタぽっちゃりさんが音声入力をしていると
この前ブログで書いておられました
一回試してみようとずっと考えていました。
メタぽっちゃりさんが入力されているのは iphone の siri
私の場合 android で siri は使えません
iphone に比べるとかなり認識が落ちるんだろうな

重い腰を上げてちょっと試してみました
Google音声入力というやつです。

全然いけるじゃん
すごい認識力です
良い時代になったものです

OCR入力
本からの情報を入力するにはOCR入力
文字の形を見てテキストデータに変換してくれるもの
ずいぶん試しました

androidアプリの中で一番音声認識力が高いなぁと思われるのは
文字スキャンっていうアプリでした

羊のマークの アプリです
ところがこれひとつ欠点があって、課金されるんです

アプリとしては無料なんですけれども
ある程度認識の作業を進めていくと
ポイントがどんどん減っていって

あるとき、
ポイント買ってください
200ポイントで360円なんですけどね
これが高いのか安いのかかなり微妙なところです

マイクロソフトのレンズというアプリは無料なのでこれも試しています。

本をタブレットのカメラで読み込みます
出力先をWordかpdfにすると
文字認識しながら取り込んでくれます。

このOCR機能
どう使うか、かなり難しい
思った以上に時間がかかるんですね
さっと変換できるときは感動ものなんですが
なかなか一回でうまくいかない。

2度3度やり直していると
結局、これ早いんだろうかと思っちゃう。
全て完璧に変換できるといいんだろうけど
一部誤変換が残るから
えーっと、ここは元は何だったんだろう
って元を確認とかしていると
素直に最初から入力した方が早いのかなあと思ったり

本をまず書き写すという用途では
今のところ
音声入力でだーっと読み上げた方が
早い気もする

ただ、音声入力も100%正しく認識できないのは同じこと。
音声入力の最大のデメリットは
外で出来ないこと

ああ恥ずかしい。

私は、休日で時間があるとしても
家でブログ書いていると何だか落ち着かなくて
本持って出掛けて喫茶店とかマックとかで書くことが多い。

いまいち、音声入力が使える場面が少ないのよね

電子書籍
前、電子書籍で本買っちゃったよ
うわあっ、借金地獄への入口か!
って話しましたけど

軟弱な私は、あれからも結構電子書籍で本買っています。

最初はGoogle Play ブックス
あるとき、仕事でどうしても、即、本を入手する必要があって
仕方なく、kindle で電子書籍を買った。

kindle は以前、専用機でないと読めないと思い込んでいたけど
全然そんなことないんですね。
何でも読める。
Amazonで検索すると出てきます。

それから、ちょこちょこkindle で買うようになった。

Google の方で出来なかったから
出来ないと思い込んでいて
あるとき
えっ、出来るんかい!

何かというと
文章のコピペ

写真やイラストとかが多い本の場合はダメなんだけど
6割方の本は字面をコピれる

ええやんええやん、むっちゃ楽。
要は感覚としてはネットで出ているページからコピーしてくる感じ。

私の場合
ブログの元ネタのメインがネットのページというのは
よほどでない限りやらない。

ネットのページからコピーして
ネットのページを起こすのは卑怯ですよね

メインは本からの情報にして
それでもそのままは著作権的にまずいので
補足的情報を入れようと頑張る。
そこではネットのページをフル活用。
ネットはコピれるから便利だなあ

勿論そのままではまずいから
出来るだけ崩していく。
でーこん流のへんてこな文章は
そうやって出来上がります。

そんなコピペが
補足のネットからだけじゃなく
メインの本からいけるということになります。

天国かっ

最終的にはグチャグチャに崩すとしても
最初コピれるかどうかは、全然違う。

kindle unlimited
そうこうしているうちに
ある宣伝が目に付きます

月額980円でkindle の電子書籍が読み放題!

来たで来たで
借金地獄へのお誘いかっ

この手のものは
月額たったおいくらって絶対言うけど
そういうのが積み重なって借金地獄になるに決まっとる
騙されんぞ

全部のkindle の本が対象ではなく
unlimited マークの付いた本に限られます。

どうせどうにも人気のない本に決まっとる
見てみよう。

ん?
結構、良い本が色々あるなあ

それにしても微妙な根付け
980円か
確かに、月に本にかけている金額はそんなんじゃきかない
コピれる訳だし
いかんいかん
騙されんぞ

・・・

申し込んじゃいました。

ハッピー!

軟弱やなあ

使ってみて
使ってみて分かったのは
一度に持ってこれるのは10冊まで
それ以上買おうとすると
一冊返さないと行けません。
勿論金を払えば永遠に持っておける。

感覚としては
一冊の本をじっくり全部読むんじゃなくて
必要なところだけをつまみよむ感じになる気がする
より、ネットに近い感覚

ブログのネタチョイスも
微妙に変わってくるかも

いずれにしても
今日お話しした色んな事は
何が出来るかより
どう使うかの方が大きいと思う

自分のやりたいことは何で
あるツールや仕組みを使うと
どう影響を受けていくのか
色々試してみながら
自分のやり方を馴染ませていく感じかな

トンガリさんコラム終了、良かったですね

トンガリさんコラム終了のようです。

趣味人倶楽部の中で言うと
今後は、日記というスタイルになるのでしょう。

一年半くらい前から。
がむしゃらに毎日コラム書いてきて
正直、かなり、毎日ってきついんだけど
決まっているわけでも
自分で、決めたって訳でもないのに
毎日書いた。

トンガリさんコラムって今だから言うけど
やっぱり変。

一部の認められた人しか書けないってやっぱりおかしい。
トンガリさんコラムでしか使えない機能が、日記の全てで使えると言うから
これは、とてもいいこと。

便利な機能
何といっても使っていて便利な機能は連載機能。
今、日記を書かれている方、ぜひ使ってください。
趣味人の日記って極端にカテゴリ機能が弱いですよね。
連載機能はカテゴリ機能にとってかわれます

正直言うと、これだけだけどね
これは大きい。

あと、2000文字制限の撤廃だけど
やっぱり、2000文字超えちゃうと長すぎるので
2000文字制限があるつもりで書いた方が良いんでしょうね。

一変
それまで書いていた日記に比べて
急にすごい数のアクセスをもらえるようになった。
コメントもそれまではほとんどなかったのにもらえるようになった

ただ、自薦でギリギリ入れてもらえた私としては
人気のあるコラム書いている人に及ぶわけではなく
だんだんアクセス数が減ってきた。

それでもそれまでの日記の時と比べると数倍のアクセス。
やっぱり、せっかく書いているわけだから
アクセスしてもらえるって、単純に嬉しい
コメントもらえちゃったりすると、さらに嬉しい。

でも、その一方で
一部の人だけに許されているというのが引っ掛かってはいて
トンガリさんというコーナーは、いつかは終わるだろうという予感はあった。

でも、今は素直に
この状況に感謝しようと。

ありがとうございました
何だかんだ苦労しているうちに
自分のスタイルというのは確立してきた気がする。

文章のスタイルについても
テーマの選び方
言っていることの大きな傾向についても

コメントいただいた
ゆったり
って感じ

途中、分かってきたのは
刺激的で多少批判的な方がアクセス数は伸びる。

でも、
いいかなって

自分の生き方は、ぼわっと、ゆったりで
どの程度できてるかは分からないけど
ずっと、そうありたいと思っている

そして、毎日色んな事を書いた。
最初の頃の、ダイエットネタあたりのときとは
扱うテーマは様変わりしちゃったけど
そういったことまで含めてでーこんなんだし

そうすると、
なんだか、読んでいただいている人と
一体感が出てきている気がします。

コラム自体の内容はどうあれ
コメントいただいている文章まで読んでもらえると
トンガリさんコラムの中でもすごーく自信がある
コメントの暖かみがすごくある

他のコラムほとんど見ていないんで
いい加減なこと言いますけど
珍しいんじゃないですかね
批判的なコメントが、ここまで全くないと言うのも

いつも、コラム書いたあとは多少なりとも不安があるけど
コメントで助けられる。

それなら、もうちょっと長くコメント返ししなさいよ
ですか
はい、そうでした。すみません。

これから
どうなるんでしょうね

アクセスは少なくなるでしょうけど
いいかなって

もし、今後も同じ感じで続けられるなら
やっぱり毎日嬉しいんです。

あっと、それから
せっかくの機会なので
ひとつ私としても変えたいと思っていることがあります。

文章書いていて、とても不便で窮屈なことがあります。
特に、私が多用している、会話文の中で
やりにくいのなんの

絶対使っちゃダメというルールでもない気がしていて
自分が良ければ良いんじゃないかと
勝手に解釈しました。
ダメなんだったら言ってくださいね。
その時は削除しますから。

今後は、本名も使います。

元々、そもそも顔出してますから
本名も良いんじゃないの?

改めまして

改めまして
でーこんです。
本名、佐々木と言います。
今後ともごひいきに
よろしくお願いします。