映画、空飛ぶタイヤを見てきました。

カミさんが珍しく、
明日映画を見に行こう

そういう話は有っても
いざ当日になると
やれ、洗濯が間に合わないだ
布団干しがどうたらで
やっぱり、今日はやめとこう、になることもしばしば

そうっとそうっと、その日を向かえることに致しましょう。

当日
午前中にやっているのは、行ける範囲のいくつかの映画館の中で
ひとつしかありません。

そこに行きましょう。
午後には、在宅の仕事とかもろもろで忙しいですから。

朝起きて、案の定洗濯が始まります。
ようやく終えて、干し終えたと思ったら
また、洗濯機が回っております。

えっ、また回したの?

何かと何かは一緒に洗えないとか
私共には理解できない、難しいルールがあるようです。

終わった
さあ行こう

おっと珍しい
やっぱ止めようと言いません。

カミさんは、難しい映画が苦手
既にテレビドラマでやっていて、
多少途中をコックリして見逃しても筋が分かるような
娯楽もの

何とか賞を取ったような、考えさせられる映画とか
外国の展開の早いど迫力のアクションものとかはだめです。
3Dなんてもっての外

空飛ぶタイヤ
今回、空飛ぶタイヤを見ようと言ったのは
随分前からの伏線があります。

本で「空飛ぶタイヤ」の小説を読んだから

映画化が決まってすぐ
誰かに面白いよ、って勧められて

池井戸潤で面白くない訳はありません

半沢直樹の「倍返し」で流行語大賞を取ったように社会現象になっていらい
下町ロケットだ、陸王だ

ヒットの記録作りの帝王ですね

とても安心できるストーリー展開

窮地に立たされつつも
あくまで前向きな主人公は諦めない

いよいよ最後にどんでん返し

やったー

これですよ
今の世の中に求められているもの

到着
ギリギリ
というか、既に予告編は始まっていた
まあ、予告編ですから良いんです

期待を裏切りません。

以前あった三菱自動車の脱輪事故、とそのリコール隠し
それを題材にしたストーリー

主人公の中小企業の社長、赤松運送の社長は
自社の従業員が起こした脱輪事故で主婦を死亡させてしまうんですが

整備不良という幕引きに納得が行かず
独自に調査をしていく中で
巨大企業の隠蔽工作に立ち向かっていく。

良いですね
いつもの池井戸潤ワールドです

頑張れっ

今度は、主人公の知らない内に
大企業内部でも
疑問を持つものが現れて
そちらでも、動きが始まっていく。

ディーンフジオカと高橋一生という
奥様メロメロ軍団を配置し
おおーっ
金かけとるぞーっ

個人的には、深キョン可愛いっ

そして最後は

いつもの
従業員一堂で、大声で

やったーーーっ

大丈夫ですね、これ
ネタバレじゃないですよね

最初から分かってて、皆さん見に行くと思います。
そもそも、題材はニュースになりましたし。

ああ、気持ち良い
絶対、見ているものを裏切らない、池井戸潤

普通、そんなベタベタなストーリー展開ってどうなのよ
と思ってしまうんでしょうが

徹底した直球勝負で、現実に世の中が
強烈に支持している訳ですから
良いです
もっと行きましょう

スカッと一発
池井戸潤

索引はこちら


アガパンサス

花カレンダー始めました

積乱雲。雷の鳴る、かっこよくて怖い入道雲

雲シリーズ、最終回になります。

いつものようにおさらいから

積乱雲
前回、積雲を話しましたが、大きく縦に成長し雨が降るようになっちゃったバージョン

夏っ、て感じのする
入道雲と言ったりもする雲

おさらいの絵を見てもお分かり頂けるように
低いところから高いところまで、とにかくでかい

雨の降る雲は、名前に「乱」がつき雲の10種類のうち、乱層雲と積乱雲だけ

乱層雲のところでお話ししたように
乱層雲でじわじわの雨
乱層雲が、温暖前線に伴い、じとじと長期間に雨を降らせるのに対して
積乱雲は、寒冷前線に伴うので
短期間でどっと降り、さっと上がる。
図式的には
温暖前線が、冷たい空気の上に暖かい空気が緩やかな坂のように乗り上げていくのに対して
寒冷前線は、暖かい空気の下に冷たい空気がぐいっと無理矢理入ってくる感じだから

縦方向に強い上昇気流が出来
もこもこもこっ
さらにもっと
もこもこもこっ

強い上昇気流で釣り合っていたはずが
縦方向に大きいから上の方の氷の粒が下に落ち出すと、
どんどん下の雨粒とくっつきながら
大きな雨粒になってどしゃ降りになる

ぶつかり合いが、激しく起きるので
電気が発生して、
雷様が
ピカッ、ゴロゴロ

上の方の氷の粒が氷同士でくっついて
大きくなって重いのでそのまま落っこちて来る場合は
雹(ひょう)になる

雷や雹が起きるのは、乱層雲にはない、積乱雲だけの特徴

特に夏は地表の温度と上空の温度の差が大きいので
大きく発達する

午後に発生して、夕立、っていうのが多いパターンだけど
いわゆるゲリラ豪雨のように
集中して降って災害をもたらす可能性もあるので

遠くから見て、とてもカッコイイ雲ではあるんだけど
怖い雲だということも忘れちゃいけません。

かなとこ雲
変形バージョンで、上が平らなかなとこ雲というのもあります。

これもまたカッコイイんだけど
カッコイイとも言っておられなくて
竜巻が発生する可能性がある

西の空に、積乱雲を見つけたら
こまめに、天気予報を確認しましょう。

雲シリーズ
雲シリーズやってよかったなあ

雲に興味を持つと、上を見上げるようになります
上を見上げるって、しているようでしてきませんでした

良いもんです。

大きいです。
カッコイイです。
綺麗です。

あんなに大きくて、かっこいいものが
ほとんど毎日見られるのに
見ているようで見ていなかったなんて
なんて勿体なかったんでしょう。

無条件でスカッとします。

スカッとすると腹がたったり、イライラするのが少なくなります。
なんだか最近、そう言われると、って思います。

雲は幸せの守り神かも知れません。

最後に
積乱雲ではないですが
今日、綺麗な夕焼け雲が出ていました。

また、ちょっと期間を開けて
今回面白いかも、って感じた、気象について
シリーズ化するかも知れませんので
その時は、また読んでくださいね

索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)


ベゴニア セントフローレンス

花カレンダー始めました

[昭和歌謡]53 恋の町札幌

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

恋の町札幌
石原裕次郎
作詞、作曲 浜口蔵之介
1972年

♪時計台の 下で逢って
私の恋は 始まりました
だまってあなたに ついてくだけで
私はとても しあわせだった
夢のような 恋の始め
忘れはしない 恋の町札幌

だまってあなたについてくだけで幸せって
そもそも黙っている女性を見たこと無いんですけど

あの、女性の喋る能力とエネルギーは
どこから来るんでしょう。

これ、相手の男性はどんな人?
って思うと、なんとなんと
このお相手、町なんですって
札幌

町に恋をした女性の物語

うん
それなら分かる

うちの次女もそれです。

札幌に行きたくて
大学は札幌でひとり暮らし
さらに札幌が好きになって
札幌市役所に就職応募したんだけど
結局落ちちゃったので、今は東京。
親としては、結果オーライなんだけど。

何がそんなに良いのかって聞いたら
「何でもあるところ」

地方都市に住んでいる人に
東京にはこんなんあるけど、そっちにある?
って、嫌味な事を聞くけど
札幌にはそれが通じない
本当に何でも揃っている
東京のようにだだっ広いんじゃなく
実にコンパクトに何でもある

ただ、次女が言うには
札幌時計台は
日本三大残念観光地のひとつ

札幌時計台と高知はりまや橋は、不動のワンツーなんだけど
三つ目は言う人によって違う。

時計台行きましたけど
ビックリしましたね

えっ、嘘、ほんま?
確かにこれやわ、写真で見るやつ
それにしても、いつも見る写真撮った人
無茶苦茶写真のスキル高いなあ

もう一回行っちゃいましたからね
ほんまやろか、と確認しに

石原裕次郎
もう何も言うこと無いですね

カラオケでも良くいます。
裕次郎しか歌いません、って人

昭和の大スターと言えば、美空ひばりと石原裕次郎
不動のワンツーです。
桁が違います。

私は一番のピークをリアルタイムで知らないので
ブラインド下げて外を見ているおじさん、
のイメージですが
それでも、カッコイイなあと思いましたもん

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムクゲ

花カレンダー始めました

高田屋嘉兵衛は日本を救った男

江戸の理系力シリーズの派生です。

理系ではありませんが、北海道開拓の、最上徳内や近藤重蔵が出ましたので
北海道と言えば、最上徳内と近藤重蔵
そうなると、この人は忘れちゃいけません

高田屋嘉兵衛
高田屋嘉兵衛(かへえ)は船乗りで商人

淡路島で産まれます
私と同じ兵庫県民ですね

農業だけでは食べていけなかったので、奉公に出ます。
色んな事をしますが
ある時に樽廻船(たるかいせん)の水主(かこ)になる
どんどん出世していって、自分でも船を持てるように

運賃や手数料をもらうだけでなく
自分で商品を安く仕入れ、都市に船で運んで高く売る

危険は大きいですが、当たると大きい。

商才に長けていた嘉兵衛は、どんどん商売の範囲を広げていきます。

誰も商売をしていない場所で商売してみたい。
北の外れ、択捉島に目を付けます。

この船があれば行けないことはあるまい。

まずは蝦夷(えぞ=北海道)に行き、近藤重蔵と出会います。

お前も択捉に行きたいと申すか

へえ、さようで

物好きな奴もいたもんだ。
実はわしも、択捉に渡り、測量をしたいと思っているのだが
渡ろうにも、船が準備出来ない

そんなことでしたら、お易い御用でございます。

二人は意気投合し、共に択捉へ向かおうとするのだが
案内をお願いしているアイヌの人達は揃って反対
特に、国後島と択捉島の間が狭くなっているので
三つの海流が合わさって難所中の難所の大激流

なあに、危険なところなら、大きく遠回りして避ければ良いだけの事
急がば回れ、
昔の人は良いことを言っとります。

無事成功

それ以降、この航路を開発した嘉兵衛は
何度も訪れ、豊富で貴重な資源をほぼ独占的に獲得できるのです。

ロシア
前回も多少触れましたが
この頃、ロシアが頻繁に海上に現れるようになります。

1792年、エカテリーナ号で、通商を求めて根室に来航したのが、ラクスマン

幕府は、その場しのぎで、長崎への入港許可証を渡して帰らせる

当然、これで通商出来ると思いますよね

それを持って、1804年、レザノフが長崎に来ます。

オネガイシマース

ところが、ぐだぐだ半年も待たせたあげく
通商拒否

それなら最初からそう言わなきゃね

レザノフはカンカン
ニホンジン、ワケワカリマセーン

部下達が数ヵ所で乱暴を働きます。

今度は、幕府が報復に、1811年
測量のためにやって来たディアナ号のゴローニン艦長を捕まえちゃいます。

そっちがその気なら

ロシアだって人質取っちゃいますからね

ちょうど船で通りかかった人を捕まえちゃいます。

そんなところを船で通りかかるって、もうお分かりですね
高田屋嘉兵衛、捕まっちゃいました。

カムチャッカ
嘉兵衛はカムチャッカまで連行されます。

ディアナ号の副艦長リコルド
拷問にかけるのかと思いきや
なんとも丁寧に扱ってくれます
リコルド自身の部屋で一緒に寝泊まり。

拍子抜けです。

長い間過ごすうちに、息子とも仲良くなっちゃいます。
息子から、ロシア語も習い、それなりにコミュニケーションもとれるようになってきました。

ある日、意を決して、リコルドにフランクに話しかけてみます。

話してみれば、人と人
もともと御互い様だった訳だし
ロシアは日本に攻め入ろうとしている訳じゃ無いことも分かった。

やっぱり、あの乱暴したのは良くないよ
どうでしょう
そちらから先に謝ってくれるっていうのは。
日本人って面白いんだけど
先に謝られちゃうと
いえいえ、こちらの方こそって、100%言うから。

ロシアが弁明書を提出
案の定、日本は、いえいえこちらこそ

ゴローニンも釈放で、人質は交換

ゴローニンが捉えられてから、実に2年3ヵ月後の事でした。
ディアナ号のゴローニン達は
船上で
「ウラー、ウラー(ばんざい)」

嘉兵衛も嬉しくなっちゃって
「ウラー、ウラー」と声が枯れる程叫んだ

そして、リコルドとの別れの時
辛くて辛くて、どうしようも無かった。

政治家でも役人でも無い
ただの商人

危うく戦争に突入、
って危機を救ったのは
そんな、ただの、良識ある日本人らしい日本人だったんです。

索引はこちら
[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


オオバンソウ

花カレンダー始めました