ドローン時代到来。あなたは何に使う?

ドローンの衝撃という本を読みました。

本に書いてあること
最近話題になるドローンが今どういった状況にあるのか分かりやすく解説してくれています。
かなり、価格が低下してきて、色んな分野で現実的に使われているようです。

例えば、農業では、今まで農薬を上から散布するときはラジコンヘリしかなかったんですが、
それと比べると、3分の1ほどの価格になったそうです。
ヤマハが販売しているそうなんですが、かなり売れているそうです。

人間が行きにくいところの調査では、随分活用されているそうです。
福島第一原発でも何度も使われているらしい。

面白いところでは、ラグビー日本代表。
練習の時、上から撮影し、みんなで確認しているそうです。
地面から撮影するより、上から俯瞰で見れることで、状況に応じてとるべき行動がみんなの頭の中によく入ったそうです。
本では、それ以降、急に強くなってきたので、これからが楽しみです。と書いてあるのですが、
まさか、ここまで快進撃になろうとは、本の執筆段階では予想できなかったでしょう。
ドローンのお陰です。

まとめて
本でのいろんな例を見ていって、活用分野が大きく3つに分かれる気がしました。
1.撮影する
 撮影の機材を積めばこれになります。
 このメリットは
  人間が動いて行ける場所に撮影場所が限定されないため
  (1)上からの俯瞰の角度で写せる
  (2)早く撮影場所に行ける
  (3)人間が入っていけない、災害現場等にもいける
  (4)今いる場所ではない、例えば観光地や外国などの場所にあるドローンを遠隔操作できる。
  (5)素早い移動をしながらの撮影になるので迫力のある映像が撮れる
  さらに、マイドローンが可能になれば
  (6)撮影の手軽さがぐーんと増す
 ということになります。

2.物を運ぶ
 インターネットやスマホの超普及により、いつでもどこでも全世界どこにあるものへでも、すぐにアクセスできるようになりました。
 世の人々の生活ぶりがまるっきり変わってしまうほどの大革命でした。
 しかし、アクセス出来るのは、電子的で重さを持たない情報に過ぎなかった。
 そこが、どこでもドアと違うところ。

 ヤフオクで物を買うまでは超便利になったが、実際に物が手元に届くまでは旧態依然とした「物流方法」に頼らざるを得なかった。
 ドローンの普及で物流が大きく変わる。
 アマゾンが実用段階まで近づけている方法であれば、30分で手元まで届けることが可能だという
 アスクルには驚いたが、とうとう、30プンクルになろうとしている。
 スマホの住所録のところにある電話のマークとメールのマークの横にドローンのマークがあり、
 「さっきラインしたおいしいぶどう渡したいんだけど今大丈夫?」
 「今大丈夫だよ、ドローンしてね」
 となって、どっかからドローンが自分のところに飛んできて、ぶどうをボックスにいれ、友達のところに飛んでいく。
 その前の画面で「マイドローンを使う」「パブリックドローンを使う」が選択できるかもしれない。
 マイドローンを使えば、「どっかから飛んでくる」ではなく、手元においてある「ドロスケ1号」に「良い子だねえ、ぶどう届けてね」と言えば良い。
 「はい、わかりましたあ」と言ってくれればもっといい。

 かなり、どこでもドアに近い。
 長い長い手を手に入れた感じ。

3.その他
 撮影と物を運ぶ以外の行為をドローンにやらせることをここで引っくるめる。
 複雑な作業は無理だろうけど、農薬散布なんかはこの代表

 たとえば、私のアイデアだと、墓参り。
 先祖代々の墓の前まで行って、手を合わせ、墓にひしゃくで水をかける。
 24時間、365日、全国どこからでも可能。

何に使う?
むちゃくちゃいっぱい思い付きました。

よろしければ、皆さんもかんがえてみませんか。
コメントで出し合えば、楽しくないですか。
ひとつ、ルールと言うわけではないんですが、覗くだとか、攻撃するとかのマイナス的使用法は考えないようにしません?

じゃあ、私から。

あまりにいっぱいあるので、今日は、ほんの例を2~3個にして、本格的には、次回以降という事で

ドローン私ならこう使う
1.ウォーキングイベントの下見
 一番切実にこれやりたい。
 色々ドローンで見て回って、自分は茶の間。
 こことここ良いねえ、こう組み合わせたコースにしよう。

2.お出掛けの先導
 お出掛けの時、ちょっと前を飛んでいってもらって道を確認。
 これさえあれば、方向音痴のカミさんだって絶対大丈夫。
 実際の景色見ながら、
 ああ、この雑貨屋のところを右ね
 トイレがこんでるか、彼岸花がちゃんと咲いてるか事前チェック。

3.じいちゃんの安否確認。
 父さんが元気にしてるか、安否確認。
 不自由してない?
 なんか買ってきてほしいもんない?
 いやあ、もううちのドロリーヌに買ってきてもらったから大丈夫だよ。

では続きはまた。

恋愛の思い出(そしてカミさんへ)

恋愛の思い出も最終章。
いよいよ、今のカミさん編です。

結婚情報サービス業
自己啓発セミナーに行ってやたらに舞い上がっちゃった私は、人といっぱい話がしたくてたまらなくなりました。
今もごく一部残っているようですが、結婚情報サービス業なるものが流行りはじめの頃でした。
アンケートのようなシートにいっぱい、情報を書き込んで登録しておけば、結婚相手の紹介をどんどんしてくれるというもの。

面白そう。
いっぱい、いろんな人と話が出来るかも。
ひょっとして、結婚なんてできちゃったら儲けもんだし。

切実に結婚したいというよりは、友達作り的ニュアンス。

データ
最初、週に1人ずつデータのシートが送られてきます。
本名も顔もわからず、イニシャルと、アンケートに答えたデータのみ。
もし、その中で会いたいなと思う人がいれば、お会いできませんか、私はこういうものです、的な手紙を書いて封筒に入れ、さらにそれを大きな封筒に入れて本部に送る。
本部は中の封筒を相手に送る。
送られた相手が会いたいと思えば、そこからは、直接連絡を取り合う。

正直、データでは全くイメージがわかない。
どうせ、それほど会ってくれることはないだろう。
よし、全員に手紙出しちゃえ。

ところが、予想に反して、かなりの確率で会ってくれる。
そのあと、またお会いしましょうか、的になったりすると、週末が忙しい忙しい。

いやあ、想定外。
ここまで大変だとは。
正直、ちょっと疲れてきた。

ちょっと体勢を立て直そう。

契約は、2年間なんだけど、途中、トータル9ヶ月まで何度か休会が出来て、その分契約が後ろにずれる。

休会しよう。

何故か
休会したので、もう、データは送られてこない。

はずだった。

でも不思議なことに、おそらく間違えてデータが送られてきた。

ラッキー。
この分は、只っちゅうことやね。

何としても会わねば。

お察しの通り、それがカミさんです。

会って
最初、池袋で会いました。
はっきり言って、只なんだから、ダメで元々。
言いたい放題。

色々話して分かったのが、彼女(カミさん)も不思議なほど、同じ経緯。

ホントに偶然なんだけど、全く同じ自己啓発セミナーを向こうの方がちょっと早めだけど受けていた。
カミさんも友達がいっぱい欲しくなり、友達作り目的で入会。
でも忙しくなってきたので、休会。

休会中にも関わらず、僕からの手紙が届いた。
もったいないから会ってみよう。

ここまで一緒。
とっても不思議。

初日に
恋愛の思い出シリーズを読んでいただいた方はお分かりかと思いますが、
今までの恋愛はちょっと変。
息ができなかったり、4年も文通だけで思いを募らせたり、ストーカーまがいだったり。

全く逆と言っていいのか、思い詰める的な感覚が見事になかった。

とっても自然に、会った初日に、
あっ、この人と結婚しよう。
おそらく結婚する。

皆さんはどうなんでしょう。
もちろんいろんなケースがあるんでしょうけど。
自分でも不思議なくらい、気負いがなかった。

おそらく近い内にプロポーズするんだろうな。
その時に、断られるようなイメージが全くわかない。

結婚って、そういう相手とするもんかも。

そして、決定的な決め手が、皆さんご存じのカミさんの田舎の話を聞いたとき。
ゴミを台風の日に?
これは、結婚せんと。

プロポーズ
気負いがないので、どんな場所で、何を言おうかなんてことは全く考えなかった。
ひとつだけ決めていた。
プロポーズの言葉は、何でも良いけど、大阪弁で言おう。

カミさんが今後の人生でやりたいことを話だした。
カミさんは看護師なんだけど、その時の職場は、未熟児専門。
未熟児について、もっと深く知りたいという。
未熟児学みたいなのがあって、圧倒的に進んでいるのがアメリカ。
アメリカに留学してもっと未熟児学を勉強したいと。

良いじゃない良いじゃない、応援するよ。

他にも、やりたいこともいっぱいあるしね。
私みたいな人は一生結婚できないと思うのよ。

ええっ?

『俺のこともかんがえてえなあ』

これです。
プロポーズの言葉のつもりで言ったんですが、ダメ?
カミさんからは、ずっと、プロポーズされてないと言われ続けてます。

その後、結婚後に留学してもいいよとか、結婚できない理由を一つずつ解決していった。

最後に、
ちゃんとご両親とかに、結婚するからってゆうといてよ。

確かにロマンチックのかけらもなかったね。
すみません。
反省。

今に至ります。

仙台、台の原森林公園まで

P_20151027_073158

P_20151027_073554

P_20151027_073732

仙台の朝の散歩も行くところが少なくなってきました

今日は、この前久しぶりにお会いした仙台在住、Aさんのお薦めです。

地下鉄を利用しないと行けません。

地下鉄
もうすぐ地下鉄東西線が開通しますが、現在は仙台は南北線のみ。
広瀬通り駅で乗車。
仙台の地下鉄ってどんなだろう。

うーん、普通。
東京と雰囲気は全く一緒でした。

10分ほどで、旭が丘駅。
駅降りて右手側が全面的に公園です。

台の原森林公園
森林公園というくらいですから、コンセプトは森林。
かなり広い、大規模公園です。

一周するメインの道に、ジョギングコース○○kmとありました。
一周すると2.7kmです。

9時から仕事です。
7:15に着いたので、得意の速歩で一周しましょう。

紅葉には若干早いかなという感じ。
ところどころ色づいてはいます。

各ゾーンで、メインとなって植えてある木が違います。
なので、歩いていくと飽きることなく、趣の違った森に出会えます。
これは楽しい。

グリーンアドベンチャー
グリーンアドベンチャーといった企画がありました。
何十個ものちっちゃな看板があり、クイズになっています。
この木は何という木でしょう、というクイズ。
プレートをちょっと持ち上げると答えが書いてあるのでかなり楽しめます。

その中で2つほど、木の名前の由来が書いてあって、へえーと思うものがあった。

すぎ
真っ直ぐ伸びるので、まっすぐが転じて「すぎ」

おおーっ、そうなんか。

ひのき
燃えやすいので、火をたく時に使われたことから

それで火の木なんか

一周
一周回って45分。
とても優越感。
こんな広い公園を一周回ってまだまだ余裕。
どうだっ。速歩の威力。
とても、仕事前の散歩でそこまでやろうとは、思いますまい。
地下鉄で帰ってきても、まだ8:15でした。

時間があるときなら、それはそれでゆっくり歩いて半日かけて楽しめる、素晴らしい公園だと思います。

過去は変えられる2

過去は変えられる
1はこちら
http://smcb.jp/_ps01?post_id=6707828

私のとても大切な仲間の書いた日記です。

快愉力という本を読みました。
「過去は変えられる」と書いてありました。
衝撃でした。

どうしてもこの話を「その人」にしたかった。
レインボーブリッジをウォーキングで一緒に歩きながらその話をした。
確信があったから。

そして、こんなにいい日記を書いてくれた。

追っかけてコラムを書きたいと思います。

過去は変えられる
こんな考え方はしたことがなかった。
「過去は変えられないから仕方がない。くよくよ考えるより、今と未来を大切に生きていこう」が前向きセオリーの基本でした。

なぜ過去は変えられるのか
根拠は、過去って自分の主観の中にあるということです。
厳密に全てが全てそうなのかと聞かれると、例えば3.11のような事実そのものは変えられないので、いったん言い方を変えましょう
今の自分に影響を与えている「過去の自分」と言うことにしましょう。
過去の自分は他人には分からない、自分の中だけのもの
例えばある人にひどい目に合わされた過去があったとしましょう
「あのやろう」と思い続けるのではなく「今思えば懐かしい過去。彼は彼で必死だったんじゃないか。今なら会って挨拶くらいは出来るかも」と思ったとたん、過去は変わっているのです。

事実すら怪しい
テレビの「あの人に会いたい」コーナーで、昔山中で助けてもらった旅館の美しいお嬢さんに会えた時のエピソードが書いてありました。
実際に会ってみると当時の思い出としての事実はほとんどが事実とは異なっていたそうです。
長い時間の間に「美しい思い出」に尾ひれがついていったのでしょう
でもそれは「事実と違うじゃない」と非難されるべきことなのでしょうか。
誰にも迷惑はかけていない。
いずれにしても「事実」は「主観」を通してしか自分にはやってこない
もし他人に迷惑をかけないなら、どんなに過去を「ねじ曲げ」ても他人にとやかく言われる筋合いのものではないだろう。

えっ、そんなことありましたっけ
嫌な過去なんてねじ曲げてしまいましょう。
あの時は大変でしたねえ、なんて誰かに言われても
えっ、そんなことありましたっけ
って言ったとたんに
ねじ曲がって、すっとんでいってしまっている。

いやいや、ありましたよ
なんて、誰が言うでしょう。

おそらく「もう気にしていないんだ」ってホッとしてもらえるはず。

例えば私の母さんなんかは、私が落ちこぼれてすごい点数のテストを持ち帰って見せても
「何かの間違い」にしてしまっていた
絶対、人にゆうたらあかんよ。
あんたは頭いいんやから。
何かの間違いなんやから。

未来の自由度
「過去は変えられないから、未来こそ前向きに」
なんて、未来の自由度がちっちゃいちっちゃい。

過去を勝手に変えちゃうと、今が必然的に変わってきて、未来がどどーんと大きく変わる。
なんせ、出発点が変わるのだから。