日本橋から浜町まで

今度の三連休のどっかで、彼氏、家に来て良い?

大歓迎だよ

祝日の月曜日、次女の彼氏が遊びに来ることになりました。
カミさんは仕事ですが、仕方ないですね

お父さんウォーキング好きでしょう
どっか出掛けてよ。

は?
お父さんに会いに来るんですけど

いいえ、私に会いに来るんです

あっそう

朝っぱらから石神井公園
朝、カミさんを職場に送っていったあと、
ふと思い付いて、朝っぱらから石神井公園に行ってきました。

そうだそうだ
こんなことしてられない
早く帰んなきゃ

お昼
あのあと、まあいても良いや、って話になりました。

お昼何にしようか
握り寿司作ったげようか

やめて
あれはまずかった。

大丈夫、改善点は明確になっているから

彼氏を実験台に使うのやめてくれる?
改善が完了してからにして。

分かったよ
じゃあ手巻き寿司かな

彼氏を車で駅まで迎えに行って、
そのまま魚屋まで買い出しに

彼氏も酢飯作るのを手伝ってくれたりして
長女も含めて4人で手巻き寿司パーティー

我が家の定番の
「長女の名前つけるの焦って失敗したネタ」とか
「ヤフオクで壊れた電動アシスト自転車100円で落札してえらい怒られたネタ」
で盛り上がりました。

食事が終わり、長女が用事で出掛けました。

お父さんウォーキングに出掛けてくるね。

あっそう、行ってらっしゃい。

日本橋
前回、東京マラソンコースを歩こうイベントの下見を日本橋までやりました。

さあ、続きです。

まずは、やっぱりあそこから
日本橋高島屋に、ピッカピカに磨かれた送水口があるはず

あったー
ピッカピカ
日本橋高島屋送水口磨き係は、社内でも憧れの的の、誇り高き部署なんでしょうね。

凧の博物館
次は、前回お休み(?)かで行けなかった、凧の博物館

有名な洋食屋、たいめいけんの上にある
たいめいけんの行列に失礼しまーす、と割り込んでエレベーターのボタンを押す。

あれれ?
また、エレベーターが動かない

さっき、凧の博物館のホームページ見て分かったんですが
日曜、祝日はお休みなんですって
前回日曜で、今回祝日
ちゃんと確認してから行きましょうね、って話ですね
失礼しました。

あっそうだ
せっかく前回もらった観光地図を忘れてきちゃった。
もう一回、日本橋案内書に行こう。

三浦按針遺跡
地図をもらって
そうだそうだ
三浦按針遺跡に前回行かなかったな
ちょっと戻るけど、行ってみよう

ん?
地図だとこの辺の筈なんだけどなあ
随分探したけど見つからない

連続空振りか

さっき、グーグルのストリートビューで確認したら、ありました。
タブレットの電池がすぐなくなるので、画面の明るさはかなり暗めにしている。
そうすると、屋外では見えなくてイライラするのよね
ついつい、その場でタブレットで確認しようという気が失せる

こういう時、まあいっか、という適当な性格が災いしますね。

さあ、気を取り直して次行こう

郵便発祥の地
郵便発祥の地に参りました。
文明開花好きにはたまりません。

特別仕様の、郵便ポストもありました。
郵便ポスト好きにはたまりません。

銀行発祥の地
発祥の地の連チャンです。

渋沢栄一、二代清水喜助、辰野金吾とビッグネームのオンパレードです。
おおっ震えるぅ

そして異常にかっこいい、第一国立銀行の写真と、錦絵


大好きな築地ホテルにも言及してくれています。

ありがとう。

水天宮
2年前のお正月の日本橋人形町七福神巡りでは水天宮は工事中だった。

まあ、綺麗になったこと

紙垂(しで)とか干支とか楽しめるものがいっぱいあって
とても良いんじゃないでしょうか。

人形町
甘酒横丁、相変わらずとても良い雰囲気
人形町は、三大歌舞伎座、市村座と中村座が元あったところ
なんか、遺跡とかないかな
と、思いつつ
前見た、弁慶の像のところへ
説明書きに、人形町は、市村座と中村座があったので・・
なるほど
2年前に弁慶像を見たときは、市村座と中村座について良く分かっていなかったので
なぜここに弁慶、の意味が分かっていなかった。
私も進歩しましたなあ。

浜町公園
前回は、浜町公園の中までは入らなかった。
入ってみようかな

うん
庭園とかじゃなくて、子供たちが遊ぶ市民の憩い型の公園ね

とか思いつつ一回り

おっと、こんな面白そうなものが
雨とーくとかで罰ゲームでよくやる足つぼコーナー

やってみよう

いてて、いてててて
こりゃ大変だ

そのあと、ちっちゃい子供が挑戦していた
いとも簡単に

君の将来は明るいぞ!

そのあと、とても不思議なことが

すっすすっすと、軽やかに足が進む
えっ? ここ下り坂かなあ、と何度も見返した。

足つぼマッサージの効果かも

家に帰って
ただいまー

どう?
晩御飯も食べていってくれる?

次女の彼氏も待ってくれていました

彼氏も手伝ってくれて、みんなでちゃんこ鍋を作る
色々いっぱい話もして

そのあと、お絵描き伝言ゲーム

長女だけは絵がうまいんだけど
他は彼氏も含めて同じようなレベル

これなにーっ

大爆笑。

嬉しいね
男の子が欲しかったけど、女の子二人
息子が出来たみたい。

また、いつでも遊びに来てね

今日は、
朝っぱらから石神井公園
お昼の手巻き寿司パーティー
日本橋から浜町まで
お鍋とゲーム大会

むちゃくちゃ充実した一日でございました。

朝っぱらから石神井公園

今日は祝日
お休みでカミさんが仕事の時は
大体、車で仕事場まで送ってよ、という話になります。

公園の本
この前、図書館で都内の公園について書いた本を読んでいた
その中で石神井公園の紹介があった。

超地元やなあ
この公園の近くにある図書館に良く通いました。

今のところに引っ越す前は練馬区に住んでいて
最寄りの駅としては一番近いのが大江戸線の光が丘
次に近いのが西武池袋線の石神井公園駅でした。

もちろん石神井公園にも何度か行っています。

あれっ?
ひょっとして、こっち行ったことない?

石神井公園って大きく二つのエリアに分かれていて
石神井池を中心としたエリア
道を隔てて奥に、三宝寺池を中心としたエリア

三宝寺池の方はひょっとして行ったことが無い気がしてきた。

カミさんを送って
家から車で40分ほどでカミさんの働く大泉公園にある職場
8:00くらいに着きました。

じゃあね
行ってらっしゃい

さあ、帰ってもうちょっとだけ寝るかな

ん?
あれっ

良く考えると、石神井公園って、ここからすぐじゃなかったけっけ
寄ってみるか

石神井公園
コインパーキングに車を止めて

レッツゴー

目指すは三宝寺池

何となくのイメージだけど
石神井池の陽に対し、三宝寺池は陰

石神井公園のイメージって、イコール ボート
石神井公園? はいはい恋人たちが愛を育むボートの公園ね

石神井池のエリアだけで十分広くて一周すると疲れちゃうので
その奥まで行く気にならない

こんな朝っぱらから、暗い方に誰かおるやろか

ところが、いましたいました。
予想以上でした。

半分以上の人がしっかりとウォーキング
ウォーキング好きとしては嬉しい限りです。
あと何人かいたのは、カメラを持って鳥の撮影
朝早くの方が鳥の撮影には良いんでしょうかね
ひょっとすると花かも

三宝寺池の方は緑が深く
「自然を保護した公園」というコンセプト
植物も色んな立看板が立っていて
色んな種類を育てている、観察園

道は歩きやすい木道
ウォーキングにはうってつけです。

石神井城址跡
石神井公園って元々何だったかというと
お城
天守閣とかのあるお城ではなく、古城
ウォーキングを始めて、いくつか古城は見ました。
自然の地形を利用し、空堀
土を積み上げて土塁

そもそも関東では関東ロームそうなので
下手に石垣とかを組んで、手足を取り掛かれるようにしちゃうより
ある程度急な坂を作っておけば、ずり落ちて登れない。

豊島氏が居城にしていたんだけど
最終的には、太田道灌に倒される
その時に、娘の照姫が三宝寺池に身を投げる

地元にいるとき、照姫祭りというのがあったんですよね
毎年、照姫役が選ばれて
町中を、照姫や武将たちが練り歩く。
最終的に石神井公園で、イベントがある

今日初めて意味が分かった。
地元では何とか三大祭りとか言って、頑張って盛り上げようとしていて
まあまあそれなりに

緑が多くて、鴨もいて
いやあ、いやされた

どうしようか

まあ、でもせっかく来たんだし
石神井池の方も行ってみるか

石神井池
石神井池の方は、ただただ懐かしかった。

ああ、ここね
来た来た

こっちも来た

出たっ、ボート

結局ぐるっと一周。

朝の時間の活用って
すごい得した気分です。

神田から日本橋まで行ってきました。

土日2日連続のお出掛け。

こっそり出掛けてるのがカミさんにばれちゃった事件も
ほとぼりが冷めたと、勝手に考えての暴挙に出ております。

今日行ったのは東京マラソンコースを歩こうイベントの第三弾から第四弾へ向けてのコースです。

神保町から
2週間後に行う第三弾から飯田橋から神田まで
昼食の予約をまだ取れていなかったので、そこから
大体神保町くらいかな
ようやく店を予約できて、よしOK

前回の下見では、錦華公園、小栗上野介屋敷跡まで
もうちょっと先まで行けそうな気がしたので、続きの下見をしておこう。

向かうは神田

いまいち良いスポットがない
マラソンコースから少し離れると、ニコライ堂もあるし
もうちょっと行くと神田明神なんかも有るけど
ちょっと離れすぎかな

結局、神田やぶ蕎麦までは、これといったものはなかった。
その間、送水口は色々目について、パシャパシャ
まあ、この間は送水口巡りにしよう。

神田やぶ蕎麦
以前、他のイベントリーダーのイベントで連れてきてもらったことがある
神田に来たらここは来ないとね

以前に江戸三大蕎麦の話はしましたね
円楽の大江戸なんでも番付、蕎麦屋から

当日もこの辺の話をしよう。

前回のイベントの時は中まで入らなかったけどどんなだろう。
見ると並んでる。
上品そうなシニア層が多かったので値段が恐かったけど
言っても蕎麦だし、何とかなるっしょ

食べたのはなめこ蕎麦の冷たいの
値段は1000円ほど
助かったあ

こりゃまた上品なボリューム
注文通す時の口調がなんとも良い感じ

せっかく来たんだし、
蕎麦湯だけで若干粘って
ああ、美味しかった

確かこの辺にレトロなお店が
あったあった
看板には例の江戸かな(変体かな)
写真に撮って、後で江戸かな一覧表で確認しよう。

で、神田駅へ
ここまでで、おそらく第三弾
ようし、ここから、第四弾コース
日本橋に向かうぞ

日本橋へ
今川橋跡地を経て

うわあっ
こ、これは
浅草橋で発見し、大感激した
郵便差出箱特四号ではありませんか

速達専用の青いポストでございます。
郵便ポストを眺めて楽しむ方法。大胆な仮説を立てて
東京マラソンコースウォーキング後半。

確かに浅草橋で見つけたとき、家に帰って調べると
日本橋にもあるということが書いてあった
嘘やなかった。ほんまにあった!

感動でワナワナ震えてしまいます。

舗道に花壇があります。
そこに二十四節気の説明。
これも分かるもんね

ガイドにある「観光的見処」以外でも
こういった細かいところで感動できるようになって参りました。

老舗巡り
観光的見処ゾーンに入って参りました。

日本橋そのものは、見処チャンピオンとして
それ以外には、大きく二つです。
老舗巡りと、古い西洋建築。

まずは老舗巡り
包丁の木屋を始めとして、老舗の名店が日本橋の大再開発によって
コレドというビル4つにそれぞれ収まった。
ある意味巡りやすくはなったかな。
今回行ったのは、時間の都合で金箔、包丁、箸、漆塗、和紙
伝統技術に触れて日本の心を取り戻そう
個人的には、ここに風呂敷が欲しかったんだけど、探せなかった。

名建築
次に名建築
三井本店、日本銀行、三越本店
こりゃすごい

三越本店だけは、当然中まで入れるので
中も入ってみました。

どひゃー
何じゃこりゃ

一階ホールにあるこれ、何ちゅうたらよろしいのやら
何の必要があって、このようなどでかいものが建物の中に。
皆さんは、えっ?知らなかったの? なんでしょうね。

私のような貧乏人は三越本店なんぞには用事が無かったもんですから
初めて入りました。

そうそう
銀座の三越では屋上に行きましたので
ここでも屋上があるかも。
エレベーターに乗ればすぐ分かる訳ですが
それはいけません。

百貨店に行ったら、綺麗な案内のお姉さんに聞きに行くというのが必須です。

すみません
屋上には行けるのでしょうか

はい
エレベーターに乗っていただければ行くことが出来ます。

予想通り。

屋上に行くと、銀座の三越同様、三囲神社が有りました。
塔も間近に見れます。

日本橋案内所
もう一度コレドの別の方に入ると、日本橋案内所
はいはい、ネットに出てました。
良い情報を得られそうです。

お着物をめした、しっとりとしたお姉さま。

すみません
今度、ウォーキングのイベントで日本橋巡りをしようと思うんですが
これは、という穴場はあるでしょうか

老舗巡りの地図とかをもらって大満足。
ああ、良い一日だ。

日本橋
いよいよ、日本橋そのもの

すみません。
ここ、思いっきり色んな話がありますが
何度か来ていますので
ちょっと長くなっている関係上、省略ね。

日本橋案内所2
日本橋を向こうに渡ったところに
またまた案内所
同じかなと思いつつ入ってみました。

結構良いですよ。ここ
日本橋自体の、焼けたり再建したりの歴史が詳しく展示してあります。

そして、お着物をめした
今度は外人さん

おっとこれは聞きに行かねば

すみません
向こうの案内所で、老舗巡りと、名建築は聞いてきたんですけど
それ以外にこれはというレアな情報はありますでしょうか
外人さん相手ですから、レアというカタカナも使ってみました。

老舗巡りと、名建築以外ですか・・

いかん、いらんこと聞いてもうた
外人さんにおじさんがしつこく聞いたら嫌われます。
下手すりゃ、黒船がやって来ます。

確か白木屋の井戸とかなかったですか
頑張って助け船

はい、それでしたらこちらに

そうなんですか
早速このあと行ってきます。

その横に漱石の碑もあります。

ええっそうなんですか

こりゃ良いこと聞きました。
これはレアです。

白木屋の井戸
コレド日本橋の方の裏側にありました。
漱石の碑もありましたよ
良かった良かった
白木屋についてはこちらね
東急の前身「白木屋」はもう一方の雄

さあ、早めに帰って洗濯物取り込まなきゃ

谷中の七福神巡りに行ってきた。

来年のウォーキングイベントをそろそろ計画。

お正月恒例の、七福神巡りです。
下見に行ってまいりました。

満を持して、七福神巡り界の王者
谷中七福神はどうでしょう

田端から
まずは福禄寿
東覚寺です。

若干道に迷い気味で、田端八幡神社を見つけた。
先日の市ヶ谷亀岡八幡神社に比べると
屋根が完全なる八幡づくりにはなっていませんでしたが
お神輿の倉庫もいっぱい並んでいたので
お祭りの時は盛り上がるんでしょうね
紙垂(しで)もありましたよ

その隣に赤い紙がペタペタ貼られた金剛力士像

阿形も吽形もえらいことになってます。

あっ、この隣か
東覚寺
東覚寺 福禄寿

仏像の宝庫でした。
観世音菩薩、阿弥陀如来、地蔵菩薩、大日如来、如意輪観音、六地蔵もあった。
全部見分けられましたよ
でも肝心の福禄寿がいない
ひょっとして、1/1~1/10のみ御開帳ってネットで出てたのはここのこと?

いいや、仏像もいっぱい見られたし、次行こう

青雲寺 恵比寿
ここには、あの超ベストセラー南総里見八犬伝を書いた、滝沢馬琴の筆塚がありました。
でも、ここでも恵比寿像を拝めませんでした。

修性院 布袋尊
ここの塀に壁画がありました。
私が大好きな布袋さんの壁画
とても微笑ましい。
布袋さんの像はやはりない。
受付の人がいたので聞いてみた。

布袋様はお正月にしか見れないんでしょうか

はい。1/1~10になります。

3つ来て、3つともがそうだということは
谷中七福神巡り組合が、みんなが足並み揃えよう、と言っているんでしょう。

富士見坂
ここから富士山が見れたらしい。23区内で富士山が見れるのはとてもレア。
なんだけど今は見れないんです。
残念!

日暮里駅の方へ
途中、養福寺っていうお寺があって、ここも仏像の宝庫でした。
仁王さんもあったけど例によって写真写そうとしたらあみあみで良く写らない。
仁王さんあるあるですね

おおっ
ここへ出るのか
谷根千のウォーキングイベントでお馴染みの場所。
谷中ぎんざの夕焼けだんだん
谷中ぎんざに寄りたい気持ちをグッとこらえて、先に進みます。

としたらこっから先は大体分かるかな
朝倉彫塑館、観音寺築地塀、スペース小倉屋、笠森稲荷堂

笠森稲荷ってその前の茶屋に看板娘お仙がいた
江戸三大美人の一人と言われるんだけど
その中でも一番人気
お仙見たさに男どもがわんさか訪れる。
勝手にお仙のキャラクターグッズが売り出されるほど。

どうですか、みなさん
お勧めの現代の笠森お仙は誰ですか

私は結構いっぱいいるんですが
最近急激にドキドキしちゃっているのが、フィギアスケートの本田真凜(まりん)ちゃん
むちゃくちゃ可愛くないですか

てなことを考えながら歩いていると
あれっ、そういうといつまでたっても、次の長安寺が出て来んなあ

もう一回地図を睨み付けて
あっ

寿老人 長安寺
随分過ぎてました。
引き返せっ

あっここ?
さっきの観音寺築地塀の隣のお寺でした。
ここでも、寿老人はいらっしゃいません。

毘沙門天 天王寺
谷中霊園の中に入っていき、天王寺へ

天王寺と言えば、関西人には馴染みがあるなんてもんじゃない地名

おおっ
東京にも天王寺があるとは

天王寺には、立派な釈迦如来がありました。
綺麗なお庭も。
毘沙門天は相変わらずいませんでしたが。

谷中霊園
谷中霊園の中に来ています。
とすると、ここまま素通りという訳には行きません。

慶喜おじさんに会いに行かねば。
谷中霊園の中にある、15代将軍、徳川慶喜の墓のところで
とても熱っぽく解説をしていただけるボランティアのおじさんです。
徳川慶喜だけ、なんで寛永寺じゃないかの謎が溶けた
前回のイベントの、下見と本番の2回お世話になっていますので
お礼を言いに行きませんとね

いましたいました
顔が真っ黒でしたから、夏の間毎日ここに立っていたんでしょうか

お客さんに説明しておられたので邪魔してはいけません。
「この前はありがとうございました」とだけ声をかけてきました。
キョトンとされていましたが。

そのあと、ルートからちょこっと寄れば感應寺
三富といって、富くじ(今の宝くじ)で賑わった三つの寺の内のひとつ
おお、ここか
でも、それにしても、三の字も富の字もどこにも書いていない。
勿体ないなあ、有名なんだからウリに出来るのに。

この記事を書くために再度調べていて分かりました。
感應寺違いでした。
元々の感應寺は名前が変わって天王寺。
さっきのとこかいっ
良く見てくれば良かった。
どこかに三富の話は書いてあったんでしょうね

愛玉子
ネットで愛玉子(オーギョーチー)っていうのが出ていてやたら気になっていた。

突然黄色い看板が目に入ってきた。
おおっ、これだ!
店を見て随分迷う。
良く言うと、レトロ。

ええいっ
入りました。
店の中も良く言うとレトロ。
オーギョーチー下さい。

出てきたのは何と表現したら良いんだろうか
全く食べたことのない味ではない。
食べたことあるものの組み合わせと言うか
より洗練されているというか
美味しかったですよ。

ぜひ、近くを通られましたら、この世の思い出に。

大黒天 護国院
これも良いお寺さんでした。
相変わらず、大黒天はいませんでした。

弁財天 上野不忍の池弁天堂
最後は上野公園内です。
最後に来てすごいことになりました。

上野公園は見処が有りすぎます。
こりゃ大忙し。

大噴水、上野大仏、清水観音堂、彰義隊の墓、西郷どんの銅像まで行って
どうしても時の鐘を見つけたくてぐるぐる何度もその辺回って
結局断念
後でネットで調べると、どうも上野大仏の横っぽい。

じゃあ、弁天堂行くか
弁天堂でもやっぱり弁天様は拝めなかった。

横の手からパンを食べる雀が懐かしかった。

上野駅へ帰る道でさらに、すり鉢山遺跡、正岡子規記念球場、国立西洋美術館の前庭で
カレーの市民や考える人の彫刻のレプリカを見た。

考える人でかっ

いやあ、てんこ盛りでした。

七福神
結局、本来の目的、七福神はどなたも拝めなかった

ケチっ
とか思ったけど
何せ七福神巡り発祥の歴史を背負っちゃっているので
後世まで像をできるだけ良い状態で引き継がないと、という
今の世代の我々に課せられた使命なのかも知れませんね。

美術品というよりは
庶民の娯楽はこうでした。という文化の伝承なので
そんなに肩肘張って考えなくてもと、個人的には思いますが。

いずれにしても、ネットでかなり混雑して大行列だと書いてあったので
1/10までは逆に避けたいと最初は考えていたんですけど
これでは、混雑しようが1/10までにイベント入れざるを得ません。

ようし、正月のイベント頑張るぞっ