渋谷から原宿。おしゃれで荘厳な一日

三連休の中日

昨日はなんだかだで出掛けられなかったので今日こそは。
東京の緑となるとここ2年半で随分色んなところをウォーキングした。

行っていない最後の大物
明治神宮、行くか!

待てよ
確かお隣の渋谷に例のスポットがあるじゃないか
そして、原宿には行きたかったお店。

その3つで決まり

道玄坂
渋谷駅がえらいことになっている
度重なる再開発を経ての集大成。

何がどうなってるの
地下鉄のホームに書いてある構内地図を見て、思わず吹き出した。
無理っ これ無理っ
道玄坂に行きたいだけなんですけど。

2回、案内係りの人に聞いてようやく辿り着いた。

いよいよやってまいりました。
これです。

ネットで渋谷道玄坂に特別仕様のマンホールがあると書いてあったので
ぜひ写真に納めたい。

渋谷と言えばハチ公なので
どうげんざかをDOG(犬)EN(縁)SAKA(坂)と分解。

人が並んでいるデザインに見えますよね。
まあ、そうなんですけど
写真を横にしてさっきの残りの方のデザインに注目すると、
あら不思議。犬が並んでる。

犬と人の縁って訳ですね
拍手っ。

さあここで問題です。
このいっぱいいる犬さんの中で、他と違う犬さんが2匹だけいます。
さあ、どことどーこだ
答えはこの記事の最後に書きますから
それまでに考えてね。

竹下通り
次の目的地は原宿にあるお店
途中にはあの竹下通りを通ります

ちょっとよってみるか

相変わらず、なかなか楽しみ方が分かりません。
以前、テレビで、竹下通りではインスタ映えする(写真に写して映える)新しい見た目が斬新な食べ物が受けています。
と言っていました。
クレープとアイスクリームだけじゃないのね。
ここはひとつ、おじさんも列に並んでみようかな。

ところが、そんなこと言ってたなあ、ぐらいの情報ではどこに行って良いんだか
目立って分かりやすいのはやっぱりクレープ屋さん

うーん
クレープっておそらく甘すぎて、絶対後悔するに違いないからなぁ

たこ焼き屋さんないかなぁ

と、思いつつ諦めかけた頃
東郷神社→、っていう看板

あれっ、東郷神社ってこんなところにあるんだったっけ

東郷神社
やっぱり私には、竹下通りより
神社仏閣の方が性にあっているようです。

でも、竹下通りも良かったですよ。
結局どこにも入らなかったけど
いつの時代も
着飾った若い女の子を見るのは、とても幸せな気分になれます。

さあ、東郷神社。
全く予想していなかったので、得した気分です。

言わずと知れた日露戦争の英雄、東郷平八郎を祀った神社です。
東郷平八郎展、入場無料、を社務所でやっていました。

もともと薩摩藩士だったんですね。
一通り、軍艦三笠の模型とか、写真とか服とかを見たあと
ビデオが流れていました。

おそらく、以前NHKで放送されたものだと思われます。

三つの選択
ロシアのバルチック艦隊を対馬海峡を越えたところでまちぶせして壊滅させる作戦。

以前、正岡子規のところで紹介した、秋山真之名参謀が立てた作戦です。
ところがロシア艦隊の速度から割り出して、来るはずの日に現れない。
明くる日もその明くる日も

秋山真之読み間違えたか
そこに情報がもたらされます。
対馬海峡を通ってロシアに帰るとどこかの港で言っていたと。

これは、逆におかしい。
はめようとしているのではないか。

秋山は東郷に、津軽海峡の方に移動しましょうと進言。

密封命令というのが作られみんなに配られます。
ある特定の日まで開けちゃダメ
開けたら速やかにその命令に従うべし

ところがその事を聞きつけたベテランの参謀二人が大反対。
予定が遅れ遅れで、ロシアの兵士たちは疲れきっている筈
私がロシア兵士ならここで遠回りするような作戦は絶対に取らない。
ここで待つべし

ベテランが経験に基づいた意見。
説得力があります。

さらに、第三の案
本当は二手に別れて対馬と津軽に別れれば良いだろうけど
日本側は少ないのでそれは無理だとすると
真ん中の能登半島辺りで待つべし。

軍艦三笠の艦上の会議でもめにもめます。
東郷自体、全ての案にそれぞれ意味があると随分迷います。

出した結論。
津軽へ移動。
但し、密封命令を開ける期限を一日伸ばす。

結果はそれで大当たり。
その一日の間に、対馬を通るとの確度の高い情報がもたらされ、密封命令破棄。
さらにその翌日に対馬海峡を通って来たバルチック艦隊を全艦撃破
結果、日露戦争に勝利します。

東郷展を見終わり、
見事な庭園も堪能し東郷神社をあとにしました。

風呂敷専門店
行きたかった店は、原宿にある風呂敷専門店「むす美」です。
若干迷ったあと

あったぞ
ん?
暗い。

「お盆休みをいただいています」

うひょー
世間ではお盆休みなるものがあったのか

全く想定しておりませんでした。
また日を改めて来ることにいたしましょう。

明治神宮
右上の犬は巻き尾になっていて
左下の犬は首に鎖がついています

わかったかな

大森周辺ウォーキング。続き。

土曜日に行った大森周辺のウォーキング。

昨日は、野鳥公園の話をしましたね

平和台公園
大井ふ頭中央海浜公園を横目で見ながら、平和台公園に向かう。
大井ふ頭中央海浜公園はスポーツ競技の施設ばかりなので今回パスね

平和台公園もスポーツ施設が多いけど
噴水とか、上から水が落ちてきたり。
ちっちゃい子供が悲鳴を浴びつつ大はしゃぎ
家族の幸せの構図を目の当たりにし
こっちも楽しくなっちゃいます。

続いての平和の森公園
アスレチックとかがあります。

ここも子供がいたら楽しいだろうなぁ

ああ、孫が欲しいよぅ
娘たちーっ

大森海苔のふるさと館
大森海苔のふるさと館の手前で
ああもうあかん
お腹すいたー

もし、このコース行くとすれば、注意点があります。

まあ、どこかに食事するところあるだろうから、と
軽い感じで出掛けましたが
ないない。
歩くエリア、右も左もずっと倉庫街。あとは公園。
食事処どころか、コンビニすらありません。

ひとつどこかの倉庫に通りかかったとき、倉庫内にコンビニがあるみたいで、矢印が出ていた。
あそこ行っときゃ良かったー

空腹の極致

ローソンの看板が有って矢印が出ていてここから5分。

行けっ

ところがいくら探し回ってもどこの倉庫の中なのかさっぱり分からない。
ああ限界。
戻ろう。

仕方がない。

空腹のまま、大森海苔のふるさと館へ

大森の海苔作りについて色々教えてくれます。
人形とか舟とか
時間が合えば海苔作り体験も出来るみたい。

ボタン押してビデオが流れるよくあるやつも良くできていて
とても楽しめました。
3階や屋上からも海が眺められて気分最高!

大森ふるさとの浜辺公園
さあ、一番の目的
大森ふるさとの浜辺公園

白い砂浜が広がる海岸線。


その前に
入り口過ぎてすぐのところに売店が。
「焼きそば」「カレーライス」ののぼり。

ああーっ
あなたはもしかして仏様。

カレーライス下さい。
少々お時間いただきます。

調理設備があるようには見えない小さな小屋。
ライスはサトウのごはんみたいなのをチンしておりました。
カレーもレトルトなんでしょうね。

目の前にパックに入った焼きそば。

すみません。
これも下さい。

焼きそばを食べ終わった頃に、ちょうどカレーが出来上がった。
うーん、うまい!

空腹は最高の調味料とは良く言ったものです。
こんな美味しいカレーは久しぶり。

目の前に広がる白い砂浜と海。

海は良い。
大好きです。
明石の海を思い出します。
子供の頃の思い出って大きいですよね。
海は無条件に気持ちが晴れます。
スキッ

遊泳禁止なので、
来ている人の目的は二つ。

ひとつは家族連れ。
ちっちゃい子供が水着でピチャピチャ水遊び。

もうひとつは、若い人から中年までの男性が日光浴。
全員見事に真っ黒けです。
残念ながら、若い女の子のビキニはいませんでした。
男ばっかり。

砂浜に透明な丸いビニールの固まり。
押してみるとぶよぶよ。
何かなあこれ
あれこっちにも。

模様が入っているのも有ってようやく分かりました。
クラゲか。

でもなんでこんなところで死んでるの?
あっそうか
潮の満ち引きで逃げ遅れたのか

ぼうっと海を眺めて
ああ、贅沢な時間。

後半戦は
ちっちゃい子供の楽しそうな様子をいっぱい見れて
孫願望がいっそう強くなる一日でした。

まさか自分が、野鳥の魅力に取りつかれるとは

隙あらばお出掛け
カミさんが仕事に出掛けた

よしっ

えーっと夏と言えば
やっぱり海でしょ

「自然を楽しむウォーキング」の本に、海あったよな
こんな時、電子書籍は便利。
とりあえずお出掛けして、行き先は電車の中で考える
例のパターンで参りましょう。

大森周辺
「東京港野鳥公園と大森ふるさとの浜辺公園」
これでいこう

東京モノレールの流通センター駅から出発
橋を渡ってちょっと行くと東京港野鳥公園

東京港野鳥公園
申し訳ございません。
はっきり言って、行きたかったのは海なので
東京港野鳥公園って言ったって

公園、ってことなので
緑いっぱい、大好き!
だけだと思っておりました。

バードウォッチングって何が良いんだか
鳥見るだけでなんか面白いんだろうか
と思っておりました。

入場料は無料なんだけど
ただで双眼鏡も貸してくれます。

随分迷って
まあ、野鳥公園と言っている訳だし
借りようか

もし行くことがあれば
絶対に借りてください。
もちろんお持ちの双眼鏡があれば持っていった方が良いです。

謝ります。
ビックリです。
バードウォッチング最高です。

本には、ネイチャーセンターというのがあるんだけど
平成28年10月まで工事中とありました。

本来ならそこへ行ったら教えてくれるかもしれないけど
無駄足でも良いや
代わりにここに行ってと書いてあるかも知れないし

あれれ?
開いてるっぽいぞ

うっわー
すずしいっ
海側全面ガラス張り
出来立てでさらっぴん

望遠鏡が並んでて
涼しい中でいつまででも水鳥を監察できますよ

考えたね

いかにも常連さんです、という人たちが
センターのお姉さんと談笑
今日の何はどうたらこうたら

いかん
場違いパターンか

はっきりいってこっちは
今朝、電車の中で行くところ決めた訳ですから
野鳥のやの字も分かりません。
カラスとスズメとセキセイインコと孔雀ぐらいは分かる
あとは大まかにざっくりと、カモ。

この人たち、紅白歌合戦で最後に双眼鏡で数えている人たちなんだろうなぁ

でもなぁ
せっかく来たんやし。

皆さんも、もしずぶの素人で、
行かれることがあったら
勇気を出して、こう言ってみてください。

あのぅ。
素人で全く野鳥の事は分からないんですが
どう楽しめば良いとか
これは珍しいとか
そういったなんかありますか。

そうですね
今みなさんよく見にこられているのは
向こうの池(東淡水池)に4匹いるセイタカシギとかでしょうか

(えっ、向こうの池か。暑いがな。せっかく目の前にようけ鳥がおるのに)

それは、この前にはいないんですね。

目の前ですとあの辺に一番多くいるのがカワウです。
(これ確かに一番多いです。泳ぐときかっこいいです。)
【望遠レンズとか持っていませんので残念ながら鳥の写真は撮れませんでした
これ以降の写真はネットからの引用です。】

あの白いのは?

ダイサギです。

三種類、ダイサギ、チュウサギ、コサギといまして
コサギは黄色い靴下はいてます。

それから
(望遠鏡を合わせてくれて)
これがアオサギです。

ええっ
これ、かっこいいですね。

(その他にも、カモとか色んなのを望遠鏡を合わせつつ教えてくれる
そうこうしていると)

あっ、来ましたね
ええーっと
はい、これがセイタカシギです。

なんで来たんだろう。

そこに常連のおばさんがやって来た。

今、セイタカシギ来ましたよ。

ほんとだ
でも、いよいよ危なくなってきたわね。
いやあでもよくあそこまで大きくなったわよねぇ

解説します。
いよいよ危なくなってきたとは、今年の空梅雨で
池の水量がどんどん減ってきたという事。
向こうの池に、セイタカシギの家族4人が住んでいます。
お父さんとお母さんと、子供二人
子供の二人はここで孵ったものです。
よくあそこまで大きくなったわよねぇは、その成長を見続けてきた常連さんならではの
感慨深い発言です。
まだ飛べないそうです。

セイタカシギの名に恥じない見事なセイタカぶり
気品溢れています。

聞くと今目の前にいるセイタカシギは、野鳥公園にいる4匹のうちの一匹ではなく
隣の何とか公園に住んでいるセイタカシギ。
これも常連さんからの情報だそうです。
そんな事がなんで分かるんだろう。

その家族は向こうの池にいるんですね。
ようし、これと一緒だな
ようく覚えてから行こう。

いたあ
ここで、さっき借りた双眼鏡の出番です。
一匹。
おっと、いたいた。
その両サイドにうずくまっているちっちゃいの
これがまだ飛べない子供たちだな

えーっと、お父さんは、と
いたっ、お父さんもいた。
お父さんだけいなかったら、どうしようと思った。

急いでネイチャーセンターに帰って
いましたいました。家族4人。いましたよ。

干潟
ネイチャーセンターは地下に行くと干潟に降りられます。
そこに行くと、穴ぼこがいっぱい。
カニがいっぱい。
人が近づくと、見事に一斉に
穴ぼこにサササッと隠れちゃいます。
その一斉の動きが何とも面白い。

観察小屋
観察小屋が1号、2号とありまして
干潟のすぐ近くにあります。

そこには、また望遠鏡が何台か設置してありますので
じっくりカニを観察できます。
こっちは望遠鏡で見ているので
サササッと逃げちゃわない。

おおおっ
ようけおる

面白いですね
カニって目がピョンと飛び出していて
その目だけが海からニョキッて出たりする。

草の辺りになんかいる
望遠鏡を合わせてみた。
これか!

トビハゼ

ここの名物的存在
動いた動いた
あっこっち向いた。 真っ正面

ほっぺたがふくらんだりへこんだり
おもろい顔やなぁ 君
私の今年のおもろい顔グランプリは、君で決まりだっ

草に隠れちゃって
他にもいるかずいぶん探したけど
さっきの以外には見つからなかった。

ここは鳥はあんまりいないけど
出張でこっちまで飛んできてはちょこっと泳いでまた帰っていく。
さっきのネイチャーセンターとは違って、じっくり一匹の動きを観察して楽しむのに向いている。

バードウォッチング
まだ初日だけど
なんでバードウォッチング好きの人が、はまっちゃうのか
分かる気がする

時間の流れ方が違うわ

人間様の事なんて、なーんも考えずに動いたり、はたまた動かなかったり
少なくとも、忙しそうではない
おそらく、「感じる」ということはしているだろうけど「考える」ということはしていない。

うちのセキセイインコの空(くう)ちゃんシャケちゃんを毎日見ているから
「考えない」って実は幸せなんじゃないかという憧れ
自分にはおそらく出来ない事だから

ずっと見てると同化する・・・
気がする。

ゆっくりの時間。

東観察広場
東観察広場に行くと、結構の人だかり
さっき、横から見た東淡水池です。

やっぱりあの家族は人気です。

幸せそう。
お母さんが妹の方を追っかけたりしている。

やめてー
お母さん。

山鳥
水鳥は見れましたが、野鳥(山の鳥)の方は、結局一匹も双眼鏡で見れなかった。
水鳥に比べて、とてもすばしこかった

双眼鏡で探しているうちに、あら、もういない。

素人は水鳥からですね。
山鳥には、修行が要りそうです。

おっと、野鳥公園だけで、こんな文字数になっちゃいました。
続きは明日に回しましょう。

黒茶屋に行ってきました。

昨日は、カミさんの誕生日。
珍しく家族4人が揃っている休日

誕生日祝いに、外食しようか。

黒茶屋
東京都の奥多摩のあきるの市
登山好きにはお馴染み。
秋川渓谷のある場所の近くに
黒茶屋という懐石料理屋があります。

初めて行ったときに
良いねえ、ここまた来ようね

また来ようね、って行って、本当にまた行くのは珍しいけど
ここは今回3回目
カミさんだけはその友達と行っているから、4回目

もちろん、そんな高級なのはそうそう行けませんので
記念日とか、お祝いとか。

まず、建物ですけど、秋川渓谷の川に面した、
結構広い敷地すべてが黒茶屋

古民家を移設しているので
古民家好きにはたまらないでしょうね。

建物は敷地内に7~8個あって
食事するところは2箇所かな
あと、お茶するところとか
土産物売ってたり
おやき売ってたり、
勾玉(まがたま)豆腐ってすごく美味しいお豆腐売ってたり

何と行ったら良いんでしょう
ある種のテーマパークみたいな感じ。
渓谷を見下ろす見事な景色があり



川まで降りていくことも出来ます。


庭園は、日本庭園ですが
作り込んだ庭園というよりは
元々の自然をうまく利用しています。
ようく手入れしてありますが。




お料理
懐石料理なので
前菜から始まって
順番に
椀物
揚げ物
焼き物
ご飯物
等々
次から次へと
終わった頃に出てきます。
例えばこれが、前菜

左にあるのが勾玉豆腐
かかっているジュレがとても美味しい
食感は普通の豆腐ではなく、濃厚でねっとりしている。
あまりに美味しいので、毎回お土産として買って帰ってます。

こちらが、椀物

メインの焼き物
やまめとお肉

全て美味しくて綺麗で上品
ゆっくり2時間かけて会食を楽しむ

かなりのボリュームで
女性には全てを食べきるのは難しいかも
私もその分が全部こっちに回ってくるので
もう食べられませーん

懐石料理の相場がよく分かっていないのですが
リーズナブルなのではないでしょうか
そのあたり、ご興味ありましたら、ホームページでね
http://www.kurochaya.net/index-jp.html