夏目漱石の漱石山房

(1/19の事です)

江戸時代に新宿に落ちた隕石を探して
の前の話です

せっかくのお出掛けですから、隕石の前にいくつか寄ってみましょう

経王寺
都営大江戸線の牛込柳町
大江戸線も降りたことのない駅が少なくなってきましたが、その一つ

駅の真ん前に、経王寺
山の手七福神のひとつ、大黒天を祀っています


大黒様を撮そうと思うと、NG
そもそも、見える場所にある大黒様はお前立ち(代理人)
本当の大黒様はその後ろの戸の中
看板の中に写真があります

最初の大黒天は恐い顔をしているんですが日本に来てだんだんにこやかになる
ここの大黒様は4分の3くらいかな

庭にあった石像をパチリ。これならOK

墓地の真ん中に被爆の楠の木がありました。


頑張ってるね

多聞院
おっと、ここには、松井須磨子の比翼塚があると書いてあります
これは確認しておかねば

ところで、私には姉と妹がいます。
姉の名前は何と言うでしょう

この前、神楽坂のウォーキングイベントで芸術倶楽部跡で
島村抱月との許されない愛の話をしました

その時にこのクイズを出したら、すぐにノーヒントで当てられちゃいました
結構むつかしめの名前なんだけど不思議だなあ

随分頑張って探したんだけど、結局見つからなかった
悔しい

草間彌生美術館
これは、ひょっとしてあの水玉おばさん
大人気で人だかり

詳しく知っている訳ではないけど
有料だろうけど、面白そうだから入ってみよう

入口で
チケット拝見します

どうも、ネットで事前にチケットをもらう必要があるようです。

さすが世界に認められた芸術家。強気です。

仕方ないので外からだけパチリ

漱石山房
夏目漱石が長く住み、終焉を迎えた場所

出来立てホヤホヤ
新宿区が思いきり力入れて作りました

まずはその周辺の漱石公園


これが、吾輩は猫であるの吾輩ちゃん?の墓

本当は、こちらの写真にあるように九重の塔だったんだけど、空襲で焼けて崩壊

もう一回元の石を積み上げた

音声ガイドも無料で借りれます。

元の漱石の家を色んな資料を集めて可能な限り再現
博物館の中にボコッと丸々家が入ってます


ご本人もいます

有名なフレーズ

作品紹介コーナーはさすが
文学に疎い私でさえ
知っているタイトルがあるわあるわ
せっかく来たんだから、近い内にひとつくらい読まないとバチが当たります

漱石が俳句ってイメージ無かったんだけど
かなりいっぱい作ってるんですね
最初は親友の正岡子規に教えてもらったんだって

私はこの中の一番左が気に入りました

すみれ程な 小さき人に 生れたし

おでかけマップ

江戸時代に新宿に落ちた隕石を探して

(1/19の事です)

朝一番で、センター試験を済ませ
よし、まだ少し時間があるぞ
あそこ行ってみよう

磯田道史先生の「日本史の内幕」という本を読みました。
私の好きなTBSラジオ安住紳一郎の日曜天国で年に一回ずつ出演してくれるんですが
その時の話がとても面白い

書かれたものも読んでみた訳ですが
面白いのなんの
歴史は江戸時代を中心に色々読みましたが
この本のようなアプローチは始めてです。

この時代のこの時にこういう事があって、という歴史を説明した本というよりは
随筆と言うか、裏話と言うか。

子供の頃から古文書オタク
普通の歴史家とは興味の向き先がちょっと違っている

例えば戊辰戦争であれば、個々の事件の年号だったり関係する人物なんてのは
磯田先生だととうに分かっている
実は先生の先祖が関わっていたんだけど
その先祖が、どこからどういうルートで戦場に着き
いくら新政府にご褒美をもらったのかということ

古文書を徹底的に集め、読み込んで解明していく

この本はそんな過程でワクワクしたこと
あまりの発見に息が止まった、というようなことが書いてある

何度か話している、ウォーキングの醍醐味
その場に行って、大好きで話したくて仕方ない人の幸せそうに話すのを聞くのが一番好き

同じ体験がこの本で味わえる
よほど好きなんだなあとこちらも笑顔になる

今後、いくつかの話をしていきたいんですが
今日はまず、その中で象徴的な話

隕石
江戸時代に、東京の都心に隕石が落ちてきたことがある

いきなりすごい事書いてあります。
江戸がらみの本はある程度読んだつもりでおりましたが
そんな話始めて聞きました。

磯田先生の中では、そこまでは当たり前に分かっていること。
ロシアに隕石が落ちたニュースを見て
そういうと、あの江戸に落ちた隕石って、もっとピンポイントにどこに落ちたんだろうと気になった。

ここからが、磯田先生の磯田先生たるゆえん
徹底的に古文書に当たる

私だったら、ちょこっとグーグルで検索してみて、出てこなきゃ、まあいっか、だけど

で、探し当てちゃうのがすごいところ

まず、松浦静山(まつらせいざん)の甲子夜話(かっしやわ)
江戸検定で常連さん
肥前国平戸藩の第9代藩主でありながら、引退後に書いた随筆集が面白いとバカ売れ

その甲子夜話の中に

戌の刻下り(夜8時頃)に西の空から大砲のような音が響き・・・
(中略)
早稲田に微禄の御家人の住居があり、その玄関の様なところに石が落ちて
屋根を打ち破り、破片が散乱した

よし、早稲田だな

もっと狭く特定すべし

ようやく見つけた、今度は鈴木桃野(とうや)という学者の「反古(ほご)のうらがき」という随筆

早稲田と榎町との間に「とどめき」という場所に町医者がいて
その玄関前に二尺に一尺ばかりの玄蕃石(げんばいし)のような切石が落ちて二つに割れていた
焼き石と見えて余程暖かかった

とどめきか
それはどこだ

古地図をあたる
そのあたりに、宗参寺という寺があって、傍らに轟(とどろき)橋という橋がある
とどめき とどろき

さらに、江戸名所図絵で宗参寺を見ると
弁天町にあり。この地をどどめきという

どんぴしゃ
特定した

行けっ

当時浜松に住んでいた先生は新幹線に飛び乗り、宗参寺へ
神社やお寺でご神体や寺宝として祀られているかも知れない

黒くこげた30cmの石
ない

住職さんに声をかけた

口ポカン

へえ、そんなことがあったんですか

結局見つからず、それっきり

宗参寺
磯田先生が無かったと言っているので隕石はありません

それがどうしたっ

ここは、行くしかなかろう
行かずして、何のでーこんぞ

これか

はたまた、これか

これなのか

意外にこれだったりして

この空。ここから飛んで来ました

この辺り一帯の地名「牛込」の由来の牛込氏や、山鹿素行(やまがそこう)の墓もあります。

牛込氏の墓までは分かったんですが

山鹿素行の墓までは分かりませんでした。

まあ良いか
隕石も見れたし

(見てない見てない)

よし、ここで古地図アプリを立ち上げてみよう
あっ、あるじゃないですか「轟橋」

轟橋の方にも行ってみましょう

このあたり

こっちの空

この横は済松寺


こっちにはそれらしき石はありませんでした。

実はこの隕石の前に若干のウォーキングをしています
その様子は明日ね

おでかけマップ

芦花公園の続き

参った!説明不能。世田谷文学館
の続きです

まさか、世田谷文学館でここまで時間がかかるとは思いませんでした。
あまりの興奮で、このまま帰っても良かったのですが
折角予定していた世田谷区お勧めのコースなので少しは行きましょう

蘆花恒春園
蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)
不如帰(ほととぎす)というベストセラー小説の徳冨蘆花(とくとみろか)の住居を保存したものです。
残念ながら、ここも中は撮影NGなので外からだけ


かなり広い家でした。

お風呂は五右衛門風呂
トイレはポットン

懐かしい感じがいっぱい

お地蔵さん

このお地蔵さんについて、みみずのたわこと、という随筆に書いてあります

奥さんの住まい


次女と同じ名前だ。身近に感じるなあ
(もし名前分かっちゃっても内緒ね)

記念館には、徳冨蘆花に関わる色んなものが展示してありました。

お墓はこちら

周りにかなり広い公園が整備されています
引っくるめて、芦花公園(ろかこうえん)と言います

お花畑もかなり広い

菜の花畑やチューリップ畑もかなり広いので春にはまた来てみたい

清掃工場の煙突がドドーン

希望丘公園
レンガ造りに滝が流れ落ちて、とっても綺麗な公園



ここから、広い道路をトンネルで潜って、緑道へと繋がります

将軍池公園
将軍とな

誰か将軍が来たのかな
家斉かな
ワクワク


あひるさんがお休み

説明書きがあったぞ
さあ、将軍は誰だ

この敷地は、都立松沢病院
院長さんが中心になって、屋外作業療法ということで池や築山を作りましょうと
患者さんも協力して、庭園造り
山は富士山の形だったんだけど、完成間近に関東大震災で崩れちゃったらしい

池がなぜ将軍池かというと、頑張って手伝った葦原金次郎さんが
自称「将軍」
おおっ そう来たか

おでかけマップ

参った!説明不能。世田谷文学館

(1/13の事です)
祝日です
お出掛けしましょう。

世田谷区の出している24の物語ってウォーキングパンフレットがとても充実しているので
その中から、芦花公園スタートのコースで行きましょう。

世田谷文学館
しょっぱなは、世田谷文学館
芦花公園は、徳富蘆花の「ろか」から来ているので
徳富蘆花を始めとして、色んな文学者に愛された土地

正直、長女と違って文学には詳しくないので
知っている人が出てれば良いなあ、というレベル

コレクションだけになりますがよろしいですか
からくりは12:30からになります。

何だか分からず、ハイ

中は撮影NGだったので、外から

新青年という雑誌で活躍していたメンバーたち
探偵小説というジャンルの雑誌のようです。
2代目の編集長は横溝正史

良かった。知っている人がいた
長女は全員知っているんだろうな

直筆の原稿とか手紙とか

これだけは撮影OK

もうひとつの部屋に箱が7つ並んでいる
何だろうなあ、これ
さっき、からくりが云々言ってたのがこれかな

からくりと言えば、田中久重の精巧なからくり人形を川崎の東芝未来科学館で見た
何でそれが文学なんだろう

時間を見るとあと30分近く先
どうしようか迷ったけど、やっぱり見よう

ブログを書いたりしながら時間を過ごします。
紹介の映像も流れていました
なるほど、精巧なからくり人形って訳じゃなく、幻想的なものなんだな

からくり
武藤政彦さんという人の作品
ニックネームがムットーニ

7つの内、4つが上映された。
一つ5分とか7分とか

なぜ文学なのか分かった
元々絵を書く美術家
だんだん、立体的な造形にシフトしていく
そして、それが動く

あくまでもメインは文学
文学の持つ不思議な世界
からくりと言っても、精巧な動きをするわけではない
主人公は10cmちょっとの粘土で作った人形
せいぜいゆっくりと回るくらい
その回りでちょっとした不思議な仕掛けで奇妙な世界が繰り広げられる。
ムットーニさん本人が朗読
光や音楽
1m四方ほどの箱の中で世界が完結する

全く経験のない異次元の芸術
はまった。ドはまり。
何なんだこれは
何者なんだ、ムットーニ
敢えて言うと「幻想的」なんだけど
そんな言葉を使うのがもどかしい。

ここも撮影禁止なんだけど
例え動画を録れたとしても
この世界をお伝え出来るのは1割も満たないだろう
説明不能
参った
ブログにならないけど
来て、見てもらう以外に方法がない

題のない歌 (萩原朔太郎「題のない歌」から)
眠り (村上春樹「眠り」から)
漂流者 (夏目漱石「夢十夜」より「第七夜」)
アローンランデブー (レイブラッドベリ「万華鏡」)

4つが終わった。
3つ残っている

聞くと、10:30 11:30 12:30 と1時間ごとに半分ずつ交替交替にやるらしい

次は、13:30から
また30分待ちか
このあと、蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)を始めとして、色々回りたい
どうする

チケットの後ろにハンコを押してもらえれば、再入場出来るらしい

ハンコお願いします!

蘆花恒春園へ向かう
途中まで行ったけど、やっぱり全然無理
30分で行って帰ってくるなんて不可能
引き返そう
興奮しきっていて、思考が成り立っていない

再入場お願いします。

40歳くらいの男性が入ってきた。
さっきの回は全くお客さんがいなくて私が独占でした。
もっと宣伝してよ、と思うけど
見てもらわなきゃ分かりませんと言うだけじゃ宣伝にならないしね

すごいんですよ。びっくりしますよ
興奮ぎみに話す。

猫町 (萩原朔太郎「猫町」から)
猫の亡霊ばかりの住む町を、一人の男が歩く

おおっ

ねっねっ 見たことないでしょこんなの

これは、何? えっ 何なの?

はい、次次

蜘蛛の糸 (芥川龍之介「蜘蛛の糸」から)

ほおぉ ほおぉ

山月記 (中島敦「山月記」から)

こっちもね。すごいんですよ
あんまり良かったから、再入場してきたんです

おでかけマップ