中川船番所資料館に行ってきました。

(1/23[土]の事です)

週末だけど雨
こんなとき用に、博物館ものを取ってあるのさっ

ええっと
あそこやら、こっちやら

えっ うそー
どこもかしこも、臨時休館中

ようやくたどり着いた「中川船番所資料館」
江戸好きにはたまらない、重要ポイントです。

こんな場所にあります。

隅田川の西側は地形が複雑なので、京都のように碁盤の目的街作りが出来なかったんですが
東側は低地で平らなので、かなりきれいに縦横の街作りが出来たんです。
道と運河を作っていった。

ここで、縦と横は、今の地図の感覚とは逆
江戸城に向かうのが「縦」
竪川(たてかわ)と小名木川(おなぎがわ)
それに交差するのが「横」
大横川と横十間川です。

船番所
船番所は海路での関所です。

元々は、小名木川の西側入口にありました

こちらも以前確認してきました

明暦の大火で江戸中が火の海になったあと
防衛のための街作りから、経済や防災のための街作りに基本的考え方を転換
中心にかたまっていた機能を外側に移していくんです。
その一環で船番所も移転します。

3階の大空間の中に船番所が再現されています。

白黒のおじさんに近づくとしゃべり出します

今日は何をされに来たのかな

見学でーす

ほう。見学とな

すごい。ちゃんと認識して答えたぞ
色んな事を教えてくれます。
GoogleMap に出ていた親切なおじさんが教えてくれるというのは
このおじさんかな


こっちのおじさんは酒樽を数えるのが大変という話をしてくれます

江戸時代を通して、関所なので
入鉄砲と出女、というチェックをする訳ですが
人の移動手段は陸路
海路の方が速いに決まっていますが
海路は品物を運ぶためのもの

不必要な不正な人が乗っていないか通行手形でチェックする訳です。

酒樽をチェックするというのは、おそらく享保年間の事を言っていると思います。
大岡越前のとった経済統制の政策です
詳しくはこちら
船番所が、単なる関所から、経済政策の重要なポイントにランクアップした訳です。

船番所には、結構位の高い旗本が勤めます。
中川番を勤めた有名人では、藤枝外記(ふじえだげき)
吉原の遊女綾絹と良い仲になった
下手すれば藤枝家の身上をつぶすことになるから
色んな方面から圧力がかかる

いよいよ、会えなくなってしまう

「綾絹」
「外記さん」

しっかり手を握り、二人逃亡

ほどなく見つかってしまい、
もはやこれまで
心中してしまうのです。

この事件は江戸中で評判になり

「君とねようか五千石とるか なんの五千石君とねよう」
という端唄が大流行します

海運の流れや
img src=”http://sskmszm.com/wp-content/uploads/IMG_20210124_095825.jpg” alt=”” width=”929″ height=”864″ class=”size-full wp-image-30202″ />
船の種類の解説もありました。
江戸検定やっていると、船の種類の名前を覚えないといけないんですが
どんな形なのかは分からなかったのでとても興奮


明治に入っても、船番所は廃止されましたが、
小名木川の海運は続きました
小型の蒸気船も行き交っていました。

展望
川を眺められる展望ルーム
雨の日なのに濡れずに展望できてラッキー


下に見える川の駅からは
水陸両用車が発着するそうです。

企画展
企画展は渋沢栄一

渋沢栄一ファンとしては嬉しい限り
大河ドラマにもお札にもなるので、どんどん盛り上がっていくでしょう。
渋沢栄一ゆかりの地はあちこちいっぱいあるので、やりやすいと思います。

ここでは、江東区でのゆかりの地
一時期江東区に住んでいましたし
渋沢栄一が立ち上げた会社は、江東区にも無茶苦茶いっぱいあります。
写真NGのものが多かったんで、あまり写真は取れませんでしたが
住居の写真や間取りなど
表座敷と名前のついている住居

江東区での会社の立ち上げ時の色んな展示物も。

銀行、電気、ガス、砂糖、セメント、肥料、製紙、印刷、船、鉄、鉄道
ありとあらゆる産業の立ち上げに全部絡んでますからね

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)

日本全国大募集!【オンライン中継】羽村堰で江戸の水道の謎解明

お正月の七福神巡りのウォーキングイベント
緊張事態宣言が出ちゃったので、少人数
よし、それじゃあ、Zoomでのオンラインで参加できる人も組み合わせればどうだろう

結果として、オンラインでも8人も参加してくれた。
初の試みだったし、急だったので、20~30分だったけど
手応えはあったので、また考えてみようと思っていた。

ウォーキング同好会のメンバーで、最近福島県に引っ越しした人が参加出来たのも嬉しかった。

あれ?
オンラインのイベントってZoomのアクセス先にアクセスするだけだよね
良く考えると、ウォーキング同好会のメンバーに限定すべき理由は何もない
参加に距離的制約もないから
日本全国どこからでも参加してもらえるんじゃない?

って事で、日本全国参加者大募集の企画を考えてみました。

大まかな内容を言うと
私が現地に行く。
今回は、玉川上水の取り込み口、羽村堰(はむらぜき)

江戸の水道の話は私がずっと興味を持って追いかけているテーマ
Zoomでそこから、現在の様子を映し出し
向こうから、水がこう流れてきて
台風の時はこうなって、みたいな話をしようかなと。

その時間内なら自由にアクセスしてもらって、途中参加も途中退出もOKの
ゆるーい感じで行こうかなと

以前私が色々喋る江戸の名所案内の動画を作って配信したことがあった。
結構そこそこ見てもらえたのよね
あの時は単純に、以前撮影した写真を編集しただけだったけど
今度は実際にその場で解説しようかなと。
さらに、Zoomなので、参加してくれている人の要望で
質問だったり、その裏見せてよとかも出来るかなと。

以下の内容で実施しますので
どなたでも大歓迎
ぜひぜひご参加下さい

参加ご希望なら、事前に、コメントだったり、伝言板で連絡いただけると嬉しいです。
連絡したら絶対参加しなくちゃダメ、なんてことも言いませんので軽ーく考えてね
うまく繋がらなきゃ、その時はその時、って感じでも大丈夫。
——————–
オンラインイベント第二弾です
全国誰でも、ウォーキング同好会以外の方も参加OK!

何と江戸時代、江戸の市民たちは水道水を飲んでいた
その飲料水は江戸から42kmも離れた羽村から引いていた(玉川上水)

今回、実際に行くのは私一人で
現場からZoomで中継
その謎と、考え抜かれた構造を徹底解明します。

■日時 2021/2/6(土)10:00~10:40 と 10:55~11:35の2部構成
どちらかだけでも大丈夫ですし
途中参加、途中退席もOKとします。

■羽村堰(はむらぜき)
10:00~10:40
羽村堰は、玉川上水の引き込み口
今でいうダムなんですが
何とその基本構造は、江戸時代と今で全く変わっていないんです。
一緒に歩き回りましょう
玉川兄弟の物語もね
せっかくZoomで繋げるのでいっぱい質問してくださいね

■次の博物館までちょっとあるんですが
私が15分間で頑張って移動します

■羽村市郷土博物館
10:55~11:35
さっき見た、今の羽村堰をふまえつつ
江戸時代の実物大の堰や模型で解説します
江戸の中に張り巡らされた水道管の構造や
徳川吉宗や大岡越前が行った水道改革
その時、玉川兄弟はなぜに・・・
大丈夫。博物館にもちゃんと了解得ています。

■雨天決行

■参加
当日以下をクリックして下さい
こちら
東京以外の人もどしどし参加してくださいね
Zoom を使ったことがない方は、Zoomのインストールをしておいてください
お使いの端末から「Zoom インストール」で検索してもらって、簡単にできます。
Zoomを使ったことが1回でもある方は、上記をクリックするだけで繋がります。

初めての、オンラインウォーキングイベント

今日は、ウォーキング同好会のウォーキングイベント
東海七福神巡り

2ヵ月前に企画アップしていた。
まさか、ここまで状況が悪化するとは思っておりませんでした。

正直、ギリギリまで中止にすべきかどうか迷いました。
べき論とか、どっちが正しい、とかいうことになると
中止にする方が正しい。

でも、このあとまた何ヵ月もイベントが立てられないのが分かっている。
今回が最後、と思うとメンバーの顔が見たかった。

最初16人だった参加人数がどんどん減っていく。
予想通り。

いつも、キャンセルしやすいイベントを打ち出している私ですが
今回こそ、キャンセルは当然だなと思う。

途中で、キャンセルすることの申し訳なさを軽減してあげれないかと思った。

いっぱい考えて、
「キャンセルはしたんだけどちょっとだけ参加する」方法を思い付いた。
オンラインによるウォーキングイベント

実際に七福神巡りをするメンバーは、ほんの数人になるだろう。
私含めて4人ぐらいかなあ
と思っていたら、本当に4人になった。

そのリアルイベントと
Zoomで参加するイベントを組み合わせる。

七福神の最初は、大黒天の品川神社
その品川神社で私のタブレットでZoomを立ち上げる
そこにみんなで、アクセスしてもらう。
私が景色を見せながら、一緒に歩いた気分になってもらう。

こんにちはー

こんにちはー

明けましておめでとうございまーす

はい、ここが品川神社です。
まずは、初詣のお詣りをしましょう。
二礼二拍手一礼でお願いします。

パンパン

正直、ウォーキング同好会は年齢高めが多い
Zoom? なんじゃそりゃ、やり方分かんないよ。
そもそも、ウォーキングがしたくてウォーキング同好会に入っているの
それ、何が面白いの
ダメな理由を考えるといくらでもある

でも、緊急事態宣言が出ちゃっている以上
大人数で歩くわけにはいかない。仕方ない。
これなら、出られない人も参加できる。
結局7人参加してくれた。
(1人は私のミスでうまくつなげられなかった)

みんなの声が聞けた。
嬉しい。
ウォーキング同好会のみんなが大好き

ずっと一緒に歩くと、何時間もかかるから、最初の品川神社だけ
30分くらいだったかな

初詣のお詣りをして

裏手にある板垣退助のお墓を見て

富士塚をみんなで登って

大黒天について色々しゃべった

クイズもその効果音も用意した

ジャジャン
ピンポーン

本当は、説明のための画像を用意してあって
それを画面共有しながら説明しようと思っていたんだけど
実際にやりだすとそんなことはすっ飛んじゃった。
このあと、何度かやる機会があれば、慣れていって
もうちょっとうまくやれるだろう
今日のところはご勘弁

七福神とはいえ大黒天だけで、ご利益があるかは分からないけど
まずは第一歩

私の目的は、みんなの声が聞きたい、顔が見たいということだったから
大満足。

そのあと、4人で七福神を回った。
有難い。
単なる私のわがままに、危険をおして参加してくれた。

楽しかったあ

こらこら何を言っているの
出歩いちゃダメでしょう
ご批判ごもっとも
申し訳ございません。

カミさんのご機嫌をとるために
カミさんの好物の料理を作ることにしましょう。

ん?待てよ
娘たちの好物は分かるけど
カミさんの好物は何だっけ

思い出せないので
自分の好物のチキンポットパイを作ることにしましょう。
(何の解決にもなっとらーん)

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)

府中で武蔵国を感じる

(1/5の事です)

正月三が日があけました。

私の仕事は切り替わりの時期で、まだ始まりません。
ということは
ヨシッあそこ!

大國魂神社へ幸先詣で
の続きになります。

国衙(こくが)跡
大晦日に閉まっていた、国衙(こくが)跡、ふるさと府中歴史館、国司館(こくしのたち)跡
を一気にゴー

まずは、国衙(こくが)跡

前提として、武蔵国(むさしのくに)って何ぞや、から

奈良時代、平安時代は日本列島の多くを60の国(くに)に分け
その中を郡に分けたんです。

武蔵国は現在の東京都、埼玉県のほぼ全域と、神奈川県の一部

府中は、その県庁所在地である国府(こくふ)の置かれたところです。
国府の中に国衙(こくが)があり、その中の建物が国庁(こくちょう)です

ここ、国衙地区には、国衙とその建物国庁が再現されています。


とても長い時代使われているので何度か建て替えているようなんですが
最初は、原始的な堀立柱といって、地面にただ柱を建てていたんですが
建て替えの時には、礎石を埋めてその上に建てるように変わっていっているんです。


ふるさと府中歴史館
いろいろありましたが、国府関連以外は割愛ね

出土品の中で、国府関連でいうと瓦や塼(せん)というレンガのようなもの


各郡のマークが付いているので、国府の建物を作るのに、それぞれの郡が協力して作ったんだということが分かる

面白かったのがでっかいタッチパネル

娘たちがよくやっていたRPG(ロールプレイングゲーム)の形式
コントローラーを使い、色んな人と出会って、会話が楽しめる
国庁の中で何をやっていたかをゲームをやりながら教えてもらえる
怪獣を倒したりのバトルはないから、おじさんでも楽しめます。

万葉集のタッチパネルもありました。


これもおじさん大好き

国司館(こくしのたち)跡
さあ、来ました。
さっきの国衙は、行政の色んな仕事をするところですが
国司館(こくしのたち)跡は朝廷から派遣された国司が住んでいるプライベートな色彩が強い場所

ジオラマがありました。



ワクワクなのがVR
テレビでは見たこと有るけど、実際に装着したことはないから、どんなのかなあ
専用ゴーグルをはめると、目の前にぶあっと景色が広がるはず

すみませーん
VRを貸していただけるのでしょうか

はい
ゴーグルタイプのは今はやっていないんですが
タブレットになります。
中で流れる映像は同じです。

分かりました。
お願いします。

1、2とポイントが立っていますでしょう。
そこに行っていただくと、その場所に関する映像が自動的に流れます。

はい

そうか、ゴーグルは何か問題があってやめちゃったんだな
前が全くそれしか見えないわけだから、・・ゴン、みたいな
ネットで調べると、こんなもの

借りたタブレットはこんなもの

結論的に言うとあまり変わらない気がする
実に良くできている

こんな風に、柱だけが立っているところ


タブレットでかざすと、建物が現れる

ネットからも同じものが見れ
それを画面キャプチャーすると、こんな感じ


ネットからだと動きはしないが
その場のタブレットはさらにこれが動いて、蹴鞠したり、鷹狩りの鷹が飛んだり
タブレットを動かすと、その方向のものが見れる。

面白い
実に面白い。

最後のポイントは遺跡の発掘現場が現れ
さあ、宝を探し当てましょう

タブレットを色んな方向に動かして
あったー
家康の鬼瓦

家康の鬼瓦ってどういう意味かというと
ここは、奈良時代平安時代に国司館があったところだけど
江戸時代になって、家康がここにコンベンションホール的なものを作って
色んな人をおもてなし。

昔の国司館と同じ場所っていうのに意味があります。
昔の国府は私が征服したから
今は私のもんですよ。
どうだ、参ったか

ここを発掘したら三つ葉葵の鬼瓦が出てきたので
資料に書かれていた事は本当だったと証明された

家康の遺骨が、静岡から日光へ大行列で移動したときも
一旦ここで滞在して、色んなイベントをやったそうです。

[おでかけ]シリーズはこちら(少し下げてね)