芝から高輪へ。の続きの続き

芝から高輪へ。チントンシャン
芝から高輪へ。の続き
の続きです。

高野山真言宗 総本山 金剛峯寺 東京別院
えっ、まさか
全くのノーマーク
真言宗の総本山、高野山 金剛峯寺(こんごうぶじ)がこのようなところにあろうとは
東京別院ということは、まさしく金剛峯寺そのものの出張所


弘法大師 空海様

四国八十八ヶ所巡りだって出来ます

味の素食の文化センター
味の素の研修センターの中に、一般公開スペースとしてミュージアムが作られている
一階には結構広いスペースで食の文化に関わる書籍の図書館
入らなかったけど、レシピ本とかも思いきり置いてあるらしい

2階がまず、食の文化展示室
出ました。今より一回り大きい握り寿司。華屋与兵衛が開発した

豆腐百珍や卵百珍の話
それぞれ、豆腐料理だけ、卵料理だけだけで100種類ものレシピ本
江戸時代の大ベストセラーです

江戸時代の花見の弁当
豪華でしょ

北区の郷土資料館にも、展示があったので、その時はこんな豪華なもの本当に食べていたの?
と思ったけど
また展示があったということは、本当だったんだなあ

鰻の蒲焼きのルーツは、室町時代にまで遡る
写真の右上の蒲(かば)という植物に形が似ているから
開くようになったのは、江戸時代からです

もうひとつの部屋は、味の素の開発秘話の映像も流れていた。
池田菊苗がうま味を発見。グルタミン酸こそがうま味の素

豊田佐吉などと共に、堂々の日本の10大発明のひとつ。

企業家、鈴木三郎助が池田菊苗のもとを訪れる
別の事を聞きに来たのに、池田菊苗はうま味の事ばかりを話す。

鈴木三郎助としては得るものがなく帰ったのだが
池田菊苗は、そもそも企業家が自分のもとを訪ねてきてくれる事などなかったので
鈴木の家に訪ねていって、うま味の商品化をしてくれないかと頼み込む

池田は「味精」と名付けていたが、鈴木は「味の素」を提案
かくして味の素は誕生した。

鈴木は多額の金をかけて徹底的に広告戦略
ところが、「味の素」が何者か誰にも理解できないという難問が立ちはだかる
ある人は、洗髪に使い、ある人は水に溶かして化粧水として。

一流料理店にただで使ってもらうとか、各地で料理講習会を開くなど
地道な努力で、少しずつ少しずつ

高輪プリンスホテル
次の目的地は、高輪森の公園
地図で見ると、グランドプリンスホテル高輪の隣
プリンスホテルを横切っていけるのかな
日本庭園があるみたいだけど、見学できるのかな

きれいなお姉さんが入口にいたので

すみませーん、お庭を見学とか出来るんでしょうか

はい、もちろんです。






毎回思いますが、ホテルってすばらしい。
こんな風にお客さんじゃないおじさんにまで、手入れの行き届いた庭園を見せてくれる。

すみません。
ここの高輪森の公園というのはここから行けるんでしょうか

ごめんなさい。こちらはホテルの敷地とは違いまして
一旦出ていただいて、ぐるっと回っていただくことになります。

高輪森の公園

元々は薩摩藩島津家の下屋敷で
明治になって、土佐藩出身の後藤象二郎の屋敷になり
朝香宮邸という経緯をたどる

ここになぜ来たかったかというと、勝海舟と西郷隆盛の江戸城無血開城の会見の場所だから。
あれれ
最初にその場所は丸い碑が立っていて、ということではありませんでしたか

はい
実はその場所は二日目
ここは、一日目
二日目に交渉ごとを話し
一日目は顔を合わせて、世間話や昔の思い出話

森というよりは山


幕末って目の前が海だったので
見晴らし良かったんだろうなあ

高輪ゲートウェイ駅
高輪森の公園まで行っちゃうと、まるまる品川駅なんだけど
敢えて一駅分歩いて、高輪ゲートウェイ駅へ向かいます。
開業後、まだ一回も利用していないのよね


そうか、この前の大開発工事現場で、陸蒸気の築堤跡が見つかったのか

向こうのへんにチラッと見えているような見えていないような

まだ、大規模開発の施設がオープンしていないので、
第一京浜から奥まっていて、ちょっと不便
これが、山手線の駅なのかと思うくらい誰もいない


オープンしたら大人気になるんだろうけど。

無人のタッチアンドゴーの店があった

試しにイカフライ煎餅を買ってみました。

思ったほど、木のイメージは前面に出ていませんでした。
プラットホームやベンチは木でしたけど

[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)

芝から高輪へ。の続き

芝から高輪へ。チントンシャン
の続きです。

福沢諭吉
次は、っと
福沢諭吉旧居あと

あっ、ここ慶應義塾大学
かっこいいっ

位置的にはこの裏辺りかな

回り込もうとしたけど、あれれ、慶應義塾大学広すぎる

分かった、そういうことか。
慶應義塾大学の敷地内なのね
福沢諭吉だから、そりゃそうね。
残念!

ちょっと待てよ
東京大学も、早稲田大学も、学習院大学もキャンパスの見学はできたぞ
慶應義塾大学でも入れるかも。
この時期だからダメ、ってのはあるでしょうけど
警備のおじさんに聞いてみよう。

すみませーん
一般の人でも見学できるんでしょうか

はい、ここに書いていただいて、検温していただいて

ありがとうございまーす

さすがは慶應
天は人の上に人を作らず、っちゅうぐらいのもんでございます。

おおっ
かっこいいっ

慶應大学なんて、受験の時
雲の上の、もひとつ上だったもんなあ

一応赤本は見てみたけど、パタンと閉じました。

なのに、うちの娘たちときたら、滑り止めで受けるなどという失礼なことを。
こんな娘に育てた覚えはありませんっ

三田演説館

日本で初めての、演説のための建物

諭吉先生ーっ

なまこ壁がかっこいい

かっこいい建物ばかり


若き日の諭吉先生は貧乏したのかなあ
パンツもはけなかったんだろうか

あった。旧居跡

ここで、学問のすすめ、とか書いたんだなあ

はい。どんどんすすめちゃって下さい。

おっ。マンホールも慶應義塾仕様だ

品川方面に向かいます
通る道は、以前、幕末の大使館巡りで歩いた道
幕末の公使館跡を歩く(高輪)
面白いものがいっぱいあるのですが、今日はすっ飛ばしながらずんずん歩きます。

承教寺
赤門だ

グーグルマップに上がっている写真で一番多いのが、この狛犬


こりゃまた何とも個性的

ここは、梵鐘が有名です。
矢部豊前掾重正の作。江戸時代中期に活躍した有名な鋳物師です。

日蓮宗の大檀林(だいだんりん)でもあります。

檀林は、宗派別のお坊さんの養成学校
その中でも、大檀林は一番メインの学校。
この承教寺が発展して、今の立正大学になっています。

そして、英一蝶(はなぶさいっちょう)の墓

英一蝶は、江戸時代、5代将軍綱吉の頃の画家

狩野派でありながら、自由な作風にチャレンジして波紋になってしまう。

遊びが大好きで、吉原で大豪遊

普通に考えると金が続くわけないのですが
一蝶には芸があった。

画家のみならず、あらゆる風流な芸術に長けているマルチ人間で
たいこもち、という仕事もやっていた。
ハイレベルな芸を持っていたようで
他人の金で遊べちゃう。

そんな一蝶があるとき、幕府から罪に問われ
三宅島に島流しにあってしまう。

原因には諸説ある
三宅島への島流しというのはよほどの事だと思うのだけど

絵で綱吉を批判した、というもの
生類憐れみの令に違反したというもの
馬がしゃべるという歌を流行らせて人心を惑わせたという、訳の分からない説まで。

三宅島での過酷な生活は12年にも及ぶ
その間も、画材を送ってもらい、世話になっている島の人や
残された家族のために絵や文章を書き続ける
その時の絵のひとつ

12年後、将軍が6代家宣に変わる
家宣は綱吉の事が大嫌い、ということがあるので
一蝶も代替わりの恩赦という事で釈放

元通り、絵師等のマルチな才能で大活躍
たいこもちとしても大活躍で、
大豪遊も再開

高輪消防署 二本榎出張所
レトロな建物マニアの中では、超有名

でも、大失敗
内部まで見学できたらしいです。

ちょっとした消防関連の展示もあったようです。
絶対また行くぞ

ウォーキングはまだ続きます。
続きは明日ね

[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)

芝から高輪へ。チントンシャン

自分でバカだなあと思うのですが
家で床に座ってブログとか書いていると
足の裏の角質化しているところが気になってついつい手が行く
皮をむきはじめて、ちょっとにしておけば良いのに、
血が出るほどに剥いちゃう。

足の裏だから、歩くと痛いのなんの

またやっちゃった。
何度反省してもまたやっちゃう繰返し。

お出掛けは、この痛みに耐えつつになります。

田町から
この前、港区郷土資料館ゆかしの杜でもらってきたり、買ってきた資料をもとに
GoogleMapに緑の「行ってみたい」マークを付けてあります。

緑色が多そうなのが
高輪辺りかな

田町の駅を降りて、ロータリーの中

ここから初めてラジオ放送がなされたのです。

そのような歴史的場所ですから、さぞや立派なと思いますが
東京高等工芸学校、という高校の図書館の一角を仮りた仮社屋
東京放送局、後のNHKです。

大正14(1925)年3月22日

であれば納得です
大正12(1923)年9月1日が関東大震災ですから

最初の第一声は「アー アー 聞こえますか」

えらいこっちゃ。いきなり雨が降ってきた。足は痛いし
今日は中止かなあ。
いやいや、この痛みが身に染みないと、ちゃんと反省いたしません。

(身に染みても、またやる気がしますが)

何度か行っている、勝海舟と西郷隆盛の江戸城無血開城の会談地跡の丸こい碑を確認しつつ
と思ったら
ありゃりゃ、ものすごい大規模な再開発工事中
塀にこんなのが貼ってありました。

雑魚場(ざこば)跡

昔漁港でした。
雑魚場とは小さめの近海の魚を陸揚げする港
今はこの場所ですが、ここまで海だったということです。

面白いのが、陸蒸気(おかじょうき)と雑魚場の関係
さっきの地図を見ていただいたら分かりますが
雑魚場よりさらに海よりを東海道線が走っています

明治5年に新橋横浜間を陸蒸気が開通。
ほんとは海岸線沿いを走りたかったんですが
軍が土地を譲ってくれなかったから、仕方なく海の上を走らせた。
海の上に土を盛り上げ、堤防を作ってその上を走らせた。

となると、雑魚場の方には船は入ってこれなくなりますよね
万事休す

でも大丈夫。
こんな風にしたんだなあ

これ、錦絵に書かれているので、へえ、うまいこと考えたなあ、
と現代人は思っていた訳ですが
なんとなんと、今回の高輪ゲートウェイ駅の工事をしていたら
地面の下から、この絵と全く同じものが出てきたんです。

感激!
さあ、どうしましょう。大再開発で、どーんとビルが建つ予定
残すのでしょうか、残すとしたらどうやって。

港区立伝統文化交流館
芝のこのあたりは、明治大正と、花柳街
チントンシャン、の三業地
その見番会館の建物が壊すのは勿体無いと保存され、協働会館として利用されてきた。

これが、資料によって、老朽化によって閉鎖されたと書いてあるのもあって
どうも良く分からない。
だめもとで行ってみよう。

あったぁ

唐破風(からはふ)って、正面のカーブしている屋根ですが
神社仏閣にはあるにしても、普通の建物でお目にかかれる事はほとんどない。
無茶苦茶古いお風呂屋さんで、あったっけかなあ、って感じ

パンフレットを見て分かりました。
やっぱり老朽化で閉鎖していたんです。
それを港区が再整備工事を頑張って、ようやく復元
令和2(2020)年4年にオープンしたというから
ホントにごくごく最近
オリンピックに間に合わせようと頑張ったんでしょうね
まさか、外国人観光客ゼロになろうとは。

芸者さんってなんぞやとか、伝統文化の紹介をする
イベントスペース

オープン仕立てだから中は無茶苦茶きれい。

昔懐かしい、すりガラスって書いてあったけど
えっそうだっけ。すりガラスって今はあまりないの?
意識したことなかったなあ

格天井(ごうてんじょう)正方形に区切っていく天井
かなり格式のある建物にしか使われない

展示室で、さっきの海岸線の話も解説されていたので、再度




2階はイベント会場

コーヒーとかの喫茶もできます。

屏風の前でかっぽれとか踊っていただけるイベントもあるのかなあ。

外に出ると雨がやんでいた。

薩摩藩邸跡

幕末の時、幕府を挑発して、焼き討ちにされた場所。

春日神社

なぜ焼き討ちにあったかというと、この春日神社にあった庄内藩の屯所を薩摩藩が襲撃し
怒った幕府側が薩摩藩邸に焼き討ちにした

薩摩藩としては、武力で幕府を倒したかったんだけど
土佐藩の坂本龍馬の提案を受け、山内容堂と後藤象二郎が大政奉還建白書を提出
この後藤象二郎、このあとまた出てきますよ
あっさり徳川慶喜が大政奉還しちゃったから、武力での倒幕の大義名分が無くなっちゃった

何とか、幕府側に事件を起こしてもらう必要があった
幕末の慶応3年12月25日(1868年1月19日)
思う壺

春日神社は、藤原氏
東京ではあまり多くないんです

たまたま、今日はお祭りだったようです。

準備で大忙し。

ウォーキングはまだまだ続きます。
続きは明日ね

[]シリーズはこちら(少し下げてね)

伝統工芸はやっぱり良いなあ

えらいこっちゃ
テレビが壊れた。

これはましな方で、ひどいときは下半分見れません。

私は、ブログで忙しいため、この数年自分からテレビの電源入れたことなく
カミさんが見ている番組を横から見ているだけ
正直そんなに困りません。

カミさんにとってみれば死活問題。
韓流ドラマが見れないと夜も日も明けません

明日早速ヤマダ電機に買いに行ってねと。

ラインで電化製品に詳しい息子(長女の旦那様)が、あれこれアドバイスしてくれました。
良い息子です。

でも、カミさんが韓流ドラマを見るのに、画質も何もどうでも構いません。

とりあえず、何インチかを確認するために、取扱説明書を確認
保証書が貼り付けてありました。

えっ、2019年?そんな最近だっけ
はいはい、そんな気もしてきました。
あっ、これ、ヤマダの長期保証に入っているじゃない
長期保証範囲内になります。
おおっ。初めてヤマダの長期保証が意味を持ちそうです。

という事で今日、10:00始まってすぐヤマダ電機に電話
スマートフォンで申込んでくださいとのことで、色々やってました。

明日くらいに出張修理の日程調整の連絡が来るでしょう。

11:00も越えちゃったので、お出掛けはちょこっとしか出来なさそうです。
今度のイベントのコースは亀有から
亀有上水と曳船川
昼食の場所を見つけるために、再度ちょっとだけ行ってみましょう。

今度は、葛飾区郷土資料館に、お花茶屋駅の方から向かいます。

曳舟川親水公園

あら、稲が。
盗まれないようになのか、鳥がつつくからなのか、青いネットがかかっています。

東京では、畑はかなりあるものの
水田はほとんどない。
関東ローム層の土壌には合わないのかも。
かなりウォーキングしているけど
5~6箇所目くらいかなあ。

子供の頃、周りは田んぼだらけだったから
稲を見ると特別な感情が沸いてきます。

かかしもちゃんといました

郷土資料館に着いたあと、まずは昼食の予約店探し
なかなか困難を極める途中

テクノプラザなる場所
葛飾区の産業支援のための施設です。

なんかイベントやってるのかな
入ってみよう。

伝統工芸展だ

出たっ。彫り物。彫り物大好き。

神社仏閣で彫り物みるたびに、すごいなあ、と見惚れる

隣でおじさんが彫っていた

これで、どれくらいで彫れるんですか?

1ヵ月くらいかなあ

えっ、1ヵ月で彫れちゃうんですか

それぐらいで彫らなきゃ合わないですからね

へえぇ
よく、神社とかお寺とかに彫り物あるじゃないですか
ああいうのもやられたりするんですか?

そうですね
そこに置いてあるような売るものより
そっちの仕事の方が主ですね
宮大工さんと組んでの仕事になります。
今掘っているこれもそうです。

これは4つ四方に組み合わさって枠になるんです。

なるほどぉ

何代目かさんなんですか?

いやあ、私はまだ2代目なんです。



これも綺麗かったなあ

こういう感じで型を切り取って、布に模様をつけるんだけど

その柄について、金属のエッチングの職人さんとコラボして作ったものらしい。

郷土資料館
その後、ようやくお蕎麦屋さんを見つけて、予約出来た。
そこで食事したあと、郷土資料館に戻る

今、企画展は葛飾区の文化財
いつもは非公開のものを特別に展示してくれている
浄光寺?聞いたことあるなあ
はいはい、つい最近の8月1日にウォーキングした、木下川(きねがわ)薬師の事ね
四ツ木の散歩。月光院と翼くん

こんなすごいものを持ってたんですね
ごめんなさい、この文化財は写真NGだったので
企画展のパンフレットだけ

鏝(こて)絵も良かったですよ

左官さんが鏝(こて)で書いた絵

江戸小紋

絵馬

常設展も一通り見て復習しました。

[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)