府中の森公園でお昼寝

府中高安寺は何度も何度も
の続きです

イベントの昼食予約も済ませて、もうちょっといくつか行ってみようかな

善明寺
とても庭がきれいなお寺でした。


高札場跡
次は江戸時代へ
江戸時代は、武蔵国の県庁所在地は当然日本の首都江戸に移る訳なので
府中は役割を終え、今度は甲州街道の宿場町、府中宿になります。

府中宿の中は、番場町、本町、新宿に分かれます。

高札場あと



色んな高札場跡に行ったけど、普通は案内板があるだけ
ちゃんと復元されているのは初めて見た

称名寺

ここは、寺になる前、源経基が住んでいました。

源氏の元となった経基であり、平将門が府中で、竹芝と興世王・経基を仲介した時
勘違いして、将門や竹芝に裏切られたと思い、京都に行って、
将門が謀反を起こしていると告げ口をしてまわり
結果、平将門の乱が起きてしまった、あの経基です。

府中の森公園
府中の森公園へも足を伸ばしました。
結構広い公園です。



小高い丘で子供連れの人たちが遊んでいる
寝転がっている人もいる

寝転がってみるか

ポカポカ
しばしひなたぼっこ
お昼寝しちゃおうかな

静かに目をつぶり、とっても贅沢な時間
家でテレビを見たりしたらて、なんとなく過ぎてしまうけど
時間のゆっくりさを味わう。

気がつくと20分ほどたっていた

豊かだ
幸せってこういうことをいうんだろう。







[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)

府中高安寺は何度も何度も

今度、府中でウォーキングイベントすることにしたから、
昼食の予約できるところを探しに府中へ

高安寺
「府中の歴史」なる買ったら3500円もする分厚い本を図書館で借りて読んだ。
府中すごいわあ
ここまでとは
武蔵国という巨大な国の県庁所在地なんだから、そりゃそうなんだろうけど
歴史の舞台になるわなるわ

ゆかりの有名人として
平将門、源義家、源頼朝、新田義貞までは知っていたけど
南北朝・室町時代以降は分かっていなかった
それ以降も、府中で合戦合戦また合戦

隣の相模国の県庁所在地は鎌倉
鎌倉争奪の代理戦争は常に府中ということになる

足利、上杉(山内上杉と扇谷上杉)、北条のどろどろ戦国時代
はい、こっち、今度はこっち
その戦地になったのがことごとく高安寺

うかつだった
そんな超大物の場所、前回近くまで行ったのに見逃しておりました。


写真で伝わるかなあ。どでかい山門

そもそも、寺ができる前がすごい
この土地に住んでいたのが、平将門を倒したあの藤原秀郷

となると、歴史上の重要人物はここにこだわりたくなるのでしょう。

源義経は兄頼朝の怒りをかい、鎌倉入りを許されなかった
仕方なく京都に帰ろうというとき、一旦ここに立ち寄った
まだ見性寺といっていた時です。

ねえねえ弁慶。
反省してるって態度で示したいんだけどどうすれば良いと思う?

やっぱあれでしょ

だよね

クイズです。
何をしたでしょう。
このあとすぐ答を書くので、下を隠しながら考えてね

ヒント: カミさんにシュークリームを買って帰る、ではありません。
崇徳上皇もやった定番のあれです。























【答】
大般若経の写経

その時、硯に入れた水を汲んだのが、この弁慶硯の井戸

次にこの地に注目したのが新田義貞
1333 鎌倉幕府を倒す世紀の分倍河原大決戦で、本陣を置きます。
新田軍は勝利しますが、見性寺は焼け野原

次にこの地に注目したのが足利尊氏
鎌倉幕府を倒した本陣なのに荒廃したままにしておく訳には行かない

尊氏は全国の国に、それぞれ一つずつ安国寺というのを作らせますが
武蔵国の安国寺はこの地に作ります。
名前も高安寺とします。高氏という字を使っていた頃の「高」の一字を使って
高安護国禅寺の略で高安寺。
したがって高安寺の開基(スポンサー)は足利尊氏です。

一時は塔頭10・末寺75と称されるほどの大寺院になった。

それが良かったのか悪かったのか
室町幕府は、京都に次ぐ、関東を治める役割で、鎌倉公方(くぼう)というのを置くが
高安寺は、その軍事基地とされてしまう。
寺なんだけど城的な感じ。

1360 初代鎌倉公方足利基氏、宇都宮氏の反乱で高安寺に出陣
1380 2代鎌倉公方足利氏満、小山義政の反乱で高安寺に出陣
1399 3代鎌倉公方足利満兼、高安寺に出陣

鎌倉公方を助ける補佐役として関東管領(かんとうかんれい)というのが置かれ
上杉氏が代々つとめるんですが、
4代鎌倉公方足利持氏の時、あろうことか、鎌倉公方と関東管領が対立するようになり
なんとなんと鎌倉公方が負けちゃう。
1439 永享の乱。場所は高安寺

1455 5代鎌倉公方足利成氏、2度目の分倍河原大決戦、享徳の乱と呼ばれる
もちろん、場所は高安寺
今度は、鎌倉公方側が勝つんですが、成氏は茨城県の方に拠点を移し
古河公方となる

ようやく、高安寺は解放されたかな?

武蔵国の主役は後北条氏に移る

伊勢宗瑞(早雲)から始まり、2代目氏綱が鎌倉時代の執権「北条」を名乗る
紛らわしい時は、後北条氏という言い方をする

府中も、後北条氏が制覇していった。

ウォーキングの続きは明日ね

[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)

府中で追加ウォーキング

昨日は長女のところに車エビを届けたので
今日は午前中、次女のところにお届け
午後になっちゃったなあ

次のウォーキングイベントは
この前のVRがとっても楽しかったので府中にしようと思っている
府中で武蔵国を感じる
その前に行った分倍河原の新田義貞と組み合わせれるか
府中本町から分倍河原まで時間を計ってみるか

府中
さすがは歴史の宝庫、府中
武蔵国の国府、今で言う県庁所在地だけのことはあります。

京王線府中駅から大國魂神社まで伸びるけやき並木

普通の参道とスケールが違います。

八幡太郎義家の登場!

武蔵国の事はお任せあれ

八幡太郎義家について詳しくは、こちらを見てね
[源平]2 八幡太郎義家ここにあり

マンホールも素敵

大國魂神社は前回紹介済みなので、桜の写真だけね


府中は道がスペシャル
ひとつには緑道
緑道がとても整備されているんです。


ふたつには古道
流石に歴史の宝庫だけあって古道も色々ですが
やっぱり一番重要なのは、鎌倉へ通じる鎌倉街道

坪宮
見逃してしまいそうな小さな神社ですが
武蔵国の国造(くにのみやつこ)を祀ってあります。

新田義貞

出た出たっ
ほんと好き
鎌倉街道を鎌倉へ向けて進軍したんだなあ
こちらも読んでね
新田義貞の鎌倉攻めを実地検証

高倉塚古墳
これ面白かったなあ
普通の住宅街が続く中に突然現れる

上から見るとこんな感じ

分倍河原古戦場跡

ここの戦いでほぼ態勢が決し
鎌倉幕府が倒れたんだよなあ

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)

さーくーら、チャンチャンチャン

この前、テレビで美味しそうな車エビの産直の情報をやっていた
カミさんはそういうのとか、クーポンとかにすぐ反応する、「思うつぼ」消費者

スマホで検索
既に「テレビで紹介されました」とついています。

ふたりで食べるには多目ですが
長女や次女のところに持っていく前提

今日の午前中の時間指定の配達だったんですが
朝カミさんを会社に車で送っていって、戻ってきたら、もう不在者表が入っています

電話すると、「再配達は2時以降になります。」

参ったなあ、今日は桜を見に行こうと思っていたのになあ
桜散っちゃうよな
2時に戻ってくるのはとってもヘビー

どうしようかなあ
迷うなあ

はい、決定
私の行動基準
「迷ったらゴー」

市ヶ谷から
来週土曜、千鳥が淵と靖国神社で花見イベントですが
テレビで、もうすでに満開情報がバンバン流れています。

まずいっ。この分じゃ来週は散っちゃってる
対策はひとつしかありません。
現地に言って桜さんたちに手を合わせ
「お願いです。もう一週間頑張ってください」

■帯坂
市ヶ谷を降りると番町
番町皿屋敷の場所です
お菊さんが、帯をずらしながら歩いた帯坂

■外堀公園
市ヶ谷のシャープに勤めている時、花見やったなあ
こんな風に整備されてなくて、単にお堀端の土手
斜めのところに新人がシートで場所取りして、
転げ落ちないように苦労しながらお酒飲んだ


■アーネストサトウ旧宅跡

明治維新の立役者、イギリス公使のアーネストサトウが
千鳥が淵近くのイギリス公使館に勤めていた時、住んでいたのがここ
籍は入れなかったので、アーネストサトウは生涯独身なんですが
実質奥さんは武田兼さん
兼さんとともにここに住んでいたんです

兼ぇ 帰ったよ チュッ

お帰りなさい ダーリン

■広沢真臣(さねおみ)暗殺の地
広沢真臣は明治4年に暗殺されるので知名度は高くありませんが
木戸孝允とほぼ同格の、長州藩の代表者と言える実力者
暗殺されたのがこの場所

靖国神社
桜満開ーっ
手を合わせます。

千鳥が淵
どうしても来たかったのがこちら
千鳥が淵緑道は広い道ではないので、
花見抑止のために通行止めで入口塞がれちゃっていたら
どうしようもなくなる
また、以前に桜の時期に千鳥が淵に来たウォーキング同好会のメンバーから
桜の時期は靖国神社側からだけの一方通行になるとの情報をもらった
逆から歩こうと考えていたので、そうなるとコースを考え直さなきゃいけない

結論的には二つの心配事は杞憂に終わりました。
両方通行OK
自粛で例年より人出が少ないという事なんでしょう







帰宅
1:50帰宅

ピンポーン

はーい

さあ、料理して長女のところに届けるとしましょう。

塩焼き

香味パン粉焼き

あとは、五目おこわと

豚バラ大根

届けに行ってきまーす

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)