神楽坂で粋に浸る、の続き

神楽坂で粋に浸る
の続きです。

芸者新道

表の神楽坂通りは込み合ってるし、
芸妓さんたちはこっちの裏道の方が近道で使い勝手が良いみたい

「ロクハチ通り」と呼ばれたこともあるそうです。
料亭の一回目の開始が後6時で、二回目が8時からだったから
その時間に込み合う。

明治から大正昭和と、ピークの昭和12~3には、
芸妓・幇間合わせて約600名、料亭・待合約150軒が有ったそうです。

今は20数名ってところなので込み合うまではいかないでしょうけど。

かくれんぼ横丁
良いですね、このネーミング、可愛くて意味深で
キュンとしちゃいます。





この横丁にある筈の料亭は全部で5軒中の2軒
結論的にはうまく見つけられませんでした。
帰ってきてから、もらった地図とGoogleMapを見比べて意味が分かりました。
かくれんぼ横丁ではあるんですが、入口が横丁の通り自体に接していない。
そりゃ難しい。

写真を撮れなかったので、ネットから拝借
千月

うを徳

かくれんぼ横丁を抜けてすぐの本多横丁の、牧は、確認できました。

兵庫横丁
ここは、最も神楽坂の風情が残っているところ


曲がって

曲がって

階段下がって

ちょこっと曲がってから進んで

出ました「和可菜」

ここは、旅館で、何人かの有名な作家が、定宿にして、缶詰になって小説を書き上げたところ
一番有名なのは、野坂昭如(あきゆき)
ひょっとして、火垂るの墓(ほたるのはか)はここで?

そして向かいが幸本
4軒目の料亭。

門の上のカーブしているのが良いらしいです。

料亭白宮は見番横丁にあるらしいんですが
地図やGoogleMap でも見つかりませんでした。
ひょっとするとなくなっちゃったかも。

料亭のような料理屋さんはいっぱいあるんですが
神楽坂組合に所属していて、芸妓さんを呼べるところという意味では
結局4軒かも。

和可菜と幸本の所を逆側から撮すとこんな感じ

出ましたっ
♪粋な黒塀、見越しの松に
松じゃないけど、塀を越しているので、見越しの木

お富さんの場所は、神楽坂ではないんですけど。

神楽坂に戻るときに、極々細い道
細道ファンにはたまりません。

まさかここには、入口は面していないだろうと思うと
何とちゃんと酒屋さん、「酒ト寿」がありました。
杉玉まであります。

お腹が空いてきました。
せっかく粋な和に浸ろうと思っているので
和食が良いなと。
料亭風になると3000円以上になるので、根気よく探します。

京の鳥どころ、八起庵
京御膳が1200円。
リーズナブルです。

粋でしょ
美味しかったです。

筑土八幡神社
花街巡りを終え、
神社に行ってみましょう

筑土八幡(つくどはちまん)神社
これは、一般のガイドマップにはなかなか載ってきません。
マニアック系

出ましたね
またしても八幡神社
今日、若宮八幡に次いで、2社目です。

若宮八幡は、源頼朝がらみで鶴岡八幡宮からの勧請(かんじょう)でしたが
ここは、筑土という名前からも分かるように
九州の宇佐八幡宮からの勧請になります。
勧請とは、同じ神様こっちにもちょうだいという依頼です。

マニアックポイントひとつめ
庚申塚(こうしんづか)です。

いやあ、庚申塚ファンとしては涙がじんわりと。

庚申塚って何かはこちらから
庚申塚ってなんだろか

基本型のフルセットはこんな感じ

庚申塚を楽しむ時は、基本型から考えて、何々揃っていて何が抜けているか
って事になる訳です

こんなに基本デザインから変えてしまうとは。
庚申の申はさるだから猿をモチーフにするのはおかしくないんですが
普通は下の方にちょこっと、見ざる聞かざる言わざる

夫婦の猿が助け合いながら桃を収穫している
テーマ設定も素晴らしいですね。
愛です。

革命児です
庚申塚デザイナー界のココシャネル
この後、どっと仕事が増えた事でしょう

マニアックポイントふたつめは、
平将門(たいらのまさかど)の足

平将門は、朝廷にたてついて
関東一円を平定し、独立国宣言してしまうすごい人
すぐに朝廷に制圧されてしまいますが。

日本統一国家からすると、単なる反逆児ではありますが
日本の信仰って面白くて
菅原道真しかり、敗者が神様になっちゃいます。

神田明神を中心に
平将門は強いから、江戸を守ってもらいましょう。

いや、弱いから負けちゃった気がするんですが。

京都で処刑されたので、なきがらは京都にある筈
その首が、故郷恋しと、
ぽんぽんバウンドしながら関東まで帰ってきた。
そこが大手町にある将門塚です。

元々その場所にあった神田明神は、
移転して今の場所にあり、平将門がご祭神のうちの一人です。

そこまでは知っていたんですが。
何と、東京さんぽ図鑑によると
平将門の体一式、全部関東に舞い戻って来ちゃってます。

そのうちの、足の部分が、この筑土八幡神社にある

7つに別れて、北斗七星の形になって江戸を守る。

おおっ。ロマンです。

江戸に7つしか無い選ばれた神社なのに、あら不思議
筑土八幡神社内の看板による説明に、平将門の、たの字もない
控え目な性格なのかなあ。

赤城神社

赤城の山も今宵限り、のあの赤城です。

由緒には
「天和3年(1683年)、徳川幕府は江戸大社の列に加え牛込の総鎮守と崇め、
「日枝神社」「神田明神」と共に、「江戸の三社」と称されました。
この三社による祭礼の際における山車、練物等は江戸城の竹橋から内堀に入り
半蔵門に出ることを許されていました。」

ええっ
そんな超大物だとは。

この神社、最近、再生プロジェクトなるものを立ち上げて大幅リニューアル
ハイカラっちゅうかモダンっちゅうか

お洒落なカフェを併設してたり、全てにおいてお洒落です。
新しい神社像を牽引するかも。
要注目です。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

神楽坂で粋に浸る

東京さんぽ図鑑、という本を読みました。

建物を中心にしながらの、東京町歩きガイド

一般的な町歩きのガイド本とはちょっと視点が違うので楽しい。
全く行ったことの無いコースってほとんど無いんだけど
建物の視点を加えると、こんな見所が加わるのね。

そんな中で、全く行ったことの無いコースがひとつだけ。
そうでした。
神楽坂
神楽坂は一般的な町歩きガイドにもほぼ載っている定番の地ながら
一度も行っていない。

特に理由がある訳ではなく、
なぜか、行っていない。

逆に言うと
一般的な町歩きガイドのコースはそれ以外全部歩きました。

さあ、行きましょう。

神楽坂
飯田橋駅からスタート。

いきなり、和のテイストのお洒落な店があります。
さすがは、神楽坂

風呂敷も売っていて、良いじゃないですか。

おっと、本に載っていたペコちゃん焼き
全国でここにしかありません。

ええっとどれにしようかな

オニオンカレー味も今焼きあがりました。

そうなんですか
じゃあそれください。

最初の目的地は、若宮八幡神社

ちょうど今本を読んで勉強している八幡神です。
何でも聞いてください。

若宮というのは、八幡神の中で、やんちゃな性格の部分を特に取り出した神様。
うまくいけば効果絶大だけど、下手すれば祟りがあります。
ハイリスクハイリターンの神様。

3つのメインの八幡宮(宇佐八幡宮[大分]、石清水八幡宮[京都]、鶴岡八幡宮[鎌倉])のうち、
ここは、鎌倉からの勧請のようです。
なので、源頼朝がらみで、奥州平定の時に途中で休んだところ。

応神天皇を祭神としているのは、分かりますが
仁徳天皇も祭神だそうです。
ちょっと不思議。

面白かったのは、横の現代風の住宅。
敷地が同じなのでおそらく神主さんが住んでおられるのでしょう。
表札を見ると「若宮」
えっ、若宮って名字なんだ。

坂と横丁
神楽坂は花街、
ちんとんしゃん、の街。

今なお、風情を残してくれています。
坂が多くて、細い道が多い。
細い路地には料亭。
粋です。

熱海湯坂
熱海湯坂に参りましょう。

熱海湯というお風呂屋さんがあるから、熱海湯坂

今は残念ながらありませんが
昔は、営業中、と準備中、を示す看板が粋でした。

ではクイズです。
板にひらがなで、「ぬ」と一文字書いてある看板。
裏には「わ」の一文字
ひっくり返す訳ですが
どちらが営業中で、どちらが準備中でしょう。
その理由も一緒にお答えください。

答えは最後に書くので考えておいてね。

細い路地を抜けます。
えっ、ここ入っていって良いの?
ってのが神楽坂の醍醐味
で、その細い道も坂です。



目隠し的な道にわざわざしてあります。
花街の特徴です。

見番横丁
見番横丁に出ました。
火伏稲荷があって

そのとなりに、見番
今は、東京神楽坂組合の稽古場になっています。

じゃあ、なんとか奴さん、どこどこの料亭に行っとくれ

って元締めですね。
平成21年8月の記事だと
神楽坂地区の料亭5軒と芸妓25名が所属しているようです。

料亭は、かくれんぼ横丁のうを徳、千月、兵庫横丁の牧、幸本、見番横丁の白宮。
あとで出てきます。

よく、ここから、三味線の稽古をしている音が聞こえてくるらしいですよ

毘沙門天(善国寺)
芸妓さんたちが、深く信仰していたのが毘沙門天

良いことがありますように。

写真NGでしたが、なかなか立派な毘沙門天でした。

すごかったのが、狛犬の代わりの虎です。

七福神って割り当てが決まっていて
大黒さんは、子(ね)、恵比寿さんは酉(とり)、弁天さんは巳(み)
七福神じゃないですが、お稲荷さんは午(うま)
狐は十二支にありませんので。

毘沙門天は寅の年の寅の日に生まれたから、寅です。

寅の日の縁日は大にぎわい。
いつからか、5のつく日に変わったかも

神楽坂観光マップが置いてありました。
ラッキー

ミウラ折りというのがしてあって
パッと開き、またパッと閉じれます。
素晴らしいです。
日本の文化を大切にしています。

光照寺

増上寺の末寺だったものがここに移転してきたそうです。
家康の叔父さんが作ったというから、なかなかの大物です。

おっとすごいものが。
松山藩藩主、酒井家の代々の墓です。

譜代大名、庄内藩酒井忠勝の分家なので、立派なものです。

庄内藩は、三方領地替えを言い渡されたとき、領民たちが
嫌だ、ここが良い、ここの殿様が良いと
直訴した。
本来なら、直訴しただけで死罪。
その心意気天晴れと、幕府が撤回した、後に例の無い事件。

神楽坂通り
神楽坂通りに戻ってきました。
新しい店も多いのですが
神楽坂の街の雰囲気を壊さないようお洒落で粋な店ばかり
商店街会長さんが立派な人だと思われます。

そんな中で、まだ残っている店もあります。

助六は履き物屋さん
創業明治43年
芸妓さんたちがここの下駄を履いてカランコロン
残念。今日はお休みのようです。

陶器屋さんも創業は明治25年

このあと、芸者新道、かくれんぼ横丁、兵庫横丁と続いていきますが
長くなりましたので、続きは明日

◆◆◆答え◆◆◆
「わ」→営業中。湯が沸いた(板に、わ)
「ぬ」→準備中。湯を抜いた(板に、ぬ)

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

旧粕谷家住宅は、一番。

万葉植物園を再訪
の続きです。

植物園以外にもうひとつ行きたかった場所
前回行ったら開館時間を超えていて入れなかった、旧粕谷家住宅

旧粕谷家住宅

茅葺きの家なんて東京には絶滅しているだろう
と思っていましたが
ウォーキングをやっていると、茅葺きの家が意外とあるんだと気づきます。

そうなると逆に、「民家の楽しみ方」が必要になってきます。
過去に行った民家を思い浮かべながら
すごーい、今まで行った民家にはこんなの無かったぁ
って奴です。

神社やお寺は、ウォーキングには欠かせませんので
「神社やお寺の楽しみ方」にさらに磨きをかけるべく頑張っております。

神社に関しては
鳥居の種類、建物の種類、屋根について
祭神のそれぞれの神様の逸話
特に今深めようとしているのが
神社別の知識です。

八幡社、稲荷社、東京の場合は氷川神社
これだけ押さえておけば8割大丈夫

お寺に関しては
仏像の見分け方に端を発し
今、名僧シリーズで、各宗派に入って来ました。
そして、今追加しようとしているのが建物の各アイテム
屋根だったり、門だったり、各装飾品だったり

おいおい、神社仏閣について研究の成果をブログにおこしていきますね。

そんな中で、今読んでいる「違いがわかる日本の建築」
そのなかに、ラッキー
民家がついていたじゃありませんか

さあ、基礎知識とも比較して実践で楽しむチャンスがやってまいりました。

おじさん
いらっしゃいませ

おじさんがお出迎え

はい、これで、ここが「むっちゃ楽しい」というレベルに達することがほぼ保障されました。

どこへ行っても、楽しむための下積みはしてきているので
楽しむ自信はあるわけですが
ひとつ抜け出した、「むっちゃ楽しい」にはおじさんが必要です。

そこに置いてあるもの、ではない
おじさんが、私これ大好きなんです、って感じで
無茶苦茶楽しそうにしゃべってくれる事

ここ、すごく古いんでしたよね

そうなんです。

はい、この笑顔でもう決まり。

確か享保年間だと書いてあったと思うんですが

どうぞこちらをご覧ください。

始まりました。
おじさんの「大好きなんです。聞いてください、見てください」トーク。

ここの何がすごいかというと
まずは古さ
範囲を広げると色々あるんですが
東京23区に限定するとなんとここが一番古い

享保なんてまず無理です。
江戸時代中期です。
8代将軍吉宗です。
その時に存在し、吉宗の政治を見てきている家ってことです。

神社仏閣はもっと古いのいくらでもありますが
民家では保存できません。

享保に建てられた民家は大田区にもうひとつあるんですが
ここの方が若干古いんです。

すごいですね
一番ですね。こりゃすごい。

コツがあります。
感動して、誉めて、質問する
これで、おじさんノリノリです。
私の場合は、意識せず自然にそうなっちゃいます。

二つ目のすごいところ
移築じゃない

これ、私初めてかも
三つ目と合わせて説明しますね。

三つ目のすごいところ
つい最近。

ここ、ほとんど知られていません。
なぜなら、つい最近オープンしたから。

ちょっと聞き逃したんですけど
1年前だったか2年前だったか

平成の真ん中ぐらいまで、
なんと、粕谷家の9代目、伊久子さんが
この場所で住宅として住んでいたというのです。

高齢になり、跡継ぎもいないということで
板橋区に寄付

結構長いことしゃべってたんですが
その間に夫婦が訪ねてきて
お蕎麦屋さんやめちゃったんですか?

そうなんです。

後で聞いてみると、隣の敷地に蕎麦屋さんがあった。
伊久子さんは、ここに住んで隣で蕎麦屋さんをやっていたと。
高齢になり、蕎麦屋を居抜きで売り、別の人が10年以上蕎麦屋をやっていたけど
その蕎麦屋も最近やめちゃった。

話を戻して板橋区
こんな貴重なものを頂いちゃったので
ちゃんと保存しなきゃ。

民家の専門家達に協力してもらい
長い間かけて解体復元工事。

中は、現代人が住みやすいようにリフォームされていたのを
色々な資料を解析し、当初の状況に戻す。
外側も、出来るだけ材料等をそのまま使い解体復元。

その工事の中で、南東の隅の柱のほぞに、墨書きが見つかった。

この写真では分かりにくいですよね
享保八年
卯二月三日
雪の日
と書いてあります。

この墨書きというのは、当時の習慣としての工事の記録なので
享保八年に作られた事が判明

板橋区もここで初めて分かってビックリ
そこまで古かったとは。
ひょっとして、23区でうちが一番?
(ガッツポーズ)

専門家達は、享保年間にたてられた民家にある4つの特徴というのが全て存在するので
そうじゃないかとは思っていたようです。

その4つの特徴を全部ちゃんと持った民家というのは、
全国であと3つあるらしい。
その3つは全て重要文化財指定。

ということは、ここももうすぐ重要文化財指定されるに決まっています。
おおーっ、そこまで貴重なものなんですね

他にウォーキングで重要文化財指定されているものも見ましたが
大変。
監視員がついていて
触ろうとするや否や、飛んできます。

今のうちにペタペタ触っとこう。

楽しさ膨らむのは、
当主の話。
粕谷さんってどんな人?

ちょっとお時間よろしいですか

出ました。
解説のおじさんがノリノリになったときに出るキーワードです。

はい、もちろん大丈夫です。

新聞の記事の切りぬきのコピーを見せてくれた。

9代当主賢一さんとなっているから、伊久子さんの旦那さんなのか
新聞でインタビューされたときの記事です。

元々は武士だけど、やっていけなくて農民に。
関が原の時に、東軍に協力し結構活躍したんでしょう。
その時の功績で名主になり
武蔵、下総、常陸の国に転々と領地を拝領
合計三百石というから相当のもの
もう、それは武士相当。

欄間

昔、武士だった頃の誇りで、弓矢をイメージしたものだそうです。

おじさんは近くに住んでいて、子供の頃、ここに遊びに来たときの話とか
色々盛り上がりました。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

万葉植物園を再訪

週末なのでお出掛けしようとは思ったのですが
月末に予定している赤塚コース
まだ、お昼の予約が決まっていませんでしたので、探しに行くことにしました。
赤塚コースの下見の様子はこちら
思い立ったが板橋区
板橋区にくらっくら
板橋区。ぼたんの競演と、水車がギシギシ
板橋区。徳丸槙通り素晴らしすぎます

池袋
ちょっとその前に寄り道
最近読んだ「東京街角 お地蔵・稲荷・石塔めぐり」に、気になる石仏が。
池袋なので、寄ってみましょう。

確かこの辺なんだけど
水天宮があるぞ
あったぁ

表情が可愛いでしょ
後ろから見たら男根。子孫繁栄ね

万葉植物園
もちろん、折角来たんだから、昼食予約だけじゃなく気になってたところに生きたいなあ
まずは、閉園直前で入った赤塚植物園

特にその中にあった万葉植物園
万葉集にちなんだ植物と、歌を対比させた植物園
令和になって、俄然注目を浴びている筈。
ミーハーな私としては、流行についていきませんとね。

例えば、こんな風に、万葉集の歌が書いてあります。

歌の現代語訳が書いていないという残念さがあるので
とりあえず、写真を全部撮る
そして後で、ネットとかで歌の意味を調べようという段取りでございます。

百人一首シリーズをコンプリートしましたので
歌の意味を調べるのがとっても楽しいのは経験済み

やっぱり知っている人はテンション上がりますので
百人一首の作者とダブっている人
結果的に言うと、
持統天皇
柿本人麻呂
山部赤人
大伴家持

そして何と言っても、令和の産みの親、大伴旅人
大伴家持は結構いっぱいあったんだけど
肝心の大伴旅人が無い。

そんなバカな。
今、令和の大伴旅人になんで乗っかんないの?

あったぁ

最後の最後の出口のところ

なるほど
ということは、入り口入ってすぐにあった訳ね
失礼しました。

万葉植物園を出て、メインの植物園の方に戻って参りました。

この中に、日本庭園のアイテムを紹介したコーナー
前回も話しましたので、今日はひとつだけ

龍安寺型水鉢って書いてありますね
茶室の横に置かれて手を洗う、蹲踞(つくばい)と言われるもの。
はいつくばる、のつくばい
低いところに置いてあるため、どんな身分の人も自然とお辞儀をして頭を下げるという意味があります。

漢字らしきものが書いてあります。
何て書いてあるでしょう。
Qさまクイズみたいです

真ん中の四角を口と考えて下さい。
上から右回りに読むと、
吾唯足知(われただ足るを知る)
と読めます。

龍安寺にあるという事に意味があるんです。

龍安寺と言えば枯山水の庭園です。

さて、またクイズ
石は何個置いてあるでしょう。

答えを先に言っちゃうと15個なんですが
どの角度から見ても、14個しか見えない。

15って、7と5と3を足して15個だから、完全という意味になります。
どこから見ても、完全な筈のものが完全ではない
これいかに

自分の人生に照らしてどうとらえるのかとか
そんなことを考えつつ、庭を眺めて座禅を組み、自分なりの答えを見つけるかも知れません。

その後です。
建物を挟んだ向かいにこの蹲踞
吾唯足知(われただ足るを知る)

えっ、足りていると?

そういう流れの中での蹲踞なんです。

植物園の入口に来ました。
パンフレットが色々置いてあったのでチェック

あっ
良い本を見つけました。
しかも、700円が350円に値下げしたと書いてあります。

これ下さい!

校長先生が書いた本なので分かりやすいですよ

そうなんですか
どこの学校ですか?

板橋区の小学校です。
元は理科の先生でとても熱心な先生だったらしいですよ。
最近、令和になって急にお客さんが増えましたよ

やっぱりそうでしたか。

中身はこんな感じ

おおおっ、これは。
さっき写真を全部撮ってくる必要なかったんじゃないのか

結論的に言うと、実物の前の歌の看板と
この本と微妙に違うものもあるので、両方必要。

例えば、大伴旅人だと、さっきの看板と違う歌が2つ出ています。

帰ってきて、ネットや、買ってあった万葉集植物散歩図鑑とかで調べました。

万葉集って歌が約4500首も載っているので
70首だけ載っている万葉集植物散歩図鑑とは、なかなかマッチしません。

まずは、大伴旅人の3つの歌から紹介しましょう

わすれ草(くさ) わが紐(ひも)に付く 香具(かぐ)山の
故(ふ)りにし里(さと)を 忘れむがため

わすれ草を私は紐に付けているよ。香具山の見える懐かしい故郷を忘れるために

ここでいうわすれ草っていうのは、のかんぞう
今は咲いていなかったんだけど、咲いているとこういう花

大伴旅人は年とってから、京都の第一線からは外れちゃって
太宰府にとばされる。
愛妻と一緒に赴任。
そのあと、愛妻が太宰府の地で死亡
ある程度の期間経った後、京都に戻れる
という経緯を辿ります。

わすれ草を身につけて、一生懸命京都の事を忘れようとしているよ、という
ちょっと女々しいと言えば女々しい歌。
ひょっとしたら、奥さんの事も含んでの事かも知れません。

次に本に出ていた方の歌

吾妹子(わぎもこ)が 見し鞆(とも)の浦の むろの木は
常世(とこよ)にあれど 見し人そなき

私の妻が見た鞆の浦のむろの木は永遠にあるけれど一緒に見た妻はもういないよ

京都に戻ることが出来たときの歌
行きがけは、妻と一緒に見た木なのに
今度は一人で見ることになってしまったなあ、という歌


いよいよ、ズバリ、令和が引用された場所のすぐ後ろの歌

わが園(その)に 梅の花散る ひさかたの
天(あめ)より雪の 流れ来るかも

わが家の庭に梅の花が散る。はるか遠い天より雪が流れて来るよ。

梅の花が散る花びらの様子を、雪が降る様子に例えた歌。
その後、歌の世界では、桜や梅の散る様子を雪に例えることは
とてもオーソドックスになりますが
その原型とも言える歌です。

ウォーキングはもう少し続けたので、残りは明日書きますね

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ