お昼休みに新宿中央公園に行ってきました。

今、自分の中では花カレンダーでやたら盛り上がっています。

もっと早くやっときゃ良かった

何が良いって生活が変わる
朝の通勤は駅まで14分かけて歩いているわけですが
いつもの道だと今の時期の花はほぼほぼ撮り終えちゃったので、
今日は、こっちがわの道を行ってみるかな

不思議なもんです。
ざっと見渡して、およそ花なんて無さそうな道でも
なんかかんか咲いている
家があれば誰かがプランターで家の前を彩ってくれていたりします。

ウキウキです。
いつもの道じゃないとほんのちょっと横道にそれるだけでも
それだけで心ときめきます。

お昼休み
お昼休みは12時から13時までの一時間です。

だいたい30分で食事を済ませ
帰って来てから、おトイレ行って歯磨いて
そのあと13時までちょこっと居眠りという毎日

場所で言うと西新宿です

いつも気になっていました。
案内地図を見ると新宿中央公園がまあまあ近い。
仕事終わってからじゃ暗くなっているし
昼休みの残りの時間じゃほんとに行って帰って来るだけでしょう

何か機会があればその時に・・
そんな風に思っていて、そんな機会なんてなかなかやって来ません。

さあ
生活が変わるってこういうこと

元々、隙あらばお出掛け
例えば、仙台に仕事で出張しているときは
朝早く起きて、朝の一時間で仙台城に行って帰ってきたりしました。

でも30分は無かった。

花カレンダーが背中を押ししてくれました。
行って帰ってくるだけだって、花の写真を撮れるんだったら良いんじゃないか

ささっと食事を済ませ
ゴー

♪お昼休みは、ウキウキウォッチング

新宿中央公園
行く途中の道にも花は咲いていたし

雲だって

いよいよ、新宿中央公園

うわあっ、緑

気持ちがスカッ!とします。

そう
これが好きなのよね

お目当ての花も咲いておりましたし
太田道灌の銅像だってありました
横で女の人が膝まづいて扇を渡そうとしていますよ
何してはるんやろ

あらこっちでは
こんなところで、そのようなあらわな

風邪ひきまっせ

もう少し行くとナイヤガラの滝がありました。
横に、「新宿ナイヤガラの滝」とありました。
「新宿」ってつけなきゃみんな分からないのに

水しぶきの細かい霧が心地良い~

ゆっくり来ると色々楽しめそうだなあ

時間まだもうちょっとあるぞ
あっ花壇だ
これこれ
こう来なきゃ

パチパチ撮って
ああ、可愛い


さあ、帰るとしよう

戻っても、まだ10分くらいありました
ああ、贅沢なお昼だった

そうだ!良いこと思い付いた
今度はコンビニでサンドイッチとか買って、新宿中央公園のベンチでランチにしよう。

索引はこちら
どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

マリーゴールド

花カレンダー始めました

大リニューアル後の江戸東京博物館

どれ程この日を待ち続けた事だろう
一日千秋の思いとはこの事か

大好きな江戸東京博物館が去年の10/1から3/31まで、なんと6ヵ月もかけて大リニューアル
どれもこれもすばらしい展示物なのに
なぜそこまで

根本的に変えてしまうんだろうか

来ました


なんとオープン初日の今日は、無料

さあ、日本橋はどうなっているかなあ
ワクワク

中は?
えっ
日本橋は一緒か
中村座も朝野新聞社も


江戸城も一緒か
明暦の大火も

細かい展示物で、これあったかなあ
というのはいくつかあるけど

結論

一緒!

6ヵ月は何だったのだろう
建物自体の大規模修繕って事なのかも知れません。

元々、展示は素晴らしいものだらけなので
残念がる事はありませんね

昼近くになったので、食事をしてから仕切り直しにしましょう

近くの両国テラスへ
金網越しとはいえ、旧安田庭園を見ながらのお食事
ヘルシーでお洒落な定食です。

特別展
再度来ました、江戸東京博物館

常設展が一緒だと判明したので
特別展に参りましょう

特別展は「大江戸展」
様々な貴重な展示品が展示されています。
NHKスペシャル、シリーズ大江戸との連動企画になっています

特に江戸城を描いた地図を時系列で比較し、
どういうふうに江戸城は出来上がっていったのか

NHKさんはさすがにお金を持ってらっしゃるので
幕末にオーストリアの写真家が写した写真を元に
カラー化して動く映像にしてしまったのは圧巻でした。

増上寺の台徳院霊廟の灯篭とかもあって
おおっ、例のあの台徳院霊廟
興奮してしまいました。

そのあと、常設展は、あんまりちゃんと見てなかったなあというのを中心に
じっくり見て回りました。

ライブパフォーマンス
初日ですので、イベントがあります

三味線に合わせて、墨で、でっかい絵を書いていく
そのあと、受け継ぐ美意識というトークセッションになります。


楽しいパフォーマンスでした

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

小金井公園の桜まつり

この1週間風邪が全く治らなくて、ぐずぐずしっぱなし

せっかくの週末ですがウォーキングに行くのは無理かもしれません。

素直にカミさんの監視の元の、
はい、そっちもやってね
の丁寧バージョンの掃除

頑張ってやりおえたら
午後4時まで出かけて来て良いよ

何て事でしょう
そう言われると、出かけざるを得ませんね

小金井公園
体調を考えると無理しないよう
近場にいたしましょう
この前、梅を見てきた
小金井公園です

小金井公園と言えば桜の名所
梅と桜、両方見ませんと、
小金井公園に対して失礼に当たりますね

おにぎりとサンドイッチをコンビニで買って
花見へ出発だ

咲いてるぅ
満開っ


お昼を越えてお腹空いてましたので
桜の下でのお弁当タイム
常に持ち歩いている風呂敷はこういうときに役にたちますね

団体さんだらけの大宴会の中
私一人だけ、一人花見

大丈夫
私だって友達いっぱいいますから
今日は、満開の桜が友達さっ

桜吹雪がものすごい
これは吹雪と言うにふさわしい
吹雪の感じが写真でうまく撮れなかったから
ブルーシートに積もった桜ね

さあ、お弁当も食べ終わったので、散策だ




小金井公園の良さは、ソメイヨシノだけではなく
いろんな種類の桜が楽しめること
ピンクの強いのは、まだつぼみだったけど、ソメイヨシノよりちょっとピンクが強いのとか
真っ白なのも綺麗かった。
花びらの大きさや量や形も様々
昨日お話しした、ソメイヨシノのお父さんお母さんのエドヒガンやオオシマザクラもありました
どれがどれだったか。分からなくなっちゃったけど。
改めて桜は奥が深いですね




そして、桜以外の花も綺麗でしたよ


メイン会場のあたりに行くと、もっと人が増えてきて大盛況
桜まつりと称して、出し物や屋台もいっぱい出て
屋台とかも行列しちゃってました。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

幕末の公使館跡を歩く(高輪)

春だ
週末だ
お出かけだ

祝日に雪だったので行けなかった、芝公園からね

芝公園から
勝海舟と西郷隆盛、江戸城無血開城会見の地
札の辻
高輪大木戸門
泉岳寺

という大物はもう行ったことがあって
それに新ネタをどう盛り込んでいくか

東京街かどタイムトリップ
普通のガイド本ではなく、ちょっとマニアックな感じの東京歩き本があったので
昨日買いました。
そこから、今日の地域で二つほどあったので、盛り込もう。

スタート
NECビルの横に、薩摩藩屋敷跡
あれっ
2組4人もいる

これがあるだけなんですけど
これをバックに記念撮影していました。

今まさにこの場所での話を中心に西郷どんなので
いやあ、大河ドラマの影響力は大きいなあ

すると女の子の方が、
西郷吉之助って書いてある!

あれれっ
西郷どん見てきたんじゃなかったのか

西郷どん、連続で行きましょう

この、ど定番の話は今日は省略
西郷隆盛。なぜ江戸城総攻撃を中止したか
を読んでね

GoogleMapに
港区立港郷土資料館ってあるぞ

よし、行ってみよう

エレベーター降りたら、いきなり、鯨の骨がお出迎え

なかなかのインパクトです。

勝海舟の書いた陸蒸気の掛軸とか
むさしあぶみとか
家光を探しましょう屏風とか
当時の台場の配置図や設計図とか
家康の書状とか
貝塚や、この前行った丸山古墳の出土品とか
色々楽しめます。

全体的印象は、いかにも公立って感じで
それはそれで好感が持てる

さあ、次行くか

出入り口で、資料の本に目が止まった
大体、博物館って、その分野で専門的な本や資料を置いてあったりするコーナーがある
気合い入っているところだと、その博物館が出版したりしている

いつもパラパラっとは見るようにして
へえ、面白いね、と

今回、強烈に気になるものがあった

丁度、今読んでいる本で
「外国人が見た 幕末・明治の日本」というのがあって
オールコック、ハリス、パークス、ロッシュ、ヒュースケン、アーネストサトウなんかが書いてある
とても面白い本。

その繋がりで、今日、英初代公使オールコックが滞在した、東禅寺には、今日行くつもりでいた。

ズバリやん

必死で立読み
こんなのがあった

えっ、ちょっと
東禅寺は知ってたけど
フランスもオランダも高輪に集中してるの?

幕末の公使館跡を歩く、高輪コース
行く行く、絶対行く

良く良く辺りを見ると、この博物館自体が販売している
1500円
事務所を探して

すみません
これはここで買えるんでしょうか

はい、販売しております。

大幅に、予定追加です。

このでっかい本を小脇に抱え
タブレットのGoogleMapも見ながら
そうそうマニアックポイントも行かなきゃね

うわあ、忙しいぞ

定番ものも含めいっぱい行ったんですが
写真をスライドショーで見ていただくとして
解説はバッサリ割愛させてください。

よし、公使館跡巡りへゴー

フランス
まずは一番近いフランスからだな
済海寺になります。

フランスは幕府側につきました。

初代、ド・ベルクール、二代目ロッシュ
ロッシュはすごく面白いので、また近いうちに、改めて書きますね

これ、外国人側で、済海寺を描いた珍しい資料

うーん、かなり近代的になっちゃってます。

マニアックポイント
次、オランダなんですが
その前にマニアックポイントだけはさらっとご紹介
昔、広大な土岐家下屋敷だったのが
途中の民家を挟んで亀塚公園と、三田台公園に別れるんですが
元が同じお屋敷だったので塀の形が同じだというもの
亀塚公園

三田台公園

参拝の人が置いてあるベーキングパウダーをパタパタやって、いつも顔が真っ白な
玉鳳寺の御化粧地蔵(おしろいじぞうと読む)

朝顔につるべとられてもらい水、の井戸とかはスライドショーでね

オランダ
オランダは長応寺

ないなあ
いくら探してもありません。

良く良く見ると
長応寺跡。
今、長応寺はないんですね

頑張って探して、ここ

オランダ公使館跡との看板すらございません。

ここは、スイス、ベルギー、デンマークも使っています。
この絵面白いですよ

写真家ベアトの撮影した以下の写真を元にスイス人、ド・ヌービルが絵を描いています。

何故そんなことしたかというと、オランダ国旗の横に、スイス国旗も入れたかったから。

イギリス
イギリスはこのあとお話しする、東禅寺なんですが
第一次東禅寺事件、第二次東禅寺事件と攘夷の襲撃に逢い、
御殿山に公使館を建設したのに、伊藤博文、高杉晋作、井上馨の長州3人組に焼き打ちされてしまいます。
で、次に目をつけたのが、高輪接遇所
泉岳寺のすぐ横に建設します。
今、泉岳寺前児童公園になっているところはその一部

ごめんなさい
今回泉岳寺そのものは赤穂義士記念館や木像館も行ったし、
四十七士の内、細川家預かりになった17人の自刃の場も行き
赤穂義士関連も気合い入ってますが
バッサリ割愛ね

イギリス2
いよいよ、東禅寺です。



初代オールコックは、
本国に戻った後、「大君の都」という本を書き
東禅寺を絶賛している
完璧な寺だと。

第一次東禅寺事件では、護衛の武士が勇猛果敢に戦ってくれたので
勲章送ったんだけど、第二次東禅寺事件では
護衛の武士が襲撃しちゃった。
複雑ね

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ