山なら良かろう。なんだって辛抱できるわ。

今東京はえらいことになっています。

私は宅配寿司の会社という、社員が私一人だけの零細個人事業主だったから気持ちが良く分かる
頼むから騒がないでもらえないかと。

当時、O-157とか米不足とか、何かある度に売上は、ぼんっぼんっと減り、
過ぎ去っても元のところまでは戻らない

過剰反応じゃないかと思っていた
わが家には、4/25の長女の結婚式が風前の灯という重大問題がありますし

ところが、私の予想を遥かに超える状況になってきた

過剰反応ではなかったと言わざるを得ない
来週からうちの会社もテレワーク
会社にすら行けない

素直にお出掛けを自粛すべきだと、先週末おとなしくしていた。

辛い。辛すぎる。
図書館すら閉館

お出掛けしないと気が狂ってしまいそうになる

「素直」と「気が狂う」とを、どう折り合いつけるか
長期戦になるだろうし、平日すら外に出れない
自分の気持ちのガス抜きを何とかせねば

そうだっ。逆方向だ!

都心方向に行っちゃ駄目
素直に従うと決めましたので。

山に行こう

逆方向なら電車はガラ空き。
低山登山を4年ちょっと前にそこそこやったけど、よほど人気のある山じゃないと、
人とほとんど出会わない。

加治丘陵(かじきゅうりょう)
低山の本から、
よし、これだ!
家から一番近く、西武池袋線一本で30分くらいで最寄駅に着けちゃう

山じゃなくて丘なんですけどね

ありがたい事に、入間市がネットに加治丘陵ウォーキングマップをあげてくれていて
これがなかなか良いマップ


印刷してから出掛けましょう

西武池袋線、仏子(ぶし)駅スタート
山だと駅からさらにバスに乗って登山口の停留所まで、というのが多いけど
丘なので、駅から歩いて行けちゃう。
お手軽っ

おっと、弁当買うの忘れてた。
公園で遊んでいる子供の若くて美しいママに聞いたら、この先コンビニがないとのことだったので
慌ててコンビニを探し、弁当を買って再スタート

武蔵野音楽大学の横を通るんだけど、綺麗に桜が咲いておりました

登りもそれほどきつくなくすぐ終わり、あとは上がったり下がったり

案内標識がすごく分かりやすい
さっきのダウンロードしたマップとちゃんと連動していて
絶対に道に迷わない
すごいぞ入間市

石を積み上げてほこらが出来ている

山歩きしていると、こういうのを見つけるとやたらに嬉しくなる

探検の森休憩園地への矢印標識
行ってみよう
ちょっと登りです。
あずまやがあってベンチがあるだけだったけど、一休み

おっと素敵なオブジェがあるぞ

こんなのがあって、

山仕事の広場
その先に山仕事の広場というのがあった

広い広い芝生の公園


まさか丘の上にここまで広い公園があろうとは

子供がキャッキャキャッキャと大騒ぎしながら鬼ごっこ
無邪気な声を聞いていると、嫌な事は全部吹っ飛びます。

桜山展望台
目的地に来ました。

以前行った六道山公園もやっぱり丘だったんだけど、頂上にコンクリートの4階建てだったかの展望台が作ってあった。
それと同じ考え方

あれ?ここに展望台?って感じの
特に眺望が良いわけではないところに、どーん



六道山公園のよりも高い

なぜ桜山展望台というのか理由が分かりました。
ああ、今日来て良かった。

展望台の途中からは、目の高さに手が届きそうに桜があり
展望台の一番上からは、眼下に桜

この方式の良いところは、360度に眺望が広がるということ



山に登って私が頂上の眺望が良いところで決めている儀式
手を大きく回して深呼吸

せっかくだから、ここでお弁当を食べましょう。

出会い
お弁当を食べ終わった頃
ベンチの横に座ったおばさま

あそこの緑、先週よりずいぶん変わったわ

えっ、どこですか

あのあたりよ、緑が濃くなってきたわ

先週も来られたんですか

ええ、先週の土曜日にね

ここから、感動の会話に繋がっていきます。

私は、何のためにウォーキングしているか
歴史の現場に触れるとか
美しいものを見るとか
色々あるけれど
強く強く、良かったなあ、と思うのは、人との出会いがあったとき

今日はそんなことがあるとは予想だにしていなかった。
わざわざ人がいないであろうところを探して、接触しないようにと思って来た訳ですから。

楽しかった
いっぱい喋った。
入間市の近所の人らしい
ちょくちょくここまで散歩に来るそうです

私がウォーキング同好会の話をした

あらそうなの?

私も歩こう会に入っていたわ
あの山のね頂上近くまで行ったのよ
でも、最近は少し億劫になってきたの
90ですもの

えええっ

仰天した
全くそう見えない
90歳と言えば、私の父さんの歳と同じ
父さんも若くてシャキシャキしているから
まあ、あり得るのか

習い事を色々しているのよ
全部中止。やりきれないわ
ヨガとか、俳句の会とか、もっと色々
早くどっか行ってくれないと。

長く生きてるけど、こんなの初めてだわ

ここから眺めてると何事もないようにしか見えませんけどね
私の親父も同じ90ですけど戦争はギリギリ経験ないって言ってました。
予科連は行ったけど、出兵の手前で終戦になった
戦争と比べるのは変かも知れませんけど
今回の事は、戦争みたいなイメージなんでしょうかね

もう、何も無いところから始まったの
何もよ
私は、なんだって辛抱できるわ

(ずしんと来た)

物がないことだって、飢えだってね

(恥ずかしい
やれ、過剰反応だなんだと考えていた自分が。
なんだって辛抱できるわ、って
そういう人がここにいる)

良かった。思いきってここに来て。
導いてくれたのかも知れない
なんだって辛抱できる
おそらくそうだ

やっぱり、人間は会話しなくちゃだめだ
すごいよ。すごい人がいるよ。
特に有名な人じゃなくっても
おそらくゴロゴロいるんだ。
会話を控えましょうだなんて、やっぱりおかしいよ

帰り道でもう一度会った

せっかくだから、マキノスミレを見ていってね

案内してくれた。

植物学者の牧野教授が発見したすみれで絶滅危惧種らしい
ここでしか見れないらしい


縄が張ってあって踏みつけられないようにしてある

先週来たときはなくてね
もう見れないのかと思ったんだけど今日咲いていたのよ。
感激だわ。

そのあと、また別れて、先に進んでいたら、縄も張っていないところにマキノスミレが咲いていた

追い付いて来るのを待って

ほら、ここにも咲いていますよ

えっ
ほんとだあ

おでかけマップ

真っ先稲荷とおばけ地蔵

汐入公園でお花見だ
の続きです。

真先稲荷と石浜神社と招来稲荷
古地図で真先稲荷(まっさきいなり)となっているのと、神明社となっているのは、石浜神社

今工事中だったんですが、石浜城址公園というのがある
室町時代中期の話ですが、
千葉氏の内乱で、千葉実胤(さねたね)と自胤(よりたね)の幼い兄弟は千葉県を追われ
命からがら逃げて太田道灌のところに頼っていきます。

弟自胤は、この前ウォーキングした赤塚城に、お兄さんの実胤はここに城を築きます。

結局、豊臣秀吉の小田原征伐の時、北条氏と共に千葉氏も滅ぼされてしまいます。
実胤の息子、守胤が作ったのが、真先稲荷
まっさきいなり、と読みます。
戦の時、この稲荷にお参りしていれば、戦場の先駆けとなれる。

不思議です。この感覚
一番最初に突っ込んで行くのでうまく行くと、とても高く評価してもらえるけど
死ぬ確率も極めて高い
そういうのになれますようにとわざわざ参るんですね

稲荷なので、狐が重要です

三囲神社の狐とともに、ここの稲荷にも狐が住みついている事が有名
庶民が真先稲荷に願掛けするときは、
狐が住みついている穴の前に、好物を置いて
おいでおいで、と唱える
狐が出てくれば願掛けしたことが成就
出てこなければダメ

途中から、一橋家の祈祷寺になり一般の人が立ち入れなくなってしまいます。
そこで、おいでおいで、と唱える狐の穴のところにほこらを立てて「招来稲荷(おいでいなり)」としました。

一方、石浜神社はとても古く、創建が724年となります。

途中から真先稲荷は、石浜神社に、招来(おいで)稲荷とともに、合併になってしまいます。
真先稲荷

招来稲荷

平賀源内
千葉氏が再興したのが総泉寺
その後また荒れて、再興したのが佐竹氏
残念ながら引っ越して、板橋区の大善寺に移転、吸収されます。

平賀源内の墓は総泉寺にありました。
総泉寺は移転しましたが
平賀源内の墓だけがここに残りました。

総泉寺の移転に伴い、松吟寺にあった巨大なお地蔵様がこの地に残りました。


真近でみるととてもでかい事が分かります。

妙亀塚
総泉寺の横に、今は埋め立てられていますが、鏡が池という池がありました。
そこに身を投げた人が二人
一人は、梅若伝説の梅若のおかあさん
愛するわが子が死んでしまっていたのを知って、気がふれて、身を投げます
梅若伝説について詳しくは
こちら

池の中から、亀が現れ
梅若のおかあさんの遺体を背中にのせていました。

ということで、妙亀塚というのがあります。

出水寺
もうひとり身を投げたのが、采女(うねめ)という吉原の遊女
若い僧と恋に落ちます。
残念ながらそんな自由恋愛が認められる筈はなく
鏡が池に身を投げます。
「名をそれとしらずともしれさる沢の
 あとをかがみが池にしずめば」
という短冊が残されていました。

おでかけマップ

汐入公園でお花見だ

3連休です。

先週同様「東京古地図散歩 浅草編」でお散歩です。

南千住から
芭蕉さんがお出迎え

ご苦労様です。

南千住ってイメージのよろしくない地域の代表だった気がしましたが
どうした事でしょう
お・洒・落






LaLa Terrace とあるから
ららぽーとさんの弟さんですね

三井さんは偉大です。
南千住をお洒落な町に変えちゃうなんて

貨物列車の操車場(JR貨物、隅田川駅)があります。
せっかくだから上から見たいなあ
横からだと広さが分からない

高層マンションの上から2番目の階に展望台的な作りの場所がある
行って見ようか

入り口に管理人さん

すみません。
上に展望台的なところはあるんでしょうか

ゲストラウンジはあります。

そこは、ピッてやらなくても一般の人でも入れるんでしょうか

いえ無理です。

良く良く考えるとマンションなんだから無理ですよね
オフィスビルなら可能性あるんですけど

諦めきれないので
操車場の横のロイヤルホームセンターの駐車場が5階建てなので行ってみよう。
おおっ。見えた見えた

その端っこ辺りに、江戸時代の古地図では
塩入土手、と書いてあります。
この辺りは海抜0m地域なので
大雨の度に洪水に悩まされてきた。
もう少し南にある「日本堤」は、その洪水から江戸を守るためのとても長い堤防
その北側の地域だと言うことはどういう意味かというと洪水になれば浸かっちゃう前提
塩入土手は、土手の先を洪水から守ろうと言う「日本堤」と同じ目的ではない。
洪水になる前提で、洪水になったとき、土手の上にみんなで避難し
水が引くまで待とうという目的。

汐入公園
このコースのウォーキングを今日にしようと思ったのは、汐入公園があるから
以前ネットで花見の名所を調べた時、上野や千鳥ケ淵といった定番に加え「汐入公園」が出ていた。
唯一行ったことがない場所

東京では開花宣言が出たばかりで、満開はあり得ないが
朝の各中継地からの天気予報で、椿山荘の桜がかなり咲いていた。
もしかすると。

結論
ソメイヨシノは平均すると3分咲きくらい

ただ、種類によっては、満開の桜もあった

特に、陽光というピンクが濃い目の桜は満開

隅田川沿いに満開が続いていた。

満開の桜にいっぱい鳥がやって来ていた。

春の隅田川は大好き
ひねもすのたりのたりかな

川面がキラキラ光るのよね
気分がスッキリします。

今、隅田川の両側は「スーパー堤防」で高くてなだらかな堤防

昔は、コンクリートで直立したタイプの堤防
その時の記憶としてほんの一部を残してあります

あと一週間もすれば、隅田川沿いのソメイヨシノも満開になるんだろうなあ

瑞光橋公園



地図でいうと、こんなふうにぽこっと凹んでいます。

昔はこの奥まで運河が掘られていた

汐入地区は、大規模工場、現ユニチカ、現カネボウがあった
女子バレーボールを思い出します。
我々の時代はサインはV

ジュン行くわよ
X攻撃

隅田川からの水運と、貨物駅との橋渡し的土地なので何かと便利
最終的には陸運に押され、水運の方は廃れていって、運河は埋め立てられます。
当時の、水門の跡があります。

酒井雅楽頭屋敷跡(さかいうたのかみ)
酒井家には二系統あって、酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)の方の広大な屋敷が広がっていた。
例えば酒井忠清等の、老中になれる譜代大名です

おっと、いた!
あそこにいるのは酒井忠清に違いなかろう

忠清が三輪車乗ってる!

続きは明日ね

おでかけマップ

三ノ輪から下屋敷巡りの続き

三ノ輪から下屋敷巡り
の続きです。

公春院

真正寺

円通寺
なななんと、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が791年に創建
なんでそんなものが関東に

平安時代の初期、天皇でいうと桓武天皇あたり
ほぼ初めての征夷大将軍
将軍様でございます。

京都の清水寺とか富士山本宮浅間大社を作ったのも坂上田村麻呂というから超ビッグ
円通寺は清水さんの兄弟ということになりますね

そんな円通寺
なんじゃこりゃあ

観音様のタワーじゃありませんか
すごいっ。すごいぞ田村麻呂

上まで階段が付いているから、昇れるんでしょうね
入口が閉まっていた。
残念!檀家しか入れないのかなあ。

円通寺はまだまだ盛り沢山

かつて、百体の観音像を納めた観音堂があったので百観音とも呼ばれていました。

古地図にも、円通寺ではなく観音堂と書かれています。

時代が進んで、源義家
奥州征伐の帰りに、敵の首を48もここに埋めて塚を作った

だから、このあたりの地名は小塚原なんです。
こづかはらではなく、こづかっぱらと読むとかっこいいです。

大迫力なのが上野寛永寺の黒門

ここに移築されたんです。
明治維新の時、新政府に抵抗した彰義隊が寛永寺で上野戦争
これでもか、と銃弾を撃ち込まれ、蜂の巣状態


僅か半日で全滅。
人の体も同じ状態だったのでしょうか

見せしめにと、遺体はそのまま放っておかれます。
いくらなんでも可哀想と、
円通寺の住職が、遺体を運んできて、ここに墓を作った。

彰義隊に限らず、生き残った幕臣側の人達の追悼碑も
大鳥圭介

榎本武揚と高松凌雲

新門辰五郎まで

オールスターキャストでございます。

羊毛産業発祥の地
次は、羊毛産業発祥の地に向かいます。
カワズザクラ的なきれいな桜も咲いておりました。

井上省三の碑

日本に羊毛産業を立ち上げた人
助さん格さん役の羊が可愛い

伊勢亀山藩、石川家
さあ、下屋敷

まずは、伊勢亀山藩、石川家の屋敷跡
さっきのアーケード商店街、ジョイフル三ノ輪に戻り、真ん中辺の公園に案内板がありました。

広大な土地で、ジョイフル三ノ輪がすっぽりそのままです。

藩主石川憲之は芸術が大好き。

うちの藩にも才能あるのがいないかな
君なんてどう?
狩野派に入門してきてよ

異色の画家で、三宅島に流罪になっちゃう、英一蝶(はなぶさいっちょう)です

ということは、英一蝶もジョイフル三ノ輪に立ち寄ったに違いありません。

さくら餅を売っています。
「一度食べたら忘れられない味」
なかなかの誘い文句です。
さすがは英一蝶

桜の葉の塩漬けがあんと絶妙のハーモニー
後味がずっと残ってこりゃ忘れられません

伊予新谷藩、加藤家
次は伊予新谷藩、加藤家
残念ながら、ここが屋敷跡って案内板はなく
該当のところには万年筆屋さん

とても美しい

試し書き良いですか?

定番の「武家諸法度」と書きました

下野黒羽(しもつけくろばね)藩、大関家

11代藩主の増業(なすなり)はとっても学問好き
医学書や科学書等を書いています。
大関横丁、という地名はこの下屋敷に由来します。

対馬藩、宗家

出たっ。超大物
鎖国の二つだけの例外、朝鮮との貿易を独占的に認められていたのが、対馬藩です。
正式な国交があり、通信国と呼ばれます。
もうひとつは琉球。独占的に薩摩藩が認められていました。

あれ?オランダは?
実はオランダは正式な国交ではない、通商国です。
貿易だけOK
もうひとつ、通商国なのが清(しん)です。

おおっ
今日一番感動したものが、宗家下屋敷の中に

今時の子も、道路にチョークでケンパを書いて遊ぶのか
おじさん、嬉しいよ

思わず、ケンパケンパとやろうとしたんだけど
私の頃は、ケンパケンパケンケンパ、と決まっていたのに
ケンパケンケンパで始まる
リ、リズムがっ

町奉行、池田頼方
池田播磨守とあったから、来たっ、池田輝政、と思ったんだけど
残念、池田頼方
池田輝政の家来で、池田姓をもらった。

安政の大獄の時の南町奉行です。

この公園です。

目黄不動の永久寺

寿永寺
2代秀忠の正室、お江に仕えた寿永法尼が建てたお寺
下谷七福神では布袋さんです。

豪快!布袋さんはこうでなきゃ

千束稲荷神社

このあたりに住んでいた、樋口一葉が書いたたけくらべに、重要な舞台として出てきます。
ということで、ほれっ

きりっとして、なかなかの別嬪さんじゃないですか

おでかけマップ