王子を歩く、続き

王子にキツネが大集結
の続きです
地図
結構向こうの方まで行っちゃいましたけど
王子駅の方まで戻ってきました。

音無親水公園
王子駅からすぐの音無親水公園
大人気じゃないですか

小さな子供が大はしゃぎ
子供が喜んでいるすがたを見るの大好きです。
こちらの顔もほころんじゃいます。

こういうのを見る度にいつもの感情が。

ああ、孫が欲しい

王子神社
隣に王子神社というのがあるようです。
行ってみましょう

おおっ
大きいです。
王子稲荷より大きい。

一通りお参りして
向こうの小さいのは末社かな

説明書きを読んでビックリ
あの蝉丸の関連の神社です。

一日のうちに、和泉式武、蝉丸と
二人も百人一首の作者の関連に会おうとは。

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
琵琶の名手でしたね

そして、これは「髪の祖神」関神社だそうです。
蝉丸がお姉さんが逆髪で悩んでいたのを可哀想に思い
かつらを作ってあげた。
琵琶の名手のみならず、かつらの発明者だというのです。

失敗した
さっき拝んじゃった。
せっかくうまい具合にハゲているのに
毛が生えて来ちゃったら、とても困る
商売あがったり
(なんかハゲで商売してましたっけ)

面白いよ
玉垣にある名前

メインの王子神社の由来も見ておこうかな
と、説明書きを読んで、またビックリ

えええっ
東京十社って、王子稲荷だとばかり思っていたら
王子神社だった。

ここ、無茶苦茶由緒正しいです。
ついでに寄ってみようなどと、軽い気持ちで寄っちゃってごめんなさい。

1322年、この辺りを支配していた豊島氏が紀州熊野権現から王子大神を勧請したことに始まる。
地名の王子より、王子神社の方が先。

その後も、この地の支配者が変わっても、王子神社は愛され続け
特に江戸時代の8代将軍吉宗は元々紀州から来た将軍なので
元々紀州から来た王子神社が大のお気に入り。

となりの飛鳥山に桜を1000本植えた上で
王子神社にプレゼント。

すなわち、飛鳥山も王子神社のもの
恐れ入りました。

ということで、東京十社

行っていない残りは白山神社のみとなりました。

飛鳥山
色々回り道しましたが、いよいよ飛鳥山

待乳山聖天か飛鳥山かという、びっくりモノレールに乗り山の頂上へ

都内で一番低い山(非公認)です。

お腹がすいたのでまずは腹こしらえ
飛鳥山と言えば、さくら亭のさくらうどん
チンチン電車でどこ行こう

えっ
閉まっていました
くやしいーっ

仕方なく一旦公園を出て
近くのランチもやっている喫茶店

面白かったなあ

カウンターに座って、カウンターの中で、おばさんが料理を作っている
マスターもいる
カウンターから見える位置にテレビがある

たまにいません?
テレビでやっている全てのことにいちいち反応するおばさん
それ

あらあら、女の子が落っこっちゃったわよ
助けてー、誰か助けてあげてー
あの奈良判定のおじさん
しゃべり方が変だよねー
(みんな思っているけど、口には出してません)
あらあら、あの高校生、ほらセカンドの
エラーしちゃったわよ、可哀想。

もう、こっちは笑いをこらえるのに必死

幸せでしょうね
一番幸せなおばさんランキング
王子の喫茶店のおばさんに一票

博物館
そうそう、今日の目的は渋沢栄一資料館でした。

飛鳥山の中に、3つの博物館があり
紙の博物館、北区飛鳥山博物館、渋沢栄一資料館

博物館三昧できます。
渋沢栄一資料館は必須として
あとは時間を見ながら考えましょう

まずは紙の博物館を確認


休館中?
まさかっ

次、北区飛鳥山博物館
良かった開いてた

で、渋沢栄一資料館

なななんと、休館中
貼ってあるポスターを見ても「渋沢平九郎、企画展」の期間中
開館案内のボード見てもお盆は休みとも書いていない

渋沢平九郎もむっちゃ見たいんですけど

諦めきれず前をウロウロ

中からおばさんが出てきた

あのう、今日はやっていないんですか?

はい
いつもは月曜が休館日なんですけど、
昨日はお盆だったので特別に開けて
今日はその振り替えです。

うーん
今日もお盆だと思うけど

よーし、気持ちを入れ換えて
北区飛鳥山博物館だけで
3館分楽しんじゃうぞ

北区飛鳥山博物館
区内の歴史を博物館としている
新宿区、港区、品川区、大田区、江東区、板橋区にもあるかな

その中でも一二を争う充実ぶり

山の手の武蔵野台地と下町の低地のちょうど境目なので
その説明をしてくれているのが嬉しかった。
早い話が、何万年も前は、低地の方は海だった
その時の波で陸地が削られ、崖と言えるほどに急斜面になった

平安後期からは、豊島氏
都心から西側を歩いていると、やたらに出てくるのが豊島氏
最終的には太田道灌に滅ぼされるんだけど
それまでかなり長く支配していた豪族
もう少し詳しく知りたいとは思っていた。
ふむふむ

吉宗が鷹狩りの地域としてしていた事にどのような意味があったのか
鷹狩りと飛鳥山の桜の関係

江戸の文豪や絵師達は王子をどう描いたか

幕末から明治維新のころにやって来た植物学者、ロバートフォーチュンは
なぜ王子を日本のリッチモンドと称賛したのか
等々

一番ビックリしたのはお弁当かな

江戸の人たちは飛鳥山にお花見兼ピクニックに行くのが大好き
その時持っていったお弁当を資料から再現

落語の「長屋の花見」で
大家さんが長屋のみんなを誘って花見
用意してくれた弁当には、卵焼きが入っているんじゃないかと期待満々で開けたらタクアンだった

ってことは、卵焼きは贅沢品だけど、
年に数回のイベントではそこそこ食べれていたのかも、ってくらいの感覚だった。

何でしょ、この豪華さ
無茶苦茶美味しそう。


またひとつ認識を新たにさせられました。

ああ、楽しかった
お盆の4連休でございました。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


シロツメクサ

花カレンダー始めました

王子にキツネが大集結

今日はお盆休み4連休の最終日

猛暑かつ、お天気急変でゲリラ雷雨との予想

こういう時は、屋内のお出掛け
取って置きなのを温存していますからね

飛鳥山の渋沢栄一資料館

王子
この前、都立9庭園を制覇したので
そういうコンプリートに挑戦したいな
と、何かあるか考えた。

6地蔵があとひとつ残っているのは分かっています。

東京大神宮に行ったとき、神社で東京十社というのがあることを知った。
確かあの時、王子行っていないなと思ったような記憶がある。

渋沢栄一も王子なので王子へゴー

王子稲荷には確か、大晦日に東日本全部の狐が大集結するんだったな


日本で一番多い、お稲荷さんの日本の半分の総元締めなんだから
それはすごいものがあるでしょう。

王子稲荷
ネットで調べると、大晦日に地元の人を中心に
キツネに仮想して大行列するらしい。

今日は大晦日ではないけど
その時の盛り上がりを頭の中にイメージしつつ
キツネになりきって、お参りすることにしましょう。

やっぱり町ぐるみで、狐推しのようです。

こういうのがあると気持ちが盛り上がりますね

お石様というのがあって
願い事を願いつつ、石を持ち上げて
思ったより重いと感じたら、まだまだ精進が必要ですね
軽いと感じたら、即刻願いが叶いますよ

よっこいしょ
くくくくくっ

皆さん、これやるときは、2番目くらいのプライオリティの願い事にしましょうね

持ち上がりまっかいな
ああ、次女のダイエットがぁ

次にお穴様
実際に野生の狐が住んでいたとされる穴

名主の滝公園
まだ強烈な暑さは襲ってきておりません。

もうひとつくらい寄れそうです。
GoogleMapでみると、近くに結構大きめの緑色で、名主の滝公園

名主というのに惹かれちゃいました。
ちょうど、江戸検定の勉強で「名主」をやっているところ
町人の方の組織でも名主っいうのがあるんだけど、
ここは、農村と考えて、村長さん
その下に補佐役の組頭、百姓代と続いて、5人組を作っている本百姓達。

ここでは、王子村の名主、畑野孫八
名字は許されているんですね

ビックリしました。
これだから、ウォーキングはやめられません。
予想外のことがおきます。

ものすごい庭園です。
名主ってここまで裕福だったのか

広さでいうと、都立9庭園の一番狭いのくらいにほぼ匹敵します。
向こうは武家屋敷
こっちは百姓の長が道楽で作ったもの。

内容的には好き好きあると思うけど
私は、今まで見た庭園の中では一番好きかも。
正直、事前に調べて期待しつつ行ったわけではなかったので
この衝撃はものすごいものがあった。


みんな、知っているのかな
ここに、こんなすごい庭園が存在している。

案内図を見ると、女滝、独鈷滝、男滝

王子のこの場所って、山の手の台地と、下町の低地の丁度境
崖に近い斜面をうまく利用している

滝は10時から4時までって書いて有ったので
ハイハイ、水道ねと思ったけど
最初は本当に湧水有ったと思います。

独鈷滝へ行く道が封鎖されている

掃除しているおじさんがいたので

すみません、こっちには行けないんですか

そうなのよね
向こうから、ぐるっと回れば行けるけど、何もないよ
滝は壊れているからね。

ちょうど聞いた場所が女滝の横
もう10時は過ぎている

すみません。
この滝は、流れないんでしょうか
これもね、最近ずっと壊れているのよ
一番向こうの滝は大丈夫だよ。
10:00からね

なかなか、壊れているっていう表現がユーモラスで良かった。

男滝の方向へ向かうんだけど
急斜面に生えた巨木達に光が遮られ
暗いんだけど、とても涼しい。
森の中を歩いているよう。
大好きです。この庭園。

さあ、男滝

あれっ?

10:00過ぎてるんだけどなあ
さっきのおじさん、男滝は大丈夫って言ったのに

違うおじさんが来たから聞いてみた

すみません。
滝は流れないんでしょうか

うん
今日と明日はお休み。
ほらそこ
木が倒れちゃってね
壊れちゃったのよ
業者に電話したら
今日明日はお盆で休みなんだって。

なるほど
何ともピンポイントのタイミングに来たもんです。

だからウォーキングって面白いんだけどね

ここはリピートする価値あるから
また来れば良いや

こんな可愛い案内図もありました。

ちんちん山児童公園
渋谷栄一資料館のある飛鳥山からはどんどん離れていっちゃっているんだけど
もうちょっと行ってからにするか

ちんちん山児童公園

ただの子供が遊ぶ小さな公園だけど

男の子はここ、大好きでしょうね
男の子ってこのネーミング、なにがそんなに面白いっていうくらい
ずっと連呼しながらいつまでも笑うよね

明治以降、この地に色んな産業が起きて
原材料の山ができ
隣をそれを運ぶための鉄道が走っていたらしい。
ちんちんって言いながら

椅子に手遊び歌が色々書いてある


ウォーキングイベントでここにきて
童心に返ってみんなでやりたいな
なべなべ底抜けは無理だな
五十肩だからかえれない

平井保昌の杉と和泉式部の梅
ここまで行かないわけにはいかないでしょう
百人一首ファンとしては

まさか、関東で、和泉式部のゆかりの地があるとは思わなかった。
由来は、この説明読んでね

平井保昌、何人目のお相手だっけ
そう、最後の添い遂げたお相手ですね
[百人一首]56 あらざらむ~和泉式部


改めて、日本の文字って、うまい人がさらさらっと書くと
惚れ惚れする美しさがありますね

廃線
あっ、廃線だ


鉄道ファンなら泣いて喜ぶでしょうね
さっきのちんちん山の時に出てきた企業が独自で原材料運ぶために作った鉄道でしょうか

長くなりました。
まだまだ続きます。

続きは明日ね

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


ノウゼンカズラ

花カレンダー始めました

黒目川上流へ、源流を辿る

今日(2018/8/12のこと)は、お盆休み4連休の2日目

昨日は、上野にお出かけしたので
今日は近場にいたしましょう。

黒目川上流へのウォーキングコースは、過去2回行ってはいるものの
新しいコースも追加されている筈
地元民としては確認する必要があります。

黒目川
黒目川とは
わが地元、東京都東久留米市に流れる川なんですが
さいかち窪という場所から水が涌き出て、川となっています。

そのさいかち窪に至るまで、川沿いに遊歩道が整備され
癒しの道となって地元の人達に愛されています。

ところが、その内の2箇所が工事中で通れなかったんです。
その時の様子がこちら
黒目川上流をウォーキングしたよ
黒目川上流をウォーキングしたよ。続き

さあ完全版をウォーキングいたしましょう。

自宅のすぐ横の上落馬橋をスタート。

えーっと、ここキウイの果樹園なんだよね


キウイにしちゃやけに丸いぞ
ありゃりゃ、梨だって

なんでキウイと思ったんだっけか
それとも、以前はキウイだった?
そんなことないよね

氷川神社
前回寂れた感じの神社だったけど
ほんとはそうじゃ無かったみたい
ちょうど今日はお盆だから
盆踊りで盛り上がっている最中

しんみやまえ親水こみち
さあ、そしてここからが工事完了で再オープンした、しんみやまえ親水こみち


これで、黒目川上流親水整備区間が全て工事完了で繋がったことになります。

結構長い距離です。
途中、大きなセメント工場の横を通ったりもします。

しんやま親水広場
ここは、黒目川上流親水整備区間の中で、メイン会場的な役割のところ

桜の時期は多くの人で賑わいます。

子供達に大人気のコーナー

今日もまた、ザリガニがいたぞ

さいかちの道
そしてここからがまた、再オープンの区間
前々回来たときは、通じていたんだけど、途中の道路工事と橋の工事にともない
一回封鎖されていた。
ここは、下が木の道なので、歩いていて気持ちが良い

道路工事と橋の工事の場所
出ましたっ、単管バリケード。
仙台銘板さんのアニマルガードシリーズですね
一つの場所に色んな種類のアニマルガードが使われているのは結構珍しいです。

このたぬきさんは初めて見ました

途中、隣の緑地保全地区の雑木林にちょこっと寄って

ああ、既に水が枯れちゃっている

天神社


天神社のところに、名湧水57選の場所がある
来る度に水が湧いていたり枯れちゃっていたり
今日は、この辺だけ水が復活していました。

庚申塔。
60日に一回やって来る庚申の日に
自分の行いをチクられないよう夜を徹して仲間で酒を飲む
三年間無事に毎回飲み会が成功しました記念で作るのが庚申塔です。

ここの青面金剛は初めて見たんだけど、顔と下腹部が削りとられています。
眼病や安産の為の信仰
削り取ったのか
願掛けで触っているうちに窪んでいったのか。

このあと、より鬱蒼とし、竹林とかもあるより雰囲気のある道になります。

村野家住宅
前回までは来てなかった村野家住宅
昔からの超お金持ちの家

東久留米市で唯一茅葺き屋根の家です。
有形文化財に指定されているんですが
何せ個人の住宅なもんですから
基本的には非公開
たまに、公開日というのを設けてくれて中まで入らせてくれるそうです。

遠くにチラッと見えたのはものすごく大きな茅葺きの建物
ウォーキングしていると、古民家保存で幾つか茅葺きの屋根は見てきたけど
ひょっとして見た中で、一番大きいかも

さいかち窪
新青梅街道を渡った向こう側が、さいかち窪
さっきのさいかちの道もそうだけど
さいかちっていう木が生えているから

ここに湧水があるのはとても珍しいんだけど
最近結構何年か
数日間湧水があったことが記録されています。
そうすると、ここが、黒目川の源流になります。

保存されている雑木林あんまり人が入らないと思われます。
一周したんですが、蜘蛛の巣が結構まとわりつきました。

がす資料館
前回同様、さらにがす資料館まで歩きました。

私の大好きな文明開花の象徴、ガス燈の事がいっぱい分かります。

3回目ですが、今までで一番大盛況でした。
子供たちがいっぱい

点灯実験では子供たち一人一人が点灯し
楽しそうでした。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


ハイビスカス

花カレンダー始めました

一生の思い出になるね。シャンシャン見たよ

旧岩崎邸庭園を見終わって
次はどこ行こうかな

頼りになる「江戸東京物語」の本も持ってきたから
入谷の鬼子母神とかどうかな
恐れ入谷の鬼子母神

その前に、旧岩崎邸庭園の横は無縁坂

確認確認

良い坂じゃないですか

♪母がまだ若い頃、僕の手を引いて
・・・
忍ぶ忍ばず無縁坂 かみしめるような
ささやかな 僕の 母の人生

その場で丸々一番歌っちゃいました。

スッキリしたところで、っと

おっと、ここはもう、忍ばずの池じゃないですか

♪忍ぶ忍ばず~

おっと、これはさっき歌ったぞ

上野公園
本に出ている上野公園内の歴史確認ポイントを巡ろう
過去、ウォーキングイベント含めて3回来ているけど
上野公園は何と言っても、ど広いので
行っていないポイントもまだあります。

五重の塔は確か上野動物園の中
ケチだよなぁ

外からも見れそうなポイントはあるかな


公園内のマップを
動物園の入口のところでじっくり見ていた。

ちなみに
動物園でパンダ見たりすると幾らくらいかかるんだろう

どうせ何千円もかかるんでしょう


600円
ほんま?

でもパンダだけ追加料金だったりして

隣にいた守衛さんに聞いちゃいました。

600円でパンダも見れるって事でしょうか

はい

待ち時間も表示してありました。

50分

えっ
50分で良いの?
お盆休みなのに

これは、ひょっとして
猛暑だからか
むっちゃラッキーやん

まるっと、方針変更
一生の思い出になるに違いない
パンダが600円の50分で見れるとは
思ってもいませんでした。

いやあ
まさか、私が
パンダを見るようになろうとは

キャラじゃないよね

人生初パンダです。

この前、羽村で動物園に行ってなかったら
この選択は絶対しなかったでしょうね
あの時、この歳になっても、動物園はやたらに楽しいって分かっちゃったからね
それにしても、旧岩崎邸庭園を見たついでに、ふと思い立って見るもんじゃないよね
パンダは。

上野動物園
さあ、ちらちら横目で確認しながら、パンダ舎に直行だっ

と思ったら
目の前にどどーん

五重の塔忘れていた。

そうかそうか
600円払ったんだから
堂々と見て良いわけね
さっき、ケチ、なんて言ってごめんなさい
これだけで元取れたようなもんです。

ここか
並んでる並んでる

何と
並ぶところにテント屋根を作ってくれているじゃないですか
上野動物園の経営者はきっと性格良いんだと思います。

しかも、使い捨てのうちわを置いてあるじゃありませんか。
親切やわあ

新聞に投書したろか

12:14スタート
すっすすっす進みます。
この分じゃ、50なんてかからないぞ

逆にこんな早く進むという事は
止まらないで下さいーっ
ってやつですね

前の人が急に止まって、軽くぶつかって
すいません、って謝ってきたから
声をかけてみました。

暑いですねえ
パンダはこんな猛暑じゃ出てきてくれないでしょうかね

いえ
おそらくクーラーのきいた部屋にいると思います。

おっと、これは出てきてくれている可能性がありそうです。

はい
順番が来ました
結局、50分もかからず、30分でした。

まずは親パンダ
お父さんでしょうか、お母さんでしょうか
熟睡しております。
ぐでーっ

真ん中の部屋に
いましたいました、シャンシャン


この二つの写真でお分かりいただけますでしょうか
寝ているかと思ったら、ちょこっと動いたんです。
感動です。
可愛いわあ

さっきの前の人は大興奮しています。
大きくなったわあ
一ヶ月前に来たときよりも。

常連さんだったんですね

そして次の部屋

笹食べてます。
最も可愛い、パンダの所作ではありませんか

ラッキー、ラッキー大ラッキー
動画も録ってきたから見てね

動物たち
もちろん、パンダ以外も見なきゃね
上野動物園と言えば、ゾウさんですよね
涙なしでは語れません。

おサルさんはいまいち動きが緩慢

以外にも、一番元気だったのが
白熊さん

精力的に歩き回っています。

ライオンやゴリラは
猛暑だからか
全く出てくる気配なし

お盆だからか
子供相手の動物ガイドさんが
ゴリラ舎で、クイズ出したりして
子供たちは大盛り上がり

肝心のゴリラは
どうぞどうぞ
そっちで盛り上がっといてもらって良いですよ、と
音沙汰なし

大丈夫
こんな猛暑だと無理しちゃいけません

かく言う私も
ちょっと疲れて参りました
猛暑で無理しちゃいけないのは、私も同じ

もう元取れたでしょう
帰るとしましょう

東照宮
とは言え
上野公園に3回も来ていて
上野東照宮に行っていないのは
徳川ファンを名乗る訳にはいけません。

あった、ここだ

さすが、徳川だらけです。

藤堂高虎はいっぱい主君を変えても
誰からもお気に入りになる
通常、秀吉のお気に入りだった人は家康は嫌いなんですけど
この人だけは例外。
よほど性格が良いんですね。

家康が死ぬ間際に
あの世でも、私と天海と高虎3人でいられる場所が欲しいな、と呟いた。

そんな事言われたら男冥利につきます。
上野の自分の屋敷内に、東照宮を作っちゃいました。

そもそも、上野って
藤堂高虎の領地が伊賀上野だからね

お祖父様大好きな家光が
それを見て、
私としては、そんなんじゃまだまだ不満なんですけど
と、大幅付け足し。

完成を心待ちにしていたんですけど
完成したよとの知らせを聞いた時は既に死の床についていた
結局自分の目で見ることが出来なかった。



金ピカです。
とても、家光っぽい

ん?
この先に入るには500円要るの?

まさかここへきて

今日は、旧岩崎邸、上野動物園と出費しちゃっているからなあ

(おいおい、徳川ファンじゃ無かったの?)

疲れたし
今日は帰ろ

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


朝顔

花カレンダー始めました