バナナの皮の摩擦係数を考える

日曜日、ラジオで学者先生が出ていました。

馬渕清資先生。北里大学の名誉教授です。

おえらい先生ですが
イグノーベル賞を受賞した。

イグノーベル賞は、ノーベル賞に対するパロディというかジョークとして始まった。

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して送られる。

ジョークとしては世界的に一番規模が大きいかも知れない。
かなり有名で世界中で報道される。

ジョークが下手と思われている日本人ですが
実はかなり連続でいっぱい受賞していて
常連国。

そういうのを聞くとほっとします。

日本人の受賞で有名なのは
たまごっち、バウリンガル(犬語測定器)、カラオケでしょうね。

そんな中、2014年に物理学賞を受賞したのが、馬渕清資先生

受賞テーマ
受賞したのは
「床に置かれたバナナの皮を人間が踏んだときの摩擦係数を計測した研究」

馬渕先生の専門は人工関節
どれだけなめらかに動き、ギシギシしないかが重要。

本の中でも講演でも、「バナナの皮でツルンと滑るように」という表現をしてきた。

古今東西、バナナの皮で滑るというのは
あらゆる漫画での定番ギャグ

一番イメージしやすい。
疑う余地もない。

当然、誰かが以前に調べているだろうと思いつつ
ちょっと不安になった

一応確認しておこう。

ところがいくつか文献を当たるが、調べている人がいない

むきになってどんどん調べていくがどうしても見つからない。

調べる
こうなったら、自分で調べるしかなかろう

摩擦係数を測る原理は単純
板の片側に測りたいものを置く
例えば氷とか消しゴムとか
それで板の片方を持ち上げていく。
滑り出したときの傾きの角度が摩擦係数になる

やってみよう
バナナの皮を置いて
ワクワクドキドキ

ん?
滑り出さない

予想を遥かに上回る角度まで上げても滑らない。

まずい
これはまずい
色んなところで言っちゃっている。
嘘つき教授になってしまう

ここで学者魂に火がついたらしい。

やってやろうじゃないの

条件
考えられるのは、特定の条件によって滑るようになるということ

そうです。
踏んだら滑る

となると、事は単純ではなくなる
板を傾けただけじゃない。

幸いにして本業の人工関節の摩擦係数測定用の機械はある
それを、「踏んだら」と「滑る」の数値にどう使えば正しい測定になるのか

自分で滑って転びながら考える。

この研究のために本業の機械を使うのは申し訳ない
お休みの時に片手間にひっそりと、という研究になる

バナナを食べるのは飽き飽きしてくるので
そこは学生に協力してもらう
ごめん 皮だけちょうだい

剥き方にもコツがあるらしい
皮の横幅が広い方が
測りやすい。

そんなの何とか測れさえすれば2~3回もやれば良いんじゃないの?
と素人の私は思いますが
学者先生は違いますね
「これが正しい測定結果」として発表するには
一定以上のサンプル数と精度が必要なのでしょう。
先生頑張りました。

結果
「バナナの皮は、踏めば滑る」は証明されました
何もないときに比較して1/6の摩擦係数

皮を踏むと内側の白い部分が半透明のゼリー状になる
皮には粘液が詰まった粒がたくさんあり、これが踏んで潰れることが、滑るカラクリなんですね

明治から戦前の日本人の発明シリーズでは
みんな何度も何度もくじけずに試作を繰り返したという歴史があった。

同じ苦労をしている

唯一違うところがあるとすると
何の役にも立たない。

イグノーベル賞たるゆえんですね。

仕組みまで分かったんだったら何かの役に立つのかな

現在のところ 不明

教授は使命感のようなものに突き動かされたんでしょうか

いえ、個人的興味です。

近代科学資料館。あの乾電池。

ちょっと前ですが、飯田橋の、東京理科大学、近代科学資料館に行ってきました。

無料です。

近代科学資料館
入るや否や、いきなり

な、懐かしいー
キューハチ PC-9801
パソコンの名機中の名機。
我々の世代で、キューハチを知らない男の子はいません。
たこ焼き機を持っていない関西人、と同じくらい「いません」。

そろばんがいっぱい並んでいたり、計算尺が並んでいたり

懐かしい電卓もあって

おおーっ。ポケコンや。
これ持ってたなぁ。
これで野球ゲームのプログラム組んだ。

無料の大学の施設だからだと思いますが
大学生が応対してくれたりします。

計算するための昔の機械があった。

ボタンがいっぱい並んでいて、横にハンドルがある
良い具合にボタンを押して、ハンドルを必要な回数グルグル回せば
欲しい結果が得られる。
説明になっていませんね。

その機械のところに小学生が座っていて
練習問題を大学生が説明している。

なるほど
ってことは、これをこうするとこうなるんですか?
残念!その場合はこうするんだよ。
やってみてごらん

この小学生ずっと熱心に機械を動かし続けている
よっぽど気に入ったみたい。
間違いなく、将来名を残す大科学者になるでしょう。
サインもらっときゃ良かった。

初期のでっかいコンピュータ
うわぁ、FACOM こんなでかい

MDやDATやウォークマンや留守番電話
懐かしすぎてクラックラ




乾電池
二階に行って

ん?
これ、あれやん

明治から戦前にかけての日本の大発明の本にあった大発明。
屋井乾電池
本で見ていたのが、目の前に現実にあると
感動ひときわですね。
ガラスケースに抱きつきそうになりました。

屋井先蔵(やいさきぞう)は、1863年幕末に上級武士の家に生まれる。
でもまもなく、明治維新。

うーん、どうしよう。

矢島という長岡の時計店に奉公に出る。

その中で研究意欲が大きく盛り上がる
7年の奉公を経て、本格的に勉強したいと、進学を目指す。
でも、残念!
2年連続で失敗

しゃあない
自分で頑張って勉強しよう。
工場で働くかたわら猛勉強。

で、3年後の明治22年(1889年)
世紀の大発明が完成!

乾電池か?
違うんだなぁ

電気時計

当時電気を使った時計はあったが
時計のぜんまいを巻く動力に使われていただけ。
全部電気は初めて。

特許を取得
これが日本で電気に関わる特許の第一号です

これで大金持ち
と思いきや
ぜーんぜん売れません。

あかんか
やーめたっ
とならないところがえらい。

どこに原因あるんかな

これちゃう?

電池

当時の電池は液体の入った電池で
持ち運びは不便だし
冬になると凍っちゃって、使えない

便利でしょ
ぜんまい巻かなくて良いのよ
でも、冬は時間分かりません
は、ちょっとね

よし
液体を使わない電池を作るぞ

どれぐらいの期間で完成したのか実は分かっていない。
でも、おそらくかなり苦労したことでしょう。

なぜ分かっていないかというと、すぐに特許の申請をしなかった。

電気時計、特許取ったけど全然ダメだったし
お金ないし・・

数年経ってようやく友達の勧めで特許取得。
残念ながら
日本でも世界でもそのちょっと前に特許取られていて
正式には乾電池第一号にはならない。
やり方が違うので、屋井乾電池にも特許は降りているんですけどね。

シカゴで行われた万博に地震計が出展されたんだけど
それに屋井乾電池が使われていた。

外人さんたちビックリ仰天。
ディス電池、乾いてるがな、アンビリーバボー(字余り)

それでも、まだ乾電池は売れなかった。
当時、電気を使うもの自体、それほど多くなかったのね。

大きく状況が変わったのが
この頃の発明品で良くあるパターン。
軍隊で採用された。
日清戦争で陸軍から500個の大型注文。
冬の満州では液体の電池は使えなかったのね。

企画展
二階では昔の理系の女性の活躍を企画展でやっていました。
次女がいわゆるリケジョなので、
心の中で、ガンバレガンバレって応援しちゃいました。

ああ楽しかった
帰るか

あれ、一階であの小学生まだ熱心に計算してる

こりゃまた
アンビリーバボー。

ipadがやって来た。一旦ギブアップ

カミさんのスマホが壊れた。

キーボードのrの場所とcの場所が押しても感知しない。

エライ大変

ラインを打つときに「何時に帰る?」の「る」が打てない。
何時に家?みたいに頭の中で、変更する言葉を考えつつ打たないといけない

何とか頑張っていたんだけど、少しずつ押せない箇所が広がってきた。

上の辺の天気予報のアイコンの場所とか

スライドするのが難しいので
目覚ましを止められなくなった。

スヌーズの方は押すだけなのでなんとかなるんだけど
ちゃんと止めようとすると、横にスライドしないといけない
ちょうど感知しない場所を通る。
画面を横にしてもだめ

5分後にまた格闘。
さらにまた5分後

最初の日は2時間後くらいにあきらめて止まってくれたんだけど
次の日は5時間続いた。

設定の方から目覚ましの設定をオフにすれば良いと思うんだけど
良くしたもので、ちょうどその場所が押せない。

音量を小さくしてしのいでいたけど
こりゃもう無理だなと。

ドコモショップへ
カミさんはドコモショップの場所に車で行くのが不可能なので一緒に。

rが押せません。
目覚ましを止められません。
何とかしてください。

なんか機械を持ってきて繋げ、
どこのタッチパネルがダメになっているか調べてくれる。

何と全ての場所が緑に。

全ての場所が押せますね。

はい?
そんなバカな。

でも確かにrは押せませんね。

結構親切に時間をかけて色々調べてくれる。
どうにもなおらない。

修理に出す必要がありそうですね。

予め、おそらくダメだろうと、待ち時間に次の機種を品定め。
カミさんは、ipadがいいなあ。

方法は3つ。
一つは機種変更。お調べするとお客様は2年5ヵ月使っていただいているので
違約金とかは発生しません。
今日は、もうクローズの時間でして、すぐにはお渡し出来ません。
二つ目は、修理に出す。このケースだと恐らく5000円で大丈夫だと思います。
お時間的には1ヵ月程度かかります。その期間代替機はお貸しできます。
三つ目ですが、お客様は保険に入っていただいているので7000円で新しい同じ機種と交換できます。在庫がなければさらに新しい機種にはなります。
2日後に届きます。

カミさんが
もう新しいのにしようかなって、さっき見てたんです。
ipadが良いかなと思うんですけど。
お客様、ipadは電話はかけられないんです。
あら、そうなんですか。

んー
じゃあ3番。

分かりました。
では準備してきますので、少々お待ちください。

(戻ってきて)
それでは、こちらにサインを。

あと、お調べすると色んなオプションをつけておられるんで
ひょっとしてお安くできるかなと思いまして。

使っているかどうか聞かれて
月1200円分位削れた。

ところでお客様
先程ipadっておっしゃっておられましたね
お客様は10年以上ドコモを使っていただいています。
そんなお客様に今、ドンピシャのキャンペーンをやっているんです。

本体価格が普通に買うと7万円ほどかかるのが0円になります。

(来たぞ来たぞ)

2年間使っていただく必要があるんですけど
月々の料金も2500円ほどでお使いいただけます。
どうされますか?

あらそうなんですか。
めんどくさかっただけだけど、ずっとドコモで良かったわ

(月々2500円なら騙されている訳でも無さそうだ
カミさん喜んでるし、どうせ使いこなせる訳ないから、こっちに回ってくるぞ
黙っとこ)

という顛末で
ipadが手に入りました。

ipad
電子書籍がやたらふえて、いつもメインで使っているタブレットの容量が
キツキツになってしまいました。

前からそうだったんですが
マイクロsdの方は不思議なことに一定以上の容量以上になると
ファイルが壊れて開けない。
もう目一杯です。

2代目3代目のタブレットはメモリが弱すぎて
大きな電子書籍が開きません。

うーんイマイチだなあ
そろそろ、新しいタブレット欲しくなってきたなあ
と思っていた矢先。

でかい奴です。
9.7インチ。
今のと比べるとこんなに違います。

Jpeg

さあ
カミさん以外にも、みんなで使えるよう家族共通のアカウントを登録

とはいえ、長女も次女も自分のipadを使い倒してます。

さあ、自分のものにしちゃうべく
色んなアプリをインストール。

Gメール、グーグルドライブ、Evernote 、電子書籍のamazonkindle

と、ここで思わぬ、問題点が。
文字入力が無茶苦茶大変。

私は、ごくごく少数派のかな入力。
androidだとかなのjis配列のソフトウェアキーボードがダウンロードできるんですが
ずいぶん探しました。

結論は外付けのJIS配列のキーボードを繋げるしかない

一応買ったのは買ったんですが、そんなの持ち歩けません。

iphone ipad ってandroid と比べて、高いだけで
全て機能的に進んでいるんだろうと思い込んでおりました。

まさか、こんな基礎の基礎の部分で
少数派の切り捨てが行われていたなんて。

「このブログもipad で書いてまーす」
と、はしゃいだ記事にしようと取り組んだのですが
あかん
どうにもこうにも、何とも進まん。

一旦ギブアップ。

元のタブレットでこれは書きました。

じっくり今後どう取り組んでいくか
やりながら探っていきます。

追ってレポートしますね。

残念ですが
一旦ギブアップ。

料理のレシピをEvernoteでまとめてみた(続き)

Evernoteで料理のレシピを整理して
という話でした
Evernoteで料理のレシピをまとめてみた
今日はその続き

さらなる工夫
やりはじめると、いろいろ改善点が見えてきました。

発想の原点としては
レシピの元ネタを使っているだけじゃ進歩がないということ

Evernoteだと、注意点、改善点を追記できます。
本来なら、文の途中に入れたいところですが
写真の後ろに書き足すだけでも十分分かります。
例えば、先日長女に大絶賛をもらった照り焼きハンバーググラタンでいうと
「ホワイトソースは、普通にフライパンで作った
コンソメは2倍量で2個使ったけど1個で良い
ホワイトソースは緩めの段階で止めないと
待っている間に固まっていく。」
みたいな感じ。

一番欲しい情報は、評価だということが分かってきた。

早い話が、美味しかったものを早い段階でもう一回作れば良い。
いまいちだったものは、次作るのはずいぶん後でも良い

そうすると、お父さんは料理がうまくなったと絶賛のお言葉
物事、結構単純。
でも、それが覚えておけないのよ
毎回本から作っていると。
えーっと、これ、美味しかったんだっけどうだっけ

この一番重要な情報を一番分かりやすくした。

タイトルの一番前に入れる。
例えば
1えびとほうれん草のクリームスパゲティ
1から5までを頭につける
そうすると、
Evernoteはレシピがあいうえお順に並ぶから
1ばっかりが最初に並ぶ。
だから、1の方が美味しい方ね。
5は元ネタで美味しそうだったから入れたけど
まだ作ってないやつ
従って、実質4段階評価ね。
何度か作って
評価を上げたり下げたりして精度を上げていく予定。

自分としては、むちゃくちゃ美味しいやん、と思っても
家族に受けが良くなかったら、2止まりね。
そうすると、長女って好みが狭くて
グラタンとかのクリーム系なので
そのあたりが上位を占めちゃうんだけど。

そうこうしているうちに、さらなる改善点を思い付いた。
メインの料理と、副菜を一緒にしていると分かり辛い

主菜は1から5にするけど
それに合う副菜はABCにする
副菜ってそこまで評価は重要じゃないと考え
和洋中で分けた。
Aが和、Bが洋、Cが中
レシピが増えてきて、やっぱり評価で分けたいとなったら
A1 A2みたいに後ろに数字を足そうかなと
そうすると、和の中で評価で固まる。

以前、お父さんはバカじゃないの?
と非難ごうごうだったのが
主菜が和、副菜が洋みたいな混在型で作ったとき

自分的には美味しそうだと思うものから順番に作っていくと
そうなった。
別に良いんじゃない?
って思ってたんだけど
世の中的には、そうじゃないらしい。
世の中に合わましょう。
主菜を決めた後、副菜を選びやすくしました。

スープとサラダ
そうなってくるとだんだん欲が出てきます。
良く言われるカミさんからの指令は
一汁三菜
主菜、副菜、スープ、サラダ
主菜以外は副菜で引っくるめるんじゃなくて
スープとサラダを分けようか

ということで
スープも和洋中に分けて
E=和、F=洋、G=中
だしを使うやつ、コンソメを使うやつ、とりがらスープの素を使うやつ、って感じでしょうか。

サラダは和洋中も何もないかな、ってことでSにしました。
SはサラダのSね
あれ
スープもSですけど。
まあ、固いこと言いっこなし、ってことで。

進め方
今後どんな風に進めていこうかと思っているかというと
今、メジャーな材料なら
検索すると複数ヒットするようになってきています。

登録が楽になったので、どんどん増やして
と言いたいところですが
グッと我慢。

まずは、1のメニューを確実なものにしたい
あれ、前回は美味しかったんだけどなぁ
というのが、現状。
何度やってもこりゃ間違いなし
味付けの、大さじ何杯的なところ以外は
見ないでも大丈夫さ
にしたい。
改善点の追記もどんどん充実させていってね。

今、味付けまで含めて
何も見ないで作って
評判が良いのが、オムライスかな。
長女のお気に入り。

そのレベルの1が20個位できたら楽になるよね
基本、私の担当は土日なので
それだけでも回していける。

今日何しようかなって考えるのも楽になるだろうなあ。

大体のイメージで
7が作ったことあるやつ
3が新しい挑戦

見えてくるもの
大体、そんなペースで増やしていきつつ、レシピが300位になるまでには
その先に行きたい。

主婦のみなさんには当たり前の事
味付けを自分で調整

酒とみりんと砂糖はどうちがうのか
ネットで調べて理屈は分かったけど
実際のレシピで何をどれくらい使うべきなのか
皆目わからん。

旨みが出るだのコクが出るだのスッキリした甘さだの
今食べた味のどの辺の事をゆうてんのよ

いつまでも、レシピを見ないと料理を作れません
という入門状態を早く解消しませんとね。

毎回レシピ通りに作るからダメなんでしょうね

例えば、レシピより少な目の分量入れて
みりん足したりして
むむ?変わった?
ひょっとしてこれ?
みたいな舌でのお勉強をしていけば良いんでしょうね

ようし
チャレンジするぞ

掛け算に
もし、ある程度味付けが舌で分かるようになったら
次は素材

今はレシピを足していっているけど
掛け算にできるとぐんと広がるなぁ

例えば、昨日
次女に何食べたいって聞いたら
パスタ

1にあった、なんとかとほうれん草のクリームスパゲティを思い出して
ほうれん草のクリームスパゲティでいい?

いいよ
鮭でお願いね

はーい

見てみたらえびだった。

よっしゃ
Evernoteでやっている意味が出てきたぞ。

結果

美味しかったよ

ようし
掛け算になったぞ

鮭でもOKと一行追加

主たる材料と味付けと大体の作り方を
組み合わせを変えながらの掛け算にしながら
これはOKだけどこれはNG

ここまでできるとすごいよね
でーこんのなんちゃら風なんちゃら
ってタイトルつけれるよね

レシピブログみたいに
このブログでレシピ紹介できる日が来れば良いなあ