料理のレシピをEvernoteでまとめてみた(続き)

Evernoteで料理のレシピを整理して
という話でした
Evernoteで料理のレシピをまとめてみた
今日はその続き

さらなる工夫
やりはじめると、いろいろ改善点が見えてきました。

発想の原点としては
レシピの元ネタを使っているだけじゃ進歩がないということ

Evernoteだと、注意点、改善点を追記できます。
本来なら、文の途中に入れたいところですが
写真の後ろに書き足すだけでも十分分かります。
例えば、先日長女に大絶賛をもらった照り焼きハンバーググラタンでいうと
「ホワイトソースは、普通にフライパンで作った
コンソメは2倍量で2個使ったけど1個で良い
ホワイトソースは緩めの段階で止めないと
待っている間に固まっていく。」
みたいな感じ。

一番欲しい情報は、評価だということが分かってきた。

早い話が、美味しかったものを早い段階でもう一回作れば良い。
いまいちだったものは、次作るのはずいぶん後でも良い

そうすると、お父さんは料理がうまくなったと絶賛のお言葉
物事、結構単純。
でも、それが覚えておけないのよ
毎回本から作っていると。
えーっと、これ、美味しかったんだっけどうだっけ

この一番重要な情報を一番分かりやすくした。

タイトルの一番前に入れる。
例えば
1えびとほうれん草のクリームスパゲティ
1から5までを頭につける
そうすると、
Evernoteはレシピがあいうえお順に並ぶから
1ばっかりが最初に並ぶ。
だから、1の方が美味しい方ね。
5は元ネタで美味しそうだったから入れたけど
まだ作ってないやつ
従って、実質4段階評価ね。
何度か作って
評価を上げたり下げたりして精度を上げていく予定。

自分としては、むちゃくちゃ美味しいやん、と思っても
家族に受けが良くなかったら、2止まりね。
そうすると、長女って好みが狭くて
グラタンとかのクリーム系なので
そのあたりが上位を占めちゃうんだけど。

そうこうしているうちに、さらなる改善点を思い付いた。
メインの料理と、副菜を一緒にしていると分かり辛い

主菜は1から5にするけど
それに合う副菜はABCにする
副菜ってそこまで評価は重要じゃないと考え
和洋中で分けた。
Aが和、Bが洋、Cが中
レシピが増えてきて、やっぱり評価で分けたいとなったら
A1 A2みたいに後ろに数字を足そうかなと
そうすると、和の中で評価で固まる。

以前、お父さんはバカじゃないの?
と非難ごうごうだったのが
主菜が和、副菜が洋みたいな混在型で作ったとき

自分的には美味しそうだと思うものから順番に作っていくと
そうなった。
別に良いんじゃない?
って思ってたんだけど
世の中的には、そうじゃないらしい。
世の中に合わましょう。
主菜を決めた後、副菜を選びやすくしました。

スープとサラダ
そうなってくるとだんだん欲が出てきます。
良く言われるカミさんからの指令は
一汁三菜
主菜、副菜、スープ、サラダ
主菜以外は副菜で引っくるめるんじゃなくて
スープとサラダを分けようか

ということで
スープも和洋中に分けて
E=和、F=洋、G=中
だしを使うやつ、コンソメを使うやつ、とりがらスープの素を使うやつ、って感じでしょうか。

サラダは和洋中も何もないかな、ってことでSにしました。
SはサラダのSね
あれ
スープもSですけど。
まあ、固いこと言いっこなし、ってことで。

進め方
今後どんな風に進めていこうかと思っているかというと
今、メジャーな材料なら
検索すると複数ヒットするようになってきています。

登録が楽になったので、どんどん増やして
と言いたいところですが
グッと我慢。

まずは、1のメニューを確実なものにしたい
あれ、前回は美味しかったんだけどなぁ
というのが、現状。
何度やってもこりゃ間違いなし
味付けの、大さじ何杯的なところ以外は
見ないでも大丈夫さ
にしたい。
改善点の追記もどんどん充実させていってね。

今、味付けまで含めて
何も見ないで作って
評判が良いのが、オムライスかな。
長女のお気に入り。

そのレベルの1が20個位できたら楽になるよね
基本、私の担当は土日なので
それだけでも回していける。

今日何しようかなって考えるのも楽になるだろうなあ。

大体のイメージで
7が作ったことあるやつ
3が新しい挑戦

見えてくるもの
大体、そんなペースで増やしていきつつ、レシピが300位になるまでには
その先に行きたい。

主婦のみなさんには当たり前の事
味付けを自分で調整

酒とみりんと砂糖はどうちがうのか
ネットで調べて理屈は分かったけど
実際のレシピで何をどれくらい使うべきなのか
皆目わからん。

旨みが出るだのコクが出るだのスッキリした甘さだの
今食べた味のどの辺の事をゆうてんのよ

いつまでも、レシピを見ないと料理を作れません
という入門状態を早く解消しませんとね。

毎回レシピ通りに作るからダメなんでしょうね

例えば、レシピより少な目の分量入れて
みりん足したりして
むむ?変わった?
ひょっとしてこれ?
みたいな舌でのお勉強をしていけば良いんでしょうね

ようし
チャレンジするぞ

掛け算に
もし、ある程度味付けが舌で分かるようになったら
次は素材

今はレシピを足していっているけど
掛け算にできるとぐんと広がるなぁ

例えば、昨日
次女に何食べたいって聞いたら
パスタ

1にあった、なんとかとほうれん草のクリームスパゲティを思い出して
ほうれん草のクリームスパゲティでいい?

いいよ
鮭でお願いね

はーい

見てみたらえびだった。

よっしゃ
Evernoteでやっている意味が出てきたぞ。

結果

美味しかったよ

ようし
掛け算になったぞ

鮭でもOKと一行追加

主たる材料と味付けと大体の作り方を
組み合わせを変えながらの掛け算にしながら
これはOKだけどこれはNG

ここまでできるとすごいよね
でーこんのなんちゃら風なんちゃら
ってタイトルつけれるよね

レシピブログみたいに
このブログでレシピ紹介できる日が来れば良いなあ

料理のレシピをEvernoteでまとめてみた

以前、料理のレシピを検索しやすいようにまとめています、とお話ししました。
料理、もうちょっとちゃんとやってみるか

その後の経過報告です。

挫折
その時の発想は、本とかクックパッドとかブログとか電子書籍とか
色んなところにある料理のレシピを検索しやすいように同じ形式でまとめようという事でした。
テキスト形式(写真とか色とかもない単純な文字)で保存しましょうという事でした。

結論から言います。
20件越えた辺りからなんともめんどくさくなってきて、挫折。
ある程度の期間、そのまま放っておきました。

次女にその話をしたら
そこはEvernote(エバーノート)でしょ

さすがは次女です。

Evernote
Evernoteというのは、色んな情報を同じ形式で保存でき、検索しやすくするためのアプリ
基本的な機能だけで良いなら無料で使えます。
仕事に関わる色んな情報をまとめようと、以前使ったことはありましたが
何年もそのまま放っていました。

次女の言うことは正しいに決まってます
よし、そっちに移してみよう。

20件ほどのレシピをそっちに移行。

そして、新たに、レシピブログで探したレシピを追加。

今、一番作る率の高いのは、山本ゆりさんのレシピ

山本ゆりさんは本だけじゃなく
ブログもやっているから
本で見ておいしかったやつは
ブログにも出ているはず

ブログを同じレシピの名前で検索して、
ブログのページから
共有で、Evernoteに追加、ってすれば、Evernoteにごそっと入ります。

やったー
こりゃ楽だ。

とはいえ、
あれえ、今度はうまく入らなかったぞ
今度は本にあるのと同じレシピがブログにないぞ

それぞれ、うまくいかない原因はあるんでしょうけど
その辺引っくるめると
劇的に便利とまでは行かないか

ちゅうことで
残念ながら、ちょっと後回し。

続きはまた、日を改めて、再挑戦しよう

また、ある程度の期間放っておきました。

結局、やっぱり、ネットで検索したり、
クックパッドや楽天レシピで検索したりしたレシピより
自分の気に入った料理研究家の出している本が一番家族の評判が良い。

本だと、書き移さなきゃいけないから
結局挫折しちゃうんだなあ
とか思いながら、時が過ぎていった。

とはいえ、もともと思っていた、本読んで作って、
美味しかった、いまいちを繰り返しているだけで
進歩している感がない

そうだ!
そんなとき、ふとひらめいた。
この方法で行けるんじゃない?

写真を撮る。

書き移そうとするからめんどくさい。
写真を撮って、そのままEvernoteに送れば良いんじゃない?

Evernoteのタグという機能で、検索したいキーワードは登録できる。
テキストで打ち込もうとしていたのは
レシピの中の全ての情報を検索対象にしたいと思っていたからだけど

よくよく考えると
中火とか
レンジとか
フライパンとか
大さじとか
醤油とか
砂糖とか
そんなもので検索したら
いっぱい出て来すぎる。

検索したいのは
豚バラとか
じゃがいもとか
ブロッコリーとかの
主たる材料だけ

だったら
本を、タブレットから写真写して
電子書籍だったら、スクリーンショット撮って
後は、主たる材料をタグに入力しておくだけならそれほど手間じゃない。

やっていけるかも。

何とか
結論的に言うと何とかやっていけそうです。

Evernoteのノートブック(フォルダみたいなもん)にレシピというのを作って
写真撮ったのを入れていく。

タイトルは自分で打ち込みます。
で、主たる材料をタグに入力。

今のところ、54レシピ
かなりサクサク追加していけます。

さらなる工夫
ここまでだったら、
Evernoteでまとめるようにしたのね
はい、ごくろうさん

特に面白くもないでしょうけど
でーこんオリジナルの更なる工夫をしていきました。

まずは評価。
ちゅうところで
長くなりますので、2回に分けます。

続きは明日ね。

ちなみにこれはハンバーググラタンです

kindle unlimited、そのあとどうなった

月980円払っていれば本が読み放題
という、うたい文句の、kindle unlimited
2ヵ月ほど使ってみてどうか

というところでしたね

元の記事はこちら
電子書籍、そのあとどうなった

そして、kindle unlimitedに関する元の記事はこちらです。
kindle unlimited で本がなんぼでも読み放題

結論
意味あるので継続

全てのkindleの中の電子書籍が読み放題なんじゃなくて
kindle unlimitedマークがついているものだけ

問題は、そのラインナップが
自分の欲しい本をどれだけカバーしているか
月980円と照らしての判断

最初の1~2週間は
思った以上にはあるなあ、の印象

でも、自分が読みたいジャンルってここの中のここ、みたいに細分化されるから
例えば、図書館だって
ものすごい数の本があってパラダイス!とか思っても
細分化された自分の読みたいジャンルとなると
数ヵ月すると、もうあんまり残ってないかな、って印象になる
最近はあんまり図書館に行っていない。

amazonさんが、kindle unlimitedマークをどれだけ追加したり
入れ替えたりしてくれるかにかかっている

2ヵ月たった今の時点では
思った以上にあるじゃない感は
薄れてきてはいるものの
まだまだ大丈夫。

やってみて分かったことを追記すると
いちどきに借りれる本は10冊まで
それ以上になると、一回返却しないとダメ
まあ、これは何とかなる

googleブックスとは違って文字をコピれる話はこの前しましたが
一定の量を超えると
もうこれ以上はダメです
と、怒られちゃう。
一旦返して、もう一度借り直すと
そこはクリアされるっぽい。
これは、現在のバグかもしれないから
今のところ、という表現をしておきます。

変わったこと
読み放題ってことは
勿体なくないから
つまみ食いになりますね
最初から最後まで全部読むことをしない。

ざあっと流し読みをして、面白そうなところを探す。
ああ、ここ面白そう

この本、大体こんな感じだな
覚えとこう
一旦返すね

ひとつの本にかける時間が長くなるという現象も
逆にある

大量にある本の中で、
自分の読みたい情報がどの辺にありそうか
頑張って探し、頭の中に入れて回る作業がまず必要。

ええっと
確か、あの本のあの辺に書いてあったような

もう一回借り直す

以前と比較して
まず、書籍にかける金額だけど
電子書籍と出会う前後でどうなのか

いっしょかな

月々980円はほぼ見合っているとして
unlimitedマークの付いていない有料の本は欲しくなってくる
もちろんamazonさんとしては、それが狙いな訳ですから

amazonさん
良いと思いますよ
その戦略
なんなら、unlimitedマークもっと増やしちゃっても
有料が売れなくなるということは無いと思う。

残念ながら
電子書籍になっている本はまだまだ少ないから
紙の本買って、ある程度たまったら
自炊代行業者に頼んで、電子書籍にする必要がある
ここが、一冊あたりけっこうかかる

一回、電子書籍の便利さを味わっちゃうと
紙の本を持ち歩く世界には戻れない。

カミさんからの本を捨てろ指令もありますしね。

総合して、かかる金額は増えも減りもしない感じかな

ひとつのブログを書く時間

これは、期待とは裏腹に
逆にかかっちゃってます。
想定外

色々工夫していっているので
これを何とかしたいですね

欲が出ちゃうんですよね
色んな情報が手に入るとなると
いっぱい読んで、複合させて
自分の中でこなれさせて
でーこん流文章に持っていく。

長く続けるコツは
ある程度のところでケリつけて
まあいっか、で記事書くしかないとは思っているんだけど
今は新方式への順応混乱期なので
まあいっか、の気持ちより
せっかくだからもうちょっと
の気持ちの方が勝っちゃっている感じがする

まあ、落ち着くところに落ち着くでしょう

とりあえず良いのは
一時期の
もうブログネタ出尽くしたよ
「もう無理、いつやめようかな」感は
薄らいだかな

電子書籍、そのあとどうなった

電子書籍に関してはリアルタイムで
だんだん染まっていく感じをお話ししていますね

今、現在どうなっているか
ご報告します。

経緯
経緯をざっとおさらいします。
今年2017年1月8日に恐る恐る
電子書籍で、地獄の入口

3月20日
自分の中での、電子書籍へのターニングポイントです。
kindle unlimited で本がなんぼでも読み放題

3月28日
自炊への一歩

自炊について娘に意見を聞いてみたら
自炊について、次女に聞いてみたら。そしてそのあと

そして、今の情況は今日お話ししますが

その前に大きな環境変化があります。

ひとつは「勢いで無駄にタブレット買っちゃったよ事件」
タブレット3台持ち。つくづくアホやなあ。

もうひとつは「長女が戻ってくる」事件です
5/12に帰ってきました。
ああ、長女が戻ってくる
長女が帰ってくる

今は
今は、電子書籍どっぷりになっちゃいました。

持っている電子書籍の数は現在45冊。

内訳は
kindleで購入したもの7冊
kindleでunlimitedで読んだもの30冊ぐらい?(一時に10冊まで借りられる)
自炊代行業者に頼んでpdf化したもの28冊

単純な言い方として
紙の本は、もう持っていなくて、電子書籍しかない。

もうちょっと正確に言うと
6月に22冊分、自炊代行業者に頼んでいるのが完成するとそうなります。

長女が戻って来たので
極端に家が狭くなった
もう、紙の本を持っておけるスペースはありません。

「私の本は」なんですけどね
家族は大丈夫。
家族は紙の本を持ってますが
私は無理。
立場弱いですからね。

独裁者、カミさんからすると
私だけが血が繋がっていない

全部本を捨てるか、あなたが出ていくか、どっちが良い?

使い方
環境変化のひとつ目、タブレット買っちゃったよ事件も大きく意味を持っています。
3台のタブレットのうち、1台は予備で置いてあるんですが
常に2台のタブレットを持ち歩いています。

ふたつのタブレットを同時に片手で持ちます。
かなり大変ですが頑張ってます。
両手に一個ずつでは、操作が出来ないんですよ。

右のタブレットで電子書籍を表示しつつ
それを参考にして、左のタブレットでブログを書く。

でも、そうすると引用ができません。
文章をコピってくることです。
それがしたいときは左のタブレットで画面を切り替えます。

webページから情報を持ってくるときは丸々コピれますが
著作権の問題もあるし
ご存じの通り、私の文章は独特なので
ぐちゃぐちゃに潰していきます。

そういうときも、左のタブレットで元の文を表示しておきながら作業します。

音声認識やOCRでテキスト化した場合であれば
誤変換がいっぱいあるので、元の文章が横にある必要があります。

実感として
まずは、鞄が軽くなったこと。
今までは、
次女が初月給で買ってくれたワンショルダーバックは小さいので
ひとつのタブレット以外にはひとつの紙の本
すごく頑張ってつめて、二冊が限度でした。

今は、ふたつのタブレットだけで、全てがこと足りるので
軽い軽い。

そして、何と言っても冊数です。
今まで2冊が限度だったものが
何十冊を常に持ち歩けている。

革命です。

例えば百人一首なんかで言うと
最低でも、3冊は参考にしている

webページから情報を持ってくる率が減りました。
やはり、webページよりは書籍の方が情報がまとまっているし
信頼性も高い。
やっぱり有料は違いますね。

金額差
例えば、欲しい本がamazonの中古であったとする。
仮に1円。
結構ありますよね
どうやってやっていけるんだか。

送料が約250円と言うのが多いから
1円だとしても約250円
今は、同じ本が金額差が400円まで
すなわち650円までなら
電子書籍で買っている。

そうなると、ほとんどの場合
電子書籍に軍配が上がる。

紙の本買っちゃうと、自炊代行業者に出さなきゃいけないから
一冊あたり宅配送料とか何だかんだ含めると最低でも200円はかかる

出来上がりの読みやすさとか
しおりをつけられるとか
表紙がカラーで見やすいとか
全文検索機能とか
OCRでできない100%正確なテキストだったりと
付加価値が全然違うし
納期0分だし。
再配達してもらわなくて済むし。

kindle unlimitedの実感
月980円払っていれば本が読み放題
という、うたい文句の、kindle unlimited
2ヵ月ほど使ってみてどうか

今回の記事
一旦書いてみて
長くなりすぎたんで
この部分だけ、独立させますね

OCR
OCRに関して実感情報です。
スキャンサポート仙台という自炊代行業者が
納期が早いので利用しているんですが

そこのOCRオプションはプラス100円ですが
ほとんど意味のある精度ではありませんでした。
必要なページをスクリーンショットを取って
andoroidでいうと、羊のマークの「文字スキャン」という
アプリが変換率がかなり良いし早いので
それに渡してやるのが良いと思います。

期待していたのは
コピー出来るということより
全文検索機能です。

例えば、本の内容のどこかに「阿弥陀如来」という言葉が含まれている本を探す。

webページであればgoogleで出来ているこの機能を本でやりたい
これが出来ると無敵なんですけどね
結論的には諦めました。
複数の本以前に
ひとつの本の中で
「阿弥陀如来」のあるページを探すことすら無理
元々電子書籍として売っている本でなきゃダメでした。
OCRは諦めます。
一旦目次のページを表示して
「阿弥陀如来」のページを見当つけて
そのページに行くという面倒な事をしないとダメ

さらなるOCR技術の向上をひたすら待つことにしましょう。