電子書籍に関わるいくつかの提言

電子書籍にどっぷり浸かっています、という記事を書いたのが一年前。
電子書籍、そのあとどうなった

それ以降も、その思いはどんどん強くなっていって

同じ本で、高くても電子書籍買うから、頼むから、電子書籍出して!

極論言うと
紙の本は出版禁止にしてくれれば良いのに、くらいに思っている

物は、物理的に存在しなければ意味の無いものと
そうじゃないものに、大きく分かれる
IT業界でソフトウェアと言われる物は全て後者
情報、というのは全部後者
テレビやラジオや音楽や、コンテンツと言われるものは全部後者
おそらくエネルギーも

はっきり言って後者は全て「物」を無くして良いと思う。

例えば、音楽業界
近い内、ひょっとして数年というレベルでCDが無くなると思う。
アメリカの最大手流通チェーンが、CDショップの売り場展開から一切撤退すると発表した。

音楽業界が低迷しているわけではない。
音楽の売上は過去最高を更新し続けている。

CDが売れなくなっているだけ
ダウンロードで事足りるから。
わざわざショップに足を運ぶ必要がない。

そんな極端なと言われるかも知れないけど、音楽や映像業界は今までもそれを繰り返してきた。

レコードは現実に無くなったわけです。
映像メディアもどんどん変化した。
VHSがベータに勝利したなんて話題が懐かしい。
一部のノスタルジー論はあるけれど
レコードが無くなったことによって、暴動は起きていない。

無くなる、って結構あちこちにある
ワープロ専用機だって、フロッピーだって、電子手帳だって、ポケベルだって、PHSだって無くなった。

風前の灯火の、ガラケー。公衆電話。
固定電話だって危ないし、腕時計すら危ない。
新聞業界はみんなヒヤヒヤしている。

再度、主張したい
紙の本は要らない。

反論
えらい怒られそうですね
あんたはそれで良いかも知れないけど
電子書籍?そんなもん、一回も見たことない

高齢者に死ねと言うことか

実は自分も使ってみて初めて分かったんですが
高齢者こそ、電子書籍が便利
また極論言っちゃうと
高齢者は電子書籍でないと読めない。

文字の大きさ変えると、ちゃんとページのレイアウトも変わってくれる
大きな活字の本が、普通に手に入る
出歩くのが困難とか、本屋まで遠くて行けない地方とかでも
電子書籍なら1分後に読める。

もちろん、ITリテラシー、という言い方をするんだけど
そういう操作が出来ない人だっているんです。

それ言われると実は反論のしようがない。
はいすいません、なんですけどね。

提言
無くなるか議論をちょっと横に置いておくとすれば
電子書籍を中心とした世の中を発展させていくために
二つの提言をしたいと思います。

今、紙の本にあって、電子書籍に無い、二つの仕組みをどうするかです。

ひとつは古本。
もうひとつは、公の図書館(貸し本)。

古本
電子書籍は古くならないですからね。
概念としてあり得ない。

今は、出版から年が経過した本は、誰かが読んだ本として
定価より安くで出回る
いわゆるリサイクルの象徴的存在として、古本屋があるわけですね
「もったいない」の精神は受け継いで行きたい。

例えば、一定年数を経過すれば
個人が所有している電子書籍を何らかの解除の仕組みにかけて
ネット上で自由に販売出来るようにしたらどうだろう。
今は電子書籍の転売は一切NGのはず。
もちろん法整備が大前提です。
必要であれば、著者に何らかのインカムが入るようにすべきかも知れない。

図書館
今、とても便利に使わせていただいている図書館ですが
仮に世の中が電子書籍の世の中になるとすると
図書館ってどうしましょう。

もし、電子書籍の図書館が可能だとすると
各地域に物理的な建物を伴って存在している図書館は
全て要らなくなって
日本の中央に電子書籍図書館がどこかの省庁の管轄の元にひとつだけあれば良い

国家予算的に考えてもどえらいメリットです。

大きな問題が横たわりますね

それってすなわち
全ての本がタダで読めるということになりませんか

本が全く売れなくなりますよね。

さあ困りました。

この問題を考えようとすると
図書館ってそもそもなぜ存在するか
というところに立ち戻らないといけない気がします。

「タダで貸し出されちゃうと、本が売れなくなる」論を言うとすると
今の図書館だって同じ筈。

いわゆる「福祉」で
貧しい人にも学習の機会を均等に、ということなんでしょう。

そして、現実的に図書館の運営が統計上、
本が売れなくなるほどのデメリットが発生しなかったのかも知れません。

おそらく、メリットとデメリットのバランスしかないと思います。
でも、みんなで知恵を出し合うと絶対に可能な筈

総量として影響無い範囲に限定
貸し出された本は、本来販売したとしたら得られるであろう利益を
著者や出版元販売元等に補填
それは、税金から。

国民の知識知恵の向上は
即、国力だと思います。

非常に低い確率かも知れませんが、もし、この記事をその関係者のお偉いさんが読んでいただけたら
ぜひご検討いただけたらと思います。


ザクロ

花カレンダー始めました

Googleでのおでかけマップの作り方

Googlemapを使ってのおでかけマップの作り方を説明します

私はタブレットしか持っていなくて、スマホを持っていないので
ひょっとするとスマホではちょっとイメージが違う可能性があります。
似た感じのを探してね

マップから
まずGooglemapが立ち上がった状態から
左上の三本線をタップします。


こんなメニューが出ますから、マイプレイスを選びます。

マイプレイスの上のところの「保存済み」を選ぶと、こんな画面になりますので
右下の青丸プラスをタップします。

リストの作成
作ろうとしているのは「リスト」と言われるものです。
各ポイントを入れるリストをまず作るわけです。
一日で歩けるウォーキングコースを作りたいなら「海辺の散策」でも良いし
マンホールのリストを作りたいなら「マンホールコレクション」でも良いし
「温泉旅行」「たこ焼きマップ」「美味しいラーメン屋さん」も良いですね

リスト名と適当な説明を入れて(説明は最悪入れなくてもオッケー)保存
はいこれでリストの出来上がり
簡単ですね

場所をリストに入れる
あとはどんどん、リストに場所をほりこんで行きましょう。

神田やぶそばを入れたかったとしましょう

ここで神田やぶそばと入れたら、こうなります

これはGooglemap を使ったことある人なら
知っとります、まかさんかい、ですね。
下のタイトルのところ押してください
こんな画面に変わります

ここで保存ってやつを押してください
おやおや?
さっき作ったリストが、もうこんなところに
はい、このリスト名を押したら、リストに追加されました。

おちゃのこさいさいですね
次々どんどん入れましょう。

たまに、Googleさんが嫌がらせで、保存ボタンを見せてくれない事があります。
そんなときも、慌てず騒がず
下の方を指で引っ張って下さい。

Googlemapの地図上に既にマーク付きであれば、そのマークをタップしてもOK。
あとは同じ手順です。

検索で出ない場所
問題は、検索で出ない場所です。
例えば、日本橋のレアな青い郵便ポスト。正式名称、郵便差出箱特四号。
こんな貴重なものなのに、Googleさんは興味がないらしく、検索しても出ません。

ここで裏技。
地図のその場所を直接タップしちゃいましょう。

Unnamed Road とか出たり、住所が出たりします。
これだけじゃ訳分かりませんから、ラベルをつけましょう。


残念ながら、リストには相変わらず、Unnamed Roadとか住所が出るだけですけど
そこをタップすると、ラベルが表示されます。

確認
さあ、リストを確認してみましょう
マイプレイスの保存済みを見ると、リストが出ています。

そこをタップすると、ほれこのとおり

各ポイントの説明がいたれりつくせり
地図には、緑の古銭のようなマークが

もうできちゃったのね

公開
せっかく作ったリストは他の人にも公開して見てもらいましょう
三つの点々を押すと、こんなん出ますから、共有オプションをタップ


非公開を一般公開に変えてやりましょう。
どうだっ

すると、リンクアドレスが出てきます。
リンクをコピー、を押せばもうこっちのもん。
メールだろうが、ブログだろうが、ラインだろうが、ツイッターだろうが
「貼り付け」してください。
ほらほらほらと見せびらかしましょう。

もし、作ったリストを「おでかけマップ」に乗せても良ければ
リンクをコメント等でお知らせくださいね

Googleでおでかけマップを作ろう

以前、黒山三滝に行ったとき
黒山三滝の写真を取りました。

写真をアップ
いつも、ウォーキングでどこかに行くとき
お世話になりっぱなしなのがGoogle先生。

当然場所がどこかを知りたいときに「黒山三滝」検索でピピッ
でも、それだけじゃなく、最近のGooglemapは至れり尽くせりで
写真がすごく充実しているし
ホームページにリンクされたりもするので
ウォーキングコースの下見とかをするときに
それを見て、うーんいまいち、パスとか言いながら
行く前にある程度の選別が出来るわけです。

お世話になりっぱなしっちゅうのも何かな、と思い
自分もせっかく写真を撮ったんだし、アップしてみようかな

三滝それぞれで写真を数枚アップして
それ以来すっかり忘れておりました。

1ヵ月ちょい前
突然Googleからメールがありました。
いかん、何かやばいことしたっけか

あなたが投稿していただいた写真に100個以上の「いいね」がつきました。
Googleはあなたのような方に支えられています。
ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
とのこと

おおっ
何と世界一の大企業、Google様が私のような名もない平民に
直々にメールをお出しいただいて
しかも、ありがとうございます。などと
もったいのうございます。

メールにあったリンクをクリックすると

こんな感じで管理されていて
さっき見ると1000回以上表示されたりするものまで
なんと素晴らしい。
投稿とかも出来るようなので、色々出来そうだぞ

とは言え、それ以降、またすっかり忘れておりました。

地図でコース
ウォーキングでどこ行こうか考えるとき
Googleでブログとかを色々検索する訳ですが
たまに、Googlemapに連動しているものがあります。
旧東海道を歩こうとか、東京マラソンコースとか、谷中七福神とか
地図のところをタップすると、そのままGooglemapの画面が立ち上がって、
Googlemapの機能がそのまま使える
無茶苦茶便利

この何ともありがたいのは、どうやったら作れるんだろう。
ググってみました。

なるほど
一応私もIT業界のはしっこにおりますので
やり方は分かりました。
とは言え、プログラムを組む必要がある。
ただでさえ、ブログ書くので忙しいのに、そんな暇ないなあ

いや、世界一の素敵企業Googleさんですから
何か方法があるはず
例の写真アップの辺りで何か機能があるんじゃないか

やりたいこと
やりたいことはこんな感じ

お出掛けはカミさんに内緒で抜け出すから
帰るとばれないようにちゃんと晩御飯の支度をしないといけません。
それまでの僅かな間で、記事を書いて、写真をスライドショーの動画にして
さらに地図となると、記事を書きながらの時間で出来るほどの簡単さでないとね。

そのコースの各ポイントは、地図上にマークで表示できるようにしたい。

そこをタップすると、そのままGooglemapが表示できるようにしたい。

将来的には、ひとつところにそれぞれのコースをまとめたい

ということで結論的に、出来たのが
前回の蔵前から清澄白河でリンクにしたこれです。

蔵前から清澄白河

データベースに
今まで東京を中心にしたエリアをいっぱいウォーキングしました。

その都度、
うひょー、大興奮!みたいなブログにしてきて
結構貯まってきました。

途中からは、写真をスライドショーとして動画にして、Youtubeにあげる事もしてきました。

よし、これらを一ヶ所にまとめるぞ
作ってみました。
その名も「おでかけマップ」
おでかけマップ
こうしてみると、結構いっぱい歩いたもんです。

過去に遡ってどんどん書き入れていきますからね

簡単に作れるという事を重視するため
各ポイントは印が付きますが
ルートの間を結ぶ線は諦めました。

使い方
大体分かるかとは思いますが
おいおい、使い方の記事も囲うと思います

作り方
頑張ってああでもない、こうでもないと試しましたので
みなさんも作れるよう作り方もまとめようと思います。
線さえ諦めれば、誰でも簡単に作れます。

今は私一人で作っていますので、東京中心になっちゃいますが
もしよろしければですが
各地域のお出掛けマップを作っていただいて
リンクアドレスをコメントでいただければ
付け加えていきたいと思います。

目指すは、みんなで作る、全国お出掛けマップ!

バナナの皮の摩擦係数を考える

日曜日、ラジオで学者先生が出ていました。

馬渕清資先生。北里大学の名誉教授です。

おえらい先生ですが
イグノーベル賞を受賞した。

イグノーベル賞は、ノーベル賞に対するパロディというかジョークとして始まった。

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して送られる。

ジョークとしては世界的に一番規模が大きいかも知れない。
かなり有名で世界中で報道される。

ジョークが下手と思われている日本人ですが
実はかなり連続でいっぱい受賞していて
常連国。

そういうのを聞くとほっとします。

日本人の受賞で有名なのは
たまごっち、バウリンガル(犬語測定器)、カラオケでしょうね。

そんな中、2014年に物理学賞を受賞したのが、馬渕清資先生

受賞テーマ
受賞したのは
「床に置かれたバナナの皮を人間が踏んだときの摩擦係数を計測した研究」

馬渕先生の専門は人工関節
どれだけなめらかに動き、ギシギシしないかが重要。

本の中でも講演でも、「バナナの皮でツルンと滑るように」という表現をしてきた。

古今東西、バナナの皮で滑るというのは
あらゆる漫画での定番ギャグ

一番イメージしやすい。
疑う余地もない。

当然、誰かが以前に調べているだろうと思いつつ
ちょっと不安になった

一応確認しておこう。

ところがいくつか文献を当たるが、調べている人がいない

むきになってどんどん調べていくがどうしても見つからない。

調べる
こうなったら、自分で調べるしかなかろう

摩擦係数を測る原理は単純
板の片側に測りたいものを置く
例えば氷とか消しゴムとか
それで板の片方を持ち上げていく。
滑り出したときの傾きの角度が摩擦係数になる

やってみよう
バナナの皮を置いて
ワクワクドキドキ

ん?
滑り出さない

予想を遥かに上回る角度まで上げても滑らない。

まずい
これはまずい
色んなところで言っちゃっている。
嘘つき教授になってしまう

ここで学者魂に火がついたらしい。

やってやろうじゃないの

条件
考えられるのは、特定の条件によって滑るようになるということ

そうです。
踏んだら滑る

となると、事は単純ではなくなる
板を傾けただけじゃない。

幸いにして本業の人工関節の摩擦係数測定用の機械はある
それを、「踏んだら」と「滑る」の数値にどう使えば正しい測定になるのか

自分で滑って転びながら考える。

この研究のために本業の機械を使うのは申し訳ない
お休みの時に片手間にひっそりと、という研究になる

バナナを食べるのは飽き飽きしてくるので
そこは学生に協力してもらう
ごめん 皮だけちょうだい

剥き方にもコツがあるらしい
皮の横幅が広い方が
測りやすい。

そんなの何とか測れさえすれば2~3回もやれば良いんじゃないの?
と素人の私は思いますが
学者先生は違いますね
「これが正しい測定結果」として発表するには
一定以上のサンプル数と精度が必要なのでしょう。
先生頑張りました。

結果
「バナナの皮は、踏めば滑る」は証明されました
何もないときに比較して1/6の摩擦係数

皮を踏むと内側の白い部分が半透明のゼリー状になる
皮には粘液が詰まった粒がたくさんあり、これが踏んで潰れることが、滑るカラクリなんですね

明治から戦前の日本人の発明シリーズでは
みんな何度も何度もくじけずに試作を繰り返したという歴史があった。

同じ苦労をしている

唯一違うところがあるとすると
何の役にも立たない。

イグノーベル賞たるゆえんですね。

仕組みまで分かったんだったら何かの役に立つのかな

現在のところ 不明

教授は使命感のようなものに突き動かされたんでしょうか

いえ、個人的興味です。