娘と息子、一家勢揃い。ヒンヤリスペシャル

長女夫婦と次女がやって来た。

ちょっとだけ過ぎたけど、父の日
去年も来てくれた。

今年は私自身すっかり忘れていたけど、長女夫婦が来てくれるという

朝から角上魚類という魚専門のスーパーに行って
有頭エビとかイカとかを買い出し

隣の八百屋さんで、メロンとかさくらんぼの佐藤錦

お昼は外食、夜はお好み焼き、という計画

こういうのも買ってあってね
珍味とか、おせんべえとかビールとか

お昼は外食しましょうか

うちの最寄り駅清瀬駅の近くにあるリーズナブルなフランス料理屋さん




ナイフとフォークは外側から使っていくんですよ

分かりました。
フランス人が決めたんですね
従いましょう。

前で長女夫婦の色んな掛け合い

ほんとに仲良いなあ

そして
良い息子だなあ

帰ってきて
何だか眠たくなっちゃったので、
みんなでちょっと居眠り

そのあと
次女が合流

次女は農業の会に入っているので
そこでの収穫物
じゃがいもと、これは大根かと思うほどのぶっといゴボウを持ってきた

じゃがいもふかそうか
ジャガバター
そして、ゴボウで甘辛炒めを作った

息子はこのゴボウの甘辛炒めが気に入ってくれた

これは止まらなくなりますね

果物といっぱいお菓子
そしてパン
カミさんの得意料理、フワフワ焼きも

このあたりから、長女がクレームを言い出す

ちょっと待ってよ
さっきフランス料理食べたばかりじゃん
どうやったら、こんなに食べられるのよ

6時くらいになって
さあ、晩御飯にしようか
お好み焼きね

私がキッチンの方でお好み焼きを作って
みんなで、ホットプレートで、肉やエビやイカを、って構想

えええーっ
食べれませーん

ですよね
私も、正直そんなに?
とは思いました。

でもね
カミさんにしてみれば
家族全員揃うことなんて、
正月以来です。

あれも食べさせてやりたい
これも食べさせてやりたい

頭の中にギュギュっと詰まっちゃって

私だって、気持ち的には全く一緒

プレゼント
お父さん、これ

えっ

そうでした。父の日でした。

あああっ
扇風機だっ

一昨年くらいからでしたっけ
大流行した。ウォーキングの時に首からかけられるやつ

ウォーキング同好会やっていると
夏場、それを持って来る人がいたりする

涼しいですね

何度か、自分でも買うかなあ、と思いつつ
今まできた

お、お洒落ーっ


言われなきゃ、若者が首にかけているヘッドホンに見える

首の後ろに冷却プレートなるものまであって
ヒンヤリ冷たくなる

みんなで試しながら
おおっ、すごい。
こりゃすごい

単純にプレゼントをもらったことは嬉しいんだけど
何が嬉しいって、ちゃんと、私の事を考えてくれたこと

前回の、古地図もそうだけど
ほんとに一生懸命考えてくれたんだなあ、ってこと

さあ、今度のウォーキングイベントは
ネッククーラーのデビューですぞ

[家族]シリーズはこちら(少し下げてね)

朝顔観察日記。葉っぱが増えてきました。

朝顔観察日記。咲くと良いなあ
の続きです。

前回は、朝顔を植え替えたところまででした
6/14

そのあと、
おっ本葉か?
6/18

本葉が大きくなってきました
6/19

他はこんな感じで

6/21
良い感じ

6/23
そして今日
おおっ結構いっぱいわしゃわしゃ増えてきたぞ


100円ショップで買ってきた活性液も突き刺しております。

さあ、花は咲きますや否や

ちなみに、今年の庭の芝生は、こんな感じです。
かなり緑でしょ

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

山岡鉄舟と1111円使いきりゲームと虫の声

谷中でのウォーキングイベント。渋沢栄一の墓
の続きです。

さあ、ウォーキングイベントです

天王寺で富くじの話や五重の塔の話

谷中霊園
渋沢栄一の墓と
徳川慶喜の墓

笠森お仙稲荷
小股のきれあがった、ってどこでしょうクイズ

そして、全生庵
以前全生庵に行った時の様子はこちら
今日も金ぴか観音様が存在感バッチリ

山岡鉄舟
ここには、山岡鉄舟の墓がある

山岡鉄舟は、東京をウォーキングしていると、ゆかりの地がいっぱい
自分のブログの中でだけでも「山岡鉄舟」で検索したら9個もあった

山岡鉄舟は3つの道を極めた人
剣の道
禅の道
書の道

一番有名な出来事は、
江戸城無血開城の前打合せのために、静岡で陣取る新政府の中に
幕臣代表として、単身堂々と乗り込んで行ったこと

「われは、朝敵、山岡鉄舟なり」

お陰で江戸は火の海にならずに済んだんです。
西郷隆盛。なぜ江戸城総攻撃を中止したか

書の道に関連しては、木村屋のアンパン
木村屋の看板は山岡鉄舟の書いたものです
木村屋のアンパン。ぶん婆ちゃん頑張れ!

残りの禅の道
山岡鉄舟は臨終の時も結跏趺坐(けっかふざ)の姿勢で座禅を組み
そのまま亡くなった

その朝、弟子たちが集まっている中に、勝海舟も訪ねて行った

先生、ご臨終ですか

ああ、先生、そろそろ涅槃の道に旅立つところです。

あっそう。じゃあね

勝海舟は、そのままさっと自宅に帰ると、自宅に連絡
家を出られたすぐあとに亡くなったそうです。

ふーん

そっけない反応

この二人の関係すごいな
勝海舟としては、山岡鉄舟の事を完全に認め分かっているから
「普通」だよね
って感覚なんでしょう

あるいは、そういったそっけない反応をしてあげる事が
最も山岡鉄舟らしさを讚美することなのかも知れません

1111円使いきりゲーム
さあ、1111円使いきりゲーム

谷中銀座の商店街の中、1111円を入れた別財布で買い食いしながら
ぴったり使いきりましょう

6年前に同じゲームをやった時は
1円残した人が二人で優勝

真剣勝負だ

私は、2回目なのでコツも分かっております。

早いうちにスパートをかけすぎ
お腹いっぱい
もう食べられませーん

さあ、結果は
お寺に集合して表彰式

おおおっ
なんと、ピッタリが4人も
2円残しが1人

面白いもんです。
全く予想しなかった方法でピッタリになった人がいた
次回のために、その方法は内緒にしておきますが
賢いっ
天才っ

ピタリ賞は3つしか用意していなかったので
優勝とピタリ賞二つずつに分けた

賞品はいうと表彰状

みんなでBGM

♪チャーンチャーチャチヤーンチャーン

ひょーしょーじょー

道灌山(どうかんやま)
そのあと、西日暮里まで
最後は道灌山

江戸時代の人って幸せ上手
金なんかなくったって楽しむすべを持っている

そのひとつが虫聴き
虫の声を楽しむ

季節になると、虫かごに虫を入れた虫売りがやって来る

下さいな

それを家で楽しんでも良いんだけど
わざわざ、近場で風光明媚なところに虫かごを持っていく

道灌山

ござを敷いてまったり

♪リーンリーン コロコロコロ

おっ、昨日のおじさんまた来てるぞ

ものの豊かさより、心の豊かさ
考えさせられます。

せっかくですから、
タブレットから、虫の声を流して
みんなで楽しみました。

今度は、マツムシね

大丈夫、現代人だって。
工夫次第で楽しみ上手

1111円と、表彰状さえあれば

面白かったね
また、やろうね

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)

谷中でのウォーキングイベント。渋沢栄一の墓

月に一度のウォーキング同好会のイベント
いつもは、イベントやるときは、だいたい2回くらい下見するんですが
今は難しい

色々考えて、過去にやったことのあるイベント
谷中の1111円使いきりゲーム、です

みんなそれぞれいつもの財布とは違う財布に1111円をいれておき
谷中銀座の商店街で買い食い
残りが一番少ない人が優勝

ちょうど6年前の6月18日(土)全く同じ日にやりました。
大盛り上り
谷中銀座はおせんべいとかコロッケとか、安くて1個から買えて
買い食いしながら歩くという楽しい商店街

前回ピタリ賞は、出なくて、1円残しという人が2人優勝
はたして今回は?

結果は後でお話しするとして
谷中と言えば、歴史の宝庫
下見せずともしゃべれることが色々

さあ、始まり始まり

のその前に

今ほとんど出歩けないので
月に一度のリフレッシュデーくらいは目一杯楽しみたい

集合時間より前に着き
日暮里駅周辺を散策だ

善性寺

見事な木

大黒様もでかい
小判を何枚も持っております

写真で分かるかなあ
とってもでかい灯篭

そして、ここには
なんとあの6代将軍家宣の生母、長昌院の墓があるはず
どこ?どこ?
そんなすごいもの、一番目立つところにあって
どーんと三つ葉葵がありそうなもんですが

うーん、わからん

(後で調べて分かったことですが、家宣が将軍になったため、ここから寛永寺に改葬されたそうです)

もうひとつ
あの、首相石橋湛山の墓があるはず

あったあ

羽二重団子
向かいが羽二重団子の団子屋さん
でも、さすがに朝早くからはやっておりません。
残念

正岡子規も俳句に詠みました

夏目漱石はじめ、数々の文豪たちの作品に登場する、超有名なお店らしいです。
今度また来て、食べてみましょう。

戻りましょう

もうちょっと時間がありそうです。

今回のイベントのコースの中で
コースに入れてはいるんですが
実は一度も行ったことが無いところがあります。

それも、超大物であり
私が最も大好きな人の墓

渋沢栄一です

行きましょう

谷中霊園の中です。



今までの有名人の墓とは全くイメージが違いました

私は今、あの渋沢栄一の墓の前で手を合わせている
えも言われぬ、独特の時間と空間

来て良かった

さあ、戻りましょう

イベントの様子に合わせて
いくつかの話を次回、していくことにいたしましょう。

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)