[明治] 元老のその後

[明治] 総理大臣は元老が選んでいた。
の続きです

元老
明治14年の政変後、
長州、薩摩の藩閥政治家たちは、次の首相を選ぶという重要事項を
伊藤博文、山県有朋、黒田清隆、松方正義、井上馨という5人が集まって協議して決める仕組みを作った。

最初の頃は自分達で持ち回りになる

5人の力関係は
どーんと伊藤博文
ちょっと離れて山県有朋と黒田清隆
もう少し離れて、井上馨
さらに離れて松方正義、って感じでしょうか

この力関係はだんだん変わっていくんですけどね。

結局のところ、そんな不思議なインフォーマルな会議がなぜ幅をきかせていたかというと
天皇です。

天皇が5人に声をかける
考えてね

明治って立憲君主制だから
それなら仕方ないね、となる

伊藤博文は海外を回って君主も個人的な気分で統治するのではなく
国の中の一機関として存在するのだということを学んでくる。

大日本帝国憲法を制定するにあたり
明治天皇にその考え方を伝授

まだ若かった明治天皇は、素直に感銘
教えてくれた伊藤博文の事も大好きになる

ただ、だんだん明治天皇も歳を重ね、
色んな事が分かるようになってくると
多少は自分の意見も言いたくなってくる

絶対的に信頼されている伊藤は、
その辺の事も理解している

たまに、5人全部じゃなくて、一人だけに声をかけて意見を聞いたりすると
まずいってことで
二人増やす。
西郷従道と大山巌
どうしても、伊藤と山県と井上が長州で
強くなりすぎるので、薩摩を補充って意味もあるんですけどね

やんわりと
一人とかはダメですからね
こっちで決めた人に声をかけてくださいよ

どうしても天皇としても好き嫌いが出る
圧倒的に好きなのが伊藤で
正直好きじゃないっていうのが、黒田と大山

松方って財政に滅法強く
大蔵相としてはとても力を発揮し、元老に選んでもらえたりした
でも、どうにも次がいなくて、首相になったとき
とても今いちで、すぐに退陣になった。
ところが経験って面白いもので
2回目、3回目と首相をやる機会が出てくると
慣れてきたというのか、どんどん力を発揮していく。

最初は薩摩の筆頭は黒田だったのに
天皇に嫌われちゃったということもあって
松方に取って変わられていく。

元々、政党に対抗して伊藤が考えた仕組みな訳だけど
どうしても、政党の力が強くなってくるとそうもしていられなくなってくる。

部分的に、自由党や進歩党の力を少し借りて、大臣になってもらったりしながら

時には、一回やらせてみようって事で大隈重信を次期首相として指名したこともある

残念ながら内部分裂を起こして、大隈内閣はたった4ヵ月で破綻してしまうんですけどね。

そんな中で、政党に対する考え方で元老の中で考え方が分かれていく。
大隈内閣が失敗したこともあって
山県有朋は政党による内閣はまだまだ早いと思っているんだけど

伊藤は、だんだんそろそろ良いんじゃない?って方に傾いていく。
で、自分で政友会って政党を作っちゃった。

当然藩閥を守ろうと思っている藩閥政治家たちからは嫌われてしまう。

山県有朋の方につくようになっていって、
力的には、伊藤に山県が並ぶようになってくる

でも結局は天皇の影響力はすごくて
ダントツで信頼されている伊藤は
暗殺されるまで、山県に抜かれることはなかった。

どんどん元老たちが歳を取ってくると
マスコミとかは元老を批判するようになっていく。

伊藤が暗殺されたころになると
黒田も西郷も亡くなってしまった。

残された山県は元老制度を守るべく頑張る頑張る

山県の後継者、桂太郎と
伊藤の後継者、西園寺公望
の時代に突入

山県と伊藤は何かと張り合っていたが
この二人は立場は違えど個人的には仲が良い

お互いに次は君ね、さらに次はまたこっちみたいに密約を交わす。
元老の審議は形式だけ

最後まで知らされていなかった山県は大ショック
今までずっと桂太郎を可愛がって来たのになぜ言わん。

さらに桂が政党を作ろうとしたので大激怒
この裏切り者が。

で、元老制度を守るべく
追加した元老がなんと政友会の西園寺公望

政党ですやん

案の定
初めて、元老会議に参加した西園寺は

私は多数党が政権を取るという考え方が良いと思うんですよ

そりゃそう言うわね

その後、おじいちゃんたちの元老は、次々亡くなっていきます。

気づいてみれば、元老は、西園寺ただ一人

でも最後まで、西園寺が頑張るんです。

結局、普通に考えていかにも闇の組織のような元老が
そこそこ適切な首相を選び続けられたというのは
たまたまこのメンバーが優秀だったからでしょう。

伊藤が飛び抜けて私利私欲を考えない人だったからというのもあるんでしょうが
誰一人私利私欲を考えていなかった。
普通に考えて、次の首相を決める人がいたら
首相になりたい人は思いきり賄賂贈るでしょう。

そうならなかったんです。

[明治]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植物]フクジュソウ。あったかいんだからぁ

植物のかしこい生き方、第二章「あらがわない」から

自分にないものを手に入れて好かれようとするのではなく
自分の中にあるもので魅力を伝える

フクジュソウ

お正月の飾り物
ナンテンとフクジュソウ


ナンテンは難を転じる

難を転じてどうなるの
福となす

福寿草の出番です。

福でもって長寿
これひとつで七福神のようです。

旧暦のお正月、二月頃に黄色い花を咲かせるので
元日草や朔日(ついたち)草というおめでたい名前も持っています。

新春に地上につぼみが出てきて、葉っぱが出るより先に花が咲きます。

花が根から直接咲いているように見えますが
短い茎は存在し
栽培を続けると茎も長く伸び、葉っぱも大きく成長します。

まだ寒い冬に花を咲かせるのは
花粉を運んでくれるハチやチョウチョウ等の虫を誘う競争を避けるためです。

この植物シリーズでお馴染みですね。

ところが、このフクジュソウ
虫を誘うために良い香りを出すことも
甘い蜜を出すこともしません。

そりゃ競争を避けたとしても無理なんじゃないの?

季節と色と形にヒントがあります。

冬の寒い時期
明るい日の光が当たると
光沢のある黄色い花びらがパラボナアンテナのような形に広がります。
そして、ヒマワリのごとく、太陽の動きに合わせて花の向きを変えます。

するとどうでしょう。
花が温かくなるんです。

寒いよう
ブルブル震えていたハチたちは
フクジュソウでひとやすみ

♪あったかいんだからぁ

これぞ幸せの提供者
福寿草の名を持つだけの事はありますね

人と同じような武器も能力も持っていないんなら
勝ち負けなんかじゃなく
あったかさを提供すれば良い

にっこり笑えば
それだけで良いんじゃないかなあ

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]54 仁明天皇。藤原摂関政治への布石

嵯峨天皇と淳和天皇の間で、ジグザグ作戦の合意が出来ていました。
弟(淳和天皇)に譲る替わりに、その次は息子(嵯峨天皇)に譲ってね
さらにその次は、淳和天皇の息子に譲るから

仁明(にんみょう)天皇
833~850年

約束を守るべく、皇太子に淳和天皇の息子、恒貞(つねさだ)親王を立てた。

その後、承和7(840)年に淳和太政天皇が亡くなった。
さらに、承和9(842)年、今度は嵯峨太政天皇が亡くなった。

あれ?
約束の当事者二人とも亡くなったのね。
約束をもし守らないとしても、誰も分からないんじゃない?

仁明天皇にも息子がいる
人情として、本当は自分の息子に譲りたい。

そんな心の奥底を見抜き、自分の利害と一致させる者がいた。
藤原良房

承和(じょうわ)の変
仁明天皇の次を恒貞親王ではなく良房の妹と仁明天皇の間に生まれた道康(みちやす)親王にすれば
良房にとって都合が良い

嵯峨太政天皇が没した実にその2日後
伴健岑と橘逸勢の謀叛が発覚
二人は、恒貞親王を担いで、クーデターを起こそうとした、という
承和(じょうわ)の変です。

不思議ですね。
もうちょっと待っていれば、皇太子なんだから次期天皇

ここでクーデターを起こす必要があるとは思えない。

事件の処理は速やかで、健岑は隠岐、逸勢が伊豆に配流、
恒貞親王は皇太子の地位を廃された

結果として、良房の視点で見ると、色んな事を一気に解決できたことになる。
藤原氏のライバル、伴氏と橘氏を追い落とし
関連で、藤原氏内での一番のライバル式家を数多く失脚させた。
良房は北家です。
唯一、式家で左大臣という最高権力者、緒嗣(おつぐ)だけは残ったものの、おじいちゃん
時間の問題と思っていたらやっぱり翌年亡くなった。
これで、完全に北家一人勝ちになります。
かつては、北家、式家、京家、南家の四家が並び立っておりましたが
以降全て摂関家は北家ということになります。

そして、道康親王が皇太子となって、天皇との親戚関係が密になり
影響力が強大になったのです。

仁明天皇としては、ジグザグの約束が反故になり、自分の息子に譲れることになり一安心
お父さんとおじさんが政治もそこそこにお金もがっぽりで、文化的に楽しんでいるのを目の当たりにしている。

羨ましいなあ
譲位はしなかったものの、政治は良房に任せ
自分は文化にいそしんだ。
お父さんとおじさんは、漢詩が大好きだったけど
仁明天皇は和歌
ここから、ぐぐっと和歌が重要視される時代に入っていくのです。

藤原氏の栄華の時代はもうまもなくですが
一般的には、藤原氏がわがまま放題で、天皇をないがしろにして、ってイメージですが
実は持ちつ持たれつ。

政治より文化が大好きな天皇がこれから続いていくので
厄介な政治を引き受けてくれる藤原氏は有難い存在。

悪いねえ、押し付けちゃって
変わりに好きなようにしていいからね、って感じです。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

[伊勢] お伊勢参り。わしも世話になろうかいのう

伊勢神宮は、昔、私幣禁断(しへいきんだん)という制度がありました。

天皇以外は、伊勢神宮にお供え物をしてはいけません。
天照大御神と天皇を直結させる権威付けでしょう。

皇后や皇太子でさえ、天皇の許可を必要としました。

とはいえ、天皇自体も参拝しないのです。
これでは、伊勢神宮が遠い存在になってしまいます。

現実には、参拝が禁じられている訳ではないので、
京都から行列をなして、どどっと参拝

ただ、庶民には、まだまだ遠い存在でした。

それを変えたのが御師(おんし)という存在
他の神社にも同様の人がいるのですが、その場合は同じ字を書いて「おし」と読みます。

御師は、伊勢神宮全国普及委員会みたいなもので
全国津々浦々担当割して、
私はこの地域ね
あなたはこっちを任したよ

仏教を真似て、檀家制度。
その地域地域で檀家を募っていきます。

ピンポーン
すみません、伊勢神宮の御師と申します。
今ちょっとお時間よろしいですか。

地道な活動により
檀家を増やしていきます。

どんなに伊勢神宮が魅力的なところなのかを語り
是非一度いらしてくださいな。

一般庶民を回る訳ですから
相手は百姓。

魅力だけではなく、具体的な物で釣ります。
30万円とかではありません。

まずはお札
今、檀家になっていただければ
正真正銘、伊勢神宮でお祓いしてもらったこのお札を差し上げますよ。
ほれほれ
ご利益ありますよ

それだけではなく、百姓の仕事に役立つスペシャルグッズのプレゼント

暦です。

昔は、暦って全国統一ではありません。
太陰太陽暦ですので、1年は365日じゃないんです。
お日様の動きを元にした太陽暦じゃなくて
お月様の動きを元にした太陰暦の改正版
29日から、30日で月は満ち欠けし、それが12ヵ月
365日には足りませんから、毎年少しずつずれていきます。
それを補正するのが太陰太陽暦と言っているゆえんで
19年に7回、なんと13ヵ月ある月があります。
閏月(うるうづき)と言います。

そんなんじゃ農作業できません。
一体いつ田植えをしていいもんやら。
で、二十四節気なるものが登場するのです。
啓蟄とか、大寒とかそういうやつです。

暦って今のカレンダーとは根本的に違います。
毎年毎年、太陰太陽暦と二十四節気の変換表が要ります。
暦を見ながら
ええっと今年は、と
5つめの月、すなわち5月の三日月(3日は必ず三日月です)の日の翌日に田植えをしたら良いのね。
毎年毎年違う、その暦は生命線。
寒い地域、暑い地域で、最適な田植えの時期も違うのでその補正も要ります。

地域ごとに、頭の良い有力者が作ってくれることもあるのですが
なんと、伊勢神宮の御師の作る暦の方が優秀なんです。

待ってたわ。御師さん
今年も頼りにしてますよ。

なぜ優秀かというと、御師同士で情報交換するから。
地域に散らばっては伊勢に戻るということを繰り返し
各地の情報を得ます。
時には、収穫作業の改善方法なんかも聞き出し、
暦にワンポイントアドバイスなんかも付け加えたりします。

極めつけは種
日本人って大したもんで
何とか収穫量をあげるため
作業の改善もし、種の品種改良もしていきます。
その種を貰ってくるんです。

伊勢に戻って、その種を実際に植えて増やす。
こりゃ他の地域にも使えそうだって種を交換し
地元に戻ってプレゼント
エエ種入手しましたで。

もう、神様です。

農業の発展に伊勢神宮の御師がずいぶん貢献しているんです。

そして、儲かった暁に
毎回散々聞かされ、
頭の中で夢のレジャーランドになっているお伊勢参りです。

いよいよですね。
私、先に戻ってお待ちしていますからね。

伊勢で泊まるのは、御師が特別にこしらえたスペシャルなお宿
顔馴染みの御師が徹底的におもてなし。
能とかも見れます。

これが、世間で話題になっている能ってやつかいな
初めて見せてもらいました。

極めつけは、布団
なんと絹で作った布団が用意されているんです。

ああ、もうわしゃ死んでもエエ

当然、地元に帰ると、知っている人全員に自慢しまくります。

そんなにエエところなんかい
わしも、御師さんの世話になろうかいのう

爆発的にお伊勢さんファンが増えていく訳です。

そして、江戸時代に
お伊勢さん人気は不動のものになります。

江戸時代の伊勢参り事情を次回

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)