植物は接触を感じている

植物の感覚のシリーズです。
目、鼻、ときて、手と言うか肌と言うか、今日は接触というところです

接触
動物と違って、植物は何かを触りに行くということは不可能です。
常に受け身。

外からの物理的な刺激に対して、何らかの対策を打つ
そういう意味での触覚は存在します。

つる
一番身近に多いのは、つる性の植物
何かに巻き付いて伸びていくため
その「何か」を発見する必要があります。

例えばアレチウリ

ヒトの10倍もの敏感さで物に触ったかを感知できる。

ヒトは重さ2グラムの繊維でないと、指先で触覚を感じられないが
アレチウリのつるは、0.25グラムの繊維にも反応し
それを合図に近くにあるものに巻き付く。

なるほど、植物にもヒトと同じように触覚があるんだ
と思うのはまだ早い。

ヒトの触覚は色んな事を感じる
痛い、こそばゆい、ぬるぬる、熱い、等々
脳があるので、伝わった刺激が「主観」を作り
その主観に基づいて、手を引っ込める等の行動に繋がる

植物の場合は、脳がないので、あくまでも目的のためだけに存在する。
あるなしさえ分かれば良いという場合は、それ以外には何も分からない。

ハエトリグサ
触覚が高度に発達している代表例に、ハエトリグサがある

葉っぱの間に、虫が入ればパクッ

動物ならば結構普通の事だけど、良く考えてみると、植物
なんでそんなことが可能なのか

かの有名なダーウィンが、興味を持った。
どういう仕組みなんだろうと、色々実験

雨(水)を当てたり、強い風当てたりしても反応しない。
さらに分かってきたのが、大きすぎても小さすぎても反応しない。

獲物だと分かるということは、タンパク質の固まりはどうだっ
ちょうど良い大きさに切って、これなら反応するだろう。

えっ、反応しないの?

順序立てて説明しましょう。

まずは、どこで触ったことを感じるか
下の写真を見てください。
ピンク色のところにトゲのようなものが、ぴっぴっと出ているのがお分かりいただけるでしょうか

ここで感じます。

でもひとつのトゲだけじゃ反応しないんです。
ひとつに触ったあとに他のにも触る
これで大きさを判断するんです。

でも不思議ですね
だったら、ちょうど良い大きさのタンパク質にも反応する筈

実はこの答はダーウィンよりずっとあとに解明されました。

虫などの動物とタンパク質の固まりは何が違うのか
その理解のためには、伝達の仕組みの解明が必要でした。

ひとつに触った「あとに」と言いましたね
ということは、ひとつめに触ったということが、伝達されていないといけない
この仕組みは動物の神経の仕組みに実に良く似ていた。

神経の中を伝わっていくのは物質ではありません。
電気信号です。
ある場所で発生した微弱な電気が連鎖しながら伝わっていく。

植物内で、情報が伝わっていくのも仕組みはかなり似ています。

さあ、先ほどの疑問に戻りましょう。
動物とタンパク質の塊の違い。

動物はトゲに触った時点で、チクッと感じます。
そこに電気信号が発生します。
痛いぞ気をつけろ

この電気信号がハエトリグサにも伝わる。
そのまま、その電気信号がハエトリグサ内の他の場所に伝わっていく。
だから、ハエトリグサはそこに動物がいて、ちょうどいい大きさであることに気づくんです。

では、次の疑問
ハエトリグサには筋肉が無いのに、どうやって口を閉じられるんでしょう。

この答は、後のオジギソウの研究によって解明されました。

植物の細胞って、ほとんど水分の中身の外を堅い壁がおおっている
水がぱんぱんに入っているときは、シャキッとするが、水が少なくなるとしわしわで萎む
オジギソウやハエトリグサの動く根元のところに、
電気信号によって、水を素早く、出入りさせられる細胞が固まっているんです。

触られるストレス
こんな特殊な植物でなくても、一般的な植物にも触覚があります。

例えば風の強い環境だとします。
植物は風を感じて、枝を長く伸ばす事をやめます。
その分のエネルギーを幹や枝を太くすることに回す。
こじんまりと風の抵抗を受けにくく、かつ折れにくい頑丈な体に変える。

このように、基本的に植物は触られると、成長を止める方向にして危険を予防する。

ある植物で、ある科学物質がどういう影響を与えるか調べようとした。
葉っぱに、その栄養を多く含んだスプレーを毎日毎日吹き掛けた
さぞや大きく育つだろうと

ところがあろうことか、枯れてしまったのだ。

変だなあ。
濃度が強すぎたのか

真水から、いくつかの液体を用意して、毎日同じようにスプレー
すると驚きの結果が。

どの濃度も同じように枯れてしまったんです。

分かったのが、スプレーされるというその触覚ストレスに耐えられなかった。

ある学者は、ある花の成長を細かく観察しようと、毎日定規を当てて、大きさを図った
これもまた、枯れてしまったんです。

索引はこちら
[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)


梅 大盃

花カレンダー始めました

家康9 本能寺の変のあと、天下を取りに行くか、それとも

家康のシリーズ
家康8、逃げろっ。人生最大の危機。
の続きです。

復讐
何とか三河まで逃げ帰り、急いで体勢を整える。

天下を取るとしたら、今が絶好のチャンス

亡き信長殿の無念を晴らす
との旗頭の元、京都へ上り
光秀を討てば良い。
早い者勝ち。

復讐に参るぞ

兵を率いて、京へ

ところが、ちょっと変。
天下取りの大戦にしては、たったの2000
足取りも、ぐずぐずゆっくり。

ここが家康という男の面白いところ。

本当は行きたくない。
でも兵をあげないと、世間的にも家臣からも
何か言われそうだし。

家康の読みはこう。
おそらく次は柴田勝家
ただ、織田勢の跡目争いは、そうすんなり決着しないだろう。
ぐだぐだしながら潰し合って、総倒れ
そのあと、ゆっくり出ていけば良い。

秀吉
一日歩いただけ
尾張の鳴海に着いたとき、羽柴秀吉から飛脚が届いた。

羽柴、はて?
一体何の用事

十三日、山城の山崎において、逆賊の明智光秀を討滅し終えた。

はい?
それはない。
ちょっと前に自分は京都にいたから事情は知っている。
秀吉は毛利攻めで中国にいる筈
信長に援軍を依頼し、先鋒隊として光秀を送り
その光秀がなぜか本能寺へ
その流れなんだから、あり得ない。

あまりに信じられないので
確認のため、酒井忠次を急ぎ遣わす。

戻って来た答は
本当にございます。

してやられた、間に合わなかったか

本来ならそう思うところでしょうが
良かった助かった。
自分が一番だったらどうしようかと思った。

それにしても、羽柴
実は逢ったことがなく
信長からもほとんど情報を聞いたことがなかった。
何だか分からないけど、まあどうせぐちゃぐちゃになるんだろうから
最初が誰だろうが大した問題ではなかろう。
さあ、帰ろ

二国
天下取りなんてことより、気になって仕方ない事があった。

織田徳川連合軍で、甲斐の武田を討ち
自分は駿河をもらい、甲州と信州は信長の直轄地。

信長が死んだということは
持ち主のいない大きな国がすぐ近くに二つも転がっている

捨ててあるんだから拾っても良いんだろうが
慎重な家康のこと
誰からも文句の出ない方法はないものか

出た答は
そうか、各地の地侍達が、自ら申し出るように仕向ければ良いんだ。

この役目を担ったのが、岡部正綱
「いずれ、徳川殿が甲州一円に馬を入れられる」と言って回る

面白くて仕方ない
矢弾を使わず国が取れる。

ただひたすらに人に会い、酒を汲み交わし
相手を誉めながら、家康の良いところを並べ立てれば良い

あまりに酒を飲みすぎて体を壊し
後に血管が切れて死んじゃうんですが。

一人厄介な人物がいた。
河尻与四郎と言う男
織田勢の中では財務に強い事務方なんだけど
信長は何を思ったか、この男を自分の代理として直轄地を管理させた。
信長の威を借り、やりたい放題の、圧政を強いた。
すこぶる評判が悪い。

信長が死んだあとも、一度吸った旨い汁
何とか守らんとやっきになっている。

本多百助という家臣を遣わした。

何をしに参られた。

はあっ
相談役として参りました。

危険を感じた河尻は、何と百助を殺してしまう。

このニュースが甲州一円を駆け巡った。

元々、地侍達全てに嫌われていた河尻

我こそは河尻を射たんと先を争う。
徳川家への新参の功とせん。

百助には可哀想な結果になったが
大きなきっかけとなり
雪崩を打つように、徳川領にまとまっていく。

秀吉
家康が大忙しで、三河、遠江、駿河の三国を五国に増やしていっている最中
一年数ヵ月なんだけど
世の中は、夢のような様変わりをしていた。

秀吉は上方を中心とした、二十四カ国の主になった。

あれ、おかしい
思っていた事と違う。

そして、決定的な事が起きる。
次はこの人だろうと思っていた大番頭、柴田勝家が
賤ヶ岳(しずがたけ)で秀吉に破れたのだ。

決まり

全く予想していなかったが
こうなってしまうと、態度を決めないといけない。

徳川の家臣たちの間では意見が割れた。
と言っても、一人とそれ以外なんだけど。

一人とは、石川数正
明確には言わないが、秀吉の傘下に入らざるを得ないと思っている。

それ以外は、
あんな猿どもは蹴散らしてしまおう。

家康としては、「その日」のために五国を固めた。
秀吉に対抗するには、ひとつだけ方法を持っている。
ただ、あまりに秀吉の動きが早すぎた。
まだ機は熟していない。
どうしたものか。

家臣達が呼ばれた。

まず、酒井忠次が意見を求められた。

秀吉を蹴散らすための作戦をとうとうと語る。

石川、お前はどう思う
さすがに、この場で秀吉の家来になりましょう、とは言い難い。

しばらくのご猶予を
考える時間を乞うた

その時間も、酒井忠次は喋り続けている。

数正が口を開いた。

よき思案もございませぬが
賤ヶ岳の大勝について、
祝賀の使いだけでも送っておかれればいかがでござろう
あとはあとのことでござる。

そうかっ
家康ですら、この最も家康的な引き延ばし作戦という方法を考えていなかった。
白か、はたまた、黒か
その間に、自分の一番性にあう答えがあろうとは、思っても見なかった。

一気に家康の顔が明るくなった

石川、上方に上ってくれるか

続きは、シリーズの次回ね

索引はこちら
[徳川十五代将軍]シリーズはこちら(少し下げてね)


梅 くれはしだれ

花カレンダー始めました

[大奥]3 家光→春日局

大奥シリーズ
3代将軍家光となると、当然この人、春日局です。
大奥というシステムを作った人でもあります。

春日局
お福(のちの春日局)は、斎藤利光(としみつ)の娘
斎藤利光は明智光秀の甥で重臣、丹波黒井城の城主
即ち、城持ちの殿の娘ということになります。

ところが、光秀が謀反を起こした後、処刑されます。
一転、謀反人の娘に。

母のいとこにあたる稲葉重道の養女となり
重道の娘婿の稲葉正成の後妻に入ります。
稲葉正成の奥さんが死んじゃったからなんですね

4人の男の子をもうけますが
何があったのか離婚。

さあ、このあと、どうしたもんか

そんな時、聞き付けたのが

乳母募集

応募して採用

さあ、気に入らないのがお江(ごう)
伯父の信長を死に追いやった謀反人の娘がよりにもよって

当時の風習として、世継ぎが生まれると、
母親から引き離し、乳母に預けて英才教育。

自分の息子を自分で育てられない訳です。
その反動で、お江は次に生まれた忠長を溺愛します。

ここから、
家光ー春日局ラインと、忠長ーお江ラインのバトルが始まります。

まだ、長男を世継ぎにするというのがはっきり決まっていなかった。
実力本意で行くならば、忠長の方に分がある。
家光は挨拶すらろくにできない。吃音障害があったんです
大人になってからも、癇癪持ちで良く切れる。

だんだん城内の空気も、忠長へと流れていきます。

肝心の2代将軍秀忠が態度をはっきりしないまま、ずるずる

まずいっ

将軍
春日局が取った手段が、駿府にいる家康への直談判。
大したもんです。
度胸です。
普通、一番えらい人に直接話に行くなんて、
思い付いても、膝が震えて出来るもんじゃありません。

長男とちゃんと決めないと、末代に至るまで、兄弟間での争いが絶えなくなりますよね

ごもっとも。

負けちゃった、お江
劣勢を挽回すべく、縁談をまとめてきます。

正室
家光に正室。
摂家の鷹司信房の娘孝子、お公家さんです。

どうだっ、春日局も歯が立つまい。

ところがこの二人、お互いに大嫌い。

三代以降、全て京都のお公家さんから正室をもらい
ただの一人も正室がお世継ぎを産めなかったという残念な結果
それでも、この二人ほど仲が悪いのも珍しい。

早々に、孝子さん、本丸を出て別居しちゃいます。
吹上御所内に中丸御殿というのが作られてそこに住む
「中丸様」と呼ばれます。

家光、ずっと女のバトルを見ているもので、女性はコリゴリと思ったのか
男色趣味に走ります。
お相手は、堀田政盛
愛し合う二人。

大奥に御台所(正室)がいない
さらに、ライバルお江が亡くなります。
もう春日局の独壇場

朝廷へ
おそらく、江戸時代を通じて、実質的に政治に関わった最高は春日局でしょう。
将軍がトップたるべく
「公家衆法度」「禁中並公家諸法度」を定め、
本来、朝廷から賜った征夷大将軍のはずなのに
朝廷は、将軍にお伺いを立てなければ重大なことは何も決めてはいけませんと。

御台所がいながら、大奥総取締役に就任。

次に、いよいよ、将軍の名代として上洛しちゃいます。
将軍の代理ということは、実質ナンバー2ですよという宣言に他なりません。
本来、老中でしょうがお構い無し。

将軍に拝謁するのは昔から一定の位が必要です。
そういう理由で拒否されます。
そうすると、あなた方に拒否する権限なんてないんですよ、とばかり
親戚を辿っていって、その位をクリアする人を見つけ
無理矢理その人の養子になっちゃいます。

これで文句ないですね

朝廷は苦虫を噛み締めつつ、従三位にします。
従三位って北条政子と一緒です。

そして、足利三代将軍義満の乳母を春日局といった先例にならい、
お福に、春日局の称号を与えて謁見を許した
そう、本当はここから春日局なんです。

頭に来た後水尾天皇は、やってられないと譲位してしまいます。

世継ぎ
残りの重大問題はお世継ぎ。
このままじゃ、お世継ぎが産まれず、徳川家のピンチ

家光に女性に目覚めてもらうべく、奮闘します。

祖心尼(そしんに)という春日局の親戚で補佐役の有能なおばあちゃんがいるんですが
その孫娘、お振(ふり)に男装させて、家光に近づけます。

徐々に慣らそう作戦

この奇妙な作戦が効を奏し、お振りは懐妊
女の子を産みます。

よしっ
期待は膨らみます。

でも残念ながら、お振りは病気がちで3年後に亡くなってしまいます。

あっ、あの人

初めて、女性として一目ぼれしたのが、お万の方
尼さんでした。

尼さんかぁ

でももう春日局もなりふり構っていられません。
無理矢理、半ば監禁状態で、還俗させ
髪が伸びるのを待って、寝床へ

さあ、方針は決まった。
お万の方に似て、健康な女性を探し出せ。

お蘭
お玉
お夏
お里佐

これだけ揃えれば大丈夫なんじゃないか

あとの事はくれぐれも頼む、と言い残し
春日局は病により亡くなります。

作戦成功。続々と成果(?)をあげます。

お蘭は4代将軍、家綱
お玉は5代将軍、綱吉
お夏は綱重(6代将軍家宣のお父さん)
お里佐は鶴松(早世)

春日局がいなければ、徳川260年は違った形になっていたでしょうね

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)


オトメツバキ

花カレンダー始めました

2/19 雨水。七草粥と初午。

二十四節気シリーズです

あと、今日を含めて2回

雨水   うすい   雪から雨に変わる頃    02月19日
(旧暦、1月15日)

七草粥(ななくさがゆ)
今も七草粥の風習は残っていますね
正月の七日です。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
一緒です。

ちょっと違うのが、七草粥の作り方。

七草をまな板に乗せてください。
次に道具を7種類用意します。
包丁、杓子、銅杓子、すりこぎ、菜箸、火箸、薪

包丁で7回叩きます。
次に杓子で7回叩く。
というのを繰り返していく。
叩く回数は7×7×7になります。

途中で飽きて来そうですね
大丈夫。
歌を歌いながら、叩きます。

七草なずな 唐土(とうど)の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に

楽しそうです。
踊ってみても良いかも知れません。

初午(はつうま)
この前、Sさんの組んでくれたウォーキングイベントにメンバーとして参加してきました。
馬橋稲荷神社での初午の日です。

立春を越えて初めての午の日、これが初午です。
今は、年にだけ十二支が割り当てられているイメージですが
昔は、日に割り当てられていた十二支も意識していました。

各神社仏閣は、初縁日をずらすことで、集中を避けていました。
出店の人達もあちこち移動出来ますし
参拝者もあちこちいっぱい行ける。

大寒の年の市の時にもお話ししましたね
5日、水天宮
8日、薬師 12日かも
10日、金比羅(こんぴら)
13日、祖師
18日、観音
21日、大師
24日、地蔵
25日、天神
28日、不動

これらが、日にちでばらけるタイプ
さらに、先程言った十二支でばらけるタイプも加わります。

子の日、大黒
巳の日、弁天
酉の日、大鳥

そして、今お話しようとしている稲荷が午の日に初縁日をします。

「伊勢屋、稲荷に犬の糞」という川柳があります。
江戸に多いものを上げています。
稲荷は、数え方にもよるんですが
庭先にあるような小さいのも含めるとなると、全国で一番数が多い。
そうでなければ八幡社です。

ばくっとしたイメージですが、八幡社は国が主体になって広めていった感じ
それに対して、稲荷は庶民の中から自然発生的に沸き起こって来たイメージ
神社の格は、正一位から、色々それぞれについていくんですが
稲荷だけは、稲荷となるだけでなぜか正一位。
広める側も、稲荷にしてもらえれば正一位ですよ、いかがですか、と広めていった。
だから爆発的に多数になったんです。
裏を返せば、稲荷は元々格式があったわけではないので、そこに拘ったとも言える。
稲荷神は古事記日本書紀にある、なんちゃらのみことではありません。
(ウカノミタマノカミ(宇迦之御魂神)としているところはあります)
元々の拝めば治る的な、何でも来いの庶民に強い信仰

特に、江戸時代に爆発的に流行し、致死率の高かった痘瘡(とうそう=天然痘)に効くと信じられていた。
子供のうちにかかると死亡率が高く、たとえ治っても顔にあざが残ってしまう。
親としては、子供が生まれると稲荷に通う事になる

庶民の、と言いつつ武家にも浸透していて、武家屋敷の守り神でもある。
初午の日は、近所の子供たちに武家屋敷を一般公開。
日頃絶対入れない武家屋敷で遊んで良いので楽しみにしています。

入学という特別な日にも良く使われます。
6~7歳になってそろそろ学校(手習い、寺子屋)に行くかとなると
初午の日からというのが多いパターン。

義務教育でなく、有料なので
行く行かない、どこに行くか、いつから行くかは全て自由
6歳の6月6日からというのが流行った時代もあるらしいんだけど
江戸時代を通じて言うと、初午の日からというのが多いようです。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


エチゼンスイセン

花カレンダー始めました