神楽坂で粋に浸る、の続き

神楽坂で粋に浸る
の続きです。

芸者新道

表の神楽坂通りは込み合ってるし、
芸妓さんたちはこっちの裏道の方が近道で使い勝手が良いみたい

「ロクハチ通り」と呼ばれたこともあるそうです。
料亭の一回目の開始が後6時で、二回目が8時からだったから
その時間に込み合う。

明治から大正昭和と、ピークの昭和12~3には、
芸妓・幇間合わせて約600名、料亭・待合約150軒が有ったそうです。

今は20数名ってところなので込み合うまではいかないでしょうけど。

かくれんぼ横丁
良いですね、このネーミング、可愛くて意味深で
キュンとしちゃいます。





この横丁にある筈の料亭は全部で5軒中の2軒
結論的にはうまく見つけられませんでした。
帰ってきてから、もらった地図とGoogleMapを見比べて意味が分かりました。
かくれんぼ横丁ではあるんですが、入口が横丁の通り自体に接していない。
そりゃ難しい。

写真を撮れなかったので、ネットから拝借
千月

うを徳

かくれんぼ横丁を抜けてすぐの本多横丁の、牧は、確認できました。

兵庫横丁
ここは、最も神楽坂の風情が残っているところ


曲がって

曲がって

階段下がって

ちょこっと曲がってから進んで

出ました「和可菜」

ここは、旅館で、何人かの有名な作家が、定宿にして、缶詰になって小説を書き上げたところ
一番有名なのは、野坂昭如(あきゆき)
ひょっとして、火垂るの墓(ほたるのはか)はここで?

そして向かいが幸本
4軒目の料亭。

門の上のカーブしているのが良いらしいです。

料亭白宮は見番横丁にあるらしいんですが
地図やGoogleMap でも見つかりませんでした。
ひょっとするとなくなっちゃったかも。

料亭のような料理屋さんはいっぱいあるんですが
神楽坂組合に所属していて、芸妓さんを呼べるところという意味では
結局4軒かも。

和可菜と幸本の所を逆側から撮すとこんな感じ

出ましたっ
♪粋な黒塀、見越しの松に
松じゃないけど、塀を越しているので、見越しの木

お富さんの場所は、神楽坂ではないんですけど。

神楽坂に戻るときに、極々細い道
細道ファンにはたまりません。

まさかここには、入口は面していないだろうと思うと
何とちゃんと酒屋さん、「酒ト寿」がありました。
杉玉まであります。

お腹が空いてきました。
せっかく粋な和に浸ろうと思っているので
和食が良いなと。
料亭風になると3000円以上になるので、根気よく探します。

京の鳥どころ、八起庵
京御膳が1200円。
リーズナブルです。

粋でしょ
美味しかったです。

筑土八幡神社
花街巡りを終え、
神社に行ってみましょう

筑土八幡(つくどはちまん)神社
これは、一般のガイドマップにはなかなか載ってきません。
マニアック系

出ましたね
またしても八幡神社
今日、若宮八幡に次いで、2社目です。

若宮八幡は、源頼朝がらみで鶴岡八幡宮からの勧請(かんじょう)でしたが
ここは、筑土という名前からも分かるように
九州の宇佐八幡宮からの勧請になります。
勧請とは、同じ神様こっちにもちょうだいという依頼です。

マニアックポイントひとつめ
庚申塚(こうしんづか)です。

いやあ、庚申塚ファンとしては涙がじんわりと。

庚申塚って何かはこちらから
庚申塚ってなんだろか

基本型のフルセットはこんな感じ

庚申塚を楽しむ時は、基本型から考えて、何々揃っていて何が抜けているか
って事になる訳です

こんなに基本デザインから変えてしまうとは。
庚申の申はさるだから猿をモチーフにするのはおかしくないんですが
普通は下の方にちょこっと、見ざる聞かざる言わざる

夫婦の猿が助け合いながら桃を収穫している
テーマ設定も素晴らしいですね。
愛です。

革命児です
庚申塚デザイナー界のココシャネル
この後、どっと仕事が増えた事でしょう

マニアックポイントふたつめは、
平将門(たいらのまさかど)の足

平将門は、朝廷にたてついて
関東一円を平定し、独立国宣言してしまうすごい人
すぐに朝廷に制圧されてしまいますが。

日本統一国家からすると、単なる反逆児ではありますが
日本の信仰って面白くて
菅原道真しかり、敗者が神様になっちゃいます。

神田明神を中心に
平将門は強いから、江戸を守ってもらいましょう。

いや、弱いから負けちゃった気がするんですが。

京都で処刑されたので、なきがらは京都にある筈
その首が、故郷恋しと、
ぽんぽんバウンドしながら関東まで帰ってきた。
そこが大手町にある将門塚です。

元々その場所にあった神田明神は、
移転して今の場所にあり、平将門がご祭神のうちの一人です。

そこまでは知っていたんですが。
何と、東京さんぽ図鑑によると
平将門の体一式、全部関東に舞い戻って来ちゃってます。

そのうちの、足の部分が、この筑土八幡神社にある

7つに別れて、北斗七星の形になって江戸を守る。

おおっ。ロマンです。

江戸に7つしか無い選ばれた神社なのに、あら不思議
筑土八幡神社内の看板による説明に、平将門の、たの字もない
控え目な性格なのかなあ。

赤城神社

赤城の山も今宵限り、のあの赤城です。

由緒には
「天和3年(1683年)、徳川幕府は江戸大社の列に加え牛込の総鎮守と崇め、
「日枝神社」「神田明神」と共に、「江戸の三社」と称されました。
この三社による祭礼の際における山車、練物等は江戸城の竹橋から内堀に入り
半蔵門に出ることを許されていました。」

ええっ
そんな超大物だとは。

この神社、最近、再生プロジェクトなるものを立ち上げて大幅リニューアル
ハイカラっちゅうかモダンっちゅうか

お洒落なカフェを併設してたり、全てにおいてお洒落です。
新しい神社像を牽引するかも。
要注目です。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

神楽坂で粋に浸る

東京さんぽ図鑑、という本を読みました。

建物を中心にしながらの、東京町歩きガイド

一般的な町歩きのガイド本とはちょっと視点が違うので楽しい。
全く行ったことの無いコースってほとんど無いんだけど
建物の視点を加えると、こんな見所が加わるのね。

そんな中で、全く行ったことの無いコースがひとつだけ。
そうでした。
神楽坂
神楽坂は一般的な町歩きガイドにもほぼ載っている定番の地ながら
一度も行っていない。

特に理由がある訳ではなく、
なぜか、行っていない。

逆に言うと
一般的な町歩きガイドのコースはそれ以外全部歩きました。

さあ、行きましょう。

神楽坂
飯田橋駅からスタート。

いきなり、和のテイストのお洒落な店があります。
さすがは、神楽坂

風呂敷も売っていて、良いじゃないですか。

おっと、本に載っていたペコちゃん焼き
全国でここにしかありません。

ええっとどれにしようかな

オニオンカレー味も今焼きあがりました。

そうなんですか
じゃあそれください。

最初の目的地は、若宮八幡神社

ちょうど今本を読んで勉強している八幡神です。
何でも聞いてください。

若宮というのは、八幡神の中で、やんちゃな性格の部分を特に取り出した神様。
うまくいけば効果絶大だけど、下手すれば祟りがあります。
ハイリスクハイリターンの神様。

3つのメインの八幡宮(宇佐八幡宮[大分]、石清水八幡宮[京都]、鶴岡八幡宮[鎌倉])のうち、
ここは、鎌倉からの勧請のようです。
なので、源頼朝がらみで、奥州平定の時に途中で休んだところ。

応神天皇を祭神としているのは、分かりますが
仁徳天皇も祭神だそうです。
ちょっと不思議。

面白かったのは、横の現代風の住宅。
敷地が同じなのでおそらく神主さんが住んでおられるのでしょう。
表札を見ると「若宮」
えっ、若宮って名字なんだ。

坂と横丁
神楽坂は花街、
ちんとんしゃん、の街。

今なお、風情を残してくれています。
坂が多くて、細い道が多い。
細い路地には料亭。
粋です。

熱海湯坂
熱海湯坂に参りましょう。

熱海湯というお風呂屋さんがあるから、熱海湯坂

今は残念ながらありませんが
昔は、営業中、と準備中、を示す看板が粋でした。

ではクイズです。
板にひらがなで、「ぬ」と一文字書いてある看板。
裏には「わ」の一文字
ひっくり返す訳ですが
どちらが営業中で、どちらが準備中でしょう。
その理由も一緒にお答えください。

答えは最後に書くので考えておいてね。

細い路地を抜けます。
えっ、ここ入っていって良いの?
ってのが神楽坂の醍醐味
で、その細い道も坂です。



目隠し的な道にわざわざしてあります。
花街の特徴です。

見番横丁
見番横丁に出ました。
火伏稲荷があって

そのとなりに、見番
今は、東京神楽坂組合の稽古場になっています。

じゃあ、なんとか奴さん、どこどこの料亭に行っとくれ

って元締めですね。
平成21年8月の記事だと
神楽坂地区の料亭5軒と芸妓25名が所属しているようです。

料亭は、かくれんぼ横丁のうを徳、千月、兵庫横丁の牧、幸本、見番横丁の白宮。
あとで出てきます。

よく、ここから、三味線の稽古をしている音が聞こえてくるらしいですよ

毘沙門天(善国寺)
芸妓さんたちが、深く信仰していたのが毘沙門天

良いことがありますように。

写真NGでしたが、なかなか立派な毘沙門天でした。

すごかったのが、狛犬の代わりの虎です。

七福神って割り当てが決まっていて
大黒さんは、子(ね)、恵比寿さんは酉(とり)、弁天さんは巳(み)
七福神じゃないですが、お稲荷さんは午(うま)
狐は十二支にありませんので。

毘沙門天は寅の年の寅の日に生まれたから、寅です。

寅の日の縁日は大にぎわい。
いつからか、5のつく日に変わったかも

神楽坂観光マップが置いてありました。
ラッキー

ミウラ折りというのがしてあって
パッと開き、またパッと閉じれます。
素晴らしいです。
日本の文化を大切にしています。

光照寺

増上寺の末寺だったものがここに移転してきたそうです。
家康の叔父さんが作ったというから、なかなかの大物です。

おっとすごいものが。
松山藩藩主、酒井家の代々の墓です。

譜代大名、庄内藩酒井忠勝の分家なので、立派なものです。

庄内藩は、三方領地替えを言い渡されたとき、領民たちが
嫌だ、ここが良い、ここの殿様が良いと
直訴した。
本来なら、直訴しただけで死罪。
その心意気天晴れと、幕府が撤回した、後に例の無い事件。

神楽坂通り
神楽坂通りに戻ってきました。
新しい店も多いのですが
神楽坂の街の雰囲気を壊さないようお洒落で粋な店ばかり
商店街会長さんが立派な人だと思われます。

そんな中で、まだ残っている店もあります。

助六は履き物屋さん
創業明治43年
芸妓さんたちがここの下駄を履いてカランコロン
残念。今日はお休みのようです。

陶器屋さんも創業は明治25年

このあと、芸者新道、かくれんぼ横丁、兵庫横丁と続いていきますが
長くなりましたので、続きは明日

◆◆◆答え◆◆◆
「わ」→営業中。湯が沸いた(板に、わ)
「ぬ」→準備中。湯を抜いた(板に、ぬ)

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

掃除道入門

いかんっ
えらいもんが目に入ってしまった。

本屋で見つけた「掃除道入門」
えっ、何?

恐る恐る中身を立ち読み
あかん。どないしょう。

掃除
私は掃除が大嫌い。
わが家の絶対君主、カミさんの命令で、仕方なく週末の度に掃除をしますが
カミさんは、なんであんなにも掃除が好きなのか全く理解できない。

家事の中で、料理が面白いのはまあ理解はできますが
掃除と洗濯は理解不可能。

ひょっとして、この掃除道入門なる本を読めば
カミさんの気持ちが分かるようになったりするのでしょうか

分かりたい訳ではないのですが。


掃除のテクニックを書いた本ではありません。
書いたのはお寺のお坊さん。

参った。
そんなところから攻められては。

でも、こんな本を買ったことがカミさんに知れたらえらいことになります。
ここぞとばかりに畳み掛けてくるでしょう。

今でも、ところどころ秘密のチェックポイントなるものがあり
真面目にやっていないとすぐにばれてしまいます。
この上ない性格の悪さ。

検索してみましたら、なんと電子書籍でも売っております。
これなら、カミさんには絶対ばれません。

ポチッ

掃除道入門
素晴らしいです、この本。
なんでほとんどのお寺がきれいなのか、良く分かりました。

掃除は、仏教の中で、唯一宗派関係無く統一されている修行だった。
神社でもそうですが、大体お寺って大きな木があります。
当然落ち葉がいっぱい。
でも、確かにお寺で落ち葉はちゃんと掃き片付けてあります。

さあ、読んでいきましょう。

道理はいたってシンプルです。
上から下へ。流れに逆らわず。すべてのものを大切に。
掃除をはじめ、薪割りや草取りなど修行環境を整えるために必要な仕事を「作務(さむ)」というそうです。
修行の入口であり、基本
あの作務衣(さむえ)という上着は、作務をするためのものだったんですね。

人生は日日是修行
丁寧な生き方をすればこころもきれいに整います。

良いこと言います。

著者のいる光明寺では、朝早くに、竹ぼうきを使った落ち葉はきや、
お墓の掃除の修行体験をやっていて、大人気だそうです。
確かに気持ち良さそうです。

そういうと、日本では今もそうなんでしょうか
少なくとも私の時代は、小学校で生徒全員で教室の掃除をする時間がありました。

ホームルームで良く見られた光景

何か意見ある人

はいっ
昨日も、男子はずっとふざけていて掃除をしてくれません。

ホームルームあるあるですね
女の子の定番の攻撃。

どうも、外国では学校の教室は掃除業者さんがやるらしいです。

外国で掃除道の講演もするらしいんですが
必ず出る質問が
お金を出してやっもらったら済む話なのに良く分かりません。

その時に答えるのが
掃除は修行です。単なる作業とは違います。
あなたは、座禅や瞑想を、お金を出して誰かにやってもらいますか、と。

うわあ、参りました。
耳が痛い。

世間で大評判のお掃除ロボット、ルンバとか
何とか、カミさんを説得して買おうと

ねえねえ、すごく良いらしいよ。みんな持ってるって。

絶対いや

なんで?むっちゃきれいになるらしいで。

嫌やて。そんなん買ったら自分で掃除できない。

参りました。カミさんは掃除道が分かっていたのかも知れません。

目的
私は掃除の目的を、きれいにする事だと思っていました。
だから苦痛だったのかも知れません。

落ち葉って掃いても掃いてもまた落ちてくる。
若い僧の全員が通るのがこんな気持ちらしいです。

これ、キリないじゃない
いくら綺麗にしたって、また明日になったら同じ状態
分かりきっている。
綺麗にならない。
そんな無駄なことをやってなんの意味があるのかと。

ホームルームでの男子たちも、
また明日ほこりは貯まるんだし、何の意味があるの?
と言った途端
女子から総攻撃を浴びせられた記憶があります。

結局は、そんな事分かっているけど、ただ掃く。
来る日も来る日もただ掃く。
綺麗になった、気持ち良い。
あくる日みたら、また落ち葉
ああ嬉しい。また、綺麗にする気持ち良さを味わえる。
キリがないのが修行。
ずっと気持ち良い修行。

ルンバさんには気持ちがないから
機械さんなんぞに修行をさせちゃ勿体ない。

すごく分かりやすいですね

ただ、この本の良さはこれで止まらなかった事です。

ここまでだったら
まあそうでしょうね、と
すごぉく言ってる意味は分かるけど
でもやっぱり面倒だしな、で終わっていたかも知れません。
いわゆるきれい事。

逆の事が書いてあって、それも修行なんだと。
ええっ、良いんだ

長くなりましたので
続きはまた書きますね

索引はこちら
[家族]シリーズはこちら(少し下げてね)

栄西。禅その心は?

名僧シリーズ

法然のあと、親鸞、一遍と浄土系の僧を続けて来ましたが
時代で言うと、法然とほぼ近い時期に、栄西がいます。

栄西、そのあと、道元と禅宗系の僧に入っていきましょう。

栄西
永治元年(1141)年、備中(岡山県)に産まれます。
法然よりちょっとだけあとです。

とっても面白いのですが、神職の家です。
普通にしていれば、神主さんになっていたのかも。

幼少の頃から聡明利発で、8歳で色んなお経を読破
11歳で地元のお寺で出家
19歳でいよいよ比叡山へ
出世コースです。

比叡山天台宗ってほんとにすごいですね。
ほとんどの名僧はこのコースを一度は辿ります。

とは言え、最澄の時より大分経っています。
貴族の政争の具として、腐敗堕落をしています。

だから、この時期以降に、ぼこぼこっと新しい宗派が生まれていく訳です。

中国へ
頭の切れる人は、自分の所属している組織が不甲斐ないと
耐えられなくて、何とかしたくなるもんです。

よしっ、本場中国へ行って勉強し直しだ。

遣唐使が廃止されてから
それほど中国との交流はなされなくなり
良く言うと日本独自の路線が進み
悪く言うと、中国の最新の情報からは遅れ気味

中国は宋の時代に入っておりました。
27歳で南宋へ

中国の天台宗を積極的に見て回ります。
天台宗の密教も極めた栄西は、帰国後、「葉上流」というグループを形成し大活躍。
天台宗の復興に大きく貢献します。


とは言え、頭の中にずっと引っ掛かっていることがあります。

中国には、天台宗を習い直しに行ったので、天台宗を中心に情報収集して回った訳ですが
その時、中国で流行りの仏教があった。

禅宗系の各宗派です。

ああ、気になる。
今の日本に必要なのはひょっとして、そっちではあるまいか。

天台宗で確固たる地位を築いている栄西
今更そんなこと考えなくても良いし、要求もされていません。

でもなあ
やっぱり、自分に嘘はつけない

47歳にして、再び南宋へ
今度は、禅です。

新人駆け出しの栄西と申します。
よろしくお願いしまーす。

今までの地位も知識も全部無関係
禅宗系の臨済宗(りんざいしゅう)を訪れ、全くの一からです。

心と体に禅を叩き込み帰国

日本に禅の大革命
といきたいところなんですが
あんまり喧嘩したくタイプの性格

良く言えば気遣い
悪く言えば日和見

目一杯気を使いながらそろりそろり。

でも、天台宗からすると裏切り者
えらい弾圧を受けます。
とうとう、禅宗禁止の宣下が下されます。

せっかくすごい気を使ってたのにね
追われるように博多へ
博多で、聖福寺(しょうふくじ)という日本で初めての禅宗のお寺

手を差しのべてくれたのは北条政子
鎌倉へおいでなさい。

源頼朝が亡くなり、弔うために寿福寺を建立し、そこへ招いたのです。

でも政子さん、禅って説明を受けても良く分かりません。

良いわ。何だか分からないから、密教の呪術で何とかして。

元々、密教の専門家ですからね。
我慢我慢。
はい、お安い御用でございます。

二代将軍、頼家に守られて
いよいよ京都に進出。
建仁寺を立てます。

さあ、京都に禅宗(臨済宗)なんだけど
建仁寺を天台宗、真言宗、禅宗の三宗兼学の寺とします。

痛々しいほどの気の使いよう。

後に他宗から、権力におもねた腰抜け、的言われ方をするんですが
結果的に、そのお陰で、日本に禅宗が広まっていった訳です。


考えてみれば、それまでそんなに禅が広まっていなかった方が不思議に思います。

お釈迦様のイメージって、菩提樹の下で、座禅(瞑想)

その後の禅を深めた達磨大師(だるまたいし)なんて
あんまりずっと座っていたもんで、手足が腐ってなくなっちゃいました。

オリエンタルな宗教や健康法って大体共通して、ヨガがベースになっていて
呼吸法を伴っている。

仏教って、哲学や科学の要素を含んでいるけど
最も科学的な要素が、禅や呼吸法だと思う。

健康法も随分色々見たけど
自律神経を自分で意識してコントロール出来るのは呼吸だけ

悟りという表現は使うけど
目指しているのは、自分の心と体を自分でコントロールする出来るようにする
そこじゃないかな。

禅宗って、栄西の臨済宗、
次にお話しようと思っている道元の曹洞宗
江戸時代に伝わった黄檗宗(おうばくしゅう)とあります。

道元のところでもう少しお話ししようと思っていますが
臨済宗の特徴は、考える座禅

男とは

飲むことよ

みたいな問答ですね

お茶
あと、栄西で有名なのは、お茶の種を中国から持ち帰って栽培し
日本にお茶を普及させたこと。

栄西がいなければ

おーい、お茶
なんて、言えなかった訳ですね
(言ったことないけど)

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)