ほめフレーズで、素直に気持ち良くなってもらいましょう

○○してくれたんだね
これいいですね。
かなり使えそうです。

意識して人をほめるようになると、多くの人が、ほめことばがワンパターンになってしまうことに悩む。
ボキャブラリーが枯渇してしまうわけです。
そんなときに役立つのがこれ。

相手の行動をただ、口にする。
飲み会の店を調べてくれたら
「調べておいてくれたんだ」
書類をチェックしてくれたら
「チェックしてくれたんですね」
もちろん、「ありがとうございます」を付け加えても良い

ここでのポイントは、非言語メッセージ。
表情や、声のトーン。
笑顔で、ちょっと驚いた感じ。

使える相手が広い
小さな子でも大丈夫。
おもちゃを貸してあげたんだ~

初対面の人だと、あからさまにほめると、あなたは私の何が分かっているんですか、となるけど
このやり方だと、目の前の事を言ってるだけ。
合コンとかで使いやすい。
ってそんな機会ないけど。

否定しづらい
否定の定番、そんなことないですがとても使いづらい。

自分を主語にしてしまう
相手に否定しづらくするのが、あなたは○○ですね、ではなく
あなたが○○なので私は○○になります。

あなたの笑顔をみていると、私まで明るくなります。
あなたの話を聞いていると、こっちまでやる気が出てきます。
一緒に仕事していると、こっちまで自信がわいてくるから不思議です。

これは、否定しづらいし、気持ちよくなってくれるはず。

後ろにくっつけちゃうシリーズ
否定しづらいことを後ろにくっつけちゃうシリーズをもうひとつ紹介すると
いつからなんですか

そりゃまたいつからそんなに字がうまくなったんですか
みたいな感じ。
字がうまいのは前提として、みたいになるので、
いつからの方に気がとられてしまう。

ほめフレーズでほめまくれ

相手にも気持ち良くなってもらうために
実はほとんどの人は一回のほめ言葉では納得しないらしい。
怪しいと思う。
何か企んでるんじゃないの。

プラス2回でやっと納得モードになる。
ただ、その必要回数は人によって違うらしい

あなたは優しいねえ
優しいだなんて、そんなことないです。
この前も鈴木さんの顔色悪いのを気遣っていたよね
まあ、そういう時もありますけど
そういうふうに、人の体調に気づいてあげられるというのが優しい人だと思うんだ。

それでもダメだったら
「私はそう思うよ」で終わらせましょう。

私はそう思う、は主観なので絶対に否定のしようがない。
いったん終わらせて、次の機会をうかがうときのフレーズです。

即効フレーズ
相手に気持ち良くなってもらうため、即効フレーズを身に付けていきましょう。

あなたは本当に○○だね。と誰々が言っていたよ
もし否定されても、人が言ったことだし
喜んでもらえたら、私もそう思うよ、と付け足せばいい。
気軽に使えるフレーズ

もし、誰も言っていなかったら
あなたは本当に○○だね。と誰かが言っていたよ
とあいまいにする。
もし、誰がですか、と突っ込まれたら

誰だったかなあ。
ととぼけて、
私もそう思うけど、付け足せば良い。

もし、○○だったら
もし会社をやめて独立することになったら、君みたいな人と一緒に仕事したいよ
というように、仮定の話にして受け入れやすくする。

さらに、将来こうなるよとほめるのもいい。
そのこころがけはとってもいいね。将来絶対に役に立つと思うよ。

もし○○だったらは、現在とは違うから現実的でなくて良い分ほめやすい。
あなたは文章がうまいねえ。もし作家になってたら、ベストセラーをだしてたかもね。

過去をほめる
過去の事って自然に聞けるから、どんどん掘り下げて聞いていきます。
その中に必ずほめる要素が隠れているので、ほめやすいし、受け入れてもらいやすい。

引き出すコツとしては、「一番」というフレーズを使う
今までで一番やりとげたなあと思う仕事ってどんな仕事ですか、みたいに聞き出す。
やりとげたなあと思う仕事、だけなら、そんなのないよで終わりだけど
一番がつくと一生懸命探してくれる。

また、いま、ほめることを、過去に置き換えて、
昔から、頭が良かったんでしょうね
のようにほめるとほめやすい。

応用編で、最初に今をほめ、そのあとで過去もそうだったんでしょうねとしめると
ひとは最後の言葉に反応するので、文章の頭にあるほめことばを否定しづらい。
知らず知らずに受け入れてしまうことになる。

続きは、また後日

ほめると気持ちいい

「これだけ! ほめフレーズ」 という本を読みました。

私は「ほめる」ということが得意ではありません。
苦手とまではいかないかも知れませんが。
やっぱり照れ臭い。

本を読んで、いかにほめていないかを実感しました。

「ほめ」至上主義
よく、ほめると叱るのバランスがうんぬんと言いますね。
これに関しては持論が有ります。

ほめる100%でいい。

自分が受ける方で言うと、ほめられるの大好き。
叱られたり、意見されたり、批判されたりするのが大嫌いです。
おこちゃまなんでしょうか。
叱られて発奮して、という経験がない。
ほめられると、むちゃくちゃ頑張っちゃう。

人に対してという方では、叱ってうまくいったということがただの一度もない。
ほめるとすごくうまくいく。

なぜほめるのか
ほめるだの叱るだの言う時って、相手を指導しようと思っている。
指導、教育、成長。
そこが根本的に間違っているんじゃないか。

人人具即(にんにんぐそく)
人は全てそのままで完全。満ち足りている。
指導するだの、成長させてあげるだのは、そもそも必要ない。

私はほめることを、指導だの成長だのに置いていない。
自分が気持ち良いから。

人をほめると、間違いなく、自分が気持ちよくなる。
それでいいじゃないですか。

相手がどうなろうが、どっちでもいい。
少なくとも、ほめてるわけだからそう悪い方向には行かんでしょう。
叱ると、間違えば悪い方向に行くという危険性があるからね。
まあ、その程度。

ほめたんだから、こうなるはず、なんてなこと思うと
「ほめる」ではなく「要求」になってしまう。
「教育」になるかもしれない。
教育しようとしたとたん、教育されまいとバリアを張られてしまう。

せっかくだから
ただ、せっかくだからというのはあり得る。
せっかくだから相手にも気持ちよくなってもらう。
その先の行動までは期待しなくていいと思うけど、
相手も気持ち良くなってもらった方が良いよね。
これには技術がいる。

本によると、意識のブロックに、はねかえされると相手は気持ち良くならない。

何かたくらんでるんじゃないの
みたいな感じ

後日、本にあるノウハウを説明します。

ほめられない
今まで、仕事上で誰かを自分が引き受けたとき、
大体半年くらいたった時点で「フィードバック」というのをしています。
それまで、メモ帳に一生懸命ためておく。

あなたは、こういう時にこんなふうにしたね。
素晴らしいと思ったよ。

自分で決めごとを作っています。
100%ほめる。
いいとこしか言わない。
叱られて伸びるなんて嘘っぱちだと思うから。
というより、叱ると自分が気分悪くなるから。

そういうことはできるんです。
自分で決めてやって来たことだから。

出来ないのが、その場で口に出してほめること。
特に、この本を読んで強く思いました。

ほめなかったら
ものすごくいい本でした。
図書館で借りてきたけど、とてもいい本で、何度も練習が必要だと思ったから、
さらに買いました。

具体的に使えそうな、良いほめフレーズがいっぱい書いてあってとても良い。

ただ、私にとって、一番良いなと思ったのが、ほめなかったらどうなるか。

とても照れ臭いので、ほめるべきチャンスが訪れても、ついついスルーしてしまう。
それは実はプラスマイナスゼロではなく、マイナスなんだと。

確かに押し黙っていると、嫌われてんのかなと思ってしまう。
そうか、「ほめない」ってダメな事なんだ。
そうだよな。

よし、この本で何度も練習して、ほめるぞ。
そして、気持ちよくなろう。

本に書いてあるとても有用なノウハウは、また後日。

聞く力-阿川佐和子にノーベル賞を

阿川佐和子の「聞く力」を読みました。

土曜の朝にやっている「サワコの朝」というインタビュー番組が大好きです。
土曜ってウォーキングイベントが多いので、なかなか見れないのですが
見れるときは必ず見ています。

毎回思うのですが、とにかくハズレがない。
へえーー。
面白いわ、この人。
例えば水谷豊の回だったりすると
それまで、水谷豊に持っているイメージを間違いなくいい方に裏切ってくれる。
水谷豊が面白い人なわけだから、それはそれで納得なんだけど、
見るたびにどの人もすごくて、ずっと余韻が続く。

ということは、聞き手がすごいということなんだな、とだんだん気づいてくる。
一人、自分自身がすごいってたかが知れているけど
会う人会う人全員を面白い人にしてしまうって、数倍すごいことだなと思ってきた。

阿川佐和子こそノーベル賞だ。

聞く力
ずいぶん長くベストセラーが続いていましたよね。
続編とかも出たりして。
阿川佐和子が好きなので、気になってはいたんですが
ようやく手にしました。

わかりました。
こりゃベストセラーになるわ。

何度も何度も、なんなんだこの本は、と思いつつ。
ぐるぐる本を回しながら眺める。
そんな気持ちにさせる本でした。

最初の方
最初の方はまあ予想通りの展開。
自分はインタビューは得意ではない、から始まって、最初の頃の失敗談。

城山三郎さんにインタビーした時、自分が一方的にしゃべってしまったこと。
あの時、自分を大いに乗せて、しゃべりっぱなしにさせたあの城山さんを目指そうと。

でも頑張ろうと努力し、準備しすぎると、進行ばかりが気になっていい話が聞き出せずに終わっちゃう。

うん分かる分かる。
サワコの朝は見事に自然に聞き出せている。

そういう表現は本の中ではしていないけど、
シロートっぽさを忘れちゃいけないってことなんでしょう。

相手の話に素直に耳を傾け、聞きたい話を「なんでなんで」と聞きだしていく。

サワコの朝はそういうシロートっぽさがちゃんとしている。

そこから
でも、そこで終わってればベストセラーになってなかったでしょうね。
ある意味、予想できた話ではある。

阿川佐和子は、そこからがたいしたもん。

シロートっぽさだけでいいのであれば、友達どおしでカフェで話していればいい。
視聴者や読者に目の前の人の面白いところ、いいところを引き出して伝えなきゃならない。
そういう「商品」を作るという使命を持っている。

プロやなあ
と、何度も感じた。
シロートをちゃんと持ちながらのプロ。
見事なまでのプロです。

お決まりの話にならないように
「お決まりの話にならないように」
という項での話は、その最たるもんだなと。

前もって相手の資料に目を通して臨むので、いつも同じを聞かれているということが分かることがある。
お決まりの質問。
いつも聴かれるので、本人も飽き飽きしているだろう。
その人にとって、その話はずっと同じ答えで固定化されている可能性がある。

質問するかどうか。

しない、とくるのかと思いきや、「外せない質問」だといいます。
すごいなと思いましたね。
中途半端なプロじゃない。

何度も聞かれるということはみんなが聞きたいこと。
ちゃんと「大衆」を背負っている。
個人的な興味で終始するシロートを超え、「大衆」目線にちゃんと戻す。

お決まりの質問をする。
お決まりの答えが返ってくる。

ここからが彼女のすごいところ。
ここで終わらしてはお決まりの質問をした意味がない。
お決まりの答えに全神経を集中し、グジャクジャ探って分析し、しつこく食い下がっていけば
新たなエピソードが生まれるはず。

なるほど、これこそが、ありがたくもお聞かせいただいている「サワコの朝」の面白さなのですね。

全体に渡って
とにかくすごいのが、全編にわたって、自分のインタビューした体験話で埋め尽くされていること。
どっかに乗っていた話、みたいなのが全く存在しない。
20年にもわたって週刊文春でインタビューの連載をしているのは伊達じゃない。
全てが生きた話。

こんなに面白い話をいっぱい持っていると、私だったら人に話したくて仕方なくなる。
例えば次のインタビューの時、
でしょう。そういえば、この前〇〇さんにインタビューしたとき似たようなことを言われてたんですけどね
みたいに、そっちに持っていきたくなる。
でも、毎回インタビューでは、相手に集中してリセットするわけでしょう。
それ考えただけでも尊敬に値します。

今日は、本の具体的な内容は一つだけしか紹介しませんでしたが、
それ以外にも、こりゃすごいっていうのが随所にありますので、機会がありましたら。