深川でお寺を歩く

晴れた週末は久しぶり。
歩くぞ!

深川七福神巡り
七福神巡りの企画を考える時期になってきました。

日本橋に始まり、雑司ヶ谷、谷中、港区、小石川
毎年正月に開催し、もう6回目になるのか
七福神の神様は毎年同じメンバーだから、いつも同じネタなんですがね。

今回の大前提は、そもそもご開帳をしてくれるかどうか。
あらゆるお祭りの類いはことごとく中止になりましたから。
三社祭なんて、お神輿がトラックで巡って、見学はお控えくださいって
乗っている神様も拍子抜けです。

七福神巡りのホームページでは、なかなか2021年にやってくれるかどうかが分からない。
行くしかない。

まずは有力候補、深川です。

深川神明宮
寿老人。
出ました。神明鳥居。神明宮ですから伊勢神宮系。

ここのお祭りはすごいらしい。

おおっ
お神輿の倉が並んでおりますぞ

でっかく1月元旦から1月7日までご開帳、と出ておりました。

ああ良かった。
とは言え来年は曜日の巡りがとても悪い。
1月初めの週末は2日(土)3(日)なのよね
3が日はウォーキングイベントはなかなか参加できないよね。
政府が1/11まで休暇延長に決めてくれるんなら問題ないけど。
ああ迷う。

芭蕉記念館
ここまで来ると芭蕉記念館も確認しておかなきゃ

イベントでここに来て、俳句シャッフルゲームやったなあ


上の句、中の句、下の句だけをみんなで紙に書いて
ランダムに組み合わせ
ビックリ俳句の出来上がり、って趣向

とんでもないのが出来て大笑い
でも意外に、半分くらいは情緒のある句だったのよね

今度もやろうかな

隅田川
ここまで来たら、隅田川に出なきゃね

芭蕉庵が実際にあった場所の芭蕉稲荷神社

芭蕉展望庭園
芭蕉が隅田川を眺めています

この芭蕉さん
時間によって向きが変わると言う噂があったんです。
ここに3回目ですが、いつもこの向きなんですよね。

ネットで調べてみました。
夜になると90度向きを変えるそうです。
そりゃ分からないはず。
夜に来たことはありません。

深川稲荷
布袋尊

出ました。私が大好きな布袋さんでございます。
やっぱり見て一番嬉しい気持ちになるのは布袋さんよね

雄松院
駅で言うと、森下から清澄白河までやってまいりました。
雄松院
渡会園女(わたらいそのめ)の墓があります。

渡会園女とは、
斯波一有(しばいちゆう)の妻
斯波一有は伊勢の眼科医で俳人。
影響を受けて自分も眼科医で俳人。

旅の途中に伊勢に来た芭蕉に会うことが出来
いっそう俳句に力が入る
芭蕉の門下に入る。
もっと俳句が出来る場所に引っ越そうと大阪に。

芭蕉がまた旅で大阪を訪れた時、夫婦のお宅で歓迎を受けている

残念な事に、そのあとすぐ、芭蕉は原因不明の病気で死んじゃった。
園女が一生懸命作ったキノコ料理が悪かったんじゃないかというのが有力な説。

江戸検定でも定番の問題。
芭蕉は大阪で亡くなりますがその死因はなんでしょう
はい、キノコ

証拠がある訳じゃないし、悪気はないんだから、良いじゃないのよね

春の野に心ある人の素貌(すがお)哉
心ある人のすがお、というのは、恋をしているということだそうです。
一有を想った句でしょうね

一有が亡くなったあとは、芭蕉の一番弟子、宝井其角(たからいきかく)を頼って江戸に来ます。
富岡八幡宮の側で眼科医を開業しています。

お隣の霊巌寺

何度も来ていますので、さらっと確認だけ
松平定信の墓があります。松平定信ファンとしてはやっぱりまた来ませんとね

雲光院
徳川家康の側室、阿茶局(あちゃのつぼね)の墓があります

あれ?おかしいな
去年の小石川の七福神の途中で、お墓あったよな
お寺の名前何だっけ
調べました。
茶阿局(ちゃあのつぼね)。宗慶寺です。
どちらも家康の側室です。
紛らわしいけど違う人。

阿茶局はほぼ正室なくらい家康に愛され
政治的にもろもろ大活躍しましたので
間違わないと思いますが
茶阿局を呼ぶときはこんがらがりますね

阿・・、間違えた
あちゃーっ

龍光院
毘沙門天

ご開帳は正月だけで、像はないみたいです。

円珠院
大黒天

とても良いお顔です。
いっぱい大黒様は見てきたけど
ここの大黒様が一番好きです。

滝沢馬琴誕生の地


ここも3回目
最初は工事中で入れなかったんですよね。

古典文学最長の「南総里見八犬伝」28年もかけて完成しました。
最後の方は失明しちゃっていて、娘に口述筆記してもらった。
このモニュメントは、国立国会図書館に所蔵されている106冊分の原本の寸法を測り、
2つの山に分けて積み重ねられた形をしています。(約60センチメートル)

写真を撮ろうとしたら本(南総里見八犬伝)の上に図書館の貸出しカードが置いてありました。
南総里見八犬伝は私が借ります、という意思表示でしょうか。
ここは、深川ふれあいセンターや児童館等の江東区の公共施設なので
カードを中に届けてきました。

採茶庵(さいとあん)

さっきは、芭蕉庵でした。
ここは、杉山杉風(すぎやまさんぷう)という芭蕉の弟子の採茶庵です。
芭蕉は、奥の細道に出発する前、芭蕉庵を引き払っちゃって、この採茶庵に居候

奥の細道に出発するのはここからということになります。

よいしょっと。出掛けるとするか

ここから、隅田川を船で上がり、千住大橋のところから、徒歩開始になります。

長くなりました。
続きは明日ね

[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)

[春日神社] 春日神は集合体

神社シリーズ
八幡神社、稲荷神社、天神、伊勢神宮、出雲大社と来ました。
次は春日神社と参りましょう。

春日神社
奈良の春日大社を総本社とする春日神社は、
その数にして、1000社以上。
ベスト10には入らないものの、11位です。

春日大社で祀られているのは、春日神
八幡神社で八幡神みたいな感じ

この春日神、なかなか実態がつかめない。
古事記や日本書紀に出てくる神様ではない。

天神様の菅原道真のような人物が神様になったわけではない。

4つの神様の集合体。
武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)の4人

天児屋根命って天岩戸に天照大御神が隠れたときに活躍した神様
天照大御神がちょっと開けたとき、鏡を差し出した神様
比売神はその奥さん

天児屋根命は中臣鎌足(藤原鎌足)の先祖ということになっているから
藤原氏からすると祖神ということになっている

武甕槌命はいというと、
常陸の国(今の茨城県)の一の宮、鹿島神社から勧請した神様

経津主命は、
下総の国(今の千葉県)の一の宮、香取神社から勧請した神様

この二つの神社、二つの国に別れてはいますが
川を挟んで向かい合っている。

なんで関東の神社の神様を持ってきたのか、謎に包まれています。


その4つの神様が合体した春日神は超人気になる
鎌倉時代には、伊勢神宮や石清水八幡宮と並び称せられるほどになる。

藤原氏の氏神様だったというのが大きい。

次回から、鹿の話、興福寺の話に入っていきますね

[神社]シリーズはこちら(少し下げてね)

[宇宙] 隕石は星のかけらなのか

宇宙シリーズ、今回は隕石の話です。

隕石って
隕石って、星のかけらなの?

いえいえ、そうではありませぬ

星のなりそこないなんですって。

火星と木星の間に、小惑星帯(アステロイドベルト)というのがある

45億年前、小さな天体が合体しながら、太陽系の惑星が出来ていったんだけど
その時に乗り遅れちゃったものたち

彼らが同じような公転軌道を持つようになったのが、小惑星帯
そこから地球にやって来て、地表まで燃え尽きずに落っこちたのが隕石

こちらは、現在のところ最大とされているホバ隕石

昔の人はビックリしたでしょうね
空から石が降って来るわけです。
神としか思えません。
神社が建てられ、祀られた事もあります。

私にとっては隕石と言えば、新宿区にある宗参寺
磯田道史先生が、江戸時代に、江戸に落ちた隕石の場所を特定しちゃった話

いてもたってもおられず、新幹線に乗って、その隕石を探しに、宗参寺まで来たと本に書いてあった
結局は隕石は見つからなかったんだけど
ならば私がその意思を受け継いで探して参りましょうと、宗参寺に向かった
江戸時代に新宿に落ちた隕石を探して
やっぱり見つからなかったんですけどね

南極
隕石と言えば南極
南極では隕石が発見しやすいんです。

隕石カタログ(Catalogue of Meteorites 2000年版)には2万2507個の隕石が載っているが
そのうち、南極の隕石は、1万7808個

もちろん南極にだけ隕石が落ちた訳ではありません。

南極に落ちた隕石は、氷で覆われます。
やがて氷河となって移動し
氷が溶ける場所に来て、溶けて、中の隕石を吐き出します。
このメカニズムが分かると
ゴロゴロ隕石が転がっている場所が分かります。

氷で覆われて、変質しづらいので
貴重な宇宙の情報が豊富に含まれているそうです。

みなさんも南極においでの暁には
隕石を探してみてはいかがでしょう。

[科学]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植物] 勢い余ってぽったぽた

「植物のかしこい生き方」からのシリーズは今日で最終回
第五章「苦難に立ち向かう準備としくみ」から

暗闇の中でも 出来ることがある
暗闇の中だからこそ 出来ることがある


植物は光が大好き
光合成では光と水と二酸化炭素を元に、物質やエネルギーを出しますからね。

でも、本当だろうか

植物にとって、光はあればあるほど良いものだろうか。

二つ目の要素、「水」が問題なんです。

夏、カンカン照り
光は目一杯でも、温度があっつあつになっちゃいますので
せっかく吸い上げた水が蒸発しちゃうんです。

葉っぱって、何で平たく広がっているかというと、光を目一杯吸収するため
でも、痛し痒しで、光が当たりすぎると、表面からどんどん水分が蒸発しちゃう。
出身地にもよるんですが
熱帯出身の植物でなければ、お昼は苦手な植物も多いんです。

葉っぱがぐったりとたれさがって、できるだけ光が当たらないよう。
あるいは、葉っぱがくるんと丸まって光を拒絶。

そんな植物たちは夜になると、もしかすると大喜び

やったぁ。暗いぞ。まっ暗闇じゃあござんせんか
今この内に、目一杯張り巡らせた根っこから、吸うぞ吸うぞ。どんどん吸うぞ。

朝だっ
へへっ。もう準備万端だもんね。

たまに、勢い余って吸い上げすぎた水が葉っぱの先から滴り落ちたりします。
溢水(いっすい)と呼ぶようです。



そして朝方のちょうど良い光の中で
待ってました!と光合成

さらに、お昼になると葉っぱから、水分を蒸発させて、体温を下げ
自分の体を守るのです。

猛暑でも、森の中は涼しい。
こんな自然のクーラーがあるからなんですね。

暗闇
人生において何度かやって来る逆境
なかなか、その中で、ラッキーなんて思えないでしょうけど
植物たちの頑張りを思い出して
要は「考え方」だぜってケセラセラ

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)