[天王星] 夏が21年、冬が21年

宇宙シリーズ

天王星

天王星は自転軸が98度も傾いて回っている
地球だと縦からちょっとだけ傾きつつ、太陽の回りを回っているけど
天王星はほぼ横向きで太陽の回りを回っている

するとどういうことが起きるかというと
北極あたりは、随分長く、ずっと太陽に当たりっぱなし

公転の周期、すなわち太陽を一回りするのに84年かかるので
春夏秋冬それぞれ21年ずつあることになります。

春夏ものの服は、42年も使えます。
42年に一度、国家的大事業として
「衣替え」ですね

輪っか
土星ほどではありませんが
天王星にも輪っかがあります。
9本の輪っかまでは分かっていたんですが
探査機でさらに2本あることが分かりました。
いずれもとても薄いものです。

なぜ、そんな薄い輪っかが整然としているのかが分かりませんでした。

でもその後の観察で、輪っかのちょうど内側とちょうど外側に衛星があることが分かりました。

これらの衛星があたかも羊飼いのように、整然と並べている訳です。

ほれほれ、ちゃんと並びなさいよ
ぜんたーい進め、イチニッ

輪っかも、衛星もやっぱり縦に回っています。

謎の解明
なぜほぼ90度も地軸が傾いているかは長年の謎でした。

コンピュータが進化することで、高度なシミュレーションができるようになりました。
仮説として、地球ほどの大きさの星がぶつかった衝撃で傾いたのではないか

天王星は地球の4倍ほどの大きさです。

計算してね
はーい

コンピュータは賢いです。

あら残念。傾かない。

もう一度仮説の練り直し。
仮説を考えるのは賢い人間の役割です。

傾いたぞ!

天王星が出来立ての頃
地球ほどの大きさの星が
かなり短い間隔で2回ぶつかった。

そうすると、90度傾き、
二つの星の破片が、衛星や輪っかになって縦に回ります。

[宇宙]シリーズはこちら(少し下げてね)

[宇宙]木星観光で癒されるぅ

「宇宙の歩き方」からのシリーズ
木星観光に行ってみよう!

木星
木星観光へようこそ

木星ってガス惑星なので、着陸はできないんです。
その代わり、色んな見処を回りますので、
楽しんで帰ってくださいね

まずは、やはりこの模様でございましょう

ガスの流れで出来る渦、ゆっくり変わっていくその模様を眺めていると
地球でのうさを忘れさせてくれます。

あれが、大赤班
巨大な台風だと言われています。
命が惜しいので、近づくのはやめて、ここから眺めることにいたしましょう

300年前に発見されたんですが
ずっと存在しているんです。
不思議ですね

大赤班から離れれば、ガスの中に入れる事ができます。
シートベルトをしっかり締めて、つり革にも捕まってくださいね
気流がすごいことになりますので
気分が悪くなるような事があれば、右手をあげて合図してください。
大丈夫。今日の宇宙船の運転手さんは、この道15年の大ベテラン
おそらく

輪っか
さあ、次のスポットに参りましょう
はいこの角度から
見えますか、輪っか
土星ほどではありませんが、薄い輪があるんですよ

ボイジャーが発見したんですよ

衛星巡り
次は衛星巡りと参りましょう
七福神巡り同様、ご利益があると言われています。
木星には4つの衛星があるんです

それぞれ味わいのある、とても良い衛星です。
まずは、水星よりも大きい、ガニメデ

次に、水星と同じくらいの大きさのカリスト
きれいでしょう

もっと小さくて月と同じくらいの、イオ
見るたび、美味しそうって思っちゃいます。

巨大な火山があるんですよ
硫黄の溶岩を数100km上空まで吹き上げている姿が発見された事があるんです。

エウロパ
今日のメインエベントでございます。
最後のエウロパに上陸いたしましょう

月と同じくらいの大きさです。

氷で覆われていて滑り易いので気をつけて下さいね。
浅田真央ちゃんが一緒なら良かったんですけど

厚さ3km以上の氷で覆われていて、その下は海です。

生物がいるんじゃないかと一時は大騒ぎ
深海魚的なのがね

まだ私は出会っていないんですが、今日こそは
潜水船で、探しましょう。
みなさんも頑張って目をこらしてくださいね

ああああーっ

[宇宙]シリーズはこちら(少し下げてね)

[宇宙] 金星への移住はとっても大変

宇宙シリーズの前回に、火星への移住(テラフォーミング)の話をしました
[宇宙] 火星まるごと変えちゃおう計画

テラフォーミングと言うんでしたね

よし、うまくいったぞ

気を良くした、地球人たち
今度は金星だ

金星は、地球とほぼ同じ
なんとかなるんじゃなかろうか

昔は、地球と環境が似ているんじゃないかという風にも言われていたんですが
研究が進むにつれて、とんでもないことが分かってきました。

火星は、空気の濃度が地球と比べて150分の1ととっても薄い
温室効果がないということでとっても寒くて、-50度
金星は全く逆で、空気の濃度が、地球の90倍の濃さ
ほとんどが二酸化炭素
そうなると温室効果で熱くなる
鉛も熔けるような灼熱地獄

お地蔵様でないと耐えられません。

さあ、どうやってテレフォーミングしましょうか

まずは、金星と太陽の間に日傘を広げます
大気の上層部に藻や微生物を繁殖させ、光合成で酸素濃度を増やしていきます。

すごいですね、この発想
そんなでかい日傘、見たことありません。
大気の上層部に藻や微生物をっていうのもすごいですね
空中に浮いているって事でしょうか

次に小惑星をぶつけて、大気をはじき飛ばします

これもまた大胆な発想
はじき飛んだ大気ってどこに行くんでしょうね

さらに次は、氷の成分を多く含んだ惑星を金星に取り込み、水を増やします。

こりゃ大変だ
数千年から、数万年もかかるんですって

晴れてテラフォーミングが可能になるとこんな感じ

火星よりは、重力が地球と一緒って事で住みやすいらしい

数万年後かぁ
まあ、その頃には無茶苦茶頭良い人がいっぱいいるだろうから
もっと別の方法もあるかもね
巨大な掃除機で吸い取っちゃうとか。
巨大なうちわであおぐとか。

巨大な日傘ができるんなら大体の事は可能かなと

[宇宙]シリーズはこちら(少し下げてね)

今年こそダイヤモンド富士

(12/27と12/28の事です)

わが東久留米市では、冬至のちょっと後辺りの日にダイヤモンド富士が見れます。

ということで、去年、ひとりで大騒ぎし
ダイヤモンド富士にチャレンジ

その時の様子はこちら
ダイヤモンド富士を追いかけて
ダイヤモンド富士2

結局のところ、頂上には沈まず、ふもと辺りに沈むふもと富士

今年こそは!
12/22~12/28ということでした

12/27
もう少し前だったら良かったんですが
なかなかそうも行かず

ちょっと遅めかも知れないけど、チャレンジだ!
日の入りは4時半なんですが、3時半から待機
去年同様、近くのショッピングセンタークルネの屋上駐車場
寒いので、建物内と行ったり来たり

全体的には晴れなんですが
富士山方面には雲が。

ああっ、ダメか?

結局、富士山は雲で覆われていました。

12/28
12/22~12/28って書いてあったから
ギリギリかなあ

大掃除が終わり
カミさんがテレビを見てくつろいでいます。

ちょっとクルネに行ってくるわ

えっ、何しに?

まあちょっとね

沈みかけの時は光が強すぎて正視出来ません。
昨日のように、雲で覆われちゃっているのかどうなのか

あっあの斜めの線の感じは富士山か?

うわあ 頂上じゃないのか

去年もこの辺だった
去年は12/17で早すぎた。

今年は遅すぎたってことでしょう。
ホントに冬至のあたりで、頂上辺りに沈み
また向かって右手側に戻っていくんでしょう。

でも、富士山って、ちょうど後ろにお日様が沈んだ時くらいのシルエットが
一番綺麗ですね

ちゃんとその日に快晴でないといけないから
思った以上に大変です。
何年かかるか
まあ、すぐに達成しちゃったら、楽しみがなくなりますから。

来年だっ

[天体]シリーズはこちら(少し下げてね)