雲、きゅうり1000本

前回、雲の10種類の話をしましたので、その一つずつをと思ったんですが
せっかくですから、自分で撮った写真もとり混ぜつついきたいなと思っています。

一旦、前回すっ飛ばした雲の仕組みの話を挟みます。

気圧
空気の圧力の事を気圧と言います。
自分の上にある空気全ての重さなんですと。
ずっとずっと上の空気がなくなる手前まで
何だかすごいです。

単位はヘクトパスカル(hPa)聞いたことあります
昔はミリバールと言っていたそうです。
そういうとそうでした。

手のひら(10cm四方)の上に乗せた、きゅうり1本(100g)から感じる圧力が1hPa
早速冷蔵庫を開けて、きゅうりを手のひらに乗せてみました。

うん、乗っている
理解、理解。

色々変化はしますが、地上では約1000hPa
「私たちはあまり意識しませんが、手のひらにキュウリ1000本(100㎏)を載せたくらいのけっこうな重さの空気の中で生活しているのです」
って本には書いてあります。

あかん
ここで挫折
手のひらにキュウリ1000本は乗せたことありません。
そんなん重たい。
ぺしゃんこになります。
100kgのおデブちゃんを、常に背負いながら生活しているということですね
最近肩凝って、50肩にもなったのはこういうカラクリだったんですね。

納得いきませんが、考えても分かりませんので
無理矢理次にいきましょう。

気圧と高度と温度と飽和と重さ
気圧ってずっと上までの空気の重さでしたね
ということは高いところでは上に空気(キュウリ)がそんなにないから
気圧は低めになります。

温度との関係で言うと気圧が高いと温度は高くなる
ギュウギュウだと、おしくら饅頭なので暑くなるんですね

そして、暑いと水分をいっぱい含むことが出来る
逆に寒いと含むことが出来なくなる
となると、雲になる訳です。

もっともっと耐えられなくなると、雨になる。

高気圧と低気圧ではバクッと言うと低気圧の方が天気が悪いのはそういう理由です。

上昇

例えば地上付近にある湿った空気が、上に上昇していくとします。

すると、気圧が低くなる→冷たくなる→耐えきれなくなる→雲になる

上昇する理由はいくつかあります。

一つ目は山
横方向に風が吹いているとする
そこに山があると上昇するしかありませんね
富士山の頂上に雲があるのはそういう理由です。

二つ目は冷たい地面
地面が冷たかったとします。
空気は冷やされます。
冷えると膨張して軽くなります。
軽くなると上に上がっていきます。

三つ目は高気圧と低気圧のせめぎあい
仮に西の方は高気圧の空気が支配していて
東の方は低気圧だったとします。
高気圧はおしくら饅頭ですから、
低気圧の方にグイグイ押してきます。

そこには何が出来るでしょう
はい、風ですね。

横方向に風が吹くと低気圧の方ではどうなるか
もともと軽めの空気ですから高気圧の下側に潜り込むことにはならず
高気圧の上に乗っかっていく感じになります

すると、上昇→もっと低気圧に→耐えられない→雲になる
って訳です。

この高気圧と低気圧の境目の事を前線と言っています。

おおっ、一気に専門的になりましたね
気象予報士になった気分です。

前線と言っても天気図のように空に線が書いてある訳はありません。

でも見分けられるんですね

もうお分かりでしょう
雲ですね

前線には雲があって天気が悪くなるってことです。
同じ時間の天気図と雲の写真を見比べて下さい。


ほらね

以下は私が撮った雲の写真です。
層積雲かな

これは積雲?

見にくいけど薄く巻雲じゃないかな

層雲かなと思います。

索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)

雲の見分け方

雲シリーズ第三弾

雲の出来方や仕組みは、まだまだいっぱい書いてあったのですが
理解するのにかなり時間がかかりそうなので
一旦、すっと飛ばして後回し。
雲の種類分けの話に入っていきます。

十種類
雲は10種類しかありません。
便利です

世界気象機関が決めている十種雲形
権威ありますね
世界中が雲は10種類ということです。

「巻雲(けんうん)」「巻積雲(けんせきうん)」「巻層雲(けんそううん)」「高積雲(こうせきうん)」「高層雲(こうそううん)」「積乱雲(せきらんうん)」「乱層雲(らんそううん)」「積雲(せきうん)」「層積雲(そうせきうん)」「層雲(そううん)」

まずいっ
付いていけそうにない。
そういう時は、この表は見なかったことにしましょう。

でも、良く良く見ると
何か組み合わせなんだなと分かってきます。
「積」「層」「巻」「高」「乱」の5つの漢字しか出てきません。

まずは、「積」と「層」を覚えちゃいましょう
積、は団子のように固まった雲。積み重なっている訳ですね
層、横に平べったい雲。地層の層ですもんね。

次に、「巻」と「高」
巻、は無茶苦茶高いところにある雲
高、はそこそこ高いところにある雲
低いところにある雲には何にも付きません。
高、と書いても一番高い訳じゃないのはフェイントでしょうか

すごく高い団子→巻積雲
すごく高い平ら→巻層雲
高い団子→高積雲
高い平ら→高層雲
低い団子→積雲
低い平ら→層雲

あら簡単
もう、6個覚えちゃいました。

次に「乱」雨を降らせる雲です。
雨を降らせる団子→積乱雲
雨を降らせる平ら→乱層雲
微妙に順番が違っておりますが
層乱雲とか言っちゃっても、怒ってくる人はいないでしょう。

これで天気予報も出来ちゃいますね
気象予報士になった気分です。

あと、巻雲と層積雲を加えて10個
いやあ、意外に簡単でした。

こらこら、最後の二つは何なのよ?
はい、都合が悪くなると、素通りです。

絵で理解しましょう
グッと分かりやすくなりますよ。

雲の見分け方
名前が分かれば今度はもう少し詳しく、見分け方になりますね。
「雲を愛する技術」ではYesNoチャートで見分け方を書いてくれています。
こういうチャートがあれば、昔から必ずやってました。

永久保存版です
おそらく、今後雲を見分けようという時、何度もこのチャートを見返すことになるでしょう。

一つずつ参りましょう。

まずはでっかいモクモクした雲からです。

雷があれば積乱雲。これは明白
そうじゃなくてモクモクの場合
雲のてっぺんの一部が毛羽だっていれば積乱雲
そうじゃなきゃ積雲
毛羽だっているというのがいまいち分かりませんが
雨が降るかどうかの境目なのでこれからいっぱい見て、経験を「積」む必要がありそうです。
積雲だけにね

モクモクじゃない場合
層雲シリーズに入っていきましょう

ベターッと空一面に広がっている雲の場合
太陽がくっきり見えれば、巻層雲
ほの暗い灰色のシート状の雲なら、高層雲
より濃密で、雨を伴うなら、乱層雲
そうでなければ、層雲

シート状でない場合

白くて小さな束だったり、繊維状の雲なら、巻雲
そうじゃないと、塊が連続する、こぶこぶって感じの雲になりますが
その一つずつの雲の大きさが問題になります

指一本の幅より小さければ、巻積雲
指一本より大きいけど、拳より小さければ、高積雲
それより大きければ、層積雲

あとはもう数を重ねて経験ですね

このあとも、より詳しく少しずつ説明していきますからね

索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)

雲のでき方

前回は、ごく導入の部分でしたね
雲を愛する技術

今日は、雲の出来方の話に入っていきましょう。

パーセルくん
できるだけイメージしやすいよう
空気の中で、この辺からこのあたりぐらいまで、同じ温度というところを
空気のかたまりだと考えてみましょう。

専門的にはパーセルと言うらしいんですが
雲を愛する技術、の本では、親愛を込めて
パーセルくんと呼んでいます。

かわいいです。
愛しやすくなりました。

これから、いっぱい出てくるので、ぜひ覚えてくださいね
同じ温度の空気のかたまりがパーセルくんです。

パーセルくんは喉が渇いて、
水分取りたいよう

パーセルくんの中の湿度がどんどん上がっていきます。
この段階ではまだ湿度が上がっているだけで
無色透明です。

湿度が100%に達しました。
でもまだ無色透明
この時点を飽和(ほうわ)と言います。
学校で習いましたね

パーセルくんは欲張りです。
それでも水分を取り続けます
湿度が100%を超えていきます。

嘘つけこのペテン師が。
いえいえ、ちゃんと名前も付いています
過飽和と言います。
あるきっかけがあるまでは、
パーセルくん、耐えます、耐えます。

雲の誕生
あるきっかけとは、種です。
梅干しの種とか、おにぎりの具みたいなもん
目に見えないくらいの小さなチリです。
エアロゾルと言います。

カミさんは見えないよと言いますが
私は花粉症なので、実感実感大実感
おります、エアロゾルさん
無茶苦茶いっぱいいます。

簡単な実験が紹介されていました。
熱々の味噌汁と、火がついて煙が上がっている線香を用意します。
味噌汁の上に線香を近づけるとあら不思議
どっと湯気が増えます。

ここで、私は気づきましたよ
ひょっとして私は頭良いかも知れません。

雲は湯気です。

どうだっ、この理解の仕方
文系はこういう理解の仕方の方が早いです。
雲が白い理由も
雲が浮いている理由も、一発解決です。

飛行機雲って、雲を吐き出している訳じゃなく
エアロゾルを吐き出しながら進んでいる訳ですね

雨へ
この湯気さん、ふらふら動いているうちに、
周辺の過飽和のところから水分を取り込んで大きくなっていきます。

大きさは、半径0.001mmから0.01mm
人間の髪の毛の1/5位の大きさです。

重いよぉ
と落ち始めます
すると、他の湯気さんとぶつかって
加速度的に大きくなってきます。

1mm位になってくると、雨粒(雨滴)と名前を変えましょう
0.5mmのシャーペンの芯の4倍の直径

この頃になるとかなりのスピードで落ちてきますので
空気抵抗をガンガン受けます。
スカイダイビングの時、ほっぺたペチャッ、って感じ
おまんじゅうの形になります。

絵本とかに描いてあるしずくの形は、嘘なんだけど
ロマンを壊すといけないので、子供たちには内緒ね

時には、空気抵抗の力が強いために
体がちぎれちゃったりします。
いかん、ロマンが!

そうなるとまた体が小さくなるので
スピードが急に遅くなります。

上から来た雨は大変
コラー!
急ブレーキかけるなー
キューーーッ ドーン

くっつく場合も、衝撃でさらに細かく別れる場合もあります。

そうやって雨たちは出会いと別れを繰り返しながら、地上まで達するんです。
ロマンだなあ。
詳しく書くと、こんな出会いと別れです。


索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)

雲を愛する技術

歩く

私の場合、これがテーマです

ここからここまで歩く間にどう楽しむか

名所を巡る
楽しい

自然
癒される

神社仏閣がどうしても入ってくるから
仏像の見分け方とかやってみると、その前から比べて数倍楽しくなった
よし、神社も
庭園も

誰それの生誕の地とか、住居あととか
大体小さな看板が立っているだけだけど
その人について調べてから行くと楽しいのなんの


その間も楽しみたくなって、街角商品
マンホールだの、送水口
ぐぐんと充実度がアップ

後は、花や木の植物だって分かってはいるものの
本を買っても、花の名前がどうしても覚えられない。
じゃあまあ植物はかなり長期で考えるとしよう。

実は次が何か分かってはいた
ずいぶん昔から

特にマンホールとかやっていると下ばっかり見て歩くようになる
悪くはないんだけど、バランス上、上も見なきゃ

最近かなり、歴史に片寄っているから
理系的なことにも行きたくなってくる

そして何と言っても、一番身近な大型芸術

雲に決まってますね


雲を愛する技術という本

とうとう買っちゃった

どれだけ迷ったか
一年以上

雲は大物過ぎますね
奥が深すぎる

もう帰ってこれなくなりそう

理論が難しすぎるし

大きくて遠すぎるから
ちゃんとしたカメラじゃないと
タブレットとかじゃうまく写真が撮れない

マイナス要素を考え出すとキリがないんだけど
それ以上の強烈なパワーを持っていますからね

出来るだけ軽めにとらえようと思います。
あかん!と思ったらすぐに戻ってきます。
最初から恐る恐る

グチャグチャ言ってないで、スタートですね

雲って何?

私のようなど素人からすると、まずはこれですね

なんで空に浮いてるの?
なんで白いの?

そもそも雲って何で出来ているかでいうと、水や氷のちっちゃなちっちゃな粒
雲粒子(くもりゅうし)って言うらしい
これは、うすうす分かっていました。
綿でも綿飴でもない

とっても小さいから軽いけど、
軽くったって重さはあるので
重さがあるものは落ちる。
毎秒1cmくらいのスピードで落ちてくる

ところが空には、風が吹いている
下から上に吹く風というのがあちこちにある

紙風船を下からパタパタあおぐ感じで浮いている訳ですね

一つ一つの粒は小さすぎて、目には見えないらしいです。
でも、いっぱい集まると、太陽光線のうち、私たちが目で見える可視光線を散乱することで
白く見えるらしいです。

理解不能です。
見えないものはいくら集まっても見えないんじゃないかとは
私のような文系人間には思えるのですが
「可視光線を散乱する」みたいな漢字を並べられるとギャフンです。

本の真ん中辺で、空が青い理由とともに詳しく書いてあるので
一旦仕切り直しにさせていただいて
何とか頑張って理解してみますので
その時、もう一回ちゃんと説明しますね

いろんな事をかなり分かりやすく解説してくれているのですが
なにせ、もとが難しいもので何度も何度も読み返して
さらにさらに分かりやすくしてお届けするつもりです。

できるかなあ
なせばなる!

ということで、今日のところは、ごくごく入り口だけでご勘弁

索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)