元号の名付け方、その3。菅原さん、こっちが良いです。

元号の名付け方
元号の名付け方、その2
の続きです。

今回は手続き的なことをお話しましょう。

天皇
新しい元号を何にするか最終的に決めていたのは天皇です。

でも、天皇が膨大にある中国の文献に当たるのは無理
そこで、文章博士(もんじょうはかせ)なるひとたちが
候補を洗い出します。
そこから、公卿会議で吟味を重ね
最終的に候補を二つにする

天皇の出番

うーん
こっち!

良いですね。この制度
今回もこれでやったら良いんじゃないかな
今回は自分の名前にもなるわけですからね

二つのうちのひとつだったら、突飛なものにはなりませんしね
ゲートウェイみたいな

象徴は実質的な政治には関わっちゃいけないってことは分かるけど
二つのうちのひとつを選ぶことが実質的な政治じゃないでしょう。

文章博士
候補を洗い出す、文章博士はどういう人かですが
律令制度での朝廷の役職のひとつ

まさか、改元のためだけにいるの?

そんな訳ないですね
要は国語の先生。

大学寮という官僚の教育機関があるんだけど
その中で漢文学や歴史学を教えていた先生。
天皇にも教えていたし
他のお公家さんの提出すべき文章を代筆したりする
国語のスペシャリスト。

そんな天才もなぜか世襲になっていって
平安時代末期になると
大江家、菅原家、藤原家が独占。

さらに室町時代以降は
改元の候補出しに関しては、完全に菅原家が独占。
「寛正」「文正」「寛文」という3つの例外を除いて
全て菅原さん

国語の天才の家系と言えば今なら金田一さんですね

昔は、
えっ、菅原さんでらっしゃるんですか
へへーっ

菅原さん、この文章をお読みでしょうか
すごいですよ
あなたの祖先が全て元号を決めたんです。

現在
今は、文章博士という役職はないから
内閣総理大臣が選んだ、有識者といわれる人が
候補をいくつかあげて、提出
内閣官房長官と内閣法制局長官らが候補を数案に絞り
最終的に全閣僚会議で閣議決定

残念!
そこ、最後のところ
一つじゃなくて、二つにならんかなあ

こっち

索引はこちら


プリムラ

花カレンダー始めました

1/20 大寒 江戸の大晦日までの色々

二十四節気シリーズです

大寒  だいかん 最も寒さの厳しい頃  01月20日
(旧暦 12月15日)

年の市
煤払いも終わり、旧暦では正月へのカウントダウンということになります。
神社や寺院では、祀られる本尊と祭神の結縁日(けちえんにち)に市が立ちます。
今年最後というこの時期には、特別、年の市という名前になります。
水天宮は5日、薬師は8日、金比羅(こんぴら)は10日、祖師は13日、観音は18日、大師は21日、地蔵は24日、天神は25日、不動は28日という具合
お互いに少しずつずらして共存を図ります。
これ全部行こうとすると、えらい忙しいですね
正月を迎えるための色んな品物を買うための縁日市が立つ訳ですが
正直それだけが目的なら、最寄りの神社や寺院のどれかひとつに行けば事済む訳です。
でも、おそらく複数に出かける
金がもたないなら、別に何も買わなくったって
そういうところに行くのが楽しい。

遊びの天才。遊ぶために必死
翌月には、それぞれ、初水天宮だの、初薬師だのと、全部に初がついて大にぎわい。

縁日の出店もそれぞれ日にちがずれていれば回れますからね

寒念仏・節季候
小寒と大寒の期間の30日間を「寒の内」という
その間、鉦(かね)を鳴らし、念仏を唱えつつ山野を巡ることを「寒念仏」という
この声や音を聞くと、みんな季節感を感じていたんですね。

この仏教上の行事を真似てというかかこつけてというか
寒念仏の代行と勝手に言って、僧でもない人が「まかしょ、まかしょ」と言いながら家々を回り
金品をもらい歩く「まかしょ」

「節季候、節季候」(せきぞろ、せきぞろ)と言いながら家々を回る「節季候」もいる

江戸って、基本的にツケ商売で
代金はまとめておいて、年末に回収
今でも「これじゃ正月を越せない」と言うことがあるけど
当時は、本当に実質的に、正月を越すってことは重要な事だったんです

ここからが、私が江戸の人たちを大好きなひとつの要因です。
こりゃ年を越せないとなっても
深刻にはなりません。

「まかしょ」や「節季候」と言いながら誰かの家に行けば良いんです。
今年は若干でも蓄えが出来たという時は、めぐんでくれます。

いつ自分もそうなるか分からないんでお互い様って訳です。

餅つき
正月が近づいて来ると、正月用の餅をつく必要がある
裕福な家は自分の家でつきますが
一般庶民は、大体、年の市で買ってくるという事になります。

雪見
遊びの天才、江戸庶民の真骨頂が雪見
当時は、気候が今より寒く
江戸でも良く雪が降り、積もることも多かった。
雪は均等に降るから、そこいらで見ても十分綺麗なんだけど
雪の名所にわざわざ出掛けていく。

見晴らしの良いところが良いので道灌山(どうかんやま)飛鳥山(あすかやま)
湯島、谷中等の高台、
高輪海岸、上野の忍ばずの池、隅田川の堤など。

大晦日
そしていよいよ大晦日
商家はギリギリまで代金の取立てに走り回る

庶民たちは、最後の仕事を終え、一杯引っ掛けた上で
深夜営業の風呂屋に出かける

この日だけ、江戸は特別に、眠らない町となる

年越し蕎麦を食べる習慣は、元禄の頃に始まったようです。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


ポインセチア

花カレンダー始めました

元号の名付け方、その2

元号の名付け方
の続きです。

良く使う文字
最初の頃に4文字というのがちょろちょろあるのですが
落ち着いてからは、漢字二文字でずっと来ています。

良く使う文字をランキングすると

1.永 29回
2.元 27回
2.天 27回
4.治 21回
5.応 20回

でもね
昭和の「昭」も平成の「成」も過去1回しか使われていないんです。

今回も、踏襲して、
過去1回しか使われていないんだけど
馴染みのある、画数の少ない漢字と
良く使われている漢字を組み合わせるんじゃないでしょうか

読みが深いでしょ

さらに言うと、
中国の古典から選んでいる事が多いんです。
一番多いのが、「尚書」

実は、昭和も平成も「尚書」から
これも、踏襲するに違いありません。

アルファベットに直すとH始まりや、S、T、Mは使えません
母音だのBだのは使えますが
M、T、S、Hと使用数の多いのをずっと使っていますので
ここで奇をてらう事は無いでしょう。

ズバリ、Kに違いありません。

天皇の諱(いみな)として
一世一元と明治からなったので
一人の天皇の在位期間中は一つの元号
そのまま、天皇の諱(いみな)、要するに名前、として使われる

となると、どういう元号かと、どういう天皇名かという問題が
ドッキングすることになる。

天皇名という視点から考えたとき、今回の新元号、即ち、新天皇名として
絶対使われないであろう漢字がある

そもそも、天皇の名前ってどうやって決まるかなんだけど
在位中には決まっていない。

天皇が崩御したのち
みんなで集まって、評価会議

こんなこともこんなことも、良いこといっぱいしてくれたから
こんな良い名前付けてあげようよ

元々の中国では逆のパターンもあった。

とてもひどい事ばかりしたから
ひどい名前にしよう。

どんな名前にされるか心配でおちおち死ねませんね

さすがに日本では、この「悪い評価だから」という名前の付け方はしなかった

でも近いニュアンスはあったんです。
それが、今回の新元号で絶対に付かないであろう漢字の一つ目です。


えっ、どういうこと?
徳って無茶苦茶、誉めちぎっているように思いますね
しかも、天皇の名前として、結構付いています。

確かに、仁徳天皇の時あたりまでは、良い名前の代表でした。

でも、36代孝徳天皇の時
中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)、後の天智天皇を皇太子にするんだけど
ご存知の通り超野心家
大化の改新とかもろもろあって、
孝徳天皇は失意のうちに、病気で崩御

まずいよ、まずいよ
こりゃ、どう考えても、たたりがある

不遇な死を遂げた人からは祟りがあると真剣に信じられていた時代

とても良い天皇だったよね
徳の字を付けるにふさわしい。

そうだ、そうだ、絶対そうしよう。

以降、55代文徳、75代崇徳、81代安徳、82代顕徳、84代順徳
このブログでも紹介しましたね
崇徳院
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
安徳天皇
須磨で、ロマン巡り

崇徳院なんて、祟るために、鬼になるように努力し
絶対に祟ってやる、と宣言してから死にました。

でも、逆にそうなってくると、徳の字が付いた天皇は
みんなが祟りを認識している天皇ということになる

祟りの予告編というか
祟りのお墨付きというか

82代顕徳って聞いたことないですね
それもそのはず
その後にもう一度名前を変えたんです。

祟りのお墨付きは、やっぱりまずいんじゃないの
特にこの人に祟られると、思いきり怖いんですけど

で、何に変えたかと言うと、後鳥羽です。
うおおっ。超大物でしたね
[百人一首]99 その前に、後鳥羽院について

その息子の順徳院は良いの?って疑問は残りますが。

その後、96代後醍醐天皇の時にも
元徳にしようという案が持ち上がるんだけど
怖いからやめようよ、となった。

それ以降、徳の字は使われていません。


光って、キラキラネームで付きそうですね

これも、新元号では絶対に付かないんです。

天皇が、息子へ息子へと繋がっていく訳ですが
お世継ぎが生まれない事だってありますね

特に昔は、子供のうちに死んじゃうことがすごく多かった
その息子なんて、当然いない。

そうなったら、兄弟だ甥っ子だと
血が濃い順に辿っていく訳ですけど

かなり上まで行って、また戻ってきて
みたいになっちゃったとき
傍系から出て皇位を継承した場合、
「光」の字を付けるんです。

49代光仁、58代光孝、119代光格

でも、今回は正真正銘長男ですもんね
光の字は絶対に付きません。

おそらく「天」も付かないんですが
これは説が分かれるかも。
でもそんな危険はおかさないでしょうから
やっぱり天はつけないでしょう。

面白いですね
天は元号の名前としては同率二位なのに
天皇の名前としては、ダメなようです。

大分絞られましたね
もう決まったようなもんです。


前回も書きましたが
「幸」です

「幸」にしましょう

「幸」はKであり
過去、1度も使われず
画数も多くなく
馴染みがある

これ以上に良い意味を持つ漢字があるとは思えない

問題は「尚書」です
私は「尚書」を持っていないので検索できない

あるかなあ
「尚書」の中に、幸の付く良い熟語

索引はこちら


エリカクリスマスパレード

花カレンダー始めました

日本庭園、借景

庭園シリーズ、一旦最終回とします。

借景
四方が美しい山々に囲圭れた京都
庭園だけではなくその背後の風景をも取り込んでともに愛でてきました。

このように背景を庭園の要素として取り込むことを
「借景」といいます。

夢窓疎石
借景の庭を、庭園の一手法として確立したのは、
室町時代の夢窓疎石(むそうそせき)。
出ました。庭園界の神様。

世界文化遺産に登録されている天龍寺庭園や西芳寺庭園では、
それぞれ背後の亀山、東山を借景しています。

天龍寺庭園

でも残念ながら、この手法は、次第に使われなくなり
忘れ去られようとしていました。

小堀遠州
忘れさせて、なるものか

江戸時代に入ると、将軍茶道指南で幕府作事奉行
小塀遠州が、疎石以降長らく途絶えていた借景の手法を復活させます。

やったぁ、お師匠さん。

南禅寺方丈庭園では、
羊角嶺大日山を借景しており、

大徳寺本坊東庭では、比叡山を借景しています。

遠州の復活させた借景は、初期の後期式枯山水庭園に普及します。

その代表作というべき庭が、円通寺庭園(京都府)。
比叡山を見事に借景しています。

また石組はありませんが、正伝寺庭園(京都府)の比叡山の借景は有名です

円通寺,正伝寺に共通するのは、
春·秋分すなわちお盆の中日の日の出が望めることです。
比叡山山頂と円通寺や正伝寺が東西に直線に並んでいるんですね。

昔の人は考え方が贅沢ですね

山だけじゃなく、建物の借景というのもあります。

彦根城天守を借景とする玄宮園

東大寺南大門と若草山を借景とする依水園

東京
東京は厳しいですね
京都のようにはいきません。

どちらかというとマイナス排除
この前の、都立庭園の企画展で書いてありましたが
有名庭園の背景に派手な看板が出ないようお願いして回るのが重要な仕事のようです。
例えば、旧芝離宮恩賜庭園では、UCCさんに看板を小さくしてもらった

極めて限定的な建物には、写真をある場所から写すとき、後ろにビルが写らないよう
高層ビルを建てちゃいけないという条例があります。
迎賓館と明治天皇の絵画館
このマークのあるところからの撮影で

写っちゃうビルは建てちゃダメ

小石川後楽園は、東京ドームが借景

あっ、良いこと思い付いた。
白いドームに、山の絵を書けば良いんだ。

これはこれで良いかも、と思ったのが
新宿御苑の借景

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


マサキ

花カレンダー始めました