これぞ日本庭園。灯篭を知ろう。

日本庭園シリーズ
今は石がらみで来ています。

となると、灯篭ですね
灯篭があるのが日本庭園、そうじゃないのが洋風庭園、と言っても良いくらい
必須アイテム

灯篭
灯篭(とうろう)ないしは燈籠

仏教が飛鳥時代にもたらせたのと同時に
朝鮮から伝来
ところが、今現在、朝鮮にはこれに該当するものがないというから
日本で独自に発達したと言っても良いでしょう。

日本庭園に置かれるようになったのは、桃山時代
茶の湯の露地の発達と共に
夜の茶会の照明用に露地に置いたのが始まり。

えっ
本当に照明なんだ
名前からしても、形からしても
当たり前なんだけど
現実に中に火が入っているのを見たことが無いので、とても新鮮です。

灯篭の種類

何気なく「灯篭」とひとくくりにしちゃいますが
大きくいくつかに分かれます。

春日(かすが)灯篭
最もポピュラーです。

用途としては道を照らす。
歩きやすいようにね。

今で言う街灯の役割なので、火は高いところにある。
竿が長い訳です。

色んなタイプはあるものの
春日がついている訳ですから
春日大社がブランドを形成。

一番分かりやすいところに鹿を配置
奈良ーっ

雪見灯篭
竿がなく、池のそばにあって、
人ではなく池を照らすのが雪見灯篭

雪見って名前、風流な感じはするものの
何が雪見なんだか、いまいち分かりませんね
この前、清澄庭園のガイドさんが教えてくれました。

雪見灯篭の灯りが、池面に映り
ゆらゆら揺れて
まるで雪が降っているよう、と楽しむ。
雪のように見えるから雪見

足と傘がかっこいいんですよね。

岬灯篭
さらに足すら無くなっちゃったのが、岬灯篭
洲浜の一番端っこにちょこんと置かれ、アクセントに

海の灯台の意味ですけど
とにかく可愛い。

あるとないとじゃ大違い。

織部(おりべ)灯篭
これ、あまり記憶にないけど
どこかでみたことあるのかも知れません。
茶人として超有名な、古田織部さんが考案したということで
茶室の露地にはかなり一般的らしい。

竿の下に台がなく、直接地面に深く突き刺すらしい。
あとは、竿の上部がぷっくら膨らんでいるのが特徴。

隠れキリシタンが密かに建てたと言われていて
別名キリシタン灯篭
ぷっくら部分が十字架に見えなくもない

もう少し出っ張ったら十字架だけどギリギリセーフ

でも、別名キリシタン灯篭なんて言われちゃった時点でアウト、って気がするけど。

古田織部さんはキリシタンではないけど
本郷織部さんっていう人がキリシタンとして処刑されたということから
織部繋がりっいうことがあるのかも。

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


カラスウリ

花カレンダー始めました

庭園の飛石、敷石

石組とかを説明しました。
石組
庭園の石組、続き

これらは、石を加工せず干渉するものですが
石には、それ以外にも特定の役割を担うものがあります。

飛び石
石を伝って歩きやすくする舗道
機能的にはそれだけですが
そんなもんじゃ終わりません

日本庭園ですから
歩きながら何かを感じ取っていただきませんとね

昔、ケンパ ケンパ ケンケンパってやりましたね
楽しかったなあ。
あれです。

違います

これです。

まずは用語から
片足で踏む前提での小さめの石が一足物
両足で踏めるのが二足物
複数人で踏めるのが多足物

飛石を並べることを「打つ」と言います。

基本は実用的であること

茶の湯の露地で、重視されるものなので
履物や、衣類を汚してしまえば、茶室に不浄を持ち込むことになります。

茶室に行くまでに心身を清める事が役割の露地でそのような事があってはいけません

右左右左、と規則正しく並んで
おっとここで不意打ちか、ずぶっ、て事がないようにしないといけません。
千鳥打ちと言います。

あるいは、二足物の石ならば真っ直ぐ並べても大丈夫
直打ちと言います。

はい、それだけ覚えれば大丈夫。
になりそうなんですが、それはそれ

「用と美」という問題がおきます。
それは、美しいんですかと
そうなると、こんなふうにいろんなバリエーションになるわけです。

気勢と呼ばれる、横っちょに打たれる捨石だってあります。

大丈夫だよ、捨て石君。
用なしだと言われようとも
君がいてこそ、全体として美しい。

「用と美」は、茶室や道具等、あらゆる場面で問われる永遠のテーマ

大きさも考えましょう。

あまり大きいと、歩行に緊張感がなくなる
緊張感を促すのは、美しいって訳ですね。
一足物で、ケンパをするのは美しい。

そんな中に、ここ一番景色が良いから一旦立ち止まって欲しいんだよね、ってところで
多足物のような、大きめの石を配置

「ビューポイント」みたいな看板を立てると不粋ですもんね
なんとなーく、立ち止まりたいなって感じにさせる。

色も演出なので、良く良く考えて配置することになります。

敷石
敷石にも、用と美の関係があり、なおかつ、周りとの関係とか釣り合いとか言うことを考える必要がある
「真・行・草」の使い分けです
書で言えば、楷書・行書・草書ってことでしょうか

こうなります

真ん中は、清澄庭園で使われていました。

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


ニチニチソウ

花カレンダー始めました

庭園の石組、続き

前回、石組を途中までお話しました。
庭園の石組
その続きをいたしましょう。

十六羅漢石
鎌倉以降、日蓮宗や禅宗が人気を集めていくと
仏像よりも、高僧への注目が高まります。

羅漢(らかん)というのは、お釈迦様の弟子たちなんですが
その中で特に優れた人を十六人選ぶと十六羅漢になります。

妙蓮寺 十六羅漢の石庭

影向石
仏や神が出現することを影向(ようごう)と言うんですが
その場所を覚えておきたいですよね

はいここ

置かれた石を影向石(ようごうせき)と呼びます。

実はこれこそが神社の起源でもあります。

石そのものを神様と考える、磐座(いわくら)もそうなんですが

石を他の石とは違って際立たせるために
周りを囲ってしめ縄を張ったり
風雨にさらされないように、屋根を付けていったりというのが
神社の始まりでもあります。

となると、そういった特別な石は、庭園に飾っておきたくなります。

西芳寺 影向石

西芳寺は別名苔寺ですので、庭園のほとんどの石には苔がついています。
ところが、この影向石だけが苔がなく真っ黒で、しめ縄付き

磨いてるんですか
と聞いてみると、

いいえ、年に一度しめ縄交換するだけであとは何もしていません。

神のなせる業ですね

夜泊石
夜泊石(よどまりいし)は連続的に石が並ぶ場合。

神仙庭園の場合は、「夜に係留している4隻の舟」
漢字の通り

鹿苑寺(金閣寺)

浄土式庭園になりますと
阿弥陀如来が現れるとき、続いて現れる菩薩たち
二十五菩薩と言ったりします。

西芳寺

彼らは楽器を持って演奏しながらやって来るらしく
太鼓や琵琶、笛などの楽器に模した石を庭園に配置する場合は
楽器石と呼びます。

マーチングバンドですね
はたまたブレーメンの音楽隊

円照寺が有名らしいんだけど、残念!
基本非公開で、特別参拝の時も撮影禁止なのか、
検索しても写真が出てきませんでした。

でも大丈夫。

そういうときは、どこかの庭園に行ったとき
これは、楽器です、と言い切っちゃえば良いんですね

今までの石組も全部そうだけど
あっ、あの石、阿弥陀如来だ、とか
あれは琵琶だね、とか
言ったもん勝ちです
そのために日本庭園は加工しないで石を置いてくれている訳ですから

陰陽石
「陰陽石」とは、男根と女陰を象徴した石組

あら恥ずかしい、公衆の面前でそのような
とは言え、そんなに具体的な形をしている訳じゃなく
立ててある石の横に、寝かせてある石が置いてあれば
それだけでも、もう陰陽石

ここは、写真はやめときましょう

昔から子孫反映はみんなの願い
特に武士の世の中になってからは、お世継ぎが産まれる事こそ
重要かつ切実な願いになるのです。

風景
今までお話ししたような、「仏教的石組」「吉祥的石組」という
石の並びに何らかの意味合いを持たせたものがある一方
純粋に石の組み合わせで、風景を表したものもあり、「風景的石組」と言われます

例えば、「滝石組」と呼ばれる、水を落とす滝を石を組み合わせて作り上げる
「連山石組」と言って、連なる山々を表したもの
「護岸石組」は岸に石を組んで岸を護りつつ、池の縁に変化のある風景を作り出す。

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


ストケシア

花カレンダー始めました

庭園の石組

庭園シリーズは、石組になります

石の組合せで色んなものを表します。

須弥山
古代インドでは、世界の真ん中に須弥山(しゅみせん、しゃみせん)という、どでかい山があるとされていた。
インドの主たる宗教、バラモン教、仏教、ジャイナ教、ヒンドゥー教は
その世界観を全て踏襲しています。

その頂点に住んでいるのが帝釈天です
[仏像の見分け方]帝釈天

この須弥山を石組で表現することがあります。

枯山水庭園では、中心に須弥山を象徴した背の高い石を立て、
周りに鉄囲山(てっちせん)と八つの海
すなわち「九山八海」(きゅうざんはちかい、くせんはっかい)を作ります。
いまいち明確じゃないんだけど、おそらく
真ん中に須弥山、その回りが海
その回りに海の水が溢れないよう、縁取った感じで山が取り囲み
その回りにまた海、山、海、山と繰り返し、一番外周が鉄囲山ということかなと

なかなか、それ全部を石組で表すのは大変だろうから
真ん中にでっかい石で、須弥山に見立て、回りを取り囲む感じだったら良いのかな

鹿苑寺(金閣寺)には、一つの石で、この世界を全て表しきった
「九山八海石」というのがあります。
金閣寺ともなるとやることが超越しています。

平泉の毛越寺(もうつうじ)の須弥山

補陀落山(ふだらくさん)
観音菩薩の住む山を補陀落山と言います。
仏像の見分け方。聖観世音菩薩(かんのんさま)

庶民の見方、仏像では一番人気の観音様だから
補陀落山だって石組したいですね

栗林公園(りつりんこうえん)の補陀落山

三尊石組
仏像の見分け方でも何度か三尊の話をしました。

水戸黄門に助さん格さんがいるように
お釈迦様にも、文殊菩薩と普賢菩薩
薬師如来には、日光菩薩と月光菩薩
阿弥陀如来には、観音菩薩と勢至菩薩

一人じゃ寂しいから、という理由ですね

真ん中に大きい石、横に小さめの石をポンポンというのは
とてもおさまりが良い

せっかくだから、これは三尊ですよと
うん、納得。

特に浄土式庭園であれば
3つ石があれば、阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩ということになります。

これは基本中の基本なのでいっぱい例があります。

外にも石組には、色んな意味付けがあるので、続きはまたね

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


フランネルフラワー

花カレンダー始めました