庭園の庭石の据え方

庭園シリーズ
水関係を一旦終えまして
石に入ります。


いよいよ石ですね

石って不思議です。
おそらく石自身は何も考えていないんでしょうけど

庭園の中に配置されると

何かを呼びかけて来るようになる

基本
まずは基本から

庭の要所に配置する石を「庭石」と呼びます。
もし、複数が組み合わさると「石組」(いしぐみ、ないしは、いわぐみ)

西洋庭園と違い、「出来るだけ加工しない」が原則です。

加工した場合は、「はい、こうしたからこれはこれなんですよ」
になるわけだけど

置いてあるだけだと
見る側に委ねられちゃう訳です。

でも、どうせ見る側に委ねられるんだから、無造作に置いておけば良い
っていうんじゃ
長い間に培われた、芸術ではありません。

自然を模倣しながらも、それ以上のものを
限られた空間で表現する。

そのためには、まず基本用語から。

垂直に立てた石が「立て石」
横に寝かせた石が「伏せ石」
庭園のうち、ここポイント。見てちょうだい、という石が
「構え石」ないしは「景石」
石のてっぺんにある平らな面のことは「天端(てんぱ)」
石を据えたとき、真正面から見える部分は「見つき」
側面は「見こみ」
石を据えたときに、地面に接する部分、もしくは地面に埋まっている部分のことは「根入れ」
石の角になっている部分(見こみと天端・見つきと天端の境目)は「肩」
天然の石には、色の違いや表面の質感など、様々な変化があります。これを「石理」といいます。

その石の性質を知る必要があります

やんちゃな石もあれば、
淡々とした石もある

まずは出身です
山石、川石、海石

山石は角のある厳しい石で
山さびが付きやすく
野趣溢れた風情をかもしだします
川石や海石は、丸みを帯びますので
穏やかな表情になります。

大事なことは、同じ場所に混ぜて置かないということ
山と海がいっしょくただと変ですから。

次に固い柔らかい、ごつごつしているというような
素材としての種類の違い

大きく、火成岩、水成岩(堆積岩)、変成岩
出来るだけ加工しないとは言っても
飛び石とかに使う場合は加工が必要なので、使い分けます。

据え方の基本です

必要なのは、安定
見る側に不安感を与えないようにします。

根入れをしっかりして
一番幅広いところまでちゃんと埋める。

複数の石を石組していく時
揃えるべきことと、揃えちゃいけないことがあります。

先ほどの、山川海は揃えるべきことでしたね

■揃えるべきこと
色です。

変化を色でつけてしまうと雑然としたイメージになってしまいます。

■揃えない方が良いこと

まずは高さです。

ここが、和風庭園の和風庭園らしいところだと言えます。

同じ大きさ同じ形で揃えない
高さと同様に、大きさと形も変化重視です。

一直線に並べない

奥行きですね

では、次回は
石組の具体的表現について見ていくことにします。

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


ブーゲンビリア

花カレンダー始めました

庭園の滝をどう造る?

庭園シリーズ
構成要素で、水関連から始めています。
遣水
庭園の水調達の苦労

庭園の池
ときたので
次は、滝に参りましょう


庭園は元々自然の見所をコンパクトにしてイメージするものなので
滝も自然に存在する大規模なものは無理
小型の滝にはなりますが、滝があると庭園に大きなインパクトが出ます。

遣水についてはその周辺の地域が水を引いているのと同じように引いたのでは
高低差は出ない。
高めのところに水を引いてくるという、新たな試みが必要になる
庭園について調べると必ず出てくる、
平安末期に橘俊綱が書いた「作庭記」によると
一尺に三分即ち、100分の3の勾配をつける必要がある
水源の自然的条件と、人の努力が伴って初めて滝は可能になる

庭園に滝があると、よくがんばりました、の花丸をあげましょう。

東京近郊をずっとウォーキングして回っていますが
滝を売り物にしている庭園は
ホテルニューオータニの庭園と、椿山荘の庭園

商業庭園と申しますか
元あった庭園を踏まえつつも
お客さんを呼ぶためにあとから整備した庭園。

そこでの水源は、水道であり
高低差はポンプで汲み上げる事によって実現しています。

昔ながらの庭園たちからすると
卑怯者!な訳ですが
結果として、群を抜いた推量と高低差は可能になり
それはそれは見事

庭園に何を求めるかという根本的な問題になっちゃいます。

実際に歩いて回って感じるのは
どっちもアリ、であり
それは庭園の「個性」だなあ、と

だから、色んな庭園を見たくなるんですね。

滝の種類
それでは、滝の個性、それぞれを見ていきましょう。

先程言った「作庭記」によると

①筋落ち:1本の筋のように落とす。
②布落ち:幅広く落とす。
③段落ち:段上に落とす。(二段落ち、三段落ち)
④伝い落ち:壁面を伝うように落とす。
⑤離れ落ち:壁面から離れて落とす。
⑥糸落ち:細い筋で落とす。
⑦すだれ落ち:白糸の滝のように、筋状にたくさん落とす。

先程の、椿山荘の例で言うと
三段落ちにし
かつ、上二段が布落ち、
三段目が伝い落ちのすだれ落ちの変則パターン
さすが、考えてはります。

滝は、視覚のみならず、聴覚で感じましょう。
最近は、滝を写真に収めるとき、動画で録るようにしています。

これは小石川後楽園の綺麗な白糸の滝

龍門瀑
人は欲張りですね
自然を映してああ美しいで良いと思うんだけど
そこに、意味を持たせたいなと

中国の故事を表しましょう

鯉は、滝を昇りきると龍になります。

カープがドラゴンズになるとも言えますね

庭園でも表しましょう。
龍門瀑(りゅうもんばく)ないしは龍門の滝

滝に、鯉の彫り物でも配置しますか?
そんな品のないことはしませんね

日本庭園は、加工せずに、似た感じの石を配置する、見立て、という考え方
鯉魚石(りぎょせき)と言います。
金閣寺だとこんな感じ

もうちょっとですね

応援しましょう
カープっカープっ

戸山荘
江戸の滝でいうと面白いのは尾張藩下屋敷の戸山荘の滝

それなりの大きさなのに、水がちょろちょろしか落ちていない
ひょっとしていまいち?
客人が近づいた瞬間、水がどばっと噴き出す。

びっくりして逃げ回るお客さん

実は上で堰板で水を貯めておいて、
お客さんが近づいたぞって瞬間に板を外す。

さっき思いきり驚いておられましたね。
ずるいずるい。言っておいて下さいよ。

って感じで笑いあって、一気に距離が近づくっていう算段

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


ニゲラ

花カレンダー始めました

八芳園の庭園は見事なお手入れ

池田山公園、庭園美術館で庭園三昧だ!
自然教育園で贅沢な時間
の続きです。

自然教育園を出て
微妙な時間だけど、もう一ヶ所位行けそう

椿山荘も良い庭園で一般開放してくれていたから
近くにある八芳園も一般開放しているのではあるまいか

八芳園
八芳園の場所は、大久保彦左衛門の屋敷に始まり
薩摩藩下屋敷を経て、渋谷喜作の手に移る

渋沢栄一のいとこで若い頃は栄一と常に行動を共にし
その後名前を成一郎と変えて彰義隊を率いた、あの喜作ですね

現実に今の庭園の元を作ったのは、久原房之助・長谷敏司といった実業家が
本格的な料亭を作ろうとして作ったので、そこからでしょう。

すみません。
庭園を見せていただけたりするんでしょうか

はいそちらの木戸から入っていただいて

入ってみるといきなり盆栽が、ずらっと並んでいる

盆栽が並ぶって初めて見ました。
盆栽は全く分からないので、単純に素人としての感想で言うのですが
とっても素晴らしい盆栽


その奥には、ここまで芝は綺麗に手入れできるものなのかという見事な芝
昔からの庭園であれば、ある意味「守るべきもの」が邪魔するかも知れないけど
言わば後出しじゃんけん。
良いものだけを取り入れられる。
本来は西洋の庭園の筈の芝を取り入れることが可能。

最近見た、肥後細川庭園や、椿山荘でもそうだったけど
芝と日本庭園って実に相性が良い。
ツナマヨのようなマヨネーズが寿司に相性抜群なのと一緒ですね

おそらくそれまでこの辺一面を緑色にしたいとなれば苔しか方法はなかった。
苔より芝の方がグッと明るいイメージになりますからね。

芝は自分もちっちゃな庭で手入れしているから分かるけど
どれだけ手を入れるかが、見映えに直結する。

ここまでにするには、どれだけ手入れしているんだろう。

庭園って芝に限らず
どういう風に作るかより
どれだけ丁寧に手入れしているかの方が大きいと思う。

そういう意味では、その手入れにどれだけ金をかけられるかは
無料の庭園よりは、多少なりとも入場料が必要な
都立9庭園のような庭園の方が素晴らしいし

その庭園の良さが売上に直結する
ホテルや結婚式場の庭園の方がもっとすごい。
かけられるお金が違うんでしょう。


そのあとぐるっと回って、池の方に降りて行くのですが
角角に、スタッフさんがいて、笑顔で挨拶してくれる。

こんなの初めて。

すみませんねえ
こんな私どものような者のために。

途中に東屋があって上から池を見下ろす感じ
池田山公園にも、庭園美術館の日本庭園にも有りました。
このあたり、高低差をうまく利用しています。

あっ、洲浜
白浜を表して、その先に灯篭

水亭の中から池のすぐ横まで降りられます。
だとするとここで活躍するのは、鯉って事になります
見事な鯉が集まってきました。

結婚式
あっ、あそこに花嫁さん
ウォーキングしていると結構あちこちで花嫁さんに出会います。

よく考えると、ここは結婚式場
その為の建物でした。

そのうちに、参列者もぞろぞろと

なるほど、せっかくの自慢のお庭ですから
庭めぐりも披露宴のタイムスケジュールに入っているのかな
新郎新婦を囲んで、お庭をバックに写真をお撮り下さい
って感じ

てことは、私の為に角角に笑顔で出迎えてくれたスタッフさんは
この為だったのね
そりゃそうか。

新郎新婦が揃い、周りを参列者が囲んで何やら始まりました
司会者さんが何か言ってパチパチパチ
いかん、この一団に紛れちゃった
さすがに私が拍手するのも変だな

綺麗な花嫁さん

なんで例外なく花嫁さんは綺麗なんでしょう。
幸せだからですね。
満面の笑みだからです。

誰かは知らんけど
新郎さん、頼んだよ

お幸せに

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


ナスタチウム

花カレンダー始めました

庭園の池の縁をどう造るか

庭園シリーズ。
構成要素に入ってきておりますが
遣水、池の形、をお話ししました

今日は、その池の縁に着目しましょう。

池の縁
時代を追っての話に繋げて言いますと
最初は池は大きく、形より規模が重要でした。

舟を出して遊ぶ。舟遊式

そんな大きいのは難しいねと、だんだん小さくなっていく歴史。
となると、せめて形を複雑に

そして、その場所ごとに色んな意味を持たせましょう

池ってそもそもが、海を表しているという事は以前にお話ししました。

日本において、海は優れた景勝地があります。

思いつくものをあげましょう。

はい。
浜。

洲浜
和歌の裏や美保の松原等の浜が広がるところ。
綺麗ですね。
洲浜と言いますが、これを取り入れましょう。
これからの三種類の写真は世界遺産の同じ毛越寺のもの

まずは、引き潮の時に湾に現れる干潟の感じ

白浜の感じは、こんな風

まるっきりそのまま白砂敷いちゃうとメンテナンスが大変なのかも知れませんね

そして、また思い付くのは?

護岸石組
穏やかに広がる女性的な浜があれば、
今度は、男性的な荒っぽいゴツゴツ系が欲しいですね

東尋坊のような、火曜サスペンスの世界ですね
♪チャンチャンチャーン

中島や出島
次は、島や半島
これについては、神仙思想と強く関連します。
不老不死の庭園

中島は、そのまま中島と名がついていることもありますが
蓬莱島、鶴島、亀島と色んな島になります。
中島と蓬莱島、いずれも六義園

舟石と夜泊石
さらに、海に付き物なのが舟
舟に見立てた舟石(ふないし)
大徳寺

舟が停泊している様子を見立てたのが夜泊石(よどまりいし)
宗隣寺

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


クチナシ

花カレンダー始めました