[街角]マンホール。上下水道以外

前回はマンホールについての初回でした。
[街角]マンホール

今日は2回目

3.電気
東京の場合は東京電力の色んなケーブルが埋まっています。
見分け方は、「電」とか「電気」の文字
もしくは、「TEPCO」(東京電力)とか、そのマーク

まだ遭遇していないんですが、今は、どでかい塔が立ってその上を走っていた、
高圧線すらも地下に埋まっているらしいです。

4.通信等
まずはNTT、電話線です

次に信号機用のケーブルというのがあります。
管轄は警察なので「警」とか「K」とか書いてあります。
信号機の近くで見渡すと結構あります。


これどこのか分かります?

なんとあの日本一の交差点、渋谷のスクランブル交差点の信号のマンホールです。
すり減り方が見事!

それ以外にも今はケーブルテレビをはじめとして、色んなケーブルが埋まっています。
「C.C.BOX」と書いてあるのは色んなケーブルが寄せ集めです。

5.ガス

ガスはハンドホールとかの小さめのが多いですね

たまには、こういう大きいのもあります。

6.消火
これ、マンホールの中では一番楽しめます。
考え方が前向きです。
マンホールは基本的に性格が控えめです。
ひっそりと人知れず

ところが消火栓の場合は目立ちたがり屋さんです。
黄色い枠で囲ってあったりします。

私を見てね

いくつかにひとつの割合で、消火栓っていう看板が立っていて
赤い支柱に「?m」という矢印がくっついています。
その矢印の先にあら不思議。
消火栓のマンホールが必ずあるんですよ。

私の経験によると100発100中。

目立ちたがり屋さんの真骨頂

楽しい

ようやく私もカラーものに出会うことができました。新座です。

ああ、もう思い残すことはない

7.その他
 それ以外にも色んなのがあるようですが、ちょっと省略。
 おいおいね

ひとつの大きなジャンルとしては、「汎用」というのがある

今までのがお役所とか半官半民の会社のものだけど
私物のものもある。
マンションの敷地とかに、その設備が地下に埋まっていて、そのための蓋。
マンションが自分のマークをつけた蓋を発注するのも大変なので
汎用的に用意されている蓋を使う。

普通、そうなりますよね
ところがこの前、渋谷ですごいのを写真に納めました。
東急プラザの前。

自分のところのマークでマンホール作っちゃってる
さすがは東急さんですね。

種類は一通り説明したので
次回、マンホールの楽しみ方とかの話をしていきますね

[街角]マンホール

街角図鑑からのシリーズです。

だんだん分かってきたんですが
この大きなジャンル、路上観察という分野のようです。
今後は、路上観察という言葉も使っていきますね。

マンホール
路上観察でのチャンピオンはマンホールですね

それは最初から分かっていました。
深い深い「その道」
一時期かなり話題になったし
マンホーラーという言葉もあるようです。

例えばこんなサイト
https://ja-jp.facebook.com/hirake.manhole/
http://www13.plala.or.jp/OGAJ/manhole/memo-mh-room/memo-room.html

でも変に怖じ気づく必要もないですね
心の広いマンホーラーさんたちは新参者も温かく見守ってくれる筈

まずは、あらかじめ断っておきます。
あの興味の対象物は、正しくはマンホールではない。
マンホールはホールというくらいなので、穴自体を指します。
正しくは「マンホールの蓋」だそうです。
マンホーラーさんたちの間では、よりマニアックに「蓋」と言います。

昨日も、蓋の写真撮ってきてね
うん、確かにかっこいい

私のような新参者は足元にも及びませんので、マンホールと呼ばせていただきます。
「マンホール」=「マンホールの蓋」と読み替えていただければと思います。

マンホールとは
マンホールとは人(man)が入る穴(hole)だから。
日本語では、人孔(じんこう)と言う
手しか入らない小さいタイプのは、ハンドホールです。

ジャンル
まずは用途別のジャンルから
最初の壁はここです。

多すぎて訳分かりません
でも、ここを頑張って理解しておかないと
何がなんだかさっぱり

どうせ、マンホールは奥が奥が深すぎるので
何度か書くと思います。
今は、あまりにもベーシックな写真しか撮れていません
だんだんいろんな写真が撮れる度に書いていこうと思います。

最初は、ある程度整理がついてからと思ってたのですが
いつまでたってもアップ出来ないことに気づきました。
まずは「何の整理もついていないけど第一弾」とお考えください。

大胆にバサッと省略して主なものは以下の通り
1.下水道
マンホールの王様ですね。
 一番多いんじゃないかな
 この柄が多い。

 JISと呼ばれていて、企画を決めるとき、デザインとしては参考にあげるとこんな感じとあげられたのがこのデザイン
 考えるのがめんどくさい時は、このデザインになっている
 真ん中にあるのは管轄のところのマーク。
 さっきのは、私の住んでいる近くの清瀬市の場合。
 清瀬市では、JIS以外でも、こんなデザインが多いです。

 東京都23区で多いのはこのデザイン

 かっこいいですね。
 
 基礎知識的な話で言うと
 下水は生活排水などの「汚水」と、雨水の「雨水」に分かれる。
 雨水はそのまま川に流せるけど、「汚水」は下水処理場に流す。
 以前は「合流」と言っていっしょくたに下水処理場に送っていたけど
 それだと下水処理場も大変なので「分流」と言って別々の管を使うことが最近は主流。
 「汚水」「雨水」「合流」どのタイプか書いてあることも多いので
 知ってるでぇ、と微笑む。

2.上水道
 これは、私の分かっている範囲では、マンホールはなく
 ハンドホール(小さいやつ)ばかりです

 「仕切弁」「ソフトシール弁」「止水栓」は、水を止めるためのもの
 「制水弁」は、水を止めるか流量を調整するかが出来る
 「空気弁」「排気弁」は、管内の空気を排出する

 さっきの写真、弁の字がちょっと変なのに気付いていただけましたでしょうか
 この字、今は使ってないらしい。
 いきなりレアものゲットかな。
 よっしゃあ

あれ?「給水弁」?
 元々給水してるんじゃないかなぁ
 ちょっと謎

3.電気

4.通信

5.ガス

6.消火

7.その他

まだまだあるので、電気以降は、ちょっと置いておいて、一旦ここで区切りますね。
写真が揃ってきたら、行ったり来たりしながら
続き行きますね

[街角]送水口で商人の心を見た

街角商品シリーズです。

送水口
いよいよ送水口になりました。

街角図鑑を買う前から
唯一、この送水口だけは、すごく思い入れのあるエピソードがあるんです。

まず、その話は後回しにして
送水口ってどんなのか

送水口は、そこから消防車が水をもらうのかと思っていたら
逆でした。

消防車がそこに水を流し込む。
そうすると、建物の中にパイプが巡らされていて
放水口なるところから、水をピシャーっと出せる。
そうして火事をやっつける。

という事なんで、ほぼ都心に分布します。

普通に消防車だけでは、水が届きにくいところです。

設置対象は消防法施行令の29条に定められています。
・高層階の建物
(地上階数7階以上)
(階数5以上で述べ面積6000㎡以上)
・延べ面積1000㎡以上の地下街
・延長50m以上のアーケード
・その他道路の部分を含む防火対象物。

うちのマンションではあるものの
自宅周辺の東久留米ではほとんど見かけない。
勤務先の都心ではいっぱいあるのにね。

そういったからくりだったんですね。

7階以上の建物はそうそうありません。
カミさんの田舎、東栄町の人たちは
送水口を見ないで一生終える人がほとんどでしょう。
そもそも、3階以上がほぼ無い。

分類
世の中にはすごいサイトがあるものです。
送水口倶楽部

詳しい説明はそちらを見ていただくとして
大まかな分類。

スタンド型
さっきの写真です。
壁埋設型

アーケード型
アーケードの商店街で上から下がってくるタイプのようです。
私のような素人はまだ見たことないので
送水口倶楽部のサイトから引用します。

一部の例外を除いて、2個ワンセットらしいです。
その例外を単口型と良い、マニアにはたまらないらしい。
その域に達するには随分かかりそうです。

壁埋設型のはずがそうではなく
後ろがこんなふうに、っていうのもありました。

素材
メーカーも色々あって、素材も色々あるようです。
私が、よく見るのはステンレスの奴です

どう楽しむか
この世界、かなり奥深そうです。
まさかの送水口博物館があったりします。
http://www.zentech.co.jp/museum/
古いものとかは、オールドプレートなるものがついていて、かっこいい。
送水口博物館のホームページをご覧ください。

商人の心
さあ、最初の話です。
私が、以前、銀座の歌舞伎座の真向かいの会社に勤めていた時のこと
2年ちょっと前でしょうか
半年ぐらいの期間だったように思います。

朝は、有楽町線の銀座一丁目駅から会社の東銀座まで歩く訳ですが
そのルートの中で、「矢場とん」というトンカツ屋さんの前を通ります。
朝なので開店していなくて、開店準備中な訳です。
店の前をほうきではいて
さらに必ず、やっていることがあります。

入り口横にある送水口を、クリーム状の研磨剤?をつけて布できれいに拭きあげているんです。
素材は、真鍮だろうと思われ、金色に輝きます。
毎日毎日例外なくやっている。
ピカピカも良いところです。黄金の輝き。

毎日見る度にいつかこの素晴らしい事を誰かに伝えたいと思っていました。
随分たって、銀座でウォーキングイベントがあったとき
その場所まで言って
近くの送水口の状況を見せ
矢場とんの送水口を見せしました
みんな「おおーっ」

街角図鑑を買うずっと前です。

ところが大失敗。
その時、数人が写真を撮っていましたが
私自身は写真を撮るのを忘れていた。
まさか、自分が送水口に興味を持つとは思わなかった。

1年近く経って、この前、銀座の細道をウォーキングしたとき
ちょっと足を伸ばして、
よし、写真撮っとこ

あれ?これは?
ぺったんこ。
悲しい・・・

綺麗な写真はありませんが、なんとかネットで探しまくりました。
グーグルのストリートビューはまだぺったんこじゃなかった。

この送水口がまるっきりなくなって、銅版がはめこまれていた。

7階建てじゃなかった気がするので、元々義務じゃなかったんだろうか。

外すときはどんな気持ちだったろう。

こんなやり取りが有ったとしたら嬉しいな。

—————-
この度、諸事情により、この送水口を外すことにはなったが
初めて、この送水口に出会ったときの事を覚えているよ。
ここに店をオープンすることになって
3人でこっちに移ってきたなあ。

最初に磨いてくれたのは君だったね
綺麗に光り出したから、もうちょっともうちょっとって。

以来、みんなで交替しながら、雨の日以外は毎日欠かさず磨いたね。
でも、やっぱり、君が一番よくやってくれた。

どうだろう。
これを燃えないゴミに出すのは、どうにも忍びない
君にもらって欲しいんだが。

邪魔かな

えっ
ほんとですか

ごめんなさい。
あまりに突然で
気持ちの整理が・・
ほんとに私で良いんですか。

今日家を出るときに
気合いを入れて
えいっ、って
もう会えなくなるんだぞって

もしいただけるんなら
今後もずっと家で毎日、磨き続けちゃうと思います。

[街角]定礎に隠された謎

街角商品を色々みてきて
例えば、送水口なんかの写真を撮ろうとすると
ビルの壁面を一生懸命見たりする。

そういうと、これ何だろう。

以前、不思議には思ったけど、まあどうっちゅうことないだろう、とそのまま忘れていた。

「定礎」ってプレート。

調べてみて、ビックリ。
大の大人がそんなことしてたのか!

定礎
そもそも「定礎」とは、建物の基準となる礎の位置を定めることをさす

はい?

良く分かりませんね。

建物を建てるとき、柱の下に、礎石という石を置く。
柱が地面にめり込まないように、ということと、腐る事の防止。

すなわち、最初にやる作業なので
ここに礎石を埋めたよ
さあこれから建てるよ

定礎式をやる

地鎮祭みたいなもんですね。
工事の無事と、建物を利用する人達の繁栄を祈念する

ここではまだ、プレートが出てきませんね

その後、現代に近づくにつれ、工法が進歩していく。
礎石が要らなくなった。

じゃあ、定礎式も要らないね
の筈なんだけど

儀式って、やりたくなる。
工事で事故があったりすると
ほら、定礎式をやらないとこうなるよ
みたいに。
なんか、気持ち悪い。

で、やり方と、時期が少しずつ変わってきた。

新定礎式
時期は、工事がある程度進んできた段階。

やり方としては、「定礎」プレートを埋め込む。
そしてここからが驚きなんだけど
実はあのプレートの奥はただのコンクリートではない。

定礎箱っちゅうものが入っているんです。

定礎箱は、腐食にも耐えられるように銅製やステンレスなどでつくられています。
そして、この箱の中には、氏神様への御礼、建築図面、定礎式が行われた日の新聞、通貨、関係者の名簿
などが納められています。

もし、2000年に竣工されたビルだったら
2000円札が入っているかもよ。

小学校の時、タイムカプセルってやりませんでした?
文集とか
「未来の僕へ」って手紙入れたりして。
ビニールでぐるぐる巻きにしたよね。
30年後の今日、掘り出すから
みんな集まろうね、って約束した。

でも、正確な事が思い出せない。
30年後だっけか
「今日」って何月何日?
そもそも、ホントにやったっけか

いやあ、こんな淡いロマンを
ビルの工事関係者のゴツいおじさんたちが
真剣にやっているとは
思っても見なかった。

定礎ってプレート
そのプレートの数だけ
町にはロマンが溢れているってことです。

この定礎箱、見ることができません。
建物を取り壊すときにしか開くことはないのです。
割らないと中のお金を出せない、豚の貯金箱と同じシステム。


色々ネットを見てみると
なんと定礎箱を開けたという記事が。
六本木にあった旧IBM本社ビルです。

ロマンオープン!
以下の記事から引用です。

「定礎」の奥には何がある? 思い出がつまっている!



①当時の新聞(日刊紙、英字新聞、建築業界紙)
②設計図
③入社案内
④旧本社ビルのブローシャー
⑤竣工時の写真
⑥関係者の名前が記載された真鍮製の板(日英2種類)

最古の定礎
なお、日本で確認されている最古の「定礎」は金沢城の跡地で発見されたものになります。
「宝暦十三癸未年 鍬始 六月廿五日」と記載されており、1763年のものと分かっています。
当時、定礎箱を埋めたのか
それが分からないんです。

ロマン探しだっ
これは、ちょっと頑張ってロマン探しをせねば

ところが

そんなのいくらでもあるだろうと思っていた定礎プレート
ないない

こんなに見つからないもんなのか

今までにまだ6つ
まだまだ、頑張るぞっ。