楢林宗建で天然痘撲滅だ

江戸の理系力シリーズ。
シーボルトの弟子、楢林宗建(ならばやしそうけん)です。

天然痘は江戸時代は、疱瘡(ほうそう)や痘瘡(とうそう)と呼ばれ
最も怖れられていた病気で、致死率が4割を超えます。
人生50年の時代とは良く言いますが、実際に平均年齢を計算すると男女とも30~40歳ぐらい
もっと短いんですね。
なぜかというと、10歳までに天然痘を発症して死亡してしまう子供が多かったからです。

さらに、怖れられた理由はさらにあり
もし治ったとしても、後遺症で「あばた顔」が残りました。

三代将軍家光も、疱瘡にかかり、治ったあとの「あばた顔」で
コンプレックスで悩んでいます。
伊達政宗も疱瘡で右目を失明しています

加えて困ったのが、原因解明の糸口さえ無かったこと
異国からやって来た、疱瘡神の仕業と信じ込んだ
早くその神様に出ていってもらうため、ご馳走を用意して祈ったり
桃太郎の赤絵(赤一色で刷った絵)を家の中にペタペタ貼った。

うん、これで大丈夫

な訳ないですね。

天然痘
天然痘と言えばイギリス人エドワード・ジェンナー。
ジェンナーは、天然痘や牛の天然痘である牛痘に一度かかると、
今で言う免疫ができるのではないかと考え、牛痘にかかった人から膿を採取し、
ジェンナー家の使用人の息子8歳のフィリップス少年に接種するという人体実験をおこない
牛痘を使った天然痘ワクチンを作り出しました。

実は、日本において、ジェンナーの実験から6年前に秋月藩医の緒方春朔が、
牛痘ではなく、人の天然痘から採取した膿を子供に接種する実験に成功しています。

でも、ここ重要ね。
人痘法と、牛痘法って言うんだけど
人の天然痘だと、その元の人が死んでしまう確率が高いため
とても現実的とは言えない。
やっぱり、ジェンナーは偉大だったんだね。

シーボルト
シーボルトは牛痘法を理解していたので
日本に来るにおいて痘苗(ワクチン)を持ってきた。

どうだい、みんな
これで、疱瘡にかからなくなるんだよ

おおおっ、さすがは先生
素晴らしいです。
これで、みんなが助かるんですね

・・・

ところで先生
やたらに臭いですが
こういうもんですか?

ん?
ソーリーソーリー、アイムソーリー
これは腐っとりますな

オーマイガッ

楢林宗建
弟子の楢林宗建
シーボルトが永久追放になった後も
自分でもシーボルトに習った様々なノウハウを元に私塾「大成館」を開いていた。
そうこうしているうちにあの蘭癖大名佐賀藩の鍋島直正の目に止まりお誘い。
佐賀藩医となる。

佐賀藩の中で、疱瘡が大流行

鍋島直正が宗建に

何とかする方法はないものかなあ

ありますよ

えっあるの?
早く言ってよ。

長崎のオランダ人医師モーニッケを通じて痘苗を取り寄せてほしいと依頼
オランダから運んだのではやはり腐ってしまうので
オランダ船がジャカルタで途中寄港
そこで痘苗を製作。

手に入れた宗建は早速自分の子供、健三郎で実験。
大成功。

それを聞いた鍋島直正も自分の娘と息子で試して大成功。

噂を聞いた、福井藩でも、モーニッケに依頼
手に入れた藩医の笠原良策は「除痘館」を設け
子供たちへの種痘を少しずつ広めていく。

数年後、福井でも疱瘡が大流行。
ところが、種痘をした子供は誰一人疱瘡にかからなかった。

これには
「牛のできものを人間に植え付けるなんてとんでもない」と反対していた筈の人たちも大絶賛

一気に全国に広まっていきます。

大阪では「適塾」を開いていた緒方洪庵がやはり「除痘館」を設立

そして同じくシーボルトの門下生、伊東玄朴は、江戸で蘭医を開業中でしたが
楢林宗建から痘苗を分けてもらい
これまた自分の子供に接種して大成功。

江戸では漢方医の抵抗に会い、時間はかかりましたが
とうとう神田のお玉が池に種痘所を開設することができました。

楢林宗建の成功から5年後の事でした。
宗建は残念ながら江戸での種痘所開設を見届ける前に51歳で亡くなってしまっています。

この種痘法により天然痘患者は激減していき1977年、
最後の天然痘患者が報告されて以来、世界中で天然痘は完全に撲滅されました。
1980年、世界保健機関(WHO)は天然痘撲滅宣言を発表しました。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)
花カレンダー始めました

楠本イネ、壮絶なる人生

江戸の理系力シリーズです。

割り込みいっぱい入っちゃいましたけど
医学に戻りましょう。

医学での前の回はシーボルトでしたね
今日は、その娘さん

楠本イネ
くすもといね 医学者 1827~1903

日本初の産婦人科女医です。

イネはお滝さんとシーボルトの娘
イネが2歳の時、あの悲劇がおきます。

日本地図持ち出しが発覚し、国外永久追放
お父さんとの思い出ってほとんど覚えていないでしょうね。

シーボルトは弟子の二宮敬作に、イネの事をくれぐれも頼んだよ、と言い残して行った。

二宮敬作については多少説明が必要です。
二宮敬作はシーボルトの塾、鳴滝塾の数多い有名な弟子たちの中でも
かなり早い時期に弟子入りした一人。

極めて熱心で、シーボルトもその才能を認めていた。
でも、ある日

すみません先生
塾をやめて、田舎に帰りたいと思います。

そりゃまたどうして

お恥ずかしい話ですが
もう長崎に滞在していられるお金がありません

そうなのか
それが理由とは、あまりにつらい
どうだろう、私の身の回りの世話をするという、仕事をしてくれないか
そうすれば、お給料を出してあげる事だって出来る

以降、二宮敬作はシーボルトの元で働きながら勉強する

二宮敬作はシーボルト事件で連座で逮捕されるが
やがて釈放

頼まれた通り、イネの面倒を見る
新しいお父さんのよう

2年後
お滝さんは、年下の楠本新兵衛
好人物でイネの事をとても可愛がります。

三人目のお父さんだね

だから楠本イネなんですね

当時、混血児っているわけないので
かなり奇異な目で見られたでしょうが
周りのみんなに愛されながら
育つことが出来たんですね

19歳
イネが19歳になって、ずっと考えていたことを実行するため
宇和島に行きます。

宇和島では、二人目のお父さん、二宮敬作が
開業医となっていました。

お父さん
私、お父さんのように医者になりたい

それは私としても嬉しいし
シーボルト先生もさぞやお喜びになることだろうが
女性で医者とは
全く考えたこともなかった。

それから、イネは二宮敬作の元で、医学を学びます。

しばらくして

色々考えたんだけど
私の専門、外科医となってくれると嬉しいんだけど
女性で医者というのは、世間に無いだけになかなか難しいこともあるだろう。
一つ
むしろ女性であることをメリットとして活かせる分野がある気がする
産婦人科はどうだろう

なるほど言われる通り

石井宗謙
シーボルトの弟子であり、岡山で産婦人科医を開業している
石井宗謙のもとを訪ね、弟子入りする。

勿論、石井宗謙も大歓迎

これでシーボルト先生に恩返し出来る。

宗謙は持てる知識の全てを伝授し
イネもそれに答えた。

6年と8ヶ月に及ぶ

ところが
途中から、宗謙にとって苦痛の日々に変わる

イネが美しすぎた。
ハーフですし。

残念ながら、若いときの写真が残っていないんですが
後で、その娘さんの写真を乗せますんで、そこから察してください。

恩師の娘、恩師の娘
自分に言い聞かせ続けるのだけれど
どうしようもなくなってしまった。
ある日、犯してしまう。

それならそれで、方法があったでしょうに。

尊敬して止まない大先生が突然の豹変

やがて妊娠したことが分かる

ただ、当時堕胎の出来る医師は石井宗謙しかいない。
宗謙に頼む訳にはいかない

産もう

身重の身で長旅も出来ないので岡山にとどまり
岡山で出産
タダと名付けた女の子

天からタダで授かった子だからという理由だそうです。
何だかすごいです。

タダちゃんが何とか歩けるようになって
郷里の長崎を目指す。

長崎で
長崎で、さらに深めるため
ポンペ、ボードマン、マンスフェルトからも学びます。
オランダ語は、あの大村益次郎から学んで
話せるようになっています。

その後、日蘭修好通商条約の締結を期に、
永久追放を解かれ
来日したシーボルトとも再開

時代は明治に変わります。

東京へ
イネは東京へ行きます。
そして築地で産科医を開業するのです。
この開業には、シーボルトの息子たち(シーボルトも向こうで再婚しています)
の支援を受けたようです。

日本の産婦人科の発展に大きく貢献しています。

明治6年には、明治天皇の権典侍・葉室光子さんが天皇の子を懐妊したというので
イネが召し出されています。
福澤諭吉の推薦らしいです。
宮中の医師として、出産を見届けています。
残念ながら、死産だったようなんですけど。

楠本高子
タダちゃん
ちょっといくらなんでも、その名前は可哀想なんじゃないの
と、伊達宗城に言われ
高子に改名しています。

さすがにシーボルトの娘ですね
有名な名前がバンバン出てきます。

高子ちゃん
クォーターになりますので
これまた可愛い。

松本零士が銀河鉄道999のメーテルのモデルにしたと言っているくらいです。
これが、高子ちゃんです。

次回は、またシーボルトの弟子の楢林宗建を紹介しますね

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)

ソメイヨシノを作った男は伊藤伊兵衛?

江戸の理系力シリーズ
田中久重で割り込みしましたが
もう一人割り込みさせてください

タイムリーな話題は追いかけたくなりましてね

伊藤伊兵衛
いとういへえ 遺伝学者 1676~1757

桜といえばソメイヨシノ
それ以外には、ええっとえっと
ダントツですね

でも、ソメイヨシノの歴史って以外に新しい。
江戸の中期になります
染井村の植木屋
染井村は現在の駒込です。

江戸の人は大名から庶民まで、園芸が大好き
それぞれの時期ごとに
朝顔だ、ツツジだ、菊だとその種類を変えながら一大ブームを巻き起こします。

その元々の火付け役が、この伊藤伊兵衛
正確に言うと、代々の伊藤伊兵衛です。

染井には津藩(三重県津市)藤堂家の下屋敷がありました。
初代の伊藤伊兵衛はそのお屋敷の露地掃除人
出ましたっ、露地
茶室に向かう庭園の事でしたね

そこで不要となった庭木とかがあったら

これ、捨てるんですよね
持って帰って良いですか

ええよ

自分の庭に植えて、増やしていく。
元手要らずで、植木屋の開業です。

江戸は参勤交代のおかげで、諸藩の大名屋敷だらけ
他藩に遅れをとってはならずと、庭園を競い合って作りますので
庭園だらけ
でも、明暦の大火をはじめとした、大火が何度も起きるので
すぐに焼けちゃいます。

その度、植木屋さんは引っ張りだこの大繁盛

三代目
三代目は、三之丞と言います
あれっ、伊兵衛じゃないの?
不思議ですよね、伊藤伊兵衛で三之丞

韮山反射炉とか、お台場とかを作った、江川太郎左衛門英龍と一緒ですね
江川太郎左衛門は代々、江川太郎左衛門だから韮山反射炉を作ったのは江川太郎左衛門英龍

三之丞はツツジで大ブームを巻き起こします。
交配して新たな品種を作る
本もいっぱい出して、後の園芸界に多大なる影響を及ぼします。

地下に倉庫を作ってそこで苗を育てることで、咲く時期をずらしたりという技も開発
染井村は他にもどんどん植木屋が増えてきます。
染井村の植木屋は全て、買わなくっても自由に庭を鑑賞して良いってことにするので
園芸の一大聖地となります

政武
四代目は、政武
今度は楓で大ブーム
こちらも本を出して、伊藤伊兵衛の名を確固たるものにします。

とうとう将軍吉宗からお声がかかるまでに

飛鳥山に桜をいっぱい植えてくださいね

はーい

それでは、今日のところはこの辺で。

こ、こらー、でーこん
やっと桜が出てきたと思ったのに、ふざけるな
これから、桜の品種改良の苦労話が始まるんじゃないの?

ソメイヨシノ

お怒り、ごもっともです。
実は分かっていないんです。

ソメイヨシノは、オオシマザクラとエドヒガンの雑種
お母さんの方がオオシマザクラね

一番古くにソメイヨシノが発見されたのは、小石川植物園入口近く
1700と何十年かくらい
吉野桜という名前で染井村から売られていた事も分かっている
桜の名所、吉野にあやかっての商品名。
オオシマザクラとエドヒガンの雑種が、人の手による交配だとすると
この時期に、人工交配が出来る技術を持っているのは、伊藤伊兵衛をおいていないだろう。
飛鳥山に植えられたソメイヨシノも
この時期、桜といえば、山桜の時期に敢えて新参者を採用出来るのは
余程、吉宗から信望の厚かった政武なら可能

どんどん状況証拠が積み上がっていきます

ソメイヨシノは育つのが早いこと、花の量が多いことから
急に人気が高まり、不動の桜のチャンピオンとなります。

明治
時代はドーンと飛んで明治33年
その道の専門家の学者さんたちが集まって
桜について考えよう

このチャンピオンの事だけど
発祥の地は染井村だと思うんだけどどう?

異議なし。 異議なし。

名前だけど「吉野桜」はちょっとまずい気がしますが
そうですね。
本家の吉野山から文句が来そうです。
染井村で異議なしであれば
染井吉野というのではどうでしょう。

異議なし。 異議なし。

学名も「ソメイヨシノ」で登録しちゃいましょう。

開発者は?

そこなんですよ
私としては「分からない」に一票

そうですよね
分かりませんね

一番のポイントは
確かに状況証拠的には、政武をおいて他になかろう
なんですが
あれだけ本を書いておきながら
吉野桜の開発について、全く触れていないということ。

自分が開発したのなら
本で触れないなんて、あり得ます?

万が一、事実が自然交配だったとしても
販売は積極的にやっているから
私です
って言っても、みんなが信じるほどの名声は得ている筈。

不思議です。

やっぱり違うんでしょうか

本当は政武だったと仮定したら、
何故本に書かなかったか、の理由を考えてみました。

1.実は、桜だけの話題を集めた一番分厚い本を書いたんだけど
 出版直前で死んじゃった。あるいは、火事で焼けた。

2.書こうと思ったけど、急に仏様が乗り移り
 自慢話は美しくないと心変わりした。

3.初恋の美代ちゃんとの共同開発だったんだけど
 美代ちゃんが病気で急逝してしまい
 二人の思い出を、自分の中だけにとどめておきたくなった

4.実は、あちこちに書いて、出版もしたんだけど
 誰かが、ことごとくその部分を改ざんした。

恐ろしいですね
証人喚問で、事実を明らかにして欲しいものです。

何年か前にちょうど桜の時期に仕事で駒込に行き
染井吉野記念公園の桜を見ました。
その時の写真は残っていないので
以下は、ネットから

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)

甦れ、田中久重の万年時計

田中久重シリーズ第三弾ということになります
田中久重。東芝未来科学館に行って来ました。
田中久重。東芝未来科学館に行って来ました。続き

あまりにすごいので後回しにした、万年時計です

万年時計

2つの意味で感動してしまいました。
ひとつは、万年時計そのものと田中久重の仕事の仕方だったり思いだったり
予想を遥かに超えていました

もうひとつは、プロジェクト
万年時計を分解して、その機構を理解した上で
動く万年時計として復元しようという
国家的大プロジェクトが100人規模の現代の最高峰の技術者を集めてとりおこなわれたんです。

こういうの大好き
増上寺の台徳院霊廟の解体復元プロジェクトも泣けたなあ
徳川将軍の墓掘り起こし大プロジェクトも

はるか時空を越えて、超一流の技術者同士に思いが通じ合うってやつ
ああ、泣ける
泣いて良いですか

東芝未来科学館で万年時計の映像が流れていて
それで度肝を抜かれて、家に帰ってさらに調べると
プロジェクトの様子が、一時間番組がyoutubeにアップされていましてね

当分、この興奮が尾を引いてしまいそうです。

以下、この番組の内容を中心に引用していきますね

概要
6つの時計の面があります。
和時計
二十四節気
十干十二支(干支です。60種類のいずれか)
七曜(日月火水木金土)
月の満ち欠け
洋時計
そして、上部のガラスのドームになっているところが、天球儀
京都から見た太陽と月の位置が正確に分かります
一回のネジの巻上げで何と1年間動きます。

もうここまでで、暦ファンとしてはクラックラ来てます。
卒倒しそうです。

番組では、3つの謎と言っておりますが
仰る通り
卒倒ポイントは3つです

卒倒ポイント1:天球儀
今までも、天球儀はありました。
江戸時代の天文学者にとってみれば、最も関心の高いグッズです。
渋川春海だってかなり精巧なものを作っていますし
伊能忠敬だって全国に持ち歩いています。

ただ、今までのものは3次元で太陽や月や惑星などの通り道が示してあって
今日は何月何日なのでと丸い印を人間がシュッと合わせて理解するためのもの

「動かす」天球儀であって、自分で「動く」天球儀なんてあり得ない
夏至から冬至までの太陽の回る軌道の高さを変えるため支柱の根っこの場所と角度を変えることで実現。
お皿上のものが回り、その上にいくつかの歯車がありその先に支柱
結果としてこんな風に

奇跡だと思う。

プロジェクトの責任者もとても嬉しそう。

卒倒ポイント2:和時計
和時計以外の5つの面はえっそんなのまで?みたいな嬉しさはあるけど
理屈的にはまあ可能かなと。
一年を固定の数字で割ればいい
二十四節気は一年を24で、干支は60で、曜日は7で、月の満ち欠けは29.4で
洋時計は普通に時計。

ところが、和時計だけは簡単にはいきません。
不定時法だからです。
このブログでも何度か話しました。
日の出りが明け六つ、日の入りが暮れ六つ
その間を6等分したのが一時(いっとき)
季節によって変わるという事です。

それで時計を作れって
そんなん無理やん

以前、谷中にある大名時計博物館に行きました。
実は全く無理な訳じゃなく
色んな人が数々の工夫で何とかしています。

季節によって文字盤を入れ換えたり
重りを変えて、進む速度を変えるとか
でも、そういう調整をするのは人間が季節を理解して行う。

調整自体を機械にやらせようという発想は今までありません。

そんなん無理やん

何と文字盤がぞろぞろぞろっと動きます。
上の方に寄ったり、下の方に寄ったり

一体なぜそんなことが可能なのか

こんな変わった形の歯車がある
虫歯車と名前をつけるんだけど、それで可能になるってことまでは分かる
プロジェクトのそうそうたるメンバーも
良く分からん、作ってみるしかない

同じものを作って動かしてみて、ようやく、そういう意味か
これより先は言葉では余りにも難しいんで、やっぱり動画を見てくださいね
動画を見ると合点がいきます。

発想ですね
専門家の人も、全くこんな発想したことないと言われてました。

卒倒ポイント3:動力機構
長くなっているので、ここはさっと行きますが
ゼンマイ一回の巻き上げで1年動くって、どうにもこうにも
専門家もビックリのゼンマイが二つで
力が強い最初の頃と、力が弱い最後の頃を均一のスピードにするための
サザエ車というこれまた独自の発想の機構を介して動く

復元
分解して機構は理解できた
さあ復元だ

目標は「愛、地球博」での出展
ありましたね、愛知県での万博
私も行きました。

同じ仕組みの部品を作って組み上げて
今動く、田中久重の万年時計の完全レプリカ

例えば歯車でいうと
全て久重がひとりでコツコツとヤスリで擦って歯を出していった。
気の遠くなる作業

今は、当時とは比べ物にならない精度ですぐ出来る
設計図が完璧に書ければ、動くはず

ところが問題発生
例の虫歯車のところが引っ掛かってスムーズに動いてくれない
結局、ヤスリでちょっとずつ削って微調整。

良いですね
久重からの声が聞こえて来そうです。

そこは苦労してもらわないと

台座の装飾、綺麗ですよね
これはさすがに久重が自分で作った訳じゃなく
当時の超一流の職人に依頼

今回も現代の超一流の職人に依頼

さあ、どうだったか

結論的に言うと
完全レプリカという意味では、
愛知万博に間に合わなかった

ゼンマイは真鍮で出来ているんだけど
どうにも時間がかかりすぎて断念
ステンレスで作りました。

そこ以外は完璧なはず

さあ、ゼンマイ巻くよ
動くかなあ

動いた!
みんな大歓声、大拍手

復元したものにしか分からない
久重の思いとかこだわりとか
そういうことを感じつつの作業ですから
おそらく全員に久重の魂が乗り移っているでしょう

プロジェクトリーダーさんが
最後に言っていました

仕事って、困難な事があると代替策を考えて
こうやったら
100%同じではないにしても大体同じ感じになるっていう
安易な方向に行ってしまうけど
田中久重はそれを一切しなかった人なんじゃないかな

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)