[宇宙]火星がもうすぐ最接近

宇宙シリーズ、
月、太陽、金星、木星と来ましたので、今度は火星

火星

赤いから火星
分かりやすいです。

なぜ赤いかというと、赤い土でおおわれているから。
鉄の酸化物で、単純に言うと、赤サビです。

太陽系の惑星の中で、地面を直接見れるのは、水星と火星だけ
それ以外の惑星は、覆われた雲を見ています。
木星の時にその話をしましたね。

サビるということは酸素があるということです
大気があります。
とはいえ、地球と違って、ほとんどが二酸化炭素
大気の層もとても薄い

水もあります。

水金地火木だから、火星は地球の外側でその次を回っている
地球と比べて、太陽より遠く
大気も薄いので
地球よりずっと寒い。

写真の上の方が白くなっているのは、氷
地球で言うと、北極の氷ってことです。

拡大すると

最接近
火星が太陽の周りを回る軌道と、地球が回る軌道とはズレています。
ということで、地球から見て、火星は遠くなったり、近くなったり

前回、最接近したのは2018年ですが
今度は、10月6日23時18分に約6207万キロメートルのところまで近づきます。

長めの網を用意すれば、火星人を捕まえられるかも。

9月から11月まではかなり見やすいらしいです。

2018年の時は、色んなところで観察会が行われたようです。
この前行った、府中の国立天文台とかで観察会やらないかな、と
検索してみました。

なななんと
今年はどこもやらない

コロナのバカヤロー

移住計画
火星に移住しよう大計画があるそうです。

テラフォーミングというんですと。

この計画は2200年頃にとりかかり約1000年かけて、火星を改造していく
植物を使って酸素を作ったり、二酸化炭素を増加させ、火星の大気温度を上昇させたり

頑張って欲しいっ

[科学]シリーズはこちら(少し下げてね)

[宇宙]木星には着陸出来ない

イラスト図解で良く分かる宇宙、から

木星

木星に行って見たいな

そんな風に思っても
木星には着陸できません

じゃあ、木星って何?

分厚い雲だと思うと近いです。
雲に足跡が残せないように、木星にも足跡を残せません。

雲は水素の雲

地球だって雲はあるんだから、その下には?

宇宙船で探検してみましょう。

宇宙船にかかる圧力が急速に強くなってきました。

負けるもんかっ

100m下降

水素が液体状になりました。
ポチョン

液体状の水素の層は深さ2万キロメートルもあります。
その底の気圧は300万気圧もあります。

鉄腕アトムだって厳しい

ここから水素は液体金属になります。
液体金属ってどんなでしょうね
水銀みたいなんでしょうか

この層は約4万キロメートル

その底は3600万気圧
どんなものもぺっしゃんこ


中心核は岩石状

ああ疲れた

[科学]シリーズはこちら(少し下げてね)

[宇宙]太陽に住むカラスを発見

宇宙シリーズ。また太陽の話題。

天皇シリーズの1回目で八咫烏(やたがらす)の話をしたことがあります。
[天皇]1 神武天皇。新天皇即位記念。

神武東征のとき、熊野から大和へ向かおうとして山中で、道に迷ってしまった
そこに天照大御神が現れて

分かりました
この八咫烏に案内させましょう。

三本足がキュートな鳥です。

サッカー日本代表のマスコットとしても有名です

この八咫烏、さらに元ネタがあったんです。
中国で、太陽に住むと言われていた三足烏(さんそくう)
漢の時代の壁画にも書かれています

それは、太陽の黒点だった

そんな昔になぜ太陽の黒点が発見できたかというと
中国には黄砂が舞う時期があって、その頃は太陽を直接見ることが可能だからです。

月には兎が住んでいるけど
太陽にはカラスが住んでいるんだな。

天皇シリーズと宇宙シリーズが繋がりましたね
感激です。

日本では太陽即ち天照大御神ですから
八咫烏は太陽の化身ということです。

なぜ三本足かというと
中国の陰陽五行説では偶数を陰、奇数を陽とするから
陽の象徴、太陽がらみのものは奇数である必要があるわけです。

黒点と言えば
ウォーキングで府中の国立天文台に行ったときの事を思い出します。
国立天文台に行ってきました
第一赤道儀室というところの大きな望遠鏡が太陽の黒点を観察するためのもの
そこにいたおじさんが、黒点について熱く語ってくれました。

私が、黒点の観察って何かの役に立つんですか
とド素人丸出しの、とっても失礼な質問をしたときの回答が印象に残っている。

結局、黒点が増えたり減ったりというこの現象の原因も分かっていないし
増えた時、減った時に、どういう影響が出るかも分かっていない
でも、この不思議な現象を前にして
データを取り続けると言うことは
科学者として、やりたいことだし、やらねばならない事なんです。

[科学]シリーズはこちら(少し下げてね)

[宇宙] 金星は1年より1日の方が長い。

宇宙シリーズ

1日と1年
1日と1年って何

はあ?何を今更

1日は朝から晩まで、1年はその365日分
暑くなったり、寒くなったり

失礼。宇宙シリーズでした。
答え方に気を付けなきゃね

1日は地球の自転の1周分。コマのように1回転
1年は地球の公転の1周分。太陽の周りを一周

それぞれ別々の時間の単位

先に、1日の時間の単位があって
それを24等分したのが1時間なので
1日は24時間

1年も先にあって
それを1日で割ると、こっちはちょうど割りきれない。
365日と、約6時間。

太陽の周りを回っている星は他にもある
主には、水金地火木土天海

自転もしている星があれば、
地球のように、その星なりの1日と1年があります。

ということで、「イラスト図解でよくわかる宇宙」に載っていたのが金星。

金星

金星の自転周期は、地球の1日に換算すると、243.02日
公転周期は、224.55日

あれれ
金星は、太陽の周りを1周しても、自分自身はクルリと1回転出来ていない。
「金星は1年より1日の方が長い」ということになります。
ややこし。
昼長っ。

もし我々が、金星に住んだとしたら、眠うて眠うて。

1年に1度しか会えない恋人同士

ああ、もうここでお別れすると、来年までお会いできないのね
一日千秋の思いでお待ちしていますわ。

あらっ
意外に早っ

[ハイテクノロジー]シリーズはこちら(少し下げてね)