[迷信] ぬりかべと白米の意外な関係

ぬりかべ
水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するのでお馴染みでしょうか

のっぺりとしたに目や手足がついた姿がもっとも有名だが、
昔の絵巻などでは、家の壁に鼻があるものや、
三つ目の犬のような姿でも描かれている。

このぬりかべ誕生の背景には、日本人の食生活の変化がひそんでいる。

古代より日本人は、長い間、玄米が食事の中心だった。
私も今、玄米白米1対1で混ぜています。

白米は飛鳥時代頃に食べられるようになったが、
身分の高い人々だけが食べることのできるぜいたく品だった。

それが、江戸時代になって食生活が変化した
農業技術の進歩や新田開発が進んで、米の生産量が飛躍的に向上した

また流通システムの改善などにより、
江戸では多く白米が出回るようになった。
その結果、当初は武士だけが口にしていた白米を
庶民も食べるようになった。

このことは日本の社会を大きく変えた。
「江戸に行けは白米が食べられる」ということで、
地方から江戸に人々が押し寄せ、人口が集中するようになった。
1日に3度食事をする習慣もこの時期に始まったといわれる。

栄養不足
同時に奇妙な病気が流行し始めた。
足元がふらついたり、妙に怒りっぽくなったり、
ときには床にふせって離れられないといった病人が急増したのだ。

不思議なことに、江戸での生活をやめて地方に帰ると、
それらの症状は消える
この原因がわかったのは明治時代になってからだった
食生活の中心が玄米から白米に変わったことにより、
栄養不足が広まっていたのである。

白米は精米の過程で玄米についているヌカを取り去ったものだが、
白米ではビタミンB1やビタミンAがとれない。
ビタミンB1の欠乏は脚気、
ビタミンAの欠乏は夜盲症などの病気を起こした

その両方の症状が重なると、
夜には前が見えにくくなり、足元もおぼつかないので、
目の前に壁が立ちはだかっているように思える。
自分の身に何が起こったのかわからない恐怖もあって
ぬりかべという妖怪が生まれたのだ。

ちなみに、白米100グラムに含まれるビタミンB1は0・1グラム、
玄米は0.5グラムであるのに対し、
米ぬかは2・5グラムもあるだから江戸を離れて地方に帰り、
昔ながらの玄米や野菜中心の食生活に戻ると
自然と回復した。

脚気は現在ではそれほど恐れる病気ではないが
昔は死に至る病気で
江戸に行くとかかるので「江戸患い」と呼ばれていた

14代将軍家茂(いえもち)は脚気で亡くなっている
家茂はぬりかべに立ちはだかれたことになる

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]山で急に動けなくなるのは 妖怪のせい

<spanstyle=”font-size:18pt;”>山で急に動けなくなるのは妖怪のせい
日本人は生活にまつわるさまざまな出来事を妖怪のしわざだとして受け止めてきた。

そのひとつにヒダル神がいる。

長旅の途中の旅人や、山を越える途中の人が激しい疲労感や空腹感に襲われて動けなくなり、
最悪の場合は命を落とす。
その悲劇は、人々の間で「ヒダル神に取り憑かれたせいだ」とされてきた。

ヒダル神は西日本を中心に伝承されている、妖怪の一種。
地方によってダラシ、ダル、ダリなど呼び方は違うが、
人間を行き倒れさせるという点では同じ妖怪だ。

やせこけた体にふくれ上がったお腹、ぎょろぎょろと際立つ目、
そのイメージは古くから絵や物語に描かれてきた。

旅の移動手段が徒歩だった時代には、
途中で行き倒れて命を落とす人はけっして珍しくなかった。
ヒダル神は旅人の間で恐れられてきた存在だった。

ヒダル神に憑かれたという人は、急な疲労感や空腹感に襲われる。
そのせいで立っていられなくなったり動けなくなったりする。

文献などで描写されているこの状態は、低血糖状態とすれば説明がつく。

長時間歩き続けることは、体に軽度の負担をかけ続け
有酸素運動にあたる。

有酸素運動の際は、血液中にある糖質がエネルギーに変わり、
それが足りなくなれば脂肪が分解されてエネルギーに変わる。

ただし、脂肪の分解には少し時間がかかるため、
血中の糖質が少ないと補給が間に合わずにエネルギーが枯渇してしまう。

これが低血糖になるメカニズムであり、
空腹で歩き続けると低血糖を起こしやすい。

低血糖を起こさずに歩き続けるためには、
糖質を含んだ食べ物をこまめに口にする必要があるが、
現在のように数多くのコンビニやスーパーがなかった時代は、
空腹を感じたからといってすぐに食べることはできないし、
歩みを止めれば日が暮れてしまう。

昔の旅人にとっては、多少の空腹で歩き続けることはごく当たり前のことだったはずだ。

旅装に身を包んで山谷を越え街道を歩く昔の旅の様子は
牧歌的にも思えるが、人知れずヒダル神に出会って命を落とす危険もあった。

この危険を人々は妖怪の姿で記して、
空腹を我慢しすぎ低血糖におちいらないように広く戒めたのだろう

[迷信] 幽霊は両手をだらりと下げた姿で現れる

死んだ人の霊が現世にとどまり、生きている人間の前に現れたり、
乗り移ったりするという話は古今東西で語られている。

日本ではざっくりと「幽霊」という言葉でくくられるが、実際に見たことがあるという人、 気配すら感じたことがないという人、そもそも信じないという人と、立場はさまざまだろう。

幽霊を主役にした怪談話は数えきれないほどあるし、
信じないという人でも幽霊に対するイメージはあるのではないだろうか。

着物姿の女性が両手をだらりと下げている姿。

うーらーめーしーやー

この手の形状は医学的には「下垂手」と呼ばれる。

具体的には手の甲を反らせたり、
手指の付け根の関節を伸ばすことができなくなったもので、
手首と指が下がった状態になってしまうのだ。

これは、手の甲の感覚を伝える橈骨(とうこつ)神経が
上腕の中央部で傷つく「神経麻痺」から起こる症状のことで、
現代ではケガやスポーツが原因であることが多い。

だが、昔は別の原因でもこの症状 を引き起こすことがあった。
鉛中毒。

鉛中毒には貧血や腹痛のほか、手の麻痺などの症状がある。

鉛は古代から寺の資材に使用されていたが、
時折、職人たちが中毒に悩まされていた。

もっとも、それが鉛中毒だとわかったのは後の研究からで、
鉛を扱う職業の人には今でも見られることがある。

かつては女性が使うおしろいにも含まれていた。
含有量は 少なくとも、おしろいは日常的に使用するものである。

本人が気づかないうちに中毒状態になり、
重篤な症状を招いてしまう。

1887(明治20)年には、歌舞伎役者で女形の中村福助が、
演技中に足の震えが止まらなくなり、倒れてしまう事件が発生した。
その後、原因が顔に塗っていたおしろいの成分であるであることが世に知れ渡り、
社会問題化したという歴史もある

『推論』
手をだらりと下げた幽霊の正体は、鉛中毒で死んだ女性

ちなみに、鉛入りの化粧品が禁止になったのは1934年と比較的最近のこと

鉛が入ることでより美白になれたというから
特に江戸時代の幽霊画などで描かれる幽霊がなんとなくみな美しく見えるのは
そのせいかもしれない。

[迷信] 厄年に厄除け

「厄年」
災難にあいやすいので何事も慎み深く、用心して過ごさなければならないとされている年齢

厄年には神社やお寺で厄払いをしてもらうのが慣例だが、平安時代から行われていたとされる。

もとは陰陽五行説からきているという説があるが、たしかな根拠はなく、
なぜこのような慣例が生まれたかは謎である。

現在よりも平均寿命が短く、医学も発達していなかった時代には、
人生の節目で自分の健康や生き方を振り返るという
自戒の念を起こすための区切りの儀礼のようなものだったと思われる。

そう考えると、平均寿命が延びて、医学も発達した 現代社会においては、
厄年の年齢が現実と合致していないのではないか。

ちなみに、令和元年の平均寿命は男が81歳、女性が87歳となっている。

昔の平均寿命はいくつぐらい?

明治〜大正時代で44歳前後、
江戸時代はおおむね30~40歳といわれている。
統計数字は残っていないから、ばくっと

現代とはずいぶん違うの心身の健康を見直す年齢も変わってくるはずだ。

たとえば、現代人の死因のベスト3はがん、心疾患、脳血管疾患(脳卒中)だが、
がんでいうと、女性は30歳を超えた辺りから緩やかに増えるのに対して
男性では50歳を増えると急激に増えてくる

現代版の新しい厄年が必要かも知れない

寿命自体は劇的に伸びているが
病気にかからない訳ではない

臓器一つ一つに耐用年数はある

たとえば、肺は20歳を過ぎると少しずつ衰えていき、70歳を過ぎると肺活量は20歳の頃の半分になる。

心臓の寿命は、心拍数と関係があると考えられている。20~23億回で寿命がくる。
だから、心拍数がゆっくりの人のほうが長生きするということになる。
ただし、このことがそのまま寿命に影響するわけではなく、
寿命にはほかのいろいろな要因が関係している。

逆に肝臓は老化しない臓器といわれる。
肝細胞再生能力が優れていて、70歳になっても、
その機能は若い頃とほとんど変わらない。
肝臓を切除する手術があるが、7割を切除しても半年ほどでもとの大きさに戻る。

あくまでも、これらは平均的な話
ひとりひとり当然違う

「厄年」が一番意味を持つのは
一般的平均的に注意すべき節目、というのを意識しつつ
その時に、自分の体と会話する事かも知れない

毎年健康診断を受けているとすると
毎年を厄年ととらえても良いのかも知れない

もうひとつ
健康以外の意味もある気がする
人生の節目

仕事だったり家庭だったり
節目で今までを振り返り
さあ、今後の人生をどうしていこうか、という計画

神社やお寺での厄除けは
今までと違った非日常的な体験をするわけだから
気持ちの切り替えには効果がある気がする

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)