水野忠暁は園芸で異色を放つ

江戸の理系力シリーズ

植物の関係に参りましょう。

水野忠暁
みずのただあき 植物学 1767~1834

江戸においての園芸は寛永のツバキに始まり、元禄のツツジ、正徳のキク、寛政のカラタチバナ、
文化文政のアサガオと入れ替わり立ち替わり色んなものがブームになりました。

そのうち、元禄のツツジについては
ソメイヨシノを作った男は伊藤伊兵衛?
文化文政のアサガオについては
成田屋留次郎は朝顔おやじ
を見てね

江戸の園芸のレベルは世界でもトップクラス。
後にイギリスのプラントハンター、植物研究家のロバートフォーチュンが
あまりのレベルの高さにビックリ仰天

日本の菊を持ち帰ると西洋で、菊の大ブームが起き
さらに西洋で品種改良がなされて、世界中に広まったそうです。

今日は、寛政のカラタチバナに参りましょう

水野忠暁は旗本です。
500石

23歳で家督を継ぐんですが
親が植物好きだったもので子供の頃から植物に熱中。

えっ
武士がそんな悠長な事してて良いの?

はい。良いんです。
それが、平和が260年も続いた江戸時代の良いところ。

そもそもの発端は、徳川家康が大の植物好き
2代秀忠、3代家光もそう

武家諸法度で城を作るな庭園を作れとなった話はしましたが
そうなってきますと、武士のたしなみとしては
植物のうんちくのひとつも語れないようでは人付き合いができません。

そんな中でも、水野忠暁はレベルが違いました。
そうなってくると、みんながやっているツツジだ、キクだのではあきたらなくなってきます。

どっちの方向に行ったか

葉っぱです。

葉っぱぁ

今で言う観葉植物ですね

全部緑じゃなくて、白いところが入った斑(ふ)入りの葉っぱ
例えばカラタチバナでいうとこんな感じでしょうか

今では、そう珍しくない感じもしますが
突然変異なので、当時は極めて珍しい。

当時の武士達が熱狂します。

どんどんエスカレートしていって、
一鉢30両から50両は当たり前、中には100両を越えるものまで
1両ばくっと10万円と考えると、30両で300万円、100両だと1000万円

葉っぱですよ葉っぱ
1000万円ってあーた

武士って、威張っているだけで、
武士は喰わねど高楊枝、って
傘張りの内職しているイメージあるけど
あるところにはあるんですね。

でもさすがにここまで来ると別の意図を感じるんですが。

武士って長男じゃなきゃ結構悲惨
うまく養子先が見つかれば良いけど
冷たい視線を浴びつつ、暇を持て余す

今に見てろって言ったって、やれることは限られている。
肉体労働で頑張るにはプライドが邪魔しちゃう。

有り余る時間と、広い庭。
よしっ
珍しい植物育てて、一攫千金だ

年に3回まとまったお金をもらえるから
珍しい植物を買い込んで、うまく倍に分けて育てば大儲け
転売して、利鞘を稼いでも良いわけです。
要は投機対象。

ちょうど松平定信の時だから、あまり高いのは規制がかかっちゃいます。

とはいえ、お陰で日本の園芸のレベルが格段に上がった事も事実
その牽引をしたのが水野忠暁なのです。

変化朝顔の時も根気強く膨大な量の実験をしつつ
経験則として、こういう場合には突然変異の率が高まるという事を習得していきましたね

カラタチバナでも一緒です。
水野忠暁だけが判るにおいのようなもの
支援者のネットワークが張りめぐされ
全国から、斑入りの植物が集まってきて
独自のノウハウで高確率で増やしていく。

そして、作られた図鑑が「草木錦葉集」


カラタチバナと並んで、おもとというのも人気
万年青と書いて、おもとと読みます。

水野忠暁が育てた斑入りの植物は実に3000種類にもなったようです。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムラサキツユクサ

写真をタップすると花カレンダーに飛べます。

成田屋留次郎は朝顔おやじ

江戸の理系力シリーズ

天文学、数学、医学、機械工学と来ましたね

さあ今日から、遺伝学と参りましょう
要は植物学ですね
ソメイヨシノの時期に、割り込みで伊藤伊兵衛やっちゃいましたけどね
ソメイヨシノを作った男は伊藤伊兵衛?

今回のテーマは朝顔
江戸の庶民に大ブームを2回もたらした。
第一次は、文化・文政年間(1804~1830)
第二次は、嘉永・安政年間(1848~1860)

まず、第一次ブームから

入谷
今でも入谷の朝顔市は有名ですね
第一次ブームは入谷から発祥するのですが
そのきっかけになったのが、丙寅の大火
下谷一帯は焼け野原になり、広い空き地ができた

江戸の警備とかを担当していた御徒組(おかちぐみ)という武士たちの屋敷が
下谷で焼けてしまう。
仕方ないので、この広い空き地で栽培をはじめたのが朝顔

その中でも一番熱心だったのが、大番組与力、谷七左衛門
大輪の花を咲かせたり、珍しい形の花や葉を作り出すことに成功。
変化朝顔と言います。
「朝顔屋敷」と呼ばれて、大勢見学に訪れる。

牡丹咲きというのは、この頃から出来てきたもの
牡丹を思わせる華やかな朝顔。


この第一次ブームで裾野が大きく広がることになります
植木屋はどっと増え
この時期は富裕層も増えていたので
珍しい朝顔のためなら、金に糸目はつけないという好事家も多くいました。

そんな中での第二次ブームです

成田屋留次郎
なりたやとめじろう 遺伝学者 1811~1891

変化朝顔って、人工交雑などの品種改良では出来ないんです。

普通の朝顔はその種を撒くと翌年も同じような花が咲きます。

変化朝顔の場合は、また咲くかも知れないし、咲かないかもしれない
根気よく何度も繰り返すしかない。

成田屋留次郎は全国から、変化朝顔が咲いたという情報を入手しては
そこへ出向いていって種を手に入れる
珍しいものであればあるほど種も高い値段になるが
好事家達のネットワークがあるので
今の値段に換算すると500万円もするような種でも買ってくる

例えば好事家の〇〇さんのお金で買った種
さあ、どうでしょう

ダメでした。普通の花

ほんまか、しゃあないな

ここで、文句を言ったら次に買ってもらえなくなります。

そんな博打のようなことを繰り返していても
根気よく、膨大な実験を繰り返していくなかで
留次郎は
こういうタイプの花や種であればこういう確率でこういう花が咲くという
法則性を見いだしていきます。

メンデルがエンドウ豆でメンデルの法則を発見する15年も前の事になります

三都一朝という本も書きます。


ちなみに成田屋というのは
市川団十郎の大ファンだったので
団十郎の屋号成田屋をそのまま、植木屋の屋号にしています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ツルハナナス

花カレンダー始めました

奇才天才、平賀源内はスーパーマルチな人気者

江戸の理系力シリーズ

出ましたっ、超有名人、平賀源内

この人どう捉えれば良いんでしょうね
芸術家で学者で発明家でプロデューサー
人生何倍ぐらいで生きてるんでしょう

江戸の全ての粋を凝縮したような人ですね。

平賀源内
ひらがげんない 機械工学等々 1728~1779

高松藩の下級武士の家に三男として産まれます。
子供の頃から神童と呼ばれます。
13歳にして本草学を習得。薬草の学問です。

藩主、松平頼恭(よりたか)から

薬草園は任したぞ
長崎にも勉強に行って良いよ

長崎で色んな事に触れた源内は
溢れ出る好奇心を押さえられなくなります。

すみません、松平頼恭さん
辞めさせてもらいますわ

家督を継いでいたんですが
それも妹に無理矢理養子を取らせて、そのお婿さんに譲っちゃいます。

大阪へ、そして京都へ

28歳で江戸に出て
田村藍水(らんすい)の弟子になります。
朝鮮人参の栽培に成功した偉い人

田村藍水と一緒に「東都薬品会」(とうとやくひんえ)を開く
諸国物産展のような大博覧会
これが大成功で、その後6年間で5回開催しています。

よっしゃ、いけるぞ

今まで見聞きし、学んだことが繋がってきて
開花期を迎えます。

今までこのシリーズで紹介した学者さんは
学問の事が好きで好きで
どちらかと言えば、生き方が下手って感じがありました。
一徹っみたいな

平賀源内は、ちょっとイメージが違っていて
超天才なんだけど、人付き合いもうまい
当時の有名人と人脈が広く

良いね良いね
じゃあ、今度こういう面白い人紹介するから
一緒にこんなことしない?

本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家
理系文系何でも来い

2回目に長崎に行ったとき
洋画にも触れ
こんなのも書いちゃっています

焼き物での良いのがあるんだけど
これなんか、世界地図風で楽しいね

科学的な分野では何をしたんだっけ

はい、エレキテル

でも、実は平賀源内の発明品って訳じゃないんです。
長崎で既にあったエレキテルで壊れていたのを修理しただけ
そのあと、それを元にオリジナルでエレキテルはいくつか作っているんですけどね

あと有名なのが、
土用の丑の日に鰻を食べるというのは
平賀源内が言い出して、大々的に広めたという話

元々、土用の丑の日と限定したものでなく
夏の季節の変わり目に鰻を食べるというのは
ある程度の共通認識があったと思う。

奈良時代の大伴家持の歌にこんなのがある
石麻呂に 吾れもの申す夏痩せに よしといふものぞ むなぎとり召せ
(石麻呂さんよ 夏痩せには 鰻が良いらしいよ)

それを年中行事として広めるためには
土用の丑の日と限定する必要があると思ったんでしょうね
ずっと上方の品物の方が上等だったのに
醤油に関しては江戸周辺で良い醤油が出来るようになり
江戸前寿司、そば、鰻の蒲焼きと
江戸庶民の食べ物の幅がグッと広まった時期を
敏感に感じ取ったんでしょう。

あと、面白いのが
竹トンボは平賀源内が発明したという説
そんな訳はなく、昔から竹トンボはあったけど
そう思わせるということは
当時から名の知れた人気者だったんだと思う。

ちょっとした竹トンボの改良みたいのがあって
それをきっかけに、広く流行したかも知れませんね
そんな事があったら何でもかんでも
平賀源内がやったことにすれば
みんなが、そうかも知れんなあ、と思えるような存在。

杉田玄白も平賀源内の事が大好きだったようです。

高松藩主、松平頼恭からは
もう一回、来てくれない?

良いっすよ

でも、2年で、やっぱり嫌と辞めちゃった

これには怒ったね
もう二度と源内を雇うべからず、という御触れを
全国諸藩に通達

全然めげない源内さん
やったー、これで自由だ!

老中。田沼意次にまで気に入られちゃって
陰日向に応援してもらえます。

終り
とても幸せな人生に思えるけど
何があったんでしょう
急に、晩年おかしなことになります。

大名屋敷の修理を請け負うんだけど
酔っぱらったとき、
修理の計画書を大工の棟梁二人に盗まれたと勘違い
二人を殺しちゃうという暴挙に出ます。

当時、殺人犯はうんもすんもなく死刑
どんなに人気者であってもどうしようもありません。
情状酌量みたいなことは、死刑の執行方法とか、
そのあとの墓をどうするかみたいなことには考慮されますが
死刑自体は免れられません。

死刑執行を待っている期間
おそらく揉み合ったときの傷に菌が入ったんでしょうね
破傷風で獄中で死んでしまいます。

墓の隣に、友達の杉田玄白が、彼を称える碑を建てています。
玄白自身の字で

「嗟非常人、好非常事、行是非常、何死非常」
(ああ非常の人、非常のことを好み、行いこれ非常、何ぞ非常に死するや)
〔貴方は常識とは違う人で、常識とは違うものを好み、常識とは違うことをする、しかし、死ぬときぐらいは畳の上で普通に死んで欲しかった。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


サルビア

大野弁吉はロボット技師

江戸の理系力シリーズは、天文学、数学、医学と来ましたが
今回から、機械工学です

ちょっと割り込みで、先に田中久重やっちゃいましたけどね

大野弁吉
おおのべんきち 機械工学 

からくり技師です。今でいうロボット
以前紹介した田中久重より、若干前になります。
田中久重。東芝未来科学館に行って来ました。
田中久重。東芝未来科学館に行って来ました。続き
甦れ、田中久重の万年時計

からくり鯉の滝登り

笛吹き童子

からくり舞鼓人形

ああ見てみたい
からくりって聞いただけで、「男の子」はたまりませんね
茶運び人形とかは、動画検索してもらえると見れますよ

面白いのが、ねずみからくり
ゼンマイを回すと人形が太鼓を叩き、
ネズミが穴からチョロチョロ出てきて、また穴に戻る

根付・飛び蛙も傑作
根付けはとても小さなアクセサリーなんだけど
3cmほどの小さな蛙がゼンマイ仕掛けでヒョコヒョコ飛び回る

ほおーっ、て感心するだけじゃなく
ユーモアがあって笑える。

からくり以外
からくり以外にも色んなことしましたよ

ピストル作ったり
望遠鏡や時計

鶴の形の模型飛行機で実際に飛ばして見せた。

何とカメラまで作っちゃっています。
日本に紹介されたのが、1841年
その数年後、もう、自分で作っちゃっています。

理解者
こんな弁吉の良き理解者だったのが「銭五」とも呼ばれた加賀の豪商、銭屋五兵衛

弁吉は富や名誉には全く無関心で、気紛れな性格。
仕事は気が向かなければ、頼まれてもやらないから
常に貧乏。

親交の深かった銭五からでさえ弁吉は生活の援助を受けようとしない。
見かねて、銭五が米を持ってきた

いらんことすな

俺はお前に施しをしようとは思っていない
これは今から頼む指物の前払い

味噌、醤油、野菜、魚、弁吉の大好きな酒、
そして奥さんの着物まで持ってきたんです。

田中久重は東洋のエジソン、と呼ばれていますが
大野弁吉は北陸のダ・ヴィンチと言われています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ハナグルマ

花カレンダー始めました