[迷信]23 宵越しのお茶は飲んではいけない

迷信シリーズ、健康にまつわるあれこれです。

宵越しのお茶は飲むな

お茶は抗酸化作用のあるカテキンやビタミンCを多く含み、血圧の上昇を抑える効果もある
健康にいいとされる飲み物の代表といっていい。

お茶は抗酸化作用のあるカテキンやビタミンCを多く含み、血圧の上昇を抑える効果もある
健康にいいとされる飲み物の代表といっていい。

しかし、そんな優秀な飲み物も「越しのお茶は飲むな」と言われることがある。
これは昔の人が、実際に飲んでみて異変を感じたからではないだろうか。
なぜなら、茶葉には多くのタンパク質が含まれていて、
一度淹れた茶葉を急須の中に入れっぱなしにしておくと、
そのタンパク質が腐敗して雑菌が繁殖していくから。

悪役にもなるタンニン
茶葉にはカテキンが大量に含まれている。
カテキンには脂肪の燃焼を増やす効果もあるために、
生活習慣病や肥満予防、さらにダイエット効果があるとされているのだ。

ペットボトルで売られている「特茶」って試してみてかなり効く気がする

また抗菌・抗ウイルスの効果や、風邪やインフルエンザ
あるいは腸内環境を整える効果に関する研究も進められている。

しかしカテキンは水溶性なので、一度淹れるとどんどん湯に溶け出して効果は薄れる。

さらに、カテキンは酸化がすすむとタンニンという渋味成分に変化する。

一般的な茶葉に含まれている適量のタンニンは、胃の細胞を刺激して
消化を助けるというメリットがある。

ところが、タンニンがあまりにも増えると、胃の粘膜を荒らし、
消化液の分泌を妨げ、胃に害を及ぼす。
もともと胃腸が弱い人は、吐き気や下痢につながることもある。

そんな茶葉にもう一度湯を注いで飲めば、
お腹の調子が悪くなっても仕方がないかもしれない。

だから、「宵越しのお茶は飲むな」という言い伝えは、
「一度淹れてから時間のたった茶葉で入れたお茶は飲むな」ということなのでしょう。

忍者が活躍した時代には、わざと濃いお茶を淹れて、
それを地中で何日間も保管したものを「宿茶の毒」として使ったといわれる。
古くからのお茶は、命の危険にもつながるものだということは知られていたのだ。

「宵越し」の定義は、料理のレシピなどを参考にすれば6~8時間だ。
だから一晩おいたものたものでなくても、
朝に淹れたものを夕方まで放置しておくのも良くないことになる。

ペットボトル
そもそも、先程「特茶」の例を出したように
「飲むのはもっぱらペットボトルで買ったものばかりで、
急須で淹れたお茶などめったに飲まない。茶葉から淹れないので関係ない」
という人も少なくないだろう。

ペットボトルのお茶は腐らないんじゃない?。
しかし、ペットボトルのお茶もコップに移さずに直接口をつけて飲んだ場合は、
やはりその日のうちに飲んでしまったほうがいい。
お茶の中に口の中の雑菌が混ざり、場合によっては繁殖する可能性がある。

フタをあけることで空気中の雑菌が入るので、それが腐敗の原因になることもある。
メーカーにもよるが、一応の目安として開封後8時間以内に飲んでしまうのが安全とされている。

また、ここ数年、高濃度茶カテキンが話題になっている。
カテキンには抗菌作用や脂肪燃焼量効果があるが、
その一方で、大量にとりすぎると肝障害につながるという研究もあり、
過度な摂取は危険だともいわれる。

結局、急須は淹れたて、ペットボトルは開けたてが一番だということだ。

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]22 梅雨入り前に梅を食べてはいけない

ハウス栽培が盛んになって野菜に季節感がなくなってきているが
それでも、初夏のスーパーに並ぶサクランボやビワ
今の時期なら柿、梨、栗など、果物の中には
また季節がめぐってきたと感じさせてくれるものがある

青梅
青梅もそんな季節感のある果物のひとつ。

梅雨にさしかかる数週間だけ梅酒や権ジュースなどの加工用として店頭に出る。
カミさんは毎年浸けて梅ジュースを作る
しかし、昔からけっしてそのまま食べてはならないといわれている。

1年のうちごく短い時期にしかお目にかかれない青梅を
食べてはいけないとは、いったいどういうことなのだろうか。

未熟な梅には、青酸配糖体のアミグダリンという毒の成分が含まれているのだが、
これを食べると体内の酵素で糖とシアン化合物に分解される。
シアンは猛毒。
特に、まだ種が柔らかい若い実は危険で、
硬い種に成長したものに比べて10~20倍ものアミグダリンを含んでいる。

そのため、1個食べただけでも腹痛や強いアレルギー反応を引き起こすことがあり、
多量に摂取する昏睡状態になり、最悪の場合は死に至ることもあるのだ。

実が大きくなるまで待つ
このような若い梅の実が強いを持っているのは、
しっかりと成長するまで実を守るためだと考えられている。
熟す前の若い種を食べると体調を崩すとなれば、
人間や動物も近寄ってこなくなる。
植物の子孫繁栄の知恵です。

実際、実が大きくなれば毒の成分はかなり減る。
エムルシンという酵素が毒を分解して、
収穫する頃には果肉にはほとんど残らないのだ。

種が硬くなるまで成長していれば、もし生で実食べてしまったとしても、
子供でも100個くらい食べなければ、深刻な影響は出ない

ちなみに、アミグダリンは梅と同じバラ科サクラ属の
アンズ、ビワ、スモモの種にも含まれている。

一時、健康食品としてビワの種を粉末にした加工食品が出回ったことがあったが、
農林水産省は健康を害するおそれがあるから食べないよう呼びかけている。

また、がんに効くとうたったアミグダリンのサプリがインターネットで出回ったこともあり、
実際にがん患者が服用して重篤な健康被害を出した例もある。

もちろん、梅酒やジュースとして加工する分には何も心配はいらない。

数週間~数ヵ月かせて出来上がった頃にはアミグダリン化している。

梅は2000年前に書かれた中国最古の薬物学の本にも載っていて、
日本には3世紀の終わごろに伝来している。
「梅雨入り時に梅を食べてはいけない」というのは、自然に対する昔ながらの知恵なのだ。

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]21 夜に爪を切ると親の死に目に会えない

前回、の迷信シリーズで[迷信]20 靴下をはいて寝ると 親の死に目に会えない
という話をしました。

親の死に目といえばもうひとつ、「夜に爪を切ると、親の死に目に会えない」という言い伝えがあります。

こちらの方がよりメジャーかも
私はこっちの方は良く言われました。

この言い伝えにはいくつかの説があります。
短命を意味する「世を詰める」を「夜」に引っかけたという説
スサノオノミコトが手足の爪をとられて地上に追放されたことにちなむという説

だが、この言葉の真相はシンプルだ。
江戸時代より前は照明設備が充実していなかったため、
夜はろうそくなどのわずかな灯りで暮らしていた。

当時は爪切りというものはないので、ノミのようなもので削っていく。
武士などは刀を持ち出していたというから穏やかではない。

もし間でケガをして、万が一親より先に死んでしまったら…と、
やや大げさに「夜に爪を切ったら危ない」という注意を促したのである。

守れる?
これって守れます?
確かに何度か言われた記憶はあるのですが
あらゆる迷信の中で、かなり守りにくい迷信じゃないでしょうか

ここ何年も、夜以外に爪は切っていないかも知れない

お風呂からあがって、ゆっくりしているとき
あら、爪伸びてるやん、と気づく

休日の昼間とかは、靴下はいていることも多いしね

子供の頃母さんに言われたなあ

あんた、何してんのん
夜爪切ったら、親の死に目にあわれへんで

そんなん会わんでもええもん

そのあとのやり取りは覚えていないけど
結局母さんの死に目にあえず
結構その事を引きずっている身としては
あのとき、あんなこと言わなきゃ良かったなとは思う

そんなこと言われたら寂しいですよね

でも、かく言う母さんも、夜爪切ってたんじゃないかなと思う
昼に爪を切っている姿は見たことなかったので。

おそらく子供が寝静まったあとに、パチンパチン

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]20 靴下をはいて寝ると 親の死に目に会えない

迷信シリーズ

寒い夜、足が冷たくてなかなか眠れないときに靴下をはいて寝るという人も多いだろう。
今はそうではないんだけど、私も以前靴下をはいて寝ていた事がある

昔から、「足袋をはいて寝ると親の死に目に会えない」といわれている。
足袋をはいて寝床にもぐりこむなどという行為はタブーだった。

理由は、寝ている姿が死者を連想させるからだ。
昔も今も、亡くなった人を棺に入れる際には、
あの世への遠い旅にそなえて足袋や草をはかせる習慣があり、寝姿と重なる。
そのために生まれためだと思われる。

親の死に目に会えないという表現は
私が母さんに対してそうだっただけに、身につまされるものがある
危篤だとの連絡を受けて、関西に行く準備をしているとき
再度連絡があって、もう亡くなったという。
急だった

けっこう引きずっている

親の死に目に会うというのは、かなり特別な意味を持っていることだと思う

さあ、靴下
現在では、医学的な観点からも、靴下をはいて寝るのは良くないらしい

人間の体は、眠りにつくときには手足から 熱が放出され、
体内の深い部分の温度が下がる。

手足から熱が放出されるということは、手足を暖かくするために血管が拡張し、
熱を逃がしているということだ。

ところが、靴下をはいていると熱が逃げにくくなり、
体温が下がりにくくなる。
そのため、体が寝るのにふさわしい状態になりにくくなる

そうすると睡眠の質が悪くなり、健康に害を及ぼすこともある。
昔の人がこのことを知っていたかどうかは わからないが、
靴下をはいて寝ると結果的に熟睡することができず、
健康面ではマイナスになることを知っていたのかもしれない。

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)