川本幸民。日本で初めて作ったのは、ビールとマッチとカメラ

江戸の理系力シリーズ、長くやってまいりましたが、一旦最終回とします。

川本幸民
かわもとこうみん 化学者 

わが兵庫県、三田藩の藩医として生まれた幸民
早いうちから抜きん出た才能をあわらし
参勤交代に伴って江戸に入府します。

江戸では蘭学者・坪井信道の塾に入門し、緒方洪庵らとともに蘭学を学びます。

大きく花開くかと思いましたが、大事件。
1836(天保7)年、刃傷事件を起こしてしまいます。
事の詳細は分かりませんが、殺しちゃったか、巻き込まれたか

数年間の謹慎蟄居を余儀なくされます。

1841(天保12)年に謹慎が解けると、
その数年後にのちの薩摩藩主・島津斉彬と知り合います。
出たっ。科学大好き斉彬
1853(嘉永6)年に薩摩藩に転籍します。
さあ、そうなると薩長です。新政府側です。
あれもこれもやらせてもらえる斉彬で、色んな事できて
そのまま明治維新になだれ込みます。

超ラッキーではありますが
反面、先程の謹慎もあり、
生涯で三度も大火に会い、その都度家を焼け出されているので
順風満帆な人生とは言いがたいかも。

マッチ
嘉永元年、幸民がある裕福な商家に往診に出かけた

その主人が
西洋にマッチというものがあって、擦っただけで火がつくらしい

ほう、そりゃまた素晴らしい。

どうじゃ、先生なら作れるんじゃないか
もし作れたら、五十両差し上げますぞ

幸民の実験の日々が始まります。
当時のマッチは材料に発火点の低い黄燐を使っていたため、製作は爆発の危険と隣り合わせでした。

負けるもんか

いよいよ完成。

見ていただけますかな

商人の前でマッチで着火
ぼわっ

おおおっ

ということで五十両

あっ、あれか
あれは冗談じゃ

いいえ、払っていただきます。

なんとか逃れようとする商人でしたが
この話がどんどん広まっていき
引っ込みがつかなくなって、泣く泣く五十両を支払いました。

化学新書
化学新書という本を、1861年に出版
宇田川榕菴の舎密開宗と並び江戸時代末期の代表的な化学書です。

ビール
この『化学新書』に、ビールの醸造方法が書かれています。
それも、とても詳しく。

幸民がビールを作ったということが、明確にどこかに書いてある訳ではないので
100%ではないんだけど
基本的に実験しながら書いているので
まず、日本で初めてビールを作ったことは確実です。

たとえば「上泡醸法」と「下泡醸法」では、発酵温度や仕込時間、貯蔵期間などが異なる事が書いてある
上泡醸法は今、イギリスのエールなどで行われている製法と同じで
下泡醸法は、ドイツ風ビール。こっちは当時まだ確立したばかりなのになんで分かったんだろう。

1853年のペリー来航で、ペリーがおみやげで持ってきたビールを真似た、とも思われるけど
それだけで、「上泡醸法」と「下泡醸法」の違いなんてところまで行くだろうか
謎です。

カメラ
カメラもおそらく最初。
多才過ぎてクラックラ来ますね。

1830年代フランスで発明されたとされるカメラをためしに作り、
日本で最初に撮影に成功した。
このことは、遠西奇器述(えんせいききじゅつ)に書かれています。

初期のカメラは、色んな方式があり
それぞれ一長一短あった。

自分が最初に開発してから10年後
咸臨丸の使節団の中に滞米中に写した複製写真を持ち帰った者がいた。
おっ、これは違う方式、湿板写真だな、とすぐに分かり
その湿板写真式カメラも作っちゃった。

その湿板で幸民が取った写真が2枚残っている。
一枚は自分を撮ったものだけど
もう一枚は、これ

川本秀子さん。
奥さんです。

苦労かけたね、って事でしょう。
奥さん、嬉しかったろうなあ。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


サルビアレウカンサ

花カレンダー始めました

宇田川榕庵。江戸時代に化学を究める

江戸の理系力シリーズ。
天文学、数学、医学、遺伝学、機械工学、博物学、本草学と進めてまいりました。
そういうと、化学って出てませんでしたね

江戸時代に、試験管とかフラスコとか無さそうだし、
いくらなんでも無理なのかな

いえいえ、どっこい

宇田川榕庵
うだがわようあん 化学者 1798-1846

江戸時代後期の津山藩(岡山県津山市)の藩医です。

元々は、大垣藩の藩医の息子
参勤交代制度のメリットだと思うんだけど
江戸に住んでいる、江戸詰め、と言います。
お父さんは、同じく江戸詰の藩医、宇田川玄随が師匠です。

息子さん、優秀ですね。養子にちょうだい。
はい、どうぞ。

ってことで、14歳で養子になったので、宇田川姓
岐阜から、あっという間に岡山です。

哥非乙(こうひい)説
化学者と言いつつ、他の事から話し始めるのは気が引けるのですが
色んなことやっています。

いっぱい本も出しているんですが、まずは19歳の時に出した本。
「哥非乙(こうひい)説」という本です。
コーヒーの産地、効用を説いたものです。
ハイカラですね
Coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕庵が最初。

喫茶店の珈琲館は宇田川榕庵を恩人と崇めないといけません

『西説菩多尼訶経』と『植物啓原』
ショメルの百科事典を読んだ宇田川榕庵はびっくり。

日本では、植物と言えば、観賞のための園芸として、より奇異なものを作り出すための品種改良
あるいは、本草学、すなわち薬草として有用なものを探す。

西洋には全く視点の違った植物の学問があるじゃないか

植物自体の構造や生理を探求する

物事には、それが形作られ、働きを持つさらに元となる仕組みがあったのか

分類や効用や改良は散々行ってきたけど
「植物学」と呼べるものに体系立てていくのは、榕庵からだと言って良い。

西説菩多尼訶経(ぼたにかきょう)って変な名前でしょう。
本が、お経のように折り本形式になっているから。
「菩多尼訶(ぼたにか)」というのは、ラテン語で植物学を意味するbotanicaからとっています。
何ともハイカラなお経があったものです。

その後、もっと本格的な植物学の『植学啓原』を出版しています。

榕庵の特色として、さっきの珈琲もそうだけど
現在の学問で使われている言葉を思いっきりいっぱい産み出している。
雌花、雄花、花柱、葯、柱頭などの訳語は全部、榕庵です。

舎密開宗
さあ、いよいよ化学ですよ。

物事のもう一つ元の研究という視点をおそらく日本人で初めて持った榕庵
化学に興味が向いていくのは当然の流れでしょう。

イギリスの化学者ウィリアム・ヘンリーが1799年に出版した Elements of Experimental Chemistry を
J・B・トロムスドルフ(de:Johann Bartholomäus Trommsdorff)がドイツ語に翻訳、増補した
Chemie für Dilettanten を、
さらにオランダの Adolf IJpeij がオランダ語に翻訳、増補した
Leidraad der Chemie voor Beginnennde Liefhebbers

うーんややこしい。
「それ」を読んで訳したのが「舎密開宗」(せいみかいそう)

日本の化学の夜明けでございます。
やりました。
イッヒリーベボクノフネですね

単純な翻訳ではなく、その他のあっちこっちの化学書から
あれやこれやを追記しているから
新たなオリジナルの化学書といっても良いくらいのもの

「舎密」とはオランダ語の「セーミ」に当て字をしたもので、開宗とは開くという意味。


さあ、ここで作り出した言葉は?

酸素、水素、窒素、炭素、白金といった元素名
元素、酸化、還元、溶解、分析といった化学用語
細胞、属といった生物学用語

すごいです。
何から何まで。

何と日本ではじめて、現在の化粧せっけんに近い石鹸を製造しています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


トラディスカンタナ シラモンタナ(白絹姫)

花カレンダー始めました

丹羽正伯。日本全部を元気にする方法。

江戸の理系力シリーズ

丹羽正伯
にわしょうはく 本草学 1691~1756

丹羽正伯は元禄4(1691)年、紀州藩領の伊勢松坂(三重県松坂市)に生まれます。

お父さんがお医者さんだったもので、あとを継ごうと、京都に行って修行
でも、だんだん興味が医学より、薬種の方に向いていきます。

稲生若水(いのうじゃくすい)に弟子入りします。

聞いたことある名前

貝原益軒も稲生若水に師事したんでした。

貝原益軒と丹羽正伯は生まれた年が61年も離れています。
本来出会うことのない二人。

ところが、貝原益軒は自分より25歳も若い、少年のような稲生若水に教えを乞い
丹羽正伯は36歳も年上の稲生若水の弟子となる

稲生若水を介して繋がるんですね
嬉しくなります。

稲生若水ってどんな人かというと、京都に生まれ京都で塾を開くんですが
加賀藩主、前田綱紀(つなのり)にとても気に入られ
飛び飛びで良いからこっちにも来てねと特別扱いで加賀藩に召し抱えられる。
京都と加賀を行ったり来たり。
そんな中で大書「庶物類纂」(しょぶつるいさん)に取り組む
何と362巻です。
びっくりしますね。362巻って
残念ながら、未完成のうちに生涯を閉じてしまいます。

吉宗に
時代が変わって、幕府にお世継ぎがいなかったので
紀州のお殿様が将軍に大出世
8代将軍、吉宗です。

地元大好きの吉宗は、地元から優秀な人材をピックアップ
植村政勝、野呂元丈、そして丹羽正伯

正伯は将軍に仕事を仰せつかったということで
単に学問をやっていれば良いという事にならなかった。

全ての学問は、みんなのためにあるわけだけど
もっと直接的に、全国民を元気にするという使命と仕事を賜る

必要な事を言ってみろ

そうですね
集めるだけじゃなく、育ててみたいです。

よっしゃ、土地を与える
好きなように使うが良い

与えられたのが、今の千葉県船橋に薬園台という地名があるんだけど、そこ
なななんと、30万坪

おそらく、そこに立って、吉宗の意図を感じたろう

分かっているな。お前にやって欲しい仕事はこういうレベルの事なんだ。

薬草を作って幕府に納める
それは、最低限の事だけど
「日本中を元気にする」ためにはそれだけじゃダメ
薬草を流通させて、普及させていく。

商人の力を借りよう
日本橋の薬種問屋、桐山太右衛門に協力してもらって
生産から販売までの仕組みを作っていく

行き渡ったとしても、使い方が分からないと宝の持ち腐れ
さらに、江戸だけじゃなく、全国がターゲットな訳だから
薬園台からの薬草が行き渡らないところまでなんとかしなければ

享保14(1729)年、林良適と協力し合って「普救類方」(ふきゅうるいほう)という本を書く
幕府が持っている医学薬学に関わる書物の中から
必要最低限の事をコンパクトに、誰でも分かるようなやさしい言葉でまとめ、格安の値段で販売
どこの地方でも入手可能な薬草と応急措置。
全国に普及させる。

前半は、体の部位ごと「頭之部」「面之部」「目之部」「鼻之部」みたいに
後半は症状ごと

例えば頭痛の対処法は
いたちささげを粉にして水にて溶き、こびんに付すべし
または、いたちささげを袋にして、枕にしてよし

家庭の医学、みたいな感じ

ネットで調べると、使い古してボロボロになったのが家にもありました、とか書いてあるので
よほどみんなに重宝がられたんだと思う。

享保16(1731)年から、冷夏とウンカという害虫の大量発生で、享保の大飢饉という大凶作になるんだけど
その時は、疫病が大流行したので、続編とも言うべき「救民薬方」を出す
どれだけの人が救われたことか。

まだ
これだけでも大天晴れだけど
正伯は満足しなかった。
享保の大飢饉で、バタバタと人が倒れていくのを目の当たりにしたからね

今後を考えると、もっと網羅的でもっと本格的なものを作らないと。
どうすれば良いだろう・・・

あーっ

吉宗へ
殿、お願いしたいしたいことがございます。
なんとか手に入れていただきたいものが・・

みなまで言うな
いつ言うて来るかと心待ちにしておったわ
もうすでにここに

と、殿ーーーっ

師匠、稲生若水の未完の大書「庶物類纂」362巻です。

何としてもこれを完成させるんだ
師匠、見ていてください

増補分638巻が完成
合わせると、実に1000巻にもなります。

膨大な仕事なので、もちろん自分一人ではないんです
どうしたか

今度は全国諸藩から、資料を提出させたんです。
どこでどういう薬草があるか
民間療法でどうしたら何にどう効くか

日本中を元気にするための仕事
日本中みんなで分担しようぜ

お陰で全国諸藩が医学や本草学に強く興味を持ち
それ以降優秀な人材がどんどん生まれることになります。

学者、政治
学者ってどうあるべきか、政治ってどうあるべきか
とても考えさせられます

一人でじゃなく、常に誰かに協力をあおぐ
一人でやった方が、「丹羽正伯の仕事」って手柄になるんでしょうが
そんなことしていたら、目的達成に時間がかかりすぎる。

「日本中」という視点で考えると
自ずとやることは違ってくるんでしょうね

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ゼフィランサス・シトリナ

花カレンダー始めました

貝原益軒。養生訓で長生きくん

江戸の理系力シリーズ

有名どころです。
貝原益軒
かいばらえきけん 本草学 1630~1714

貝原益軒は寛永7(1630)年福岡に生まれる
お父さんはお医者さん
子供の頃は平家物語や太平記を読んだ好奇心旺盛な少年

8歳年上のお兄さんも、お医者さんで、藩から
5年間京都での医学修得留学を許される。

そんなお兄さんに教えてもらいながら、益軒も医学を修得していく。

そして19歳の時、藩主に召し抱えられ、可愛がられる。
すぐに、藩主の江戸参勤にお供できるほどになる。

江戸だあっ
見るもの聞くもの珍しくて、大興奮だったんだけど
参勤交代なので、翌年にはもう戻ることになる

でも、すぐに
今度は、1年間、長崎に勉強に行って良いよ。

ここまでは順調だったんですが
可愛がられていたはずが、何があったんでしょう。
藩主の逆鱗に触れて、クビ
浪人になっちゃいます。

悲しみにくれ?
って事にならないのがひと味違うところ

良いんでないの
良い機会だから、好きなことをいっぱい勉強しよう。

6年後
そろそろ江戸に出てみようかな
江戸は面白かったからなあ

江戸の藩邸にいた父を訪ねる
父のつてで、藩のお偉いさんとも会え
よほど人柄が良かったんでしょうね
人気者になります。

福岡藩主が代替わりしたとき

殿、とても面白い人物がおります。

ほんまか

口添えしてくれて、あっさりと赦免

さらに、京都へ遊学を命じられます。

色々あっても結局は自分の方へと引き寄せていく力があるんでしょうね。

京都では、様々な人に教えを乞い学問の範囲を大きく広げます。
その中でも生涯をかけて最も中心になる「本草学」は
稲生若水(いのうじゃくすい)に師事した事が大きい
薬草を中心にした植物学です。

どんなお偉い大先生かと思いますが
なんと益軒より25歳若い、ほぼ少年に近い人
素晴らしいですね
自分より優れている面を持っていれば、誰でも即、先生として教えを乞いに行く。


益軒の特徴は、全て実践的であること
日本国中、旅して回り、有用なものを集め
帰って、それを自分で育てるというところまでやる

それまでの本草学は中国が中心だから
膨大にある中国の本をひたすら読んで翻訳するタイプの人は何人かいたけど
見たことも無い薬草がどんなに効くと言われてもねえ

日本の気候でちゃんと育てられる、日本のための本草学
ということで、「大和本草」全16巻の大書です。

本草というくらいだから、植物の本だと思いきや
植物、動物、天文、地理、歴史等
早い話が今の百科事典だと思えば良い
あらゆることがすぐに引けるように分類されている。

それをひとりで作れるもんでしょうか
旅をしながらですよ

でも、実はそれは序の口
本草学を中心としてあらゆる分野の本を膨大な量、書いていきます。

大和本草(16巻)。本草綱目校正(38巻)。本草名物附録(1冊)。其の外花譜(5冊)。菜譜(3冊)。和漢名数(3冊)。日本釈名(3冊)。
まだまだいっぱい

参った!

養生訓(ようじょうくん)
どれだけバイタリティのある人よ、って思いますよね
最終的に書いたのが、あの、超有名な「養生訓」なんですが
訓ってくらいだから
人生成功するためには、こんな風にしないといけませんよ
みたいなこと書いてあって、
ははーっ、
的な

違うんです。

そもそも、虚弱体質。
虚弱体質だから、子供の頃は本ばかり読んでいた。

でも、大人になってこんな事していたら体に悪いと思って
できるだけ外に出るようにしたら
今度は、旅行の楽しさに気づいた。

そもそも益軒って名前は、かなり晩年になってから名乗ったもので
それまでは「損軒」って名乗っていた。
損ばかりの人生だって良いじゃない、ってことかな

残り少なくなって、もうそろそろ益でも良いかなって思ったんでしょう。

はい、良いです。全然良いです。

養生訓は、なんと84歳の時に書いたもの

歳の離れた奥さんが亡くなって
ああ、もうちょっとやってあげられる事があったんじゃないかって、後悔
自分の体も月を追うごとに急激に衰えていくことを感じて
何か残しておきたいなって
遺書のような作品

ベースには儒学があるから
前に出ることなく、
人への気遣いも忘れずに
不摂生は極力控えて
慎ましやかに生きていけば
薬なんかに頼らなくても
十分健康で生きていけるんじゃないかって

自分は薬の専門家なのにね

そんな等身大の訓を、誰にでも分かる
優しい文章で書いていく
「訓」じゃなく「くん」って感じ

ちょっとした心がけで良いし
確かにそうしていたら体の調子も良いよねって
本当は分かっていることを、改めて言ってもらっているような内容。

こりゃ売れますわ。
益軒、人生で最大の大ヒット作

そして、その翌年
静かにこの世を去ることになります。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


オシロイバナ

花カレンダー始めました