[迷信]20 靴下をはいて寝ると 親の死に目に会えない

迷信シリーズ

寒い夜、足が冷たくてなかなか眠れないときに靴下をはいて寝るという人も多いだろう。
今はそうではないんだけど、私も以前靴下をはいて寝ていた事がある

昔から、「足袋をはいて寝ると親の死に目に会えない」といわれている。
足袋をはいて寝床にもぐりこむなどという行為はタブーだった。

理由は、寝ている姿が死者を連想させるからだ。
昔も今も、亡くなった人を棺に入れる際には、
あの世への遠い旅にそなえて足袋や草をはかせる習慣があり、寝姿と重なる。
そのために生まれためだと思われる。

親の死に目に会えないという表現は
私が母さんに対してそうだっただけに、身につまされるものがある
危篤だとの連絡を受けて、関西に行く準備をしているとき
再度連絡があって、もう亡くなったという。
急だった

けっこう引きずっている

親の死に目に会うというのは、かなり特別な意味を持っていることだと思う

さあ、靴下
現在では、医学的な観点からも、靴下をはいて寝るのは良くないらしい

人間の体は、眠りにつくときには手足から 熱が放出され、
体内の深い部分の温度が下がる。

手足から熱が放出されるということは、手足を暖かくするために血管が拡張し、
熱を逃がしているということだ。

ところが、靴下をはいていると熱が逃げにくくなり、
体温が下がりにくくなる。
そのため、体が寝るのにふさわしい状態になりにくくなる

そうすると睡眠の質が悪くなり、健康に害を及ぼすこともある。
昔の人がこのことを知っていたかどうかは わからないが、
靴下をはいて寝ると結果的に熟睡することができず、
健康面ではマイナスになることを知っていたのかもしれない。

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]19 食べてすぐ横になると牛になる

食べてすぐ横になると牛になる
これも良く言われたなあ

ほら、食べてすぐ横になったら牛になるで

ほんまか、絶対やな

ああ、絶対やわ。昔から決まっとんねん
何人も牛になった人見たわ

ほんまか、おかしいなあ
なかなか牛にならんなあ、なんでやろ

ああ、うるさい。
邪魔やわ、どっか行き。

はい、ここまでが毎回繰り返される母さんとの定番のワンセット

本当に牛になったら
本当に牛になったら、すごいですよね
その過程を動画に取って、YouTubeに上げたら億万長者です。

テレビでも引っ張りだこ
テレビに出演した時用に、合図を決めておかないといけません

「はい」の時は前足を上げて、「いいえ」の時は尻尾を振る
「分かりません」のときはモォォー

なぜ?
「食べてすぐ横になると牛になる」という迷信は、
行儀の悪さを戒めるための言葉だと思われがちだが、それだけではない。
医学的な観点から見ると時代を問わず、また年齢を問わず、
健康面での重大なアドバイスなのである。

牛には、胃袋が4つある。草を食べると、まず第一の胃に入れて発酵させる。
それを口に戻してもう一度噛み、今度は第二の胃に入れる。
そして最後に第四胃まで送るのだ。

これは「反芻」(はんすう)と呼ばれ、草を発酵させて栄養をとりやすくするための
牛特有のしくみである。
そして、この「反芻」がスムーズに行われるために、
牛は草を食べたあとにすぐ横になる。

体を横たえると、胃の中の草が口に戻ってきやすくなる。

これは人間も同じで、横たわると胃の中身が口に戻りやすくなる。
しかし人間は反芻する必要がないので、
そのことがかえって消化の妨げになる。

だから牛と違って人間は、食べたあとで横にならないほうがいい。

理由はほかにもある。
食べ物が口の中まで戻らなくても、
胃液だけが食道の途中まで戻ることがある。
すると、胃液が食道の内壁を傷つけることになりかねない。

それを何度も繰り返すと、
荒れた食道の内壁がもとにな 急性食道炎になることもある。
それを何度も繰り返してその症状が悪化すると、
最悪の場合、食道がんを引き起こす原因にもなる。

また、本来は胃から腸へと送られるはずの食べ物が、
長い時間にわたって胃にとどまるので、消化吸収が悪くなるおそれもある。

動かなければ脂肪が蓄積される

さらに、太りがちな人がけっして忘れてはならないことがある。

小腸から吸収されたブドウ糖は、血液を介して肝臓に運ばれ、
その一部は血糖として血液中で利用される。

そして、肝臓で貯蔵されなかった余分な糖は、脂肪として蓄積されることになる。
だから、食べ過ぎたときに動くのが面倒で横になってしまうと、
脂肪が蓄積され、さらに太りやすくなるのである。

そのまま眠ろうものなら、胃腸の働きも停滞してしまうので、
なおさら悪影響がある。眠っている間のカロリー消費は
せいぜい基礎代謝分しかないので食後の血糖値が上昇しやすく、
その結果脂肪も蓄積しやすくなり、肥満につながる。

こういったことが積み重なれば、脂肪肝や糖尿病を引き起こすおそれも出てくる。

「牛になる」という表現
それらの事を全て引っくるめて、なかなか、イメージの伝わり安い
ベストな迷信です

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信] 熱いものやこげたものを食べるとがんになる

熱いものやこげたものを食べるとがんになる
温かい料理は温かいうちに、
冷たい料理は冷たいうちに食べるのがおいしい
出された料理をすぐに食べるのはマナーのひとつだ。

しかし、ぐつぐつと煮えたぎっているような料理だけは、
少し待って冷ましてから食べたほうがいい。
口に入れた瞬間に舌がやけどするほどの料理を食べるのは、
口腔がんや食道がんの原因になる。

熱い食べ物を口にすると舌がピリピリしたり、
上あごの皮がめくれるのは、やけどによる炎症だ。
そんな高温の食べ物を無理に喉に流し込めば、食道粘膜にも炎症が起こる。

熱いものが好きな人のなかには、口の中のやけどなんていつものことなどと平気な顔をして

いる人もいるが、この習慣はリスクが高い。

炎症が起きた状態が繰り返されると、DNAの複製が正確に行われなくなり、
やがて細胞ががん化してしまう。

60度以上の熱いお茶も、たくさん飲むと危険
熱いものを熱いまま食べたり飲んだりすると食道がんのリスクがほぼ確実に高まる
というのはさまざまなデータが示している。

たとえば、紅茶を好んで飲む人が多いイランのゴレスタン州で、
テヘラン医科大学の消化器系疾患研究センターの研究チームが住民を対象に行った調査がある。

その調査によると、この地域の成人の住民は1日平均1リットルの紅茶を飲んでおり、
温度が60度未満のぬるめを好む人が全体の39.0%、
60~65度が38.9%、65度以上が22.0%で、
そのうちの5.4%は70度以上のほぼ淹れたての熱い紅茶を好んで飲んでいた。

そして、約10年にわたって40~75歳の成人5万人を追跡調査した結果、
カップに注いですぐのあつあつの紅茶を飲む人は、
注いでから4分以上待って飲む人よりも
8倍も食道がんになるリスクが高いということが認められたというのだ。

また、南米のウルグアイやブラジル南部は以前から食道がんの多い地域として知られているが、
これらの地域では熱いマテ茶を飲む習慣が原因と考えられている。

ああ、参った

うちで言うと、カミさんと娘たちは猫舌
熱いものは食べられない

対して私は熱いもの大好き
特にお好み焼きと湯豆腐は、アツアツで口の中をやけどして、皮がめくれるくらいが最高に旨い
私は関西人なので、お好みは鉄板からコテで直接ハフハフ言いながら食べるのが流儀
お好み箸で食べてどうすんのよ

まあ、そういう私も、家でお好み作るときは、箸で食べますけど
(コラっ、嘘つき)

こげた食べ物
「こげを食べるとがんになる」というのも昔から言われてきた
熱いものって方はあんまり聞いたことがなかったんですが
こっちはかなり聞いた気がします。

こげた魚や肉、小麦粉を使った食品などはできるだけ避けたほうが良いそうです。

アミノ酸やタンパク質が多く含まれている肉や魚を高温調理すると、
ヘテロサイクリックアミンという物質ができる。
これを体内に取り込むとがんを発生させる可能性が科学的に認められている。

また、高温で揚げたジャガイモや小麦粉を使ったクッキーなどの焼き菓子にも、
アクリルアミドという発がん性物質が含まれている。

こちらはこげ目というよりも焼き目というくらいのレベルではあるが、
それでもタンパク質の中のアミノ酸と糖が高温にさらされると
体に良くない物質に変化してしまうのだという。

飲み物の中では、豆や茶葉を高温で焙煎するコーヒーやほうじ茶、麦茶に
アクリルアミドが含まれている。

うーむ
まあ、取りすぎには注意いたしましょう。

[迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)

[迷信]16 腹を出して寝ると雷様がへそを取りにくる

腹を出して寝ると雷様がへそを取りにくる

雷の音が聞こえると、とっさにお腹に手を当てる
そんな人がいたら「かわいい」って感動ものです

言われたなあ
雷が鳴ると雷様がへそを取りに来る

大人がこのような荒唐無精な言い回しで子供にお腹を隠すよう刷り込んだのにはわけがある。

それを理解するには、雪にまつわる知識を簡単におさらいしましょう。
雷を発生させる積乱雲は、強い上昇気流が発生することでつくられる。
上空に冷たい空気があり、地上には温められた空気の層がある、
いわゆる「大気の状態が不安定」と形容される場合につくられるものだが、
このとき、高い空に上っていくのと、地面 に向かって下りていくのがぶつかり合うことで
静電気が発生する。
そうすると積乱雲の中に電気がどんどんたまっていき、
ためきれなくなった電気が地面に向かって放出される。
これが雷の正体である。

注目したいのは、このとき雨が降ると周囲か熱が奪われ、
冷たい空気が発生することだ。
この下降気流がもたらされることで、地上では空気が急激にひんやりするのである。

雷が鳴るような気象条件のときは、空気が冷やされて気温が急降下する。
子供たちがお腹を出していたら、冷えて風邪をひくかもしれない。
そうはさせじという親心が生んだのが、この迷信というわけなのである。

[科学・迷信]シリーズはこちら(少し下げてね)