間重富。商人の天文学者。

間重富(はざましげとみ)は天文学者でありつつ商人という、ちょっと変わった経歴の持ち主。

麻田剛立から、その弟子、高橋至時(よしとき)、そしてその弟子、伊能忠敬(いのうただたか)、という流れがありますが
麻田剛立の弟子としてはもう一人、間重富がいるんです。
伊能忠敬の、隠居後の第二の人生は?
伊能忠敬の、隠居後の第二の人生は?(続き)

間重富
間重富って、十一屋という質屋さんです。
六男だったのにお兄ちゃんたち全員死んじゃった。
質屋なのに十一屋とはこれいかに

蔵を十一個も持っているという大店
重富の代でさらに増やして15個。かなりの商才の持ち主です。

江戸時代の天文学者のご多分に漏れず、子供の時から星ばかり観察している星オタク。
子供の時に、地球儀を初めて見て衝撃を受けた。

うわあっ
この大地は丸かったのか

地球儀の事が頭から離れない。
勢い余って、自分で地球儀を作っちゃった。
提灯に似てるし。

この人、理論より実務の現場型の人。
もちろん、理論はみっちり理解した上でだけど。

数学は、坂正永(まさのぶ)から学び
天文学は、麻田剛立に弟子入り。

強みは何と言っても財力。

西洋暦学を学びたいなあ
弟子仲間の高橋至時と夢を語る。

買ってきたよ。

えええっほんまか。

暦象考成という日本に数冊しか輸入されていない超高価な本。

特に実務の人なので、道具にこだわる。
より精密な測量機器があれば、より精密に測れる。

西洋の道具を手に入れ、徹底的に調べる
同じものを作るんじゃなく、より良く作ろうというのが重富の良いところ。

これとこれを組み合わせ、さらにこういうアイデアを付け足すともっと良いものになるはず。

自分で作る訳じゃなく、戸田東三郎という有名な職人さんに細かく指示をして作らせる。

高橋至時の弟子、伊能忠敬が全国測量に使った機器の多くは、重富が作らせたものです。

寛政暦
麻田剛立の時にお話ししましたね。
麻田剛立。月の表面に名前を残した男
寛政暦を作るため、麻田剛立のところに話が来て
私ゃもうご勘弁、と弟子を推薦。
高橋至時と間重富

二人が天文方で二人三脚で、寛政暦作りに取り組む。

でも、正確に言うと、これは間違い。
高橋至時は武士なので、天文方という役職につけるんだけど
間重富は商人なので、天文方にはなれない。
浅草暦局の職員として高橋至時をサポートする形。
まあ、一緒にやっているんですけどね。

麻田剛立。月の表面に名前を残した男

江戸の理系シリーズです

麻田剛立
あさだごうりゅう 天文学者 1734~1799

麻田剛立ってかっこいい名前ですね。
本名、綾部正庵(あやべしょうあん)。
本名で十分かっこいいから変えなくて良いのに。

子供の頃
月や星の動きを観察するのが大好きという風変わりな少年。

病気の時に外が見れないのがとても辛かった。
看病の人に、夕刻の太鼓がなる時刻に星の場所を教えてもらう。

あれ、星の位置がずれましたね

そりゃそうだ。
そのために教えてもらっているんだ。

えっ、星って動くんですか
坊っちゃん、それを誰に教えてもらったんですか

そんなの毎日見てれば分かるよ

日食
前回、天文学の歴史は日食の予測という重要な課題から発展していったとお話ししました。
渋川春海。暦を作った人は碁打ち
渋川春海の作った暦はとっても優秀で、70年使われたのですが
麻田剛立の時代には、いまいちの宝暦暦(ほうりゃくれき)に変わっていました。

今度の何日に日食があるよ

えっ、ちょっとちょっと、暦に書いてないよ。

大丈夫。ちゃんと計算したから。

見事的中。
一気に名前が知れ渡る。

独学
通常は、師匠につくとか学校に行ったりするわけだけど
あくまでも独学。

ひたすら本を読む。ひたすら観察する。ひたすら計算する。そして考える。

分かったのが地動説。

地動説
ええっ
これ、逆に仰天しました。
こんな時まで、分かってなかったの?

渋川春海とかの偉大な天文学者は
天動説の前提で、
あの緻密な計算をやっていたんだろうか。
地球は丸いって分かっていたと思うんだけどね

逆にその事に感動。

気になって調べてみたら
ものを知らないって恐ろしいですね。

地動説ってはるか昔の紀元前辺りに分かっていた感覚だったけど
全然そんなことないんですね。
そんなに時代的に離れていない。
コペルニクスが1543年に発表
ガリレオ・ガリレイの「それでも地球は動く」の裁判が1633年。
それから地動説は否定され
ニュートンをもって地動説が認められるようになるんだけど
そのニュートンと、渋川春海って、完全に同世代の人。

そりゃ、渋川春海が地動説を唱えたとしたらひっくり返ります。

その後、徳川吉宗の時代になって
科学好きの吉宗が、
宗教に関係のない科学の本なら輸入しても良し

ここから、一気に江戸の理系が発達していく。

でも、ニュートン後もキリスト教関係者は地動説を認めたくない
西洋の天文学の本も完全に地動説に統一はされていない。

日本で一番読まれていた西洋の天文学の本はまだ天動説だった。

長崎にいた志筑忠雄(1760~1806)という同世代の人が訳した本で
「地動説」という言葉が初めて使われている。

麻田剛立の本に「地動説によれば」と表現されているので
この本を読んだと思われます。

「惑星の公転周期の2乗は、太陽からの平均距離の3乗に比例する」
という法則も発見した。
はいはい、と言いたいところだけど
書いてて何を言っているかさっぱり分からない。

ケプラーの第3法則というらしい。
これは、ケプラーを知らずに自分で同じことを発見したと思われます。

麻田剛立の弟子の高橋至時(よしとき)がケプラーの本を翻訳したんだけど
ありゃりゃ
こんなところに麻田先生の発見した法則が書いてあるとビックリした。

高橋至時聞き覚えのある名前じゃないですか?
そう。
あの伊能忠敬の師匠です。
伊能忠敬の、隠居後の第二の人生は?

医者
この時代の超頭良い人って二つ以上のことで優秀だったりします。

麻田は医者としても超優秀
藩医として取り立てられます。

生活のため、引き受けるんですが
嫌で嫌で仕方ない。
好きな天文学の時間が取れない。

あー、我慢も限界。
やーめたっ。

今度は天文学に没頭し
先程の高橋至時等の弟子を取るほどまでに。

月面
高精度な望遠鏡で月面の観察を行う。
クレーターの存在を発見し
詳しく月面を図に書いて、本を出す。

月は疱瘡(ほうそう)のごとし

疱瘡とは今で言う天然痘で
江戸時代にかなり多くの人が悩まされた
運良く治っても、顔にあばたが数多く残る。

今、それぞれのクレーターに名前が付いているんだけど
その中に「ASADA」というのがある
これは麻田剛立にちなんでいるんです。

すごいですよね。
江戸時代の日本人の名前が月のクレーターに付いているんですよ。

改暦
吉宗は、西洋好きなので
西洋の天文学の考え方を取り入れた暦に変えたかった
その考え方までは良かったんだけど任せた相手が悪かった。
さっき言った、宝暦暦。
評判悪いのなんの

失敗したぁ

吉宗は急死しちゃったんだけど
吉宗の意を汲んで何とかしなくちゃ。

麻田さん
天文方に来てもらって何とかお願いできんやろか

医者は駄目だったけど
今度は好きなこと。

引き受けるのかな?

この歳で、お役所勤め?
いいよもう疲れたよ。

ってことで、弟子の二人、高橋至時と間重富(はざましげとみ)を推薦
その二人が寛政暦(かんせいれき)を完成させます。

渋川春海。暦を作った人は碁打ち

「江戸の理系力」の話はしました。
勘違いしていたかも知れない。江戸の理系力

その後、「江戸のスーパー科学者列伝」という本も買って読みました。

これはすごいっ、て人を一人ずつ紹介することにいたしましょう。

初回はやっぱりこの人からでしょう。

渋川春海
天文学者。1639~1715

渋川春海は、「天地明察」という、最近映画化された小説の主人公。
生粋の天文学者と思いきや、碁所(ごどころ)四家(本因坊、安井、井上、林)のひとつ、安井家に産まれる。
ということなので、父、算哲の名を継いで、二代目算哲という碁打ち。

本人は、家業とは別に、子供の頃から強く興味を持ったのが星。
北極星は唯一動かなくて、他の星はその周りを回っている、というのは
随分昔から知られている常識
その常識に春海少年は疑問を持った。
庭の竹を利用して北極星の正確な位置を毎日観察
微妙に北極星も回転している事を発見した。

親はビックリして、
お前は北極星の生まれ変わりだ


天文学となると、暦がひとつの大きな到達点
太陽と月の動きを極めて緻密に計算して
少しずつずれていく一年を、
何年に一度どういうふうに修正するというルール作りこそが暦。

日本では、唐の時代、西暦822年から使われていた宣明暦(せんみょうれき)というのを
800年以上の長きにわたって、ずっと使い続けていた
中国側は、71年後には違う暦に変えちゃっているんですけどね。
中国は為政者が変わるとすぐに暦を変えたがる。

そんな中でも宣明暦が特に優秀だったので変える必要がなかったのが変えなかった理由だけど
さすがに800年も使っているとずれてきた。

何がずれるかというと、日食。

面白いなあと思うんだけど、太古の昔から
政治において日食の起きる日を予想するというのは極めて重要なこと
日食の日は前々から準備して
一切の仕事を停止しないと災いが起きる。

それぞれの暦で、日食の日を計算できる。

春海は、中国の数々の暦を比較検討し
授時暦(じゅじれき)が最も優秀だと結論付ける

日本も暦を変えるべきです。
授時暦にしましょう。
と、幕府に提案。

ほんまか
そんなに授時暦は優秀なのか

2年後、宣明暦でも授時暦でも日食が起きますよ
でも、予想日はそれぞれ違う日
結論が出ますね

さあ、2年後

授時暦 ハズレ
宣明暦 大当たり

えええっ

人生
寝ぼけとるんか
寝言言ってんと、碁を打て碁を!

普通こうなりますね

ここからが春海の人生が大きく変わります。

どうしても納得のいかない春海
冷静に分析を始めます。

もう、こうなったら、碁を打っている場合じゃない。

結論
中国の暦は経度が違うため正確さに限界がある。
日本オリジナルの暦を作るしかない。

何年か経過して

よっしゃ出来た!
日本オリジナルの暦だ

貞享暦(じょうきょうれき)
幕府に
すみません
とっても良い暦が出来たんですけど。

あらま
この前、大ぼら吹いた渋川さんじゃありませんか
顔を洗って出直していただいてもよろしいでしょうか

と言われることは覚悟の上。

貞享暦の事を考えるに
もちろん渋川春海の熱意は尋常じゃないと思うけど
それ以上に、幕府がすごいなあと思う。

良いじゃないか
この前の事は無かったことにしよう。

実は、碁打ちの経歴が役にたった。

幕府お抱えの碁打ちというのは
何かのイベントで誰かと勝負っていうのもあるんでしょうが
もうひとつ重要な仕事がある。

幕府のお偉いさんに、碁を教える先生。
その時は相手がどれだけ偉かろうが先生であって、相手は弟子。

この時期の一番の実力者、あの保科正之もそうだった。

やり取りの中で、強い信頼関係と絆が出来たんでしょうね
保科正之を中心にして、数人が根回しに走り回る。

渋川を男にせねば。

実に823年ぶりの改暦
初の和暦。

朝廷
幕府にはもうひとつ思惑があった。
暦に関しては、朝廷側にずっと主導権を握られっぱなし。

陰陽寮(おんみょうりょう)という、安倍晴明で有名な占術を司る陰陽師(おんみょうじ)のいる部署が全てを取り仕切っていた。

一気に主導権を奪い取ろう。

陰陽寮に変わって、「天文方」という新設の部署を幕府内に作り
はい、こっちでやりますから。

そしてその初代は
渋川さん、頼まれてくれる?

あらま
碁はもう良いんでしょうか

それ以外
暦の変更の段階で、例の二十四節気も日本オリジナルに変えてればねえ
当然、渋川さんは中国からそのまま輸入した二十四節気が多少合わないのは分かっている。

ところがどう思ったか
もっと細かい七十二侯というのがあるんだけど、それを日本に合うように変更して
二十四節気はそのまま
残念!

それから
渋川春海の功績としては星座
中国から伝わっていた星座に61個も追加した。

天文測量のための機械もオリジナルでいっぱい作ったよ

勘違いしていたかも知れない。江戸の理系力

「江戸の理系力」という本を読みました。

勘違いしていたかも知れない。

江戸時代
ここ、2年ちょっと江戸時代が気になり出して
色々調べていくうちにどんどんその時代が好きになっていった。

庶民ホントに楽しそう。

調べれば調べるほど
教科書で習ったイメージ

「江戸時代は鎖国をしていたせいで、先進諸国から遅れを取っていました。
庶民は貧困にあえぎ、厳しい年貢の取り立てに、生きるのもやっとでした。」

が間違っていたかに気づかされるのです。

早い段階で分かったのが、識字率85%で、当時の先進諸国と比べ大きく上回っていた
という事実。

これはとても衝撃的で
やはり、色んな江戸関係の書籍に色々登場します。

すごいじゃないか、江戸時代の国民は

でも、ひょっとすると
私自身、このイメージから抜けきれていなかったのかも知れない。

この本を読んでそう思いました。

大体、識字率85%が持ち出される場面って
「だから、明治維新で西洋文化が急激に入ってきても
見事に対応し、驚異的な速度で発展することができたのです。」
に繋がっていく。

私もそう思っていました。

言っても識字率85%って文字が読める読めないという
極めて低レベルな境目

それぐらいのレベルとしては
底辺がしっかりしていたんだというイメージに向きすぎていた。

高度
違うかも知れない。

すごいかも知れない。

実は、高度なところも
既に先進的だったのではないか。

確かにいわゆる産業革命は経験していない。
物の生産で、石炭石油の化石エネルギーを使っての
大量生産を「先進的」と位置づけてしまうと
「ごめんなさい」です。

江戸時代は敢えて
太陽エネルギーのみで上手く回していくことに
価値観を見出だしていたので
それは仕方ない。

そこは置いておいて
学問的、理論的、技術的な部分って
あれれ
これひょっとして
全然高度なところも劣っていないじゃない。

本の性質上
優れていたところを列挙する訳ですから
それをそのまま全体的なレベルとは言えないんでしょうけど

あげてあるのは
天文学
測量学
医学
数学

ああ、あれね
とすぐ思い浮かぶのが伊能忠敬ですね
このブログでも扱いました。
伊能忠敬の、隠居後の第二の人生は?
伊能忠敬の、隠居後の第二の人生は?(続き)

もちろん、この本でも驚異的な偉人、伊能忠敬については
多くのページを割いてあるわけです。

今までは
頑張って良く歩きました
すごい精度です。

でも、さすがにこの本は「理系」となっているだけのことはあります。
いくら訓練して一歩が寸法ぴったりで歩けても
やっぱりどんどん誤差は広がっていきますよね。

今、道路で良く見かける向こうで誰かが棒持って立っていて
こっちからもうひとりの人が機械覗いて「ハイオッケー」みたいな

あれ、もう出来ているし
当然生じる誤差は
図面にいくつも三角形書いて
同じ地点への線をいくつも書いて
三角形の残りの辺を高等数学(和算)で割り出しつつ
調整していく。
このやり方だと、途中に川や林の様に入っていけないところがあっても
計算で割り出せる。

よく読み書きそろばん、っていうから
数学って要は計算ね、って思ってたんだけど

ところがどっこい
日本で編み出された、和算という数学は
計算だけじゃなくて、既に高等数学のレベルに達していた。
三角関数を用いつつの面積体積の割り出し、
円周率の近似値
高次の連立方程式
行列式に至っては
和算の第一人者、関孝和が
世界で初めて発見したと言われている。

数学って全ての理系の学問のベースだから
それがもうすでに世界レベルなんだったら
測量学、天文学は数学からの派生だし
化学物理学については本書では触れていないけど
ひょっとして進んでたんじゃないの?
って思わせます。

細かい色んな面白い話は次回以降に取っておきますが
はっきり言って、こりゃすごい

となると
驚異的な速度で発達した訳でもなんでもなくて

はいはい、理屈は分かってますよ
ほうなるほど、こう応用すればこんなものが出来るんですか
感動ですなあ
やってみましょう

はい
こんな感じですけどどうでしょう

えっ早っ
もう出来たの

ってぐらいのものだったのかも。