山脇東洋。初の人体解剖

江戸の理系力シリーズ

天文学、数学ときて、今回から、医学

待ってました!

山脇東洋
やまわきとうよう 医学者 1705~1762

五臟六腑(ごぞうろっぷ)って言いますね
五臟とは、内臓のこと
心臓、肝臓、脾臓、肺臟、腎臓のこと
六腑とは、
胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(さんしょう)

ああ、五臟六腑に染み渡るって言いますね

中国から伝わってきたことだけど
疑問を持ったのが、山脇東洋

ほんまかなあ

東洋は京都の医者の息子
父と同じ道に進む

でも、早くに父が亡くなり、
山脇玄修の養子になる。
そして、大家、後藤艮山(こんざん)の弟子になる

艮山が、
カワウソを解剖して見れば?

なぜなら
当時、死者であっても解剖が禁止されていたから。

カワウソが人間に近いよ。

やってみると
そもそも、五臟六腑とも全然違う

先生、なんか違う気がするんですけど

あら、そう
実はわしも知らんのじゃ

ますます、解剖したい気持ちが強くなっただけ

許可願い
お役所に人体解剖許可願いを出す。

いや
駄目なんですけど知りません?

分かっているから願いを出しているんですが

駄目だから駄目なんです。

さあ、どうしたか

もう一回出しました。

駄目だから駄目なんです

もう一回出しました。

断られても断られても
そこをなんとか
そこをどうにか

どれだけ出したと思います?
20年です。

東洋は50歳になっていました。

この時、東洋の弟子の小杉玄適が小浜藩の藩医だったんですが
京都所司代に小浜藩の藩主酒井忠用(ただもち)が着任したんです。
平たく言えば、根回しがやっと効を奏する舞台が生まれた。
20年間、手を変え品を変えやり続けた成果ですね

宝暦4(1754)年、斬首された罪人の首さらされた
胴体は通常埋められるんだけど、
埋められる前に、良いですよ

禁止は禁止なので
医師が手を出してはいけません。
雑役係が刀を握って、東洋の指示で刀を入れる
こっちから、こう開いてもらって良いですか

つぶさに観察して、図におこしていく。

いよいよ心臓が見えた。

きれいだ
まるで紅い蓮の蕾みたいだ
今にも開花しそうに見える

蔵志
5年後、解剖の記録「蔵志(ぞうし)」を刊行しました。
日本人初の解剖の本になります。


有名な「解体新書=ターヘルアナトミア」の16年前になります。
この、前野良沢(りょうたく)、杉田玄白(げんぱく)については、次回書きますね
ちなみに、杉田玄白も小浜藩の藩医です。

賛否両論
人体解剖は大きな社会的影響を与えました。
多くは精神論
死者とはいえ、人体を切り刻むとは何事だ
気や陰陽といった漢方医学からすると、それに何の意味があるのかという意見

実は、20年の間に、東洋も西洋の解剖の本を入手していました。
東洋が西洋、ややこしいですね。

中国の五臟六腑図と余りにも違う人体の図

どっちが、どの程度正しいんだろう。

そして、山脇東洋によって勝負が決したとも言える訳です。

西洋医学は正しい。

これは、漢方医学の人達からすると、受け入れがたいとんでもない結論

ここから、大きく医学の歴史が変わっていったとも言える訳です。

若い医師たちには目の前が広がった瞬間でもあります。

そして、その中には、前野良沢や、杉田玄白もいたのです。

次回は、その続きになります。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)

和算のターニングポイント。中根元圭

江戸の理系力シリーズ
前回は、関孝和についてお話ししました。
和算の関孝和、世界的数学者

今日は、その続きで
関孝和が創設した流派、関流がどう推移していくか

中根元圭
なかねげんけい 数学者 1662~1733

中根元圭は、関孝和の直接の弟子ではなく、孫弟子
建部賢弘(たてべたかひろ)の弟子です。

数学に限らず、江戸の理系技術に関しては大きく発展したターニングポイントがある

8代将軍吉宗、その人
江戸の理系力に関わるさまざまな分野で、何かというと出てくるのが吉宗
「吉宗に指示され」的な文があっちでもこっちでも

吉宗が、単純に理系的な事が好きだったということが大きいのだけれど
基本的な考え方が優れていたとも言える

その吉宗に意見具申したのが、中根元圭
江戸中期において、日本の理系技術は独自の発展を遂げ
関孝和のように西洋の技術を上回るものも出てきた。

ただ、だからといって
日本の技術が西洋を上回っていたかと言うと
そうは言えないと思う。

関孝和の行列式や代数等で西洋を上回っていたものはあるにせよ
それは一部分であって、全体レベルから言うと
やはり、西洋にはかなわない
これは素直に認めた方が良いと思う。

どうしても、部分的に優れたものがあると
ほらほら、日本は実は西洋を圧倒していたんだよ、と思いたい気持ちになるけどね

上様
これこれこうで、こうゆえに
やはり今、西洋の技術を取り入れるべきでございます。

ほんまか、元圭
良いこと言うな
そうしよう

キリスト教に関係しない科学の書物は解禁

現実的には
外国語が理解できる人がいないため
中国が西洋の書物を輸入して、漢字に翻訳したものがほとんどだったんだけどね

中根元圭で言えば
中国の数学者、梅文鼎(ばいぶんてい)の書いた「暦算全書」を輸入し
翻訳しています。

「鎖国」ということが一人歩きし
全くの井の中の蛙だったと言われることもあるけれど
実は科学に関する限り
この時の大きな方針転換で
厳密には鎖国じゃないんですね。

やっぱり日本は良いわ
程よい
もともと控え目で、外国さんたちにはかないませんわ
と言って良いところを素直に取り入れる
かといって卑屈になるわけでもなく
独自性を持てる力と気概もプライドも持っている

この程よさで、この後も行くわけです

中根元圭面白いなあと思うのは
音楽の理論も発展させている

音楽って、あの魔法の数字12が使われている
いつかテレビで外国の偉い先生が、素人にも分かるように
音楽の理論を解説してくれていた。
音って振動、すなわち波なんだけど
ある人が、二つの別の高さの音を綺麗に共鳴し合う音とそうじゃない音があるのを発見した
後に周波数を測ってみると共鳴が一番うまくいくのは丁度倍だったんだけどね
お互いの音の間の幅をオクターブと命名
その二つの音って、低いドと高いドだったってこと
そのオクターブを、3でも4でも割れる魔法の数字、12で割ると
その中にもそこそこ綺麗に共鳴出来る音があるのを発見
ほらね

で、その12個の音が出る楽器を作ってポロロンってやると、何とも心地いい
音楽の始まりですね

その中でも、より心地いいレギュラー選手がドレミファソラシド
補欠選手がピアノで言うと黒鍵たち

レギュラー選手の決め方が西洋と東洋で違うだけで、12で割るのは世界共通

おそらくこういったことをちゃんと理論付けていったという事だと思う。

音楽って理論は数学なんですね
心地よさを計算しちゃうなんてすごいです。

偉いぞ元圭
どみそっ ジャーン

久留島義太
くるしまよしひろ 数学者 1690~1758

久留島義太についても触れておきましょう

まだ、関流にくみしていない頃
古本屋で「新編塵劫記」を入手
和算はここから始まった。吉田光由
要は塵劫記のまがい物

数学の塾を開いて、分かりやすく説明し大人気
こういうことで食っていけるんだから
やっぱり良い時代です

通りかかった中根元圭、
「数学」の看板に引かれ、ぶらっと中に

いらっしゃい

数学の話でしばし盛り上がる
でもだんだん久留島の方が寡黙になっていく

中根さん
私、今日を限りに、数学塾の看板を降ろします。

ええっ
な、何てことを

中根さんとお話させていただいて
今まで自分がやって来たことが恥ずかしくなりました。
情けない

でも、元圭が受けた印象は全く逆だった
こんな人がいたんだと愕然とした。

久しぶりなんです。この感覚
関先生のお話を伺った時以来
情けないなんてとんでもない。

以来、二人は切磋琢磨しながら、同じ道を歩むことになります。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)

雪と言えば、老中土井利位

すごい雪でしたね
東京地方は、10年以上ぶりの大雪

♪ゆーきやこんこん あられやこんこん




雪と言えば何ですか?

でーこん的には、そりゃ土井利位に決まっとります。

江戸の理系力シリーズ

土井利位
どいとしつら 博物学者 1789~1848

この人すごいのなんの
三河刈谷藩主土井利徳の息子なんだけど、四男だから養子に出される。
とはいえ、古河藩(現在の茨城県古河市)の跡継ぎがいなかったので
じゃあそっち

極めて優秀だったので、幕府の役職としても、とんとん拍子に出世する
そして、あの大塩平八郎の乱が起き、
利位が見事に鎮圧する。

その功が買われ、京都所司代にそしてとうとう老中に

11代家斉が死んで、水野忠邦が天保の改革を始める
あの、評判悪い天保の改革です
最初は一緒に改革
でもだんだん路線の対立があらわになり袂を分かつ
反水野派となり、ついには水野忠邦を追いやって
自分が老中主座に

良いんじゃないでしょうか
素晴らしいんじゃないでしょうか

ちょっと待った、でーこん
雪はどうなった

そうでした


利位は、古河藩の藩政でも成果を出す。
その中心になったのが鷹見泉石(たかみせんせき)
土井の鷹見か鷹見の土井かと言われるほど厚い信頼を受ける

その泉石は、非常に頭が良く蘭学者としても知られ
ロシア語も堪能

殿
雪には結晶というものがあって、それはそれは美しいそうでございます
一度、観察されてみてはいかがでしょう。

そうか
お前がそれほど言うということは、たいそうに綺麗なものなのであろう

降り行く雪を捕まえて、虫眼鏡で覗いてみた
そこにあるのは水滴のみ
何度やっても結果は同じ
だんだん腹がたってきた

せんせきぃーー

でもここからがすごい
超多忙であるにも関わらず
長崎から取り寄せたオランダ製の顕微鏡で
手を変え品を変え観察を続ける

殿様の道楽の範疇ははるかに越え
いよいよ「雪華図説」という雪の結晶の図鑑を表した。

西洋では、雪を冷やした黒い布の上に受け、鏡に照らして観察するそうだ
しかし、私は、手から体温が伝わらないように、ピンセットで雪片を取り
予め冷たくしておいた黒の漆器の上に置いて観察した。

雪華図説では、精細な結晶図を86種もおさめている
図鑑としてまとめたのは、世界初

結晶が出来る理由や観察法、雪の効用等も書かれている

これはもう、完璧な優秀な学者さんですね。

のちに、オランダの自然科学者マルチネットという人が
雪の結晶の図を12枚書いたが
雪華図説の中にも存在している結晶だった

雪の結晶って世界共通なんですね

さらに、その後、「続雪華図説」で
97種類がプラスされた。

20年も研究を続けます

大流行
この雪の結晶の図が以外な展開を見せます。

ベストセラー作家、鈴木牧之(ぼくし)が
北越雪譜(ほくえつせっぷ)という本で
雪華図説の中の雪の結晶を転載

うわあ、綺麗なデザイン
雪ってこんな綺麗な形しているんだ

瞬く間に、「美しいデザイン」として広まり
浴衣の柄とかでブームになる

もともと実績のある老中なので
あの土井利位老中の雪の図柄ってことで
利位は雪の殿様
図柄は大炊模様(おおいもよう)
利位の官位が大炊頭だったところから来ています。

今でいうと、
菅官房長官が面白い小説を書いちゃって
直木賞取っちゃったくらいのインパクトでしょうか

索引はこちら

和算の関孝和、世界的数学者

江戸の理系力

いよいよ、日本を代表する世界的数学者、関孝和(せきたかかず)です。

吉田光吉が大ベストセラーの「塵劫記」を書き
日本中が、数学に親しんだ。
和算はここから始まった。吉田光由

名酒が生まれる前に麹がプツプツ音をたてているような
日本全体が数学のスーパースターを生むだけの
ポテンシャルの高まりを持っていたんだと思う。

日本舞踊や茶道や華道に流派がありますよね
あんな感じで、数学(=和算)にも流派が出来たというんだから
数学はもう、庶民に根付いた文化になっていたんです。

関孝和
せきたかかず 数学者 1640~1708

そんな中で、生まれるべくして生まれた
数学界のスーパーヒーロー

ニュートンやライプニッツと並んで
17世紀に活躍した大数学者と言われている

円周率を12桁まで正確に算出

筆算による代数の計算方法を発明
代数。x y zってやつですね
関孝和は、甲 乙 丙
さすが和算ですね
西洋より70年も早かったんですって

世界で初めて、行列式というものを開発

出ました、行列
高校の時、やりましたねえ
当時、落ちこぼれていたので、何が何やら、何の事やら

大人になってから
数学ってこんなに面白くて役立つ、みたいな本を読んで
行列というものが、いかにすごいものかというのを知った。
かといって解けるようになった訳じゃないけれど
あの時、行列ってすごく便利で役に立つものなんだというところまでは分かった

まさか、その行列を世界で初めて考えたのが関孝和だったとは

生い立ち
寛永17年(1640年)内山七兵衛永明(ながあき)の次男として生まれる。
永明は徳川忠長(2代将軍秀忠の三男)の家臣
いやあ、とんでもない人の家臣になっちゃいましたね

色々やらかして、兄弟の3代家光に死においやられた人。

永明も職を失い、浪人となって江戸に出る
孝和は、親戚の関家の養子になり甲府へ。

徳川綱重(つなしげ)とその子綱豊(つなとよ)に仕える

アンラッキーのあとの超ラッキー

綱豊とは、その後5代綱吉に子供が出来なかったために
甥っ子であった綱豊が養子に入り、6代将軍家宣(いえのぶ)となったその人です。

家宣はものすごく人間が出来た人で
極端なほどの学問好き

浪人で身分が何もない学者、新井白石を生涯師と仰いで重用した人

家宣が将軍になるにともない
関孝和も一緒に江戸に出て
幕臣となります。

幕臣として仕事をしながら、学問を極めていきます。
家宣だから許されたんだろうなと思います。

次々と先程説明した代数や行列などを発明していきます。

関流
関孝和の優れたところは、
自分自身が優れていたことに加え
弟子を育てることに優れていたこと

先程お話しした「流派」の関流というのを立ち上げ
流派の中では一番門人を集めることになる。

直接の弟子としては、建部賢弘(たけべかたひろ)、荒木村英(あらきむらひで)、松永良弼(まつながよしすけ)
その後も優秀な数学者を排出し、
数学は、関流を中心に動いていきます。

そのあたりの事を、次回、中根元圭(なかねげんけい)を中心にお話していきます

索引はこちら