映画、空飛ぶタイヤを見てきました。

カミさんが珍しく、
明日映画を見に行こう

そういう話は有っても
いざ当日になると
やれ、洗濯が間に合わないだ
布団干しがどうたらで
やっぱり、今日はやめとこう、になることもしばしば

そうっとそうっと、その日を向かえることに致しましょう。

当日
午前中にやっているのは、行ける範囲のいくつかの映画館の中で
ひとつしかありません。

そこに行きましょう。
午後には、在宅の仕事とかもろもろで忙しいですから。

朝起きて、案の定洗濯が始まります。
ようやく終えて、干し終えたと思ったら
また、洗濯機が回っております。

えっ、また回したの?

何かと何かは一緒に洗えないとか
私共には理解できない、難しいルールがあるようです。

終わった
さあ行こう

おっと珍しい
やっぱ止めようと言いません。

カミさんは、難しい映画が苦手
既にテレビドラマでやっていて、
多少途中をコックリして見逃しても筋が分かるような
娯楽もの

何とか賞を取ったような、考えさせられる映画とか
外国の展開の早いど迫力のアクションものとかはだめです。
3Dなんてもっての外

空飛ぶタイヤ
今回、空飛ぶタイヤを見ようと言ったのは
随分前からの伏線があります。

本で「空飛ぶタイヤ」の小説を読んだから

映画化が決まってすぐ
誰かに面白いよ、って勧められて

池井戸潤で面白くない訳はありません

半沢直樹の「倍返し」で流行語大賞を取ったように社会現象になっていらい
下町ロケットだ、陸王だ

ヒットの記録作りの帝王ですね

とても安心できるストーリー展開

窮地に立たされつつも
あくまで前向きな主人公は諦めない

いよいよ最後にどんでん返し

やったー

これですよ
今の世の中に求められているもの

到着
ギリギリ
というか、既に予告編は始まっていた
まあ、予告編ですから良いんです

期待を裏切りません。

以前あった三菱自動車の脱輪事故、とそのリコール隠し
それを題材にしたストーリー

主人公の中小企業の社長、赤松運送の社長は
自社の従業員が起こした脱輪事故で主婦を死亡させてしまうんですが

整備不良という幕引きに納得が行かず
独自に調査をしていく中で
巨大企業の隠蔽工作に立ち向かっていく。

良いですね
いつもの池井戸潤ワールドです

頑張れっ

今度は、主人公の知らない内に
大企業内部でも
疑問を持つものが現れて
そちらでも、動きが始まっていく。

ディーンフジオカと高橋一生という
奥様メロメロ軍団を配置し
おおーっ
金かけとるぞーっ

個人的には、深キョン可愛いっ

そして最後は

いつもの
従業員一堂で、大声で

やったーーーっ

大丈夫ですね、これ
ネタバレじゃないですよね

最初から分かってて、皆さん見に行くと思います。
そもそも、題材はニュースになりましたし。

ああ、気持ち良い
絶対、見ているものを裏切らない、池井戸潤

普通、そんなベタベタなストーリー展開ってどうなのよ
と思ってしまうんでしょうが

徹底した直球勝負で、現実に世の中が
強烈に支持している訳ですから
良いです
もっと行きましょう

スカッと一発
池井戸潤

索引はこちら


アガパンサス

花カレンダー始めました

神戸震災記念館に行ってきました。

昨日、姪っ子の結婚式で神戸に行った話をしましたね。

せっかく、神戸まで来たんです。

一つくらいどこか観光してから帰りたいな
でーこんの考えそうな事でしょ

朝、どこ行こうか考えていた。

開国
まあ、普通に考えると異人館なんだろうけど
でーこん的に考えると、
神戸と言えば開国
幕末から明治維新、文明開花のいろんな遺跡がいっぱいあるのではなかろうか
勝海舟と坂本龍馬の神戸海軍操練所とかね

神戸の開国についての歴史を分かりやすくまとめた博物館みたいなのがあると良いなあ

検索すると、意外にないのね
神戸はそんなネタで観光客呼び込まなくても
一大ブランドですからね

唯一ひょっとしたらこれって期待した、神戸市立博物館
工事中でお休みでした。

異人館巡り
神戸異人館巡り
昨日お話しましたが
これって予想外に降って沸いたような話。
単純にプラスオン

あっ
神戸と言えば
大きなテーマを完璧に忘れていた。

こんな大きなテーマを今更思い出すなんて
関西人としては、完全に失格ですね。

阪神淡路大震災です。

阪神淡路大震災
1995年1月17日
あの時は福島県郡山に住んでいた。

親兄弟は兵庫県

朝起きたら、えらいことが起きましたってテレビでやってて
ええっ
これが神戸?
あの神戸?

すぐに親兄弟に電話かけるけど
誰にも全くかからない

何度も何度もかけて
それでも全くかからなくて

仕事どころじゃないので
すぐに帰ってきて、テレビ見て
そしたら、時間を追うごとに死者の数がどんどん増えていって
とうとう1000人越えちゃったよ、と思ったのに
それどころじゃなくて、2000人とか3000人とか

電話しか出来ることがないから
電話かけ続けるんだけど全くかからなくて

翌日になっても状況は変わらず
火の海の映像が広がるばかり

親と妹は加古川なので、ちょっとは離れているんだけど
姉は、宝塚。
宝塚もニュースでどんどんやっている

公衆電話の方がかかりやすいらしいよって情報があって
十円玉いっぱい持って、公衆電話にいっても全く一緒

これはもう、どうにかなっていると考える方が順当だろう
救出に行くしかない

東京側から向かっても大阪を突っ切れる訳は無さそうなので
岡山まで飛行機で行ってそっち側から戻って来よう
電車で行けるところまで行って
後は何日歩いてでも。

当時携帯電話持っているのは金持ちだけだったので
本部長に頼み込んで携帯電話を借りた。

空港に行った。
岡山行きのチケットを買う前に
公衆電話から、もう一回だけ電話してみよう。

プルルルル

はい、もしもし

生きてたあ

こっちは揺れたけど全然大丈夫
姉ちゃんの所も家具はほぼ全部倒れて壊れちゃったけど全員怪我もなく無事
こっちには来なくても大丈夫だよ
やっぱりこっちからもそっちに全然電話かからなかったねえ

結局行かずに引き返した。

姉ちゃんの所のマンションはヒビも入らなかったから
数日は色々苦労したらしいけど
生活的には何とかなった

大変だったのは姉ちゃんの旦那さんの仕事の方
旦那さんの職場は、神戸市役所ですから。

ちなみに、妹の旦那さんは西宮市役所
こちらも大変だったらしい


震災の事を聞くと
もう今は、市役所の人達も話題にすることがないらしい。
20年経った今は
所員としてあの時を経験していない、若い人の方が過半数になってしまったから

それはそれで、とも思うんだけど

私としては
結局あの時駆けつけなかった

たまに実家に帰っても
神戸にまでは、行くことはなかったので
結局この20年、「あの現場」は
あの時のテレビで見た範囲を越えていない。

私はやっぱり兵庫県民なので
それは許される事ではないと思う。

偉そうに言っても
20年間わすれていたので
不届き者には違いないんですけどね。

神戸震災記念館
正式名称は
人と防災未来センター
地図

最初に7分間の映像
1995年1月17日5時46分に
神戸の各地に起きたことを再現映像にしてある

アクション映画を見ているような錯覚に陥るんだけど
全てが現実に起きたこと

ただただ衝撃で

ごめんなさい
感想の書きようがありません。

どんな言葉で表現しても
嘘の感想を書いている気がして

次の映像を見る場所へ行くまでの間
当時の町が再現してある
ここ、撮影NGだったので、お見せ出来ないのが残念なんですが
すごかったなあ
町ってこんな風になってしまうもんなのか

でも薄暗くって良く見えない
演出なのか
もうちょっと明るくしてもらった方が
と思って、ふと気づいた

ライフラインが全て寸断されている情報で
灯りなんてあるわけがない
真っ暗な中でのまさにこの風景だったんだなって

演出だなんて考えた自分が恥ずかしい

ここにあるものや、映像やらは
ただただ、事実を出来るだけ忠実に再現しようとしただけのもの

復興
次の部屋で15分間の映像を見ます
テーマは復興

その時どうだったのかも、見たかったけど
復興はどうだったのかも見たかった

正直、今の神戸で
当時の事がかいまみれる場所がない
では、復興はどのようになされていったのだろう

これは、映像だけでなく
そのあとの部屋のおびただしい量の展示物で少しずつ感じとれます

長くなりすぎましたね

まだ続きますので
分けさせて下さい。

続きはまた明日。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

くうちゃん5個!歌うシャケちゃん

卵を産んで、頑張って20日ほど温めたけど
卵が孵ることはなく
うっぷんを晴らすがごとく、元気に飛び回って

おっと
また産んじゃったよ

前回、そこまででしたね
くうちゃん怒った!うずら事件
そう
うずら事件でした。

一瞬うなだれた長女ですが

長女の性格を漢字で表して下さい

はい
能天気

なので
知らない間にまたうずらを差し入れておりました。

しかも
翌日、またうずらを1ケース買ってきて
その内の一個を追加で差し入れた。

カミさんは
2個はダメでしょ2個は
1個外すよ。

えっ

意外にもカミさんがネットで色々調べ
結構その気になっています。

うずらは育てやすいらしいよ

何せ
昔、東栄町で
鶏の卵を人が温めて孵したことがある
猛者のおばちゃんを知っています。
カミさんの田舎はすごいとこ(動物あれこれ)

最初から人が育てると、親だと思うから
ずっとついて回るのよ
可愛いよ

ずっとついて回られると困ると思うけど

ふと気づくと、卵が2個に
うずらを含めると3個

ありゃりゃ、3個に

ありゃりゃ、4個に

そして、とうとう5個になりました。

そうなると物理的に巣箱の中の丸い枠の中に納まらなくなりました。

うずら、さようならー。

真剣
真剣です。
前回も頑張りましたが
それ以上

ほとんど、巣箱から出て来なくなりました。

ところで藁で出来た巣はお気に召さなかったようです。
クシャクシャするのかな
取り除きました。

シャケちゃん
相方が相手してくれなくなってぼうっと過ごす毎日

ボケ老人になっちゃうよ


長女が考えた対策
趣味作り

音楽を聞かせてみよう

カミさんの好きなクラシックには興味を示さず。

長女が好きなロックを聞かせると

ピョッ ピョッ
チュチュッ チュッ

あれっ
これ、歌っているんじゃない?

シャケちゃんは、見事に人に興味を示して来ませんでした。
ただ、くうちゃんの事が大好き。

でも、最近人が食事している時に限り
手に乗ったり、頭に乗ったり

パンの味を覚えたらしく
手からパンを食べるようになりました。
よほどパンが気に入ったのでしょう
パンを持っただけで大興奮します。

少しずつ、人間にも慣れてきたかな。

長女が歌うと
一緒に歌っている
そんな気がします。

時々リズムに合わせて首を上下に
ノッてるねえ

シャケちゃんから見ると
私は歌のお姉さんだよ

そりゃまた不幸な人生だね

大きな声では言えませんが
長女が鼻唄を歌っていると
それは、原曲はどんななの?

そんな長女が中高と所属したクラブはブラスバンド

極端な運動音痴なので、運動クラブを対象外にするとあまり残っていませんからね。

担当したのが、トロンボーン
そりゃ無理でしょ
こうやって押したらこの音程が出るって楽器じゃないと。

最初に担当したパーツ

吹いてみて

ファーファファファファー

担当の先生、偉いっ
ファだけで良いのをあてがった。

シャケちゃん、一番のお気に入りはエグザイル
登坂広臣って人の歌っている曲

明らかにそれ以外の曲を聞いたときと反応が違う。

でも、だんだん慣れてきて
それ以外の歌も歌うようになってきた。

テンポがあって、
どこが良いのかいまいち分からない今風の歌ばっかりですけど。

理由は分かっていて、長女がそればっかり聞かせるから
長女の好みですね

本来は、セキセイインコはオスの場合は
舌の長さが人間と似ていて
喋る可能性が高い。

人間になついている場合に限るけどね

出来れば早口過ぎて
原曲も、チュチュッ チュッとしか聞こえないやつじゃなく
知床旅情みたいに
何歌っているか分かるやつが良いけどね

索引はこちら
[セキセイインコ]シリーズはこちら(少し下げてね)
[家族]シリーズはこちら(少し下げてね)

お勝手の音

インフルエンザB型で、ただただ寝て静養

熱は平熱近くまで下がってきたのだけど
まだ立ち上がって動くとフラフラします。

長女
長女はもうちょっと前から風邪ひきさんなので
寝ているのに飽きてきたんでしょうね

私の部屋に、フラフープと本を持ってきた。
長女は暇さえあれば読書をしていると書いたことがあるけど
究極がこれ

長女がダイエットのために、「重いフラフープ」を買ってきた
一回借りてやってみたけど私は全然出来なかった。

そのフラフープをしている間、本を読むんです。
大したもんです。

すごいなあ
むっちゃ前向きやがな
フラフープ出来るんかい
お父さん、まだ立ち上がったらフラフラするわ

そんなことないって
寝過ぎると頭痛くなるよ

それはそう思うけど
実体験に基づく発言?

そう。
月に一回ずつくらいそうなる。
おかしいなあと思って「頭 痛い 寝過ぎ」でググって見ると
やっぱり寝過ぎると、脳が凝ったような状態になって頭が痛くなる

なるほど
休日、ビックリするような時間まで起きてこない娘の
説得力ある発言でした。

お勝手の音
完全隔離されていて、カミさんと次女がいる間は、のこのこ出て行ってはいけません
漏れてくる音で、リビング等の外界の様子を知るしかありません。

相変わらず、
大丈夫?みたいないたわりの言葉は一切ございません。

ただ、ひょっとして記憶の範囲では初めてかも、という音を聞きました。

お勝手の音です。
ガスの火を付けたり、包丁でトントントン
水がジャー
茶碗ががしゃがしゃ

いつも平日はカミさんが食事作ってくれているんだけど
大体私の方が遅いので食事を作っている音を聞くことはない

休日は、基本私が作る

たまに、二人でお勝手に立つと
あれやってこれやってと指示が飛ぶので
音に耳を澄ますような余裕はありません。

良いですね
お勝手の音。
「の音」が続くとキッチンでもなければ台所でもない
お勝手の音です。

森光子の
タケヤ味噌のコマーシャルで流れていた
あの音です。

感動です。
母の音。
ある意味自分でも作るようになったから
耳に止まったのかも知れません。

愛情、まで大袈裟ではなくても
食べている様子を想像しながらは作る。

この音、聞きながら自分も大きくなったんだろうなあ
教育なんて、そんなんじゃなく
この音を聞くことで良い子に育つんじゃないかなあ。

インフルエンザB型になって良かった。

索引はこちら
[家族]シリーズはこちら(少し下げてね)