[植物]トマトのストレス

植物のかしこい生き方、第二章「あらがわない」から

求めても求めても満たし尽くされる事はありません。
求めることからストレスは生まれます。

トマト
この本にトマトの潜在能力の話がありました。

懐かしいなあ

トマトの水気耕栽培
ハイポニカと呼んでいました。

ひとつの株から巨木になり、17000個もの実をつける
普通より甘くて美味しいトマト

トマトが特別なトマトなんじゃなく
育て方が違うだけ

土は使わない。水栽培
温度を年中常に一定にし
水には一定の養分を入れ、ゆっくり回してやる
基本はそれだけ。

懐かしいなあ、と言ったのがどういう事かというと
昔、この話を何度もしたから。

経営コンサルタントをしていたことがあります。
研修会を何度もしました。

人間にはハイポニカトマト同様に無限の力がある
なのに、それを発揮できないとすれば
何かの枠をはめているから。
そんなものはとっぱらえ
ひょっとして、その枠の最大のものは自分で作っているかも知れない
自分の力を信じよう、認めよう
枠さえ作らなきゃもっともっと発揮できるはず

こんな感じで話していた。

ハイポニカの開発者は、これを栽培方法だととらえていない。
哲学だと考えている。
この哲学を広めるんだと頑張っておられた。

今回「植物のかしこい生き方」でこのトマトの話があったので
ハイハイ、よく知ってますよ。
限界を自分で作るなと、そういう事ですよね
と、思いながら読んでいった。

違っていた。
むしろ逆、と言って良いかも知れない。

ハイポニカ以外のトマトは、土に植えられている
温度も一定ではないし、一定の養分の水が回ってきてくれる事もない
全てがトマトにとってストレスと言えるかも知れない
でも、そのストレスを感じつつも「元気に」実をつける

その地を動くこともないし
ストレスの解消を求めることもない

もし、普通のトマトがハイポニカトマトの話を聞くと、こういうかも知れない

あらそう。ご苦労様
頑張ってるのね
私は良いわ。

本当は備わっている無限の力が発揮できないからといって、それがなんなの
と、そういう視点
求めると得られるかも知れないけど
そんなことしなくても、幸せならばそれで良いじゃない、って

面白いなあ
ひとつの現象を見て、捉え方が、こんなにも180度変わるものなのか

若いときは、自分の中に眠る無限の可能性の具現を求めていた。
他人にもそうすべきだと言ってきた。

でもこの年になって、普通のトマトの生き方が良く分かる。
普通のトマトで幸せに生きたい

この本を読んで
昔の自分の「考え方」を、懐かしいなあ、と思った。

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植物]ホテイアオイのあらがわない生き方

植物のかしこい生き方、第2章「あらがわない」に入ります。

「すべては自分で変えられる」
そう考えると、苦しくなるときがありませんか?

ホテイアオイ

出ました。七福神では私が一番好きな布袋さん
お腹ぷっくり
葉っぱは葵の葉っぱに似ている
徳川家じゃありませんか
こりゃ黄金の組み合わせ


この花は「一日花」と言われ
開花してから24時間以内に萎れる

次の日には、別の花が咲き、8月中旬から9月の中旬まで花を咲かせます。

小さくて可愛いこの植物は、家庭では金魚鉢や水槽に浮かべられて鑑賞用の水草として栽培されます
どんなに長く栽培されても、数十センチ以上にはなりません。

ところが

川や池や湖に育って野生化すると
繁殖力がすごいのなんの
2m以上の背丈にもなるし
どんどん増えて取り除くのが厄介です。

名前からして、日本古来の植物のようですが
原産地アメリカの、要注意外来種でもあります。


じゃあなぜ、金魚鉢とかでは大きくならないのか

単純に言うと、養分が少ないから。

生き方の選択
繁殖可能な環境であれば、ガッツリと
ダメならダメでそれなりにひっそりと
どっちでも良いですよ、という生き方

与えられた環境を変えるのではなく
その中で満足できる生き方だって良いじゃないか

それで自分らしいと思えるのであれば

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植物]ラフレシア。ああら、ご苦労様

植物のかしこい生き方、第一章の「競わない」から

人と違うことを恐れる必要はありません。
あなただけの個性が光ることがあるからこそ
バランスがとれるのです。

ラフレシア

世界で最大の花です。

大きいものなら1m
重さが約7kgにもなります。

熱帯アジアに育つ植物です

スマトラオオコンニャクの花もどでかいのですが、同じ特徴を持ちます

ハチや蝶を花粉の媒介として運んでもらう、競争はとても大変
その中で、遠くまで届く「香り」は、誘い込むための重要な武器

ラフレシアやスマトラオオコンニャクは
この香りに、特徴があるのです。

一言で言うと「臭い」

人は、花の香りは良い香りだと思い込んでいますので
とても驚きです。

腐った肉の臭いと、長い間履いた靴下の臭いが混ざったような臭い

ハチや蝶を相手にせず
こんな臭いにおいを
うーん、素敵、とってもデリシャス
と思ってくれる昆虫をターゲットにしました。

そうです。ハエです。

勝手に決めた常識からすると、おかしな奴等
でもそんな右へ習えの常識なんてくそくらえ

常識の中で、来る日も来る日も競争に明け暮れる者を横目で見ながら
ああら、ご苦労様

私は、個性で勝負よ

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[植物] 花暦や花時計のくふう

植物のかしこい生き方、第一章「競わない」から

自分だけが、と思うのではなく
仲間と手を取り合って
共存することにこそ、幸せがある

キューピッド
植物にとっては、ハチやチョウチョウ等の虫こそが
子供を作るための相手を見つけ、結び付けてくれる、キューピッド

花の中にキューピッドを誘い込まなければ花粉を運んでもらえません

どうぞどうぞ、いらっしゃーい

花は美しい色で装い、良い香りを放ち、美味しい蜜を用意して
懸命の呼び込みです。

呼び込み合戦の競争は、できれば避けたい

まずは花暦

花を咲かせる年月を他の種類とずらす。

春に咲く、サクラ、コブシ、ボケ等も
同じ地域で、少しずつずれています。

花暦はひとが、それらの開花時期を書き留めて
季節を感じようと言うものです。

でも、やっぱり同じ時期に重なっちゃったら?

もうひと工夫

花時計

開花の時間をずらすんです。

アサガオは朝、

ツキミソウは夕方、

ゲッカビジンは夜十時頃

公園によく花時計がありますね
花壇の真ん中に時計の針が回るものですが
本来の花時計ではありません。

本来の花時計が
墨田区の向島百花園にありました。

ちゃんと二時間おきに開花時間の違う花を配置し
どこの花が咲いているかで、時間が分かるというもの

かなり貴重な花で
今は全て揃っていないとの事でした
でも、何時だったかの担当の花は、実に見事にその時間に咲くらしい。

もうひとつの意味
自分たちの開花の時期や時間を決めること
競争を避ける他にとても大切な別の意味があります。

同じ仲間が一斉に咲くということです。

せっかくキューピッドが運んでくれても
同じ種類の花じゃなきゃ意味がない。
その確率をグッと上げるのが
一斉に咲くということなのです。


[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)