庭復活大作戦。見事成功。

うちはマンションですが、一階なので専用庭がついています。

数年前に、芝生を育てるのに凝ったのですが
だんだん面倒になり
年々いまいち状態に。

去年、マンションが大規模改修になり、庭に足場の柱が組まれ
外に出れない状態
芝の手入れも一切出来なかった状態で
かつ、いっぱい工事の人が歩いたところは、芝がダメになっちゃった。

もう芝を育てるのはスパッと諦めようかと思っていた矢先
工事の人が部分的に芝を張り直してくれた

その辺の経緯は、こちらを読んでね

そうなれば、その親切に報いねば。

さらにこちらで、もう少し芝を張り変えて、庭復活大作戦を開始したところまで話しました。
庭復活大作戦

開始したときが4月24日
その時の状態がこんな感じ


横っちょは日があまり当たらないので、元々芝はほぼ育たないのが分かっているので
芝を諦めて、玉竜を植えた

さあ、そのあとどうなったのか
時の経過と共に、報告していきますね

5月9日、少しずつ新しく張り替えたところも緑色が出てきました。

5月29日
全般的に、緑がちょろちょろ増えてきました。

6月27日

とても良かったのが草取り
4/24に庭復活大作戦をやりますとブログで言ったら
芝専用の除草剤がありますよとコメントをいただいた。

芝専用の除草剤については存在自体は知っていたものの
芝だけ枯れず、他の雑草が枯れるというのがいまいち信じられず
使ったことはありませんでした。
でも、コメントをいただいたので使ってみようとさっそくやってみると
便利便利超便利。

コメントありがとうございました。
本当に芝は枯れず雑草がほとんど生えない
全く生えない訳ではないけれど
今までと比べると数段草取りが楽。

これならば、芝の手入れもそれほど苦になりません。

7月11日
これは、すごいぞ
芝をはじめてから数年の中で、最高なんじゃないでしょうか

踏まれてダメになっちゃったところももう一息

そして、いよいよ今日
8月22日
完璧じゃあ



[庭]シリーズはこちら(少し下げてね)

庭復活大作戦

うちはマンションの1階なので専用庭がついております。

これはスペシャルでハッピー
10年くらい前に引っ越して来て
芝の庭に憧れた訳です。
ちっちゃな庭ですし、何とかなるんではないかと、芝生を買ってきて敷き詰めました。

この芝の手入れが楽しいのなんの。
毎日のように写真を撮って眺め
この辺の緑が濃くなってきたぞ、とか

ところが、3年目4年目になると
飽きてきて、そうなると毎日の水やりと、毎週末の草取りが億劫になってくる

基本、芝の手入れって
芝と雑草の勢力争いに対して、芝側に立って、
後押ししてやるためにひたすら草取りする事に尽きます

草取りが億劫になると、毎年少しずつ草側が力を持ってくる
すると、草取りがより大変になるという悪循環でございました。

わがマンションの一階メンバーは、全て草に屈し敗北宣言をしております。
お隣なんて、私が引っ越した当時は見事な芝生でしたのに
今は全面草の勝利です。

残すはわが家のみ

大規模修繕
去年、初夏から冬にかけて大規模修繕が行われました。

マンションをすっぽり覆う足場を組み、外壁塗装など
半年くらい、庭に出れません。

一切、草取りも出来ませんので、推して知るべし
半分くらいはそもそもシートが被さっちゃっています。

たまに見れたら、芝生の上に工事の人たちが頻繁に行き来して
かちんこちんの道が出来ちゃっています。

苦情のひとつも出そうなもんですが、
心の底では、
これで芝生をやめる口実が出来た。
気持ちの整理と言うのでしょうか

大規模修繕が終わるとき、施工会社がやって来た。

すみませーん
足場の支柱を芝生の上に立てちゃいまして

一緒に確認させてもらって良いですか?

確認すると見事に支柱のあとがボコッとあいている

責任をもってここの部分は張り替えさせていただきます。

いやいや、そんな気にしなくて良いですよ

他は大丈夫でしたでしょうか

工事の方が歩かれたこの辺だと思うのですが
芝が枯れちゃっていたんです。

とはいえ、その時は冬で、冬は芝は見た目上全部枯れるので
どの辺というのが証明できない
正直、本心は張り替えて欲しいわけではないので
いらんこと言うてしもうた

そうですか。分かりました。
そちらも張り替えられるかどうか、調べて参ります。

明くる日、
本当に申し訳ございません。
そちらの方は出来ないとのことでした。

上司に怒られたのかも知れません。

良いです良いです。
本当に気にしなくて良いです。

張り替えが終った日、見てみるとこんな感じ

思った以上にいっぱい張り替えてくれている
あの若い現場監督さん、悪いと思ってひょっとして自腹切ったかも知れない。
でも、道になっちゃったところって結局ちゃんと説明しなかったから
余った分は、一番枯れていそうなところを張り替えたんでしょう。

左奥って、ずっと日陰なので全然育たない。
そこじゃないんだけどとは思ったけど、嬉しいじゃないですか。

春になって
張り替えてくれたところが一番に緑になってきた。

おおおっと。
こうなると、これを口実に芝生をやめてなどという
甘えた事が言えなくなりました。
あの若い現場監督さんの心意気に応える必要があります。

とは言え、写真では緑に見えますが
道になっちゃったところは全面的に草
このままじゃ、草取りがやたらに大変
地面はかちんこちんなので、草を取り続けても、芝は復活しないでしょう。

考えましょう。
庭復活大作戦

道になったところは芝を入れ換えましょう。

問題は、数年やって分かった、日陰で芝が育たない場所。
右端と左端

左端の奥は張り替えてくれちゃったので様子を見るにして
その手前は、芝より日陰に強い植物を植えましょう。

ホームセンターでお姉さんに聞いたら

芝が育たないのでしたら花は難しいかも知れませんが
この辺りなら

その中で一番安い「玉竜」ひとつ100円、を買いました。
紫で真ん丸い可愛い実がなります。

ドラゴンズが名前の中に入っているあたり、親近感がわきます。

結構離して植えても一面に広がるそうです。

右奥はそうはいきません。横に扉があるので引いて開かないといけません
多少背のある植物を植えられない
芝もだめ、玉竜もだめ、草取りをしたくない、となれば
こうだ!

絶対草は生えません。

芝や玉竜がうまくいかなければ
庭全部がこれになっちゃいそうで怖い。

さあ、芝も張り替えました。

夏になったらどうなっているか
その頃報告しますね

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

染井吉野の花の色は

染井吉野はクローン
染井吉野は短命?いえいえ
も読んでね

花の色は
花の色は うつりにけりな いたずらに わが身夜に降る ながめせしまに
はいっ、小野小町

クイズです。
染井吉野の花の色は何色でしょう。

薄いピンク

ピンポーン

クイズになっていません。
当たり前です。

ただ、どの程度白に近く、どの程度ピンクに近い色をイメージして答えたかは
住む地域によって違います。

地域によって花の色が違うってタンポポの花の色を思い出すなあ
たんぽぽの花の色(まさかそんな)

染井吉野は、西日本ではほぼ白に近いイメージで
北海道や東北では、そこそこピンクのイメージだと思います。
東京の人は、昔に比べると、色が薄くなっていると感じておられる方もおられるかも知れません。

そもそも花の色というのは、アントシアニンという色素によるものです。
アントシアニンは植物に広く見られる物質で、赤、青、紫などの色を表します。
サクラで言うと、花の色の他、紅葉の色や若芽の色にもなっており
赤色系の色を表します。

桜の種類によって違うだけでなく、環境によっても違ってきます。
紅葉と同じように、光と気温が大きく影響します。

桜を切り花として飾るとき
花の色が真っ白になってしまう事があります。
これは、アントシアニン合成に必要な低温と紫外線の刺激が不足していたからです。

気温が高いと白、低いとピンクです。
低い方がアントシアニンが頑張れるって意外

紅葉は、気温が低い方が赤くなる、ってのと同じと考えると納得です。

都会は、ヒートアイランド現象で暑くなってきているので
昔に比べると、色褪せて来たと感じる訳です。

花が咲いてから散るまでの間にも色は変化していきます。
つぼみの段階ではかなり濃いピンクです。
花が咲いた直後は一気に白くなります。
これは、アントシアニンが花びら全体に分散して、密度が薄くなったからです。

咲いたあと、もし寒い日が続けば、アントシアニンが作られていくので
ピンクが強くなっていきます。

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)

染井吉野は短命?いえいえ

散るまでの間、染井吉野の話題を集中的に

短命?
染井吉野は短命、という話が広まっていました。
私も聞いたことがあります。

全国の染井吉野は同じ遺伝子ということもあるので
戦後、全国に植えられた染井吉野が一斉に枯れちゃうんだ、と言われると
おお、えらいこっちゃ、と

最初、30歳説に始まって
その期限が到来しても一斉に枯れないため
50歳説に延長されたんですが
そこでも一斉に枯れることがなく
それ以降、具体的な数字は言われていないようですが
短命説が消えたわけではありません。

実際にはどの程度生きられるのでしょうか

小石川植物園や青森の弘前公園の木は
植栽記録があるので樹齢130年を超えていることが分かっています。

樹木の世界では最大樹齢が100年を超える種類は長命樹木
それ以下だと短命樹木と大雑把に考えられています。

すなわち、染井吉野は長命樹木なのです。

なぜ、そういう噂が立ったのでしょう

染井吉野は、成長が早いことで知られています。
環境によっても異なりますが、接ぎ木の苗はその年に高さ2mに達します。
10年も立てば、10mを超えることもあります。
ただ、そのまま伸び続ける訳ではありません。
20mを超えることはまれで、多くはその前に上に伸びる事をやめます。
古くなった枝は枯れても、新しい枝が伸びて入れ替わります。

ただ、染井吉野は、その入れ替わりの速度が遅いのです。
新しい枝が出てくるまでの間は、古く枯れた枝が目立つため
見た目的に黒い枝が目につき、全体的に黒い印象になります。
でも、そのまま枯れてしまうわけではなく、
新しい枝が出てくるまでの辛抱なのですが
染井吉野の満開のイメージが強すぎるので
このまま枯れてしまうんじゃないかと思うのでしょう。

染井吉野からすると
期待度が高すぎるんじゃないでしょうか
私は全然元気ですけど
って言うかも知れません。

最近は手入れの技術が高くなったので
そういった木についても、かなり多く咲かせられるようになってきています。

[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)