江戸の娯楽と言えば、祭でしょ(山王祭)

江戸の娯楽をいくつか紹介してきました。

ちょっとちょっと祭はいつ出てくるの?
はい、おっしゃる通りです


江戸に限らず、祭は庶民の娯楽の筆頭ですね。

「全国の祭り番付」というのが江戸後期に発行され、
日本の東西各地170もの祭りを格付けしています。
国の名と当時の開催日も記入され、
まさに全国お祭りガイドといえます。

伊勢を境に、諸国の祭りを東と西に分け、
伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)など、真ん中の欄には別格の祭り

西の大関の位置には八坂神社の祇園(ぎおん)祭、関脇には大坂の天満(てんま)祭

ところで、以前、関西の三大祭は、神戸祭が入るよね、と言ったら
大ブーイングを受けました。
我々兵庫県民としては、神戸祭は超有名。
地元の小学生の鼓笛隊みたいなのがパレードして
ほのぼのしてる
神戸新聞じゃ、神戸祭は一面トップよ

とはいえ、行ったことはないんですけどね
(ないんかいっ!)

江戸の天下祭
東の大関、関脇はというと、山王(さんのう)祭(大関)と神田祭(関脇)がランクイン。

この二つは、江戸の都で数ある祭りの中でも「天下祭」と呼ばれています。
江戸を代表する祭りとして将軍がご覧になる、
幕府公認の祭り。

ふだんは町人が入れない江戸城内に祭りの列ごと入れ、
費用も幕府が負担しました。

では、なぜ山王祭と神田祭が天下祭に選ばれたんでしょう。

山王祭
今日はまず、山王祭から

山王祭の舞台は、鎌倉時代に創建された、いまの千代田区永田町にある日枝神社。
ウォーキングで行きましたよ。
どでかい鳥居。
さすがは天下祭って感じ

都となる前の江戸を治めていた武将·太田道灌が、
大きな城を築くにあたり,山王権現(ごんげん)をまつったこの神社を建てたことで、
神事としての祭りもはじまりました。
当初は細々としたものだったはずですが、
豊臣秀吉の命を受け、江戸を領地とした徳川家康が、
関ケ原の戦いで天下を取ると、状況は一変します。

江戸を新たな都とするための大規模な町づくり

こんな大事業。
象徴が欲しいなあ

家康は日枝神社を徳川家の城の守護神と定め、
江戸繁栄のための象徴にした

ちなみに権現って何かというと
仏と神の合体版ということね
お寺と神社の融合
山王とは、比叡山の山の神信仰から来てます。
比叡山だから日枝(ひえ)神社ね

権現シリーズは、根津権現もそうだけど
明治政権の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)政策で、
仏の方を潰され
神社にさせられちゃいます。

話を戻して、山王祭

山王権現に感謝する祭りも、
幕府が費用·人材などの面でバックアップ。
江戸が都として大きくなるに従い、
参加する各町も競い合うようになり、
山王祭は2年に1度の大行事に。
日本中から見物客が大勢集まるようになります

平安時代の王朝絵巻などを題材にした大きな山車が
何十基も繰り出すようになり、
その行列は特別に、田安門から江戸城内へ
入ることが許されます。

最初に山王祭を見て楽しんだのは
3代家光だそうです。
以後、将軍の上覧は江戸時代を通じて恒例となり、
神輿の城内渡御は106回を数える

天下祭としての地位を不動のものとします。

どんな祭?
そんな山王祭の特徴は、しずしずと掛け声なく進むこと。
現代でも、担ぎ手は,はっぴやはちまき姿ではありません

2年に1度、初夏の訪れを感じる6月、
古式ゆかしい伝統衣装で日枝神社-坂下門-銀座-新橋と回って日枝神社へと戻るルートを、
総勢500人、300メートルにもおよぶ大行列で歩きます

東京のど真ん中、東京駅周辺を練り歩くなんて壮観ですが、
江戸の昔はもっとすごい規模だったらしい

たとえば山車。
一番手の山車に載っかっているのは諫鼓鶏(かんこどり)と言って
中国に伝わる天下泰平のシンボル
いまのものは高さ約3.5メートルほど。
しかし、当時の山車は高さ10メートルを超えていたんですって。

さあ、ここでクイズです。
なんでちっちゃくなっちゃったんでしょう。





















◆◆◆答◆◆◆
電線

江戸時代には電線なんかなかったけど
明治になったら、電線なるものがあちこちに
大きいと引っ掛かっちゃうのよね

シリーズの次回は神田祭行きます。

消防博物館で江戸の火消しを見てきたよ

今日は、ウォーキングイベント新宿編の下見の続き

都庁の展望台から、新宿御苑近くの食事を予約できるところを探し
次は、新宿歴史博物館を目指す。

えっ
こんなところにあるんだっけ

消防博物館

いくらいくら?

入場無料

お・と・くーーっ

全く予想していなかっただけに大興奮です。

消防博物館
そういうと、江戸の暮らしシリーズの中で、火消しやってませんでしたね。

江戸の火消しの話をいってみましょう。

消防博物館の5階は江戸の火消しコーナー
当然直行しました。

おおっ
待ってました。
江戸の町の火消しのミニチュアや、火消しの道具あれこれ
圧巻は、町火消いろは48組のまといの展示

ここで、クイズです。
いろは48組の最初、い組の纏(まとい)はこんなのです。

ちょっと滑稽ですね
さあ、なんでこんな形をしているでしょう。

ヒント
上の丸っこいのは、芥子(けし)の実を表しています。
答は最後の方でね

定火消と町火消
定火消は明暦の大火で江戸中が火の海になった反省から
4代家綱が作った。
さらに、発展させたのが吉宗と大岡越前が作った町仕組
いろは48組

実はいろは全ての組があるわけではありません。
3つはなくて、替わりに百千万の文字が使われています。
何がないでしょう。

江戸検定の定番問題。

答、言っちゃいましょう。
へ 屁はちょっとね
ら 当時、男性の性器のことを、らと言っていました。
ひ 火消しに火足してどうすんの

ここまでは知ってたんですが今回初めて知ったのは、んも無かったってこと
ん? んがなかった?
反応しちゃいます。
ん、は本に変えたんですって。
一番最後に追加されたみたい

まとい
まといって不思議ですよね
なんとも勇ましい。江戸の華
でも、何してんでしょう
早く消せよ、危ないよ

本来の意味は目印
ひとつは出動の目印
火消しって常勤じゃないから
普通は鳶(とび)とかの別の仕事をしていて
火事の時だけ召集がかかる
これは、その時に見せる本人証明書

ええっと
俺は行くべきか

風上2組、両サイド2組ずつまで出動するというルールなので
まといを見て主担当がどこなのかを判断する。

次に境界の目印
ここまでで火を食い止めるよ
風向きで考えてその手前の家は全部壊せ
という作業指示

江戸には、ポンプ車なんてないから
ちょろちょろ水をかけるだけ
とても火を消すに至らない
これは、当時のポンプ車もどき

家を壊して延焼を防ぐのが消火活動
ここまでは壊そうね

決意表明でもある。

ここからが、副次的でありながら最も重要な意味合い
士気高揚

大岡越前が町火消を組織化するまでの定火消の時は
合戦の時のような旗印だった

町火消の町とは町人のことだから
本来はそんなのを掲げることは許されていない。
ところが大岡越前が認めた。

俺が良いと言っているんだから良いよ

よっしゃー

考えてみればそもそも変ですよね
町火消のくせして、江戸全域に配置されている
町人の住居地域なんてほんの2割の下町だけなのに。

町人が武家屋敷も含めて消火は全部面倒見ますよと

侍だとぉ
ちゃんちゃらおかしいやいっ
ええい、どけどけ
壊すぞ壊すぞ

だから必ず喧嘩になる
火事と喧嘩は江戸の華ってそういうこと。

まとい持ちって、実はNo.3
頭取、小頭の次
でも、一番の元気があって人気者がつとめる。
頭取が監督なら、まとい持ちはエースピッチャー
大変な名誉。

今度からお前がまとい持ちだ
みんな認めてるよ

ええっ、いいんすかっ
俺、俺っ
おやっさーん

決意表明ってことは
もし、うまくいかなくて、それ以上に燃えると
即、その人気者の死を意味する

お前を死なすわけにゃいかないんだよー


上が芥子(けし)の実
下の四角は枡(ます)

消します
の洒落でした。

粋だね!

江戸のリサイクル商売

江戸の卵は1個400円!という本を読みました

ものの値段を通じて、江戸時代をとらえてみましょうという意欲作

その中からいくつか紹介したいのですが
今日はリサイクルの話

リサイクル
江戸って、リサイクルが徹底していて極めてきれいな街
同じ時代の他の国の大都市と比べると、群を抜いて清潔
伝染病もあまり大きなのが流行っていない

それも、庶民一人一人にリサイクル意識が徹底していたから

今日は、そのリサイクルに関わる商売でどういうのがあったか、紹介しましょう

古骨買い
唐傘と言われたことからもわかるように、傘は中国から入ってきた物

ただ、これは日傘として貴人が使用する物で、朝廷の使用許可を必要とした。
しかし、やがて雨傘も使用されるようになり、主に京坂で作られた。

そのうち江戸でも作られるようになったが、傘は高級品。
傘骨を五、六〇本使用した「蛇の目傘」が一本六〇〇~八〇〇文(1万2000~1万6000円)
高ーっ
一文あたり20円をかけてみればおおよその感覚が分かります。

安手の「番傘」でも二〇〇~三〇〇文(4000~6000円)はした。

これだけの高級品だから、古くなっても捨てることはせず、
古骨買いが買い取って修理・張り替えを施し、再使用された。

古傘を買い取る値段が四~一二文(80~240円)

傘の紙をはがし骨の傷みを直して新しい油紙を貼る工賃が約一〇~二〇文(200~400円)。
そうして再生された傘は二〇〇文(4000円)前後で「張り替え傘」
これでなんとかね。

まだまだ終わらないよ。

はぎ取った紙には油分が残り、防水性があるので、魚や味噌の包み紙としても再利用
古骨で凧を作っちゃいましょう。
これは主に浪人の仕事で、凧一枚が一四文(280円)、一日に二〇〇文(4000円)くらいは稼げたという。

おおっ。傘買えるじゃん。

ろうそくの流れ買い
江戸の灯りといえば行燈。
火皿に油を入れ、そこにそえた灯芯に火を灯して灯りとしたが、
とても今のように明るくなく、薄ぼんやりと相手の顔が見える程度

行燈より多少明るいのが蝋燭だった。

この前、がす博物館でガス灯と蝋燭の明るさの違いを実演で見せてもらったけど
行燈や蝋燭暗いことといったら

でも、蝋燭って高級品で、大型の百目蝋燭は一本で二〇〇文(4000円)もした

傘買えるよ

その貴重な蝋燭も、灯すと蝋が流れて落ちる。
これって勿体なくない?
流れ落ちた蝋を買い集めて再生するのも、また商売。

おちゃない
おちゃないってどんな商売だと思います?

ヒントは、
女性が頭の上に袋を乗せて
「おちゃないか~」と言って街中を歩いて回る








はい、その通り
落ちた髪の毛を集める商売ですね
(って、そんなヒントで分かるかいっ)

おちゃない は、落ちたものない?ってこと
落ちた髪の毛は、かもじ(今で言う部分かつら)屋に売った。

この商売
私のところには来ませんね

おちゃないかぁ

目が合ったとたん

失礼しました。

はい。落ちるものがもともとございません。

とっかえべえ
これもまた、可愛い名前の商売

子供相手だからです。

子供たちが拾い集めた鉄くずと飴を取り替え

子供にとってみれば、鉄くずなんかより
飴は宝物ですから
決して子供をだまくらかしている訳ではありません。

献残屋(けんざんや)
これは、江戸検定とかで出てくる、有名な商売

武士とかには
中元、歳暮とかで色んな贈り物が送られます。

おぬしも悪よのう
みたいな感じとも限らず
礼儀の範疇ってことも多い

周りがそんたくしてくれるかも知れないし

そんな多くの品物を買い取ってくれるのが献残屋
で、献残屋から次の贈り物を買う

これぞリサイクル

みんな分かっているから
献残屋に出しやすいものが好まれる。

おお、今年もこれか
はい、お好きでらっしゃるので
これには目がなくてなあ

失礼しました。
こんなところに醤油染みが
おっと、すまんすまん
去年醤油をこぼしてしもうた。
??

灰買い
かまどや火鉢の灰を買い集めた。
灰は肥料や繊維の脱色、皮革の脱脂、焼き物の釉薬などと用途が広く、盛んに売買された。
灰の売買で巨万の富を築いたものもいる

古着屋
これは、今でもありますね
江戸では、長屋暮らしの庶民が新しい着物をあつらえることはほとんどない
一大産業です。
木綿の古着なら、一〇〇文(2000円)前後でたいていの衣服を買うことができた

日本橋の富沢町が特に古着屋が多く集まる町として有名ですが
そこに住んでいたのが、鳶沢甚内(とびさわじんない)。
大盗賊集団の親分です。

捕まって

はい。申し訳ございませんでした。
これからは真面目な商売にせいを出します。

そうか。
ようやく分かってくれたか
わしに出来ることがあったら何でも言ってくれ

始めたのが古着屋商売。

幕府にお墨付きをもらい
どんどん大きくなって
界隈の古着屋の総元締めとなる。

なぜか

古着って、盗賊達が持ち込んでくることも多い。

親父さん、その節は。

おお久しぶり。
元気でやってるようで安心したよ。
今後もごひいきに頼むよ。

へい。

これもまた、別の意味でのリサイクル。

幕府の側もいざとなったら
色々情報収集できる。

持ちつ持たれつ。

お分かりですね
富沢町は
鳶沢甚内の鳶沢転じて、富沢町です。

[徳川名参謀]1家康→本多正信

徳川十五代闇将軍、という本を読みました。

徳川15代将軍シリーズを以前やりましたが
感じたのは、
一部の吉宗とかを除いては
実質政治を動かしていたのは、
参謀としての老中だったりだなあという事実。

それは、悪いことではないし
かといって、将軍の個性が時代に反映しなかったかというと
決してそうではない。
お飾りではない。

ただ、将軍以上に世の中を動かしていた人たちがいたということ。

原則、将軍一人に対して一人ずつ、名参謀として紹介していきたいと思う。

引用元の本では、闇将軍という刺激的なタイトルをつけていますが
プラスの印象である、名参謀に読み替えちゃいました。

それでは、第一代から
本多正信(ほんだまさのぶ)です。

徳川家康
家康が征夷大将軍に任じられたのが1603年。
将軍職を秀忠に譲るのが1605年。
少なくとも形式的には、家康の在位期間は2年でしかない。
もちろん、実質的には大きな影響力は持つわけだが
あまり江戸にはいなかった。

やるべき事の二つの大きなテーマとしては
権力基盤の強化と、
江戸の首都基盤作成。

大きな方針は家康が決定するとしても
細かな施策の指示命令となると
二手に分かれる必要がある。

権力基盤の強化としては
まだこの頃、京都に居る方が都合が良かった。
京都の伏見城に拠点を置く。

一方の江戸は、秀忠ともうひとり、家康から全幅の信頼を寄せられている、
本多正信に任せる事になる。

本多正信
本多正信は、徳川四天王のひとり、本多忠勝とは、遠い親戚程度。

幼い頃から家康に仕えていたものの、25歳の時に逃げ出して行方をくらます。
ほぼ20年近くも。
何故か

三河一向一揆。
家康三大危機のひとつ。
まだまだ三河での地盤が完全には固まっていない頃
トラブルが重なり、一向宗の門徒が組織的な反乱を起こす。

家康の家臣にも、一向宗の門徒がいた
さあ、どっちをとる
主君か、門徒としての信仰か

熱心な一向宗の門徒であった本多正信
信仰に決まっとる。
一揆側の司令官として家康と敵対する。

家康は1年ほどで鎮圧。
領内の安定を図るため、寛大な措置を取ろうとする。
一定条件さえ満たせば不問にきしても良いよ。

ところが、その懐柔工作に、首を縦に振らない頑固者がいた。
そう、本多正信。
今さらそんな訳にいくかい。


逃げちゃった。

逃げちゃった、っていうのも面白いね。
それだけ覚悟を決めたくせに。

戻りたいなあ。
良いきっかけがないかなあ。

家康三大危機の最後が起きる。
本能寺の変。
堺にいた家康。
いかん、すぐに三河に帰ろう。
神君伊賀越え。
ここで本多正信が奔走し
無事に帰国できた。

仕事
その後、甲斐の国を監視する奉行として実績をあげたのを皮切りに
次々と成果をあげ、信頼を勝ち取っていく。

そして、秀忠付きの年寄というポジションを任される。
年寄とは、後の老中
江戸は任せたぞ。

とにかく家康とウマがあった。
ツーと言えばカー。
それが逆に周りの反感を買った。

正信も敢えて嫌われ役を買って出たようなところがある。
言いたい事が分かるので
家康の言いにくいであろうことを言ってしまう。

自分が嫌われていることが一番分かっているので
加増を提示されても絶対に受けなかった。
1万石が1万2000石へ
たったそれだけ。

どうも、家康は何かにつけて正信に相談していたので
家康のやってきたことは、かなり正信発案ではないかという話がある。
大阪夏の陣で約束を反故にして内堀を埋めちゃったのも
どうも正信がかんでいる。

大阪夏の陣で豊臣家を滅ぼし、いよいよこれからというときに
あっさり引退して、息子、正純(まさずみ)に譲っちゃう。

家康は大阪夏の陣の翌年になくなるんだけど
その50日後に正信も亡くなるんですね。
そんなところまで気が合うんだろうか。