[徳川将軍の演出力] 上覧相撲で小野川の運命やいかに

徳川将軍の演出力から

徳川将軍の演出効果が功を奏したのでしょう。
庶民にも、将軍の持つ意味はとても大きい。

相撲
江戸時代に最も人気の高いスポーツは相撲
深川の富岡八幡宮、芝の神明宮、そして本所の回向院
勧進相撲が実施される。

安永7(1778)年から、日にちが8日から10日に伸び
天保4(1833)年からは、回向院で常設の興行場所となる
江戸では、春と冬の二場所、京都で夏場所、大阪で秋場所の計4回

相撲人気の高まりには、上覧相撲が一役買った
寛政3(1791)年、時の将軍は11代家斉
だいたいこういうのって家斉

相撲が見たいなあ

はい、承知しました。

江戸城吹上庭園にて相撲を行うべし
分かったな

江戸中大騒ぎになります。

当時、人気力士は諸大名のお抱えになっていることが多かった
細かく言うと「お出入り」と「お抱え」
お出入りは化粧回しを下賜され、番付に藩の名前が入る
お抱えになると、そもそもお給料が藩から出る

人気力士を抱えた諸大名は、仙台藩、久留米藩、熊本藩などの大藩
これ、江戸検定で良く出るのよね
雷電為右衛門は何藩のお抱えでしょう。
はい、松江藩

お抱えの人気力士の勝敗は、自家の名誉そのもの
場外に各藩の馬が留めてあって、勝敗が早馬で各武家屋敷に報せられる。

そんなに気合いが入っているので
上覧相撲ともなると、藩の行く末を左右する

当時最高位は大関
横綱はたまに任ぜられる名誉職みたいなもの
その時、大関は谷風と小野川

珍しく両者とも、横綱にもなっています。

小野川は久留米藩有馬家
谷風は仙台藩伊達家

久留米藩有馬頼貴は、
もし伊達家の谷風に負けるような事が有ったら、切り捨てにすると言い切った。

結びの一番は、文字通り、命がけの大一番

両者気合い十分

はっけよーい、残った

おっと
行事の軍配は、谷風に

両者気合い十分だったのに、小野川が待ったをかけちゃった
ってことで谷風の勝ち

小野川、敗けはしたが組み合っていないし
命を取るまではねえと、悲劇は起きずに済んだ

事前に有馬頼貴の件を知っていての行事の配慮だったのかも知れません。

いずれにしても大盛り上がりで、家斉も大満足
上覧相撲は以降、4回も行われます。

庶民の間でも相撲が大ブームになり
男の子の遊びの定番になります。

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

未来のための江戸学

未来のための江戸学、という本を読みました。

江戸という時代から、何を学ぶべきかという内容

学ぶべき事と学ぶべきでない事が存在する

私も、江戸がとても好きになって以来、
何故なんだろうと考え続けている

江戸の人逹ってなぜこんなにも幸せそうで楽しそうなんだろうと。

鎖国
いくつかキーワードはあるけど、やっぱり鎖国というのは大きいでしょう。
とはいえ、諸外国との関係を全てシャットアウトしたわけではない
正式な国交があった通信の国が、琉球と朝鮮。
正式な国交がない、通商の国がふたつ。オランダと清

一番の目的は、キリスト教の禁止
だから、その目的にとって問題なければ、何かを取り入れることは構わない
8代将軍吉宗は、積極的に西洋の技術を取り入れている
好奇心が旺盛だったので
外国から、象もラクダもサラブレッドも連れてきた。

科学のレベルは、西洋にそれほど劣っていなかった。

鎖国の目的は、キリスト教以外にあったのではないか。
江戸時代の大きな特色は、外国のものを取り入れなかったというより
「外に出ていかなかった」ということにある

秀吉は朝鮮に出ていって支配しようとした。
家康は、それをしなかった。

帝国主義を否定した。

西洋の技術で、江戸にないもの。
それは産業革命。大量生産の技術

大幅に生産力がアップ
それだけなら良かったが
せっかく大量に生産できるのに、肝心の原材料が枯渇してきた
よし、それじゃあ、植民地というのを作れば良い

解決

今度は、国内に物が溢れ、国民が物を買わなくなってきた。
いかん、せっかく大量に生産できるのに。

よし、植民地に売れば良い

帝国主義の出来上がり。

実は江戸時代のごく初期の頃
日本で大量の鉱物資源を産出できるようになった。
特に、銀。
当時、世界でも銀の輸出量はナンバーワンとなった。

バンバン掘り出し、バンバン外国に売って
いっぱい品物を買い漁った。

江戸幕府が急に大金持ちになる

でも長くは続かなかった。
鉱物資源が枯渇してきて、
蓄えを食い潰していく時代に入る

一度甘い汁を吸っている
もし、これが秀吉なら間違いなく帝国主義的行動に出たでしょう。

徳川将軍たちは家康の教えを守り
決して、外に出て解決する道を取らなかった。

国内だけで経済を回す。

参勤交代を始めとして
国内だけで生産と消費をバランスさせる知恵を絞っていく。

日本には「始末」という考え方がある
始めがあれば終わりもある
永遠に伸び続けるという考え方は取らない
始末をつける

全国だったり、季節だったりで、巡る、ようにする

リサイクルで物を使い回しするのもその一つ

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

[名僧]金地院崇伝。武家諸法度を作った副総理

名僧シリーズ
出ました、超大物
江戸時代のお坊さんと言えば、天海と並ぶビッグ2

天海は、家光にも慕われということがありますが
やったこと、でいうと政治的に大活躍した金地院崇伝(こんちいんすうでん)が断トツ

金地院崇伝
1569~1633年 臨済宗

南禅寺金地院に住んでいたので、金地院崇伝(こんちいんすうでん)と言われますが
以心崇伝がより正しい。
このあとは、崇伝と呼ぶことにしましょう

崇伝は足利一族で、その中でも超エリートの家柄
お父さんも将軍足利義輝のもとで働きますが、残念
崇伝が4歳のとき、室町幕府が滅び、足利義輝も亡くなってしまいます。

そういうときは出家です。
崇伝はよほど頭が良かったのでしょう
めきめき頭角を表し、どんどん出世

建長寺の住職になりました。
この前、建長寺行った時、その認識がなかったなあ
ああ悔しい
鎌倉の五山第一
建長寺に行ったときの様子はこちら

それだけでもすごいのに
そのもうひとつ上、臨済宗のトップ、京都の五山第一、南禅寺の住職になっちゃいました。

それまでで良さそうなもんですが
さらにそこから、崇伝の大活躍が始まります。

そんな、仏教界の一番のお偉いさんを呼びつけたのが徳川家康
さすがです
天下人しか、そんな恐れ多いことできません。

書き物を頼むわ

もちろん、一番のお偉いさんに書かせる書き物ですから
とても重要な書類

諸外国との交渉のための
教養のにじみ出るような文章で相手より精神的に優位に立とうという作戦

作っときましたけど

ありがとう
じゃあ、それもって、外国回り、交渉してきてもらって良い?

えっ私がですか?

よろしくね。助かるわぁ

朝鮮、中国はもちろんのこと
ベトナムやタイも巡ります
西洋諸国は、行きはしませんでしたが、要人と会って交渉

もともと切れ者でしたが、諸国へ行っての経験は
考え方に大きく深みを持たせ
もう国内に比べる者がなくなりました。

ただいま

おお、待ってたよ
聞いてるよ、そなたの働き。さすが思っていた通りだ
ところで、早速で悪いんだけど
また頼みたいことがあってね

もうこうなったら乗りかかった船
何なりと

国を作りたいんじゃ
長く長く続く、平和な国
みんな一人一人の笑顔がずっと続く国じゃ
相談相手になって欲しい

初めて有ったときから分かっていました
あなたはそういうお人じゃ
さあ、何から手を付けますかな

二人で激論を交わし
崇伝が文書にまとめあげて
形として仕組みにする

出来上がったのが
「武家諸法度(ぶけしょはっと)」「禁中並びに公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)」「寺院法度」
法度三部作

武家諸法度は将軍の代が変わる度に作り替えられますが
基本線は、崇伝の作ったものと変わっていません。

一国一城令のように、戦国時代に戻ってしまわないような事を仕組みにした

ところで、武家諸法度と言えば思い出すのが、ボールペンの試し書き
以前、大好きなTBSラジオ、安住紳一郎の日曜天国に出ていた「ボールペンの試し書きフェチ」
文房具屋さんのボールペンがいっぱい売っている売り場に必ず置いてあるのが白い紙
書き味を試すために、くりくりくりっとただ線を書くだけの人もいれば
自分の名前や住所の一部等、良く書くであろう文字を書く人も
「永」という字も定番
そんな試し書きに何が書いてあるのか見て回るのが三度の飯より好きという変人さん。
訳分かりませんが、何となく自分と似たような血が流れている気がして、愛着が沸きます。
ベストテンには入らないものの、意外に多い言葉が「武家諸法度」だと言うのです。
大笑いしました。
試し書きの紙に、武家諸法度と、どーんと書かれていればインパクト強いです

禁中並びに公家諸法度は、朝廷や公家さんを規定したもの
これはものすごく大きな意味を持ちます。

日本って面白い国だなあと思うんですが
太古の昔から、政権を色んな身分の人が取り変わってとっていった
なのに、将軍になったりはしても
天皇に自分がなっちゃおうという人はいなかった
敢えて言うと、道鏡くらいかな

家康も本気で自分が天皇になります、と言えばなれないことはなかったと思うが
そうはしなかった。
藤原氏も平家も源頼朝も足利尊氏も

将軍って、天皇に任命された征夷大将軍です
なのに
それは崩していないはずなのに
天皇や公家は、何をするにも将軍にお伺いを立てて、
許可をもらわないといけないと「決めた」
初めての文書です。

キリスト教禁教令
家康は最初キリスト教に寛容でした
それが、いくつかの事件で心変わりした

キリスト教を制限する方向で行きたいんだが

仏教の親玉にそんなこと相談してはいけません

書き上げるのは一日だけ
翌日崇伝は、キリスト教禁教令を作って持ってきました。

おかげでキリスト教の人たちは大変な事になるわけですが。

ライバル
家康にして崇伝あり
家康の頭脳であり
今で言えば、副総理というところでしょうか

ずっとそのままで行くと思われました。

でも、途中から、何だか気にさわる人物が。
天海です。

先程話した、天皇との関係を仕組みにするため
紫衣(しえ)というものも規定します。
紫衣とは、仏教各宗派の頂点となる本山の住職に与えられるもの
それを認めるのは天皇の専任事項でした。
認めてもらうため天皇へ、袖の下のようなものが渡され
重要な資金源になっていました。

恣意的な任命を禁止
基準を明確にしました。
天皇としては、基準なんて決めてもらったら営業妨害も甚だしい。

基準を無視して、天皇が勝手に紫衣を与えたのが紫衣事件
もらったのは沢庵和尚

詳しくは沢庵和尚の時に書きますね

ここは、見せしめの為にも島流し
ところが、天海がしゃしゃりでて
まあまあ、そんな目くじら立てなさんな

そして、天海との立場が決定的になったのが、権現と明神で権現の勝ち
詳しくは、天海を読んでね

どうしても、この時の負け、の印象が強いもので
天海一番、崇伝二番的にイメージしがちですが
崇伝のやったことは
江戸時代に260年の平和をもたらした、大きな大きな業績でしょう

[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

シュリーマンが遭遇した人物は?(含、ダイヤモンド富士)

「徳川将軍家の演出力」の第二弾です

シュリーマン
トロイア遺跡の発掘で有名なハインリッヒ・シュリーマン
欧米で様々な事業で大金持ちになります。
42歳で商売から身を引き、幼い時からの夢であった、トロイア遺跡の発掘に取り組みます。
その直前、1年以上の長きに渡って世界一周の旅に出ます。

その中で、なんと日本にも寄っているんですね
時代は幕末真っ只中、慶応元(1865)年ですから明治維新の3年前

えっ
この本を読んでびっくり
少し前に受けた江戸検定に問題として出たんですよね
正解しましたよ。

では、クイズに致しましょう

【問】
慶応元年、のちにトロイア遺跡の発見者となる考古学者シュリーマンが来日し
ました。到着早々シュリーマンは東海道を進むある人物の行列を目撃し、「堂々
とした美しい顔は少し浅黒い」とその容貌を旅行記に記録しています。その人
物とは誰でしょう?
い)生麦事件直前、品川宿を通過する「島津久光」
ろ)長州再征のため上洛する途中の「14代将軍徳川家茂」
は)江戸に向けて進軍する「東征大総督·有栖川宮嬢仁親王」
に)京都で逮捕され、江戸に護送される途中の「大盗賊日本左衛門」

答えの前に別の話題を割り込み

ダイヤモンド富士
ダイヤモンド富士を追いかけて
でお話しし
5000円の電池も買って、気合いが入っておりました、ダイヤモンド富士の撮影
チャンスは昨日と今日の二日間のみでしたが
残念無念
同じ場所の同じ時間での撮影はこんな感じ

お日様ぁ
どこにおいでなのでしょう

来年頑張ることに致しましょう。

良かった良かった。
こんな予感がしたんですよ。
先週「ちょっとずれてるけどダイヤモンド富士」を撮影しておいて良かった
うん、私は賢い。

ということで、答に参りましょう

【答】
ろ)長州再征のため上洛する途中の「14代将軍徳川家茂」

簡単でしたね
「徳川将軍家の演出力」って最初に言ってますから将軍です。

決め手は慶応元年
生麦事件はもうちょっと前の文久2年だし
江戸に向けて進軍する有栖川宮嬢仁親王は、慶応4年

大盗賊日本左衛門が堂々とした美しい顔の筈ないですしね

陸路での上洛は莫大な費用がかかるし時間もかかる
軍艦での上洛も計画されましたが
外国船の良い標的になるだろうとのことで敢えて陸路

前回、将軍の権威付けのため、将軍の顔は滅多なことでは見られなくする
茶壺に追われてトッピンシャン
政策だとお話ししました。

激動の幕末の状況は、敢えて逆の戦略に出ました。
大行列で、東海道を進んで権威を見せつけると同時に、将軍も馬上に乗り顔を見せる
パレード政策です。

この前の即位パレードもそうしてくれていればもうちょっと見やすかったのに。

一般庶民に対しては、家の中でじっとしているようにとお触れは出たようですが
幕末ともなれば、庶民もそんなお触れを守ろうとも思っておらず
もうお祭り騒ぎです。
江戸の木綿問屋の鹿島萬兵衛は、当時の様子を日記に書いていますが
赤坂御門の目と鼻の先の青山で、目撃しています。
土下座も立ったままでみんな見ていたようです。

尾張藩の武士すらこぞって見学に行ったという記録が残っています。
御三家ですら、その時まで、将軍の顔を知っている人はほとんどいなかったのです。

すでにこの時、修好通商条約は締結されており、外国人は横浜の居留地にいます。
外国人としても、将軍の顔を見たい
とは言え、先ほど書きましたように生麦事件の後です。
二度とそんな大トラブルを起こしたくありません。

横浜の居留地からは出ないで下さいよ

ちょっとちょっとそんな殺生な。
プリーズショーミー

交渉が重ねられ、英語でまくしたてられると、やっぱり外人さんにはかないません。

ちょっとだけね

まあ、宣伝にもなりましょう

横浜から4マイル(6.4km)も離れた保土ヶ谷に特別拝観場所が設けられました。
シュリーマンは、横浜にできた日本初のホテルに滞在中、その報せを聞き
こりゃ面白そうと、保土ヶ谷に向かった訳です。
オー、ファンタスティック

幕府は、どうせならうまく利用しようと
「外人さんも大喜び、将軍大行列」をわざわざ錦絵として書かせています。
それがこちら

先ほどの、江戸検定の問題にはひっかけが含まれています。
「顔は少し浅黒い」というところです。

後にシュリーマン自身が書いた「日本中国旅行記」の中の表現なんですが
家茂はとても色白なんです。
徳川将軍ファンの中ではかなりの常識

いかに白人さんたちが、そんなレベルじゃなく真っ白かって事ですね。

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)