[徳川名参謀]1家康→本多正信

徳川十五代闇将軍、という本を読みました。

徳川15代将軍シリーズを以前やりましたが
感じたのは、
一部の吉宗とかを除いては
実質政治を動かしていたのは、
参謀としての老中だったりだなあという事実。

それは、悪いことではないし
かといって、将軍の個性が時代に反映しなかったかというと
決してそうではない。
お飾りではない。

ただ、将軍以上に世の中を動かしていた人たちがいたということ。

原則、将軍一人に対して一人ずつ、名参謀として紹介していきたいと思う。

引用元の本では、闇将軍という刺激的なタイトルをつけていますが
プラスの印象である、名参謀に読み替えちゃいました。

それでは、第一代から
本多正信(ほんだまさのぶ)です。

徳川家康
家康が征夷大将軍に任じられたのが1603年。
将軍職を秀忠に譲るのが1605年。
少なくとも形式的には、家康の在位期間は2年でしかない。
もちろん、実質的には大きな影響力は持つわけだが
あまり江戸にはいなかった。

やるべき事の二つの大きなテーマとしては
権力基盤の強化と、
江戸の首都基盤作成。

大きな方針は家康が決定するとしても
細かな施策の指示命令となると
二手に分かれる必要がある。

権力基盤の強化としては
まだこの頃、京都に居る方が都合が良かった。
京都の伏見城に拠点を置く。

一方の江戸は、秀忠ともうひとり、家康から全幅の信頼を寄せられている、
本多正信に任せる事になる。

本多正信
本多正信は、徳川四天王のひとり、本多忠勝とは、遠い親戚程度。

幼い頃から家康に仕えていたものの、25歳の時に逃げ出して行方をくらます。
ほぼ20年近くも。
何故か

三河一向一揆。
家康三大危機のひとつ。
まだまだ三河での地盤が完全には固まっていない頃
トラブルが重なり、一向宗の門徒が組織的な反乱を起こす。

家康の家臣にも、一向宗の門徒がいた
さあ、どっちをとる
主君か、門徒としての信仰か

熱心な一向宗の門徒であった本多正信
信仰に決まっとる。
一揆側の司令官として家康と敵対する。

家康は1年ほどで鎮圧。
領内の安定を図るため、寛大な措置を取ろうとする。
一定条件さえ満たせば不問にきしても良いよ。

ところが、その懐柔工作に、首を縦に振らない頑固者がいた。
そう、本多正信。
今さらそんな訳にいくかい。


逃げちゃった。

逃げちゃった、っていうのも面白いね。
それだけ覚悟を決めたくせに。

戻りたいなあ。
良いきっかけがないかなあ。

家康三大危機の最後が起きる。
本能寺の変。
堺にいた家康。
いかん、すぐに三河に帰ろう。
神君伊賀越え。
ここで本多正信が奔走し
無事に帰国できた。

仕事
その後、甲斐の国を監視する奉行として実績をあげたのを皮切りに
次々と成果をあげ、信頼を勝ち取っていく。

そして、秀忠付きの年寄というポジションを任される。
年寄とは、後の老中
江戸は任せたぞ。

とにかく家康とウマがあった。
ツーと言えばカー。
それが逆に周りの反感を買った。

正信も敢えて嫌われ役を買って出たようなところがある。
言いたい事が分かるので
家康の言いにくいであろうことを言ってしまう。

自分が嫌われていることが一番分かっているので
加増を提示されても絶対に受けなかった。
1万石が1万2000石へ
たったそれだけ。

どうも、家康は何かにつけて正信に相談していたので
家康のやってきたことは、かなり正信発案ではないかという話がある。
大阪夏の陣で約束を反故にして内堀を埋めちゃったのも
どうも正信がかんでいる。

大阪夏の陣で豊臣家を滅ぼし、いよいよこれからというときに
あっさり引退して、息子、正純(まさずみ)に譲っちゃう。

家康は大阪夏の陣の翌年になくなるんだけど
その50日後に正信も亡くなるんですね。
そんなところまで気が合うんだろうか。

富士講でありがたや

伊勢講の話はしましたね
一生に一度は、お伊勢さんに行ってみたい

そのためにみんなでお金を出しあって

それが、おかげ参りとかにも繋がっていった

もうひとつ、忘れちゃならない講
富士講があります。

富士講
庶民の富士信仰は尋常じゃなかった。

これはもう当たり前ですね
理屈じゃない

私も富士山をみるたびに
桜もそうですけど
日本人に産まれて良かったぁ
と、つくづく思いますから

富士山が嫌いな人なんて絶対にいませんね

そもそも、不二
ふたつとない、で富士ですもんね
不死にも繋がる。

お伊勢さん同様
江戸時代の人は、一生に一度は富士山に行ってみたいと考えた。
お金を出しあって富士講です

富士講の開祖といわれるのは長谷川角行というひと
九州長崎の人で、富士の人穴で千日間立ち行の末に悟りを開いたといわれています。
富士山登山百数十回、断食300日などの苦行を成し遂げ、106歳のとき人穴で入寂した

伊勢講の場合は出来るだけ全員にということがあったので
順番に当たったようですが
富士講の場合は
当時、女人禁制だったので、男性しか無理だし
ある程度体力の有るものでないといけない
最初から全員は無理なのでくじ引きの事が多かったようです。

選ばれた者は、代表者なので
もう責任重大で、準備も大変だったようです。

日頃やましい事をしているものは、山酔いをすると
考えられていたようです。
高山病ですね。

御師
伊勢にもいた御師
伊勢のときは、おんしと読んでいましたが、伊勢でない場合はおしと読みます。
旅行代理店みたいな存在でした。

富士の場合にもいて
特に富士登山の4つのルートのうち、吉田口ルートの吉田に多く集中していました。
彼らは、富士山に仕える神主でもあります。

伊勢の御師がお札を配ったように
富士の御師は富士山牛玉(ごおう)と呼ばれるお守りを渡します。

御師の家は宿舎でもありますが
そこで振る舞われる料理にはルールがあります。
肉はだめ
山開きの時には、必ずひじき
魚は鯉が多かったようです。

登山
登山の前には、北口本宮富士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんし)

石灯龍の参道には樹齢300年以上の杉やひのき
高さ18メートルもある大鳥居。
木造の鳥居としては国内最大級です。
世界文化遺産はこの神社も含めての富士山です

しばし進むと大塚丘(おつかやま)という場所があります。
ヤマトタケルノミコトが立ち寄り
「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と言葉を残したとされています。

残された者
無事行って帰ってきて
ああ、代表で行ってくれてありがとう

基本はそうなんですが
女性や体の弱いものはどうやっても行けないわけですから
ちょっと悔しい

そこで考えました。
よし、私たちでも登れる富士山を作っちゃおう。

富士塚と言われる富士山のミニチュア版です。

ウォーキング同好会でのイベントで最初に富士塚に出会ったのが
千駄ヶ谷の鳩の森神社
ただ土を盛っただけでなく、
富士山の名所のミニチュアがことごとく再現されています。

それ以降、何度もウォーキングイベントをやっていますが
あちこちで、富士塚があるわあるわ
最初、あそこにもあった、ここにもあったって数えていましたが
途中から訳分からなくなりました。
品川神社の富士塚なんかは感動でしたね。

ウォーキング同好会を始めなければ絶対分からなかったことです

江戸庶民の富士山に対する熱い思い。
東京には富士山はいっぱいあります!

謙遜
ところで富士山と言えば
日本人の謙遜ということで面白い話があります。

江戸の人が、駿河の人に
駿河名物を誉める

竹細工は他の国のものは比べ物になりません。
いえいえ、お江戸の亀井町の方がはるかにじょうずにござります。
なすびは素晴らしいですね
いえいえ、本所の砂村にはかないませぬ。
といった具合

もう、真打ちを出すしかないと
何と申しましても、駿河の富士は日本一の名山でござりましょう。

いえ、あれも半分は雪でござります。

がす資料館で、ガス灯に想いをはせる

がす資料館に行ってきました。

地元、東久留米です

実は目的は、春に黒目川上流のウォーキングイベントをやるにあたって
お弁当を食べる場所を探すためです

庭園
イベントで角上魚類という魚屋さんスーパーに立ち寄って
海鮮丼とか、パックの握り寿司を買って
みんなでどこかで食べよう
でも、食べるところがない

その話はしていました。

その角上魚類から歩いて10分ちょっとのところに
がす資料館があるのです

横をいつも通って、きれいな建物だなあと思っていたのですが
行ったことはありませんでした。

中にきれいな庭園があります。

聞いてみました。

お弁当を広げていただいて大丈夫ですよ
快くオーケーをいただきました。

がす資料館
以前、東京ガスの、社員向け施設が有ったところ
とてもきれいな建物です。

ガス灯館と暮らし館の二つの建物が建っています
東京ガスの施設なので入館無料です。

ガス灯館
ガスって今のような使われ方ではなく
灯りとして使われたのが最初だそうです。

文明開花ファンの私としては、たまりません
銀座の街にガス灯が灯る

陸蒸気(おかじょうき=蒸気機関車)とともに
文明開花の象徴的な出来事でした。

解説していただいた方によると
銀座が最初ではなく
大阪、横浜、銀座の順番だったそうです。

1時間おきくらいに、ガス灯点灯イベントをやってくれます。

館内を暗くして
まずはろうそくから

それまでは、これくらいの明るさだったわけですね

さあ、つけますよ

うわあ、明るい

まずは、裸火といわれている
回りをガラスとかで覆っていない火
これで5ワット位

次に飛躍的にガス灯が向上したのが
ガスマントルという素材の開発
木綿や絹などの糸で編んだ網袋に発光剤(トリウムおよびセリウム)を吸収させたもので、ガスの炎にかぶせると、明るく青白い光を放ちます。
白い編み編みで
すぐ燃えてなくなりそうな感じでしたが
半年も繰り返し使えるそうです

つけますよ

うわあ
今度は白い感じの光
30ワットに明るくなった

これで一気にガス灯が街中に増えていくことになります

次に世の中に登場したのが電気
トーマスエジソンですね

比較のために、当時の電球も見せてくれます

明るいっ

さっきのと同じくらいでしょうか

東京ガスさんの前で
電気を誉めては悪いので、ここは控えめに

ただ、最初の頃の電球は明かりというより
熱を持ちすぎて
品質的にはいまいちだった。

ガス灯もまだまだがんばります。

一気に電気に変わっていったのは、関東大震災を契機にだそうです

地震で、ガス管が壊滅状態になり
復旧に時間がかかった。

素晴らしかったのが
菊の花の形をしたイベントで使われるとてもきれいな明かり
上野で、万博のような博覧会が催されたときに、展示されたものとほぼ同じもの

いつまでも見ていたい
うっとりするような美しさでした。

2階は、錦絵
検索できる、機械もあって、
私の大好きな、築地ホテルも出てきました。
感激!

暮らし館
こちらは、東京ガスのコマーシャル的要素があるガスが今まで
暮らしにどう取り入れられていったか

歴代のテレビコマーシャルが検索できるものもありました
おっ
こんなところに天海祐希

天海祐希だけをピックアップして見ていきました。
きれいで、生き方に力強さがあって、
女性の鏡ですね
こんなひとが上司だったらなあ
でも、横にいたら仕事にならないか

色々懐かしいガス製品、珍しいガス製品

面白かったのがガスオルガン
実際に置いてあったものは実演はしていなかったけど
横で映像

何とも言えない良い音色
ほわーほわーて感じ

これ、もっとイベントとかでやればいいのに。

お弁当
いやあ、楽しかったです。

さあ、目的は庭園でのお弁当でした
これも下見しときませんとね

車は駐車場に置いておいて
角上魚類まで歩いていって
ちらし海鮮丼800円を買って
戻ってきて庭園で食べました。

うーん。かくべつ

飛脚は走るよ、今日もまた

江戸の文化シリーズ
今日は、飛脚です。

飛脚
江戸時代に発達した飛脚は、3つに分かれます
幕府が公用に使った継飛脚(つぎびきゃく)
大名が使った大名飛脚
民間で利用されていた町飛脚

江戸末期には、北海道から九州までネットワークを広げ
全国展開の大企業になっていました

宿場町で飛脚から飛脚に手紙をバトンタッチして
運ぶ、駅伝のようなシステムです。

値段
例えば人形町から神田までというような近距離であれば
25文(225円)とかなりリーズナブル
ただし、江戸から京都までというような遠距離だと
8両(48万円)もしたということですから
とてもとても普通には使えませんね

速さ
気になるのはスピード
江戸京都間を
普通便で90時間、お急ぎ便で82時間、
「無刻」と言われる超特急便なら60時間で運びました
二日とちょっと
昼夜ぶっ通しで走ります。
時速7.6kmの超高速です。

那珂与次郎
秋田藩お抱えの大名飛脚、那珂与次郎(なかよじろう)
ものすごく早くて
秋田ー江戸間を通常6日かかるところを3日で走り抜けた

急ぎの用事は与次郎に頼め

あんまりみんなが与次郎与次郎っていうもんで
妬みを持つ人も出てきます。

あんな早い筈がない
与次郎は人間じゃなく狐に違いない

よし、証拠をつかんでやる
と、油揚げとかを置いて
狐に仕掛ける罠をしかける

与次郎は、その場所で罠に気づく
御用の飛脚に罠をしかけるなど不届き千万
どうしてくれようと逆に証拠をつかむべく近づいた瞬間

網にかかってしまいます
もはやこれまで
せめてこの手紙だけは届けぬわけには行かない

呪いの言葉を吐きつつ、手紙を放り出して死んだ
するとどこからともなく子狐が現れ
手紙をくわえると、一目散
仲間同士でリレーしながら期間内にちゃんと目的地まで手紙を届けた

そんな与次郎伝説がある秋田の与次郎稲荷神社というのがあります

そして、今、その地域に
可愛いキツネのよじろうご当地ゆるキャラが大人気だそうです。

不思議
ずっと不思議に思っていました
なんで走るの?

電車は無いにしても
馬だってあるし、船だってある
走るのは遅いでしょう


馬に関しては、結論的に言うとあるにはあった。
でもほとんど使われなかった。
コスト面が会わなかったようです。

むしろ、鎌倉時代には馬を使っていたみたいですが
江戸になると馬より人が使われるようになっていった
馬代、餌代などコストがかかりすぎる

もうひとつの理由がすごいと思うんですが
速さがほとんど変わらないから

馬は夜は走れないけど
人は夜も走る
とすると、ほぼ変わらないらしい
そうしたら、コストのかかる馬を使うこともない

三つ目には、馬が使われなかった理由というより
実は、隠れて使われていた。

そもそも、馬って、武士以外は乗ってはいけない
特権的なものです
じゃあ、馬ってどういう使われ方かというと
思い荷物を乗せて引いていくもの
牛と同じ使われ方です

ということなので
特別な馬以外は
もともと人より遅い。


先程の話ですが
人より遅い馬が使われる場合というのは
不真面目な飛脚の場合です。

実際に、馬に手紙を乗せて
煙草をふかしている飛脚が描かれている絵があります。

どれくらいが昼夜走り続ける真面目な飛脚だったのか
そんな資料は残っていませんので、分かりませんがね


次に船ですが
結局、何だかんだで、人が走るのとあまり変わらないらしいです
すごいですね。人。
あと、船は天候に左右されやすいということもあるんだとか。

ところで、これも疑問だったんですが
江戸時代、船はすでにかなり使われていたはずなのに
江戸と上方の間でやり取りされていたのは荷物だけで
人の交通手段として使われなかったんだろう

これに関しては、全くダメということでもないけど
ほぼ禁止に近かったようです。

理由は、海外に逃げちゃうかも知れないから。

幕末のドサクサになると
それなりに、幕末の志士たちは、船を使ってますね
特に坂本龍馬は船を扱えますからね

鳥羽伏見の戦いで、徳川慶喜が大阪から江戸に逃げ帰った理由は
複合的な理由ではありますが
ひとつには
慶喜は、船に乗ってみたかったんじゃないか、という説がある
あの人の性格からして分からんでもない。