「高輪ゲートウェイ」の本当の理由

ええええっ

山手線の新駅が「高輪ゲートウェイ」だとニュースで言っていた。

一般応募で、一番多かったのは「高輪」
そりゃそうでしょうね
高輪ですから
2位、芝浦
3位、芝浜
この芝がらみも分かります。
「芝で生まれて神田で育ち」が江戸っ子ですから芝の字は欲しいところです。
駅の西が高輪なら
駅の東は芝浦ですので、一騎討ちです

「高輪ゲートウェイ」は130位
36人が投票。

ええええっ、は
変なの。という否定的なええええっ
ではなく
肯定的な、よくぞやってくれた、という、ええええっ

江戸ファンの東京ウォーカーとしては
意味するところはすぐに分かった。

当然、その話が理由としてニュースで語られるんだろうと思ったら

リニア中央新幹線の発着である品川駅に近い
はあ?

品川は、以前職場があったため、ずっと利用してきて、ゲートウェイ感が半端ない
新幹線が止まるは、羽田は近いは、さらにリニア
品川を品川ゲートウェイに改名するならぴったしカンカンだけど
その品川に近いからって、高輪はゲートウェイじゃないよね

さらに、羽田空港に近いからという理由
だから、それは品川でしょ
品川より、もう一個遠いんですけど

公式の文書を見てみましょう

この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、
明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。
新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、
新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。
新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、
街全体の発展に寄与するよう選定しました。

ううん、間違いじゃないんだけど
もうちょっとハッキリクッキリ言って欲しかった。

ウォーキングで高輪を語ろうとすると
大きく二つのスポット

ひとつは泉岳寺
赤穂浪士の泉岳寺

新駅が出来ると発表があってから
私は、「泉岳寺」になるものとばかり信じて疑わなかった
だって、もう既に、その場所に都営地下鉄の「泉岳寺」駅があるんですから
当然乗換駅になるでしょうから
都の関係者は全員「泉岳寺」推しだったはず

さあ、もうひとつのスポットが答です。

高輪大木戸
ここには、江戸時代に高輪大木戸があったんです。

そこまでが江戸、そこから先が地方
もうちょっと先が東海道一つ目の宿場町、品川宿
各地方から東海道を歩いてきた人から見ると
まさしく江戸の入口

立派な門があってピシャッと閉まって、番所も設けられた。

あれれ?変ですね
門らしきものが書いていない。

実は立派な門
江戸260年の歴史の中で、そう長い期間ではない。

最初、札の辻のところにあったのが移転し
何度か大火で焼けては復旧したが
江戸後期には、
ええい、めんどくさい
と、取り払われたまま

元々とってもアバウトな性格の人達
世界的に見て、大都市でいくつか例があるような
都市を城壁で囲んで、みたいな発想はない
明け六つと暮れ六つに木戸を開け閉めしたところで
横はスカスカ

朱引き、墨引きっていうのがある

常に、江戸時代の最中に
江戸の範囲ってどこまで?って議論が何度もなされ
ずいぶん後期になって、文政元(1818)年やっと公式見解になったもの

朱引きは、南北町奉行の管轄範囲で
墨引きは、寺社奉行の管轄範囲

これ見ると、ビックリですが
高輪大木戸や四谷大木戸の結構先まで、江戸だと言っています。

これはあくまで、行政の範囲であり
庶民の感覚とは違う気がします。

四宿(街道のひとつめの宿場[品川、内藤新宿、板橋、千住])までは全て江戸です、
っていうのは、いくらなんでもと思います。

やっぱり庶民感覚的には、大木戸まででしょうね

東海道で地方から来た人を送っていく場合は
なんと、高輪大木戸まで送っていっています。

別れ際にちょこっとお茶でもして
じゃあ元気でね

そんな茶屋で賑わっている町なので
物理的な大木戸は無くったって、
気持ち的にはここが境目

まさしく入口、ゲートウェイです。

今後
とは言え、江戸時代よりも現在

山手線初のカタカナを取り入れ
こんな大仰な名前をつけたと言うことは
よほど気合いが入っています。

36人が投票したというのはとっても驚き
まあ、関係者でしょう。
良いじゃないですか、結果オーライになれば。
私は大賛成です。

JR品川車両基地の跡地をJRが再開発するプロジェクトで、
1期では、4棟の巨大超高層ビルと1棟の大型低層ビル計5棟が建設される予定

5棟の施設全体の敷地面積は約72,000㎡、延べ床面積は約851,000㎡と途方もないスケールの規模
東京都心でも最大級の再開発計画

恵比寿の再開発は大成功で、恵比寿と言えばガーデンプレイス
若者がお洒落な町として思い浮かぶ筆頭

さあ、今度のゲートウェイはどんなコンセプトになるのでしょう
個人的には、せっかく高輪の歴史から名前を持ってきたんだから
和のテイストを出して欲しいなあ
思いきって、建物の形を江戸城にしちゃうとか

索引はこちら
[江戸東京]シリーズはこちら(少し下げてね)


ミセバヤ

花カレンダー始めました

江戸検定1級、始動だっ

先々週の金曜日、会社帰りに神田の書泉グランデに寄り
江戸検定1級の問題集を買ってまいりました。

さあ、やってみるかな

過去問
2級の時のように、第6回から、第12回まで7年分

全部やっちゃったら力試しが出来なくなるから
まずは1年だけ

そもそも、挑戦して、数年すれば受かりそうなレベルなのか
はなから話にならないのか
やってみて判断しないとね

受験者データで言うと
年によってバラバラではあるものの大体平均すると
合格率が
3級で、50%から60%ちょっと。2級で30%台。1級は、1桁のほんの数%
受験者は、3つ合わせて、千何百人か
少しずつ受験者は減少傾向
3級と2級は誰でも受けられるけど
1級は、2級合格者しか受けられない。
1級受験者数は、あまり減少傾向にないということは
1級受験者は、数年に渡って受け続けているという事かも知れない
4年前まであった、凖1級というのが廃止されたようです。

いずれにしても、数字からみるとやたら手強い

第6回という一番古いやつね

おおっ
さすがは1級
こんなん分かるかいっ

ただ
あっ、これ分かる!っていうのもチラホラ

結果は?

67点!

やったー

ほぼ合格じゃん、って思うでしょう
残念!
3級と2級は70点で合格だけど
1級は80点なんですよ

とはいえ
予想よりはかなり良かった事は事実。
40点くらい取れれば、と思っていましたから。

挑戦する意味があるかないかの見極めとしては

「挑戦しようじゃないですか」

嬉しかったのは
ウォーキングしていて分かった事、がいくつかあった。
【問1】
初夢に見ると縁起が良いと言われる「一富士,二鷹,三茄子」。
江戸にはこの3つが揃う地域がありました。
江戸における富士信仰の随一とされており、
8代将軍徳川吉宗によって復活した鷹匠屋敷が置かれた場所、
そして江戸の青物市場があったところです。
さてその場所とはどこでしょう?

い)神田 ろ)駒込 は)品川 に)千住

【問2】
江戸有数の花見の名所飛鳥山では、
ある遊びが人気を集めました。
京都の高雄山神護寺が発祥の地と伝えられる、
その遊びとは何でしょう?

い)土器(かわらけ)投げ ろ)投扇興(とうせんきょう) は)投げ槍 に)楊弓

(答は最後にね)

他にも合わせて8問も

とは言え、ちょっと67点は出来すぎ
やま勘がバシバシ当たった。

信用ならない気もしてきた。

もう一年分やってみるか

あっ
これだ
こっちの方かも

やたらに難しい
どうにもこうにも

採点してみると

47点!

だよねぇ

でも、最初に考えていた、今の時点で50点くらい取れれば、というのはほぼクリア

ようし
いっちょやったるか

【答】
問1 ろ)駒込
問2 い)土器(かわらけ)投げ

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


七福神

花カレンダー始めました

修飾詞の付かない、塙保己一

塙保己一(はなわほきいち)というひと

実は、前から知っていて、ブログに書こうと思っていました。
渋沢栄一を書いたとき、
次は埼玉三偉人の、塙保己一、渋沢栄一、荻野吟子
その中で、塙保己一をよろしく、とのコメントもいただきました。
その時、「はい、近いうちに」、と言って今までかかっちゃいました。

塙保己一
はなわほきいち 国学者 1746-1821

国学って何かというと
江戸時代に、それより前の昔の事を研究する学問
歴史というよりは、文化的な事が多い
源氏物語の研究とか、そういうの

「はい、近いうちに」から、今までの間に、江戸検定の勉強とかしていると、
塙保己一の名はちょくちょく出てきます。

おお、また塙保己一かい

その度にとても驚くことがあるんです。
不思議だなあ
あの、塙保己一だよなあ

塙保己一なんて独特な名前、二人といるわけないので、間違いはありません。

修飾詞がついていないんです。

どういう修飾詞かというと

「盲目の」

そうなんです。塙保己一は目が見えないんです。

とうとうこの間、一度もこの修飾詞を目にしなかった。

私が最初に塙保己一の名前に触れたのは
塙保己一が盲目でありながら、人一倍苦労して、国学における第一人者になったというエピソード

衝撃的なものでした。

どうしても、障害者となると
障害を抱えつつ、よくがんばって、というところに目がいってしまう。

おそらく本人は、そこじゃなくって、と言いたいだろうと思いつつ。

江戸時代の画家というと葛飾北斎、安藤広重、ぐらいの位置付けで

国学という方から見ると
賀茂真淵、本居宣長、塙保己一。

目?そう言えばそうでしたね、
そんなことより、
ぐらいのもの

大したもんです。

生い立ち
「敢えて触れない」が塙保己一に対する正当な評価だと思いつつ
それはそれでおいておいた上でも
やっぱり気になりますね。

どれだけ大変だったんだろう、って

だって、国学ですよ。
山ほど古文書を読み込んで成り立つ学問じゃないかと。
私なんかは素人なんで、不思議で不思議で。

幼い頃から体が弱かった保己一は、数え年七歳の時に病により失明。
十五歳の時に江戸に出て、按摩や鍼、三味線の、雨富須賀一(あめとみすがいち)に弟子入りします。

ところが、元々不器用な保己一は、全く上達しない。

人生これまでか

悲観して自殺を図ります。

直前で助けられ、師匠のもとに戻ります。

ばかもん!
どれだけ心配したか

すみません。
師匠に迷惑かけてばかりで。

そんなことあるわけなかろう
ただ、何をするにも熱が入らないように見えて
どうしたもんかとは思っていたのだ。
何でも良い、申してみよ

泣きじゃくりながら、師匠に初めて気持ちを打ち明けた。

実は、江戸に来てやりたいことがあったんです。
学問です。
田舎にいるとき
太平記を、全て暗記して、話し聞かせることで生計を立てている盲人がいると聞きました。
四十巻の本を暗記することで妻子を養えるなら、と思っておりました。

でも、やっぱり師匠には言い出せなくて。

学問がしたいんです。

そういう事なら、早く言うて欲しかった。
わしには、学問の事は分からんので、手伝ってやることは出来ん
少しばかりそのための時間は作ってやれる。
やってみるがいい

3年は面倒見よう
それで目が出なかったら
すっぱりあきらめ、田舎に帰ってもらう
それでも良いか?

もちろんでございます。

多目に作ってくれる空き時間、本を貸してくれる人を探す。
本を貸してもらえると
今度は、それを読み聞かせてくれる人を探す
その繰り返し

あまりの熱心さに、少しずつ評判がたちました

雨富さんとこに、えらく学問好きなあんまがいるらしいよ

学問かい
そりゃまた、どんな奴か、一度顔を見てみたいもんじゃ

下手くそなあんまだと知りつつ、ひいきにしてくれる御得意様が現れてきます。
心を込めて一生懸命マッサージ

じゃあまた、続きを読んであげようかの

いつも前回の内容を完璧に覚えているので
面白がって、本読みを買って出てくれます。

そういうお客様からは、お代はいただきません。

隣に松平乗尹(のりただ)という旗本が住んでいたのですが
噂を聞いて感動
多忙を極める人だったので

一日おきに寅の刻(朝四時)から卯の刻(六時)までなら読んでやろう

朝の本読みが始まりました。

余りにも記憶力が良いことに感動し
ある提案をします。

わしの家で、毎月、萩原宗固(はぎわらそうこ)という先生が『源氏物語』や和歌の講義をしてくれる。
お前も一緒に講義を聞いてみてはどうだろうか

えええっ、良いんですか?
ありがとうございます。
ありがとうございます。

萩原宗固も余りの真剣さと
驚くべき吸収の速さに感動

感動の輪がどんどん広がっていきます。

いつも一緒に聞いている松平乗尹は
これは、もうレベルが違うと感じ入り
雨富のところに向かいます。

どうだろう
保己一を、萩原宗固の門人にしてあげては。

その頃はもう雨富も保己一に惚れ込んじゃっていて、大賛成

保己一は国の宝
私はどんな事でも協力する。

国学との本格的な出会いです。

長くなりましたね
まだまだ続きますので
続きはまた明日。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)




花カレンダー始めました

江戸検定2級。受かったあ。89点!

さあ、待ちに待った、江戸検定2級受験日がやってまいりました。

なんか、このフレーズ、一回言ったような。

日本広しと言えども
江戸検定を二日に渡って受験した人は
私だけでしょう。

表彰ものです

結果
結果からまいりましょう。

受かったあ。
受かった受かった受かった、受かったぁ

3年間の苦労が報われました。

70点で合格ですが、89点でございました。
すぐ、帰りがけに回答をくれるので、すぐ分かるんです。

頑張りましたからねぇ

3年ですよ、3年
長かったぁ

込み上げる
ああ、嬉しさが込み上げる。

分析
細かく分析していきましょう。

江戸検定には、今年のお題というのがありまして
今年は「江戸のヒロイン」

100問中、20問
「江戸のヒロイン」という特別テキストから出ます。

無茶苦茶頑張って暗記しましたよ

結果、私は17問正解
85%ですね

嬉しかったのが
私の「江戸のヒロイン」の記事にした
井上でん、笠森お仙、千姫、唐人おきち、も出たってこと
もちろんそこは正解ね

ああ良かった。

3回目にして、ようやくこのテストの勉強の仕方が分かったかもしれない。

過去問ですね

市販の本で過去問と称して売っているのがあるんだけど
1回目はそれで勉強していた。
正直、それは今いちです

今回、そこから全く同じものが出ているので、全く無駄とは言いませんが。

今回やったのが
第6回から第12回まで買ってきて(郵送ないしは、神田の書泉グランデで入手できます)
その700問を繰り返し繰り返し
問題見た瞬間に、(い)とか分かるぐらいにする

そのあとテキストに当たると、テキストの中で覚えるべき所の濃淡が分かる

前回までと今回で大きくやり方として違うところかな

なんと数えると、100問中32問、過去問から出てます。
もちろんそこは、瞬時に(ろ)とかやって
全部正解。

積み重ねというのはあります。
3年ですから。

今まで、いっぱい記事にしてきたのは
確実に覚えてますので
そういったのは、頭に人の顔が浮かぶ気がしますよね

杉田玄白とか、高田屋嘉兵衛とか

いっぱい歩いたのも役立っています。

神田上水の問題なんかは選択肢4つのうち、3つまでは歩いてますから
ここは、まだ暗渠になってなかったよなあ、って

根津権現とかもね

あと
一日延びたことで、1個拾えたのがある
荻生徂徠
今日直前勉強で見てたんですよね

一日多目に勉強したのは私だけですからね

ああ
幸せ

応援ありがとうございました。
感謝感謝です。

索引はこちら
[江戸の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


ピラカンサス

花カレンダー始めました