川本幸民。日本で初めて作ったのは、ビールとマッチとカメラ

江戸の理系力シリーズ、長くやってまいりましたが、一旦最終回とします。

川本幸民
かわもとこうみん 化学者 

わが兵庫県、三田藩の藩医として生まれた幸民
早いうちから抜きん出た才能をあわらし
参勤交代に伴って江戸に入府します。

江戸では蘭学者・坪井信道の塾に入門し、緒方洪庵らとともに蘭学を学びます。

大きく花開くかと思いましたが、大事件。
1836(天保7)年、刃傷事件を起こしてしまいます。
事の詳細は分かりませんが、殺しちゃったか、巻き込まれたか

数年間の謹慎蟄居を余儀なくされます。

1841(天保12)年に謹慎が解けると、
その数年後にのちの薩摩藩主・島津斉彬と知り合います。
出たっ。科学大好き斉彬
1853(嘉永6)年に薩摩藩に転籍します。
さあ、そうなると薩長です。新政府側です。
あれもこれもやらせてもらえる斉彬で、色んな事できて
そのまま明治維新になだれ込みます。

超ラッキーではありますが
反面、先程の謹慎もあり、
生涯で三度も大火に会い、その都度家を焼け出されているので
順風満帆な人生とは言いがたいかも。

マッチ
嘉永元年、幸民がある裕福な商家に往診に出かけた

その主人が
西洋にマッチというものがあって、擦っただけで火がつくらしい

ほう、そりゃまた素晴らしい。

どうじゃ、先生なら作れるんじゃないか
もし作れたら、五十両差し上げますぞ

幸民の実験の日々が始まります。
当時のマッチは材料に発火点の低い黄燐を使っていたため、製作は爆発の危険と隣り合わせでした。

負けるもんか

いよいよ完成。

見ていただけますかな

商人の前でマッチで着火
ぼわっ

おおおっ

ということで五十両

あっ、あれか
あれは冗談じゃ

いいえ、払っていただきます。

なんとか逃れようとする商人でしたが
この話がどんどん広まっていき
引っ込みがつかなくなって、泣く泣く五十両を支払いました。

化学新書
化学新書という本を、1861年に出版
宇田川榕菴の舎密開宗と並び江戸時代末期の代表的な化学書です。

ビール
この『化学新書』に、ビールの醸造方法が書かれています。
それも、とても詳しく。

幸民がビールを作ったということが、明確にどこかに書いてある訳ではないので
100%ではないんだけど
基本的に実験しながら書いているので
まず、日本で初めてビールを作ったことは確実です。

たとえば「上泡醸法」と「下泡醸法」では、発酵温度や仕込時間、貯蔵期間などが異なる事が書いてある
上泡醸法は今、イギリスのエールなどで行われている製法と同じで
下泡醸法は、ドイツ風ビール。こっちは当時まだ確立したばかりなのになんで分かったんだろう。

1853年のペリー来航で、ペリーがおみやげで持ってきたビールを真似た、とも思われるけど
それだけで、「上泡醸法」と「下泡醸法」の違いなんてところまで行くだろうか
謎です。

カメラ
カメラもおそらく最初。
多才過ぎてクラックラ来ますね。

1830年代フランスで発明されたとされるカメラをためしに作り、
日本で最初に撮影に成功した。
このことは、遠西奇器述(えんせいききじゅつ)に書かれています。

初期のカメラは、色んな方式があり
それぞれ一長一短あった。

自分が最初に開発してから10年後
咸臨丸の使節団の中に滞米中に写した複製写真を持ち帰った者がいた。
おっ、これは違う方式、湿板写真だな、とすぐに分かり
その湿板写真式カメラも作っちゃった。

その湿板で幸民が取った写真が2枚残っている。
一枚は自分を撮ったものだけど
もう一枚は、これ

川本秀子さん。
奥さんです。

苦労かけたね、って事でしょう。
奥さん、嬉しかったろうなあ。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


サルビアレウカンサ

花カレンダー始めました

宇田川榕庵。江戸時代に化学を究める

江戸の理系力シリーズ。
天文学、数学、医学、遺伝学、機械工学、博物学、本草学と進めてまいりました。
そういうと、化学って出てませんでしたね

江戸時代に、試験管とかフラスコとか無さそうだし、
いくらなんでも無理なのかな

いえいえ、どっこい

宇田川榕庵
うだがわようあん 化学者 1798-1846

江戸時代後期の津山藩(岡山県津山市)の藩医です。

元々は、大垣藩の藩医の息子
参勤交代制度のメリットだと思うんだけど
江戸に住んでいる、江戸詰め、と言います。
お父さんは、同じく江戸詰の藩医、宇田川玄随が師匠です。

息子さん、優秀ですね。養子にちょうだい。
はい、どうぞ。

ってことで、14歳で養子になったので、宇田川姓
岐阜から、あっという間に岡山です。

哥非乙(こうひい)説
化学者と言いつつ、他の事から話し始めるのは気が引けるのですが
色んなことやっています。

いっぱい本も出しているんですが、まずは19歳の時に出した本。
「哥非乙(こうひい)説」という本です。
コーヒーの産地、効用を説いたものです。
ハイカラですね
Coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕庵が最初。

喫茶店の珈琲館は宇田川榕庵を恩人と崇めないといけません

『西説菩多尼訶経』と『植物啓原』
ショメルの百科事典を読んだ宇田川榕庵はびっくり。

日本では、植物と言えば、観賞のための園芸として、より奇異なものを作り出すための品種改良
あるいは、本草学、すなわち薬草として有用なものを探す。

西洋には全く視点の違った植物の学問があるじゃないか

植物自体の構造や生理を探求する

物事には、それが形作られ、働きを持つさらに元となる仕組みがあったのか

分類や効用や改良は散々行ってきたけど
「植物学」と呼べるものに体系立てていくのは、榕庵からだと言って良い。

西説菩多尼訶経(ぼたにかきょう)って変な名前でしょう。
本が、お経のように折り本形式になっているから。
「菩多尼訶(ぼたにか)」というのは、ラテン語で植物学を意味するbotanicaからとっています。
何ともハイカラなお経があったものです。

その後、もっと本格的な植物学の『植学啓原』を出版しています。

榕庵の特色として、さっきの珈琲もそうだけど
現在の学問で使われている言葉を思いっきりいっぱい産み出している。
雌花、雄花、花柱、葯、柱頭などの訳語は全部、榕庵です。

舎密開宗
さあ、いよいよ化学ですよ。

物事のもう一つ元の研究という視点をおそらく日本人で初めて持った榕庵
化学に興味が向いていくのは当然の流れでしょう。

イギリスの化学者ウィリアム・ヘンリーが1799年に出版した Elements of Experimental Chemistry を
J・B・トロムスドルフ(de:Johann Bartholomäus Trommsdorff)がドイツ語に翻訳、増補した
Chemie für Dilettanten を、
さらにオランダの Adolf IJpeij がオランダ語に翻訳、増補した
Leidraad der Chemie voor Beginnennde Liefhebbers

うーんややこしい。
「それ」を読んで訳したのが「舎密開宗」(せいみかいそう)

日本の化学の夜明けでございます。
やりました。
イッヒリーベボクノフネですね

単純な翻訳ではなく、その他のあっちこっちの化学書から
あれやこれやを追記しているから
新たなオリジナルの化学書といっても良いくらいのもの

「舎密」とはオランダ語の「セーミ」に当て字をしたもので、開宗とは開くという意味。


さあ、ここで作り出した言葉は?

酸素、水素、窒素、炭素、白金といった元素名
元素、酸化、還元、溶解、分析といった化学用語
細胞、属といった生物学用語

すごいです。
何から何まで。

何と日本ではじめて、現在の化粧せっけんに近い石鹸を製造しています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


トラディスカンタナ シラモンタナ(白絹姫)

花カレンダー始めました

小さな富士山が担った役割。

富士講。なぜ日の出を背にして拝むのか
の続きです。

富士塚
高田富士の話はしました
富士山が好きすぎて、自分で作っちゃいました。

富士講で代表者が富士登山するにしても
代表者以外の人は富士講に入る面白味に欠ける。

ほら、この富士山に登ると本当の富士山に登ったのと同じご利益があるよ
ええっ、そりゃ便利

高田富士が評判を呼び
我も我もと違う富士講が自分達の富士塚を作り出す。

面白いのは、実際の富士山が見える地域でのみ、富士塚が作られていること。
富士登山の疑似体験に加え、富士山を良く見えるようにビューポイント。

(※以下、資料は、「富士講からみた聖地富士山の風景」からの引用)
また、富士山に近い地域でも作られない。

特に、富士山に登れない人にとってみれば、富士塚は必須。
お年寄りだったり、特に女性。
当時、富士山は女人禁制で、女性は登れなかったんです。

こんな風に、どんどん富士塚が作られていきます。

鳩の森神社の富士塚

護国寺の富士塚(音羽富士)

明治の富士講と富士塚
富士塚って、江戸時代に作られたとばかり思っていたんだけど
表を見る限り、明治になってからも、さらにどんどん作られている。
こりゃ、予想外

品川神社の富士塚

成子天神の富士塚

清瀬の富士塚

こんな資料もある

1868年が明治維新なので、むしろ富士講の人達の登山回数は、明治になってから飛躍的に伸びている

実は、明治になってからの富士講と富士塚は変質していくんです。

富士登山は、阿弥陀如来の御来迎(ごらいごう)で人気を博したと書きましたが
何と明治政府はそれを変えちゃった。

富士山に祀られているのは、阿弥陀如来ではなく、木花咲夜姫(このはなさくやのひめ)です。
廃仏毀釈。仏教を否定して、神道こそ唯一にした。

そんなこと、急に言われても。
阿弥陀如来は西にいるけど、木花咲夜姫は西にいるって訳でもないので、御来迎の意味付けが薄れちゃった。
西に向かって拝むのをやめて、東の太陽そのものを拝みましょ。
御来光(ごらいこう)です。

これこそ、180度の転換

明治政府の思惑は見事に外れ
木花咲夜姫ありがたや、とはならなかった。

これは、明治政府にとって痛手だっただけではない。
富士講にとって、嫌な予感。
富士山の宗教的意味合いが薄れていく訳ですから。

あれ?変ですね
富士塚はむしろ明治になってから多く作られている。

先ほどのグラフをどう見れば良いんでしょう。

明治になると
大月まで電車が開通

江戸末期に、江戸から富士山への往復で10日かかっていたのが
3~4日で出来るようになる。

また、明治5年に、富士山の女人禁制は解除されます。

女性は実際の富士山には登れないから、という
富士塚の存在理由の大きなひとつはもう失われている。

資料の見方の難しさを物語っていますね。
量的に増えた、イコール大流行と考えて良いのかって事

富士講の焦りとは考えられないでしょうか。

確かに誰でも登れるようになったから
登山回数という量的な面は飛躍的に伸びる
その一方で、希望者全員登れるとなると
代表者のために金を出し合ってという、講の存在意義、質的な面は同時に低下していた。
信仰ではなく、単純な旅行
互助会ではなく、旅行積立て

富士講の焦りは、富士塚を作ることによって
富士講員を繋ぎ止める方法として現れている気もします。

富士塚に、石碑がやたらに増えていったのもこの時期
江戸時代に出来ている富士神社の富士塚も
明治の時期に多くの石碑が据え付けられています。

富士神社の富士塚

富士講の行事の中で
富士塚の頂上から綱を張って、そこから色とりどりのタオルを垂らす、万国旗のようにしていたということもあるようです。
富士塚を利用して何とか盛り上げていこうとあの手この手です。

戦後
グッと時代は過ぎて、とうとう、富士塚と富士講は衰退期を迎えます。

交通網の更なる発展で、3~4日すら必要ない。

富士講で積立て?
そんなの入らなくてもいつでも行けますけど。

富士塚は、6mに満たない高さのものはことごとく壊されていく。

今、大規模書店以外の小さな本屋さんがつぶれているのと一緒

そう。
富士講は、厳しくても
富士塚の大きいのは残り得る

東京をくまなくウォーキングをして、
なんと富士塚の多い事かとビックリしたのが、調べ出した始まりですから。

衰退はすれども消滅はしない
どっこい生き続けている

なぜかって?
登ってもらえれば分かります

存在意義なんて理屈抜き

高いところは楽しいっ

索引はこちら

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


ヒガンバナ

花カレンダー始めました

富士講。なぜ日の出を背にして拝むのか

東京をウォーキングしていると富士山に出会う

富士山を模して出来た、ミニチュア富士山
富士塚と言う

あっここにも

おそらく今まで出会った富士塚は10ではきかないと思う。

ブログでも書いてきました。
富士講でありがたや
[大暑] 7/23 富士山の山開き、嘉祥の儀

この前、素盞雄(すさのお)神社の時、ちょっと調べて、食行身禄(じきぎょうみろく)という人の事を知った

あれ
ちょっと今まで思っていたイメージとちょっと違うかも
気になって、
もうちょっと調べたいな、と思っていた。

そして、今回、駒込の富士神社をきっかけに、さらに調べてみると
これは、今まで思っていたのと結構違う部分があるなあ

ということで
ここでまとめて、富士行者、富士講、富士塚というものについて
研究成果の発表といたしましょう。

富士行者
順番的には、富士行者、富士講、富士塚という順番になります。
この事がそもそもイメージと違っていたんですけどね
その辺はまた後で。

富士信仰自体は、あれだけの特別な山ですから
元々自然自体を神と考える日本の宗教にあって
自然発生的に出てくるのはうなづけます。

一方で、修験道(しゅげんどう)というのがあります。
山にこもってとてもハードな修行をするというもので
神道とも仏教とも違う、純粋に日本独自の宗教。

一番イメージしやすいのは山伏(やまぶし)
白い服着てほら貝吹く人

富士信仰は、コアな部分は、修験道の行者と言われる人たちでずっと続いていく訳だけど
明確な形や教義的なものは存在しなかったから
それが宗教と言えるほどのものかはちょっと微妙。

それを、宗教に近づけた人が「角行」(かくぎょう)
富士山西麓の人穴にこもります。ここで四寸五分の角材の上に一千日間爪先立ちします。
ふくらはぎパンパン。

角材の上で爪先立ちしたから「角行」という名前をもらいます。

その後、宗教の布教活動的な事をし
祈祷をして病気を治したりする
そして、教えというか、教義を作る。
家業を大切にすべし。等々

これ以降、富士行者というものが明確に意識できるようになる
その後、その弟子たちが、代々繋がっていきます。

大きく広がりを見せたのが、6代目、食行身禄(じきぎょうみろく)の時
享保、即ち吉宗の時だから、既に江戸時代も半ばになっています。

吉宗。良いこといっぱいしたんだけど
運悪く冷夏やウンカの大発生で、全国的大飢饉
幕府への不満が爆発寸前。

そんな時、食行身禄が立ち上がる
私が救世主となろう。
56億7千万年後に救世主となってこの世に降り立つ筈の弥勒菩薩(みろくぼさつ)とは私の事だ!

大人気者になります。
新たな教義も追加。男女同格。
加持祈祷の廃止。親孝行とか、真面目に働きましょうとか
分かりやすいもの。

そして、富士山の七合五勺目にある鳥帽子岩で断食行をし、そのまま仏となります。
享保18年(1733年)
空海みたいです。

号外の瓦版も出たというから、かなりの関心事だったようです。

一気に人気が高まります。
その弟子たちが頑張って
富士講という互助会組織が作られていくことになります。

富士講
もう一度おさらいしますと
富士講とは、講の構成員達がお金を出し合う
50人くらいの一般的ケースであれば、代表者3~7が選ばれ
富士山に登る。

ここも、ちょっとイメージと違っていましたね
一人だと思っていた。
寂しいだろうに、と
3~7だったら寂しくないね

通算8回以上登ると、先逹になる
指導者的役割。
33回以上になると、大先逹

でも、神道や仏教のように
神職や僧のような専任職ではない

あくまでも、職業を持っている
消防団みたいな感じかな

行事は大きく二つ
夏に行う富士登山と、毎月の集会です。

富士登山
富士講による富士登山は、大きく3つの時期で異なります。
まずは、江戸後期

富士吉田市にある御師(おし)と言われる世話役のところに行って
よろしくお願いしまーす。

富士講は江戸及びその周辺で流行ったもの

半分は 江戸のものなり 富士の山
ってくらいですから、江戸の人達は富士山は自分達のシンボルだと思っています。

その地域から見ると、富士山は西にある
この、西と言うのは特別な意味があり
仏教で阿弥陀如来の極楽浄土のある場所なんです。

富士行者は神道でも仏教でもない独自の宗教だと言いつつも
その辺は仏教の力を借りたりします。

富士山に登ると、極楽浄土の特別な体験が出来ますよ
その特別な体験を8回も経験した先逹は、特別な力を持つのです。

おおっ、そんなすごいことが
それなら、私も富士講に入ろう

そんなすごいこと、とは何なのか

富士山の頂上で日の出を待ちます。
すると、西の方の朝もやの中に現れたのは
おおお、阿弥陀如来様ーっ

分かります?この正体
実は自分の影
西って言うのがポイントです
科学的には、ブロッケン現象と言うらしいです。

御来光じゃなく「御来迎(ごらいごう)」と言います。

私も見た
私も見た

何か言われた?

ちゃんと親孝行していると、極楽浄土に連れていってくれるって。

こういうことは、だいたい尾ひれが付いていきます。

高田富士
1779(安永8)年、身禄の弟子の高田藤四郎という人が
今の早稲田大学の構内に、高田富士という富士塚を作ります。
食行身禄の入定後、40年もあとの事なんですね

ようやく富士塚ですね
おっとこんなに紙面取っちゃった。
続きは明日

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)


フジバカマ

花カレンダー始めました