木内石亭は石の研究で自然科学のパイオニア

江戸の理系力シリーズです。

木内石亭
きのうちせきてい 博物学 1724~1808

石です。
石の研究で名をなした人。

本名は重暁(しげあき)
そりゃそうですね
最初から石亭という名前だったら
バカボンのパパのようです。

11歳の頃から石に興味を持ち、のめり込みます。
とても渋い少年ですね

大人になってからもさらにエスカレート
奇石や珍石があると聞けばどこにでも出掛けていった

周りからは見ると、とてもアブナイ人ですね

でも本人からすると
石の面白さが分からないとは可哀想だなあ
人生の楽しみの大部分を失っている。

TBSラジオ安住紳一郎の日曜天国に年一回ずつ登場する「佐藤さん」みたいです。

日曜天国ではよくマニアックな趣味の人を良く紹介します
音を聞くだけで、どこのメーカーの型式が何かをピタリと言い当てる換気扇マニアとか
道端の石をひっくり返しながら歩く、陸貝(カタツムリとかナメクジ)マニアとか

そこで明らかになった事実は、
どんなにマニアックな趣味でも、同じことに興味を持っている人が
全国に200人はいるということ

インターネットのない時代
石亭は諸国を歩いて回り
その200人を探し当てることになります。

すると不思議なことに
奇石や珍石ファンは増加していきます。

私も堂々と、石が好きです、って言って良いのか

そして、加速度的に、石亭の元に珍しい石の情報が届くようになります。

石亭が収集した石は2000種類を越えます。
特に珍しい石と言われるのが31種類
「葡萄石」「天狗爪石」「金剛石」「木化玉」「石爪」「石梨」「石卵」「青玉髄」「黄玉髄」「赤玉髄」「白玉髄」「黒玉髄」「貯水紫水晶」「貯水白水晶」など

石っていうからえっ?て思うけど
なるほど、金剛石=ダイヤモンドだから
宝石を含むわけですね

そりゃ確かに200人どころじゃなくなってくるのは分かります。

収集品の中には自然石の他、人工的に作られたものも多くあった。

勾玉(まがたま)や石器。
石鏃(せきぞく)も1000個以上所有
縄文時代や弥生時代に作られたやじりです

当時は自然の石と思われていたんだけど
石亭が日本で初めて「人が作ったもの」という説を唱えたため
考古学の先駆者とも言われている。

当時、学問的には石(鉱石)は独立した学問ではなく
本草学(ほんぞうがく)のほんの一部門として研究している人はいた
本草学というのは、薬草とかの植物を中心とした博物学です

と言うことなので、本草学の権威とも色々交流
津島如蘭、小野蘭山、木村蒹葭堂(けんかどう)、平賀源内

弄石社(ろうせきしゃ)を結成して、全国の愛石家の指導的を果たします。

安永2(1773)年、「雲根志」(うんこんし)を発表
中国では、雲は石から産まれるらしいです。

なんと全部で15巻の大作

科学的考察だけでなく
各地の石にまつわる俗説とかも紹介

例えば、越後の雪化石というのがあるらしいんだけど
これは、鍾乳石(しょうにゅうせき)ですよ
雪は化石にはなりませんと

なんと、シーボルトは
著書「日本」の中で、
石器や勾玉などの考古学的考察部分を
石亭の研究から引いています。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


センリョウ(千両)

花カレンダー始めました

江戸を埋めちゃえ

前回、利根川東遷の話をしましたね
江戸を土地にした男

としたら、こっちの話もしないと片手落ちかな

海岸線
家康が江戸に来たときの海岸線って、今と大きく違っていた。

江戸城は太田道灌の作ったものはほぼ朽ち果てていて
石垣だって全く無かったから
一から作り直すとして

前が海か

どうする家康

これって有利だと思いません?

船で石垣の石を運んでくるとして
江戸城の横に横付けできる

でも家康はそう考えなかった

道作り
まずやったのは資材を運べる道作り。

でも、利根川東遷の時にお話ししたように
利根川デルタで下町はぐちゃぐちゃどろどろ
ならば、確実なのは陸路より、水路

道三堀という運河を掘った

目の前の日比谷入り江じゃなくて、もうひとつ向こうの江戸湊に船を付けて
そこから、船が江戸城まで入ってこれるように

なぜそうしたか

江戸の下町をどうするかのイメージが湧いていたからですね

利根川東遷でそこそこちゃんと乾いた住めるくらいの土地を作る
それでも足りない

首都としての江戸を作るには
もっともっと

そして、もう一つ、大きくあったのが防衛
諸藩が攻め入ってきた時に守れる

だから、江戸城のまん前が海だと困るんです。

よしっ、埋めちゃえ
駿河台という山を切り崩して

正確に言うと、江戸は大きく
山の手と下町に分かれていて
どろどろぐちゃぐちゃは下町の方
今でいう京浜東北線の東側

山の手は台地で乾いた荒れ地

山の手は防衛上、武士に住まわせる
最悪攻め入られて殺されちゃっても、まあ良いか、っていう
町人は下町。

防衛不要
でも、実は、家康の考えた防衛の町、江戸は
ある時期を境に大きく考え方を変えるんです

明暦の大火
4代将軍、家綱の時です。

江戸中が火の海になり
天守閣すら爆発して消失

じゃあ、これを契機に
防衛の町から災害に強い町に変えちゃおう。

家康の頭にあった首都としての江戸のイメージは
一から設計図を引き直す事になります。

とても大胆な発想のできる人がいたから
江戸時代は、260年も続いたんですね

索引はこちら
[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


グラジオラス

花カレンダー始めました

笠森お仙は会いに行けるアイドル

江戸のヒロインシリーズ

前回、前々回と遊女でしたね

遊女は庶民に大人気で、ファッションリーダーでもあります。
ということは、女性にも人気と言うこと

良く考えると不思議です。
女性が遊女にあった事がある筈ありません。
普通の人は入っていけないでしょう。

なぜ真似できるのか
浮世絵の存在です

女性もこぞって手に入れるんです。

とは言え、高嶺の花って感じはするなあ

そんな時、人気浮世絵師、鈴木春信(はるのぶ)やってくれました。

一般女性を美人画に書いた。
えらいっ

笠森お仙
谷中感応寺の笠森稲荷に水茶屋「鍵屋」に勤める少女

早い話が、喫茶店でアルバイトしているウェイトレスさん

今まで人気女性は、その道の言わば玄人さん
お化粧バッチリで、最新モードを着こなし、教養、芸能まで完璧

対するお仙は、ただの素人
化粧っ気もなく地味な木綿の着物
きゃしゃな体で、きびきび働く、素朴な魅力

大きな揺り戻し
大ブームになります。
なんせ、お茶代一杯分で会いに行けるんですから。

錦絵はもちろんのこと、双六、瓦版、手拭い、人形などの関連グッズがバカ売れ
歌まで出来ちゃいました。
明治の頃まで、ずっと流行り続けた、手まり歌

向こう横丁のおいなりさんへ
一銭あげてざっと拝んでお仙の茶屋へ
腰をかけたら、渋茶を出した
・・・・

大田南畝(おおたなんぼ)は、かなり入れ込んでいたようで
「半日閑話」で何度も話題にしています。

特にこの時代に爆発的に何かが流行すると言えば、芝居
笠森お仙も堺町の芝居で中島三甫蔵が
うねめが原に若紫、笠森稲荷に水茶屋お仙
という台詞を言って話題が盛り上がり

いよいよ森田座で中村松江によるお仙の芝居が大当たりします。

明和の三美人
さあ、そのなると次に続けと、美人探しが始まります。
とても良い事ですね

浅草観音裏の楊枝店の柳屋お藤
浅草寺境内の大和茶屋の蔦屋およし

この二人を合わせて、明和の三美人
花の中三トリオみたいですね

左から、お仙、菊の丞、お藤(およしが見つかりませんでした)

その後のお仙
突然、お仙が消えたっ

「とんだ茶釜が薬缶に化けた」
お仙見たさに水茶屋来れば
禿げた親父がいるばかり

お仙はどうした
お仙ちゃーん

憶測が飛び交う

病に倒れたか
どこかの国に拉致されたのか

江戸中の男どもが悲しみに暮れる
一人を除いては

旗本の御庭番で笠森稲荷の地主でもある倉地甚左衛門

あなたのところにお嫁に行きます。

9人の子宝に恵まれ、長寿を全うしたという

索引はこちら
[]シリーズはこちら(少し下げてね)


デュランタ宝塚

花カレンダー始めました

鈴木牧之の思い。雪国ってこんなです。

江戸の理系力シリーズ

博物学に参りましょう
この学問、以前、割り込みで土井利位(としつら)やっちゃいました。
雪と言えば、老中土井利位
雪の降った日に、雪の研究でね

あれから半年なんですね
今は猛暑

土井利位に関連のある、鈴木牧之(すずきぼくし)を取り上げて
少しでも涼しい気分になりましょう

鈴木牧之
すずきぼくし 博物学、民俗学 1770~1842

明和7年(1770年)雪深い、越後国魚沼郡の塩沢で生まれる
越後縮(えちごちぢみ)という麻布を扱う商家だった

雪晒しという工程まで、実に多くの手間がかかる、とても上質な布

裕福な家で、両親が勤勉
その影響を受けて、子供の頃から絵画や俳句や漢詩などの手解きを受ける

そして、その興味の幅がどんどん広がっていく。

家業を手伝うようになって、行商で、近隣の仲間と一緒に江戸を訪れるようになるんだけど
仲間たちは、吉原等で遊び回っている間
書家沢田東江の元に通い、書を学んだり
各名所旧跡を回るなどして見聞を広めていく。

とにかく商売熱心で、働き詰め
やるべきことを帳面に書き留め、昼やれる事と夜でも出来ることを色分け
傾きかけていた商売を持ち直させる

性格は几帳面で、家の中の掃除、蔵の整理整頓なんかも完璧に自分でやらないと気が済まない

一体、どうやって時間を作っているんでしょう
商売や家事の時間を昼夜使った上で尚且つ、さらに芸術

そしてなんと、さらにこの人の意欲はそれでは足らず
科学の分野に入って行きます。

周り雪だらけの雪、これを研究対象と考えた。

雪はなぜ降るんだろう
雪には結晶があって、結晶には色んな種類があること
どういう時に雪深くなって
吹雪とは何か

そんな研究の中で、土井利位の「雪花図説」とも出会うわけです。
温冷熱三際の大気循環論から、雪の形成を考察
おおっ、何だかすごい

さらにさらに、民俗学
雪国とはどういうところか

江戸に行って思うのは
ほとんどの人が雪国についての知識が皆無だということ
雪国の人がどれだけ苦労しているかなんて全く分かっていないし
雪国特有の風習、暮らしぶり等々

研究成果
コツコツと研究成果を書き留めていくなかで、
世の中に発表したくなってくる。

分かるなあ、その気持ち

「北越雪譜」という本にまとめて、出版しようと
山東京伝に話を持ち込む

田舎の布屋の若造(この時、まだ20代)が
山東京伝という超売れっ子作家に会えるんだから
江戸での地道な活動がかなり充実していたということですね

その弟子、曲亭馬琴も尽力してくれるんだけど
出版までは至らなかった。

こんな有名な先生方も動いてくれたなんて
結果は駄目だったけど、幸福者だよ
で終わりそうなもんだけど
そこで諦めなかった。

雪への愛
そして郷土への愛なんでしょう

精力的に動き周り
有名な文人たちとの交流を深めていきます。

実は、彼には時間がなかったんです。

小さい頃から耳が聞こえづらく
少しずつ聴力が悪化していきます。

ほら貝を使って補聴器的なものを作成して
何とか聞き取れる程度
おそらく全く聞こえなくなるのだろう

時間がない

でも、これといった進展がないまま
時間は過ぎ、耳も悪化の一途
研究成果はより充実したものにはなっていくのだけれど。

そして、約40年が過ぎた時
40年ですよ、40年

ようやく、山東京伝の弟、山東京山が動いてくれて
ようやく出版に至ったのです。

こんな人は、やっぱり報われなきゃ駄目ですよね

正直、内容的には難しい本
でも、私は江戸の人達すごいなとつくづく思うんだけど
こんな難しい本が、ベストセラーになるんです。

土井利位の時にも書いたけど、「北越雪譜」がベストセラーになり
その中で、土井利位の雪の結晶が紹介されていたもので
なんと、雪の結晶の図柄が人気になり
着物の柄として、大ブームを起こします。

良かったね

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)


ワルナスビ

花カレンダー始めました