劇作は最高のしょうもない文学

江戸の娯楽をいくつか書いてきましたが
今回は、江戸の文学

とは言いましても、堅苦しいのではありませんで
しょうもないやつです。

杉浦日向子さんの、「江戸へようこそ」からです。

戯作
江戸の文学に大きく戯作(げさく)と言われるジャンルがあります。

洒落本、滑稽本、読本(よみほん)、人情本、草双紙(くさぞうし)
草双紙は絵の入った本で、赤本、黒本、青本、黄表紙に別れる
内容と対象年齢で色が分かれるんだけど
赤は桃太郎の類いの子供向け、
黒は男の子向けの勇ましいやつ。武勇伝とか仇討ちとか
青は芝居噺が中心のいわゆるおんな子供向け。

黄表紙は、嘘。
実はそんなものは江戸時代にはない。
青本の発展形で、高級って訳じゃないけどちょっと大人向け
子供が読んでたらおませさん。

青本は日に当たると黄色に変色しちゃう。
じゃあ、最初から黄色に塗っちゃえ。

後の時代の人が黄表紙と名前をつけた。
江戸時代には、黄表紙も青本って呼ばれていた。

内容
ちゃんとした正道を行くものに対し、ちゃんとしてないやつ全般が戯作。

ブログでいうと、でーこんのブログ。

時期的に言うと、一番戯作的な戯作が華開いたのは、田沼意次の時代。
その後の松平定信の寛政の改革で弾圧を受けたので、
風刺の文学だと思われがちだけど
全くそんなことはない。

もっと内容がない。
教訓も主張もない。
パロディというのともちょっと感覚が違っていて
当時の流行り言葉がわんさか無理矢理押し込まれている

金々先生栄花夢
「江戸へようこそ」の中で
恋川春町の、金々先生栄花夢(きんきんせんせいえいがのゆめ)が全編紹介されている。
黄表紙、すなわち絵物語なので絵がそのままで
字のところは、読みやすいように杉浦さんが書き直している。

ストーリーは、片田舎の青年が江戸へ出ようと目黒不動に来て
名物の栗餅を頼み、できるのを待つ間に居眠り
その夢の中で、金持ちの養子になり、吉原とかで遊びたい放題
あまりの散財に勘当されたところで目が覚めると餅がつきあがっていた。
やっぱり田舎に帰ろう。
それだけ。

これを教訓と感じ、真面目に働こうという人が十人に一人くらいはいるかもしれないけど
まず、そういう目的では読まない。
黄表紙は、物語を楽しむ文芸ではない。

ありがた山のとんびがらす
うっちゃっておけ煤掃に出よう
等々、当時の芝居とかの流行り言葉が散りばめられているので
口に出しながら当時の口調で読み、本人はご満悦だったんだろうなあ。

今の我々が読むと、
はい?これがまたなんで空前の大ヒット?


こういうのを「茶」というらしい。
おそらく茶化すの茶

明るい無意味、吹っ切れた無目的
腹の足しにもならぬ笑い。

アバウト党の党首である私としては
とてつもなく魅力を感じるのです。

社会の多くがそういった方向を向いている。
子供たちはほぼ例外なく義務教育でもない手習いに通い
当時世界的にも例を見ない85%の識字率。
おそらく、大半は立派な人間になろうと思っているわけではなく
こんなとりとめもない本が読めるようになりたい。

平和って最高!

おそらく弾圧をした松平定信は
どう読んでも風刺的要素がないこれらの文学に
内容として問題ありとした訳ではないだろう。

松平定信のくそ真面目な性格からして、逆
こんなあまりに内容のない文学を読んでいる暇があったら
もっと真面目に働けと

でも、庶民は「茶」の精神で
茶んちゃらおかしいやいっ

江戸の娯楽と言えば、祭でしょ(神田祭)

前回、山王祭の話でしたね

今日は天下祭りのもう一個、神田祭です。

神田祭
神田明神は、平将門を祀ってます。

平将門(たいらのまさかど)は、朝廷に逆らって、関東に一大独立国を宣言した人
結局やっつけられちゃう訳だけど
江戸の庶民にしてみるとヒーロー。

今日、千葉県佐倉の平将門のゆかりの地に行って来ました。
将門神社。

こういう神社が各地にあるって言うことは
慕われていたんですね。

それにしても不思議です。
山王祭は分かる。
元々徳川家の産土神(うぶすながみ)
江戸城を守ってくださいね。

神田はこりゃまたなんで?
平将門は関東全域を守護している神様だから
って
負けちゃった方なのに守っちゃいないと思うんですけど。

理由はもうこじつけるしかなくて
本当のところは
当時も思いっきり盛り上がっていたからなんでしょうね。
ひとつは明らかに公の山王祭だとして
もう一個、やたらに盛り上がる、あれ入れときましょうか
なんだとしたら、
庶民のパワー勝ちなんですね。

要は将軍が見たかった。
費用まで幕府が負担するわけですから
すごい事です。

神田
神田っ子は神田に誇りを持っていますからね。
てやんでぇ こちとら神田の産まれよ。

日本橋が商人の町なのに対して
神田は職人の町。
士農工商でいうと工。
枯れた感じの粋よりも、勢い重視の「いなせ」
だから祭が合うんでしょうね。

町名
神田っ子の神田好きは町名にもあらわれています。
昔、神田区と麹町区が合併して、千代田区になったとき
神田の名前が消えるのが耐えられなかった。

そもそも「かんだ」は平将門の首が切られて京都に持ち去られたとき
体のあるこの地にまで、首が飛んできたといういわれから
「からだ」がなまって「かんだ」

町名にも神田付けたいんですけど
ってことで、
神田須田町みたいな感じで
神田〇〇町だらけ

その後、「住居表示」というのが全国的に実施され
今まで最後が〇〇番地だったのをやめて
区画整理をしながら
大きな道で区切られている中は皆同じ〇〇町〇丁目〇番
その中が右回りに〇号が付いていくという方法に変わる。

宅配寿司をやっていた私としては大助かりで
とても分かりやすい。

その時、神田〇〇町は廃止で、内神田とか外神田とかに統一。
のはずだったんだけど、
住民が大抵抗。

今神田〇〇町となっている町名は、原則住居表示になっておらず〇〇番地のまま。
いやあ、神田で宅配寿司やらなくて良かった。

勿論全員反対したわけではないので
両方の考え方の住所が入り乱れ
訳が分からない状態

例えば、神田司町(つかさまち)と神田多町(たちょう)には二丁目はあるが、一丁目はない。

区画整理前の、町名の単位が
今も、神田祭の神輿を担ぐ町会の単位なので
そのたびに今は違う住居表示の人達が一致団結する。


花火で「たーまやー」

江戸の文化は色々紹介してきました。
今回は花火です。

鉄砲伝来
天文12年(1543年)にポルトガル人が火縄銃を日本に伝えました。
おおーっ、日本史みたい。

ここから、日本の合戦の形態がガラッと変わったのはご存じの通り。

火薬
そのあと、徳川家康のお陰で、泰平の世の中が訪れた。

4代家綱の時、江戸城天守閣の中に火薬が備蓄されていたために
明暦の大火の時、天守閣が爆発して吹っ飛んだ

火薬か
役にも立たんくせに危ないな

思い出した
花火に使える!

徳川家康は慶長18年の8月6日に駿府城で、明人が立てた花火を
尾張、紀伊、水戸の御三家初代藩主とともにこれを見物しています。

このときの花火は今のような打ち上げ花火ではなく、筒から火花が噴き出すタイプ
のものだった。

最初は外国人に頼んで花火を行っていましたが
日本人だって作れるさっ

花火を作るようになり、特に新し物好きの江戸っ子に受けて、江戸で花火が大流行
していく。その人気の高さは「花火の禁止令」 が出るほどだった。

両国の川開き
両国で初の花火があがったのは、享保18年(1733年)
吉宗の時ですね
その年は、大凶作とコレラの流行で全国に多くの死者が出た。
その魂を弔うため、
両国橋のたもとで水神祭が開催され
花火が打ち上げられた。

以来、その花火が江戸中に隅田川の川開きを告げる合図を意味するようになった。

川開きの日に当たる旧暦5/28は、花火の上がらないうちから
両国橋の周辺は船で埋まる。

川辺の料理茶屋では宴会が始まる。

そして、日がとっぷりと暮れると、
両国橋のやや下流に浮かんだ船から
待ちに待った花火が打ち上げられる。

とはいえ、当時の花火は一色だけ
明るいオレンジ色

花火と花火の間も随分空いていた。

あがる流星玉屋が取り持つ縁かいな

間が空きすぎるので
途中の暗がりで、男女の仲が結ばれてしまう。

花火といえば空に打ちあがったときの掛け声ですよね
「たーまやー!」  「かーぎやー!」

鍵屋
鍵屋の始祖である 鍵屋弥兵衛 は大和の国の篠原村 出身で、
江戸に出たのが万治2年(1659年)

売り出した玩具花火が大当たりし、日本橋の
横山町に「鍵屋」を屋号として店を構え、
店は代々受け継がれていった。

大当たりした弥兵衛が考案した玩具花火がどのようなものであったかといえば、
それまでの花火が手筒か、火車 か、ねずみ花火だったのに対し、弥兵衛の花火は
大川(隅田川)などのほとりに生えている
葦(あし)やよしの管の中に星(火薬)を入れたもの

玉屋
玉屋が暖簾を上げたのは文化の頃(1804~1817年)で鍵屋7代目の時代

7代目鍵屋の番頭に清吉という名前の男がいて、
大変な働き者であったため当主から独立のお許しが出る。

その清吉が市兵衛と名乗って始めた店の屋号が「玉屋」

二大花火師
両国の川開きが始まった享保18年は鍵屋6代目の時代
ということは、玉屋はまだ始まっていない

その後、玉屋が両国の吉川町で開業するが、
たちまち鍵屋・玉屋の二大花火師の時代を迎える

両国の川開きは両国橋を挟んで 上流を玉屋、下流を鍵屋 が受け持つ

初日の花火5/28と打ち止めの花火8/28も両者が分けあっていた

ところが
玉屋が、天保14年(1843年)4月17日、
将軍家慶が日光参拝のために江戸を立つという前日に火事を出し、
自分の店のみならず周囲半町ほどの町並みを焼失させる事態を起こした。

当時は、失火は重罪と定められていたため
市兵衛は「闕所」 の上、「江戸お構い(追放)」となってしまう。

玉屋を妬んだ鍵屋が放火したという説や、
玉屋はもともと鍵屋芸者に産ませた子供だという説さえある

玉屋の人気が妬みを買うほど高かったということでしょう。

それ以来、鍵屋だけが請け負うことになるが
掛け声だけは残ったんですね。
 

江戸の娯楽と言えば、祭でしょ(山王祭)

江戸の娯楽をいくつか紹介してきました。

ちょっとちょっと祭はいつ出てくるの?
はい、おっしゃる通りです


江戸に限らず、祭は庶民の娯楽の筆頭ですね。

「全国の祭り番付」というのが江戸後期に発行され、
日本の東西各地170もの祭りを格付けしています。
国の名と当時の開催日も記入され、
まさに全国お祭りガイドといえます。

伊勢を境に、諸国の祭りを東と西に分け、
伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)など、真ん中の欄には別格の祭り

西の大関の位置には八坂神社の祇園(ぎおん)祭、関脇には大坂の天満(てんま)祭

ところで、以前、関西の三大祭は、神戸祭が入るよね、と言ったら
大ブーイングを受けました。
我々兵庫県民としては、神戸祭は超有名。
地元の小学生の鼓笛隊みたいなのがパレードして
ほのぼのしてる
神戸新聞じゃ、神戸祭は一面トップよ

とはいえ、行ったことはないんですけどね
(ないんかいっ!)

江戸の天下祭
東の大関、関脇はというと、山王(さんのう)祭(大関)と神田祭(関脇)がランクイン。

この二つは、江戸の都で数ある祭りの中でも「天下祭」と呼ばれています。
江戸を代表する祭りとして将軍がご覧になる、
幕府公認の祭り。

ふだんは町人が入れない江戸城内に祭りの列ごと入れ、
費用も幕府が負担しました。

では、なぜ山王祭と神田祭が天下祭に選ばれたんでしょう。

山王祭
今日はまず、山王祭から

山王祭の舞台は、鎌倉時代に創建された、いまの千代田区永田町にある日枝神社。
ウォーキングで行きましたよ。
どでかい鳥居。
さすがは天下祭って感じ

都となる前の江戸を治めていた武将·太田道灌が、
大きな城を築くにあたり,山王権現(ごんげん)をまつったこの神社を建てたことで、
神事としての祭りもはじまりました。
当初は細々としたものだったはずですが、
豊臣秀吉の命を受け、江戸を領地とした徳川家康が、
関ケ原の戦いで天下を取ると、状況は一変します。

江戸を新たな都とするための大規模な町づくり

こんな大事業。
象徴が欲しいなあ

家康は日枝神社を徳川家の城の守護神と定め、
江戸繁栄のための象徴にした

ちなみに権現って何かというと
仏と神の合体版ということね
お寺と神社の融合
山王とは、比叡山の山の神信仰から来てます。
比叡山だから日枝(ひえ)神社ね

権現シリーズは、根津権現もそうだけど
明治政権の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)政策で、
仏の方を潰され
神社にさせられちゃいます。

話を戻して、山王祭

山王権現に感謝する祭りも、
幕府が費用·人材などの面でバックアップ。
江戸が都として大きくなるに従い、
参加する各町も競い合うようになり、
山王祭は2年に1度の大行事に。
日本中から見物客が大勢集まるようになります

平安時代の王朝絵巻などを題材にした大きな山車が
何十基も繰り出すようになり、
その行列は特別に、田安門から江戸城内へ
入ることが許されます。

最初に山王祭を見て楽しんだのは
3代家光だそうです。
以後、将軍の上覧は江戸時代を通じて恒例となり、
神輿の城内渡御は106回を数える

天下祭としての地位を不動のものとします。

どんな祭?
そんな山王祭の特徴は、しずしずと掛け声なく進むこと。
現代でも、担ぎ手は,はっぴやはちまき姿ではありません

2年に1度、初夏の訪れを感じる6月、
古式ゆかしい伝統衣装で日枝神社-坂下門-銀座-新橋と回って日枝神社へと戻るルートを、
総勢500人、300メートルにもおよぶ大行列で歩きます

東京のど真ん中、東京駅周辺を練り歩くなんて壮観ですが、
江戸の昔はもっとすごい規模だったらしい

たとえば山車。
一番手の山車に載っかっているのは諫鼓鶏(かんこどり)と言って
中国に伝わる天下泰平のシンボル
いまのものは高さ約3.5メートルほど。
しかし、当時の山車は高さ10メートルを超えていたんですって。

さあ、ここでクイズです。
なんでちっちゃくなっちゃったんでしょう。





















◆◆◆答◆◆◆
電線

江戸時代には電線なんかなかったけど
明治になったら、電線なるものがあちこちに
大きいと引っ掛かっちゃうのよね

シリーズの次回は神田祭行きます。