江戸検定1級ノート

P50

【江戸の元号】
■1家康、2秀忠
①慶長けいちょう
(1596.10.27~1615.7.12)
②元和げんな
(1615.7.13~1624.2.29)
■警視庁で現ナマ
警視庁(慶長)で現ナマ(元和)[は、あかんえい]
◆関連ワード 慶長小判

■3家光:松平信綱
➂寛永かんえい 甲子改元
(1624.2.30~1644.12.15)
④正保しょうほう 後光明天皇代始改元
(1644.12.16~1648.2.14)
■ひかるカエルしょほしょほ
◆関連ワード 寛永通宝、寛永寺

■4家綱:酒井忠清、保科正之
⑤慶安けいあん
(1648.2.15~1652.9.17)
⑥承応じょうおう 家綱就任改元
(1652.9.18~1655.4.12)
⑦明暦めいれき 後西天皇代始改元
(1655.4.13~1658.7.22)
⑧万治まんじ 明暦の大火、災害改元
(1658.7.23~1661.4.24)
⑨寛文かんぶん 災害改元
(1661.4.25~1673.9.20)
⑩延宝えんぽう 災害改元
(1673.9.21~1681.9.28)
■ケアンズの女王命令したってマジ卍?漢文遠方
◆関連ワード 慶安事件、明暦の大火(1657)色んな物が粉になる、寛文印知

■5綱吉:柳沢吉保
⑪天和てんな 辛酉改元
(1681.9.29~1684.2.20)
⑫貞享じょうきょう 甲子改元
(1684.2.21~1688.9.29)
⑬元禄げんろく 東山天皇代始改元
(1688.9.30~1704.3.12)
⑭宝永ほうえい 元禄大地震、災害改元
(1704.3.13~1711.4.24)
■いろは店内の状況、げろっぱ吠える犬[いない1711正徳]
◆関連ワード 天和の治、貞享暦、元禄文化、元禄金銀

■6家宣、7家継:間部詮房、新井白石
⑮正徳しょうとく 中御門天皇代始改元
(1711.4.25~1716.6.21)
■正徳の治
◆関連ワード 正徳の治、正徳金銀

■8吉宗:大岡越前
⑯享保きょうほう 吉宗就任改元
(1716.6.22~1736.4.27)
⑰元文げんぶん 桜町天皇代始改元
(1736.4.28~1741.2.26)
⑱寛保かんぽう 辛酉改元
(1741.2.27~1744.2.20)
■七色(716)の競歩で、がぶ(元文)飲み梨(74)漢方の
◆関連ワード 享保の改革。三大改革。今日(享保)完成(寛政)した店舗(天保)
 
■9家重:大岡忠光
⑲延享えんきょう 甲子改元
(1744.2.21~1748.7.11)
⑳寛延かんえん 桃園天皇代始改元
(1748.7.121~1751.10.26)
■影響(延享)でC型肝炎(寛延)治るっぱ

■10家治:田沼意次
㉑宝暦ほうれき 京都の大地震、災害改元
(1751.10.27~1764.6.1)
㉒明和めいわ 後桜町天皇代始改元
(1764.6.2~1772.11.15)
㉓安永あんえい 明和の大火、災害改元
(1772.11.16~1781.4.1)
㉔天明てんめい 光格天皇代始改元
(1781.4.2~1789.1.24)
■宝暦暦失敗で迷惑安永、てめえっ(178)稲葉の大飢饉完成
◆関連ワード 宝暦暦、宝暦治水、宝暦事件、
明和の大火(明和9年でめいわく)明和の三美人(笠森お仙、蔦屋およし、柳屋お藤。)、明和事件
天明の大飢饉、天明の打ち壊し
 
■11家斉:松平定信
㉕寛政かんせい 京都の大火事の災害改元
(1789.1.25~1801.2.4)
㉖享和きょうわ 辛酉改元
(1801.2.5~1804.2.10)
㉗文化ぶんか 甲子改元
(1804.2.11~1818.4.21)
㉘文政ぶんせい 仁孝天皇代始改元
(1818.4.22~1830.12.9)
■飛躍(789)的に完成したパーマ(80)、今日はブンブン
◆関連ワード 寛政の改革、寛政の三博士(尾藤二洲、柴野栗山、岡田寒泉)寛政異学の禁
 文化文政時代

■12家慶:水野忠邦
㉙天保てんぽう 災害改元
(1830.12.10~1844.12.1)
㉚弘化こうか 災害改元
(1844.12.2~1848.2.27)
㉛嘉永かえい 孝明天皇代始改元
(1848.2.28~1854.11.26)
■嫌味(183)なテンポはこうか?ええ
◆関連ワード 天保の改革、天保の飢饉、[ペリー来航]嘉永6(1853)いやあ降参

■13家定:井伊直弼
㉜安政あんせい 災害改元
(1854.11.27~1860.3.17)
■家定病気で安静に
◆関連ワード 安政の大獄、安政の大地震

■14家茂
㉝万延まんえん 災害改元
(1860.3.18~1861.2.18)
㉞文久ぶんきゅう 辛酉改元
(1861.2.19~1864.2.19)
㉟元治げんじ 甲子改元
(1864.2.20~1865.4.6)
■かっけ(家茂)蔓延、病む(86)文久源氏KO

■15慶喜
㊱慶応けいおう 災害改元
(1865.4.7~1868.9.7)

■辛酉改元
168 天和 174 寛保 180 享和 186 文久
いろは(168)店内の状況げろっぱ 梨(74)漢方の影響(延享)でC型肝炎(寛延)治るっぱ パーマ(80)屋享和ブンブン 病む文久

【干支】
甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(コウ・オツ・ヘイ・テイ・ボ・キ・コウ・シン・ジン・キ)(漢字までちゃんと)
子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥(シ・チュウ・イン・ボウ・シン・シ・ゴ・ビ・シン・ユウ・ジュツ・ガイ)(漢字までちゃんと)
干支はここにもあそこにも

■幕領
享保450万石(天保期は420万石)全国3000万石
幕領がない国。筑後・大隅・薩摩・壱岐・対馬、四国の土佐・阿波、中国の因幡・伯耆・出雲・周防・長門・備前、北陸の若狭・越中、東海の伊賀・志摩・尾張、南海の紀伊・淡路
勘定奉行支配下の、代官、郡代が支配
京都、大阪、駿府には所司代、城代定番と町奉行

■裁判
民事が出入筋、刑事が吟味筋、和解は内済
鎖国は、ドイツ人ケンペルの日本誌を志筑忠雄が鎖国論、享和元年(1801)
朝鮮琉球は通信の国、オランダ清は通商の国
金1両で銀60匁、銭6貫文
後藤庄三郎
銭座は最初江戸と近江坂本の二ヶ所、翌年には仙台から豊後竹田まで8箇所
明和9年(1772)南鐐二朱銀
藩札は244藩

■刻印石

大奥役職
大奥の部屋
幕領が無かった国
■譜代大名の出世
奏者番→寺社奉行→若年寄・大阪所司代→京都所司代→老中
奏者番→将軍への謁見や進物等の披露→20~30人。4人は寺社奉行を兼ねる。大目付、目付とともに三役
寺社奉行→陰陽師、連歌師、碁将棋之者を支配。関八州以外の吟味筋
大老→[家光]土井利勝、酒井忠勝、[家綱]酒井忠清、[綱吉]堀田正俊(稲葉正休に殺害される)、井伊直弼まで井伊5人、酒井忠績(ただしげ)。大老格で柳沢吉保。
老中→四つ(10)八つ(2)で御用部屋。大久保、酒井、阿部、本多、水野、堀田、大河内大給の両松平。
(水掘ったまっ平ら大酒あんぽんたん)
12万石以下の譜代大名の城主
 川越、忍(おし)、岩槻、佐倉、古賀。
奉行→町、勘定、旗、作事、普請、鑓、
遠国奉行(伏見、山田、長崎、浦賀、日光、境、奈良、佐渡、新潟、羽田)
寛文印知で10万石以上で侍従以上は領知判物(花王あり)
それ以下で1万以上は領知朱印状

■財政
享保で年貢6割、天保で4割

■旗本、御家人の役職→石高も


■旗本、御家人の内職

■武家諸法度
最初は秀忠の慶長令慶長20(1615)年。金地院崇伝起草。同年、一国一城令
寛永令でほぼ固まる。500石以上の大型船建造禁止。参勤交代
寛文令で殉職の禁止
天和令で完成。以降全て天和令を踏襲(例外は正徳令[和文])

■改易
松平忠輝(家康の子、60万石、不行跡)
松平忠直(結城秀康の子、67万石、乱行)
徳川忠長(秀忠の弟、50万石、不行跡)

■参勤交代
弟正高を差し出した藤堂高虎
母芳春院(まつ)を差し出した前田利長
三男忠利を差し出した細川忠興

1年交代。表、子から。裏、丑から。7割。3456月交代など5パターン
約1割。半年交代31家。8~2の6ヵ月と、12~8の8ヵ月。主に関東
長崎警固役の福岡藩、佐賀藩、平戸藩、大村藩、五島藩は11から2の三月だけ
対馬藩は3年1勤の4ヵ月。松前藩は6年1勤。
定府31藩。水戸、大藩の支藩。在職中(老中、若年寄、寺社奉行)
11月か2月に参勤伺いで署名入り老中奉書(折紙形式)
大名行列は先遣隊(宿割隊と道具隊)と本隊(先手部隊・籠前部隊・中核部隊・籠後部隊・重臣諸役部隊)
150~300人程度が一番多い
最初は農村から。後期は、人宿(六組飛脚仲間)
下にいろ下にいろ。御三家だけ。
本陣の主は、酒、鯛、地域の名産品を献上。数倍の物で返す。
やむを得ず同格ですれちがう時は、左側通行。みすを上げて会釈

■江戸藩邸
拝領屋敷、大縄地(組屋敷)、拝領町屋敷(町人に賃貸)
拝領屋敷は幕府から借りているもので売買禁止。現実には相対替えで売買
犯罪者が駆け込むと、幕府であっても侵入禁止(大使館的)

■家紋

上杉笹、仙台笹、加賀梅鉢、真田六文銭、藤堂蔦、本多立ち葵、井伊橘、大久保藤、丹羽ペケ、土佐柏、加藤蛇の目、浅野鷹の羽、毛利長門沢瀉(おもだか)か一文字三つ星、池田備前蝶、土井六桁水車、細川九曜、黒餅、有馬巴

■大店

白木屋では9年目に初登り(50日)
正月と盆の15日頃に里帰りするのは藪入り
越後屋「イセマツサカエチウシ」(伊勢松坂越氏)
白木屋は「エヒスタイコクテム干」(恵比寿大黒天像)
白木屋の「仙の字」は食事、「丸や」は酒、「ト入」は客
■寛政の三博士
→尾藤二洲、柴野栗山、岡田寒泉
■新井白石の書物
→「藩翰譜」「読史余論」「西洋紀聞」「古史通」「折たく柴の記」「采覧異言(さいらんいげん)」

将軍の顔は見ちゃダメ。茶壺に追われてトッピンシャン

徳川将軍家の演出力、という本を読みました。

今考えるとなんじゃそれ、的な面白い話が満載
このあと数回に渡って紹介します。

威光
将軍はとってもエライ人、というのを意識的に作り上げました。
はるか遠い人ですよ、と

松平健が、暴れん坊将軍で
余の顔を見忘れたか
なんて、もってのほか

武士は将軍に拝謁(御目見得)出来るかどうかでランクづけされる
大名や旗本は御目見得できるけど、御家人は出来ない。

その大名や旗本も拝謁する機会は年に数える程度

いざ拝謁という時に「しー」という声がかかる
シーンとなり、息を殺す感じ

おもてを上げよ、と言われても、顔を上げちゃダメ
当然顔は分からない。
時代劇とかでは顔をあげてますが
顔を上げなきゃお芝居になりませんからね。

ちこう、とか、これへ、とか言われても微動だにしません。
そういう事を言っていただいても、私のようなものは畏れ多くて動けません
というのが「正しい」態度

セレモニーの時に将軍がかける言葉は決まっていて、「御意の振」(ぎょいのふり)という文書になっています。

何か役職を命じる時は「念を入れて勤めい」
大名が国元に戻る時には「在所への暇をやる、休息するように」

ワンフレーズ以上の事は言いません。

将軍が、江戸城外に出る事は、御成(おなり)と言います。
上様のおなーりー、って奴ですね

通過する道筋は厳重な規制が敷かれる。
道沿いの家の窓や雨戸の隙間には紙で厳重に目張りされる。
当日は火が一切使えないなど、生活は大きく規制される。

大名屋敷を訪問したりするともう大変
おもてなしで膨大な費用がかかる

大名が将軍の娘をお嫁にもらうとなるとこれまたえらいこと
東京大学の赤門は、加賀百万石の前田家が、11代将軍の娘を迎えるために作った門です

将軍に献上される品物はあたかも将軍であるかのごとく扱われる
将軍への献上茶を入れたお茶壺の道中に会えば、大名と言えども道を譲って籠から降りないといけない

ましてや庶民は、災難が振りかからないよう、家の戸をピシャッと閉め、通過するのをひたすら待つ

ずいずいずっころばしは、そんな歌です。

ずいずいずっころばし ごまみそずい
茶壺に追われてトッピンシャン
抜けたらドンドコショ

ただ、そんな将軍の存在は迷惑がられていたかと思うとそうではない。
江戸庶民は、自分達が上様のお膝元に住んでいるということが自慢で仕方ない。

例えば、どこかに将軍が立ち寄ったというと、同じ空気を吸いたいと
わんさか人が集まる
川崎大師は、11代将軍家斉が訪れた後、大ブームになる

山王権現や神田明神のお祭りは、山車が江戸城に入り、将軍にも見ていただけるということで大騒ぎ
町人の代表が江戸城内に招かれて、能を見せてもらえるというイベントがあるのだけど
それはそれは名誉なこと

そんな演出をしながら、
将軍は庶民にも大人気となっていきます。

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

[江戸城]石垣を考える。続きの続き

[江戸城] 石垣を考える
[江戸城] 石垣を考える。の続き
の続きです。

刻印石
天守閣は3回建て直された話はしました。
[江戸城] 天守は3回丸々変わって、その後なし
家康と2代秀忠、3代家光です

家光の時って、システムが変わりまして
石を切り出して運搬するのは、「寄方」と呼ばれている担当の藩
江戸で加工して積むのは、「築方」と呼ばれている担当の藩

逆に言うとそれまでは、桜田門の横のこの辺の石垣はおたくの藩ね
と言われると、石を切り出してから、積み上げるまで一貫して行う。

途中運んでいる間にごっちゃになって
あらら、うちの藩の石、一個足らんぞ

そんなことを避けるため
石に各藩のマークをつけたのが刻印石

今回江戸検定1級で出たんですよ

丸に十だけは島津なので違うと分かりましたが、何が何やら
当然不正解。
これが分かる人が、この一億何千万かの日本国民の中で何人いるのでしょうか

いかんいかん。文句言うのはやめましょう。
好きで受けているのは私でございます。

私は残念ながら、江戸城でまだ刻印石を見つけていません。
この前行ったとき、どうしても見つからなかったのよね。
見つけたら、確かに覚えているとテンション上がるよね
うおぅ。細川家やん

面白いなあと思ったのは
藩のマーク以外のマークも付いている

組み立て順かな
それもあるでしょうが、それ以外にも

おまじない

工事が全員安全に完了しますように
出来上がった江戸城が少しでも長く、繁栄を続けますように

想いのこもった刻印石です。

マークじゃなくて文字を書いた刻印もあります。

この前、飯田橋の駅のそば、牛込門に残る石垣で、文字を見つけました。
石垣はこんな立派なもの

その横にでっかい石がどんと置いてあります。

ここでクイズです。
さあ、何て書いてあるでしょう。

この牛込門は、寛永13年に、阿波徳島藩主の蜂須賀忠英が築いたものです。
半分隠れています。

このあと、答を書くから考えてね

刻印石を見るには、江戸城じゃなくても見れます。

ひとつは、小石川後楽園
そこの石垣は、江戸城の石垣を移築したもので
結構いっぱい刻印石が見れます。

面白いのが、地下鉄南北線の市ヶ谷駅の構内にある歴史散策コーナー

石垣や刻印石の説明をしてくれています。

地下鉄で市ヶ谷を通ったら、改札出なくても何線からでも行けるから
駅員さんに、石垣の展示はどこですか?って聞いていってね

【答】
入阿波守内

首を90度左に傾けて見てね
左側の辺の方が土に隠れているのね

阿波だけでも分かれば大正解

[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

[大岡越前] 通貨政策。両替商とのバトル。

[大岡越前] 産業振興などの本格対応
の続きになります。

江戸時代って、日本の中に二つの国があるが如し。
江戸と大阪
通貨が違うんです。

江戸は金が通貨で、大阪は銀が通貨
その二つが貿易している感じで、為替レートが存在し
日々相場で変わる。

両替屋が相場によって、手数料を取りつつ、金と銀を交換する。
びっくりぽんの世界です。
ずっと不思議だったんですよ
今の両替って1000円札を100円玉10個に換えるだけですよね
両替屋ってどこで儲かっているんだろう、って

ずっと、商品は大阪にだけ溢れていたから
手に入れるため、銀が欲しい、銀が欲しい。
構造的に、金安状態が続いていました。

以前は金1両で銀60匁(もんめ)
でも金1両で銀40匁にまでなっちゃっていた。

大岡越前は、金と銀の交換レートに介入しようとします

両替商に対して、金1両を銀60匁にしなさい。

両替商は猛反発
抗議の意味を込めて、一斉休業
両替商は大阪に本店がある店が多いので、大阪の銀が強いままの方が良いという事情もある

全部の銀行がお休みになったのと同じなので、経済は大混乱

大岡越前は、
分かったよ。じゃあ、55匁でどう?

アホか
そういう問題じゃないの
相場に任せなきゃダメなの
と、休業を続けます。

参りました。降参します。
大岡越前が大きく挫折した場面です。

貨幣改鋳
時代は少し遡り、5代将軍綱吉の頃
幕府の財政が悪化していった。

取った対策が、お金を作り替えよう作戦

本来は、例えば金貨を溶かして金にした場合、1両分の価値があるとすると、1両
でも、金の量を半分にすると
材料代は半分なのに、1両って書いてあれば1両
大儲けです。

卑怯な手ではありますが
財政は一旦回復

代が変わって第六代の家宣
参謀は新井白石
卑怯な事が大嫌いな白石
ダメでしょ、と元に戻した。

吉宗はその路線を踏襲します。

一枚岩だった筈の吉宗と大岡越前
この件に関しては、意見が分かれます。

上様、現実を見てください
正しいことだけで、やっていける状態にありません。

お金を作り替えよう作戦第二弾
今度は、別の意図も加味します。

金貨と銀貨、両方作り替えるんですが
金貨内の金を60%に、銀貨内の銀を58%にする
要は落とし具合を銀の方が大きくする

理屈で行くと、これで銀は弱くなる。

ところがこれもうまく行かず、結果、銀の方が強くなった。
おそらく、意図が分かった両替商たちが、一致団結して操作した可能性が高い。

再び敗北の大岡越前
ただ今回は強く出た

交換レートは相場に任せるべきっていうのが
君たちの主張だった筈
言っていることとやっていることが違うんじゃないのかい?

説明せよと呼び出したが、出頭拒否

両替商の手代たちを牢に入れてしまう。

まさかそこまでするとは思わなかった両替商たちはうろたえるが
こっちもあとには引けない
またまた、一斉休業作戦で対抗

今度は大岡越前も一歩も引かない。

膠着状態が2ヶ月も続く
さあ、どっちがおれたか

何と、大岡越前が寺社奉行に栄転になってしまう。
町奉行は交替
新しい町奉行と両替商たちが和解
手代たちは解放
一斉休業も復活。

大岡越前としても栄転な訳だから
両者WinWinなのかも知れません。

おそらく、両替商たちは、やりにくい大岡越前を外すべく働きかけたでしょうが
栄転という方向に持っていったのは、
仕事としては嫌な相手であっても
人間対人間として、一目置いていたのかとも思う。

肝心の交換レートですが
次第に落ち着いて、60匁で安定する

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)