江戸の数学はすごいんです。

江戸の理系力シリーズ。

前回まで、天文学でしたね
今度は、全ての理系の学問の基礎となる、数学にまいりましょう。

数学
具体的な人の話に入る前に、江戸の数学ってこんな感じって話をしましょう。

読み書きそろばんってよく言うから
そろばんはみんなやってたんだろうなと。
計算はそこそこ早かったのかもね
程度に考えていたんですが
とんでもありませんでした。

和算って言うんですが
すごいレベルの高等数学。

だから、天文、測量、医学、機械等々
江戸の理系が華開いたんですね

それでは、日本の数学の始まりの話から。

始まり
日本に数学が入ってきたのは奈良時代以前ととても古い。

ご多分に漏れず、中国から。

計算のための道具としては、算木というものが使われた。

これ、この前ウォーキングの時、近代科学資料館で実物見ましたよ
近代科学資料館。あの乾電池。

13世紀になると、中国でそろばんが普及
日本にも伝わり、日本でもそろばんが普及

計算だけを考えると、算木よりそろばんの方が圧倒的に便利なので
中国では算木がすたれてしまい、過去の遺物となる
日本でもそろばんが普及していくにつれて算木はすたれるかと思いきや
新たな役割を担うことになる。

今度お話しする関孝和が高次の代数方程式を解けるように算木を改良しちゃうんです。
xとかyとかは、甲とか乙

恐るべし日本の数学

それを皮切りに、どんどん高度な世界へ

考え方
日本における数学って、いわゆる学問とはちょっと違った要素を持っていく。

遊びというかゲームというか

ある人が問題を作って相手に出す。
相手は問題を解いたら、自分も問題を考える。
こんなんでどう?
ずっと続く。

これは良いぞと自信の持てる問題を作ったら

何とかこれを発表して、みんなに解いてもらいたいなあ

ネットもブログもない時代なのでどうしたか

絵馬にして、神社に奉納するんです。

数学って「楽しいこと」だったんですね。

江戸の肉食

江戸検定で間違っちゃった問題シリーズです。

【24】江戸時代には、獣肉をまったく食べなかったわけではなく、
牛肉の味噌漬けを将軍家に献上していた大名家もありました。
それは、次のどの家でしょう?
い)宇和島藩伊達家
ろ)加賀藩前田家
は)彦根藩井伊家
に)米沢藩上杉家

答は最後です。

牛肉
昔の日本人が牛肉を食べていたかという事に関して言うと
非常に微妙。

太古の昔は、狩猟をしていたのだから肉全般は食べていた。

ところがある時期から公式には食べなくなった。
仏教伝来です。

肉は食べちゃいけません

ただ、公式には、と言ったのには意味があって

そういうことにはなってはいますが
本当は食べています
という資料は残っている。

江戸時代
公式には牛は労働力でしかないんですが
特別にある藩だけに許されたことがあります。

彦根藩にだけ、牛の屠殺が許された。
元々武士にとって牛の皮は鎧や鞍などを作る材料だったんです。

ただねえ
皮だけ取って、肉を捨てちゃうというのもどうなんでしょう。

花木伝右衛門(はなきでんえもん)という彦根藩士が
本草網目(ほんぞうこうもく)という本の中にある一節を発見する。

牛肉は体によろしい

おおっ
じゃあ、余った肉は捨てずに薬を作れる。
作ったのが「反本丸(へんぽんがん)」

良薬口にうまし

この反本丸が、即牛肉の味噌漬けなのかは分かっていませんが

牛肉は薬
という公式見解となり
それならばということで
彦根藩から幕府や主要大名に牛肉の味噌漬けが贈られるということが始まります。

幕末
幕末になって彦根藩の大物が大老になります。
井伊直弼ですね。

井伊直弼はかなり信心深い仏教徒

何と、牛肉の味噌漬けを贈るという習慣をやめてしまいます。

牛肉の味噌漬けが大好物で、毎年楽しみにしていた人がいます。
水戸藩のこれまた大物、徳川斉昭(なりあき)

ちょっとちょっとそれはないんじゃないの
薬ですよ薬。

そこをなんとかうちだけにでも、とお願いしたが
ダメなものはダメ
しつこいなあ


安政の大獄

こっちも頭に来た

桜田門外の変。

えっ? 牛肉の味噌漬けが原因なの?

もちろん原因の中のひとつではありますが
意外に「食べ物の怨み」みたいなのが歴史を変えるのかも知れませんね。

皮肉にも、井伊直弼の行った開国で
外国人からのオファーが殺到し
彦根藩の近江牛はそのあとバンバン儲かることになります。

◆◆◆答◆◆◆
は)彦根藩井伊家

これ難しかったなあ。
全く初耳。

肉はほとんど食べていなかったという話題は、牛乳の話の時にやりましたが
逆に時々は食べていた訳で
そっちまでは分からなかった。

そういう場合は、どうせ1/4なのだから
馴染みのある藩にしちゃうおうかなと。
上杉鷹山で、米沢藩上杉家はやったので
米沢牛は有名だし、と米沢藩上杉家と回答しちゃいました。

丙午(ひのえうま)の迷信。八百屋お七の思いを分かって欲しい。

暦に関するシリーズ

この前、庚申は書きましたね
庚申塚ってなんだろか

六十干支の中で有名なのは、庚申や甲子に続いて、やっぱり丙午ですね
六十干支については、暦ってそういうカラクリだったのかをご覧ください

丙午
迷信だと分かっていてもみんながそう行動しちゃうっていう典型です。

丙午の年だけ、くんっと人口が少ない。

昭和41年にしてこれだから
江戸時代は、かなり強く迷信が信じられていた。

乙巳に妊娠すると翌年の丙午に子供が生まれることになるので、
堕胎や新生児殺しをする人も多かった。
当時の医学での堕胎って母体もかなり危ないんだけど、
そこまでこの言い伝えを気にしていたんです。

そもそも丙午って何かなんだけど
ひ の え というぐらいだから
火の陽
火星の陽陰の陽の方です。

そして午も火星の陽なんです。

重なるので、火星の性質が強く出るという事になります。
庚申は金の性質が強く出るという事でしたね。

迷信
「丙午の年には火事が多い」という言い伝えがあります。
中国の宋代の書灰剣録には「丙午と丁巳の年は災いが多い」と書かれており、
これが拡大解釈されて火事が多いとなったんでしょう。
火なのでストレートに「火」がイメージされる。

次の迷信は、「丙午の女性は男勝り」
これも言葉のイメージです。
午というのが気性の激しい馬、すなわちじゃじゃ馬と連想された。
火、で、午とくれば、そういうイメージになるんでしょう。

丙午の女性は嫁にもらっちゃいけない、となっちゃった。

八百屋お七
丙午の女性は嫁にもらっちゃいけない
をさらに増長させる大きな事件が起きた。

八百屋お七事件。
涙なくして語れない、いたいけな少女の悲しい恋の物語。
ことの顛末は、こっちを読んでね
八百屋お七は、哀しき16歳
どうしても、吉三郎に会いたくて、お七は放火をしてしまう。

お白洲のところだけ、もう一度繰り返しましょう。

南町奉行、甲斐庄正親(かいのしょうまさちか)
温情のお裁きを数々行っています。

でも江戸に火事は影響が大きすぎます
一ヶ月前に放火犯は火炙りの刑と、改められたばかりなんです。
いくら温情といっても、ここを曲げてしまうと江戸は今後も火の海になります。

実はかなり放火は多かったんです。
建設業関係の人達は大火の度に大儲け出来た。
「火事と喧嘩は江戸の華」ってそういう意味も含んでいます。

どうしようもない。
でも、目の前のこの少女を火炙りにできますか。

頼みは、年齢だけ。
今でいう少年法。
嘘でも良いから「15歳です」と言ってくれれば
無罪放免に出来る。

たしか15歳であったな

目で訴える。
そうだと言ってくれ。

私、丙午産まれでございます。
ですから16歳になります。

そう言えばどうなるかは、分かっている
口調で何を言わせたいかも分かった。
でも、お七はここだけは譲れなかったんでしょう。

丙午産まれで、数々の辛い目に会ってきたんでしょう。
なぜ丙午産まれだというだけで

丙午産まれのプライド。
ここだけはどうしても。

物語
悲しい物語は、人形浄瑠璃になった
歌舞伎になった。
大人気になり、知らない人がいない物語になった。

でも
お七が命をかけて守りたかったプライドが
逆に作用してしまう。

火事が火とストレートに結び付く。

丙午の女性は思いつめたら何をしでかすかわからない
迷信は、さらに助長させられてしまった。

結婚話が敬遠されたり、婚約を破棄されたり、
なかには自分の干支を恨んで自殺する女性もいたという。

まさかの江戸検定2級、64点で不合格

♪おいでみなさん聞いとくれ
僕は楽しい受験生

高石友也ですね

なんでこんなに受験は楽しいんでしょう。
学生さんみたい!

鉛筆と消ゴムと、多機能じゃない時計を娘に借り、
受験票も忘れていないか指差しチェック

実はこの記事のタイトル、今、向かう途中の電車の中
すなわち、受験前に書いとります

受かるに決まっとる。
気合いですね。
受験は気合いが全てです。

去年落ちたときは、試しに受けてみようくらいのもんで
今年は気合いの入り方が違っております。

一旦ここまで。
後は、のちほど。
さあ、最後の勉強

————————-
ここまでが受験前に書いた記事
この時に書いていたタイトルが
「受かった受かった。江戸検定2級合格だ」

受けました
結論をタイトルで書いちゃってますからなんなんですが
一応、実況風に

よしっスタート

去年の例からして20問目までが、今年のお題から
今年のお題は幕末・維新
かなりテキストも熟読したつもり。

去年は、この今年のお題で惨憺たるものでした。
70点以上で合格で64点だったんですが
この最初の20問がボロボロ。
あと6点はここで嵩上げしましょう作戦。

いかん。
最初の問題でつまづいた。
高杉晋作とかが習った剣術は何流か
うわっ、そっち来るの?
練兵館なんですけど何流だっけか
北辰一刀流は坂本龍馬の方なので違う。
四択だから1/3の確率。
(答は神道無念流でたまたま合っていた)

それ以降はそこそこ順調に
いいぞいいぞこの調子

一番気持ちが盛り上がったのが、開陽丸。
榎本武揚の記事でこの軍艦がことごとく出てきました。
はい、二重丸っ

小栗上野介の問題もね

最初の今年のお題のところはいい感じで乗りきった。
タイトル変えなくても済むかもよ

現実に、最初の20問の中では3問落としただけだった。

一般問題に入っていきます。
まあ、一般問題の方は、大体同じような感じでいけるんじゃないでしょうか

あれ?
これ分からんなあ
というのがあるにしても
まずまずのペースで行っている感じ

ところが50問を越えた辺りから雲行きがおかしくなってきた。

これ全く分からん
完全に1/4の確率。

ええっ、次も

ま、まさかその次も

大阪の私塾です。
うんぬんかんぬん
ええっ、大阪の私塾って適塾じゃないの?
緒方洪庵が・・って文字がない。
適塾で習った有名どころの名前もない。
中井竹山、富永仲基、知らんなあ
まさか、急にそんなレベル上げてくるとは。
(答は懐徳堂。答見てもテキストのどこに書いてあったんだか)

とはいえ、やったー、みたいな問題もあった。
江戸の理系の話とか
暦の話とか
恋川春町の「金々先生栄花夢」の書き出しとかね

記事に書いた話が出てくるとグッとテンション上がりますね。

答合わせ
試験が終わるとすぐに解答をくれるので
それぞれ自分がどれに解答したかを書き留めてあれば
すぐに何点取れたか分かります。

後半ガタガタなのが分かっているので
前半丸が続いても、いやーな雰囲気。

いよいよ後半
だろうね、だろうね
1/4や1/3の確率のものはほとんど当たっていない。
時々、えっこれ違うんだ
結構自信あったのに

さあ、数えるか

ま、まさか
前回の64点と全く変わらずの64点
この一年は何だったんでしょう。

70点に達していない場合、全体として得点が低い場合に合格ラインが下がる可能性もあるんだけど
69点とか68点とかならまだしも
64じゃ何ともなりません。

正直、今回はかなり自信あったので
こっそり受ける作戦じゃなく
あらかじめ「最後の追い込み」って宣言しましたね
受かると思いましたので。

いやあ
試験は気合いじゃないです。
積み重ね。

ああそれにしても
どうするかな
また、一年勉強?

これだけやってダメだったら
あとどうすりゃいいのか、イメージがわかない

意地っていうのもあるけど

試験自体楽しいのは楽しい
やっぱり受けるか来年も