3/6 啓蟄 ひな祭り

二十四節気シリーズ
いよいよ最後です。

私は啓蟄から二十四節気に興味を持ちました。
何かかっこいいですよね。漢字も難しいし。

啓蟄   けいちつ  虫が冬眠から目覚める頃  03月06日
(旧暦:1月30日)

雛祭り
♪あかりをつけましょ ぼんぼりに~

5節句のうちのひとつ。上巳(じょうし)の節句と言います。
3月に入って始めての巳(み=へび)の日
昔は、十二支は年だけではなく、日にも割り当たってましたから

平安時代にまでさかのぼります。
貴族の間での風習で、紙の人形を作って、体を撫でる
悪い厄を人形に吸い取ってもらって川に流す。
今も、流し雛っていうのがありますよね

江戸時代になると、中国のから月と日が同じ日は運気が強くなりすぎるから、
厄払いしましょうという考え方が入ってくる
同時期に、五節句が決められていって
上巳の節句は3月3日に固定化。
5月最初の午(うま)の日だった端午の節句は5月5日に固定化されるのと一緒。

ちなみに、3月3日と5月5日と7月7日は毎年全部同じ曜日。(今年は全部日曜日)
なぜかはこっちを見てね
日にち言ってみて 曜日当てるから

江戸前期も雛人形はまだ紙でしたが
江戸中期の享保年間、吉宗の時代あたりになると、
裕福な家を中心に今のような小型の座り雛(内裏雛(だいりびな))が登場してきます。
享保雛(きょうほうびな)と言います。

後期になると
日本橋の十軒店(じっけんだな)と言われる雛市がたつようになっていきます。
明和年間に人形問屋大槌屋(おおづちや)が
十軒店の人形師原舟月(はらしゅうげつ)に作らせて売り出したのが古今雛(こきんびな)

いっそう写実的になり、それまでは筆書きされていた目に、ガラス玉や水晶をはめこんだものも作られるようになりました。
そして、最初二人だけだったのが、五人囃子のように人が増えていきます。

庶民はそんな高価なものは手が届かない訳ですが
お母さんが布でそれっぽいお雛様を作って女の子に与えたり。
わーい
そのまま、人形ごっこで大切に扱われます。

ちなみに、雛壇の飾り方に一定の決まりはありませんでしたが
大正御大典(天皇の即位式)の後から、
内裏雛の男雛を左に、女雛を右に飾るようになりました。(東京)

わが家の雛祭り
わが家には娘が二人もいます。
さらにセキセイインコまで含めると4人(?)

なかなか嫁にいけないのは、今までひな祭りをやっていなかったからではなかろうか

よしっ

お寿司大好きな次女には特別バージョンの海鮮ちらし

はまぐりのお吸い物は絶対飲まなきゃダメだよ

なんで?お雛様に関係あるの?

貝合わせとかやるじゃない
貝って、ピタッと合うのが世の中でひとつしかないから
一人の旦那様に一生添い遂げるっていうことね

ふーん。古い考え方だね。

まあ、そうね。

二十四節気
これで一通り二十四節気が完了です。
丸一年かけてきましたので感慨深いものがあります。

ネタのひとつとした「江戸の暮らしの春夏秋冬」
後表紙に
江戸の庶民は働く間もないほど「遊び」に忙しかった?!
とあるんだけど、本当にそうなんだろうな、と思う。

以前に貴族がやっていたこと
武士がやっていること
神社や寺院でやっていること

全部引っくるめてどーんと取り入れる。

まさかこんなに色んな行事があるとは思っていませんでした。

テレビやラジオがあるわけじゃないから
全て自分が能動的に動き回らないと遊べない。
必死で遊んだ、って感じ。

花が咲いた、葉が色づいた、虫が鳴いた、月が丸い
真ん丸からちょっと欠けた。
そのシーズン初めての初物が出た
この日はみんなで掃除
何でもかんでもイベントにしちゃう

金を持っているかとか身分とかどうでもよくて
行動規準は粋か野暮か

どうにもやることがないときは、枯れ野観賞
枯れ野なんてどこにもあるのに
わざわざ遠くの枯れ野に出掛けて行って
ああ風流だと一句ひねる。

面白い人達。

みんながそんな風に仕事そっちのけで遊び回っているから
誰も不思議だとは思わない。

面白い時代。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


アルメリアバレリーナ

花カレンダー始めました

2/19 雨水。七草粥と初午。

二十四節気シリーズです

あと、今日を含めて2回

雨水   うすい   雪から雨に変わる頃    02月19日
(旧暦、1月15日)

七草粥(ななくさがゆ)
今も七草粥の風習は残っていますね
正月の七日です。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
一緒です。

ちょっと違うのが、七草粥の作り方。

七草をまな板に乗せてください。
次に道具を7種類用意します。
包丁、杓子、銅杓子、すりこぎ、菜箸、火箸、薪

包丁で7回叩きます。
次に杓子で7回叩く。
というのを繰り返していく。
叩く回数は7×7×7になります。

途中で飽きて来そうですね
大丈夫。
歌を歌いながら、叩きます。

七草なずな 唐土(とうど)の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に

楽しそうです。
踊ってみても良いかも知れません。

初午(はつうま)
この前、Sさんの組んでくれたウォーキングイベントにメンバーとして参加してきました。
馬橋稲荷神社での初午の日です。

立春を越えて初めての午の日、これが初午です。
今は、年にだけ十二支が割り当てられているイメージですが
昔は、日に割り当てられていた十二支も意識していました。

各神社仏閣は、初縁日をずらすことで、集中を避けていました。
出店の人達もあちこち移動出来ますし
参拝者もあちこちいっぱい行ける。

大寒の年の市の時にもお話ししましたね
5日、水天宮
8日、薬師 12日かも
10日、金比羅(こんぴら)
13日、祖師
18日、観音
21日、大師
24日、地蔵
25日、天神
28日、不動

これらが、日にちでばらけるタイプ
さらに、先程言った十二支でばらけるタイプも加わります。

子の日、大黒
巳の日、弁天
酉の日、大鳥

そして、今お話しようとしている稲荷が午の日に初縁日をします。

「伊勢屋、稲荷に犬の糞」という川柳があります。
江戸に多いものを上げています。
稲荷は、数え方にもよるんですが
庭先にあるような小さいのも含めるとなると、全国で一番数が多い。
そうでなければ八幡社です。

ばくっとしたイメージですが、八幡社は国が主体になって広めていった感じ
それに対して、稲荷は庶民の中から自然発生的に沸き起こって来たイメージ
神社の格は、正一位から、色々それぞれについていくんですが
稲荷だけは、稲荷となるだけでなぜか正一位。
広める側も、稲荷にしてもらえれば正一位ですよ、いかがですか、と広めていった。
だから爆発的に多数になったんです。
裏を返せば、稲荷は元々格式があったわけではないので、そこに拘ったとも言える。
稲荷神は古事記日本書紀にある、なんちゃらのみことではありません。
(ウカノミタマノカミ(宇迦之御魂神)としているところはあります)
元々の拝めば治る的な、何でも来いの庶民に強い信仰

特に、江戸時代に爆発的に流行し、致死率の高かった痘瘡(とうそう=天然痘)に効くと信じられていた。
子供のうちにかかると死亡率が高く、たとえ治っても顔にあざが残ってしまう。
親としては、子供が生まれると稲荷に通う事になる

庶民の、と言いつつ武家にも浸透していて、武家屋敷の守り神でもある。
初午の日は、近所の子供たちに武家屋敷を一般公開。
日頃絶対入れない武家屋敷で遊んで良いので楽しみにしています。

入学という特別な日にも良く使われます。
6~7歳になってそろそろ学校(手習い、寺子屋)に行くかとなると
初午の日からというのが多いパターン。

義務教育でなく、有料なので
行く行かない、どこに行くか、いつから行くかは全て自由
6歳の6月6日からというのが流行った時代もあるらしいんだけど
江戸時代を通じて言うと、初午の日からというのが多いようです。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


エチゼンスイセン

花カレンダー始めました

2/4 立春。江戸のお正月

二十四節気シリーズです

立春   りっしゅん 暦の上で春が始まる日   02月04日
(旧暦 12/30)

二十四節気
今年に関しては、旧暦で12/30、大晦日です
元旦は、立春に一番近い新月の日。
ばくっと、立春はお正月と理解しても良いでしょう。

二十四節気は暑い寒いではなく、太陽の動きを観察し、
一番昼が長いのを夏至、短いのを冬至、
昼と夜の長さが全く一緒なのを春分と秋分
これで4分の1ですね
それぞれを春夏秋冬の頂点と考えてその前後を均等に春夏秋冬の期間と考えます。
杓子定規です。
春の始まりが、立春です。
旧暦は、月の動きを元にするので、太陽の動きを元にした二十四節気とは
厳密には合いません。
今年のようにずれたりもしますが
できれば立春を1月1日、元旦に合わせようとします。
123月が春、456月が夏、789月が秋、101112月が冬なので
今の感覚とはちょっと変わってしまうんです。

年賀状に初春のお慶び申し上げますというのは、正しかった訳です。
2/4には梅も咲き始めますので、まんざらおかしいって事でもないんです。

お正月
武士と庶民で大きく違います。

武士はやたらに忙しい。
新年の挨拶に江戸城に登城しないといけません。

2年前の江戸検定に出て分からなかった問題

江戸城では、元旦にあるお吸い物を食します。
そこにはあるものの肉が入っているんですが、それは何でしょう

い)鶴
ろ)鴨
は)兎
に)鶏

答は後でね。

かたや庶民は、というと
大晦日がやたらに忙しかったので
元旦は完全な寝正月になります。
正月の挨拶回り的な事は元旦には一切やりません。

町は、シーンと静まり返っています。

2日以降
さあ、一年が始まります。
ここから、一番先にやることに全て「初」がつきます。
今もそうですね。

まずは初売り、ないしは初荷
競うように、初荷を積んだ荷車に紅白の布をかけ
「初荷」と書かれた大きなのぼり旗
獅子舞や、お囃子の太鼓を同行させるなど大騒ぎ。
江戸の人はこういうの大好き。

平行して、年礼という挨拶回りも始まります。
商人であっても黒羽二重の紋付きに麻裃、白足袋に脇差しという武家風の格好をする
後ろに小僧さんを従えるんですが
その小僧さんは、お年玉の入った箱を持っています。
中には今のようにお金が入っているんじゃなくて、扇が入っている。

年礼の挨拶は「明けましておめでとうございます」ではなく
「御慶(ぎょけい)申し入れます」

門付
正月の風物詩で、忘れちゃならないのが、門付
訪問者がやってきます。

私は経験したことないですが、ニュースとかで目にする唯一残っているのが、獅子舞です。
獅子舞を舞いながら各戸を回り、心付けをもらう。

獅子舞以外にも、実に様々なバージョンがある
鳥追(とりおい)。
これは、編み笠をかぶり、艶やかな着物をまとった女性が
三味線を弾きながらめでたい歌を歌う
海上はるかに見渡せば~、七福神の宝船~

漫才はこの門付で始まったもの
大夫の鼓に合わせて才蔵が舞うというものなんだけど
次第に滑稽な掛け合いが人気になっていった。
千秋万歳、三河万歳というふうに発展していきます。


は)兎

私は、鶴と回答して間違えました。

徳川家のもうひとつ前の、松平家の祖、松平親氏(ちかうじ)が
信濃の林光政からうさぎの羮(あつもの)をもらったあと運が開けたから。

その後ずっと林光政の子孫の林家から毎年正月にうさぎを献上してもらいます。
林家は、万が一にも、うさぎを切らしちゃったら江戸の正月が開けないので責任重大ね
おそらく、庭にはうさぎだらけでしょう。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


クリスマスローズ

花カレンダー始めました

1/20 大寒 江戸の大晦日までの色々

二十四節気シリーズです

大寒  だいかん 最も寒さの厳しい頃  01月20日
(旧暦 12月15日)

年の市
煤払いも終わり、旧暦では正月へのカウントダウンということになります。
神社や寺院では、祀られる本尊と祭神の結縁日(けちえんにち)に市が立ちます。
今年最後というこの時期には、特別、年の市という名前になります。
水天宮は5日、薬師は8日、金比羅(こんぴら)は10日、祖師は13日、観音は18日、大師は21日、地蔵は24日、天神は25日、不動は28日という具合
お互いに少しずつずらして共存を図ります。
これ全部行こうとすると、えらい忙しいですね
正月を迎えるための色んな品物を買うための縁日市が立つ訳ですが
正直それだけが目的なら、最寄りの神社や寺院のどれかひとつに行けば事済む訳です。
でも、おそらく複数に出かける
金がもたないなら、別に何も買わなくったって
そういうところに行くのが楽しい。

遊びの天才。遊ぶために必死
翌月には、それぞれ、初水天宮だの、初薬師だのと、全部に初がついて大にぎわい。

縁日の出店もそれぞれ日にちがずれていれば回れますからね

寒念仏・節季候
小寒と大寒の期間の30日間を「寒の内」という
その間、鉦(かね)を鳴らし、念仏を唱えつつ山野を巡ることを「寒念仏」という
この声や音を聞くと、みんな季節感を感じていたんですね。

この仏教上の行事を真似てというかかこつけてというか
寒念仏の代行と勝手に言って、僧でもない人が「まかしょ、まかしょ」と言いながら家々を回り
金品をもらい歩く「まかしょ」

「節季候、節季候」(せきぞろ、せきぞろ)と言いながら家々を回る「節季候」もいる

江戸って、基本的にツケ商売で
代金はまとめておいて、年末に回収
今でも「これじゃ正月を越せない」と言うことがあるけど
当時は、本当に実質的に、正月を越すってことは重要な事だったんです

ここからが、私が江戸の人たちを大好きなひとつの要因です。
こりゃ年を越せないとなっても
深刻にはなりません。

「まかしょ」や「節季候」と言いながら誰かの家に行けば良いんです。
今年は若干でも蓄えが出来たという時は、めぐんでくれます。

いつ自分もそうなるか分からないんでお互い様って訳です。

餅つき
正月が近づいて来ると、正月用の餅をつく必要がある
裕福な家は自分の家でつきますが
一般庶民は、大体、年の市で買ってくるという事になります。

雪見
遊びの天才、江戸庶民の真骨頂が雪見
当時は、気候が今より寒く
江戸でも良く雪が降り、積もることも多かった。
雪は均等に降るから、そこいらで見ても十分綺麗なんだけど
雪の名所にわざわざ出掛けていく。

見晴らしの良いところが良いので道灌山(どうかんやま)飛鳥山(あすかやま)
湯島、谷中等の高台、
高輪海岸、上野の忍ばずの池、隅田川の堤など。

大晦日
そしていよいよ大晦日
商家はギリギリまで代金の取立てに走り回る

庶民たちは、最後の仕事を終え、一杯引っ掛けた上で
深夜営業の風呂屋に出かける

この日だけ、江戸は特別に、眠らない町となる

年越し蕎麦を食べる習慣は、元禄の頃に始まったようです。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


ポインセチア

花カレンダー始めました