[穀雨] 4/20 勧進相撲

穀雨
こくう 穀物を潤す春の雨の降る頃 04月20日

二十四節気では、春の最後になり
次の立夏のちょっと前に八十八夜があります。

名の通り五穀豊穣をもたらす春の雨の降るとき
田植えの準備をする時期になります。

勧進相撲
両国回向院で行われる相撲興業は、江戸庶民の代表的な娯楽でした。
相撲は以前も書きましたのでそちらも見てね
江戸の娯楽と言えばやっぱり相撲

今回はその補足的な感じです。

勧進相撲ってどういう意味かというと
寺社の建築や修理の資金を集める為のもの
ということなので、各地で行われていた。

回向院
延宝8年(1680年)以降は両国回向院(えこういん)の仮設小屋が、常設となった
そして、江戸の後期には
春と冬の年二回、晴天10日間が固定された。

これは仮設っての頃なんだけど
仮設って言ってもどでかいでしょ

中はこんな感じ
何と三階立て
よしずで作った仮設って言うんだけどほんまかいな
東京オリンピックもよしずで仮設の施設を立てられそうですね

今回、始めて分かってへえぇと思ったのが
相撲って江戸時代は江戸で流行ったとばかり思っていたんだけど
まあ、間違いではないんだけど
江戸時代の初期は、大阪や京都が相撲の中心地だったんだって
政治経済の中心が江戸に移っていくに従い
江戸に強い力士が集まるようになっていったらしい。

諸藩のお抱えの力士もいたということなので
気合い入りますね
例えば、次の谷風は讃岐高松藩のお抱えです。

谷風
人気がグンっと上がったのは人気力士がいたから
谷風、小野川、雷電

前回雷電の話をしたから、今日は谷風ね

谷風は身長189cm、体重約160kgの大男

実質的な初代横綱です。

圧倒的な強さで63連勝していたんだけど
これまた人気力士の小野川に敗れて、江戸中が大騒ぎ

以来、二人の対戦は注目の人気カードになる

谷風は小野川に敗れた後も、43勝しています。

ワシが倒れたところを見たかったら、風邪にかかったときに来い
と言っていたんだけど
皮肉にも、現役中、現代で言うインフルエンザにかかって
病死してしまう。
以後、インフルエンザのことを谷風と呼ぶようになります。

あと、値引きに応じないのも谷風と言います。

あいつは谷風だね、定価商売。
何でだい?
絶対負けない。

八角楯之助は、考えたね
何度も何度も待ったを繰り返した
谷風、頭に来て、冷静さを失い、その対戦は負けちゃう大波乱。


前回の、清明の時、その時期の花の写真をあげて
って事を言いました。

でも、そのあとひっくり返して
やっぱり365日の花カレンダーにしますよ、と

従いまして、二十四節気の中での花は発展的解消ということになります。

とは言っても
今日は、満を持して、この時期に一番ふさわしい花を行ってみましょう

ツツジです
花カレンダーの方は、一つの花でひとつずつの写真にしていますので
ツツジはこの場でどばっと出させて下さい




花カレンダー始めました
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)

花カレンダー、逆に無理ですぅ

花カレンダー始めました。
と宣言したのが4/10
ほぼ一週間前でした。

花のど素人の私が
GreenSnapというアプリで、
すぐに花の名前を教えてもらえることに気を良くして
無謀な企画を始めちゃった。

自分で撮影した花をその名前を調べた上で
一年365日、写真をアップして行こうというもの
一年すれば、365個の花の名前を覚えられるぞ

もう少しちゃんと、自分で勝手に考えたルールを書くと
1.自分で撮った写真であること
2.アップする日は、だいたいその頃なら咲いているだろう時なら、写真を撮った日と一週間ぐらいずれてもOK
3.名前が分かったものだけ
4.花以外にも木や実等の植物ならOK

始めたばっかりですけど、やってみた感想です。

花カレンダー
どないしょ
逆に無理やわぁ

2番のルールのため、撮った後
GreenSnapで名前を教えてもらった写真をキープして置くんだけど
どんどん貯まって来ちゃって
一週間以上ずれちゃうとちょっとどうかなとなると
いかん
もうあげる日がなくなっちゃう。

せっかくうまく撮れたし、
花は「ほら綺麗でしょ」って言っているし
教えていただいた親切な先生方にも
お蔵入りにするには申し訳無さすぎます。

このルール、逆に守れませーん

ん?
ちょっと待てよ

もう一回自分で課したルールを見直すと
一日二つ以上あげてはいけませんとは書いていません。

一年で365個も花の名前を覚えられると夢のようだなとは思ったけど
365個以上覚えられたら、もっとすごいことなんじゃないか。

はい、解決
一日、一つ以上ならいくつでもOK

早速キープしてあったのをそれぞれの日にボコボコボコっと入れてみました。

うわあ
充実!
綺麗!

もちろん、初めだけかも知れませんし
最初からあまり飛ばしすぎると後でばてるかも知れません。
何よりも今は春

このままのペースでずっと行けるとは思っていませんが
今は倍のペース、平均一日二つくらいのペースで来ています。

イベントで
花カレンダーを始めて、初めてのウォーキングイベント
いつもなら、これ何?これ何?って聞いてばかり

今回は、
はいこれはハナミズキ、こっちはドウダンツツジ
これはオステオスペルマム
こっちはゼラニウムね

おおっ、結構分かるじゃないですか

もちろん
みんな、特に女性はまあ良く知っている
まだまだだなあとは思いつつも
たかだか一週間で、そこそこついていけるようになって来ました。

そして、これが狙いだった訳ですが
ウォーキングが何割増かで楽しくなった。

良いぞ良いぞ、とても良いぞ

不思議です。
花の名前が分かっていると、花に目が行きます。
去年の今頃も、同じくらい花は咲いていた筈ですよね
全然分かりませんでした。

街は花だらけじゃないですか

花が好きな人ってかなりの割合でいるんですね
鉢やプランターで丁寧に育て、道に面して置いてくれている
街は愛で溢れていたんですね
気が付きませんでした。

この歳で花カレンダーを始めて良かった
更に良い人生になりそうです。

楽しい
街歩きもグンと楽しくなりましたが
GreenSnapでのやり取りもとても楽しい

回答が寄せられる度に
おおおおおっ
と感じます。

一番感動するのが
花の名前としては何度か聞いたことはあるけど
実際にはどんな花か知らなかったパターン
ハナミズキ

シクラメン

シャクナゲ

シンビジウム

マーガレット

ライラック

ヤマブキ

素直に、「これがあの有名なマーガレットなんですか」
って驚きのメッセージを返しています。

えっ?そんな名前なんだ、って意外なのもいっぱいある
プラムラジュリアン

オステオスペルマム

ペラルゴニウム

名前もビックリ、ゴージャスです。

日本語でイメージ出来るのは親しみが沸きますね
ハルジオン

アカバナユウゲショウ

ハルジオンは「春慈恩でしょうか、仏ですね」とコメント返しましたが
後で調べると「春紫苑」らしいですね。

アカバナユウゲショウは雑草に咲く小さな花ですが
なんてたおやかな名前を持っているのでしょう。

何となく響きがユニークなのも大好きです。
アカバナトキワマンサク

カランコエ

セキチク

セキチクは「面白い名前ですね。三回呼ぶと楽しいです。」とコメントを返しました。

索引はこちら


花カレンダー始めました

花カレンダー始めました。

花の名前
かねてからずっと課題だったのが花の名前

ウォーキングしていて、名所を巡っていますと
そのポイントポイントは良いわけですが
そこへ行く道中も楽しみたい
そんな欲が出てきます。

ウォーキング同好会のメンバーと歩いていると
その答えは最初から見つかっていたんです。
みんな、実に良く花の名前を知っている
咲いている花に足を止めて
あら、こんなところに〇〇、綺麗!

へえ、この花そういう名前なんだ

何度も何度もそういう場面に出くわす度に
花の名前が分かったら楽しいだろうなという思いが日に日に強くなってきます。

でも、自分には到底出来っこないことだとずっと後回しにしてきました。

変わりに、路上観察
送水口やマンホールや郵便ポスト等々
さらに加えて、雲

どんどん加わって道中もどんどん楽しくなってきました。

じゃあ、もうそっちで楽しめるから花はいいや
にならなくて

逆に、だからこそ
いよいよ、この本丸に踏み込むべき時が来たぞと。

二十四節気
そんなときに、このブログで二十四節気シリーズを始めました。
一年を二十四節気に合わせて、その時々の江戸での季節感を表現しようと

あっ、そうだ
花だ!

シリーズ2回目で思い付いたグッドアイデア
二十四節気だから半月に一回
その期間に花の写真を取って、記事に乗せよう。
そうしたら、最低、一年で24個は花の名前を覚えられるぞ

えっ、24個なの
と思われました?

すみません。
ど素人もど素人
そういうレベルでございます。

問題は写真をとるだけじゃ済まなくて
花の名前をどう調べるかだったんだけど
ごちゃごちゃ考えるより、始めちゃえ


4/5の清明の時にスタートした訳です。

調べ方
見切り発車でスタートしましたが、
花の名前の調べ方は暗中模索、五里霧中

花の名前を調べるWebサイトも覗いてみましたが
使い方がいまいち

ごちゃごちゃやっているうちに
これひょっとして

Green Snap という花の名前を調べるアプリ
スマホやタブレットで動きます

無料ですから、ダウンロードしてみてくださいね

アプリを立ち上げて
名前を調べる、を押します。

こんな画面になるから
この時点でスマホとかで写真も撮れるし
既に撮った写真を選んでも良い

できれば一言添えた方が教えてもらいやすいです
調べる、ってところを押して待ちます。

するとびっくり
一時間もしないさきに
例えば、この例だとたった5分くらいで
親切な人から回答が寄せられます。

「シクラメン」かも

あちゃー恥ずかしい
あの有名なシクラメンも知らずに質問してたのね
パンジーの一種じゃないですね

写真のところを押すと
ババババッと何百とシクラメンで投稿された写真が並んで見えます。
こりゃシクラメンに間違いないなと思えば
これだ、のボタンを押します。

礼儀として、感謝のコメント

晴れて、名無しの花に名前がつくのです。

この間、早いと5分くらいで終わってしまいます。
早い早い

逆にすぐに回答が得られない場合は後ろに回っちゃうから
いつまで待っていても回答は得られません。
そういう時は、角度を変えて写真を撮り直してあげても良いんでしょうけど
私は諦めてます。

まだ始めたばかりですが、14個中11個分かりました。

素晴らしいですね
なんて親切な人が多いんでしょうか
菓子折りを持ってお礼に伺いたい気持ちです。

こんな手があったんですね
今まで本をめくったり、検索条件を変えながら何度もググッたあの苦労を思うと
なんて良い世の中になったんでしょう。

現代は愛で満ち溢れていますね
文字もないのにこんな方法で検索出来るなんて
このアプリを考えた人は素晴らしいです。
世の中には親切な人が山ほどいる筈だという前提で、アプリを作った訳です。
そして本当に成り立った。

またまた、私の持論「世の中は確実に良い方向に向かっている」
が証明された気がします。

花カレンダー
気持ちが高揚してしまった私は、
花の、ど素人のくせして
身の程知らずの企画を思い付いてしまいました。

花カレンダー

365日、その日に咲いている花を写真におさめて
名前を調べてアップしよう。
1年で、24個のはずだったのに、365個に格上げです。

人の親切に頼っているくせして何とも強気な。

とはいえ
毎日、写真撮るのはちょっときついかな
雨の日だってあるでしょうし。
ここをストイックに考える必要もないでしょう
花はもっとぼわっとした感じでそれなりの期間、継続的に咲いてくれています。

ルールを決めましょう。
どうせ、自分で決めて自分で守る企画
誰に遠慮がありましょうぞ

もともと、日本アバウト党の党首です。
ゆるーいルールにしちゃお

1.自分で撮った写真であること(ネットから取ったりしたら、全く意味をなしませんからね)
2.アップする日は、だいたいその頃なら咲いているだろう時なら、写真を撮った日と一週間ぐらいずれてもOK
3.名前が分かったものだけ(ストイックですね)
4.花以外にも木や実等の植物ならOK。(今から冬の事も考えておかないとね)

今まで出来たところまでの花カレンダーはこれだ!
花カレンダー

[清明] 4/5 元々は春の行事の三社祭

二十四節気シリーズ2回目になります。

清明   
せいめい 清々しい青空が広がる頃  04月05日

江戸での季節感という事で言うと
旧暦の3/17から18に浅草神社で三社祭

今は、初夏の祭りですが
元々は春だったんですね

浅草

浅草寺の西側、は浅草奥山と呼ばれていました。

奥山と言えば見世物小屋、や大道芸
一日遊べるワンダーランドだったんですね

中でも大フィーバーだったのが、らくだ

以外にも、あの超人気、象をも上回る人気となります。
あまりの人気に6ヵ月ものロングランを続けますが
ずっと超満員が続きます。

花屋敷
今の花やしきの辺りには、江戸の後期の1848年その名前の元となった植物園、花屋敷が出来ます

植木屋の森田六三郎が作ったんですね

そのまま明治に入り、植物園では飽き足らず
運動器具が置かれ、明治16年には大眼鏡館が
明治20年には、奥山閣ができます。
浅草奥山の奥山閣、分かりやすいです。

かっこいい!高層建築です。

かなり人気だったんでしょうね
気を良くした、花屋敷は、その3年後明治23にあの浅草十二階(凌雲閣)を作ったんですね

凌雲閣は大好きなので、私としては浅草イコール凌雲閣なのですが
その前に5階建ての奥山閣があったとは知りませんでした。

隣接する第六区には、最初期の観覧車も東京勧業博覧会(40年(1907)開催)から移築され
一帯が日本初の遊園地として大きく飛躍していきます。

花や木
この二十四節気シリーズ
季節感を味わおう、という趣旨
花の名前を覚えるのが苦手な私は、良い機会です。
その近くに、町中で見かけた花の写真をアップしたいと思います
名前が調べられたら名前も書きますが
名前が分からないときは、名前不明と書きますので
知っている人は教えてね

綺麗です。始めてみました。ライラック。

これ、良く見ます。ユキヤナギ。

これ、家の近所に毎年咲いてて気になっています。ナガミヒナゲシ。

桜みたいだけど街路樹の低木です。ハナカイドウ。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)