[宇宙]北極星は違っていた

北極星って何?

こぐま座のポラリスです。
後で違います、と言いますが。

ポラリスと言えば、冬のソナタですね

ヨン様ーっ

カミさんはあれ以来、韓流ドラマにはまってしまって、
いまだに毎日欠かさずビデオに録りためたドラマを見続ける毎日

大変なのよ。追いついていかないのよ。

そんなに必要な事なのかがいまいち分かりません。

小学校の時習いました。
北極星の見つけ方


北斗七星から見つかったことがなくて、いつもカシオペア座からでした。

北極星の周りを回る星たち

昔は
北極星はこぐま座のポラリス
「今は」という限定つきです。

5000年前には、りゅう座のトゥバンという星が北極星でした。

5000年前は、ピラミッドが作られた時代。

有名なクフ王のピラミッドの中にある「王の間」と呼ばれる部屋には、
通風孔のような穴があり、この穴は当時の北極星の方向に造られています。

動いちゃったんですね。

優柔不断だからでしょうか

いえ。動いたのは、地球の地軸の方です。
地球は太陽や月の引力を受けて、僅かに首振り運動をしています。
だから北極星が変わってしまうのです。

今から、1万2000年後には、こと座のベガが北極星になります。

あの、おりひめ星です。

すごいです。
いよいよ、宇宙全体が、女性中心に回るという世の中になるのです。

今でもわが家では女性中心に回っておりますが。

[宇宙]シリーズはこちら(少し下げてね)

[人類]7 竹いかだ出発ーっ

[人類]1 日本人はどこから来たのか
[人類]2 ホモサピエンスの世界大拡散
[人類]3 なぜ海を渡る?考えても分からん。
[人類]4 草の舟が完成
[人類]5 草の舟はどうだ
[人類]6 竹いかだはどうだ
の続きです。

出発ーっ
夜明け前の5時4分イラ号出航。さあ行け。目指すは緑島
強力な黒潮が流れているのは分かっているので
そのまま直線的に漕いで行けば、流されて着かない。

緑島は北東にあるが、南東へ向けて漕いで行こう。

順調に南東へ進む
3時間後、台東県と屛東県の境に達した時
伴走船が注意を受ける。
許可なく、県境を越えてはいけません。

えええっ
3万年前の想定なんですけど、それでもダメですか?

仕方なく東に進路を変えようとすると、いよいよ黒潮に流され出した。

後ろに見える陸地の角度から、流されていることを確認
いよいよ、本番だっ

11:50頃、内田沙希さんが、島影を見つける
見えたわ!

よっしゃあっ
漕ぐ手にいっそう力が入る

黒潮の流れがとても強くなってきた。
ダメだ
もっと南側に向けなきゃ
舵がうまく向かない

島影はどんどん大きくなるものの
島は向かって右へ右へ、すごいスピードで移っていってしまう。

見えているのに

はじめて本物の黒潮を体験した。
5人で懸命に漕いでも漕いでも島に寄れない。

18:30頃、緑島の沖10数キロのところで日没
原キャプテンの判断で、中止

伴走船に乗り込み、エンジンの力で戻る

どうやったら着けるんだろう、やればやるほど謎が深まる

草の船に続いて、竹の船でも駄目だった。

でも、一人も悲観しなかった
落胆より、感動の方が勝っていた。

大変な中に面白味があった
14時間も漕ぎ続けられた事に感動

彼らの中に、3万年前の祖先と同じ感情が芽生えてきたのかも知れない。

イラ2号
このままじゃ終われない

改善点を考える。
黒潮に負けない方法

重すぎるんじゃないか
抵抗を少なくするんだ

やってみて分かった、この辺の竹は無駄だ

竹の数を減らし、設計し直し

7本にした
ところが、浮かべて練習すると、沈み気味になり、
水が入ってきて、返って抵抗が増える。

2本増やして、9本にする
何ヵ月もかけて、良い竹を見つけては改良し
練習して、速度を計測する

ところが、イラ1号の速度を超えられない
さらに、割れるという竹の欠点が大きく浮上してきた。

竹いかだを知り尽くしているアミ族の長老たちに聞いても
結局は危ないので、遠くへいかないとの事
早く進む、遠くまで行く、というノウハウは見つけられなかった。

イラ2号
結局、出航のチャレンジを迎えずして断念

とうとう、残された1つの方法しかなくなった。

丸木船

3万年前の旧石器人は当時の道具技術で、大木を切り出し、
丸木船を作れたのか

まずはそこが大きな壁として立ちはだかる

続きはシリーズの次回ね

[科学]シリーズはこちら(少し下げてね)

[首相]20 岡田啓介。天皇機関説、2.26事件

岡田啓介
昭和9(1934)年~昭和11(1936)年。 海軍出身

斉藤実首相が帝人事件で退陣
そのあとだったので、岡田の清廉さが歓迎された。

ただ、あまり強くものを言えない性格
陸軍としては「組みし易し」であり、ぐいぐい押してくる

陸軍から関東軍、外務省の駐満全権大使、拓務省管轄の関東長官を
三位一体として配下に置きたいとの要請を突きつけられる

関東長官廃止の二位一体、実質ほぼ変わらない決着となり
陸軍の権限が強化されて、暴走が加速化していく。

そして、翌年に起きたのが天皇機関説騒動。

天皇機関説
憲法学会でそれまで「天皇機関説」というのが通説だった。

あくまでも、明治憲法下での話です。
現在の日本国憲法では、天皇は象徴ですので。

明治憲法では、こう書いてあります。
第1条:大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス(天皇主権)
第4条:天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リテ之ヲ行フ(統治大権)

これをどう解釈するか。
1.最高の意思決定権は天皇にあるということ
2.でも、天皇は勝手にどんな事でもできる訳ではなく、憲法の範囲内
この二つはどの学説でも一緒

内閣総理大臣を含めた国務大臣をどうとらえるかは憲法に書いていないので
解釈が分かれる。

天皇機関説は、統治権と主権を分けて考える
統治権は「国家」にあり、主権が天皇にある
天皇は国家の中の機関に過ぎない。
国務大臣は天皇を助ける必要があり、天皇は国務大臣に助けてもらう必要がある
国務大臣は議会に対して責任を持つ。

天皇主権説は、統治権と主権を同じく考える
天皇はすなわち国家
天皇は、国務大臣に助けてもらう必要はなく
国務大臣は天皇に対してのみ責任を負う

明治の最初、薩長閥で政治を行っているときは
天皇主権説の方が都合が良かった。
なぜあの人が首相か、と問われた時
天皇に言われたから、とだけ言えば良かった。

でも、国会ができ、政党が出来てくると
その存在根拠を示す必要がある。
さらに、「憲政の常道」と呼ばれる、国会での多数派を占めた政党から首相を出すべし
という理論には、天皇との折り合いをどうつけるかが必要。
国民が選挙で選んだ議員の多数派が国務大臣を出し、
その国務大臣が天皇を補佐するのだと。

薩長閥政治から政党政治に移行するなかで
自然と憲法解釈も変わり、天皇機関説も通説となった。
昭和天皇自身も、大いに納得した。

ところが、軍の力が強大になり
政党政治が犬養毅の暗殺で終止符を打たされると
天皇機関説がやり玉に上がった。
やり玉の標的は、美濃部達吉。後の東京都知事美濃部亮吉のお父さん。

天皇は神であるのに、機関とはなにごとぞ
不敬極まりないと

本来、政党のための理論なのに
政党すら批判をはじめる
何でもかんでも批判すりゃ良いってもんじゃないのにね

最初岡田首相も、天皇機関説を支持していたのに
批判側に回り「国体明徴声明」という文書を出す。

即ち大日本帝國統治の大權は儼として天皇に存すること明かなり。
若し夫れ統治權が天皇に存せずして天皇は之を行使する爲の機關なりと爲すが如きは、
是れ全く萬邦無比なる我が國體の本義を愆るものなり

そして、この流れはそのまま、2.26事件に繋がっていく。

2.26事件
昭和11(1936)年2月26日

陸軍皇道派の青年将校がクーデターを、起こし
政府要人たちを暗殺する計画

同居していた義理の弟、松尾伝蔵が岡田首相と間違えて殺される
髭もそっくりに調えており、もしもの時は身代わりになろうと考えていた節がある
右が松尾

押入れに隠れていた岡田首相は、弔問客の一人になりすまして脱出する。

斉藤実前首相、高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監らが暗殺される。

2.26事件については別に書きますね。

暗殺は免れたものの、責任をとって辞任
謹慎生活を送る

岡田は、その後結局戦争への流れを止められなかったのを反省し
せめてもと、戦争を終了させるべく活動する
東條英機内閣打倒へ奔走する

終戦になり、東京裁判が行われると
再三証人として呼ばれる事になる。

[首相]シリーズはこちら(少し下げてね)

東久留米市は、手塚治虫でホーホケキョ

私の住んでいる東京都東久留米市は2020年に市制50周年を迎えました。
記念になんかしよう

そうだ。手塚治虫大先生が晩年東久留米に住まわれたので、それにちなんで。
東久留米駅のロータリーのところにブラックジャックの銅像を立てよう。
ここまでは、配られる市の広報で知っておりました。

ところが、コロナの影響で計画延期
ようやく今年になって銅像は立てた、と風の噂で聞いておりました。
記念イベントについては細々とやったそうです。

ネットでスペシャルニュースを目にしました。
市制50年記念事業の一環として、ブラックジャックのマンホール蓋を市内5箇所に設置

なななななーんと
素晴らしいです。素晴らしすぎます。

この前、デザインマンホールが設置されたと聞き、確認して回りました
東久留米市、マンホール巡り

このデザインマンホールがとても好評だったんでしょう。
私のブログも一役買ってたりして。

今回は天下の手塚治虫先生のデザインでございます。
えらいっ。東久留米市。
当然確認は必須です。
東久留米市のホームページからマップをダウンロード

全部で5つ

滝山商店会
車で近くまで行って
気合い入れて探すぞ!

あったぁ
結構あっさり見つかりました。

きれいっ。見事っ。

ブラックジャック、ほんとに面白かったなあ
大学の時、夢中で読んだ。

前沢
同じ通りです。

かっこいい!

中央町
いつも行く中央図書館の近くです。

出たっ。ピノコ。可愛い

市役所
そのまま真っ直ぐ進み、市役所の前

これもまたかっこいいなあ
市役所は三角屋根
町中どこからでも見えます。

東久留米駅
さあ、やってまいりました。
銅像でございます。
良いね良いね。ピノコも可愛いし。


東部図書館
最後の一枚は駅の北側。
何度か行ったことのある東部図書館の近く

よっしゃ、コンプリーート

旧居跡
ところでどの辺に住まわれていたんだろう。
グーグルマップで「手塚治虫 旧居跡」と入れても出てこない。

ということは、あまり探さない方が良いって事かも

と思いつつ、ちょっとだけネットで検索
結構何度も引っ越しているんですね。
やっぱり最後は東久留米市

どうも、今もご家族が住んでいるらしい。

あるページで、門の写真が出ていた。
あれ? この雰囲気見覚えある。

そういうと、さっきグーグルマップで検索したとき
今はつぶれちゃった、うちのすぐ近くの本屋さんが表示された。
その横の道を奥に入っていくとある大きなお屋敷
門構えが見覚えある。

グーグルマップのストリートビューで確認すると、ビンゴ。
手塚、の表札

えっ、うちからむちゃくちゃ近いやん。
歩いて3分くらいだろうか。
ケンケンでも行ける。

利用しているスーパーはおそらく同じ。

去年の春、次女と一緒に、隣の黒目川沿いのウォーキングコースをウォーキングしていた。
すると毎日、ウグイスの鳴き声が聞こえる場所がある

ホーホケキョ

あの辺、木がこんもり繁っているからねえ。
そう言っていた

そうです。
そのホーホケキョの場所がお屋敷です。

[街角]シリーズはこちら(少し下げてね)