[昭和歌謡] 119 ルビーの指環

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズ
出ましたっ

ルビーの指環
寺尾聰
作詞・松本隆、作曲・寺尾聰
1981年

♪くもり硝子の向こうは風の街
問わず語りの心が切ないね
枯葉ひとつの重さもない命
あなたを失ってから

背中を丸めながら
指のリング抜き取ったね
俺に返すつもりならば 捨ててくれ

寺尾聰
記録ずくめでしたよね
初めて聞いた時の衝撃たるや

えっ、何々?この人、この声
結構良く見る俳優さんじゃない
寺尾聰
そうそう、そういう名前
宇野重吉の息子。そうそう

どうやったらこんな声出るの?
加工せずに生の声なのかなあ
口の前にオブラートがあるみたい
こんな独特の世界観を出せる超一流の歌手が
なんで俳優やってた訳?
歌手、歌手
今後歌手で行きなさいよ

世界観ってことでここまで衝撃を受けたのは
久保田早紀の異邦人とルビーの指環だけ。

一気にはまったこの世界
これは私だけじゃなくて、日本全体でした

♪チャンチャラララーン、ダダン

今週の一位もまたまた寺尾聰さん、ルビーの指環!

相乗効果で、今まで出していた曲も、大ヒット
ベストテンに3曲同時にランクイン、っていうのがずいぶん長く続きましたよね

そんなのゴダイゴとこの人くらい。

あんなに長く続いて飽きちゃったはずなのに
ルビーの指環嫌いって人に会ったことない。

ニッポンの歌ですね
スタンダードです。

日本レコード大賞と、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の両方を取っているのは
寺尾聰ただひとりです。

ルビーの指環
指輪じゃなく指「環」らしいですよ
いきなりお洒落ですね

問わず語りの心が切ないね
問わず語りですって。
聞かれてもいないのに話し出す。
このような言葉を生まれてこのかた、使ったことがございません。
さすが、松本隆さん

さらに、
枯葉ひとつの重さもない命
失恋して悲しい、って事を
「枯葉ひとつの重さもない」
こんな表現考えられません。

これは売れる筈です。

石原プロの寺尾聰が、会社にルビーの指環を提案したとき
こんなお経みたいな歌売れるわけないと反対された。
ところが、唯一、社長の石原裕次郎が、
良い歌じゃない

はい、発売決定!

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]116 ラヴ・イズ・オーヴァー

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

ラヴ・イズ・オーヴァー
欧陽菲菲
作詞、作曲・伊藤薫
1980年

♪Love is over 悲しいけれど
おわりにしよう きりがないから
Love is over わけなどないよ
ただひとつだけ あなたのため

年上の女性が、年下の男性に別れを切り出す。

なんで
なんでなんだよ

泣くな 男だろ

ありがちな、男性に捨てられる女性の歌じゃない
かと言って、女性が男性を捨てる、ってわけではない

ずいぶん考えて出した結論なんだろう

もし、ずっと上から目線の歌詞だったなら
人の心は打たなかったろう

♪わたしはあんたを 忘れはしない
誰に抱かれても 忘れはしない
きっと最後の恋だと 思うから

この強烈な歌詞、誰に抱かれても、の後に
恋、って来ますから

ネットを見ていると、面白い考察を見つけました

「ただひとつだけ あなたのため」
「わたしはあんたを忘れはしない」
「わたしはあんたのお守りでいい」
「きっとあんたにお似合いの人がいる」

なんで最初だけ「あなた」なんだろう

おおっ
なるほど、そうだ。全然気づかなかった。

この記事の作者は、作詞の伊藤薫さんのインタビュー記事を見つけた。

「あなた」って言ってたのが最後「あんた」になるような、
作り方としてはキレイじゃないけれど、
なんかそのパワーとかエネルギーみたいなのが伝わったのかな~と。
今だったらきっと、もうちょっとキレイには書くけれども、
エネルギーには乏しかったかなと、反省として思うけれど、
これぐらいに無茶に書けたらいいなと今でも思う。

なるほど、キレイじゃないのがこの歌詞の魅力だったんだね

ずいぶん考えて出した結論だから
冷静に話し始めたけど

やっぱり、恋してるから
あんたに、恋してるから

泣くな 男だろ
笑って言える 時が来るから

それはほんとは、自分に対する言葉だから

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]115 ふたり酒

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズ
ここから1980年代に入っていきます。

ふたり酒
川中美幸
作詞・たかたかし、作曲・弦哲也
1980年

♪生きていくのがつらい日は
お前と酒があればいい
飲もうよ俺と ふたりきり
誰に遠慮がいるものか
惚れたどうしさ お前とふたり酒

ふたり酒
演歌なのに暗さがない
良いですねこういうのも

しかも、夫婦愛の歌
聞きました? 夫婦愛ですって
素晴らしいですね
そのようなものがあるんですね、この世には

夫婦水入らずでお酒を飲む
すごいですね
こんなテーマを歌にするなんて
なんて壮大なロマンなんでしょう
人生の目的と言っても良い

川中美幸は、幸せ演歌という新しいジャンルを確立
それを可能にしたのは、笑顔ですね

おばさんがニコニコ笑って歌っている
やっぱり笑顔というのは良いものです。

弦哲也
作曲の弦哲也さん
当時、弦さん一家は、風呂のないアパートに住んでいたんだけど
この歌のヒットで、風呂付きのマンションに引っ越せたらしい

弦さん一家では、この歌の事を「お風呂の歌」と呼んでいるとか。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]114 さよなら

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズ

さよなら
オフコース
作詞・作曲、小田和正
1979年

♪もう終わりだね
君が小さく見える
僕は思わず君を
抱きしめたくなる

♪さよなら さよなら さよなら
もうすぐ外は白い冬
愛したのは確かに君だけ
そのままの君だけ

オフコース
すごいですね。小田和正
男性でこのような声が出るもんだろうか

同時期に生きれて良かった、と思えるほどの声

歌詞がまたすごい
声にあってます

♪僕らは自由だね
いつかそう話したね

こんな歌詞書ける?
さよなら、って、ど定番のテーマを持ってきて
ありがちだよね、って思わせないのは
このフレーズがあるからだって思う。

最初から、
♪もう終わりだね

瞬間に目の前に広がる別世界

そして、最後に、「白い冬」でだめ押し

白い冬と言えば、「ふきのとう」の「白い冬」も良かったな

♪あなたを愛した 秋はもう去って
感じるものは 悲しい白い冬
もう忘れた 全てあなたのことは
秋の枯れ葉の 中に捨てた

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)