[昭和歌謡]106 オリビアを聴きながら

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズ

名曲が続きますねえ

オリビアを聴きながら
杏里
作詞・作曲 尾崎亜美
1978年

♪お気に入りの唄 一人聴いてみるの
オリビアは淋しい心 なぐさめてくれるから

杏里
青春真っ只中だった
何度歌ったろう
カラオケでは、「悲しみがとまらない」は何度も何度も

♪IcanStop TheLoneliness
こらえきれず 悲しみがとまらない

オリビアを聴きながらは名曲中の名曲ですね
尾崎亜美バージョンも良いけど

私の中では、聞くなら「オリビアを聴きながら」で
歌うなら「悲しみがとまらない」って感じ

他にも、
思いきりアメリカン
CAT’S EYE
気ままにリフレクション

私は高校の時、フォーク同好会会長をやってたりするので、フォークが大好き
一番好きなのは泉谷しげる

その時は、歌謡曲とフォークは完全に別世界
どちらも大好きだったんですけどね

フォークの人たちはテレビの歌番組なんて出ませんよって

そのあと、松山千春やユーミンが出てきた頃から、ニューミュージックって言われたりして
あの神田川とかの時の、ぼろいジーンズはいてた頃が懐かしいな、って思ってた。

杏里とか、竹内まりあなんかは、もう完全に歌謡曲とかニューミュージックとかの垣根をとっぱらって
昇華させてしまった。

関西人って、あか抜けているのはなんとも気恥ずかしいので
どうしてもあか抜けてない方ばかりを選択してしまう。
でも、杏里くらい飛び抜けてあか抜けちゃうと
本音では、やっぱりこっちの方が良いかななんて

ごめんね、泉谷さん

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]106 みずいろの雨

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

みずいろの雨
八神純子
作詞・三浦徳子 作曲・八神純子
1978年

♪ああ みずいろの雨
わたしの肩を抱いて包んで降り続くの
ああ 忘れてしまえ
あとかたもなく流されていく 愛の形

八神純子
その少し前に出てきた渡辺真知子の歌のうまさにビックリしたら
八神純子
あまりの衝撃に、もうここまで行くと化け物というか
別次元

どうやったらこんな声が出せるのか

渡辺真知子の曲はカラオケで歌おうと思うけど
八神純子の歌は、はなからお手上げ

あー みずい
の い でもうギブアップ

ポーラースターとかパープルタウンとかもすごかったなあ

今思うと、こういう人こそ世界に出ていって欲しかったなあと思う。

ホイットニーヒューストンみたいに極端な次元の人も世界ではヒットするわけで
日本じゃちょっと、一般人が絶対歌えない歌って疲れちゃう。

みずいろの雨については、歌えようが歌えまいが、それ以上の魅力があったからヒットしましたけど。

今は全体的に日本人も歌唱レベルが世界に近づいていますよね
可愛いっていうのは団体さんに任せて
個人の歌手はスーパーフライみたいに、歌唱力で勝負している

今の歌は全く聞く余裕がないので
たまぁに聞こえてきた時だけの感想だけど
歌は完璧だし、踊りもキレッキレ
息切れするだろうに。
昔は、歌の間はせいぜい手の振りがあるぐらいで、前奏や間奏でしか歌わなかったけど
ずっと踊りながらだもんね
食べ物の違いかなあ

お前らマイケルジャクソンかよ、って思っちゃう。

ひとつだけ、
ラップってやつだけは、おじさんどうにも馴染めません。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡] 105 青葉城恋唄

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

青葉城恋唄
さとう宗幸
作詞・船間星一 作曲・さとう宗幸
1978年

♪広瀬川流れる岸辺
 思い出は帰らず

仙台
出ました。青葉城恋唄
大好き仙台

2015年8月から12月まで
仙台に出張して仕事をした
仙台市内の現場だったので
月曜日の朝東京を発って、仙台市内のビジネスホテルに連泊し
金曜日に自宅に帰る
そんな事を結構何度も繰り返した。

それより前であれば、そういうことがあったとしても
職場とホテルを行き来するだけだったろう

ウォーキングでの名所巡りに目覚めちゃってます。

仕事が終わればもう日が落ちています。
夜の町が好きな訳じゃない

金曜日に帰らず、そのまま仙台に泊まれば週末には観光できるでしょうが
そんな領収書を会社に出してもホテル代が出るわけありません。

閃いた!
朝、早起きして歩けば良い

仕事は朝9時から
7時にスタートすれば2時間近く観光できる

歩いてみて初めて分かったんだけど
仙台って極めて特殊な町
会社の集中している中心地から青葉城等の観光地まで、歩いて行って帰ってこれる
2時間で十分お釣りが来る

歌の始まり、広瀬川は町の中心近くを流れる広い川で何度も行った

その川べりが断崖絶壁になっているところもあって大興奮

その断崖絶壁の上に何があるかというと、青葉城(仙台城)なんですよね

青葉城を初めとして、色々行ったなあ
行った場所のリストと地図はこちら
今見返してみて甦ってきた。
楽しかった

仙台■公園■仙台に開通した地下鉄東西線は、リニアモーターカー
仙台■公園■仙台、台の原森林公園まで
仙台■川■仙台、竜の口渓谷と2つの飲み会
仙台■川■仙台出張の早朝散歩で断崖絶壁
仙台■神社仏閣■初めての方と仙台大観音。と大雨特別警報
仙台■歴史■仙台に2泊3日の出張で
仙台■歴史■仙台出張で観光もしました

青葉城恋唄
この歌の歌詞
プロの作詞家ではなく、さとう宗幸がパーソナリティだったラジオの企画で歌詞を募集し
選ばれたもの

実は青葉城恋唄なのに1番から3番まで、一言も青葉城が出てこない
仙台という言葉すら出てこない

実は最初は
瀬音ゆかしき青葉城仙台
という歌詞だった

それを
瀬音ゆかしき杜(もり)の都
にさとう宗幸が変えちゃった

いいかも
くまなく歩いてみて良く分かった
もりの都だ

ぐっと盛り上がる「ときは巡り~」
最初は「時は巡り」だった
途中で阿久悠先生がアドバイス
「季節は巡り」と書いて「ときは巡り」と読ませてはどうか

良いですね、さすがです

カラオケで文字が出て、「時は巡り」と出ればかなり古い機械です。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]104 かもめが翔んだ日

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

かもめ第二弾ですね

かもめが翔んだ日
渡辺真知子
作詞・伊藤アキラ、作曲・渡辺真知子
1978年

♪ハーバーライトが朝日に変わる
その時一羽のかもめが翔んだ

渡辺真知子
うまかったなあ
私は歌のうまい女性歌手ランキングで3番だと勝手に思っています
一番は美空ひばり
二番は森昌子

ちなみに4番はドリカム

次女は一番うまいのはスーパーフライでしょと言っております。

その前の「迷い道」も大好きでした
♪まるで喜劇じゃないの
一人で良い気になって
冷めかけたあの人に意地を張ってたなんて
ひとつ曲がり角ひとつ間違えて
迷い道くねくね

その次のブルーも良かったなあ
♪せなーかー合わーせの ブルー

ちょっと経ってから
コマーシャルソング
♪唇よ 熱く君を語れ

迷い道は、渡辺真知子の作詞作曲なんだけど
かなり苦労して、ダメ出しもいっぱいもらって、疲れはてたらしい

二曲目は詞だけでもプロに頼みましょうと

でも迷い道すごく傑作だと思うけどなあ
迷い道のあとに「くねくね」はなかなか出そうで出ないと思います。

本人としては、歌を歌うのが好きすぎて
シンガーソングライターで行きたいっていう気持ちはなかった

伊藤アキラさんの作ってくれた詞をその場で一目見て
頭の中に情景が浮かんで
かもめーが翔んだー かもめーが翔んだー
って口から出たら、
良いねえってそのまま曲になった

一旦できあがったんだけど
何だかもうちょっと欲しいねってなって
伊藤アキラさんに
もう二行足して

えっ、ここに2行ですか

で、足されたのが
♪ハーバーライトがライトが朝日に変わる
その時一羽のかもめが翔ーんーだー

実は曲は他の曲のためにあったもの
そっちの曲は分解して
こっちにくっついた

実にうまく合いましたね
確かにこの2行のインパクトは強烈だった。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)