[昭和歌謡]25 ブルーライトヨコハマ

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

ブルーライトヨコハマ
いしだあゆみ
作詞 橋本淳 作曲 筒美京平

♪街の灯りがとてもきれいねヨコハマ
ブルーライトヨコハマ
あなたと二人 幸せよ

横浜ウォーキング
ちょっと前の話になりますが
7/15 横浜のウォーキングイベントに参加してきました。
石川町駅で集合

山手西洋館コースに行きます。
神戸では外国人館は多少行きましたが、横浜では初めて。
ワクワク

ブラフ18番館、外交官の家、ベーリックホール、エリスマン邸、山手234番館に行きました。
素晴らしいです

こんなに管理が行き届いていて、なおかつ全て無料。
横浜市はなんて太っ腹なんだ!

外交官の家でメンバーが買って、お裾分けをいただいた
バラの花びら入りキャンディ
口の中に入れるとバラの香りが口の中に広がり
スキップしちゃいそう。

それぞれの家だけじゃなく
途中の街並みもずっとヨコハマ
全体的にお洒落な雰囲気の家が「多い」街ってあるけれど
全部が全部、全ての家がヨコハマっていうのは、驚いた。

さっきからずっとヨコハマやけど
いつまでヨコハマなんやろ

港の見える丘公園
ブルーライトヨコハマは、ここから見える横浜、川崎の
美しい夜景をイメージしたものらしい。

何度も聞いたことのある「港の見える丘公園」
実際に訪れたのは初めてだった。

分かる。

何かにつけて横浜と言えば「港の見える丘公園」
ようく分かりました。
こりゃ確かに恋人同士で来た分には
愛が深まっちゃいます。

もし、いつか恋人ができたら
絶対に訪れることにしましょう。

よくもまあ、こんなに広い庭を
見事に手入れしてあって
東京だったら、わずかながらでも有料です。

外人墓地
外人墓地良かったなぁ
外人さんの墓地がいっぱいあって、ここだけ有料。
主なお墓の解説が一行ずつ書いてある地図を最初にくれるんだけど
正直これだけじゃ、良く分からない。

うちのリーダーさんが
ネットから写真つきで資料を印刷してくれていて
前もって色々調べてくれていた。
おかげてものすごく一人一人をイメージできた。

日本で初めて外国人で落語家になった人とか。

文明開花好きの私としては
陸蒸気を作ってくれた、エドモンドモレルの墓が興奮しました。

モレルって、イギリス政府からイギリス製の色んな材料をいっぱい使うように
いわば紐付きで送り込まれた。

でも、日本に来ると日本の事が大好きになっちゃって
例えば枕木なんかは、全て日本の木材を使うようにしちゃった。
イギリス政府には内緒ね。

それ以降は日本人だけでやっていけるよう
日本人技術者を育成するのに心血を注いだ

それだけ思い入れ強く作り上げた陸蒸気だったのに
開業直前に結核に侵され、死んじゃうんですよね
お祭り騒ぎ、本来の主役はモレルだったのに。

多かったのがお墓に 1 September と書いてあるもの
1923(大正12)年9月1日の関東大震災で外国人居留地にも甚大な被害を及ぼす。

一番最後言葉に詰まったのは、太平洋戦争での死者の慰霊碑
大きな石に、多くの外国人の名前が刻まれていた。

外国人居留地までも空襲を受けたのか、と思ったら、そうじゃなかった。

日本軍に外国人でありながら所属し
アメリカと戦って、戦死した人たち。

逆はテレビで見た事があった。
開戦時に、アメリカに移住していた日系人が
スパイ疑惑を晴らすため、自ら志願して
アメリカ軍の兵士として、祖国日本に攻め入った
戦争が起こした悲劇。

まさか、逆があるとは思っても見なかった。
合理主義の筈の彼ら
2~3人というレベルではなかった。
何十人というレベル。

中華街
お昼は中華街。
テーブルが回った本格的な中華料理店。
中華街に、本格的でない中華料理店はないと思うけど。

お冷のコップを手で送ってくれようとするから
ねえ、せっかくテーブルが回るんだから
ここに乗せようよぅ

山下公園から
午後は海。
山下公園からずーっと、海沿いを歩いて、桜木町まで

海、また海。

赤レンガ倉庫
コスモクロック21(大観覧車)
ランドマークタワー
日本丸

よく歩きました

♪歩いても 歩いても 小舟のように

今回の動画は、その時の写真のスライドショーにしました。

[昭和歌謡]24 三百六十五歩のマーチ

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

三百六十五歩のマーチ
水前寺清子
作詞 星野哲郎 作曲 米山正夫

出たっ、出た出たっ
ウォーキング好きの私としては
待ってました

ウォーキングのテーマソング
聖歌。きよしこの夜ですね。

チーターっ
うんにゃ

流行りましたねぇ。
こんな良い歌詞、そうそうあるもんじゃない。
明日への活力ですね。

特に、
一日一歩、三日で三歩
三歩進んで二歩下がる。

気持ちが塞いでいる人がいるとして

幸せは歩いてこない。だから歩いていくんだね

おっと、人生の応援ソングか
と、無意識に構えてしまう。

続けざまに、一日一歩
ん?
聞き間違いか
一日一歩のはずがない
三日で三歩
頭の中が大混乱

そこへ極めつけの「二歩下がる」

もうたまりません。
大きな声で
「下がんのかいっ」

さっきまで落ち込んでたことをすっかり忘れてしまいますね。

初めてこの歌詞を聞いて
ここに、ツッコミを入れなかった人は
一億の国民の中で果たしているのでしょうか

ツッコミさえ入れれば心晴れ晴れ
徹底的に前向きなこの歌詞を素直に受け入れられますね。

ヒットする筈です。
戦略がドンピシャ。

後にも先にもこんなに明確に、ツッコミどころを歌詞にしたのは
記憶にありません。

水前寺清子
こてこての演歌が大好きな水前寺清子
この歌をもらったときは嫌で嫌で仕方なかったらしい。

演歌歌わせてよ。

気持ちが乗らなかったレコーディングの筈が
なんと一発OKだったというからさすがです。

プロ魂ですね。

もちろん今では本人も大好き。

ワンツーワンツー

[昭和歌謡]22 いい湯だな

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

いい湯だな
ザ・ドリフターズ
作詞 永六輔 作曲 いずみたく
(1968年)

♪いい湯だな いい湯だな
湯気が天井から ポタリと背中に
冷てえな 冷てえな
ここは北国 登別の湯

出ました。永さんです。
もう、あれから一年なんですね
早いもんです。

これは、本来は
デュークエイセスの「にほんのうた」シリーズで群馬県のご当地ソング
草津、伊香保、万座、水上と巡る

ドリフターズの方は、
登別、草津、南紀白浜、別府と全国に広がっている。

歌詞も少しずつ違う。

永さんは嬉しそうに、歌詞を変えられちゃったと話している。
ラジオではいつもそうなんだけど
いい湯だな、に限らず
歌詞を変えて歌われ
ラジオのリスナーが
違いますよね、と指摘しても
あ?そうだっけ
ぐらいの感じ。

実際に誰かに歌ってもらった時点で、自分の歌ではなくなるって言っていた。

いかにも不思議な取り合わせ
永さんとドリフターズも
案外永さんは楽しんでいたかも、って思う。

ドリフターズ
ドリフターズって、我々の世代で思い入れのある人多いでしょうね。
子供の頃、全員集合毎週見てたなぁって

私だけかもしれないけど
関西人からすると、若干の抵抗感がある
まあ、子供の考えることなので、大したものではないんだけど
あれは東京の笑いでしょ、って感じ。
早い話が関西弁を使っていない。

学校でも全員真似して、みたいなところまではいかなかった気がする。

温泉
温泉色々行ったなぁ

比叡山の旅館もすごかった。
お風呂から全面ガラス張りでどどーんと絶景が見える。

沼津の近くの淡島(あわしま)という駿河湾に浮かぶ島の温泉も良かった
お風呂の目の前が全部海でその向こうに富士山がどどーん
お風呂につかりながら、海向こうの富士山に沈んでいく夕日をずぅーっと眺める

ああ、時間よ止まれ

[昭和歌謡]21 たそがれの銀座

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

たそがれの銀座
黒沢明とロス・プリモス
作詞 古木花江 作曲 中川博之
(1968年)

銀座ですね。
銀座って、特別です。

新宿、渋谷、池袋がいかに発展しようとも
やっぱり銀座は銀座。
特別の地ですね。

地方出身の私なんかは、東京とは銀座のこと。
モボ、モガ、銀ブラというところからイメージは変わってなくて。

日本一地価が高い場所らしいよ。

文明開花が好きになってからは
これまた特別の場所。

文明開花と言えば、銀座のレンガ街のガス灯
鉄道馬車、朝野新聞社。

もちろん、その前の江戸時代に遡っても
金座に銀座。

五島列島のうどん
私の食べ物ランキング、第二位の五島列島のうどんと出会ったのも銀座

マスターあれある?
あるよ

銀座に初めて連れていってもらったところで食べた。
なんじゃこりゃ
どうやったらこんなものが作れるのか。
食べ物ランキング2位、五島列島のうどん

勤めてみて
銀座にある会社に勤めた事は2回ありましたね
いずれも、一年くらいずつ。

華やかな業界ではなく、ただ銀座に会社があるってだけだった。
歌舞伎座の真向かいだった。

不思議なことに
この時だけは、普通の土地だったかな。

でもひとつだけ。
送水口。

この話は、街角商品のシリーズに取っておきますね。

そして、最近の「銀座の細道」
銀座であえて細道探索、銀座のはらわた
検索 あえて細道 銀座であえて細道探索。続き。表からの裏のまた裏

やっぱり、特別だなあ。