[昭和歌謡]11 バラが咲いた

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

バラが咲いた
マイク真木
作詞作曲 浜口庫之助
(1966年)

♪バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが
淋しかったぽくの庭に バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで
淋しかったぽくの庭が 明るくなった
バラよバラよ 小さなバラ
いつまでも そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで
淋しかったぽくの庭が 明るくなった。

長く歌い継がれている国民歌になっている

歌詞の意味
浜口庫之助は、サン=テグジュベリの童話「星の王子さま」
のバラの話をモチーフにして詞したと言われる。
真赤なバラにどんな意味が含まれているのか。

「昭和ヒット曲全147曲の真実」の著者橋本テツヤ氏は
真っ赤なバラは、自由奔放に生きた
サン=テグジュペリの美しい妻のことではないかと読んだ。
夫婦は、ケンカを繰り返し、別々に暮らしたり、
また一緒に暮らしたりしている
2番の歌詞に「バラが散った」とありますから

その一方で、「バラが咲いた」とは子供が誕生したという意で、
その嬉しい気持ちを表しているという人もいる。

意味のない歌
そうだろうか

私は、深い意味をもつ詩も大好きだが
同じくらい
全く意味を持たない詩も大好き

井上陽水の「傘がない」にとてつもなく魅力を感じる
それまで、関西フォークという流れがあり
戦争反対のプロテストソングの大きなうねりの後期だった

傘がない、はその流れに疑問を投げ掛けた歌

社会的にはテレビや新聞で色々騒がれていますね
今、雨が降っています。
彼女のところに行きたい
でも、私の手元に傘がない。

衝撃だった。
歴史というものは
こんな風に変わっていくんだという
節目を表した歌

それ以来
意味がない歌に魅力を感じるようになった。

ひねくれてますね。

私が出会った中で
最も大好きな、意味なし系の歌は
うさぎ

うさぎ うさぎ
何見てはねる
十五夜お月さま
見てはねる

は?
それだけ?
それがどうしたの?

童謡といえども
何か言いたいことはあるんじゃないの
四季折り折りの情感を歌うとか

お月さまを歌っているならまだ分かる
そうじゃなく、うさぎ
うさぎがはねた
問いかける
何見てはねたの?
えっ
それ、ホントに知りたいことなの?

良いわ
最高
文学や音楽なんてものには
理屈をつけちゃいけないんだ

うさぎがはねて
何を見てはねるんかなあ
なんて思う
そんな感受性を持った人が
世の中にいますかって

それを歌にしちゃったという衝撃

そうやなあ
考えたこともなかったけど
確かに十五夜お月さまを見てはねてるのかも知れんなあ

そうみんなが思うから歌い継がれる
そんな変な歌、って疑問を持つのは私くらい

芸術のなんたるかを体感してみてください
という、体感ソング

バラが咲いた
再度戻ってバラが咲いた。

単に庭にバラが咲いたんじゃなかろうか
バラが咲いて気持ちが明るくなったんじゃないだろうか

それだけの歌だと思いたい。

もちろん、意味のない歌、大好き人間の私だから
そう思うのかも知れないけど
何かを表しているだけでも何でもなくて
ただ、バラが咲いた。

私はその方が心揺さぶられるんだけど
皆さんはどうでしょう。

バラが咲いた(でーこん)

[昭和歌謡]10 君といつまでも

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

君といつまでも
加山雄三
作詞・岩谷時子 作曲・弾厚作
(1965年)

♪ふたりを夕やみがつつむこの窓辺に

1965年に公開された東宝映画「エレキの若大将」の主題歌。
人差指で鼻の脇をかきながら
「幸せだなあ……僕は君といる時が……」というセリフが有名になった。

もともと歌詞にセリフはなかったのだが、
レコーディングの際、豪華なオーケストラに感激した加山が
思わず「幸せだなあ」ともらした

スタッフが
その言葉いただきっ
間奏で言うってどうかな

それには伏線があって
エルヴィスープレスリーのバラード
「今夜は一人かい?」の真似
プレスリーが間奏でセリフを言うのだが、
それがカッコ良かった

良いじゃない、それでいこう。

作曲の弾厚作は加山の筆名。
茅ヶ崎の宅でピアノを弾きながら作曲。
出来上がった曲に、岩谷時子が作詞。

♪君はそよ風に 髪をとかせて
やさしく この僕の「しとね」にしておくれ

ここ分かりにくいですね
しとねは「褥」
座布団やベッドパットなど
座るときや、寝るときの下に敷くもの

尻にしいてもらっていいですよ
という訳もないし
主語が逆か

その前の「髪」が風でなびいて
その髪の上で、ってイメージでしょうか

海、その愛
私の中での加山雄三は
海、その愛

♪うーみよー、おれのうーみよー
おーきなー、そのあいよー

カラオケの締めはこれ
どでかい声で、マイク思いっきり離して
腹から声出して
ああ、気持ち良い

ただ、大きな欠点があって

うるさいったらありゃしない
延々と続く繰り返しに
まだかいな

下手すりゃ、大クレーム

よほど、その場が盛り上がり
みんなで声張り上げて
いっしょに歌える時しかやれない

よし、海その愛行けるぞ、となったら
その時のカラオケは
後々まで余韻を引きずる

セリフ
セリフを関西弁で言ってみました
笑ってやってください。

[昭和歌謡]9 ヨイトマケの歌

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

ヨイトマケの歌
美輪明宏
作詞、作曲 美輪明宏
1965年

♪父ちゃんのためならエンヤコラ
母ちゃんのためならエンヤコラ

美輪明宏と言えば、紅白ですよね
77歳で初出場。
瞬間視聴率45.4%
初めて聞いたという若い世代からも感動したという声がNHKに多数寄せられた

私もあの時初めて聞きました。
引き込まれました。
良かったなあ。

あの時、髪の毛黄色くなかったですよね
それにもビックリしました。

この曲は昭和39年に彼のリサイタルで初めて発表されたもの
木島則夫モーニングショー今週の歌に起用されると大反響を呼び
レコード40万枚の大ヒット
美輪明宏30歳の時である

ヨイトマケって?

かつて建設機械が復旧していなかった時代に
地固めなどで綱を引いて重い槌を
みんなで一斉に引き上げてはドン
引き上げてはドン
その時の掛け声のこと

転じてその労働者をヨイトマケというようになったという

歌の主人公は貧しい家庭の子供で
ヨイトマケの日雇い労働をする母親に育てられた
男性学校に言われのない差別を受けながらも勉強を続け
やがてエンジニアとして立派に成長する
彼の人生を支えたのは母親の汗水たらして働く姿だった

[昭和歌謡]8 学生時代

昭和ヒット曲全147曲の信実シリーズです。

学生時代
ペギー葉山
作詞作曲·平岡精二
1964年

♪つたのからまるチャペルで祈りを捧げた日。
夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
なつかしい友の顔が一人一人浮かぶ
重い鞄を抱えて通ったあの道

青山学院女子高等部(現·青山学院高等部)の学生だった
ペギー葉山をモデルにした歌で、100万枚の大ヒットになった。
「つたのからまるチャペル」は青学の礼拝堂のことだが、
現在は建て替えられて蔦はない。
「重いカバンを抱えて通ったあの道」とは、青学に通じる渋谷の宮益坂のこと。

思い出
歌ったなあ、この歌
何回歌ったろう。
10回20回じゃきかないかもしれない
何かの拍子にふと頭に浮かんでそのまま口ずさむ

学生時代の思い出
ブログ見返してみたんですが、
なんと、私まだ、学生時代の話をしてなかったんですね。
驚いた。びっくりした。
こんな特殊な世界の話をまだしていなかったとは。
話せば長くなります。
しばし、ご勘弁。

高校の時、落ちこぼれていたんです。
その時の楽しいエピソードはこちら
こちら
こちら
こちら
一番好きだった科目が公民(政治経済)
その中でも憲法が大好きだった。

法律を仕事にしたいなあ
弁護士なのかな
ちゅうことは司法試験。
となれば、中央大学法学部
当時、司法試験合格者数で東大と争っていた。

力試し全国模試とか受けると常にE
志望校を変更しましょう。
うるさいわっ

猛勉強、かつ、特殊なやり方で奇跡の見事合格。

さあ、司法試験。

東大って、ご存じの通り天才しかいませんので
そこそこ勉強すれば、現役で合格しちゃったりするんですが
中大生はそうはいかない。

ちなみに、ここでいう現役とは、大学4年間のうちでということ。

司法試験って、アホみたいに難しいので
現役での合格ってあんまりないんです。
卒業してもずっと勉強し続け、何年か後に合格できればすごいひと。
いくら何年も勉強したところでダメな場合はやっぱりダメ。
その場合にはもうかたわになっちゃいますね。

さあ、中大生。
頭がおかしいよってくらい勉強します。

司法試験受験のためのサークルが10個以上あります。
研究室と呼ばれています。
もちろんチャラチャラしたところは一切なく
どれも長い長い歴史と伝統を持ったサークルです。
そのサークルに入るのにテストに受かる必要があります。
超狭き門。
猛勉強が必要です。

私はその内のひとつに何とか合格。

そうするとどうなるか。
研究室の中に机がもらえます。
そこで、自分で勉強していいですよ。
ただ、それだけ。
たまに、休憩室で休んでいる先輩を捕まえて
質問することは出来るけど
さあ、一緒に勉強しましょうね
ってことは全くない。

そして、入館証がもらえるという特権
普通、学生は日曜日とかの休みだと学内に入れないんだけど
研究室に入って、入館証を持っていると
ガードマンが入れてくれる。

休みだろうがなんだろうが
研究室の自分の机で、ずっと勉強してもいい。
正月なんて関係無い。
365日。

その365日の間
寝ているとき、風呂入っているとき、食事しているとき、通学中を除いては
ずっと司法試験の勉強をしている。
テレビも音楽聞くことも、友達や彼女と遊びに行くことも一切ない
たまには息抜き、なんて概念はない。
キャンパスライフ?
ええっと、なんでしたっけそれ。

それが、何年も続く。
現役合格はほぼないので
4年どころじゃない。

世の中のありとあらゆるものから
置いていかれる。
「法律の事」以外はどんどん退化していく。

私の場合、4年目に差し掛かって分かってしまった。
私の頭じゃ何年やっても無理なものは無理。

分かったら一刻も早く
人間としての生活に戻ろう。

ニュース
おかしいと思いませんか
そんなおかしな生活を何年もやって
人間としておかしくなっちゃった人が
人を裁いているんです。

社会に出て何年もして
あるニュースを目にしました
村井判事補逮捕
少女売春で捕まる。

仰天しました。
私がいた研究室の2年先輩。
超が付くほど真面目でした。
あまり喋らず、いつもニコニコしていただけの印象。
悪いことをとても出来るようなタイプではない。
善人を絵に書いたような人。

新聞の一面に顔写真が載っていた。
全くそのままの顔。

少女売春か
分かる。
もちろん、当時、そんなカケラもなかった。

おかしくなっちゃったんだ。

その後、司法試験制度は見直しされたと聞いています。
その内容は全く知らないんですが
そうだろうなとは思います。
ああ良かった。

あまりにも異常なことって改善しないとね。

猛烈に勉強しないと受からない。
そこまでは分かる
日本の法律の運用に携わる人なんだから

でも、異常に勉強しないと受からない
になっちゃってましたから。

歌ってみました
お恥ずかしいですが、歌ってみました。
学生時代(でーこん)