[昭和歌謡]75 22才の別れ

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

22才の別れ

作詞・作曲 伊勢正三
1975年

♪あなたに さようならって言えるのは 今日だけ
明日になって またあなたの 温かい手に
触れたらきっと 言えなくなってしまう そんな気がして

出ました出ました出ましたーっ
フォーク同好会の会長をやっていた私といたしましては
大興奮でございます。

当然レコードを持っておりました。

「風」結成の時はビックリしたなあ

あの超人気グループかぐや姫
解散するの?
えええっ
まあ、南こうせつは良いですわ
当然ソロで十分やれます。

山田パンダは置いとくとして
(あら、失礼しました。風の街もヒットしたからまあ良いよね)

伊勢正三どうすんの?
かぐや姫は、実は南こうせつより伊勢正三と当時から言われておりました。
ああ、心配

なななんと、新グループ結成
しかも、「猫」の元メンバーと一緒

猫ですよ猫
まあ、人間なんですけど

猫と言えば雪
何言っているか分かりませんね
「猫」というグループがあって、「雪」という曲が大ヒット
フォーク好きの人の中で大ヒットなんであって、一般的には知らないと思いますが。

雪が降ったとします。
自然と歌を歌っちゃうと思いますが
何歌います?

やっぱり「雪が降る」でしょうか

私は、猫の雪

♪ゆっきでした あなたのあとを 何となく ついてゆきたかった
2曲目に、雪が降る
♪ゆーきーがー 降る~
3曲目に、粉雪
♪こなーゆきー
(3曲も歌うなっ)

その猫と一緒て
そもそも、猫いつ解散したん

待ちに待った風のデビュー曲
急いで、レコード屋に走りました。

おおおっ
伊勢正三やぁ、ええ曲やなあ

売れましたねぇ
一生懸命、ラジオを聞いて

さあ、今週の第一位はっ

♪チャーンララララ ラララ ラララ ラーンラーラーラーン

やはり、この曲!
〇週連続一位の記録を更新中ですっ

♪そんなー 気がしてー
の真ん中のギターの チャン て音がたまらん

風って、この歌の印象が強すぎて、これだったイメージだったけど
この記事を書くために検索したら

あの唄はもう唄わないのですか
♪あの唄はもう唄わないのですか
 私にとっては思い出なのに

ささやかなこの人生
♪やさしかった恋人達よ
 振り返るのはやめよう
 時の流れを背中で感じて
 夕焼けに涙すればいい

と続いていくんですね。

良い歌やわぁ
偉大やわぁ
伊勢正三

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]73 昭和枯れすすき

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

昭和枯れすすき
さくらと一郎
作詞 山田孝雄 作曲 むつひろし
1974年

♪貧しさに負けた いいえ世間に負けた
この街も追われた いっそきれいに死のうか
力の限り生きたから 未練などないわ
花さえも咲かぬ 二人は枯れすすき

昭和
昭和歌謡で昭和枯れすすき
昭和代表ソングですね

私あたりの世代では、昭和イメージはノスタルジックで
平成は新しい

枯れすすきではあっても
ぐんぐん広がる雑草の野原のような側面もあったなあ

今後は平成もノスタルジックに語られるようになるんでしょうね

ああ、新しい時代
どんな時代になるんだろう
とてもワクワクします

インターネットと携帯(スマホ)は
これってなんだっけ、って思えば
その場ですぐ答を見つけられるなんて
考えてもしなかったなあ

それぞれの時代にそれぞれ「楽しみ方」があるんだと思う

百人一首の平安鎌倉の時代にも
いっぱい思い入れのある江戸時代にも
汽笛一声文明開化の明治時代にも
我々の世代、昭和時代にも
とっても豊かで情報満載の平成時代にも

結局庶民たちはそれぞれにすぐ対応して「楽しさ」を謳歌する

♪貧しさに負けた
いいえ世間に負けた

なんてなこと言っているこの二人も
このあと自殺なんてせずに、
ふてぶてしく生きていったんじゃないかと思う。

あんた、明日子供の運動会ちゃんと出てや
分かっとるがな

♪力の限り生きたから 未練などないわ

ここだけは、無茶苦茶共感できます。

毎日楽しくって仕方ないので
いつ死んでも全然大丈夫です。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


フクシャ

花カレンダー始めました

[昭和歌謡]72 岬めぐり

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

岬めぐり
山本コータローとウィークエンド
作詞 山上路夫 作曲 山本コータロー
1974年

♪あなたがいつか 話してくれた
岬を僕は 訪ねてきた
ふたりで行くと 約束したが
今ではそれも 叶わないこと

岬めぐり
さわやかフォークです
これとか、なごり雪とか

詞は失恋の歌ですが、曲調は明るい感じ
失恋の歌詞じゃなくても合うでしょうね
失恋で悲しいってことより

♪悲しみ深く 胸に沈めたら
この旅終えて 街に帰ろう

というところ
自分で儀式を作って一区切り
よし、明日から頑張るぞ
って、前向きな歌だからなんだと思います。

山本コータロー
山本コータローさんのキャラクターにつきますね
とても楽しいおしゃべりの出来る人だから
ラジオとか色んなところに顔を出している印象がある
仲良しが多くて、常に誰かと一緒に
フォークというかニューミュージックというかの世界を盛り上げるべく頑張っている感じがする

曲のイメージにあった明るさで
見ている方が楽しくなります。

よし、明日から頑張るぞ

どこの岬か
結論的には、作詞の山上路夫さんとしては、特に特定した岬があるわけではなく
総合的抽象的な岬らしいです。

同じ質問を山本コータローさんも良く受けるけれど
三浦半島です。と答えるそうです。

長い間に色々お世話になったとか、そういうのがあるんでしょう。
三浦半島の三崎口駅の発車メロディは、岬めぐりなのでね
三浦半島と言わなきゃまずいです。
大人のお付き合いです。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


梅 満月

花カレンダー始めました

[昭和歌謡]71 二人でお酒を

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

二人でお酒を
梓みちよ
作詞 山上路夫 作曲 平尾昌晃
1974年

♪うらみっこなしで別れましょうね
さらりと水に全て流して
心配しないでひとりっきりは
子供の頃からなれているのよ
それでもたまに淋しくなったら
二人でお酒を飲みましょうね
飲みましょうね

梓みちよ
イメージチェンジ成功例ですね
こんにちは赤ちゃんはかなりインパクトが強いので
ここから抜け出すのは大変です。
本人も、こんにちは赤ちゃんを歌うのが嫌になっちゃって

まあ、困っちゃうな、よりは小幅かなとは思いますが。

大前提の依頼が、イメージチェンジする歌でお願いします。
作詞の山上路夫は、考えたあげく
梓みちよ本人がお酒大好きなので、お酒好きな女性像というそのままが良いのかなと

演歌でない歌手にお酒の歌というのはかなり冒険だったらしいです。

あぐらを組む演出は、梓みちよ本人が考えたらしい
「おんなだてらに」あぐらを組むって良いんじゃない
梓みちよも一生懸命だったんですね
確かにあれがなければヒットしなかったかも知れません。

このあと、こんにちは赤ちゃんが逆にすんなり歌えるようになったそうです。

二人でお酒を
別れの歌ですね
後腐れない別れ
なかなか出来ないから理想なんでしょうね

実は私はこの感覚が全く分からない。
別れる、って経験がないんです。
ダメージがあるほどちゃんとお付き合いしたことがない。
好きな人に告白して駄目だったというレベルはいっぱいありますが。
早い話がモテなかった。

唯一ちゃんとお付き合いしたのがカミさんです。

人生、つらい別れを経験することで深みを増す、ということはあるでしょうね
良いんじゃないでしょうか
かるーく軽薄に生きております。

「二人でお酒」って憧れるなあ
みんなでワイワイも勿論良いんだけど
静かな飲み屋でしんみりと、ポツッポツッとしか喋らずに、さしつさされつ

昔、時間ですよ、とか、寺内貫太郎一家とかのワンシーンでありましたね
藤竜也とか

でも、いざとなると、沈黙が耐えられない関西人ですから
何とか相手を笑わそうと頑張っちゃうんでしょうね。

今度、娘を誘ってみましょう。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


梅 一重野梅

花カレンダー始めました