[昭和歌謡]137 部屋とYシャツと私

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

部屋とYシャツと私
平松愛理
作詞・作曲、平松愛理
1992年

♪お願いがあるのよ あなたの苗字になる私
大事に思うならば ちゃんと聞いてほしい
飲みすぎて帰っても 3日酔いまでは許すけど
4日目つぶれた夜 恐れて実家に帰らないで

良いですね、この歌
可愛くて幸せそうで
同じテイストの曲として
太田裕美の木綿のハンカチーフ
沢田知可子の会いたい
とともに勝手に三部作だと思っております。

♪いつわらないでいて 女の勘は鋭いもの
あなたは嘘つくとき 右の眉が上がる

と伏線張っておいて
最後に

♪もし私が先立てば オレも死ぬと言ってね
私はその言葉を胸に 天国へと旅立つわ
あなたの右の眉 見届けたあとで

良いですね。とてもお洒落な構成です。
確かにオレも死ぬとは言うでしょうね
死ぬ訳はないですが、礼儀です。

右の眉が上がるかは微妙です

もし上がれば、
もう また嘘ばっかり ばれてんだから
と、笑いながら旅立てますが
上がらなかったら逆に大変ですね
うそ! 死なないで!
となります。

そのあと死ぬことは100%ありませんが
気持ちだけはその瞬間、本気でそう思うことはあり得ます。
男ってロマンチストですから。

私は、カミさんにいっぱい嘘をつきました。
相手を心配させないための嘘はどんどんつくべし、と思っています。
半分はばれるんですけど、半分はうまく行きます。
浮気っちゅうのはしたことないから、
しょうもない事ですけどね

カミさんっちゅう人種はビックリするようなところから気づきますね
こっちは必死で証拠隠滅をはかる訳ですが
あっ、そこで気づく訳ね、って

この歌、微笑ましくて、笑える歌ですが
ダメですね

私は最近涙腺がゆるゆるなもんですから
これすら、歌っていて、こみあげて来るものがあり
最後まで歌えませんでした。
フルコーラスはやめて、途中までにしました。

長女が披露宴の時、いらんことするもんで
「結婚前」というシチュエーションを思い浮かべるだけで、もうだめ
ほんまにあいつ、ええかげんにせえよ、と思います。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]136 愛は勝つ。し・ん・じ・る・こ・と・さ

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

愛は勝つ
KAN
作詞・作曲、KAN
1990年

♪心配ないからね君の想いが
誰かに届く明日がきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることをけしてやめないで
(中略)
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ必ず最後に愛は勝つ

愛は勝つ
直球
ストレート

かつてここまでストレートな歌があったでしょうか
もう反論のしようがない。

売れましたよねぇ
そして、このあと、こういった応援ソングが色々出てきて
それが大事
とかね

でも、やっぱり応援ソングとしては、圧倒的に君臨してますよね
愛は勝つんですから
それ以上、言いようがない
見事! 気持ちいいっ

昭和ヒット曲全147曲の真実の著者がKANさんに聞いたんですって
愛は勝つんですか

いいえ

えっ、でも愛は勝つ、って歌ってますけど

恋に勝ち負けはあるけど
愛に勝ち負けはないです
人の内心の問題ですから

なるほど!

確かに失恋はあるけど、愛に失愛はない
報われるかどうかなんて関係無い
無償の愛
愛してるんだから仕方ない
絶対に負けないから
必ず愛は勝つ

多少こじつけの言葉の問題かも知れないけど
感覚的にも、愛は勝つと思うなあ

♪か・な・ら・ず 最後に 愛は勝つーー

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]135 少年時代と傘がない

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズから

少年時代
井上陽水
作詞・井上陽水、作曲・井上陽水、平井夏美
(1990年)

♪夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれに さまよう
青空に残された 私の心は夏模様

ようやく出ました、井上陽水

陽水は私の中では神のような存在
泉谷しげると井上陽水は私にとって青春そのものです。

今、井上陽水がコンサートすると
往年のファンがわんさか押しかけるわけですが
あんなにヒット曲がいっぱいあるにも関わらず
誰一人、一緒に口ずさむ人はいないんだとか

昔の歌手でそんな人はいない

分かります。
陽水の声を聞きに行くわけですから

異次元の存在です。

(氷の世界)
窓の外ではりんご売り
声を枯らしてりんご売り
きっと誰かがふざけて
りんご売りの真似をしているだけなんだろう

(東へ西へ)
電車は今日もすし詰め
延びる線路が拍車をかける
満員いつも満員
床に倒れた老婆が笑う

こんな歌詞書けますか
思考回路がすっとんでいる

あの声とこの歌詞で一瞬にして「違う世界」に連れていってくれる

陽水と同じ時期を過ごせた事の幸せをつくづく感じる

だから、少年時代がヒットした時は違和感があった
嬉しいんですよ、もちろん
我々の世代より少しあとの時代の人達にも陽水が浸透した。

でも、何かの折りに、井上陽水の話になって
知ってますよ、少年時代
って言われたときに

良いんですよ、良いんです
でも、心もよう、だったり、夢の中へ
から会話が始まる筈なんです。

その上で、夕立とか、二色の独楽がきて
さらに色んなアルバムの歌に入っていく、話題の順番というものがある
小春おばさん、良いよねえ
に行き着くまでの段取り

拓郎であれば、結婚しようよ、旅の宿から始まって
泉谷しげるであれば、春夏秋冬、春のからっ風から始まる
物事の順番

少年時代出されちゃうと、それで終わっちゃう。

分かっているんです。「私の陽水」ではなくて、みんなの陽水
勝手に順番を決めるなと

分かっているんですけどね

ということで
今回動画は、少年時代ではなく
傘がない
自己満足の極地
ごめんなさい、フルコーラスなので、ちと長いです。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]134 人生いろいろ。とってもいろいろ

人生いろいろ
島倉千代子
作詞・中山大三郎、作曲・浜口庫之助
1987年

♪死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ
バラもコスモスたちも 枯れておしまいと
髪を短くしたり つよく小指を噛んだり
自分ばかりを責めて 泣いて暮らしたわ

大好き

島倉千代子全盛期をリアルタイムで知らない
紅白で見る人
曲を聞くたびに、好きだわあこれ、と感じていた。

♪からたち からたち からたちの花

♪ほんきかしら 好きさ大好きさ

そして東京だよおっかさん
東京ウォーカーとしては、皇居に行ったときは二重橋の前で歌う必須ソング
そらで一番は歌えます。

♪久しぶりに手を引いて
親子で歩ける嬉しさに
小さい頃が 浮かんで来ますよ おっかさん
あれがあれが二重橋
記念の写真をとりましょうね

テレビでお千代さんの生涯の波瀾万丈ぶりを見てから
ますます気になる人になっていた。
不幸のデパート
2度も騙され、最大16億円の借金
離婚、闘病

そこに、人生いろいろの大ヒット
えっ 人生いろいろだったお千代さんがまさかの「人生いろいろ」で大ヒットなんて
それで、借金を返しきるんだから

お千代さんにリアルタイムで付き合えたという喜び
この曲はお千代さんじゃなきゃ絶対ヒットしないよなあ

人生いろいろぶりには、私だって自信がある

「人生いろいろ」って、一言でこんなに全ての事を表せる言葉があるだろうか
10人いれば10人に「人生いろいろ」がある
全てを表しているのに、何物をも否定しない。

様々ないろいろに邪魔をしない歌い方ができるのは
やっぱりお千代さんだからなんだろう。

最後の曲、南こうせつが提供した「からたちの小径」
体調が急激に悪化
こうせつが「もうすぐレコーディングですね」と電話したら
その日まで待てない、声だけでも録って欲しい
急遽10日早め、自宅に機材を持ち込む
こうせつは心配なので近くで待機

プロの意地
フルコーラスを3回歌いきった

こうせつに自ら感謝の電話

その日の夜昏睡状態に陥って、三日後に亡くなった。

[歌]シリーズはこちら(少し下げてね)