[昭和歌謡]127 3年目の浮気。馬鹿言ってんじゃないよ~

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

3年目の浮気
ヒロシ&キーボー
作詞・作曲、佐々木勉
1982年

♪馬鹿言ってんじゃないよ。お前と俺は
喧嘩もしたけど ひとつ屋根の下暮らして来たんだぜ

浮気
楽しい歌ですね
名作と言って良いんじゃないでしょうか

ただ、大きな疑問があります。

ほんまぁ?
ほんまにほんまぁ、と

浮気って良く話題に上ります。

一般の人たちは、本当に浮気なんてするのでしょうか
みんなで寄ってたかって私を騙そうとしているとしか思えません。

芸能人とかがよくニュースで謝罪会見とかしているのを見ると
カミさんと意見が一致します。

あの人は特殊だね
浮気なんて普通の人は絶対しないよね。
金もなければ時間もないし
そもそもめんどくさい
仕事が終われば疲れているから帰って寝たい
全くもって意味が分からない

そうだそうだ。浮気は嘘だ!

私やカミさんの方がおかしいのかなぁ

そもそも、私の場合
モテるとか女性とお付き合いするなんてことが一切なくカミさんと出会った。
そのまますぐ、すんなり結婚したからかも

全く想像がつかなかったりする。

3年目の浮気なんて歌も
仲良くて良いねえ、楽しそうで微笑ましい
プラスイメージしかない。

何度か言っているように女性は大好きで
町中に出ると、うわあ、美人しかおらんがな
とトキメキっぱなしなんですが
だから、何かをしようというような欲求がまるでない。
見てるだけで楽しいですから。

平和で幸せなので
浮気とかしている人がいるとしても
ふうーん。ホントにいるんだ
と思うでしょうけど
羨ましくも、真似したいとも思いません。

そっちの世界はスリリングかも知れないけど
敢えて不幸にならなくてもね

PS.
あっ。今気づいた
違うわ
もし万が一その気になっても、相手にしてくれる女性がいる訳ないからです
自分が禿げたおじいちゃんだという事を忘れておりました。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]126 待つわ。いつまでも待つわ。

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

待つわ
あみん
作詞・作曲、岡村孝子
1982年

♪可愛いふりしてあの娘わりとやるもんだねと
言われ続けたあの頃 生きるのが辛かった
行ったり来たりすれ違い あなたと私の恋
いつかどこかで結ばれる ってことはとわの夢

売れましたよねぇ

♪待つわ 待つわ いつまでも待つわ
他の誰かにあなたがふられる日まで

おっかけのハモリ
素晴らしかったです。

最後だけちょっと怖い歌詞ですけど

短かったのが残念です
でもそのあと、岡村孝子がソロデビューしましたから。

夢をあきらめないで
♪あなたの夢を あきらめないで

あみんの大ヒットで続けとばかりに、素晴らしい女性の二人組が生まれました。
kiroro、大好きでした。
ボーカルとピアノだったから、ハモリは無かったけど、良い歌だったなあ

長い間
♪長い間 待たせてごめん
 また急に仕事が入った

未来へ
♪ほうら 足元をみてごらん
 これがあなたの歩む道
 ほうら 前をみてごらん
 これがあなたの未来

花*花も良かった

あ〜よかった
♪あ〜よかったな あなたがいて
 あ〜よかったな あなたといて

さよなら大好きな人
♪さよなら大好きな人
 さよなら大好きな人
 まだ大好きな人

あみんがつけた先鞭です
もちろんもっと前には
私が史上最大の女性歌手と考えている、ザ・ピーナッツが燦然と輝きますが。

情熱の花
ウナセラディ東京
恋のバカンス
ふりむかないで
大阪の女

やっぱりザ・ピーナッツを抜く歌手は表れませんね

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]125 赤いスイートピー

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズ

赤いスイートピー
松田聖子
作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂
1982年

♪春色の汽車に乗って
海に連れていってよ
煙草の匂いのシャツに
そっと寄り添うから

でたぁっ
聖子ちゃーん

聖子ちゃんあっての芸能界
芸能界と言えば聖子ちゃん

私、懺悔せねばなりません。
罪を犯してしまいました。

聖子ちゃん全盛の頃
電車の中の吊り広告で聖子ちゃんがあまりに可愛かったものですから
何度も、車両を変えて乗り直し
目を盗んで、吊り広告をいただいてしまいました。

申し訳ございません。
今からでも、出頭したいと思います。

基本、私は中森明菜ファンでございまして
聖子ちゃんには、ライバル意識がございます。
聖子何するものぞ。明菜には敵うまい、と

ところが、その時の吊り広告たるや
想像を絶する可愛さでございまして
明菜さん
こんな私をお許しください。

それにしても、明菜も聖子も
ものすごい、歌がうまかったですよね

今回、聖子ちゃんがテーマなので
松田聖子に限定して話しても
どの曲も素晴らしかった。

当時言われていた、松田聖子の唯一の欠点は
歌がうますぎる事

明菜と切磋琢磨しながら
その批判を遥かに凌駕するかたちで
アイドルからアーチストへ大きな飛躍を図ったのだと思います。

決定的だったのは、SWEET MEMORIESでしょう

サントリーのペンギンのコマーシャル

敢えて誰が歌っているかを明かさずに
英語の歌詞だけで流したコマーシャル

誰?この歌うまい人
何か、松田聖子の声に似てるけどなあ
松田聖子だったら、当然、歌:松田聖子って書くだろうしなあ

そして、あなたに逢いたくて、に繋がっていくんですね

みなさんは、何の曲が好きですか
私は圧倒的に「白いパラソル」
高音ののびがアイドルのそれとは、全く違っていました。

最初は、山口百恵の敷いた、可愛い子ちゃん歌手脱却を敢えて覆し
ぶりっこ、聖子ちゃんカット、うそ泣きだったのにね。
あれだけ歌がうまければ、可愛い子ちゃん歌手路線は無理があります。

分かります、売る側も。あれだけ可愛いければね
吊り広告拝借しちゃったくらいですから。

まあ、それにしても話題に事欠かない人でしたね。

あのガツガツした感じの半分でも
明菜が持ってくれてればなあ。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]124 チャコの海岸物語

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

チャコの海岸物語
サザンオールスターズ
作詞・作曲、桑田佳祐
1982年

♪抱きしめたい
海岸で若い二人が恋をする物語
目を閉じて胸を開いて ハダカで踊るジルバ

サザンオールスターズ
まさかまさか
この人たちが、ここまで長く売れ続けるなんて

最初の
♪今何時? そうねだいたいね
から、もはや40年以上
桑田さんたちもみんな60歳以上

昔数曲売れて、その代表曲でやっていける人はいっぱいいる
勿論そういう代表曲に恵まれた訳だから、それで良いけれど
サザンの凄さはどうだろう

ここまで売れ続けると
もう国民的歌手、って言って良いでしょうね

私としても常に気になるミュージシャンです。
私は、どちらかと言うと、曲より詞の方が好きで
詞が良いと、とことん好きになっちゃうんだけど
このサザン、ないしは桑田さん、って人はどういう才能なんでございましょう

おそらく多くの人が
曲と詞を調和させるべく
詞を何度も何度も推敲する

ところが
えっ、ほんま?
それで良いん?
って歌詞が飛び出す。

♪今何時? そうねだいたいね
なんて詞は
いわゆる作詞家には
ひっくり返ったって書けない

曲作りの才能がダントツで
最初の頃は、桑田さん自身、詞は曲の添えものぐらいにしか思ってなかったらしい

心地良いフレーズがポンポン出てきて
それ何なの?どういうシチュエーションなの?なんて事は考えない詞作り

それが許されるんだったら、どんなに楽か、と思いつつも
その独特の作り方でどんどんヒットしていくと
桑田さんの中でも、詞というものが昇華されていったんじゃないかと思う

大ヒットしたtunamiは
歌詞で大ヒットしたんじゃないかと思う

♪風に戸惑う弱気な僕
通りすがるあの日の幻影
本当は見た目以上
涙もろい過去がある

止めど流る清か水よ
消せど燃ゆる魔性の火よ
あんなに好きな女性に
出逢う夏は二度とない

そしてサビ

見つめ合うと素直にお喋り出来ない
津波のような侘しさに
I know…怯えてる Hoo
めぐり逢えた瞬間から魔法が解けない
鏡のような夢の中で
思い出はいつの日も雨

前後の詞の、言葉の選び方からして
ここで急に「お喋り」を出すか?
語り合えない、だったら分かるけど
意識してここで、違和感のあるフレーズでガツンと心捕まれる

そして仕上げが「鏡のような夢の中」
これはもう、一流の詩人でしょう

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)