[昭和歌謡]86 木綿のハンカチーフ

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

木綿のハンカチーフ
太田裕美
作詞 松本隆 作曲 筒美京平
1975年

♪恋人よ 僕は旅立つ
東へと 向う列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの
探す 探すつもりだ

いいえ あなた私は
欲しいものはないのよ
ただ都会の絵の具に
染まらないで帰って
染まらないで帰って

歌詞
心打つ歌詞、では、1位2位を争うんじゃないでしょうか。

大人になって読み返して
違った意味でグサッと来ます。

遠距離恋愛
彼氏は東京へ
都会の良いものを伝え、送ろうとするけど
彼女は、昔のままの素朴な彼氏であることを願う。

遠距離恋愛って経験がない
東京に出てきてから、ずっと田舎の一人の女性を想い続けたというのも
完全に一方的片想い。

ただ、もう少し広く考えると
私は未だに関西に帰ってはいない。

♪僕は 僕は 帰れない

これはまともには歌えません。

私の場合は、帰るのを待っていた人がいるとすると家族だけ

母さんの涙を一回だけ見た
私が東京に行くときの、最後の駅のホーム。

結局、帰らないままで、母さんは亡くなった。

カミさんの涙もびっくりした。

カミさんの実家は、山の中なので
なまじっか地方都市の私なんかとは、田舎への思い入れが全く違う。

結婚してずいぶん経ってから。
まとまって長めに東栄町(カミさんの実家)に行くことがあって
最後に東京に戻ろうと言うとき

結婚したての頃だったら分かるけど
ずいぶん経っていたので
えっ、何が起こったんだろう、って
何をすればいいのかが分からなかった。

木綿のハンカチーフの歌詞だけを見ると
こんなに彼氏の事が好きで、
ずっと彼氏を気遣っているのが分からんか
このスカタン

な訳だけど

彼氏だって
一度は憧れの東京に行ってみて
すぐ帰って来ようなどという
物見遊山で上京したわけではなかろう。

ああ残念
もう少しやり方があったろうに。

どこに生活の拠点を置き
どんな人生、どんな家庭を形作っていくのか
そんな根幹の問題。
聞く人によって100人が100通りの思いで聞くから
胸を打つ歌になるのだろう。

それにしても、太田裕美は声が可愛かったですね。

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]85 北の宿から

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

北の宿から
都はるみ
作詞 阿久悠、作曲 小林亜星
1975年

♪あなた変わりはないですか
日毎寒さがつのります
着てはもらえぬセーターを
寒さこらえて編んでます
女心の未練でしょう
あなた恋しい北の宿

出ましたっ
演歌と言えば、これか津軽海峡冬景色です。

着てはもらえぬセーターを編むんですよ。
おお恐

これぞ演歌ですね
そんなんするかいな、と思いつつ
ここまでこの世界観で統一されちゃうと
心にズドドドトーン、でございます。

都はるみ
好きやわあ
歌がうまいとかそういうレベルじゃないですね

次元が違います。
世界が違います。

得意のこぶしを封印してですからね。

強い女
改めて、歌詞を見ていきましょう

かつて、淡谷のり子さんが、演歌撲滅運動なるものを提唱し
北の宿からを名指しで批判

別れた男のためにセーターなんて編んでんじゃないわよ

淡谷さんらしいですね

作詞の阿久悠さんのイメージ

北の宿ってどこかというと、信州らしいです。
近っ

不倫していた30過ぎの女性が相手の男性と別れた。
気持ちの整理がつかないため
踏ん切りをつけるため
北の宿に泊まって自分なりの儀式をしようと。
編みかけのセーターを仕上げて、はい仕舞い

出来たセーターは捨てるのもなんだし
宿の主人に差し上げた。
すっきり

女性はこれできますね
付き合っていた相手との記念の品は全部捨てられる。
中でもプレゼントされた金目のものは売って金に出来る。

男は一個ぐらい置いとくもんなあ。
ねちねち引きずる。

弱い女って
必死で探したらいるかも知れないけど
長い人生、私はただの一人も出会った事はございません。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]84 時代

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

時代
中島みゆき
作詞・作曲 中島みゆき

♪今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には なれそうもないけど

(中略)

まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

時代
令和になるとき、盛り上がりましたよね、この歌。
スケールの大きさでは他に類を見ないと思います。

人間のスケールが大きいのかも知れませんね
地上の星なんて聞いてたら、自分がちっぽけに思えてくる。

♪風の中のす~ばる~
砂の中の銀河~

どうやったらこんな歌詞が思い付くのか。

でも、私としては、中島みゆきと言えば「うらみ・ます」

♪うらみます うらみます。
あたしやさしくなんかないもの

(中略)

うらみます うらみます
あんたのこと 死ぬまで

最初にこの歌を聞いたときの衝撃

大丈夫?
逮捕されるんちゃう?

大学の時の友達で、オーディオに無茶苦茶こっている奴がいて
そいつの部屋にいくと熱っぽく色々聞かされる。

ほらほら、この辺からとこの辺から
ガガガガガーッて音が聞こえるだろ

中島みゆきの大ファンで、いつも中島みゆき

大音量で

♪うらみまーすー

震え上がります。

わかれうた、もすごかった

♪道に倒れて誰かの名を
呼び続けた事はありますか

ないです。

怖いよぉ

加藤登紀子に提供した「この空を飛べたら」も大好きで
何百回口ずさんだことか

♪ああ、人は昔々
鳥だったのかも知れないね
こんなにも こんなにも 空が恋しい。

もちろん、デビュー曲の、アザミ嬢のララバイも

♪春は菜の花 秋には桔梗
そして あたしは いつも夜咲くアザミ

実は良く知らないんですが
最近、糸という曲がすごい勢いで売れたそうじゃないですか。
中島みゆき世代の私としては、嬉しくなっちゃいます。

♪縦の糸はあなた 横の糸は私

ファイト!、銀の龍の背に乗って、悪女、空と君とのあいだに、ヘッドライト・テールライト

もう、全てすぐにタイトルがメロディと共に出てきます。

ラジオ
中島みゆきは失恋歌の女王でありつつ
ラジオパーソナリティとして大人気のあねご。

うらみまーすーでは考えられない、大爆笑
こんな人間になりたいなあ、と憧れます。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)

[昭和歌謡]83 なごり雪

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

フォークが続きますね

なごり雪
イルカ
作詞・作曲 伊勢正三
1975年

♪汽車を待つ君の横で 僕は時計を気にしてる
季節はずれの 雪が降ってる
東京で見る雪は これが最後ねと
さみしそうに 君がつぶやく

なごり雪も 降るときを知り
ふざけすぎた 季節のあとで
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

名曲
誰しもが認める名曲なんじゃないかと思います。
「後世に語り継ぎたい名曲」という感じのテレビの企画では絶対に上位に入る名曲
川の流れのように
北国の春
いい日旅立ち

春のゆったりしたイメージ

伊勢正三だったんですね
イルカの作詞作曲だと思っていました。

かぐや姫のアルバム「三階建の詩」に収録されて、人気が高かった歌
かぐや姫が解散したので、そのままになっていた
伊勢正三と仲の良かったイルカが、自分にも歌わせて欲しいと直接交渉。

イルカは大したもんですね。
完全に自分の世界の曲にしちゃっている。

歌の意味
シーン自体は明確に目に浮かびますが
意味するところは何だろうと疑問がわきます。

「昭和ヒット曲全147曲の真実」の本で、ある解釈をしています。
作詞が伊勢正三ですので、22才の別れ、と関連させている。

それをヒントに、こんなストーリーを考えてみました。

ーーーーーーーー

同郷で幼いときから知っている二人。
彼の方がひとつ年上。
彼が高校3年の時、東京の大学に受かり、東京へ行く事になる。
もう、頻繁に会えなくなる
初めて、彼女を女性として意識していることに気づく。

付き合って欲しい。

文通をしながら愛を育む。

翌年、彼女も追いかけるように、東京の大学へ。
お互い頻繁に行き来して、楽しい日々が続く。

彼は先に卒業して、苦労して就職
最初の会社でうまく行かず、職を変えたりと落ち着かない毎日
そんなこともあり、彼女と会う機会が減る。

そうしている間に、彼女には新たな出会い。
5つ年上の、頼れる男性
彼女が大学を卒業するちょうどそのタイミングで
その男性は田舎に帰り、親の会社を継ぐことになった。

思いがけない一言。

結婚して下さい。

彼に打ち明ける

やめとけ

そういうべきだったろう。
彼女がそれを期待しているのも分かる。

でも、彼の中では、恋愛と結婚がまだ繋がらなかった。

彼女にしたって同じなのに。

なのに。

動き始めた汽車の窓に 顔をつけて
君は何か 言おうとしている

あなたは

あなたのままで
変わらずにいてください
そのままで

ーーーーーーー

伊勢正三は、
最初に、サビの「今 春が来て 君はきれいになった」
が、メロディ付きでふっと浮かび
そこに至るためのストーリーを複数考えながら練っていったと言います。

別れ
別れ

季節外れの雪

きれいですね

こんな経験無いんだよなあ。
全然持てなかったから、女性と付き合った経験がほぼなくて
ちゃんとお付き合いしたのはカミさんひとり

一方的に大好きだった人というのは何人かいる
中学3年から大学一年まで
高校から別の学校になっちゃったから、ずっと文通
大学に入って東京に来たけど
休みの時、田舎に帰った時に意を決して告白したけど惨敗

その時が別れと言えないこともないけど
なごり雪のようにきれいな思い出じゃないんだなあ。
せめて、きれいな思い出として残っていれば

自分でも情けなくなるひどい終わり方
詳しくはこちらを読んでね
恋愛の思い出(中3から大学編)
いや、やっぱり読まないでね

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)