[昭和歌謡]70 うそ。

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

うそ
中条きよし
作詞 山口洋子 作曲 平尾昌晃
1974年

♪折れた煙草の吸い殻で
あなたの嘘が分かるのよ
誰かいい女 出来たのね 出来たのね


嘘は良くつきます。

言い訳めいたことを言いますが
嘘をつくかどうかより
どういう目的で嘘をつくかの方が重要じゃないでしょうか

相手を気遣い、無用な心配をかけまいとする
そんな嘘ですよ、私のは

おそらく

ところが、何なんでしょうね
この中条きよしの、うそでもそうですが
女の人の特殊能力はすごいものがあります。

ヤバイっと、とりあえず着いた嘘は、ことごとく見破ります

あっそうそう、言っときますが私は浮気はしたことありません。
もっとちっちゃな可愛いやつの話。
茶碗壊しちゃったとか、
プリン食べちゃったとか
隅っこまでは掃除していないとか
そういうやつ


相手を気遣う、良い嘘でしょ。

あれえっ
ここにあったやつ知らない?

ギクッ

えっ知らんで、何の事?
言ってる意味がよう分からんわ。

この最後のが余計ですね
これ言うときは、ほぼ嘘ついてます。

索引はこちら

[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


西洋柊(クリスマスホーリー)

花カレンダー始めました

[昭和歌謡]69 あなた

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

あなた
小坂明子
作詞、作曲 小坂明子
1973年

♪もしも私が家を建てたなら
小さな家を建てたでしょう
大きな窓と小さなドアーと
部屋には古い暖炉があるのよ
真っ赤なバラと白いパンジー
子犬の横にはあなた、あなた
あなたがいて欲しい
それが私の夢だったのよ
いとしいあなたは今どこに

小坂明子
いやあ、衝撃でしたね
何もかもが衝撃でした。
ピアノ弾きながら
しかも、
えっ、ほんとですか

この歌、ヤマハのポプコンでグランプリ
さらにそのあと、世界歌謡祭でもグランプリ
ヤマハのポプコンでは女の子3人組で歌う予定
小坂明子はサイドボーカル
急遽他の二人が出れなくなって、ソロで歌った。

大正解ですね
女の子三人組ってアイドル的なイメージですよね
だめでしょ、それは

売れましたよねぇ
200万枚
当時、どこ行ってもこれがかかっていたイメージがある

この歌詞、プロの作詞家たち、びっくり仰天したんじゃないでしょうか
絶対に書けないですね
ストレート過ぎて

一つ一つのフレーズが全て頭の中に、ぶわああっとイメージがわく

そしてなんと言っても最後のフレーズ
愛しいあなたは今どこに

そもそも「あなた」と出会ってすらいない
夢見る少女の歌
実際に、小坂明子が高校2年生の時、授業中にノートの片隅に20分ほどで書いた歌詞
そんなのどうやっても太刀打ちできません
プロなら、恋愛中か別れの歌にしちゃいます。

なんでここまで売れたかは、あの小坂明子の声と歌唱力によるものでしょう
でも、やっぱりこの歌詞
あまりにも普通の歌詞

ていうことは、こんなささやかな夢が
国民の内、大多数で実現出来ていないって事の裏返しでしょう。

小さな家でいい。
部屋に古い暖炉があって
真っ赤なバラと白いパンジー
子犬の横には微笑むあなた
そのあと、私はレースを編んじゃったりしています。

結婚式の披露宴の時は、ほぼ全ての新婦が
このイメージを持っているでしょうが
いつの間にか
何だか違う、ってことに気づきます。

もうっ
早く食べなさいよ
こぼしてるでしょう

うちのカミさんは、レースを編むことは一生無いでしょう。

レースを編むから幸せって訳でもないでしょうけどね

こういう歌が流行るというのは
悪いことではないと思います。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


イチゴノキ

花カレンダー始めました

[昭和歌謡]68 襟裳岬

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです。

襟裳岬
森進一
作詞 岡本おさみ 作曲 吉田拓郎
(1973年)

♪北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい
理由のわからないことで 悩んでいるうち
老いぼれてしまうから
黙りとおした 歳月を
ひろい集めて 暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です

嬉しかったなあ
岡本おさみと吉田拓郎のコンビです。
「旅の宿」
♪浴衣の君はすすきのかんざし
「祭りのあと」
♪祭りのあとの淋しさが
いやでもやってくるのなら
祭りのあとの淋しさは
たとえば女でまぎらわし
もう帰ろう、もう帰ってしまおう
寝静まった街を抜けて
人を怨むも恥ずかしく
人をほめるも恥ずかしく
なんのために憎むのか
なんの怨みで憎むのか
もう眠ろう、もう眠ってしまおう
臥待月の出るまでは
「落陽」
♪みやげにもらったサイコロふたつ
手の中でふれば
また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく

こんな歌詞を書ける人がいるのかと仰天した。
何度も繰り返し歌った。
もちろん、あの独特な歌詞を歌詞とも思わない拓郎の曲があってのこと。

そして

森進一?
あの森進一か

ああ
森進一史上、最高の森進一だ
しかも明らかに拓郎だ
レコード大賞?

これはひょっとしてこういう事ではなかろうか
吉田拓郎がレコード大賞

襟裳の春は何もない春です。

実際に岡本おさみが襟裳岬を訪れた時
何もないけどお茶でも、と、とても温かいもてなしをしてくれた。
感謝のお返しの歌詞
最高の歌詞です。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


ジャノメエリカ

花カレンダー始めました

[昭和歌謡]67 五番街のマリーへ

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

五番街のマリーへ
ペトロ&カプリシャス
作詞 阿久悠 作曲 都倉俊一
1973年

♪五番街へ行ったならば
マリーの家へ行き
どんなくらししているのか
見て来てほしい
五番街は古い町で
昔からの人が
きっと住んでいると思う
たずねてほしい
マリーという娘と
遠い昔にくらし
悲しい思いをさせた
それだけが気がかり
五番街でうわさをきいて
もしも嫁に行って
今がとてもしあわせなら
寄らずにほしい

出ました。ゴールデンコンビ。阿久悠と都倉俊一
さすがです。

ペトロ&カプリシャスは良かったですね
こんな超一流のボーカルをゲット出来たんですから。

その前の「別れの朝」のボーカルが良すぎたので
それを超えられないでしょうと思ってました。

阿久悠さんも、なかにし礼さんの、別れの朝はかなり意識したそうです。
演歌じゃなくて日本人の心を打つドラマ性のある歌
よし、続けって

大型客船で、「日本の歌謡曲を考える」的イベントをやっていて
名だたる歌謡界の有名な人が色々参加
戸倉さんと、船上で即興で作ったそうです。
さすがですね。
ジョニィへの伝言はもう出来ていたのかなあ
あったとしたら続編ではありますが。

ジョニィへの伝言とのセットですよね
ジョニィとマリーはそれぞれのお相手なんでしょうか

ジョニィへの伝言から五番街マリーへまで何があったのか
勝手な想像をしてみました。

ジョニィとマリー
ジョニィはマリーの踊る芝居小屋によく足を運んだ
マリーも次第に意識するようになり
言葉を交わすようになった。

初めてジョニィの部屋を訪れたとき

へえ
絵描きさんだったんだ。

絵の事は良く分からないけど
素人目に、色使いがきれいだなと思った。

特に深い青に見入った。
心のような青だった。

街中で、似た青の服を手に入れお気に入りになった。

どう?素敵でしょ

うん。綺麗だ。

頻繁に行き来するようになり
些細なことで良く笑った。

ある時、ジョニィにチャンスが舞い込んだ
五番街を離れ、北の街に行く必要があった
一緒に行こうと言えば良かったのに
夢を追うために、平凡な日常は邪魔な気がした。
若かったのかも知れない。

結局、その日、会わずに行くことにした。
あの笑顔を見ちゃいけなかったから。

マリーは、「その日」の事を共通の友達から聞いてしまった。
でも、あることをジョニィに告げれば、全てうまく行く気がした。
とてもハッピーな事だったから

いつもの場所で待った
お気に入りの服で

二時間

体の中に芽生えた、小さな命と一緒に。

ジョニィに良く似た、男の子だった。

いつも一緒
些細なことで良く笑った

とても寂しくなることはあったけど
そんなときは、青い服を着て
息子と一緒に、知らない街に出掛けた。

ある街で、小さな画廊に入った。

息子がある肖像画を見つけた。

お母さんと同じ服だね

涙が溢れる
次から次から

まだまだねえ
ちっとも似てないじゃない。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


イヌマキ

花カレンダー始めました