[百人一首]85 夜もすがら

夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 
閨のひまさへ つれなかりけり

一晩中、つれない人を想ってなげくこの頃は、夜もなかなか明けず
光の差さない寝床の横の板戸の隙間さえつれなく思えるわ

俊恵法師
俊恵法師(しゅんえほうし)は
71.夕されば 門田の稲葉 おとづれて 芦のまろやに 秋風ぞ吹く
の源経信の孫で
74.憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを
の源俊頼の子供

親子三代で百人一首に採用された堂々たる家系ですね

本人も非常に優れた歌の才能を持っていて
自宅を「歌林苑」と呼んで
毎月歌の会を催している
有名どころが常連さん

そして、あの鴨長明もお弟子さんです。

鑑賞
俊恵法師が、女性の気持ちになって詠った歌です。

当時は通い婚なので、女性はただ待つばかり

ああ、あの人は今日も来ていただけなかったわ

いいや、今日は寝ちゃえ

・・・・

うそ
寝れないじゃない

どうしましょ
せっかく寝ようと思ったのに

・・・・

いくらなんでも、もうすぐ朝だと思うけど

(何度も板間の隙間を見て)
いつまでたっても、光が射してこないわ

ねえねえ、隙間さん
あなたまで、私につれなくするのね

・・・・

なんだか気持ちがおさまらないわ
何なのよあなた

この際、はっきりしておきましょう

あなたねえ

あなたは
ただの隙間よ

こういう歌です。

面白いですね
隙間に話しかけている感じが
発想としてとても斬新です。

こんなことまで三十一文字にしちゃうって
ただもんじゃないですね。

さらに、和歌の無限の可能性を
改めて感じてしまう、一首です

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら

[百人一首]84 長らへば

長らへば またこのごろや しのばれむ
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

もし生き長らえたら つらい今の事も懐かしく思い出される日が来るだろう
辛いと思った昔が、今は懐かしいのだから

藤原清輔
藤原清輔(きよすけ)
第79首の
秋風に たなびく雲の 絶えまより
もれ出づる月の 影のさやけさ
の作者、藤原顕輔(あきすけ)の息子

六条家創設の顕輔です
お父さんとの間がしっくり来ず
かなり苦労する

「詞花集」では、お父さんが選者
色々手伝ったんだけど、自分の歌は一首も選んでもらえなかった

「続詞花集」では、二条天皇から
選者としてお願いしていいかな

よっしゃ、今度こそ
でも、完成前に二条天皇が亡くなって
もういいよ
ええっ

鑑賞
色々苦労したんですね
そもそも、生きた時代が、保元・平治の乱のどろどろの時代
生き抜いただけでも、良く頑張りました。

ああ、あの頃は辛かったけど、懐かしいなあ
今だって辛いことだらけだけど
あとになって思い出すだろう。
懐かしいなあ、って

結局、最終的にはお父さんにも認められて
六条家を継ぐことになります。

この一つ前の歌の作者で藤原定家のお父さん、俊成と並び称せられる程になります。

分かる
分かる、なんてもんじゃないですね
私の事を詠んでるんじゃないかな

宅配寿司の会社やってたころ
配達先の光が丘の高層団地から下を見下ろして
楽になれるんだろうな、と思った。

あの頃があるから、今があると思う。

明石家さんまが、娘につけた「いまる」という奇っ怪な名前
生きているだけで丸儲け
の意味が、身に染みて分かる

人生どんとこい
やったことない仕事にぶち当たる度に思う

何とかなるやろ
スリル満点
人生楽しんだもん勝ち

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)

[百人一首]83 世の中よ

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

世間から逃れる道はないものだなあ
思い詰めて分け行ったこの山の奥にも
悲しげに鹿が鳴いているようだ

藤原俊成
藤原俊成(しゅんぜい)は、選者、藤原定家のお父さんです。

歌の世界では巨匠中の巨匠。
幽玄体の歌風を打ち立て、息子の定家を始めとして、
数々の有名な歌人を育てている

幽玄体って何?
人生と自然の渾然融合した詩境である。
その世界を艶なる言葉で定着する。
心と詞のめでたき媾合。
うおおっ、何だかすごい!

平忠度
平忠度(ただのり)は、平家一門が都落ちするとき
俊成を訪ねる
俊成はこの時70歳、すでに出家している
勅撰集の選者にもなっている

俊成殿
私は勝ち目のない戦に出かけます
ならばせめて、生きた証が欲しいのです
自分の歌集を渡した。
一首でも
あの世から先生をお守りさせていただきます。

忠度は帰らぬ人に

思いを酌んでと思うが、平の名を出すのははばかられる
「さざなみや 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山ざくらかな」
詠み人知らず、として入れた。

そのおかげで、俊成は91歳まで生きました。

鑑賞
この歌は、俊成が27歳の時のもの
そんな若いときから、世を捨てて出家なんだ
と思いますが
当時の流行りと申しましょうか
このちょっと前に、23歳で西行が出家しています。
86番の歌の作者です。

「世の中よ 道こそなけれ」は強い出家願望なんだけど
政情不安の当時にあって
政府批判と受け取った人がいた

俊成自身は、そんなつもりは微塵もなかった
でも
言われてみるとなるほど
そうも読めなくもない

せっかくの自信作なんだけど
封印しようと思った

それはおかしいんじゃないんですか
自分にそのつもりがないのなら
堂々としていないと

そう言ってくれたのは後白河法皇
「千載集」にも入れることにした

長らく、代表作はと聞かれると
「夕されば 野辺の秋風 身にしみて 鶉鳴くなり 深草のさと」

もちろん息子の定家はそれを承知しながら
あえて「世の中よ」を百人一首に採用した。

いきさつを踏まえての
息子としての思い
「思い入る」です。

俊成さん
良い息子持って良かったね

[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)

[百人一首]82 思ひわび

思ひわび さても命は あるものを
憂きにたへぬは 涙なりけり

つれない人を想い悩んで、それでもやっと命だけは繋いでいるのに
そのつらさに耐えきらないで、涙ばかりあふれでる事だなあ

鑑賞
「思いわび」というのは、恋歌に良く出てくる表現
思い続けて、思う事自体に疲れきってしまった状態

さても=それでも
それでも、命だけは繋いでいるのに

もう、その時の感覚を思い出すのも難しいですけど
こんな私でもありました。
「思ひわび」たこと

中学2年の時だった
好きな女の子がいて
思い続けて、息が出来なくなった。
日常の呼吸動作そのものがつらくなった。
常に苦しくて、肩で息している感じ

同じクラスにいるんだけど
会話なんてもってのほか
近づくだけで息苦しいから
できるだけ距離をとる導線を考えて動く

もうそこまで行くと、
恋の成就なんてどうでも良くなる。

相手の子からすると
常に自分を避けている男性がいるわけですから

何あの人
私のどこが気に入らないのかしら
になるよね

好意を持たれることは100%ない

考えることはひとつだけ
この状況を脱したい
息がまともに出来るようになりたい

全く勉強が手につかなくなり
坂道を転げ落ちるように
落ちこぼれになっちゃうんですけどね。

あの時の状況なら
これってあり得たかも知れない

「憂きにたへぬは 涙なりけり」

もう、疲れはてて何の気力も残っていないのに
どうしたんだ俺
何なんだこれ
なんで自然と涙だけが流れるんだ。

藤原敦頼
藤原敦頼(あつより)。出家したときの名前が、道因法師(どういんほうし)

かなり長生きで、
歳とってから特に、歌の世界に異常なまでに執着した人

とても激しい性格で
言葉を変えると、めんどくさい人

歌会に出席して、自分が負けたとき
判者のところに行き、涙を流したという

ああ、めんどくさい

住吉明神に、毎月願かけ、「歌がうまくなりますように」

90歳を越えて耳が遠くなっても歌会に参加し
講師(こうじ)の座のそばまで分け入って、その脇に寄り添い、
耳をそばだてて聞いていた

死んだあともすごい
千載集(せんざいしゅう)という歌集に、敦頼の死後
18首の歌を選んでもらえた

すると、撰者の、藤原俊成の夢枕に、敦頼が表れ
18首も選んでくれてありがとう

涙を流して喜んだ

藤原俊成、2首追加して、20首入れちゃったらしい。

私は中2の時と比べて
今も、感情の振れ幅はそれほど変わっていない自信があるけれど
大きく違うことがある

あの時は、ただただ辛かった
今は、ただただ楽しい。

そんな私だから
老いてなお、若い頃を思い出して、こんな歌を作れる敦頼を
気になって仕方ない

感情の振れ幅を
「楽しい」に使えたろうか