[百人一首]92 わが袖は。沖の石でブクブクブク

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の
人こそ知らね かわく間もなし

私の着物の袖は、引き潮の時にも見えない沖の石のように
誰にも知られないけれども、涙に濡れて乾く間もありません。

二条院讃岐
讃岐は源頼政の娘。
源頼政は、歴史的にかなり重要な意味を持つ人。

保元の乱、平治の乱ともに勝った側に所属
平清盛の信頼も厚かったが、
本人としては、それならば、もうちょっと位を上げてくれても良いんじゃないの?

得意の和歌でそれとなくアピール

清盛は、あらそうだっけ忘れてた、と
位をあげてくれたんだけど
もうすでに、74歳

そんな、くすぶっていた気持ちがひとつの形になる
後白河法皇の第三皇子の以仁王(もちひとおう)を担いでのクーデター計画

なんとこの時、77歳
これからはワシの時代じゃ

事前にばれちゃって、準備不十分なままに、包囲され
自刃に追い込まれちゃいます。

そんな、頑張り屋さんの娘は、歌人として超売れっ子
勅撰和歌集に74首も選ばれた、この時代の第一人者です。

鑑賞
この歌、斬新です。

当時、短歌はほとんどが題詠
なんとこの時のお題は、「石に寄せる恋」

月や鳥や花ならまだしも
石に恋するとはむちゃくちゃでしょう。

よほどネタ切れだったんでしょうね

あきらめかけたその時
出たっ。後々まで語り継がれるほどのこの歌。

わが袖は

ハイハイ来ましたお決まりです。
袖と来るだけでパターンは決まっています。
叶わぬ恋で袖を濡らすんですよね

でも、ちょっと待てよ
お題は、石なんだけど、どう展開していくの?

みんな、かたずを飲んで、次を待ちます。

潮干に見えぬ 沖の石の

沖の石は、沖の方にボコッと海から顔を出した石
の筈なんだけど

潮干に見えぬ

潮干はひっくり返すと干潮だから、潮が引いても見えない
すなわち、ずっと、海に浸かりっぱなし。
ブクブクブク

えっ、どういう事?
となったときに、お決まりに戻す。

人こそ見えね

見えない石な訳だから、誰も知らないでしょうけども
人、は特定の人となると、あなたは鈍感だから気づかないかも知れませんが
となる

乾く間もなし

出ました、ど定番に戻りました。
でも、この濡れ方が半端ないです。
短歌史上最高の濡れ方でしょう。

感動の嵐です。
むちゃくちゃなお題で、誰しもが無理でしょうと思うところに
ど定番で分かりやすいのに、予想を何倍にも裏切る

元々売れっ子ではありましたが
この歌は、完全に讃岐の名前を不動のものにします。

それ以降、讃岐を呼ぶときは「沖の石の讃岐」

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ショウジョウソウ(サマーポインセチア)

花カレンダー始めました

[百人一首]91 きりぎりす。えっコオロギ?

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに
衣かたしき ひとりかも寝む

こおろぎが鳴いている寒い夜のむしろの上で
私は自分の衣を片敷いて
一人寂しく眠るのだろうか

百人一首シリーズも残り少なくなって参りました。
途中飛ばしたところもちゃんと埋めて
純粋にあと10首
カウントダウンでございます。

キリギリス
出ましたよ。出ました、キリギリス
ギュリギュリヒュウィーッ

(ヒガシキリギリス)

と思ったら、何と当時のキリギリスってコオロギの事
あらま

キュロコロコロコロ
(エンマコオロギ)

でも好き嫌いで言うと、エンマコオロギの声が一番好きなので良いんじゃないでしょうか
この歌にも合っていると思います。

もうすぐ、虫の声の時期も終わっちゃうなあ。
来年こそは聞き分けられるように頑張ろうっと。

後京極摂政前太政大臣
後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだじょうだいじん)
藤原良経(よしつね)
名門の御曹司で、若くして太政大臣になります。

ただ、激動の時代。
九条兼実(かねざね)の息子で、お父さんの兼実が政争に敗れたため、一度冷や飯を食います。
ただ、そのあと、見事に復活を遂げるのでこの時代にしては上々の人生。

歌人としても極めて高い評価を受けていて
2~3首だけでは彼の歌は語れませんよ、と言われている。

死ぬときだけは悲惨で
寝ていたら、天井に忍び込んでいた何者かに、槍でグサッ

鑑賞
情景が思い浮かびやすい歌です。

さむしろ、って何かなんだけど、狭いむしろなので、貧弱な寝床がイメージできます。

衣かたしきがポイントですね
片敷き、で片方しか敷いていないので寒い。
当時、布団って、昼間着ている服を広げてバサッと体にかけて寝る。
いつ洗濯するんでしょうね

もし二人で寄り添って寝るとすれば、二人分の着物が上にバサッ。
温かいなあ。

短歌って、31文字で表現しないといけないから
表現の幅を広げるために、いっぱい色んな工夫をする

その中の一つが本歌どりと言われるもの。
特にこの歌は、対象となる本歌は一つではなく複数。
明らかに本歌というのだけでも、二つ

さむしろに 衣かたしき 今宵もや われを待つらむ 宇治の橋姫(古今集)
吾が恋ふる 妹は逢はずて 玉の浦に 衣かたしき ひとりかも寝む(万葉集)

百人一首の
3.あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む ◆柿本人麻呂
だって、ひとりかも寝むシリーズなので、本歌と言えなくもない。

著作権みたいな難しいことを持ち出すと短歌は成り立ちません。
歌はみんなのもの
似てちゃダメじゃなく、似た有名な歌の世界観を借りて、そこにオリジナルのイメージを加えていく。

そういう、助け合いの芸術。

この歌だけなら、寒いことのグチを言っているだけだけど
本歌をイメージさせることで、女性を愛する歌になる。

さらに言うと、歌った時期が重要
奥さんを亡くしたばかりの時期に詠んでいる

名門の御曹司にしてはとても珍しい少数派なんだけど
愛妻一筋

妻を亡くした時、自殺も考えたほど。

寒いよお
お前のいないこの部屋には、なんの温もりもなくなっちゃったよ
声がした気がしたけど
虫さんだったのかい

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ハツユキカズラ

花カレンダー始めました

[百人一首]45 あはれとも~ あらまたご冗談

あはれとも いふべき人は 思ほえで
身のいたづらに なりぬべきかな

私のことを哀れだと言ってくれそうな人は、誰も思い浮かばないまま、
きっと私はむなしく死んでいくんだろうなあ。

謙徳公
謙徳公は藤原伊尹(これただ)の諡(おくりな)
右大臣藤原師輔(もろすけ)の長男、師輔の5男が兼家でその子が道長なので
道長からするとおじさんということになる。
娘が冷泉天皇の女御となり、花山天皇の母となったため、
晩年は摂政・太政大臣にまで昇進しました。
自邸が一条にあったので「一条摂政」と呼ばれます。
和歌所の別当として、当時の和歌の名手を集めた梨壺の五人
(清原元輔・紀時文・大中臣能宣・源順・坂上望城)を率いて、
後撰集の選定に関わりました。
才色兼備の貴公子、もてもてプレイボーイです。

鑑賞
そんな、順風満帆の人生を送った藤原伊尹があれれ?です
この歌はどうしたことでしょう。

ひとつひとつ見ていきましょう。
あはれとも→かわいそうにと
いふべき人は→言ってくれそうな人は
思ほえで→思いつきません、そのまま
 ここ、現代人には分かりにくいですね
 広く一般も指していますし、特定の彼女も指しています。
身のいたづらになりぬべきかな→死んでしまうんだろうなあ
 いたづらは、今のいたずらっ子のいたずらではなく
 無駄になる、無になる。身のいたづらなので、死ぬってことです。
 それも哀れな死に方。
 なりぬ、だからなっちゃうんだろうなあ

想いを寄せるあなたにつれなくされて
想い焦がれて私は死んじゃいそうです。
それでも、あなたを始めとして、誰も見向きもしないでしょうね

まあ、めめしい歌でございます。

男のくせしてこういう歌を作るのは
当時、流行りとは言わないまでもそこそこあったようです。

ただ、藤原伊尹だとすると、違和感ありすぎです。
まあ、そこを狙っているとしか思えません。

本当に不運な人が、女性に振られてこんな歌を歌おうもんなら、
病院を紹介されます。
笑えません。

そうです。
冗談の歌です。
あなたがそういうこと言いますか。ご冗談を、と言って欲しかった。

私はものすごく良く分かります。
風邪ひいたりすると
ああ、死にそう。
絶対死ぬわ、死ぬ死ぬ、
とうるさく言ってしまうタイプの人間です。

もし、そのタイプの人間ですとお分かりでしょうが
大丈夫?と言ってくれるのは、一回目だけです。

次からは、
何回死ぬ死ぬ言ってんの
もう生き返ってこなくて良いから
と言われ

さらに数年たつと
そもそも何を言おうが、完全無視になります。

でも、とても正しい対応です。

実は、言っているほど大したことはない

さあ、これ返歌もらえたんでしょうか
何回目かによりますね

索引はこちら
[短歌]シリーズはこちら(少し下げてね)


ジンジャーリリー

花カレンダー始めました

[百人一首]38 忘らるる~、私は良いんです。お体だけは。

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし
人の命の 惜しくもあるかな

忘れられる私のことはいいのです。
でも神様に愛を誓ったあなたにばちが当たって
命を落としてしまわないかと心配です。

右近
例によって、女性はなかなか自分の名前では呼んでもらえません
右近は、お父さんが、藤原季縄(すえなわ)右近少将だったから、右近と呼ばれています。
醍醐天皇の皇后、穏子(おんし)に支えた

鑑賞
この歌の相手は、藤原敦忠(あつただ)
逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり
の作者になります。

どう解釈するか、論争があるようです。

忘らるる、は忘れられてしまう
身をば思はず、は私の事はどうでもいい。
誓いてし、で、ふたりの愛は永遠と誓いましたね。

ここまでは良いとして

言葉通りに読むと
あなたに罰が当たって死んでしまうかも知れません。
それが私は心配です。

けなげな女性。
以前はそのままに読み解く説が有力だったんだけど

ちょっと待ってください。
そんな女性いますかと

死んでしまうかも知れないわね
心配だわ
(うふふ、せいぜい気をつけることね)

と、かっこに囲まれた気持ちがくっつくんじゃないかと。

分からないではありません。

でも、私でーこんは、敢えて前者の説を採りたいと思います。

確かに通常なら、後者だとは思います。
でも、さらに特殊な状況があったんじゃないかと思うんです。

「人の命の 惜しくもあるかな」
と、その言い回しがどうにも気になる

なぜそう思うかというと
実際に、藤原敦忠は、そのあと若死にしちゃうからなんです。
そして、自分が若死にすることを予言している。

ちゃんと理由があります。
愛の誓いを破った事以外に、もうひとつの若死にする理由

藤原敦忠のお父さんは藤原時平
菅原道真を太宰府に追いやった張本人。
恨みつつ死んだ菅原道真に関連し、恐ろしいことがいっぱい起きます。

藤原時平を始めとし、その一派がどんどん謎の死を遂げていきます。
世間では、菅原道真のたたりだとの噂がしきり

次は誰?
その次は?

強い相手に
馬鹿野郎死んでしまえ、とは思うでしょうが
逆風で世間全般が、次はお前だと名指しされている相手。

そんな人を目の前にして
やあい、死んでしまえって思うでしょうか

増してや、一度は心底愛した人なんです。

私は良いんです。
あなた今大変ですよね
誰に何を言われようとも
お体だけは気をつけてくださいね

歌のままのストレートな感情だとしても
何らおかしくない、
その時の特殊事情だと思います。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


サンゴジュ

花カレンダー始めました