[百人一首]100 ももしきや。いよいよ。

ももしきや 古き軒端の しのぶにも
なほあまりある 昔なりけり

宮中の、古びた軒端に生えるしのぶ草を見るにつけても
偲んでも偲び切れない昔の御代であることよ

順徳院
後鳥羽上皇の息子になります。
天皇の順番としては、後鳥羽、土御門(つちみかど)、順徳となります。
土御門と、順徳は異母兄弟
最初に後鳥羽はお兄さんの土御門に譲位するんだけど
土御門はおっとりやさん。
自分と性格の似ている順徳が可愛くて仕方ないので
土御門に無理矢理譲位させる

順徳としても、後鳥羽を崇拝している
政治は、やりたがりのお父さんに任せて
自分は短歌を詠んだり等々、文化面でとても頑張る

承久の乱をお父さんと一緒に起こす訳だけど
お父さんより積極的だったとも伝わっています。

承久の乱については、こっちを見てね
[百人一首]99 承久の乱
[百人一首]99 承久の乱、その2

そして、その後、後鳥羽院は隠岐の島に、順徳院は佐渡が島に流された。
生涯許されることはなく、佐渡で息を引き取るんだけど
順徳院らしい死に方です。

これ以上の命は無用

自ら命を絶ったそうです。

鑑賞
建保4(1216)年、順徳院が20歳の時の作品
承久3(1221)年に承久の乱を起こすので
その5年前ということになります。

人も惜し 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は
もそうでしたが、承久の乱のあとの作品とも受け取れるような作品を、敢えて持ってくる作戦ですね
配流のあとの作品は知りようもないし
仮に知っていたとしても、世の中に出すわけにはいきませんから。

ももしき、は元々「百磯城」
宮中のことになります。

しのぶは、
しのぶ草という雑草と、昔を偲ぶをかけている訳ですね
常套句です。

このあたりで、宮中を詠うとなると
一番気になるのが、宮廷丸焼け事件ですね

丸焼けの状態で詠っているのか、その前かで
頭に思い浮かべるべき状況がまるで違ってきます。

答えから言うと、丸焼けは、承久元(1219)年
丸焼けの前の時点での歌でした。

そうでしょうね
丸焼けを前に、しみじみとした歌は無理ですね
そもそも、古き軒端がありません。

後にこれを読む人は、勝手に二つのしみじみとした「しのぶ」をプラスして読んでくれる
ひとつは、承久の乱で没落した朝廷をしみじみとしのぶ
もうひとつは、丸焼けのあと、間に合わせで側だけ調えた、
新しいので風情なんて何もない、宮廷を見て
昔の宮廷は趣があったなあとしみじみとしのぶ

定家マジックでしょう。

百人一首
例によって藤原定家の配置の妙です。

基本的に百人一首は時代順に並んでいるので
後鳥羽院より、順徳院の方が後ろにはなります。

百人一首は、後鳥羽院のために作られたという側面を強く持っているので
後鳥羽院がラストでも良かったんでしょうけど。
そうしなかったのも、藤原定家らしさかも知れません。

親子の天皇で最後を飾る
対称させるために、最初のスタートもまた、天皇の親子
天智天皇と持統天皇の親子

終りました
私の中で一番長いシリーズでした。
全部取り上げるつもりじゃなく、見切り発車で始めたけど
そのうち、どんどん面白くなってきた。

歌の意味だけでは絶対に分からない、背景のようなものがとても大事だということが分かった。

昔は、短歌が生活の中で根付いていて
人生の中で、抜き差しならないほどのウェイトを占めていたことに驚いた。

ただ選んだだけの筈の定家が、伝えたいこともちゃんとあった。

定家さんありがとう。

そして、長く読んでくれた皆さんありがとう。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ロウバイ

花カレンダー始めました

[百人一首]99 人も惜し~。いよいよ

人も惜し 人も恨めし あぢきなく
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

人がいとおしく思われ、また恨めしくも思われる
この世の成り行きが思いにまかせず、情けなく思うがゆえに
あれこれと思い煩っているこの私には。

前置きが長くなりましたね
[百人一首]99 その前に、後鳥羽院について
[百人一首]99 承久の乱
[百人一首]99 承久の乱、その2

藤原定家
後鳥羽上皇は、自分で欲を出し、事を起こし、読み間違えて完敗したわけだから
何の同情の余地もないんだけど

あまりに各方面に卓越していた人なので
いらんことしなければなあ、という感が拭えない。

おそらく、その思いを生涯強く持ち続けた人が、藤原定家だったんだろう

藤原定家は、後鳥羽上皇の逆鱗に触れて出入り禁止

普通なら恨んでしかるべきなのに
どうしても嫌いになれなくて

バカな失敗の後も
通常なら、ざまあみろ、なんだろうけど
ひょっとすると、誰から見てもバカな失敗だったが故に、なおさらに
後鳥羽上皇のために、何かが出来ないもんだろうかと

天下の罪人な訳だから
もちろん何も出来ないんだけど
トライするだけしてみた。

次の天皇、後堀河天皇から命じられた「新勅撰和歌集」
これは、従来のように複数の撰者ではなく単独。
自由にしていい。

後鳥羽上皇の作を入れてみた。

悪い
他は全部OKだけど
これだけはNGね

ですよねー
あっさり引っ込める。

藤原定家、晩年となる
そこに、襖に貼る色紙として、あくまでもプライベートに依頼された百人一首

ずっと持ち続けていたひとつの思い。
ここだっ

藤原定家、人生の全てをかけて取り組む
第99首に、後鳥羽上皇のこの歌を入れるために。

あり得ますか
嫌われた相手にそこまで

百人一首を理解することは、後鳥羽上皇を理解することだと思った
それほどまでに惚れ込まれる男ってどんな男なんだろう

どうにも気になって
承久の乱にちょっとのめり込んじゃいました。

隠岐の島で
隠岐の島に流された後鳥羽上皇

意気消沈ではあるでしょうが
そこはやっぱり、後鳥羽上皇

和歌を作り続けます。

もちろん発表の場なんてないんですけどね。

さらに
昔の和歌を取り寄せる事は許されたから
いっぱい送ってもらって、自分なりの和歌集を作る

「遠島百首」「後鳥羽院御自家歌合」「時代不同歌合」
他にも色々あって
「定家家隆両卿撰歌合」

えっ、家隆は分かるとして
あんなに、ぼろのちょんに言っていた定家をここで?

そして、最晩年に完成したのが
「隠岐本新古今和歌集」

そう、あの「新古今和歌集」を自ら改訂したんです。
二割近い380首くらいを削除した。入れていた自分の歌も結構削除している
この事で、大喧嘩したんです。藤原定家と。

「おわりに」に書いてあります。

二千首というのは多すぎました。
自詠を三十首余りも入れたのは、集の価値を下げることを考慮しない振る舞いでした。

鑑賞
流された後の歌かと思いますね
違います。
承久の乱の9年前に詠まれています。

ずいぶん考えたでしょうね

数多い後鳥羽上皇の歌の中から
流された後の歌かとも思えそうな歌を持ってきたんでしょうか

あるいは
この歌が詠われた頃は大喧嘩の真っ最中ですから
「人も惜し 人も恨めし」のこの「人」は
藤原定家そのものと読んだんでしょうか

喧嘩の後のあの独特の感情
腹わたが煮えくり返っているから
ずっと興奮しているんだけど
でも、あの言い方はまずかったな
あそこまで言う必要はなかった
いや、もとはと言えばあいつが・・

頭の中を色んな感情が行ったり来たり

定家自身、激情家だから
「あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は」
の心の揺れが、嫌と言うほど良く分かり
ああは、言われたけど、上皇だって思い悩んだんだろうなと

でも、お互い、ごめんなさいなんて言える性格じゃなく
お互いの晩年に
百人一首の第99首にこの歌を入れたり
隠岐本新古今和歌集の「おわりに」に書き入れたり
っていう表現の仕方しかできなかったんでしょう。

この歌
定家自身の気持ちを代弁した歌なのかも知れない。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


黄金まさき

花カレンダー始めました

[百人一首]99 承久の乱、その2

[百人一首]99 その前に、後鳥羽院について
[百人一首]99 承久の乱
の続きです。

京都で
京都の側で大事件が起こった

源氏は全ての血が途絶えた訳ではない
実朝の息子はいないにしても
直系でなければ、源氏は色々いる。

そのうちの一人、源頼茂(よりもち)
京都の、大内裏(だいだいり=宮城)の中で仕事をしていた。

実朝が死んだとなると、当然将軍の座は自分に回ってくる筈
違うの?
しかも、源氏じゃなく、藤原だなんて

頼茂が反乱を起こすんだけど
鎌倉じゃなくて、京都

後鳥羽は、将軍と執権の方で何とかしてよと言いたいところだけど
京都で事を起こされては仕方ない
在京武士に号令をかけて、鎮圧

そこまでは良かったんだけど
破れかぶれの頼茂が死ぬ間際に、大内裏の中に火を放っちゃった。
宮城丸焼け

えらいことになった。

そもそもが、後鳥羽は、平家に祭り上げられた幼少天皇、安徳天皇がまだいるのに
私が天皇、と宣言しちゃっている。
代々天皇である証に、三種の神器というのを引き継いで天皇になるのに
安徳天皇が持ったまま
さらに壇の浦の海に身を投げた安徳天皇、
三種の神器も一緒に、ザッブーン

真意は分からないけど、海の中から見つかった、ってことにして
ギリギリ何とかしている
ここへきて、さらに宮城そのものがなくなったとなると
とてもとてもまずい

すぐに建て直さねば

でも色んなお宝も一緒に燃えちゃって
一気に貧乏になっちゃった。
保険とかない時代ですからね。

自信家でワンマンではあっても、政治的にも文化的にも
能力がちゃんと伴っていて
激情家ではあっても、人間的魅力があった人。
おそらくここまではうまくいっていた。

急に歯車が狂い出す。
貧乏は辛いね

大内裏再建のための膨大な資金を捻出するため
税金の率をぐんと上げちゃった。

御家人という役人たちは大反発

こりゃ、まずいことになっているかも

だんだん本人も気づき出した。

大内裏再建完成!と宣言。
歴史上異例なほどの早さで完成した。

でも「承久の乱」の本によると、おそらく嘘

そんな期間で完成する訳がない。

完成した事、にして外見だけペタペタ

大内裏再建という大事業にかけるエネルギーを他のことに向ける方針転換

おそらくこういうこと。

ああ、だんだん腹が立ってきた。
そもそも、今の状況は
鎌倉が悪いんじゃないの

実朝が殺されたのも
頼茂が反乱を起こしたのも、将軍家の後継者争いという、内輪もめ
なんで、とばっちりを受けなきゃならないの
将軍家は、もう藤原になっちゃったからまあ良いとして
補佐役の、執権が悪いんだよ
そう、北条
あいつらを倒したら正しい世の中がやって来る

少なくともまだこの時点では、最初に言ったように、3対1
いろんな事が、表面化はしていない
さらに、頼茂鎮圧のとき、在京の武士を鎌倉に断りもなく、勝手に使ったんだけど
彼らは実に良く働いてくれた。

彼らは完全な私の味方だ。
勝てる。

承久の乱
北条義時を討て
全国に命令

鎌倉幕府を討て、ではない。

今、将軍は京都から来ている藤原氏

将軍に仕えている御家人たち
参った、どうしよう

いたんですね。
北条に切れ者が。

北条政子は御家人たちを集め
歴史上有名な演説を行う。

頼朝殿の恩は山よりも高く、海よりも深し

みんな、頼朝は大好き。
亡き頼朝に受けた恩をそれぞれ思い出して涙が溢れる。

執権を討て、なんだから執権の人間がどう演説しようが
執権に仕えている訳じゃない人間にすれば
なんであんたの言うこと聞かなきゃならないの?
私の親分は将軍ですけど。

ここをすり替えて
後鳥羽が、あたかも頼朝を討て、と言っているように思わせる大演説

みんな、亡き頼朝殿のために、と一丸になった
頼朝殿の仇ーっ

怒濤の攻撃が、後鳥羽上皇側に浴びせられます。

完敗
まさかの完敗
隠岐の島に配流
生涯許されることはなく、隠岐の島で生涯を閉じる

行動を共にしていた、次男の順徳院は佐渡に配流

長男、土御門は、後鳥羽上皇に嫌われ、順徳天皇に譲位させられたという経緯があるので
承久の乱には同調しなかった
ただ、私だけ何もなしはダメでしょうと
自ら配流を希望して土佐へ

さあ、いよいよ続いて明日
本題の百人一首第99首に入っていきます。

[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


オキザリス・桃の輝き

花カレンダー始めました

[百人一首]99 承久の乱

[百人一首]99 その前に、後鳥羽院について
の続きです。

承久の乱
承久の乱は、武士に主導権を奪われた朝廷の後鳥羽上皇が、巻き返しを図ろうとして
起こした反乱と紹介されることが多いようです。

でも、良く良く調べていくとそういう構図とは少し違う

後鳥羽上皇はあまりにキレ者なので、主導権を奪われてはいないんです。

朝廷と、武士という二つの筋で考えるのもちょっと違う

京都側は、上皇と摂関家(藤原氏)
鎌倉側は、将軍家(源氏)と、その補佐役の執権(北条家)

四つの筋で考えるべきでしょう
その時点では、将軍家は摂関家がのっとっているからです。

後鳥羽上皇からすると
上皇、摂関家、将軍家の3対、執権の1
4分の3を手中におさめた後鳥羽上皇が、4分の4のパーフェクトにすべく
残りの執権に戦いを仕掛けた、言わば欲をかいた戦い
巻き返しではないんです。

ところが、残りの執権に隠れたキレ者がいて
この3対1の筈の図式を巧みにすり替える。
北条政子です。

予想を上回る強大な力で、後鳥羽上皇をねじ伏せる

我々の世代で覚えたのは、いいくに(1192)つくろう鎌倉幕府、
で源頼朝が鎌倉幕府を開いて以降は将軍を中心とした武士の世の中
と思いがちです。

本当は
1221年に、承久の乱で後鳥羽上皇が負けて以降
執権を中心とした武士の世の中

鎌倉幕府を開いたところで、将軍は中心となるほどまでの力は持っていない
承久の乱後は、将軍は執権に良いようにされちゃうので
結局、鎌倉時代において将軍は実権を握ってはいないんです。

さあ、その前後で時代が全く変わる節目の「承久の乱」
以上の大きな流れを念頭に置きつつ、じっくり見ていくことにしましょう

ちょっとだけ時代がさかのぼります。

実朝
源頼朝はとても偉大だったけど
義経を信頼できずに殺しちゃったのがやっぱり大きかったですね
いくら自分が偉大でもその体制を長く持たせようとする発想に欠けていた。

二代目、源頼家が全然ダメで僅か1年ちょっと
三代目、源実朝は詳しく説明しましたね
[百人一首]93 世の中は。将軍実朝、その前に。
[百人一首]93 世の中は。源実朝、その続き
かなり頑張りました。
でもでっかい船を作って失敗したりして、周りの空気がちょっと冷たくなってきた。

最もまずかったのが、世継ぎが生まれなかったこと。
途中の段階で、あっもう無理だなと分かった。

せっかく頼朝が作ってくれた幕府というものを
何とか続けていく方法はあるまいか

仰天プランを思い付きます。

実は、後鳥羽上皇とは、和歌を通じて気持ちが通じあっている

ねえ、後鳥羽さん
おたくの息子さんを次期将軍として迎えたいんだけど。

ええよ

後鳥羽上皇としても悪い話ではありません。

そうなったら、後鳥羽上皇はやりたい放題になるでしょう。
でも、それでも良いと思ったんでしょう。
男が男に惚れた、ってやつかもしれません。

執権というのは、頼朝の奥さんの政子の実家、北条家
将軍の補佐役です。

執権としても、まあ、実朝さんが決めたんなら良いですよ。

この時期も、公武合体が決まっていたんですね。

あとは、いつどういう形で実行に移すかのみ

ところが、突然例の事件がおきます。
実朝が、逆恨みした二代将軍頼家の次男、公暁に暗殺される
公暁自体もすぐにその日に討たれるので
突然、将軍家が途絶えてしまった。

まさかっ

鎌倉では緊急会議

方法はひとつ

すみません。後鳥羽上皇
例の約束なんですが
前倒しで、即刻実施でお願いできませんでしょうか

あらあ、お困りのようですね。
どうしょうっかなあ

足元見放題です。

お宅たちが管理しているこの辺の土地
放棄してもらえないかな

色んな条件を飲ませ
しかも、次期将軍として送ったのは
自分の息子ではなく、摂関家から
最初に、摂関家が将軍家をのっとった、と言ったのはこの意味です。

藤原頼経。藤原家の中でも九条家という名門

面白いですね
なぜ、悪い話ではない筈の自分の息子ではなく、摂関家からにしたんでしょう
読み間違いだと思います。
摂関家は自分の良いなりになると思っていたんでしょう。

藤原頼経のおじいさん、藤原公経(きんつね)は微妙なバランスを保ち
両方とうまく付き合っていく。
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
ですね

結果として、後鳥羽上皇が破れたあとも
藤原公経が絶大なる権力を握ります。

3対1だと後鳥羽上皇が思っていたバランスは
既にここでも崩れていたということになります。

もうひとつ読み間違いをしている
藤原頼経は幼い
幼いが故に、自分の言うことを聞くと思ったのだろうけど
場所は、京都でなく、鎌倉だった
幼い頼経にぴったり付いて、あれこれ教えてあげる人が必要

それを行った人が、誰あろう、北条政子だった。

長くなりました。
続きはこのあと。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


キルタンサス

花カレンダー始めました