[百人一首]12 天つ風

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ
をとめの姿 しばしとどめむ

空吹く風よ 雲間の帰り道を通せんぼしておくれ
素晴らしい舞を舞ってくれた乙女の姿をもう少し見ていたいから

おはこ
出たっ 出た出たっ
天津乙女ですね。
これをおはこにしている人はかなり多いんじゃないでしょうか
紛らわしい札がないから、覚えやすいしお手付きもしにくい。

母さんが昔、この札が出る度に、
天津乙女って宝塚女優がいるんだよって毎回言う
そこから話が広がるわけでなく、それだけ
はい、聞きました、って言うんだけど毎回毎回。

こいつアホか、と思いつつ
可愛いかも、と思ったりもした


あっ、これ
母さんじゃないです。
天津乙女です。
(わかるわっ)

僧正遍照
俗名は、良岑宗貞(よしみねのむねさだ)

超美男で、仕事も出来て、ユーモアもあって、風流も解し、しかも性格が良い
パーフェクト人間。
当然モテモテ

仁明天皇に重用されたが
その仁明天皇が崩御
そのお葬式の晩、宗貞はふっと姿を消す。

どこ行った、どこ行った。
みんなは大騒ぎ
何せ超人気者

探せど、どこにもいない
仁明天皇のあとを追ったのではあるまいか
はたまた、出家?
あるいは、北朝鮮に拉致。

宗貞を取り巻く3人の女性。
妻と二人の愛人

二人の愛人に「出家する」と打ち明けていた事が分かった

そんな、私は一切聞いていないのに。

なんで私には言ってくれなかったの
ずっと泣いて暮らす。

初瀬寺へお参り。
導師のお坊さんに
生きているならもう一度会わせていただけるように
仏様にお願いしてもらえますでしょうか
もし、死んでいるのなら
せめて夢の中に顔を見せてくれますまいか
どうぞなにとぞ・・

嗚咽であとが続けられない

実は、その隣の部屋にたまたま諸国を回っていた
遍照(へんじょう)となった宗貞が居合わせた。

妻の声に涙が止まらない
愛すればこそ、言わなかった。
言えなかった。
出家の決心が揺らいでしまう。

ああ、今ここに
すぐに出ていきたい気持ちを殺し
夜通し血の涙を流した。

小野小町が
こんなエピソードもあります。

小野小町が旅の途中、石上寺というところに立ち寄り、そこで一泊することにした。
すると、昔の知り合い、宗貞(遍昭)らしき人がいるらしいとの噂
人を通じて、歌を渡してみました。

「岩の上に 旅寝をすれば いと寒し 苔の衣を 我に貸さなん」

帰ってきた歌が

「世をそむく 苔の衣は たゞ一重 貸さねばうとし いざ二人寝ん」

今宵は石上寺で寝ることになりますが、石の上というくらいだから、たいそう冷たくございます。
石に苔はつきもの。
聞けば、僧衣は苔の衣とも呼ばれているそうですね
苔だと温かそうです。
僧衣を、私にお貸しいただけませんか

俗世を離れた苔の衣(僧衣)は、ただ一枚しか持ち合わせていません。
お貸しする訳にはいきませんが、
お貸ししないというのも、これまた薄情な話でございます。
どうでしょう
この一枚の衣で、二人一緒に寝るというのはいかがでしょう。

これはっ
このユーモア
まさしく宗貞に違いない

急いで出向くと
もうそこはもぬけのからでございました。

鑑賞
出家前の歌になります。

豊明かりの節会(とよあかりのせちえ)という行事に呼ばれた時。
選ばれた未婚の貴族の娘達が舞を舞うのがならわし
五節の舞姫と呼ぶ

起源は天武天皇の頃、天女が天から降りてきて、天皇の前で踊ったということにある
彼女たちは天女ということになります。

伝説の天女たちは舞が終わると、雲の間の路を抜けて、天に戻っていったと言います。
その道が、雲のかよひ路

この歌、彼女達にとっては一生の宝物になったでしょうね

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ユーフォルビアダイヤモンドフロスト

花カレンダー始めました

[百人一首]10 これやこの。出たっ蝉丸

これやこの 行くも帰るも 別れては
知るも知らぬも 逢坂の関

ここがかの有名な逢坂の関。旅立つ人も帰ってくる人も
知っている人同士も知らない人同士も、別れと出会いを繰り返すんだなあ

蝉丸
出ました蝉丸ぅ
全部吐き出しーっ

坊主めくりの蝉丸ルールですね
引いた人以外が全部吐き出さなきゃならないという鬼の帝王であり
終盤にして負けている人にとっては、それにしかすがれないという、
一発逆転、最強の女神様

一人だけ頭巾を被っていて、名前も謎めいているから
坊主なんだか一般人なんだか

蝉丸って誰やねん

調べる程ではないから、そのままにしていた
みんなが感じているもやもやを、今こそ解き明かしましょう

—————-
と言っておきながら、
現実にも謎の人

さては、猿丸大夫と同じパターンか

猿丸大夫は存在自体、おそらくなかったので
それよりは、まあ若干

いたことはいたと思われますが
根拠の怪しいエピソードばかりが積み重なって
謎が謎を呼ぶ、雲をつかむような人

その中で、ひとつのエピソードを紹介しましょう。

宇多天皇の息子の敦実(あつざね)親王に仕えているんだけど
身分は低い。

敦実親王は琵琶の名手
近くでその音色を聞くにつけ自分も名手となった。

次第に視力が衰え、ついには盲目に。
仕事も辞め、琵琶だけを小脇に抱えて、
逢坂の関の近くの山にこもります。

琵琶で、流泉・啄木という曲があるんだけど
弾ける人がどんどん少なくなってきて
とうとう、蝉丸だけ
蝉丸がなくなると、名曲も歴史の彼方に葬られる。

源博雅(ひろまさ)という、これまた琵琶の名手がおりました。

蝉丸ほどの人材が埋もれているのは勿体ない
流泉・啄木を一度聞いてみたいという事もあるので
人づてに

どうでしょう。京都の私のところに来られませんか?

「世の中は とてもかくても 過ごしてむ 宮もわら屋も 果しなければ」
どこに住んでも同じこと。宮殿もわらぶき小屋も、永久に住み通せるものではない、
いつかはお迎えがくるのでございます

残念!
そうなると逆に、秘曲を聞いてみたい気持ちが高まります。

でも、せっかくの京への復帰を断るくらいの人
名人っちゅうのは
興が乗らないと、どんなに頼まれたって、弾かない

自分も名人だから良く分かる

とりあえず行ってみよう。

逢坂の関まで出向き
家の外で聞き耳をたてる
たまたま弾くかも知れませんからね

残念!空振り

諦めきれず、翌日も出向きます。

翌日も
そしてその翌日も

気がつくと、何と三年も経過しておりました。

三年目の八月十五日の夜。
月はややかげり、風吹き、あわれ深い夜

今日こそは

中から聞こえてきた歌
「逢坂の 関のあらしの はげしきに 盲ひてぞゐたる 世を過ごすとて」

琵琶をぼろんぼろん

源博雅は自然に涙が出てきました。

そして、中からひとりごと。
ああ、もののあわれというのは、こういう日のことやろか
こういう日は、誰ぞと、音楽の話でも出来たらなあ。

もう、名乗り出ずにはいられませんでした。

私は、京都に住む源博雅と申します。
あなたの琵琶が聞きたくて通いつめておりました。

蝉丸は心を開き
流泉・啄木を披露
語り合い、忘れられない夜になりました。

鑑賞
良い歌ですね
ここまでリズムの良い歌はそうそうあるもんじゃありません

この歌を十八番にしている人も多いんじゃないでしょうか

特に、逢坂の関が入っているので、関西人は大好き
逢坂の関って、大阪ではなく、京都と滋賀の境なんですけどね

これやこの
行くも帰るも
知るも知らぬも
裏表でポンポンポン

ここは、裏表には出来なかったなあ、って
「別れては」
おっと、最後の逢坂の「逢」うと表裏になってるじゃありませんか

逢坂の関は、古くの関所で一番メインなので
多くの人々が行き交います。

今で言うと空港や新幹線の駅のようなもので
出会いと別れのドラマが繰り広げられるんでしょう

あのJR東海のコマーシャル
山下達郎のクリスマスイブが流れますね

人生って、出会いと別れですね

じみじみと思います。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


カルミア

花カレンダー始めました

[百人一首]8 わが庵は

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ
世をうぢ山と 人はいふなり

わが家は都の東南にあり、快適に暮らしている
でも世間のつらさから逃れて、宇治山にこもったと言っているそうだ

喜撰法師
第7首までは奈良時代ですが、ここから平安時代に入ります。
この喜撰法師という人、とてもミステリー
何一つ分かっていません
明確に喜撰法師の歌だって分かっているのもこの一首だけ
なのに、六歌仙に選ばれています。
在原業平や小野小町が六歌仙なので、よっぽどすごい

不老不死で、雲に乗って天上へ去ったらしいです。
ミステリーですね

鑑賞
掛詞の楽しさを味わう歌ですね

しかぞすむ、は
鹿が住んでいるような田舎というのと
然ぞ澄む、気持ちがすっきりしているというのをかけていて

よをうぢ山は
私を宇治山、と
世を憂し、とをかけている

とは言え
これだけでは、藤原定家が百人一首に選ぶには
ちと弱いんじゃないの?

織田正吉さんの意見
織田正吉さんが言うには、藤原定家がこの歌を百人一首に選んだのには
さらに理由があると指摘している

子・丑・寅・卯・辰・巳・午……
という十二支
十二支は方角も表すから、真北の子から数え、右回りなので辰巳は東南です

でもせっかくの辰巳
言葉遊びの好きな喜撰法師なら
さらに、続きの動物を入れる筈

卯・辰・巳・午だから、
卯がうぢ山の「う」にかかり
午(馬)もほら

ん?
いないなあ

いるのは、鹿

と来たところで、分かった人は、にんまり
そうきましたか

「鹿をさして馬となす」という中国の故事

秦の趙高という腹黒い権力者が、あるとき鹿をさして馬だと人々にいった。

ちゃんとした人は、いやそれは鹿ですよ

おべんちゃらをいう人は、
まさしく、馬でございますな

真実をのべた人は趙高によって殺された、というお話

そう。
馬鹿はここから来ているわけですね

まさしく、馬鹿な歌でしてねと
喜撰法師はけらけら笑ったのでございましょう。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ドクダミ

花カレンダー始めました

[百人一首]6 かささぎの

かささぎの 渡せる橋に おく霜の
白きをみれば 夜ぞふけにける

かささぎが、天の川に渡すという橋に
霜がかかっているのを見ると
夜もすっかり更けてしまったのだなあ

大伴家持
大伴家持(おおとものやかもち)は歌人としては超一流
この時期は、万葉集
大伴家持は万葉集の編纂者の中心人物
万葉集には4500もの歌が収められているんだけど
大伴家持の歌が1割以上の470首を占める

政治的には結局政争に敗れ、晩年は不遇であったらしい。

鑑賞
ロマンチックな歌で定評のある大伴家持

分かっている藤原定家は、百人一首にやっぱりロマンチックな歌を持ってきました。

鵲(かささぎ)とはこんな鳥

黒と白のコントラストがとっても綺麗ですね

この歌を理解するためには七夕伝説を知る必要があります。
七夕の日にかささぎが群れになり橋となって二人を繋ぐ

ってことは黒い橋に白い霜が降りている用に見える

ただ、お気づきですね
不思議です。
季節感が。

七夕で霜ってどうなの?

昔から色んな事が言われています

詠んだ時期は、夏?。
現実に霜を見ているとしたら、やっぱり冬?。
冬だとしたら、何故急に、七夕の事を連想したのか

私が、一番面白いなと思ったのが
正岡子規の感想。

全くないことを空想で現して見せたるゆえ、面白く感じられ候
嘘を詠むなら、全くないこと とてつもない嘘を詠むべし

それまでの色んな人の解説は
家持が現実に見ているものが何らしかあった。
橋、霜、天の川
そこから家持が連想を七夕伝説に膨らませていって、・・

でも正岡子規に従うなら
もうこの歌は最初から最後までがファンタジーの世界

家持の目の前には、嘘のかささぎの集団の橋がかかっており
白い霜が積もっている
それを「現実」のごとく見ている家持には、感慨が沸き上がってくる

ああ、夜も更けたなあ。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)

テイカカズラ

花カレンダー始めました