[百人一首]56 あらざらむ~和泉式部

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に
いまひとたびの あふこともがな

生きてこの世に在ることも望めないような
状態になってしまいましたので、
あの世へ行ってからの思い出ぐさにするために、
せめてはもう一度の、逢瀬があるようにと、
切に切に望んでおります。

百人一首シリーズ、この辺りは有名人が目白押し
今日は誰もが名前を聞いたことのある、和泉式部になります。

鑑賞
この時、生死の境をさまよったらしい。
「あらざらむこの世のほかの思ひ出に」しなければならないほど、
危なかった。

命が尽きる恐怖と戦いつつも

「あ」らざらむ この世のほかの 「お」もひ出に
「い」まひとたびの 「あ」ふこともがな

5句のうちの4句までが、母音ではじまる柔らかな声調で、
せっぱつまった内容とは裏腹に、
何となくゆったりした、おおらかさをもたらしている

和泉式部
和泉式部は家柄的にはそこそこというか、いまいちというか

和泉守橘道貞(いずみのかみたちばなのみちさだ)と結婚して
「和泉式部」と呼ばれるようになり、
小式部内侍(こしきぶのないし)を生んだ。

小式部内侍って名前覚えておいてくださいね。
第60首で出てきます。

宮廷生活は仕事がら見てきているので
華やかな貴族生活へのあこがれが強くなる

早くから歌人としての名声も高かったので
常に注目は浴びている。

そんな中で、
好色の貴公子為尊(ためたか)親王が声をかける。

夫も子もある身でありながら、
恋の炎に火がつく。

いけませんわ。

怒った旦那さんは離縁。
親からも勘当。

でも、尊親王はちゃんと奥さんとして向かい入れ
終わり良ければ全てよし、ちゃんちゃん、
と行きそうだったんだけど

なんとなんと、為尊親王
2年後に死んじゃいます。

あんなに全てを投げ打っての恋だったのに、あわれ未亡人
かわいそう
と、なりそうですよね。

そうならないところが、和泉式部のものすごいところ

為尊親王の弟宮の敦道(あつみち)親王

美貌のプリンスと年上の女の新たな恋が始まります。

初めは人目を忍んでいたんだけど
どんどん、敦道さんが夢中になっちゃって
お屋敷の一間に迎入れる

ったって、別の間には、奥さんいます。
奥さん怒っちゃって、お屋敷を出ます。

大スキャンダル。

そのへんの事が「和泉式部日記」として書かれています。

この本売れるでしょ。

まだ続きが。

なんと、敦道さん、
4年後に死んじゃいます。

いよいよ、静かに?
いえいえ
あふれでる才能は回りが放っておきません。

あの道長のお声がかりで
一条天皇中宮の彰子(しょうし)(道長の娘)に仕える。

覚えておいて下さいね。
この彰子さん
これからの、超豪華シリーズ、彰子さんを中心に展開されていきます。

道長、よっぽど和泉式部の事が気に入ったんだね
旦那さんの世話までしてくれる。
自分の信頼できる部下、
藤原保昌(やすまさ)を紹介してくれ、結婚

えーっと、4度目?

保昌は、50歳くらいでかなり年上。
度量のある人で、広い心で包み込んでくれる。
一緒に、任地、丹後に下る。
晩年の詳しい消息は分かっていないが
長きに渡って添い遂げたらしい。

黄金期
田辺聖子さんは絶賛している。

女流文学の黄金期にあって
ひときわ光輝く星であると

言葉の使い方、発想の仕方
誰にも真似のできない独特なものであると。

例えば、この百人一首の歌にしても
あらざらむ この世のほか
って
もうすぐいなくなってしまうであろうこの世、とは別のところ
すなわち、あの世
あの世で思い出にしたいから。

こういう言葉使いは、彼女独特らしい。

伝統の枠におさまりきらない
率直な心の叫びをそのままつづった歌

もの思えば 沢のほたるも わが身より
あくがれいずる 魂(たま)かとぞみる

物思いにふけっていると、沢のほたるも、私の体から抜け出した
魂のように見える。
あれ、あのように悩ましげにふわふわと。

紫式部も
あんなの歌じゃないと言いつつも
何か一つは必ず魅せられるところがあると一言。

勝手な推測
何の根拠もない、私の勝手な推測。
単純な私の好みかも知れないけど。

けらっけら笑う女性だったんじゃないかな。

ここまで、男性に愛され続ける女性って
何かあるに違いない

娘にも言っているんだけど
着飾る必要も、化粧も要らない
けらっけら笑え。
大モテだぞ。

男の心は鷲掴みにされる

で、歌なんか贈られちゃったら
ああ、もうあかん。

[百人一首]55 滝の音は~

滝の音は たえて久しく なりぬれど
名こそ流れて なほ聞こえけれ

かつて美しかった滝は涸れ
その音も聞こえなくなってだいぶ経つが
輝かしい名声だけは
変わらず聞こえていることだよなあ。

藤原公任
このあたり、有名人がずらっと並びますよ
藤原公任(ふじわらのきんとう)。巨匠です。

和歌という芸術は、公任により
ひとつのピークを向かえたかも知れない。
というくらいの人

自分が選者となって作った和歌集は数知れず。

歌謡界でいうとスター誕生の都倉俊一、阿久悠というところでしょうか。

古今集時代に出来あがった智巧的表現は、
洗練に洗練をかさね、
これ以上どうしようもないというところまで磨きあげられて、
行き詰まった。

公任は、技巧に走らず、ゆったりと歌い上げようと、方向性を変えた。

まあとにかくすごい人。

三舟の才
道長が大堰川に漢詩の舟、管絃の舟、和歌の舟を出して、
それぞれの分野の名人を乗せて楽しむイベント。

公任さん、どこに乗ります?

そもそも、そういう事を聞かれることはない。
それぞれの道の専門家を集めている訳ですから。

そうでんなあ
和歌の舟にでものりまひょか

小倉山嵐の風の寒ければもみぢの錦きぬ人ぞなき

おおおっ
感嘆の声

でも、本人ちょっと不満

漢詩の舟選んどきゃなあ
もっと、唸らせられたけどなぁ

ちょっと鼻高さん
まあ、実績もあるからね

それから、どんな分野にも秀でている人を三舟の才と言うらしい。

みなさん、どんな3つの舟をお持ちでしょう。

私はどうかな

晴れ男
カミさんの命令に素直に従う
ウォーキング同好会の愉快な仲間たち

こんなんでどうでしょう。

鑑賞
田辺聖子さんがおっしゃるには
こりゃまたなんで、この歌?
公任ならもっと良い歌、いっぱいあるのに

この歌がいまいち、というよりは
それだけ公任さんが良い作品をいっぱい残しているってことなんでしょう。

ひょっとすると、藤原定家は公任があんまり好きじゃないのかも。
公任入れない訳にいかないし、って言ってたらしい。
例によって、配置の妙で
ここに滝は欲しかったらしいので
公任ならどれでもいいよね。はい滝。ってことかも

この滝は、大覚寺の滝っていうことなんだけど
たまたま、同時期に赤染衛門が
同じ大覚寺の滝を歌った歌が残っている。

あせにける いまだに懸かる 滝つせの
早くぞ人は 見るべかりける

うーん、言っていることが分からないけど
これだと、ちょろちょろ流れているんですと。

不思議だなってことだけど

まあ、滝なんだから
たまには流れても良いよね

[百人一首]54 忘れじの~

わすれじの 行く末までは かたければ
今日をかぎりの 命ともがな

ずっと愛しているとあなたは言ったけど
その気持ちが続くことは難しいでしょう
ならば今日この日限りの命であったらいいのに

貴子
百人一首では、儀同三司母(ぎどうさんしのはは)となっています。
また〇〇のママ?
今度は名前もちゃんと分かっています。
貴子さん
でも読み方までは分からないらしいです。
そういうときは音読みでキシと読む決まり。
でも、たかこさんで良いと思いますけど。

この人、激動の人生を送った人
この歌は恋愛の絶頂期に詠んだ歌なのですが
人生のジェットコースターぶりと重ね合わせると
味わいが違って感じられます。

恋愛の相手、後の旦那さんは藤原道隆(みちたか)
藤原兼家(かねいえ)の息子です。

兼家は、それはそれは熾烈な政権争奪戦を制して
栄華を極めることになった。

道隆も関白になり、息子の伊周(これちか)、隆家(たかいえ)はそれぞれ
内大臣、中納言に、娘の定子(ていし)は一条天皇の皇后になる

もともと貴子自身は家柄が良いわけでもないので
見初められて玉の輿

とても愛されてのちに正妻にはなるけど
プレイボーイで何と言っても兼家の御曹司
いっぱい彼女はいます。
この時に
ああ幸せ
この幸せの絶頂期に死ねたら
と思うかも知れません。

何もかもがうまく回っていた筈が
愛する旦那さん道隆が43歳で亡くなってしまいます。

ここぞとばかりにライバルが追い落としにかかります。
一家は没落の一途を辿ります。

もはやこれまで
貴子は出家して尼さんになります。

藤原定家
選者、藤原定家は〇〇のママシリーズをあえてふたつ並べ
待つ女性の愛の形を対比させた。
いつもながら配置の妙ですね

[百人一首]53 嘆きつつ~。じめじめチャンピオン

百人一首シリーズ
第53首に入って参りました。

このあたりから、有名人が目白押しになってまいります。

嘆きつつ ひとりぬる夜の 明くるまは
いかに久しき ものとかは知る

私が悲しみに嘆きながら、独り寝で過ごす夜が明けるまで
いかに長いか、あなたにはわからないでしょうね。

右大将道綱の母
道綱の母は超有名人。
蜻蛉日記の作者なんです。

でも名前が分からない。
藤原兼家との間に道綱をもうけ
「道綱の母」と呼ばれている。

幼稚園のママ友の間で
〇〇ちゃんのママと呼び合う感覚でしょうか。

それにしても、そんな有名な文学を残しておきながら
〇〇ちゃんのママ、しか分からないって本当かなあ
蜻蛉日記には作者の名前って書いてないんでしょうね
印税はどこに入るんだろう。

兼家は歴史上有名な大物政治家。
道綱の母は家柄的には大したことないので
玉の輿ではある

かなり美人で文学的才能も超一流。

兼家はとっても女性が大好き。
高貴なお方から、庶民まで幅広くまめに付き合う。

当時の結婚のシステムが基本的に通い婚なので
せっせと色んなところに通う。

正妻とか側室とかの区別なく
全員対等。
道綱の母もその中のひとり。

もちろん一人に決めてという男性もいるけど
兼家は、ひとりの女性も自分の家にはあげていない。

そういう社会的風習と、兼家という典型的な男性がいて
蜻蛉日記が出来上がります。
この歌もね。

恨み辛みを赤裸々に書き、大勢の女性の共感を得て
大ベストセラー。

詞書(ことばがき)
この歌がどういう時に書かれた歌かという解説、詞書が
二種類の文に残っています。

ひとつは「拾遺集(しゅういしゅう)」
夫の兼家が訪ねてきたとき、彼女は門を開けようとしない
兼家が「待ちくたびれた」
それを聞いた彼女が詠んだ歌。

ちょっと
それは私のせりふでしょ
って感じかな

もうひとつ、解説がある
そうです。
本人の書いた「蜻蛉日記」そのものです。

すなわち、拾遺集に書かれている解説は
蜻蛉日記に書かれている背景を読んで
多少ソフトに加工した。

真の背景
兼家との間に息子が誕生して間もない頃
彼女は、兼家に新しい女性が出来たことを知る

兼家が他の女性に宛てた恋文を発見した。

兼家、脇あまっ!

そのあと、自分の家に来たとき
今日は用事があるので早めに失礼。

さては

尾行して確かめると案の定。

さあ、大変

次に来たときに、戸は全く開けなかった。
「待ちくたびれた」
どころじゃない。

そして、そのあと、枯れた菊と一緒に送りつけたのがこの歌。

恐ろしいーっ

蜻蛉日記ってそういうじめじめ話がいっぱい書いてあるらしい。
これがまた、当時の女性たちに大受け

こりゃまた恐ろしい。

愛情
読んだわけではないけど
田辺聖子さんによると
蜻蛉日記を読んで分かるのは
彼女が、兼家をひたすら愛していたということ

独占欲が極端に強く
キッつい性格だったけど

そして、兼家も彼女を愛していた。
他の女性も、なんだけど

ああ大変

ほんと、うちは良かったなあ。
カミさん一筋だから平和。

ひとつだけ問題があって
カミさんが私に愛情を持っていない。

たったそれだけ。

家庭内片想い。