[三十六歌仙]9 紀友則。おおらか好きなら、はい友則

王者紀貫之のいとこです。

紀友則

夕されば 蛍よりけに もゆれども ひかり見ねばや 人のつれなき
(夕方になると、自分の思いは蛍より燃えているのに、光が見えないのか、あの人は素っ気ない)

友則は貫之らとともに『古今和歌集』の撰者を命じられ、
早世した(35歳くらいか?)わりには64首が勅撰集に入集するなど、
当時は実力を認められた歌人でした。

撰者としては完遂できずに亡くなってしまう形になったのですが

『古今和歌集』の歌風は古今調といって理知的、平明で優雅なもの。
技巧に走らずおおらか
その代表が友則と言えるでしょう

それが『千載和歌集』や『新古今和歌集』の時代になると
技巧的で華麗な和歌が主流となります

そうなると、紀友則は、はやりじゃない歌になるので
人気が落ちていき
そう言えばそんな人いたなあ、という感じに。
どうしても、紀貫之がダントツすぎるので、影がうすくなるというのもあります

そんな紀友則の人気が復活するのが、やはり百人一首

久方の 光のどけき 春の日に しづこころなく 花の散るらむ

(日の光がのどかにさしている春の日に、桜の花は、どうして落ち着いた心もなく急いで散っているのだろうか。)
桜の花ってパッと咲いてパッと散るイメージ
こんなにうららかな春の日なんですよ、桜さんもゆっくりしましょうよ、って歌
さすがに紀友則。おおらかぁ

昔は花と言えば梅。桜を歌ったのは珍しいんだけど敢えて採用
なぜかというと、紀貫之が梅の歌だから
人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける

実は、似た感じの紀貫之の歌が同じ古今和歌集にある

ことならば 咲かずやはあらぬ 桜花 見る我さへに しづ心なし

(同じことなら咲かずにいないか桜の花よ 見ているわたしまでがそわそわしてしまうから)

うん。同じ桜でしづごころ、では紀友則に軍配ではないでしょうか

梅の方でも見てみましょう。
古今和歌集で紀友則の梅の歌
君ならでたれにか見せん梅の花 色をも香をもしる人ぞしる

(あなた以外のだれに見せたらよいのでしょう この梅の花を
色や香りの素晴らしさはわかる人にしかわかりませんから)

どうでしょうか

やっぱり、さすがは藤原定家。色々考えてるなあ。

さあ、冒頭の歌に参りましょう

夕されば 蛍よりけに もゆれども ひかり見ねばや 人のつれなき
(夕方になると、自分の思いは蛍より燃えているのに、光が見えないのか、あの人は素っ気ない)

蛍を見てイメージをふくらませ、女性の気持ちになって歌った歌です。

平安時代の結婚の形態は通い婚
結婚しても同居はしない場合が多い

って事は、旦那様が複数の奥さんを持っていたとしても、奥さんには分からない。
3日に一回通ってくるようなら、3人奥さんがいるんじゃないの?
と、そんな感じ

だから、女性の立場で書かれた恋の歌って、こんなに待っているのに来ていただけないのね
って歌が圧倒的に多い。

蛍の火と自分の情愛を重ね合わせるのは面白い発想ですね
蛍は動けますから、相手のところに行って、ピカッと光って早う来いよ、って

この通い婚というシステム、女性に圧倒的に不利で、
男尊女卑のさいたるものと思っていたんだけど
最近、必ずしもそうでは無いかなと思い出した。

子供が生まれると、かなり状況が変わる。

現代の、片親の家庭で母親が女手ひとつで苦労して子供を育て、
というのとイメージが結構違う

母親の一族だったり、場合によっては地域だったりで、集団で子供を育てる
そんなところに旦那様は通っていくわけで
肩身の狭いのなんのって

天皇シリーズとかやっていると、
院政が始まるより前の時代は、
前の天皇、すなわちお父さんの影響力ってかなり低い。

その時代は通い婚だったというのが大きい。
子供に対して、圧倒的にお母さんが影響力を持っている
さらに言うとその一族。

藤原氏が、天皇に外戚関係を持って、権力を欲しいままにしたというのは
この通い婚システムが関係している。
要するに、外戚関係を持った藤原氏は娘と同居したまま
ということは、天皇(ないしは皇太子)とも同居しているわけで
たまにしかやってこないお父さんである前の天皇の言うことなんて聞かなくても
おじいちゃんの言うことを聞かないと、生きていけない。

お母さんやおじいちゃんが気に入らない奴がいたら
あいつをクビにしな。しなきゃ今晩夕飯抜きだよ
って言えば
はい、仰せの通りに致します。

お腹空きますからね。

[短歌]シリーズはこちら(少し下げてね)

[三十六歌仙]8 凡河内躬恒。嘘?いえイメージの世界

三十六歌仙シリーズ、大物が続きます。

凡河内躬恒(おうしこうちのみつね)

住の江の 松を秋風 吹くからに こゑちそふる おきつ白波
(住之江の松に秋風が吹くと、その傍から沖の白波の音が添えられる。)

古今和歌集において左の筆頭が紀貫之ならば、右の筆頭はやはりこの人、凡河内躬恒です。
貫之と共に古今集の選者であり、入撰数は貫之(99首)に次ぐ二番目(60首)
超有名な大先生!

の、はずなんですが、現代人の我々には、知名度はそんなに高くない。
なぜか?

やっぱり、名前が読みづらい
「おおしこうちのみつね」なんて、振り仮名がないと絶対に読めません。

当時で言うと、二番手のさが
「躬恒」を紹介する際には必ずと言っていいほど「貫之」がついて回る

躬恒は事あるごとに、貫之というグレート・レジェンドと比較され、
その陰に隠れて印象が薄い。

柔道でいうと、山下泰裕に対する斉藤仁のような

でも、紀貫之の小型版なのかと言うと全然そんなことない
躬恒にしかできない、独特の世界

あり得ない美
一言で言うと、スッ飛んでいる
あり得ない歌

冒頭の歌をもう一度見てみましょう。

住の江の 松を秋風 吹くからに こゑちそふる おきつ白波
(住之江の松に秋風が吹くと、その傍から沖の白波の音が添えられる。)

松に秋風が吹き付ける
すると、どうでしょう。
その音に共鳴するかのように、沖で波立つ白波の音が聞こえてくるではありませんか

普通の感覚では、はあ?ですね
なんで、松に吹く風の音に、沖で波立つ白波の音が共鳴するよ
そんな遠いところの音、聞こえる訳なかろうが。

良いんです。
これぞ躬恒

感性を研ぎ澄まして、その先にある世界

百人一首だとこれ
心あてに 折らばや折らむ 初霜の をきまどはせる 白菊の花
初霜が降りた白い世界。その中に白い菊

えっ、どれが菊?
折ってみたら分かるかな
えいっ
おっと空振り
違ってたかぁ
もう、迷わそうとして、白菊ったらぁ

そういう歌

嘘つけ、どんだけ眼悪いねん、です

良いんです。
これぞ躬恒

はっきり言って、白と白というそれだけです。
躬恒以外の誰が、このような世界観を歌えるでしょうか

もうひとつ

山たかみ 雲居にみゆる 桜花 こころのゆきて をらぬ日ぞなき
(山が高いので空に咲いているかのように見える桜の花よ。心だけはそこまで行って手折らぬ日とてないのだぞ。)

すごいです。桜が空に咲いちゃってます。
そして、心が空に登って、枝を折っちゃいました。

くつかぶり
さらに、冒頭の「住之江の」の歌は、ある仕掛けがしてあります。
くつかぶり、という言葉遊び

十文字ある言葉を、和歌の各の上下に置いて詠む技法。
それぞれの句の頭文字を、一文字ずつ、末尾の文字を一文字ずつで成立する。

この歌の場合は すまふこお/のぜにるみ から、「見る偽の住まふ子お」となります。

何だか分からんがすごいっ

アグネスチャンの「ポケットいっぱいの秘密」と同じって事でしょうか
あなた草のうえ
ぐっすり眠っていた
寝顔やさしくて
好きよってささやいたの

頭一文字を繋げると「アグネス」となる。

うーむ
アグネス恐るべし

[短歌]シリーズはこちら(少し下げてね)

[三十六歌仙]7 紀貫之。大先生ありがとうございます。

右チームのリーダーです。

紀貫之

むすぶ手の 雫に濁る 山の井の あかでも人に 別れぬるかな

(両手で水をすくうと、手からしたたる滴で濁ってしまい
山の泉(水飲場)は浅くて満足に渇きを癒せない。
これと同じく、もの足りない思いであの人と別れてしまったのが残念だ)

分かりにくいですね。解説しましょう

旅の途中、水飲み場で、美しい女性を見かけた

声をかけたいな。でも変な風に思われないかな
迷っているうちにその人は行ってしまった。

えらい失敗した。
こうやって手ですくって水を飲もうとしても
うまくいかない。それと同じだなあ

「少しも(親しくなれなかった)」の「あか」を
仏壇に供える水の「アカ」にかけたことで(仏壇の水はとても少ない)、
山の泉の浅さと縁の浅さを併せ持って心情を表している
また「アカ」、は「飽く」にもかかりますので、もの足りない思いがさらに追加される

分かるなあ。
美人には声かけられないからなあ
奥手なボク

百人一首はこちら
人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける

出ました。かなの功労者
仮名を使うことで、日本の文学を一気に開花させた大先生です。

紀貫之先生がいなければ
いまだに我々は公式な場では漢字以外使っちゃダメで
仮名はこっそり使うしかなかったかも知れない。

唯一仮名を使う事が許されていたのが短歌
当時、紀貫之は泣く子も黙る大先生
その大先生がタブーに挑戦した

先生、古今和歌集に、序文を書いてもらってよろしいでしょうか

ええよ。任さんかい。
仮名で書いたろ。漢字仮名混じり文ね

か、仮名ーっ
ええんですか、ほんまにええんですか

仮名って真名(まな)に対する言葉
真名とは漢字の事で、ちゃんとした文字は漢字だけど
一旦、仮にかなも使って良いよ。あくまでも暫定措置ね
というはずが、
紀貫之大先生が、正々堂々、醍醐天皇の命令で作った古今和歌集に
仮名で序文をつける。

ちゅうことは、もう大っぴらに仮名を使っても良いのね
し・あ・わ・せ

さらに、追い打ちをかけるように
「土佐日記」という物語を漢字仮名混じり文で書いちゃった。

はいスタート
日本文学の本格的幕開け
それまで、女性は仮名を使っていたから
最初は女性がリード
紫式部や清少納言

それでは、紀貫之の無茶苦茶多い短歌の中で、水すくい繋がりでもう一首

袖ひちて むすびし水の こほれるを 春立つけふの 風やとくらむ

立春の日に詠んだ歌
(去年の夏に)袖を濡らして (納涼のために水辺に出て)すくった水が
(冬になって)凍ってしまった
立春の今日 吹く風が(その氷を)とかしているだろう

去年の夏に納涼のために訪れた水辺ですくった水が、秋を過ぎ冬になると凍ってしまった。
立春の今日、風が吹いて、その氷が解かしているだろう、

こりゃまたスケールが大きい
一年にわたる季節の時間の経過を、一首の歌で詠んでしまうなんて
さすがとしか言いようがありません。

[短歌]シリーズはこちら(少し下げてね)

[三十六歌仙]6 小野小町。99首の歌

有名人が続きます。

小野小町

わびぬれば 身を浮草の 根を絶えて 誘ふ水あらば いなむとぞ思ふ

((そうですね)わび住まいの憂き身の上ですので、浮草のように根を断って、誘ってくれる水でもあれば、そのまま流れていってしまおうと思います)

(そうですね)から始まっていて意味が分かりませんね
シチュエーションを説明します。
小野小町は以前文屋康秀(ぶんやのやすひで)と付き合っていた
元彼って感じでしょうか

百人一首でいうと
吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ
小野小町も文屋康秀も六歌仙の一人です。

その文屋康秀が三河の国に赴任することになった
一度下見に行きましょう
そういう時に、小野小町に歌を渡す。

一緒に行かない?

その返事です。

良い感じですね。
ほんとに行く気はないかも知れませんが
「何言ってんのよ、あんたなんて10年早いわよ」的歌よりも
情が豊かです。

こういう軽いジョークのやり取りは、どんどん奨励されるべきです。
今だと、セクハラになっちゃうから、面白くもなんともない。

セクハラ防止法(?)を改正し
セクハラはしてはいけません。但し、短歌のやり取りを除く
にすべきです。
そうなると、次女にも短歌の猛特訓をさせましょう。

百人一首だとこれです。
花の色は うつりにけりな いたずらに わが身夜に降る ながめせしまに

小野小町が生まれたのは今の秋田県湯沢市
幼い頃から歌や踊りはもちろん、琴、書道となんでも上手にこなし、
13才の頃には都へのぼり、都の風習や教養を身につけました。

宮中に仕えるようになった小町は、
その容姿の美しさと優れた才能から多くの女官中、比類なしと称されます

退官後は、故郷に戻り、歌を作りながらひっそりと暮らします。

そんな小町を想っていたのが、深草少将
小町に会いたさから郡代職を願い出て、都から小野の里へとやってきました。

会っていただけませんか

わたしを心から慕ってくださるなら、
高土手に毎日一株づつ芍薬を植えて百株にしていただけませんか。
約束通り百株になりましたら、あなたの御心にそいましょう

なんて高慢ちきなと思うなかれ
事情があったのです。
その時、疱瘡を患い、顔にできもの
なんとか時間稼ぎをして、きれいな顔でお会いしたい
乙女心です。

深草少将は、芍薬を持っていっては植え、99日間

小町は小町で磯前(いそざき)神社の清水で顔を洗う日々

いよいよ、100日という日は運悪く大嵐
それでも休んでいる訳にはいきません。
約束の100日目
芍薬を手に、ずぶ濡れになりながら。

ところがちょうど橋を渡っているその時に
鉄砲水で橋ごと流されてしまったのです。

小町は深い悲しみに暮れ、少将の亡骸を森子山(現在の二ツ森)に葬ると、
供養の地蔵菩薩を作り向野寺に安置し、芍薬には99首の歌を捧げました

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを
(あの人のことを思いながら眠ったから夢に出てきたのだろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかったのに)

[短歌]シリーズはこちら(少し下げてね)