[百人一首]79 秋風に~

秋風に たなびく雲の 絶えまより
もれ出づる月の 影のさやけさ

夜空を秋風は吹きわたる たなびく雲の 切れ目から
ひとすじ さっともれ出た 月の光の明るさよ

藤原顕輔
藤原顕輔(あきすけ)は顕季(あきすえ)の子供で
このあと84番で出てくる清輔(きよすけ)のお父さん。
顕季は六条家という歌道の名門流派の創始者
茶道や華道みたいに、裏千家みたいな家元みたいなのがあったんですね
全く知りませんでした。
顕輔は末っ子だったんですが、歌がとても優れていたんで、跡取りとしてお父さんからご指名

六条家を継ぐのはお前だ

鑑賞
分かりやすいですね
現代人にも、現代語訳がなくてもすぐ分かる

あえて、現代と違うのをあげるとすると
「影」でしょう

現代では影は、光に対する暗いところを指しますが
昔は、光も影も両方とも指すんです。
だから、影のさやけさ、は、光の明るさ。

元々、影と輝きは同じ語源らしいです。

万葉集の時代には、月は真ん丸なのが最も美しいとされた
歌に読まれるのはほぼ満月がこうこうと明るいさま。

ところが時代が変わると美意識も変わるもので
月も欠けていたり隠れていたり、が風流。

この歌は典型です。
月が雲に隠れていて
ああ、今日は月は楽しめないなあ

ところが、雲の隙間から、急に月の明るい光がぶわっとさしてきた。
おおおっ
いやあ、今日は良い日やわあ

そういう歌ですね。

[百人一首]78 淡路島~

淡路島 かよふ千鳥の なく声に
幾夜寝ざめぬ 須磨の関守

淡路島から飛んでくる千鳥のもの悲しげに泣く声に
この須磨の関の番人は、何度目覚めた事だろう。

鑑賞
出ました。待ってました。
個人的に思い入れのある歌です。

超地元の歌であることに加え、
姉のおはこの歌です。

淡路島~

はい

自分の名前が入っているからなんですね。
どこにかは内緒。

須磨って風光明媚な観光地なんですけど
昔のイメージは、派手派手ーっとはいかなかったみたいですね。

京の都からは離れているから
どちらかというと流される場所。

だから逆にわびさびの場所として通好みなんです。
源氏物語で、光源氏が自ら身を引き、隠れるように住んだ場所として描かれた。

この歌もそういう、わびしさを全面に出した歌ですね
こんなわびしい土地は嫌だなあ
とは直接言えないので

千鳥の鳴く声と
それで毎朝起きちゃう関守という第三者で表現

おいお前、ここが嫌なんかい、とつっこまれた時には
いえいえ、清々しい朝を毎朝目覚める、力みなぎる歌です
と言えますね。

少なくともうちの姉は、そう解釈しています。

でも、真意はまず間違いないのは
源氏物語の須磨の巻に千鳥がもの悲しく鳴いて目覚めてしまうという記述があるから

藤原定家がこの歌を選んだのも、定家の源氏物語好きによるものです。
さらに、この歌が気に入ったようで

この歌を本歌として歌を作っています

旅寝する 夢路はたえぬ 須磨の関
通ふ千鳥の あかつきの声

さらに
ただ、わびしいだけじゃあ、ここまで人気が出ない。
さらに続きがあるんです。

「淡路島通う千鳥の恋の辻占~」

百人一首は恋の歌だらけなのに
数ある恋の名歌を押し退けて
恋占いの呼び声に採用されちゃった。

きんぎょーえ、きんぎょ
みたいな

夜,花柳界などを中心に占紙を売り歩いた辻占売というのがあって
その呼び声

通うっていうところのイメージだけの気がするけど
全体的に語感が良いですよね

どれ引いても、良いことしか書いていないお約束で
書いてある言葉を楽しんだ
おつだねえって

[百人一首]77 瀬をはやみ~。鬼が作った歌

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の
われても末に あはむとぞ思ふ

川瀬の速い流れが、岩にせき止められてふた手に別れても
いずれ一緒になるように
今は別れていても、いつか一緒になるつもりだよ

崇徳上皇
来ましたね。超大物
鬼ですね。
可哀想な日本人、歴代トップです。
日本三大怨霊の他の二人
平将門、菅原道真を寄せ付けぬ恨みっぷり

この人の怨念の深さは、とてもさっとは説明しきれないので
まず、前提の保元の乱を説明しました。
ややこしい、保元の乱ってこんな感じ
以前、こんぴら様の説明の時もお話ししました。
金毘羅さまはしゅらしゅしゅしゅ

保元の乱に負けた訳で
それまでのいきさつがどうあれ、戦に打って出て
負けたとあれば、敗者の扱いを受けるのは当然。
讃岐に流罪にされます。

ところがその扱いが、それにしてもあまりと言えばあまりの扱い。
天皇だった人なのに。

でも、負けた訳だし
と崇徳上皇も反省し
写経をして、京都に送る。
はい、反省しております。

ところが、
京都からの返信は破られてそのまま送り返し

それを見た瞬間から

うおおおっ
私は
私は、鬼になろう

生きながらにして鬼になると宣言し
鬼になるための努力をした人はこの人ぐらいじゃないでしょうか

髪も切らず、爪も切らず
人間的な生活は自ら全てたちきって
怨みのためだけに生き
最後の総仕上げに
舌を噛みきり
その血で、怨みの呪文を書きつける
「我、日本国の大魔王となり、天皇家を呪う」

反撃
死んだの? あっそう
京都では、元天皇としての葬儀を一切しなかった。
完全無視。

ところが、ここから、崇徳上皇の怨霊が猛反撃を開始します。
後白河法皇、藤原忠通、の関係者がことごとく不審死を遂げる。
京都の町は大火に見舞われる。
次から次からおかしな出来事が起きる。

これは、もう怨霊の仕業に違いない。
菅原道真の例もありますし。
民衆もそら怨霊だ、やれ怨霊だ。

どないしょう。

大丈夫、菅原道真の時の前例があります。
天神様として神様にして祀ったら
逆に強力に国を守ってくれましたよ。

そうなの?
良いこと聞いた
ってことで
罪人扱いを解き、「崇徳院」という称号を与え
保元の乱の古戦場に「崇徳院廟」を設置
菅原道真の天神様のように、こんぴら様として厚く敬っていくことになります。

すごいのが、700年もたった、明治維新。
ようやく、その後、武士に取って変わられた政権が
朝廷に戻ってきた。

明治新政府はどう考えたか。
長きに渡って天皇家が実権を持てなかったのは、崇徳院の怨霊のせい
讃岐に勅使を遣わして崇徳院の御霊を京都へ帰還させ、
白峰神宮を創建しています。

そして、その後、節目になる年には日本に良いことが起こっているそうです。
東京オリンピックとか。

面白いですね。
日本独特なんでしょうか、この発想。
非業の死を遂げた人は怨んでるにちがいないから、逆に神様にしちゃおう。

えっ、そんなんで解決できるんだ。

ねえねえ、怨んではると思うけど
今後、神様とさせてもらいますんで。

あらそうなの?
それやったら、怨みは全部忘れて
誠心誠意、神様として守らせてもらいますわ。

鑑賞
歌を見てみましょう。
昔からかなり人気の高い歌ですね。
落語の題材にもなるほど。

悲恋の思いを歌った歌
生まれ変わったら一緒になろうね
冬ソナのような世界。

ただ、もちろん、藤原定家が崇徳上皇の作品としてこれを選んだのは
「もうひとつの意味」があるからに決まっています。

われても末に あはむとぞ思ふ

鬼となった崇徳上皇の復讐の歌です。

[百人一首]76 わたの原~

わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 
雲居にまがふ 沖つ白波

大海原に舟を漕ぎ出し 海と空をひろびろとながめれば
沖に立つ白波は 雲かとまがうばかり
なんとまあ はるけくも晴朗なながめよ

藤原忠通
前回の第75首のさしも草のいい加減な約束をしちゃった藤原忠通(ただみち)です。

そして、保元の乱もお話ししましたね
勝った方の中心人物です。

ふたつの事柄から、お調子者かつ野心家と思いきや
どうも、ゆったりというかおっとりというかそんな性格だったらしいです。
となると、さしも草のいい加減な約束も出来ると思って出来なかった。
そのまま忘れちゃった。そんな感じでしょうか。

道長の時にピークを迎え
とても長く続いた摂関政治
藤原頼道の娘と後冷泉天皇の間に跡継ぎが産まれず
次の後三条天皇から、藤原氏の影響力がグッと低下する。
そして、実質的に政治を動かすのが院政となります。

それでも藤原氏の摂関政治は続いてはいた。
特に鳥羽上皇の時は、ある程度の役割を担わせてもらっていた。
だから、摂関家の中で内紛も起きるわけですね。

さあ、保元の乱で勝利。
また、この世の春か

いえいえ、後白河天皇は、藤原忠通に対しては
そんなことありましたっけ、的な態度。

殊勲者の中では平清盛ばかりを重用します。

腹立つわあ
と3年後にことを起こしたのが源義朝で
忠通は完全においてけ堀になります。

平治の乱ですね。

勝ったのは、平清盛
平清盛のこの世の春が始まります。
平家にあらずんば人にあらず、ですね。
長くは続かず
諸行無常の鐘が鳴っちゃう訳ですが。

大きな事を起こしたくせに
忠通は、まあいっか
もう疲れたよ

長く長く続いた藤原氏の摂関政治の歴史に
忠通が終止符を打っちゃいます。

そんな性格を頭に入れつつ、歌を鑑賞してみましょう。

鑑賞
この歌の時には、忠通は38歳、関白の位にあり、崇徳天皇はまだ17歳

崇徳天皇主催の内裏歌合せで
お題が「海上遠望」
難しいお題です。

まだ、二人が義理の親子として仲が良かった頃です。

忠通の性格を表すようなゆったりとした歌ですね

わたの原は、大海。ひさかたのは雲居にかかる枕詞で特に意味はなし
雲居は雲のいる場所。ここでは空ではなくて海な訳だから、
雲のいるあたりということで水平線近く
まがふは間違える、なので
沖つ白波は、沖に立っている白波
つまり、雲居にまがふ沖つ白波、は
水平線近くに白波が立っているので、それが海の波なのか、空の雲なのか分からないくらいです。

これはまた、壮大なイメージ。
まあ、実際には水平線近くに白波が立つなんてあり得ない訳ですが
それは例によってイメージの世界なので
ありってことでお願いします。