[百人一首]50 君がため~ 明日をも知れぬ命

君がため 惜しからざりし 命さへ
ながくもがなと 思ひけるかな

あなたのためなら、捨てても惜しくはないと思っていた命でさえ、
会えた今となっては、
できるだけ長くありたいと思うようになりました

藤原義孝
藤原義孝(ふじわらのよしたか)は摂政・藤原伊尹(これただ)の三男。
歌才と美貌は父ゆずりであったらしい。百人一首には父とならんで入れられている
45番・謙徳公
あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

伊尹は時の帝、円融天皇の伯父であり、東宮(のちの花山帝)の祖父であり、摂政
大鏡には「世の中は我が御心にかなはぬ事なく」
なんだかすごい!

その御曹司
母方の家柄もすごくいい
一つ年上の兄、挙賢(たかかた)は少将になっていて、弟の義孝が入れ替わりで少将になる
兄が前少将、弟が後少将と呼ばれた。

家柄、仕事、財産。全てバッチリ。
それに加えて超イケメン
歌もいけてる。
あかん、そんなに揃ったら。
モテない筈がない。
性格は悪いやろ

ところが、一番良いところが性格
モテモテのくせに、うわついたところがない。
仏教に熱中していて、ひたすら信心。

あるとき、そんな義孝が何を思ったか、いわゆる女子会の席にぶらりと立ち寄った。
女たちは大興奮。義孝もいつになく饒舌に楽しくおしゃべり。
じゃあ遅くなったのでこれで

あら帰っちゃうの?
女たち、残念!

どこに行くんだろう。
気になって仕方ないので尾行します。

朔平門から出、法華経を尊く誦じつつ、大宮を北へ、氏寺の世尊寺に着いた。
東の対の軒の紅梅の下に立ち、「滅罪生善 往生極楽」と西に向かって何度も拝んでいた

そう来ましたか

その時の月明かりの下でのお姿
美しかったわぁ
と、後々までずっと語り継がれる。


そんな百点満点のはずの義孝が、どうしても手に入らなかったのが健康。
天延二年(974年)
二十一歳の若さで亡くなってしまいます。
何と同じ日にお兄さんも亡くなるという悲しい結末です。
これを聞いて、この歌から受ける印象が大きく変わりました。

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のエピソードを聞いたときの印象と一緒かな。

雨ニモマケズって、それまでは頑張り屋さんの詩かなと思っていた。
戦時中に、そういう使われ方もしたらしい。
でも全く逆だった。
結核で亡くなる二年前
何も食べられなくなって、立てなくなって
風が吹いても立っていられるようになったらどんなに良いだろう
昔のように玄米四合食べられたら
そんな病気を治したい、こんなことをしたいリストを単に手帳に書いた
全く発表予定のないもの
詩ではない。
それが分かって、一行ずつかみしめながら読んだら
無茶苦茶感動します。
今度、ちゃんとこれについて書きますね

話を戻します。

君に会いたい
会えるなら死んでも良い
でも会えちゃった。
前言撤回
やっぱり何度も会いたいから長生きしたい。

うん、ありがちありがち

そう思ってた。

流れとしてはそうかも知れないけど
それぞれの重みが全く違ってたんですね。

本当に死に直面していた。
死ぬまでにせめて一度だけでも
もし会えたらもう思い残すことはない。
そう思っていたなあ
会えた今でも気持ちは変わらない。
次に会えるときまでに生きていられるだろうか
何とかならんのか、この命
会いたい
それだけ
ああ、やっぱり生きていたいよ。

もがな、の願望の三文字
たった三文字だけどこんな気持ちが全部つまっている気がする。

[百人一首]49 みかきもり~、ここに置くのね

みかきもり 衛士(えじ)のたく火の 夜は燃え
昼は消えつつ 物をこそ思へ

御垣守(みかきもり)である兵士のたく火が、夜は燃え昼は消えているように、私の恋の炎も、夜は燃え昼は消え入るばかりに、物思いに沈んでいる。

大中臣能宣朝臣
大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶあそん)は
代々伝わる伊勢神宮の最高責任者の家柄。
自分も祭主をつとめている。
朝臣もついていて、位も高いと思われる。

第61首の伊勢大輔(いせのたいふ)のおじいちゃんでもある。
代々伊勢神宮だから、伊勢なんですね。

鑑賞
まずは、みかきもり、と衛士。
御垣守(みかきもり)は、宮廷を警護するガードマンのこと
衛士は、その内、特に出張で都に来ているガードマン。
御垣守、衛士は夜にかがり火をたく。
電灯なんてないので、そうしないと真っ暗でやられ放題。

恋を「不安定」で表現しています。
思いが募って、もうどうにかなってしまいそう、って歌は多いんですが
この、不安定ってところに目をつけたのは素晴らしい。

ちょっと、あれひょっとして、みたいなことがあると
嬉しくて嬉しくてやたらにハイテンション。
この世の春は私のもの!
ところが、いやあ、ダメなのかなあと思うことがあると
どどーんと落ち込む。
この世に春はない!

これを、毎日ついたり消えたりのかがり火に例えたんですね。
思ひ、って「ひ」なので「火」に例えるのはよくあるんだけど
燃えて消えてにしたのは、見事です。

リズム
この歌のいいところは、リズムです。
すうっと最後まで流れるように読める。
衛士「の」たく火「の」でリズムを作り
夜昼では、「・るは・え」で意味だけでなく音も対比させる。
そして、も、の配置で全体のリズムを作る

言われてみれば、かなり考えているんだなあ。

対比で
実は、作者、大中臣能宣朝臣だけでなく
選者、藤原定家の妙もある

第48首の
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ
くだけて物を 思ふころかな

と、この

みかきもり 衛士(えじ)のたく火の 夜は燃え
昼は消えつつ 物をこそ思へ

を対比できるように並べて置いたこと
物を思ふシリーズ行きます。
どっちが好きですか?って

一方が水で、一方が火。
どっちもよせては返すんだけど
前の方は、何度も何度も、強くぶち当たる感じが強調されているけど
後ろの方は、燃えては消えるという山谷山谷が強調されている

すごいわ、藤原定家!

[百人一首]48 風をいたみ~、良いの?ほんとに良いの?

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ
くだけてものを 思ふころかな

風が激しくて、岩に当たる波が砕けるように
私だけが心も砕け散るほどに
思い悩んでいる今日このごろだなあ

源重之
源重之(みなもとのしげゆき)
清和天皇の皇子である貞元親王のひ孫にあたる
清和源氏と言われる家系
転勤族で、九州から東北まで色んなところに行っている
友達も多くて
あの平兼盛や
ソタンこと曾禰好忠もお友達。

三十六歌仙にも選ばれて、定評がある

鑑賞
風をいたみ、は、いたく感動したと現代でも言うように
いたしが激しく。み、は ~なので
風が激しいので、岩に当たる波のように、までが序詞。
この歌のポイントは
くだけてものを 思ふころかな

平安時代の人は「くだけてものを 思ふころかな」好き
なにかっちゅうと「くだけてものを 思ふころかな」

流行語大賞みたいなもの。

またかい、って感じなんだけど
使いたいよね。
流行っているんだから。

三十六歌仙は考えたね。
よし、「くだけてものを 思ふころかな」界の最高峰の歌を作ってやろう。
最も激しく砕ける感じでどうだっ

後に東映映画のオープニングに使われるあれ
スケール感で、ドドドドドーン

さすがは三十六歌仙!

と思いたいんだけど
ほんとはね
元ネタがある

百人一首、第19首
難波潟(なにわがた) 短き葦の ふしのまも
あはでこの世を すぐしてよとや
の作者 伊勢が作った歌

風ふけば 岩うつ波の おのれのみ
くだけてものを 思ふころかな

あれ?
もう一回、今回のね

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ
くだけてものを 思ふころかな

あれれ?
あかんのんちゃう。重之ちゃん

確かに、風ふけば、は
ドドーン、だけど
激しい風にしたら
ドドドドドーン

ここを変えれば良い歌になりますよと
赤ペン先生が添削した感じ

今の世の中なら、大騒ぎで
これはミスチルでしょう、三善英史さん、ってな感じですが
和歌の世界じゃ結構ある。

ちょっと変えただけでも歌ってぐんと良くなるんですよ
って例で
藤原定歌が百人一首にわざわざ選んだんだとすると
定歌さん、なるほどです。

[百人一首]47 八重むぐら~

八重むぐら しげれる宿の さびしきに
人こそ見えね 秋は来にけり

つる草が生い茂るこの寂しい住まいに、訪れる人は誰ひとりいないが
それでも秋はやって来たのだなあ

河原院
出ましたね、河原院
あの14首のとおるちゃんこと、源融(みなもとのとおる)
光源氏のモデルとも言われている超プレイボーイ

陸奥のしのぶもぢずりでしたね。
百人一首で河原左大臣となっているのは河原院を作ったから。
超豪華なテーマパークとも言えるもので
陸奥の塩竈の浦海の風景を京都のど真ん中に再現。
わざわざ海水を運んだ。

そんな超豪華なテーマパークも
オリエンタルランドが経営しているわけではなく
とおるちゃんが、個人の趣味で作ったもの。
とおるちゃんが死んでしまえば、誰も綺麗に維持しようとは思わない。
死後80年経つと、荒れ放題になってしまった。

一応住人はいて安法法師(あんぼうほうし)とおるちゃんの孫。
歌の作者、恵慶法師(えぎょうほうし)は、その友達。

安法法師が恵慶法師とかの仲間に声かけ
今度、家に来ない?
荒れた家にも秋が来るってテーマで歌を読もうよ。
さんせー

その時の歌がこれです。

鑑賞
八重、たくさん重なった、むぐらは、つる草。
人こそ見えね、でひとは来ないけど
秋はやって来たのだなあ、となる。

栄華を極めたこの屋敷も、こんなふうになっちゃうんだなあ。
盛者必衰(せいじゃひっすい)の理(ことわり)をあらわす。

私も感慨深いです。
陸奥のしのぶもぢずり誰ゆえに
は好きな歌で
ついつい親しみを込めてとおるちゃんと呼んでいました。
その河原院が再度出てきたかと思うと
荒れ放題って何よ。
盛者必衰だなあ。

ん?
ちょっと待てよ、安法法師。
お前ねえ
みんな集めて自虐ネタで盛りあがっている暇があったら
綺麗に掃除しなさいって。
みんなも集まったんだったら掃除手伝いなよ。

うちのカミさんに知れたら、えらいことになりまっせ