[百人一首]73 高砂の~ 違うの?

高砂(たかさご)の 尾上(おのえ)の桜 咲きにけり
外山(とやま)の霞 立たずもあらなむ

遥かな山の峯の上の桜が咲いたよ
里近い小山の霞よ 立たずにいておくれ

来ました来ました
実家の家族全員が大好きな歌です。

高砂
兵庫県の加古川市で
昔は、加古川市の中でも隣の高砂市にごく近い「尾上の松」というところに住んでいました。
超地元の歌やん。

我が家の歴史を訪ねて
残念!
地元の歌だと思い込んでいたのに
百人一首シリーズを始めて新たに調べてみました

高砂も尾上も地名としての高砂と尾上じゃなく
一般名詞としての高砂と尾上
高砂は高い山、尾上は山の頂上らしい。

高砂やぁ~ この浦舟に帆をあげてぇ~~♪

謡曲『高砂(たかさご)』で有名な、高砂神社
超有名な歌枕なのになあ

高砂って、砂が小高くなっているいわゆる砂丘
高砂神社は海のそば
その一帯、海風を防ぐ防風林として松が有名。
だから、尾上の松

そして、第34首
誰をかも 知る人にせむ 高砂の
松も昔の 友ならなくに
藤原興風、誰をかも~
の高砂の松は、本当に高砂神社の松を詠っている。

高い山の上に砂なんて無いよ
岩ばっかり。

情景
文句言うのはやめて、歌に戻りましょう。

ということで、前半の
高砂の 尾上の桜 咲きにけり

は遠くて高い山に桜が咲いている情景

後半の
外山の霞 立たずもあらなむ
の外山って外というぐらいだから、遠くの方と思いきや、逆で
深山(みやま)に対する外山
手前側の山という意味。

桜は、里に近い外山から、咲き始め
徐々に、深山の方に移っていって、高砂の尾上に桜が咲き誇る時期になってくると
外山側では霞がたちぎみになる

その辺の時期的な変化を引っくるめて踏まえつつ
外山の霞たたないでね

さくらさくら、でいうと
♪弥生の空は 見渡すかぎり
かすみか 雲か
匂いぞ いづる……
という風情

すごいです
前半と後半を綺麗に分けて
対比を明確にし
時期的な変化を読むものにイメージさせる。

ただもんではありません。
文句言ってごめんなさい。

さすがは地元の誇り (違うって)

大江匡房
大江匡房(おおえのまさふさ)がただもんではないのは理由があります。

百人一首の作者の中では異色の存在。
学者さんなんです。

漢学者・詩文家として名高く、軍学にも長けていた

戦前は、学者と言えば大江匡房というふうに、学者の代名詞的に言われていたそうです

八幡太郎義家
あの八幡太郎義家(源義家)が、喫茶店(みたいなところ)で
友達といくさ話で盛り上がっていた。

近くでお茶していた大江匡房
聞こえてきた内容に、ついつい「兵法が分かっていないなあ」とひとりごとをつぶやいちゃった。

それを聞いた家来が、そのあと、義家に告げ口
義家は、なんだとぉ無礼者、となりそうですが、意外な行動に。

大江匡房のもとに行って、
弟子にしてください。

のちに永保の合戦で
群れた雁が田んぼに降りようとしたんだけど
なぜか降りず、群を崩して逃げ去った。

義家の頭に、匡房の教えがよぎる
伏兵のある時は、飛雁、列を乱す

隠れた敵を見破って見事勝利

お堅いの?
若い時、宮中の女房たちと同席

ああら、見て見て。学者さんよ。
どうせお堅いんでしょ
からかってみようかしら

匡房を近くに呼び寄せ、あずま琴を差し出す

良かったら弾いてくださらない?

(どうせ弾けるわけがない。
困った顔が見てみたいわ)

匡房はすぐに、歌で返した。

逢坂の 関のこなたも まだ見ねば
あづまのことも 知られざりけり
(逢坂の関より東には行ったことがないので
東のことはよく分かりません)

事と琴をかけたわけですね。

お姉さんがた、一本取られましたな。

[百人一首]72 音にきく~ ばあちゃんが好き

音にきく 高師の浜の あだ波は
かけじや袖の ぬれもこそすれ

音に聞く名高い 高師の浜の人騒がせな波は
心にも掛けますまい 袖も濡れましょうから

祐子内親王家紀伊
祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのき)は
平経方(たいらのつねかた)の娘
お兄さんが紀井守(きのかみ)だったので、きと呼ばれた。

紀伊と書いてきと読む
元明天皇の時、国名は漢字一文字はダメってなったので
伊をくっつけて、紀伊をきと読ませた。
もうひとつ、津は摂津と書いて、摂津ではなく、つ

和泉と書いていずみと読ませるのもその流れです。

艶書合わせ
この歌は艶書合わせ(えんしょあわせ)での歌です。

この頃は随分時代が変わってきています。

昔から、歌合わせというのはありました。
平兼盛と壬生忠見、和歌の対決の行方は?

そのゲーム的要素がどんどん強くなっていきます。

艶書合わせというのは
男女対抗です。
恋の歌のやり取りをして、どっちの歌の方が良かったか、勝敗を決める。

まずは、男性から
相手の女性に対して、こんなに愛してますよ、というお誘いの恋の歌
次に、女性
嫌よ、というお断りの歌

私も愛してるわ
の方が良い気がするんだけど
ほとんどがお断りのパターン

こんなに愛してますよ
っていったって
艶書合わせの場に来て
じゃあAさんの相手はBさんで、と始まる。

どうなんでしょうね

この時は、男性の方は29歳。
歌は
「人知れぬ 思ひありその 浦風に 波のよるこそ いはまほしけれ」
(私は人知れず、あなたを思っています。
浦風に波が寄るように、あなたに一夜、お目にかかって、
この胸の思いをうちあけたいのです)
荒磯(ありそ)の浦は北陸の有名な歌枕。
思いがありと荒磯をかけている
思ひありその浦風は
おそれ入谷の鬼子母神みたいなもんです。

そうきましたね
そっちが、思いありその浦風と来たら
こっちも浜で有名な歌枕、
高師の浜のあだ波、で返しましょう。
高師の浜は摂津の国の歌枕
波には波でどうだっ

音にきく、は「有名な」高師の浜と
浮気っぽいって噂に聞いてますよ、をかけ

「高」師は噂が高い
あだ波で、浮気

波がかかって袖が濡れるのは嫌です

浮気に泣いて袖を濡らしたくありません

見事ですね

紀井
この時、なんと約70歳

すごいぞ、ばあちゃん

老人ホームの看護師さんのカミさんに言わせると
それは、浮気で袖が濡れているんじゃなくて
要介護です。

おばあちゃん、また濡らしちゃったのね
着替えましょうね

この勝負、紀井

ばあちゃんに、一夜を共にしたいと持ちかけた
勇気ある男性は誰かというと
なんと、百人一首の選者、藤原定家のおじいちゃん、藤原俊忠

じいちゃんとばあちゃんの心温まる・・・
違う違う、俊忠はこの時は29歳

よっぽどこの歌を気に入ったんでしょうね
自分のじいちゃんが負けた時の歌を採用しちゃいかんでしょう。

[百人一首]71 夕されば~

夕されば 門田の稲葉 おとづれて
葦のまろ屋に 秋風ぞ吹く

夕になれば門の前の田の稲葉に音を立て訪れて
葦葺きの小屋に秋風が吹くよ

秋の3連チャンの最後です。

源経信
時代が大きくうねりをあげて変わろうとしています。

平安王朝の藤原の栄華が陰りをみせてきた。
道長や頼通・教通ら、藤原氏の実力者たちも死んだ
あの、紫式部も

頼通の娘たちは、道長の娘の様に、皇子を生むことが出来なかった。

源経信(つねのぶ)は、移り変わりの時期を象徴する第一人者と言えます。

源経信は、超ビッグ、藤原公任の再来とも言われる三船の才
承保三年(1076)秋、白河天皇が大堰川に行幸されたとき、
詩・歌・管絃三つの船を浮かべて、それぞれの道に堪能の人々を乗せられた。

藤原公任の時とシチュエーションは一緒ですね。

そこに遅刻していった経信

ひざまづいて
どの船でも良いから、乗せてくだされ!

どの分野でも私は専門家と言えますよ

という事で三船の才

でも後に、あれは自分が三船の才、藤原公任の再来だとアピールしたいがために
わざと遅れたんじゃないかと言われちゃっています。

この時、経信は61歳
その歳にしてそんなに血気盛んだったというのが良いですね。

そして

経信、3つの才だけではなかった。
勇猛果敢な武人だったのです。

こんな絵が残っています。

経信のところに鬼がやって来る。

経信は逃げ出すでもなく、追い払うでもなく、暫し歓談。
すると鬼は漢詩を吟じています。

それまでの時代の、庶民と解離した風流の世界に対し
最終的には、武士が置き換わっていく訳ですけど
この時は、経信の様に、今までの風流も超一流にこなしつつ
武芸をプラスオンしたひとがヒーローになっていくのです。

鑑賞
この頃、貴族たちは、都から離れた田舎っぽい山荘を建てて
そこで、まったり別荘ライフを楽しむ事が流行っていた。

この歌は、宇多源氏一族の持っていた源師賢の別荘にみんな集まり
田んぼ、山荘、秋を題材に歌を詠んで楽しんでいたときの歌。

三船の才らしく、一気に三つのお題を全て盛り込んじゃった。

門田とは、門の前に広がる田園風景。
さらに、訪れると音をかける事も忘れていない。

見事な情景詩。

ただ、経信が詠んだというところに
さらにプラスされた意味を感じる。

秋といえば、物哀しさを詠う。

でもここでの注目は「稲葉」
「稲穂」ではない。

まだ実をつけていないので
これから実りの秋を迎えて、さあこの後収穫だ
という秋の入り口

そこでは、物哀しさだけではなく
喜びの秋に対する期待感

秋風が吹き抜けて
ようし、これからやるぞ!

この「やるぞ!」が意味するところは
「ようし、この一帯をしっかり護るぞ!」
なんです。

単なる貴族と違い、農民が農業を営んでいる地域を護るという職業になる武士
元々は貴族だってそこから出発していたはずなのに
いつの間にか、農民たちとは別世界。

意識の面で、農民たちの側に近づいて行く。
そういう背景も合わせると、田舎に作った山荘
のんびりゆったりのつもりで最初は作ったかもしれないけど
実益も兼ねるようになったのかも知れない。

気になって百人一首を全て見返してみました。

田んぼの国、稲の国の大和の筈が
田んぼや稲を詠った歌は、実に飛鳥時代の第1首
天智天皇の
秋の田の 仮庵(かりほ)の庵(いほ)の 苫(とま)をあらみ
わが衣手(ころもで)は 露にぬれつつ
以来になります。

この後もないんですけどね。

やっぱりすごいです。藤原定家。
秋三部作で、三者三様の秋を並べ
最後には、

日本の秋は田んぼでしょ!

[百人一首]70 さびしさに~

さびしさに 宿をたち出でて ながむれば
いづこも同じ 秋の夕暮

あまりの寂しさになんだかたまらなくなって、
立ち上がってこの粗末な家から外に出て、あたりを見渡すと
どこも、同じなんだなあ、秋の夕暮れは

良暹法師
良暹法師(りょうぜんほうし)は素性もはっきりしていない
ただ、色々な歌集で取り上げられ、結構人気者だったかも知れません。
「袋草紙」という本にこういう話がある
源俊頼が友人と大原へ遠乗りに行ったとき、急に馬を降りた。

どうしたどうした
ここは良暹法師が元に住んでいた場所じゃないか
馬に乗ったままなんて、そんな失礼なことできないよ
そうだそうだとみんなも馬を降りた。

古今集にこんな歌がある
ほととぎす なが鳴く里の あまたあれば
なほ疎まれぬ 思ふものから

ほととぎすよ、お前が鳴く里が多いものだから
お前のことは愛しているのだけど、いやになるときもあるんだよ。

良暹法師はあるとき、ほととぎすを詠んで
宿近く しばしながなけ ほととぎす
今日のあやめの 根にもくらべむ

その時にいた懐円というお坊さん
へーえ、ほととぎすは長鳴くのかねえ。ホトトーと引っ張ってギースと鳴くのか

そこで良暹法師が
ほととぎす なが鳴く里の の歌を持ち出した。

そりゃねえ、長鳴くじゃなくて「汝が鳴く」おまえが鳴くってことだよ。
一堂大笑い。

わちゃー、やってもうた。
顔から火が出ます。
まるっきり長鳴くとばかり思っていた。

うさぎ追いしかの山~
をうさぎが美味しいと思っていたようなもんですね。

鑑賞
前回の能因法師から3つ、秋の歌が続きます。

秋の夕暮れ、は定番中の定番
枕草子でも、春はあけぼの、で秋は夕暮れ

後の 「新古今集」には、三夕の歌として知られる秋の歌がある。

寂しさは その色としもなかりけり 真木立つ山の 秋の夕暮れ 【寂蓮】
(寂しいのはその色のせいではない。山には青々した木が茂る、この秋の夕暮れよ)

心なき身にもあはれは 知られけり 鴫(しぎ)たつ沢の 秋の夕暮れ 【西行】
(情を解さない私でもしみじみとした趣がわかる、鴫が飛び立つ水辺の、秋の夕暮れよ)

見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ 【藤原定家】
(見渡してみると、花も紅葉もないことだなぁ、海辺の苫ぶき小屋の、秋の夕暮れには)

いずれも寂しさを美しく詠んでいる。
だけれども、これらの歌と、良暹法師の歌はなんか違う。

よくよく考えると
良暹法師の歌には具体的なものがなにひとつ出てこない。

百人一首を始めとした和歌の世界は、恋だったり、情景だったり

この歌は何だろうか
哲学に近いものすら感じる。

寂しい。いたたまれない。
世捨て人となって久しいのに、この寂しさは何だろう。

ああもうだめ。

外に出てみたのに
そこにあったのは秋。

あっちから、こっちまで
秋の夕暮れ

寂しさは同じ
世の中に一様に

寂しくても
良いのかも知れない
この世の中の寂しさと
同じ寂しさの中にいたのか

浸って
味わって
寂しさの中の一人