[百人一首]98 風そよぐ 定家のライバル

いよいよラスト3

風そよぐ ならの小川の 夕暮れは
みそぎぞ夏の しるしなりける

そよそよと吹く、ならの小川の夕暮れは、秋のような風情だけど
行われているみそぎが、夏のしるしだよ

従二位家隆
藤原家隆(ふじわらのかりゅう)
いえたかでも良いんだけど、藤原定家(ふじわらのていか)のように、かりゅうと読む方が一般的

定家と同時期の人で、定家と並び称せられる歌人
定家のお父さん、俊成に師事しているから
兄弟弟子とも言える

定家が激情型の性格であるのに比べ
家隆はおっとり型

後鳥羽院にとても気に入られたのは定家と同じだけど
定家が途中で、嫌われちゃったのに対して
家隆は最後まで、気に入られ続けた。

さらに、後鳥羽院が隠岐に流された後
定家が連絡を一切絶ったのに比べ
家隆は頻繁に文のやり取りをしている

気の良いおじさんって感じなんでしょうね

鑑賞
これ、背景を知らないと、勘違いしやすい歌

奈良にある小川だと思いますよね
違うんです。

京都の上賀茂神社

境内で、神域からの流れくる御手洗川(みたらしがわ)と御物忌川(ものいみがわ)が合流し、
楢(なら)の小川となって南方に下っていく

そこで、毎年、六月のみそか(最終日)に行われるのが「御禊(みそぎ)の儀」
六月祓(はらえ)とも言います。
今も続く行事で、今は5月とかにやるようです。

この歌は、屏風歌
藤原道家の女、竴子が後堀河天皇に嫁入りするときの、婚礼道具の屏風

季節ごとに36種類の絵が書いてあり
そこに和歌を書いた色紙が貼られる

六月に書いてあったうちのひとつが「御禊の儀」だったという事です。

あれ?
秋の気配を歌ったんじゃなかったの?
六月って

旧暦ってことです。
「御禊の儀」が行われるのは、新暦に換算すると、
8月の10日過ぎくらいでしょうか
立秋です。
昼はまだまだ暑いですが
夕暮れになると、多少風にヒンヤリ感が出始める
そんな微妙な、季節感を感じとり
目の前の「御禊の儀」を見て
ああ、やっぱり夏だったっけ
という歌

季節感
今年になって、花カレンダーを始め
二十四節気シリーズも始めてみると
季節感ということの本当の意味が分かってきました。

今まで、季節感と言えば、暑い、寒い、涼しい、暖かい
4種類だけ

365枚の自分で撮った植物の写真のためにどれだけ苦労しているか
自分で勝手に始めた事なんですけどね

そうすると季節って何なのかがやっと分かった

いつも通る同じ道でも
本当に、季節によって咲く花は入れ替わる
実がなり、葉が色づき、そして落ちる
去年までもそうだった筈なのに全く気づかなかった

初めて分かったのは、花って突然咲くということ
いつも通る道なのにいつも驚く
えっ
この花、ここに無かったよねえ

やって良かったと思う
豊かになったと思う
豊かな生き方って、お金とは全く関係無かったんだ

配置の妙
例によって、定家の配置の妙
最後から3つめに「季節の小さな移り変わり」の歌を置いた
百人一首には、季節の歌は数あれど「季節の小さな移り変わり」の歌と言えばもうひとつ
2.春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

持統天皇、最初から2番目

春から夏、で始まり、夏から秋、で終わる

もうひとつの配置の意味
家隆、面白い人です。
婚礼道具の屏風歌という大変名誉な歌を作るにあたり
ライバル定家に、批評を仰ぎに行っている

定家は、「名月記」という日記の中で

どれもぱっとしなかった
六月祓だけは、ましだったけど
と書いている

さあ、もうひとつの配置の意味

この場所、ちょっと意外です。
99首は、後鳥羽院
100首は、後鳥羽院の息子の順徳院
この2首は特別の意味があります。

紅白のトリから数えていく感じで
いつも自信満々の定家なら、その次に自分の歌を入れても良さそうなもの

どうもぱっとしない、とか口では言っておきながら
本当は、認めていたんじゃないか

自分にはできないあの生き方が
ひょっとして羨ましかったのかも知れない

後鳥羽院の隣という特別な席は
一切音信を絶った自分が座るべきではない

家隆さん
あなたこそがふさわしいよ

索引はこちら

[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


イヌホオズキ

[百人一首]97 来ぬ人を。藤原定家、その2

[百人一首]97 来ぬ人を 藤原定家本人の歌
の続きです。

百人一首
武士で歌人の宇都宮 頼綱(うつのみやよりつな)に頼まれたことがきっかけでした。
頼綱は、定家の息子である藤原為家(ふじわらのためいえ)のお舅さんです。

京都嵯峨にある、うちの小倉荘の襖に穴が空いちゃって
紙貼ってごまかしたんだけど
目立っちゃってね

いっそのこと、逆転の発想で
百枚くらい色紙貼ったら風流だと思わない?

良いですね、その考え方
そこに和歌とかさらさらっと書いてあったら、いとをかしですなあ

いやあ、さすが
定家さんならではの発想
となると、どうでしょう
そのさらさらっ、をお願いでけんやろか

前回、後鳥羽上皇から言われた「新古今和歌集」の事は言いましたが
後鳥羽上皇失脚後、今度は後堀河天皇から「新勅撰和歌集」を作るようにと
今度は、いつものような複数の選者ではなく、藤原定家一人だけ
責任重大

そんなふうに、仕事として、和歌を選ぶことはやって来ましたが
今度はあくまでもプライベート

キリの良いところで百枚かなあ
どうせだったら、別々の人で百人一首
小倉荘なので、小倉百人一首です。

百人で一首ずつ選ぶことぐらい
定家にとってみれば、おちゃのこさいさい、屁の河童なんですが
せっかくのお遊びです。

仕事でどうしても出来なかったことをやりたい

全体として意味のある作品にしたい

代表的歌人のそれぞれ一番良い歌という発想は仕事でやりつくした。
えっ、この人だったらもっと良い歌あるじゃない、と言われても良い
基本的に時代の古いものからほぼ順番に並べるとして
その順番、配置に意味を持たせよう
配置に絶妙の意味があります。

かるた
同時期にほぼ同じ内容の百人秀歌というのも出しているから
完全プライベートじゃなく
多少は、売ったろか、と欲を出している気もしますが
本人もまさかここまで人気が出るとは思ってなかったでしょうね

あまりの評判に
昔から宮中でやられていた、貝合わせに上の句と下の句を分けて書いた遊びとして採用され
大人気

江戸時代になって、木版技術が開発されたことで
かるたという発想に発展し、一気に庶民まで大人気になります。

鑑賞
お待たせしました。歌の鑑賞にまいりましょう。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや藻塩の 身もこがれつつ

待てども来ないあの人を待つ私は、
松帆の浦の夕凪に焼く藻塩のように
毎日、身を焦がれるような思いでいることですよ

松帆の浦はわが兵庫県の領土、淡路島の北端
夕凪は夕方、風がピタッと吹かなくなる時間帯
藻塩というのは、製塩という兵庫県の一大産業の昔のバージョンで
海草をじっくりじっくり焼いて、塩を取り出します。

「全体として意味を持つ」ということのサンプルみたいな歌。
おそらく自分の歌は早い段階で決めていたんじゃないでしょうか
これを最後から4番目に置く
とすれば、他は、こう配置しよう。

ひとつには、風

百人一首には、風の歌が多目に配置されています。
嵐だったり、そよ風だったり

だめ押しで、ひとつ前の公経の歌で
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

散々風を吹かせて、ここへ来て夕凪
ピタッと風を殺した。
それを象徴するように、藻塩を焼く煙が、細くまっすぐに立ち上る
静かにひっそりと立ち上る。

そして、次の歌で、また風を吹かせています。
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける

ふたつめは、主人公。

これは本歌取りです
万葉集の笠金村の長歌

名寸隅(なきすみ)の 船瀬ゆ見ゆる 淡路島
松帆の浦に 朝凪に 玉藻刈りつつ 夕凪に
藻塩焼きつつ 海人(あまをとめ)ありとは聞けど 見に行ゆかむ
由のなければ 大夫(ますらを)の 心は無なしに 手弱女(たわやめ)の
思ひたわみて 徘徊(たもとほ)り 我(あれ)はぞ恋ふる 船楫(ふねかぢ)を無み

松帆の浦に、藻塩焼く海女の乙女が待っていると聞くが
会いに行く方法もなくて、行きつ戻りつ恋うている
というような意味

ということは、主人公は若い女性。

古くから、この時代まで、結婚は通い婚
女性のところに男性が通うスタイルなので
待つのはいつも女性
今日は来ていただけるかしら
悶々とした気持ちで待つ
その気持ちを歌にして届ける

必然的に百人一首も、女性が閨(ねや)で待ちくたびれる歌が多くなる
待つのは適齢期の女性で、夜から明け方まで

正直、ああまたか、の感がある


定家は、そこをひっくり返した。

同じ、女性が待つ歌でも
こんな情景だって出来るんですよ、と

昼間に、
家の外で
少女が待つ

ひょっとして初恋

あの人が通り掛かるのをひたすらに待つ

経験が少ないから
辛い思いの処し方が分からない

朝凪からずっと待って、もう夕凪
真っ直ぐに上がる弱々しい煙

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


アツバキミガヨラン

花カレンダー始めました

[百人一首]97 来ぬ人を 藤原定家本人の歌

百人一首シリーズ

ながらく続けてまいりましたが、残り4首です。

いよいよ、百人一首の選者、藤原定家自身の歌になります。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや藻塩の 身もこがれつつ

待てども来ないあの人を待つ私は、
松帆の浦の夕凪に焼く藻塩のように
毎日、身を焦がれるような思いでいることですよ

藤原定家
「ふじわらのていか」でも「ふじわらのさだいえ」でも良いけど、ていかの方が一般的かな

83.世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
の藤原俊成(ふじわらしゅんぜい)の息子

和歌の世界では、神様のように思われている人。

和歌を社交の道具から、芸術として自立させるべく、
自分で作ることのみならず、評論や、指導やらと精力的に活躍した。

本人が書いたものしかないと、紙が朽ち、いつかはなくなっていく
印刷という技術がない訳だから
誰かが、これは優れた文学だと見いだし、書き写して増やしていかないと
後世に繋がらないし、広がりも持てない。

藤原定家は、書き写しも積極的にやった
特に源氏物語や土佐日記

定家ほどの大御所になると
自分が作ったものを発表するだけで良さそうなもんだけど
和歌を中心とした文学が好きで好きでたまらなかったんでしょうね。

『古今集』の歌風を尊重し、
その上にお父さん、俊成の唱えた「幽玄」をあわせる
そしてさらに、「有心」の美というものを説いた。

有心というのは、定家が名付けた、和歌の世界の概念で、歌に深いこころがあること。
「ことばは古きを慕ひ、心は新しきをもとめ、
及ばぬ高き姿を願ひて寛平以往の歌に習はば、
おのづからよろしきこともなどか侍らざらむ」

後鳥羽上皇
当時のトップ、後鳥羽上皇も負けず劣らず、和歌が大好き
二人は意気投合
後鳥羽上皇は定家に「仕事」をさせます。

『新古今和歌集』という和歌集を作らせる
密月時代です。

ところが
後鳥羽上皇は、あまりにも歌が好きだったために
あれこれ口を出すようになります。

最初はそこでの議論自体楽しかったんだけど
藤原定家は、すぐに引くような性格じゃなかったので
次第に、
こらっ、定家、言うこと聞かんかい

大喧嘩になってしまい、干されちゃいます。

それでも、定家の方からは
後鳥羽上皇に対する、尊敬の念は持ち続けます。

後鳥羽上皇は、そのあと幕府を倒そうと事を興して失敗し、島流しになっちゃうんですが
後鳥羽上皇大好き!は変わりません。

普通なら、後鳥羽上皇派の藤原定家は
一緒に冷や飯を食うところですが
ラッキーと言ったら良いんでしょうか
途中から後鳥羽上皇に嫌われていたので
世間的には、後鳥羽上皇派とは見られていない。

さらに、幕府派で強力な実権を握った藤原公経と親戚になったことで
一気に引き上げてもらえます。

そのあとも、ずっと後鳥羽上皇の事が気になっている定家
もちろん、幕府派ということで引き上げてもらったので
あからさまなことはできません。

ある計画をするんですが
その話は、後でまたする機会があるのでその時にね

藤原定家は1回で終わらせるのは勿体な過ぎるので2回に分けますね
明日は、百人一首ができた敬意と、込められた思い
そして、この来ぬ人をの歌について続けていきます。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ミズヒキ

花カレンダー始めました

[百人一首]96 花さそふ。出たっ、西園寺公経

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで
ふりゆくものは わが身なりけり

桜の花を誘って散らす、嵐が吹く庭に降り行くものは
雪ではなくて、老けていくわが身なのだったよ。

入道前太政大臣
百人一首シリーズも残りわずか
残りは超大物揃いです。

出ましたっ
藤原公経(ふじわらのきんつね)
きつねではなくきんつね
またの名を西園寺(さいおんじ)公経
西園寺家は公経から始まります。
ずっと時代があとになって、西園寺公望(きんもち)という総理大臣もいます。

西園寺というくらいだから、西園寺を北山に建て、自身その寝殿に住んだ
実に見事な寺だったらしい
いま京都の上京区高徳寺にある西園寺は、公経の建てたものではありません。
公経の立てた、西園寺は衣笠山のふもとにあった。
どこかというと、金閣寺の場所
その跡地を、足利義満が譲り受け、鹿苑寺を建てたので
金閣寺を見て、ああここで公経は寝泊まりしていたのかと想像するのも
全くの間違いではない。

藤原定家とはどういう関係かというと
パトロン
後鳥羽院の逆鱗に触れ、輝きを失っていた定家
承久の乱で後鳥羽院が流罪になって後
再び引き上げてくれたのが、公経
公経のお姉さんを嫁にもらって親戚にもなりました。

承久の乱で後鳥羽院がおかしな動きをしていることをいち早く察知し
幕府側に報告
公経自体は一旦捕まって、幽閉されちゃいますが
結局幕府側が勝ったので大手柄な訳です。

鎌倉幕府が源氏でずっと続くかと思いきや
第三代将軍、実朝が惨殺されて次の将軍は
武士ではなく、お公家さんから
藤原頼経、公経の孫です。

承久の乱ののちの京都政界は、公経によって再編成、統一されたというほど
栄華を極めるのです。

鑑賞
公経は歌人としても極めて評価が高い。
この歌は最晩年の作品

栄華を極めた藤原氏と言えば、道長が思い浮かびますね。
この世をばわが世とぞ思ふ 望月の かけたることもなしと思へば

この栄華は永遠に続くぞと

それに比べると、この歌はどうでしょう。

花が降りゆく、と、年老いるの古りゆく、をかけている。

古くから、花が散りゆく姿は、凋落を象徴する。

苦労して、ジェットコースターのような人生で
確かに今現在は栄華を極めているかも知れないけど

もう疲れたよ
良く頑張ったよ、俺

道長のような気分にはなれなかったんでしょう。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ヨモギ

花カレンダー始めました