[百人一首]90 見せばやな

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも
ぬれにぞぬれし 色はかはらず

見せてあげましょうか、私の袖を
松島の雄島の漁師の袖ですら
どんなに濡れても、色までは変わっていないのに

殷富門院大輔
殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)は
例によって、本名は分かっていません。
藤原信成の娘で、後白河法皇の娘、亮子内親王(後の殷富門院)に仕えた大輔ということです。
歌人として大変有名。
数多く歌うタイプで「千首大輔」と言われているほどです。

鑑賞
見せばやな、は関西で言うと、見したろか

雄島というと松島の雄島の事
京都に住むお嬢様ですから、仙台の松島に行ったとは思いがたいですが
いわゆる歌枕
雄島というと、歌の世界では、はいはいはいと通じる訳ですね

あまって、海女だけじゃなく、当時は漁業関係者全体を指しますから
普通に考えると、漁師って事になるんですが
女性が詠んでいるという事も考え合わせれば
海女をイメージしても良いかもしれません。
海女は袖どころじゃなく全部濡れますけどね

袖だにも、って言っています。
袖ですら。
てことは、比較対象先があるって事です。

松島や 雄島の磯に あさりせし あまの袖こそ かくは濡れしか
(あなたに冷たくされて、私はこんなに泣いています。
松島の雄島の磯で漁をする者の袖でも、これほど濡れていないでしょう)

こういう歌があるんですね
いわゆる本歌取りって手法です。

皆さん知ってますよね、ほらあの「松島や」の歌、って訳です。
本歌取りの場合は、同じことを歌っては意味がありません
元はこうですよね
でも、今回はね

さあ、何が違うのか
色です。

元は色は変わっていませんよね、濡れただけ
今回はね、濡れた上に色まで変わったのよ
ほらほら見てちょうだい、な訳です。

ここで、もうひとつ前提知識が必要になります。
漢詩です。
漢詩の世界では、女性が男性にひどい目に会わされた場合
血の涙が流れます。

ここまで分かっている人は、なるほどとにんまり

漢詩というのがすごい点で
当時の女性は紫式部や清少納言クラスにならないと漢詩には精通していない。
漢字は男性、女性はかな、という大まかなイメージね

この歌が披露されたときは
ほおおおっ
と大きな賞賛の声をあげた事でしょう。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


花カレンダー始めました

[百人一首]89 玉の緒よ

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
忍ぶることの よわりもぞする

わが命よ、どうせなくなってしまうのであれば
すっぱりとなくなってしまっておくれ
生き長らえてしまうものなら
秘めた恋を隠しておく力が弱ってしまい
どうなってしまうか分からないから。

式子内親王
後白河天皇の次女です。
斎宮になるのですが、病弱で、斎宮の職を解かれます。
斎宮って何かは後でね
激動の時代に飲み込まれ
とても不運な人生を歩みます。

特に、身内の不幸が立て続けに続く。
叔母さんの八条女院の病死に辺り、呪いをかけたのではないかと疑われたりもしている。
全く意味不明ですが、本人かなりダメージを受けたようで、出家してしまいます。

歌人としてはかなり優秀。
名歌を多く残し、三十六歌仙に数えられています。
歌の先生は藤原俊成。藤原定家のお父さんですね。
そんな事から藤原定家とも仲良しです。

鑑賞
百人一首の人気投票をすれば、必ず一位か二位に入る超人気の歌だそうです。
気合い入れましょう。

玉の緒は命の事です。
元々は数珠のように玉を結んで繋げる紐の事ですが
昔は心と体は紐で繋がっていると考えられていたので
玉の緒が切れると死んでしまいます。

たおやかですね
今後は
わちゃー、死ぬかと思った
と言うときは
玉の緒切れるか思った
と言うことにしましょう。

どうせいつかは切れますね
じゃあもう切れても良いですよ
いえむしろ死にたいです。
死んでしまった方が良いんです。

この時期の例に漏れず
題詠ではあるのですが
おそらく本音でしょう

悟られてはならない禁断の恋
情念です。
天城越えの世界です。

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば
昔はものを 思はざりけり

の相手、雅子内親王

今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを
人づてならで いふよしもがな

の相手、当子内親王

いずれも哀しいドラマになります。
どうにかならんのでしょうか、この斎宮という制度

内親王、平たく言うと天皇の娘は特に
斎宮という神職につく場合が多い

一定期間の職で、その期間は全て神様のためにのみ尽くす。
その時は結婚も、おそらく恋愛も禁止

決まり的には、その期間が終われば無罪放免の筈なんですが
前の二つの歌の例でも、結婚禁止が重くのしかかるようです。

式子内親王も斎宮は終わっているので
問題ないはずなのに
どうも、すっきり自由恋愛って感じにならない。

お相手、藤原定家との年齢差もあるんでしょうか
家柄的には藤原定家だと申し分ない気がするんですが

えっ?そうなの?
あくまでも噂
諸説ありましてね

仲は良かったとしても式子内親王は14歳も歳上ですから
どうなんでしょう

ずっと後に作られた能の「定家」でそういう設定になっているので
藤原定家恋人説が定着しちゃいました。

命かけて秘め事を守り続けた訳ですから
真実が分かるわけないですもんね。

でも、もし本当だとして
藤原定家が百人一首に、この歌を選ぼうと思ったときの心の動きは
想像すると、何とも複雑ですね。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)

[百人一首]88 難波江の

難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ
みをつくしてや 恋ひわたるべき

難波江の刈られた芦の根の一節のような
短い一夜の仮寝のために
この身をつくしてあなたを愛し続けなければならないのでしょうか

皇嘉門院別当
皇嘉門院別当は、皇嘉門院に使えた「別当」という役職の人という意味
皇嘉門院とは藤原聖子、せをはやみ、のあの鬼になった崇徳天皇の奥さんです。
本名は分かっていません。
かなり活躍した女流歌人なんですが
それでも名前が分からないんですね

今、「課長」とか呼ぶとしても名前分からんて有り得ないけど
当時はおそらく記録に残っていないというだけじゃなく、
自分達も皇嘉門院別当とか呼びあっていたのかな
寂しい

源俊高の娘というのは分かっています。

鑑賞
難波江とは、今は埋め立てられちゃって、オフィス街の真ん中(大阪市中央区)あたりの湿地帯
澪標(みおつくし)とは船が入り江を航行する上での目印となる杭のことで
現在、大阪市の市章にもなっています。

大阪市のみなさん
この札をおはこにしましょうね
なんなら、下の句の札の右上にこのマークを書いておいても良い

この歌は、九条兼実の開催した歌合わせで、「旅宿に逢ふ恋」というお題で詠んだもの
行きずりの旅の、一夜限りの契り

良いとこのお嬢様ですのに、よろしいんでしょうか
そんな破廉恥な

おっしゃっている意味が分かりませんわ
とか良いつつ
ばんばん技巧を駆使します。

難波江に生えている芦の「刈根」と「仮寝」
その根っこの一節(よ)は短いんだけれども
その短さからたった一夜にかける
澪標は「身を尽くし」

愛し続けなければならないのかしら
って、もちろん忘れたって全然良いわけですけど
それじゃ歌になりませんね

ああつらい
つらいけどちょっと嬉しい

女心、分かってらっしゃいます。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)

[百人一首]87 むらさめの。の続き。感動のコメント

昨日、村雨の、の記事を書きました。
村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

すると、以下のようなコメントをいただきました。

「霧たちのぼる秋の夕暮れ」ってあるけど、霧が時間的経過を経ると「白くなる」のかな?
それと「白秋」、たしか五行だったかの秋=白を効かせてるの?

おっしゃっている意味がいまいち理解出来なかった
白秋?
五行?
西行の親戚やろか
ちょっとググッてからコメント返そうとgoogle先生で検索してみました。

白秋
白秋で検索すると
予想通り北原白秋の事ばかり

うーん、そうじゃなくって

「白秋とは」
に変えてみました。

辞典がいくつかヒットして

秋の異称。素秋 (そしゅう) 。
とか
季節の「秋」を示す言葉。転じて、生涯において人間的に落ち着き深みの出てくる年代、主に中年期を指す語として用いられる。

そんな中で
教えてgooの回答の中にこんなのが

東に相当する色が青、季節が春。
南に相当する色が朱、季節が夏。
西に相当する色が白、季節が秋。
北に相当する色が玄、季節が冬。
それぞれの色と季節を合わせて、
青春、朱夏、白秋、玄冬と呼ぶのだとか。

キターーッ

頭の中で全てが繋がりました。

五行やん
大好きな五行に対して
西行の親戚はなかろうに

[巫女さん入門] 五色布って何?
で、色の意味合いを説明しました。

その中で

4というのもおさまりが良い
春夏秋冬
東西南北
朝、昼、夕方、深夜

と言っておきながら

この四つの色が東西南北と結びつきます。
東=青、南=赤、西=白、北=黒
これが発展して、四神になります。
「東=青龍」「南=朱雀」「西=白虎」「北=玄武(亀)」

までで
春夏秋冬に結び付けていなかった。

青春と白秋か
人生の時期にも結び付けて
東から日が昇るから青春で
我々のように「お年寄り」の入口に立っていると
日が沈んでいく西で白秋

青春と白秋の同居
この歳になって
特に私は、波瀾万丈の人生を送って来たということもあって
つくづく実感することがある

この前、久米広がラジオで言っていたけど
昔は、60歳ともなると
茶をすすりながら
婆さんや
とか言っているんじゃないか、って思っていたけど
自分が60歳過ぎてみると
婆さんや、なんて言うわけないやん、って

全く同感

青春真っ只中!

毎日が楽しくて楽しくて

この前、長女が言っていた。
人生ホントに楽しい。
楽しくない時がない。

すごいでしょ、うちの長女

でもね
私もそう

確かに朱夏ではない
怒濤の人生の
仕事ばっかりで
この世の中に私の足跡を残してやるんだ、と息まいていた
あの頃とは違う

夢を持って、とかとは違うんだけど
やっぱり思う
今のこれ、青春でしょ。

一方で白秋も分かるようになった。

仏像だの神社だの百人一首だの
あー、辛気くさっ

自分がそんなものに興味を持つなんて思っても見なかった。

白秋と朱夏って無理だけど
白秋と青春って同居出来る

その思いでもう一度、村雨の、を読んでみる。

村雨の
村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

村雨って秋に限定した、短期間でどどっと降ってさっとやむにわか雨の事だから
勿論秋なんだけど

その降り方からして、朱夏を象徴しているんじゃないか

露が乾かない訳だから
怒濤の日々も懐かしく
それはそれで誇らしく思っている

そして、出ました
真木、即ち常緑樹の緑
昔は、緑と青は一緒ね。

青春は継続している。

ほんの少しではありますが
この緑に違和感があったんです。

秋の定番紅葉の錦を否定するのは分かる。

例えば、貴乃花に対する若乃花

弟、藤原定家は紅葉の錦
自分はそっちはどうも合わないと出家

でも、自分だって怒濤の朱夏、村雨の、横綱の時期はあった。

ここまでは良いとして
緑じゃなくても、黒だって可能だと思ってたんです。

色とりどりの水彩画の世界に対しては
雪舟の水墨画の白黒の世界

例えば葉が全て落ちきった林を指すならそうなる筈

何で敢えて、それをせず
「緑」に白を重ねたのか

青春と白秋の同居を実感していたんじゃないだろうか

「楽しくない時がない」白秋

どうだ、貴。
どうだ、定家。

霧立ち上る秋の夕暮れ
で、どうだっ

コメント
改めて、コメントって嬉しいな

白秋って視点は全くなかったなあ
若干違和感のあった緑にまで、大きな意味付けができた。

彼の人生として、どうしても緑に白じゃなきゃいけなかったし
私の人生としても、緑に白で、ゴゴーゴー

あんまり感動したから
ご本人に了解を得て
引用させてもらっちゃいました。

色んな人から色んなコメントいただけるたびに
ああ
ブログやってて良かったなあ、って思う

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)