[百人一首]53 嘆きつつ~。じめじめチャンピオン

百人一首シリーズ
第53首に入って参りました。

このあたりから、有名人が目白押しになってまいります。

嘆きつつ ひとりぬる夜の 明くるまは
いかに久しき ものとかは知る

私が悲しみに嘆きながら、独り寝で過ごす夜が明けるまで
いかに長いか、あなたにはわからないでしょうね。

右大将道綱の母
道綱の母は超有名人。
蜻蛉日記の作者なんです。

でも名前が分からない。
藤原兼家との間に道綱をもうけ
「道綱の母」と呼ばれている。

幼稚園のママ友の間で
〇〇ちゃんのママと呼び合う感覚でしょうか。

それにしても、そんな有名な文学を残しておきながら
〇〇ちゃんのママ、しか分からないって本当かなあ
蜻蛉日記には作者の名前って書いてないんでしょうね
印税はどこに入るんだろう。

兼家は歴史上有名な大物政治家。
道綱の母は家柄的には大したことないので
玉の輿ではある

かなり美人で文学的才能も超一流。

兼家はとっても女性が大好き。
高貴なお方から、庶民まで幅広くまめに付き合う。

当時の結婚のシステムが基本的に通い婚なので
せっせと色んなところに通う。

正妻とか側室とかの区別なく
全員対等。
道綱の母もその中のひとり。

もちろん一人に決めてという男性もいるけど
兼家は、ひとりの女性も自分の家にはあげていない。

そういう社会的風習と、兼家という典型的な男性がいて
蜻蛉日記が出来上がります。
この歌もね。

恨み辛みを赤裸々に書き、大勢の女性の共感を得て
大ベストセラー。

詞書(ことばがき)
この歌がどういう時に書かれた歌かという解説、詞書が
二種類の文に残っています。

ひとつは「拾遺集(しゅういしゅう)」
夫の兼家が訪ねてきたとき、彼女は門を開けようとしない
兼家が「待ちくたびれた」
それを聞いた彼女が詠んだ歌。

ちょっと
それは私のせりふでしょ
って感じかな

もうひとつ、解説がある
そうです。
本人の書いた「蜻蛉日記」そのものです。

すなわち、拾遺集に書かれている解説は
蜻蛉日記に書かれている背景を読んで
多少ソフトに加工した。

真の背景
兼家との間に息子が誕生して間もない頃
彼女は、兼家に新しい女性が出来たことを知る

兼家が他の女性に宛てた恋文を発見した。

兼家、脇あまっ!

そのあと、自分の家に来たとき
今日は用事があるので早めに失礼。

さては

尾行して確かめると案の定。

さあ、大変

次に来たときに、戸は全く開けなかった。
「待ちくたびれた」
どころじゃない。

そして、そのあと、枯れた菊と一緒に送りつけたのがこの歌。

恐ろしいーっ

蜻蛉日記ってそういうじめじめ話がいっぱい書いてあるらしい。
これがまた、当時の女性たちに大受け

こりゃまた恐ろしい。

愛情
読んだわけではないけど
田辺聖子さんによると
蜻蛉日記を読んで分かるのは
彼女が、兼家をひたすら愛していたということ

独占欲が極端に強く
キッつい性格だったけど

そして、兼家も彼女を愛していた。
他の女性も、なんだけど

ああ大変

ほんと、うちは良かったなあ。
カミさん一筋だから平和。

ひとつだけ問題があって
カミさんが私に愛情を持っていない。

たったそれだけ。

家庭内片想い。

[百人一首]52 明けぬれば~

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら 
なほ恨めしき 朝ぼらけかな

夜が明ければ、また暮れる
暮れればまた会いに来れる
分かってはいるが
今、この帰らなければならない
朝が恨めしい

鑑賞
後朝(きぬぎぬ)の歌ですね

後朝の歌というのは
初めて男女が想いを遂げた翌日の朝すぐに
男性から女性に贈る歌。
絶対に贈らないといけないと
法律で決まっている訳ではないけど
贈る人が多いとなると
贈られなかった女性からどう思われるか、恐怖なので
これはもう必須。


みんなが贈るとなると
どれだけ早く贈るかが、情のあるしるしとなるから
かえったとたんにすぐに女性のもとへ歌を書いて使わす必要がある
もう大変。

なぜそうなのかというと
当時は一組の男女が一緒に暮らすという結婚のスタイルではなく
夜に男性が女性のもとに通う、通い婚。

だから、朝になると帰らないといけないと
朝を恨んでいるわけですね。

その背景さえ分かれば
歌自体はストレートで、技巧に走っているわけでもなく
現代人にも分かりやすいですね。

藤原道信
藤原道信はみんなに好かれる
愛されキャラだったようです。

でも、この人もまた短命。
わずか23歳でこの世を去る

彼が死んだ年は天然痘が猛威をふるった年なので
おそらく同様に天然痘だったのではないかと思われる。

道信には悲恋の経験がある

相手は婉子女王(えんしじょうおう)
有名な美人で、14歳で花山天皇の女御になったんだけど
二年後に花山天皇は譲位して仏門に入っちゃう。
16歳で宮中を退出することに。

さあ、男たちの目の色が変わります。

熱心に言い寄ったのが
道信と藤原実資(さねすけ)

実資は道信より15歳も年上の大人の男性。
社会的地位があって大金持ちで、頭が良くて、気骨と手腕に恵まれた政治家。

ちょっと無理かな

ついに、婉子女王は実資夫人に

でもね
通い婚なので
すぐには気付かない。

随分たってから、風の噂で聞く

凍り付いてしまいそうなショック

うれしきは いかばかりかは 思ふらむ
憂きは身にしむ 心地こそすれ
(恋を得た人はどれだけ嬉しいことでしょう
それにひきかえ、私の辛さは身にしみます)

ただ、そのあと、婉子女王も
27歳の若さで死んじゃうんですけど。

[百人一首]51 かくとだに~ 面白くてちょっと変

かくとだに えやはいぶきの さしも草
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

こんなにきみを愛していると いえればいいんだけど
とても口に出してはいえない
まるで伊吹山のもぐさのように
くすぶって燃える思いを
きみはちっとも分かっていないだろうね

藤原実方
藤原実方(さねかた)には、不思議な逸話や伝説が多く残るいっぽうで不明な点が多い。
歌人としては著名だった。
その死因に関しても、
神様の前を馬に乗ったまま通過しようとしてその怒りにふれ、
落馬したというつくり話めいたものだ。
さらには死後、雀になって清涼殿に飛んできた
などという説話まである。
かの清少納言と親密な関係にあったといううわさもある。

鑑賞
かけことばで張りめぐらされた掛詞や縁語は、まさに技巧のデパート
「かくとだに」は「こうだとすら」の意味。
「もゆる思ひ」の「ひ」は「火」にひっかけており、
「燃えるような思いが口に出せない」とつながる。
それにくっつく「いぶきのさしも草」とはいったい何なのだ?
となるが、ここにはアクロバットな技巧が隠れている。
「さしも草」はお灸に使うもぐさ(ヨモギ)の原料で、
もぐさの産地が伊吹山(岐阜県と滋賀県の中間)。
これで、「いふ」と「いぶき」に掛けているのみならず、
あとに続く「さしも知らじな」(君はそんなこと知るはずないよね)
という響きを導き出す仕掛けにもなっているのだ。
口ずさんでみると、つらなっていく語感がじつに心地よい。
掛詞とはいえ、お灸のもぐさがなぜ恋文に? と思うかもしれないが、
もぐさがじわじわと燃えていくさまを、
「もゆる思ひ」という切ない恋心になぞらえた縁語の技法が、
見事に効果を発揮している。

藤原行成との確執
藤原実方って、面白いけどちょっと変な人

殿上人たちが東山のほとりで花見をしているとにわかに雨が降ってきた。
桜狩 雨は降りきぬ 同じくは 濡るとも花の 蔭に宿らむ

すぐに歌っちゃうのね
春雨じゃ濡れてまいろう、って感じ?

ところがその日の雨はどんどん強くなり、どしゃ降り状態に
みんな、早々に引き上げるなか
一人だけ、傘も指さずに立ち尽くす。
濡れた雨を絞れるほど

大体、短歌の世界って「お約束」な訳で
そのまま実行する人はそうそういない

その行動が評判になり
蔵人頭(くろうどのとう)の藤原行成という人の耳に入った。
なるほど。歌は面白うございますが、実方のふるまいは感心しませんな

おっしゃるとおりですね
私は嫌いじゃないですけど

この行成さん、かなり有名な歌人

逆に、こう言われたことが、実方の耳にも入る
いまいましい奴め

そのあと、時を経て
二人が出会う
元々快く思っていない二人
ちょっとしたことで口論になった

恨みはらさで置くものか
ついつい、実方、手が出ちゃいます。

行成の冠を笏(しゃく)でうち落として庭へ捨てちゃった。
すわ 取っ組み合いか

このとき行成は少しも騒がず、
人を呼んで冠を取らせ、頭へかぶると、
やおら守刀におさめてあるを抜きとって鬢をつくろい、
さて居直って実方に向かい、

これはこれはご乱暴な。いかなる咎で、こういうお仕打ちを受けますのか、
後学のためにとくと承りたい

とおだやかにいった

一枚も二枚も上ですな

実方、いたたまれずに退散

間の悪いことに
一部始終を、主上に窓から見られちゃっていた。

行成にお褒めの言葉

実方は、今の東北地方、陸奥(むつ)のくにに左遷されちゃった。

ところが、呼びつけられて、キツーイ一言かと思いきや
みやびなお方は、どこまでも違いますね

陸奥の歌枕を見てまいれ

[百人一首]50 君がため~ 明日をも知れぬ命

君がため 惜しからざりし 命さへ
ながくもがなと 思ひけるかな

あなたのためなら、捨てても惜しくはないと思っていた命でさえ、
会えた今となっては、
できるだけ長くありたいと思うようになりました

藤原義孝
藤原義孝(ふじわらのよしたか)は摂政・藤原伊尹(これただ)の三男。
歌才と美貌は父ゆずりであったらしい。百人一首には父とならんで入れられている
45番・謙徳公
あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

伊尹は時の帝、円融天皇の伯父であり、東宮(のちの花山帝)の祖父であり、摂政
大鏡には「世の中は我が御心にかなはぬ事なく」
なんだかすごい!

その御曹司
母方の家柄もすごくいい
一つ年上の兄、挙賢(たかかた)は少将になっていて、弟の義孝が入れ替わりで少将になる
兄が前少将、弟が後少将と呼ばれた。

家柄、仕事、財産。全てバッチリ。
それに加えて超イケメン
歌もいけてる。
あかん、そんなに揃ったら。
モテない筈がない。
性格は悪いやろ

ところが、一番良いところが性格
モテモテのくせに、うわついたところがない。
仏教に熱中していて、ひたすら信心。

あるとき、そんな義孝が何を思ったか、いわゆる女子会の席にぶらりと立ち寄った。
女たちは大興奮。義孝もいつになく饒舌に楽しくおしゃべり。
じゃあ遅くなったのでこれで

あら帰っちゃうの?
女たち、残念!

どこに行くんだろう。
気になって仕方ないので尾行します。

朔平門から出、法華経を尊く誦じつつ、大宮を北へ、氏寺の世尊寺に着いた。
東の対の軒の紅梅の下に立ち、「滅罪生善 往生極楽」と西に向かって何度も拝んでいた

そう来ましたか

その時の月明かりの下でのお姿
美しかったわぁ
と、後々までずっと語り継がれる。


そんな百点満点のはずの義孝が、どうしても手に入らなかったのが健康。
天延二年(974年)
二十一歳の若さで亡くなってしまいます。
何と同じ日にお兄さんも亡くなるという悲しい結末です。
これを聞いて、この歌から受ける印象が大きく変わりました。

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のエピソードを聞いたときの印象と一緒かな。

雨ニモマケズって、それまでは頑張り屋さんの詩かなと思っていた。
戦時中に、そういう使われ方もしたらしい。
でも全く逆だった。
結核で亡くなる二年前
何も食べられなくなって、立てなくなって
風が吹いても立っていられるようになったらどんなに良いだろう
昔のように玄米四合食べられたら
そんな病気を治したい、こんなことをしたいリストを単に手帳に書いた
全く発表予定のないもの
詩ではない。
それが分かって、一行ずつかみしめながら読んだら
無茶苦茶感動します。
今度、ちゃんとこれについて書きますね

話を戻します。

君に会いたい
会えるなら死んでも良い
でも会えちゃった。
前言撤回
やっぱり何度も会いたいから長生きしたい。

うん、ありがちありがち

そう思ってた。

流れとしてはそうかも知れないけど
それぞれの重みが全く違ってたんですね。

本当に死に直面していた。
死ぬまでにせめて一度だけでも
もし会えたらもう思い残すことはない。
そう思っていたなあ
会えた今でも気持ちは変わらない。
次に会えるときまでに生きていられるだろうか
何とかならんのか、この命
会いたい
それだけ
ああ、やっぱり生きていたいよ。

もがな、の願望の三文字
たった三文字だけどこんな気持ちが全部つまっている気がする。