相田みつを美術館に行ってきました。

相田みつを美術館に行ってきました。

その経緯はこちら
丸の内をふたつのテーマで歩く

相田みつを美術館
すみません。写真は写して良いんでしょうか

作品については、ご遠慮いただいています。
館内の様子とかは大丈夫です。


これは大丈夫。

まず、井戸が出迎えてくれます。

中を覗くと、文字が書かれるところや、水や、色々入れ替わる

さあ、順路に従って

面白い白板がありました
水を含んだ筆でそこに文字を書くと、黒く浮かび上がってきます。
乾くとまた消える

ありました。
あのお馴染みの文字

(パンフレットから)

何年前かなあ
心にずしんときて
詩集を買って。

今もどこかにあるはずだけど
どこなんだろう。

中学の頃から詩が好きだった
手帳サイズのノートに書きためて、200くらい
その内、曲までつけたのが50くらい

私は基本、芸術は抽象的な方が感動するタイプなので
詩でも絵でも映画でも。

そういう意味では好きなタイプの詩ではないんだけど
新しいジャンルなのかとも思う。
まあ、良いや
こんなに分かりやすくて、ドンと来て、等身大
名言、のような説教臭さもない。
自分にとって良いものは良いんだから。

相田みつを美術館は、息子さんがやっておられて
作品ひとつひとつに息子さんが、それにまつわるエピソードを書いておられる。

「良く誤解されるんですけど」
と書いておられて
展示してあったのが、般若心経
習字のお手本のような綺麗な字

伝統的な、通常の書家として食っていけそうにはなったんだけど
疑問が沸いちゃった

お手本があって書き写す
勿論、そこに自分流の表現というのは入ってくるんだけど
やっぱり、なんか違う。

自分で書きたいものを自分で考えて
それを書にする
それを人が詩と表現するなら
それは詩なのかも知れないけど

音楽で言うと
シンガーソングライターみたいなもの

そうすると、書体が変わってきた

さっきの
つまづいたっていいじゃないか
にんげんだもの
は、同じもので、32歳の時と50過ぎの文字が展示されているんだけど
やっぱり文字が違う。

以前どこかのおじいちゃんが新聞かなんかに投稿していた。
相田みつをっていうのは、とても良いことを書いています。
字は下手くそだけど。

笑いましたが
そう思うかもね

展示してある書で
今の私にずんと来るものと来ないものがある

昔はこういうの、響いていたなあ
でも、今の自分としては、こうは思わないんだよなあ

そういう今響くものを書き留めたくなった。

写真を撮るのはダメだと言われたから
文字で書いておこう。

タブレットを開いて
文字を打ち始めた

しばらくしたら、スタッフの人がやって来た。

あっ、書いてもダメなんですか。

打ち込むのはご遠慮いただいています。
その代わり
ボードと紙と鉛筆をお持ちしますので
そちらにご記入ください

なるほど、入口のところにボードと紙と鉛筆があったのはその意味か

書き留めました。

それを、買ってきたハガキや、図書館で借りた本等から引用して書を掲載します。
私が今響く書

最後にショップがあるんだけど
そこで買ったメガネ拭き

これが一番かなあ

しあわせ
何度も、言い方を変えつつブログで書いています。
私は、今、やたらめったら幸せ

3年前から、急にそうなりました。

そういう意味では
相田みつをの
〇〇しないといけないと思うんだけどなあ
できないわたし
のパターンは
そうだよなあ、とは思うけど
昔ほどは響かなくなったのかも

出来るようになったわけじゃないんです。
〇〇しないといけない、と思わなくなったし
出来なくても全然気にならなくなった。

人間としてあるべき姿、みたいなものに
興味がなくなった、っていうのかなあ
「良く生きる」みたいなことに頑張って
心が疲れるんだったら

自分が楽しいと思えることばかりをやっても
それほど批難を浴びないってことが分かってきた。

ブログも、ウォーキング同好会もそう。
自分が面白いと思うことだけを
調べてまとめて書いて、
ウォーキングイベントで、喋りまくる

一人でしゃべってばかりで、何だよあいつ、って思われるんじゃないかとか
途中にそう思ったこともあったけど
その辺は、吹っ切れた
イベントで喋りまくるのは、とても楽しくて止められない

根っから「出たがり」なんだなと心底分かった
ブログもそう

やたら楽しい楽しいとはしゃぎまくっているおじさんのブログ。
鼻につく、ってひとはいるでしょうね
でも3年もやってれば
そういう人はもう読まなくなっていて

いつもはしゃいでて、バカだなあとは思うけど
そういうでーこんは嫌いじゃないよ
って人が読んでくれている気がする
いただけるコメントでそれが分かる。

幸せなんです。
毎日が。

波瀾万丈で、波風ばっかり起こして
みんなに嫌われて
会社もいっぱい首になって
世の中を変えてやるんだって力んで。

でも、そういうところに幸せはなかった。

その時々は楽しいと思っていたんだよ
でも、今のこの尋常じゃない楽しさを味わっちゃうと
あの時自分は本当に楽しかったんだろうかって思っちゃう。

でーこんらしい詩をいくつか作ってみました。

じぶんひとり
たのしくっても
いいじゃないか

楽しい
ただそれだけ

前向き?
良いんじゃないかな
どっちでも

ゆったりと
生きる

なにも目指さない

こころそのままに

迷ったらゴー
はい、解決

心配ごと?
うーん
忙しくて
それどころじゃない

人の事なんて気にならず、平穏無事に生きている
でもね
どうにもこうにもならないことが、1年ちょっと前にあったんです。
とても嫌な奴が職場にいた
直接私に仕事の指示をするサブリーダー
人人具足
彼は彼で問題なし
って思おうとしたけど無理だった
随分頑張ったし、悩んだけど
「良く生きる」ことより「楽しく生きる」ことを選んだ

彼から逃げた

その時の会社を辞める必要があったけどね。

うまくやろうと努力はする
でも、どうしてもダメだったら
逃げれば良い
一生を精神鍛練に費やすには勿体ない

この最終手段を手に入れたのは大きかった
だから、今も、このあとも幸せいっぱい、って言い切れるんです。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

丸の内、古地図散策、その2

丸の内を古地図で散策
丸の内をふたつのテーマで歩く
その続きです。


棚倉藩主、松平康英(やすひで)(松平周防守)は外国奉行兼神奈川奉行
文久遣欧使節(文久元年1862年)で、実に250年ぶりの正式な欧州訪問の副使として渡欧している

■和田倉門、そしてその先に和田倉噴水公園、
この辺り何回か来ているのに、ちょうど和田倉噴水公園だけは行ったこと無かった

うわあっ
噴水だぁ

思った以上でした
噴水公園というくらいだから、噴水があるのは予想していましたが
こう来ましたか
アートだったんですね。
これは良い、とても良い

■辰の口
和田堀から道三堀に流れ込むところ

■評定所
江戸の裁判は管轄によっていくつかに分かれていた
町奉行、寺社奉行、勘定奉行
それぞれの管轄内で解決すればそれで良いけど
町人と武士の間のトラブルなんかはどうするの?
もうひとつ上の組織が必要ですね
三奉行と老中1名で構成されたのが評定所です

■伝奏屋敷は、武家伝奏または勅使の宿舎として江戸に設けられた屋敷です。
武家伝奏は、朝廷に置かれた役職で、毎年三月上句、年頭のあいさつに江戸に来ますが
その時に泊まるのが、ここ。
滞在中にお世話するのが、勅饗応役を命じられた大名

さあ、クイズです。
この勅饗応役を過去に勤めた大名で有名なのは誰でしょう


浅野内匠頭

お迎えする作法はどうするんでしたっけ、吉良先輩

さあ、どうだったかのう

ちゃんと教えろ、ってキレちゃったのが松の廊下ですね。
何と事もあろうに、いよいよ本番の勅使が来るというときに
城の中で、切りつけちゃったもので
将軍綱吉も、大事なお客さんが来るときに何すんの、と頭に来て
即、切腹なんですね

さらに行きましょう

■御作事方
作事方は、今で言う建設省
実はちょっと前の地図では、御作事方、御普請方、小普請方の三つに分かれている
なかなかこの組織がうまく機能しなかったようで
御作事方に統合されたようです。
江戸時代にも、行政改革が行われていたんですね

■小笠原左京大夫
ここは、以前は館林藩
綱吉が館林藩の藩主になり
4代将軍家綱に世継ぎが産まれなかったので
綱吉は、徳川宗家に養子に入り、5代将軍へ
藩主を取られちゃった館林藩は、どうなったか
綱吉の子供、徳松が継ぐんだけど、5歳で死んじゃった
残念!館林藩廃藩
そんな殺生な

その後、小倉藩小笠原家の上屋敷になります。
小笠原家は、超名家なのであちこちにあります。
菱形三つの家紋です。

後に、岩崎弥太郎は、小笠原家の末裔であると主張し
アレンジして三菱のマークをデザインしました。

■庄内藩藩主、酒井忠篤(ただずみ)(酒井左衛門尉)
酒井左衛門尉は大老を出せる筆頭の超名門
話がありすぎるのでバサッと省略ね
戊辰戦争の時に大活躍なんだけど
その時の話はこちらを読んでね
敵の西郷どんを神様として祀る?

■鎌倉橋
明治になっての架橋なので、この時の古地図にはありません。
1944年の米軍の爆撃の時の銃弾の跡が生々しく残っています。

さあ、どどっと戻りましょう

戻り途中も色々あったんですが
ドドッと省略

■東京駅

例によってインフォメーションの綺麗なお姉さんに

東京駅舎の見所ってありますか

はい

ドームを見上げると十二支

それ以外は改札に入らないといけないので、ちょっとお預け

あっ、あれに見えるは!
誰かがKITTE(旧東京中央郵便局)から東京駅が一望出来るって言っていたような

KITTEに行って
また、インフォメーションのお姉さんに

あのう、東京駅が一望出来るって聞いてきたんですけど

はい、6階に上がっていただいて、屋上庭園からご覧いただけます。

ここまで来たら
折角だから、八重洲口にも行きたいな

自由通路で八重洲側に出て

■北町奉行所跡
これがないない
この辺の筈というところに行ってみても
江戸城の石垣が残されたっていうところがあるばかり

本での情報では
北町奉行所跡を発掘したときの下水の跡が残っている筈

あきらめて、戻ろうとして
あっ、あった!

でも、下水の跡はない
諦めきれなくてさっきのところに戻ってみた
あったぁ
ここにあるよとの案内版があった
無茶苦茶奥まっているので、こりゃ分からんわ

これ、なぜ見たかったかというと
北東の角が切れているんです。
鬼門の艮(うしとら)の方角から鬼が来ないように。

■ヤン・ヨーステン記念像
以前行ったヤン・ヨーステンの記念像とはまた別にもうひとつ、記念像があるはず
ヤン・ヨーステンは家康の頃、三浦按針とともに日本に来て
家康に気に入られて
丸の内八重洲の一体に土地をもらった超大物

グーグルマップにある場所に行ってみたら
そこには交番しかない
GPS検索で行ったり来たり
やっぱりここだなあ
そういう時の交番ですね

すみません
ヤン・ヨーステン記念像に行きたいんですけど

ヤン?
グーグルマップを見せても
いやあ分かりませんねえ
4人くらいお巡りさんいるんですけど
誰一人分からない

地下街に降りて向かいの方に向かってみても遠ざかるばかり

あっ、そうだ!
元ネタの「東京街角トリップ」という本のそのページだけ、コピーしてきてたんだった。

ええっと
地下に降りて、すぐ右に曲がり・・

なるほど、分からない筈
地下にありました。
交番のちょうど真下

戻って、お巡りさんに写真を見せ

ありましたよ
ちょうどこの下の地下でした。
八重洲の名前の由来になった、超有名な人ですよ

えっ、そうなんですか
勉強になります。

さあ、帰りましょう

東京駅に入り
さっきお預けしていた、東京駅の見所を探す
5・6番線の有楽町側の端っこに昔の柱が残してある

鉄道の東京から何キロって基準になるポイントに0kmって書いたのが立っている
これ、ちょっと可愛い

今日は、いっぱい歩いたなあ

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

丸の内をふたつのテーマで歩く

週末です。
隙あらばお出掛け

ずっとシリーズでやって来ている、東京マラソンコースを歩こう
いよいよ、ゴールの区間。
丸の内中通りから、東京駅まで
距離だけで言うと、今までで一番短いかも知れません。

テーマ
この区間、テーマが大きく2つあります。

ひとつは、江戸時代に超大物の上屋敷が密集した地域
古地図を元に上屋敷後を巡ろうというもの

ふたつは、一丁倫敦(ろんどん)
明治にどういう都市作りがなされたか

古地図を元に、の方は
「携帯、東京古地図散歩、丸の内編」を元に

一丁倫敦の方は
「江戸→TOKYO成り立ちの教科書」を元に

二冊、同時にあっち見てこっち見て
忙しかったぁ

ともあれ、スタート致しましょう。

有楽町から
有楽町線の有楽町で降りて
ビックカメラのビルのオールド送水口を確認したあと

あっ、目の前に東京国際フォーラムが
確かあの中に太田道灌の銅像がある筈
一昨日、新宿中央公園で太田道灌づいているから
ちょっと寄り道してからにしようかな

例によってインフォメーションの綺麗なお姉さんに
あのう、太田道灌の銅像があるって聞いてきたんですけど

向こう側の入り口のところになります。

うわっ、丸々逆か
まあ、綺麗なお姉さんが言うんだから仕方ない。

銅像と江戸城の模型とかなり詳しい3枚の太田道灌説明パネル
後で読むため、写真に写して、次に進むことにしましょうか。

ひょっとして、この辺も古地図の本にあったりして
あっ、あった
ええっ!ここ、あの有名な土佐藩の山内容堂の上屋敷
おおっ、いきなりか

ここでも酒ばっかり飲んでたんだろうなあ。

スタート
かなり戻ってスタート位置に
さあ、行きましょう

ちなみに、古地図の時代は幕末。
慶応元年(1865年)ですから、明治維新の3年前です。

こんな感じになります

主だったところをお話ししますと
帝国劇場の場所は、鳥取藩主池田慶徳(よしのり)
15代将軍、徳川慶喜(よしのぶ)の実のお兄さんです。

その隣DNタワーの場所は、土井利位
あの雪の大名です
雪と言えば、老中土井利位

馬場先通り
馬場先通りにやってまいりました。
ここから、一丁倫敦が始まるんです。

1894(明治27)年に第一号館が建ちました。
その後、2年間で、第三号館までと東京商工会議所、東京府庁舎が建ちます。

1914(大正3)年に東京駅が完成すると
中心は行幸通りに移り、一丁紐育(ニューヨーク)と呼ばれるようになります。

現在、一号館が、三菱一号館美術館として、外観が復元されています。

そして、二号館が立て替えられて、明治生命館
重要文化財です。

内部も公開されています。
以前行ってきましたので、今日は省略
丸の内仲通りで、お洒落おじ様。そして明治生命館

一丁倫敦の話は、回を改めてちゃんと書きますね

一号館まで来て、横を見ると、さっきの東京国際フォーラムの端っこ
ここから行くとすぐだったね

グーグルマップを見ると、土佐藩上屋敷跡、とある
ひょっとしてさっきの辺りに説明版みたいなのがあったんだろうか
(結論から言うと無かったんだけどね)

さらにグーグルマップを見ていると
相田みつを美術館
そういうと、この辺にあるってことは、ぼやっと知っていた
もちろん有料だろうし
相田みつをは大好きなので、入っちゃうとかなり時間をかけたくなっちゃうだろうから
今回の趣旨と変わっちゃうな

まあ、いつか来るときのために、場所だけ確認しておこう
かなり探して分からなかったんだけど
これも結論から言うと
東京国際フォーラムの中だった

あったぁ

いくらなんだろう
大人、800円
うわあ、迷うなあ

いかん、迷っちゃった
私のモットーは迷ったらゴー

すみません、大人一枚

元々好きな人ですから
じっくり良い時間を過ごさせていただきました。

ここは、この中で説明する訳にいきません
ちゃんと別立てでレポートすることにして
省略

ぐぐっと皇居方面に戻って
明治生命館の場所ですけど
江戸時代は、定火消の屋敷だった。

定火消は、明暦の大火の時に設置された組織で
武家屋敷の消防担当
後に、吉宗の時に作られたのは、町火消
町人側の消防担当ね

定火消の家に生まれた有名人は、歌川広重です。

もう少し進むと、備前岡山藩主、池田茂政(松平内蔵頭)
先程の鳥取藩主池田慶徳や、徳川慶喜の弟。
熱烈な尊攘派だったため第一次長州征伐の時、
出兵を遅らせ、しかも備中との国境まで兵を動かしても、
それから先はピッタリと兵を動かさなかった。

維新になり、今度は新政府から、東征に加わるよう言われたけど
これも動かず。
だって、敵はお兄さんですから。

行幸通り
さあ、行幸通り
東京マラソンコースのゴールです。

ゴーーーール

さあ、帰るとするか
にするにはちょっと勿体ない
古地図にはまだ先があります。

ようし、もうちょっと行ってみるか

長くなりましたので、続きは明日

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

お昼休みに、成子天神に行ってきました。

昨日、4/20(金)の話になります。
二日続けてのお昼休みのお出掛けです。

今日は、うちの会社の営業さんが月に一度か二月に一度、様子伺いに来てくれる
ランチミーティングの日です。

派遣の会社って、そうやって従業員とのコミュニケーションを図ってくれる訳です。

営業さん
この営業さんが、うちの娘とおない年の可愛い女の子
娘と話しているようでとても楽しい。

しかも、飛びきりの美人
最初に会ったとき、
あれっ、AKBがいる!

我々の年代は、美人で可愛い女の子は、全部AKB
AKBの誰かと言われると
うーん、よう分からん。

来週金曜日、ランチミーティングにいつものジョナサンで行いたいんですが
よろしいでしょうか

と、ラインが来たので
ついつい、お誘いしてしまいました。

折角だから、成子天神に行ってみる?
ジョナサンの隣です。

えっ!成子天神があるんですか?
知らなかった。
行きたいです。

じゃあ、パンでも買って頬ばりながら歩きましょう
初デートですね

分かりました。
初デート楽しみです笑

こういうラインはしちゃいけませんね
何か有ったとき証拠であげられちゃいます。

念のため申し上げておきますが
仕事なので、仕方なくミーティングをしております。
ああ、大変だ


いつもは、一時間くらいまえに会社に行って
始まる時間まで、ブログを書いているんですが
今日は、隣の成子天神に下見に行ってきちゃいました。

成子天神
お昼休みになりました。

サンドイッチを買って、出発!

成子天神の面白いのはね
七福神が全部揃っている事なんだよ。
七福神のそれぞれの出身国はね・・・
得意分野です。



成子天神は、天神っていうくらいだから
さあ、誰を祀っているでしょう

ええっ
天神さんって良く言いますね
誰なんだろう

菅原道真なんだよ

あれ?
菅原道真ってこんなところなんですか
どっか他の所じゃ無かったでしたっけ

神社ってとても便利でね

太宰府に天神さんを祀って、
ここでも天神さんを祀ったとするでしょう。
そうすると、両方に同時に存在出来るの
そういう便利なシステムなのね

分身の術ですね

例えばこっちは大神宮
天照大御神を祀っているのね
そうやって勝手に持ってきて良いのね
神社の中に他から持ってきた神社をいっぱい作っちゃって良い

ほら、ここ見てみて

千木と鰹木、内削ぎ外削ぎの話をします。
内削ぎ外削ぎ両方揃っているから、
とても説明がしやすい。

とても珍しい、三柱鳥居のこと

このマンションね
境内の中に立っているの
成子天神さんが経営しているんだよ
さすがは新宿でしょ

富士山
そして、いよいよメインエベント
富士山です。

新宿区で一番高い富士塚です。

登ってみようか

登りながら、富士塚って何か
富士講って何か
富士山が女人禁制だったこと
それを破って登頂したのが、初代イギリス公使オールコックの奥さんであること

かなり高いので、途中から足がすくんできます。
登頂!

頂上で、買ってきたサンドイッチを食べました。

降りて、舞殿の話とかをすると
良い感じの時間になりました。

あっ、そうだ
仕事の話を忘れていたね

会社の方向に戻りつつ
仕事の話をちょこちょこっ

それでは、今後もよろしくお願いします。

索引はこちら
どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

ユーフォルビア・ゴールデンレインボー

花カレンダー始めました