[大奥]9 家重→座敷牢に入れられた側室

大奥シリーズです。

9代家重になります。
家重は、持って産まれた障がいがあり、ほとんど言っていることが聞き取れません。
唯一分かるのが、大岡忠光

そんな家重も、性欲はちょっとちょっと、というくらいある

徳川将軍たるもの、お世継ぎを作るという使命があるので頑張らねば。

数々の奇行は伝えられていますが
おバカだったわけではないと思う。
将棋が滅法強かったし、特定の分野では、極端に記憶力が良かった。

正室
嫁探しは、並大抵の苦労ではなかったのですが
みんなの努力の甲斐あって、相手が見つかりました。
伏見宮邦永(くになが)親王の四女・比宮増子(なみのみやますこ)

姫は美しい
やっぱり言っていることは分からないので、
大岡忠光の通訳を介して。

増子がノイローゼになってしまいそうになるのを
みんなでサポート
隅田川に船を浮かべて気晴らしのパーティー

そんな甲斐あって、享保18(1733)年の春、ご懐妊とあいなります。
ところが、幸せムードもつかの間
9月12日、早産。新生児は死んでしまいました。
さらに、あとを追うように、10月3日、増子もこの世を去ります。

思えば、家重の母親、お須磨の方もそうでした。
極めて難産で、命がけで、家重を産み落とした。
家重には重大な障がいが残る事になります。
お須磨の方は帰らぬ人に。

自分は精一杯生きてきた。
お母さんの命と引き換え。
何としても生きなきゃいけない。
10歳のとき水痘(すいとう)を患ったが、翌月回復
18歳のとき疱瘡(ほうそう)を患うが危機を乗り越える
20歳のとき麻疹(はしか)を患うがこれも乗り越える

将軍でこれだけ大病を乗り越えた人は珍しい。
生きる事に一生懸命だった。

生きて欲しかった。
家重の意気消沈ぶりははた目で見ていても、痛々しい程だった。

ただ、好色癖はさらに悪化していく。

お幸の方
お幸の方は、従一位前権中納言・梅渓通条(うめたにみちえだ)の娘であり、
比宮増子が京から江戸入りした折、多くの付き添いのなかにいた侍女の一人

瑞々しい美貌とふくよかな姿態が際立っていた

良いんじゃないの?

増子と同時並行

増子が亡くなると
お幸の方は、何かというと家重のそばについて
まるで御台所のように振る舞うようになる

そして4年後の、元文2(1737)年
お幸は西の丸において無事に男児を出産する

これには、みんな驚いた。沸き立った。
特に吉宗の喜びようは尋常ではなかった。
正直、諦め感はあった。

竹千代、
家康の幼少の頃の名前と同じ名前をつけた。
後の家治(いえはる)、10代将軍である。

お幸は、お腹様
元々あつかましい性格が大幅に助長され、やりたい放題
将軍以外、押さえる者がいない事は分かっていますのでね

ところが、独壇場だったところにライバルが現れた。
お千瀬
性欲の対象ではなく、愛情をそそぐ相手。

そうなると、お幸も我慢がならない
廊下ですれ違いざまに平手打ち。

とうとう、家重が切れた。

「ええい、うるさい。お幸にはもう会いとうない。当分、一室のなかに留め置け」

もちろん、これも大岡忠光の通訳を介してです。

暴れるお幸は両側から押さえつけられ
大奥の中の一室に。
出れるのはおトイレに行くときだけ。
決まった食事以外はあらえられない座敷牢的扱い。
後にも先にも、次期将軍の母親なのに座敷牢に入れられたのは、お幸ひとり

延享2(1745)年、お千瀬も男児を見事出産。
後の重好、御三卿のひとつ清水家を立ち上げます。

実はここまで、全て、将軍家重ではなく、吉宗の時代の
次期将軍、若様時代のことになります。

そのすぐあと、吉宗は健康上の理由で引退
将軍の座を、家重に譲ります。

その時、いくらなんでも、将軍の跡継ぎの母親が座敷牢に入っているという訳にはいくまいと
吉宗のはからいで、お幸は解放されることになります。

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)

千住宿のあと半分

最近お出掛けに行ったんだけど、書きそびれたのを書きますね

以前、日光街道のひとつめの宿場、千住宿に行きました。
千住宿を感じて

その時、時間切れで半分しか行けなかったので、残り半分に行ってきました。

以前は北半分に行ったので、今度は南半分です。
一気に予定の一番南まで行ってから戻ってきましょう

一里塚と高札場


道を挟んで、一里塚と高札場があった。
一里塚は日光街道で、日本橋から数えて、二つ目
ひとつめは、浅草辺りです。
一里塚には、大体、榎(えのき)が植えられています。
なぜ榎かというと
大久保石見守が家康に、
一里塚には松を植えようと思うのですが、とお伺い
家康は、
余(他)の木にいたせ
それをえのきと聞き間違えて、榎になっちゃった。

高札場は、幕府からの伝達事項掲示板
江戸庶民は識字率85%でみんな字が読めるから
そんな、お堅い内容でも楽しみにしていて読む
ふむふむ、親孝行せいとな、今日からそうしよう。

問屋場(といやば)、貫目改所(かんめあらためしょ)
ちょっと大きめの宿場には、これがあります。
東海道をウォーキングしたとき、川崎宿にもありました。

宿場って、馬を何匹用意しておくようにと決められていて
日光街道の場合は、50匹
運ぶべき荷物があると、馬に乗せて次の宿場まで
バトンタッチしてあとよろしくね
伝馬制(てんませい)と言います。
一匹の馬に乗せる重量の上限は決まっている
超えると二つ分の料金がいるのでここ重要。
馬主としては、馬に無理させたくないので、争いのもとになる
不正をしていないかチェックするのが、貫目改所

理論的には途中で荷物の重さがそうそう変わらないはずなので
最初の、この千住宿で貫目改めをするとずいぶん先までない。

そうなるとどうなるか
賄賂の横行です。
袖の下をさっと出し、
もちっと軽いことにしてもらえんじゃろか

ここの説明書きにこんなふうに絵が書いてある

横の広いところに、線が引いてあるので、駐車場かと思いきや

近づいてみるとこんなプレート

さっきの説明版まで戻って、ああっこの線と一緒やん
結構感動しました。
まさにこの場所で、攻防があったのね
ウォーキングでその場にたつのは、こうして思いを巡らすというメリットがあります。

酒合戦
通りを隔てて向かいが、酒合戦の行われた場所。

なかなか楽しいイベントで、酒井胞一、大田南畝、亀田鵬斎、谷文晁なども審査員になった
当時の超一流の文化人です。

それより前に、川崎大師で団体戦の酒合戦が開催されたことがあるけど
こっちは個人戦。
7升5合を飲んだ人もいる

川崎大師の時、その様子を、水鳥記(すいちょうき)という題で知らせた文章が残っている。
水鳥とは、酒をへんとつくりに分けた洒落です。
千住では、大田南畝が後水鳥記(ごすいちょうき)を書いたのをはじめとし
出席した文化人がこれを題材に、作品を数多く残しています。

不動院

おそらく近くに芸州藩(広島)の下屋敷があったのかなと思うんですが
芸州藩の藩士たちが、戊辰戦争に行った供養塔があります。

包丁塚って何度かお寺で見たことがあるんだけど
包丁の供養ってどういうことかなと思っていた。
包丁じゃなかったんですね
調理した魚たちの供養。
命をいただくことに対して、ちゃんと供養している

森鴎外旧居跡
森鴎外が、お医者さんだった頃の病院の跡
なんだけど、その跡地にでっかいマンションを作ろうとしている
何だよ、と思うなかれ
とっても好感の持てる建設会社

囲いに、こういった説明の写真を書いてくれているだけでなく
悪いと思ったんでしょうね
千住宿の色んな説明をいっぱい乗せてくれている。
千住の全てのゆかりの地の中で一番、千住宿について詳しかった。
さながら、資料館のよう


金蔵院

さっきの不動院もそうなんだけど
千住宿にいた遊女達を手厚く弔っている

ここのご本尊は閻魔大王
文京区にこんにゃく閻魔というのがあるけど、ここは、そば閻魔
お蕎麦をお供えして願掛け
何故かというと、ここの閻魔大王は大のそば好き

千住宿で良いそばの汁の匂いが漂ってくるのに耐えきれず
娘に姿を変えて、そばを食べに行っちゃった。
あまりの美味しさが忘れられず
来る日も来る日も、娘に化けて。
ところが失敗したのが、あまりに美人に化けちゃったこと
どこの娘だと評判になり、つけられちゃった。

なんと金蔵院に入っていくではありませんか
お堂に入って、閻魔大王に変わるところまでバッチリ見られちゃった。

でも大丈夫。
心優しい住民たち。
それならそうと最初から言ってくれれば良かったのに、とお蕎麦をお供えするようになりました。

黙ってて、毎日美人に逢える方が良かった気もしますが。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

[天皇]2-10 崇神天皇が実在する最初の天皇

天皇シリーズです。

最初の頃の天皇は架空であり、特段のエピソードも少ないので
まとめた感じで行きますね

戦前の人は、ジンム スイゼイ アンネイ イトク と暗記していたようですね
私も次のコウショウ コウアンまでだけ暗記しています。

2.綏靖(すいぜい)天皇
神渟名川耳尊(かぬなかわなみみのみこと)、神武天皇の3人の腹違いの兄弟のうち、末っ子です。
すみません、本には和名のふりがなが(かんぬなかわなみみのみこと)とあったのですが
昔の日本語には「ん」の発音はないはずです。
音便であるのは分かるのですが、むしろそれは「渟(ぬ)」が担っているものと考え
勝手にかぬなかわなみみのみことに変えました。

長男は、性格が悪く、長男と、次男三男連合で争いになる
長男は、二人の弟を亡きものにしようとするが、弟たちも対抗
でも、次男は怖じ気づいて何もできず、結局三男が弓を取ります。

3.安寧(あんねい)天皇
4.懿徳(いとく)天皇
5.孝昭(こうしょう)天皇
6.孝安(こうあん)天皇
7.孝霊(こうれい)天皇
8.孝元(こうげん)天皇
9.開化(かいか)天皇
それぞれ全て、前の天皇の息子です。
ここまでは伝承上の天皇
古事記や日本書紀にも、誰の息子と書いてあるだけで、特にエピソードは書かれていません。

10.崇神(すじん)天皇
258 or 318年から
ようやく、実在する天皇です。
御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)と呼ばれています。
ちなみに、初代の神武天皇は、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)
一緒ですね
初めて国を治めるという意味です
ヤマト政権の実質的な創始者だったのではないかという説もあります。

崇神天皇は、北陸、東海、山陽、丹波の4つの地域に「四道将軍」と言われる幹部達を派遣し
大きく勢力を拡大。

疫病とか
ただ、崇神5年は、疫病が流行ったり、不作だったりと散々の年
調べると、大物主神(おおものぬしのみこと)をちゃんと祀っていなかったのが原因と判明

大物主(おおものぬし)?
大国主(おおくにぬし)じゃないの?

はい
一緒のような違うような

日本の神様って二面性を持っているんです。
和魂(にぎみたま)と荒魂(あらみたま)と言います。
和魂とは温和で優しい性格、荒魂は荒ぶる神と言われるような荒々しい性格
とても人間的ですね

ほとんどの神様は両面持っているんですけど
大国主神の場合は、荒魂の時に、名前自体変わっちゃう。

荒っぽいので悪さばっかりしていたんですが
ちゃんと祀ると、急に良い神様になっちゃいました。

崇神天皇の叔母さん(7代・孝霊天皇の娘)に倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)という人がいます。
えっ、何て?もう一回言ってみて、と言われても二度と言えませんね。

この人、なかなかの大物です。
大物主神の妻となったくらいです。

結婚するときの約束で、
決して正体を見ないでね

ところが、とととの姫様、約束を破って覗いちゃう。
あらら、大物主さん、蛇だったのね

大物主さん大激怒
あんなに約束したのに。

三輪山に帰っちゃいます。

ああ、私はなんてことをしてしまったの

泣き崩れ、箸で秘所を突き刺して死んでしまいます。
その場所が、箸塚古墳
この大物の姫様、卑弥呼だったんじゃないかと

太古のロマンです。

善政
崇神天皇、色んな良いことをします。

人民の戸口調査を行い、産業を奨励
弭調(ゆはずのみつぎ)、手末調(たなすえのみつぎ)という税の仕組みを作り
国も豊かになります。
船がない海辺の民には船を提供したり
痩せた田んぼには、池や堀を掘った。

168歳まで生きて、崩御しました。

索引はこちら
[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

東京に鍾乳洞があったとは

週末です。お出掛けです。

いつだったか、何を見たかも覚えてないんだけど
東京にも鍾乳洞があるとあった

いつか行こうとずっと思っておりました。

鍾乳洞は福島に住んでいる時にあぶくま洞に行って以来かな

奥多摩駅
遠いわぁ、奥多摩駅
登山結構行っていた頃何度か来たなあ

バスに揺られて、25分
不思議なことに土曜休日は、鍾乳洞のバス停まで行ってくれません。
東日原(にっぱら)のバス停から、25分ほど歩く必要があります。

とはいえ、舗装された車の通る道で、登山道ではありません。
景色は山ん中



カミさんの田舎、東栄町に来た気分です。

遥か奥の下の方からなんですがかなり大きく川の音が聞こえます
ああ、川に降りたいけど無理だなあ

日原鍾乳洞
入場券は800円です。
こんなにいっぱいあるので、全然元取れます。

入るなり、
寒っ
上着を羽織ってきて大正解。
あわててボタンを止めます。

いきなり頭をゴツン

人一人が通れるくらいの洞窟が続くので、すれ違う時は譲り合う必要があります。

出たっ、弘法大師
大体この手のところは、弘法大師が修行したことになっとります。

水琴窟(すいきんくつ)だっ
どう作ったのか、水琴窟が仕込んであります。
静かーにしてれば
澄んだ音色が聞こえてきます。

生きてて良かった

天井知らずというのがすごかった
写真ではその迫力が全く伝わらないので敢えてのせませんが
遥か高くまでがーんと広がっている

来ましたメインイベント
どーんと広がる一番広いスペース
色とりどりの光でライトアップされその色も次第に変わっていく。

全般的にそうなんですが
写真が難しいわぁ
暗いのに、ライトのところだけ明るいから
私のようなタブレットに付いているおまけのカメラじゃ
これ何よ、って感じの出来上がりにしかなりません
ここは、メインなのでネットから写真を拝借

色も綺麗ではありますが
スケール感ですね
説明するのがとても難しいですが
圧倒的です。

どんなにハイテクノロジーを駆使して、大迫力の3D映像が出来たとしても
足元にも及ばないでしょう。

阿弥陀の原はどう見たって阿弥陀の原、って感じがします。

あっそうそう
ここに来ているお客さんってどういう客層だと思います?

仏教用語がずらっと並びますので
年配の人かと思いきや
圧倒的に若い人
5割くらいがカップルで
2割くらいが若いサークルの団体のような人達
残りが子供連れのファミリー
私のようなおじさんは一人もおりません。

カップルが多い一つの理由は、縁結び観音

後ろから強いライトが当たっているので
こんな風に前に自分の影が映るんですが
二人で揃ってハートマークなんて作った分にゃぁ、もう完璧

基本、暗いですし、ライトアップは綺麗でロマンチック
足元が危ないところも多いので、男性が女性の手を握ってエスコートしてやる必要がある
なかなか今時の若い男性も分かってらっしゃる。

地獄がらみも多い
賽の河原では、石が積んでありました
私も上に追加
一つー積んではー親のためー

地獄谷に続いて、三途の川
怖いよぉ

今までは、旧洞と呼ばれているところ
このあとの、新洞というのが輪をかけてすごかった

新洞は比較的狭い洞窟なんだけど
縦方向にかなり長い
階段がつけてあるんだけど手すりを使わないと絶対登れないほど急
狭いから、頭をガンガン打つは打つは

カップルさんたちは
えええーっ、怖ーい
大丈夫?

はい、頑張ってください

鍾乳石はこちらにしかありません。

この写真じゃ良く分からないよね
すごかったんだけどなあ

全部回って、小一時間かかりました。
いやあ、素晴らしかった。
大袈裟じゃなく、一生の思い出に残るレベル

岩と滝
鍾乳洞に、入る前にあそこ行こうと楽しみにしていたのが、滝
でも、そこに入る入口は厳重に閉まっておりました。
残念
自然の滝ではないんですけどね

さらに左側には巨大な断崖絶壁
燕岩と言うようです

もう少し先の右側も

渓谷ファンにはたまりません。
もう少し先が河原のキャンプ場のようで、川に出れると期待したのですが
工事中で残念!

さあ帰りましょう。
渓谷釣り場っていうのが途中に有ったなあ
場合によっちゃ、そっちも行ってみるかな

途中の売店、そば・うどんののぼり
お昼、菓子パン2つ食べただけだからなあ
どうしようかな

ん?
バス停でのバスの時間が書いてあるぞ
えーっと
14:50
その次は16:17までないのか
今は、っと
14:29か

あれれ?
冷静に頭の中を整理することにしよう
行きがけは、バス停からここまで20分かかったなあ
14:50 その次は16:17
今は、14:29

急げっ

渓流釣り場も横目で見つつ
急げ急げ

あとちょっと、というところまで来て
道端でおしゃべりしているおばさんたちがいた。

もう、バス来てたわよ
ここから、5分くらい先だからね

えっ
ありがとうございます。

最高速の速足。

間に合ったぁ

氷川渓谷
結局、川に出れずじまいだったからなあ
これで帰ったら不完全燃焼

Googlemapに駅のすぐ近くに氷川渓谷とあるぞ
行ってみるか

吊り橋だ


河原まで出れるぞ

水をぴちゃぴちゃ
これをしないとねえ

小さめの石がころころ

この状態で男の子がやりたいことといったら?
はい、一つしかありません。
水切りですね

最適な平たい石を探します。
なかなか見つかりません

いまいちだけど、一度やってみよう
何せ、子供の時以来やったことはありません。

ぽしゃん

跳ねる気がしません

気づくと、先に来ていた男性二人のグループもやってるじゃありませんか

ぽしゃん

よしよし、先を越されてなるのもか

今度の石もいまいちだけど

ぽしゃん

ダメか

あっ

ちょんちょんちょんちょん

やられたっ
四段
うまいっ
先を越されたか
残念無念
敗者は去るのみ

向こうから、女の子も含んだ若い10人くらいのグループが河原に降りてきました。
女の子もいるということは
男の子たちは大張りきりで、平たい石を探すことでしょう

頑張ってくれたまえ
検討を祈る

あっ
平たい石
これは、絶対王者の石

女の子もいるよなあ

おじさんの心にも火がつきました。

えいっ

ちょんちょんちょんちょん
四段大成功!

完全燃焼の一日でした。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ