「ん」がなかった

『ん 日本語最後の謎に挑む』(山口謠司著)を読みました。

何故これを読んだかというのは
理由があります。

「あいうえおでお話」をするためです。
ん、は他の文字と違って
んで始まる言葉がないから
ん 自体の話を仕入れておく必要があります。

ありがたいことに、
似たように、を、で始まる言葉もありませんが
ありがたいことに
をに関しては以前話したことがあるのでバッチリ。
を は へ、変な助詞には歴史がある

同じ本で、んが昔なかったことは知っていたんですが
もう少し掘り下げて知りたいと思っていました。

いやあ
ん だけで、本一冊書いちゃうなんて
それも予想以上の内容で大興奮しちゃいました。

あんまりすごいので、一回では終わりません。
まずは、初回

ん、て不思議
ん、て不思議ですね
清音でも濁音でもない。

おっと、これを見ただけで魅了されました。
ん 
考えたこともなかったけど、そうなんだ

そして、50音の外にある

んで始まる言葉がない
しりとりを盛り上げる道化師役

いろは順を最初にあいうえお順に変えた辞書
言海 には、ん、という見出しがありません。

ここからは、本にはなくて自分で考えたんだけど

唯一、最初から最後まで口を閉じたままで発音できる
水の中でも発音オッケー

うん
うううん
YesもNoもこれだけで表現できる唯一の音

ハミングでどんな歌でも歌える

超スペシャルでブラボーじゃないか

んがなかった
江戸時代の国学者、本居宣長が
上古の日本語には、んがなかったと言い切っています。

本居宣長先生が言うのであれば
絶対に間違いない

じゃあ、いつ頃生まれたのか

そもそも、んの音もなかったのか
文字だけの話なのか

少なくとも『古事記』や『日本書紀』『万葉集』など上代の書物に「ん」を書き表す文字が見当たらない。

この辺、ヒントですね。

そもそも、日本語にひらがなもカタカナもなかったころからの歴史が関係している


ん の音自体はさすがにあったんじゃない?

口を閉じたままで発音できる音がなければ
口が乾いちゃいます。

本居宣長先生がおっしゃるので
古事記を見てみましょう。

古事記は、ひらがなもカタカナもなかったころに書かれた。
漢字で書いてあります。

でも、漢文ではありません。
当て字です。

あい、と書きたければ
安伊、と書いてある。
仮借(かしゃ)と言います。

この、仮借には、借音と借訓という二つの方法があります。

~かも、って言いたいとき
可母、って書いてもいいんだけど
鴨、って書いた方が楽。
可母が借音で、鴨が借訓
いずれも意味ではなく、音に当てて漢字を書いていきます。

さあ、古事記の ん の音ですが
陰陽という言葉を表したい場合
いんようの4つの文字を当ててある?
いえ
陰陽を表す、日本の言葉は、「めお」、なんですが
めお、と二文字当ててある
天地、は「あめつち」
ひょっとして日本語には、んが、もともとなかった?
〇〇天皇は〇〇ノミコト
アマテラスオオミカミ
オオクニヌシノミコト
確かに、んがない。
ひょっとするとひょっとする

でも、これに関しては確証がない。
この辺出来たら後でもう一回話すかも。

いずれにしても、音の、んはすぐに日本に確立される。
なぜなら、中国に、んの音があるから。

中国での、ん
一旦、中国の方の、んに行きますね。
あとでまた、日本に帰ってきますので。

中国でも、音と文字の両方で考えましょう。

まずは、音から
中国には、音の、んは存在します。
しかも、三種類も。

この話をすると長くなるので
さらっと行きますね。

どこが一番頑張るかで三種類
舌、喉、唇
発音記号で言うと
n、ŋ、m
そういうと英語でもそうですね。

英語では、んに当たる文字は二種類ですね
nとm
ひょっとしてngも、ん、ってことかな
次に続く文字がmかpかbであればm

これについては話があって
高校の時落ちこぼれていた私は
英語の単語のスペルを覚えるのに苦労した。

やみくもに書いて覚えるしかないの?
なんか法則性無いの?

日本人に、ん、と聞こえる所
nだったりmだったり
ああ、いやらしい。

必死で何百何千と書き出して
とうとう法則を見つけた。

次に続く文字がmかpかbであればm
それ以外は全部n
stampとstand

唯一の例外はinput
これは、inとputの結合語だから

ついでに言うとqの後ろには必ずuがつく
唯一の例外は国名のIRAQ
Qが最後だから

さらについでに言うと
単語の中でのアクセントの位置さえ覚えておけば
発音記号は前後の文字で全部分かります。
例えば、日本語のあ、に当たるのは発音記号でめったやたらに色々ありますね
aとeがくっついたのとかvがひっくり返ったのとか
高校当時、パソコンなんてないから
笑かしてくれるで外人さん
とか言いながら
紙いっぱい広げて
あっちに書き写し、こっちに書き写し

ずいぶんたって
娘が高校生になったとき、ふと思い出し

英語のスペルでmとnの使い分け知っとるか?

うん
mかbかpの前だとmだよ

えっ
何で知ってんねん

そんなのヘボン式ローマ字と一緒だよ
学校で習うじゃん

が、学校で習うんかい
お父さんどれだけ苦労した思てんねん
お父さんの青春を返せっ

ほなら
発音記号やけどな
・・

そんなの、全部ちゃんと発音し分けながら覚えてるから大丈夫だよ。

お前なあ
それは、本来の覚え方やがな
そんなん関西人に発音できるかい
お前はもう、関西人とは認めん!

失礼しました。
横道にそれ過ぎました

始まったばかりで、こんな文字数に
続きはシリーズの次回で。
まだまだ続くよ

世界で一番植物の名が多い国、それが日本

金田一春彦先生の「美しい日本語」シリーズです。

木の名、草の名
日本語には大変多くの数の機能な木の名、草の名がある
大槻文彦さんが編集した「言海」をひらいて
外国人が言った。
これは植物の名ばかりではないか

日本語に植物の名が多いのはなぜ?

木の種類が多い
ひとつは、日本に植物の種類、ことに木の種類が豊富なためです

ドイツやスイスで木のリストを作ると1枚の小さなカードにおさまってしまうそうだ
イギリスで林と言うと アカマツ林ナラ林ブナ林カンバ林の4種類しかない

カナダの東側の紅葉の美しさに評判があるが赤一色の極めて単純なもの

日本の紅葉は赤あり黄あり橙あり
「もみじの錦」ですもんね
木の種類の多いことの証

漢字で何偏の字が多いか調べると
最も多いのは魚偏の文字で第二位きは木偏の文字
これからも日本は魚の国木の国であることが分かります

木への関心
しかし日本語に植物名が多いのは日本に植物の種類が多いから?
それだけじゃない

日本人は古来植物と縁が深く植物に関心が多い

木造の家に住み、畳の上に座り、麻や木綿の着物を着
木製の椀に入れた野菜を木の箸で食べる生活をしてきた日本人

当たり前かな

パイクさんの失敗
金田一先生が、日本人の植物についての関心の深さを痛感したのは
昭和30年頃アメリカの言語学者パイクさんが日本に来て
東大の大教室で行った公演を見聞きしたとき

パイクさんが披露したのが
自分の知らない言語を話す人と2時間ばかり対談し
その言語の音韻体系と文法体型の大体をマスターする方法

パイクさんは日本語が全く分からない
日本では外国語を話せない国文学科の女子学生を日本人の代表としてステージに送り込んだ

パイクさんが学生にアオキの葉を見せた

学生:アオキの葉
パイクさん:aokinoha?
学生:はい

パイクさんは黒板に
aokinoha leaf
hai yes

次にツツジか何かの小さな葉を見せた

学生はそばへ寄ってしばらく眺めていた

学生:わかりません

黒板に
wakarimasen small leaf

聴取からは笑い声が漏れたがパイクさんは気づかず
進めていった

当然最後まで望ましい結果が得られなかった。

おそらくパイクさんの経験だと
今までの色んな外国人は
二つ目の葉っぱを
それぞれの言葉で「小さい葉」と言ったんでしょう。
日本人もそうするはず

でも違った
日本人はいきなり葉っぱをつきつけられて
「葉っぱ」とは答えない。
果たして何の葉っぱだろうと一生懸命考える
分からなければ当然「分かりません」

大きい葉、小さい葉と答えるのは
小学校に上がっていない子供だけ

ある程度の年齢になると
子供じゃあるまいし
そんな恥ずかしい答、出来ますかいっ

ウォーキングで
ウォーキングイベントをやってみて分かった事があります。

みんな植物大好きですね

花にも木にも実にも
道端に咲いてたりなってたりするものを見るたびに
声あげてうわあっ

これ何?
知ってそうな人に聞く

自分にはまったくそういう習慣がなかったので
最初は戸惑いました。
今は分かる気がします

複数人数で目的地まで歩く

いろんな話をしながら歩くわけですけど
そんなかでやっぱり話題になる って言ったら 目につくもの

花が咲いてたり実がなってたりすると
確かに単純に、綺麗って、話題にする

ある人が言ってました
歳とってくると
動物に興味がわき
植物に興味がわき
石に興味がいったら
もうその後死ぬしかない

危ないかも

丁度、この土曜日、イベントがあって
やっぱり色んな花を見て
これなに、これなに?

先程のパイクさんの話に出ていた
アオキの葉もありました。

本を読んだとき
アオキの葉?
そんなの分かるんかな

でも、土曜日を越えて今思いました。
うん
分かったのかもしらん。

日本人はYES かNOかが恐ろしい

金田一先生の「美しい日本語」シリーズです。

言質(げんち)
あまり最近聞かない言葉ですね。
証拠、に近いかな
言質取ってこいと言われると
明確に相手に「やります」と言わせてくること

言質取ってこい、があるということは
いかに日本人にとって言質を取られることを恐れているかということ

ゴンチャロフ
幕末に日本に来たゴンチャロフが、馬場五郎左衛門に聞いた。

長崎の人口はどのくらいありますか?

もちろん、通訳を通じて。

さあ困った。
相手は外国のお偉いさん。
そそうがあってはまずい。

一緒に来ている面々の顔を見た。
見られた方は
えっ!私、そんなあ。勘弁してくださいよ
と心の中で唱えつつ
その横の人の顔を見る。
次次次と回り回って
通訳へ

えっ、それこっちからの質問ですけど

ざわざわしたあと、みんな下向いて
誰か頼むっ

意を決して、定五郎という者が口を開いた

「少ないこともあり、また時に多いこともあります。」

定五郎、立派!
合ってますよね。

この光景
日本じゃあちこちで見受けられますね。

PTAの役員選出なんて、どれだけ沈黙が続くか。

東京裁判
第二次大戦後の、東京裁判。
同様な裁判がドイツでも行われていた。

ドイツでは、時に挑戦的な態度ではあっても、答弁自体は全て明確。
日本の証人たちは、曖昧模湖としてとらえどころがなかったという。

そりゃそうでしょうね。
分かる気がします。

大岡越前
大岡越前は、そのへんのことが良く分かっている。

はなはだ恐れ入りますが、この儀は仔細がございまして、申し上げかねまする。
ご容赦のほど願いまする。

罪に問いたくないなあという人が、こんな風に言ってきたらどうするか。

それでは吟味に差し支える。
もっと聞き取りし上、次第によっては忘れてとらせる。
つまびらかに申せ。

忘れてとらせる、は良い言葉ですね。
言ったじゃない、って言わないよ
何だっけ忘れちゃった
はい、無罪。

裁判官なのにね。
人気出る筈ですね。

あやまるのはタダ。はいゴメンナサイ

金田一先生の美しい日本語シリーズです。

あやまる
金田一先生は、日本人は感謝するのも好きだが
あやまるのも好きだと言います。

分かるわぁこれ

バスに乗っていて席を譲られた場合とか
ありがとうございます。
でも良さそうなものだけど
どうもすみません。
と言って腰をかける。

あなたが変わりに立つことになりますね。すみません。
な訳だけど
さらに言うと
自分がここに立っていたが故にあなたに気を使わせてしまった
すみません。
も含んでいる。

単にありがとうございます、よりもっと色んな意味を含んでいるのです。

谷崎潤一郎の「細雪」
失礼でございますけど、相良さんはどちらにお住まいでいらっしゃいますの?
というところを
サイデンステッカーさんが英訳するときに困ったらしい。

向こうでは住所を聞くくらいはちっとも失礼ではない。
May I ask where you live?
なんですって。
短かっ

あやまると損?
本多勝一の「極限の民族」の中の話。
外国人を家に泊めた。
ところがその家のストーブが壊れてしまった。

外国人は「ストーブが壊れました」と言う。

日本人なら「ストーブを壊しました」と言う。
なぜ日本人はそう言うかというと
そう言うと次に言われることが分かっているから。
「いえいえ、そのストーブはもともと壊れかけていたんです。
あなたのせいではないので、気になさらないでください。」

外国で事故を起こしたら絶対にあやまっちゃダメって言いますよね。
否を認めることになるからって。
次の「いえいえ、」が返ってくるか分からないとそうなっちゃいますね。

私はよく、あやまるのは只。とにかくすぐあやまりなさい
と言われて育った。
特に私はその傾向が強く、ハイハイ只只みたいなところがある
間髪入れずにあやまっちゃうので
心がこもっていないと逆によく怒られた。

絶対あやまらない人もいますよね。
カミさんはそっちのタイプ。
あやまるのは只だと思うけどなあ。

たらちね
落語は詳しくないんですが
たらちね、というのがあるんですね。

八つぁんというひとのところへ思いがけなく
お屋敷に奉公していた鶴という娘さんがお嫁に来る。
一晩たった翌日の事
「一旦、偕老同穴の契りを結ぶうえは、百年千年経るとも、君、心を変ずることなかれ」
と、大変難しい言葉で挨拶をする。
ちっとも言っていることが分からない。

ええ、何だか知らねえが、お気にさわる事があったらご勘弁願います。

何だか分からないけど、あやまっときゃ何とかなるだろう

分かるわぁその気持ち。