世界で一番植物の名が多い国、それが日本

金田一春彦先生の「美しい日本語」シリーズです。

木の名、草の名
日本語には大変多くの数の機能な木の名、草の名がある
大槻文彦さんが編集した「言海」をひらいて
外国人が言った。
これは植物の名ばかりではないか

日本語に植物の名が多いのはなぜ?

木の種類が多い
ひとつは、日本に植物の種類、ことに木の種類が豊富なためです

ドイツやスイスで木のリストを作ると1枚の小さなカードにおさまってしまうそうだ
イギリスで林と言うと アカマツ林ナラ林ブナ林カンバ林の4種類しかない

カナダの東側の紅葉の美しさに評判があるが赤一色の極めて単純なもの

日本の紅葉は赤あり黄あり橙あり
「もみじの錦」ですもんね
木の種類の多いことの証

漢字で何偏の字が多いか調べると
最も多いのは魚偏の文字で第二位きは木偏の文字
これからも日本は魚の国木の国であることが分かります

木への関心
しかし日本語に植物名が多いのは日本に植物の種類が多いから?
それだけじゃない

日本人は古来植物と縁が深く植物に関心が多い

木造の家に住み、畳の上に座り、麻や木綿の着物を着
木製の椀に入れた野菜を木の箸で食べる生活をしてきた日本人

当たり前かな

パイクさんの失敗
金田一先生が、日本人の植物についての関心の深さを痛感したのは
昭和30年頃アメリカの言語学者パイクさんが日本に来て
東大の大教室で行った公演を見聞きしたとき

パイクさんが披露したのが
自分の知らない言語を話す人と2時間ばかり対談し
その言語の音韻体系と文法体型の大体をマスターする方法

パイクさんは日本語が全く分からない
日本では外国語を話せない国文学科の女子学生を日本人の代表としてステージに送り込んだ

パイクさんが学生にアオキの葉を見せた

学生:アオキの葉
パイクさん:aokinoha?
学生:はい

パイクさんは黒板に
aokinoha leaf
hai yes

次にツツジか何かの小さな葉を見せた

学生はそばへ寄ってしばらく眺めていた

学生:わかりません

黒板に
wakarimasen small leaf

聴取からは笑い声が漏れたがパイクさんは気づかず
進めていった

当然最後まで望ましい結果が得られなかった。

おそらくパイクさんの経験だと
今までの色んな外国人は
二つ目の葉っぱを
それぞれの言葉で「小さい葉」と言ったんでしょう。
日本人もそうするはず

でも違った
日本人はいきなり葉っぱをつきつけられて
「葉っぱ」とは答えない。
果たして何の葉っぱだろうと一生懸命考える
分からなければ当然「分かりません」

大きい葉、小さい葉と答えるのは
小学校に上がっていない子供だけ

ある程度の年齢になると
子供じゃあるまいし
そんな恥ずかしい答、出来ますかいっ

ウォーキングで
ウォーキングイベントをやってみて分かった事があります。

みんな植物大好きですね

花にも木にも実にも
道端に咲いてたりなってたりするものを見るたびに
声あげてうわあっ

これ何?
知ってそうな人に聞く

自分にはまったくそういう習慣がなかったので
最初は戸惑いました。
今は分かる気がします

複数人数で目的地まで歩く

いろんな話をしながら歩くわけですけど
そんなかでやっぱり話題になる って言ったら 目につくもの

花が咲いてたり実がなってたりすると
確かに単純に、綺麗って、話題にする

ある人が言ってました
歳とってくると
動物に興味がわき
植物に興味がわき
石に興味がいったら
もうその後死ぬしかない

危ないかも

丁度、この土曜日、イベントがあって
やっぱり色んな花を見て
これなに、これなに?

先程のパイクさんの話に出ていた
アオキの葉もありました。

本を読んだとき
アオキの葉?
そんなの分かるんかな

でも、土曜日を越えて今思いました。
うん
分かったのかもしらん。

日本人はYES かNOかが恐ろしい

金田一先生の「美しい日本語」シリーズです。

言質(げんち)
あまり最近聞かない言葉ですね。
証拠、に近いかな
言質取ってこいと言われると
明確に相手に「やります」と言わせてくること

言質取ってこい、があるということは
いかに日本人にとって言質を取られることを恐れているかということ

ゴンチャロフ
幕末に日本に来たゴンチャロフが、馬場五郎左衛門に聞いた。

長崎の人口はどのくらいありますか?

もちろん、通訳を通じて。

さあ困った。
相手は外国のお偉いさん。
そそうがあってはまずい。

一緒に来ている面々の顔を見た。
見られた方は
えっ!私、そんなあ。勘弁してくださいよ
と心の中で唱えつつ
その横の人の顔を見る。
次次次と回り回って
通訳へ

えっ、それこっちからの質問ですけど

ざわざわしたあと、みんな下向いて
誰か頼むっ

意を決して、定五郎という者が口を開いた

「少ないこともあり、また時に多いこともあります。」

定五郎、立派!
合ってますよね。

この光景
日本じゃあちこちで見受けられますね。

PTAの役員選出なんて、どれだけ沈黙が続くか。

東京裁判
第二次大戦後の、東京裁判。
同様な裁判がドイツでも行われていた。

ドイツでは、時に挑戦的な態度ではあっても、答弁自体は全て明確。
日本の証人たちは、曖昧模湖としてとらえどころがなかったという。

そりゃそうでしょうね。
分かる気がします。

大岡越前
大岡越前は、そのへんのことが良く分かっている。

はなはだ恐れ入りますが、この儀は仔細がございまして、申し上げかねまする。
ご容赦のほど願いまする。

罪に問いたくないなあという人が、こんな風に言ってきたらどうするか。

それでは吟味に差し支える。
もっと聞き取りし上、次第によっては忘れてとらせる。
つまびらかに申せ。

忘れてとらせる、は良い言葉ですね。
言ったじゃない、って言わないよ
何だっけ忘れちゃった
はい、無罪。

裁判官なのにね。
人気出る筈ですね。

あやまるのはタダ。はいゴメンナサイ

金田一先生の美しい日本語シリーズです。

あやまる
金田一先生は、日本人は感謝するのも好きだが
あやまるのも好きだと言います。

分かるわぁこれ

バスに乗っていて席を譲られた場合とか
ありがとうございます。
でも良さそうなものだけど
どうもすみません。
と言って腰をかける。

あなたが変わりに立つことになりますね。すみません。
な訳だけど
さらに言うと
自分がここに立っていたが故にあなたに気を使わせてしまった
すみません。
も含んでいる。

単にありがとうございます、よりもっと色んな意味を含んでいるのです。

谷崎潤一郎の「細雪」
失礼でございますけど、相良さんはどちらにお住まいでいらっしゃいますの?
というところを
サイデンステッカーさんが英訳するときに困ったらしい。

向こうでは住所を聞くくらいはちっとも失礼ではない。
May I ask where you live?
なんですって。
短かっ

あやまると損?
本多勝一の「極限の民族」の中の話。
外国人を家に泊めた。
ところがその家のストーブが壊れてしまった。

外国人は「ストーブが壊れました」と言う。

日本人なら「ストーブを壊しました」と言う。
なぜ日本人はそう言うかというと
そう言うと次に言われることが分かっているから。
「いえいえ、そのストーブはもともと壊れかけていたんです。
あなたのせいではないので、気になさらないでください。」

外国で事故を起こしたら絶対にあやまっちゃダメって言いますよね。
否を認めることになるからって。
次の「いえいえ、」が返ってくるか分からないとそうなっちゃいますね。

私はよく、あやまるのは只。とにかくすぐあやまりなさい
と言われて育った。
特に私はその傾向が強く、ハイハイ只只みたいなところがある
間髪入れずにあやまっちゃうので
心がこもっていないと逆によく怒られた。

絶対あやまらない人もいますよね。
カミさんはそっちのタイプ。
あやまるのは只だと思うけどなあ。

たらちね
落語は詳しくないんですが
たらちね、というのがあるんですね。

八つぁんというひとのところへ思いがけなく
お屋敷に奉公していた鶴という娘さんがお嫁に来る。
一晩たった翌日の事
「一旦、偕老同穴の契りを結ぶうえは、百年千年経るとも、君、心を変ずることなかれ」
と、大変難しい言葉で挨拶をする。
ちっとも言っていることが分からない。

ええ、何だか知らねえが、お気にさわる事があったらご勘弁願います。

何だか分からないけど、あやまっときゃ何とかなるだろう

分かるわぁその気持ち。

「はい」が「イエス」でないわけ

金田一先生の「美しい日本語」シリーズです。

はいといいえ
日本語のはい と いいえは、英語のイエス ノーに似ているけど
違う部分がある

英語のイエス、ノーは肯定か否定か、ただそれだけ

日本語では、はい の方が好ましい言葉であり
いいえ の方は好ましくない言葉。

はい は、あなたのお考えは正しいです。
いいえ は、あなたのお考えは違います。

例えば
コーヒーをお飲みになられませんか

いいえ、眠れなくなるといけませんから
とは、言いづらい

はい、ありがとうございます。
で、そのあとおもむろに

でも、ちょっと眠れなくなるたちなものですから。

いかにも日本人的ですね。

小泉八雲の「乙吉のダルマ」に出てくる主人公。
どんな時でも一往yesと言ってから答える
と、面白そうに書いている。

あなたは東京へ行ったことがあるかね?

へえ。てめえども、一回は行きてえと思っておりやすが
なにぶん行かれませんで。

いいえ
じゃあ、日本人はほとんど「いいえ」を使わないんだろうか

実は2つの場合に、積極的に「いいえ」を使う。

ひとつは、へりくだりの時。

あなたは、とても字がお綺麗ですね。

いいえ、とんでもない。私など

この時とばかりにいいえの出番です。

もうひとつは、相手を励ましたり、慰めたりするとき。

私はやっぱりダメな女なのね

いいえ、どこがダメだったりしましょう。

むちゃくちゃ日本人的ですね。