カズオ・イシグロを読んでみて

カズオ・イシグロさんノーベル文学賞おめでとうございます。

村上春樹さん残念でしたけどね

長女
長女は親の口から言うのもなんですが
天才文学少女でございます。

あの新潮社がやっている新潮ファタジーノベル大賞
リングとかで有名な鈴木光司や畠中恵などすごい人たちが
この賞出身という権威ある文学賞ですが

なんと高校生の時に、一般の作家さんたちに混じり、最終選考に残りました。
異例中の異例でございます。

速読も出来、ものすごい量の小説を読んでいます。

長女が
カズオ・イシグロが村上春樹について言及したのは嫌味だったね

へえ、そうなんだ
ところで、カズオ・イシグロって読んだことあるの?

大体、話題になった作家や作品についてこういう聞き方すると答は一緒です。

あるよ
面白かったよ

そうなんだ
どれ読んだの?

新聞の記事を指差しながら
これとこれとこれとこれ

すごいな4冊もかい

貸したげよか

今、持ってるの?

うん
好きな作家だよ。
好きな作家がこんな大きな賞取るのは初めてだから純粋に嬉しいわ。

この受賞理由
数々の小説を通じ、世界と繋がっているという我々の幻想の下に隠された深淵を暴いた
って何よ

何言ってるの、って感じよね

どういう小説を書く人なの

んーとね
例えば、今度の会社どうって聞かれたとするじゃない
楽しいよ、とか、やりがいあるよ、とか答えるのよ
それは嘘じゃないけど、それだけじゃない
もっと色々あって大変だなと言うところもあるけど
それを言っても仕方ないから言わない訳

でも、カズオ・イシグロは
そんな訳ないよね、それだけじゃないよねってことを
小説の中でちゃんと書く人なの
お父さんにも分かりやすい例で言うとそういうこと。

はいこれ、読んでみな
「私たちが孤児だったころ」
私はこれ好きだけどちょっとマニアックかな

うわっ、分厚っ
これ何日ぐらいで読めるの?

なにそれ
何でそんなに頭の悪い質問するの?

じゃあこっち、
「わたしを離さないで」
日本じゃこっちの方が、綾瀬はるかでドラマ化されて良く知られているから
こっちの方が良いんじゃない。

うん、こっちの方が若干薄いね。

手に追えないなと思ったらすぐに返してね
変なの、と思っても、そういう小説だから、そういうつもりで読んでね。

わたしを離さないで
読んでみた。
450ページほどの文庫本。
小説はほとんど読まないので
さあ、どれくらいかかるだろうと思いつつ。

これに関してはSFなので、あり得ない想定
でも、将来あるのかも知れないという想定

ノーベル賞かつ翻訳ものということで、難解なのを想像していたけれど
それはなかった。

ちょっと変わった施設で育つ主人公とその友達たち
起きる出来事がいわくありげでぐいぐい引き込まれる。

ついつい、ネットで想定を見ちゃって
うわあ、参ったなあ
そんなテーマなの?こりゃ重すぎるだろ
そういうところに繋がるわけね

でも1/3くらいのところでもう背景が明らかに
えっ、こんなところで、明らかにしちゃっていいんだ。

そのあとも、頃よいタイミングで色々変わっていく。

半分を過ぎた頃に長女が言っていた例の意味が分かってきた。
なるほど、こういう繋げ方と展開が特色なのか
確かにこういう小説は読んだことがない。

手に終えなくて途中でやめるかも、と思いつつ読み始めたけど
読むのが大変とかいうことじゃなく
別の意味で迷い出した

キツすぎる
これ、最後まで読んで、私の心は持つだろうか
張り裂けてしまうんじゃないか

これはSFなんだということがせめてもの救い。

それでも、主人公たちの感情にいやがおうにも入り込まされる。

大きく息を吐く
ダメだ。どうにも途中でやめられない。

これ、小説だよね
ここまでガンガン向こうからぶつかってくるものに出会ったことがない。

丸一日かけてラストまでとうとう来てしまった。

ネタバレになっちゃうので
どんでん返しがあるのかないのか書けないけど

涙でぐちゃぐちゃになる

ノーベル賞
まだ一作品しか読んでないけど
これは間違いなくノーベル賞だ
受賞理由のおかしな文章も、今なら分かる。

日本で産まれたかどうかなんてどうでもないつまらないこと。
カズオ・イシグロだという事で良い

こんなものをいくつも書いているのか
どんな心の構造をしているんだろう。

作品ひとつずつにノーベル賞で4つも5つもあげられないんだろうか。

ずっと引きずる気がする。

長女はこんなレベルのものをすでに4つも読んでいる
長女にしてみれば好きな作家の一作品に過ぎないかも知れない
我が娘は、私のような凡人の子供で良いんだろうか

私はもう心がへとへとなのに。

なんで色んなひらがなが?

前回、江戸かなのお話をしました。

この事、私の中ではものすごくエキサイティングで興奮しまくりました。

勘違い
最初大きく勘違いしていたんです。

今と同じひらがなは使われておらず
江戸時代は、江戸かなばっかりだと思った。

なんで、今のひらがなと違うんだろう

教科書の嘘つき!
元の漢字から、だんだん崩し字になってひらがなになったなんて
途中、違う字になってるじゃない。
字母が違うひらがなからころっと、違う字に変わったの?

随分いっぱいネットで調べてやっとそうじゃない事が分かったんだけどね。

今と同じひらがなもほぼ存在していて、第2バージョン第3バージョンのひらがなとして
前回お話しした江戸かなは存在していた。

一つの「い」なら「い」に対して複数のひらがなが存在していたということ

色々調べた結果を今から丁寧に話していきますね。

統一
明治33年
小学校令

この時に完全に今と同じひらがなになります。

そして、決まる
ひとつのかなには、ひとつのひらがなしか使っちゃいけません。

もうちょっと時代を遡ってみましょう

明治元年です。
小学校の教科書

そうなんです。
明治33年に変わったのは3つだけ
え、お、ゆ
それ以外は今と一緒なんです。

さらにさらに

嘉永3年1830年の消息往来

え、お、そ以外は今と一緒。

実は、明治元年の教科書はひらがな一つずつだけど
複数のひらがなを教えている資料も存在する。

でも、標準がこれという認識はある

今の標準語と方言のように
字についても標準はこれ
だけどそれ以外もOK

標準自体が明治33年に変わったのは、さっき言った3~4個だけ

変体かな
明治33年に標準タイプとそれ以外を区別するための言葉として
標準タイプを「現用字体」それ以外を「変体かな」と呼ぶようになります。

へんたーい止まれ イチニッ

前回の江戸かなという言い方は、本の著者の命名ですので
変体かなという呼び方が一般的だと思います。

なんで一つずつに統一しようとしたかというと、
明治20年くらいから一般的になってきた印刷という技術が大きく絡んでいます。
ひらがなの形が決まっていないと印刷するときにややこしくて仕方ない。

さらに、補足の話でいくと、現在はひらがなにはコンピュータで処理できるよう
シフトJISというコードが割り当てられています。
変体かなにはコードは割り当てられていません。
従って、入力することも出力(画面にも紙にも)する事も出来ない
文字ではなく、絵としてしか処理出来ない

科学に文化が駆逐された例ですね。

なぜ?
統一しようとした理由と背景は分かりました。

では、逆の方の理由は何なんでしょう。
なぜ、それまで、ひらがなは複数のバージョンが出来たのか。

まず、非常に消極的な理由というか背景としては
統一しようとしなかったから

特に江戸時代の特色ですが
天下統一と言っておきながら
実はごくごく小さな政府。
各藩の連合体のようなもの
また、ルールで縛って庶民を統制しようというつもりが幕府には極めて薄い
庶民はかなり自主的に運営している

でも、だからといってひとつのひらがなに対して複数バージョン使うような事をするだろうか

現代に生きている我々だから思うのかもしれないけど
そんなめんどくさいことするだろうか

例えば、人によってとか、身分によってとか、職業によってとか、地域によって
使うひらがなが違うと言うんだったら
統制できなかったんだなという話です。
先程言った、方言に近い感覚

でも違うんです。
一人の人がひとつの文章の中で複数使っている
例えば前回あげた例の中で言うと、はいかいし。上のいは標準のい、下のいは変体かなのい

不思議だ

大まかな傾向的なものはあるようです。
濁点のつく場合はこちらが選ばれやすいとか
言葉の最初はこっちの方が多いとか

でも基準と呼べるようなものはない
ランダムに
一つの文章の中で、複数種類使われている。

増えた
もっと面白いなあと思ったのが、増えた、という事

文字が出来るごくごく過渡期だったら話は分かりますよね
でも違うんです。

この辺、片仮名と違う経緯を辿るんですが
片仮名の場合は、かなり早い段階で統一されちゃいます。
複数でぶれたのは二つくらい。

でも、ひらがなは
片仮名同様、ほぼ統一しかかるんです。

でも、そこから逆に増えていく。
は?
ですよね

おう、なんたるちあ

識字率
日本の江戸時代の国民の識字率はなんと85%

世界中の当時の大都市の識字率よりも一番高い
すごいことです。

世界的に言うと識字率競争では一番不利な筈
漢字とひらがなとカタカナ
それだけでも大変なのにすごいなぁと思っていた。

でも今回分かった、ひらがなだけでも複数覚えていたというこの事実。
どういう国民や

理由
ここからは、完全に私見です。

二つの理由しかないんじゃないか
いずれか、ないしはいずれも。

1.楽しい。

色んな文字を使った方がワクワクしてエキサイティング
さっきこっち使ったから、今度は違うの使ってみようかな。

あるいは飽きる。

晩御飯見て
ええっ、今日はカレーなの?
お昼カレー食べたのに、みたいな。

となると、
子供たちが、寺子屋(手習い)で複数のひらがなを覚えさせられて大変と考えるのは
我々の感覚で
実は、
色んな文字を使い分け出来る方が楽しいよね
統一? 何言ってんの
楽しみを奪わないでくれる?

2.美しい

世界的に見ると
文字ってある言葉を伝えるための道具かもしれないけど

中国や日本のように、毛筆文化の場合は
文字自体が美術。

複数使えないと美しくないのかも。

流れるようにさらさらと美しく書くためには
ここでは右上から書き出したいのよね、みたいな

習字、特に草書が全く分からないので、推測の域を出ないんだけど

当時は今とは逆で
庶民は楷書は無理で、草書しか書けなかったらしい

バランス上、この辺では、ごちゃごちゃっとしたかなでインパクトが欲しいけど
この辺はあっさりしたいとか

今って、「イケメン」のように若者がどんどん言葉を産み出して
文化を形成していっているけど
ひょっとすると、昔は
言葉を産み出す事にくわえて
ひらがなすら作り出して若者が文化を引っ張っていったのかも。
ほら、今流行りの す を使ってみたよ
おう、ビューティフル!

当時の人から言わせると
効率?
何ですかそれ
楽しくて美しいより、大事な事なんですか

我々はひらがなを作り出すという自由と楽しみを奪われちゃっているのかなぁ。

江戸では、かなは、こう書いていた

「江戸のマスコミかわら版、寺子屋式で原文から読んでみる」という本を読みました。

実は、結構前に読んでいて、その時は、すごいっと思ったのですが
習得するのがなかなか難しく今まで時間が経っちゃっていました。

江戸のマスコミかわら版~
どういう本かというと
江戸時代に書かれていたかな(ひらがな)を習得し
江戸時代のかわら版をはじめとする出版物を直接読めるようにしましょう。
その上で、色んな事件のかわら版を解説してくれています。

何とも贅沢なてんこ盛りの内容です。

江戸かな
実は、この本ではじめて「江戸かな」の存在を知りました。
(著者の吉田豊さん命名。一般的には変体かなに含まれちゃっています。)

お恥ずかしい限りですが
そう言われてみると、江戸に関わる本は結構読みましたが
本とか狂歌とかかわら版とかが原文で「元はこんな感じ」的に添えられている事はありました。

大体は絵にだけ眼が行って
横の字は、何だかよく読めないなぁ、程度
いずれにしても書かれている内容は解説されているので、全く気にもとめなかった。

ひらがな、カタカナの成り立ち的なことも「ん」の話やいろは歌や五十音表の話等で
ちょこちょこ書きました。

それでも「江戸かな」の存在は知らなかった。
ひらがなはいつ頃できましたよ、って時点で
今のあいうえおがそのままの形で出来ちゃったものとばかり。

江戸時代は、今のひらがなの形と違う文字も存在していた。
大体は、今のひらがなに近い文字もあるんだけど
第2バージョン、第3バージョンの文字が一部に存在していて
それを覚えないと当時書かれたものを読みこなせない。
(以下、引用は全て「江戸のマスコミかわら版、寺子屋式で原文から読んでみる」からです)

そういうと見たことある!って思ったのが「し」

あれこれ
簡単そうなものからまいりましょう
1.今のひらがなと字母(元となる漢字)が一緒のもの
くずし方がちょっと独特
や が ゆ みたいで若干戸惑います。

2.字母は違うが、字母となる漢字がなんとなく思い浮かび、分かりやすいもの
とは言え、き とか め とかは、かなり頑張って覚える必要があります
み は得意ですよ

3.字母も違うし、とにかく機械的に覚えるしかないもの
これの、※のところはぜひ覚えるべしということです。

難しい

字母が今のひらがなと違う場合がなんとも難しい。
た、はようやく覚えましたけど

かわら版?
なかなか覚えられないということで
自分に言い訳しだします。

かわら版一枚も持ってないしなぁ
結局この本でも出ているかわら版は、現代の中にしてくれている。

いけませんね
こういう言い訳。

そんなこんなで、結構長い間、ほおっておきました。

ところがです。
ウォーキングで色んなところに行っていると
江戸かなに出会う事が以外に多いことが分かってきた。

橋に書かれていたり。

あっ、これあの本に有ったなあ
何だっけ
えーっと

もちろん、困るという程のものではない。
より楽しめないというだけのこと

この前、明治神宮に行ったとき
宝物殿に入った。
明治天皇、昭憲皇太后に関わるお宝が展示してある

そこで、明治天皇か昭憲皇太后かが詠まれた和歌があった

まさしく江戸かな。

よし

今後も覚えては忘れの繰り返しだろうけど
再挑戦することにしよう。

「ん」がなかった。続きの続きの続き。「ん」が生まれる

「ん 日本語最後の謎に挑む」から

「ん」がなかった
「ん」がなかった。続き
「ん」がなかった。続きの続き。空海のチャレンジ

かなの誕生
いよいよ、かなの誕生になります。

ひらがなが最初に現れたのは、紀貫之(きのつらゆき)の土佐日記935年
カタカナが最初に現れたのは、成実論(じょうじつろん)の828年

教科書で習いました。
ひらがなは、漢字を崩し字にして出来た。
カタカナは、漢字の部分を取って出来た。

ということはですよ。

元になる漢字がない「ん」「ン」は生まれようがない。
空海の大発見「吽」は残念ながら無視されちゃっていますので。

土佐日記より早い900年に書かれた伊勢物語には、
はねる音は「に(に当たる漢字)」と書くことにします。
なぜなら、はねる字がないからです。
と明記されているので、まだこの時点では「ん」はない。
935年の土佐日記。
ひらがなばかりで書かれているんだけど、一切「ん」は出てこない。

残念!
ひらがなカタカナはできても、「ン」の登場にはまだ時間を要します。

「ン」が生まれた
さあ、出た「ン」
カタカナの「ン」が最初に現れたのは1058年になります。
「法華経」です。
やったー
とうとう

でも、おそらくこれは突発的で
このあと急速に広まって、ということにならない。

1079年の「金光明最勝王経音義」
これは、最初にいろは歌も50音表の元が書かれている書物なんですが
そこに「ん」は「レ」か「ゝ」で仮に表しますと書いてある。

そして、明覚(みょうがく)が1101年に出した、「悉曇要訣」
この本、むちゃくちゃ画期的なんですが
50音を母音と子音の組み合わせで表現できると
縦横の50音表で表している。
そして、「ん」の音の存在を明確に書いた。
音としての「ん」については後でね。

いよいよ
カタカナの「ン」については、初出は1058年「法華経」でしたが
長く鳴かず飛ばずでした。

ここから急にという明確な書物はないんですが
1100年を越えた辺りからどんどん増えていったそうです。

若干遅れてひらがなの「ん」
1120年、元永3年に書き写された元永本「古今和歌集」に「ん」の形が初めて現れます。
ただ、ここでは若干疑問があって
「ん」の意味で「む」も使われているので
本当に今の「ん」と一緒か分からない。

とはいえ、同じく1120年にそのあとすぐ出た「今昔物語集」
ここで、急にひらがなの「ん」がバンバン多用されて出てくる。

いよいよ、定着となっていきました。

「ん」の音
昔の日本語に「ん」の音があったか
何度か後で再度触れますと書きました。

おそらくこう。
表現は難しいんですが
「ん」の音はあった。
ただ、「ん」を含む言葉ですよ、というのは無かったかもしれない。

例えば、明覚の「悉曇要訣」に出ている例だと
「馬(ま)に乗りて」が「マンノリテ」
「ありなむ」が「アンナン」
「知りなむ」が「シンナン」
後ろに続く言葉の関係でちょっと言いにくいなあ
となったとき「ん」に変化しちゃう。

古事記でいうと
「神」の事を「加微」と書いてあるんだけど
下に何かの言葉がつく場合
神館、となると
「加牟」と変わってしまう。
変化していたと思われる。

こういうのって現代でも良くある
腹の中が「はらんなか」

でも人々の中では、「正式じゃない意識」がある。

「ん」は言うとしても書くのはちょっとやだな

仮借の「ん」がなくて思いきりみんな苦労したので
漢字は無いとしても、記号でもなんでも何とかしそうなもんですよね

でも、随分遅れたのは
書かないで良いなら書かないで済ませたい、との意識が働いている。

例えば「土佐日記」
印刷がない時代なのでみんなが書き写しながら広まっていく。
少しずつ違う土佐日記がある

あらざるなり、のところ
あらざなり、と書かれている本がある。
おそらく、あらざんなり、と読んでいたと思われるが
ん、は書きたくない。
あらざなり、と書いても、あらざんなりのことだと分かるよね。

ちょっと待って
今の言い方おかしいよ
ん、は書きたくない、じゃないでしょ
ん、は当時ないんだから、書けないよね。

どうも、そうじゃない。
紀貫之はあらざるなりみたいに、変化前の表現で書けるところも
敢えて、ん、抜きで書いている。

ちょっと遅れて、清少納言の枕草子では
んを書くのは雅じゃないねと
「ん」にあたる言葉(例えば「む」)を抜くことを推奨している。

江戸時代まで行っても多少残っていて
ふんどしのことは「ふどし」と書いてあったりする

現代人の意識の中でも多少残っている例として
本で上がっていたのが
鳶が鷹を産む
これに振り仮名を打ってくださいと言うと
ほとんどの人が
「とびがたかをうむ」
と書くらしい。
ところが、読んでくださいと言うと
「とんびがたかをうむ」と読む。

話を戻して平安時代から鎌倉時代
雅な世界が終わり、庶民にも書き文字が急激に広まっていく段階をもって
「ん」抜きの感覚が薄れ
話していることと、書き文字が違うなんてめんどくさい。
「ん」も出来たんだったら使いましょうよ、と広まっていった。


残っている疑問が、形。
「ん」と「ン」の形はなんでこうなったの?

ひらがなカタカナは漢字が元になっています、という教科書の説明。
ん、ン、に関する限り当たらない。
元になっている漢字がないわけですから。

結論から言うと分からない。
諸説あるんだけど、どれも決め手にかける
多いのは、無理矢理、この漢字から、というものだけど
そうかなあ

カタカナのンの方は面白いのが新井白石の説。
新井白石ってさすがに学者ですね
こんなとこまで、頭突っ込んでます。

良いとこ突いてます。
サンスクリット語の音がはねる事を意味する空点「・」と
荘厳点「下に緩やかにカーブした形」を組み合わせたんだとする説
例えば「ア」を表す梵字に空点と荘厳点を付け加えると「アン」になります。

私的には
新井白石大好きなので、この説、採用!

お疲れさまでした。
これで「ん」がなかった話はおしまい。