[てんてん] 右上あいてるよね

[てんてん] 日本の文字の始まり
[てんてん] 昔、日本語に濁音はあったのか
[てんてん] 濁音は積極的に避けられた
の続きです。
てんてん、シリーズは最終回

濁点
過去3回で、
1.昔の日本に濁音はあった
2.万葉仮名の時は、清音と濁音は違う文字として存在していた
3.平仮名と片仮名が作られる段階で、濁音に対する文字が作られず
 し も じ も同じ し で表記されるようになった
ということを明らかにしていきました。

いよいよ、濁点(てんてん[゛])です
いつ、誰が決めて、どのように広がっていったのか

中国語
そのためには、中国語の特徴から始める必要があります。

中国語は、意味を表す表意文字。
発音を表す、日本語の仮名だったりアルファベットは表音文字。
学校で習いました。

漢字を文字として「見る」場合にはとっても便利
すぐに意味するところが分かります。
ところが「聞く」事で理解するのが大変
例えば、かん 変換、ってパソコンで打ってみると、出るわ出るわ
熟語にしても、同音異議語がやたらに多い。

そのへん、中国人は心得ていて、アクセント(抑揚)が何種類かあり
発音とアクセントの組み合わせで区別する。

もっと厄介なのは同じ漢字でもアクセントが違うと違う意味になるものがたまにあること
「教」は平声の場合は教えること、という名詞になり
去声の場合は教える、という動詞になる

そのお勉強で、漢字の四隅にマークを付けながら教える

分かった?
右下に点がついていたら語尾を下げるのよ、って具合

日本でも漢字で書かれた中国の文書は
ちゃんとした中国語の発音で読めなきゃ、公務員試験に受かりませんでした。
お役人達は中国人の先生に教わりつつ、四隅に点を付けながら発音を覚えていきました。
声点(しょうてん)と言います。

菅原道真が遣唐使を廃止すると、漢字の発音も日本化していきます。
例えば、明治以降、英語が入ってきたときに、glassをガラス、dollarをドルと言った具合

それでも、声点が便利だったという記憶が残っています。
漢字の横っちょを便利に使い、中国語の発音で漢文とかを読むのではなく、日本語的に読む

レ点、一二点、オコト点、って感じ

だんだん近づいて来ましたね

四隅の便利さに目覚めたので、もっといろいろ使いたいね
発音が日本語化すると、複雑な抑揚はまあ良いじゃない、ってことになり
語尾が上がるか下がるかの二種類だけになっちゃう
上声と平声で、左側の上に点が付くのと、左側の下に点が付くもの

アクセントよりさあ、もっと切実なのがあるよねえ
清音と濁音を区別出来るようにしない?
右側あいてるよね
アクセントじゃないって明確に分かるように
点じゃなく、てんてん、を右上でどう?

誰が言い出したかは分かりません
自然な流れで少しずつ定着し
そのままの流れで、漢字につけるだけじゃなく、仮名にもつけちゃえ
濁点の誕生です。

ただ、とてもグッドアイデアだったのにいまいち定着しない
古くから、江戸時代まで文字と言えば筆でさらさらっと書く続けた文字
筆を一旦持ち上げる必要のあるてんてんは、面倒

ええい、面倒
このまま出しちゃえ、読めるっしょ
結局元のまま

濁点がないまま、本として出て
読む側が、不便と感じるなら、読むときに濁点を付けながら読みましょう
書く側と読む側の分業制。共同作業。

きっちりルールとして決まったのは、何と、明治になってから
外国から活字という技術が入ってきた。
活字になると逆に字を続け文字にすること自体難しい。
最初から、濁音の文字を用意しておいても大差ない

ようやく完全に定着いたしました。

[仮名]シリーズはこちら(少し下げてね)

[てんてん] 濁音は積極的に避けられた

[てんてん]日本の文字の始まり
[てんてん]昔、日本語に濁音はあったのか
の続きです。

穢れ
濁音の特色って何だろう

一番分かりやすいのはオノマトペでしょう
擬音語とか擬態語とか言われているもの

サラサラ ザラザラ
スルスル ズルズル
コツコツ ゴツゴツ

清音の方は清らかだけど、濁音の方は汚いイメージ
清音と濁音という漢字自体、そう言ってます

オノマトペじゃなくても、傾向として
ゴミ、ガラクタ、クズのように、汚いものに濁音がついたりします。

古代から平安にかけて、神様というのが、生活や政治の中心にあり
穢れ(けがれ)というのを極端に嫌ってきた
神社に入るときは、手水舎で手を洗いますが
あれはウィルス対策ではなく、穢れを落としている訳です。

前回、連濁の話の中で、濁るかどうかは人により地域により時代によりまちまちだから
清音の文字だけで表現していても読み手が勝手に解釈できるという事を言いました。
さらに言うと「ほ」と「ぼ」ってほぼ一緒だなと認識していた訳です。

分かりました?
「ほ」と「ぼ」は、ほぼ一緒
うまいこと言いましたね

ここまでは必要性の問題です。
漢字を当て字にした万葉仮名で、清音と濁音が別々の文字だったのに
崩し字になったり部分を取ったりして、平仮名片仮名ができる時点で
70個を作らずとも、50個で良いよね、分かるよね、と

さらに、積極的に、
穢れを嫌うがゆえに
濁音の文字を作りたくなかった

いまだに百人一首の下の句の札には濁音がないと言いました

和歌の世界は特に穢れを嫌うからです。

でも不思議ですね
そう言われると、
下の句の札には濁音が付いてないけど適宜補って考えてね、
なんて説明は一度も受けたこと無いのに
なぜか「はいっ」って取れちゃいましたからね
ほぼ一緒だからでしょうか

不便
まだ、仮名が出来立ての頃は、「てんてん(゛)」の濁点が開発されていません。
正直不便です。

読む側が、濁音として読むべきかどうか考えながら読まないといけません

そっちはざらざらだけど、こっちはさらさらなので良いね
と言おうとすると
そっちはさらさらたけと、こっちはさらさらなのて良いね

何言いたいねん

ところが、これをむしろ楽しんじゃおうというのが昔の人
当時「仮名は読みなし」という諺があり
勘違いした笑い話を楽しむ

明確に相手に伝えるより、ぼわっと漠然とした感じで伝えることを良しとした。
「もののあはれ」はそういった事も含む

上から読んでも下から読んでも同じという、回文も出来やすい

なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな
(長き夜のとおの眠りの皆目覚め波乗り船の音のよきかな)

お正月に紙に七福神の宝船と共に書いて、枕の下に置いて寝ると良い初夢が見られる回文
これも濁音無視のルールあっての賜物です。

次回は、漢字や中国語、と日本語の関わりの時代的な変化から
進めて参ります。

[仮名]シリーズはこちら(少し下げてね)

[てんてん] 昔、日本語に濁音はあったのか

[てんてん]日本の文字の始まり
の続きです

万葉仮名
日本には発音される言葉はあったが、書き表す文字はなかった
中国では漢字という文字があった

うらやましいわぁ

って事で、例えば「し」と発音するところには
「之」とか「思」を当てて書き表した。
「じ」だと「自」とか「士」

ここまで前回話しましたね
「し」と「じ」は最初違う形の文字だった
となると、仮名ができるとき47文字ではなく、濁音半濁音も含んだもっと多くの仮名になった筈

どこかで、しとじは、ほぼ一緒でちょっと違うだけと、誰かが気づいたことになります。

この謎を解き明かしていく訳ですが
まず大前提の話から行きましょう

さっき「じ」だと「自」とか「士」で表したと書きました。
当時日本語に「じ」即ち濁音があった前提で話しています。
そこから疑ってみましょう

昔、日本語に濁音はあったのか
前回「ん」シリーズをやったとき、昔の日本語には「ん」という発音自体なかったという話をしました
アマテラスオオミカミ オオクニヌシノミコト

ひょっとして、濁音もなかったんじゃないの?

結論
濁音を含む日本語はありました。

何だよ、ビックリさせてからに

でも、微妙な表現をしました
どういうことでしょう。

1.濁音で始まる言葉はなかった
2.二音目以降に濁音の入る言葉はあった

今いくらでもある、濁音で始まる言葉は中国から入ってきた言葉なんです。
ヒントが見えてきました。

もっと前は濁音を含む言葉自体が無かったんじゃないか疑惑です。

万葉仮名さえない時代にどういう言葉だったのかは
分かるすべは皆無なのですが
江戸時代の本居宣長(もとおりのりなが)大先生が推測しています。

連濁の存在です。
言葉が続くときは、二つ目の言葉が濁っちゃう事がある
月は望月になると「づ」になるし
川は谷川になると「が」になる
2音目以降が濁る言葉は、元々は二つの言葉がくっついて連濁になったから濁るんじゃないか
叔父、叔母は大父(おおちち)、大母(おおはは)が語源だし
窓は間戸(ま・と)、袖は衣手(そ・て)、筆は文手(ふみ・て)が語源

全てがこれで説明できる訳ではないが
大きなヒントにはなる

重要なのは望月を「もちつき」と読んでも間違いじゃないし
谷川を「たにかわ」と読んでも良い

連濁は、人により、地域により、時代により
付いたり付かなかったりということ
何だか読むとき自然に濁っちゃったなあ、という読むとき事情による

文字としてはもちつき、や、たにかわ、と書いておいて
好きなように読んでね、ということなら
文字は清音の方だけ作っておいても良いのかも知れない

必要性が低いということです

ただ、筆をみてすぐに文手と想像する人はまれで、語源がどうあれ「ふで」は誰が読んでも「ふで」
言葉を繋げた望月のような言葉でなければ説明はしづらい
言えるのは、つとづは似てるよな、とはなるわけです。

次にもっと積極的に濁りを嫌う場面があったんじゃないかと言うことです。

和歌が典型的な例です。

百人一首には今でも、濁点はひとつもついていません
たれをかも 知る人にせむ 高砂の

たれをかも と書いて、だれをかもと読んでね、というお約束
以下のように下の句の札には一切濁点が付いていません

なぜ和歌には濁点を付けちゃいけないのかというあたりから、次回お話ししましょう

[文字]シリーズはこちら(少し下げてね)

[てんてん]日本の文字の始まり

山口謠司さんの「てんてん」という本を読んでいます。
山口謠司さんと言えばこのブログでもシリーズで紹介した「ん」

日本語の中で始めは無かった「ん」という発音や文字が
なぜ、いつ、どういう経緯で作られたのかを研究した本

「ん」がなかった
「ん」がなかった。続き
「ん」がなかった。続きの続き。空海のチャレンジ
「ん」がなかった。続きの続きの続き。「ん」が生まれる

あまりに面白かったので、いつか「てんてん」も読もうと思っておりました。

最初に「てんてん」という本の存在を知ったのはずいぶん前
ラジオであの奇人、みうらじゅんさんが安住紳一郎の日曜天国で
「てんてん」がとても面白いと紹介していたんです。
「ん」を読んだときも「てんてん」を書いた人だからという理由で読み始めました。
順番逆でしたね

てんてんとは「゛」(濁点)の事です

「ん」に対する研究同様に、濁音や濁点に関しても緻密な研究が行われています。

濁音や濁点
ひらかなが出来る前の「万葉仮名」と言われるものには
清音と濁音に対応する別々の文字が使われていたんです。

万葉集や古事記や日本書紀が書かれたときの文字です。
「仮名」とは言っておりますが、文字としてはまるまる漢字
文字はなくても発音としては存在していた大和言葉に、漢字を当て字として当てた
例えば、「し」には「之」とか「思」とか
ひとつの音にひとつずつではなく、かなり多くの字が当たります。
「じ」はと言えば「自」とか「士」とか
違う文字が当てられるということは
清音と濁音では形の違う文字だということです。

万葉仮名が「草仮名」と言われる草書体の仮名に変化し
「平仮名」になっていきます。

その時点で
「し」と「じ」の発音が「し」に統一されてしまう。
「し」と「△」でも良かった訳ですが同じ形の文字になる

あれ
「じ」じゃないの?

濁音の事は後でお話しします。
一旦、「し」です

「し」か「じ」かは文字は一緒で、
前後の文脈で「し」と読むべきか「じ」かを読み手が考えて読み替える

とりあえず、今回はここまでにして、なぜそうなったのか
その後、どう展開していくのか

答え的なことは一旦置いておいて
ちょっと回り道にはなりますが
漢字や日本語の発音的な事からシリーズとして
話を進めていこうと思います。

[かな]シリーズはこちら(少し下げてね)