「ん」がなかった。続きの続きの続き。「ん」が生まれる

「ん 日本語最後の謎に挑む」から

「ん」がなかった
「ん」がなかった。続き
「ん」がなかった。続きの続き。空海のチャレンジ

かなの誕生
いよいよ、かなの誕生になります。

ひらがなが最初に現れたのは、紀貫之(きのつらゆき)の土佐日記935年
カタカナが最初に現れたのは、成実論(じょうじつろん)の828年

教科書で習いました。
ひらがなは、漢字を崩し字にして出来た。
カタカナは、漢字の部分を取って出来た。

ということはですよ。

元になる漢字がない「ん」「ン」は生まれようがない。
空海の大発見「吽」は残念ながら無視されちゃっていますので。

土佐日記より早い900年に書かれた伊勢物語には、
はねる音は「に(に当たる漢字)」と書くことにします。
なぜなら、はねる字がないからです。
と明記されているので、まだこの時点では「ん」はない。
935年の土佐日記。
ひらがなばかりで書かれているんだけど、一切「ん」は出てこない。

残念!
ひらがなカタカナはできても、「ン」の登場にはまだ時間を要します。

「ン」が生まれた
さあ、出た「ン」
カタカナの「ン」が最初に現れたのは1058年になります。
「法華経」です。
やったー
とうとう

でも、おそらくこれは突発的で
このあと急速に広まって、ということにならない。

1079年の「金光明最勝王経音義」
これは、最初にいろは歌も50音表の元が書かれている書物なんですが
そこに「ん」は「レ」か「ゝ」で仮に表しますと書いてある。

そして、明覚(みょうがく)が1101年に出した、「悉曇要訣」
この本、むちゃくちゃ画期的なんですが
50音を母音と子音の組み合わせで表現できると
縦横の50音表で表している。
そして、「ん」の音の存在を明確に書いた。
音としての「ん」については後でね。

いよいよ
カタカナの「ン」については、初出は1058年「法華経」でしたが
長く鳴かず飛ばずでした。

ここから急にという明確な書物はないんですが
1100年を越えた辺りからどんどん増えていったそうです。

若干遅れてひらがなの「ん」
1120年、元永3年に書き写された元永本「古今和歌集」に「ん」の形が初めて現れます。
ただ、ここでは若干疑問があって
「ん」の意味で「む」も使われているので
本当に今の「ん」と一緒か分からない。

とはいえ、同じく1120年にそのあとすぐ出た「今昔物語集」
ここで、急にひらがなの「ん」がバンバン多用されて出てくる。

いよいよ、定着となっていきました。

「ん」の音
昔の日本語に「ん」の音があったか
何度か後で再度触れますと書きました。

おそらくこう。
表現は難しいんですが
「ん」の音はあった。
ただ、「ん」を含む言葉ですよ、というのは無かったかもしれない。

例えば、明覚の「悉曇要訣」に出ている例だと
「馬(ま)に乗りて」が「マンノリテ」
「ありなむ」が「アンナン」
「知りなむ」が「シンナン」
後ろに続く言葉の関係でちょっと言いにくいなあ
となったとき「ん」に変化しちゃう。

古事記でいうと
「神」の事を「加微」と書いてあるんだけど
下に何かの言葉がつく場合
神館、となると
「加牟」と変わってしまう。
変化していたと思われる。

こういうのって現代でも良くある
腹の中が「はらんなか」

でも人々の中では、「正式じゃない意識」がある。

「ん」は言うとしても書くのはちょっとやだな

仮借の「ん」がなくて思いきりみんな苦労したので
漢字は無いとしても、記号でもなんでも何とかしそうなもんですよね

でも、随分遅れたのは
書かないで良いなら書かないで済ませたい、との意識が働いている。

例えば「土佐日記」
印刷がない時代なのでみんなが書き写しながら広まっていく。
少しずつ違う土佐日記がある

あらざるなり、のところ
あらざなり、と書かれている本がある。
おそらく、あらざんなり、と読んでいたと思われるが
ん、は書きたくない。
あらざなり、と書いても、あらざんなりのことだと分かるよね。

ちょっと待って
今の言い方おかしいよ
ん、は書きたくない、じゃないでしょ
ん、は当時ないんだから、書けないよね。

どうも、そうじゃない。
紀貫之はあらざるなりみたいに、変化前の表現で書けるところも
敢えて、ん、抜きで書いている。

ちょっと遅れて、清少納言の枕草子では
んを書くのは雅じゃないねと
「ん」にあたる言葉(例えば「む」)を抜くことを推奨している。

江戸時代まで行っても多少残っていて
ふんどしのことは「ふどし」と書いてあったりする

現代人の意識の中でも多少残っている例として
本で上がっていたのが
鳶が鷹を産む
これに振り仮名を打ってくださいと言うと
ほとんどの人が
「とびがたかをうむ」
と書くらしい。
ところが、読んでくださいと言うと
「とんびがたかをうむ」と読む。

話を戻して平安時代から鎌倉時代
雅な世界が終わり、庶民にも書き文字が急激に広まっていく段階をもって
「ん」抜きの感覚が薄れ
話していることと、書き文字が違うなんてめんどくさい。
「ん」も出来たんだったら使いましょうよ、と広まっていった。


残っている疑問が、形。
「ん」と「ン」の形はなんでこうなったの?

ひらがなカタカナは漢字が元になっています、という教科書の説明。
ん、ン、に関する限り当たらない。
元になっている漢字がないわけですから。

結論から言うと分からない。
諸説あるんだけど、どれも決め手にかける
多いのは、無理矢理、この漢字から、というものだけど
そうかなあ

カタカナのンの方は面白いのが新井白石の説。
新井白石ってさすがに学者ですね
こんなとこまで、頭突っ込んでます。

良いとこ突いてます。
サンスクリット語の音がはねる事を意味する空点「・」と
荘厳点「下に緩やかにカーブした形」を組み合わせたんだとする説
例えば「ア」を表す梵字に空点と荘厳点を付け加えると「アン」になります。

私的には
新井白石大好きなので、この説、採用!

お疲れさまでした。
これで「ん」がなかった話はおしまい。

「ん」がなかった。続きの続き。空海のチャレンジ

「ん 日本語最後の謎に挑む」から

「ん」がなかった
「ん」がなかった。続き

空海の挑戦
そんなこんなで混乱期
ひらがなもカタカナもない時期の頃です。
万葉がなに「ん」がない時代

あの、弘法大師・空海がある本を出します。
「吽字義」という本です。
もちろん漢字だけで書かれている。

阿、と、吽について書いている。
阿、は宇宙の始まりを表している
種。
そこからすべてが始まる。
ビッグバンなんて当然知らないのに
宇宙は、ひとつの種から始まるんだと言っている。

そして、吽。
吽は宇宙全ての終わりを表す。
終わりと言っても、それは絶望ではない。

むしろ完成。
般若心経でいう「空」に近い概念が「吽」
悟りを拓き終えた状態。

そこにおいて宇宙はまた、種に戻る。

かなもないので
もちろん、50音表もない
今なら、誰しもが
「あ」で始まり「ん」で終わる
はい、その通り。知ってます。

なんで、この時期に、あまたある文字の中で
「あ」を始まりと表現したんだろう。
そして、もっと不思議なのが「ん」

「ん」はまだない。
ないのに「ん」が終わりだと言っている。

3つの「ん」が発音として区別つきにくくなってきて、統一されようとしていた。
それを先取りして「吽」と表現しようとしたのかもしれない。
「吽字義」には、「吽」を「口を閉じて発する音」としているから
空海としては「吽」は今まで存在せずにみんなが困り果てていた
「ん」を表す初めての漢字として捉えていたのかもしれない。

阿吽
みなさんご存じの阿吽
狛犬だったり、金剛力士像だったり
一方が口を開けて、阿
もう一方が口を閉じて、吽
この阿吽に繋がっていく。

阿吽の呼吸というのもそう。

やはり、阿と吽は始まりと終わりとして対のものとして
認識されているんだろう。

種明かし
種明かしをしましょう。
実は「吽」は漢字の中でも極めて特殊な位置付け。

サンスクリット語なんです。

仏教は釈迦が始め、
釈迦はインドの人。

ともすれば、仏教って中国のものと思いがちだけど
インドで出来た宗教。

釈迦自体は全く書き物を残さなかったけど
弟子たちが釈迦没後、思い出し思い出し
釈迦の教えを書き物に残す。

何百年も経って、さらに
それまでインドにあった色んな宗教を取り込んでいって
密教という分野を確立する。
日本に入ってきているのはほぼ全て、密教。

密教の特色のひとつに呪文(真言)というものがある
おまじない、なので
チチンプイプイやテクマクマヤコンみたいなもの。
それ自体には、意味がない。
特に空海の始めた「真言宗」は真言宗というぐらいだから
このおまじないを重要視している。

仏教の書き物は、インドの釈迦のいたあたりの言語
サンスクリット語で書かれている。

それを孫悟空で有名な三蔵法師とかが
シルクロードを長旅し
いっぱい中国に持ち帰る。
みんなで頑張って、中国語(漢字)に翻訳し
それが日本に伝わってくる。

すなわち、日本人が目にしたのは翻訳版な訳です。

空海は、それじゃ満足いかない
サンスクリット語も勉強し
日本語、中国語、サンスクリット語の3か国語に精通した。

そうすると分かったのが
サンスクリット語にはあるけど、中国にはない文字がある

すいません、前置きが長くなりすぎて。

そうです。
サンスクリット語には、「ん」の文字が存在するんです。

中国語って、意味と文字が直結した、 表意文字ですけど
サンスクリット語って、英語や日本語のような表音文字。

中国人もその辺の事情を分かっていて
中国になくてサンスクリット語にある「ん」を表すとき
ひとつの記号で表した。
それが「吽」
牛が口を閉じながら鳴く「もぅーっ」ってやつ

中国としては、その文字が必要な訳じゃないから
サンスクリット語の「ん」を説明するとき以外は一切使われない漢字。

実は、日本でも吽の漢字は阿吽という熟語以外には一切使われません。

サンスクリット語には、日本の50音表みたいに
文字に順番的なものが存在し
一番最初が「阿(あ)」で一番最後が「吽(ん)」なんです。
偶然の一致です。

空海、大発見。
サンスクリット語に精通した者のみがなしえた
「ん」の発見

実は空海としては、どうしてもサンスクリット語を勉強する必要があった。
呪文です。
日本人が、日本語に漢字を音だけで当てて万葉がなを作ったように
中国人も、サンスクリット語の呪文のところは、近い音の漢字を当てた。
般若心経の
ギャーテーギャーテーの部分がそうですね。

これじゃ、本当の発音がわからない。
チチンプイプイはチチンブイブイと書かれているかも知れないからです。
ちゃんとした発音で呪文を唱えなきゃ
効果があるんだかないんだか。

世紀の発見は?
さあ、この世紀の大発見。

困り果てていた皆に
空海が
良いの見つけましたよ
「ん」は「吽」でいきましょうよ
という提案書なの?

ということは、「ん」の発明者は空海?

となりそうなんだけど

残念ながら「吽字義」の中には
今後「吽」を使いましょうとは一言も書いていない。

あくまでも「吽」の哲学的仏教的位置付け。

結果的に言うと
「吽」が万葉がなに加わる事はなかった

なにせ、中国人ですら、知る人ぞ知る漢字ですので

でも、やっぱり凄い人ですよね、空海。
この挑戦に、大拍手です。

すいません
「ん」の発見に時間かかりすぎてますね
次こそは。

短い挨拶、大歓迎

金田一春彦先生の「美しい日本語」から

短い挨拶で金田一先生が感銘を受けたもの。

よく朝礼とかで長い挨拶をされたとき
貧血でバタバタ倒れる人がいましたね。

何かいな、軟弱な
と思っていましたが
不思議なことに
自分の体質が変わってしまったのか
数年後、自分も倒れるようになってしまった。

こうなると、急に、倒れる人の気持ちが分かるようになり

全面的に長い挨拶をする方が悪い!
長い挨拶は、国民の敵。

ゲンキンなものです。

時枝博士
東大の国語学、時枝誠記(ときえだもとき)教授
結構独自性の強い論を展開するので
時に批判の的になるタイプ。

研究発表会なる会合があって
時枝教授は、一般の学者が発表したあと
閉会の辞を担当する段取りになっていた。

司会進行は、若き日の金田一先生

発表の中で、
これは、時枝教授を批判しているでしょう
というのがいくつかあった。

さあ、閉会の辞。

言っちゃってるよ
どうするよ。

みんな唾を飲み込んで
どんな反論を言われるのか、
爆発を怖れる。

「今日は色々な有益な発表があった。色々な意見が出ることは、
学問の進歩のために誠に喜ばしい。」
ということを、しっかりとした口調で手短に述べた。
そこで、司会進行の金田一先生の方に向き直す。

「これは閉会の辞でしたね」
「そうでしたが」

聴衆はクスクスっ

聴衆に向き直し

「というわけで、これをもって閉会の辞と致します。
立派な研究会が出来たことを、御礼申し上げます。」

降壇

一堂大拍手。

見事ですね。
一本取られた!です。

司会者とのやり取りがなく、
単に短い挨拶なら
いかにも、
逃げたな、の印象。

それに変化をつけ、
唾を飲み込んでいる聴衆の肩の力を抜かせ
さらに、唐突な閉会宣言に納得感を持たせる

計算尽くされた、かわしかた。
さすがは国語界の権威です。

ケネディ大統領の弟
アメリカからケネディ大統領の弟が、日本視察の目的で来日した。
その都度受ける記者達の質問にも、自分のハッキリした意見をズバズバ言って
こりゃ日本の政治家とはえらい違いだぞと。

日本を離れる時に、ケネディを送る会というのが開かれた。

その席で行われたスピーチ。

私は、日本に来て、日本では風呂に入るとき、
親子兄弟みな同じ風呂に入るという話を聞いて
私も日本人に生まれれば良かったなあと思いました。
そうして
マリリンモンローが私の妹だったら、どんなに良かったろうと思いました。
以上。

大拍手。

「ん」がなかった。続き

「ん 日本語最後の謎に挑む」から
「ん」がなかった話の続きです。
前回は「ん」がなかった

中国で
中国での話で途中になっていましたね

中国では、んの発音は3種類もあったという話でした。

中国にも太古から辞書があって
「切韻」という辞書には、漢字の発音が書いてある

なんでそんな必要があるかというと
時代や地域で同じ漢字でも発音が全然違うから

代表的なのは呉音と漢音
日本にも両方入ってきちゃうんだけど
桓武天皇は紛らわしいので
漢音しか使っちゃダメと決める

漢音使えなきゃ、お坊さんとして採用しませんよ
当時、お坊さんって国家公務員なんです。

言わば公務員試験に漢字の発音が出るわけですから
みんな一生懸命漢字の発音を勉強する

「切韻」という辞書にはどういう風に発音が書いてあるか
不思議ですよね
もちろん中国にはカタカナもなければ発音記号もない
漢字しか分からない筈

二つの漢字を組み合わせるんですね

例えば「酸」だと
素官
と書いてある
素の発音はローマ字的に言うとso
官の発音はkuan
suan(スァン)

賢いぞ中国人

さあ、じゃあ日本人はどういう風に発音を勉強していったかなんですが
その前に一番重要なこと。

考えてみりゃその通り!
の根本原因。

中国で「ん」という文字
中国には「ん」を単独で表す漢字がありません。
ん、の発音はあっても文字がない

先程の辞書でいうと
下側の漢字で「ん」だと分かるけど
ひとつの文字だと「ん」を表せない
漢字の発音の中の一部な訳です

この辺の話は私としては個人的に思いっきり興味深い
前回、昔、英語の単語を思いっきりいっぱい調べた話をしましたが
同様に、いっぱい調べて法則性を発見したものがあります。
漢字の二音目です。
漢字の音読み
よろしければ読んでみてください。

先程の辞書でいうと、下側の漢字はそれほど多くないということに繋がる。

話を戻して、漢字には「ん」という漢字がない。

さあ、困ったのが日本人

前回お話ししたように
それまで存在していた日本語
文字はなくて、言葉だけ
中国から文字が入ってきた。
仮借(かしゃ)といって漢字を当て字にして記録できるようになった。
この時点ではカタカナもひらがなもありません。
あは安、いは伊というふうに表現。

もし、この時点で日本語にもともと「ん」の発音がなければ
「ん」の漢字がなかったところで問題にはなりません。
ここ、後でまた話しますが
全部漢字の仮借で書かれている、古事記、日本書紀、万葉集には
一切、んは使われていません。

でも、どうしても困ることがあります。
漢字の発音のお勉強です。

公務員試験に受かるため
漢字の発音を正しく覚える必要があります。

今なら、漢字にフリガナを振りますね
愛なら「アイ」と振る。
当時は「安伊」と振ってノートを取った。

門「母・・」
困った。「ん」ないやん。

大パニック。

漢字には、発音の一部として「ん」があるくせに
文字として「ん」がないことで生まれた悲劇ですね
オーマイガー

さあ、どうしたか

散々困ってやったのが
とりあえず、こう書いとくけど本当は違うからね作戦。

これ、仮の作戦だから
人によってバラバラ
二と書いておいたり、レと書いておいたり、ムと書いておいたり
イと書いておいたり
(もちろん漢字でね)

面白いのが、三種類のんの発音をちゃんと聞き分けて
書き分けてたりもする

でも、トラブル続出。
そりゃそうよね
二のつもりで書いたのか、んのつもりで書いたのか
書いた本人以外は全く分からない。
本人だって、時間がたてば
えぇっと・・

面白いのが経という漢字
ケイと読むと思ってますよね。
あれ、実はケンなんです。
こう書いとくけど作戦で、誰かがケイと書いたのを
ケイだと思って、そのまま定着しちゃった。

そんなこんなで
もう限界。
誰か何とかして状態です。

なかなか、んの文字の発明に至りませんね

まだまだ続きますので
またここで区切って、
あとはシリーズの次回。