[ことば日本史]一所懸命に一生懸命

ことば日本史、鎌倉時代から

一所懸命
中世の武士は、おのれの本領を守ろうと命がけで戦った。
本領とは、将軍家への奉公によって恩給された「恩地」とはちがい、御家人が先祖から
代々受け継いできた所領のことである。

それは平安時代以来の在地領主がみずから開発した所領田畑がもとであり、
分割相続の対象にはされず、嫡男、惣領に受け継がれていった。
武士は、その本領を鎌倉殿から安堵されて、御家人となる。

この本領が「一所懸命の地」だった。

これがやがて、一つのことに命がけでとりくむ態度をさすのに転用され、
その意味に引きずられて、一生懸命とも表記されるようになった。

土地という財産
大学の時、法律の先生に、土地という財産はあらゆる財産の中で極めて特殊な
有限の資産だと習ったことがある
どうやってもトータルで地球の表面以上にはなりえない
それを分け合うことになる

生産や生活の拠り所なので、全ての基本
今は「所有権」を国家が保証してくれるが、そんなことはごく最近で
長い歴史の間は、実力で奪ったり守ったりの世界だった

日本史を勉強していくと
土地の所有の仕方、保護の仕方の歴史だなあと思う

自分の得ている既得権を守るためどうするか
どういう人に守ってもらうか
一所懸命の歴史だったと思う

びっくり
「一所懸命」って私の中では衝撃のワード

あれは小学校だったか中学校だったか
先生が黒板に「一所懸命」と書いて
みなさんは「一生懸命」だと思っていると思いますが
実は「一所懸命」が正しいんです

ことばの意味や歴史を教えてくれた。

あまりに衝撃だったのでようく覚えている

今まで「一生懸命」頑張ってきたのに
本当は「一所懸命」頑張るべきだったなんて、そんなバカな
私の人生を返せ!

まあ、そのあと、歴史の始まりは一所懸命でも
一生懸命に相当することばは今や「一生懸命」になってしまっているので
一生懸命が正しいと分かり、やすらかな日々を送れています

ただ、あの衝撃は今でも強く残っているので
「一生懸命」と書きたいときは
一旦「いっしょけんめい」変換、ってやって「一所懸命」を出し
バックスペースで消してから「一生懸命」に変えたりしています
あの時の先生に対する敬意です

[日本語]シリーズはこちら(少し下げてね)

[ことば日本史] 関西は無かった

後鳥羽上皇は、承久の変の敗戦が決まった日、
北条義時追討の宣旨・院宣を取り消して、
この戦の責任は謀臣にあって自分にはないのだと、泰時に申し入れた。

しかし義時の処断はきびしく、
後鳥羽、順徳、土御門の三上皇は、それぞれ、隠岐、佐渡、土佐に配流された。
そして仲恭天皇を廃して後堀河天皇を立て、その父後高倉院の院政とした。

また乱の首謀者と目された院の近臣たちは、
ことごとく捕らえられ、関東に護送される途中で斬殺され、
在京御家人たちは六波羅によって斬られた。

そうした人々の所領は幕府に没収され、おもに東国出身の御家人がその地の地頭とされた

京都に進軍した泰時や時房は、そのまま六波羅にとどまって、
朝廷の監視や洛中警固、西国御家人の統制などに携わることになった。
これが六波羅探題(ろくはらたんだい)の創設につながる。

乱後のこうした処置によって幕府は、西国に対して、
より深く権力を浸透させることができた。
ここに朝廷と拮抗する東の王権としての鎌倉幕府が成立する

それまでも、関より東の意味「関東」という言葉はあった
「関東」は京都が中心だった朝廷からすると、若干上から目線の使われ方だった
「関西」という言葉はありませんでした
あくまで京都から見てどっち方向かしかなかった訳です

このあと、言葉は同じ「関東」が東国の王権が自らの呼称として常用し
鎌倉に視点をすえて、京都をふくむ西国を「関西」と呼ぶことになるのです

[言葉]シリーズはこちら(少し下げてね)

[ことば日本史]錦の御旗。負けちゃったのに

ことば日本史シリーズ
今回から鎌倉時代に入ってまいります

平清盛を倒した源頼朝は鎌倉に幕府を開く

だが後鳥羽上皇は、政権を奪い返すチャンスをうかがっていた。

承久元年(一二一九) 一月、三代将軍、源実朝が暗殺される。
公家文化に親しみ、武家と公家とのパイプ役となっていた実朝の死は、両者の溝を深める。

源氏の将軍が絶えたことによる動揺は、後鳥羽上皇にとって、待っていたチャンスと見えた。

決戦のときがきた。

錦の御旗(にしきのみはた)
承久3(1221)年5月14日、
後鳥羽上皇は、流鏑馬ぞろえと称して、鳥羽城南寺に畿内近国の兵千七百余を集めた

翌日、義時を追討し、全国の守護地頭を院庁の統制下に置くという院宣を発する。

この召集に応じなかった京都守護、伊賀光季を襲わせて挙兵の血祭にあげた。

鎌倉では、北条政子が御家人の結束を訴え、
北条泰時時房を大将軍とする東海道軍十万余騎に東山道、北陸道、
あわせて十九万という大軍勢以東十五カ国の武士で編制し、直ちに西上させた。

これに対して上皇軍は、総数二万数千と称したが、
それさえ、寄せ集め
集団統率された軍団とはいえなかった。

「承久記」によれば、このとき後鳥羽上皇は、
十人の大将に「錦御旗」を賜って官軍の標とした

これが、史実として確認できるものでは最古の「錦」だという。

だが、後鳥羽上皇は、公家勢力全体の合意をとりつけていなかったし、
上皇軍は実戦にはまるで対応できていなかったので開戦から1ヶ月にして敗退した。

このときは錦の御旗を掲げた側が負けてしまったわけだから、
まだ今日いうような慣用句として「錦の御旗」ということはなかった。

「錦の御旗」
勝てば官軍
ではなく
「負けちゃったけど官軍」だった訳です

錦の御旗を掲げることが正統性の証明となったことは、
南北朝時代にはうかがわれるそうだが、
庶民にとっても馴染みのあるものになったのは、やはり明治維新
出たっ

鳥羽伏見の戦いでは
勝てそうだった幕府軍
徳川慶喜は新政府側に掲げられた「錦の御旗」を見るや
逃げて江戸まで帰っちゃった

戦わずして、勝負あり
絶大なる「錦の御旗」の効果

品川弥二郎の「トコトンヤレ節」を歌いながら
新政府はゆっくり江戸に向かう

宮さん宮さん、お馬の前にヒラヒラするのは何じゃいな トコトンヤレ トンヤレナ
あれは朝敵征伐せよ との錦の御旗じゃ知らないか トコトンヤレ トンヤレナ

組織のトップや公権力からの認定、 正義や平和などの理念を、
正統性の証明として利用して行動することに
「錦の御旗」という言葉を使うようになったのは、それ以降のことだろう。

[言葉]シリーズはこちら(少し下げてね)

[ことば日本史] 判官びいき

源義経は、法華経を読みおえると、北の方(妻)の親である兼房にいった。
「どうやら、自害すべきときがきたようだ。自害とは、どのようにすべきものなのか」

「都で佐藤兵衛が自害したときには、評判が高く後々までめられておりましたな」

「ああ、それなら、わけはない。きず口が広いのがよいということだな」

義経は、幼い頃から守り刀として差してきた名刀を握り、
左の乳の下から、背中までも
突き通れとばかりに突きたて、
刀をまわして口を掻き破り、存分にはらわたを抉り出してから、
刀を服の袖でぬぐい、膝の下にかくして、脇息にもたれた。

それから北の方を呼んで、故郷へ帰るように告げた。
だが北の方は、自害を望み、養父としての情に断る兼房に無理やり、刀を立てさせた。

そこへ五つになった若君がやってきて、両親が死出の山を越えて黄泉へ行ったと聞くと、
わけもわからぬまま、自分も死出の山へ連れてゆけとせがむ。

いかんともしがたく兼房は、刺した。

そして、まだ生後七日の姫君も、刺した。

若君の亡骸を義経の衣の下に。
姫君の亡骸を母の衣の下に。

このとき義経には、まだ息があり意識が戻った。

「北の方はどうした」

「自害されました。お側におられます」

「これは誰だ」
手探りして尋ねた。

「若君でございます」

義経は、北の方へと手をのばし、すがりついた。
これが最期の言葉だった。

「はやく屋敷に火をかける。敵が近づくぞ」

皆を見送った兼房は、走り回って屋敷に火をかけた。
ごうごうと燃え上がる火炎にむせびながら、兼房は最期のひと暴れとばかり、
油断していた敵を一人、馬からひきずり下ろし、脇にはさみこんだ。

「一人で越えねばならぬ死出の山だが、供をしてくれ」

道連れを抱えたまま、炎のなかへと飛び込んでいった。

平家との戦いでは大活躍したにもかかわらず、
頼朝に追われて衣川に非業の死をとげた義経は、
同情を誘う悲劇のヒーローである。

義経は、検非違使の時、すなわち「判官(ほうがん はんがん)」と
呼ばれる位にあったことから、義経に対する同情、

ひいては立場の弱い者に味方する心情は、
「判官びいき」と呼ばれるようになった。

このような弱さに対する偏愛は、日本人の一種の美意識。
あるなあ。

弱いものに対して、頑張れ、っていうのは自然に生まれてくる感情なので
実は世界共通のものらしいけど
ことばの影響って大きいですね

「判官びいき」ということばが存在するがゆえ
そしてそれが日本人に共通しているのだというイメージは
やはり、自分の感情を納得させやすいので
結果として、日本人にその傾向が強くなっていると思う。

[言葉]シリーズはこちら(少し下げてね)