シリーズあれこれ2

でーこんのコラムをシリーズ別に集めました。
ご覧になりたいシリーズの名前を押してください

機種によっては、ちょっとずれた場所を表示するかも知れませんので、その時は少し下にスライドしてね

[あ] 赤穂浪士 アルバイト ウォーキング 江戸時代名参謀 江戸のヒロイン 江戸の文化 江戸の理系力 おでかけ(おでかけマップへ) 大奥
[か] 快癒力 外国人から見た日本 家族 かな カミさんの田舎東栄町 関西人  健康 
[さ] 七福神 昭和歌謡 植物 女性天皇 人体の仕組み 人物 世界のなぞなぞ セキセイインコ 潜在意識
[た] ダイエット 疲れない ツッコミ 庭園 天皇 どう違う 動物 徳川十五代将軍
[な] 日本語 ノンプログラミング
[は] 花カレンダーへ ハイテクノロジー 百人一首 仏像の見分け方(仏教、寺院) ブータン
[ま] 街角 巫女さん入門(神社) 名字 昔の思い出 明治 名僧 免疫
[や] 大和言葉
[ら] 料理 歴史

【アルバイト】 ページの先頭へ
 製造のアルバイト 土日のバイト 土日のバイト2 自販機への補充 アルバイトしたよ 第二弾 びっちゃびちゃ

【ウォーキング】 ページの先頭へ
 減量目的期 続けるために 肥満解消後 次なる展開 速度と心拍数 レベルアップ 本のご紹介 方法 東久留米ウォーキングコース 膝に負担のかからない歩き方 ランニングとウォーキング いつものウォーキング ゆる すやすやウォーキング 自律神経 すやすやウォーキングのやり方 呼吸法 し・あ・わ・せ あ・り・が・とう 中心軸 腕ふり 腕ふり2つの方法の比較 超速足ウォーキング ナンバ歩き ちょこっとナンバ ニート運動  肩の構造 腕ふり

【快癒力】 ページの先頭へ
 快癒力 難病が治る  過去は変えられる 病気になりたくない 治そうとしてはいけない 人のために尽くした人 「気」にしない 人生を変えていく

【家族】 ページの先頭へ
 フリーマーケット 趣味と家庭 2人だけ 父さん  家族が集まって 方向音痴 方向音痴2 母さんの料理 就職 夫は犬 夫は犬2 風呂掃除 長女が戻ってくる 娘の名前が出てこない 娘の親孝行 障子張替 500円玉90枚 足をかじってしまった ゴキブリ 娘が大発明 家族がいるという幸せ 陽気な酔っぱらい ソフトボール大会 ソフトボール2 ソフトボール3 浮気 生かさず殺さず政策 グローブ 長女が戻ってくる 弁当箱の運命 自炊 自炊2 長女が帰ってくる カッコイイ大学の名前 次女に春 人生初ヨガ お勝手の音 歌のお姉さん パトカーにぶつけちゃった 次女語録 焼き肉会 スライサー ホットカーペットカバー 親子旅行 トランポリン 長女イギリス 独裁者不在 避難所 

【カミさんの田舎東栄町】 ページの先頭へ
 カミさんの田舎 学校 眠れない理由 ゴミ捨て 電話帳と住所 動物あれこれ バスの感覚 買い物  飯田線 ものもらい おじいちゃんとおばあちゃん 読売新聞 打出の小槌 お葬式は 城山 一回忌

【関西人】 ページの先頭へ
 もったいない うけてなんぼ 値切る 大阪弁 十数えるメロディ イントネーション 必死のパッチ 敬語 たこ焼き お好み焼き 火花を読んで 納豆 うどんとねぎ あほ 藤山寛美と博多淡海と木村進 痛い時 よくしゃべる 言葉の発展

【健康】 ページの先頭へ
 減量 健康診断 コリ 運動 ゆる ヨガ 無理をする 中心軸 首のエクササイズ 心肺機能の強化 ホメオスタシスの四角形 自律神経スーパーアスリート型 脊髄・筋肉系 内分泌系 睡眠時のダイエット 抗酸化作用 睡眠再生工場の活性化 成長ホルモンを分泌させる運動 潜在意識と病気 心やからだとの向き合い方 分かっちゃいるけど 心とからだのこと ニート運動 直接摂取 ラジオ体操 抜歯

【人体の仕組み】 ページの先頭へ
 人体力学 血行と自律神経 肩甲骨 大腰筋 大きな流れ 背骨 心肺機能 脳の分類 脳幹 代謝の仕組み 腹横筋  口ぽかん 運動が体に悪い境目 脂肪 代謝2 筋肉の伸びると縮む 慢性痛

【セキセイインコ】 ページの先頭へ
 くうちゃん 行く末 うみちゃん 仲良しに まとわりついて 鳥かご増築 誕生日 悟り うみちゃんの死 シャケちゃん来る 動く? 動いた 別居 元気? くうちゃん全快 愛の渡り廊下 愛の行方 乗っかった  いけない患者 どうなったかな 鳥かごあったかカバー 卵を温めた 今度こそ 卵がくっついた うずら事件 歌うシャケちゃん 残念 シャケちゃんの死 メイちゃん(キャベちゃん) くうちゃんの心の叫び 仲が良いんだか 闘うキャベツ キャベツ健康診断 緊急入院 元気 負けるな 負けるな2 くうちゃんの命 全快 くうちゃんの死 おこめちゃん おこめはどこ? 男の子 キャベちゃんの学習能力

【潜在意識】 ページの先頭へ
 潜在意識 答えを求め続ける 過去は変えられる ないもの 根拠のない自信

【ダイエット】 ページの先頭へ
 目的の変遷 体脂肪率 かかる費用 ダイエットの成果 リバウンド知らず 軌道に乗るまで 体重管理のグラフ 健康法への6か月 睡眠時のダイエット 目的の転換 リバウンドしない真の理由 どうやってダイエットしたか ニート運動 直接摂取 代謝の仕組み ウォーキングを選んだ理由 お腹の上に手が置けた 18kgやせた方法 嬉しいコメント 質問にお答え めくるめく世界へ 我慢じゃ痩せない こうやったら痩せる 脂肪を燃やすとは 代謝の続き 「やせました」 リバウンドしなかった理由 ヒトはなぜ太るのか ヒトはなぜ太るのか2 ストレス 「好き」の勝ち 好き2 好き3 「入るカロリー」-「出るカロリー」論 原因別肥満チャート 原因別肥満チャート2 メタぽっちゃりさん 再始動 経過報告

【百人一首】 ページの先頭へ
1.秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ ◆天智天皇
2.春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 ◆持統天皇
3.あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む ◆柿本人麻呂
4.田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ ◆山部赤人
5.奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき ◆猿丸大夫
6.かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きをみれば 夜ぞふけにける ◆中納言家持
7.天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも ◆安倍仲麿
8.わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり ◆喜撰法師
9.花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに ◆小野小町
10.これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 ◆蝉丸
11.わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟 ◆参議篁
12.天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ ◆僧正遍照
13.筑波嶺の 峰より落つる 男女川 恋ぞつもりて 淵となりぬる ◆陽成院
14.陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし われならなくに ◆河原左大臣
15.君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ ◆光孝天皇
16.たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む ◆中納言行平
17.ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは ◆在原業平朝臣
18.住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人めよくらむ ◆藤原敏行朝臣
19.難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや ◆伊勢
20.わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ ◆元良親王
21.今来むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな ◆素性法師
22.吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ ◆文屋康秀
23.月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど ◆大江千里
24.このたびは ぬさもとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに ◆菅家
25.名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人にしられで くるよしもがな ◆三条右大臣
26.小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ ◆貞信公
27.みかの原 わきて流るる 泉川 いつ見きとてか 恋しかるらむ ◆中納言兼輔
28.山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば ◆源宗于朝臣
29.心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花 ◆凡河内躬恒
30.有明の つれなく見えし 別れより あかつきばかり 憂きものはなし ◆壬生忠岑
31.朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪 ◆坂上是則
32.山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり ◆春道列樹
33.ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ ◆紀友則
34.誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに ◆藤原興風
35.人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける ◆紀貫之
36.夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ ◆清原深養父
37.白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける ◆文屋朝康
38.忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな ◆右近
39.浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき ◆参議等
40.しのぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで ◆平兼盛
41.恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか ◆壬生忠見
42.契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは ◆清原元輔
43.逢ひ見ての のちの心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり ◆権中納言敦忠
44.逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし ◆中納言朝忠
45.あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな ◆謙徳公
46.由良のとを 渡る舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな ◆曾禰好忠
47.八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり ◆恵慶法師
48.風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな ◆源重之
49.みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ ◆大中臣能宣
50.君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな ◆藤原義孝
51.かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを ◆藤原実方朝臣
52.明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほうらめしき 朝ぼらけかな ◆藤原道信朝臣
53.嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る ◆右大将道綱母
54.忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな ◆儀同三司母
55.滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ ◆大納言公任
56.あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな ◆和泉式部
57.めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな ◆紫式部
58.有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする ◆大弐三位
59.やすらはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな ◆赤染衛門
60.大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ◆小式部内侍
61.いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな ◆伊勢大輔
62.夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ ◆清少納言
63.今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな ◆左京大夫道雅
64.朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木 ◆権中納言定頼
65.恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ ◆相模
66.もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし ◆前大僧正行尊
67.春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ ◆周防内侍
68.心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな ◆三条院
69.嵐吹く み室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり ◆能因法師
70.さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ ◆良暹法師
71.夕されば 門田の稲葉 おとづれて 芦のまろやに 秋風ぞ吹く ◆大納言経信
72.音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ ◆祐子内親王家紀伊
73.高砂の 尾の上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ ◆権中納言匡房
74.憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを ◆源俊頼朝臣
75.契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり ◆藤原基俊
76.わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波 ◆法性寺入道前関白太政大臣
77.瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ ◆崇徳院
78.淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝覚めぬ 須磨の関守 ◆源兼昌
79.秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ ◆左京大夫顕輔
80.長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ ◆待賢門院堀河
81.ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる ◆後徳大寺左大臣
82.思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり ◆道因法師
83.世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる ◆皇太后宮大夫俊成
84.長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき ◆藤原清輔朝臣
85.夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり ◆俊恵法師
86.嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな ◆西行法師
87.村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ ◆寂蓮法師
88.難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき ◆皇嘉門院別当
89.玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする ◆式子内親王
90.見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず ◆殷富門院大輔
91.きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む ◆後京極摂政前太政大臣
92.わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわく間もなし ◆二条院讃岐
93.世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも ◆鎌倉右大臣
94.み吉野の 山の秋風 さ夜更けて ふるさと寒く 衣うつなり ◆参議雅経
95.おほけなく うき世の民に おほふかな わが立つ杣に 墨染の袖 ◆前大僧正慈円
96.花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり ◆入道前太政大臣
97.来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ ◆権中納言定家
98.風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける ◆従二位家隆
99.人も惜し 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は ◆後鳥羽院
100.ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり ◆順徳院