「葉っぱはなぜ平たいか」から考えること

「植物の形には意味がある」という本を図書館で借りてきました。
著者の園池公毅(そのいけきんたけ)さんは、植物学者で光合成の専門家

葉っぱはなぜ平たいか
葉っぱの表と裏はなぜ違うのか
木の樹皮に色んなタイプがある理由
茎はなぜ長細いのか
根はなぜもじゃもじゅゃなのか
花の色と形の多様性
果実の形は何が決めるのか

この色んな疑問を丁寧に一つずつ解いていく本。

不思議
ご存知かと思いますが
最近ちょっと、植物づいております。

4月から花カレンダーを始め
最近は木も頑張って覚えようかなと

花も一定の数を超えてくると、ただひたすらに単純作業として覚えるのがきつくなってきます。
なんでこんな名前なのか、何と何は近いグループですよ
みたいなことを振り掛けていきませんとね

まして、木に至っては、難しいのなんの
色は緑ばっかりだし、形も似てるのばっかり
ちょっと先っぽだけ、ギザギザだの、葉っぱが交互に出ているだの
ちょっと出た芽がどの辺についてるだの
こんなの見分けられる人、どれだけ天才なの?

とは言え、思った以上に街路樹って色んな種類あるのね
見分けられると、ウォーキングがより楽しくなるのは間違いない。

それにしても、花や木はなんでこんなに色んな種類があるんだろう。
この花はなんでこんな面白い形をしているんだろう
なんで、落葉樹の葉っぱは柔らかいのに、常緑樹の葉っぱは固いんだろう
色んな疑問が次から次へ沸いて来ました。

そんな時に、この本に出会った訳です。
ひょっとして、色んな疑問の答えを教えてくれるんじゃなかろうか

答え
結論から先に言っちゃいましょう。
この本はとても罪作りでした。
余計に色んな疑問が増えちゃいました。

それも、とても根源的な疑問

花は、虫は、鳥は、何を考え、何をしたいんだろう
この花とあの花は楽しいんだろうか
生きるって何だろう
個性って何だろう
生き物と生き物は本当に別々なんだろうか

形の目的
のっけから、すごいことを書いてありました。
形の目的を考えましょうと。

まあ、タイトル自体そうなので、そりゃそうなんですが。

植物が「そうだ。これこれのためには葉は平たい方が有利だから葉を薄くしよう」
と考えて自分の葉を平たくするわけではありません。
しかし、もし葉を平たくした方が生存に有利なのであれば
そのような葉をもつ植物はより多く子孫を残し
結果として、生き残るのは平たい葉をもつ植物になる筈です。
それを言い換えると、「葉を平たくする目的」

こう書いてあります。

あれ?
って思っちゃったんですね。

ここ、著者としてはすんなり行って欲しかったでしょうね。

世の中の定説、進化論のダーウィンさんはそう言っておられますから。

でも、それならば
最も効率の良い形や色の植物たった一種類になっちゃうんじゃないか

私はひねくれてますね。

大きな違いに関してはちゃんと説明してくれます。
平たくない葉っぱ、サボテンはなぜ平たくないのか。
水草と陸の植物の葉っぱの形の違いは。
風の強い地域と、弱い地域の葉っぱの大きさの傾向。

でも、じゃあ、もみじと桜の葉っぱはなんであんなに形が違うのかという事については
説明はないんです。

ごめんなさい。ケチつけているようで気分が良くないですね。
でも、そういったことについては、私はこの本に非常に好感を持っているんです。

大して違わない、と書いてあります。
正直ですね。
分からないことは分からないとちゃんと書いている。

そして私はこちらの方にこそ、本質があるように思っちゃった訳です。
本の趣旨とは逆に感じ取っちゃいましたね。

大きな方向性についてはちゃんと理由がある
でも、その中の細かいところに入ってくると
「大して違わない」んじゃないか
だとすると、「どっちでも良い」んじゃないか
目的からするとどっちでも良いから、
一つに淘汰されないんじゃないか。

だんだん情緒的な表現になり、理系的な分野にふさわしくないかも知れないけど
世の中って、効率とか、目的とかはある程度しか必要じゃなくて
実は、みんな楽しんでいるんじゃないか
綺麗で目立つ花の方が、虫や鳥には見つけやすいかも知れないけど
虫や鳥はいつも目立つ綺麗な花ばかりじゃ飽きちゃうんじゃないか。

面白い形の花っていっぱいあるんだって
花カレンダーをやってみて分かったんだけど
そういう面白さが、虫や鳥にも必要なんじゃないか

いつも私の記事を読んでくれている人には、私の言いたいことは分かるかも知れないけど
人間だってやっぱりそうで、
こうやった方がより効率が良いって生き方より
理屈的には良く分からないし、世の中のためになんてならないかも知れないけど
いやあ、これが楽しくてね、って生き方だってあるんじゃないか

勝手な推論でした。
今回、問題提起的な表現になっちゃいましたけど
回を改めて、この本に書いてあることもちゃんと紹介しますね。

索引はこちら

ジギタリス

花カレンダー始めました

さあ勉強勉強。木の勉強するぞ

この前、明治神宮100年の森に出かけて、めげるでーこんの巻でございました。
ごめんなさい。明治神宮御苑、花菖蒲園

さあ、わくわくです。
「木」だっ

いやあ、落ちこぼれ人生はこんなに楽しいのか
今、落ちこぼれている人がいたら、声を大にして教えてあげたい

あんたねえ
むっちゃラッキーやで
このあとの人生どんだけ楽しいか

私は、学生の時、落ちこぼれていましてね
落ちこぼれていたこと

例えば歴史で言うと、高校の時、豊臣秀吉という漢字が書けなかったし
落ちこぼれ(歴史編)
算数で言うと、分母の違う分数同士を足せなかった(通分)
落ちこぼれ(数学編)

高校の時は、国語と英語と政治経済。これ以外の教科に費やした勉強の時間はゼロ
全くのゼロでございます。

するとどういうことが起きるかというと
全てが新鮮なんです。

歴史もそうですけど、全く知らなかったことがだんだん分かって行くって
こんなに楽しいもんなのか
落ちこぼれていた者の特権です

歴史はここ3年ちょっと思いきり楽しんでますが
「ウォーキングしていて楽しめるもの」に限定したジャンルで
どんどん広がっていっています。

萬を持して、花のジャンルに入っていきました
4月から花カレンダーを始めましたが
始めから分かっていた、真夏と冬をどうしようか、問題が横たわっています。

おそらく、「木」で乗りきるしかないでしょう。

早めに木が分かるようにしておかなければ
ゼロからのスタートです。

都立林試の森公園へ
年末に林試の森公園へ行き
時間が無い中だったので、ささっと終わらせちゃったけど
あまりに良かったので、また来るぞと心に誓っておりました。
林試の森公園、良すぎて失敗したあ

今こそ行きましょうぞ

この前、図書館で借りた
「歩いて楽しむ街路樹の散歩道」という本も携え、準備万端

プラタナス
まず、最初に目に入ったのが、プラタナス
♪プラタナスの枯葉舞う冬の道で
落葉樹ですね。別名スズカケノキ


明治神宮100年の森でも分かりましたが
葉っぱははるか上空なので葉っぱの確認が難しい難しい
根っこの近くから新たな枝が出て、そこに葉っぱが出てると分かるんですが
なかなかそうはなってくれません。
こんな時のための本ですね

よっしゃ、この形
いっちょあがりです。

フウ
落葉樹を先に行きますね
フウ


フウの葉っぱはこんな形していますが、モミジのトウカエデとそっくり。
トウカエデ

さらに、モミジバフウというのもあって、それはイロハモミジにそっくり
全て、赤や黄色に色づきます。

フウってWHO?
そもそもが、漢字の「楓」ってフウのことらしいです。

世界でほんの少ししかない種類だったのに
紅葉がとてもきれいなので、街路樹として世界中に広まったそうです。

見分け方は、葉っぱの付き方で、と書いてありましたが
ややこしい。
まあ、一緒ということで良いんじゃないでしょうか
(しゅ、趣旨がっ)

ケヤキ
出ました。有名どころです。


赤や黄色に色づきます。
ケヤキ並木はあちこちで良く見ます
葉っぱ自体はよくあるタイプなので見分けづらい。
並木の場合、木全体の格好に特徴があります。
扇形に広がります。

常緑樹
もともとの趣旨は、シイとカシとクスを理解したいということでした。
そちらに参りましょう

シイ
シイの代表的なのは、スダジイとマテバシイ
椎茸を育てるのが椎の木ですね
スダジイとマテバシイでは、幹の樹皮が違っていて、
スダジイはゴツゴツ、マテバシイはすんなりと書いてありました。

スダジイがありました。

もっとゴツゴツかと思っていましたが
ゴツゴツは、後で話す、クスの方かなと思います。
葉っぱですが、広葉樹の基本型
ギザギザはありません

一番特徴的なのは、裏の色が若干茶色っぽい

木を遠目で見るとそのために、緑一色ーって感じでもなくなる。
葉がいっぱいつくのが特徴なので、こんもり感がすごく出る

ドングリは生でも食べられるそうです。
シイとカシを見分けるのに一番良い方法ですが
スタッフの人に聞いたら、ドングリの時期に来るのが一番ですね
と言われていました。

神社にあるこんもりした木はかなりスダジイが多いです。

カシ

シラカシとアカガシがありました。
シラカシを説明しましょう。

葉っぱは基本型ですが
半分より先にギザギザがあります。

裏は普通に黄色

これもスタッフの人は見分けるのはやっぱりドングリですねと言っていました。

クス
楠。
名前は薬から来ていて、葉や枝を折ったり揉んだりすると
ショウノウの臭いがするそうです。

この樹皮、結構見分けられるようになりました。
葉っぱは基本型ですが、若干波打っています。

ものすごい高くまで成長する
おそらく、明治神宮の森で一番目立っていたのはこれだと思う。

良かった。解決!

モチノキ

見上げて写真撮っても葉っぱが良く分からない
横にあったこの花の咲いているのと一緒かなあ

本と、後で調べたネットによると、モチはモチでも
クロガネモチではなく、トウネズミモチだったようです。

針葉樹とかも含め、まだまだいっぱいありますが
おいおい頑張って勉強することにします。

今日はここまで

索引はこちら
[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)


トウネズミモチ

花カレンダー始めました

花カレンダー(5月)

年間カレンダーへ
[5月] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

【5月】
5/1 アリウム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花火みたいで綺麗

5/2 カタバミ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
イモカタバミと同類です

5/3 肥後花菖蒲 ページの先頭へ 年間カレンダーへ
肥後細川庭園で撮りました。肥後にしかありません。

5/4 プリムラマラコイデス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
はい。プリ村マラコイです。

5/5 タツナミソウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
私は中日ドラゴンズのファンなのでとても嬉しい名前です。

5/6 サンザシ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
かんざしの一歩先行く、って感じ。実には美容効果があるとかないとか。

5/7 ヒルザキツキミソウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
雑草にしては大きめで派手。昼から月を見ようとすると、これだけお目目パッチリでないといけないから。

5/7 八重咲きストック ページの先頭へ 年間カレンダーへ
別名が、いつもコメントいただける方の名前「あらせいとう」

5/7 シレネ・ユニフローラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
和名が袋なでしこ。袋に何を隠しているのかな? 慈悲かな

5/8 アッツサクラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花びらが二階建て。さくらだったとはビックリ

5/8 バーベナ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ぼやっとした感じが素敵。バーベナは色んな種類があります。

5/9 エニシダ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
とっても良い香り

5/10 クレマチス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
最初に見たとき思わず叫んでしまいました。でかっ。

5/11 ヒメヒオウギ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
見た目にたがわぬ、みやびなお名前

5/12 オダマキ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ウォーキング界では有名な、おだまきさんはここから来ているんですね

5/13 マロニエ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
街路樹でいっぱい咲いていました。

5/14 ゼニアオイ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
とても背が高くなります。

5/15 フレンチラベンダーわたぼうし ページの先頭へ 年間カレンダーへ
フレンチでラベンダーなのに、わたぼうしなんですね。

5/16 キツネアザミ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
丸っこいのに、狸じゃなくて狐なんですね

5/17 ハナグルマ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花の咲き方がとっても不思議。モチツツジの中のハナグルマという品種らしいです。

5/18 イソトマ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
風車のような手裏剣のような

5/19 クジャクサボテン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
とても豪華な大きな花でした。

5/20 ポピー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
天空のポピーという埼玉県皆野町の高原に何万本も咲いていてそれはそれは綺麗でした。

5/21 オオデマリ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
かっこいい名前です。今後はおおでまりを振って歩けます。

5/22 テイカカズラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
昔はくるくる回っていたんでしょうね

5/22 ツタバウンラン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
どこで切るんでしょう。蔦葉海蘭らしいです。

5/23 ペチュニア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
定番中の定番。町中で思いきり見かけます。これを改良するとサフィニア

5/24 バラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
バラ、で一種類だけはもったいないですね。100個くらい並べないとね

5/25 サルビア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
子供の頃、よく蜜を吸いました。

5/26 シモウサ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
向島百花園で咲いていました。

5/27 ムラサキシキブ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これも、向島百花園で咲いていました。夜をこめて~

5/28 チェリーセージ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
紅白歌合戦のような花の。チェリーなのにセージです。

5/29 ナンジャモンジャ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
関西人としては、こんな名前の花があると、いきなりテンション上がっちゃいます。

5/30 ブラシノキ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
見たまんまですやん

5/31 ドクダミ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
どこにでも生えています。すごい繁殖力。

花カレンダー(4月)

年間カレンダーへ
[4月] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

【4月】
4/1 ソメイヨシノ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
やっぱり、花カレンダーの一発目はこれでなきゃ

4/2 ナノハナ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
小金井公園で咲き誇っていました。

4/3 ユキヤナギ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
この時期、あちこちで見かけます。歌舞伎みたい

4/4 ナガミヒナゲシ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
急激に増えていっています。雑草の新興勢力

■清明
4/5 ハナカイドウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
さくら?って思ったらハナカイドウ

4/6 ライラック ページの先頭へ 年間カレンダーへ
街路樹でその美しさにより一際目を引きます。

4/6 チューリップ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
日本人は子供の頃、ここから始まりますよね。さーいーたー、さーいーたー

4/6 ハルジオン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これもまあ、あっちこっちで見ます。

4/6 プラムラジュリアン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
プラムラジュリアンですよ。なんて高貴な名前なんでしょう。

4/7 ハナズオウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
とても目立つ花です。

4/8 シャガ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
一目見たら忘れられない花の形。お釈迦様もビックリ

4/9 シクラメン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
♪うすべにいろの~

4/10 ハナミズキ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
♪はなみずーきー。大気汚染に強いから、街路樹で引っ張りだこ。花びらのはしっこが特徴ね

4/10 オステオスペルマム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
派手派手ー。オステオスペルマムだっ、これでもくらえっ

4/11 タンポポ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
出たっ。春と言えば、これがないと話が始まりませんね

4/11 ドウダンツツジ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これがまさかツツジだとは。ちっちゃくて可愛いけど、いっぱい咲いていると圧巻。

4/11 アリッサム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花壇では名脇役。ちっちゃくて可愛い。

4/11 ヒメツルソバ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
崖が一面覆われていました

4/11 黄モッコウバラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
上品な黄色。花びらいっぱいでお得。

4/11 アカバナトキワマンサク ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ビックリ。これはほうきかモップか

4/12 シンビジウム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
立派です。高貴です。

4/12 ゼラニウム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
この形に似た花は町中に溢れているので見分けるのが大変。葉っぱが特徴的かな

4/12 イモカタバミ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
雑草で小さな花。とても可愛い。

4/13 パンジー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花壇の主役。

4/13 マーガレット ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花占いに使える花。この基本型を見れば、まず、マーガレットかな?から始まる。

4/13 アカバナユウゲショウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
雑草の小さい花の中で、一際美しい。

4/13 ペラルゴニウム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
この辺の見極めがかなり難しい。

4/13 ヤマブキ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
山吹色の山吹ですね。太田道灌の山吹伝説の山吹。

4/13 カランコエ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
カランコエは、葉っぱで見極める

4/14 シャクナゲ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花がこんな形にまとまっていればシャクナゲ

4/14 君子蘭 ページの先頭へ 年間カレンダーへ
やっぱりランとくれば立派ですね。君子ですからさらに立派

4/14 源平トキワマンサク ページの先頭へ 年間カレンダーへ
出ましたっ。トキワマンサクシリーズ。何これーっと思わず声が出ます。

4/15 セキチク ページの先頭へ 年間カレンダーへ
なでしこの一種。ギザギザが愛らしい。三回呼ぶと楽しくなります。

4/16 矢車草 ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これほど、ぴったりの命名もなかなかないですね。

4/16 ツリガネスイセン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
綺麗な釣り鐘です。

4/17 ヒデンス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花びらが二割増。

4/18 ロベリア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ここにブルーの蝶々が止まったらなんて素敵

4/19 マリーゴールド ページの先頭へ 年間カレンダーへ
人が見ていないところではタンゴ踊ってますね

4/19 オルラヤ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ちっちゃな花を囲んで大きな花が踊っている感じ

4/19 ガザニア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花びらが丸まって尖っているとガザニア

4/19 キンギョソウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これも良く見ます。飛び立て金魚!

4/20 ツツジ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
出ましたよ。ツツジ。この時期の花の主役。

4/21 ユーフォルビア・ゴールデンレインボー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花か葉っぱか迷いました。まあちっちゃい

4/22 ビオラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
本当はパンジーと同じものなんだけど、5cm以上がパンジー、5cm未満をビオラと呼んでいます。

4/23 スズラン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
チリンチリン。

4/24 サクラソウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これも町中で良く見かけます

4/25 レンギョウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
かっこいい名前ですね

4/25 ボンサマーガレット ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ボンサって感じしますね。こうなると、花占いは大変。

4/26 シャリンバイ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
バイってぐらいだから梅と関係あるのかと思ったらあまりないらしい。

4/27 イベリス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ボール状に咲いていました。

4/27 デージー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
デージーも基本型。大きく言うと菊の仲間なので、日本で言う〇〇菊みたいな感じらしい。

4/28 スーパーデージー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
うちのセキセイインコ、シャケちゃんのお墓に植えてあげました。

4/28 ネモフィラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
新宿中央公園に咲いていました。何とも個性的な色合い

4/28 ハハコグサ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
この状態でもう花。何と春の七草の一員。春ベストセブンですね。ちなみにチチコグサっていうのもあります。

4/29 フリージア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これまた立派な花。

4/30 シラン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
この花、何ていう花? 知らん。