紙の博物館から下中里まで

渋沢栄一資料館に行った話の続きです。
渋沢栄一資料館に行ってきました
飛鳥山3つの博物館のうち、北区飛鳥山博物館はお盆に行きましたので
残る一つは紙の博物館

紙の博物館
ここ北区の王子は、王子製紙発祥の地。かつ日本の製紙会社発祥の地。
渋沢栄一が作ったんですね。

ということで、3つの博物館には、紙の博物館があるってことになります。

何々?紙すき体験
良いじゃないですか
時間もちょうど30分後
時間になったらここに来よう

いきなり最初でびっくり仰天
紙の材料はここです。

えっ
木、木ーやん

正直今までの人生で紙の材料について考えたことはおそらく一回もない
情けない人生を送っております。

なんで?木じゃなければ何だと思っていたの?
と問われると困るんだけど
特に考えたことがなかった。

木材パルプ?
そうそう、パルプパルプ。
聞いたことある。
パルプって木だったとは

こんな調子ですから
このあと、何見ても、ほんまかいな、知らなんだー
の連続になります。

欲しいのは繊維。
木を砕いて、さらに繊維を繋ぎ止めている、リグニンっていうのを溶かす。

色んな展示があって、なるほどなるほど
クイズとかもあるんだけど
ブッブー、不正解、ばっかり

おっといけない、紙すき体験に行かなきゃ

紙すき体験
雨なので、私と、親子のペア二組の5人だけ
教えてくれる方のスタッフはそれ以上の人数
会場とかから考えると、普通なら2~30人にはなるんでしょうね
これまたラッキー

始まるまでの間、東京メトロのコマーシャルが繰り返し流れてます。
ええ娘やわあ。東京をウォーキングしているとあちこちで出会えます。
石原さとみが紙すき体験で大喜び

スタッフさんは全員おじいちゃん
王子製紙と日本製紙のOBらしいです。
いかにも理系って感じ。
一生懸命冗談言うんだけど
そこ、もっと盛り上げて言わないと子供には受けないよ
って、心の中で応援しちゃいます。

作るのはハガキ。
世界で一枚だけのハガキです。

木を砕いてからやると大変なので、牛乳パックのシールを剥がした中の紙を使います。
水にどろどろに溶かす。
家庭でもミキサーにかけると出来るらしい。

木枠に編み戸みたいなのを張ってあるので
さっと一回引き上げるだけ
揺らしてどうのこうのもなし
編み戸に一部模様がくっついていて、その図柄が後で透かしになる
私はマンボウをチョイス

横の機械の上に置くと、下からバキュームで水分を取ってくれる
飾りを配置して
ここがセンスの見せどころね
折り紙や落ち葉なんかを
置いてあるんだけど

良いねこのイロハモミジ
イチョウも良いんじゃない

ちょっと待てよ、
透かしはマンボウ
これ、どういうシチュエーションや

上からもう一度薄く紙をすいたのを貼ってくれて
プレスしてグイグイ押す

そしてアイロンで頑張って乾かす

完成ーっ

誰に出そうかな
石原さとみが住所教えてくれたら出すんだけどな

せっかくだから、OBのおじいちゃんに質問。
和紙と洋紙って何が違うんですか

この質問多いんでしょうね
引き出しの中から答えるための材料を即座に出してくれて説明

和紙は、木の幹のところは使わずに、周りの皮のところを使うんですって
こうぞ、とか、みつまた、っていう植物の皮

あっ聞いたことある
こうぞ、みつまた

そういうとみつまたは、この前向島百花園でも見たぞ

その皮の繊維は長いから
薄くて丈夫な紙が出来る

作り方の原理は同じ。

展示
展示に戻って、製紙工場の工程とか
紙の歴史とか

仏教伝来より紙の歴史の方が古い可能性がある

やっぱり、お経を書き留めるというニーズが一番重要で
その後律令制で手続き上の書き留める必要性。

紙の三大用途は
書く
包む
水分をすいとる
らしいんだけど

やっぱり、書く為に始まったんですね。

ああ面白かった。
ちょうど雨もやんでくれた

「晩香廬」と「青淵文庫」
渋沢栄一資料館のチケットで、渋沢栄一の住居跡、
「晩香廬」(ばんこうろ)と「青淵文庫」(せいえんぶんこ)にも入れます。
民間外交で、退任したばかりのアメリカ前大統領グラント将軍を招いたときも使われました。

さすがって感じだけど派手派手ではない。
残念ながら内部の写真OKは一部だけね
晩香廬

青淵文庫

あとは動画でね

一里塚
西の原の一里塚
本郷通りは、江戸時代は、日光御成道と言って
日光街道の補助的道路で、なぜか将軍が日光の家康を参拝するときは
日光街道ではなく、途中までこの日光御成道を使った。

ということなので、こちらにも一里塚があります。
西の原の一里塚は日本橋から二里目
一里塚が、当時の形で残してあるのはかなり珍しく
東京では二ヶ所しかありません。

地震の博物館
こちらは、無料なんだけど
時間も経っていたので覗いただけね
うわあ、すごい

平塚神社
江戸時代よりずっと前、豊島氏がこのあたりを治めていました。
太田道灌に滅ぼされちゃうんだけど
豊島氏の拠点となるお城がここ。
昔なので、天守閣みたいなそういうのではなく
古城で土が盛ってあって攻めにくいように堀や土塁など

平塚神社の裏手辺りのはずなんだけど
よく分からない。

神社の人に聞いてみた。

この奥に、鎧塚があるんですけど
今は非公開なんですよ。

何とか、雰囲気だけでも。

回り込めはしないですが
土が盛ってある感じだけは
神社の横からご覧いただけますがそこまでです。

残念!
良く分かりませんでした。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


ハナトラノオ(カクトラノオ)

花カレンダー始めました

渋沢栄一資料館に行ってきました。

三連休だ
シルバーウィークだ

今日は雨
超ラッキー
雨の日用に取ってあったあそこに行くぞ

渋沢栄一資料館
お盆にそのために行ったら、お休みでしたからね

一般で、よろしくお願いしまーす。
この前お休みだったんです。

予想通りです。
ここまで盛り沢山の人だと
いくらだってネタありますよね
2時間たっぷりかかりました。

唯一残念だったのが写真撮影NGだったこと

やった仕事の量と、国への貢献度で考えると
家康に匹敵するでしょう

どんな偉人だって、その分野に限定で
ここまで網羅的な人はいないです。

政治経済福祉教育全てだし、
経済ではほぼ全ての産業の近代企業を同時並行で立ち上げた。

渋沢栄一については、出来ればこっちも読んでね
渋沢栄一 その1 クーデター計画
渋沢栄一 その2 パリ万博から諸外国へ
渋沢栄一 その3。日本に帰って見たもの。そして何をしたのか
渋沢栄一 その4 明治新政府はあれもこれも
渋沢栄一 その5 渋沢栄一は魔法使い
渋沢栄一 その6 産業造り、国造り、人造り

普通の、誰か人物をテーマにした博物館だと
その人の自慢話になっちゃうけど
渋沢栄一の場合は
えっ、ここあっさり過ぎない?
もっと自慢しても良いのにって
こっちが思っちゃいます。

資料館の名に恥じず
全て具体的な資料をもとに、あああの時こんなふうにしたのかって分かります。
血洗島での藍の取引
一橋家で農民を兵士として誘ったときの文面
幕末のパリ万博での日本ブースでの出展の様子
その後のヨーロッパでの留学の具体的な行程
帰ってきてからの、静岡で合本会社を始めたときの内容
新政府のプロジェクトチームのメンバーと、行ったこと
第一国立銀行の見取り図

やっぱり、圧巻は、渋沢が立ち上げた会社の数々
ここだけでも写真撮りたかったなあ
現在の会社の名前で言うと
みずほ銀行、第七十七銀行、東京ガス、東京海上火災保険、王子製紙、日本製紙、東急、JR東日本、日本セメント、東宝、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、明治製糖、日本郵船、渋沢倉庫
すみません、覚えきれませんでした。
作った時期から、退任した時期までがグラフになっているんだけど
人間技とは思えない同時並行
そして退任の時期。
古希を契機にってあったけど、見事にスパッ
二つだけ、どうしても、って言われたんでしょうね
二つだけ続いてます。

そして、社会福祉コーナー
民間外交コーナー
教育コーナー
資本主義の権化みたいな人なのに、なんと、労働組合を定着させるための活動まで。

演説した時のレコードも残っていて
ああ、こんな声だったんだ。

リラックスコーナーでは、この飛鳥山の地で休んでいる時の写真がいっぱい
にこやかで
孫たちから見ると、良いおじいちゃんだったんだろうなあ。

渋沢平九郎
企画展もやっていて、今は渋沢平九郎
前回、来たときもポスターを見て、ぜひ見たいなと思ったんだけど
完全にいとこの喜作の事だと勘違いしていました。
喜作は「成一郎」と名を変えます。
喜作は栄一がパリ万博で渡欧するまで、ずっと行動を共にしていた仲良しで
後にあの彰義隊の隊長になります。

渋沢平九郎は、これも元はいとこなんですが
なんと、パリに行く時ですから栄一27歳、平九郎19歳なんですが
平九郎は、栄一の養子になります。

パパ!
なんだい、息子よ。

お父さんの栄一がパリに行った後
深谷から江戸に出て、成一郎(喜作)と行動を共にします。

ということなので、彰義隊に入る訳です。
結局、成一郎は生き残りますが、平九郎は追い詰められて自決
その具体的な資料がつぶさに見られました。

何と、平九郎はむっちゃイケメン

とても充実した博物館でした。

このあと、紙の博物館、下中里までウォーキングと続くんですが
続きは明日ね

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


ツユクサ

花カレンダー始めました

秋の虫の楽しみ方

秋が来ました。
秋って急に来ますね。

会社帰り、最寄り駅から家まで、違う道を通ってみました。

最近、花カレンダーを始めてからは、朝は色んな道を通らないと花の写真を収集できないので
色々変えてます。

夜の場合は暗くてほとんど見えないので
なんかあるなあ、明日の朝この道を通るべきか、というチェック用
夜の道では楽しみと言えばせいぜいその程度だった訳です。

さあ、じゃあ、新しい道でチェックしとこうかな

ところがです。

えっ
えええっ
その手があったのか
秋だったわあ

虫の声が見事に聞こえてくるじゃありませんか

暗い道
おそらく、夜にこの道を通ることは、ないでしょう

何年ぶりだろう
虫の声をちゃんと楽しんだのは

えらいこっちゃ
おそらくそう長くはないでしょう
この時期だけ

夜にもウォーキングで楽しめるって
ウォーキングで楽しむための色んな事にチャレンジした中で初めてです。

歴史、マンホールや送水口、雲、花、木
どれも明るくないと分からない。

嬉しいっ

よっしゃ
気合い入れるぞ。
急がなきゃ。時間が限られている。

虫の声
まずはネットで調べました。

スズムシ:リーンリーン
マツムシ:チンチロリン
コオロギ:コロコロコロ、キリキリキリ、リーリーリー
アオマツムシ:リーリー
カネタタキ:チンチン
マダラスズ、ウマオイ:ジーィジーィ
カンタン:ルー
クツワムシ:ザー、ガチャガチャ

うーん、よう分からん。
こういう時は、ユーチューブ

色々調べると、鈴虫は東京23区で野生では生息していない。

やっぱりコオロギが中心なのかな
ところがコオロギの鳴き方がエンマコオロギと普通のコオロギと違うとか
求愛の時と普通の時と違うとか
さらに、メスが遠いときと近いときと違うとか
こりゃ手強い
手強いけど面白い

うちのセキセイインコのくうちゃんやキャベちゃんだって
色んな鳴き方するから、
コオロギだって、お腹すいてる時と、愛を囁くときでは違うでしょうね。

何とか、コオロギを中心に3つくらいは今年中に聞き分けられるようになりたいな
そうなると楽しいだろうな
今までの経験で、雲にしろ花にしろ
ちゃんと名前が分かるようになると、分からない頃より数倍楽しめる

ユーチューブで声を確認しては実地で確認テスト
これを繰り返そう。

頑張るぞ
負けるもんかっ
(誰と勝負してんねん)

日本
ネットを見ると、こんなふうに書いてあります。

日本では虫の声は風流なもの。
しかし、西洋では虫の声をノイズととらえるといわれ、虫の声を認識しても季節感を感じることはないようです。
また、昆虫に関して日本ほど細かく分類していないこともあり、秋に虫が鳴いてもそれがどの虫であるのか意識しません。
ましてや虫カゴに入れて鳴き声を楽しむという発想は欧米には見られません。

ほんまか、しかし
虫の声を聞いて、うわあ、美しい、しあわせー
って感じない人類がいるって言ってますよね

それ、そうとう精神がねじ曲がっている気がしますが。

この前、外人タレント3人が雑談するテレビ番組があって
日本人と話してると必ず四季の話になって
そうね、良いよね、日本には四季があるから、
って話を合わせるんだけど
アメリカにだって四季はあるんですよ
って言っていた。

なるほど、緯度が同じくらいならそうなんでしょうね
でも、話を合わせて日本人のプライドを傷つけないように
外人さんも、気使ってはるんですね

虫の声も絶対その類いでしょう。
虫の声?そんなの騒音にしか聞こえません
とか言われたら、
ああ日本に生まれて良かったと思っちゃいますからね。

♪あれ松虫が鳴いている~
は日本の歌ですが
♪グーラスホッパー、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ~
みたいな歌があるに違いありません。

アール座読書館
ネットをこちょこちょ見ていると
なんとも素晴らしいものが目に止まりました

虫が鳴いている喫茶店

昨日思い立った初心者中の初心者には神か仏か観音様か

会社帰りに向かいました。

鈴虫がベースで風のようになきつづけ
合いの手を入れるようにマツムシがピッピリッ
結構大きな声です。

向こうの方で、エンマコオロギ
ヒョロロロ
エンマコオロギすごい存在感あるわあ

静か、がコンセプトなので
みんな声を出す人はおらず
静かに本を読んでいます。

私一人が店員さんに
今の、今のは何ですか
と、一応ヒソヒソ声でね

「楽しみ方」とありました。

思考をとめてください

おおっ、いかんいかん
私は不届きものですね

では、このブログを書くのもちょっとお休みね

索引はこちら


アベリア

花カレンダー始めました

野中婉。40年間監禁された女医さんは、不思議な触診

江戸のヒロインシリーズです

想像を遥かに絶する、あり得ない人生。

野中婉(のなかえん)
父は野中兼山
土佐藩の家老として、数々の大改革を成し遂げた。
唯一の失敗はあまりに素晴らしすぎた事。

政敵の謀略にはまってしまった。
謀反の罪を着せられたまま、49歳の若さで急逝。自殺か毒殺か。

この時、婉(えん)はまだ3歳
領地没収。お家断絶。
残された野中一族は追罰として、四国の西の果て、宿毛へ流されます。

母、兄弟姉妹、乳母たちとともに、高々と鋭い切っ先を空に向けた竹矢来が周りに巡らされ、
番士たちが厳重に見張る屋敷に幽閉される
報復が怖かったんでしょうね。

外に出ることは一切出来ない監獄生活
ずっとずっと、ひたすらにずっと続きます。

多感な頃、テレビもラジオもインターネットも何もない

外の世界ってどんななの?

婉、26歳になっていました。
後に本人が奇跡の一日と振り返る、夏の一日がやって来ます。

亡き父兼山を敬慕する若者が、高知の城下から遥々と30里を踏破して
遺児たちに会いにきたんです。
ここまでの23年間で、人が訪ねてくるなんて初めての事でした。

その願いは許可されず、会うことなく、空しく帰っていきました。
婉より2歳年下の谷秦山

ただ、ひとつの事が、これをきっかけに許されるようになる。
谷との文通。

「わたくしは知っている。このときから、わたくしはそのひとのなかで生きはじめたのだ、と。
谷丹三郎(秦山)という一人の男のなかに。貧しい、痩せた青年儒学者のなかに・・・」

これを、恋愛感情というには短絡的過ぎるだろう
兄弟以外の異性を見たことがない。
谷の顔だって知らない。

谷は儒学者なんだけど、医学や本草学にも詳しい。
質問の文を出す。
返信の手紙が来るや、一字一句、完全に記憶できるほどに何度も何度も読み返す。

その中で医学や本草学を習得していく。

文通が続きつつ、さらに17年が経過します。
3歳から幽閉され、実に40年、
ようやく外に出ることが許されます。

理由はひとつ。
最後に残った男性の兄弟である、弟が死んだこと。
兄弟が死んでいくのをずっと見てきました。
残ったのは、姉一人妹一人の3人姉妹。

これで、野中家は途絶える。
それが理由。

婉達を救うために、弟は自殺したのではないかとも言われています。

人生の始まり
43歳の婉は、そこから人生を始めようとします。
失われた40年間を取り戻すために

かつて父に仕えていた家臣を頼って朝倉村に戻ります。
ただ、彼らにしてみても、婉を支援すると何をされるか分かりません。

そんな中で「安履亭」を建て、医業を始めます。
朝倉の山野を歩きながら薬草を摘み、本草学の知識を深めていきました。

極貧生活が続くんですが
野中兼山の娘であるというプライドは持ち続けます。

やつれた自分の姿を見られたくなかったようです。
出歩くときは暗くなってから
常に腰に刀を差していた。

ひょっとすると、そもそも人との関わり方が分からなかったのかも知れません。

お医者さんだから、患者さんを見ないと始まりませんが
直接は対面せず、隣の部屋から問診。
ところが、婉が処方する薬は常に的確で
たちとごろに治ったとの噂があちこちで沸き起こり
評判の医師となります。

問題は脈です。
手首に手を当てて、脈を取らないと始まりません。
さあ、どうしよう

手首に糸を巻いてもらって一方の端を持つ。
微妙なとくんとくん、の振動

そんなばかな

そう思いますよね
お婉様の糸脈と大評判。

でも、怪しいぞと思う人が
糸を自分の腕ではなく
猫の足にくくりつける。

いつものように、薬が処方される

そらみろ、このペテン師がっ

包みを開けてみると
入っていたのは
細かく刻まれた鰹節でした。

索引はこちら
[江戸のヒロイン]シリーズはこちら(少し下げてね)


チョウセンハギ

花カレンダー始めました