元号の名付け方

<平成最後の天皇誕生日記念>

元号をつける場合、どうすれば良いでしょうか

影響が大きい事柄なので、真剣に考えることにいたしましょう

「元号大全」という本を買ってきました。
まずは、過去の元号の研究ですね

247個
平成まで、なんと247個もあるそうです。

参った

これは、余程気合いを入れる必要があります。
何と言っても期限が決まっています。

確か、じんむすいぜいあんねいいとく

いきなり間違いました
それは天皇の名前でした。

明治以降、一世一元と決められたので
天皇の名前と、元号を同じだと勘違いしてしまいました。

この本を見てビックリ
言うても、天皇の名前と元号は結構だぶってんじゃないの、って思いましたが
江戸時代まで、見事に全くだぶっていない。

ここで、ちっちゃなクイズね
【問A】
一番最初の元号って何でしょう
答を見れば、へえあれなんだって思います。
違う話題の後に、答書きますんで考えておいてね

日本だけ
これもまたビックリしたんですが
今現在、元号を使っているのは世界で日本だけ
そんなバカな

アメリカもロシアも使っとらんのかい

それは、ひょっとしてそうかも知れないけど
中国は?、中国なんで使っていないの?

勿論、最初に元号なるものを開発したのは中国で
日本はそれを真似した。

辛亥革命で清国がなくなり、
君主制じゃなく民主主義になったから必要なくなったんだと
ええ?どういうこと?
日本も民主主義ですけど。

それではここで、もう一個クイズ。

【問B】
過去に元号を使っていた事のある国が4つあります。
その内、二つは日本と中国です。
あとの二つは、どことどこでしょう
おそらくひとつは予想通りですが、もうひとつが難問です

元号の始まり
【答A】
大化

大化の改新のあの大化ね
645年です。
孝徳天皇の時です。

ということは
神武天皇以降、いっぱい天皇はいたのに、そこまで全く元号はなかったんですね

その後、孝徳天皇の時に「白雉(はくち)」という元号に改元された
没後、次を再度、引き継いだ斉明(さいめい)天皇は、元号というものが気に入らなかったんでしょうか
元号制度を止めちゃった
32年を経て、天武天皇の時、何を思ったか晩年に「朱鳥(しゅちょう)」という元号を制定
でも、その2年後に死んじゃって、またそのあと元号なし

15年後、ようやく完全復活
これ以降は、ずっと元号制度は続くのですが
完全復活の元号は「大宝(たいほう)」です。
あの「大宝律令(たいほうりつりょう)」の大宝です。
日本で初めての法律。
ここから日本は法治国家の道を歩む訳ですが
そこに、今後元号を定めます、と書いたので
ちゃんと元号制定は、法律として決まったということになります。

改元の理由
改元の理由は4つあります。

1.代始の改元
 分かりやすいです。天皇が変わったから。
 ほとんどの天皇が改元しています。
 そうなると、改元出来なかった天皇が可哀想になりますね
 淳仁(じゅんにん)天皇、仲恭(ちゅうきょう)天皇、明正(めいしょう)天皇
 うわあ、そうきましたか。可哀想三羽がらすです。
 説明すると長くなりそうなので
 淳仁天皇と、明正天皇はリンクを張っておきます
 仲恭天皇は、近々説明予定です。
 孝謙天皇、古代最後の女性天皇は、本流ど真ん中
 江戸時代にいた!女性天皇。明正天皇

2.祥瑞(しょうずい)改元
 めでたいことが有ったから
 これ、結構昔はあったんですが
 877年の元慶(げんぎょう)以降は行われていません

3.災異(さいい)改元
 不吉なことが起きたから
 これ、すごく多いです。
 江戸時代にもしょっちゅうありました。
 自然災害や、飢饉、疫病の流行等

4.革命(かくめい)改元
 六十干支ファンとしては、これが一番興味深い
 「辛酉(しんゆう、かのととり)」の年と、「甲子(かっし、こうし、きのえね)」の年は革命が起きるとされるので改元する
 六十干支についてはこちらをみてね
 暦ってそういうカラクリだったのか

 甲子の改元は前から知っていて、六十干支の始まりだから、分かる気がするなと思っていた。
 実際に江戸時代にある甲子の年は全て改元されているのも知っていた。
 辛酉の年にも改元していたなんて初めて知りました。
 
 辛酉の年と甲子の年って3年しか離れていないので、無茶苦茶忙しいです。
 辛酉の年は西暦を60で割って1余る年
 甲子の年は同じく4余る年です。

 江戸時代だけ例をあげましょう
 1624年(甲子) 寛永(かんえい)
 1681年(辛酉) 天和(てんな)
 1684年(甲子) 貞享(じょうきょう)
 1741年(辛酉) 寛保(かんぽう)
 1744年(甲子) 延享(えんきょう)
 1801年(辛酉) 享和(きょうわ)
 1804年(甲子) 文化(ぶんか)
 1861年(辛酉) 文久(ぶんきゅう) 
 1864年(甲子) 元治(げんじ)

 面白いです。
 文久は幕末のえらいことがいっぱい起きる時なんですが
 1861年は文久元年、1862年は文久2年と末尾が揃うので分かりやすく
 江戸検定の勉強していて、一番好きな元号でした。
 もうちょっと長く続けてくれてれば良かったのにと常々思っておりましたが
 やっと謎が解けました。
 分かりやすい元号は、大体3年で終わっちゃう訳ですね

【答B】
朝鮮
 これは分かりやすいですね
 日本が元号を使うずっと前の4世紀後半から元号使っています。
 新羅が半島を統一したあと、中国の傘下に入りましたので
 独自の元号をやめ、中国の元号を使うようになります。
 さらに、1910年に、日本に併合されたあとは、日本の元号を使用
 日本が太平洋戦争で破れたあとは、元号の使用をやめます。

ベトナム
 これは、難問でしたね
 980年に「太平」という元号を定めて以降、明に併合されていた時期を除き、
 独自の元号を定めていた。
 ずっと漢字だったんでしょうか。ビックリです。
 1945年、ホーチミンによるベトナム革命以降、
 王朝が倒れたため、元号の使用を廃止します。

本題の元号を決めるための漢字の選び方等にまだ入れていませんが
長くなりすぎましたので、一旦切りまして
続きは改めます。

索引はこちら
[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


サトザクラ(松月)

花カレンダー始めました

日本庭園、橋あれこれ

日本庭園において、橋もまた大きなポイントになります

苑路(庭園内の道)が遣水とかの流れを跨ぐとき、
島ととやり取りで使われます。

特に池の中の中島は、神仙思想で蓬莱山とかに見立てられます。
不老不死の庭園
そこで、橋はこの世とあの世の結界、文字通り、橋渡しになります。

平橋
一番一般的な橋です。
故に、自己主張をあまりしない

周りの景色に溶け込ませたい場合に使います。

木造が多く軽い感じ
敢えて重厚感を持たせたくない場合です。

反橋
うわっ、日本庭園!

特に赤く塗っていたりすると
バシバシ何枚も写真を撮りたくなります

こっちは思いっきり自己主張です

特に浄土式庭園の場合は、これを渡れば極楽浄土に行けるって気がとてもします

石橋
材料の側面から考えると、
木の次に、石というのもあります。

石の橋は庭園の中でも、大きなポイントになります。
極力加工せずにどんと置いた場合


真っ直ぐに加工した場合


反らせる事も出来ます

石を素材に、反り橋だって

数枚組み合わせると、これまた趣がある

土橋
石も良いけど土も良いのよね

縁に草が生えていたりするのは土橋じゃないと無理で
日本庭園とよくなじみます。

素朴さが売りかな

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


ヒノキ

花カレンダー始めました

日本庭園、塀

前回までの庭園シリーズでは、垣の話をしました
日本庭園の、生け垣と刈り込み

同じく境目を区切るものとして、塀もあります

塀と垣ってどう違うんでしょう
パッと頭に浮かぶイメージとしては全く違います
生け垣と、土塀は明らかに違うとして
竹は垣で、木は塀という境が微妙
改めて、どこからどこまでが塀で、どこからどこまでが垣かと言われると

うーん

垣が庭園の自然と調和し、竹や柴などの柔質な材料で作られるのに対し
塀は自然を引き立てるような板や漆喰、瓦などの硬質な素材で作られる

なるほど
庭園の一員として、中で調和するのが垣で
周りでガッチリガードを固めた上で、庭園の引き立て役になるのが塀か

いつも悪いねえ、引き立て役で
今後も助けてくれるかい?

へいっ


都で戦乱の少なかった平安時代に作られた寝殿造り系庭園では、
比較的柔らかな、板で作られたに板葺きの屋根をふいた「立蔀(たてじとみ)」と言われる塀

ただ、木で出来ているので、雨風や、火災にも弱く、あまり実用的ではありませんでした。

浄土式庭園として、阿弥陀堂を中心とした、寺院の庭園になると
寺院の建築様式に沿っていくことになります
漆喰の間仕切り壁の上に、瓦屋根をふいた瓦塀(瓦塀)が用いられるようになりました

武士が台頭してきた時代に、書院造り系庭園になりますが
攻められないよう、耐久性の高い塀で囲むことになります。

さらに、耐久性を高めたものが、築地塀(ついじべい)
粘土を打ち固めた上に、瓦や杮(こけら)でふいた塀

紛らわしいんだけど
瓦を横にして練り込んだとてもかっこいい塀は
瓦塀とも築地塀とも呼ぶようです。

さりげなく、杮(こけら)って出てきたけど何?
上にカキを乗っけるの?
塀なのに垣(カキ)?
と疑問が沸きました。

調べましたよ
こんなのが、杮(こけら)

なるほど、見たことあります。板で瓦みたいになっている。
何で柿って書いて、こけらと読むの?
違うんですって
こういうからくり

あらま、抜き通っている。

京都の龍安寺石庭、瓦葺きの塀でした。
ところが、1951年の解体調査の際、
塀の中から、もとは柿葺きだった痕跡が見つかった。

ということで
1977年から、柿葺きに変更
やっぱり景観と馴染むなあ。

索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


イチョウ

花カレンダー始めました

日本庭園は、死なない苔で決まり

日本庭園シリーズ、植物系にいっておりますが
大物を忘れてやしませんか、と


日本庭園にも思ったより前から芝が使われていたという話はしましたが
日本庭園らしさといえば、やっぱり苔

君が代に歌われている植物ですからね
日本を象徴しております。

苔ってものすごく種類が多い
世界にざっと2万種類、日本に2千種類
じめじめ日本の面目躍如ですね

苔寺と言われている京都の西芳寺だけでも100種類以上

何と言っても歴史が長い
4億6千万年前に海から地上に上がった初めての生物は苔

そして、一番の特徴は、
「死なない」

水が全くないと、枯れちゃうんですが
枯れたところで、死んでいる訳ではない。

ちょっとお休み

どれだけ経った後でも、水を与えるとたちどころに甦る

ああ、良く寝た

まさか、死なない生き物がこの世の中にあったなんて
予想だにしておりませんでした。

死なないで、増えて行って、4億6千万年
これはもう、地球上の全ての陸地は苔でおおわれそうですが
そうもなっていないところを見ると
誰かに食べられちゃうとか
天敵がいて、プラスマイナス均衡しているんでしょうね

おそらく、一番の天敵は人間でしょう
あっ苔だ、たわしでゴシゴシ

次なる特徴は
土が要らない
石だろうがコンクリートだろうが、ぴちゃっ

苔を育てようとすると、意外に大変らしくて
その場所にあった苔でないと、無理に何とかしようとしても駄目なものは駄目

でも、その場にあった苔ならば、そのあと、全く何も手をかける必要がない
4億6千万年後もそのまま

日本庭園を見るときに
古きに想いをはせて、ってな事になるわけですが
苔があった分には
4億6千万年前まで想いをはせる必要があります。
首が痛くなりますね。

日陰でしか育たないイメージありますが、
緑である以上、光合成をしている訳で
ある程度は光が必要
ちょっとだけで良いタイプと、いっぱい欲しいタイプと両方あるらしい。

(以上「日本庭園鑑賞のポイント55」より引用)




索引はこちら
[庭園]シリーズはこちら(少し下げてね)


モミジガサ

花カレンダー始めました