木村屋のアンパン。ぶん婆ちゃん頑張れ!

明日、吉原のウォーキングイベント。
2回に渡って下見もして準備万端
吉原ウォーキング
吉原の寿司屋の親父さんと話し込んで

そう言えば、六地蔵のあった東禅寺に老夫婦の銅像あったな
いったいあれは誰だったんだろう

調べとこう

東禅寺 浅草 検索

木村屋総本店
「左隣には、銀座木村屋総本店の開業者・木村安兵衛と妻ブンの夫婦像があります。」
なるほど

そりゃあ、銅像いります
日本が誇る世界の大発明
アンパンを作った人ですね

木村安兵衛がいなければ、
あの世代を超えた大ヒーロー、アンパンマンも誕生しなかった訳です。

木村安兵衛ってどんな人だったんだろう

木村安兵衛
今の牛久で、武士だったんだけど、明治維新で失業
江戸の木村家の本家を頼って一家が上京
本家の重義が東京府職業授産所長をやっていたので、そこで事務の仕事をやらせてもらいます。
ハローワークみたいなもんでしょうか。

重義が
これからは西洋の文化を取り入れなきゃならん
どうだ、パンを作ってみては

パン?

家に帰って家族会議

次男で新しいもの好きの英三郎が
父ちゃん
パンなら俺知ってるよ。食ったことある。
美味しかったよ。やろうやろう。

ってことで、パン屋を開業
息子の英三郎、その弟の儀四郎、が中心になって頑張るんだけど
せっかく、軌道にのりかけた店が、火災で全焼

仕方なく新しい地にお引っ越し
それがあの、銀座の場所なんです。

安兵衛と英三郎が知恵を絞る

今一つパッとせんなあ
これって、何だかんだ言うとるけど
饅頭なんじゃないか

父ちゃん良いこと言う
まさしく、西洋まんじゅう

饅頭なのに、なんであんこが入っとらんのじゃろう

(二人顔を見合わせて)
それだ!

試行錯誤を繰り返す日々

そして、出来上がった自信作。
安兵衛がかねてから知り合いの山岡鉄舟に食べてもらう

うわっ
こいつぁうまい。
これぞ、ニッポンの文明開化だ

この木村屋の看板の字は山岡鉄舟です

感激した、山岡鉄舟
なんとか天皇陛下に食べてもらおうと画策

天皇陛下が小石川後楽園に来られたとき
茶菓子として出してみた。

陛下も大喜び
特に皇后陛下が殊の外気に入られて
今後も継続して納品するように。

皇后陛下が気に入られた、アンパンってのはとても美味しいらしいよ

評判が評判を呼び、一気に火がつきます。

存続の危機
大成功物語ですね

銅像なら、安兵衛夫婦というより
安兵衛と英三郎の親子の方が良いんじゃない?って思うでしょう
このあと、理由が分かりますよ。

さあ、順風満帆の筈でした。

ところが12年後、
考えても見なかったことがおきます
英三郎が急死したんです。
まだ36歳と言う若さ。

そして、あろうことか、その2年後にお父さん、安兵衛も死去

存続の危機に陥ります。

大丈夫。まだ弟の儀四郎がいると思うでしょう

ところがなんとなんと
随分前から、儀四郎は家をぷいと出たまま、行方知れず。
英三郎と安兵衛が死んだこともおそらく知らない。

残ったのは、安兵衛の妻ぶんと、儀四郎の妻ゆうのみ

あの、バカ息子、どうしてるんだか

二人だけの家族会議

分かりました、お母様
私も精一杯やらせていただきます。

ぶん婆ちゃん、当主として木村屋を切り盛りすると覚悟を決めます。

それから大奮闘
女性当主なんて考えられもしなかった時代です。

気の荒い職人達を時には叱りつけ
時には細やかな心遣い
ぶん婆ちゃんの木村屋は更なる発展を遂げていきます。

儀四郎
そんなある日でした。

ただいまー

はあ?
はああああ?

儀四郎がひょっこり帰ってきます。

どれだけ心配したと思ってんだ。このバカ息子がっ

ところが、儀四郎
不在期間中に、考えられないような事をしていた。

全国を行脚しつつ
その、土地土地に、木村屋アンパンの支店を出して回っていたんです。
なんと、台湾や中国にまで。

あらまあ

それならそれで、連絡ぐらい寄越せば良いのに。

ようやくバトンタッチ
母ちゃん疲れたよ。もう限界。

ここまでのぶん婆ちゃんの頑張りがなかったら
確実に今の木村屋は無かった訳です。

さあ、儀四郎の代
儀四郎が築きあげた全国のネットワークが有機的に機能し
木村屋のアンパンは、全国に轟き渡ります。

そして、あの日がやって来ます。
儀四郎が開発した、第二の大ヒット商品
ジャムパンです。

儀四郎がいなければ
ジャムおじさんだっていなかった訳です。

索引はこちら
[日本の歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)


シコンノボタン

花カレンダー始めました

女性だって仇討ち。すみとたか(宮城野・信夫)

江戸のヒロインシリーズ

すみとたか
四郎左衛門という百姓は、貧しくても働き者。
すみとたかという娘二人の子宝に恵まれて、幸せに暮らしていました。

享保3年(1718年)のある日、四郎左衛門は、娘二人と田の草をとっていました。

1000石取りの田辺志摩という武士が通りかかります。

四郎左衛門は、うっかりその前を横切ってしまいます。

無礼者!
四郎左衛門は無礼打ちに合います。

助けようとした、娘二人にも刀を抜いたので、
命からがら逃げ帰りました。

待っていたのは病気の母親
娘たちは顛末を話しますが
母親はショックで、追うように亡くなってしまいます。

娘二人が話し合って選んだのは、
親の仇を討つという道。

この時残された娘二人は姉11歳、妹8歳
百姓の娘が敵う相手ではありません。

領内を退居して陸奥守様の剣術師範である瀧本伝八郎へ奉公することになりました。

練習風景をじーっと見て、
こんなふうにしていたなあと
みんなが居なくなったところで棒を振ってみる。

それで敵が討てるようになるのかは分からないけど
幼い二人に思い付くことはそれくらい。

ある時、素振りしているところを見られ

何をしているのじゃ

申し訳ございません。
実は、父の仇を討ちたいとは思っておりますが
私たちに出来ることが何なのか
それすら分からない状態です。

どういうことだ
詳しく話してみい

(云々)

そなたたちの決意、尋常ではないと
先程の素振りを見てしかと理解した。
明日から、本格的に伝授いたそう
じゃが、並大抵の事では無いぞ。心せよ。

猛特訓が始まります。
特にセンスがあるという訳でもないので
メキメキと上達、とはなりません。
ひたすらに同じことを続けて、体に覚えさせる事しかない。
ただ熱意しかない。

予定を越えて、6年の歳月を要したが
いよいよ、その時が近付いたとして
事の次第を陸奥守様へ伝えてくれた。
普通はダメなんだけど、特別措置として
白鳥大明神の宮の前へ矢来を組んで、勝負が実現することになる

仙台御家中衆が警固検分を務める中、
姉妹は大健闘
替る替る戦って、いよいよ志摩を袈裟切りに斬り付けた。

「いまこそ父母の無念を晴らしたまえ」

最後は姉が走り寄って止めをさした。

陸奥守様も、その結果に感激
姉妹を家中の者へ養女に迎えるよう申し付けたところ、二人は共に辞退した。

「仇とは言え人殺しの罪は逃れられず、願わくば如何ようとも御仕置きを仰せ付けられ下されますよう」

そう言うな

伝八郎がやってきて説得

姉は当年16歳で御家老3万石の伊達安房殿(伊達村成)へ、
妹は同13歳で大小路権九郎殿へ引き取られた。

宮城野・信夫
以上が史実になります。
でーこんの若干の演出追加はありますけどね。

これをもとに、
江戸時代の浄瑠璃「碁太平記白石噺」や
歌舞伎「姉妹達大礎」などが作られました。

幼い姉妹が親の仇を討った訳です。
それだけで、極上のお芝居の題材ですね。

当然大ヒット。

名前は、お姉さんが宮城野、妹が信夫
と、故郷にちなむ名前に途中で改名しますので
一般的には「宮城野・信夫の仇討ち」として広まります。

これらのお芝居で、面白いのが
剣を教えた、瀧本伝八郎役が、由井正雪
あの、幕府の転覆を企てたクーデター未遂事件の犯人です。

通常は逆なんですけどね。

実際の事件を芝居にするのは御法度。
忠臣蔵なんかは、時代も配役も変えているんだけど
あの事件ってみんなが分かる。

政府の対応に対する批判的な内容になった方が一般受けするので
どうしてもそういうストーリーにしちゃいますから。

現実のクーデター犯、言わばテロリストを
ヒーロー側に置いちゃいかんでしょう。
よくまあ、幕府がこれに目をつぶりましたね。
庶民には大受けに受けるでしょうけど。

索引はこちら

[江戸のヒロイン]シリーズはこちら(少し下げてね)


パンダスミレ

花カレンダー始めました

吉原の寿司屋の親父さんと話し込んで

(10/8(祝)のことになります)
3連休、お出掛けせずにいようと思っていたんですがね
ダメでした。
体がうずきます。

浅草から吉原へ
今週末、浅草から吉原、小塚原へのウォーキングイベントです。
昼食の予約をまだ取れていないので
それだけ取りに行きましょう。

この前下見したときの話はこちら
吉原ウォーキング

猿若町
とは言え、せっかく行くんですから
ちょっとぐらい新しいところも行かなきゃね

天保の改革の時、歌舞伎の三座が移動させられた新しい場所
浅草のちょっと北側、猿若町


同じ通りのそれほど遠くない距離で
中村座、市村座、守田座の三座の跡が見れるのでお得です。

日本堤
吉原に続く、山谷堀と日本堤
その日本堤沿いにある二つの神社、
古地図にも出ているとても古い神社
合力稲荷神社と、袖摺り稲荷神社

さあ、吉原です。
一通りぐるっと回って
このあと、主目的の昼食処探しと致しましょう。

いろは商店街
前回の下見では、いろは商店街は見つけられ仕舞い
無くなっちゃったのかなあ、と思いつつ
逆側から見てみると、あるんじゃないか

あっ、明日のジョーのモニュメント

ということはやっぱり

いろは商店街は無くなっていた

アーケードがあったころは、こんな感じ

いろは商店街の中に、食事する店があるんじゃないかと期待していたから
ちょっと黄色信号

でもアーケードが無いとしても
そこそこ店はあるんじゃないか

歩いてみて
山谷側まで出ちゃったんだけど

ここにかつて商店街があったと感じる人がどれだけいるだろう

「シャッターの閉まっている店」すらまばら

結局、もう一度引き返して、店を探し直すことにしよう

大行列の天ぷら屋さん、伊勢屋さんの存在は
不思議な気すらする
ここで、予約を取ってくれる筈ないからなあ

寿司屋
見事に全く店が無い
チェーン店はあるもんだけどなあ。

寿司屋があった
町中の昔ながらの寿司屋
こういう寿司屋って、入るの勇気要りますよね

でも、他に無いし
ランチ900円の看板も出ている。

えいっ

すみません
ちょっとお伺いしますが
今週の土曜日、12:30頃、ランチの14人の予約は大丈夫でしょうか

はい、大丈夫ですよ

雨天は中止で、いつ正式な人数は分かって、といういつもの一通りのやり取りを終えて

今日、今、食事して良いですか

はい、もちろん

店の中には他のお客さんはいないので
親父さんと私の二人だけ

親父さんが、テレビを見ながら
あっ、危ないかも

はい?

天気がね
土曜日雨かもしれない。

えっ、そうなんですか?
そりゃ困る
でもね
大丈夫だと思いますよ
私はね
筋金入りの晴れ男なんですよ

この話を皮切りに、
親父さんとの色んな話が始まりました。

カストリっていう本屋さんがね
吉原の端っこにあるんだけど
そこの主人が、十数人集めて
吉原見学ツアーってのを結構やっててね

ほう、そりゃ興味ありますね

特に多いのが、若い女性のグループ

へえ、そりゃ不思議だ

ここは、結構長いんですか

50年ぐらいかな
私は二代目

この辺りは昔はにぎやかだったんですよ
すぐそこに、立派なアーケードの商店街があってね

いろは商店街ですよね
いやあ、それがあるもんだとばかり思ってきたのに

つい最近です。
去年撤去しちゃった。

やっぱり、そんな最近だったんだ

屋根が開閉式だったんだけどね
古くなっちゃったから
閉まったらもう開かない
雨漏りはするしね
もう、直すお金みんな出せないからね
撤去には補助金が出たもんで
商店街は、どこも難しいよ

後継者不足もあるんでしょうね
親父さんとこは?

うちももう私で終わり。

じゃあ、長生きしなきゃ
親父さんはおいくつなんですか

70近くです。
先代は86歳まで生きたんだけどね

じゃあまだまだですね

みんなそう言うんだけど
親父の歳まではとても

いやあ、長生きしてもらわなきゃ
少なくとも今週の土曜日までは生きといてもらわんと

買い出しは、築地に行かれてたんですか

そう
今まではね
この11日からは豊洲ですよ

ちゅうことは、今度の土曜日はチャキチャキの豊洲のネタですね

一緒ですよ
買うとこは一緒だから
先日、下見に行ってきたけど
どうなるんだか
駐車場が上の方にあって
そこまで行って、そこからエレベーターで降りてくるの
慣れるまでは良く分からない。
駅から遠くなっちゃったから
電車で行く人は、大変なんじゃないかな。

そうなんだ
築地は確かに駅から近いね

色んな話があって
駐車場にトラック全部乗せて、冷蔵庫とかの機器も全部入れてみたらちょっと沈んだとか
冗談だけど、色々言われてるよ

—-

他にも色んな話したなあ

近くの南千住に貨物列車の大きなターミナルがあって
あかずの踏み切りで大変だったけど
子供の頃は、列車が好きで、ずうーっと繋がった貨物を見に良く行ったとか

近くの今戸神社の女主人とは友達なんだけど
若い人向けに、色んな企画をやって、今若い人に大人気とか


どれくらい喋ったろう。

今、チェーン店ばかりで、店の人と喋ると言うことがほとんどない。
食事する時に親父さんと話すなんて何年ぶり?
ちょこっと声をかけるぐらいはあっても、話し込むなんてないなあ

そういう店もあるのは分かっているけど
どうしても敬遠しちゃう。
ご注文繰り返させていただきます
って店に入っちゃう。
喋らない方が楽、って思っちゃっていた

こんなに楽しいのにね

思い出になるくらい、楽しいのに。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


アカバセンニチコウ

花カレンダー始めました

「検察側の罪人」を見てきました。

(10/7の事です)
3連休の2日目

江戸検定の試験日が近いので
あまり出掛けないようにしよう。

土曜日、日曜日とカミさんが休みってかなり珍しい。

とは言え、カミさんは、セカンドワークがあって
休日はそっちの仕事を家でやっている

だから、やっぱり家事は私が担当

スーパー
おとなしく、近くでブログ書いたり、
江戸検定のお勉強したりしていましょう。

近くのスーパーのリニューアルは
はて?
どこが変わったの
なんだけど、唯一大歓迎なのが
イートインスペースが出来たこと

ここで、ブログ書いたりしていましょう

あれ?

今からなら出かけられるけぢ

カミさんからのライン
けぢ は けど の入力ミスでしょう。

今から帰るね

仕事が一段落したんでしょう。

カミさんが前から行きたがっていた映画が「検察側の罪人」という映画

木村拓哉と二宮和也が扮する検事同士が
お互いの違った「正義」をもとに激突

面白そうでしょ

カミさんは、アクションものとか、泣けるやつとか、社会の闇を深くえぐったような、大作は苦手で
余韻が残ったりせず
途中寝ちゃって半分くらい見逃しても大丈夫、ストーリー追えたよ
って感じのが大好き

映画館へ
いくつかのいつもの映画館より近い場所に映画館があることを発見
いくつかのいつもの映画館はいまいち時間が合わなかったので
初めてそこ行ってみよう

2~3回行ったことあるショッピングモール
ずいぶん前からあるショッピングモールなので
イメージとして、ちょっと前感はあります。

ああ、そういうとこんな感じだったなあ
あれ?
連休の中日なのに
お客さんがまばら

改めて、ショッピングモールが鮮度を保ち続けることの難しさを実感
どこって訳じゃないのよね
全体的に少しずつ

そんな事だから
映画館もガラガラ
ええっと一人二人・・・

ど真ん中の席で回りに気を使う必要もありません。
ラッキー!
これって良いかも

映画を見終えて
むつかしー

少なくともカミさんの好きな、なーんも考えなくて良い映画ではありません

大丈夫だろうか
ターゲット設定として。
嵐のファンも見に行くだろうに

嵐の中では二宮和也は「芝居が巧い」で通っていて
今更、ラブコメ見るつもりで行くとは思えないけど

であれば
もっと、二宮和也にウェイト置いて
50:50に持っていったら面白かったかも
もっともっと複雑な芝居ができる人だから

キムタクは、脱皮しようとしているのはよく分かるので
次に期待です
「キムタク」が犯人になっただけじゃなく、もっと大胆なイメージチェンジ
思いきってオカマの役とか

まあ、色々言いましたが
たまにしかない、カミさんとの外出です。
その事が貴重なので
映画の中身は、それほどどっちでも、というのが本音なんですけどね。

索引はこちら


ヒヨドリジョウゴ

花カレンダー始めました