[大奥]8の後、11の前。吉宗の恋人、竹姫のその後

大奥シリーズ、10代家治まで終わりました。

いよいよ家斉(いえなり)

家斉といえば大奥。大奥といえば家斉

さあ、始めましょう。まずは正室から
と思ったんですがね

異例の正室なんです。

ずっと将軍の正室は京都の宮家から、と決まっています。

ところが、家斉は薩摩の島津家から正室をもらった。

なんでまたいきなり島津家なのか
これには理由があります。

一言で言うと、竹姫の遺言だったから

ちゃんと説明しないと意味が分かりませんね

ということで11代家斉の前に、竹姫のその後、をお話することにしましょう。

竹姫
竹姫は8代将軍吉宗の愛した恋人。
でも叶わぬ哀しい恋。
この辺の顛末はこちらをぜひお読み下さい
[大奥]8 吉宗→竹姫との忍ぶ恋

哀しい哀しい嫁入り
ただ、さすがは吉宗が愛した女性。
いつまでもめそめそせず
次なる目標を定めます。

私にも意地がある
こうなったら、薩摩藩島津家を徳川一門にしてやる

びっくりするほどの大いなる野望。
薩摩藩は関が原の戦いで敗れた外様なんですけどね。

嫁いだ相手は、島津家、5代藩主、継豊(つぐとよ)
嫁ぐとき、いわく付きなため、散々な条件を出される
もし、竹姫に男子が産まれたとしても、島津家には既に嫡男がいるので島津家は継がせない。

当然竹姫もその条件は知っています。

思いの外魅力的な女性だったもので、継豊はちょっと後悔
仲むつまじくなり、子供も産まれます。

女の子、菊姫

ああ助かった。男の子だったらいらんいざこざになるとこだった。

ええっと、宗信(むねのぶ)という息子がですね・・・

分かってますって、跡継ぎですね
その件でお願いがあります。
宗信を私に預からせてもらえないかしら。

そんなつもりでいてくれたのかと感激

竹姫としては、宗信に超一流の男になってもらい、野望を果たしたい。
目一杯の愛情を注ぎ、英才教育を施す。

ところで、竹姫と継豊は基本、江戸で暮らしています。

竹姫は、菊姫と宗信を連れて、頻繁に吉宗に会いに行きます。
大好きな相手ではありますがふっきれてはいます。
幸せな自分を元彼に見て欲しい。

吉宗も我が子のように可愛がります。

さあ、野望への第一歩
宗信の縁組みです。

尾張藩主、徳川宗勝の娘、房姫(ふさひめ)
さすがです。竹姫気合い入っとります。
御三家でございます。

これを皮切りに、徳川家との縁を強めていきましょう。

良かった良かった。竹姫のお陰で島津も安泰じゃ。
継豊は肩の荷を降ろし、引退して、藩主の座を宗信に譲りました。
江戸の事は、竹姫と宗信に任せ、国元に帰ります。

順風満帆

の筈でした。

なんと、結婚直前に、尾張の房姫が急死
ま、まさか

気を取り直し、竹姫がんばります。
次の相手を見つけなきゃ。

ところがです。

なんと今度は、宗信が参勤交代途中に病に倒れます。
何とか薩摩にはたどり着いたものの、そのまま、21歳の若さで帰らぬ人に。

今までの苦労は何だったの?
呆然自失。

頼りになるのは、薩摩にいる旦那
落ち込んでる場合じゃないぞ
重年がいるじゃないか

そうでした。

実は、次男がいたのです。

お家の一大事。継豊はとてもてきぱき動きました。
まず、宗信がなくなったことを世間には伏せます。
重年を急いで江戸に送ります。

竹姫頼んだぞ

竹姫も呼応するようにてきぱき
重年を藩主とする手続きを急いで済ませちゃいます。
そして、そのあと、宗信が亡くなった事を公表。

世間は、何?
何があったの?

さあ、竹姫、気持ちを入れ直し。
また、教育しなおししないといけません。

ところが、この重年
子供の頃から藩主になるべく育てられた宗信とは全く違う

自由奔放
大人になるまで、全くそのつもりじゃなかった訳ですから。

そんな矢先
最も頼みの吉宗が死んでしまいます。

次の9代家重は以前お話ししたように、ちょっと特殊
吉宗が何かというと島津家を特別扱いするのが気に入らなくて仕方がない。

重年もまあ、空気を読むことをしない人なので
重年と家重は最悪の関係

吉宗と宗信のむねむねコンビは極めて良好だったのに
しげしげは、全く逆。

家重は、以前の宗信の尾張との結婚寸前まで言った事を持ち出す。

島津家は尾張と縁がありますね
木曾三川(木曾川・長良川・揖斐川)の治水工事を島津がやりなさい。

はあ、なんでまた島津家がそんなことしなきゃいけないの?

もちろん、木曾三川の治水は、長年苦しめられてきた課題
積年の課題ではありますが、簡単に出来るくらいならもう既にやってます。

早い話が嫌がらせです。

重年は粗野ではありますが、良く言うと根性があります。
うるせえ、やってやろうじゃねえか

仕事が人を作るというのでしょうか
とてつもなく過酷なこの仕事をやっていくなかで
重年は男として大きく成長していきます。

ただ、過酷すぎた。
資金は尽きるし
担当した島津の人達は、あまりのきつい仕事に自殺者が相次ぎます。

重年ももうだめと
自分の子供に藩主を譲ることにします。

当時9歳の、重豪(しげひで)です。
出ました。ようやくです。
重豪は11代将軍家斉の正室、茂姫のお父さん。

繋がってきますよ。

さあ、また竹姫の出番
重豪が大人になるまで
竹姫こそが実質藩主として、頑張らないといけません。

そうこうしているうちに、重年亡くなってしまいます。

長いですね。色々ですね。
この続きはまた次回。

索引はこちら
[大奥]シリーズはこちら(少し下げてね)

神社ってどうして出来たのか

八幡神と神仏習合、という本を読みました。

ウォーキングしていると気になって仕方ないのが、八幡神社と稲荷神社
多いのなんの

まずは、八幡神から、その歴史を解明しようと思ったのですが
実にすごい。この八幡神なるもの

八幡神社についてシリーズで書いていこうと思っているんですが

この本を読むと、そもそも神社ってどういうふうに出来たかから
詳しく解説してある。

今まで思っていたのと随分違っていて興味深いので
まずそちらから。

神社
神社って、無かった。
今存在するような、建物の神社です。

神は山だった。
ここまでは何となく分かります。
山の頂上付近に、
大きな岩とか、形の変わった岩だとか、滝だとか、湧水だとか、大樹だとか
神秘的に感じるものを
磐座(いわくら)とか磐境(いわさか)って呼んで
神様が降りてくると考える。
山宮と言います。

でもこれだけじゃメリットありません。

麓にも岩や、水や、大樹のような神秘的なものを見つける。
これを里宮と呼びます。

そして、田んぼや畑そのもの
これを、田宮または野宮と言います。

山宮から里宮、里宮から田宮に、神様に移ってもらう。

農作業が始まる春に来てもらい
秋に収穫後、ありがとうございました、とお礼して、山宮に戻ってもらう。

山宮は一つですが、里宮、田宮は複数になります。

ちなみに海岸の町であれば、山は、島に変わってたりします。

要は、神様は自然そのもので、何の装置もない
神様に分かってもらいやすくするため
しめ縄と紙垂は付けるけどそれだけ。
あるのは儀式だけだった。

これが少しずつ変化を遂げます。

早い話が毎年毎年めんどくさい。
近くに常駐してくれていればより便利。

里宮にずっといるってことでどうでしょうか。

とはいえ、まだこの時点では考え方を変えただけで、
形は全く変わらない
今まで通り自然そのもの
ひょっとするとこの時点で、鳥居くらいは付いた可能性がある

ただ、地域全体の山宮一つが中心だった時に比べ
複数の里宮が中心になると
氏族の考え方が追加される。

血縁でつながりの深い一族が
うちらの一族はこの岩ね
おたくらは、そっちの大木だったよね
って感じで
一族の守り神になってくる。

そうなると、自然そのものが神だったのに加えて
自分達の血縁の元になる祖先を辿り
その祖先を神様とする考え方が出てくる。
自然神に祖先神が加わった概念
氏神様の誕生です。

建物という考え方も少しずつは出てくる。
収穫したものを保存しておく倉も少しずつ立派になって来るので
その倉の方に神様に来ていただく。

いずれにしても、それぞれのところで発生しているので
八百万(やおよろず)の神であることは間違いありません。

大きな物を前にして圧倒されると言うような自然な気持ちや
災害や死を恐れる気持ちや
たまたま起きた不思議な出来事に恐れて神の仕業と考えるというような
ごく原始的な、自然発生的信仰心でしかない。
祈りで願いを叶えてもらえるかも

そんなところに外国から仏教がもたらされます。
理論や教義に裏打ちされ
人間の生きるべき道を考えさせられたりします。
紙に文字で書かれたお経まであったりします。

びっくり仰天、ひっくり返ります。
一気にカオス状態に陥ります。
憧れの気持ちと対抗したい気持ち
矛盾する二つの気持ちが交錯する

木造建築の技術は外国の方が優れている。
でもそのまま取り入れては寺そのものになる
ここはやめとこう、というのを決める。

屋根は切り妻で、寄棟にはしない
瓦は使わず、壁は土壁にはしない

神仏習合になっていくとこの原則はかなり崩れていくんですが。

そもそも神道という言葉すら
仏教伝来まで存在しなかった。
ただバラバラに神様がいるだけでしたから。

仏教と区別するために神道が産まれたと言っても良い。

元々、氏族のための守り神だから
全国的な発展というのにはそぐわない。

結局は、仏教の力を借り
神仏習合になりながらの発展になる

その神仏習合を主導して進めていったのが
八幡社ということになります。

天皇シリーズとも呼応しつつ
八幡神社をシリーズにしていきますね。

索引はこちら
[巫女さん入門]シリーズはこちら(少し下げてね)

[天皇]11 垂仁天皇 三種の神器を伊勢神宮に

天皇シリーズ、11代です。

垂仁(すいにん)天皇は、伊勢神宮を作った人
その経緯を説明するため、まず三種の神器から

三種の神器
三種の神器は、
八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)
八咫鏡(やたのかがみ)
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)(=草薙剣(くさなぎのつるぎ))

代々受け継がれて、天皇継承の証
鏡と剣に関してはなぜ三種の神器になったかというと
中国から王の証としてもらったから。

魏の皇帝が倭王(わおう)卑弥呼(ひみこ)に
はいどうぞ

当時は冊封関係といって、中国の子分みたいな感じ
お前を倭(わ)すなわち日本の王と認めましょう。
頑張ってね。

これは、垂仁天皇よりもっと前の話。

剣を2つと、鏡を100個もらった。

まだまだ各豪族が並び立っている状態だったので、大喜び。

剣は自分と弟で持って権威の証。
鏡は豪族を従わせるために使った。

どう、うちの傘下に入らない?
もし入るんだったら、支部長として認めるよ。
その証に、この鏡もあげるけど。

えっ、かっこいいなあ、その鏡
欲しい欲しい。頂戴。

ということなので、
実は、剣も鏡もひとつずつではないんです。

卑弥呼って古事記や日本書紀には一切現れてこないので
卑弥呼が認めてもらった倭国ないしは邪馬台国が、天皇家の大和王朝と一緒なのかどうなのか
ご存知の通り、すごく議論が分かれています。

従って、この剣と鏡がそのまま三種の神器かと言われると
そうかも知れないしそうじゃないかも知れない。

もし違うとしても、この話が王位継承の証として便利っぽい、という事にはなったでしょう。

草薙剣は神話の中でも、2回大活躍しますので
その時、またお話ししますね。

鏡が複数枚という話ですが
八咫鏡って、天徳4年に平安宮内裏が焼亡したとき3枚確認されているし
何度も火災で割れて作り直したりしています
そもそも、今だって、一枚伊勢神宮に、もう一枚が宮中にと2枚あります。
良いみたいですよ。そういうもん。

残った八坂瓊曲玉ですが
玉=霊(たましい)なので、こちらは純粋に元々日本古来の、ずーっと昔からあるもの。
各豪族で代々受け継がれる勾玉があって、それにあたる
ただ昔からあるが故に、逆にありがたみに欠ける
他の二つに付随して、プラスアルファ的扱いになる。

垂仁天皇
話を戻しましょう。
垂仁天皇でした。
そのもうひとつ前の、崇神天皇のとき、疫病や天災地変が打ち続いた。
何かが悪いんだろうから、変えなきゃ。
そういうとき、元号を変えるってことを良くするけど
残念!この時まだ元号という制度が始まっていない

三種の神器(鏡と剣)の置いてあるところが悪いんじゃないかなあ。
うん、きっとそうだ。

笠縫邑(かさぬいむら)現在の奈良県桜井市に移した。
めでたしめでたし。

ところが、次の垂仁天皇の時も、悪いこと続き。
笠縫邑じゃダメなのかなあ。

娘の倭比売命(やまとひめ)に命じます。

良い場所を見つけるように。

はーい

一生懸命探して、丹後(現在の京都府北部)の吉佐宮(よさのみや)に
4年間置いたんだけど
やまとひめ、
なんかしっくりこないなあ
やっぱり、また変えよう

まあ、変える変える
木乃国(紀国)の奈久佐浜宮・吉備国の名方浜宮・倭国の弥和乃御室嶺上宮・大和国の宇多秋志宮
(中略10ヵ所)
阿佐賀藤方片樋口宮・飯野高宮・佐々牟江宮・伊蘇宮・滝原宮

ああ、疲れた。
巡歴したところは「元伊勢」と呼ばれ、やまとひめ伝説が多く残っています。

夫婦岩で知られる伊勢市の二見浦(ふたみがうら)は
一回見に来て、うん良さそう、一旦キープね
他を見ている間に
やっぱりさっきのあそこが良い気がしてきた
と、二回見に来たから、二見浦です。

やまとひめ偉いです
一生懸命仕事するタイプです。

転々として
伊勢神宮近くの五十鈴川辺りに来たときに
八咫鏡が
私はここに祀られたい

そこが、伊勢神宮内宮です。

八咫鏡としても、たいがいにしてくれ
と思ったのかも知れませんね。

索引はこちら
[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

町中に美人しかいない理由

告白しても良いでしょうか

私は美人が好きです。

美人
通勤中もそうですが
ウォーキングで週末出かけたりしますと
とても驚く事があります。

うわっ、むっちゃ美人や
いやっ、あっちにも

どないやねん。

町中には美人しかおらんのかい。

もう、興奮しっぱなし
毎日幸せな日々を送っております。

ただ見てるだけで、全く何をするわけでも無いんですがね。

昔はもっと町中に不細工な人がいた気がするんですが
これはどうしたことでしょう。

何らかの革命が起きたのでしょうか

最近ずっと頭の中に鎮座しております「町中には美人しかいない」説
どうにも不思議なのでちゃんと検証してみようと思いました。

検証
練馬駅のホームに降り立ち、思い出しました。
あっそうそう、検証だった。

周りを見渡しました。

あれっ

あれあれっ

分かりました。

結論

勘違いでした。

おかしいなあ
練馬はダメなのかなあ。

TBSラジオ
TBSラジオを聞いておりました。
若い女の子がパーソナリティの番組が始まったようです。
いちごとレモンとマスカット

タイトルから、初老のおじさんは聞いてくれるな臭がプンプンします。

今日のゲストは、盛り顔を学術的に研究しておられる
東京大学大学院 特任研究員の、久保友香先生です。
よろしくお願いします

いきなり訳分かりません。

話を聞いているなかで分かってきたのは
盛り顔とは、若い女の子達で通用する用語
インスタグラムとかのSNSにアップする自分の顔写真を
素の顔より何割増か可愛くしてのせること。

みなさん盛っているじゃないですか

いきなりそこから入ります。

おじさんはタジタジです。
えっ、そうなの?

どうも2段階で盛っているようです。

まずは、化粧。
この技術が大進歩を遂げている。

やっぱりそうでしたか。
おじさん薄々気づいておりました。
先日の練馬以外ではそうだったんですね。
良かった。
そのお陰で、毎日幸せです。

2段階目は、デジタル加工
いろんなアプリが出回っていて
スマホに標準でついているカメラ機能ではなく
ダウンロードしたそのアプリで撮影するだけで
そもそも可愛く映る。
そしてそこに色んな加工を施し、
自分好みの顔に変える。

これは、良い悪いではなく
当たり前の常識らしいです。

久保先生は、
この修正を元と比べてどこがどうと数値化して
どのこうのしておられる。
よく分からないけどすごい先生。

久保先生がおっしゃるには
日本の若い女性のこの文化は世界的にも最先端。
技術もさることながら、考え方として何を評価するかという部分で最先端だと。

もちろん程度問題なんだけど
西洋は、素の顔の良し悪しを評価する
アジアは最終的に現れる顔で評価する割合が強い。

特に日本の女性の間では
元よりどれだけ良くなったかというその努力を評価する。

面白いのは、女性と女性の間だけ。
日本の男性も素っぴん重視らしいです。

だから、見せたい相手が女性か男性かによって使い分ける。

ただ、いかにも盛ってますは評価されず
盛っているかどうか分からないように、自然に盛る

良いじゃないですか。
いかにものは確かに見ますけど
やっぱりウエッとなりますが、そうじゃないなら大歓迎です。
男性向けにもどんどんやってもらっても良いんじゃないでしょうか。

何だかすごく納得したのは
先生の言葉

素の顔でのみ評価するのはおかしいです。
努力は報われるべき。
だめなひとはどうやってもだめというのは
正しい社会ではない。

なるほど、社会はそうやって発展してきています。
急に私も盛り顔賛成派になっちゃいました。

可愛げ
本屋で、立ち読みをちらっとしただけなんですが
可愛げを作る、みたいな本がありました。

今まで、美人という範疇と、可愛いという範疇があったけど
可愛げというのが良いと。

良いですね。
こうなると、若い女の子だけじゃなく
一気におばさんまでカバーできます。

そもそも私がなぜ、町中には美人しかいないと言っているかというと
これは、今に限らず若いときからなんですが
魅力を感じる女性が or条件なんです。

美人か あるいは 可愛いか あるいは 個性的か あるいは セクシーか
あるいは 洋服が似合っているか あるいは ちょっとした仕草が魅力的か あるいは 着物を来ているか あるいは 髪の毛が長いか あるいは 後ろ姿がきれいか あるいは 足がたくましいか
あるいは 笑ってくれるか あるいは 一生懸命頑張っているか あるいは 親切か あるいは 働き者か あるいは 気遣いがあるか ・・・

どこかに当てはまっていれば大丈夫
こんだけあったら、ほぼ誰でも当てはまっちゃいます。

町中だから、美人という表現しましたけど
周りにいる女性とすると、性格まで分かったりするから
一気に広がります。

可愛げ、って良いですね
無敵です。

こんな評価基準が加わっちゃったら
まず間違いなく誰でもOKです。

カミさんだって時々は可愛げあるなあと思いますもん。

索引はこちら