高層雲。層積雲。層雲。まとめてどん。

雲シリーズです

順番的には高層雲ですが、
正直見ていて楽しい雲でもないので
層雲関連の、層積雲と層雲まで一緒にいっちゃいます。

おさらい

層、とつけば平べったく長い雲になります。
その前に雲の高さによって文字がついて
一番高いところから、巻層雲、高層雲、(層積雲)、層雲と分かれる訳です。

対する積、は固まった雲です。

さらに「乱」というのは、雨を降らせる、という意味なので
乱層雲というのは、雨を降らせる、低いところの平べったい雲ということです。

高層雲
空一面が真っ白、雲だらけ

一言で言うとどんより。

巻層雲はお話して、ハロが出るときがあるってことでした。
巻層雲。ハロが目印

それもないので、ただどんより
またの名を、朧雲(おぼろ)
高層雲さんには、大変申し訳ないのですが
全く面白くありません。

層積雲
層のようで層でない、ベンベン
積のようで積でない、ベンベン
それは何かと尋ねたら、
層積雲、層積雲、層積雲

空一面おおっちゃう感じだけど
その中にももこもこって部分もあるよってこと


主な出来方は、高層雲がさらに降りてくるときに、中の気流の関係で、塊っぽいものが出来ちゃう

雨が降るとしても弱い雨で、本格的な雨が降る場合は、乱層雲ってことになります。

層雲
雲の中では一番低いところに出来る雲
山あいに出来る雲
さわることも出来る

会いに行けるアイドルと一緒ですね

高いところから見ると見下ろす事だってできます


完全に地表に触れると層雲じゃなく、「霧」と名前が変わるので
ギリギリの微妙な雲

霧とほぼ近いので
朝に出た場合には、昼になって暖まると消えちゃうことが多い。

秩父の雲海
秩父の雲海も層雲ってことになるんでしょうね
朝すごく早く起きなきゃいけないんだけど
秩父で雲海が見れる
もちろん運(雲)が良ければだけど

確かスマホのコマーシャルでもやってましたね

私はまだ見たことないんですが
もし見れたら、人生観変わると思います。

夢まぼろしか
ファンタジーか


索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)


フヨウ

花カレンダー始めました

さあ勉強勉強。木の勉強するぞ

この前、明治神宮100年の森に出かけて、めげるでーこんの巻でございました。
ごめんなさい。明治神宮御苑、花菖蒲園

さあ、わくわくです。
「木」だっ

いやあ、落ちこぼれ人生はこんなに楽しいのか
今、落ちこぼれている人がいたら、声を大にして教えてあげたい

あんたねえ
むっちゃラッキーやで
このあとの人生どんだけ楽しいか

私は、学生の時、落ちこぼれていましてね
落ちこぼれていたこと

例えば歴史で言うと、高校の時、豊臣秀吉という漢字が書けなかったし
落ちこぼれ(歴史編)
算数で言うと、分母の違う分数同士を足せなかった(通分)
落ちこぼれ(数学編)

高校の時は、国語と英語と政治経済。これ以外の教科に費やした勉強の時間はゼロ
全くのゼロでございます。

するとどういうことが起きるかというと
全てが新鮮なんです。

歴史もそうですけど、全く知らなかったことがだんだん分かって行くって
こんなに楽しいもんなのか
落ちこぼれていた者の特権です

歴史はここ3年ちょっと思いきり楽しんでますが
「ウォーキングしていて楽しめるもの」に限定したジャンルで
どんどん広がっていっています。

萬を持して、花のジャンルに入っていきました
4月から花カレンダーを始めましたが
始めから分かっていた、真夏と冬をどうしようか、問題が横たわっています。

おそらく、「木」で乗りきるしかないでしょう。

早めに木が分かるようにしておかなければ
ゼロからのスタートです。

都立林試の森公園へ
年末に林試の森公園へ行き
時間が無い中だったので、ささっと終わらせちゃったけど
あまりに良かったので、また来るぞと心に誓っておりました。
林試の森公園、良すぎて失敗したあ

今こそ行きましょうぞ

この前、図書館で借りた
「歩いて楽しむ街路樹の散歩道」という本も携え、準備万端

プラタナス
まず、最初に目に入ったのが、プラタナス
♪プラタナスの枯葉舞う冬の道で
落葉樹ですね。別名スズカケノキ


明治神宮100年の森でも分かりましたが
葉っぱははるか上空なので葉っぱの確認が難しい難しい
根っこの近くから新たな枝が出て、そこに葉っぱが出てると分かるんですが
なかなかそうはなってくれません。
こんな時のための本ですね

よっしゃ、この形
いっちょあがりです。

フウ
落葉樹を先に行きますね
フウ


フウの葉っぱはこんな形していますが、モミジのトウカエデとそっくり。
トウカエデ

さらに、モミジバフウというのもあって、それはイロハモミジにそっくり
全て、赤や黄色に色づきます。

フウってWHO?
そもそもが、漢字の「楓」ってフウのことらしいです。

世界でほんの少ししかない種類だったのに
紅葉がとてもきれいなので、街路樹として世界中に広まったそうです。

見分け方は、葉っぱの付き方で、と書いてありましたが
ややこしい。
まあ、一緒ということで良いんじゃないでしょうか
(しゅ、趣旨がっ)

ケヤキ
出ました。有名どころです。


赤や黄色に色づきます。
ケヤキ並木はあちこちで良く見ます
葉っぱ自体はよくあるタイプなので見分けづらい。
並木の場合、木全体の格好に特徴があります。
扇形に広がります。

常緑樹
もともとの趣旨は、シイとカシとクスを理解したいということでした。
そちらに参りましょう

シイ
シイの代表的なのは、スダジイとマテバシイ
椎茸を育てるのが椎の木ですね
スダジイとマテバシイでは、幹の樹皮が違っていて、
スダジイはゴツゴツ、マテバシイはすんなりと書いてありました。

スダジイがありました。

もっとゴツゴツかと思っていましたが
ゴツゴツは、後で話す、クスの方かなと思います。
葉っぱですが、広葉樹の基本型
ギザギザはありません

一番特徴的なのは、裏の色が若干茶色っぽい

木を遠目で見るとそのために、緑一色ーって感じでもなくなる。
葉がいっぱいつくのが特徴なので、こんもり感がすごく出る

ドングリは生でも食べられるそうです。
シイとカシを見分けるのに一番良い方法ですが
スタッフの人に聞いたら、ドングリの時期に来るのが一番ですね
と言われていました。

神社にあるこんもりした木はかなりスダジイが多いです。

カシ

シラカシとアカガシがありました。
シラカシを説明しましょう。

葉っぱは基本型ですが
半分より先にギザギザがあります。

裏は普通に黄色

これもスタッフの人は見分けるのはやっぱりドングリですねと言っていました。

クス
楠。
名前は薬から来ていて、葉や枝を折ったり揉んだりすると
ショウノウの臭いがするそうです。

この樹皮、結構見分けられるようになりました。
葉っぱは基本型ですが、若干波打っています。

ものすごい高くまで成長する
おそらく、明治神宮の森で一番目立っていたのはこれだと思う。

良かった。解決!

モチノキ

見上げて写真撮っても葉っぱが良く分からない
横にあったこの花の咲いているのと一緒かなあ

本と、後で調べたネットによると、モチはモチでも
クロガネモチではなく、トウネズミモチだったようです。

針葉樹とかも含め、まだまだいっぱいありますが
おいおい頑張って勉強することにします。

今日はここまで

索引はこちら
[植物]シリーズはこちら(少し下げてね)


トウネズミモチ

花カレンダー始めました

唐人お吉の悲しすぎる運命

前回、初代アメリカ公使、ハリスの話をしましたね
アメリカ、初代公使ハリス

次はその流れで、その通訳ヒュースケン、と思っていたんですが
ハリスの時のコメントで、唐人お吉(とうじんおきち)の話が出ました。

これはやっぱり、ヒュースケンの前に唐人お吉を挟まざるを得ませんね

斎藤きち
後に唐人お吉とあだ名されるのは、斎藤きち
伊豆下田の船大工の娘でした。

幼い頃から近所でも評判の器量よし
琴や三味線も習い
下田で芸者をすると一躍人気者となり、下田一と噂されるようになります。

船大工の鶴松とも婚約し、この先の人生に想いをはせながら過ごしておりました。

ハリス
そんな時期、ハリスが日本にやって来ました。

前回お話ししたように、ハリスは慣れない日本の地で病気になってしまいます

困った通訳のヒュースケンは
幕府にお願いをします。

看護師を一人お願いできませんか。

ナース ワン プリーズ
でしょうか

英語がオランダ語に翻訳され、さらに日本語に

はあ?ナース?
何ですのんそれ
日本には看護師なる概念がないので、オランダ通訳としても翻訳しようがなかった

何て説明しましょう、
女性で・・

といったところで

はいはいはい。
分かりました、皆まで言うな
いやあ、ハリスさんもお好きですなあ。

完全に勘違い。

大事な異国からの客人
最高のおもてなしをせねば

下田一の芸者、お吉に白羽の矢が立ちます。

絶対嫌です。私には婚約者がございます。

まあ、そう言わずに
月給10両と、支度金25両でどうだ
(1両10万円と考えれば、月給100万円の支度金250万円)

嫌と言ったら嫌です。

ところで、鶴松だが苗字帯刀が許される身分になりたいと常々言っているそうじゃないか
考えてみても良いのだが。

泣く泣く向かったハリスの元
お吉、弱冠17歳の時。

完全に勘違いだったことが分かります。

となったら、日本のために、誠心誠意お仕えせねば

一生懸命看病
ハリスもその態度にすぐに心を打ち解けます。

アイ ウォント ミルク
牛乳が飲みたいです。

当時、牛乳を飲む習慣が日本には全くありませんでしたが
ハリスのために、お吉は奔走します。

そのまま、献身的な看護で回復に向かい・・
となりそうですが
なんとなんと、たった3日でハリスから解雇されてしまいます。
(3ヵ月という説もあります)

理由はお吉に、おできが出来たから

納得いきません

お吉はヒュースケンに詰め寄りますが
解雇です。もう来ないで下さい、の一点張り

まあ、そんな理由はおかしいので推測するに
おそらくハリスも勘違いの経緯がわかり
かつ、お吉に婚約者がいることを知ったからなんじゃないでしょうか

ストレートに言うのが取り柄の外人さんなんだから
ちゃんと言えば良かったのにね

唐人お吉
帰ってきたお吉に周りの人たちは好き勝手な噂を流します。

唐人お吉!

唐って中国ですのにね
人々は、中国とオランダ以外の外国を良く分かっていません。

お吉としても、理不尽な解雇を腹立たしく思い
気持ちが荒れていきます。
まとまったお金が手に入りましたので、お酒に溺れるようになります。

そもそもが、外国人に対して攘夷の風が最も強く吹き荒れていた時期

悪い方向へ悪い方向へ

転々と
下田にいられなくなったお吉は、逃げるように住まいを変えます。

髪結いの技術も習得。
そこでは、それなりに順調に行きそうだったのですが
どこからか、噂が立ち
また偏見の目で見られるようになります。

転々と

横浜で、偶然に元の婚約者、鶴松と出会います。

習得した髪結いの技術で鶴松と一緒に、髪結い床を始めます。

今度は「唐人」を逆手にとり
外国で流行っていると銘打って、新しい髪型を流行らせたりします。
外国で日本髪を結っている筈ないですけどね。

若干はブームになるんですが
やっぱり、唐人偏見は根強く、
毛が抜けるとかの噂で、元の木阿弥

また、酒に溺れるようになり、鶴松とも分かれてしまいます。

そしてやはりと、下田に戻ります。

小料理屋「安直楼」を開きます。

最初はうまく行っていたんですが・・。

朝から酒を飲んでいると評判が立ちます。

2年で店を締め、物乞いの生活。

身も心もボロボロになっていきます。

1890年(明治23年)3月27日、
豪雨の日でした。

稲生沢川門栗ヶ淵に入水自殺
50歳。

結局は、帰された後に飲み始めたお酒
このお酒がことごとく彼女の人生を邪魔します。
嫌な事があると、お酒に逃げてしまう。
酔って失敗して、評判を悪くする
その繰り返し。

おそらく今で言うアルコール依存症になってしまったんだと思います。

途中、前向きになっていた時期もあるので、
悔しい思いでいっぱいになります。

遺体の引き取り手はなく、どこの寺からも引き取り拒否
二日間放置されたあと、宝福寺住職に無縁仏として引き取られます。

人気
哀しすぎる人生ですが
せめてもの救いで言うと

その後、芝居や小説で取り上げられ
人気者になったこと

稲生沢川門栗ヶ淵は、お吉が淵と名を変え
お吉記念館も出来
下田では知らない人はいません。
毎年お吉を忍ぶ年中行事は大盛況

あの5000円札の新渡戸稲造が特にお吉に思い入れを強く持ったようで
色んな研究を進めています。

お吉
100年以上もたったあと、あなたのことは忘れていないからね

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)


ムラサキゴテン

花カレンダー始めました

[百人一首]12 天つ風

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ
をとめの姿 しばしとどめむ

空吹く風よ 雲間の帰り道を通せんぼしておくれ
素晴らしい舞を舞ってくれた乙女の姿をもう少し見ていたいから

おはこ
出たっ 出た出たっ
天津乙女ですね。
これをおはこにしている人はかなり多いんじゃないでしょうか
紛らわしい札がないから、覚えやすいしお手付きもしにくい。

母さんが昔、この札が出る度に、
天津乙女って宝塚女優がいるんだよって毎回言う
そこから話が広がるわけでなく、それだけ
はい、聞きました、って言うんだけど毎回毎回。

こいつアホか、と思いつつ
可愛いかも、と思ったりもした


あっ、これ
母さんじゃないです。
天津乙女です。
(わかるわっ)

僧正遍照
俗名は、良岑宗貞(よしみねのむねさだ)

超美男で、仕事も出来て、ユーモアもあって、風流も解し、しかも性格が良い
パーフェクト人間。
当然モテモテ

仁明天皇に重用されたが
その仁明天皇が崩御
そのお葬式の晩、宗貞はふっと姿を消す。

どこ行った、どこ行った。
みんなは大騒ぎ
何せ超人気者

探せど、どこにもいない
仁明天皇のあとを追ったのではあるまいか
はたまた、出家?
あるいは、北朝鮮に拉致。

宗貞を取り巻く3人の女性。
妻と二人の愛人

二人の愛人に「出家する」と打ち明けていた事が分かった

そんな、私は一切聞いていないのに。

なんで私には言ってくれなかったの
ずっと泣いて暮らす。

初瀬寺へお参り。
導師のお坊さんに
生きているならもう一度会わせていただけるように
仏様にお願いしてもらえますでしょうか
もし、死んでいるのなら
せめて夢の中に顔を見せてくれますまいか
どうぞなにとぞ・・

嗚咽であとが続けられない

実は、その隣の部屋にたまたま諸国を回っていた
遍照(へんじょう)となった宗貞が居合わせた。

妻の声に涙が止まらない
愛すればこそ、言わなかった。
言えなかった。
出家の決心が揺らいでしまう。

ああ、今ここに
すぐに出ていきたい気持ちを殺し
夜通し血の涙を流した。

小野小町が
こんなエピソードもあります。

小野小町が旅の途中、石上寺というところに立ち寄り、そこで一泊することにした。
すると、昔の知り合い、宗貞(遍昭)らしき人がいるらしいとの噂
人を通じて、歌を渡してみました。

「岩の上に 旅寝をすれば いと寒し 苔の衣を 我に貸さなん」

帰ってきた歌が

「世をそむく 苔の衣は たゞ一重 貸さねばうとし いざ二人寝ん」

今宵は石上寺で寝ることになりますが、石の上というくらいだから、たいそう冷たくございます。
石に苔はつきもの。
聞けば、僧衣は苔の衣とも呼ばれているそうですね
苔だと温かそうです。
僧衣を、私にお貸しいただけませんか

俗世を離れた苔の衣(僧衣)は、ただ一枚しか持ち合わせていません。
お貸しする訳にはいきませんが、
お貸ししないというのも、これまた薄情な話でございます。
どうでしょう
この一枚の衣で、二人一緒に寝るというのはいかがでしょう。

これはっ
このユーモア
まさしく宗貞に違いない

急いで出向くと
もうそこはもぬけのからでございました。

鑑賞
出家前の歌になります。

豊明かりの節会(とよあかりのせちえ)という行事に呼ばれた時。
選ばれた未婚の貴族の娘達が舞を舞うのがならわし
五節の舞姫と呼ぶ

起源は天武天皇の頃、天女が天から降りてきて、天皇の前で踊ったということにある
彼女たちは天女ということになります。

伝説の天女たちは舞が終わると、雲の間の路を抜けて、天に戻っていったと言います。
その道が、雲のかよひ路

この歌、彼女達にとっては一生の宝物になったでしょうね

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


ユーフォルビアダイヤモンドフロスト

花カレンダー始めました