[天皇]88 後嵯峨天皇。長年の火種を作った天皇。

天皇の歴史としては大きな転換点となる天皇です。

後嵯峨天皇
1242~1246年

前の四条天皇、2歳で即位したが、病弱なのでそう長くはなく
守貞親王の皇統は途切れるだろう
ということで、早い段階から次への一手の検討が始まっていた。

交野宮(かたののみや)のところまで話しましたね
せっかく候補になったのに、本人がびっくり事件を起こしちゃって離脱

となると、候補は3人
1.仲恭天皇
2.土御門天皇の息子
3.順徳天皇の息子

いずれも、承久の乱がらみ

仲恭天皇は即位の礼すらしてもらえず史上最短で廃帝させられた。
その人を復活させるっていうのもねえ。

残りは二人だけどやっぱり、島流しとなった天皇の息子って大丈夫なの?

道長を中心とした、公家達は強く順徳天皇の息子を推す
順徳天皇はとても優秀な天皇だったから、その夢をもう一度

ただ、幕府(執権)側がどうしても認められなかった。
後鳥羽上皇と共に中心になって承久の乱を起こした張本人の息子
ここで、その皇統に天皇を継がせるってことは

天皇を臣下の筈の執権が配流させるという前代未聞の事をやったそれを
間違いだったということに等しい。

ましな方という判断。
土御門の系統ならなんとか

12歳にして、亡くなってしまった四条天皇のあと
後嵯峨天皇が即位することとなった。

譲位
守貞親王の系統と異なり
後嵯峨天皇には複数の息子がいた

守貞親王系統が散々繋ぐことに苦労したのに比べると安泰。

第一皇子は宗尊親王(むねたかしんのう)
宗尊親王が天皇を継ぐと思いきや、
第二皇子が天皇を継ぐことになった。

おそらく母親の家柄
宗尊親王のお母さんは、中宮でもないし、公家でもない

この頃の天皇にとって一番の関心事は
よし、国のトップとしてこんな政治をするんだ、というようなことではなく
早く自分の息子に天皇を譲って、自分の皇統を作り上げること。

たった4年天皇をやっただけで、もう譲位。
後深草天皇です。

宗尊親王かわいそう
でも大丈夫。
執権の時頼は、摂家将軍より
自ら天皇と直接やり取りしたいがために
将軍家と天皇家とを一緒にしちゃおうというスペシャルプラン

大変失礼なんですが
宗尊親王空いてますよね。

頼継将軍を失脚させ、宗尊親王を将軍に。

複数息子がいた、と言いました。
実はもうひとり。

後深草天皇と同じ母親の弟です。

後深草天皇には健康上の不安があったので、
弟がいれば、安心安心。

と思ったのですが
この、二人の息子が、このあととても長く続く天皇家の火種
両統迭立(りょうとうてつりつ)
そして、その延長で、南北朝という天皇家分裂にまで発展しようとは。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

靖国神社の遊就館に行ってきました。

今日は祝日
でも、歴史検定へ2ヵ月となったため
おでかけせず、勉強とするかな

もくもく

午前中が終わった段階で
うーん、出掛けたくなってきちゃった。

こういうのどうだろう。

歴史検定の勉強とおでかけを兼ねる。

かしこいっ

となったら大急ぎ。
数時間しかないから、一ヶ所だけにしよう。

今、近代、即ち明治から昭和の戦前まで
としたら、あそこしかなかろう。

遊就館
去年行って、戦争の博物館としての充実ぶりに驚いたんだけど
その日は時間がなかったので、絶対また来るぞと。
千鳥が淵から

さあ、今まで覚えたことの確認と、いまひとつ繋がりの分からないところの学習

基本、写真NGだったんですが、大丈夫。
最後にショップで、靖国神社遊就館目録、って本を買いました。
かなり高かったんですけどね。

そこから引用しつつ、話を進めることにいたしましょう。

神武天皇から、江戸時代までは、近代に比べるとあっさりめ
面白いのは、新田義貞や、楠木正成は出てくるのに、足利尊氏が出てこない。
天皇から見ると朝敵ってことですね

まるっと飛ばして、明治に参りましょう。

士族の反乱

はい、覚えてますよ
佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱
そうなのか、それぞれこんな場所だったのか
地図があるととてもイメージがわきやすい。

佐賀の乱は、後藤新平で、萩の乱は前原一誠だけど、あとの二つは何だっけ
秋月の乱は、なんちゃら車之助
覚えている一問一答をタブレットで確認して
そうそう、太田黒伴男と宮崎車之助

って感じで確認しつつ進めます。

日清戦争、日露戦争、第一次大戦、満州事変、支那事変、太平洋戦争と進んでいきます。

日清戦争

日露戦争

日清戦争なのに、ほぼ戦地は朝鮮で
日露戦争なのに、ほぼ戦地は中国
とても不思議な戦争です。

こうしてみていくと、
いかに、日本はずっと戦争していたのか、と思います。

結局、日本にとっては朝鮮と中国がとても重要な場所で
世界にとっても中国はとても重要な場所

今日は、ここまでにします
近代は首相を軸にシリーズにしていましたが
今度、戦争を軸にシリーズ化してみようかなと思っています。

[お出掛け]シリーズはこちら(少し下げてね)

[富岡日記]7 頑張る理由。横田家の無念

和田英の富岡日記、やっぱり有名なのか
[富岡日記]2 神様お願い
[富岡日記]3 盆踊りが思わぬ方向に。
[富岡日記]4 やはり七粒も八粒もお付けになりましたか
[富岡日記]5 郵便とやらで手紙を出したら
[富岡日記]6 二日目からダウン
の続きです。

大里忠一
六工社の蒸気で動く機械を発明したのは、大里忠一さん
富岡製糸場等の官営の工場は、いわゆるお雇い外国人がいて
機械も立派なものを外国から取り寄せる。

そこでノウハウを蓄積して、民間に広めていく。
それは間違いではないんだけど
官営と民間では雲泥の差
六工社立ち上げの意欲に燃える大里忠一も先立つものがあまりに乏しい。
外国から機械を取り寄せるなんてとんでもない。

方法はひとつ。自分で作る。
色んなところに聞いて回って何度も何度も試行錯誤
とうとう何とかしちゃった。

そんなだから、立ち上げた会社に対する気持ちの入れようは尋常ではない
それは、その奥さんもそう
大里婦人は、もともと「座繰り」と呼ばれる手動での養蚕糸作りの専門家
何とか力になりたいと、工場にやって来た。

自分でも手出ししちゃう。
手動ではそうかもしれないけど、機械だとそこで繭を煮ちゃいけません。
悪気はなく、いてもたってもいられないって気持ちも分かるので、
誰も「違う」って言い出せない。

そういう時は決まって、英にお鉢が回ってくる
英は、理屈で説得というのもちょっと違う気がした。
英としても、自分が習ってきたやり方以外には分かっていない。
ひょっとしたら大里婦人のやり方の方が良い可能性だってある

考えて考えてひとつの方法を思い付いた。
横浜には、糸を買い付けてくれる外国人がいる
両方のやり方で作った糸を、値段をつけずに持っていこう
その場で値段をつけてもらう。
恨みっこなしで、高い値段が付いた方のやり方に従う。

そういう提案を大里婦人にした。

実際には、実行には移されなかった。
大里婦人が折れたから。

何のために、主人が蒸気の機械を作ったのか
当然機械を使う大前提。
そして、その機械を使ったやり方については、熟知している人が来てくれたんだ。
自分は何をしていたんだろう。
自分を最大限に立ててくれた提案までしてくれた。

ごめんなさい。
もう一度いちから教えていただけるかしら。

思いは一緒。
お互いにそれは分かっているから、すぐに打ち解けた。

横田家の無念
英は、富岡製糸場でも、六工社に来てもずいぶん頑張っている。
六工社では、二日目に体調を壊したにも関わらず、頑張り続けている
大里婦人との一件でも、悪者になってでも品質の高い糸を作りたい一心だった。

実は、そこまでして、という英の行動には訳がある

横田家の無念

横田英のお母さんには九郎左衛門というお兄さんがいた。
横田家はおそらくいわゆる名家だったと思われます。

その長男である、九郎左衛門は
国を憂いていた
まだ江戸時代

もっと国を富ませる事はできないものか。

その方法を探るべく、全国行脚の旅に出た。
鉄道があるわけではない。
徒歩で何年もかけて
食うや食わずの貧乏旅

ある気付きを持って帰ってきた。
全国どこへ行っても、港がある場所以外は富んではいない。

残念ながら、今の長野県松代藩には海がない
でも千曲川がある
越後は大豆の出来ぬ国だから、松代領分の農家で作った大豆を船で持っていく。
逆に鯡・鰯 その他の魚類の肥料を持帰り、農作物の肥料に致したなら、一挙両得
千曲川に港を作ろう。

早速、松代藩に提案。
大変よろしいと許可。但し徳川幕府にも許可が必要とのこと
ここからが大変。
あちこちたらい回しにされながら、その都度付け届けが必要
どんどん金がなくなっていくが国のためと、粘り強く続けていく。

ようやく許可。
許可は出たが、金が出るわけではない。
港を作りたければ、船80艘までの港を作って良いです。
それだけ。

私財を投げ打って、港作り。
これがまた、難工事
何年かかったかまでは記録に残っていないが、1年2年のレベルではない。
大滝という場所なんだけど、そこに小屋を作って住み込み

ようやく不完全ながらも、船が通れるようになった。
初通船で越後からの荷を積んだ船が来たときは、みんなで万歳
松代藩主も大喜びで、望遠鏡で山の上から見ていたと聞いたときには
横田家一同の喜びは言い表しようもありません。

これで、ようやく国が栄える

そんな喜びも長くは続きませんでした。

目を疑う通達が幕府からもたらされます。

「大滝通船差止メ」

???

散々付け届けを受け取っておきながら
松代藩が栄えそうだと分かると
幕府にとっては許しがたいものとなった。

九郎左衛門がどう動いたか
続きはシリーズの次回ね

[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

[歳時記]9/21 宮沢賢治死去。そういうものに私はなりたい

9/24
「雨ニモ負ケズ」の詩や「銀河鉄道の夜」 「風の又三郎」などの童話で有名な宮沢賢治は、
昭和8(1933)年9月21日、わずか38歳で亡くなった。

賢治は岩手県花巻市生まれ。
農学校の教師や農業技師を務めながら創作活動を続けていた。
だが、生前、そうした作品が評価されることはなかった。
わずかに大正12年に「春と修羅」「注文の多い料理店」の2冊を自費出版したのみ。
それもまったく売れず、なんの反応もなかった。

生涯独身を通して貧しい生活を送った彼は、亡くなるときもひっそりと世を去った。
父が見守るなか、水を飲み、自分でガーゼで体を拭き、
ぽとりとガーゼを落とすと静かに息を引きとったという。
自分の死期を予感していたのかもしれない。

銀河鉄道の夜は、法華経の精神
ジョバンニとカムパネルラでしたね
「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行こう。僕はもうあのさそりのようにほんとうにみんなの幸のためならば僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない。」
「うん。僕だってそうだ。」カムパネルラの眼にはきれいな涙がうかんでいました。
「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう。」ジョバンニが云いました。
「僕わからない。」カムパネルラがぼんやり云いました。
「僕たちしっかりやろうねえ。」

雨ニモマケズ
雨にも負けず 風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けない
丈夫な体を持ち
欲はなく 決して怒らず
いつも静かに笑っている
1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れず
よく見聞きし 分かり そして忘れない
野原の林の下のかげの
小さなかやぶきの小屋にいて
東に病気の子供がいれば
行って看病してやり
西に疲れた母がいれば
行ってその稲の束を背負い
南に死にそうな人がいれば
行って怖がらなくてもよいと言い
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろと言い
日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに 私はなりたい

これは、宮沢賢治が世の中に発表しようとして書いた文章ではない。
自分の手帳に、日記的に書いたもの
家族も知らなかった手帳が死後に偶然に見つかった。

そもそも、宮沢賢治は詩人ではない

この詩は、戦前から戦中にかけて盛んに使われた。
ただ、その時は、「1日に玄米4合」の部分は改ざんされていた。
満足に食べられない時代に4合は多すぎる

我々の感覚でも、1日に4合?って思うんだけど
江戸時代の資料とか見ていると、4合とか6合とか平気で食べている
おかずがろくなものが無い。
ご飯と味噌汁と漬物だけという日も多い。

この詩を書いたとき、宮沢賢治はほぼ病気で寝たきりだった。
立って歩きたい。
それが切実なる願望

もし、それが叶ったとしても、少し風が吹けば倒れてしまうだろう。
普通に歩ける人なら、雨や風ごときには、余程でなければ負けない訳だけど
それは叶わぬ事だった。

1日4合なんてとんでもない。
でも、賢治にとっては、やっぱり4合って書きたかった。
そこは、改ざんしちゃいけない部分だと思う。

切実な願望から始まるけど
後半にかけて、どうだろう。
やっぱり、自分の事なんてどうでもいいや、って
気持ちが変わっていく。

銀河鉄道の夜でテーマだった「ほんとうのさいわい」

皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに 私はなりたい

[歳時記]シリーズはこちら(少し下げてね)