[昭和歌謡]46 また逢う日まで

昭和ヒット曲全147曲の真実シリーズです

また逢う日まで
尾崎紀世彦
作詞 阿久悠 作曲 筒美京平
1971年

♪チャッチャッチャチャーチャチャン ドン
チャッチャッチャチャーチャチャン ドン
パパーラーパーラーパー パララー
♪また逢う日まで 会える時まで
別れのその訳は
話したくない

まずは誕生の秘話から

この歌、最初はエアコンのCMソングでした。
ふたりでドアを閉めて~
のところが
サンヨールームエアコン

その後、このCMソングを流用して作ったのが、
ズー・ニー・ヴーというグループサウンズの
「ひとりの悲しみ」という歌
全く売れなかった。

歌詞の一部を変更して尾崎に歌ってもらって大ヒット
二度の流用を経てるんですね。

レコード大賞
衝撃的でしたね
圧倒的な声量
度肝を抜かれました

そして尾崎紀世彦と言えばレコード大賞ですよね
レコード大賞を振り返る、的番組では
この場面の映像が何度流れたことか

発表の瞬間、それまでは
日本人的と言うんでしょうか
涙に崩れたり
えっ、誰の事?みたいにキョロキョロしたりポカンとしたり
おい、お前だよ、ってツッコミを入れてた。

気持ち良かったなあ、あの思いっきりのバンザイ
大げさに言うと、日本人が大きく変貌を遂げた歴史的瞬間

そのあとの、
♪チャッチャッチャチャーチャチャン ドン
が耳に残ってます。

もちろん声量マックスで歌えるから
歌っていて無茶苦茶、気持ち良い歌
あっそうそう、別れの歌なんだっけ

別れの時にそんなに大声張り上げるかいな
まあ、歌詞はこの際、どうでも良いわ

久しぶりに尾崎紀世彦の事を思い出して
ネットで検索してみてびっくりしました。
亡くなっていたんですね
「また逢う日まで」がやって来ないのか
でもYoutubeとかあるしね

久々に大声で歌わせていただきました。

索引はこちら
[昭和歌謡]シリーズはこちら(少し下げてね)


花カレンダー始めました

楢林宗建で天然痘撲滅だ

江戸の理系力シリーズ。
シーボルトの弟子、楢林宗建(ならばやしそうけん)です。

天然痘は江戸時代は、疱瘡(ほうそう)や痘瘡(とうそう)と呼ばれ
最も怖れられていた病気で、致死率が4割を超えます。
人生50年の時代とは良く言いますが、実際に平均年齢を計算すると男女とも30~40歳ぐらい
もっと短いんですね。
なぜかというと、10歳までに天然痘を発症して死亡してしまう子供が多かったからです。

さらに、怖れられた理由はさらにあり
もし治ったとしても、後遺症で「あばた顔」が残りました。

三代将軍家光も、疱瘡にかかり、治ったあとの「あばた顔」で
コンプレックスで悩んでいます。
伊達政宗も疱瘡で右目を失明しています

加えて困ったのが、原因解明の糸口さえ無かったこと
異国からやって来た、疱瘡神の仕業と信じ込んだ
早くその神様に出ていってもらうため、ご馳走を用意して祈ったり
桃太郎の赤絵(赤一色で刷った絵)を家の中にペタペタ貼った。

うん、これで大丈夫

な訳ないですね。

天然痘
天然痘と言えばイギリス人エドワード・ジェンナー。
ジェンナーは、天然痘や牛の天然痘である牛痘に一度かかると、
今で言う免疫ができるのではないかと考え、牛痘にかかった人から膿を採取し、
ジェンナー家の使用人の息子8歳のフィリップス少年に接種するという人体実験をおこない
牛痘を使った天然痘ワクチンを作り出しました。

実は、日本において、ジェンナーの実験から6年前に秋月藩医の緒方春朔が、
牛痘ではなく、人の天然痘から採取した膿を子供に接種する実験に成功しています。

でも、ここ重要ね。
人痘法と、牛痘法って言うんだけど
人の天然痘だと、その元の人が死んでしまう確率が高いため
とても現実的とは言えない。
やっぱり、ジェンナーは偉大だったんだね。

シーボルト
シーボルトは牛痘法を理解していたので
日本に来るにおいて痘苗(ワクチン)を持ってきた。

どうだい、みんな
これで、疱瘡にかからなくなるんだよ

おおおっ、さすがは先生
素晴らしいです。
これで、みんなが助かるんですね

・・・

ところで先生
やたらに臭いですが
こういうもんですか?

ん?
ソーリーソーリー、アイムソーリー
これは腐っとりますな

オーマイガッ

楢林宗建
弟子の楢林宗建
シーボルトが永久追放になった後も
自分でもシーボルトに習った様々なノウハウを元に私塾「大成館」を開いていた。
そうこうしているうちにあの蘭癖大名佐賀藩の鍋島直正の目に止まりお誘い。
佐賀藩医となる。

佐賀藩の中で、疱瘡が大流行

鍋島直正が宗建に

何とかする方法はないものかなあ

ありますよ

えっあるの?
早く言ってよ。

長崎のオランダ人医師モーニッケを通じて痘苗を取り寄せてほしいと依頼
オランダから運んだのではやはり腐ってしまうので
オランダ船がジャカルタで途中寄港
そこで痘苗を製作。

手に入れた宗建は早速自分の子供、健三郎で実験。
大成功。

それを聞いた鍋島直正も自分の娘と息子で試して大成功。

噂を聞いた、福井藩でも、モーニッケに依頼
手に入れた藩医の笠原良策は「除痘館」を設け
子供たちへの種痘を少しずつ広めていく。

数年後、福井でも疱瘡が大流行。
ところが、種痘をした子供は誰一人疱瘡にかからなかった。

これには
「牛のできものを人間に植え付けるなんてとんでもない」と反対していた筈の人たちも大絶賛

一気に全国に広まっていきます。

大阪では「適塾」を開いていた緒方洪庵がやはり「除痘館」を設立

そして同じくシーボルトの門下生、伊東玄朴は、江戸で蘭医を開業中でしたが
楢林宗建から痘苗を分けてもらい
これまた自分の子供に接種して大成功。

江戸では漢方医の抵抗に会い、時間はかかりましたが
とうとう神田のお玉が池に種痘所を開設することができました。

楢林宗建の成功から5年後の事でした。
宗建は残念ながら江戸での種痘所開設を見届ける前に51歳で亡くなってしまっています。

この種痘法により天然痘患者は激減していき1977年、
最後の天然痘患者が報告されて以来、世界中で天然痘は完全に撲滅されました。
1980年、世界保健機関(WHO)は天然痘撲滅宣言を発表しました。

索引はこちら
[江戸の理系力]シリーズはこちら(少し下げてね)
花カレンダー始めました

[百人一首]90 見せばやな

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも
ぬれにぞぬれし 色はかはらず

見せてあげましょうか、私の袖を
松島の雄島の漁師の袖ですら
どんなに濡れても、色までは変わっていないのに

殷富門院大輔
殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)は
例によって、本名は分かっていません。
藤原信成の娘で、後白河法皇の娘、亮子内親王(後の殷富門院)に仕えた大輔ということです。
歌人として大変有名。
数多く歌うタイプで「千首大輔」と言われているほどです。

鑑賞
見せばやな、は関西で言うと、見したろか

雄島というと松島の雄島の事
京都に住むお嬢様ですから、仙台の松島に行ったとは思いがたいですが
いわゆる歌枕
雄島というと、歌の世界では、はいはいはいと通じる訳ですね

あまって、海女だけじゃなく、当時は漁業関係者全体を指しますから
普通に考えると、漁師って事になるんですが
女性が詠んでいるという事も考え合わせれば
海女をイメージしても良いかもしれません。
海女は袖どころじゃなく全部濡れますけどね

袖だにも、って言っています。
袖ですら。
てことは、比較対象先があるって事です。

松島や 雄島の磯に あさりせし あまの袖こそ かくは濡れしか
(あなたに冷たくされて、私はこんなに泣いています。
松島の雄島の磯で漁をする者の袖でも、これほど濡れていないでしょう)

こういう歌があるんですね
いわゆる本歌取りって手法です。

皆さん知ってますよね、ほらあの「松島や」の歌、って訳です。
本歌取りの場合は、同じことを歌っては意味がありません
元はこうですよね
でも、今回はね

さあ、何が違うのか
色です。

元は色は変わっていませんよね、濡れただけ
今回はね、濡れた上に色まで変わったのよ
ほらほら見てちょうだい、な訳です。

ここで、もうひとつ前提知識が必要になります。
漢詩です。
漢詩の世界では、女性が男性にひどい目に会わされた場合
血の涙が流れます。

ここまで分かっている人は、なるほどとにんまり

漢詩というのがすごい点で
当時の女性は紫式部や清少納言クラスにならないと漢詩には精通していない。
漢字は男性、女性はかな、という大まかなイメージね

この歌が披露されたときは
ほおおおっ
と大きな賞賛の声をあげた事でしょう。

索引はこちら
[百人一首]シリーズはこちら(少し下げてね)


花カレンダー始めました

雲、きゅうり1000本

前回、雲の10種類の話をしましたので、その一つずつをと思ったんですが
せっかくですから、自分で撮った写真もとり混ぜつついきたいなと思っています。

一旦、前回すっ飛ばした雲の仕組みの話を挟みます。

気圧
空気の圧力の事を気圧と言います。
自分の上にある空気全ての重さなんですと。
ずっとずっと上の空気がなくなる手前まで
何だかすごいです。

単位はヘクトパスカル(hPa)聞いたことあります
昔はミリバールと言っていたそうです。
そういうとそうでした。

手のひら(10cm四方)の上に乗せた、きゅうり1本(100g)から感じる圧力が1hPa
早速冷蔵庫を開けて、きゅうりを手のひらに乗せてみました。

うん、乗っている
理解、理解。

色々変化はしますが、地上では約1000hPa
「私たちはあまり意識しませんが、手のひらにキュウリ1000本(100㎏)を載せたくらいのけっこうな重さの空気の中で生活しているのです」
って本には書いてあります。

あかん
ここで挫折
手のひらにキュウリ1000本は乗せたことありません。
そんなん重たい。
ぺしゃんこになります。
100kgのおデブちゃんを、常に背負いながら生活しているということですね
最近肩凝って、50肩にもなったのはこういうカラクリだったんですね。

納得いきませんが、考えても分かりませんので
無理矢理次にいきましょう。

気圧と高度と温度と飽和と重さ
気圧ってずっと上までの空気の重さでしたね
ということは高いところでは上に空気(キュウリ)がそんなにないから
気圧は低めになります。

温度との関係で言うと気圧が高いと温度は高くなる
ギュウギュウだと、おしくら饅頭なので暑くなるんですね

そして、暑いと水分をいっぱい含むことが出来る
逆に寒いと含むことが出来なくなる
となると、雲になる訳です。

もっともっと耐えられなくなると、雨になる。

高気圧と低気圧ではバクッと言うと低気圧の方が天気が悪いのはそういう理由です。

上昇

例えば地上付近にある湿った空気が、上に上昇していくとします。

すると、気圧が低くなる→冷たくなる→耐えきれなくなる→雲になる

上昇する理由はいくつかあります。

一つ目は山
横方向に風が吹いているとする
そこに山があると上昇するしかありませんね
富士山の頂上に雲があるのはそういう理由です。

二つ目は冷たい地面
地面が冷たかったとします。
空気は冷やされます。
冷えると膨張して軽くなります。
軽くなると上に上がっていきます。

三つ目は高気圧と低気圧のせめぎあい
仮に西の方は高気圧の空気が支配していて
東の方は低気圧だったとします。
高気圧はおしくら饅頭ですから、
低気圧の方にグイグイ押してきます。

そこには何が出来るでしょう
はい、風ですね。

横方向に風が吹くと低気圧の方ではどうなるか
もともと軽めの空気ですから高気圧の下側に潜り込むことにはならず
高気圧の上に乗っかっていく感じになります

すると、上昇→もっと低気圧に→耐えられない→雲になる
って訳です。

この高気圧と低気圧の境目の事を前線と言っています。

おおっ、一気に専門的になりましたね
気象予報士になった気分です。

前線と言っても天気図のように空に線が書いてある訳はありません。

でも見分けられるんですね

もうお分かりでしょう
雲ですね

前線には雲があって天気が悪くなるってことです。
同じ時間の天気図と雲の写真を見比べて下さい。


ほらね

以下は私が撮った雲の写真です。
層積雲かな

これは積雲?

見にくいけど薄く巻雲じゃないかな

層雲かなと思います。

索引はこちら
[雲]シリーズはこちら(少し下げてね)