神楽坂のおさらい。その2

神楽坂のおさらい
の続きです。

わらだなと地蔵坂
神楽坂のおさらいでお話しした、相馬屋は、
以下の幕末時点の江戸の地図で言うと緑の場所になります。

青い筋を入れたのが、太田南畝の産まれた家です。
途中の道が急な坂になっているんですが
藁店(わらだな)と書いてあります
馬の餌である藁を売っている店があったから、わらだなです。

くいっと曲がって、その先も急な坂で地蔵坂
このあとお話しする光照寺の本尊は地蔵菩薩です。

この坂で太田南畝が転びました。
それを見ていた子供達は大笑い。

でも、さすがは太田南畝
狂歌で切り返します。

「子供らよ笑はば笑へ藁店の、ここはどうしょう光照寺」

子供にも分かりやすい洒落が二つも入って、
ギャハハハハ

おっちゃん、おもろいなあ

地蔵坂は、お地蔵さんが、出没するから
坂をガシャンガシャンと音を立てながら往き来するお地蔵さんが何度か目撃される
さては、光照寺に住む狸だな

尻尾を捕まえてやろうと、待ち伏せ
そこへ現れたお地蔵さん

ここで会ったが100年目
棒をふりかざしてエイヤッ

こらこら、何すんねん

懇意にしている友達だった。

あれぇ
おかしいなあ
友達は実はタヌキで、お地蔵さんに化けていた?
いやいや、お地蔵さんは実はタヌキで、友達に化けていた?
もう、訳分かりません。

それ以来、この坂が地蔵坂と呼ばれるようになりました。

光照寺

神楽坂で粋に浸る
でも松山藩、藩主の墓の事で、お話ししました

本を読むと、それどころじゃなく
実に色んな話のてんこ盛り
時系列的に言うと

1.元々は、この辺りを支配していた、牛込氏のお城、牛込城だった
2.由井正雪(ゆいしょうせつ)の正雪道場があったところ
3.地蔵菩薩の逸話。難産で苦しむ人に、はいこれどうぞ、と宝珠をプレゼント
4.松山藩(現在の山形県飽海郡松山町)藩主の菩提寺

何と言っても一番すごいのが、2番の正雪道場だったってことでしょう

光照寺が神田から引っ越ししてきて、立ち退きするまでは、
由井正雪の道場だった。

由井正雪は、慶安4年(1651年)に起きた、慶安事件(由井正雪の乱)の首謀者
江戸時代260年の間に、政府を転覆させようとした、クーデター事件は慶安事件のみ
(大塩平八郎の乱も含めるとすると2回かも)

この近くに住んでいた、楠木正成の子孫だと名乗る楠木不伝(くすのきふでん)
の道場が元々あり、そこに弟子入り。
不伝の娘と結婚し、道場を継ぐ
立ち退きの後は、近くの東榎町から天神町へかけての3000坪の広大な新道場
4000人も弟子がいたという話まである
弟子の中には、共犯者、丸橋忠弥もいた

乱自体は、内部に裏切り者が出て、実行前に幕府に密告され
駿河で事を起こした、実行直後に取り囲まれてあっさりと終わる。
由井正雪はその場で自害。

丸橋忠弥は同日江戸で事を起こす
京都でも予定していたので、同時多発テロです。
丸橋忠弥は捕まって、鈴が森の処刑所で死刑

天下統一がなった後、武士が戦による報償を得られなくなり
不満がたまっていたピーク。
乱自体は、すぐに鎮圧されたが
幕府は色々反省して、武断政治から文治政治へと様々な政策を転換していくから
大きな転換点となった事件です。

天文台
さっきの地図で、黒く丸をしたのが天文台のあった場所
貞享2(1685)年の渋川春海の貞享暦(じょうきょうれき)に変わって、
宝暦5(1755)年、宝暦暦(ほうりゃくれき)が作られます。
宝暦暦は、はっきりいって失敗作なので、即刻修正する必要がありました。
明和2(1765)年、新暦調御用所(しんれきしらべごようしょ)即ち天文台が
見晴らしの良いこの地に作られ、修正作業が行われました。

暦ファンとしてはたまりません。

天明2(1782)年には牛込天文台から浅草天文台に移転します
移転の理由は、隣の光照寺にあった大木が大きくなりすぎ
天文観測に支障をきたすようになったから。
貞享暦と宝暦暦については、こちらを読んでね。
渋川春海。暦を作った人は碁打ち
麻田剛立。月の表面に名前を残した男

幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)
天文台の隣あたりにあったのが、旗本水野屋敷
ここでは、講談で超有名な、幡随院長兵衛の話が残る

時代は江戸時代初期、由井正雪の頃
どうして良いか分からなくなった失業武士達が
傾き者(かぶきもの)と言われ、無茶するようになっていた。
旗本奴(はたもとやっこ)と言われる集団が6団体形成され、暴力を繰り返した。

水野屋敷の水野十郎左衛門が形成したのは、大小神祇組(だいしょうしんぎぐみ)
今の神戸山口組みたいな感じ。

それに対抗して、町人にも町奴というのが出来る
旗本奴を止めるための正義に満ちた集団なのか
同じような反社会的勢力なのかは分からない。

その中の一つに、浅草にあった幡随院長兵衛の組織
幡随院長兵衛は口入れ屋です。
昨日お話しした紀ノ国屋善兵衛と一緒ですね。

旗本奴と町奴はことごとく対立

そして、この旗本水野屋敷で事件はおきます。
幡随院長兵衛が水野十郎左衛門に殺害される。

怖いですね

ただ、こういう話は庶民は大好き
早速、講談の話となって、大人気を博します。

水野邸に呼び出された、幡随院長兵衛
周りは止めます。

怖がって逃げたとあっちゃあ名折れになる、
人は一代、名は末代

啖呵を切って振り切り、
殺されるのを承知で一人で水野の屋敷に乗り込む。

チャチャンチャンチャン

困りました。
またこんなに長くなりました。
神楽坂の面白い話はまだあります。
さらに続きは、明日ね

おでかけマップ

神楽坂のおさらい

台風19号でご心配おかけしましたが
結局あのあと何事もなく、避難所への避難もしませんでした。
家族全員変わらずです。
ご心配いただき、ありがとうございました。

さあ3連休。まだ残っております。

少し前に、神楽坂に行ってきました
神楽坂で粋に浸る
神楽坂で粋に浸る、の続き

その後、図書館で「神楽坂がまるごとわかる本」というのを借りて読みました。
一冊丸々神楽坂に関することで、
著者はよほど神楽坂が好きなんだなあ、とよく分かります。
無茶苦茶詳しいし、一つ一つの話がとても面白い。

来週末に神楽坂のウォーキングイベントをやります。

神楽坂のおさらいをするとしましょう。

家光
神楽坂って、江戸時代から栄えていたんですが
何故かというと、3代将軍家光に気に入られていたから。
何と150回も往き来している

栄えたといっても、地域的に武家地
武家屋敷が並んでいる場所です。
坂の上に、酒井忠勝の屋敷があったから
家光は、酒井忠勝と松平信綱に全幅の信頼を寄せている。

まだ将軍になる前、次期将軍として江戸城西の丸にいた頃
西の丸が火災で焼失し、立て替えるまでの間
70日もの間、神楽坂上の酒井忠勝の屋敷に厄介になります。

その時、屋敷の周りを竹矢来で固め
昼夜、家臣が警備して、お守りした。

以来、屋敷の辺りを矢来町と呼ぶようになります。

牡丹屋敷
神楽坂の入口のかど

スターバックスコーヒーのように見えますが
江戸時代は、実は、スターバックスではありませんでした。

牡丹屋敷と呼ばれています。
今度は、8代将軍吉宗の時代。
徳川宗家の血が途絶えたので、御三家は紀州から吉宗が呼ばれます。

周り知らない人ばかりは、気を使うので、
紀州時代に身の回りの世話を良くしてくれた部下達を連れていこうとします。

岡本彦右衛門は、
私は今もそうなんですが、牡丹の栽培が好きでしてね
南向きの斜面で日当たりよく、でも西日の当たらないお屋敷をもらえるなら
そこで牡丹の商売をしたいなあ
近くに、潮風の影響のない水辺があるとベスト

分かったよ

ということで与えられた一等地
手広く牡丹の商売をします。
薬草も栽培し、江戸城の医療面は大きく担当します。

同じく、江戸に連れてこられたのは、紀ノ国屋善兵衛
口入れ屋という今で言う人材紹介業です
神楽坂の近くで商売を始めるが
同郷のよしみで、牡丹屋敷の岡本彦右衛門と仲良くなります。
牡丹の商売はかなり手広くやっていたので
人材がいっぱい必要です。

専属でやらせてもらうことになり、商売繁盛
牡丹屋敷の近くに引っ越しして来ます。

ところが、牡丹屋敷が突然営業停止を言い渡されます。
理由は不明
薬を扱っていると言うことは
うまく治らなくて重要人物が死んじゃったとか、色々あったかも知れません。

その後、屋敷の主は色々入れ替わりますが
牡丹屋敷という名前は踏襲されました。

一方の、紀ノ国屋善兵衛
大口顧客を突然失いましたので、経営の危機
ここを何とか乗り越え、江戸時代いっぱい続きます。
ところが、明治維新で失業。
今度は、全ての顧客が消えてなくなりましたので。

仕方なく、紀の善という屋号で寿司屋に転業。
宮内庁御用達にもなれ、名だたる有名人のひいきになります。

ところが戦争。
米もなくなり、寿司どころではありません。
ずっと開店休業状態
そして、戦後
甘いものが超貴重品
それを逆手にとって汁粉屋を始めると、これが大当たり。
神楽坂を訪れたことのある女性なら絶対に知っている、紀の善でございます。

逆転一方通行

神楽坂通りで、日本で唯一認められていることがあります。
逆転一方通行。
午前中は坂を下る方向の一方通行
午後は坂を上る方向の一方通行

最初、対面通行だったんですが
歩道もなく、歩行者が危険だったので、歩道を設けた。
一方通行にせざるを得ず、下り方向の一方通行にした。
車が店に突っ込む事故がたまたま発生し
下りは危ないと、上りの一方通行に変更
今度は、飯田橋の五叉路や大久保通りの渋滞はこの一方通行に原因ありとやり玉に上がる
苦肉の作で、時間による逆転方式

丁度その時が田中角栄の時だったから、
田中角栄が自分の国会議事堂への通勤に都合が良いからだと
とりざたされたりもしています。

相馬屋
さっきの紀の善もそうですが、神楽坂では、古くからの創業の店がとても多い。
その中でもぶっちぎりに古いのが、相馬屋
江戸時代の初期、万治2(1659)年です。

いつ行っても閉まっているんですが
ホームページではちゃんと手広くやっているので、
商売がら企業相手で、平日のみオープンなのかも知れません。

初代が、手漉きの紙漉き和紙の製造を始めます。
紙漉源四良(かみすきげんしろう)を名乗ります。
3代目から、相馬屋源四郎(そうまやげんしろう)を代々名乗ることになります。

江戸城にも納品する、紙の大店問屋(おおだなどんや)に発展していきます。
近所に住んでいる、狂歌の第一人者、太田南畝(おおたなんぼ)は相馬屋の主人と仲良し
店に入り浸りです。

明治になると政府から、西洋紙の製作を依頼され
原稿用紙を手掛けます。
宮内庁御用達に。
これまた近所に住んでいる、尾崎紅葉はこだわりが強いので
あれやこれやと改善要望
対応していく度に、どんどん良い原稿用紙になります。

評判が評判を呼び
一流の作家達がこぞって使うようになり
相馬屋の原稿用紙を使うことが、一流文士の証、みたいになっていきます。

先日、小石川七福神でのお出掛けの中で
石川啄木の終焉の地で
最後の短歌が、原稿用紙に書かれた自筆の碑になっていて
その原稿用紙が相馬屋のものだと知って大興奮したのは、この事があったからです。
小石川七福神巡り。その1

長くなりました。
続きは明日ね

おでかけマップ

台風19号、避難所へ

台風19号、みなさんのところはどうでしょうか

うちはマンションなんですが、1階なんです。
そして、横に黒目川という川が流れている

マンションってすごいですね
窓を閉めると外の音はほとんど聞こえず平和なもんです。

それでも外を見ているとやはりすごい雨なのが分かる

黒目川が心配なので、ちょっとだけ見てこようかな
10:11です

おおお!
川の中に草があるのが分かると思いますが、いつもは、その内側をちょろちょろ流れているだけ。
外側にまで水があるのは、ここに引っ越ししてきてから初めて。

まだ全然上陸していない、この時間にこれじゃ、氾濫の危険性は極めて高い。

いつでも避難できるよう準備しなくちゃ。

私は幸いなことに、関西にいた子供の頃も含めて、一度も、避難というものをしたことがありません。
家族全員同じ。
前の小金井街道を隔てて向かいに、中学校があり
地震とかの時は、そこに避難するのは分かっているんですが
川の隣なので、うちと全く状況が変わりません。

娘が、ネットで色々調べてくれて
災害なんとかアプリみたいなのに登録
見ると、その時点では、黒目川は危険水位ではない。

避難場所も見つかって、小山小学校
坂を上る途中だから、ちょっと高い
よし、あそこなら大丈夫。

12時くらいになって、
もう一回見てこようかな

ほとんど一緒

13時過ぎには、娘2人と一緒に

むしろ多少下がったような。

そんなとき、娘のツイッターに、東久留米市の市議会議員さんからつぶやき
黒目川の水位を確認しにいくような危険な行為は絶対にしないでください。

見られたか
失礼しました。
確かにそうです。危険な事はしちゃいけません。

ピロロロピロロロ
娘のスマホが大きな音で鳴ります。

避難勧告か

黒目川沿いの近隣の市、新座市と清瀬市で老人や子供のいる家庭向けの避難準備勧告
近づいてきました。

いよいよ、本当にちゃんと準備しましょう

外で、放送が聞こえた。
良く聞き取れなかったけど、老人や子供の、という言葉が聞こえた

長女に、
どう?
東久留米も出たみたい。でも、うちの町名はないよ

でも、小山は川を隔てた向かい側だね。
避難する前提で行こう

そこから荷物を詰めた。
避難のためにご飯を多目に炊いていたから
カミさんにおにぎりを8個作ってもらった。

カミさんは一旦残るという
ここで喧嘩している場合じゃない
また、あとでカミさんを迎えに来よう

行く直前になって、次女がお母さんと一緒に残ると言い出した。
まあいいや、あとで二人を迎えに来れば良い。

車で行って、長女を置き
車をそのまま駐車出来るようなら自分もそのまま避難
できないなら、一旦自分だけ戻って再度歩いていくという計画

着きました

車を置けるか聞いてきてラインしてね

人が全然いません
駐車出来るかどうかは見てきてくれます。

分かった。じゃあここでちょっと待っているね

長女が帰ってきました。

人が3組くらいしかいないんだもん
市役所の人は、黒目川は東久留米市には氾濫したことないんだよね、ってのんびりしてるし

分かった。
一旦帰ろう
準備はできてるから、避難勧告出たらすぐに来よう。

帰りに車の中から見ると、さっきより黒目川の水位は上がっていました。

台風上陸は、おそらくこのあと
上陸したら、ブログアップとか悠長な事ではなくなると思うので
一旦この時点でアップします。
変化ありましたら、追加してアップし直すことにします。

[天皇]29 欽明天皇。時代が変わります。

欽明天皇になって大きく時代が変わります。

欽明天皇
天国排開広庭尊(あめくにおしはるきひろにわのみこと) 539~571年

継体天皇の息子で、安閑天皇や宣化天皇とは異母兄弟ということになります。

宣化天皇が亡くなった時はまだ若かったということもあるので
山田皇后(やまだのきさき)という宣化天皇の奥さんに天皇をやってもらってくださいと辞退

山田皇后は、それを聞いて、
とんでもない。
欽明天皇は人柄的にも能力的にも大変優れているので、欽明天皇こそがふさわしい

良いですね
安閑天皇や宣化天皇ラインと、欽明天皇ラインは母が違うので、何かととりざたされがち
こういう「日本的手続き」を経る事は重要です。

なぜ、欽明天皇から大きく時代が変わるかというと、仏教伝来です。

朝鮮半島情勢
第25代の武烈天皇あたりから、朝鮮半島情勢が大きく変わってきている
新羅(しらぎ)と百済(くだら)が勢力を拡大し、日本の影響下にあった任那(みまな)(加那地方)を併合

この外交上の失敗で、大伴金村が失脚
大伴氏と物部氏の二大勢力だったものが
この前の宣化天皇の時に蘇我稲目(そがのいなめ)にとって変わって
物部氏と蘇我氏という構図に変わる。

日本は任那を奪還すべく、兵を送る

結果として、奪還はできなかったのだが
思わぬ副産物が得られる。

分かった。任那は諦めるわ。

ほんに。
そう言ってくれるんならこっちも有難い。
今後は仲良くしましょうよ。

百済は、仲良しのしるしとして、儒教の学者を五経博士として交代で日本に貢上することになった
日本に学問が本格的に輸入される。

易博士・暦博士・医博士・採薬師・楽人

そして、538年(552年の説もあり)
極めつけに仏像と経典がもたらされるのです。
仏教伝来です。

なにこれ。素敵!
あまりにあか抜けているのでびっくり仰天。

大急ぎで帰って、部下達に見せる
ほらほら、すごいでしょ。
この仏教とやらで日本の国も安泰だね

蘇我氏「いやあ、良いもんもろてきはりましたなあ。中国とかでも仏教は大ブームらしいですよ
 うちも、これでいきましょ」

物部氏「うさんくさい。そんなもん取り入れたら日本の神様に怒られますわ」

えっ、びっくり。意見分かれるんだ。
てっきりみんな大歓迎してくれるとばかり思ってた。
そうなんだったら、無理には言えないね

蘇我さんは、賛成だってことだから、これ預けるね。

ええっ、嬉しい!賛成して良かったぁ
末代まで大事にしますわ

お堂を建てて、仏像を祀り、毎日毎日、お経を読む。

ところが、たまたまタイミングが悪かったんでしょう
まもなく、国中に疫病が大流行

ほらぁ、言わんこっちゃない
そんなけったいなもんを拝んでるから、
日本の神さんが機嫌そこねはったんやで。

仏像を無理矢理奪い、難波の堀江に投棄し
お堂を焼き払った。

欽明天皇は
いかん、えらいことになった。
ここでどっちかに味方したら
優秀な部下の半分を失ってしまうことになる。

知らぬ存ぜぬを通し、仏教には一切触れない、だんまり作戦
ちゃんと決着しないといけない、大問題であるのは分かっておりますが
自分の代では決めずに先送り。

出ました、また「日本的手続き」です。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)