花カレンダー(7月)

年間カレンダーへ
[7月] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【7月】
7/1 カンパニュラアルペンブルー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
むらさき星の団体さん

7/2 ナスタチウム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
花の内側にお髭がちょろちょろ

7/3 タイサンボク ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これを見ると中国の大地が思い浮かびますね

7/4 ザクロ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
和紙をくしゅくしゅってした感じの花

7/5 カシワバアジサイ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
柏のような葉っぱで、花が長細いアジサイ

7/6 ニゲラ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
魔法使いのような花

7/7 コエビソウ(べロペロネ) ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ギリシアとのベロス(矢)とペロネ(帯)の2語から

7/8 マネッチア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
くわえるとピーッて鳴りそうです

7/9 ベゴニア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
開ききる前に触ると、水餃子のようでした。

7/10 アマリリス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
♪チャンチャンチャンチャン チヤラララランラン

7/11 ガクアジサイ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
真ん中だけが花なのね

7/12 オリヅルラン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ランナーっていうのが地面にくっついて増えていく。気がつくと千羽鶴

7/13 ダリア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
こんなん置いたんダリア うわあ、ベタぁ

7/14 エキザカム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
駅を噛むと、ちょっと堅い

7/15 カラー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ちびまるこちゃんの花輪君みたい

7/16 ブーゲンビリア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
魂の花

7/17 ランタナ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ブローチにしたいですね

7/18 ペンタス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
パチパチパチパチパチ

7/19 オオバンソウ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
さつま芋の薄切りの天ぷら?

7/20 ムクゲ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
この時期、やたらにあちこちで見ます

7/21 ベゴニア センパフローレンス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ベゴニア軍団は、次につく名前が違うとかなり違うそうです

7/22 アガパンサス ページの先頭へ 年間カレンダーへ
アって片仮名が、パンにブスッと突き刺さるイメージで覚えました

7/23 トウガラシ ブラックパール ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ブラックパールって見た目そのままですね

7/24 アンスリウム ページの先頭へ 年間カレンダーへ
前衛的生け花で良く見ますね

7/25 ルドベキア プレーリーサン ページの先頭へ 年間カレンダーへ
すごい名前です。おそらく哲学者ですね

7/26 フランネルフラワー ページの先頭へ 年間カレンダーへ
冷蔵庫から出てきたばっかり、って感じ

7/27 ワルナスビ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
なすびにも悪者がいたなんて

7/28 ゼフィランサス(サフランモドキ) ページの先頭へ 年間カレンダーへ
これは覚えるの大変ですね。どっちかひとつにしよう

7/29 コンロンカ ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ビックリしました。葉っぱを白いペンキで塗ったようなのがあちこちと

7/30 ホザキナナカマド ページの先頭へ 年間カレンダーへ
特に蕾が可愛いです

7/31 グレビレア ページの先頭へ 年間カレンダーへ
ビックリ!タツノオトシゴのサーカス団か

黒目川上流へ、源流を辿る

今日(2018/8/12のこと)は、お盆休み4連休の2日目

昨日は、上野にお出かけしたので
今日は近場にいたしましょう。

黒目川上流へのウォーキングコースは、過去2回行ってはいるものの
新しいコースも追加されている筈
地元民としては確認する必要があります。

黒目川
黒目川とは
わが地元、東京都東久留米市に流れる川なんですが
さいかち窪という場所から水が涌き出て、川となっています。

そのさいかち窪に至るまで、川沿いに遊歩道が整備され
癒しの道となって地元の人達に愛されています。

ところが、その内の2箇所が工事中で通れなかったんです。
その時の様子がこちら
黒目川上流をウォーキングしたよ
黒目川上流をウォーキングしたよ。続き

さあ完全版をウォーキングいたしましょう。

自宅のすぐ横の上落馬橋をスタート。

えーっと、ここキウイの果樹園なんだよね


キウイにしちゃやけに丸いぞ
ありゃりゃ、梨だって

なんでキウイと思ったんだっけか
それとも、以前はキウイだった?
そんなことないよね

氷川神社
前回寂れた感じの神社だったけど
ほんとはそうじゃ無かったみたい
ちょうど今日はお盆だから
盆踊りで盛り上がっている最中

しんみやまえ親水こみち
さあ、そしてここからが工事完了で再オープンした、しんみやまえ親水こみち


これで、黒目川上流親水整備区間が全て工事完了で繋がったことになります。

結構長い距離です。
途中、大きなセメント工場の横を通ったりもします。

しんやま親水広場
ここは、黒目川上流親水整備区間の中で、メイン会場的な役割のところ

桜の時期は多くの人で賑わいます。

子供達に大人気のコーナー

今日もまた、ザリガニがいたぞ

さいかちの道
そしてここからがまた、再オープンの区間
前々回来たときは、通じていたんだけど、途中の道路工事と橋の工事にともない
一回封鎖されていた。
ここは、下が木の道なので、歩いていて気持ちが良い

道路工事と橋の工事の場所
出ましたっ、単管バリケード。
仙台銘板さんのアニマルガードシリーズですね
一つの場所に色んな種類のアニマルガードが使われているのは結構珍しいです。

このたぬきさんは初めて見ました

途中、隣の緑地保全地区の雑木林にちょこっと寄って

ああ、既に水が枯れちゃっている

天神社


天神社のところに、名湧水57選の場所がある
来る度に水が湧いていたり枯れちゃっていたり
今日は、この辺だけ水が復活していました。

庚申塔。
60日に一回やって来る庚申の日に
自分の行いをチクられないよう夜を徹して仲間で酒を飲む
三年間無事に毎回飲み会が成功しました記念で作るのが庚申塔です。

ここの青面金剛は初めて見たんだけど、顔と下腹部が削りとられています。
眼病や安産の為の信仰
削り取ったのか
願掛けで触っているうちに窪んでいったのか。

このあと、より鬱蒼とし、竹林とかもあるより雰囲気のある道になります。

村野家住宅
前回までは来てなかった村野家住宅
昔からの超お金持ちの家

東久留米市で唯一茅葺き屋根の家です。
有形文化財に指定されているんですが
何せ個人の住宅なもんですから
基本的には非公開
たまに、公開日というのを設けてくれて中まで入らせてくれるそうです。

遠くにチラッと見えたのはものすごく大きな茅葺きの建物
ウォーキングしていると、古民家保存で幾つか茅葺きの屋根は見てきたけど
ひょっとして見た中で、一番大きいかも

さいかち窪
新青梅街道を渡った向こう側が、さいかち窪
さっきのさいかちの道もそうだけど
さいかちっていう木が生えているから

ここに湧水があるのはとても珍しいんだけど
最近結構何年か
数日間湧水があったことが記録されています。
そうすると、ここが、黒目川の源流になります。

保存されている雑木林あんまり人が入らないと思われます。
一周したんですが、蜘蛛の巣が結構まとわりつきました。

がす資料館
前回同様、さらにがす資料館まで歩きました。

私の大好きな文明開花の象徴、ガス燈の事がいっぱい分かります。

3回目ですが、今までで一番大盛況でした。
子供たちがいっぱい

点灯実験では子供たち一人一人が点灯し
楽しそうでした。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


ハイビスカス

花カレンダー始めました

一生の思い出になるね。シャンシャン見たよ

旧岩崎邸庭園を見終わって
次はどこ行こうかな

頼りになる「江戸東京物語」の本も持ってきたから
入谷の鬼子母神とかどうかな
恐れ入谷の鬼子母神

その前に、旧岩崎邸庭園の横は無縁坂

確認確認

良い坂じゃないですか

♪母がまだ若い頃、僕の手を引いて
・・・
忍ぶ忍ばず無縁坂 かみしめるような
ささやかな 僕の 母の人生

その場で丸々一番歌っちゃいました。

スッキリしたところで、っと

おっと、ここはもう、忍ばずの池じゃないですか

♪忍ぶ忍ばず~

おっと、これはさっき歌ったぞ

上野公園
本に出ている上野公園内の歴史確認ポイントを巡ろう
過去、ウォーキングイベント含めて3回来ているけど
上野公園は何と言っても、ど広いので
行っていないポイントもまだあります。

五重の塔は確か上野動物園の中
ケチだよなぁ

外からも見れそうなポイントはあるかな


公園内のマップを
動物園の入口のところでじっくり見ていた。

ちなみに
動物園でパンダ見たりすると幾らくらいかかるんだろう

どうせ何千円もかかるんでしょう


600円
ほんま?

でもパンダだけ追加料金だったりして

隣にいた守衛さんに聞いちゃいました。

600円でパンダも見れるって事でしょうか

はい

待ち時間も表示してありました。

50分

えっ
50分で良いの?
お盆休みなのに

これは、ひょっとして
猛暑だからか
むっちゃラッキーやん

まるっと、方針変更
一生の思い出になるに違いない
パンダが600円の50分で見れるとは
思ってもいませんでした。

いやあ
まさか、私が
パンダを見るようになろうとは

キャラじゃないよね

人生初パンダです。

この前、羽村で動物園に行ってなかったら
この選択は絶対しなかったでしょうね
あの時、この歳になっても、動物園はやたらに楽しいって分かっちゃったからね
それにしても、旧岩崎邸庭園を見たついでに、ふと思い立って見るもんじゃないよね
パンダは。

上野動物園
さあ、ちらちら横目で確認しながら、パンダ舎に直行だっ

と思ったら
目の前にどどーん

五重の塔忘れていた。

そうかそうか
600円払ったんだから
堂々と見て良いわけね
さっき、ケチ、なんて言ってごめんなさい
これだけで元取れたようなもんです。

ここか
並んでる並んでる

何と
並ぶところにテント屋根を作ってくれているじゃないですか
上野動物園の経営者はきっと性格良いんだと思います。

しかも、使い捨てのうちわを置いてあるじゃありませんか。
親切やわあ

新聞に投書したろか

12:14スタート
すっすすっす進みます。
この分じゃ、50なんてかからないぞ

逆にこんな早く進むという事は
止まらないで下さいーっ
ってやつですね

前の人が急に止まって、軽くぶつかって
すいません、って謝ってきたから
声をかけてみました。

暑いですねえ
パンダはこんな猛暑じゃ出てきてくれないでしょうかね

いえ
おそらくクーラーのきいた部屋にいると思います。

おっと、これは出てきてくれている可能性がありそうです。

はい
順番が来ました
結局、50分もかからず、30分でした。

まずは親パンダ
お父さんでしょうか、お母さんでしょうか
熟睡しております。
ぐでーっ

真ん中の部屋に
いましたいました、シャンシャン


この二つの写真でお分かりいただけますでしょうか
寝ているかと思ったら、ちょこっと動いたんです。
感動です。
可愛いわあ

さっきの前の人は大興奮しています。
大きくなったわあ
一ヶ月前に来たときよりも。

常連さんだったんですね

そして次の部屋

笹食べてます。
最も可愛い、パンダの所作ではありませんか

ラッキー、ラッキー大ラッキー
動画も録ってきたから見てね

動物たち
もちろん、パンダ以外も見なきゃね
上野動物園と言えば、ゾウさんですよね
涙なしでは語れません。

おサルさんはいまいち動きが緩慢

以外にも、一番元気だったのが
白熊さん

精力的に歩き回っています。

ライオンやゴリラは
猛暑だからか
全く出てくる気配なし

お盆だからか
子供相手の動物ガイドさんが
ゴリラ舎で、クイズ出したりして
子供たちは大盛り上がり

肝心のゴリラは
どうぞどうぞ
そっちで盛り上がっといてもらって良いですよ、と
音沙汰なし

大丈夫
こんな猛暑だと無理しちゃいけません

かく言う私も
ちょっと疲れて参りました
猛暑で無理しちゃいけないのは、私も同じ

もう元取れたでしょう
帰るとしましょう

東照宮
とは言え
上野公園に3回も来ていて
上野東照宮に行っていないのは
徳川ファンを名乗る訳にはいけません。

あった、ここだ

さすが、徳川だらけです。

藤堂高虎はいっぱい主君を変えても
誰からもお気に入りになる
通常、秀吉のお気に入りだった人は家康は嫌いなんですけど
この人だけは例外。
よほど性格が良いんですね。

家康が死ぬ間際に
あの世でも、私と天海と高虎3人でいられる場所が欲しいな、と呟いた。

そんな事言われたら男冥利につきます。
上野の自分の屋敷内に、東照宮を作っちゃいました。

そもそも、上野って
藤堂高虎の領地が伊賀上野だからね

お祖父様大好きな家光が
それを見て、
私としては、そんなんじゃまだまだ不満なんですけど
と、大幅付け足し。

完成を心待ちにしていたんですけど
完成したよとの知らせを聞いた時は既に死の床についていた
結局自分の目で見ることが出来なかった。



金ピカです。
とても、家光っぽい

ん?
この先に入るには500円要るの?

まさかここへきて

今日は、旧岩崎邸、上野動物園と出費しちゃっているからなあ

(おいおい、徳川ファンじゃ無かったの?)

疲れたし
今日は帰ろ

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


朝顔

花カレンダー始めました

旧岩崎邸庭園に行ってきました

今日からお盆休み
4日連休です。

こんな日は?
はい、お出掛けですね

都立9庭園
あとひとつ

都立9庭園で行っていないところはあと一つです。
旧岩崎邸庭園
都立9庭園を制覇しなければ、東京ウォーカーの面汚しですから。

ようやく、その時がやってまいりました。

摩利支天徳大寺
その前にちょこっと寄り道
摩利支天徳大寺

アメ横の中にある不思議な神社
いらんお世話ですね
おそらくアメ横の方が後にできたんでしょうから
ふと横を見ると、でっかい、深田恭子の広告。

気に入ったっ

チューしましょって感じの仏さんも良いですね

旧岩崎邸庭園
ジョサイアコンドルが作りました。
ジョサイアコンドルのひととなり
楽しみですね

岩崎弥太郎の息子、三代目三菱財閥総帥、岩崎久弥の邸宅です。

入口から緩やかな坂を登って、ほんとの入口まで
まず、ここで魅了されました。

両側巨木だらけ

来ましたっ

ああ、やっぱりか
ネットで外壁工事のお知らせみたいなのが気になってました。

本来はこうね

大きく言うと建物は3つあります。
洋館と和館と撞球場(ビリヤード場)
洋館と撞球場がジョサイアコンドルの設計で重要文化財

残念ながら、内部は写真撮影NG
言葉で説明しましょう。

絢爛豪華というのとはちょっと違う
手をかけた見事さ

宮殿みたいなのをイメージしていたんですが
例えばでいうとシャンデリアがあるわけではありません。
ここの一押しは壁紙だったりします。

暖炉とか、ほおぉ、こりゃまた細かい
柱の回りの細工もなるほど
ベランダに敷き詰められたタイルも、聞いたことある気がする、超一流の陶器メーカーのもの

でも一押しは壁紙なんですよね
金唐革紙っていうらしいんですが
西洋の革の細工を真似て
同じ質感を、和紙を重ね合わせてぐいっと押して実現。
西洋からするとなんちゃって革細工かもしれないけど
日本の独自技術で、オリジナルと言って良いんじゃないかな
公式ガイドの表紙にデザインされているこれ

そういうのを天下の岩崎邸の洋館の一押しポイントにしようって訳ですから
ジョサイアコンドルさん
日本人の心をちゃんと持ち合わせてらっしゃいます。

行ってみて、
金ピカ、ゴージャスっ、て感じがしないなあと思ったんですけど
理由が良く分かりました。

木造です。

ここの大理石は、っていうのがない
細工は全て、木

やるじゃないか

和館
靴は袋に入れて持ち歩くっていう方式なんですが
洋館から和館へはそのまま廊下で繋がって
外へ出なくても行けるんですね

一番すごいなあと思ったのが
この順路の作り方。

日本の心を持った洋館とは言え
洋館は洋館

和館に入った途端

和館ええわあ
なごむわあ
と思っちゃう。

ジョサイアコンドルさん、ごめんなさい。

色んなところに三菱の象徴の菱形が使われていて
うまい使い方するなあ、と思う。

和館についてはほんの一部しか残っていないので
見事ではあるけど
まあ、お金持ちなんだからこんな感じかなあ
というくらいのボリューム
本当は、もっとすごくて見処満載だったんだろうなとは思います。

基本、和館はお客様用ではなく
住んでいたところらしいので
暖房は火鉢しかなく
家族一堂火鉢の周りに集まってくるような
質素な生活をしていたそうです。

私のような庶民中の庶民にも
なごむなあ、と感じさせてくれるのは
そういうことかも知れません。

庭園
一旦外に出ます。
ここからは撮影OKね

和館側に、小規模ながらも日本庭園


すごいっ
やっぱり、岩崎の庭園と言えば、清澄庭園でもあったように石
良いわ、この石

そして
うわああああっ、と叫びながら走っていきたくなるほどの
とぉっても広い芝生
広い芝生はなんでこんなにも心がスカッとするのでしょう。


裏側は洋館も、外壁工事していないから全貌が良く分かります

そしてその奥に、また日本庭園
石と巨木の庭園

撞球場
山のコテージを思わせる雰囲気抜群の撞球場
実際におもてなしするお客様とビリヤードをして楽しんだそうです。

隣の洋館と、地下道で繋がっていたそうです。

ああ
自分の中での都立9庭園のラストを締め括るにふさわしい
とても素晴らしいところでした。

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ


サルスベリ

花カレンダー始めました