御三家と御三卿

将軍及び名参謀シリーズをやっていると
大きく関わってくるのが御三家、御三卿

この視点で調べ直してみるか

御三家はどこで何のため?
今さら何て質問するの?
尾張、紀州、水戸に決まってるじゃない。
徳川宗家の血が途絶えたときに、御三家から将軍を出して補完するため。
将軍のスペアって事ですね。

基本の基本のようだけど
本当にそうだろうか。

15代の将軍。
次は誰にしようという時に、最後まで完全に守り抜かれたルールがある。
「血が一番濃い人」
前将軍、の息子で生きているもののうち、一番年長者
当時、大人まで生きていることがかなり難しかったので
何男かは別にして生きているものだけで考えて
実質長男という言い方をさせてください。
そこに候補がいなければ、もうひとつ前にさかのぼって。

徳川宗家の血が途絶えた事が何度かありました。
その都度、後継者争いが活発化するんだけど
「血が一番濃い人」ルールは、
結局一度も破られたことが無かった。

とすると、御三家って、意味あるの?
ってことになる。

どういうことか。

将軍に何人か息子が産まれたとする。
実質長男だけ残して、実質次男以降はどこかの藩に養子に出さされ
そこの藩の藩主になる。

その時点で、御三家にちゃんと跡取りがいれば
御三家に出される訳ではない。
例えば、 館林藩だったり甲府藩だったり

とすると、血が濃いのは、御三家より
館林藩だったり甲府藩になる。

御三家は
家康の、子や孫くらいまでは意味を持っていても
代が重なっていく度に、血が薄くなっていく。

最初に徳川宗家の血が途絶えたのが4代家綱の後。
実質次男だったので館林藩に養子に出さされていた綱吉が
徳川宗家に養子に入って、5代将軍となる。
綱吉にも、息子ができず

甲府藩に養子に出されていた
先に死んじゃっていたお兄さんの息子
即ち、甥っ子が徳川家宣(いえのぶ)として徳川宗家に養子に入って6代将軍となる。

もし、将軍のスペアを御三家と呼ぶとするならば
御三家は、館林藩や甲府藩ということになる。

じゃあ、もう御三家、尾張、紀州、水戸は解散?

いえ、奇跡的に復活します。
甲府藩から来た6代家宣には息子はできたが
その息子7代家継には子供が出来ないうちに死んでしまう。
ああ、また途切れた。

もう、甲府藩からも、館林藩からも養子にもらいなおしてますから
血の濃い人は残っていません。

さかのぼってさかのぼって
随分さかのぼって、とうとう家康のところまでさかのぼりました。

ここまでさかのぼると、尾張、紀州、水戸が意味を持ってきます。
家康の実質次男が起こした尾張家
実質三男の紀州家、実質四男の水戸家

そこから今度下っていって、御三家の候補者のうち
現在生きているものの中で、誰が一番家康からの血が濃い?

それが吉宗だった。
吉宗は、紀州徳川家から徳川宗家に養子に入った。

ようやく御三家の出番。

御三卿
吉宗は当事者なので
このシステムの危うさが分かった。

さらに、御三家の尾張家が自分に反抗的なのも気になった。

さらに、気になったのが、実質長男、家重のこと
とても将軍がつとまる人物ではない。
この後すんなり行くイメージがわかない。

システム変えちゃおう。

実質次男以降は、他藩に養子に出す
このルール変えちゃおう。

実質長男が継ぐ
このルールを変えたら大混乱になる。
今までの日本の歴史の中で繰り広げられた
兄弟同士の殺し合いが再発するやもしれん。

実質次男以降は、分家はしよう。
でも、他藩に養子に出すのはやめて
キープしとこう。

御三家が、〇〇藩というのに対し、
御三卿は、〇〇家というのはそういう意味

田安家 宗武(むねたけ) 吉宗の実質次男
一橋家 宗尹(むねただ) 吉宗の実質三男

あれあれ?
御三卿なのに2つなの?

御三卿は、後の呼び方。
吉宗としてはこの二人に家を立ち上げさせた。

じゃあ、私もってことで
長男の9代家重が、真似する
清水家 重好(しげよし) 家重の実質次男

これで御三卿

何するの
藩の経営はせずに、使命としては将軍のスペアに徹する。

住んでるのも江戸城の中。
彼らの子孫も、ただ家を継いで、将軍のスペアとなることだけ。

最初は給料制だったんだけど
それもなんだし、ということで
幕府直轄領の中で、ここは〇〇家の分ね
藩、って扱いではない。

吉宗のやりたかったこと
要は、自分の子孫だけで、将軍を回していこうと。

藩って、合衆国みたいなもんだから
意識としては、徳川宗家とは別の国
何かと反発する尾張藩を見て、そう思ったんでしょうね。

とは言え、あんまり増えすぎてもね。
3つ以上に増えちゃうようであれば
藩に養子に出てます。

ひとつの例が松平定信。
白河藩に出されて、将軍になりそこなった。

もうひとりの例が、清水家から紀州藩へ養子に出た徳川斉順(なりゆき)
この孫が、あの14代将軍、家茂(いえもち)

結論から言うと、吉宗の思惑は成功し
最後まで、吉宗直系と御三卿だけで回ることになります。

このあと、シリーズで
御三家と御三卿をひとつづつ取り上げていきますね

「ん」がなかった。続きの続きの続き。「ん」が生まれる

「ん 日本語最後の謎に挑む」から

「ん」がなかった
「ん」がなかった。続き
「ん」がなかった。続きの続き。空海のチャレンジ

かなの誕生
いよいよ、かなの誕生になります。

ひらがなが最初に現れたのは、紀貫之(きのつらゆき)の土佐日記935年
カタカナが最初に現れたのは、成実論(じょうじつろん)の828年

教科書で習いました。
ひらがなは、漢字を崩し字にして出来た。
カタカナは、漢字の部分を取って出来た。

ということはですよ。

元になる漢字がない「ん」「ン」は生まれようがない。
空海の大発見「吽」は残念ながら無視されちゃっていますので。

土佐日記より早い900年に書かれた伊勢物語には、
はねる音は「に(に当たる漢字)」と書くことにします。
なぜなら、はねる字がないからです。
と明記されているので、まだこの時点では「ん」はない。
935年の土佐日記。
ひらがなばかりで書かれているんだけど、一切「ん」は出てこない。

残念!
ひらがなカタカナはできても、「ン」の登場にはまだ時間を要します。

「ン」が生まれた
さあ、出た「ン」
カタカナの「ン」が最初に現れたのは1058年になります。
「法華経」です。
やったー
とうとう

でも、おそらくこれは突発的で
このあと急速に広まって、ということにならない。

1079年の「金光明最勝王経音義」
これは、最初にいろは歌も50音表の元が書かれている書物なんですが
そこに「ん」は「レ」か「ゝ」で仮に表しますと書いてある。

そして、明覚(みょうがく)が1101年に出した、「悉曇要訣」
この本、むちゃくちゃ画期的なんですが
50音を母音と子音の組み合わせで表現できると
縦横の50音表で表している。
そして、「ん」の音の存在を明確に書いた。
音としての「ん」については後でね。

いよいよ
カタカナの「ン」については、初出は1058年「法華経」でしたが
長く鳴かず飛ばずでした。

ここから急にという明確な書物はないんですが
1100年を越えた辺りからどんどん増えていったそうです。

若干遅れてひらがなの「ん」
1120年、元永3年に書き写された元永本「古今和歌集」に「ん」の形が初めて現れます。
ただ、ここでは若干疑問があって
「ん」の意味で「む」も使われているので
本当に今の「ん」と一緒か分からない。

とはいえ、同じく1120年にそのあとすぐ出た「今昔物語集」
ここで、急にひらがなの「ん」がバンバン多用されて出てくる。

いよいよ、定着となっていきました。

「ん」の音
昔の日本語に「ん」の音があったか
何度か後で再度触れますと書きました。

おそらくこう。
表現は難しいんですが
「ん」の音はあった。
ただ、「ん」を含む言葉ですよ、というのは無かったかもしれない。

例えば、明覚の「悉曇要訣」に出ている例だと
「馬(ま)に乗りて」が「マンノリテ」
「ありなむ」が「アンナン」
「知りなむ」が「シンナン」
後ろに続く言葉の関係でちょっと言いにくいなあ
となったとき「ん」に変化しちゃう。

古事記でいうと
「神」の事を「加微」と書いてあるんだけど
下に何かの言葉がつく場合
神館、となると
「加牟」と変わってしまう。
変化していたと思われる。

こういうのって現代でも良くある
腹の中が「はらんなか」

でも人々の中では、「正式じゃない意識」がある。

「ん」は言うとしても書くのはちょっとやだな

仮借の「ん」がなくて思いきりみんな苦労したので
漢字は無いとしても、記号でもなんでも何とかしそうなもんですよね

でも、随分遅れたのは
書かないで良いなら書かないで済ませたい、との意識が働いている。

例えば「土佐日記」
印刷がない時代なのでみんなが書き写しながら広まっていく。
少しずつ違う土佐日記がある

あらざるなり、のところ
あらざなり、と書かれている本がある。
おそらく、あらざんなり、と読んでいたと思われるが
ん、は書きたくない。
あらざなり、と書いても、あらざんなりのことだと分かるよね。

ちょっと待って
今の言い方おかしいよ
ん、は書きたくない、じゃないでしょ
ん、は当時ないんだから、書けないよね。

どうも、そうじゃない。
紀貫之はあらざるなりみたいに、変化前の表現で書けるところも
敢えて、ん、抜きで書いている。

ちょっと遅れて、清少納言の枕草子では
んを書くのは雅じゃないねと
「ん」にあたる言葉(例えば「む」)を抜くことを推奨している。

江戸時代まで行っても多少残っていて
ふんどしのことは「ふどし」と書いてあったりする

現代人の意識の中でも多少残っている例として
本で上がっていたのが
鳶が鷹を産む
これに振り仮名を打ってくださいと言うと
ほとんどの人が
「とびがたかをうむ」
と書くらしい。
ところが、読んでくださいと言うと
「とんびがたかをうむ」と読む。

話を戻して平安時代から鎌倉時代
雅な世界が終わり、庶民にも書き文字が急激に広まっていく段階をもって
「ん」抜きの感覚が薄れ
話していることと、書き文字が違うなんてめんどくさい。
「ん」も出来たんだったら使いましょうよ、と広まっていった。


残っている疑問が、形。
「ん」と「ン」の形はなんでこうなったの?

ひらがなカタカナは漢字が元になっています、という教科書の説明。
ん、ン、に関する限り当たらない。
元になっている漢字がないわけですから。

結論から言うと分からない。
諸説あるんだけど、どれも決め手にかける
多いのは、無理矢理、この漢字から、というものだけど
そうかなあ

カタカナのンの方は面白いのが新井白石の説。
新井白石ってさすがに学者ですね
こんなとこまで、頭突っ込んでます。

良いとこ突いてます。
サンスクリット語の音がはねる事を意味する空点「・」と
荘厳点「下に緩やかにカーブした形」を組み合わせたんだとする説
例えば「ア」を表す梵字に空点と荘厳点を付け加えると「アン」になります。

私的には
新井白石大好きなので、この説、採用!

お疲れさまでした。
これで「ん」がなかった話はおしまい。

[百人一首]56 あらざらむ~和泉式部

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に
いまひとたびの あふこともがな

生きてこの世に在ることも望めないような
状態になってしまいましたので、
あの世へ行ってからの思い出ぐさにするために、
せめてはもう一度の、逢瀬があるようにと、
切に切に望んでおります。

百人一首シリーズ、この辺りは有名人が目白押し
今日は誰もが名前を聞いたことのある、和泉式部になります。

鑑賞
この時、生死の境をさまよったらしい。
「あらざらむこの世のほかの思ひ出に」しなければならないほど、
危なかった。

命が尽きる恐怖と戦いつつも

「あ」らざらむ この世のほかの 「お」もひ出に
「い」まひとたびの 「あ」ふこともがな

5句のうちの4句までが、母音ではじまる柔らかな声調で、
せっぱつまった内容とは裏腹に、
何となくゆったりした、おおらかさをもたらしている

和泉式部
和泉式部は家柄的にはそこそこというか、いまいちというか

和泉守橘道貞(いずみのかみたちばなのみちさだ)と結婚して
「和泉式部」と呼ばれるようになり、
小式部内侍(こしきぶのないし)を生んだ。

小式部内侍って名前覚えておいてくださいね。
第60首で出てきます。

宮廷生活は仕事がら見てきているので
華やかな貴族生活へのあこがれが強くなる

早くから歌人としての名声も高かったので
常に注目は浴びている。

そんな中で、
好色の貴公子為尊(ためたか)親王が声をかける。

夫も子もある身でありながら、
恋の炎に火がつく。

いけませんわ。

怒った旦那さんは離縁。
親からも勘当。

でも、尊親王はちゃんと奥さんとして向かい入れ
終わり良ければ全てよし、ちゃんちゃん、
と行きそうだったんだけど

なんとなんと、為尊親王
2年後に死んじゃいます。

あんなに全てを投げ打っての恋だったのに、あわれ未亡人
かわいそう
と、なりそうですよね。

そうならないところが、和泉式部のものすごいところ

為尊親王の弟宮の敦道(あつみち)親王

美貌のプリンスと年上の女の新たな恋が始まります。

初めは人目を忍んでいたんだけど
どんどん、敦道さんが夢中になっちゃって
お屋敷の一間に迎入れる

ったって、別の間には、奥さんいます。
奥さん怒っちゃって、お屋敷を出ます。

大スキャンダル。

そのへんの事が「和泉式部日記」として書かれています。

この本売れるでしょ。

まだ続きが。

なんと、敦道さん、
4年後に死んじゃいます。

いよいよ、静かに?
いえいえ
あふれでる才能は回りが放っておきません。

あの道長のお声がかりで
一条天皇中宮の彰子(しょうし)(道長の娘)に仕える。

覚えておいて下さいね。
この彰子さん
これからの、超豪華シリーズ、彰子さんを中心に展開されていきます。

道長、よっぽど和泉式部の事が気に入ったんだね
旦那さんの世話までしてくれる。
自分の信頼できる部下、
藤原保昌(やすまさ)を紹介してくれ、結婚

えーっと、4度目?

保昌は、50歳くらいでかなり年上。
度量のある人で、広い心で包み込んでくれる。
一緒に、任地、丹後に下る。
晩年の詳しい消息は分かっていないが
長きに渡って添い遂げたらしい。

黄金期
田辺聖子さんは絶賛している。

女流文学の黄金期にあって
ひときわ光輝く星であると

言葉の使い方、発想の仕方
誰にも真似のできない独特なものであると。

例えば、この百人一首の歌にしても
あらざらむ この世のほか
って
もうすぐいなくなってしまうであろうこの世、とは別のところ
すなわち、あの世
あの世で思い出にしたいから。

こういう言葉使いは、彼女独特らしい。

伝統の枠におさまりきらない
率直な心の叫びをそのままつづった歌

もの思えば 沢のほたるも わが身より
あくがれいずる 魂(たま)かとぞみる

物思いにふけっていると、沢のほたるも、私の体から抜け出した
魂のように見える。
あれ、あのように悩ましげにふわふわと。

紫式部も
あんなの歌じゃないと言いつつも
何か一つは必ず魅せられるところがあると一言。

勝手な推測
何の根拠もない、私の勝手な推測。
単純な私の好みかも知れないけど。

けらっけら笑う女性だったんじゃないかな。

ここまで、男性に愛され続ける女性って
何かあるに違いない

娘にも言っているんだけど
着飾る必要も、化粧も要らない
けらっけら笑え。
大モテだぞ。

男の心は鷲掴みにされる

で、歌なんか贈られちゃったら
ああ、もうあかん。

[徳川名参謀]13 家定→徳川斉昭

徳川名参謀シリーズ、いよいよ13代まで来ました。

家定はこちら
13代家定、ガチョウ追っかけてる場合じゃないよ

「徳川十五代闇将軍」の本では、徳川斉昭をチョイスしました。
ほう、そう来ましたか。

老中でもなく、四賢侯でもなく、水戸なんですね。
なかなかです。

徳川斉昭
徳川斉昭(なりあき)は、水戸藩9代藩主
同時期の薩摩の島津は斉彬(なりあきら)なので、紛らわしいですね

15代将軍慶喜(よしのぶ)のお父さんです。

時代背景としては
ペリー来航で、てんやわんや

12代将軍、家慶は風邪で寝込んでいたので
心配かけまいと、知らせなかったんだけど
いつまでもそうもいくまい、と知らせた。

すると、「斉昭に相談せい」の一言。
それだけ?

なんと、そのまま死んじゃった。
「斉昭に相談せい」が遺言になっちゃった。

13代家定は、9代家重に続きふたりめの
なんとも無理でしょ将軍。
なった途端、次の将軍争いが活発化するという何とも失礼な情況。

そういう訳だから
斉昭さん何とかしてよ

こっちに振ってくんなよ
と言いそうですが
そこは、やりたがり斉昭
よし来たっ

御三家御三卿シリーズをやろうと思っているので
そこで詳しく書きますが
水戸藩って極めて特殊な藩。

一言でいうと
幕府が嫌いで、朝廷が好き。
水戸学という言い方をします。

御三家でありながら、ずっと幕府とは距離をおいてきた。
ここへきて、斉昭の個人的な性格から、一転
水戸学は、ベースとして持ちながら、距離は置かずにグッと踏み込む。

尊皇攘夷
水戸学なので元々尊皇
開国派と攘夷派では、強烈な攘夷派

そして、もうひとつの軸
後継者争いでは、当然一橋派

野心満々なので
切れ者の自分の息子、慶喜を
水戸にいるより将軍になりやすい、御三卿の一橋家に養子に出した訳です。

その後、南紀派の井伊直弼に負け
安政の大獄で永蟄居(えいちっきょ)という外出禁止の刑を受ける
その後実力行使で巻き返しを図るのが、水戸藩有志による、桜田門外の変
そんな流れになっていく

もちろん、最後の将軍は息子の慶喜が勤めるわけだから
水戸藩が幕末でかなりの重要な役回りを担っていくのは間違いない。

それもこれも、斉昭からということ。

後継者争い
実は元々、斉昭も水戸藩内での藩主の後継者争いに勝ち抜いた人物
藩改革で、自分を推してくれた藤田東湖(とうこ)等の下級藩士をどんどん登用し
広くみんなの意見を聞いていく。
独裁者的ではない。

家慶の時代から、長文の意見書を幕府に提出している。
老中とかは、位的には徳川の斉昭よりは下だから
無視する訳にも行かない。

めんどくさかったでしょうね。

ただ、無責任な評論家ではない。

幕府は、海防参与という新しい役職を作って
斉昭をその職に就ける

水戸藩として反射炉を作り、鉄を製造(これはちょっと失敗)
大砲を74個も作る
禁止されていた大型船が解禁されるや
水戸藩は大型船を作っちゃって
幕府に献上する

老中、阿部正弘としては
表裏を使い分け
斉昭をうまく使おうと考える。

ご存じの通り、表向きは攘夷論を言いつつ
本音は開国という人たちが次々台頭してきて
気がつくと、あれあれ開国なんだ
って展開になりますよね。

斉昭は、表裏なく攘夷なので
突っ走りすぎるとヤバいぞと。

こっそり呼んで
幕府の懐事情を数字でちゃんと説明する。

数字を見せられると
うーむ、思っていた以上だ
確かにこれで外国を打ち払うのは厳しいな。

その場では納得。

でも、実際に日米和親条約が締結されちゃうと
どうにも我慢ならない
海防参与をやめる。

将軍継嗣問題
こうなったら、何としても、自分の息子を将軍にしよう

猛烈な工作を繰り広げる。
四賢侯(薩摩、土佐、宇和島、福井藩)を味方につけ
阿部正弘も。
薩摩から密命を受けた篤姫を家定に嫁入りさせて
将軍も取り込む作戦。

対する、南紀派の井伊直弼は、譜代大名を味方につけ
紀州と尾張
忘れちゃならない大奥。
大奥を味方につけると強いよ

そして、最終的には、家定が慶喜を嫌っちゃって、南紀派の勝ち
慶喜ってすごく頭は切れるんだけど
変な人ですからね。

続きは、14代への参謀、井伊直弼に譲ります。