高田富士の続き

昨日のお出かけコースには続きがあるので、今日、続きに出掛けましょう。
今日は早めに出て、早く帰ることにいたしましょう。

昨日は、副都心線の雑司ヶ谷を出発して同じく副都心線の隣の駅、西早稲田まで
西早稲田スタートで行きましょう。

西早稲田
「東京記憶の散歩地図」の本に江戸名所図会の話があったので
古地図も開いて見比べながら行きましょう
いつものアプリ「大江戸今昔巡り」を起動

あれ?何だか不思議な地形
なるほど、馬場か。馬がパカパカ
高田馬場ってほんとに高田の馬場だったのね

ちょっと寄り道


「高田馬場跡」みたいな看板も無かったけど、土地割り自体は似たような形でした。

そのまま、大江戸今昔巡りを起動したまま、江戸時代の地図の上を歩きます。

すると
えっ
ええっ
高田富士ってあるじゃないか。

昨日の繰り返しですが
高田富士とは、江戸のあちこちに出来た、富士塚という富士山を模した人工の山の第一号

穴八幡の向かいに大きな宝泉寺ってお寺があって、その中に高田富士の絵
そうか、そこが今、早稲田大学の敷地になっちゃっているということか。

ということは、移転前の高田富士の場所が特定できるかも

法輪寺というお寺は同じ場所に存在していた。

早稲田大学に向かおう
明らかに早稲田大学生ではないハゲ親父ではありますが
真摯にお願いすれば、
早稲田大学は良い大学だから入れてくれるかも

えっ

宝泉寺も実在するのか
そういうと、以前ここをウォーキングしたとき見覚えがある

希望が繋がってきた。

中に入ってもやはり富士塚はない

GPSの青い丸も高田富士の絵のところまでは至らない。

早稲田大学が拡張し、宝泉寺が縮小したということなのでしょう。

おっと、寺務所に人影が見えた。

すみません。
高田富士を探しに来たんですが

今住職が不在なので詳しいことは分からないのですが
確かに高田富士はうちにありました。

今は、早稲田大学の場所ですが。
移転をしまして。

はい。そちらは見てきました。
甘泉園のところですよね。

水稲荷神社はうちが別当として管理していたのですが
水稲荷神社だけが移転したんです。
高田富士を作った日行さんの墓はここにあるんですが。

えっ
高田藤四郎じゃないんですか
どこに墓はあるんですか

教えてもらって墓を確認

まさか、高田富士を作った人の墓が分かるとは。
感激です。

急いで寺務所に戻りました。
ありましたありました。これですね

タブレットを見せます。

すみません。先ほどはおかしなことを言いました。
日行さんと高田藤四郎は同一人物です。

今から早稲田大学に行こうと思うんですが
早稲田大学の中のどの辺りでしょう。

ああ、それは残念です。
いつもは入れるんですけどね
今だけ入れないんです。
ちょうど入学試験なんです。

本当なら早稲田通りの方から細い駐輪所の入口があって、入れるんです。
そこから入るとほんとに小さな碑なんですが、ここに水稲荷神社がありました、って碑があるんです。
残念です。
うちの住職も高田富士を復活させたいと言っていましてね。
高田富士の富士山の石も取ってありますのでね。

ええっ、取ってあるんですか

もし元祖高田富士が出来たら見に来てくださいね

はい。絶対来ます。

あっ、忘れてました。こちらのパンフレット、よろしかったら

裏に高田富士のことがしっかりと書いてあります。
高田藤四郎は日行で、高田富士の場所は早稲田大学9号館

早稲田大学に向かいました。

ものものしい警備
そこを何とか、と言って入れてもらう作戦はあきらめました。
入試でトラブルがあったら新聞に載りますからね

構内地図を写真に取って、9号館と、駐輪所を確認

さあ、駐輪所の入口まで戻りましょう。

あった!

この突き当たりの9号館のところに高田富士があった。
グーグルマップを見ると、富塚跡とあるのが先程言われた碑なのかも知れません。
昨日水稲荷神社の中にあった最初に富士塚と間違った富塚古墳がこれということでしょう

今度、入試じゃない日に来て確認することにしましょう。

穴八幡神社
一度来てますが、ここまで来たら向かいの穴八幡神社にも行きませんとね
八幡神社ファンですし。

流鏑馬(やぶさめ)の神事で有名です。

案内板を見ると

なるほど、昔は高田馬場で流鏑馬やってたのか。
古地図のさっきのところだ。
こうやって繋がると、とてもテンション上がります。

とてもきれいな神社です




このあともまだ続きます。
続きは明日ね

おでかけマップ

高田富士の続き」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 戸山荘の箱根山と、山吹伝説の続き | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です