「好き」でダイエットを成功させる(楽しく食事)

前回、「好き」と「いい」なら「好き」の勝ちをダイエットや健康で実践させる方法として、
運動面を書きました。
今度は食事面です。

楽しく食事
自分が18kg痩せたときにやったことは、2つの事だけ。
1.間食をやめたこと
2.砂糖入りの飲料をやめたこと
間食は太る大きな原因であることを実感しました。
なぜ間食をしていたかを色々あげてみたのですが、これだというほどの大きな理由が思い当たらない。
結論的には「なんとなく」なんじゃないかと。

お腹が空いたから食べていることは、事実ではあるんだけど、「ちゃんと」やれてなかった気がする。
脳疲労の本では、一日一食は「美味しいものをしっかり食べる」事で、食事することを楽しみ、脳疲労を解消させることで、ダイエットや健康に役立る事を提唱しています。
実感として大賛成。
自分は、一日一回ではなく、一日三回でしたが。

そして、いつ痩せたかを思い起こしたとき、やっぱり空腹の時なんです。
ちゃんとお腹がすくまで間食しない。
空腹を実感し、空腹の快感を味わう。
実は空腹って快感に繋がることが、ダイエットしてはじめてわかりました。

空腹のあと
私がそれ以前にやっていたダイエットの根本的な間違いが空腹の後だと思います。
空腹になったら
よしこのまま我慢すればやせるぞ、と思い
そのまま食べないで我慢する、こと。

それをやってしまうと、脳は危険な事をしようとしていると思い、防衛策に走る。
体脂肪を貯めるという防衛策です。
ほとんど食べてもらっていないのに、必要なエネルギーや筋肉に回さず、体脂肪を貯めるためにやっきになる。
ゆっくりした自殺行為を図ろうとしているカラダに対して
大丈夫、守ってやるからね
と、けなげにも貯金してくれる。
食事を減らすことが体脂肪を増やすことになると気づいていない悲劇です。

空腹さえ経由すれば大丈夫です。
空腹時に、脂肪は燃えるし、カラダ作りに不可欠な、成長ホルモンもいっぱい出る。
そこは「良いこと」で、その後空腹を続けると「悪いこと」に変わる。

脳に、空腹の後の三度のご飯はガッツリ食べるからね、
貯金しなくても大丈夫だからね、と分からせる。

空腹は最高の調味料。
とても美味しく食事をし、脳をハッピーにする。
食事する「こと」を楽しむ。
これで脳は大喜び。
どんどん痩せます。

間違ったダイエット
ところが、間違ったダイエットは頑張れるところまで頑張っちゃう。
脳はものすごいストレス。
脳は、糖分しか使えないから、徹底して糖分を要求する。
耐えきれず食べる。

どう思うか。

ああ、なんて私は意思の弱い人間なんだ。
ストレスのうわっかぶせです。

リバウンドへ
それでもなんとか食事制限を続けると、筋肉を減らしながら、脂肪が貯まりやすい体質になりながらも、「体重」だけは減っていきます。
そして、恐怖の「目標達成の日」を迎えるのです。
脳はストレスでガッチガチですから、
やったー、これでもう我慢しなくて良い。

リバウンドのスタートの日です。
脂肪が貯まりやすい体質になっちゃってますから、どんどんリバウンドします。

それでも本人は余裕のよっちゃんです。
「成功体験」を持ってるからです。
5kgやそこらじゃ、いつでも痩せられるわ。
かくして、太っちゃやせ、太っちゃやせを繰り返す、「ダイエットのプロ」が出来上がります。

楽しく食べましょう
ダイエットに関連して食事の話といえば、「何を食べるべし」「何を食べてはいけません」
とても疑問に感じていました。
どう美味しく食べるか
どう楽しく食べるか
その方が重要だと思うのですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です