原因別肥満チャート(あなたはだから太っている)

はいいいえでたどっていく原因別肥満チャートを作りました。
かなりのボリュームなので、2日に渡ってお話しします。
—————————
私が18kg痩せたときは、原因は分かっていたし、打った対策も自分なりのもの。
ただ、ダイエットをテーマにコラムを書いていく中で、数多くの本を読んだし、コメントをいただいたりしました。
太る原因には色んなタイプがあることが分かってきました。
原因別に対策も違う。

はい、いいえをたどっていけば、太っている原因が特定できます。
ただ、チャートをたどるまでもなく、原因が自分で分かっている人はおられるでしょう。
ある時期から太り始めたという場合は、その前と後で何が変わったのか。
自分の感性を研ぎ澄ませてください。

複数の原因があり得るので、チャートは3つともたどって下さい。

原因特定肥満チャート
1.昼夜逆転している
 [はい]→生活リズムタイプ
 [いいえ]
  生活のリズムが一定していない
  [はい]→生活リズムタイプ

2.間食がやめられない
 [はい]
 過度なストレスに思い当たる節がある
  [はい]→ストレスタイプ
  [いいえ]→だらだら間食タイプ

3.砂糖入り飲料を1日3本以上飲んでいる
 [はい]→砂糖入り飲料タイプ
 過度なストレスに思い当たる節がある
  [はい]→ストレスタイプ

いずれかのタイプに当たれば、対策チャートに進んでください。
どのタイプにも当たらない方は、自分なりにこれかなという原因を思い浮かべた上で、対策共通チャートに進んでください

対策チャート
1.生活リズムタイプ
 一番強烈な根本原因です。
 交感神経と副交感神経のバランスが大きく崩れます。
 人間のカラダは、7時間寝ればいい、ようには出来ていません。
 明るいときに動いて、暗くなってから寝ることをしないと、副交感神経がうまく働きません。
 カラダは副交感神経を優位にしたいとき、食べることを強く要求します。
 「食べること」は副交感神経を優位にたたせる手段として最も有効だからです。
 食べすぎてしまうという自覚があるとすれば、「意志の弱さ」が原因ではありません。
 生活リズムが崩れていることが原因です。
 強烈な空腹感に襲われ、食べざるを得ないのです。
 自分を責めないで下さい。
 対策共通チャートに進んで、どうすればいいか考えましょう。

2.ストレスタイプ
 これも強烈な根本原因です。
 過度なストレスがかかると、大きく交感神経優位に振れます。
 それ以降は、生活リズムタイプと同じになるので、生活リズムタイプの説明を読んでください
 追加質問です
 特にこのタイプの場合、今現在食事制限型ダイエットをされていれば、危険です。
 ストレスがさらに追加されている恐れがあります。
 対策共通チャートに進んで、どうすればいいか考えましょう。

3.だらだら間食タイプ
 間食してしまうことに明確な根本原因がない場合です
 私の場合はこれでした。
 前の2つと若干対策が異なります。
 意志の力で間食をやめることも不可能ではありません
 ただ、組み合わせて、成功率をあげたほうが良いので、
 対策共通チャートの2番に進んでください。

4.砂糖入り飲料タイプ
 この原因単独より、組み合わせが多いかもしれません。
 この現在ははっきりしているので、意志の力で断ち切れば良いのですが、より強烈な根本原因と組み合わさっている場合は、そちらの解決が先決になります。
 対策共通チャートに進んでください

対策共通チャート
ここから、後編にします。
後編をご覧ください。

「入るカロリー」-「出るカロリー」論が教えてくれないもの

「入るカロリー」-「出るカロリー」
ダイエットでの大原則は
「入るカロリー」-「出るカロリー」=脂肪蓄積
この理論に、真っ向から異を唱えた理論に最近出会いました。
結論的には、私自身納得のいくものでなく、とても残念だったのですが、
なぜ、その理論に大きく魅力を感じたかと言うと、
「入るカロリー」-「出るカロリー」理論に、前々から違和感を感じていたからです。

ダイエットの特に運動の方で、効率よくいっぱいカロリー(エネルギー)を消費できるかということを話題にします。
なんか違和感あると思っていました。

なんで、せっかく食べたものをそんなに必死で消費しなくちゃいけないの。
そしたら、半分だけ食べて、半分だけ動けばいいじゃない。
基礎代謝があるというなら、「基礎代謝+ほんとの最低限」だけ動いて、それに相応するだけ食べればいいじゃない。

もし、とかく食べ過ぎちゃうから、的なことを言うんだとすると、とても違和感がある。
人間の体はとても精巧にできているのに、必要以上を「空腹」で要求するだろうか。
お腹いっぱいの段階で、必要な量なんじゃないか。
よくいう満腹中枢の時間差論も、この答えとしてはどうかなと思う。
こんだけ長い間の歴史のある人間のからだ。
それぐらいのこと、計算に入れていてもおかしくはない。
本当のところの、食べる適正量って、どうなんだう。

お腹いっぱいは適正なんじゃないか
10-10は0。
7-7も0。
「入るカロリー」-「出るカロリー」論は、この両方を同じく扱うことに問題があると思う。
10-10は必要なんじゃないか。

いっぱい体に関する本を読んでいく中で、免疫、特に睡眠に答えがあるような気がする。

単純に言うと、動かなきゃダメ。

10-10が、9-9になり、7-7になり、5-5になって、0-0になったのが「死」なんじゃないか。
この数字が「若さ」かもしれない。

山高くして谷深し
これが、いっぱい免疫や睡眠の本を読んだ結論。

昼間、いっぱい動いて、交感神経を優位にする。
寝る時間に向かって、ゆったりし、副交感神経を優位に持っていく。
体が疲れていると、ぐっすり眠れるから、深い睡眠を得られる。
結果として、副交感神経はちゃんとバランスする。
そして、体を再生するために必要な、成長ホルモンや抗酸化作用のメラトニンが多量に出て、体を健康にしていく。

山低くして谷浅しではこれができない。

体を構成する60兆個の細胞は、常に死滅し、生成されて入れ替わっている。
睡眠中の成長ホルモンが出ないとそれが出来ない。
常に健康に体を保つためには10が必要なんじゃないだろうか。
ここでいう10は入るカロリーでいうと「腹いっぱい」
百歩譲って、満腹中枢時間差論があるとすれば、その時間差分を考慮に入れて腹9分くらい。
腹8分より多く食べて、多めに運動して、医者いらず。

違和感の原因
「入るカロリー」-「出るカロリー」を言う時って大体、「両方必要です」、から始まる。
「入るカロリー」を押さえて、は、必要ない。
「入るカロリー」は一定で、から始まっていい。
見合う運動をしましょう。

もう百歩譲って
とは言え、もう百歩譲っちゃいましょう。
体が要求する「腹いっぱい」は正しい量だとしても、ほんとにそれだけを、それだけだけ食べているんだろうかという疑問。
言いたいのは、間食です。
自分の実感として、ダイエット前は「腹いっぱい」をちゃんと意識せずに食べていた気がする。
間食でだらだらだらだら。
三度の食事は、お腹が空いていないうちにやってきて、お腹いっぱいなんだかどうなんだか。
間食まで含めれば、一日トータルでは取りすぎていたかもしれない。
これは、長い間に形成された人間の体の仕組みにはなかった食べ方なんでしょう。

さらに、私特有かもしれないけど、砂糖入りの飲料(ジュース)
喉が渇いたから、あるいは落ち着かないためすっきりしたくて飲む飲料に含まれているカロリー。
これも、長い間に形成された人間の体の仕組みから、想定外かも。

かくして、この二つを取り除けば、「腹いっぱい」でも適正量。
実際に18kg痩せた時の実感とも、ぴったり一致します。

「好き」でダイエットを成功させる(楽しく食事)

前回、「好き」と「いい」なら「好き」の勝ちをダイエットや健康で実践させる方法として、
運動面を書きました。
今度は食事面です。

楽しく食事
自分が18kg痩せたときにやったことは、2つの事だけ。
1.間食をやめたこと
2.砂糖入りの飲料をやめたこと
間食は太る大きな原因であることを実感しました。
なぜ間食をしていたかを色々あげてみたのですが、これだというほどの大きな理由が思い当たらない。
結論的には「なんとなく」なんじゃないかと。

お腹が空いたから食べていることは、事実ではあるんだけど、「ちゃんと」やれてなかった気がする。
脳疲労の本では、一日一食は「美味しいものをしっかり食べる」事で、食事することを楽しみ、脳疲労を解消させることで、ダイエットや健康に役立る事を提唱しています。
実感として大賛成。
自分は、一日一回ではなく、一日三回でしたが。

そして、いつ痩せたかを思い起こしたとき、やっぱり空腹の時なんです。
ちゃんとお腹がすくまで間食しない。
空腹を実感し、空腹の快感を味わう。
実は空腹って快感に繋がることが、ダイエットしてはじめてわかりました。

空腹のあと
私がそれ以前にやっていたダイエットの根本的な間違いが空腹の後だと思います。
空腹になったら
よしこのまま我慢すればやせるぞ、と思い
そのまま食べないで我慢する、こと。

それをやってしまうと、脳は危険な事をしようとしていると思い、防衛策に走る。
体脂肪を貯めるという防衛策です。
ほとんど食べてもらっていないのに、必要なエネルギーや筋肉に回さず、体脂肪を貯めるためにやっきになる。
ゆっくりした自殺行為を図ろうとしているカラダに対して
大丈夫、守ってやるからね
と、けなげにも貯金してくれる。
食事を減らすことが体脂肪を増やすことになると気づいていない悲劇です。

空腹さえ経由すれば大丈夫です。
空腹時に、脂肪は燃えるし、カラダ作りに不可欠な、成長ホルモンもいっぱい出る。
そこは「良いこと」で、その後空腹を続けると「悪いこと」に変わる。

脳に、空腹の後の三度のご飯はガッツリ食べるからね、
貯金しなくても大丈夫だからね、と分からせる。

空腹は最高の調味料。
とても美味しく食事をし、脳をハッピーにする。
食事する「こと」を楽しむ。
これで脳は大喜び。
どんどん痩せます。

間違ったダイエット
ところが、間違ったダイエットは頑張れるところまで頑張っちゃう。
脳はものすごいストレス。
脳は、糖分しか使えないから、徹底して糖分を要求する。
耐えきれず食べる。

どう思うか。

ああ、なんて私は意思の弱い人間なんだ。
ストレスのうわっかぶせです。

リバウンドへ
それでもなんとか食事制限を続けると、筋肉を減らしながら、脂肪が貯まりやすい体質になりながらも、「体重」だけは減っていきます。
そして、恐怖の「目標達成の日」を迎えるのです。
脳はストレスでガッチガチですから、
やったー、これでもう我慢しなくて良い。

リバウンドのスタートの日です。
脂肪が貯まりやすい体質になっちゃってますから、どんどんリバウンドします。

それでも本人は余裕のよっちゃんです。
「成功体験」を持ってるからです。
5kgやそこらじゃ、いつでも痩せられるわ。
かくして、太っちゃやせ、太っちゃやせを繰り返す、「ダイエットのプロ」が出来上がります。

楽しく食べましょう
ダイエットに関連して食事の話といえば、「何を食べるべし」「何を食べてはいけません」
とても疑問に感じていました。
どう美味しく食べるか
どう楽しく食べるか
その方が重要だと思うのですが

「好き」でダイエットを成功させるには

「好き」と「いい」なら「好き」の勝ち、を現実のダイエットや健康に活かすのはどうすればいいでしょう。

黄金ゾーンの広げ方
「好きでいい」黄金ゾーンをどう広げるかが、やはり決め手になります。

不思議なもので、ダイエットを始めようというときは、ほとんど、「好きではないけどいい」ゾーンから始まる。
私のダイエットもそうでした。
最初から、ウォーキングが好きなわけではなかった。
失礼しました。不思議ではないですね。
最初からウォーキングが好きな人は太っていません。

楽しく運動する
今私は、ウォーキングで黄金ゾーンをひた走っています。
なぜか。

あれっ、これ楽しいかも。
この、楽しさの芽生えを大切にし、
楽しいんじゃない?
むっちゃたのしいんですけど。
に高めていく

私の例で言うと
初期は何といっても体重減。
これは理屈なし。
週に0.5kgから1kgくらい確実に減っていくと、そりゃ楽しい。
でもそのペースがいつまでも続くわけないので、次なる楽しさのネタを見つける

私は速歩なのでタイム測定。進歩していくと楽しい。
いっぱい本を読んで、歩き方もどんどん工夫していく。
ブログで色々発表し誉めてもらう。
良いコースを歩くウォーキングも組み合わせる
低い山の登山もやる。頂上からの景色は言葉には言い表せない。
健康になるウォーキングを研究していく。
健康だぞって満足感がとてもいい。
毎日の通勤で人を追い抜いていく優越感。
歩いた後の理屈抜きの爽快感。
ウォーキング大会に参加しての気分高揚。
自分でも、ウォーキング大会を企画して、企画する楽しさを知る
ウォーキング同好会でいっぱい仲間を得て、絶好調。

で、今に至ります。
こんだけ楽しむネタを持ってると、いくら減量の目標を達成してもやめたくないので、リバウンドなんてあり得ないんです。

目標達成の話は以前しました。
楽しくないダイエットの場合、目標達成の日はリバウンドスタートの恐怖の日です。
ゴールですから。もうやらなくていいんです。
食事制限のダイエットなんて、100%リバウンドします。

とはいえ、これは私の例です。
楽しむための工夫や努力は是非してほしいんですが、それでも楽しいと思えないんですよ、ってことはあり得ます。
「好きではないけどいい」ゾーンでしかない。

期限を決めてください。
期限を越えて自分に問いかけて、まだ義務的にやってるなあと思えば、スパッと切り替えましょう。

運動の範疇であれば多かれ少なかれカラダにはいい。
私はたまたまウォーキングだったわけで、色んな運動がわんさかあります。
次こそは楽しいと思えそうかを第一基準に選びましょう。
昔やってたこととか、仲の良い友達がやってるとか、見学にいったら良い雰囲気で馴染めそうとか。
勝ち負けのあるスポーツも楽しむための良い要素かも。

楽しく食事する
長くなりましたので、楽しく食事するって方は次回に回したいと思います。