[赤穂浪士] 不破数右衛門

不破数右衛門(ふわかずえもん)
裏門組 長屋防ぎ 元馬回り・浜奉行 34歳

やんちゃで元気もの
討ち入りで、一番活躍したのは堀部安兵衛だと思っていたら、さにあらず
この不破数右衛門

クビ
赤穂藩士ではありません。
元馬回り、となっているのには意味があります。

まあとにかく、やんちゃでやんちゃで
常に血が煮えたぎっています。

新しく刀を手に入れると、人を斬りたくて仕方ない。

どうしたかというと、墓に行って新しそうなのを掘り起こし
中の死体を試し切り
四十七士の中では、堀部安兵衛だけが人を斬ったことがあることになっていますが
死んだ人までOKにするなら、この人も人を斬ったことがある

他にも色々問題ばかり起こすので、さすがに浅野内匠頭が怒っちゃって、クビ
その後は、浪人生活を送っていた。

刃傷沙汰
そんな時に、刃傷沙汰のニュース

おおっこれは

何としても亡き主君の無念を晴らさねば。

いやいや、もう、主君じゃないです。

何とか討ち入りに加えてもらうべく奮闘

徹底的に謝る作戦。

あまりにしつこいので
大石内蔵助が

とりあえず、浅野内匠頭の墓に連れていってあげるから
謝ってみな

分かりました!

まあそこまで言うならと
墓の中から声がしたのか

今度だけですよ

はい

討ち入り
討ち入りでは、裏門組として参加。
全員それぞれの持ち場をはなれてはいけない約束だったが、じっとしておられず暴れまわった
結果、吉良側の敵を4~5人斬り倒し、赤穂義士四十七士のなかで最多となった。
当日の活躍を物語るように、数右衛門の着物や刀はあちこち斬られてボロボロ。

この刀は明治天皇がご覧になられるまでは保管されていたが、現在は行方不明。

辞世の句
今日ありと心に知りて武士のおはる月日の身こそ辛けれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です