[赤穂浪士] 寺坂吉右衛門

寺坂吉右衛門
裏門組 足軽 38歳(討ち入り当時)83歳まで生きる

四十七士で唯一切腹をしていない人
超真面目
赤穂藩の藩士ではなく
吉田忠左衛門に私的に雇われたお手伝いさんのような人

最終的には足軽になっており
赤穂藩藩士とも言えなくもない、というくらい。
いずれにしても足軽という一番低い身分。

吉田忠左衛門がとにかく好きで
何をするにもどこへ行くにもお供する。
お手伝いさんだとそりゃそうか

いつも一緒なので、大石内蔵助と会う機会も多くなり
その真面目な人柄で大石内蔵助からも信頼を寄せられるようになる

元々、吉田忠左衛門は赤穂ではなく、加東郡にある飛び地を治めていた訳で
寺坂吉右衛門としては、浅野内匠頭がどんな人なのかさっぱり分からない

当然、討ち入りに参加するいわれは全くない。

ただただ、吉田忠左衛門と御一緒したいというだけ。

私も討ち入りに参加させてもらえませんか

断る!

即答されます。

諦めきれず、何度も何度も

あんまりしつこいので、一応、大石内蔵助に言っては見るものの
大石内蔵助からも断られる。

足軽って思った以上に低い身分のようで
後に、赤穂は足軽まで討ち入りに参加させたのかと言われたくなかったらしい。

もちろん、直接浅野内匠頭と関係無いのに、吉田忠左衛門と一緒に行動しちゃうと
切腹を余儀なくされるのはしのびないですから。

まだ諦めない寺坂

分かったよ
じゃあ、条件付きね

現場に来るのは良いけど、同罪とならない範囲でしか手伝わない。
討ち入り終了後は、行動を共にしない。

私は命は惜しくありません。

分かってくれ
大切な役目を担って欲しいのじゃ
全員切腹になるとどうなる
せめて一人生き延びて、瑤泉院(ようぜんいん=浅野内匠頭の奥方)様に
討ち入りの様子を知らせて欲しい。
さらに、同士の家族の元を回り
様子を知らせてあげて欲しい。

私に出来るでしょうか

お前だから頼むのじゃ

分かりました。
精一杯つとめさせていただきます。

討ち入り
約束通り、斬り合いには参加しませんでしたが
見通しが良いように全ての部屋の襖や障子を外したり
戦いやすいよう、ろうそくに火を灯して回ったりと大活躍。

討ち入り後は、立派に役目を果たし
報告をしてまわる。

一通り、役目を終えた段階で
目付けの仙石伯耆守(せんごくほうきのかみ)のところに自首します

実は私も同罪です。

はい?
よくぞ自ら申し出た。
その気持ちに感じ入ったぞ。
無罪放免じゃ。

それじゃ、私の気持ちが。

それでは、そなたに
とても重要な役目を申し付けよう。

また、役目ですか

露と消えた彼らの分まで長生きするのじゃ
47人分。大変だぞ。

伯耆守さま・・

吉右衛門は役目のため、83歳まで生きます。

泉岳寺に並んだ赤穂浪士の墓
その一番端に、寺坂吉右衛門の墓もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です