[赤穂浪士] 小野寺十内

小野寺十内(おのでらじゅうない)
裏門組 裏門内固め 京都留守居役 61歳

おじいさんからの三代続いての浅野家譜代の家臣

子供が居なかったので、甥の大高源吾の弟、幸右衛門を養子にしました。

夫婦仲
ものすごく夫婦仲が良いラブラブじいちゃんです。

夫婦で和歌を習って、数多くの作品を残しています。

刃傷事件
京都留守居役ですので、京都に住んでいます。
早打ちが途中京都で小野寺のところに寄ってくれ
事件を知ります。

急いで赤穂へ

大石内蔵助の人柄を信頼し、以降はお家再興派として活動します。

討ち入りまで
討ち入りと決まり、江戸に行くので、妻、丹さんとは別居
耐えられません。

江戸へ行く道中も、通る場所場所で、和歌を詠む、丹さんに手紙

江戸にいる間も、何かっちゅうと和歌を詠んでは手紙。
奥さんもラブラブですので、頻繁に和歌を詠んでは手紙を返す。
全て残っていますので、当時の赤穂浪士たちの行動がつぶさに分かる貴重な資料となっています。

いやあ、こんな夫婦が世の中に存在するんですね
勉強になります。

討ち入り
裏門組で、吉田忠左衛門とともに、大石主税をサポート
ご近所が火事かと思って騒ぎ出すのを丁寧な挨拶をして止めます。
終わってからも、謝辞を丁寧に。

討ち入り後、細川家に預けられた間も、丹さんと和歌をやりとりしていた。
十内が切腹した後、初七日が終わるのを待ち、
京都のお寺で絶食して自害、夫の後を追った。

辞世の句
今ははや言の葉草もなかりけり何のためとて露結ぶらむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です