正月は旧芝離宮恩賜庭園で、ターポンスポポン

(1/3の事です)
正月と言えば鷹狩り
の続きです。

浜御殿から、旧芝離宮恩賜庭園へダッシュして
庭園ガイドに間に合ったところでしたね

お願いしまーす

離宮時代の洋館跡

ここに外国の要人とかをおもてなしする洋館がありました。
例えばアメリカ大統領のグラント将軍
浜御殿の中に延遼館というおもてなし施設がありまして、それが途中からこちらに移る

雪吊り
出ましたっ。冬の庭園と言えばこれに尽きます
旧芝離宮恩賜庭園では、3種類の雪吊りが見れます
まず、本来の雪吊り

兼六園式と言ったり、リンゴ吊りと言ったりします
縄の先を直接枝にくくりつけ、雪の重みで枝が折れることを防ぎます

北部式(右側)と南部式(左側)

雪国でない場合は、枝が折れるほどの雪は降らない
はっきり言うと雪吊りは必要ないんですが
冬の庭園には華やかさがないので、飾りましょうよ、という装飾用
北部式と南部式の違いは、東京都建設局の旧北部・旧南部公園緑地事務所のどちらが始めたやり方かだけ
下のところが違います

西湖堤(せいこづつみ)
日本庭園で江戸時代に爆発的に流行したのが西湖堤

中国に西湖というものすごい大きな湖があって、その中にある西湖堤を真似たんです

初めは小石川後楽園で、大評判になって我も我もと真似したんです
岩国の錦帯橋だって、西湖堤を真似たもの

灯篭
池の中のこの小さな灯篭

ちょっと不思議
普通、この形の灯篭は岬灯篭
でも池の端の先端じゃなく、池の中にある
ガイドさんも岬灯篭とは言わなかったので、気になって気になって
後で調べて謎が解けました

三潭印月(さんたんいんげつ)

これも、西湖にあります
それだと、池の中にあることも納得

要するに、池全体を西湖に見立てているという事でしょう。

大山

江戸時代に大流行の大山詣での大山

日本庭園の築山はみんな富士山に模しているのかと思いきや、少数派。
都立9庭園の中でも、清澄庭園くらいじゃないかな

頂上からの景色です。

枯れ滝
庭園に滝は欲しいけど、下町の庭園は土地の高低差がないから水を落とせない
ならば、滝に模して石組を作りましょう。
枯れ滝です

道のところが川(滝)に見えるでしょ
見えるってことにしてね
となるとこの石は鯉魚石(りぎょせき)

滝を登って龍になる鯉です。

ガイドさんは
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
ですと。
崇徳上皇です

潮入の池
海のすぐ横ですので、潮入の池というのを作れます
海水を引き入れ、干満の差を利用して、池の表情を変える。

とはいえ、旧芝離宮恩賜庭園に関して言えば、今は門を閉めちゃって、全部淡水
だから鯉も泳いでいます。
今、潮入の庭園は、お隣の浜御殿だけ

昔、潮入だったころの名残を楽しめます。

池の中に飛び石がありますが、干潮の時は中の島まで歩いて渡れます。
ぼやぼやしてると、満潮になって、明くる日まで中の島で過ごすことになります。

ここは、浜辺。大きくなったり小さくなったり

昔は開いていた門

他にも色々盛り沢山の60分でした

三番叟(さんばそう)
弓道場の方で、さんばそうがありますので良かったら

は? さんばそうって何ですか?

鼓(つづみ)でポンポンらしいですよ
13:15開始ですって。

うーん。14:00からの浜御殿の庭園ガイドを聞きたいからなあ
でも何だかめでたそう。
鼓ってこんなことでもなきゃ、聞く機会ないしね
場合によっちゃ、途中でこそっと抜け出そう。

とか言いながら、前から2番目に陣取っちゃいました。

結果として大正解

ずっと中心で演奏と進行をやっていただいた望月さんが
すごく楽しいおばさん

伝統芸能ですよ、心して聞きなさい、みたいな上から目線じゃなく
和楽器はもっと敷居の低いものだから、一緒に遊びましょう
そんなスタンスでのプログラムになっていた

演奏の後に
じゃあみんなで鼓の練習をしましょう
グッと紐を握ると高い音。左手をグーにしてね
紐を握る手を緩めると低い音。左手をパーにしてね
そこを右手で叩きますよ

はい
ターポン スポポン ターポン スポポン

出来た出来た。おもしろーい
ターポンスポポン ターポンスポポン

では曲に参りましょう

会場みんなで、ターポンスポポン ターポンスポポン
いよぉーっ ポンッ

翁千歳三番叟
雛鶴三番叟
越後獅子(動画はここの一部です)

ウォーキングしているとお馴染みの太田道灌の歌
七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき
にちなんだ詩吟、太田道灌
おおっ。テンション上がります。

次はずいずいずっころばし
これはゲームです
和楽器の演奏でみんなが歌う中
望月さんが会場を走り回り、一人一人にグータッチ
曲が止まったところの人に鈴をプレゼント

望月さん頑張る!
息も絶え絶え

えらいなあ、おそらく小鼓で名のある先生だろうに。

和楽器の演奏でみんなで「ふるさと」を合唱
♪うさぎ追いしかの山~
この歌胸にグッと込み上げるものがあります。

一月一日
♪年の始めのためしとて~
これは、座ったままで手振りと足踏みをやります
日本舞踊的な、手をこうやったりああやったり
ああ楽しい

時間が気になりましたが、ここで退席すると勿体ない

最後は三本締め
その前に、超ショートバージョンですが木遣(きやり)を教えてもらってみんなで木遣をやってから
すごくかっこ良かったんで覚えたかったんだけど、残念 録音忘れてた

エイヤー~ なんちゃらかんちゃらーっ
チャチャチャン チャチャチャン チャチャチャン チャン

めでたいーっ
大拍手

おーっと、14:00の13分前

14:00の浜御殿の庭園ガイドへ
ダーッシュ

浜御殿での続きは明日ね

おでかけマップ

正月は旧芝離宮恩賜庭園で、ターポンスポポン」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 行ったり来たりのお正月 | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です