[天皇]50 桓武天皇。平安時代のはじまりはじまり。

天皇シリーズ、いよいよ平安時代に入ります

桓武天皇

光仁天皇は皇后井上内親脳王との息子、他戸(おさべ)親王が皇太子だったのに、失脚
となると、次の皇太子は?

他にもいる奥さんとの子供のうち、山部王(桓武天皇)におはちが回ってきた。
桓武天皇のお母さんは、高野新笠(たかのにいかさ)

以前、朝鮮半島は百済(くだら)の国が滅びた時
百済の王が日本に逃れてきて、大和朝廷がかくまい
捲土重来をバックアップしようとした事があります

その王家の子孫が、高野新笠なんです。
ということは、百済王家と、日本の王家と
両方の王家の血を引いているのが桓武天皇ということになります。

皇太子は早良(さわら)親王

桓武天皇は、天武天皇系から天智天皇に移ったので
イメージも一新したいと考えた。

70年余りも続いた仏都平城京
この頃になると寺院は腐敗してしまっていた。

その寺院を断ちきる意味でも、遷都だ!

藤原種継の助言に基づき、山背国乙訓郡長岡村に決定
長岡京です。

ところが、長岡京建設で頑張った、藤原種継が
突然暗闇から発せられた矢によって、一命を落とす。

一体誰がやったんだ

犯人探しでとらえたものの中に
その事件ではなく、違う計画の自白をするものがいた

実は、桓武天皇を廃して、早良皇太子を立てようとする動きがありましてね

何だとっ

急いで早良皇太子を呼んだ

知りません
私は無実です。
信じてください。

いくら言っても信じてもらえない皇太子は
ついに食を拒み
淡路国に流される途中の淀川辺りで命を絶ってしまった。

代わりに安殿(あて)親王が皇太子になった。

このあと、悪いことばかりが続く
桓武天皇の身近な人が次々に亡くなる
お母さんの高野新笠も

5月には日照り続きで早害になるし
秋以降には疫病が都を襲った。

そして、安殿皇太子が病気になった。
なかなか回復しない。

ひょっとして
早良親王の祟り?

恐ろしくて、いてもたってもいられない。

宇佐八幡神託事件のあの和気清麻呂が進言した

この長岡京は亡霊にとりつかれています。
再度遷都しましょう。

えっ
今まで10年かかっている
全て無に帰すのか
安殿皇太子の命はどうする

悩む暇はなかった
造営工事は急ピッチで進み
794年10年、新京に移り、遷都の詔を出す

鳴くよウグイス平安京
桓武天皇の切なる願いが新京の名前になった

とてもとても長い、平安時代の始まりです。
平安時代はとても長いから、とても一様ではありません。
まずは、仁明天皇くらいまででしょうか

桓武天皇の2大プロジェクト
造都と、もうひとつは征夷です。

平安遷都の詔が出されたまさにその日、
征夷大将軍大伴弟麻呂(おとまろ)が東北蝦夷の制圧を上奏した

臣籍降下
桓武天皇はとても頑張り屋さん
子供をこれでもかといっぱい作ります。
もちろん男の子全員が天皇になれるわけではありません。

余っちゃったむすこたちをどうしようか

臣籍降下と言うんですが
皇族に姓が無いのに対して、姓を与えて
民間に行ってね。

桓武天皇の時には、平という姓を与えています。
一般的に、桓武平氏と呼んでいます。

平安時代は390年という長さで
末期は武士の世の中になるわけですが
実に、最初から、
そのこの時の平氏が平将門や平清盛に繋がっていくんです。

[天皇]シリーズはこちら(少し下げてね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です