トキワ荘マンガミュージアムに行って来ました。

(10/3(土)の事です)
長女に届けものがあって、届けました。

明日よろしくね

そのあと、今度は次女に届けもの
結婚式前日は何かと忙しい

せっかく豊島区に来た訳ですから
豊島区でまだ行っていないウォーキング

豊島長崎の富士塚
富士塚を追いかけています。
東京近郊に富士塚は数々あれど
重要文化財になっている富士塚は3つだけ
下谷の小野照崎神社にある坂本富士
江古田の江古田浅間神社の江古田富士
この二つは行ったことがあります。

そして残ったのが、豊島長崎の富士塚です。

これが、長女の新居から、車ですぐのところにあります。
行きましょう。

重要文化財になってしまうと、保護が優先されますので、そうそう登れなくなります。
ここも残念ながら、入口が閉まっていました。
分かってきていますから大丈夫。
7/1の山開きの日しか登れません。富士山の山開きの日に合わせています。
ただ、7/1って休日じゃない年の方が多いので、一旦は外からでも見ておかないといけない訳です。

単に富士塚と言っても、それぞれ雰囲気が違うものです。
ここの富士塚は間あいだに、植栽がなされています。
きれいな富士塚と言えるでしょう。

トキワ荘マンガミュージアム
かなり話題になりました。
オープンしたてです。
コロナでオープン日程がずいぶんずれてしまった。

あれ?

休館中とな?

おしいっ。ちょっと前から。
さてはまたコロナ?

結論的に言うと、コロナではなく、展示物の入れ換えのための休館だそうです。

せっかく来たのに残念!と思いつつ公園内をうろちょろしていましたら
地元の人が二人連れで自転車で通りかかりました。

ここに出来たのよ

へえ。ここにねえ

でも、今は予約しないと入れないんだけどね。

げげっ。
何だ。閉館中でなくても結局入れなかったということか。
良かった良かった。残念がる必要が無かったのね。

今日は、次回予約して来るときのための外観の下見と行きましょう。



トイレがやたらにかっこいい

こうなったからには、トキワ荘の事をある程度予習してから来ることにしましょう。
より楽しめるはずです。

そのつもりでもう一回、入口の看板を見ると
「記念碑、トキワ荘のヒーローたち」がありました。


■手塚治
♪チャンチャーン チャラララーン チャンチャーン チャララ ランランランラン
 空をこえて ラララ 星のかなた
 行くぞ アトム ジェットのかぎり

最初白黒だったけど、途中からカラーになった記憶が。
独特の声と、ピョコンピョコンと歩く声を今も思い出します。

手塚作品、どれも名作ですが
みなさん何が好きですか
私は「どろろ」

友達に絶対面白いから読んでみ、と勧められて読んだ
面白かったなあ

■藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)
♪あのネ Q太郎はね
 頭に毛が三本しかないんだよ

大事にしてたなあ
雑誌に付いてきた、オバQ音頭のソノシート
♪オバQ音頭で キュッキュッキュ

でも私は世代的には、どちらかというと、パーマン
♪パーマン二号も忘れるな~

今の人は圧倒的に「ドラえもん」の藤子・F・不二雄なんでしょうね
私は「ドラえもん」にはまったのは、大学の時かな
東京に出てきて、下宿先にドラえもんの漫画が揃っていて、ちょこっと読むつもりが
面白いのなんの
けっこう泣かせる話が、ちょこっと散りばめられているのよね。

解説を見ると、手塚治と藤子不二雄Aは同じ部屋
手塚治が、トキワ荘を出るにあたって、金に困っている藤子不二雄に
敷金そのままにしておくから、このあとに入りなよ、と勧めた

すごいですよね
同居ではないにしても、同じ部屋からアトムとオバQとパーマンとドラえもんが出た訳です。

■赤塚不二夫
手塚治と藤子不二雄Aその横に藤子・F・不二雄
そしてその横が、赤塚不二夫です。

日本アバウト党をやってます私としては、神のように崇めているのが、赤塚不二夫
天才バカボン。腹を抱えて大笑いした。

これでいいのだ

バカボンのパパのこの一言は
日本アバウト党の教義であり、哲学であり、宗教だと言って良い

究極の幸せの決め台詞
学校の教科書として採用すべきだとすら思います。

■石ノ森章太郎
赤塚不二夫の隣で一番端が石ノ森章太郎
かっこよかったなあ。サイボーグ009

でもやっぱり仮面ライダー
いまだにずっと続いてますもんね

手塚治は別格として、石ノ森章太郎が一番最初に頭角を表した。
石ノ森章太郎のアシスタントを赤塚不二夫がやってたというんだからビックリ
永井豪もアシスタントしてたんだって。

このあと、この界隈を歩きます。
続きは明日ね

[お出かけ]シリーズはこちら(少し下げてね)

トキワ荘マンガミュージアムに行って来ました。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: トキワ荘通りから | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です