黒目川上流をウォーキングしたよ。続き

昨日、黒目川上流をウォーキングした話をしました。
今日はその続き
黒目川としての終点から

さいかち窪
最後、新青梅街道に出ます

川としてはここまでなんですが
この先に面白いものがあります

新青梅街道をわたると小平霊園
超巨大な墓地です。
住所的には東村山市なのか小平市なのか

その真ん中に近い一角が
まるうく、開発されていない林
かつて、さいかちの巨木がいっぱい生えていた窪地
不思議にここだけが東久留米市なんです。
20161230_131756
ここから、かつては湧き水があり、黒目川が始まる
今は、単なる窪まった林

と思いきや
ネットを見ると
2015/9月の投稿
去年ですね

2008年、2004年、1997年、1991年に湧水しています。
そして今年の9月中旬、7年ぶりに湧水が出たとの情報を得て現地へ向かいました

すごい
湖のように、水だらけ
続く、さいかちの道の横の川もかなりの水量です。

さいかち窪、ついに幻の湧水が出る

また、いつ何時どうなるかも分かりませんね
フレーフレー、ワキミズ!

ここからが問題
前回、娘とのデートで来たのはここまで
さあ、ここからが問題
ウォーキングイベントのコースとしてどう組むか

西武鉄道さんのプランでは、萩山駅からとなっている
逆向きに来ているわけだけど、
地図を見ると、小平駅の方が良い気がする

角上魚類
でも、その前に
ここまで来ると、魚屋さんに寄らないわけにはいかないでしょう

ブログで2回紹介した、大好きな魚屋さん
わが家では、角上魚類の事を、魚屋さんと呼んでいます。

角上魚類を知っている人なら、どうってことないのかも知れませんが
初めてここにきたときはホントにビックリした。
ぜひ、ウォーキングのみんなにここでビックリしていただきたい
良ければ、魚も買うと楽しい

そこそこの大きさのスーパーなんだけど
何と全てが魚売り場
魚だけを扱っているスーパー

いつ行っても大混雑
回転がものすごい

あれ、さっきあそこのコーナーにドサッとおかれていた魚
もうほとんどないじゃん
そんな感じ

見たことも聞いたことも無いような魚が色々置いてある
調理方法は分からないので店員さんに聞くと
店員さんは魚のプロばっかりしかいないので
まあ、丁寧に説明してくれる

お昼
イベントとして組むとしてむちゃくちゃ困ったのがお昼
黒目川沿いには、食べ物屋は完璧に一軒もない

新青梅街道に出るとあるのが
サイゼリアとガスト
イベントの昼食の予約を入れるとき出来れば
チェーン店は避けたいなと思っている
せっかくみんなで会って楽しく食事する訳だから

でも、なければチェーン店でも仕方ないけど
それにしても、サイゼリアかガストって
せめて藍屋とかとんでんとか、デニーズジョナサンならばね

せっかく、角上魚類に行くんなら
各々そこで売っている握り寿司パックだの海鮮丼パックだのを買って
どっかでみんなで食べようという趣向を考えた

ここから、迷走が始まります。
その「どっか」がない
川沿いは林なので座るところがない

頑張って歩き回って公園を探す
こんなにないか
見事にない
疲れた

一旦考えるのをやめよう

小平駅に向かおう

小平霊園
再度、小平霊園へ戻る

小平駅は小平霊園を突っ切った先
中央の参道は素晴らしかった

それにしても広い
いくら歩いても、まだかいな

途中ベンチを見つけては
ここで、弁当食べられるかな

墓のすぐ横で弁当というのもなんなのでね
なかなか難しいです

小平駅
ああ、おなかすいた
公園探しで右往左往したのでほとほと疲れました
ラーメン屋で食事休憩

さあ、どう帰ろうか
小平は西武新宿線
自分の最寄りの駅の清瀬は西武池袋線
ぐるっと回らないと帰れません
バスはあるかな
清瀬とか、東久留米行きのバスがありませんでした。

隣の駅の花小金井駅まで行くとあるんだけどな

グリーンロード
ええいっ。
歩いちゃえ
一駅だけ電車に乗って、バスに乗り換えてというのも
なんだかわからんけど悔しい気がする

その間は、何度か歩いている小平グリーンロードという
とても良い遊歩道がある

花小金井まで31分
そんなにないでしょ
こっちは速歩ができまんねん

はいはい、あったあったここ
一つ一つ覚えています

でも
あれっ
思ったよりあるなあ

疲れているからかも

たった、一駅と思ったんだけど
結構疲れました

バス停ーっ

帰ったら、ちょっと寝よう

どこ行こう、そうだ!おでかけマップ

黒目川上流をウォーキングしたよ。続き」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: お出掛けマップ | でーこんのあちこちコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です