[名僧]役小角は超能力者

名僧シリーズ

役小角(えんのおづの)
飛鳥時代です。
名僧シリーズというには、僧と言いづらい人です。ごめんなさい。
役小角(えんのおづの)は正式の手続きで出家した官僧ではありません。
優婆塞(うばそく)というんですが、もとは在家の仏教信者です。

仏教と言えますが
位置付けとしては、日本独自の宗教をこの人が作ったという方が近いでしょうね
修験道、という宗教

白い服着て、山の中でほら貝吹いている、山伏。
あれです。
とっても、細々なんですが、絶えることなくずうっと後の世まで続いていって
江戸時代に、急に大きく花開くといういきさつは、こっちを読んでね
富士講。なぜ日の出を背にして拝むのか

実在はしたようですが、なにせ飛鳥時代。
伝わることはほぼ、お話の世界。

役小角は超能力者
職業的には、呪術師

怪しげですね。

困り事があると、なんとかしてと呼ばれます。
要請を受けると、呪術を施します。
すると、あら不思議。
病気もたちどころに治ってしまいます。

超能力者ですから、色んな事が出来るんでしょうが
鬼神を自在に操ってしまいます。

ある時、ここに橋をかけてほしいとの要請を受けます。

おやすい御用で

鬼神たちに声をかけて

橋よ橋。分かる?
木切ってきて、ここで工事してね

やる事は結構地道です

ところが、一言主(ひとことぬし)という神様は
顔がとっても醜い。

恥ずかしいよぉ

昼間は工事せず、夜だけ行動

こらあ
役小角は怒鳴り付けます。

頭に来た一言主は、天皇陛下に告げ口します。

あの人とっても怪しげですけど。

政治も医療も怪しげな事ばかりで成り立っている時代なのに
びっくりするような法律があります。

「怪しげなことをしてはいけません」

法律違反です。

一言主さん、あなたも怪しげですけど。

伊豆に流罪

最初は逃げ回っていましたが
母親を人質にとられたので、素直に出頭。

流罪となったことで、かえって人々の評判を集めます。
よほどすごいらしい。

当の本人、全然大丈夫です。
昼間は伊豆にいて
夜は富士山に行って修行

さすがは超能力者ですね
屁の河童

修験道自体は、それ以降細々ではありますが
平安時代初頭には天台・真言の密教的側面が広まると
呪術は「怪しげ」でもなくなっていくのです。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


甘夏みかん

花カレンダー始めました

[名僧]聖徳太子

新しいシリーズを始めます

仏像の見分け方シリーズで、仏様の観点で仏教を見てきました。

今度はお坊さんの観点から見ていくとどうなるかな

一旦、日本の仏教に限定しようと思います。

でーこん流坊主めくりというところでしょうか。

いくつか仏教の本は読んでいますので
例によってぐちゃぐちゃっとでーこん的にいきましょう。

最初は聖徳太子

名僧シリーズにしたいので、最初のタイトルが[名僧]聖徳太子、になっちゃいました。
僧ではありませんね
はいそうですけど
歴史を追っていく観点で言うと、初期の日本の仏教でこの人抜きには語れないので
ちょっとご勘弁

聖徳太子
日本に仏教が伝来したときの天皇は欽明(きんめい)天皇

こんなん来たけど、みんなどう思う?

物部氏(もののべし)は
日本には立派な神道というものがありますので
そんなの邪魔です。

蘇我氏(そがし)は
私は良いと思うなあ
要は内容次第じゃないですか?

それじゃあ、仏教のいろんなものを
蘇我さんに預けるから
研究してみてよ

はーい

面白くないのは物部氏

欽明天皇の次の用明(ようめい)天皇の代になりました。
用明天皇は聖徳太子のお父さんね
在位は短く、天然痘で死んじゃうんですが
それまで立場をはっきりしていなかったんですが
死の床で
仏教にすがりたいなあと行っちゃった。

勢い付いたのが蘇我氏
反物部氏で連合軍を結成し
一気に物部氏を滅ぼしてしまおうと戦争を起こします。

聖徳太子は
2歳のとき、お母さんに抱かれた聖徳太子が
「南無仏」と2回称えて、合掌
ってくらいだから仏教マニア
蘇我氏の親戚でもあるので、蘇我氏側

物部氏は元々戦争が得意なので
一筋縄ではいきません。

連合軍って言ったって寄せ集め
仏教うんぬん言っているけど
結局は単なる主導権争いなんじゃないの?
とみんなが疑問を持ち始めたとき

当時14歳だった聖徳太子
木でささっと仏像めいたものを作り

四天王よ、我に力を与えたまえ
この戦いに勝ったあかつきには
四天王寺を建立することにいたしますので何卒

みんなが、そうそう仏教だったと思い直し見事勝利
若くして人心掌握術に長けていたということです。

約束通り、四天王寺を建てました。

ちゃんと守るのね、と
人気が高まり
みんなの気持ちは、蘇我氏より聖徳太子に向いていくのでした。

四天王寺
四天王寺と言えば、面白いものがあります。

寛弘4(1004)年、聖徳太子没後、400年ほど経って
『四天王寺縁起』と呼ばれるものが見つかった。

なんと、聖徳太子の直筆で、手形まで押されていた。

内容がまた、衝撃的。

この四天王寺のある場所は、かつて釈迦が説法をして人びとの迷いを解いた地である。
だから私は、四天王寺を建立したのである。
この寺の金堂と塔は、極楽浄土の東門の中心にあたる。

金堂に安置されている救世観音像は、私が死んだ後、
百済の王が私を恋慕してつくった像である。

私は物部守屋を倒したが、その後もずっとあいつは転生をくり返し、
私につきまとい、仏教を興隆しようというときに、必ずそれを邪魔するであろう

はぁ?
笑えますね
聖徳太子直筆の書にして
「私が死んだあと」ってあなた

もちろん、偽物に決まってますが
これが発見されてからというもの
聖徳太子人気が大沸騰

四天王寺は極楽浄土の東門なのか
ここにお参りしたら極楽浄土に行ったも同然
聖徳太子おん自らそう言っているんだから間違いない
と、四天王寺も大人気

予言書もあって
いついつ戦争が起きるであろう
聖徳太子が生きていた時に、
そんな事まで分かっていたのか!

これもぴったり当たっていたから
みんな信じちゃった

あとから書いたら絶対当たりますけど

法隆寺
聖徳太子と言えばもうひとつ、法隆寺

聖徳太子が作ったと言うことになっています。

聖徳太子の死後、慕う人達が
救世観音像を聖徳太子の背格好と全く一緒に作った。

ところが、何を思ったか
白い布でぐるぐる巻

何度か、ほどこうと試みた人がいるんだけど
その都度不吉なことが起き、そのままに

とうとう明治10年になっちゃった

苦労して、長い布を取り除くと
まだ金箔の残る木像が現れた。
千数百年の時を経て、このような保存状態を保っているのは奇跡に近い

聖徳太子が守ってくれたんだね

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)


カントウカンアオイ

花カレンダー始めました

[巫女さん入門] 絵馬について

巫女さん入門シリーズです。

絵馬って良く見ますね。

神馬
昔は、神社に馬を奉納したんですね。
馬は神様の乗り物だからです。
神馬(しんめ)と言います。

どこだったか覚えていないんですが
ウォーキングしていて、実際に神社に神馬がいてビックリしたことがあります。

テレビで見ましたが
伊勢神宮にも神馬がいました。

なかなか、馬を奉納するのは難しく
馬の木彫りを奉納するようになります。
これは、何度か神社で見ました。

それもちょっと大変ね
ってことで絵馬になるわけです。

遺跡からも出土していて
奈良時代から既に絵馬はあったようです。

絵馬は省略された結果ではありますが
ここで終わりじゃないんですね。

クイズです。

絵馬に書かれたデザインは何でしょう

あまりにも簡単ですね。

馬に決まっているでしょう

うーん
半分正解

最初は馬の奉納だったから
お金持ちだけだったけど

絵で良いとなると、ぐぐぐーんとハードル下がります。

僕も願い事しようかな
私もね

馬の絵書いたら
うっそー、何それ、犬?

うるさいわ
確かに絵心はございません。
さらに字も書けないし。

目の病気治して欲しいから
目の絵、書いちゃえ
これだと神様もすぐに分かるよね

おー、グッドアイデア

目だの足だの、好きな女の子だの

一方でお金持ち
差別化をはかりませんとね。

名のある画家に綺麗な絵を書いてもらったり
どんどん大型化していったり

そうなると、神社だって
これは、ほら、あの巨匠が書いてくれた絵
集客にも繋がるわけで
絵馬を飾るための、特別な絵馬堂とか絵馬殿とかも作っちゃったり。

また、神社も差別化を図ろうと、馬以外の動物を書いたりします。
その神社の祀っている神様の使いの動物っていうのが多いかな
ねずみとか、鳩とか
ねっ可愛いでしょ。

前、お話しした毘沙門天だと、使いはムカデ。
可愛くはないか

江戸時代になってくると、和算の時にお話しした
数学の問題を書いた絵馬なんてのも人気をはくします。

神社は庶民のコミュニケーションの場であり
能楽堂は歌や踊りの
絵馬は、絵や書や和歌や数学などの作品の、発表の手段にもなったんですね。

不思議です。
今、絵馬って、願い事を書いて奉納する元々の形ばっかり

出版や映像や、今ならインターネットやユーチューブが発達してくると
絵馬って、機能がしゅるしゅるしゅるって元のまで縮小しちゃったのかな

願い事
神社にいくとついつい他の人の願い事をチラ見しちゃいます。
特に、たどたどしい字で書いた小さな子供の願い事。

それで思い出したんだけど
善福寺公園に行ったとき
野外アートフェスティバルみたいなのを公園でやっていたのね

絵馬って家みたいな形しているから
みんなに協力してもらって家に関わる何かを書いてもらい
いっぱい吊るす、というアートもありました。

そこで、思わず吹き出したのがこれ

索引はこちら
[巫女さん入門]シリーズはこちら

[巫女さん入門] 五色布って何?

巫女さん入門シリーズです。

五色布
暦のところでお話しましたが
昔の人は、お日様、お月様、お星様に特別な思いを抱き、神を感じました。
その中の星で言うと、多くの星の動きとは違う動きをする五つの星を見つけます。
迷っているのかなということで惑星。
「木・火・土・金・水」です。

世の中は全てこの5つで成り立っています。
さらに、それぞれが陰と陽に掛け算されて10個

良かった
古今東西、人間は指が10本なのでどうやったって10進数

うまく合いました。
陰陽五行説と言います。

一方で、世の中のいろんな現象は半分の半分
4というのもおさまりが良い
春夏秋冬
東西南北
朝、昼、夕方、深夜

例えば色で言うと
一番明るい白、
一番暗い黒、
明度ってやつです。
色相の内の一番代表的な二つ
一番赤っぽい赤と
一番青っぽい青

大昔は、色の名前はこの4つしか無かった
名字で色は黒白赤青だけ
という話もしましたね

この四つの色が東西南北と結びつきます。
東=青、南=赤、西=白、北=黒
これが発展して、四神になります。
「東=青龍」「南=朱雀」「西=白虎」「北=玄武(亀)」
四つの神様が4つの方向を守ってくれています。

五つ
待て待て待ていっ

5で話が始まったのに
いつの間にか4かいっ

割って入ったのが黄色

もうひとつ足しましょうよ
5にしましょうよ

黄色は黄色でプライドを持っています。

色の三原色は赤と青と、そして黄色

ねえねえ、中央というのが余ってません?

ええこと言う

一番良いとこ取りました。
中央は黄色

ちなみにわが母校中央大学のカラーは赤と白
関係無かったですね。失礼しました。

さあ、五行
「木火土金水」を色で表すと「青赤黄白黒」

火は赤。良いね
木は緑だから青ね
そうそう、言うの忘れていました。
昔は、緑と青は一緒です。
あとの三つがねえ
まあ、文句言うのはやめときましょう。

五色布
いよいよ五色布

五色布の場合、黒は紫で表して
青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)になります。

仏教でも一緒ね
よく五色幕がかかっています

陰陽五行説は神道も仏教もどちらものもとになっている訳ですね

索引はこちら
[巫女さん入門]シリーズはこちら(少し下げてね)