士農工商ってほんと?

福の神、貧乏神、という本を読みました。

七福神ファンですから。

七福神巡りは何度もやっていますが、
お寺に祀られていたり、神社に祀られていたり様々

一つの答えは、神仏習合で、神道も仏教もいっしょくただから。
この辺の話は、いつか数回に分けてじっくり話したいと思っています。

もうひとつは、神道だの仏教だのにとらわれない、民間信仰だから。

草の根的な自然に沸き起こってくる信仰。

名僧シリーズでやっているような、えらい人は誰一人からまない。
とても不思議。
庚申塔や富士塚や小さなお地蔵さんや。
ウォーキングをやっていると気になることだらけ。

この本を読み進めていくと、とても興味深いことが書いてある。

七福神の広まり
七福神が広まった一つの要因は、広めた人がいるから

大黒さん、恵比寿さん、毘沙門天あたりで顕著なんだけど
例えば、大黒さんなら大黒舞みたいなのがあって大黒さんの格好をしたり
恵比寿さんの人形を持ったりして
めでたい口上を言って家々を回る。
正月だと、門付けといって、
獅子舞みたいな感じで、家々を回ると
いくばくかのお金をもらえる。

ただ、それが成り立つのは、正月のようなごく限られた日だけ
また来たってことになるから
地方を回って、それで広がっていくということになる。

とはいえ、それだけで生計がたつとも考えがたく
おそらく本業が別にある

どういう人達かなんだけど
この本によると、いわゆる被差別層の人達。

信仰や宗教って、穢れ(けがれ)と実は表裏一体。
穢れの代表格は死
でも、葬式は仏教寺院の主要な収入源になっている。

死体を片付けるというような、誰もが忌み嫌うような仕事は
被差別層の人達が担当しているけど
実は、信仰的な事と、極めて近い距離にいたことになり
そのままの自然な流れで、民間信仰の中心的な役割を担うようになっていったのだと。

驚きました。
ただ、理不尽な扱いを受け続けていたと思っていたのに
ありがたや、と手を合わせてもらえる対象の一役も担っていたことになる。

頭の中が大混乱です。

改めて疑問が沸いて来ます。
士農工商って何だろう

士農工商
江戸時代が好きで、ずいぶん本も読んだけど
読めば読むほど一つの疑問が沸いて来ます。

士農工商ってほんと?

教科書で習った江戸時代の、基本中の基本のキーワード
士農工商という身分制度があったと習いました。

でも、どの本を読んでも、士農工商について書いていない。

こんなに出てこないのはやっぱりおかしい。
士農工商って身分制度は、本当はなかったんじゃないのか。

考えてみれば、士農工商は矛盾がありすぎる。

漁業や林業はどれよ
朝廷や、お公家さんたちはどうなるの?
大人気の相撲取りや歌舞伎役者や落語家等の
江戸を象徴する人達は、商、なの?工、なの?

一番の疑問は
江戸の中で15%の敷地面積を占めていた、神社仏閣
僧侶や神職が入っていないのは、おかしすぎる。

出家というのは、俗人ではなくなるという意味だから
枠組みのどこにも入らないって事かも知れません。
天海をはじめとして、かなり社会の根幹的なところを担いましたので
やっぱり納得がいきません。

昨日書いた一遍の時衆たち
かなり、被差別層の人達の割合が大きい。

一遍自身だって、乞食僧だから、アウトロー

七福神でいうと、私が一番好きな、布袋さんは、乞食僧です。

そういう人が神様になっちゃう。

例えば、仙台で超有名な福の神、仙台四郎って知恵遅れです。

恵比寿さんだって、元々は立てない未熟児の蛭子命(ひるこのみこと)が元になっているし
そもそも、夷(えびす)や戎(えびす)って外国人を見下した差別用語です。

結局、「関係ない」んじゃないだろうか

庶民の文化を見ていくにつれ
武士たちを支配者、自分達は被支配者なんて感覚はどうにも見てとれない
ほぼ対等にとらえているし、
ともすれば、小馬鹿にしていたりする。

頼りにしているのは、武士達や立派なおエライさんじゃなく
弱いものの立場に立ってくれる人を神としてあがめ
そんな、身近な神様を
たのんまっせ、と頼りにしている。

これこそが、日本の誇るべき、八百万の神なんじゃないだろうか。

索引はこちら
[江戸の文化]シリーズはこちら(少し下げてね)

一遍。乞食だって、楽しけりゃ良いじゃない

名僧シリーズです。
この人はなぜこんなに魅力的なんだろう。

一遍
法然、親鸞の流れをくむ一遍
南無阿弥陀仏の念仏で極楽浄土にというのは、一緒なんだけど
アプローチが全く違っていた。

法然や親鸞が画期的新薬を開発した学者なら
一遍は臨床医

とてつもない人数の人たちに実際に会って、救っていった人。

出家
一遍の一族は、元々で言うと武士なんだけど
承久の乱に参加し負けた側
辛うじて流罪は免れたが、ほぼ罪人扱い。
親は、一遍も連れて、逃れるように出家

一遍は、聡明な子供だったので
めきめきと頭角を表す。

元は天台宗だったんだけど、
世の中の大きな流れが、法然の浄土宗に向かっており、
一遍も浄土宗へとシフトしていく。
ただ、この頃には、法然のただ念仏を唱えようという派閥と
お経を学問的に学ぶことを重視する派閥に分かれていた。

ただ念仏、学問
君はどっちが良い?

はい、学問でお願いします。

面白いです。
後の一遍からすると、全く逆の方から始まるんですね。

そのまま進めば、人生は違った方向に行ったでしょうが
運命のいたずらと言うのでしょうか
一族のゴタゴタは悪い方向に向かい
出家さえ許されなくなります。

無理矢理還俗、俗人に戻ります。
そこで、結婚もし、妻子を持ちます。
ただ、幸せな家族生活とはほど遠く
父親が亡くなったあとは、一族のゴタゴタは泥沼化。
殺されそうになって、故郷を捨てる決意をします。

どうせ故郷を捨てるなら、出家の道に進みたい。
ただ、元の寺院が、はいまたどうぞと言ってくれる状況にはなかった。

妻子を連れて、流浪の遊行の旅に出ます。

ただ、ほどなくして、妻子とも分かれることになります。
その時の理由や状況は語られていないんですが
想像するに
単純に妻子を養えなくなったという事じゃないでしょうか。

たった一人になり、乞食僧となります。
施しを受けながら各地を回る。

ただ、そんな中でも信じる道は見えていたんです。
南無阿弥陀仏、念仏です。
四天王寺、高野山、善光寺等、仏教の聖地を巡りながら
考えを強めていきます。

南無阿弥陀仏と書かれたお札を皆に配ってはどうだろう

やってみました。

熊野神社の近くで、ある僧がいました。

南無阿弥陀仏の念仏のお札です。
どうぞ。

要らないです。
私は、浄土の考え方は信じていません。

押し問答になりました。
そして

まあ、信じなくても良いから、とにかく受け取ってよ
と無理矢理渡します。

私は何をしているんだろう
落ち込む一遍

そんなとき、ある山伏が声をかけてきます。

どうかされましたか

いや、実は

それはおかしいですね。
阿弥陀如来は全ての人を救うと約束されている筈。
では、信じるとか、信じないとか、関係無いじゃありませんか。
何にこだわっておられるのですか
こだわっておられる何かが有るのなら
そんなものは捨てておしまいなさい。

打ちのめされました。
そして、本当の一遍が始まった瞬間です。
捨てる一遍の始まりです。

信じる心
成仏しようとする心
極楽浄土に行きたいと願う心

浄土宗の拠り所、仏教の拠り所であった筈のものすら
全て捨てる。
ただ念仏を唱える
極楽浄土に行きたいからじゃなく
ただ念仏を唱える
仏と一体になる実感
それを楽しむ
嬉しい、ありがとう
ありがとうとまた、念仏を唱える。

手書きでは間に合わない
少しでも多くの人にお札を渡したいから
南無阿弥陀仏と木に彫って、刷って大量生産。

ただひたすらに手渡す。
これで極楽浄土に行けますとすら言わない。

ただ嬉しそうに渡すから
何だろうこれ、あの乞食僧やたら楽しそう。
これを持っていると、きっと良いことがあるに違いない。

そうしていると、自分達も手伝いたいという人が出てくる
そして、一緒に旅をしたいと。

恵まれていない人達。
難しい事は分からない
でも、そこにはきっと良いことがある
今のどん底の生活よりは、きっと良いに違いない。

乞食僧が集団になった。

ある日、気分が高揚した一遍が茶碗を箸で叩いた。

一人がその節で南無阿弥陀仏を唱え出した。
また一人は、体が自然に動き出した。
踊り念仏の始まりです。

奇妙です。
はた目に怖いかも知れません。
でも、それがどうだと言うのでしょう。

ある高僧が異を唱えました。
成仏というのは心静かにして行うものだ。
君たちのやっていることは邪道だ

ああ、そうなんですか
踊ってみたら分かりますよ。

私がお救いしましょうなんて気持ちは微塵もない
出来るだけ多くの人に会いたかった。
それだけじゃないだろうか

晩年故郷の伊予に帰る。
そして、もうこれでおしまいというとき
大切にしていたお経を全て焼いた。

残ったのは、ただ一つ
南無阿弥陀仏のみ

そう言ってにこやかに生涯を閉じた。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

浄土真宗の私なりの解釈

親鸞について2回に渡って書いてきました
親鸞がぶち破ったもの
親鸞は自虐ネタ

法然の浄土宗と親鸞の浄土真宗
どう違うんだろう
今、仏教の13宗派の中で、信者が一番多いのは、浄土真宗
どういう宗派の考え方なのか、とても気になります。
2回の親鸞の中で、また、法然の中でも書いてきましたが
今回、再度頭の整理の意味合いで
でーこんとしての解釈をしてみたいと思います。

救う
悟りの宗教だったはずの仏教を、救いの宗教に、その根本的な部分を変えてしまったと書きました。

キリスト教なんかでも、救う救われる、って言葉を使います。
なんか違和感あるなあと思っていました。
そのものぴったりの訳語がなかったのかな、と思います。

溺れている人を救う、というのともちょっとニュアンスが違うんじゃないかと。

頑張ることをやめて、楽になる
救う、は、楽になる

でーこん的解釈をすると、そういうことなんじゃないかと思います。

大きく変えたのは、自力本願から他力本願へ
この他力本願、という言葉も、現代ではあまり良い場面では使われません。

おいおい、そんな他力本願じゃなくって自分でもっと頑張れよ、みたいに。

他力って、自力の反対概念でしかないという気がします。
本来の他力って、阿弥陀様の力により救っていただこう、ってことだけど
そう言っちゃうとなんだか引っ掛かる

阿弥陀様の力により救っていただけると言っているのは
根拠として3つのお経があったから
仏説無量寿経(ぶっせつむりょうじゅきょう)、仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)、仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)

阿弥陀様が、
菩薩から如来になりたいと思います。
(如来は悟りを拓ききった人)
その為に誓いをたてましょう
南無阿弥陀仏と言っていただいた人は全て、極楽浄土にお連れします。
もし、この誓いが実践できなかったら、如来にならなくて結構です。

今も阿弥陀如来は如来だから、実践出来ているということ
頑張って修行しなくても、南無阿弥陀仏と言えば大丈夫です
というのが理論的根拠

不思議です。
引っ掛かります。

お釈迦様ではないんです。
仏教なのに、お釈迦様はどうしちゃったの?と思いますね
お釈迦様は、実在の人物だけど
実は、阿弥陀如来は実在の人物ではなく架空の人物。
史実ではなく、物語
極楽浄土という名の天国も架空のもの

3つのお経は、前に「仏説」と書いてあって
お釈迦様がおっしゃった事、という意味なんだけど
お釈迦様は、私が言ったことは文字として残すんじゃなく
口から口へと伝えていくように、と言い残して亡くなっている

内々では、忘れないように一応書いておこうか
と、備忘録的なものだけ。
釈迦入滅後、500年ぐらいたった頃から
やっぱり、ちゃんと書く事にしようよ
と言って出来上がったのがお経。
さっきの3つのお経に限らず
大乗仏教のお経と言われるものはことごとく、仏説と書いてあるんだけど
500年もたっていて、自信がないところを悟られないように、という趣旨。

何だよそんな怪しいもんなの?
って事になりそうだけど
要は内容なんじゃないかと思う。

ノアの箱舟なんて、フィクションの塊ですよね。

仏教って、釈迦自身が、私を唯一絶対のものと考えるな、と言っているのが良いところ。
おもちゃのレゴみたいなもんじゃないでしょうか
素材は提供しますよ。後は自分達で自由に形作ってね

むしろ、フィクションだととらわれるものがないから自由に発想できる
事実だと、それ以上にもそれ以下にもなりません。

真言宗なんかは、釈迦如来より大日如来だったりします。

浄土真宗は浄土宗をさらに進めて
お経にあったはずの、「南無阿弥陀仏と言ってくれさえすれば」すら不要にしちゃいます。
とても自由な発想です。
そもそも、極楽浄土に行ける
「南無阿弥陀仏」は感謝の言葉として口にする。

じゃあ、浄土真宗(浄土宗)の内容って何だろうとなると
楽になりましょう、って事だと思う。

努力することを否定はしないけど
ある程度頑張ったら、もう後はなるようになるさって。

全ての結果は自分のなせる技って
若いときは考えがちだけど
この年になると、あかんもんはあかんということが分かる。

ほとんどの事って相手のあることだからね
結局は自分の頑張りだけでは決められない。

相手が決めることは相手が決める
こんなにしてあげたんだから、がトラブルの元

ええんでないの、と
結果についてつべこべ言わない

死んだ後の、架空の極楽浄土にそんなに行きたかったとは思えないんですよ
親鸞がほんとに言いたかったのは
目先の事
肩の力を抜いたら楽になるよ、って事だった気がする。

索引はこちら
[名僧]シリーズはこちら(少し下げてね)

仏教では、なぜ肉食禁止なのか

雑草が教えてくれた日本文化史、という本を読みました。

肉食
江戸時代の事を調べていると、日本国民は、ほとんど肉を食べていないことに気づきます。
とても不思議だなと思っていました。

仏教の影響だというのは分かるとしても
それにしてもね

仏教では、なぜ肉食禁止なのか。
ようやく分かりました。

そもそも、仏教では肉食は禁止されていなかった。

出家者は、俗世の欲を否定するために
最低限のものだけを所有し、農業などの働くこともしない。
そうすると、死んじゃうので
托鉢を行って恵んでもらって生きていく。

出されたものは有り難くいただくので
それが肉だとしても、有り難く受け入れる。

禁止しているのは、むやみに殺すこと、であって肉食ではなかった。

仏教がおこったインドでは、少しずつ、殺生のイメージが強い肉食を敬遠するようにはなっていく。
そして、大乗涅槃経で、はじめて肉食禁止がうたわれる。

中国に伝わって、仏教は時の権力者により弾圧される事がたびたび起きる。
そのため、僧たちは、山岳地帯に逃れ
そこで寺院を展開していく。

托鉢して食料をいただこうにも、回りに人がいない。
失敗した。

仕方ないんで、農業をして食料を作るんだけど
良い理由付けを考えないといけない

これは、俗世の「仕事」をしているわけではない
「修行」をしているんだと。

どう考えても同じことをしているのは、ありありなので
やましい気持ちがいっぱい。

あっそうそう
大乗涅槃経を思い出し
肉食はダメだけど
植物なら良いと思うよ

精進料理という考え方を作り出し
これこそが、守るべき戒律だと。

でも、これは山の中の話であって、
中国でも一般にまでこの考え方が広がった訳じゃない。

日本へ
日本へは、このスタイルの仏教が伝わってきた。

日本人たちは首をかしげる。
肉食禁止、そりゃなんで?

動物には命があるから可哀想でしょ

びっくりした日本人
植物にも命はあるじゃない。

動物って、捕まえようとすると逃げるし
殺すと悲鳴をあげる
血だって出るし
ほら、可哀想でしょ

それは否定しません。
でも、カチンと来ているのは
植物にだって命はあるでしょ、ってこと

ここは、理屈の問題じゃなく
それぞれの民族が長い期間で養ってきた感覚的な問題。

ここで一旦整理しますと
キリスト教文化圏の人たちは
動物のうち、家畜かどうかで線を引くそうです。
人間も動物も神様が作ったものだけど
人間は、世界を支配することを神様から委託されている。
元々、家畜は神様が人間の食料にするという目的で作ったものだから
家畜を殺して食べても何ら問題はない。
でも、それ以外の動物は殺しちゃいけない。
植物はというと、ほぼ言及されていない。

インドや中国は、動物か植物かで線を引く
仏教には、六道というのがあるがその中には畜生道というのがある
人間は、動物に生まれ変わることがある
でも、植物道は無いから、植物には生まれ変わらない。
五行で言うと、木、火、土、金、水、の五要素。
木、は自然の構成要素であり
人間や動物とは違う。

日本はというと、どこにも線を引かない。
動物も植物も命があり、
もっと言うと、山にも、石にも川にも命がある。
人間も動物も神様に作られたものではなく
八百万(やおよろず)の神だから
神様も人間もほぼ同列
食べて良いものといけないものに線引きはなく
全て命のあるものをいただく訳だから
手を合わせて「いただきます」と言ってから食べる

そんな日本に、外来の仏教がやって来た。
本音で言うと、何でも取り入れるのが大好きな日本人なので、取り入れたい。
正直、植物の食料も豊富なので
魚が良いとさえしてくれれば
肉食禁止はそう困らない。
問題は、どう折り合いをつけるかだけ。

植物は命があるんだけど食べて良いと
仏教的にうまく解釈したい。

考えましたよ、日本人
草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)
中国のある書物にあったのを見つけ、あっこれだ!

おそらく、元の中国人たちは分かっていないと思います。

草木のみならず、山や川や石やすべてのものは成仏して、仏になれる。
出たっ、八百万の神ならず、八百万の仏
植物だけでも良い筈なのに、八百万に広げちゃう辺りがとても日本人的

でも、植物たちが念仏唱えて成仏するのは難しいものがあるので
人間がお手伝い
いただきます、と言って食べてあげて
その人間が成仏すればいい。
責任重大。
山や川や石はどうすんの?
ごめんなさい、良く分かりません。

さあ、問題の肉食禁止
元々、どっちでも良いと思っているので
ええよ、そうしよか

仏教を信じているか否かに関わらず、
全国民がほとんど実質的に肉食をしていない国民はかなり珍しい。

でも、禁止ってのもなんだしね
食べたくなったら食べれる方法を確立しておきましょう。

鶏肉なら、かしわ
馬肉なら、さくら
猪肉なら、ぼたん
鹿肉なら、もみじ

はい、植物です。

肝心の牛肉ですが
彦根藩では牛肉の味噌漬けが考案されて食べられていましたが
基本的に、牛は馬同様、古くから労働力なので
食べるという発想がなかったようです。
牛乳だって、子牛が飲むものだからということで、一切飲んでいません。

索引はこちら
[歴史]シリーズはこちら(少し下げてね)