秋の虫の楽しみ方

秋が来ました。
秋って急に来ますね。

会社帰り、最寄り駅から家まで、違う道を通ってみました。

最近、花カレンダーを始めてからは、朝は色んな道を通らないと花の写真を収集できないので
色々変えてます。

夜の場合は暗くてほとんど見えないので
なんかあるなあ、明日の朝この道を通るべきか、というチェック用
夜の道では楽しみと言えばせいぜいその程度だった訳です。

さあ、じゃあ、新しい道でチェックしとこうかな

ところがです。

えっ
えええっ
その手があったのか
秋だったわあ

虫の声が見事に聞こえてくるじゃありませんか

暗い道
おそらく、夜にこの道を通ることは、ないでしょう

何年ぶりだろう
虫の声をちゃんと楽しんだのは

えらいこっちゃ
おそらくそう長くはないでしょう
この時期だけ

夜にもウォーキングで楽しめるって
ウォーキングで楽しむための色んな事にチャレンジした中で初めてです。

歴史、マンホールや送水口、雲、花、木
どれも明るくないと分からない。

嬉しいっ

よっしゃ
気合い入れるぞ。
急がなきゃ。時間が限られている。

虫の声
まずはネットで調べました。

スズムシ:リーンリーン
マツムシ:チンチロリン
コオロギ:コロコロコロ、キリキリキリ、リーリーリー
アオマツムシ:リーリー
カネタタキ:チンチン
マダラスズ、ウマオイ:ジーィジーィ
カンタン:ルー
クツワムシ:ザー、ガチャガチャ

うーん、よう分からん。
こういう時は、ユーチューブ

色々調べると、鈴虫は東京23区で野生では生息していない。

やっぱりコオロギが中心なのかな
ところがコオロギの鳴き方がエンマコオロギと普通のコオロギと違うとか
求愛の時と普通の時と違うとか
さらに、メスが遠いときと近いときと違うとか
こりゃ手強い
手強いけど面白い

うちのセキセイインコのくうちゃんやキャベちゃんだって
色んな鳴き方するから、
コオロギだって、お腹すいてる時と、愛を囁くときでは違うでしょうね。

何とか、コオロギを中心に3つくらいは今年中に聞き分けられるようになりたいな
そうなると楽しいだろうな
今までの経験で、雲にしろ花にしろ
ちゃんと名前が分かるようになると、分からない頃より数倍楽しめる

ユーチューブで声を確認しては実地で確認テスト
これを繰り返そう。

頑張るぞ
負けるもんかっ
(誰と勝負してんねん)

日本
ネットを見ると、こんなふうに書いてあります。

日本では虫の声は風流なもの。
しかし、西洋では虫の声をノイズととらえるといわれ、虫の声を認識しても季節感を感じることはないようです。
また、昆虫に関して日本ほど細かく分類していないこともあり、秋に虫が鳴いてもそれがどの虫であるのか意識しません。
ましてや虫カゴに入れて鳴き声を楽しむという発想は欧米には見られません。

ほんまか、しかし
虫の声を聞いて、うわあ、美しい、しあわせー
って感じない人類がいるって言ってますよね

それ、そうとう精神がねじ曲がっている気がしますが。

この前、外人タレント3人が雑談するテレビ番組があって
日本人と話してると必ず四季の話になって
そうね、良いよね、日本には四季があるから、
って話を合わせるんだけど
アメリカにだって四季はあるんですよ
って言っていた。

なるほど、緯度が同じくらいならそうなんでしょうね
でも、話を合わせて日本人のプライドを傷つけないように
外人さんも、気使ってはるんですね

虫の声も絶対その類いでしょう。
虫の声?そんなの騒音にしか聞こえません
とか言われたら、
ああ日本に生まれて良かったと思っちゃいますからね。

♪あれ松虫が鳴いている~
は日本の歌ですが
♪グーラスホッパー、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ~
みたいな歌があるに違いありません。

アール座読書館
ネットをこちょこちょ見ていると
なんとも素晴らしいものが目に止まりました

虫が鳴いている喫茶店

昨日思い立った初心者中の初心者には神か仏か観音様か

会社帰りに向かいました。

鈴虫がベースで風のようになきつづけ
合いの手を入れるようにマツムシがピッピリッ
結構大きな声です。

向こうの方で、エンマコオロギ
ヒョロロロ
エンマコオロギすごい存在感あるわあ

静か、がコンセプトなので
みんな声を出す人はおらず
静かに本を読んでいます。

私一人が店員さんに
今の、今のは何ですか
と、一応ヒソヒソ声でね

「楽しみ方」とありました。

思考をとめてください

おおっ、いかんいかん
私は不届きものですね

では、このブログを書くのもちょっとお休みね

索引はこちら


アベリア

花カレンダー始めました

[白露] 9/8 中秋の名月、放生会

二十四節気シリーズです

白露   はくろ   草花に朝露がつき始める頃 09月08日

白露の時期は、色々あります。

中秋の名月
旧暦で、7月が初秋、8月が中秋、9月が晩秋
新歴ではほぼ1ヵ月ずれるので、9月が中秋
旧暦は太陰太陽暦だから毎月1日は新月、3日は三日月、15日は満月
必ずそうなります。便利ですね
天然カレンダー
「月」っていうくらいだから、そりゃそうです。

なので、毎年8月15日は中秋の名月ということになります。

昔の人は、本当に月が好きですね

百人一首やっているとつくづく思います。

一晩中、ずっと月だけみて楽しむって結構普通。

私も月を見て、わあ綺麗、と思うことはありますが
どんなに頑張っても1分が限度でしょう。

そんな雅なお方達がやっていた風習を
庶民が自分達の行事として取り入れちゃったのが江戸時代

二十四節気シリーズで毎回思いますが
江戸時代の庶民は、まあ何でもかんでも自分達の遊ぶ材料にしちゃいます。

机の中央に三宝を置いて、団子を積み上げる
花瓶にはすすきをさす。

我々の知っているお月見とほぼ同じ形が、江戸時代に定着します。

放生会(ほうじょうえ)
次は仏教から

仏教では、旧暦の8月15日に、「殺生戒」をもとに、殺生を戒める、放生会を行います。
神社も相乗り。特に八幡神社。

難しいことは分からんけど、何だか面白そう。
庶民はこれも取り入れちゃいます。

殺しちゃいけないわけですから
殺し屋さんはこの日はお休み。
人相手じゃなくても駄目なので
魚屋さんとか商売あがったり
みんなこの日だけベジタリアン

さらに、「放生」となっている意味ですが
とらえている生き物を放してやるということ

と言ったって、飼っているペットにお逃げなさいというと
現実的に生きていけるものなのか
うーん、困った。
ってことで、こうなります。

深川万年橋の欄干に亀が吊るされている、歌川広重の絵です。

この日だけ臨時出店の亀屋さん。

口上も軽やかに、
哀れ亀ちゃんの運命やいかに

おうおう、可哀想に亀ちゃんや
わしが買い取って、逃がしてやるとしよう。

ということで、お寺や八幡宮のそれ用の池に放してやる。

今日は、良いことをしたぞ
竜宮城に行ける日も近い

それ用の池は亀であふれかえります。

決して他の場所で放してはいけません。
江戸時代はリサイクル社会。
自宅に戻った亀は、来年の放生会の日に、また
橋の欄干に出張しないといけませんからね。

お父ちゃん、お帰り
お勤めごくろうさん。

佃祭り
放生会に関連し、落語を一つ

佃祭りに出掛けた次郎兵衛
放生会で亀を助けてやり意気揚々
渡し船で帰ろうとした時、女性に声をかけられる

あらま、最終船に乗り遅れた。

私、以前、次郎兵衛さんに命を助けられた者ですの

酒や料理でもてなされる

そんな折りにニュースが飛び込む

先程乗ろうとしていた船が沈み
全員死んじゃった。

こんなこともしておらんねえ

急いで遠回りし家に帰ってみると、
葬式の準備で大わらわ

うわあ、幽霊が現れた!

事情を聞いた坊さんは、
それは、亀が女性になって現れたに違いない

話を聞いていた与太郎は
よし、おいらも人助けってんで
身投げを探して永代橋へ。

おあつらえ向きに、一人の女が袂に石を入れ、
目に涙をためて端の上から手を合わせている。

早まるんじゃないと、グッとつかむと

冗談言っちゃいけないよ。
あたしは歯が痛いから、戸隠さまへ願をかけてるんだ

だって、袂に石を入れている

納める梨だよ

索引はこちら

[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


オミナエシ

花カレンダー始めました

[処暑] 8/23 江戸時代のお盆は?

二十四節気シリーズ

処暑   しょしょ  暑さが落ち着き始める頃  08月23日

お盆
お盆って不思議な言葉ですね
食事を乗せるお盆と、ご先祖様は関係があるとも思えません。

だいたいそういう時はサンスクリット語です

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」
サンスクリット語で「逆さ吊り」という意味に漢字を当て字
逆さ吊りというのも変な感じしますが
昔、お釈迦様の弟子、目連尊者(もくれんそんじゃ)が神通力によって亡き母が地獄に落ち、
逆さ吊りにされて苦しんでいると知った。
お釈迦様に相談したら
「夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招き、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことができるであろう」
その通りしたらお母さんも極楽浄土に行けた

江戸時代以前、お盆は武家や貴族のための行事

一般庶民にも広がったのは江戸時代です。

最初は高級品だったろうそくも
次第に値段が下がってきたというのも、関係しているようです。

お盆はご先祖様の霊が現世に一時帰国
地獄もすっからかん
閻魔様や鬼たちもやることがないので
その日はお休みになります。

ということで、
閻魔様が休んでいるくらいだから
一般庶民も休まないと
閻魔様に
付き合い悪いなぁと思われます

藪入り
旧暦の1月15日と7月15日は小正月やお盆といった大切な行事なので
あくる日は、お疲れさまでしたとお休み。
奉公人とか嫁入りしているものも
実家に帰ることができる
藪入り(やぶいり)と言います。

盆踊り
お盆と言えば盆踊りですね
私はすれた子供だったので、大衆のやるような事はやれるかい、と
盆踊りの経験が一度もありません。

このまま死ぬわけにはいきませんので
なんとかどこかの盆踊りに参加したいと思っています。

姪っこで、盆踊りファンがいて、各地の盆踊りに出掛けていっては踊っています。
素晴らしい性格ですね。

仏教と踊りって元々相性が良く
空也とか、一遍とかの踊り念仏

ご先祖様が来ていらっしゃる訳ですから
踊って歓迎しませんとね。

だんだん流行っていって
江戸時代には大フィーバー

未経験者が言うのもなんですが
みんなが同じフリを連続して行うわけですから
一体感が生まれ、気分が高揚してしまいますね。

で、ここからは感覚的に分かりづらいのですが
踊りのあと、男女入り乱れて同じ場所に雑魚寝し
乱交パーティーへ発展することもあったようです。

江戸を調べていると、人々にとって特別な事が起きると
そういった発展の仕方があったりします。
おかげまいりだったり、60年に一度の富士山の女人禁制解除の年だったり

明治になって、風紀が乱れるという理由で
盆踊りが禁止になっていた時期があるというのは驚きです。

吉原
吉原は、お盆休みは、かき入れ時ですから、少しお休みをずらします。
十三日が「髪洗い日」として一斉休業

十二日は草市と言って、吉原内で、園芸の草花が売られたりします。
十五日以降は、月末まで、玉菊灯篭といって遊女玉菊にちなんだ灯篭が華やかに町を彩ります。
この期間中は、女性でも許可証があれば入れます。

さあ、十五日、十六日ですが
お馴染みさん限定の日になります。

この時、粋な人は、馴染みの遊女を予約し
お金は払うんだけど、自分は行かない。
一日の休みをあげるんですね。
なかなかやりますな
覚えておきましょう。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら


ボタンクサギ

花カレンダー始めました

[立秋] 8/7 七夕と井戸替え

二十四節気シリーズです。

ここから秋になります。

【秋】
立秋   りっしゅう 暦の上で秋が始まる日   08月07日

秋なんですね、ビックリです。

おそらく二十四節気の中で一番違和感があるのがこの立秋でしょうね

ニュースや天気予報では必ず
「暦の上では」秋です
と、いかにも実際には夏真っ盛りと言わんばかり

二十四節気は気候とは関係無く
太陽の動きで一年を4つに分け
昼の長さが一番長い夏至が夏の真ん中と決めちゃうと
そうなっちゃうんですよね

昼の長さが一番長いからと言って
一番暑いわけではない。
それから2ヵ月近くかかってどんどん地球が暖まっていくピークのずれがあるんです。

でも、この立秋という日を、秋ととらえようと
昔からいろんな人がチャレンジしてきた。

古今集、藤原敏行朝臣
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」

(立秋の日になっても)秋が来たと、はっきりと目にはみえないけれど、
風の音で(秋の到来に)はっと気づきました。

七夕
七夕です。
旧暦で7月7日

江戸時代には1/7(人日)、3/3(上巳)、5/5(端午)、7/7(七夕)、9/9(重陽)の五節句は公式行事の日

大々的にお祝いです。
江戸城に登城

いわれとか、祝い方も現代とさほど変わりません。
願い事を笹に吊るす習慣は江戸時代にできました。


七夕に素麺やウリ、果物を食べる習慣がありました。

井戸替え
七夕の日は節句で祝い事で大変なのに
江戸に関して言うと、
さらに重要な行事が一斉に行われます。

井戸替え
一斉にみんなで協力し合って井戸を掃除する
江戸中で同時に行われる。

江戸って基本的に埋め立て地が多いから
井戸を掘っても塩水が出てきちゃったりします。
だから、神田上水とか、玉川上水とか
水道を作った。

井戸は地下に張り巡らされている木で出来た水道管から
飲み水を汲み上げるためのもの
汚れちゃったら、その井戸だけじゃなく
全ての水道に迷惑がかかっちゃう。

深いところから水を酌む訳じゃないから
通常はつるべの滑車は無いんだけど
その日だけは滑車が井戸の上に組み立てられる。
まずは人がその綱に掴まって、井戸の中に入っていく。

もう片方の端を住民がみんなで引っ張って
そろりそろりと中に入れていく

中に降りた人はつるべの先の桶に水を満たし
またみんなで引っ張って水をかい出す。
元の栓を止めて、江戸中で一斉にやるから
いつもは水道に満たされている水が無くなるんですね

そこでひたすら掃除

この日を女性たちはずっと楽しみに待っています。

なぜなら
井戸を覗き込んだときにぽろっと落としちゃった櫛が見つかるから

普通に考えると大掃除だから大変で辛いことだけど
江戸の人たちはみんなで協力し合って同じことをする
楽しい行事の日なんですね

何でもかんでも楽しもうとする江戸の人たちの
象徴的な日かも知れません。

そして、終わったら、年長者が胴上げされる
これも良いですよね

そして、日が暮れてきて七夕です。
今年もみんなで笑顔で暮らせますように。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)


ケイトウ

花カレンダー始めました