[立夏] 5/5 潅仏会、潮干狩り

二十四節気シリーズ

立夏は、この時期に行われる行事が多いので二つに分けました。

潅仏会
潅仏会(かんぶつえ)はお釈迦様が生まれた日
旧暦の4月8日です。

幕府は、寺請証文というのを受けることを民衆に義務付け、
キリシタンではないことを寺院に証明させた
ほぼ近い、檀家制度とも相まって仏教はかなり庶民に浸透していく。

結果、仏教の行事も庶民が広く行うことになるんだけど
そのひとつが、この潅仏会

様々な草花で飾った花御堂の中で、甘茶を満たした灌仏桶の真ん中の誕生仏像に
ひしゃくで甘茶を掛けてお祝い。

お釈迦様が産まれたときに天から9頭の竜が現れ
口から甘茶を吐き出して、産湯として使ったから

甘茶ってお茶に砂糖なんかを入れた訳じゃなく
小甘茶という種類の植物で
そのままだと苦いだけなんだけど
手間暇かけて発酵させると、砂糖の何倍もの甘い飲み物になる。

虫除けの効果があると言うことで
甘茶で刷った墨で
「千早振る 卯月八日は吉日よ かみさげ虫を成敗ぞする」
と書いた紙を逆さにして、便所に貼ると
かみさげ虫、すなわちウジ虫がわかない。

あと、甘茶で習字をすると上達する。

全く効果ないのは、二三度やったら分かるんですけど
本気で信じていた訳じゃなく
やってみることで、季節感を感じたり
効果ないね、その汚い字みたいに笑い合ったりするのが楽しいんでしょうね。

ところで何かを作ろうとして、失敗すると「オシャカになる」って言いますね
元は鍛冶屋さんの隠語

火が強すぎて失敗したときに
火(ひ)が強かった、って江戸っ子は言えなくて
しが強かった→しがつようかだ→四月八日だ→潅仏会のお釈迦様だ→オシャカだ

駄洒落で言い換えて大爆笑

潅仏会の事は「花まつり」って言った方が通りが良いですね
これは、この頃花が満開になるからってことで、浄土真宗の僧侶、安藤嶺丸が名付けたらしい。
でも、旧暦4月8日は桜はもう散っていると思うんですが
何の花なんでしょうかね

潮干狩り
そう言われると、私の子供の頃は、潮干狩りって
毎年行かなきゃいけないもの、ぐらいの必須行事だったけど
今はどうなんでしょう。

江戸時代はそれはそれは重要な行事
確かに楽しいですよね。潮干狩り

今の東京は、埋め立てをいっぱいしちゃったから海は遠いですが
江戸時代の江戸では目の前は海だらけ

潮干狩りの名所はいっぱいあります。
芝浦、高輪、佃島、中川
特に、東京湾を一望できる、深川の洲崎と

目の前が海の宿場町の品川は、超人気

庶民だけではなく、良いところのお嬢様だって夢中になるので
普段は絶対に見せない生足も、着物の裾をたぐりあげてご披露
男性たちは大興奮だったようです。

アサリはかなりの量がとれたので
値段も安く、庶民には大人気の食材

棒手降りがアサリを売りに毎朝回ります

深川ではアサリをぶっかけた深川飯
今で言うB級グルメですね。

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら


ヒルザキツキミソウ

花カレンダー始めました

[立夏] 5/5 初鰹、衣替え

二十四節気シリーズ、いよいよ夏に入っていきます。

【夏】
立夏   りっか   暦の上で夏が始まる日   05月05日
小満   しょうまん 木々が青々しく万物の成長する頃 05月21日
芒種   ぼうしゅ  穀物の種巻きをする頃   06月06日
夏至   げし    一年で最も昼が長い日   06月21日
小暑   しょうしょ 暑さが本格的になっていく頃07月07日
大暑   たいしょ  最も暑さの厳しい頃    07月23日

立夏は思いきり色んな行事が目白押しです。

初鰹、衣替え、潅仏会、潮干狩り
順番に行きましょう。

初鰹

初鰹って江戸を色々調べていると、色んなところでちょこちょこ出てくるので
江戸っ子は何かそういうのが好きだったんだなあ、って漠然と思っていた

今回、再度調べてみると
いやあ、予想以上ですね、このこだわり。
ボージョレーヌーボーとかの比じゃない。

山口素堂の句に「目には青葉 山時鳥 初鰹」

「勝つ魚」に通じることから、
平和と言えども武士の町、江戸で大人気。

「食べると七十五日長生きする」といわれていたので、
その価値は何百倍にも跳ね上がった。

初鰹って、厳密には「その年初めて水揚げされた鰹」のこと
そうなっちゃうと、江戸に住むすべての人々に行き渡らない

品質が良いものは将軍家に献上され、
その残りを金に糸目を付けない大名家や豪商、
高級料亭たちが買い付ける
そのお値段、一尾で二~三両(約20~30万円)

こりゃあ庶民には手が出ません。

よしっ、考え方変えちゃえ

その年初めて食べた鰹が初鰹

となると値段が落ち着いてきてからでも大丈夫。
まあ、ゆっくり待って

にならないところが、江戸っ子の江戸っ子たるゆえん。

明日になると安くなる?
てやんでえ、待ってられっかい

隣近所の人たちとお金を出し合って
鰹を一尾購入し、刺身にして一切れ食べて
ああ、幸せ。

今は、鰹の刺身はショウガ醤油で食べるのが主流だけど
江戸時代は醤油は高級調味料
芥子酢や芥子味噌で食すのが一般的だった

季節を感じるということにわざわざ努力して
それが楽しかったんでしょうね。
何でもかんでも遊んじゃうその生き方、好きです。

衣替え
この時期に行われる衣替えは、平安時代の宮中の儀式
江戸時代には、年4回の衣替えを幕府が制度化した。

庶民も素直にそれに従った。
江戸を色々調べていると、だんだん分かってくるんだけど
庶民にとって、お公家さんや幕府や藩主なんかは敵対する相手ではなく
愛すべきキャラクター的存在。

お金持ちは、季節ごとの着物を持っているけど
着物は高価なので、庶民は無理。

ここからが庶民の腕の見せどころ
同じ着物を3種類に大変身させる。

一番暑い夏は、裏地のない「帷子(かたびら)」
春とか秋は裏地を付けた「袷(あわせ)」
冬には表地と裏地の間に綿を入れた「綿入れ」

立夏は、綿入れから袷に仕立て直しする時期です。

こうすると、もうひとつ大きなメリットがある
冬物を保管しておくタンスが要らない。

庶民にとって、タンスなどという高級品は高嶺の花
そもそも極狭の家なので置く場所がない。
行李(こおり)(服を入れる篭)ひとつであっちへ移動させこっちへ移動させ。

何度も大火に見舞われているので
何かを置いておいてもどうせ焼けちゃう、という意識が強い。
持って逃げられる範囲しか、ものは持たない。
あとは徹底してリサイクル。

はい、ここでクイズです。
◆◆問題◆◆
長い間には、どうしても仕立て直しが出来なかった冬物も出るでしょうけど
そういうのはどうするか
答は違う話題のあと、最後に書くから考えてね

数少ない着物を年中着ていると言うことは
当然汚れが落ちなくなってきます。

この衣替えの時期に全ての糸をほどき
布状態に戻す。
そうすると洗いやすくなるので
完璧に洗って、また着物に縫い戻す。
洗い張り、と言います。

さあ、そういう仕立て直しが重要だとなると
貴重なのが女性のスキル

ただ、江戸も最初の頃は人口の男女比がアンバランスで
8対2で男性の方が多かった。
独身男性だらけだったので、裁縫出来る人が希少価値

女性は複数の男性の裁縫をやってあげて
手間賃をいっぱい稼いでいたんです。

◆◆答◆◆
質屋に入れる
布団なんかもそうなんですが
冬物とかは夏の間、質屋に入れてそのままにしておく。

質屋は「庶民の倉庫」代わりだったんです

質屋としても冬近くになるとほぼ100%返してもらいに来るから
とても良い質草です。

長くなりましたので
残りの「潅仏会、潮干狩り」はのちほど

索引はこちら
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)
タツナミソウ

花カレンダー始めました

[穀雨] 4/20 勧進相撲

穀雨
こくう 穀物を潤す春の雨の降る頃 04月20日

二十四節気では、春の最後になり
次の立夏のちょっと前に八十八夜があります。

名の通り五穀豊穣をもたらす春の雨の降るとき
田植えの準備をする時期になります。

勧進相撲
両国回向院で行われる相撲興業は、江戸庶民の代表的な娯楽でした。
相撲は以前も書きましたのでそちらも見てね
江戸の娯楽と言えばやっぱり相撲

今回はその補足的な感じです。

勧進相撲ってどういう意味かというと
寺社の建築や修理の資金を集める為のもの
ということなので、各地で行われていた。

回向院
延宝8年(1680年)以降は両国回向院(えこういん)の仮設小屋が、常設となった
そして、江戸の後期には
春と冬の年二回、晴天10日間が固定された。

これは仮設っての頃なんだけど
仮設って言ってもどでかいでしょ

中はこんな感じ
何と三階立て
よしずで作った仮設って言うんだけどほんまかいな
東京オリンピックもよしずで仮設の施設を立てられそうですね

今回、始めて分かってへえぇと思ったのが
相撲って江戸時代は江戸で流行ったとばかり思っていたんだけど
まあ、間違いではないんだけど
江戸時代の初期は、大阪や京都が相撲の中心地だったんだって
政治経済の中心が江戸に移っていくに従い
江戸に強い力士が集まるようになっていったらしい。

諸藩のお抱えの力士もいたということなので
気合い入りますね
例えば、次の谷風は讃岐高松藩のお抱えです。

谷風
人気がグンっと上がったのは人気力士がいたから
谷風、小野川、雷電

前回雷電の話をしたから、今日は谷風ね

谷風は身長189cm、体重約160kgの大男

実質的な初代横綱です。

圧倒的な強さで63連勝していたんだけど
これまた人気力士の小野川に敗れて、江戸中が大騒ぎ

以来、二人の対戦は注目の人気カードになる

谷風は小野川に敗れた後も、43勝しています。

ワシが倒れたところを見たかったら、風邪にかかったときに来い
と言っていたんだけど
皮肉にも、現役中、現代で言うインフルエンザにかかって
病死してしまう。
以後、インフルエンザのことを谷風と呼ぶようになります。

あと、値引きに応じないのも谷風と言います。

あいつは谷風だね、定価商売。
何でだい?
絶対負けない。

八角楯之助は、考えたね
何度も何度も待ったを繰り返した
谷風、頭に来て、冷静さを失い、その対戦は負けちゃう大波乱。


前回の、清明の時、その時期の花の写真をあげて
って事を言いました。

でも、そのあとひっくり返して
やっぱり365日の花カレンダーにしますよ、と

従いまして、二十四節気の中での花は発展的解消ということになります。

とは言っても
今日は、満を持して、この時期に一番ふさわしい花を行ってみましょう

ツツジです
花カレンダーの方は、一つの花でひとつずつの写真にしていますので
ツツジはこの場でどばっと出させて下さい




花カレンダー始めました
[暦]シリーズはこちら(少し下げてね)

花カレンダー、逆に無理ですぅ

花カレンダー始めました。
と宣言したのが4/10
ほぼ一週間前でした。

花のど素人の私が
GreenSnapというアプリで、
すぐに花の名前を教えてもらえることに気を良くして
無謀な企画を始めちゃった。

自分で撮影した花をその名前を調べた上で
一年365日、写真をアップして行こうというもの
一年すれば、365個の花の名前を覚えられるぞ

もう少しちゃんと、自分で勝手に考えたルールを書くと
1.自分で撮った写真であること
2.アップする日は、だいたいその頃なら咲いているだろう時なら、写真を撮った日と一週間ぐらいずれてもOK
3.名前が分かったものだけ
4.花以外にも木や実等の植物ならOK

始めたばっかりですけど、やってみた感想です。

花カレンダー
どないしょ
逆に無理やわぁ

2番のルールのため、撮った後
GreenSnapで名前を教えてもらった写真をキープして置くんだけど
どんどん貯まって来ちゃって
一週間以上ずれちゃうとちょっとどうかなとなると
いかん
もうあげる日がなくなっちゃう。

せっかくうまく撮れたし、
花は「ほら綺麗でしょ」って言っているし
教えていただいた親切な先生方にも
お蔵入りにするには申し訳無さすぎます。

このルール、逆に守れませーん

ん?
ちょっと待てよ

もう一回自分で課したルールを見直すと
一日二つ以上あげてはいけませんとは書いていません。

一年で365個も花の名前を覚えられると夢のようだなとは思ったけど
365個以上覚えられたら、もっとすごいことなんじゃないか。

はい、解決
一日、一つ以上ならいくつでもOK

早速キープしてあったのをそれぞれの日にボコボコボコっと入れてみました。

うわあ
充実!
綺麗!

もちろん、初めだけかも知れませんし
最初からあまり飛ばしすぎると後でばてるかも知れません。
何よりも今は春

このままのペースでずっと行けるとは思っていませんが
今は倍のペース、平均一日二つくらいのペースで来ています。

イベントで
花カレンダーを始めて、初めてのウォーキングイベント
いつもなら、これ何?これ何?って聞いてばかり

今回は、
はいこれはハナミズキ、こっちはドウダンツツジ
これはオステオスペルマム
こっちはゼラニウムね

おおっ、結構分かるじゃないですか

もちろん
みんな、特に女性はまあ良く知っている
まだまだだなあとは思いつつも
たかだか一週間で、そこそこついていけるようになって来ました。

そして、これが狙いだった訳ですが
ウォーキングが何割増かで楽しくなった。

良いぞ良いぞ、とても良いぞ

不思議です。
花の名前が分かっていると、花に目が行きます。
去年の今頃も、同じくらい花は咲いていた筈ですよね
全然分かりませんでした。

街は花だらけじゃないですか

花が好きな人ってかなりの割合でいるんですね
鉢やプランターで丁寧に育て、道に面して置いてくれている
街は愛で溢れていたんですね
気が付きませんでした。

この歳で花カレンダーを始めて良かった
更に良い人生になりそうです。

楽しい
街歩きもグンと楽しくなりましたが
GreenSnapでのやり取りもとても楽しい

回答が寄せられる度に
おおおおおっ
と感じます。

一番感動するのが
花の名前としては何度か聞いたことはあるけど
実際にはどんな花か知らなかったパターン
ハナミズキ

シクラメン

シャクナゲ

シンビジウム

マーガレット

ライラック

ヤマブキ

素直に、「これがあの有名なマーガレットなんですか」
って驚きのメッセージを返しています。

えっ?そんな名前なんだ、って意外なのもいっぱいある
プラムラジュリアン

オステオスペルマム

ペラルゴニウム

名前もビックリ、ゴージャスです。

日本語でイメージ出来るのは親しみが沸きますね
ハルジオン

アカバナユウゲショウ

ハルジオンは「春慈恩でしょうか、仏ですね」とコメント返しましたが
後で調べると「春紫苑」らしいですね。

アカバナユウゲショウは雑草に咲く小さな花ですが
なんてたおやかな名前を持っているのでしょう。

何となく響きがユニークなのも大好きです。
アカバナトキワマンサク

カランコエ

セキチク

セキチクは「面白い名前ですね。三回呼ぶと楽しいです。」とコメントを返しました。

索引はこちら


花カレンダー始めました