円谷幸吉。おいしゅうございました。

心にひびく日本語の手紙、から

何度も何度も読み返しました。

円谷幸吉の手紙
父上様、母上様、三日とろろ美味しゆうございました。
干し柿、餅も美味しゆうございました。
敏雄兄、姉上様、おすし美味しゆうございました。
克美兄、姉上様、ブドウ酒とリンゴ美味しゆうございました。

巌兄、姉上様、しそめし、南ばん漬け美味しゆうございました。
喜久蔵兄、姉上様、ブドウ液、養命酒美味しゆうございました。
又いつも洗濯ありがとうございました。

幸造兄、姉上様、往復車に便乗させて戴き有難ううございました。
モンゴいか美味しゆうございました。正男兄、姉上様、お気を煩わして大変申しわけありませんでした。

幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、良介君、敦久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正祠君、立派な人になって下さい。

父上様、母上様。幸吉はもうすつかり疲れ切つてしまつて走れません。
何卒お許し下さい。
気が休まることもなく御苦労、御心配をお掛け致し申しわけありません。
幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました。

遺書
最初は、何だか繰り返しばかりで、どうなんだろうと思って読んだんだけど
そのあと、遺書だと書いてあって
読み返して、涙が止まらなくなった。

手紙に出てくるみんなが、どれだけ幸吉に元気をつけてもらおうと気づかいしたのか。

円谷幸吉は東京オリンピックのマラソン銅メダリスト
私の世代では、当時の記憶はないんですが
それはそれは国民的英雄だったんでしょうね

でも、その後故障に苦しむことになる
アキレス腱の痛みと椎間板ヘルニア
手術後復活は遂げたものの
次のメキシコ五輪への代表にはまだ白紙の状況

手紙からも読み取れますが
極めて几帳面な性格

合宿の入浴でも下着を一つ一つ丁寧に畳む

まあダメな時はダメですわ
的な考え方がなかなかできなかったんでしょう

この手紙の前に年末年始で実家に帰省した。

家族や親族は考えられる最大のご馳走で国民的英雄をもてなしたんでしょう。

でも、そこは家族や親族
他の一般市民にはできない接し方もあったと思う

当然故障続きなのは知っている
聞きにくい事も聞け、言いにくい事も言えるかも知れない
四六時中気にかけているものから出る言葉は
深いものがあったろう

特に親にしてみれば
顔を見れば分かる

メダルなんて一個あればもう十分
痛いのに耐えて走る姿なんて見ていられない

そんな全てがご馳走に現れたのかも知れない
高価なものじゃない
子供の頃から好きだったもの

三日とろろ
好きだったねえ

休み明けはまた練習なんじゃろ
今日ぐらいは、これでも食べてゆっくりしな

幸吉の両親もやはり几帳面なんだろうか
最後の一言は言えたろうか

もうええ
やめて、帰って来い

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です