野口英世の母の手紙。はやくきてくたされ。

心にひびく日本語の手紙シリーズ

野口英世のお母さん
野口英世のお母さんが、野口英世にあてた手紙です。
原文を読み解くのはかなりきびしいので
現代語訳をのせておきました。
原文の○は句読点の意味でつけたのかなと思いますが
現実に○が書かれています。
改行も元の通りにしてあります。

原文
おまイの ○ しせにわ ○ みなたまけました ○ わたく
しもよろこんでをりまする ○ なかた
のかんのんさまに ○ さまにねん ○ よこもりを ○ い
たしました ○ べん京なぼでも ○ きりかない
○ いぼし ○ ほわこまりをりますか ○ おまい
か ○ きたならば ○ もしわけかてきま
しよ ○ はるになるト ○ みなほかいドに
○ いてしまいます ○ わたしも ○ こころ
ぼそくありまする ○ ドかはやく
きてくだされ ○ かねを ○ もろた ○ こトた
れにもきかせません ○ それをきかせるト
みなのまれて ○ しまいます ○ はやくき
てくたされ ○ はやくきてくたされ
はやくきくたされ ○ はやくきて
くたされ ○
いしよのたのみて ○ ありまする
にしさむいてわ ○ おかみひかしさむ
いてわおかみ ○ しております ○ き
たさむいてわおかみおります ○
みなみたむいてわおかんておりま
する ○ ついたちにわしをたちをし
ております ○ ゐ少さまに ○ついた
ちにわおかんてもろております
る○なにおわすれても ○ これわす
れません ○ さしんおみるト ○ いただいております
る ○ はやくきてくたされ ○ いつくるトおせて
くたされ ○ これのへんちちまちてをり
まする ○ ねてもねむられません

現代語訳
お前の出世には、皆たまげました。わたくしも喜んでをりまする。
中田の観音様に、毎年(まいねん)、夜籠(よこも)りをいたしました。
勉強なんぼでも切りがない。
烏帽子(近所の地名。ここは、烏帽子という村からのお金の催促のこと)には困りをりますが、
お前が来たならば、申し訳ができましょう。
春になると、みな北海道に行つてしまいます。
わたしも、心細くありまする。
どうか早く来てくだされ。
金を貰うたこと、誰にも聞かせません。
それを聞かせると、みな飲まれてしまひます。
早く来てくだされ。早く来てくだされ。早く来てくだされ。
早く来てくだされ。一生の頼みでありまする。
西さ向いては拝み、東さ向いては拝みしております。
北さ向いては拝みおります。
南さ向いては拝んでおりまする。
一日(ついたち)には、塩断ちをしてをります。
栄昌様(隣家の鵜浦栄昌。天台宗の修験者)に一日(ついたち)には
拝んでもろておりまする。
なにを忘れても、これ忘れません。
写真を見ると、戴いておりまする。
早く来てくだされ。いつ来ると教えてくだされ。
これの返事待ちておりまする。
寝ても眠られません。

シカさん
お母さんのシカさん
小さい頃に少し習っただけで
字なんて何十年も書いたことありません。

やけどの事もあるので
ずっと息子には負い目を持って生きてきたけど

ふと気づくと、息子は信じられないほどの大出世をしてしまった。

どういう事をやっているのか皆目分からないけど
外国ですごいことをやっているらしい。
みんなにすごいすごいと言われるから、おそらくそう。

誇らしくはあるけれど
親としては、そんなことより
ただただ、息子に会いたい。

その思いがどんどんつのってきて
いてもたってもいられないところまで来てしまった。

伝える手段がない。

字を習うしかない。
近くの有識者に頼み込んで
字を教えてもらいに通う。

野口は、字を書けるとは全く分からなかった
と言っているので
よほど頑張ったんでしょう。

普通に考えると
もうちょっと勉強してから書いた方が
と思わなくもないけど
それどころじゃなかったんでしょうね

はやくきてくだされ、の所なんて字が大きくなっちゃって
感情が爆発しちゃってます。

そういうと、福島に住んでいるとき
猪苗代に行って、野口英世記念館で実物を見た筈なんだけど
ずいぶん昔なんで良く覚えていない
もうちょっとちゃんと見ておけば良かった。

手紙を受け取って、即刻、として欲しかったんだけど
なにせ超多忙な偉人。
帰るまでにだいぶかかります。

こらこらー
そんなもん放っておいて、早う帰れー

日本に帰るとえらいことになります。
世界に誇るニッポンの野口英世の凱旋帰国です。

上へ下への大騒ぎ
もみくちゃです。

それでも何とか母との時間を作って

後に野口はその時の時間を
おとぎ話のようだった、と表現しています。

索引はこちら
[人物]シリーズはこちら(少し下げてね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です